19.0: sync chat, mail with en-US rev12920:1204aac48e3a THUNDERBIRD_19_0b1_BUILD1 THUNDERBIRD_19_0b1_RELEASE
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 28 Dec 2012 22:21:59 +0900
changeset 934 ef4a8d06bf25396c695afa549ac4ee7214685b4b
parent 933 6cbe784b5c54efca5cad9efcd91489dada1bff45
child 935 d1630eb77f711562027eb942ee2e69688d7d60b3
child 949 d398739b3b7e4af1a3c4f82ceb7964ed8c370465
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs19
19.0: sync chat, mail with en-US rev12920:1204aac48e3a
chat/facebook.properties
chat/irc.properties
chat/xmpp.properties
mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
mail/chrome/messenger/am-smime.properties
mail/chrome/messenger/filter.properties
mail/chrome/messenger/messenger.dtd
mail/chrome/messenger/messenger.properties
mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
mail/chrome/messenger/msgFolderPickerOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
mail/chrome/messenger/systemIntegrationDialog.dtd
--- a/chat/facebook.properties
+++ b/chat/facebook.properties
@@ -1,5 +1,7 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 connection.error.useUsernameNotEmailAddress	=Facebook のユーザ名を使用してください (メールアドレスではありません)
+
+facebook.chat.name=Facebook チャット
--- a/chat/irc.properties
+++ b/chat/irc.properties
@@ -47,17 +47,18 @@ command.ctcp		=%S &lt;ニックネーム&gt; &lt;メッセージ&gt;: 指定したニックネームに CTCP メッセージを送信します。
 command.chanserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを ChanServ に送信します。
 command.deop		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームのチャンネルオペレータを解任します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.devoice		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームのチャンネル発言権をはく奪し、モデレートモード (+m) のチャンネルでの発言を妨げます。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.invite		=%S &lt;ニックネーム&gt; [&lt;チャンネル&gt;]: 指定したニックネームを指定したチャンネルに招待します。チャンネルを省略した場合は現在のチャンネルに招待します。
 command.join		=%S &lt;チャンネル1&gt;[ &lt;キー1&gt;][,&lt;チャンネル2&gt;[ &lt;キー2&gt;]]*: 指定した複数のチャンネルに参加します。必要な場合は各チャンネルのチャンネルキーを指定してください。
 command.kick		=%S &lt;ニックネーム&gt; [&lt;メッセージ&gt;]: 指定したニックネームをチャンネルから追い出します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.list		=%S: ネットワーク上のチャット部屋の一覧を表示します。警告: この操作を行うと切断されるサーバがあるので注意してください。
 command.memoserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを MemoServ に送信します。
-command.mode		=%S [&lt;チャンネル&gt;] [(+|-)&lt;モード&gt;] [&lt;ニックネーム&gt;]: 指定したチャンネルまたはニックネームのユーザモードを設定/解除します。
+command.modeUser	=%S (+|-)&lt;モード&gt; [&lt;ニックネーム&gt;]: 指定したニックネームのユーザモードを設定/解除します。
+command.modeChannel	=%S &lt;チャンネル&gt;[ (+|-)&lt;モード&gt; [&lt;パラメータ&gt;][,&lt;パラメータ&gt;]*]: 指定したチャンネルのモードを取得、設定または解除します。
 command.msg		=%S &lt;ニックネーム&gt; &lt;メッセージ&gt;: 指定したニックネームにプライベートメッセージを送信します (チャンネルに対してではありません)。
 command.nick		=%S &lt;新しいニックネーム&gt;: 自分のニックネームを変更します。
 command.nickserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを NickServ に送信します。
 command.notice		=%S &lt;対象&gt; &lt;メッセージ&gt;: ユーザまたはチャンネルに通知メッセージを送信します。
 command.op		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームをチャンネルオペレータに任命します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.operserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを OperServ に送信します。
 command.part		=%S [メッセージ]: 現在のチャンネルから離脱します。離脱時のメッセージの指定は任意です。
 command.ping		=%S [&lt;ニックネーム&gt;]: 指定したニックネーム (省略した場合はチャットサーバ) のタイムラグを確かめます。
@@ -69,33 +70,38 @@ command.umode		=%S (+|-)&lt;モード&gt;: ユーザモードを設定/解除します。
 command.version		=%S &lt;ニックネーム&gt;: 指定したニックネームのチャットクライアントのバージョンを要求します。
 command.voice		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームにチャンネル発言権を与えます。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.whois		=%S &lt;ニックネーム&gt;: ニックネームのユーザ情報を取得します。
 
