merge from mozilla-1.9.2 for extensions (l10n svn rev 652)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 16 Feb 2010 21:38:09 +0900
changeset 35 ab10dcf4e9ef22d6d077844ba2a5b571caed741b
parent 34 9bd3d4a662cd11e4ab35b1f179186b7ea3a42472
child 36 1f18449cb84d49e936e7c9af2b140572b27c8d57
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
merge from mozilla-1.9.2 for extensions (l10n svn rev 652)
extensions/irc/chrome/about.dtd
extensions/irc/chrome/ceip.dtd
extensions/irc/chrome/chatzilla.dtd
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
extensions/irc/chrome/chatzillaOverlay.dtd
extensions/irc/chrome/install-plugin.dtd
extensions/venkman/chrome/profile.html.tpl
extensions/venkman/chrome/profile.txt.tpl
extensions/venkman/chrome/venkman-help.tpl
extensions/venkman/chrome/venkman-overlay.dtd
extensions/venkman/chrome/venkman.properties
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/extensions/irc/chrome/about.dtd
@@ -0,0 +1,49 @@
+<!-- ***** BEGIN LICENSE BLOCK *****
+   - Version: MPL 1.1/GPL 2.0/LGPL 2.1
+   -
+   - The contents of this file are subject to the Mozilla Public License Version
+   - 1.1 (the "License"); you may not use this file except in compliance with
+   - the License. You may obtain a copy of the License at
+   - http://www.mozilla.org/MPL/
+   -
+   - Software distributed under the License is distributed on an "AS IS" basis,
+   - WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, either express or implied. See the License
+   - for the specific language governing rights and limitations under the
+   - License.
+   -
+   - The Original Code is ChatZilla.
+   -
+   - The Initial Developer of the Original Code is James Ross.
+   - Portions created by the Initial Developer are Copyright (C) 2008
+   - the Initial Developer. All Rights Reserved.
+   -
+   - Contributor(s):
+   -   James Ross <silver@warwickcompsoc.co.uk>
+   -
+   - Alternatively, the contents of this file may be used under the terms of
+   - either the GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL"), or
+   - the GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL"),
+   - in which case the provisions of the GPL or the LGPL are applicable instead
+   - of those above. If you wish to allow use of your version of this file only
+   - under the terms of either the GPL or the LGPL, and not to allow others to
+   - use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
+   - decision by deleting the provisions above and replace them with the notice
+   - and other provisions required by the LGPL or the GPL. If you do not delete
+   - the provisions above, a recipient may use your version of this file under
+   - the terms of any one of the MPL, the GPL or the LGPL.
+   -
+   - ***** END LICENSE BLOCK ***** -->
+
+<!ENTITY window.title  "ChatZilla について">
+
+<!ENTITY chatzilla.label       "ChatZilla">
+<!ENTITY version.unknown.label "バージョン (不明)">
+<!ENTITY version.known.label   "バージョン &#37;S">
+<!ENTITY description.label     "すっきりとして使いやすく、拡張性の高いインターネットリレーチャット (IRC) クライアントです。">
+
+<!ENTITY homepage.label    "ホームページを表示">
+<!ENTITY copyversion.label "バージョンの詳細をコピー">
+
+<!ENTITY section.core.label    "コア開発チーム:">
+<!ENTITY section.locale.label  "ローカライズ:">
+<!ENTITY section.contrib.label "貢献者:">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/extensions/irc/chrome/ceip.dtd
@@ -0,0 +1,19 @@
+<!ENTITY window.title  "ChatZilla Customer Experience Improvement Program">
+<!ENTITY window.size   "width: 48em;"><!-- en-US: "width: 42em;" -->
+
+<!ENTITY intro.label "ChatZilla Customer Experience Improvement Program は、あなたの ChatZilla の利用状況についての情報を収集します。この情報は、開発者が ChatZilla の改善すべき機能を知る手がかりになります。あなたの個人情報や連絡先を特定できる情報は使用しません。">
+
+<!ENTITY groupSend.label        "次のデータが送信されます:">
+<!ENTITY sendClient.label       "ChatZilla を開いたとき、または閉じたとき">
+<!ENTITY sendClient.accesskey   "o">
+<!ENTITY sendCommand.label      "使用したコマンド、メニュー、ダイアログ">
+<!ENTITY sendCommand.accesskey  "C">
+<!ENTITY sendID.label           "あなたのユニーク ID:">
+<!ENTITY sendIDSrc.label        "(ランダムな値が生成されます)">
+
+<!ENTITY groupNotSent.label     "送信されないデータ:">
+<!ENTITY notsentNickname.label  "あなたのニックネーム">
+<!ENTITY notsentMessages.label  "操作と通知を含めたメッセージの内容">
+<!ENTITY notsentArguments.label "すべてのコマンド、メニュー、ダイアログに与えた引数">
+<!ENTITY notsentURLs.label      "ネットワーク名と URL、サービス、チャンネル、ユーザ">
+<!ENTITY notsentFiles.label     "送受信したファイルの名前と内容">
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.dtd
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.dtd
@@ -1,119 +1,14 @@
-<!ENTITY Menubar.tooltip    "メイン メニュー">
-<!ENTITY Toolbar.tooltip    "メイン ツールバー">
-
-
-<!ENTITY multiline-expand.tooltip   "複数行入力に切り替え (Ctrl+Up)">
-<!ENTITY multiline-contract.tooltip "1 行入力に切り替え (Ctrl+Down)">
-<!ENTITY multiline-send.tooltip     "このテキストを送信 (Ctrl+Enter)">
-<!ENTITY server-nick.tooltip        "Change nickname or set away state. To focus the input box, press Escape.">
-
-<!ENTITY Underline.label             "下線付き">
-<!ENTITY Bold.label                  "太字">
-<!ENTITY Reverse.label               "反転">
-<!ENTITY Normal.label                "通常">
-<!ENTITY Color.label                 "配色">
-<!ENTITY ForeBack.label              "xx=進む yy=戻る">
-
-<!-- 以下はen-USにはない    -->
-<!ENTITY menuBar.tooltip    "メニューバー">
-<!ENTITY header.tooltip     "ヘッダー">
-<!ENTITY op.value           "Op">
-<!ENTITY op.accesskey       "o">
-<!ENTITY deop.value         "Deop">
-<!ENTITY deop.accesskey     "d">
-<!ENTITY voice.value        "Voice">
-<!ENTITY voice.accesskey    "v">
-<!ENTITY devoice.value      "Devoice">
-<!ENTITY devoice.accesskey  "e">
-<!ENTITY kick.value         "Kick">
-<!ENTITY kick.accesskey     "k">
-<!ENTITY kick2.value        "理由付き Kick">
-<!ENTITY kick2.accesskey    "r">
-<!ENTITY whois.value        "Whois">
-<!ENTITY whois.accesskey    "w">
-
-
-<!ENTITY url.label               "URL">
-<!ENTITY mode.label              "モード">
-<!ENTITY topic.label             "トピック">
-<!ENTITY users.label             "ユーザ">
-<!ENTITY lag.label               "ラグ">
-
-<!ENTITY OptionsCmd.label        "オプション">
-<!ENTITY OptionsCmd.accesskey    "O">
-<!ENTITY MungerCmd.label         "Munger">
-<!ENTITY MungerCmd.accesskey     "M">
-<!ENTITY DisableMunger.label     "すべて無効化">
-<!ENTITY DisableMunger.accesskey "D">
-<!ENTITY EnableColors.label      "カラー コード">
-<!ENTITY EnableColors.accesskey  "C">
+<!ENTITY Menubar.tooltip		"メインメニュー">
+<!ENTITY Toolbar.tooltip		"メインツールバー">
 
