19.0: sync suite with en-US rev12920:1204aac48e3a SEAMONKEY_2_16b1_BUILD1 SEAMONKEY_2_16b1_RELEASE SEAMONKEY_2_16b2_BUILD1 SEAMONKEY_2_16b2_RELEASE SEAMONKEY_2_16b3_BUILD1 SEAMONKEY_2_16b3_RELEASE SEAMONKEY_2_16b4_BUILD1 SEAMONKEY_2_16b4_RELEASE SEAMONKEY_2_16b5_BUILD1 SEAMONKEY_2_16b5_RELEASE
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Sat, 29 Dec 2012 12:37:29 +0900
changeset 935 d1630eb77f711562027eb942ee2e69688d7d60b3
parent 934 ef4a8d06bf25396c695afa549ac4ee7214685b4b
child 936 ca64b316d63d6f43ecfdea4fbb83413053e64761
child 943 17ba8c1a41fef2b86a2b4d857fb3ef7ef45639af
child 952 b8007c69d28dc2a92ca352bec69969bc85245cfb
child 956 09ffa1167411f4a053a5d4a4c2e94a881aa4508f
child 961 0b4b747d3868c5608b3948a6df3610e7e02ead3c
child 967 14cfb1e6dcda17e1acb864f8ff2385cbe26d82a8
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs19
19.0: sync suite with en-US rev12920:1204aac48e3a
suite/chrome/browser/metadata.dtd
suite/chrome/browser/pageInfo.properties
suite/chrome/common/help/page_info_help.xhtml
suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
suite/chrome/common/notification.properties
suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-sync.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-validation.dtd
suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
suite/chrome/common/sync/syncGenericChange.properties
suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/filter.properties
suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
suite/chrome/mailnews/messenger.properties
suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
--- a/suite/chrome/browser/metadata.dtd
+++ b/suite/chrome/browser/metadata.dtd
@@ -7,19 +7,20 @@
 <!ENTITY caption.label         "要素のプロパティ">
 <!ENTITY image-sec.label       "画像のプロパティ">
 <!ENTITY image-url.label       "URL:">
 <!ENTITY image-desc.label      "説明:">
 <!ENTITY image-alt.label       "代替テキスト:">
 <!ENTITY image-width.label     "幅:">
 <!ENTITY image-height.label    "高さ:">
 <!ENTITY image-filesize.label  "ファイルサイズ:">
+<!ENTITY image-filesize.value  "不明">
 <!ENTITY insdel-sec.label      "挿入/削除のプロパティ">
 <!ENTITY insdel-cite.label     "情報:">
-<!ENTITY insdel-date.label     "Date:">
+<!ENTITY insdel-date.label     "日時:">
 <!ENTITY link-sec.label        "リンクのプロパティ">
 <!ENTITY link-url.label        "アドレス:">
 <!ENTITY link-target.label     "開くウィンドウ:">
 <!ENTITY link-type.label       "ターゲットのタイプ:">
 <!ENTITY link-lang.label       "ターゲットの言語:">
 <!ENTITY link-rel.label        "関係:">
 <!ENTITY link-rev.label        "逆の関係:">
 <!ENTITY misc-sec.label        "その他のプロパティ">
--- a/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
+++ b/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
@@ -1,65 +1,76 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-pageInfo.page.title=ページ情報 - %S
-pageInfo.frame.title=フレーム情報 - %S
+pageInfo.page.title	= ページ情報 - %S
+pageInfo.frame.title	= フレーム情報 - %S
 
-noPageTitle=タイトルなしのページ:
-pageTitle=%S:
-unknown=不明
-default=デフォルト
-notSet=指定なし
-yes=はい
-no=いいえ
+noPageTitle		= ページタイトルなし:
+pageTitle		= %S:
+unknown			= 不明
+default			= デフォルト
+notSet			= なし
+yes			= はい
+no			= いいえ
 
-mediaImg=画像
-mediaVideo=ビデオ
-mediaAudio=オーディオ
-mediaBGImg=背景画像
-mediaObject=オブジェクト
-mediaEmbed=埋め込み
-mediaLink=アイコン
-mediaInput=入力
-mediaFileSize=%S KB
-mediaSize=%S x %S (ピクセル)
-mediaSelectFolder=画像を保存するフォルダを選択
-mediaBlockImage=%S の画像をブロックする
-mediaImageType=%S 画像
-mediaAnimatedImageType=%S 画像 (%S フレームアニメーション)
+mediaImg		= 画像
+mediaVideo		= 動画
+mediaAudio		= オーディオ
+mediaBGImg		= 背景画像
+mediaObject		= オブジェクト
+mediaEmbed		= 埋め込みオブジェクト
+mediaLink		= アイコン
+mediaInput		= 入力
+mediaFileSize		= %S KB
+mediaSize		= %Spx × %Spx
+mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダを選択してください
+mediaBlockImage		= %S の画像をブロック
+mediaImageType		= %S 画像
+mediaAnimatedType	= %S アニメーション画像
+
+generalQuirksMode	= Quirks (後方互換) モード
+generalStrictMode	= Standards Compliant (標準準拠) モード
+generalNotCached	= (キャッシュなし)
+generalDiskCache	= ディスクキャッシュ
+generalMemoryCache	= メモリキャッシュ
+generalSize		= %S KB (%S バイト)
+generalMetaTag		= meta 要素一覧 (1 要素)
+generalMetaTags		= meta 要素一覧 (%S 要素)
+generalSiteIdentity	= この Web サイトの運営者: %S\n認証局: %S
 
-generalQuirksMode=下位互換
-generalStrictMode=標準準拠
-generalNotCached=(キャッシュなし)
-generalDiskCache=ディスクキャッシュ
-generalMemoryCache=メモリキャッシュ
-generalSize=%S KB (%S バイト)
-generalMetaTag=Meta タグ (1 件)
-generalMetaTags=Meta タグ (%S 件)
-generalSiteIdentity=Web サイトの運営者: %S\n認証者: %S
+formTitle		= フォーム %S:
+formUntitled		= 名前なしフォーム:
+formDefaultTarget	= なし (同じウィンドウで開く)
+formChecked		= チェック済
+formUnchecked		= 未チェック
+formPassword		= ••••••••
 
-formTitle=フォーム %S:
-formUntitled=名前なしフォーム:
-formDefaultTarget=なし (同じウィンドウで開く)
-formChecked=チェック済
-formUnchecked=未チェック
-formPassword=••••••••
+linkAnchor		= アンカー
+linkArea		= 領域
+linkSubmission		= フォームの提出
+linkSubmit		= クエリ送信
+linkRel			= 順方向リンク
+linkStylesheet		= スタイルシート
+linkRev			= 逆方向リンク
+linkX			= 単純 XLink
+linkScript		= スクリプト
+linkScriptInline	= インライン
 
-linkAnchor=アンカー
-linkArea=領域
-linkSubmission=フォームの提出
-linkSubmit=クエリ送信
-linkRel=順方向リンク
-linkStylesheet=スタイルシート
-linkRev=逆方向リンク
-linkX=単純 XLink
-linkScript=スクリプト
-linkScriptInline=インライン
+feedRss			= RSS
+feedAtom		= Atom
+feedXML			= XML
 
