24.0: sync security with en-US rev143410:767c0dbc8cf2
authorABE Hiroki (hATrayflood)
Tue, 30 Jul 2013 14:54:37 +0900
changeset 1130 fcf2deb61cc887469b28200a860a3ef729b86977
parent 1129 231b2cbf5583c7a6343085c34cbb1e14f41886b4
child 1131 559d7a53d4f4546dd03b58368851e207ee5ca06f
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs24
24.0: sync security with en-US rev143410:767c0dbc8cf2
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
security/manager/chrome/pipnss/security.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.dtd
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
security/manager/chrome/pippki/validation.dtd
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -1,14 +1,13 @@
 #
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-SignedBy			= 認証局: %S
 CertPassPrompt			= %S のマスターパスワードを入力してください。
 # the following strings have special requirements:
 # they must fit in a 32 or 64 byte buffer after being translated
 # to UTF8.  Note to translator. It's not easy for you to figure
 # whether the escaped unicode string you produce will fit in 
 # the space allocated.
 #
 # (^^; 日本語一字が 5 bytes になるハズで、すべての語を制限に収めるのは無理
@@ -338,25 +337,16 @@ CertInfoIssuedFor		= 発行対象:
 CertInfoIssuedBy		= 発行者:
 CertInfoValid			= 有効期間:
 CertInfoFrom			= 
 CertInfoTo			= から
 CertInfoPurposes		= 用途
 CertInfoEmail			= メール
 CertInfoStoredIn		= 保存先:
 P12DefaultNickname		= インポートされた証明書
-CrlImportFailure1x		= 証明書失効リスト (CRL) をインポートできませんでした。
-CrlImportFailureExpired		= この CRL にはより新しいバージョンがあります。
-CrlImportFailureBadSignature	= CRL の署名が正しくありません。
-CrlImportFailureInvalid		= 新しい CRL の書式が正しくありません。
-CrlImportFailureOld		= 現在の CRL よりも日付が古いものです。
-CrlImportFailureNotYetValid	= この CRL はまだ有効になっていません。コンピュータの日付を確認してください。
-CrlImportFailureNetworkProblem	= ネットワークの問題により CRL のダウンロードに失敗しました。
-CrlImportFailureReasonUnknown	= ローカルデータベースへの CRL のインポートに失敗しました。エラーコード:
-CrlImportFailure2		= システム管理者に問い合わせてください。
 NSSInitProblemX			= セキュリティコンポーネントを初期化できませんでした。多くの場合この原因はこのプログラムのプロファイルフォルダの問題です。プロファイルフォルダへの読み書き権限があるか、ディスクの空き容量が少なくなっていないか確認してください。このままセッションを継続するとセキュリティ機能が異常動作する可能性があるため、このプログラムを一度終了して問題を解消することをお勧めします。
 VerifyExpired			= <期限切れです>
 VerifyRevoked			= <失効しています>
 VerifyNotTrusted		= <信頼していません>
 VerifyIssuerNotTrusted		= <発行者を信頼していません>
 VerifyIssuerUnknown		= <発行者が不明です>
 VerifyInvalidCA			= <認証局が不正です>
 VerifyDisabledAlgorithm		= <署名アルゴリズムが安全ではありません>
--- a/security/manager/chrome/pipnss/security.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/security.properties
@@ -1,10 +1,8 @@
 #
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Title					= セキュリティ警告
 PostToInsecureFromSecureMessage		= このページは暗号化されていますが、あなたがこのページで入力する情報は暗号化されていない接続を通して送られようとしており、第三者が簡単に傍受できます。 ## 本当にこの情報の送信を続けてもよろしいですか? ##
-SecurityButtonTooltipText		= 現在のページのセキュリティ情報を表示する
-SecurityButtonMixedContentTooltipText	= 警告: 安全性が確認できない項目が含まれています
 Continue				= 続ける
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.dtd
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.dtd
@@ -41,20 +41,16 @@
 <!ENTITY downloadCert.trustEmail		"この認証局によるメールユーザの識別を信頼する">
 <!ENTITY downloadCert.trustObjSign		"この認証局によるソフトウェア製作者の識別を信頼する">
 <!ENTITY downloadCert.message3			"認証局を信頼する場合はその目的に関わらず、認証局の証明書が間違いないこと、認証ポリシーや認証実施規定に問題がないことを確認してください。"><!-- (^^; この認証局を信頼する場合は、その目的にかかわらず必ずその認証局の証明書、ポリシー、導入手順を確認した上でインポートしてください。 -->
 <!ENTITY downloadCert.viewCert.label		"証明書を表示">
 <!ENTITY downloadCert.viewPolicy.label		"ポリシーを表示">
 <!ENTITY downloadCert.viewCert.text		"認証局の証明書を審査してください">
 <!ENTITY downloadCert.viewPolicy.text		"認証局のポリシーと手続きを審査してください">
 