-<!ENTITY DebugMsgCmd.label       "デバッグ モード">
-<!ENTITY DebugMsgCmd.aKey        "D">
-<!ENTITY SaveSetNowCmd.label     "設定を今すぐ保存">
-<!ENTITY SaveSetNowCmd.akey      "N">
-<!ENTITY SaveSetExitCmd.label    "設定を終了時に保存">
-<!ENTITY SaveSetExitCmd.akey     "E">
-<!ENTITY ViewCmd.label           "表示">
-<!ENTITY ViewCmd.aKey            "V">
-<!ENTITY ShowCmd.label           "表示/非表示">
-<!ENTITY ShowCmd.akey            "S">
-<!ENTITY ShowTabStripCmd.label   "タブ">
-<!ENTITY ShowTabStripCmd.aKey    "T">
-<!ENTITY ShowUserlistCmd.label   "ユーザリスト">
-<!ENTITY ShowUserlistCmd.aKey    "U">
-<!ENTITY ShowHeaderCmd.label     "ヘッダー">
-<!ENTITY ShowHeaderCmd.aKey      "H">
-<!ENTITY ShowStatusbarCmd.label  "ステータスバー">
-<!ENTITY ShowStatusbarCmd.aKey   "S">
-<!ENTITY CollapseCmd.label       "連続したメッセージを折りたたむ">
-<!ENTITY CollapseCmd.aKey        "N">
-<!ENTITY CopyMessagesCmd.label   "重要なメッセージをコピー">
-<!ENTITY CopyMessagesCmd.aKey    "I">
-<!ENTITY NoneCmd.label           "モチーフなし">
-<!ENTITY NoneCmd.aKey            "N">
-<!ENTITY DefaultCmd.label        "標準のモチーフ">
-<!ENTITY DefaultCmd.aKey         "D">
-<!ENTITY DarkCmd.label           "暗いモチーフ">
-<!ENTITY DarkCmd.aKey            "k">
-<!ENTITY LightCmd.label          "明るいモチーフ">
-<!ENTITY LightCmd.aKey           "L">
-<!ENTITY HideCmd.label           "表示しない">
-<!ENTITY LeaveViewCmd.label      "``$viewname'' から退出">
-<!ENTITY LeaveViewCmd.aKey       "">
-<!ENTITY StartupVisitCmd.label   "起動時に開く">
-<!ENTITY StartupVisitCmd.aKey    "">
-<!ENTITY ClearViewCmd.label      "ビューをクリア">
-<!ENTITY ClearViewCmd.aKey       "e">
-<!ENTITY DeleteViewCmd.label     "ビューを閉じる">
-<!ENTITY DeleteViewCmd.aKey      "V">
-<!ENTITY StatusCmd.label         "接続の状態">
-<!ENTITY StatusCmd.aKey          "C">
+<!ENTITY multiline-expand.tooltip	"複数行入力に切り替え (Ctrl+Up)">
+<!ENTITY multiline-contract.tooltip	"1 行入力に切り替え (Ctrl+Down)">
+<!ENTITY multiline-send.tooltip		"このテキストを送信 (Ctrl+Enter)">
+<!ENTITY server-nick.tooltip		"ニックネームの変更または状態の設定。入力ボックスにフォーカスを移動するには ESC キーを押してください。">
 