-feedRss=RSS
-feedAtom=Atom
-feedXML=XML
-
-securityNoOwner=検証され信頼できる運営者情報はありません
-securityOneVisit=1 回訪問しています
-securityNVisits=%S 回訪問しています
+securityNoOwner		= 検証され信頼できる運営者情報はありません
+securityOneVisit	= はい (1 回)
+securityNVisits		= はい (%S 回)
+securityNoEncryption	= 接続が暗号化されていません
+securityNone1		= Web サイト %S は表示中のページの暗号化をサポートしていません。
+securityNone2		= 暗号化せずにインターネットに送信された情報は他人に傍受される可能性があります。
+securityNone3		= 表示中のページは暗号化されていません。
+# LOCALIZATION NOTE (securityEncryptionWithBits): %1$S is the name of the encryption standard,
+# %2$S is the key size of the cipher.
+securityEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %1$S、鍵長 %2$S bit (高強度の暗号化)
+securityEncryption1		= 表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
+securityEncryption2		= 暗号化によってコンピュータ間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性はとても低くなります。
+securityMixedContent		= 一部の接続だけが暗号化されています
+securityMixed1			= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
--- a/suite/chrome/common/help/page_info_help.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/page_info_help.xhtml
@@ -225,36 +225,17 @@
   <li><strong>Connection Not Encrypted</strong>: It is possible that other
     people can view information sent from your computer to the website or
     information sent by the website to your computer, but it is unlikely that
     someone is actually doing so.</li>
   <li><strong>Connection Encrypted</strong>: In general, the strength of an
     encrypted connection depends on the length of the keys used for encryption,
     measured in bits. The longer the key, the stronger the
     encryption&mdash;that is, the harder it is to for an unauthorized person to
-    unscramble the encrypted information. 
-
-    <p>The Page Info window describes encryption strength in one of three
-      ways:</p>
-
-    <ul>
-      <li><strong>High-grade encryption</strong>: Strongest encryption
-        available, using 128-bit keys at a minimum.</li>
-      <li><strong>Medium-grade encryption</strong>: Somewhat stronger than
-        low-grade encryption, using 56- or 64-bit keys.</li>
-      <li><strong>Low-grade encryption</strong>: Weakest encryption available,
-        using 40-bit keys.</li>
-    </ul>
-
-    <p>Most websites support high-grade encryption. If you are viewing an older
-      website that supports a weaker form of encryption, it is possible that
-      other people can view information sent from your computer to the website
-      or information sent by the website to your computer, but it is unlikely
-      that someone is actually doing so.</p>
-  </li>
+    unscramble the encrypted information.</li>
 </ul>
 
 <p>Lack of any encryption or lack of strong encryption should be of concern
   only if you are sending or viewing confidential information, such as your
   credit card number.</p>
 
 <p>You can quickly check the encryption status of a web page by noting the
   state of the lock icon at the bottom-right corner of the browser window. For
--- a/suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
@@ -83,20 +83,16 @@
   annoying.</p>
 
 <p>To activate any of these warnings, select the corresponding checkbox:</p>
 
 <ul>
   <li><strong>Loading a page that supports encryption</strong>: Select this
     warning if you want to be reminded whenever you are loading a page that
     supports encryption.</li>
-  <li><strong>Loading a page that uses low-grade encryption</strong>: Select
-    this warning if you want to be reminded whenever you are loading a page
-    that supports low-grade encryption. (Low-grade encryption is the weakest
-    encryption available, using 40-bit keys.)</li>
   <li><strong>Leaving a page that supports encryption</strong>: Select this
     warning if you want to be reminded whenever you are leaving a page that
     supports encryption for one that does not.</li>
   <li><strong>Sending form data from an unencrypted page to an unencrypted
     page</strong>: Select this warning if you want to be reminded whenever you
     are submitting data over an unencrypted connection. If you send unencrypted
     information over the Internet, it can easily be intercepted by other
     people.</li>
--- a/suite/chrome/common/notification.properties
+++ b/suite/chrome/common/notification.properties
@@ -1,150 +1,166 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-outdatedpluginsMessage.title=このページで使用されている一部のプラグインのバージョンが古くなっています。
-outdatedpluginsMessage.button.label=プラグインを更新...
-outdatedpluginsMessage.button.accesskey=U
-
-carbonfailurepluginsMessage.title=このページは 32 ビットモードで実行できるプラグインが必要です。
-carbonfailurepluginsMessage.button.label=32 ビットモードで再起動
-carbonfailurepluginsMessage.button.accesskey=R
-
-missingpluginsMessage.title=このページを完全に表示するには、プラグインを追加する必要があります。
-missingpluginsMessage.button.label=追加インストール...
-missingpluginsMessage.button.accesskey=I
+outdatedpluginsMessage.title			= このページで使用されている一部のプラグインのバージョンが古くなっています。
+outdatedpluginsMessage.button.label		= プラグインを更新...
+outdatedpluginsMessage.button.accesskey		= U
 
-blockedpluginsMessage.title=このページが要求したプラグインは、安全上の理由からブロックされました。
-blockedpluginsMessage.infoButton.label=詳細...
-blockedpluginsMessage.infoButton.accesskey=D
-blockedpluginsMessage.searchButton.label=更新の有無をチェック...
-blockedpluginsMessage.searchButton.accesskey=U
+# LOCALIZATION NOTE (carbonfailurepluginsMessage.title):
+# The English form of this string used to use the word "requires" but it was
+# later thought that this word felt too aggressive and we now use "requests".
+# Localizers can use use a word corresponding to "requests" or "requires"
+# or both, depending on what matches the language best.
+carbonfailurepluginsMessage.title		= このページは 32 ビットモードで実行できるプラグインが必要です。
+carbonfailurepluginsMessage.button.label	= 32 ビットモードで再起動
+carbonfailurepluginsMessage.button.accesskey	= R
 
-crashedpluginsMessage.title=%S プラグインがクラッシュしました。
-crashedpluginsMessage.reloadButton.label=ページを再読み込み
-crashedpluginsMessage.reloadButton.accesskey=R
-crashedpluginsMessage.submitButton.label=クラッシュレポートを送信
-crashedpluginsMessage.submitButton.accesskey=S
-crashedpluginsMessage.learnMore=詳細を確認...
+missingpluginsMessage.title			= このページを完全に表示するには、プラグインを追加する必要があります。
+missingpluginsMessage.button.label		= 追加インストール...
+missingpluginsMessage.button.accesskey		= I
+
+blockedpluginsMessage.title			= このページが要求したプラグインは、安全上の理由からブロックされました。
+blockedpluginsMessage.infoButton.label		= 詳細...
+blockedpluginsMessage.infoButton.accesskey	= D
+blockedpluginsMessage.searchButton.label	= 更新の有無をチェック...
+blockedpluginsMessage.searchButton.accesskey	= U
 
-activatepluginsMessage.title=このページのプラグインを有効にしますか?
-activatepluginsMessage.activate.label=プラグインを有効にする
-activatepluginsMessage.activate.accesskey=A
-activatepluginsMessage.dismiss.label=有効にしない
-activatepluginsMessage.dismiss.accesskey=D
-activatepluginsMessage.remember=このサイトの設定を記憶する
-activatepluginsMessage.always.label=常にこのサイトでは有効にする
-activatepluginsMessage.always.accesskey=c
-activatepluginsMessage.never.label=このサイトでは無効にする
-activatepluginsMessage.never.accesskey=N
+crashedpluginsMessage.title			= %S プラグインがクラッシュしました。
+crashedpluginsMessage.reloadButton.label	= ページを再読み込み
+crashedpluginsMessage.reloadButton.accesskey	= R
+crashedpluginsMessage.submitButton.label	= クラッシュレポートを送信
+crashedpluginsMessage.submitButton.accesskey	= S
+crashedpluginsMessage.learnMore			= 詳細を確認...
 