 # LOCALIZATION NOTE (message.*):
 #    These are shown as system messages in the conversation.
 #    %1$S is the nick and %2$S is the nick and host of the user who joined.
 message.join		=%1$S [%2$S] さんが入室しました
+message.rejoined	=再入室しました。
 #    %1$S is the nick of who kicked you.
 #    %2$S is message.kicked.reason, if a kick message was given.
 ## (^m^) 自分を kick した人を知る必要があるか?
 message.kicked.you	=%1$0.Sあなたは部屋から追い出されました%2$S
 #    %1$S is the nick that is kicked, %2$S the nick of the person who kicked
 #    %1$S. %3$S is message.kicked.reason, if a kick message was given.
 message.kicked		=%2$S さんが %1$S を部屋から追い出しました%3$S
 #    %S is the kick message
 message.kicked.reason	=: %S
-#    %1$S is the nickname of the user or the channel name whose mode was
-#    changed, %2$S is the new mode and %3$S is who set the mode.
-message.mode		=%3$S さんがモード変更しました (%1$S %2$S)
+#    %1$S is the new mode, %2$S is the nickname of the user whose mode
+#    was changed, and %3$S is who set the mode.
+message.usermode	=%3$S さんがユーザモードを変更しました (%1$S %2$S)
+#    %1$S is the new channel mode and %2$S is who set the mode.
+message.channelmode	=%2$S さんがチャンネルモードを変更しました (%1$S)
 #    %1$S is the old nick and %2$S is the new nick.
 message.nick		=%1$S さんのニックネームが %2$S に変更されました
 #    %S is your new nick.
 message.nick.you	=あなたのニックネームを %S に変更しました
-#    The paramter is the message.parted.reason, if a part message is given.
+#    Could not change the nickname. %S is the user's nick.
+message.nick.fail	=指定したニックネームを使えませんでした。ニックネームは %S のまま変更されません。
+#    The parameter is the message.parted.reason, if a part message is given.
 message.parted.you	=退室しました (離脱%1$S)
 #    %1$S is the user's nick, %2$S is message.parted.reason, if a part message is given.
 message.parted		=%1$S さんが退室しました (離脱%2$S)
 #    %S is the part message supplied by the user.
 message.parted.reason	=: %S
 #    %1$S is the user's nick, %2$S is message.quit2 if a quit message is given.
 message.quit		=%1$S さんが退室しました (切断%2$S)
 #    The paramter is the quit message given by the user.
--- a/chat/xmpp.properties
+++ b/chat/xmpp.properties
@@ -29,16 +29,23 @@ connection.error.startTLSNotSupported		=サーバは接続の暗号化をサポートしていませんがアカウント設定で有効になっています
 connection.error.failedToStartTLS		=暗号化の開始に失敗しました
 connection.error.noAuthMec			=サーバが認証機構を提供していません
 connection.error.noCompatibleAuthMec		=サーバが提供する認証機構に対応していません
 connection.error.notSendingPasswordInClear	=サーバがパスワードを平文で送信する認証しかサポートしていません
 connection.error.authenticationFailure		=認証失敗
 connection.error.notAuthorized			=認証されませんでした (入力したパスワードが間違っていませんか?)
 connection.error.failedToGetAResource		=リソースの取得に失敗しました
 
+
+# LOCALIZATION NOTE (conversation.error.notDelivered):
+#   This is displayed in a conversation as an error message when a message
+#   the user has sent wasn't delivered.
+#   %S is replaced by the text of the message that wasn't delivered.
+conversation.error.notDelivered		=このメッセージを送信できませんでした: %S
+
 # LOCALIZATION NOTE (tooltip.*):
 #   These are the titles of lines of information that will appear in
 #   the tooltip showing details about a contact or conversation.
 # LOCALIZATION NOTE (tooltip.status):
 #   %S will be replaced by the XMPP resource identifier
 tooltip.status				=状態 (%S)
 tooltip.statusNoResource		=状態
 ## (^m^) 未確認 en-US: "Subscription"
@@ -72,8 +79,20 @@ options.connectionSecurity.allowUnencryptedAuth	=平文のパスワード送信を許可
 options.connectServer				=サーバ名
 options.connectPort				=ポート番号
 