-<!ENTITY CloseCmd.label          "ウィンドウを閉じる">
-<!ENTITY CloseCmd.aKey           "C">
-
-<!ENTITY PopupQueryCmd.label         "``$nick'' とプライベート チャット">
-<!ENTITY PopupQueryCmd.aKey          "P">
-<!ENTITY PopupWhoisCmd.label         "``$nick'' に Whois">
-<!ENTITY PopupWhoisCmd.aKey          "W">
-<!ENTITY PopupPingCmd.label          "``$nick'' に Ping">
-<!ENTITY PopupPingCmd.aKey           "I">
-<!ENTITY PopupVersionCmd.label       "``$nick'' に Version">
-<!ENTITY PopupVersionCmd.aKey        "V">
-<!ENTITY PopupHighlightStyle.label   "$nick のメッセージを強調表示">
-<!ENTITY PopupHighlightStyle.aKey    "H">
-<!ENTITY PopupHighlightNoStyle.label "なし">
-<!ENTITY PopupGiveOp.label           "オペレータ権限を与える">
-<!ENTITY PopupGiveOp.aKey            "O">
-<!ENTITY PopupTakeOp.label           "オペレータ権限を取り上げ">
-<!ENTITY PopupTakeOp.aKey            "O">
-<!ENTITY PopupGiveVoice.label        "発言権限を与える">
-<!ENTITY PopupGiveVoice.aKey         "V">
-<!ENTITY PopupTakeVoice.label        "発言権限を取り上げ">
-<!ENTITY PopupTakeVoice.aKey         "V">
-<!ENTITY PopupKick.label             "``$nick'' に Kick">
-<!ENTITY PopupKick.aKey              "K">
-
-<!ENTITY StatusText.label            "ChatZilla にようこそ!">
-
+<!ENTITY Underline.label		"下線">
+<!ENTITY Bold.label			"太字">
+<!ENTITY Reverse.label			"反転">
+<!ENTITY Normal.label			"通常">
+<!ENTITY Color.label			"配色">
+<!ENTITY ForeBack.label			"xx=進む yy=戻る">
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -34,16 +34,17 @@
 # decision by deleting the provisions above and replace them with the notice
 # and other provisions required by the GPL or the LGPL. If you do not delete
 # the provisions above, a recipient may use your version of this file under
 # the terms of any one of the MPL, the GPL or the LGPL.
 #
 # ***** END LICENSE BLOCK *****
 
 # (^a^) 先頭や末尾の " については http://mxr.mozilla.org/mozilla/source/extensions/venkman/locales/en-US/chrome/venkman.properties の冒頭にあるコメントを見ること。
+# bug 485692 , bug 485871 対応のため、*.accesskey を一時的にコメントアウトしています。
 
 ### Notes for localizers ###
 #
 # The following version number is the "localisation version number", and MUST
 # match the locale.version in the original locale this is based on. In other
 # words, if the locale.version in two files is the same, both files MUST have
 # exactly the same list of locale strings.
 #
@@ -67,778 +68,864 @@
 #
 # Note: the ChatZilla version and expected locale versions may not always be
 #       the same. For example, if only non-locale changes have been made, the
 #       expected locale version will stay the same. This is to make using
 #       localisations between versions easier.
 #
 ### End of notes ###
 
-locale.version = 0.9.83
-locale.error = この ChatZilla のバージョンは %1$S で、ロケール (言語パック) のバージョン %2$S が必要です。現在選択されているロケール "%3$S" のバージョンは %4$S なので、この ChatZilla に使うと問題が生じる可能性があります。\n\nChatZilla 用のロケールを更新するか、削除するようお勧めします。
+locale.version = 0.9.86
+locale.error = この ChatZilla バージョン %1$S は、ロケール (言語パック) のバージョン %2$S が必要です。現在選択されているロケール "%3$S" のバージョンは %4$S なので、この ChatZilla に使用すると問題が生じる可能性があります。\n\nChatZilla 用のロケールを更新するか、削除することをお勧めします。
+#locale.authors = XXX REPLACE THIS VALUE WITH A SEMICOLON-SEPARATED LIST OF NAMES FOR YOUR LOCALIZATION TEAM XXX
+locale.authors = Chiaki Koufugata;Nyozlla;Youhei Tooyama;dynamis;Atsushi Sakai;Masahiko Imanaka
 