-popupWarning=%S は、このサイトが開くポップアップをブロックしました。
-popupWarningMultiple=%S は、このサイトが開くポップアップ (%S 件) をブロックしました。
-popupWarningButton=設定
-popupWarningButton.accesskey=P
+activatepluginsMessage.title			= このページのプラグインを有効にしますか?
+activatepluginsMessage.activate.label		= プラグインを有効にする
+activatepluginsMessage.activate.accesskey	= A
+activatepluginsMessage.dismiss.label		= 有効にしない
+activatepluginsMessage.dismiss.accesskey	= D
+activatepluginsMessage.remember			= このサイトの設定を記憶する
+activatepluginsMessage.always.label		= 常にこのサイトでは有効にする
+activatepluginsMessage.always.accesskey		= c
+activatepluginsMessage.never.label		= このサイトでは無効にする
+activatepluginsMessage.never.accesskey		= N
 
-xpinstallHostNotAvailable=不明なホスト
-xpinstallPromptWarning=%S はサイト "%S" からのソフトウェアのインストールをブロックしました。
-xpinstallPromptInstallButton=ソフトウェアのインストール...
-xpinstallPromptInstallButton.accesskey=I
-xpinstallDisabledMessageLocked=システム管理者によってソフトウェアのインストール機能は無効にされています。
-xpinstallDisabledMessage=ソフトウェアのインストール機能は現在無効です。[有効にする] をクリックして再度実行してください。
-xpinstallDisabledButton=有効にする
-xpinstallDisabledButton.accesskey=n
+popupWarning					= %S は、このサイトが開くポップアップをブロックしました。
+popupWarningMultiple				= %S は、このサイトが開くポップアップ (%S 件) をブロックしました。
+popupWarningButton				= 設定
+popupWarningButton.accesskey			= P
+
+xpinstallHostNotAvailable			= 不明なホスト
+xpinstallPromptWarning				= %S はサイト "%S" からのソフトウェアのインストールをブロックしました。
+xpinstallPromptInstallButton			= ソフトウェアのインストール...
+xpinstallPromptInstallButton.accesskey		= I
+xpinstallDisabledMessageLocked			= システム管理者によってソフトウェアのインストール機能は無効にされています。
+xpinstallDisabledMessage			= ソフトウェアのインストール機能は現在無効です。[有効にする] をクリックして再度実行してください。
+xpinstallDisabledButton				= 有効にする
+xpinstallDisabledButton.accesskey		= n
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonDownloading, addonDownloadCancelled):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
 # The number of add-ons is not itself substituted in the string.
-addonDownloading=アドオンをダウンロード中:
-addonDownloadCancelled=アドオンのダウンロードをキャンセルしました。
-addonDownloadCancelButton=キャンセル
-addonDownloadCancelButton.accesskey=C
-addonDownloadRestartButton=再起動
-addonDownloadRestartButton.accesskey=R
+addonDownloading				= アドオンをダウンロード中:
+addonDownloadCancelled				= アドオンのダウンロードをキャンセルしました。
+addonDownloadCancelButton			= キャンセル
+addonDownloadCancelButton.accesskey		= C
+addonDownloadRestartButton			= 再起動
+addonDownloadRestartButton.accesskey		= R
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonsInstalled, addonsInstalledNeedsRestart):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
 # #1 first add-on's name, #2 number of add-ons, #3 application name
-addonsInstalled=#2 個のアドオンが正常にインストールされました。
-addonsInstalledNeedsRestart=#1 は #3 の再起動後にインストールされます。
-addonInstallRestartButton=今すぐ再起動
-addonInstallRestartButton.accesskey=R
-addonInstallManageButton=アドオンマネージャを開く
-addonInstallManageButton.accesskey=O
+addonsInstalled					= #2 個のアドオンが正常にインストールされました。
+addonsInstalledNeedsRestart			= #1 は #3 の再起動後にインストールされます。
+addonInstallRestartButton			= 今すぐ再起動
+addonInstallRestartButton.accesskey		= R
+addonInstallManageButton			= アドオンマネージャを開く
+addonInstallManageButton.accesskey		= O
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonError-1, addonError-2, addonError-3, addonError-4, addonErrorIncompatible, addonErrorBlocklisted):
 # #1 is the add-on name, #2 is the host name, #3 is the application name
 # #4 is the application version
-addonError-1=#2 に接続できなかったため、アドオンをダウンロードできませんでした。
-addonError-2=#2 のアドオンは、#3 に対応していなかったため、インストールされませんでした。
-addonError-3=#2 からダウンロードされたアドオンは壊れている可能性があるため、インストールされませんでした。
-addonError-4=#3 は、必要なファイルを変更できないため、#1がインストールされない可能性があります。
-addonErrorBlocklisted=安定性やセキュリティの問題を引き起こすリスクが高いため、#1 はインストールできません。
-addonErrorIncompatible=#3 #4と互換性がないため、#1 はインストールされません。
+addonError-1					= #2 に接続できなかったため、アドオンをダウンロードできませんでした。
+addonError-2					= #2 のアドオンは、#3 に対応していなかったため、インストールされませんでした。
+addonError-3					= #2 からダウンロードされたアドオンは壊れている可能性があるため、インストールされませんでした。
+addonError-4					= #3 は、必要なファイルを変更できないため、#1がインストールされない可能性があります。
+addonErrorBlocklisted				= 安定性やセキュリティの問題を引き起こすリスクが高いため、#1 はインストールできません。
+addonErrorIncompatible				= #3 #4と互換性がないため、#1 はインストールされません。
 
 # Light Weight Themes
 # LOCALIZATION NOTE (lwthemeInstallRequest.message): %S will be replaced with
 # the host name of the site.
-lwthemeInstallRequest.message=このサイト (%S) のテーマをインストールしようとしています。続行する場合は [許可] をクリックします。
-lwthemeInstallRequest.allowButton=許可
-lwthemeInstallRequest.allowButton.accesskey=A
+lwthemeInstallRequest.message			= このサイト (%S) のテーマをインストールしようとしています。続行する場合は [許可] をクリックします。
+lwthemeInstallRequest.allowButton		= 許可
+lwthemeInstallRequest.allowButton.accesskey	= A
 
-lwthemeInstallNotification.message=新しいテーマがインストールされました。
-lwthemeInstallNotification.undoButton=元に戻す
-lwthemeInstallNotification.undoButton.accesskey=n
-lwthemeInstallNotification.manageButton=テーマの管理...
-lwthemeInstallNotification.manageButton.accesskey=M
+lwthemeInstallNotification.message		= 新しいテーマがインストールされました。
+lwthemeInstallNotification.undoButton		= 元に戻す
+lwthemeInstallNotification.undoButton.accesskey	= n
+lwthemeInstallNotification.manageButton		= テーマの管理...
+lwthemeInstallNotification.manageButton.accesskey	= M
 
 # LOCALIZATION NOTE (lwthemeNeedsRestart.message):
 # %S will be replaced with the new theme name.
-lwthemeNeedsRestart.message=%S は再起動後にインストールされます。
-lwthemeNeedsRestart.restartButton=今すぐ再起動
-lwthemeNeedsRestart.restartButton.accesskey=R
+lwthemeNeedsRestart.message			= %S は再起動後にインストールされます。
+lwthemeNeedsRestart.restartButton		= 今すぐ再起動
+lwthemeNeedsRestart.restartButton.accesskey	= R
 
