33.0: sync dom with en-US rev209572:1c5b8f397e19
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 31 Aug 2014 16:20:43 +0900
changeset 1513 f53dac83950cdcb2289648f7b83a19d7f0030bbc
parent 1512 41e3a92c82592b6396f40d20cfa2b20a1b33d2a9
child 1514 f3898dff6e51471b04254c17e881ea44f960f091
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs33
33.0: sync dom with en-US rev209572:1c5b8f397e19
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/plugins.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -157,8 +157,59 @@ Window_ContentWarning		= window._content は推奨されません。代わりに window.content を使用してください。
 SyncXMLHttpRequestWarning	= ユーザ体験に対して好ましくない影響があるため、メインスレッドでの同期 XMLHttpRequest は推奨されません。詳しくは http://xhr.spec.whatwg.org/ を参照してください。
 ImplicitMetaViewportTagFallback	= viewport が設定された meta タグがありません。将来のバージョンで予期せぬ挙動の変化を防ぐため、明示的に viewport を設定してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/ja/docs/Mozilla/Mobile/Viewport_meta_tag を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "DataContainerEvent" or "CustomEvent"
 DataContainerEventWarning	= DataContainerEvent の使用は推奨されません。代わりに CustomEvent を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "sendAsBinary" or "send(Blob data)"
 SendAsBinaryWarning		= 非標準の sendAsBinary メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の send(Blob data) メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.controllers"
 Window_ControllersWarning	= window.controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Down" and "ArrowDown".
+KeyNameDownWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Down" は廃止され、"ArrowDown" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Left" and "ArrowLeft".
+KeyNameLeftWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Left" は廃止され、"ArrowLeft" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Right" and "ArrowRight".
+KeyNameRightWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Right" は廃止され、"ArrowRight" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Up" and "ArrowUp".
+KeyNameUpWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Up" は廃止され、"ArrowUp" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Crsel" and "CrSel".
+KeyNameCrselWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Crsel" は廃止され、"CrSel" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Del" and "Delete".
+KeyNameDelWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Del" は廃止され、"Delete" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Exsel" and "ExSel".
+KeyNameExselWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Exsel" は廃止され、"ExSel" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Menu" and "ContextMenu".
+KeyNameMenuWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Menu" は廃止され、"ContextMenu" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Esc" and "Escape".
+KeyNameEscWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Esc" は廃止され、"Escape" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Nonconvert" and "NonConvert".
+KeyNameNonconvertWarning	=KeyboardEvent.key の値 "Nonconvert" は廃止され、"NonConvert" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "HalfWidth" and "Hankaku".
+KeyNameHalfWidthWarning		=KeyboardEvent.key の値 "HalfWidth" は廃止され、"Hankaku" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "RomanCharacters", "Romaji" and "Eisu".
+KeyNameRomanCharactersWarning	=KeyboardEvent.key の値 "RomanCharacters" は廃止され、"Romaji" に名前が変更されるか "Eisu" に再マッピングされます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "FullWith" and "Zenkaku".
+KeyNameFullWidthWarning		=KeyboardEvent.key の値 "FullWidth" は廃止され、"Zenkaku" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "SelectMedia" and "MediaSelect".
+KeyNameSelectMediaWarning	=KeyboardEvent.key の値 "SelectMedia" は廃止され、"MediaSelect" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "MediaNextTrack" and "MediaTrackNext".
+KeyNameMediaNextTrackWarning	=KeyboardEvent.key の値 "MediaNextTrack" は廃止され、"MediaTrackNext" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "MediaPreviousTrack" and "MediaTrackPrevious".
+KeyNameMediaPreviousTrackWarning	=KeyboardEvent.key の値 "MediaPreviousTrack" は廃止され、"MediaTrackPrevious" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Red" and "ColorF0Red".
+KeyNameRedWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Red" は廃止され、"ColorF0Red" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Green" and "ColorF1Green".
+KeyNameGreenWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Green" は廃止され、"ColorF1Green" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Yellow" and "ColorF2Yellow".
+KeyNameYellowWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Yellow" は廃止され、"ColorF2Yellow" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Blue" and "ColorF3Blue".
+KeyNameBlueWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Blue" は廃止され、"ColorF3Blue" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Live".
+KeyNameLiveWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Live" は廃止され、削除されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Apps".
+KeyNameAppsWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Apps" は廃止され、削除されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "FastFwd" and "MediaFastForward".
+KeyNameFastFwdWarning		=KeyboardEvent.key の値 "FastFwd" は廃止され、"MediaFastForward" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key", "Zoom" and "ZoomToggle".
+KeyNameZoomWarning		=KeyboardEvent.key の値 "Zoom" は廃止され、"ZoomToggle" に名前が変更されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "KeyboardEvent.key" and "Dead".