 # Misc
 
 unknown=<不明>
 none=<なし>
 na=<n/a>
 
 # util.js
 
 msg.alert   = 警告
-msg.prompt  = プロンプト
+msg.prompt  = 入力
 msg.confirm = 確認
 
 # command.js
 
 ### Notes for localizers ###
 #
-# ChatZilla uses cmd.<command name>.* to construct the command's help, 
+# ChatZilla uses cmd.<command name>.* to construct the command's help,
 # parameters and any UI labels. For the command to continue to function, the
 # *.params entries MUST NOT BE CHANGED. Hopefully in the future you will be
 # able to localize these items as well.
 #
 ### DO NOT LOCALIZE THE *.params STRINGS ###
 #
-# All localised strings may contain certain entities for branding purposes. 
+# Note also that, for every command, an accesskey may be specified:
+#   EITHER by prefixing the desired accesskey with "&" in the .label string,
+#   OR     by specifying a .accesskey string, which is useful if the desired
+#          accesskey does not occur in the label.
+#
+# The following are therefore equivalent:
+#    cmd.foo.label = &Foo
+# and
+#    cmd.foo.label = Foo
+#    cmd.foo.accesskey = F
+#
+#
+# All localised strings may contain certain entities for branding purposes.
 # The three standard brand entities (brandShortName, brandFullName, vendorName)
 # can all be used like this:
 #     foo.bar = Some text used in &brandFullName;!
 #
 ### End of notes ###
 
 cmd.about.label = ChatZilla について
+#cmd.about.accesskey = V
 cmd.about.help  = この ChatZilla のバージョンに関する情報を表示します。
 
 cmd.alias.params = [<alias-name> <command-list>]
-cmd.alias.help   = 別名 <alias-name> を、<command-list> によって指定されたコマンドのセミコロン (';') 区切りリストの別名として定義します。もし <command-list> がマイナス記号 ('-') なら、別名は削除されます。<alias-name> がない場合は、すべての別名がリスト表示されます。
+cmd.alias.help   = 別名 <alias-name> を、<command-list> によって指定されたコマンドのセミコロン (';') 区切りリストの別名として定義します。<command-list> にマイナス記号 ('-') を指定すると、その別名が削除されます。<alias-name> の指定がない場合は、すべての別名のリストが表示されます。
 
 cmd.attach.params = <irc-url>
-cmd.attach.help   = <irc-url> によって指定された URL の IRC に接続します。すでに接続されている場合は、<irc-url> が現在のビューになります。もしそのビューが削除されている場合には作成し直します。<irc-url> の irc:// 部分は省略できます。例: /attach moznet, /attach moznet/chatzilla, /attach irc.mozilla.org/mozbot,isnick
+cmd.attach.help   = <irc-url> によって指定された URL の IRC に接続します。すでに接続されている場合は、<irc-url> が現在のビューになります。そのビューが削除されている場合には作成し直します。<irc-url> の irc:// 部分は省略できます。例: /attach moznet, /attach moznet/chatzilla, /attach irc.mozilla.org/mozbot,isnick
 
 cmd.away.label  = 離席 (既定文)
+#cmd.away.accesskey = A
 cmd.away.format = 離席 ($reason)
 cmd.away.params = [<reason>]
-cmd.away.help   = 理由 <reason> が指定されているときには、あなたはそのメッセージを理由に離席となります。<reason> がない場合は、既定のメッセージとともに離席とマークされます。
+cmd.away.help   = 理由 <reason> に指定した文字列が離席時に表示されて離席とマークされます。<reason> を省略すると、既定のメッセージが表示されて離席とマークされます。
 
 cmd.back.label  = 復帰
+#cmd.back.accesskey = B
 cmd.back.params = 
 cmd.back.help   = あなたが復帰したとマークします。
 
-cmd.ban.label  = Ban
-cmd.ban.format = $channelName から Ban
+cmd.ban.label  = 立ち入り禁止にする (ban)
+cmd.ban.format = $channelName への立ち入り禁止にする (ban)
 cmd.ban.params = [<nickname>]
-cmd.ban.help   = 現在のチャンネルから 1 人のユーザ、または複数のユーザのマスクを立入り禁止にします。ユーザのニックネームを指定することも、そのホスト マスクを使うこともできます。ニックネームやマスクが指定されていない場合には、現行の立入り禁止リストを表示します。
+cmd.ban.help   = 現在のチャンネルから 1 人のユーザまたはホストマスクに該当する複数のユーザを立ち入り禁止にします。<nickname> にはユーザのニックネームか、そのホストマスクを指定できます。ニックネームやマスクの指定がない場合は、現行の立ち入り禁止リストを表示します。
+
+cmd.cancel.help = /attach または /server コマンドをキャンセルします。ChatZilla が応答のないネットワークへの接続をくり返し試みているときに /cancel を使用すると、通常のリトライ回数に達する前にこれをキャンセルします。
 
-cmd.cancel.help = /attach または /server コマンドをキャンセルします。ChatZilla が応答のないネットワークへの接続をくり返し試みているときに /cancel を使うと、通常のリトライ回数の前に断念するよう ChatZilla に指示します。
+cmd.ceip.label  = &Customer Experience Improvement Program
+#cmd.ceip.accesskey = C
+cmd.ceip.params = [<state>]
+cmd.ceip.help   = <state> の指定がない場合は、Customer Experience Improvement Program (CEIP) のオプションダイアログを開きます。 <state> に |true| または |on|, |yes|, |1| のいずれかの値を与えた場合、すべての CEIP オプションがオンになります。 |false| または |off|, |no|, |0| のいずれかの値を与えた場合は、すべての CEIP オプションがオフになります。
 
 cmd.charset.params = [<new-charset>]
-cmd.charset.help   = 現在のビューの文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。もし <new-charset> が指定されていない場合は、現在の文字エンコーディングを表示します。
+cmd.charset.help   = 現在のビューの文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。<new-charset> の指定がない場合は、現在の文字エンコーディングを表示します。
 
