sync browser, services/sync with en-US rev78318:532d27c289de
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Wed, 02 Nov 2011 00:37:22 +0900
changeset 352 b8ed532cbfaee6b802c4e3961b494d353174d1a1
parent 351 5a8e34f9aad2997be2238a90e146434a8eca56b0
child 353 801a812d695f9ce7dafbf71a6f6a7a4becc0237b
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
sync browser, services/sync with en-US rev78318:532d27c289de
browser/chrome/browser/browser.dtd
browser/chrome/browser/browser.properties
browser/chrome/browser/inspector.properties
browser/chrome/browser/places/places.properties
browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
browser/chrome/browser/styleinspector.dtd
browser/chrome/browser/styleinspector.properties
browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
browser/chrome/browser/syncKey.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.properties
services/sync/errors.properties
services/sync/sync.properties
--- a/browser/chrome/browser/browser.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/browser.dtd
@@ -189,16 +189,19 @@ can reach it easily. -->
 <!ENTITY webConsoleCmd.label		"Web コンソール">
 <!ENTITY webConsoleCmd.accesskey	"W">
 <!ENTITY webConsoleCmd.commandkey	"k">
 
 <!ENTITY inspectMenu.label		"調査">
 <!ENTITY inspectMenu.accesskey		"T">
 <!ENTITY inspectMenu.commandkey		"I">
 
+<!ENTITY inspectContextMenu.label	"要素を調査">
+<!ENTITY inspectContextMenu.accesskey	"Q">
+
 <!-- LOCALIZATION NOTE (scratchpad.label): This menu item label appears
   -  in the Tools menu. See bug 653093.
   -  The Scratchpad is intended to provide a simple text editor for creating
   -  and evaluating bits of JavaScript code for the purposes of function
   -  prototyping, experimentation and convenient scripting.
   -
   -  It's quite possible that you won't have a good analogue for the word
   -  "Scratchpad" in your locale. You should feel free to find a close
--- a/browser/chrome/browser/browser.properties
+++ b/browser/chrome/browser/browser.properties
@@ -336,14 +336,14 @@ syncPromoNotification.bookmarks.description	= %S.\u0020 を使うと、他のデバイスでもブックマークが使えます。
 # the remember password panel.  %S will be replaced by syncBrandShortName.
 # The final space separates this text from the Learn More link.
 syncPromoNotification.passwords.description	= %S.\u0020 を使うと、他のデバイスでも保存したパスワードが使えます。
 syncPromoNotification.learnMoreLinkText		= 詳細
 
 # Telemetry prompt
 # LOCALIZATION NOTE (telemetryText): %1$S will be replaced by brandFullName,
 # and %2$S by the value of the toolkit.telemetry.server_owner preference.
-telemetryText				= %1$S の改善のため、メモリ消費量、パフォーマンス、応答速度を自動的に %2$S に送信しますか?
-telemetryLinkLabel			= 詳細
+telemetryPrompt			= %1$S の改善のため、パフォーマンス、ハードウェア情報、機能の使用状況、ブラウザの設定を匿名で %2$S に送信しますか?
+telemetryLinkLabel		= 詳細
 telemetryYesButtonLabel		= はい
 telemetryYesButtonAccessKey	= Y
 telemetryNoButtonLabel		= いいえ
 telemetryNoButtonAccessKey	= N
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/inspector.properties
@@ -0,0 +1,24 @@
+# LOCALIZATION NOTE (confirmNavigationAway): Used in the Inspector tool, when
+# the user tries to navigate away from a web page, to confirm the change of
+# page.
+confirmNavigationAway.message			= このページから移動すると、変更内容を破棄して調査を終了します。
+confirmNavigationAway.buttonLeave		= 移動する
+confirmNavigationAway.buttonLeaveAccesskey	= L
+confirmNavigationAway.buttonStay		= 移動しない
+confirmNavigationAway.buttonStayAccesskey	= S
+
+# LOCALIZATION NOTE (htmlPanel): Used in the Inspector tool's openInspectorUI
+# method when registering the HTML panel.
+
+# LOCALIZATION NOTE (htmlPanel.label): This is a lable for a button that
+# activates the Web Developer->Inspect UI's HTML Tree Panel.
+htmlPanel.label		= HTML
+
+# LOCALIZATION NOTE (htmlPanel.tooltiptext): The text that appears when a user
+# hovers over the HTML panel's toolbar button.
+htmlPanel.tooltiptext	= HTML パネル
+
+# LOCALIZATION NOTE (htmlPanel.accesskey): The key bound to the HTML panel's
+# toolbar button.
+htmlPanel.accesskey	= H
+
--- a/browser/chrome/browser/places/places.properties
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.properties
@@ -37,16 +37,17 @@ view.sortBy.dateAdded.label	= 追加日時順で表示
 view.sortBy.dateAdded.accesskey	= e
 view.sortBy.lastModified.label	= 変更日時順で表示
 view.sortBy.lastModified.accesskey= M
 view.sortBy.tags.label		= タグ順で表示
 view.sortBy.tags.accesskey	= T
 