 # Geolocation UI
-# LOCALIZATION NOTE (geolocation.shareLocation geolocation.dontShareLocation): 
+# LOCALIZATION NOTE (geolocation.shareLocation geolocation.dontShareLocation geolocation.alwaysShare geolocation.neverShare):
 #If you're having trouble with the word Share, please use Allow and Block in your language.
 geolocation.shareLocation			= 許可
 geolocation.shareLocation.accesskey		= a
 geolocation.dontShareLocation			= ブロック
 geolocation.dontShareLocation.accesskey		= o
-geolocation.alwaysShareLocation=常に共有
-geolocation.alwaysShareLocation.accesskey=A
-geolocation.neverShareLocation=共有しない
-geolocation.neverShareLocation.accesskey=N
-geolocation.siteWantsToKnow			=この Web サイト (%S) があなたの位置情報を求めてきています。
-geolocation.fileWantsToKnow			=ファイル %S があなたの位置情報を求めてきています。
+geolocation.alwaysShareLocation			= 常に共有
+geolocation.alwaysShareLocation.accesskey	= A
+geolocation.neverShareLocation			= 共有しない
+geolocation.neverShareLocation.accesskey	= N
+geolocation.siteWantsToKnow			= この Web サイト (%S) があなたの位置情報を求めてきています。
+geolocation.fileWantsToKnow			= ファイル %S があなたの位置情報を求めてきています。
 # LOCALIZATION NOTE (geolocation.learnMore): Use the unicode ellipsis char, \u2026,
-# or use "..." if \u2026 doesn't suit traditions in your locale.
+# or use "..." unless \u2026 doesn't suit traditions in your locale.
 geolocation.learnMore				= 詳細を表示...
 geolocation.remember				= このサイトでは今後も同様に処理する
 
 # IndexedDB
-offlineApps.permissions=このサイト (%S) はオフラインで利用するためにあなたのコンピュータにデータを保存することを求めています。
-offlineApps.quota=この Web サイト (%1$S) は、オフラインで利用するためのデータとしてあなたのコンピュータに %2$SMB のデータを保存しようとしています。
-offlineApps.allow=許可
-offlineApps.allow.accesskey=A
-offlineApps.later=今回は拒否
-offlineApps.later.accesskey=N
-offlineApps.deny=このサイトは常に拒否
-offlineApps.deny.accesskey=e
+offlineApps.permissions				= このサイト (%S) はオフラインで利用するためにあなたのコンピュータにデータを保存することを求めています。
+offlineApps.quota				= この Web サイト (%1$S) は、オフラインで利用するためのデータとしてあなたのコンピュータに %2$SMB のデータを保存しようとしています。
+offlineApps.allow				= 許可
+offlineApps.allow.accesskey			= A
+offlineApps.later				= 今回は拒否
+offlineApps.later.accesskey			= N
+offlineApps.deny				= このサイトは常に拒否
+offlineApps.deny.accesskey			= e
 
 # Block autorefresh
-refreshBlocked.goButton=許可
-refreshBlocked.goButton.accesskey=A
-refreshBlocked.refreshLabel=%S は自動的に再読み込みを繰り返すため、このページをブロックしました。
-refreshBlocked.redirectLabel=%S は自動的に別のページにリダイレクトしようとしたため、このページをブロックしました。
+refreshBlocked.goButton				= 許可
+refreshBlocked.goButton.accesskey		= A
+refreshBlocked.refreshLabel			= %S は自動的に再読み込みを繰り返すため、このページをブロックしました。
+refreshBlocked.redirectLabel			= %S は自動的に別のページにリダイレクトしようとしたため、このページをブロックしました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (lockPrompt.text)
 # %S will be replaced with the application name.
-lockPrompt.text=%S のファイルは別のアプリケーションで使用されているため、ブックマークと履歴のシステムが機能しません。いくつかのセキュリティソフトウェアは、この問題を引き起こす可能性があります。
-lockPromptInfoButton.label=詳細はこちら
-lockPromptInfoButton.accesskey=L
+lockPrompt.text					= %S のファイルは別のアプリケーションで使用されているため、ブックマークと履歴のシステムが機能しません。いくつかのセキュリティソフトウェアは、この問題を引き起こす可能性があります。
+lockPromptInfoButton.label			= 詳細はこちら
+lockPromptInfoButton.accesskey			= L
 
 # LOCALIZATION NOTE (updatePrompt.text)
 # %S will be replaced with the application name.
-updatePrompt.text=自動更新のチェックが無効に設定されています。使用中の %S はセキュリティ上の欠陥があります。 新しいバージョンに更新してください。
-updatePromptCheckButton.label=アップデートを確認
-updatePromptCheckButton.accesskey=C
+updatePrompt.text				= 自動更新のチェックが無効に設定されています。使用中の %S はセキュリティ上の欠陥があります。 新しいバージョンに更新してください。
+updatePromptCheckButton.label			= アップデートを確認
+updatePromptCheckButton.accesskey		= C
+
+SecurityTitle					= セキュリティ警告
+MixedContentMessage				= 要求したページは暗号化されていますが、暗号化されていない項目を含んでいます。あなたがこのページで表示や入力する情報は第三者が簡単に傍受できます。
+MixedContentShowAgain				= 暗号化されていない情報を含む暗号化ページを表示するときには毎回警告する
+LeaveSecureMessage				= 暗号化されたページから去ろうとしています。今後送受信する情報は第三者が簡単に傍受できます。
+LeaveSecureShowAgain				= 暗号化されているページから暗号化されていないページに移るときには毎回警告する
+EnterSecureMessage				= 暗号化されたページを要求しています。このサイトの認証情報は正しく検証されており、あなたがこのページで表示や入力する情報は第三者が簡単に傍受できません。
+EnterSecureShowAgain				= 暗号化されているページを表示するときには毎回警告する
+PostToInsecureFromInsecureMessage		= あなたが入力した情報は暗号化されていない接続を通して送信されようとしており、第三者が簡単に傍受できます。\n本当にこの情報の送信を続けてもよろしいですか?
+PostToInsecureFromInsecureShowAgain		= 暗号化されていない情報を送信しようとしたときには毎回警告する
+PostToInsecureContinue				= 続ける
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
@@ -8,19 +8,16 @@
 <!ENTITY prefDirect.label                    "直接接続設定">
 <!ENTITY prefProxy.label                     "プロキシ接続設定">
 <!ENTITY prefEnableHTTP10.label              "HTTP 1.0 を使用する">
 <!ENTITY prefEnableHTTP10.accesskey          "U">
 <!ENTITY prefEnableHTTP10Proxy.accesskey     "S">
 <!ENTITY prefEnableHTTP11.label              "HTTP 1.1 を使用する">
 <!ENTITY prefEnableHTTP11.accesskey          "E">
 <!ENTITY prefEnableHTTP11Proxy.accesskey     "T">
-<!ENTITY prefEnableKeepAlive.label           "接続の維持 (KeepAlive) を有効にする">
-<!ENTITY prefEnableKeepAlive.accesskey       "K">
-<!ENTITY prefEnableKeepAliveProxy.accesskey  "A">
 <!ENTITY prefEnablePipelining.label          "パイプラインを有効にする">
 <!ENTITY prefEnablePipelining.accesskey      "P">
 <!ENTITY prefEnablePipeliningProxy.accesskey "N">
 <!ENTITY prefPara                            "これらのオプションで HTTP 接続のパフォーマンスや互換性を向上させることができます。いくつかのプロキシサーバは、例えば HTTP/1.0 を要求することが知られています (詳細はリリースノートを参照してください)。">
 <!ENTITY prefPipeWarning                     "警告: パイプラインは実験的な機能です。この機能を利用するとページの読み込み速度が向上しますが、一部の Web サーバやプロキシではサポートされておらず、それらの不具合によって速度が低下したり全く接続できなったりすることがあります。">
 <!ENTITY prefUseragent.label                 "ユーザエージェント文字列の設定">
 <!ENTITY prefFirefoxCompat.label             "ユーザエージェントに Firefox 互換ブラウザであることを追記する"><!--Advertise Firefox compatibility-->
 <!ENTITY prefFirefoxCompat.accesskey         "F">
\ No newline at end of file
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
@@ -10,18 +10,16 @@
 <!ENTITY enable.ssl30.label                 "SSL 3.0 を有効にする">
 <!ENTITY enable.ssl30.accesskey             "3">
 <!ENTITY enable.tls10.label                 "TLS 1.0 を有効にする">
 <!ENTITY enable.tls10.accesskey             "T">
 