 cmd.channel-motif.params = [<motif> [<channel>]]
-cmd.channel-motif.help   = 指定したチャンネルのメッセージ タブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "default", "light", "dark" のショートカットが使用できます。もし <motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<channel> がない場合には、現在のチャンネルに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
+cmd.channel-motif.help   = 指定したチャンネルのメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。<motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<channel> の指定がない場合は、現在のチャンネルに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
 
 cmd.channel-pref.params = [<pref-name> [<pref-value>]]
-cmd.channel-pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定の値を、チャンネル <channel> 上の設定値 <pref-value> に適用します。もし <pref-value> がない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方が省略されているときには、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> がマイナス記号 ('-') の場合は、環境設定はその既定値に戻ります。
+cmd.channel-pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定の値を、現在のチャンネルの設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値を既定値に戻します。
 
 cmd.clear-view.label  = タブをクリア
-cmd.clear-view.accesskey = E
+#cmd.clear-view.accesskey = E
 cmd.clear-view.params = [<view>]
 cmd.clear-view.help = 現在のビューをクリアして、*すべての* コンテンツを消去します。
 
-cmd.client.help = ``*client*'' ビューを表示します。もし ``*client*'' ビューが削除されているときには作成し直します。
+cmd.client.help = ``*client*'' ビューを表示します。``*client*'' ビューが削除されているときは作成し直します。
 
 cmd.cmd-docommand.params = <cmd-name>
 cmd.cmd-docommand.help   = 
 
 cmd.cmd-undo.label  = 元に戻す
-cmd.cmd-undo.accesskey = U
+#cmd.cmd-undo.accesskey = U
 cmd.cmd-undo.key    = accel Z
 cmd.cmd-undo.params = 
 cmd.cmd-undo.help   = 入力ボックス内のテキストに行われた変更を元に戻します。
 
 cmd.cmd-redo.label  = やり直し
-cmd.cmd-redo.accesskey = R
+#cmd.cmd-redo.accesskey = R
 cmd.cmd-redo.key    = accel Y
 cmd.cmd-redo.params = 
-cmd.cmd-redo.help   = 元に戻された入力ボックス内のテキストに行われた変更を、やり直します。
+cmd.cmd-redo.help   = 元に戻された入力ボックス内のテキストに行われた変更をやり直します。
 
 cmd.cmd-cut.label  = 切り取り
-cmd.cmd-cut.accesskey = T
+#cmd.cmd-cut.accesskey = T
 cmd.cmd-cut.key    = accel X
 cmd.cmd-cut.params = 
 cmd.cmd-cut.help   = 選択したテキストをクリップボードにコピーして、そのテキストをソースから削除します。
 
 cmd.cmd-copy.label  = コピー
-cmd.cmd-copy.accesskey = C
+#cmd.cmd-copy.accesskey = C
 cmd.cmd-copy.key    = accel C
 cmd.cmd-copy.params = 
 cmd.cmd-copy.help   = 選択したテキストをクリップボードにコピーします。
 
 cmd.cmd-paste.label  = 貼り付け
-cmd.cmd-paste.accesskey = P
+#cmd.cmd-paste.accesskey = P
 cmd.cmd-paste.key    = accel V
 cmd.cmd-paste.params = 
 cmd.cmd-paste.help   = クリップボードのコンテンツを貼り付けます。
 
 cmd.cmd-delete.label  = 削除
-cmd.cmd-delete.accesskey = D
+#cmd.cmd-delete.accesskey = D
 cmd.cmd-delete.key    = VK_DELETE
 cmd.cmd-delete.params = 
 cmd.cmd-delete.help   = 選択した部分を削除します。
 
 cmd.cmd-selectall.label  = すべて選択
-cmd.cmd-selectall.accesskey = A
+#cmd.cmd-selectall.accesskey = A
 cmd.cmd-selectall.key    = accel A
 cmd.cmd-selectall.params = 
 cmd.cmd-selectall.help   = 現在のビューのすべてのテキストを選択します。
 
-cmd.cmd-copy-link-url.label  = 対象のアドレスをコピー
+cmd.cmd-copy-link-url.label  = リンクの URL をコピー
+#cmd.cmd-copy-link-url.accesskey = U
 cmd.cmd-copy-link-url.params = <url>
 cmd.cmd-copy-link-url.help   = リンク対象の URL をクリップボードにコピーします。
 
 cmd.cmd-mozilla-prefs.label  = &&brandShortName; の設定...
 cmd.cmd-mozilla-prefs.params = 
 cmd.cmd-mozilla-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-prefs.label  = 設定...
-cmd.cmd-prefs.accesskey = E
+#cmd.cmd-prefs.accesskey = E
 cmd.cmd-prefs.params = 
 cmd.cmd-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-chatzilla-prefs.label  = ChatZilla の設定...
-cmd.cmd-chatzilla-prefs.accesskey = E
+#cmd.cmd-chatzilla-prefs.accesskey = E
 cmd.cmd-chatzilla-prefs.params = 
 cmd.cmd-chatzilla-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-chatzilla-opts.label  = オプション...
-cmd.cmd-chatzilla-opts.accesskey = O
+#cmd.cmd-chatzilla-opts.accesskey = O
 cmd.cmd-chatzilla-opts.params = 
 cmd.cmd-chatzilla-opts.help   = 
 