 searchBookmarks			= ブックマークの検索
 searchHistory			= 履歴の検索
+searchDownloads			= ダウンロードの検索
 searchCurrentDefault		= '%S' から検索
 findInPrefix			= '%S' から検索...
 
 tabs.openWarningTitle		= 同時に複数のタブを開く確認
 tabs.openWarningMultipleBranded	= 同時に複数 (%S) のタブを開こうとしています。ページの読み込み中は %S の動作が遅くなることがあります。本当に開いてもよろしいですか?
 tabs.openButtonMultiple		= タブで開く
 tabs.openWarningPromptMeBranded	= 同時に複数のタブを開いて %S の動作が遅くなるときは確認する
 
--- a/browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
@@ -8,18 +8,18 @@
 <!ENTITY restoreOnDemand.label		"タブが選択されるまでページを読み込まない">
 <!ENTITY restoreOnDemand.accesskey	"l">
 
 <!ENTITY homepage.label			"ホームページ:">
 <!ENTITY homepage.accesskey		"P">
 <!ENTITY useCurrentPage.label		"現在のページを使用">
 <!ENTITY useCurrentPage.accesskey	"C">
 <!ENTITY useMultiple.label		"現在のタブグループを使用">
-<!ENTITY useBookmark.label		"ブックマークから選択...">
-<!ENTITY useBookmark.accesskey		"B">
+<!ENTITY chooseBookmark.label		"ブックマークを使う...">
+<!ENTITY chooseBookmark.accesskey	"B">
 <!ENTITY restoreDefault.label		"初期設定に戻す">
 <!ENTITY restoreDefault.accesskey	"R">
 
 <!ENTITY downloads.label		"ダウンロード">
 
 <!ENTITY showWhenDownloading.label	"ファイルのダウンロード時にダウンロードマネージャを表示する">
 <!ENTITY showWhenDownloading.accesskey	"D">
 <!ENTITY closeWhenDone.label		"すべてのダウンロードが完了したら閉じる">
--- a/browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
@@ -9,17 +9,17 @@
 <!ENTITY updatePass.label             "更新">
 <!ENTITY resetPass.label              "リセット">
 
 <!-- Manage Account -->
 <!ENTITY manageAccount.label          "アカウントを管理">
 <!ENTITY manageAccount.accesskey      "A">
 <!ENTITY viewQuota.label              "サーバ使用量を表示">
 <!ENTITY changePassword2.label        "パスワードを変更...">
-<!ENTITY mySyncKey.label              "Sync キーを表示">
+<!ENTITY myRecoveryKey.label          "リカバリキー">
 <!ENTITY resetSync2.label             "Sync をリセット...">
 