 # LOCALIZATION NOTE (gtalk.usernameHint):
 #  This is displayed inside the accountUsernameInfoWithDescription
 #  string defined in imAccounts.properties when the user is
 #  configuring a Google Talk account.
 gtalk.usernameHint				=メールアドレス
+
+# LOCALIZATION NOTE (vkontakte.usernameHint):
+#  This is displayed inside the accountUsernameInfoWithDescription
+#  string defined in imAccounts.properties when the user is
+#  configuring a Vkontakte account.
+vkontakte.usernameHint				=プロファイル ID
+
+# LOCALIZATION NOTE (odnoklassniki.usernameHint):
+#  This is displayed inside the accountUsernameInfoWithDescription
+#  string defined in imAccounts.properties when the user is
+#  configuring a Odnoklassniki account.
+odnoklassniki.usernameHint			=プロファイル ID
--- a/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
@@ -13,22 +13,22 @@
 
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label	"最低">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label		"低">
 <!ENTITY normalPriorityCmd.label	"標準">
 <!ENTITY highPriorityCmd.label		"高">
 <!ENTITY highestPriorityCmd.label	"最高">
 
 <!ENTITY contextDesc.label		"フィルタを適用するタイミング:">
-<!ENTITY contextDesc.accesskey		"w">
-<!ENTITY contextIncoming.label		"メールチェック時">
-<!ENTITY contextManual.label		"手動で実行">
-<!ENTITY contextBoth.label		"メールチェック時と手動実行">
-<!ENTITY contextPostPlugin.label	"メールチェック時 (迷惑メール分類後)">
-<!ENTITY contextPostPluginBoth.label	"メールチェック時 (迷惑メール分類後) または手動実行">
+<!ENTITY contextIncomingMail.label	"新着メール受信時:">
+<!ENTITY contextIncomingMail.accesskey	"G">
+<!ENTITY contextManual.label		"手動で実行する">
+<!ENTITY contextManual.accesskey	"R">
+<!ENTITY contextBeforeCls.label		"迷惑メール分類前に実行">
+<!ENTITY contextAfterCls.label		"迷惑メール分類後に実行">
 <!ENTITY filterActionDesc.label		"以下の動作を実行する:">
 <!ENTITY filterActionDesc.accesskey	"P">
 
 <!-- New Style Filter Rule Actions -->
 <!ENTITY moveMessage.label		"メッセージを移動する">
 <!ENTITY copyMessage.label		"メッセージをコピーする">
 <!ENTITY forwardTo.label		"メッセージを転送する">
 <!ENTITY replyWithTemplate.label	"テンプレートを使用して返信する">
--- a/mail/chrome/messenger/am-smime.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/am-smime.properties
@@ -19,14 +19,12 @@ encryption_needCertWantSame	= 他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
 encryption_wantSame		= あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
 encryption_needCertWantToSelect	= 他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。暗号化証明書を今すぐ設定しますか?
 signing_needCertWantSame	= メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
 signing_wantSame		= メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
 signing_needCertWantToSelect	= メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。署名証明書を今すぐ設定しますか?
 