 cmd.commands.params = [<pattern>]
-cmd.commands.help   = パターン <pattern> が指定されていれば合致するすべてのコマンド名を、指定されていない場合にはすべてのコマンド名をリスト表示します。
+cmd.commands.help   = パターン <pattern> に合致するすべてのコマンド名をリスト表示します。<pattern> の指定がない場合はすべてのコマンド名をリスト表示します。
 
 cmd.create-tab-for-view.params = <view>
 cmd.create-tab-for-view.help   = 
 
 cmd.custom-away.label  = 離席 (ユーザ設定)...
-cmd.custom-away.help   = 離席用のメッセージを作成して、それを使うように設定できます。コマンドの一部として離席用メッセージを指定するときには、|/away| コマンドを使用します。
+#cmd.custom-away.accesskey = C
+cmd.custom-away.help   = 離席用のメッセージを作成して使用できます。コマンドの一部として離席用メッセージを指定するときには、|/away| コマンドを使用します。
 
 cmd.sync-font.help      = すべてのビューを現在のフォント設定で同期させます。
-cmd.sync-header.help    = すべてのビューを現在のヘッダー表示設定で同期させます。
+cmd.sync-header.help    = すべてのビューを現在のヘッダ表示設定で同期させます。
 cmd.sync-log.help       = すべてのビューを現在のログ収集設定で同期させます。
 cmd.sync-motif.help     = すべてのビューを現在のモチーフ設定で同期させます。
 cmd.sync-timestamp.help = すべてのビューを現在のタイムスタンプ表示設定で同期させます。
 cmd.sync-window.help    = すべてのビューを現在の出力ウィンドウ設定で同期させます。
 
 cmd.ctcp.params = <target> <code> [<params>]
-cmd.ctcp.help   = CTCP コード <code> を <target> (ユーザまたはチャンネル) に送信します。もしパラメータ <params> が指定されていれば、同時に送信されます。
+cmd.ctcp.help   = CTCP コード <code> を <target> (ユーザまたはチャンネル) に送信します。<params> が指定されている場合は、同時に送信されます。
 
 cmd.default-charset.params = [<new-charset>]
-cmd.default-charset.help   = 全般的な既定の文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。もし <new-charset> が指定されていない場合は、現在の全般的な既定の文字エンコーディングを表示します。
+cmd.default-charset.help   = 共通設定の既定の文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。<new-charset> の指定がない場合は、現在の共通設定の既定の文字エンコーディングを表示します。
+
+cmd.delayed.params = <delay> <rest>
+cmd.delayed.help   = |delay| 秒後、|rest| に指定したコマンドを実行します。
 
 cmd.describe.params = <target> <action>
-cmd.describe.help   = |target| のチャンネルおよびユーザの両方にアクション <action> を実行します。
+cmd.describe.help   = |target| に指定したチャンネルやユーザに対してアクション <action> を実行します。
 
 cmd.dcc-accept.params = [<nickname> [<type> [<file>]]]
-cmd.dcc-accept.help   = DCC チャットの受信、またはオファーの送信を受諾します。もし |nickname| が指定されなければ、最後に届いたオファーが受諾されます (セキュリティ上の理由から、オファーを受け取ってから 10 秒間は動作しません)。<nickname> や <file> には正規表現を使うこともできます。
+cmd.dcc-accept.help   = DCC チャットの受信、またはオファーの送信を受諾します。|nickname| の指定がない場合は、最後に届いたオファーを受諾します (セキュリティ上の理由から、オファーを受け取ってから 10 秒間は動作しません)。<nickname> や <file> には正規表現も使用できます。
 
 cmd.dcc-accept-list.params =
 cmd.dcc-accept-list.help   = 現在のネットワークの DCC 自動受諾リストを表示します。
 
 cmd.dcc-accept-list-add.params = <nickname>
 cmd.dcc-accept-list-add.help   = 現在のネットワークの DCC 自動受諾リストに <nickname> を追加します。
 
 cmd.dcc-accept-list-remove.params = <nickname>
 cmd.dcc-accept-list-remove.help   = 現在のネットワークの DCC 自動受諾リストから <nickname> を削除します。
 
 cmd.dcc-chat.params = [<nickname>]
-cmd.dcc-chat.help   = DCC チャット オファーを、現在のサーバにいる |nickname| に送信します。クエリ ビュー上では、そのビューのユーザにオファーを送信するとき |nickname| は省略できます。
+cmd.dcc-chat.help   = DCC チャットのオファーを、現在のサーバ上の |nickname| に送信します。クエリビュー上では、そのビューのユーザにオファーを送信する場合は |nickname| を省略できます。
 cmd.dcc-chat.label  = DCC チャット
+#cmd.dcc-chat.accesskey = D
 
 cmd.dcc-close.params = [<nickname> [<type> [<file>]]]
-cmd.dcc-close.help   = 既存の DCC 接続を閉じます。DCC ビューから実行するときで、そのビューとの DCC 接続が閉じられる場合には、|nickname| を省略できます。|type| と |file| は接続を識別するために必要です。<nickname> や <file> には正規表現を使うこともできます。
+cmd.dcc-close.help   = 既存の DCC 接続を閉じます。DCC 接続を閉じるビューから実行する場合は |nickname| を省略できます。|type| と |file| は接続を識別するために必要です。<nickname> や <file> には正規表現も使用できます。
 