 <!ENTITY addDevice.label              "デバイスを追加">
 
 <!ENTITY syncMy.label               "同期するデータ">
 <!ENTITY engine.bookmarks.label     "ブックマーク">
 <!ENTITY engine.bookmarks.accesskey "m">
 <!ENTITY engine.tabs.label          "タブ">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/styleinspector.dtd
@@ -0,0 +1,17 @@
+<!-- (^^h styleinspectorはfirefox-10に見送りとなったため未訳 -->
+
+<!-- LOCALIZATION NOTE (userStylesLabel): This is the label for the checkbox
+  -  that specifies whether the styles that are not from the user's stylesheet
+  -  should be displayed or not. -->
+<!ENTITY userStylesLabel	"Only user styles">
+
+<!-- LOCALIZATION NOTE (lookingAtLabel): This is the label for the path of
+  -  the highlighted element in the web page. This path is based on the document
+  -  tree. -->
+<!ENTITY lookingAtLabel		"Looking at:">
+
+<!-- LOCALIZATION NOTE (helpLinkTitle): For each style property
+  -  the user can hover it and get a help link button which allows one to
+  -  quickly jump to the documentation from the Mozilla Developer Network site.
+  -  This is the link title shown in the hover tooltip. -->
+<!ENTITY helpLinkTitle		"Read the documentation for this property">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/styleinspector.properties
@@ -0,0 +1,51 @@
+# (^^h styleinspectorはfirefox-10に見送りとなったため未訳
+
+# LOCALIZATION NOTE These strings are used inside the Style Inspector.
+
+# LOCALIZATION NOTE (panelTitle): This is the panel title
+panelTitle			= Style Inspector
+
+# LOCALIZATION NOTE (property.numberOfMatchedSelectors): For each style property the
+# panel shows the number of selectors which match the currently selected
+# element, counted from all stylesheets in the web page inspected.
+# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+property.numberOfMatchedSelectors	= 1 matched selector;#1 matched selectors
+
+# LOCALIZATION NOTE (property.numberOfUnmatchedSelectors): For each style
+# property the panel shows the number of selectors which do not match the
+# currently selected element, counted from all stylesheets in the web page
+# inspected.
+# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+property.numberOfUnmatchedSelectors	= 1 unmatched selector;#1 unmatched selectors
+
+# LOCALIZATION NOTE (rule.status): For each style property the panel shows
+# the rules which hold that specific property. For every rule, the rule status
+# is also displayed: a rule can be the best match, a match, a parent match, or a
+# rule did not match the element the user has highlighted.
+rule.status.BEST		= Best Match
+rule.status.MATCHED		= Matched
+rule.status.PARENT_MATCH	= Parent Match
+rule.status.UNMATCHED		= Unmatched
+
+# LOCALIZATION NOTE (rule.sourceElement, rule.sourceInline): For each
+# style property the panel shows the rules which hold that specific property.
+# For every rule, the rule source is also displayed: a rule can come from a
+# file, from the same page (inline), or from the element itself (element).
+rule.sourceInline		= inline
+rule.sourceElement		= element
+
+# LOCALIZATION NOTE (group): Style properties are displayed in categories and
+# these are the category names.
+group.Text_Fonts_and_Color	= Text, Fonts & Color
+group.Background		= Background
+group.Dimensions		= Dimensions
+group.Positioning_and_Page_Flow	= Positioning and Page Flow
+group.Borders			= Borders
+group.Lists			= Lists
+group.Effects_and_Other		= Effects and Other
+
+# LOCALIZATION NOTE (style.highlighter.button): These strings are used inside
+# html tree of the highlighter for the style inspector button
+style.highlighter.button.label		= Style
+style.highlighter.accesskey		= S
+style.highlighter.button.tooltip	= Inspect element styles
--- a/browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
+++ b/browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
@@ -1,35 +1,33 @@
-# LOCALIZATION NOTE (change.password.title): This (and associated change.password/passphrase) are used when the user elects to change their password.
+#LOCALIZATION NOTE (change.password.title): This (and associated change.password/passphrase) are used when the user elects to change their password.
 change.password.title		= パスワードの変更
 change.password.acceptButton	= パスワードを変更
 change.password.status.active	= パスワードを変更中...
 change.password.status.success	= パスワードの変更が完了しました。
 change.password.status.error	= パスワードの変更中にエラーが発生しました。
 