 ## Strings used by nsMsgComposeSecure
 # (^m^) メッセージ本文に使われるので、安全のため英語のままにする (Bug 507804)
-#mime_multipartSignedBlurb	= これは暗号で署名された MIME 形式のメッセージです。
 #mime_smimeEncryptedContentDesc	= S/MIME 暗号化メッセージ
 #mime_smimeSignatureContentDesc	= S/MIME 暗号署名
-mime_multipartSignedBlurb=This is a cryptographically signed message in MIME format.
 mime_smimeEncryptedContentDesc=S/MIME Encrypted Message
 mime_smimeSignatureContentDesc=S/MIME Cryptographic Signature
--- a/mail/chrome/messenger/filter.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/filter.properties
@@ -3,16 +3,18 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 mustSelectFolder		= フォルダを選択してください。
 enterValidEmailAddress		= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
 pickTemplateToReplyWith		= 適用するテンプレートを選択してください。
 mustEnterName			= フィルタの名前を入力してください。
 cannotHaveDuplicateFilterTitle	= フィルタ名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage= 入力した名前のフィルタがすでに存在します。別のフィルタ名を入力してください。
+mustHaveFilterTypeTitle		= フィルタイベントが選択されていません
+mustHaveFilterTypeMessage	= このフィルタを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルタを実行したくないときは、メッセージフィルタダイアログで有効のチェックを外してください。
 deleteFilterConfirmation	= 本当に選択したフィルタを削除してもよろしいですか?
 untitledFilterName		= フィルタ名なし
 matchAllFilterName		= すべてのメッセージ
 filterListBackUpMsg		= フィルタの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルタ定義ファイルを作成します。
 customHeaderOverflow		= カスタムヘッダの数が 50 を超えています。カスタムヘッダを一部削除してからやり直してください。
 filterCustomHeaderOverflow	= フィルタ定義のカスタムヘッダが 50 を超えています。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダの数を減らしてください。
 invalidCustomHeader		= カスタムヘッダには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダから無効な文字を削除してください。
 continueFilterExecution		= フィルタ %S の評価に失敗しました。フィルタの評価を続けますか?
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
@@ -306,17 +306,17 @@
 <!ENTITY goForwardCmd.label		"進む">
 <!ENTITY goForwardCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY goForwardCmd.commandKey	"]">
 <!ENTITY goBackCmd.label		"戻る">
 <!ENTITY goBackCmd.accesskey		"B">
 <!ENTITY goBackCmd.commandKey		"[">
 <!ENTITY goChatCmd.label		"チャット">
 <!ENTITY goChatCmd.accesskey		"c">
-<!ENTITY goChatCmd.commandKey		"C">
+<!ENTITY goChatCmd.key			"I">
 <!ENTITY prevStarredMsgCmd.label	"スター付きメッセージ">
 <!ENTITY prevStarredMsgCmd.accesskey	"S">
 <!ENTITY folderMenu.label		"フォルダ">
 <!ENTITY folderMenu.accesskey		"O">
 <!ENTITY thisFolder.label		"このフォルダ">
 <!ENTITY thisFolder.accesskey		"F">
 <!ENTITY goRecentlyClosedTabs.label	"最近閉じたタブ">
 <!ENTITY goRecentlyClosedTabs.accesskey	"R">
@@ -457,17 +457,17 @@
 <!ENTITY activitymanager.accesskey	"v">
 <!ENTITY imAccountsStatus.label		"チャット状態">
 <!ENTITY imAccountsStatus.accesskey	"C">
 <!ENTITY imStatus.available		"利用可能">
 <!ENTITY imStatus.unavailable		"利用不可">
 <!ENTITY imStatus.offline		"オフライン">
 <!ENTITY imStatus.showAccounts		"アカウントを表示...">
 <!ENTITY joinChatCmd.label		"チャットに参加...">
-<!ENTITY joinChatCmd.accesskey		"o">
+<!ENTITY joinChatCmd.accesskey		"t">
 <!ENTITY savedFiles.label		"保存したファイル">
 <!ENTITY savedFiles.accesskey		"l">
 <!ENTITY savedFiles.key			"j">
 <!ENTITY filtersCmd.label		"メッセージフィルタ...">
 <!ENTITY filtersCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY filtersApply.label		"フォルダにフィルタを適用">
 <!ENTITY filtersApply.accesskey		"R">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.label	"選択しているメッセージにフィルタを適用">
@@ -848,17 +848,17 @@
 <!ENTITY spellAddDictionaries.accesskey	"A">
 