 <!ENTITY warn.description                   "&brandShortName; はあなたが見ている Web ページのセキュリティ状態を警告することができます。警告もしくは事前に許可を求めるダイアログを表示させたいケースを、&brandShortName; に設定します:">
 <!ENTITY warn.enteringsecure                "暗号化されたページを読み込むとき">
 <!ENTITY warn.enteringsecure.accesskey      "L">
-<!ENTITY warn.enteringweak                  "強度の低い暗号を使用しているページを読み込むとき">
-<!ENTITY warn.enteringweak.accesskey        "o">
 <!ENTITY warn.insecurepost                  "暗号化されていないページから暗号化されていないページへデータを送信するとき">
 <!ENTITY warn.insecurepost.accesskey        "S">
 <!ENTITY warn.leavingsecure                 "暗号化されたページから離れるとき">
 <!ENTITY warn.leavingsecure.accesskey       "a">
 <!ENTITY warn.viewmixed                     "暗号化されたページと暗号化されていないページが混在するとき">
 <!ENTITY warn.viewmixed.accesskey           "V">
 
 <!ENTITY certselect.description             "個人証明書を要求されたとき、&brandShortName; がどのように Web サイトにセキュリティ証明書を提示するか決定してください:">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-sync.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-sync.dtd
@@ -1,16 +1,16 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- The page shown when not logged in... -->
 <!ENTITY setupButton.label          "&syncBrand.fullName.label; をセットアップ">
 <!ENTITY setupButton.accesskey      "S">
-<!ENTITY weaveDesc.label            "&syncBrand.fullName.label; を使えば、SeaMonkey の履歴、ブックマーク、パスワード、開いているタブに、様々なデバイスからアクセスできます。">
+<!ENTITY weaveDesc.label            "&syncBrand.fullName.label; を使えば、SeaMonkey の履歴、ブックマーク、パスワード、開いているタブに、様々な端末からアクセスできます。">
 
 <!-- The page shown when logged in... -->
 <!ENTITY accountGroupboxCaption.label "&syncBrand.fullName.label; アカウント">
 <!ENTITY accountName.label            "アカウント名:">
 
 <!-- Login error feedback -->
 <!ENTITY updatePass.label             "更新">
 <!ENTITY updatePass.accesskey         "U">
@@ -23,23 +23,23 @@
 <!ENTITY viewQuota.label              "サーバ使用量を表示">
 <!ENTITY viewQuota.accesskey          "V">
 <!ENTITY changePassword.label         "パスワードを変更">
 <!ENTITY changePassword.accesskey     "C">
 <!ENTITY myRecoveryKey.label          "自分のリカバリキー">
 <!ENTITY myRecoveryKey.accesskey      "M">
 <!ENTITY resetSync.label              "Sync をリセット">
 <!ENTITY resetSync.accesskey          "R">
-<!ENTITY deactivateDevice.label       "このデバイスの同期を停止">
-<!ENTITY deactivateDevice.accesskey   "D">
-<!ENTITY addDevice.label              "デバイスを追加">
+<!ENTITY unlinkDevice.label           "この端末を切り離す">
+<!ENTITY unlinkDevice.accesskey       "D">
+<!ENTITY addDevice.label              "端末を追加">
 <!ENTITY addDevice.accesskey          "A">
 
 <!-- Sync Settings -->
-<!ENTITY syncComputerName.label       "デバイス名:">
+<!ENTITY syncComputerName.label       "端末名:">
 <!ENTITY syncComputerName.accesskey   "N">
 
 <!ENTITY syncMy2.label              "同期するデータ:">
 <!ENTITY engine.addons.label        "アドオン">
 <!ENTITY engine.addons.accesskey    "A">
 <!ENTITY engine.bookmarks.label     "ブックマーク">
 <!ENTITY engine.bookmarks.accesskey "B">
 <!ENTITY engine.tabs.label          "タブ">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-validation.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-validation.dtd
@@ -7,18 +7,10 @@
 <!ENTITY  validation.crl.caption                  "CRL">
 <!ENTITY  validation.crl.description              "CRL マネージャは、あなたの証明書データベースに記録された証明書失効リスト (CRL) を管理します。">
 <!ENTITY  validation.managecrls.button            "CRL の管理...">
 <!ENTITY  validation.managecrls.accesskey         "M">
 
 <!ENTITY validation.ocsp.caption                  "OCSP">
 <!ENTITY enableOCSP.label                         "オンライン証明書状態プロトコル (OCSP) を使用すると、証明書の現在の正当性を検証できます。">
 <!ENTITY enableOCSP.accesskey                     "U">
-<!ENTITY certOCSP2.label                          "OCSP サーバが指定されている証明書だけを検証する">
-<!ENTITY certOCSP2.accesskey                      "V">
-<!ENTITY proxyOCSP2.label                         "次の OCSP サーバですべての証明書を検証する:">
-<!ENTITY proxyOCSP2.accesskey                     "a">
-<!ENTITY serviceURL.label                         "サービス URL:">
-<!ENTITY serviceURL.accesskey                     "S">
-<!ENTITY signingCA.label                          "レスポンダ:">
-<!ENTITY signingCA.accesskey                      "R">
 <!ENTITY validation.requireOCSP.description       "OCSP サーバに接続できなかった場合は証明書を無効として扱う">
 <!ENTITY validation.requireOCSP.accesskey         "W">
--- a/suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
+++ b/suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
@@ -1,34 +1,34 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-cachefolder=キャッシュフォルダを選択
+cachefolder		= キャッシュフォルダを選択
 #LOCALIZATION NOTE (%1$S) is the size and (%2$S) is the unit of disk space.
-cacheSizeInfo=現在のディスクキャッシュ量は %1$S %2$S です。
+cacheSizeInfo		= 現在のディスクキャッシュ量は %1$S %2$S です。
 
 # Offline apps
-appCacheSizeInfo=アプリケーションキャッシュは現在、ディスク領域を %1$S %2$S 使用しています。
-offlineAppRemoveTitle=オフライン Web サイトデータの削除
-offlineAppRemovePrompt=このデータを削除すると、%S をオフラインで利用できなくなります。この Web サイトのオフラインデータを削除してもよろしいですか?
-offlineAppRemoveConfirm=オフラインデータを削除
+appCacheSizeInfo	= アプリケーションキャッシュは現在、ディスク領域を %1$S %2$S 使用しています。
+offlineAppRemoveTitle	= オフライン Web サイトデータの削除
+offlineAppRemovePrompt	= このデータを削除すると、%S をオフラインで利用できなくなります。この Web サイトのオフラインデータを削除してもよろしいですか?
+offlineAppRemoveConfirm	= オフラインデータを削除
 
 # LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the
 # offline application
 #   e.g. offlineAppUsage : "50.23 MB"
 #   %1$S = size (in bytes or megabytes, ...)
 #   %2$S = unit of measure (bytes, KB, MB, ...)
-offlineAppUsage=%1$S %2$S
+offlineAppUsage		= %1$S %2$S
 
-choosehomepage=ホームページを選択
-downloadfolder=ダウンロードフォルダを選択
-desktopFolderName=デスクトップ
-downloadsFolderName=ダウンロード
-choosesound=サウンドファイルを選択
+choosehomepage		= ホームページを選択
+downloadfolder		= ダウンロードフォルダを選択
+desktopFolderName	= デスクトップ
+downloadsFolderName	= ダウンロード
+choosesound		= サウンドファイルを選択
 
-SoundFiles=サウンドファイル
+SoundFiles		= サウンドファイル
 
-labelDefaultFont=既定 (%font_family%)
+labelDefaultFont	= 既定 (%font_family%)
 
-stopUsingAccount.title=このアカウントの利用を中止しますか?
-differentAccount.label=あなたの Sync アカウントのすべての情報と設定がリセットされます。
-differentAccountConfirm.label=すべての情報をリセット
+syncUnlink.title	= 端末を切り離しますか?
+syncUnlink.label	= この端末は Sync アカウントとの関連付けがなくなります。すべての個人情報は、この端末と Sync アカウントの両方に、そのまま残ります。
+syncUnlinkConfirm.label	= 切り離す
--- a/suite/chrome/common/sync/syncGenericChange.properties
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncGenericChange.properties
@@ -6,32 +6,32 @@
 # LOCALIZATION NOTE (change.password.title): This (and associated change.password/passphrase) are used when the user elects to change their password.
 change.password.title		= パスワードの変更
 change.password.acceptButton	= パスワードを変更
 change.password.status.active	= パスワードを変更中...
 change.password.status.success	= パスワードの変更が完了しました。
 change.password.status.error	= パスワードの変更中にエラーが発生しました。
 
 change.password3.introText  = パスワードは 8 文字以上のものを設定してください。パスワードは、あなたのユーザ名やリカバリキーと同じにすることはできません。
-change.password.warningText	= 注意: このパスワードを変更すると、他のデバイスからアカウントへ接続できなくなります。
+change.password.warningText	= 注意: このパスワードを変更すると、他の端末からアカウントへ接続できなくなります。
 
 change.recoverykey.title        = リカバリキーの変更
 change.recoverykey.acceptButton = リカバリキーの変更
 change.recoverykey.label        = リカバリキーを変更してこのコンピュータ上のデータをアップロードしています。しばらくお待ちください...
 change.recoverykey.error        = リカバリキーの変更中にエラーが発生しました!
 change.recoverykey.success      = リカバリキーの変更が完了しました!
 change.recoverykey.introText2   = あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。
-change.recoverykey.warningText  = 注意: リカバリキーを変更することで、Sync サーバに保存されているデータはすべて削除され、代わりにこのキーで保護された新しいデータがアップロードされます。他のデバイスは、それぞれに新しいキーを入力するまで同期されません。
+change.recoverykey.warningText  = 注意: リカバリキーを変更することで、Sync サーバに保存されているデータはすべて削除され、代わりにこのキーで保護された新しいデータがアップロードされます。他の端末は、それぞれに新しいキーを入力するまで同期されません。
 
 new.recoverykey.label = リカバリキー
 
 # LOCALIZATION NOTE (new.password.title): This (and associated new.password/passphrase) are used on a second computer when it detects that your password or passphrase has been changed on a different device.
 new.password.title		= パスワードの更新
 new.password.introText		= パスワードがサーバから拒否されました。パスワードを更新してください。
 new.password.label		= 新しいパスワードを入力
 new.password.confirm		= 新しいパスワードを再度入力
 new.password.acceptButton	= パスワードを更新
 new.password.status.incorrect	= パスワードが間違っています。再度入力してください。
 
 new.recoverykey.title            = リカバリキーの更新
-new.recoverykey.introText        = 他の Sync デバイスでリカバリキーが変更されました。更新されたリカバリキーを入力してください。
+new.recoverykey.introText        = 他の Sync 端末でリカバリキーが変更されました。更新されたリカバリキーを入力してください。
 new.recoverykey.acceptButton     = リカバリキーを更新
 new.recoverykey.status.incorrect = 入力したリカバリキーが間違っています。再度入力してください。
--- a/suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
@@ -55,39 +55,39 @@
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.print.accesskey "P">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.label      "保存...">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.accesskey  "S">
 
 <!-- New Account Page 3: Captcha -->
 <!ENTITY setup.captchaPage2.title.label     "あなたがロボットではないことを確認してください">
 
 <!-- Existing Account Page 1: Add Device (incl. Add a Device dialog strings) -->
-<!ENTITY addDevice.title.label              "デバイスを追加する">
+<!ENTITY addDevice.title.label              "端末を追加する">
 <!ENTITY addDevice.showMeHow.label          "設定方法を確認する。">
-<!ENTITY addDevice.dontHaveDevice.label     "他の Sync デバイスを持っていない">
-<!ENTITY addDevice.setup.description.label  "有効にするには、他の Sync デバイスで &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;デバイスを追加する&#x0022; を選択してください。">
+<!ENTITY addDevice.dontHaveDevice.label     "他の Sync 端末を持っていない">
+<!ENTITY addDevice.setup.description.label  "有効にするには、他の Sync 端末で &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;端末を追加する&#x0022; を選択してください。">
 <!ENTITY addDevice.setup.enterCode.label    "表示された画面に、以下のコードを入力してください:">
-<!ENTITY addDevice.dialog.description.label "新たなデバイスを有効にするには、追加するデバイスの &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;接続&#x0022; を選択してください。">
-<!ENTITY addDevice.dialog.enterCode.label   "デバイスに表示されたコードを入力してください:">
+<!ENTITY addDevice.dialog.description.label "新たな端末を有効にするには、追加する端末の &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;接続&#x0022; を選択してください。">
+<!ENTITY addDevice.dialog.enterCode.label   "端末に表示されたコードを入力してください:">
 <!ENTITY addDevice.dialog.tryAgain.label    "もう一度入力してください。">
-<!ENTITY addDevice.dialog.successful.label  "デバイスの接続に成功しました。最初の同期はバックグラウンドで、数分のうちに完了します。">
-<!ENTITY addDevice.dialog.recoveryKey.label "お使いのデバイスで &syncBrand.shortName.label; を有効にするには、リカバリキーを入力する必要があります。以下のリカバリキーを印刷または保存して、デバイスに入力してください。">
-<!ENTITY addDevice.dialog.connected.label   "デバイスが接続されました">
+<!ENTITY addDevice.dialog.successful.label  "端末の接続に成功しました。最初の同期はバックグラウンドで、数分のうちに完了します。">
+<!ENTITY addDevice.dialog.recoveryKey.label "お使いの端末で &syncBrand.shortName.label; を有効にするには、リカバリキーを入力する必要があります。以下のリカバリキーを印刷または保存して、端末に入力してください。">
+<!ENTITY addDevice.dialog.connected.label   "端末が接続されました">
 
 <!-- Existing Account Page 2: Manual Login -->
 <!ENTITY setup.signInPage.title.label "サインイン">
-<!ENTITY existingRecoveryKey.description "リカバリキーは他の Sync デバイスの &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;アカウントを管理&#x0022; の &#x0022;自分のリカバリキー&#x0022; で確認できます。">
+<!ENTITY existingRecoveryKey.description "リカバリキーは他の Sync 端末の &syncBrand.shortName.label; 設定の &#x0022;アカウントを管理&#x0022; の &#x0022;自分のリカバリキー&#x0022; で確認できます。">
 