-change.password2.introText	= パスワードは 8 文字以上で設定してください。ユーザ名や Sync キーと同じにすることはできません。
+change.password3.introText	= パスワードは 8 文字以上で設定してください。ユーザ名やリカバリキーと同じにすることはできません。
 change.password.warningText	= 注意: このパスワードを変更すると、他のデバイスからアカウントへ接続できなくなります。
 
-change.synckey2.title		= あなたの Sync キー
-change.synckey.acceptButton	= Sync キーを変更
-change.synckey.label		= Sync キーを変更してこのパソコン上のデータをアップロードしています。しばらくお待ちください...
-change.synckey2.error		= Sync キーの変更中にエラーが発生しました。
-change.synckey2.success	= Sync キーの変更が完了しました。
+change.recoverykey.title	= あなたのリカバリキー
+change.recoverykey.acceptButton	= リカバリキーを変更
+change.recoverykey.label	= リカバリキーを変更してこのパソコン上のデータをアップロードしています。しばらくお待ちください...
+change.recoverykey.error	= リカバリキーの変更中にエラーが発生しました。
+change.recoverykey.success	= リカバリキーの変更が完了しました。
 
-change.synckey.introText	= Firefox はプライバシーを大切にします
-change.synckey.introText2	= あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。
-# LOCALIZATION NOTE (change.synckey2.warningText) "Sync" should match &syncBrand.shortName.label; from syncBrand.dtd
-change.synckey2.warningText	= 注意: Sync キーを変更することで、Sync サーバに保存されているデータはすべて削除され、代わりにこのキーで保護された新しいデータがアップロードされます。他のデバイスは、それぞれに新しいキーを入力するまで同期されません。
+change.synckey.introText2	= あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるリカバリキーはアップロードされません。
+# LOCALIZATION NOTE (change.recoverykey.warningText) "Sync" should match &syncBrand.shortName.label; from syncBrand.dtd
+change.recoverykey.warningText	= 注意: リカバリキーを変更することで、Sync サーバに保存されているデータはすべて削除され、代わりにこのキーで保護された新しいデータがアップロードされます。他のデバイスは、それぞれに新しいキーを入力するまで同期されません。
 
-new.synckey.label		= Sync キー
+new.recoverykey.label		= リカバリキー
 
 # LOCALIZATION NOTE (new.password.title): This (and associated new.password/passphrase) are used on a second computer when it detects that your password or passphrase has been changed on a different device.
 new.password.title		= パスワードの更新
 new.password.introText		= パスワードがサーバから拒否されました。パスワードを更新してください。
 new.password.label		= 新しいパスワードを入力
 new.password.confirm		= 新しいパスワードを再度入力
 new.password.acceptButton	= パスワードを更新
 new.password.status.incorrect	= パスワードが間違っています。再度入力してください。
 