 <!-- Content Pane Context Menu -->
 <!ENTITY saveLinkAsCmd.label		"名前を付けてリンク先を保存...">
 <!ENTITY saveLinkAsCmd.accesskey	"k">
 <!ENTITY saveImageAsCmd.label		"名前を付けて画像を保存...">
 <!ENTITY saveImageAsCmd.accesskey	"v">
 <!ENTITY copyLinkCmd.label		"リンクの URL をコピー">
-<!ENTITY copyLinkCmd.accesskey		"C">
+<!ENTITY copyLinkCmd.accesskey		"L">
 <!ENTITY copyImageAllCmd.label		"画像をコピー">
 <!ENTITY copyImageAllCmd.accesskey	"I">
 <!ENTITY copyEmailCmd.label		"メールアドレスをコピー">
 <!ENTITY copyEmailCmd.accesskey		"E">
 <!ENTITY stopCmd.label			"中止">
 <!ENTITY stopCmd.accesskey		"S">
 <!ENTITY reloadCmd.label		"更新">
 <!ENTITY reloadCmd.accesskey		"R">
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.properties
@@ -477,19 +477,16 @@ copyToFolderAgainAccessKey	= t
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the e-mail address of the person we will allow remote content for
 alwaysLoadRemoteContentForSender2 = %1$S からのメールでは常にリモートコンテンツを読み込む
 
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageNormal) %1$S is the name of the sender
 mdnBarMessageNormal		=%1$S がこのメールの開封確認を求めています。
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageAddressDiffers) %1$S is the name of the sender, %2$S is the address(es) to send return receipt to
 mdnBarMessageAddressDiffers	=%1$S がこのメールの開封確認を求めています (%2$S に送付されます)。
 
-# Strings for growl notifications on Mac OS X
-growlNotification		= 新着メール
-
 # mailCommands.js
 emptyJunkTitle			= 確認
 emptyJunkMessage		= 迷惑メールフォルダから削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyJunkDontAsk		= 次回からは確認しない
 emptyTrashTitle			= 確認
 emptyTrashMessage		= ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyTrashDontAsk		= 次回からは確認しない
 
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
@@ -89,16 +89,17 @@ 12528 = データの受信中にエラーが発生しました。再度接続を試してください。ネットワークエラー: %s
 ## @name NS_ERROR_COULD_NOT_GET_USERS_MAIL_ADDRESS
 12529 = メールの送信中にエラーが発生しました。返信メールアドレスが不正です。メールアドレスの設定が正しいか確認して、再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_MIME_MPART_ATTACHMENT_ERROR
 12531 = 添付エラー
 
 ## @name NS_MSG_FAILED_COPY_OPERATION
 12532 = 送信には成功しましたが、送信済みトレイにコピーできませんでした。
+
 ## @name NS_MSG_FAILURE_ON_OBJ_EMBED_WHILE_SAVING
 12533 = メッセージ中の %.200s ファイルに問題があります。このファイルを除いてメッセージの保存を続けますか?
 
 ## @name NS_MSG_ASSEMBLING_MESSAGE
 12534 = メール情報を構築しています...
 
 ## @name NS_MSG_GATHERING_ATTACHMENT
 12535 = %s を添付しています...
@@ -153,17 +154,17 @@ 12561 = 作成ウィンドウに戻りますか?
 
 ## @name NS_MSG_GENERIC_FAILURE_EXPLANATION
 12562 = メールとニュースグループのアカウント設定に間違いがないか確認して、再度試してください。
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_READING_FILE
 12563 = ファイル読み込み中にエラーが発生しました。
 
 ## @name NS_FOLLOWUPTO_SENDER
-12564 = このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
+followupToSenderMessage = このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
 
 ## @name NS_MSG_UNDISCLOSED_RECIPIENTS
 ## LOCALIZATION NOTE: this string must be using only US_ASCII characters
 12566 = undisclosed-recipients
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_ATTACHING_FILE
 12570 = %S の添付でエラーが発生しました。ファイルにアクセスできるか確認してください。
 
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
@@ -131,22 +131,22 @@
 <!ENTITY enableInlineSpellChecker.accesskey	"S">
 <!ENTITY quoteCmd.label			"メッセージを引用">
 <!ENTITY quoteCmd.accesskey		"Q">
 
 <!--LOCALIZATION NOTE attachVCard.label Don't translate the term 'vCard' -->
 <!ENTITY attachVCard.label		"vCard を添付">
 <!ENTITY attachVCard.accesskey		"v">
 