 <!ENTITY verifying.label              "確認中...">
 <!ENTITY resetPassword.label          "パスワードをリセット">
-<!ENTITY resetSyncKey.label           "他の Sync デバイスをなくした場合。">
+<!ENTITY resetSyncKey.label           "他の Sync 端末をなくした場合。">
 
 <!-- Sync Options -->
 <!ENTITY setup.optionsPage.title      "同期オプション">
-<!ENTITY syncComputerName.label       "デバイス名:">
+<!ENTITY syncComputerName.label       "端末名:">
 <!ENTITY syncComputerName.accesskey   "C">
 
 <!ENTITY syncMy.label               "同期するデータ">
 <!ENTITY engine.addons.label        "アドオン">
 <!ENTITY engine.addons.accesskey    "A">
 <!ENTITY engine.bookmarks.label     "ブックマーク">
 <!ENTITY engine.bookmarks.accesskey "B">
 <!ENTITY engine.tabs.label          "タブ">
@@ -97,21 +97,21 @@
 <!ENTITY engine.passwords.label     "パスワード">
 <!ENTITY engine.passwords.accesskey "P">
 <!ENTITY engine.prefs.label         "個人設定">
 <!ENTITY engine.prefs.accesskey     "e">
 
 <!ENTITY choice2.merge.main.label      "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
 <!ENTITY choice2.merge.recommended.label "推奨:">
 <!ENTITY choice2.client.main.label     "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されている &syncBrand.shortName.label; データと置き換える">
-<!ENTITY choice2.server.main.label     "他のすべてのデバイスのブラウザデータを、このパソコンのデータと置き換える">
+<!ENTITY choice2.server.main.label     "他のすべての端末のブラウザデータを、このパソコンのデータと置き換える">
 
 <!-- Confirm Merge Options -->
 <!ENTITY setup.optionsConfirmPage.title        "確認">
 <!ENTITY confirm.merge.label          "このパソコンのすべてのブラウザデータは、サーバに保存されているあなたの Sync アカウントのデータと統合されます。">
 <!ENTITY confirm.client2.label         "警告: このパソコンのブラウザデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
 <!ENTITY confirm.client.moreinfo.label "その後、サーバに保存されているあなたの &syncBrand.fullName.label; データがこのパソコンへコピーされます。">
-<!ENTITY confirm.server2.label         "警告: 以下のデバイスのブラウザデータが、このパソコンのデータで上書きされます:">
+<!ENTITY confirm.server2.label         "警告: 以下の端末のブラウザデータが、このパソコンのデータで上書きされます:">
 
 <!-- New & Existing Account: Setup Complete -->
 <!ENTITY setup.successPage.title "セットアップが完了しました">
 <!ENTITY changeOptions.label "この設定は、下の Sync オプションを選択することで変更できます。">
 <!ENTITY continueUsing.label "今から &brandShortName; を使い続けることができます。">
--- a/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
@@ -11,17 +11,17 @@ serverInvalid.label         = 正しいサーバ URL を入力してください
 usernameNotAvailable.label  = すでに使用されています
 
 verifying.label = 確認中...
 
 # LOCALIZATION NOTE (additionalClientCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of additional clients (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
-additionalClientCount.label = と #1 個のデバイス
+additionalClientCount.label = と #1 個の端末
 # LOCALIZATION NOTE (bookmarksCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of bookmarks (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
 bookmarksCount.label        = #1 個のブックマーク
 # LOCALIZATION NOTE (historyDaysCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
--- a/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
@@ -11,26 +11,26 @@
 <!ENTITY notJunk.label               "非迷惑メール">
 
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label     "最低">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label        "低">
 <!ENTITY normalPriorityCmd.label     "標準">
 <!ENTITY highPriorityCmd.label       "高">
 <!ENTITY highestPriorityCmd.label    "最高">
 
-<!ENTITY contextDesc.label           "フィルタを適用するタイミング:">
-<!ENTITY contextDesc.accesskey       "w">
-<!ENTITY contextIncoming.label       "メールチェック時">
-<!ENTITY contextManual.label         "手動で実行">
-<!ENTITY contextBoth.label           "メールチェック時と手動実行">
-<!ENTITY contextPostPlugin.label     "メールチェック時 (迷惑メール分類後)">
-<!ENTITY contextPostPluginBoth.label "メールチェック時 (迷惑メール分類後) または手動実行">
+<!ENTITY contextDesc.label		"フィルタを適用するタイミング:">
+<!ENTITY contextIncomingMail.label	"新着メール受信時:">
+<!ENTITY contextIncomingMail.accesskey	"G">
+<!ENTITY contextManual.label		"手動で実行する">
+<!ENTITY contextManual.accesskey	"R">
+<!ENTITY contextBeforeCls.label		"迷惑メール分類前に実行">
+<!ENTITY contextAfterCls.label		"迷惑メール分類後に実行">
 
-<!ENTITY filterActionDesc.label      "以下の動作を実行する:">
-<!ENTITY filterActionDesc.accesskey  "P">
+<!ENTITY filterActionDesc.label		"以下の動作を実行する:">
+<!ENTITY filterActionDesc.accesskey	"P">
 
 <!-- New Style Filter Rule Actions -->
 <!ENTITY moveMessage.label           "メッセージを移動する">
 <!ENTITY copyMessage.label           "メッセージをコピーする">
 <!ENTITY forwardTo.label             "メッセージを転送する">
 <!ENTITY replyWithTemplate.label     "テンプレートを使用して返信する">
 <!ENTITY markMessageRead.label       "メッセージを既読にする">
 <!ENTITY markMessageUnread.label     "メッセージを未読にする">
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
@@ -30,16 +30,18 @@ viewListTitle=アドレスリスト: %S
 mailListNameExistsTitle=既存のアドレスリスト
 mailListNameExistsMessage=その名前のアドレスリストはすでに存在します。別の名前を選択してください。
 
 # used in the addressbook
 confirmDeleteMailingListTitle=アドレスリストの削除
 confirmDeleteAddressbookTitle=アドレス帳の削除
 confirmDeleteAddressbook=選択したアドレス帳を削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteCollectionAddressbook=このアドレス帳を削除すると、%S への送信メールアドレスの自動追加機能が無効になります。選択したアドレス帳を削除してもよろしいですか?
+confirmDeleteContact=選択した連絡先を削除してもよろしいですか?
+confirmDeleteContacts=選択した連絡先を削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteMailingList=選択したアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteListsAndContacts=選択した連絡先とアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteMailingLists=選択したアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 
 propertyPrimaryEmail=メールアドレス
 propertyListName=リスト名
 propertySecondaryEmail=別のメールアドレス
 propertyScreenName=スクリーンネーム
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -152,18 +152,17 @@ 12560=メッセージはニュースグループに投稿されましたが、他の受信者には送信されていません。
 12561=作成ウィンドウに戻りますか?
 