-new.synckey.title		= Sync キーの更新
-new.synckey2.introText	= 他の Sync デバイスで Sync キーが変更されました。更新された Sync キーを入力してください。
-new.synckey.acceptButton	= Sync キーを更新
-new.synckey.status.incorrect	= Sync キーが間違っています。再度入力してください。
+new.recoverykey.title		= リカバリキーの更新
+new.recoverykey.introText	= 他の Sync デバイスでリカバリキーが変更されました。更新されたリカバリキーを入力してください。
+new.recoverykey.acceptButton	= リカバリキーを更新
--- a/browser/chrome/browser/syncKey.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncKey.dtd
@@ -1,14 +1,14 @@
 <!ENTITY syncKey.page.title               "あなたの &syncBrand.fullName.label; キー">
 <!ENTITY syncKey.page.description         "このキーは、サーバに保存されているデータの復号に使用されます。別のパソコンやモバイルで &syncBrand.fullName.label; をセットアップする際、このキーを入力する必要があります。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSecret.heading     "秘密にしてください">
 <!ENTITY syncKey.keepItSecret.description "あなたの &syncBrand.fullName.label; アカウントは、プライバシーを守るために暗号化されます。このキーがない限り、もし誰かがあなたの個人情報を解読しようとしても数年はかかります。このキーを持っている人はあなただけです。つまり、あなたの &syncBrand.fullName.label; データにアクセスできるのはあなただけ、ということです。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe.heading       "安全に保護してください">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe1.description  "このキーをなくさないでください。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe2.description  " キーはサーバに保存されていません (そうすると秘密を守れなくなってしまいます)。このため、">
-<!ENTITY syncKey.keepItSafe3.description  " Sync キーを失くすと取り戻すことはできません。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe3.description  " リカバリキーを失くすと取り戻すことはできません。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe4.description  " このキーは、別のパソコンやモバイルから &syncBrand.fullName.label; へ接続する際にも必要となります。">
 <!ENTITY syncKey.findOutMore1.label       "&syncBrand.fullName.label; とプライバシーに関しては ">
 <!ENTITY syncKey.findOutMore2.label       " にある説明をご覧ください。">
 <!ENTITY syncKey.footer1.label            "&syncBrand.fullName.label; の利用規約は ">
 <!ENTITY syncKey.footer2.label            " でご覧いただけます。プライバシーポリシーは ">
 <!ENTITY syncKey.footer3.label            " でご覧いただけます。">
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
@@ -14,18 +14,18 @@
 <!-- New Account AND Existing Account -->
 <!ENTITY server.label               "サーバ">
 <!ENTITY serverType.main.label      "&syncBrand.fullName.label; サーバ">
 <!ENTITY serverType.custom2.label   "独自サーバを使用する...">
 <!ENTITY signIn.account2.label      "アカウント">
 <!ENTITY signIn.account2.accesskey  "A">
 <!ENTITY signIn.password.label      "パスワード">
 <!ENTITY signIn.password.accesskey  "P">
-<!ENTITY signIn.syncKey.label       "Sync キー">
-<!ENTITY signIn.syncKey.accesskey   "K">
+<!ENTITY signIn.recoveryKey.label       "リカバリキー">
+<!ENTITY signIn.recoveryKey.accesskey   "K">
 
 <!-- New Account Page 1: Basic Account Info -->
 <!ENTITY setup.newAccountDetailsPage.title.label  "アカウントの詳細">
 <!ENTITY setup.emailAddress.label     "メールアドレス">
 <!ENTITY setup.emailAddress.accesskey "E">
 <!ENTITY setup.choosePassword.label      "パスワードを入力">
 <!ENTITY setup.choosePassword.accesskey  "P">
 <!ENTITY setup.confirmPassword.label  "パスワードを再度入力">
@@ -36,22 +36,22 @@
 <!ENTITY setup.tosAgree1.accesskey  "a">
 <!ENTITY setup.tosLink.label        "利用規約">
 <!ENTITY setup.tosAgree2.label      "と">
 <!ENTITY setup.ppLink.label         "プライバシーポリシー">
 <!ENTITY setup.tosAgree3.label      "に同意します">
 <!ENTITY setup.tosAgree2.accesskey  "">
 
 <!-- New Account Page 2: Sync Key -->
-<!ENTITY setup.newSyncKeyPage.title.label "&brandShortName; はプライバシーを大切にします">
-<!ENTITY setup.newSyncKeyPage.description.label "あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。">
-<!ENTITY syncKeyEntry.label        "Sync キー">
-<!ENTITY syncKeyEntry.accesskey    "K">
-<!ENTITY syncGenerateNewKey.label  "新規 Sync キーを生成">
-<!ENTITY syncKeyBackup.description "Sync キーは、他のパソコンから &syncBrand.fullName.label; へアクセスする際に必要となります。メモとして残しておくことをお勧めします。Sync キーを失くすと取り戻すことはできません。">
+<!ENTITY setup.newRecoveryKeyPage.title.label "&brandShortName; はプライバシーを大切にします">
+<!ENTITY setup.newRecoveryKeyPage.description.label "あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるリカバリキーはアップロードされません。">
+<!ENTITY recoveryKeyEntry.label        "リカバリキー">
+<!ENTITY recoveryKeyEntry.accesskey    "K">
+<!ENTITY syncGenerateNewKey.label      "新規リカバリキーを生成">
+<!ENTITY recoveryKeyBackup.description "リカバリキーは、他のパソコンから &syncBrand.fullName.label; へアクセスする際に必要となります。メモとして残しておくことをお勧めします。リカバリキーを失くすと取り戻すことはできません。">
 
