18.0: sync dom and security with en-US rev114006:d0a3931168de
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Thu, 08 Nov 2012 23:40:33 +0900
changeset 887 aebc64ee1275d03d9500737ed375ddcff832b1d8
parent 886 0425553ecf215f8aeb79a9e8870b5b438581e89b
child 888 8d78445bd91c861e4527b717de3204023ade7643
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs18
18.0: sync dom and security with en-US rev114006:d0a3931168de
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/security/csp.properties
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -107,16 +107,17 @@ FullScreenDeniedSubDocFullScreen	= 要求元の document のサブドキュメントがすでに全画面表示であるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotDescendant	= 要求元の要素が現在の FullScreen 要素の子孫でないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotFocusedTab	= 要求元の要素が現在のフォーカスされたタブでないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 RemovedFullScreenElement	= FullScreen 要素が document から削除されたため、全画面表示を解除しました。
 FocusedWindowedPluginWhileFullScreen	= ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされたため、全画面表示を解除しました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
 HTMLMultipartXHRWarning		= マルチパートレスポンスに対する XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 HTMLSyncXHRWarning		= 同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning	= channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
+ReportOnlyCSPIgnored		= レポートのみの CSP ポリシーは、他のレポートのみでない CSP ポリシーが適用されているため無視されます。
 ResponseTypeSyncXHRWarning	= window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 WithCredentialsSyncXHRWarning	= window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の withCredentials プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning		= XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 JSONCharsetWarning		= XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
 MediaLoadExhaustedCandidates	= リソース候補の読み込みがすべて失敗しました。メディアの再生を中止します。
 MediaLoadSourceMissingSrc	= <source> 要素に "src" 属性がありません。メディアを読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the Http error code the server returned (e.g. 404, 500, etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadHttpError		= HTTP 通信に失敗しました。ステータス: %1$S メディア %2$S を読み込めませんでした。
@@ -125,18 +126,18 @@ MediaLoadInvalidURI		= URI が正しくありません。メディア %S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the media resource's format/codec type (basically equivalent to the file type, e.g. MP4,AVI,WMV,MOV etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadUnsupportedTypeAttribute	= "%1$S" で指定された "type" 属性はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the "media" attribute value of the <source> element. It is a media query. %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadSourceMediaNotMatched	= "%1$S" で指定された "media" 属性は環境と一致しません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the MIME type HTTP header being sent by the web server, %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadUnsupportedMimeType	= "%1$S" の HTTP "Content-Type" はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the media resource which failed to load because of error in decoding.
 MediaLoadDecodeError		= メディア %S を再生できませんでした。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MozBlobBuilder" and "Blob"
-MozBlobBuilderWarning	= MozBlobBuilder の使用は推奨されません。代わりに Blob コンストラクタを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "DOMException", "code" and "name"
 DOMExceptionCodeWarning	= DOMException の code 属性の使用は推奨されません。代わりに name 属性を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "__exposedProps__"
 NoExposedPropsWarning	= chrome JS オブジェクトを __exposedProps__ を含めずに開示することは安全でないため推奨されません。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XPConnect_wrappers を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Mutation Event" and "MutationObserver"
 MutationEventWarning	= Mutation Event の使用は推奨されません。代わりに MutationObserver を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Blob", "mozSlice", or "slice"
 MozSliceWarning		= Blob オブジェクト上の mozSlice の使用は推奨されません。代わりに slice を使用してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Components"
+ComponentsWarning	= Components オブジェクトは推奨されません。間もなく削除されます。
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -37,20 +37,22 @@ notSameScheme			= can't use report URI w
 notSamePort			= can't use report URI with different port from originating document: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (pageCannotSendReportsTo):
 # %1$S is the URI of the page with the policy
 # %2$S is the report URI that could not be used
 pageCannotSendReportsTo		= page on %1$S cannot send reports to %2$S
 allowOrDefaultSrcRequired	= 'allow' or 'default-src' directive required but not present.  Reverting to "default-src 'none'"
 # LOCALIZATION NOTE (failedToParseUnrecognizedSource):
 # %1$S is the CSP Source that could not be parsed
-failedToParseUnrecognizedSource	= Failed to parse unrecoginzied source %1$S
+failedToParseUnrecognizedSource	= Failed to parse unrecognized source %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (reportPostRedirect):
 # %1$S is the specified report URI before redirect
 reportPostRedirect		= Post of violation report to %1$S failed, as a redirect occurred
+# LOCALIZATION NOTE (allowDirectiveDeprecated):
+allowDirectiveDeprecated	= allow directive is deprecated, use the equivalent default-source directive instead
 
 # CSP Errors:
 policyURINotAlone		= policy-uri directive can only appear alone
 noParentRequest = The policy-uri cannot be fetched without a parent request and a CSP.
 # LOCALIZATION NOTE (policyURIParseError):
 # %1$S is the URI that could not be parsed
 policyURIParseError		= could not parse URI in policy URI: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (nonMatchingHost):
@@ -100,8 +102,11 @@ notIntersectPort		= Could not intersect 
 notIntersectScheme		= Could not intersect %1$S with %2$S due to scheme problems.
 # LOCALIZATION NOTE (intersectingSourceWithUndefinedHost):
 # %1$S is the source
 intersectingSourceWithUndefinedHost	= intersecting source with undefined host: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (intersectingSourcesWithUndefinedHosts):
 # %1$S is the first source
 # %2$S is the second source
 intersectingSourcesWithUndefinedHosts	= intersecting two sources with undefined hosts: %1$S and %2$S
+# LOCALIZATION NOTE (duplicateDirective):
+# %1$S is the name of the duplicate directive
+duplicateDirective		= Duplicate %1$S directives detected.  All but the first instance will be ignored.
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -318,16 +318,17 @@ certErrorTrust_Issuer		= 発行者の証明書が信頼されていないためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_SignatureAlgorithmDisabled	= 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_ExpiredIssuer	= 発行者の証明書が期限切れになっているためこの証明書は信頼されません。
 # (^^; 条件分岐としては上記以外の default
 certErrorTrust_Untrusted	= この証明書は信頼されている提供元から得られたものではありません。
 
 certErrorMismatch		= この証明書は %S には無効です。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorMismatchSingle2): Do not translate <a id="cert_domain_link" title="%1$S">%1$S</a>
 certErrorMismatchSingle2	= この証明書は <a id="cert_domain_link" title="%1$S">%1$S</a> にだけ有効なものです。
+certErrorMismatchSinglePlain	= この証明書は %S にだけ有効なものです。
 certErrorMismatchMultiple	= この証明書は次のドメイン名にだけ有効なものです:
 certErrorMismatchNoNames	= この証明書が有効となるドメイン名が指定されていません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorExpiredNow): Do not translate %1$S (date+time of expired certificate) or %2$S (current date+time)
 certErrorExpiredNow		= この証明書の有効期限は %1$S に切れています。現在時刻は %2$S です。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorNotYetValidNow): Do not translate %1$S (date+time certificate will become valid) or %2$S (current date+time)
 certErrorNotYetValidNow		= この証明書は %1$S まで有効になりません。現在時刻は %2$S です。