26.0: sync security with en-US rev155627:a4b7282df517
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 11 Oct 2013 22:26:04 +0900
changeset 1218 ba37bfee1e44d0df1c6fed382501b058dfcaf21e
parent 1217 dbc12a7188b5eda1a78b804aa11e2694ab569ad2
child 1219 f1cce52ace06806c0acea8b29d384fe3bd803682
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs26
26.0: sync security with en-US rev155627:a4b7282df517
security/manager/chrome/pippki/certManager.dtd
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/security/manager/chrome/pippki/certManager.dtd
+++ b/security/manager/chrome/pippki/certManager.dtd
@@ -34,24 +34,20 @@
 <!ENTITY certmgr.certdetail.o			"組織 (O)">
 <!ENTITY certmgr.certdetail.ou			"部門 (OU)">
 <!ENTITY certmgr.certdetail.serialnumber	"シリアル番号">
 <!ENTITY certmgr.certdetail.sha1fingerprint	"SHA1 フィンガープリント">
 <!ENTITY certmgr.certdetail.md5fingerprint	"MD5 フィンガープリント">
 
 <!ENTITY certmgr.editcert.title			"証明書の設定">
 <!ENTITY certmgr.editcacert.title		"認証局証明書に対する信頼性の設定">
-<!ENTITY certmgr.editsslcert.title		"サーバ証明書に対する信頼性の設定">
 <!ENTITY certmgr.editcert.edittrust		"証明書の信頼性を設定してください:">
 <!ENTITY certmgr.editcert.trustssl		"この証明書を Web サイトの識別に使用する">
 <!ENTITY certmgr.editcert.trustemail		"この証明書をメールユーザの識別に使用する">
 <!ENTITY certmgr.editcert.trustobjsign		"この証明書をソフトウェア製作者の識別に使用する">
-<!ENTITY certmgr.editsslcert.edittrust		"証明書の信頼性を設定してください:">
-<!ENTITY certmgr.editsslcert.dotrust		"この証明書が本物であると信用する">
-<!ENTITY certmgr.editsslcert.donttrust		"この証明書が本物であると信用しない">
 <!ENTITY certmgr.editemailcert.title		"メール証明書の信頼性の設定">
 <!ENTITY certmgr.editemailcert.edittrust	"証明書の信頼性を設定してください:">
 <!ENTITY certmgr.editemailcert.dotrust		"この証明書が本物であると信用する">
 <!ENTITY certmgr.editemailcert.donttrust	"この証明書が本物であると信用しない">
 
 <!ENTITY certmgr.deletecert.title		"証明書の削除">
 <!ENTITY certmgr.deletecert.beforename		"次の証明書を削除するよう指示されました:">
 <!ENTITY certmgr.deletecert.aftername		"この証明書を本当に削除してもよろしいですか?">
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -8,17 +8,16 @@ CertPassPrompt			= PSM 秘密鍵セキュリティデバイスのパスワードを入力してください。
 #These are for dialogs
 #Download Cert dialog
 newCAMessage1			= "%S" が行う認証のうち、信頼するものを選択してください。
 unnamedCA			= 名前のない認証局
 
 #For editing cert trust
 editTrustWindowTitle		= 証明書の信頼性を設定
 editTrustCA			= 証明書 "%S" は認証局の証明書です
-editTrustSSL			= 証明書 "%S" の発行者:
 editTrustEmail			= 証明書 "%S" の発行者:
 issuerNotTrusted		= この証明書を発行した認証局を信頼していないため、ここで設定を変えない限りこの証明書は信頼されません。
 issuerTrusted			= この証明書を発行した認証局を信頼しているため、ここで設定を変えない限りこの証明書を信頼します。
 issuerNotKnown			= この証明書を発行した認証局が不明であるため、ここで設定を変えない限りこの証明書は信頼されません。
 issuerCertNotFound		= この認証局の証明書が見つかりませんでした。
 
 #For Deleting Certificates
 deleteSslCertConfirm3		= これらのサーバ証明書の例外を削除してもよろしいですか?