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.print.label     "印刷...">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.print.accesskey "P">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.label      "保存...">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.accesskey  "S">
 
 <!-- New Account Page 3: Captcha -->
 <!ENTITY setup.captchaPage2.title.label     "あなたがロボットではないことを確認してください">
@@ -60,22 +60,22 @@
 <!ENTITY addDevice.showMeHow.label          "設定方法を確認する。">
 <!ENTITY addDevice.dontHaveDevice.label     "他の Sync デバイスを持っていない">
 <!ENTITY addDevice.setup.description.label  "有効にするには、他の Sync デバイスで &syncBrand.shortName.label; オプション の &#x0022;デバイスを追加する&#x0022; を選択してください。">
 <!ENTITY addDevice.setup.enterCode.label    "表示された画面に、以下のコードを入力してください:">
 <!ENTITY addDevice.dialog.description.label "新たなデバイスを有効にするには、追加するデバイスの &syncBrand.shortName.label; オプションの &#x0022;接続&#x0022; を選択してください。">
 <!ENTITY addDevice.dialog.enterCode.label   "デバイスに表示されたコードを入力してください:">
 <!ENTITY addDevice.dialog.tryAgain.label    "もう一度入力してください。">
 <!ENTITY addDevice.dialog.successful.label  "デバイスの接続に成功しました。最初の同期はバックグラウンドで、数分のうちに完了します。">
-<!ENTITY addDevice.dialog.syncKey.label     "お使いのデバイスで &syncBrand.shortName.label; を有効にするには、Sync キーを入力する必要があります。以下の Sync キーを印刷、または保存して、デバイスに入力してください。">
+<!ENTITY addDevice.dialog.recoveryKey.label "お使いのデバイスで &syncBrand.shortName.label; を有効にするには、リカバリキーを入力する必要があります。以下の リカバリキーを印刷、または保存して、デバイスに入力してください。">
 <!ENTITY addDevice.dialog.connected.label   "デバイスが接続されました">
 
 <!-- Existing Account Page 2: Manual Login -->
 <!ENTITY setup.signInPage.title.label "サインイン">
-<!ENTITY existingSyncKey.description  "Sync キーは他の Sync デバイスの &syncBrand.shortName.label; オプションの &#x0022;アカウントを管理&#x0022; の &#x0022;自分の Sync キー&#x0022; で確認できます。">
+<!ENTITY existingRecoveryKey.description "リカバリキーは他の Sync デバイスの &syncBrand.shortName.label; オプションの &#x0022;アカウントを管理&#x0022; の &#x0022;自分のリカバリキー&#x0022; で確認できます。">
 <!ENTITY verifying.label              "確認中...">
 <!ENTITY resetPassword.label          "パスワードをリセット">
 <!ENTITY resetSyncKey.label           "他の Sync デバイスをなくした場合。">
 
 <!-- Sync Options -->
 <!ENTITY setup.optionsPage.title      "同期オプション">
 <!ENTITY syncComputerName.label       "デバイス名:">
 <!ENTITY syncComputerName.accesskey   "c">
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
@@ -24,18 +24,18 @@ bookmarksCount.label			= #1 個のブックマーク
 # #1 is the number of days (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
 historyDaysCount.label			= #1 日分の履歴
 # LOCALIZATION NOTE (passwordsCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of passwords (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
 passwordsCount.label			= #1 個のパスワード
 