 cmd.dcc-decline.params = [<nickname>]
-cmd.dcc-decline.help   = DCC チャットの受信、またはオファーの送信を辞退します。もし |nickname| が指定されなければ、最後に届いたオファーが辞退されます。<nickname> には正規表現を使うこともできます。
+cmd.dcc-decline.help   = DCC チャットの受信、またはオファーの送信を辞退します。|nickname| の指定がない場合は、最後に届いたオファーを拒否します。<nickname> には正規表現も使用できます。
 
 cmd.dcc-list.params = [<type>]
-cmd.dcc-list.help   = DCC オファーと接続に関する既知の情報をリスト表示します。|type| パラメータを使うと、"chat" または "send" だけに限定できます。
+cmd.dcc-list.help   = 現在の DCC のオファーと接続に関する情報をリスト表示します。|type| に "chat" または "send" を指定すると、表示する情報を "chat" または "send" に限定します。
 
 cmd.dcc-send.params = [<nickname> [<file>]]
-cmd.dcc-send.help   = ファイルを |nickname| にオファーします。クエリ ビュー上では、そのビューのユーザにオファーを送信するとき |nickname| は省略できます。ファイルは |file| を渡して直接指定するか、あるいは参照ダイアログから選択します。
+cmd.dcc-send.help   = ファイルを |nickname| に DCC 接続で送信します。クエリビュー上のユーザに送信する場合は |nickname| を省略できます。送信するファイルは、|file| に直接指定するか、参照ダイアログから選択します。
 cmd.dcc-send.label  = ファイルの送信...
+#cmd.dcc-send.accesskey= S
+
+cmd.dcc-show-file.params = <file>
+cmd.dcc-show-file.help   = ファイルのダウンロード先のフォルダを開きます。
 
 cmd.delete-view.key    = accel W
 cmd.delete-view.label  = タブを閉じる
-cmd.delete-view.accesskey = C
+#cmd.delete-view.accesskey = C
 cmd.delete-view.params = [<view>]
-cmd.delete-view.help   = 現在のビューをクリアし、*すべての* コンテンツを消去し、さらにそのタブ ストリップからアイコンを消去します。この方法でチャンネル ビューを削除すると、そのビューから退出することになります。
+cmd.delete-view.help   = 現在のビューをクリアし、*すべての* コンテンツを消去し、さらにそのタブバーからアイコンを消去します。この方法でチャンネルビューを削除すると、そのビューから退出することになります。
 
-cmd.dehop.label  = ハーフ オペレータ権限を取り上げ
+cmd.dehop.label  = ハーフオペレータ権限を取り上げ
 cmd.dehop.params = <nickname> [<...>]
-cmd.dehop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> から、ハーフ オペレータ権限を取り上げます。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.dehop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> からハーフオペレータ権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
 
 cmd.deop.label  = オペレータ権限を取り上げ
 cmd.deop.params = <nickname> [<...>]
-cmd.deop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> から、オペレータ権限を取り上げます。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.deop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> からオペレータ権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
 
 cmd.desc.params = [<description>]
-cmd.desc.help   = だれかがあなたに /whois を実行したときに返される 'ircname' 行を変更します。これは、ネットワークに接続する *前に* 指定する必要があります。もし <description> が省略されると、現在の紹介文が表示されます。
+cmd.desc.help   = 誰かがあなたに /whois を実行したときに返される 'ircname' 行を変更します。これは、ネットワークに接続する *前に* 指定する必要があります。<description> を省略した場合、現在の紹介文が表示されます。
 
 cmd.devoice.label  = 発言権限を取り上げ
 cmd.devoice.params = <nickname> [<...>]
-cmd.devoice.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> から、発言権限を取り上げます。この作業にはオペレータ権限 (またはハーフ オペレータ権限) が必要です。
+cmd.devoice.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> から発言権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限 (またはハーフオペレータ権限) が必要です。
 
 cmd.disconnect.format = $networkName との接続を切断
 cmd.disconnect.label  = 接続を切断
-cmd.disconnect.accesskey = D
+#cmd.disconnect.accesskey = D
 cmd.disconnect.params = [<reason>]
-cmd.disconnect.help   = このコマンドが実行されるとサーバから切断してアクティブなビューに切り替わり、理由 <reason> が指定されていればその理由が、指定されていない場合には既定の理由が提示されます。
+cmd.disconnect.help   = このコマンドを実行したアクティブなビューのサーバとの接続を切断して、理由 <reason> が指定されていればその理由が、指定されていない場合には既定の理由が提示されます。
 
 cmd.disconnect-all.label  = すべてのネットワークとの接続を切断
-cmd.disconnect-all.accesskey = D
+#cmd.disconnect-all.accesskey = D
 cmd.disconnect-all.params = [<reason>]
 cmd.disconnect-all.key    = accel D
 cmd.disconnect-all.help   = すべてのネットワークとの接続を切断します。理由 <reason> が指定されていればその理由が、指定されていない場合には既定の理由が提示されます。
 
 cmd.echo.params = <message>
-cmd.echo.help   = 現在のビューにメッセージ <message> を表示しますが、サーバには送信しません。
+cmd.echo.help   = 現在のビューにメッセージ <message> を表示しますが、サーバには送信されません。
 
 cmd.enable-plugin.params = <plugin>
-cmd.enable-plugin.help   = |disable-plugin| を呼び出したあとでプラグインを再び有効にするコマンドで、プラグインの enablePlugin 関数を呼び出します。プラグインがそれ自体を正しく有効化することは保証されません。
-
+cmd.enable-plugin.help   = |disable-plugin| コマンドで無効にしたプラグインを再び有効にするコマンドです。このコマンドはプラグインの enablePlugin 関数を呼び出します。プラグインが自身を正しく有効化することは保証されません。
 
 cmd.eval.params = <expression>
 cmd.eval.help   = 式 <expression> を JavaScript コードとして評価します。気の弱い人にはお勧めしません。
 
