30.0: sync suite with en-US rev17738:e1fa7974ff72
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Thu, 24 Apr 2014 01:31:01 +0900
changeset 1382 ba447659789284364b0b880e65f7365ed05954c5
parent 1381 ff2985b0fd3dbd9faa749641b5b49cf13f52745f
child 1383 acdf3dd5398a77743ef0b2a2e3bf74b0ca9fc3a4
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs30
30.0: sync suite with en-US rev17738:e1fa7974ff72
suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_navigator.xhtml
suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
suite/chrome/common/pref/pref-locationbar.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
suite/chrome/common/profile/profileSelection.dtd
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
--- a/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_navigator.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_navigator.xhtml
@@ -354,30 +354,29 @@
           <li><strong>Show list of matching results</strong>: As you type in
             the Location Bar, &brandShortName; will show a drop-down list of
             matching visited web addresses.
             <span class="unix"><strong>Note</strong>: If you have turned off
             <q>Autocomplete from your browsing history as you type</q>
             matching results from locations on your hard drive will still be
             shown in the drop-down list.</span></li>
         </ul></li>
+      <li><strong>Show default Internet search engine</strong>: Shows a drop-down
+        list item, allowing you to search with the default search engine for
+        words you enter.</li>
     </ul>
   </li>
   <li><strong>Formatting</strong>:
     <ul>
       <li><strong>Highlight the effective domain for websites and FTP
         servers</strong>: Grays out all of the URL except for the effective
         domain, so that it is clear which site you are visiting.</li>
-    </ul>
-  </li>
-  <li><strong>Internet Search Engine</strong>:
-    <ul>
-      <li><strong>Show default search engine</strong>: Shows a drop-down list item,
-        allowing you to search with the default search engine for words you
-        enter.</li>
+      <li><strong>Highlight web pages with a high level of connection
+        security</strong>: Colorizes the location bar for the next page
+        loaded if all of its components are fully encrypted.</li>
     </ul>
   </li>
   <li><strong>Unknown Locations</strong>
     <ul>
       <li><strong>Add <q>www.</q> and <q>.com</q> to the location if a web page
         is not found</strong>: Select this if you want &brandShortName; to
         automatically add <tt>www.</tt> to the beginning and <tt>.com</tt> to
         the end of a web page location that can&apos;t be found. For more
--- a/suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/ssl_help.xhtml
@@ -120,24 +120,16 @@
     page is actually opened, which allows the loading of the page to be
     canceled before any potentially sensitive information is sent over an
     unencrypted connection that can easily be intercepted by others.
 
     <p><strong>Note</strong>: Submitting a form from an encrypted to an
       unencrypted page will always prompt a dialog prior to opening the page,
       regardless of this setting.</p>
   </li>
-  <li><strong>Viewing a page with an encrypted/unencrypted mix</strong>:
-    Select this warning if you want to be alerted whenever you are viewing a
-    page that includes any information that&apos;s not encrypted.
-
-    <p><strong>Note</strong>: See the options in the Mixed Content section
-      below for blocking of such content and for more differentiated control
-      of the warnings.</p>
-  </li>
 </ul>
 
 <h3 id="mixed_content">Mixed Content</h3>
 
 <p>In general, there are two major issues related to transmitting sensitive
   information over an unencrypted connection: One is the danger of someone
   eavesdropping on the line, thus listening to the content transmitted; the
   other of someone intercepting requests for the desired page and replacing
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-locationbar.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-locationbar.dtd
@@ -21,22 +21,23 @@
   via the accesskey
 -->
 <!ENTITY autoCompleteMatch.label               "一致条件:">
 <!ENTITY autoCompleteMatch.accesskey           "M">
 <!ENTITY autoCompleteMatchAnywhere             "アドレス (URL) またはタイトルに一致">
 <!ENTITY autoCompleteMatchWordsFirst           "単語の先頭または末尾の一致を優先"><!-- en-US: "Anywhere but preferring word boundaries" -->
 <!ENTITY autoCompleteMatchWords                "単語の先頭または末尾のみに一致"><!-- en-US: "Only on word boundaries"-->
 <!ENTITY autoCompleteMatchStart                "アドレス (URL) またはタイトルの先頭に一致">
+<!ENTITY showInternetSearch.label              "既定のインターネット検索エンジンを表示">
+<!ENTITY showInternetSearch.accesskey          "e">
 
