sync venkman with en-US rev668:662801d486aa (venkman)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 24 Oct 2010 22:56:45 +0900
changeset 75 bb7665e8adf750b31c4b6f011f1767de192dbd1d
parent 74 3638b2a0480d98a8d1ff409a4f5076ea555156ac
child 76 b1124d50da0224cbcbed523a6bd3d6b0a0b0e6b0
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
sync venkman with en-US rev668:662801d486aa (venkman)
extensions/venkman/chrome/venkman.properties
--- a/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
+++ b/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
@@ -475,16 +475,19 @@ cmd.hook-script-manager-destroyed.params
 cmd.hook-script-manager-destroyed.help   = console.scriptManagers オブジェクトから <script-manager> が取り除かれた後に呼び出されます。 取り除かれるのは含まれる最後のスクリプトインスタンスが破棄された後です。 
 
 cmd.hook-script-instance-created.params = <script-instance>
 cmd.hook-script-instance-created.help   = スクリプトインスタンスが新規作成されたときに呼び出されます。 スクリプトインスタンスは一つ以上のスクリプトラッパーにコマンドを中継します。
 
 cmd.hook-script-instance-sealed.params = <script-instance>
 cmd.hook-script-instance-sealed.help = "<script-instance> が確定されたときに呼び出されます。 スクリプトインスタンスは最上位の関数が作られたときに "確定" されます。 これはスクリプトソースが完全にコンパイル完了したということです。 これ以降に生成される非関数スクリプトはすべて、親スクリプトマネージャ中での一時的なものになります。"
 
+cmd.hook-script-callhook-instance-updated.params = <script-instance> <script-wrapper>
+cmd.hook-script-callhook-instance-updated.help = callHook から生成された <script-instance> が新しい <script-wrapper> で更新されたときに呼び出されます。 デバッガがアクティブになる前に読み込まれた callHook から生成されたスクリプトは、完全であることは保証されず、絶えず更新されます。
+
 cmd.hook-script-instance-destroyed.params = <script-instance>
 cmd.hook-script-instance-destroyed.help   = <script-instance> に含まれる最後のスクリプトラッパーが無効になったときに呼び出されます。
 
 cmd.hook-source-load-complete.params = <sourceText> <status>
 cmd.hook-source-load-complete.help   = <sourceText> オブジェクトで表されているソーステキストが読み込み(あるいは再読み込み)されるときに呼び出されます。 <status> は読み込み結果を示します。 <status> は 0 であれば成功、非ゼロ値は失敗を示します。
 
 cmd.hook-transient-script.params = <script-wrapper>
 cmd.hook-transient-script.help   = 一時的なスクリプトオブジェクト (eval や setTimeout に因るもの等) が JavaScript エンジンに生成されたときに呼び出されます。 
@@ -1079,17 +1082,17 @@ cmd.toggle-save-settings.label = 終了時にブレークポイントと監視点の設定を保存
 cmd.toggle-save-settings.help  = 設定すると Venkman 終了時にブレークポイントと監視点の設定を Venkman 保存し、起動時に復帰します。
 
 cmd.toggle-pref.params = <pref-name>
 cmd.toggle-pref.help   = <pref-name> で指定した真偽値環境設定を切り替えます。
 
 cmd.toggle-view.params = <view-id>
 cmd.toggle-view.help   = <view-id> で指定したビューが現在表示されている場合は非表示にします。 表示されていない場合は最後に表示されていた場所に表示されます。
 
-cmd.toggle-chrome.label  = ブラウザファイルを除外
+cmd.toggle-chrome.label  = アプリケーションファイルを除外
 #cmd.toggle-chrome.accesskey = X
 cmd.toggle-profile.label = プロファイルデータ収集
 #cmd.toggle-profile.accesskey = C
 
 cmd.toggle-breaks.label  = ブレークポイント
 #cmd.toggle-breaks.accesskey = B
 cmd.toggle-stack.label   = コールスタック
 #cmd.toggle-stack.accesskey = C