-<!ENTITY returnReceiptMenu.label	"開封確認の返送を求める"><!-- en-US Return Receipt -->
+<!ENTITY returnReceiptMenu.label	"開封確認の返送を求める"><!-- en-US: Return Receipt -->
 <!ENTITY returnReceiptMenu.accesskey	"t">
-<!ENTITY dsnMenu.label			"配信状態通知の返送を求める"><!-- en-US Delivery Status Notification -->
+<!ENTITY dsnMenu.label			"配信状態通知の返送を求める"><!-- en-US: Delivery Status Notification -->
 <!ENTITY dsnMenu.accesskey		"N">
-<!ENTITY outputFormatMenu.label		"送信形式">
-<!ENTITY outputFormatMenu.accesskey	"f">
+<!ENTITY deliveryFormatMenu.label	"送信形式">
+<!ENTITY deliveryFormatMenu.accesskey	"F">
 <!ENTITY autoFormatCmd.label		"自動判別">
 <!ENTITY autoFormatCmd.accesskey	"a">
 <!ENTITY plainTextFormatCmd.label	"プレーンテキスト">
 <!ENTITY plainTextFormatCmd.accesskey	"p">
 <!ENTITY htmlFormatCmd.label		"HTML のみ">
 <!ENTITY htmlFormatCmd.accesskey	"r">
 <!ENTITY bothFormatCmd.label		"テキストと HTML">
 <!ENTITY bothFormatCmd.accesskey	"l">
--- a/mail/chrome/messenger/msgFolderPickerOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgFolderPickerOverlay.dtd
@@ -1,7 +1,8 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Labels -->
 <!ENTITY newfolderchoosethis.label	"親フォルダを選択">
 <!ENTITY filemessageschoosethis.label	"フォルダを選択">
+<!ENTITY recentfolders.label		"最近使用したフォルダ">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
@@ -22,18 +22,18 @@
 <!ENTITY useSmoothScrolling.label		"スムーズスクロール機能を使用する">
 <!ENTITY useSmoothScrolling.accesskey		"m">
 
 <!ENTITY systemIntegration.label		"システム統合">
 <!ENTITY alwaysCheckDefault.label		"起動時に &brandShortName; が既定のクライアントとして設定されているか確認する">
 <!ENTITY alwaysCheckDefault.accesskey		"A">
 <!ENTITY searchIntegration.label		"&searchIntegration.engineName; によるメッセージの検索を許可する">
 <!ENTITY searchIntegration.accesskey		"S">
-<!ENTITY checkNow.label				"今すぐ確認">
-<!ENTITY checkNow.accesskey			"N">
+<!ENTITY checkDefaultsNow.label			"今すぐ確認...">
+<!ENTITY checkDefaultsNow.accesskey		"N">
 <!ENTITY configEditDesc.label			"高度な設定">
 <!ENTITY configEdit.label			"設定エディタ..."><!-- (^^; 要するに about:config -->
 <!ENTITY configEdit.accesskey			"C">
 <!ENTITY returnReceiptsInfo.label		"開封確認の取り扱い方を設定します。">
 <!ENTITY showReturnReceipts.label		"開封確認...">
 <!ENTITY showReturnReceipts.accesskey		"R">
 
 <!-- Display and Reading Settings -->
--- a/mail/chrome/messenger/systemIntegrationDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/systemIntegrationDialog.dtd
@@ -1,16 +1,20 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY systemIntegration.title	"システム統合">
+<!ENTITY acceptIntegration.label	"@Default@として設定">
+<!ENTITY cancelIntegration.label	"統合をスキップ">
 <!ENTITY defaultClient.intro		"&brandShortName; を次の既定のクライアントとして使用する:">
 
 <!ENTITY email.label			"メール">
 <!ENTITY newsgroups.label		"ニュース">
 <!ENTITY feeds.label			"フィード">
 
+<!ENTITY unsetDefault.tooltip		"&brandShortName; から既定のクライアントの設定を解除することはできません。他のプログラムを既定に設定するには、そのプログラムから設定してください。">
+
 <!ENTITY checkOnStartup.label		"起動時に &brandShortName; が既定のクライアントとして設定されているか確認する">
 <!ENTITY checkOnStartup.accesskey	"A">
 
 <!ENTITY searchIntegration.label	"&searchIntegration.engineName; によるメッセージの検索を許可する">
 <!ENTITY searchIntegration.accesskey	"S">