+KeyNameDeadKeysWarning		=KeyboardEvent.key の "Dead" で始まる値は廃止され、"Dead" に統合されます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/KeyboardEvent.key を参照してください。
+ImportXULIntoContentWarning	=XUL ノードのコンテンツドキュメントへのインポートは非推奨です。この関数は間もなく削除されます。
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -5,83 +5,93 @@
 MimeNotCss	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっているため、スタイルシート %1$S は読み込まれていません。
 MimeNotCssWarn	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっていますが、スタイルシート %1$S は CSSとして読み込まれました。
 
 # (^^; 以下すべて ParseError メッセージとして http://lxr.mozilla.org/mozilla/source/layout/style/nsCSSParser.cpp で使用
 # *EOF は nsCSSScanner::ReportUnexpectedEOF() の引数 aLookingFor として使用され PEUnexpEOF の %1$S の置き換えに使用される...
 # http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSScanner.cpp#377
 # style rule := selector { declaration }
 PEUnexpEOF2			= %1$Sを検索中にファイル終端に達してしまいました。
-PEParseRuleWSOnly		= 空白だけの文字列がパース対象ルールに指定されています。
+PEParseRuleWSOnly		= 空白だけの文字列がパース対象規則に指定されています。
 PEDeclDropped			= このスタイル宣言は無視されました。
 PEDeclSkipped			= これを無視して次のスタイル宣言を処理します。
 PEUnknownProperty		= 不明なプロパティ '%1$S' が使用されています。
 PEValueParsingError		= '%1$S' の値をパース中にエラーが発生しました。
 PEExpectEndValue		= 値が終わらずに末尾に '%1$S' が続いています。
 PERuleTrailing			= 規則が終わらずに末尾に '%1$S' が続いています。
-PESkipAtRuleEOF2		= @ ルール部の終わり
-PEUnknownAtRule			= @ ルール '%1$S' を識別できないか、パースエラーが発生しました
-PECharsetRuleEOF		= @charset ルールの文字エンコーディング名
+PESkipAtRuleEOF2		= @ 規則部の終わり
+PEUnknownAtRule			= @ 規則 '%1$S' を識別できないか、パースエラーが発生しました
+PECharsetRuleEOF		= @charset 規則の文字エンコーディング名
 PECharsetRuleNotString		= 文字エンコーディング名であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEGatherMediaEOF		= @import ルールまたは @media ルールのメディアリストの終わり
+PEGatherMediaEOF		= @import 規則または @media 規則のメディアリストの終わり
 PEGatherMediaNotComma		= メディアリスト中の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEGatherMediaNotIdent		= メディアリスト中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEGatherMediaReservedMediaType	= メディアタイプの検索時に予約キーワード '%1$S' が見つかりました。
-PEImportNotURI			= @import ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEImportBadURI			= @import ルール中の URI が不正です: '%1$S'
-PEImportUnexpected		= @import ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
-PEGroupRuleEOF2			= @media, @supports ルールまたは @-moz-document ルールの終わり
-PEGroupRuleNestedAtRule		= %1$S ルールは @media ルールまたは @-moz-document ルール内では使用できません。
-PEMozDocRuleBadFunc2		= @-moz-document ルール中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
-PEMozDocRuleNotURI		= @-moz-document ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEMozDocRuleNotString		= @-moz-document ルール中の regexp() 関数であるべき文字列が '%1$S' になっています。
-PEMozDocRuleEOF			= 次は @-moz-document ルール中の URI
-PEAtNSPrefixEOF			= @namespace ルールの接頭辞
-PEAtNSURIEOF			= @namespace ルールの名前空間 URI
-PEAtNSUnexpected		= @namespace ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
-PEKeyframeNameEOF		= @keyframes ルールの名前。
-PEKeyframeBadName		= @keyframes ルール名の識別子がありません。
-PEKeyframeBrace			= @keyframes ルールを開く '{' がありません。
+PEParseSourceSizeListEOF	= メディアのマッチ条件の長さの値
+PEParseSourceSizeListNotComma	= 値の後の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEImportNotURI			= @import 規則中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEImportBadURI			= @import 規則中の URI が不正です: '%1$S'
+PEImportUnexpected		= @import 規則中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEGroupRuleEOF2			= @media, @supports 規則または @-moz-document 規則の終わり
+PEGroupRuleNestedAtRule		= %1$S 規則は @media 規則または @-moz-document 規則内では使用できません。
+PEMozDocRuleBadFunc2		= @-moz-document 規則中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
+PEMozDocRuleNotURI		= @-moz-document 規則中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEMozDocRuleNotString		= @-moz-document 規則中の regexp() 関数であるべき文字列が '%1$S' になっています。
+PEMozDocRuleEOF			= 次は @-moz-document 規則中の URI
+PEAtNSPrefixEOF			= @namespace 規則の接頭辞
+PEAtNSURIEOF			= @namespace 規則の名前空間 URI
+PEAtNSUnexpected		= @namespace 規則中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEKeyframeNameEOF		= @keyframes 規則の名前。
+PEKeyframeBadName		= @keyframes 規則名の識別子がありません。
+PEKeyframeBrace			= @keyframes 規則を開く '{' がありません。
 PESkipDeclBraceEOF		= 宣言ブロックを閉じる '}'\ 