-save.synckey.title				= Sync キーを保存
-save.default.label				= Firefox Sync Key.html
+save.recoverykey.title			= リカバリキーを保存
+save.recoverykey.defaultfilename	= Firefox Recovery Key.html
 
 newAccount.action.label			= Firefox Sync は、すべてのブラウザデータを自動的に同期するよう設定されました。
 newAccount.change.label			= 下の同期オプションで、同期する項目を個別に選択することもできます。
 resetClient.change.label		= Firefox Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
 wipeClient.change.label			= Firefox Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
 wipeRemote.change.label			= Firefox Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザデータを、このパソコン上のデータで置き換えます。
 existingAccount.change.label	= この設定は下の同期オプションで変更できます。
 
--- a/services/sync/errors.properties
+++ b/services/sync/errors.properties
@@ -1,28 +1,23 @@
 error.login.reason.network	= サーバへの接続に失敗しました
-error.login.reason.synckey	= Sync キーが間違っています
+error.login.reason.recoverykey	= リカバリキーが間違っています
 error.login.reason.account	= アカウント名もしくはパスワードが間違っています
 error.login.reason.no_username	= アカウント名が入力されていません
 error.login.reason.no_password2	= パスワードが入力されていません
-error.login.reason.no_synckey	= 保存されている Sync キーがありません
+error.login.reason.no_recoverykey	= 保存されているリカバリキーがありません
 error.login.reason.server	= サーバの設定が間違っています
 
 error.sync.failed_partial	= ひとつあるいは複数の種類のデータを同期できませんでした
+error.sync.reason.server_maintenance	= Sync サーバのメンテナンス中です。同期は自動的に再開します。
 
 invalid-captcha			= 入力された単語が間違っています。再度入力してください
 weak-password			= 強度の高いパスワードを使用してください
 
 # this is the fallback, if we hit an error we didn't bother to localize
 error.reason.unknown		= 不明なエラー
 
-change.synckey.sameAsSyncKey	= 現在の Sync キーと同じキーは使用できません
-change.synckey.sameAsPassword	= パスワードと同じ Sync キーは使用できません
-change.synckey.sameAsUsername	= ユーザ名と同じ Sync キーは使用できません
-change.synckey.sameAsEmail	= メールアドレスと同じ Sync キーは使用できません
-change.synckey.tooShort		= 入力された Sync キーは短すぎます
-
-change.password.pwSameAsSyncKey	= Sync キーと同じパスワードは使用できません
+change.password.pwSameAsRecoveryKey	= リカバリキーと同じパスワードは使用できません
 change.password.pwSameAsPassword= 現在のパスワードと同じパスワードは使用できません
 change.password.pwSameAsUsername= ユーザ名と同じパスワードは使用できません
 change.password.pwSameAsEmail	= メールアドレスと同じパスワードは使用できません
 change.password.mismatch	= 入力されたパスワードが一致しません
 change.password.tooShort	= 入力されたパスワードは短すぎます
--- a/services/sync/sync.properties
+++ b/services/sync/sync.properties
@@ -15,16 +15,17 @@ error.login.title = ログイン中にエラーが発生しました
 error.login.description = 接続中にエラーが発生しました: %1$S。再度試してください。
 error.login.prefs.label = 設定...
 error.login.prefs.accesskey = P
 # should decide if we're going to show this
 error.logout.title = ログアウト中にエラーが発生しました
 error.logout.description = 接続中にエラーが発生しました。これはおそらく問題ありませんので、あなたは特に何もする必要はありません。
 error.sync.title = 同期中にエラーが発生しました
 error.sync.description = 接続中にエラーが発生しました: %1$S。この処理は自動的に再試行されます。
+error.sync.prolonged_failure = 同期が %1$S 日間完了できていません。ネットワークの設定を確認してください。
 error.sync.no_node_found = 現在 Sync サーバへのアクセスが集中していますが、あなたは特に何もする必要はありません。また後で自動的に同期が開始されます。
 error.sync.no_node_found.title = 同期の遅延
 error.sync.serverStatusButton.label = サーバの状況
 error.sync.serverStatusButton.accesskey = V
 error.sync.needUpdate.description = データの同期を続けるには Firefox Sync を更新する必要があります。
 error.sync.needUpdate.label = Firefox Sync を更新
 error.sync.needUpdate.accesskey = U
 error.sync.tryAgainButton.label = 今すぐ同期