 <!ENTITY formatting.label                      "表示形式">
 <!ENTITY domainFormatting.label                "Web サイトや FTP サーバのドメインを強調する"><!--en-US: "Highlight the effective domain for websites and FTP servers" -->
 <!ENTITY domainFormatting.accesskey            "d">
 
-<!ENTITY searchEngine.label                    "インターネット検索エンジン">
-<!ENTITY showSearchEngine.label                "既定の検索エンジンを表示">
-<!ENTITY showSearchEngine.accesskey            "e">
+<!ENTITY highlightSecure.label                 "接続のセキュリティレベルが高い Web ページを強調する">
+<!ENTITY highlightSecure.accesskey             "c">
 
 <!ENTITY unknownLocations.label                "アドレス入力"><!-- en-US: "Unknown Locations" -->
 <!ENTITY domainGuessing.label                  "Web ページが見つからないときは &quot;www.&quot; と &quot;.com&quot;を補完する">
 <!ENTITY domainGuessing.accesskey              "w">
 <!ENTITY keywords.label                        "入力されたテキストが Web アドレス (URL) でないときは Web を検索する">
 <!ENTITY keywords.accesskey                    "P">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-ssl.dtd
@@ -21,19 +21,18 @@
 
 <!ENTITY warn.description2                  "&brandShortName; は閲覧中の Web ページのセキュリティ状態を警告できます。以下の設定時に警告ダイアログを表示します:">
 <!ENTITY warn.enteringsecure                "暗号化されたページを読み込むとき">
 <!ENTITY warn.enteringsecure.accesskey      "L">
 <!ENTITY warn.insecurepost                  "暗号化されていないページから暗号化されていないページへデータを送信するとき">
 <!ENTITY warn.insecurepost.accesskey        "S">
 <!ENTITY warn.leavingsecure                 "暗号化されたページから離れるとき">
 <!ENTITY warn.leavingsecure.accesskey       "a">
-<!ENTITY warn.viewmixed                     "暗号化されたページと暗号化されていないページが混在するとき">
-<!ENTITY warn.viewmixed.accesskey           "V">
 
+<!ENTITY mixed.description                  "暗号化されたページには、盗聴や詐欺に対して脆弱な暗号化されていないコンテンツが含まれることがあります。&brandShortName; はそのようなページを検出してブロックします:">
 <!ENTITY warn.mixedactivecontent            "暗号化されたページに安全でないコンテンツが含まれるとき警告する">
 <!ENTITY warn.mixedactivecontent.accesskey  "W">
 <!ENTITY block.activecontent                "暗号化されたページ上の安全でないコンテンツは読み込まない">
 <!ENTITY block.activecontent.accesskey      "D">
 <!ENTITY warn.mixeddisplaycontent           "暗号化されたページに他の混在コンテンツが含まれるとき警告する">
 <!ENTITY warn.mixeddisplaycontent.accesskey "c">
 <!ENTITY block.displaycontent               "暗号化されたページ上の混在コンテンツは読み込まない">
 <!ENTITY block.displaycontent.accesskey     "m">
--- a/suite/chrome/common/profile/profileSelection.dtd
+++ b/suite/chrome/common/profile/profileSelection.dtd
@@ -12,8 +12,11 @@
 <!ENTITY            manage.accesskey "M">
 <!ENTITY            select.label     "このプロファイルに切り換え">
 