-<!-- Certificate Exists in database -->
-<!ENTITY caCertExists.title			"既存の証明書">
-<!ENTITY caCertExists.message			"この証明書はすでに存在しています。">
-
 <!-- Strings for the SSL client auth ask dialog -->
 <!ENTITY clientAuthAsk.title			"個人証明書の要求">
 <!ENTITY clientAuthAsk.message1			"このサイトはあなたの個人証明書を求めています:">
 <!ENTITY clientAuthAsk.message2			"個人認証を行うために送信する証明書を選択してください:">
 <!ENTITY clientAuthAsk.message3			"選択した証明書の詳細:">
 
 <!-- Strings for the cert picker dialog -->
 <!ENTITY certPicker.title			"証明書の選択">
@@ -75,18 +71,16 @@
 
 <!ENTITY escrowWarn.title			"暗号鍵のコピー">
 <!ENTITY escrowWarn.message1			"重要: この認証局があなたの暗号化秘密鍵のバックアップを作成するかどうか問い合わせてきています。">
 <!ENTITY escrowWarn.benefit1			"バックアップを認証局に保存しておくと、あなたが自分の秘密鍵を紛失した場合、この認証局にバックアップから鍵をコピーしてもらうことができます。">
 <!ENTITY escrowWarn.message2			"ただし、あなたの暗号化秘密鍵が認証局に保存されると、暗号化したメールや文書を読むために、あなたの許可なく使われる可能性があります。">
 <!ENTITY examineCert.label			"証明書を表示">
 <!ENTITY examineCert.accesskey			"V">
 
-<!ENTITY serverCrlNextupdate.message		"システム管理者に問い合わせてください。">
-
 <!-- Strings for the CreateCertInfo dialog  -->
 <!ENTITY createCertInfo.title			"秘密鍵を生成しています">
 <!ENTITY createCertInfo.msg1			"鍵を生成しています... これには数分かかることがあります...">
 <!ENTITY createCertInfo.msg2			"しばらくお待ちください...">
 
 <!-- Form Signing confirmation prompt -->
 <!ENTITY formSigning.title			"テキストの署名要求">
 <!ENTITY formSigning.cert			"署名に使用する証明書">
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -1,14 +1,13 @@
 #
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-SignedBy			= 認証局: %S
 CertPassPrompt			= PSM 秘密鍵セキュリティデバイスのパスワードを入力してください。
 
 #These are for dialogs
 #Download Cert dialog
 newCAMessage1			= "%S" が行う認証のうち、信頼するものを選択してください。
 unnamedCA			= 名前のない認証局
 
 #For editing cert trust
@@ -121,40 +120,18 @@ devinfo_stat_uninitialized	= 未初期化
 devinfo_stat_notloggedin	= 未ログイン
 devinfo_stat_loggedin		= ログイン済み
 devinfo_stat_ready		= 使用可能
 enable_fips			= FIPS を有効にする
 disable_fips			= FIPS を無効にする
 fips_nonempty_password_required	= FIPS モードではすべてのセキュリティデバイスにマスターパスワードが設定されている必要があります。FIPS モードを有効にする前に、パスワードを設定してください。
 unable_to_toggle_fips		= セキュリティデバイスの FIPS モードを変更できません。このアプリケーションを終了し、再起動してください。
 
