28.0: sync browser/metro with en-US rev169516:4b8d14a78596
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Sun, 26 Jan 2014 15:09:45 +0900
changeset 1297 f7741a10b8371e183069b8b6022d3330f6644159
parent 1296 105fc87c671f3e1eccb4deb774dffa4a9b00e2af
child 1298 58d1603eb40e8b71222f7b007d4c8a942272f0b8
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs28
28.0: sync browser/metro with en-US rev169516:4b8d14a78596
browser/chrome/browser/charsetMenu.dtd
browser/chrome/browser/charsetMenu.properties
browser/chrome/browser/downloads/downloads.properties
browser/installer/nsisstrings.properties
browser/metro/chrome/browser.dtd
browser/metro/chrome/browser.properties
browser/metro/chrome/crashprompt.dtd
browser/metro/chrome/crashprompt.properties
browser/metro/chrome/preferences.dtd
browser/metro/chrome/searchPanel.dtd
new file mode 100644
new file mode 100644
--- a/browser/chrome/browser/downloads/downloads.properties
+++ b/browser/chrome/browser/downloads/downloads.properties
@@ -71,9 +71,9 @@ fileExecutableSecurityWarning		= "%S" は実行可能なファイルです。実行可能なファイルにはあなたのコンピュータを破壊するウイルス、その他の悪意あるコードが含まれていることがあります。この形式のファイルを開く場合には注意してください。"%S" を実行してもよろしいですか?
 fileExecutableSecurityWarningTitle	= 実行可能なファイルを開きますか?
 fileExecutableSecurityWarningDontAsk	= 今後も同様に処理する
 
 # LOCALIZATION NOTE (otherDownloads2):
 # This is displayed in an item at the bottom of the Downloads Panel when
 # there are more downloads than can fit in the list in the panel. Use a
 # semi-colon list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
-otherDownloads2				= + %1$S個のファイルをダウンロード中
+otherDownloads2				= + その他の %1$S 個のダウンロード
--- a/browser/installer/nsisstrings.properties
+++ b/browser/installer/nsisstrings.properties
@@ -29,17 +29,17 @@ WARN_MIN_SUPPORTED_OS_MSG	= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。
 WARN_WRITE_ACCESS		= インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE			= この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_ROOT_INSTALL		= ディスクの直下にはインストールできません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH	= $BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 
 ERROR_DOWNLOAD			= ダウンロードが中断されました。\n\n[OK] ボタンを押して再開してください。
 
 INSTALL_BUTTON			= インストール(&I)
-UPGRADE_BUTTON			= アップグレード(&U)
+UPGRADE_BUTTON			= 更新(&U)
 CANCEL_BUTTON			= キャンセル
 OPTIONS_BUTTON			= オプション(&O)
 
 MAKE_DEFAULT			= $BrandShortName を既定のブラウザに設定する(&M)
 CREATE_SHORTCUTS		= $BrandShortName アイコンの作成先:
 ADD_SC_TASKBAR			= タスクバー(&T)
 ADD_SC_QUICKLAUNCHBAR		= クイック起動ツールバー(&Q)
 ADD_CheckboxShortcutInStartMenu	= スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
--- a/browser/metro/chrome/browser.dtd
+++ b/browser/metro/chrome/browser.dtd
@@ -8,21 +8,22 @@
 
 <!ENTITY back.label            "戻る">
 <!ENTITY forward.label         "進む">
 <!ENTITY newtab.label          "新しいタブ">
 <!ENTITY closetab.label        "タブを閉じる">
 
 <!ENTITY autocompleteResultsHeader.label  "検索結果">
 
-<!ENTITY appbarErrorConsole.label   "エラーコンソールを開く">
-<!ENTITY appbarJSShell.label        "JavaScript シェルを開く">
-<!ENTITY appbarFindInPage2.label    "ページを検索">
-<!ENTITY appbarViewOnDesktop2.label "デスクトップで表示">
-<!ENTITY appbarMSMetaData2.label    "このサイトのアプリを入手">
+<!ENTITY appbarErrorConsole.label      "エラーコンソールを開く">
+<!ENTITY appbarJSShell.label           "JavaScript シェルを開く">
+<!ENTITY appbarFindInPage2.label       "ページを検索">
+<!ENTITY appbarRelaunchInDesktop.label "デスクトップに移動して表示">
+<!ENTITY appbarMSMetaData2.label       "このサイトのアプリを入手">
+<!ENTITY appbarViewPageSource.label    "ページのソースを表示">
 
