correct some words in syncSetup.dtd
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 06 Nov 2010 12:23:42 +0900
changeset 84 b3eeaf1af39b77a3c6b411581f9b45d1dd123a48
parent 83 399739afa438c1626727799ddd50556574115625
child 85 73adba8b8ea8d10c8d9a8c46f68bc3e022948116
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
correct some words in syncSetup.dtd
browser/chrome/browser/syncKey.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
--- a/browser/chrome/browser/syncKey.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncKey.dtd
@@ -1,14 +1,14 @@
 <!ENTITY syncKey.page.title               "あなたの &syncBrand.fullName.label; キー">
 <!ENTITY syncKey.page.description         "このキーは、サーバに保存されているデータの復号に使用されます。別のパソコンやモバイルで &syncBrand.fullName.label; をセットアップする際、このキーを入力する必要があります。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSecret.heading     "秘密にしてください">
 <!ENTITY syncKey.keepItSecret.description "あなたの &syncBrand.fullName.label; アカウントは、プライバシーを守るために暗号化されます。このキーがない限り、もし誰かがあなたの個人情報を解読しようとしても数年はかかります。このキーを持っている人はあなただけです。つまり、あなたの &syncBrand.fullName.label; データにアクセスできるのはあなただけ、ということです。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe.heading       "安全に保護してください">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe1.description  "このキーをなくさないでください。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe2.description  " キーはサーバに保存されていません (そうすると秘密を守れなくなってしまいます)。このため、">
-<!ENTITY syncKey.keepItSafe3.description  " Sync キーをなくした場合、元にもどす方法はありません。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe3.description  " Sync キーを失くすと取り戻すことはできません。">
 <!ENTITY syncKey.keepItSafe4.description  " このキーは、別のパソコンやモバイルから &syncBrand.fullName.label; へ接続する際にも必要となります。">
 <!ENTITY syncKey.findOutMore1.label       "&syncBrand.fullName.label; とプライバシーに関しては ">
 <!ENTITY syncKey.findOutMore2.label       " にある説明をご覧ください。">
 <!ENTITY syncKey.footer1.label            "&syncBrand.fullName.label; の利用規約は ">
 <!ENTITY syncKey.footer2.label            " でご覧いただけます。プライバシーポリシーは ">
 <!ENTITY syncKey.footer3.label            " でご覧いただけます。">
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
@@ -40,17 +40,17 @@
 <!-- New Account Page 2: Sync Key -->
 <!ENTITY setup.newSyncKeyPage.title.label "&brandShortName; はプライバシーを大切にします">
 <!ENTITY setup.newSyncKeyPage.description.label "あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。">
 <!ENTITY syncKeyEntry.label        "Sync キー">
 <!ENTITY syncKeyEntry.accesskey    "K">
 <!ENTITY syncKeyGenerate.label     "生成">
 <!ENTITY syncKeyStrength.label     "強度:">
 <!ENTITY syncKeyHelp.label         "強度とは?">
-<!ENTITY syncKeyBackup.description "Sync キーは、他のパソコンから &syncBrand.fullName.label; へアクセスする際に必要となります。メモとして残しておくことをお勧めします。Sync キーを忘れた場合、元にもどす方法はありません。">
+<!ENTITY syncKeyBackup.description "Sync キーは、他のパソコンから &syncBrand.fullName.label; へアクセスする際に必要となります。メモとして残しておくことをお勧めします。Sync キーを失くすと取り戻すことはできません。">
 
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.print.label     "印刷...">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.print.accesskey "P">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.label      "保存...">
 <!ENTITY button.syncKeyBackup.save.accesskey  "S">
 
 <!-- New Account Page 3: Captcha -->
 <!ENTITY setup.captchaPage2.title.label     "あなたがロボットではないことを確認してください">