-# CRL next update.
-crlNextUpdateMsg1		= %S は "%S" との暗号化された接続を確立できません。
-crlNextUpdateMsg2		= "%S" からの証明書失効リスト (CRL) は更新が必要です。
-NoUpdateFailure			= なし
-lastFetchUrlLabel		= 取得元 URL
-advertisedUrlLabel		= 認証局に通知された URL
-crlAutoUpdateDayCntError	= 次回更新までの日数は 1 日以上でなければなりません。
-crlAutoUpdtaeFreqCntError	= 更新間隔は 1 日以上でなければなりません。
-disabledStatement		= この CRL の自動更新は無効になっています。
-enabledStatement		= この CRL の自動更新は有効になっています。
-crlAutoupdateQuestion1		= 自動更新を有効にしますか?
-crlAutoupdateQuestion2		= 自動更新の設定を表示しますか?
-undefinedValStr			= <指定されていません>
-undefinedURL			= 自動更新の URL が指定されていません。
-yesButton			= はい
-noButton			= いいえ
 resetPasswordConfirmationTitle	= マスターパスワードのリセット
 resetPasswordConfirmationMessage= パスワードはリセットされました。
-crlAutoupdateEnabled		= 有効
-crlAutoupdateNotEnabled		= 無効
-crlAutoupdateOk			= OK
-crlAutoupdateFailed		= 失敗
-crlImportNewCRLTitle		= 証明書失効リストのインポート
-crlImportNewCRLLabel		= CRL のインポート元:
 
 #Import certificate(s) file dialog
 importEmailCertPrompt		= メール証明書を含むファイルを選択してください
 importCACertsPrompt		= 認証局証明書を含むファイルを選択してください
 importServerCertPrompt		= サーバ証明書を含むファイルを選択してください
 file_browse_Certificate_spec	= 証明書ファイル
 
 # Form Signing confirmation prompt
@@ -186,8 +163,12 @@ addExceptionUnverifiedOrBadSignatureShort	= 不明な証明書です
 addExceptionUnverifiedOrBadSignatureLong	= 安全な署名を使った既知の認証局によって検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
 addExceptionValidShort		= 有効な証明書です
 addExceptionValidLong		= このサイトでは正しく検証された有効な証明書を使用しています。このサイトの証明書を例外として追加する必要はありません。
 addExceptionCheckingShort	= 証明書を確認中
 addExceptionCheckingLong	= サイトの識別情報を確認しています...
 addExceptionNoCertShort		= 証明書がありません
 addExceptionNoCertLong		= このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした
 addExceptionConnectionFailed	= 接続できませんでした
+
+#Certificate Exists in database
+caCertExistsTitle		= 証明書があります
+caCertExistsMessage		= 証明書はすでに存在します。
deleted file mode 100644
--- a/security/manager/chrome/pippki/validation.dtd
+++ /dev/null
@@ -1,34 +0,0 @@
-<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
-   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
-   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
-
-<!ENTITY  validation.crlmanager.label             "CRL の管理">
-<!ENTITY  validation.crlmanager.description       "証明書データベースに以下の証明書失効リスト (CRL) が保存されています:">
-<!ENTITY  validation.crlname.label		"名前">
-<!ENTITY  validation.crllastupdate.label	"最終更新日">
-<!ENTITY  validation.crlnextupdate.label	"次回更新日">
-<!ENTITY  validation.crlautoupdateenabled.label	"自動更新">
-<!ENTITY  validation.crlautoupdatestatus.label	"自動更新状況">
-<!ENTITY  validation.deletecrl.label		"削除">
-<!ENTITY  validation.deletecrl.accesskey	"D">
-<!ENTITY  validation.updatecrl.label		"更新">
-<!ENTITY  validation.updatecrl.accesskey	"U">
-<!ENTITY  validation.advanced.label		"設定">
-<!ENTITY  validation.advanced.accesskey		"S">
-
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.title	"CRL 自動更新の設定">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.enable.label "この証明書失効リストの自動更新を有効にする">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.time.label1	"次回更新日の">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.time.label2	"日前に更新する">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.freq.label1	"更新間隔を">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.freq.label2	"日毎とする">
-<!ENTITY  validation.crl.autoupdate.url.label	"CRL の取得先:">
-<!ENTITY  crl.import.status.title		"CRL 取得状況">
-<!ENTITY  crl.import.success.message		"証明書失効リスト (CRL) を正常にインポートしました。">
-<!ENTITY  crl.issuer.label			"CRL 発行者:">
-<!ENTITY  crl.issuer.org.label			"組織: ">
-<!ENTITY  crl.issuer.orgunit.label		"部門: ">
-<!ENTITY  crl.import.nextupdate.label		"次回更新日: ">
-<!ENTITY  crl.autoupdate.fail.cnt.label		"直前の連続した更新失敗回数: ">
-<!ENTITY  crl.autoupdate.fail.reason.label	"最後の更新失敗の詳細: ">
-<!ENTITY  edit.button				"設定">