 <!ENTITY topSitesHeader.label        "トップサイト">
 <!ENTITY bookmarksHeader.label       "ブックマーク">
 <!ENTITY recentHistoryHeader.label   "最近の履歴">
 <!ENTITY remoteTabsHeader.label      "他の端末で開いていたタブ">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (narrowTopSitesHeader.label,
                         narrowBookmarksHeader.label,
@@ -103,8 +104,29 @@
 <!ENTITY newTab2.key "n">
 <!ENTITY closeTab.key "w">
 
 <!-- DEVELOPER SHORTCUTS (control+shift+key) -->
 <!ENTITY jsConsole.key "j">
 <!ENTITY optionsFlyout.key "o">
 <!ENTITY syncFlyout.key "s">
 <!ENTITY aboutFlyout.key "a">
+
+<!-- FIRT RUN EXPERIENCE -->
+<!-- LOCALIZATION NOTE (firstRunTabs.label,
+                        firstRunTopSites.label,
+                        firstRunBookmarks.label,
+                        firstRunMenu.label,
+                        firstRunHistory.label )
+     These strings appear on the Firefox Start page the first time
+     Firefox for Windows 8 Touch (Metro) is launched.  Each one
+     has an arrow pointing toward the feature it references.  The code
+     to display these strings is not enabled yet, but will be soon.
+     For now, you can see this mockup for an example of how they are
+     used: https://bug941284.bugzilla.mozilla.org/attachment.cgi?id=8344046
+     -->
+<!ENTITY firstRunTabs.label		"プルダウン、または右クリックでタブを表示">
+<!ENTITY firstRunTopSites.label		"よく見るサイト">
+<!ENTITY firstRunBookmarks.label	"後で見るページ">
+<!ENTITY firstRunMenu.label		"その他の機能とオプション">
+<!ENTITY firstRunHistory.label		"今まで見たページ">
+<!ENTITY firstRunWelcome.label		"&brandShortName; へようこそ">
+<!ENTITY firstRunDifferent.label	"Different by design">
--- a/browser/metro/chrome/browser.properties
+++ b/browser/metro/chrome/browser.properties
@@ -17,18 +17,18 @@ browser.search.contextTextSearchLabel2	= %1$S で検索: "%2$S"
 # Contextual Appbar - Button Labels
 
 contextAppbar2.pin.topSites		= トップサイトにピン留め
 contextAppbar2.pin.bookmarks		= ブックマークにピン留め
 contextAppbar2.pin.recentHistory	= 最近の履歴にピン留め
 contextAppbar2.pin.downloads		= ダウンロードにピン留め
 
 contextAppbar2.unpin.topSites		= トップサイトからピン留めを外す
-contextAppbar2.unpin.bookmarks		= ブックマークからピン留めを外す
-contextAppbar2.unpin.recentHistory	= 最近の履歴からピン留めを外す
+contextAppbar2.hide.bookmarks		= ブックマークを隠す
+contextAppbar2.hide.recentHistory	= 隠す
 contextAppbar2.unpin.downloads		= ダウンロードからピン留めを外す
 
 # LOCALIZATION NOTE (contextAppbar2.delete): Deletes selected pages.
 contextAppbar2.delete			= 削除
 
 # LOCALIZATION NOTE (contextAppbar2.restore): Undoes a previous deletion.
 # Button with this label only appears immediately after a deletion.
 contextAppbar2.restore			= 削除を元に戻す
@@ -39,48 +39,49 @@ contextAppbar2.clear			= 選択範囲を消去
 # Clear private data
 clearPrivateData.clearButton		= 消去
 clearPrivateData.title			= プライバシーデータを消去
 clearPrivateData.message		= プライバシーデータを消去しますか?
 