 ## @name NS_MSG_GENERIC_FAILURE_EXPLANATION
 12562=メールとニュースグループのアカウント設定に間違いがないか確認して、再度試してください。
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_READING_FILE
 12563=ファイル読み込み中にエラーが発生しました。
 
-## @name NS_FOLLOWUPTO_SENDER
-12564=このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
+followupToSenderMessage=このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
 
 ## @name NS_MSG_UNDISCLOSED_RECIPIENTS
 ## LOCALIZATION NOTE: this string must be using only US_ASCII characters
 12566=undisclosed-recipients
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_ATTACHING_FILE
 12570=%S の添付でエラーが発生しました。ファイルにアクセスできるか確認してください。
 
--- a/suite/chrome/mailnews/filter.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/filter.properties
@@ -3,16 +3,18 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 mustSelectFolder		= フォルダを選択してください。
 enterValidEmailAddress		= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
 pickTemplateToReplyWith		= 適用するテンプレートを選択してください。
 mustEnterName			= フィルタの名前を入力してください。
 cannotHaveDuplicateFilterTitle	= フィルタ名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage= 入力した名前のフィルタがすでに存在します。別のフィルタ名を入力してください。
+mustHaveFilterTypeTitle		= フィルタイベントが選択されていません
+mustHaveFilterTypeMessage	= このフィルタを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルタを実行したくないときは、メッセージフィルタダイアログで有効のチェックを外してください。
 deleteFilterConfirmation	= 本当に選択したフィルタを削除してもよろしいですか?
 untitledFilterName		= フィルタ名なし
 matchAllFilterName		= すべてのメッセージ
 filterListBackUpMsg		= フィルタの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルタ定義ファイルを作成します。
 customHeaderOverflow		= カスタムヘッダの数が 50 を超えています。カスタムヘッダを一部削除してからやり直してください。
 filterCustomHeaderOverflow	= フィルタ定義のカスタムヘッダが 50 を超えています。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダの数を減らしてください。
 invalidCustomHeader		= カスタムヘッダには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダから無効な文字を削除してください。
 continueFilterExecution		= フィルタ %S の評価に失敗しました。フィルタの評価を続けますか?
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
@@ -280,20 +280,22 @@
 <!ENTITY msgMenu.accesskey                      "M">
 <!ENTITY newMsgCmd.label                        "新しいメッセージ">
 <!ENTITY newMsgCmd.accesskey                    "N">
 <!ENTITY newNewMsgCmd.label                     "メッセージ">
 <!ENTITY newNewMsgCmd.accesskey                 "M">
 <!ENTITY replyMsgCmd.label                      "返信">
 <!ENTITY replyMsgCmd.accesskey                  "R">
 <!ENTITY replyMsgCmd.key                        "r">
+<!ENTITY replyListCmd.label                     "メーリングリストに返信">
+<!ENTITY replyListCmd.accesskey                 "y">
+<!ENTITY replyNewsgroupCmd.label                "ニュースグループに返信">
+<!ENTITY replyNewsgroupCmd.accesskey            "y">
 <!ENTITY replySenderCmd.label                   "送信者にだけ返信">
 <!ENTITY replySenderCmd.accesskey               "R">
-<!ENTITY replyNewsgroupCmd.label                "ニュースグループに返信">
-<!ENTITY replyNewsgroupCmd.accesskey            "y">
 <!ENTITY replyToAllMsgCmd.label                 "全員に返信">
 <!ENTITY replyToAllMsgCmd.accesskey             "p">
 <!ENTITY replyToAllMsgCmd.key                   "r">
 <!ENTITY replyToSenderAndNewsgroupCmd.label     "送信者とニュースグループに返信"><!--Reply to Sender and Newsgroup-->
 <!ENTITY replyToSenderAndNewsgroupCmd.accesskey "p">
 <!ENTITY replyToAllRecipientsCmd.label          "すべての受信者に返信"><!--Reply to All Recipients-->
 <!ENTITY replyToAllRecipientsCmd.accesskey      "a">
 <!ENTITY forwardMsgCmd.label                    "転送">
@@ -450,16 +452,18 @@
 <!ENTITY contextOpenNewWindow.label               "メッセージを新しいウィンドウで開く">
 <!ENTITY contextOpenNewWindow.accesskey           "W">
 <!ENTITY contextOpenNewTab.label                  "メッセージを新しいタブで開く">
 <!ENTITY contextOpenNewTab.accesskey              "T">
 <!ENTITY contextEditAsNew.label                   "コピーして編集...">
 <!ENTITY contextEditAsNew.accesskey               "E">
 <!ENTITY contextReplySender.label                 "送信者だけに返信">
 <!ENTITY contextReplySender.accesskey             "O">
+<!ENTITY contextReplyList.label                   "メーリングリストに返信">
+<!ENTITY contextReplyList.accesskey               "y">
 <!ENTITY contextReplyNewsgroup.label              "ニュースグループに返信">
 <!ENTITY contextReplyNewsgroup.accesskey          "y">
 <!ENTITY contextReplyAll.label                    "全員に返信">
 <!ENTITY contextReplyAll.accesskey                "R">
 <!ENTITY contextReplySenderAndNewsgroup.label     "送受信者全員とニュースグループに返信"><!--Reply to Sender and Newsgroup-->
 <!ENTITY contextReplySenderAndNewsgroup.accesskey "p">
 <!ENTITY contextForward.label                     "転送">
 <!ENTITY contextForward.accesskey                 "F">
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
@@ -384,19 +384,16 @@ confirmPhishingUrl2		= %1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。%2$S を開いてもよろしいですか?
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the e-mail address of the person we will allow remote content for
 alwaysLoadRemoteContentForSender	= %1$S からのメールで常にリモートコンテンツを読み込むには、ここをクリックしてください。
 
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageNormal) %1$S is the name of the sender
 mdnBarMessageNormal		=%1$S がこのメールの開封確認を求めています。
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageAddressDiffers) %1$S is the name of the sender, %2$S is the address(es) to send return receipt to
 mdnBarMessageAddressDiffers	=%1$S がこのメールの開封確認を %2$S に送付するように求めています。
 
-# Strings for growl notifications on Mac OS X
-growlNotification		= 新着メール
-
 # mailCommands.js
 emptyJunkTitle			= 確認
 emptyJunkMessage		= 迷惑メールフォルダから削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyJunkDontAsk		= 次回からは確認しない
 emptyTrashTitle			= 確認
 emptyTrashMessage		= ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyTrashDontAsk		= 次回からは確認しない
 
--- a/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
@@ -1,7 +1,8 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Labels -->
-<!ENTITY newfolderchoosethis.label			"親フォルダを選択">
-<!ENTITY filemessageschoosethis.label			"このフォルダを選択">
+<!ENTITY newfolderchoosethis.label		"親フォルダを選択">
+<!ENTITY filemessageschoosethis.label		"このフォルダを選択">
+<!ENTITY recentfolders.label			"最近使用したフォルダ">
--- a/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
@@ -19,14 +19,12 @@ encryption_needCertWantSame=他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
 encryption_wantSame=あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
 encryption_needCertWantToSelect	=他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。暗号化証明書を今すぐ設定しますか?
 signing_needCertWantSame=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
 signing_wantSame=メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
 signing_needCertWantToSelect=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。署名証明書を今すぐ設定しますか?
 
 ## Strings used by nsMsgComposeSecure
 # (^m^) メッセージ本文に使われるので、安全のため英語のままにする (Bug 507804)
-#mime_multipartSignedBlurb=これは暗号で署名された MIME 形式のメッセージです。
 #mime_smimeEncryptedContentDesc=S/MIME 暗号化メッセージ
 #mime_smimeSignatureContentDesc=S/MIME 暗号署名
-mime_multipartSignedBlurb=This is a cryptographically signed message in MIME format.
 mime_smimeEncryptedContentDesc=S/MIME Encrypted Message
 mime_smimeSignatureContentDesc=S/MIME Cryptographic Signature