 <!ENTITY            availableProfiles.label "利用可能なプロファイル">
 
 <!ENTITY            introStart.label         "あなたのプロファイル (保存されたメッセージ、設定とその他の個人情報を含みます) にアクセスしてセッションを開始するために、あなたのプロファイルをリストから選んで、&start.label; をクリックしてください。">
 <!ENTITY            introSwitch.label        "別のプロファイル (保存されたメッセージ、設定と他の個人情報を含みます) に切り換えるには、リストから切り換えたいプロファイルを選択して、[&select.label;] をクリックしてください。">
 <!ENTITY            profileManagerText.label "&brandShortName; は、ユーザ設定、設定、ブックマーク、保存したメール、その他の情報をユーザプロファイルに保存します。">
+
+<!ENTITY            autoSelect.label         "このプロファイルを既定に設定する">
+<!ENTITY            autoSelect.accesskey     "S">
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -199,49 +199,50 @@ 12591=送信処理の途中で SMTP サーバ %S との接続が切断されたため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_TIMEOUT
 12592=SMTP サーバ %S との接続がタイムアウトになったため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_UNKNOWN_REASON
 12593=原因不明の問題により、SMTP サーバ %S を使ってメッセージを送信できませんでした。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_ENCRYPT_TO_PLAIN_NO_SSL
 # LOCALIZATION NOTE (12594): $S is server hostname
-12594 = SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
+12594=SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_ENCRYPT_TO_PLAIN_SSL
 # LOCALIZATION NOTE (12595): $S is server hostname
-12595 = SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
+12595=SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_PLAIN_TO_ENCRYPT
 # LOCALIZATION NOTE (12596): $S is server hostname
-12596 = SMTP サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
+12596=SMTP サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_FAILURE
 # LOCALIZATION NOTE (12597): $S is server hostname
-12597 = SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。パスワードを確認し、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] が正しいことを確認してください。
+12597=SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。パスワードを確認し、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] が正しいことを確認してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_GSSAPI
 # LOCALIZATION NOTE (12598): $S is server hostname
-12598 = Kerberos/GSSAPI チケットが SMTP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
+12598=Kerberos/GSSAPI チケットが SMTP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_MECH_NOT_SUPPORTED
 # LOCALIZATION NOTE (12599): $S is server hostname
-12599 = SMTP サーバ %S が選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を変更してください。
+12599=SMTP サーバ %S が選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を変更してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_NOT_SUPPORTED
 # LOCALIZATION NOTE (12600): $S is server hostname
-12600 = SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証を使用するように設定されていますが、サーバは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をプロバイダに問い合わせてください。
+12600=SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証を使用するように設定されていますが、サーバは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をプロバイダに問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_ILLEGAL_LOCALPART
 # LOCALIZATION NOTE (errorIllegalLocalPart): %s is an email address with an illegal localpart
-errorIllegalLocalPart = 受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
+errorIllegalLocalPart=受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
 
 ## Strings use for the save message dialog shown when the user close a message compose window
 saveDlogTitle=メッセージ保存
-saveDlogMessage=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダにメッセージを保存しますか?
+## LOCALIZATION NOTE (SaveDlogMessages): %1$S is folder name
+saveDlogMessages=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダ (%1$S) にメッセージを保存しますか?
 
 ## generics string
 defaultSubject=(件名なし)
 chooseFileToAttach=添付ファイル
 
 ##
 windowTitlePrefix=作成:
 
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -30,8 +30,9 @@
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey "R">
 <!ENTITY button.importOPML.label     "インポート">
 <!ENTITY button.importOPML.accesskey "I">
 <!ENTITY button.exportOPML.label     "エクスポート">
 <!ENTITY button.exportOPML.accesskey "X">
 <!ENTITY button.exportOPML.tooltip   "フィードをフォルダ構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
 
 <!ENTITY cmd.close.commandKey        "w">
+<!ENTITY button.close.label          "閉じる">