 # Settings Charms
 aboutCharm1				= About
 optionsCharm				= オプション
+searchCharm				= 検索
 helpOnlineCharm				= ヘルプ (オンライン)
 
 # General
 # LOCALIZATION NOTE (browserForSaveLocation): Title for the "Save..." file picker dialog
 browserForSaveLocation			= URL を保存
 # LOCALIZATION NOTE (browserForSaveLocation): Title for the "Open..." file picker dialog
 browserForOpenLocation			= URL を開く
 
 # Download Manager
 downloadsUnknownSize			= サイズ不明
-downloadRun				= 実行
+downloadOpen				= 開く
 downloadSave				= 保存
 downloadCancel				= キャンセル
 downloadTryAgain			= 再試行
-downloadRunNow				= 今すぐ実行
+downloadOpenNow				= 今すぐ開く
 # LOCALIZATION NOTE (downloadShowInFiles): 'Files' refers to the Windows 8 file explorer
 downloadShowInFiles			= 保存フォルダを開く
 
 # Alerts
 alertLinkBookmarked			= ブックマークに追加しました
 alertDownloads				= ダウンロードします
 alertDownloadsStart			= ダウンロード中: %S
 alertDownloadsDone			= %S のダウンロードが完了しました
 # LOCALIZATION NOTE (alertDownloadsStart2): Used in a notification bar for download progress
 # #1 is the file name, #2 is the amount downloaded so far / total amount to download, and #3 is seconds remaining.
 alertDownloadsStart2			= ダウンロード中 #1, #2, #3
 alertDownloadsDone2			= %S をダウンロードしています
 alertTapToSave				= タップしてファイルを保存します。
 alertDownloadsSize			= ファイルが大きすぎます
 alertDownloadsNoSpace			= ディスクの空き容量が足りません
-# LOCALIZATION NOTE (alertDownloadSave): #1 is the file name, #2 is the file size, #3 is the file host
-alertDownloadSave			= #3 の #1 (#2) を実行または保存しますか?
+# LOCALIZATION NOTE (alertDownloadSave2): #1 is the file name, #2 is the file size, #3 is the file host
+alertDownloadSave2			= #3 の #1 (#2) を開くか、保存しますか?
 # LOCALIZATION NOTE (alertDownloadMultiple): Semi-colon list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of files, #2 is (amount downloaded so far / total amount to download) and #3 is seconds remaining
 alertDownloadMultiple			= #1 個のファイルをダウンロード中, #2, #3
 # LOCALIZATION NOTE (alertMultipleDownloadsComplete): Semi-colon list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of downloads completed
 alertMultipleDownloadsComplete		= #1 個のダウンロードが完了しました
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/metro/chrome/crashprompt.dtd
@@ -0,0 +1,23 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
+
+
+<!ENTITY crashprompt.title           "クラッシュレポートを Mozilla に送信しますか?">
+<!ENTITY crashprompt.message         "申し訳ありません。&brandShortName; はクラッシュから復帰しました。クラッシュレポートを Mozilla に送信することで、&brandShortName; はより安全で安定したものになります。この設定は、[設定]の[オプション]で変更できます。">
+<!ENTITY crashprompt.detailsLink     "クラッシュレポートの内容は?">
+<!ENTITY crashprompt.detailedMessage.firstParagraph "クラッシュレポートには、クラッシュに関する詳細な情報、ブラウザがクラッシュしたときの状態のスナップショットが含まれています。">
+<!ENTITY crashprompt.detailedMessage.secondParagraph "レポートには開いたページ、フォームに入力したテキストと開いたメッセージの内容、最近の履歴、サイトと共有した位置情報が含まれる場合があります。">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (crashprompt.detailedMessage.thirdParagraph, crashprompt.privacyPolicyLink):
+     These two entities form a single sentence. crashprompt.privacyPolicyLink is a
+     clickable link that must follow crashprompt.detailedMessage.thirdParagraph.
+     If the structure of the English strings doesn't work for your locale, you can
+     move "&brandShortName; privacy policy." to the first sentence, and use a
+     generic "More information" for the link. These strings will be updated in the
