16.0: re-sync extensions/venkman with en-US rev898:ad84b8736785 (venkman) for SeaMonkey 2.13
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Mon, 17 Sep 2012 22:44:33 +0900
changeset 801 ac48a0360347d90ad03c719c43adb30298c12c94
parent 800 caf16c4f34469ec7cb4ea49dc75e1b69cd10614a
child 804 d360cdf26d8e537933af527ba22b197520b2ee33
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs16
16.0: re-sync extensions/venkman with en-US rev898:ad84b8736785 (venkman) for SeaMonkey 2.13
extensions/venkman/chrome/venkman.properties
--- a/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
+++ b/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
@@ -495,17 +495,18 @@ cmd.break-props.params = <break-wrapper>
 cmd.break-props.help   = <break-wrapper> で表されるブレークポイントのプロパティダイアログを表示します。
 
 cmd.change-container.params = <view-id> <new-type>
 cmd.change-container.help   = "<view-id> が含まれているコンテナの形式を <new-type> に変更します。 <view-id> の値は、"scripts", "windows", "locals", "watches", "breaks", "stack", "source", "source2", "session" のいずれかを指定します。 <new-type> の値は、水平レイアウトにするには "horizontal" を、垂直レイアウトにするには "vertical" を、タブボックスレイアウトにするには "tab" を指定します。"
 
 cmd.change-value.label   = 値を変更...
 #cmd.change-value.accesskey = V
 cmd.change-value.params  = <jsd-value> <property-name> <expression> [<new-value>]
-cmd.change-value.help    = プロパティ <property-name> の値 (これにセットするフルパスは <expression>) を <jsd-value> から <new-value> に変更します。 <new-value> を省略した場合、入力を求められます。
+## Bug 533358
+#cmd.change-value.help    = プロパティ <property-name> の値 (これにセットするフルパスは <expression>) を <jsd-value> から <new-value> に変更します。 <new-value> を省略した場合、入力を求められます。
 
 cmd.chrome-filter.params = [<toggle>]
 cmd.chrome-filter.help   = chrome: 形式 URL のフィルタリングを有効または無効にします。 chrome: フィルタリングを有効にするとブラウザを構成する JavaScript ファイルはスクリプトビューに表示されなくなり、デバッグ中にそれらのステップ実行はしなくなります。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.clear.label  = ブレークポイントを削除
 #cmd.clear.accesskey = L
 cmd.clear.params = <url-pattern> [<line-number>]
 cmd.clear.help   = <url-pattern> にマッチするファイル中のブレークポイントを削除します。 <line-number> を指定すればその行のブレークポイントだけが削除されます。