-PESkipRSBraceEOF		= 不正なルールセットを閉じる '}'\ 
-PEBadSelectorRSIgnored		= セレクタが不正であるため、ルールセットは無視されました。
-PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored= 識別子が不正であるため、ルールセットは無視されました。
+PESkipRSBraceEOF		= 不正な規則セットを閉じる '}'\ 
+PEBadSelectorRSIgnored		= セレクタが不正であるため、規則セットは無視されました。
+PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored= 識別子が不正であるため、規則セットは無視されました。
 PESelectorListExtraEOF		= ',' または '{'\ 
 PESelectorListExtra		= ',' または '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PESelectorGroupNoSelector	= 正しいセレクタではありません。
 PESelectorGroupExtraCombinator	= セレクタ結合子が連続しています。
+PECounterStyleNotIdent		= @counter-style 規則名の識別子がありません。
+PECounterStyleBadName		= @counter-style 規則名を '%1$S' にすることはできません。
+PECounterStyleBadBlockStart	= @counter-style 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PECounterStyleEOF		= @counter-style ブロックを閉じる '}'\ 
+PECounterDescExpected		= カウンタ記述子であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEUnknownCounterDesc		= @counter-style 規則内に不明な記述子 '%1$S' が使用されています。
+PECounterExtendsNotIdent	= システムを拡張する記述子であるべきところに '%1$S' が見つかりました。
+PECounterASWeight		= 付加記号の各記述子のウエイトは前のウエイトより小さくなければなりません。
 # (^^; foo > + bar とかいった状況だと思う http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSParser.cpp#1926
 PEClassSelEOF			= クラス名
 PEClassSelNotIdent		= クラスセレクタの識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PETypeSelEOF			= 要素名
 PETypeSelNotType		= 要素名または '*' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEUnknownNamespacePrefix	= 不明な名前空間接頭辞 '%1$S' が使われています。
+PEUnknownNamespacePrefix	= 不明な名前空間接頭辞 '%1$S' が使用されています。
 PEAttributeNameEOF		= 属性名
 PEAttributeNameExpected		= 属性の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEAttributeNameOrNamespaceExpected= 属性名または名前空間であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEAttSelNoBar			= '|' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEAttSelInnerEOF		= 属性セレクタの一部
 PEAttSelUnexpected		= 属性セレクタ中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
 PEAttSelValueEOF		= 属性値
 PEAttSelCloseEOF		= 属性セレクタ終わりの ']'\ 
 PEAttSelNoClose			= 属性セレクタ終わりの ']' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEAttSelBadValue		= 属性セレクタ中の識別子または値の文字列であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEPseudoSelEOF			= 擬似クラス名または擬似要素名
 PEPseudoSelBadName		= 擬似クラスまたは擬似要素の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoSelNonFunc		= '%1$S' では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使われています。
+PEPseudoSelNonFunc		= '%1$S' では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使用されています。
 # (^^; PEPseudoSelNonFunc は妖しい
 PEPseudoSelNotPE		= 擬似要素であるべきところが '%1$S' になっています。
 # (^^; 以下の否定擬似クラスについては http://www.w3.org/TR/2001/CR-css3-selectors-20011113/#negation 参照
 PEPseudoSelDoubleNot		= 否定擬似クラスを否定することはできません: '%1$S'
 PEPseudoSelPEInNot		= 擬似要素を否定することはできません: '%1$S'
 PEPseudoSelNewStyleOnly		= この擬似要素は "::" 形式で書かれなければなりません: '%1$S'
 PEPseudoSelEndOrUserActionPC	= セレクタ末尾または擬似要素に続くユーザ操作の擬似クラスであるべきところが '%1$S' になっています。
 PEPseudoSelNoUserActionPC	= ユーザ操作の擬似クラスをサポートしない擬似要素の後のセレクタ末尾であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEPseudoSelMultiplePE		= 余分な擬似要素 '%1$S' があります。
-PEPseudoSelUnknown		= 不明な擬似クラスまたは擬似要素 '%1$S' が使われています。
+PEPseudoSelUnknown		= 不明な擬似クラスまたは擬似要素 '%1$S' が使用されています。
 PENegationEOF			= 否定対象セレクタ
 PENegationBadInner		= 否定擬似クラスの引数 '%1$S' は正しい単純セレクタではありません。
 PENegationNoClose		= 否定擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
 PENegationBadArg		= 否定擬似クラス '%1$S' の引数がありません。
 PEPseudoClassArgEOF		= 擬似クラスの引数
 PEPseudoClassArgNotIdent	= 擬似クラス中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEPseudoClassArgNotNth		= 擬似クラスの引数の一部であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEPseudoClassNoClose		= 擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
--- a/dom/chrome/plugins.properties
+++ b/dom/chrome/plugins.properties
@@ -15,8 +15,11 @@ file_label			= ファイル:
 path_label			= パス:
 version_label			= バージョン:
 state_label			= 状態:
 state_enabled			= 有効
 state_disabled			= 無効
 mimetype_label			= MIME タイプ
 description_label		= ファイルの種類
 suffixes_label			= 拡張子
+
+openH264_name			= OpenH264 Video Codec は米国 Cisco Systems 社により提供されました。
+openH264_description		= Web 動画とビデオチャットの再生に使用されます。