+     next version of Firefox. -->
+<!ENTITY crashprompt.detailedMessage.thirdParagraph "クラッシュレポートは問題の解決と製品の向上に役立てます。送信された情報はプライバシーポリシーに従って取り扱われます。">
+<!ENTITY crashprompt.privacyPolicyLink "&brandShortName; プライバシーポリシー">
+<!ENTITY crashprompt.includeURLLabel "閲覧していたページの URL を含める">
+<!ENTITY crashprompt.acceptbutton    "レポートを送信する">
+<!ENTITY crashprompt.refusebutton    "送信しない">
+<!ENTITY crashprompt.privacyPolicy.title "&brandShortName; プライバシーポリシー">
deleted file mode 100644
--- a/browser/metro/chrome/crashprompt.properties
+++ /dev/null
@@ -1,13 +0,0 @@
-# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
-# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
-# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
-
-# LOCALIZATION NOTE (crashprompt.messagebody2): %1$S - short brand name, %2$S - vendor name
-crashprompt.messagebody2	= 申し訳ありません。%1$S はクラッシュから復帰しました。クラッシュレポートを %2$S に送信することで、%1$S はより安全で安定したものになります。この設定は、[設定]の[オプション]で変更できます。
-crashprompt.dialog.title	= クラッシュレポートを Mozilla に送信しますか?
-crashprompt.dialog.privacyLink	= クラッシュレポートの送信に関するプライバシーポリシー
-crashprompt.dialog.acceptbutton	= レポートを送信する
-crashprompt.dialog.refusebutton	= 送信しない
-crashprompt.dialog.title2	= クラッシュレポートの送信に関するプライバシーポリシー
-crashprompt.dialog.statement1	= Firefox にはクラッシュしたときに Mozilla へレポートを送信する機能があります。Firefox がクラッシュした原因を診断して、問題を修正するために、クラッシュレポートの情報を使っています。この機能は Firefox がクラッシュしたあとに、自動的に開始します。ただし、明示的に送信を許可しない限り、Mozilla に情報を送信することはありません。既定の設定では、個人情報以外のさまざまな情報が Mozilla に送信されます。スタックトレース (クラッシュしたときに実行されたコードの詳細な情報) と、ご使用のパソコンの種類が含まれます。その他の必要な情報も収集します。Firefox がクラッシュレポートの送信機能で収集する情報は、お使いの Firefox のバージョンによります。
-crashprompt.dialog.statement2	= このバージョンの Firefox では「 Firefox クラッシュレポータ」が Firefox のクラッシュレポートの送信機能です。この機能ではオプションで、個人情報 (メールアドレス)、潜在的な個人情報 ( Firefox がクラッシュしたときの URL と IP アドレス)、コメントを含めることができます。Firefox クラッシュレポータは、クラッシュしたときに使っていたすべてのアドオンのリストも送信します。クラッシュした時刻、インストールした時刻、プログラムを起動した時刻が含まれます。Mozilla は個人情報ではないもの (例: コンピュータの種類、スタックトレース、入力したコメント) だけが http://crash-stats.mozilla.com/ で参照できるようにしています。
--- a/browser/metro/chrome/preferences.dtd
+++ b/browser/metro/chrome/preferences.dtd
@@ -30,10 +30,11 @@
 <!ENTITY doNotTrack.title                                        "Do Not Track">
 <!ENTITY doNotTrack.options.doNotTrack                           "トラッキングの拒否をサイトに通知する">
 <!ENTITY doNotTrack.options.doTrack                              "トラッキングの許可をサイトに通知する">
 <!ENTITY doNotTrack.options.default                              "トラッキングに関する設定は一切サイトに通知しない">
 <!ENTITY doNotTrack.learnMoreLink                                "詳細&#x2026;">
 
 <!ENTITY optionsHeader.reporting.title                           "クラッシュレポートの送信">
 <!ENTITY optionsHeader.reporting.crashes.label                   "&brandShortName; をより安定したセキュアなものにするために、クラッシュレポートを Mozilla に送信します。">
+<!ENTITY optionsHeader.reporting.crashes.submitURLs             "閲覧していたページの URL を含める">
 <!ENTITY optionsHeader.telemetry.title                            "パフォーマンス情報の送信">
 <!ENTITY optionsHeader.telemetry.label                            "ブラウザをよりよいものにするために、利用状況の統計を &vendorShortName; に送信します。">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/metro/chrome/searchPanel.dtd
@@ -0,0 +1,7 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
+
+
+<!ENTITY searchFlyoutHeader.title  "検索">
+<!ENTITY searchSetting.title  "既定の検索エンジン">