-cmd.except.params = [<nickname>]
-cmd.except.help   = チャンネルの立入り禁止リストからユーザを例外にします。そのユーザのニックネームを指定するか、そのホスト マスクを使用します。ニックネームやマスクが指定されていない場合には、現行の例外リストを表示します。
+cmd.evalsilent.params = <expression>
+cmd.evalsilent.help   = /eval コマンドと同じです。ただし、[EVAL-IN] と [EVAL-OUT] の行は表示されません。
 
-cmd.exit.label  = ChatZilla の終了
-cmd.exit.accesskey = X
+cmd.except.params = [<nickname>]
+cmd.except.help   = チャンネルの立ち入り禁止リストから <nickname> に指定したユーザまたはホストマスクを例外にします。ニックネームやマスクの指定がない場合は、現行の例外リストを表示します。
+
+cmd.exit.label  = ChatZilla を終了
+#cmd.exit.accesskey = X
 cmd.exit.params = [<reason>]
 cmd.exit.help   = すべてのアクティブなサーバおよびネットワークから切断して、理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合には既定の理由を提示します。切断後に ChatZilla を終了します。
 
 cmd.exit-mozilla.label = 終了
-cmd.exit-mozilla.accesskey = X
+#cmd.exit-mozilla.accesskey = X
 cmd.exit-mozilla.help  = &brandShortName; を終了します。
 
 cmd.faq.label   = ChatZilla FAQ
+#cmd.faq.accesskey = Q
 
 cmd.find.label  = 検索...
-cmd.find.accesskey = F
+#cmd.find.accesskey = F
 cmd.find.key    = accel F
 cmd.find.params = [<rest>]
 cmd.find.help   = 現在のビュー内のテキストを検索します。
 
 cmd.find-again.label  = 次を検索
-cmd.find-again.accesskey = G
+#cmd.find-again.accesskey = G
 cmd.find-again.key    = accel G
 cmd.find-again.params =
 cmd.find-again.help   = 前回検索した文字列の次の該当を検索します。
 
 cmd.focus-input.key  = VK_ESCAPE
 cmd.focus-input.help = キーボードのカーソルを入力ボックスに移動させます。
 
 cmd.font-family.params = [<font>]
-cmd.font-family.help   = 現在のビューに使用されているフォント ファミリーを設定または表示します。<font> を省略すると、現在のフォント ファミリーを表示します。値 |default| は既定のフォント ファミリーを使用し、|serif|, |sans-serif|, |monospace| は [設定] ダイアログのフォント設定を使用します。フォント名を直接指定することもできます。
+cmd.font-family.help   = 現在のビューに使用されているフォントを設定または表示します。<font> を省略すると、現在のフォントを表示します。値 |default| は既定のフォントを使用し、|serif|, |sans-serif|, |monospace| は [設定] ダイアログのフォント設定を使用します。フォント名を直接指定することもできます。
 
 cmd.font-family-default.label    = 既定のフォント
-cmd.font-family-default.accesskey= F
-cmd.font-family-serif.label      = セリフ
-cmd.font-family-serif.accesskey  = R
-cmd.font-family-sans-serif.label = サンセリフ
-cmd.font-family-sans-serif.accesskey = A
-cmd.font-family-monospace.label  = モノスペース
-cmd.font-family-monospace.accesskey = N
+#cmd.font-family-default.accesskey= F
+cmd.font-family-serif.label      = 明朝体 (Serif)
+#cmd.font-family-serif.accesskey  = R
+cmd.font-family-sans-serif.label = ゴシック体 (Sans-serif)
+#cmd.font-family-sans-serif.accesskey = A
+cmd.font-family-monospace.label  = 等幅 (Monospace)
+#cmd.font-family-monospace.accesskey = N
 
 cmd.font-family-other.format     = その他 ($fontFamily)...
 cmd.font-family-other.label      = その他...
-cmd.font-family-other.accesskey  = T
-cmd.font-family-other.help       = フォント ファミリー名を入力します。
+#cmd.font-family-other.accesskey  = T
+cmd.font-family-other.help       = 使用するフォント名を指定します。
 
 cmd.font-size.params = [<font-size>]
-cmd.font-size.help   = 現在のビューに使用されているフォント サイズを設定または表示します。<font-size> を省略すると、現在のフォント サイズを表示します。サイズの値はポイント (pt) で指定します。値 |default| は既定のフォント サイズを使用し、|bigger| と |smaller| は現在のサイズよりも一定量だけ大きく/小さくします。
+cmd.font-size.help   = 現在のビューに使用されているフォントサイズを設定または表示します。<font-size> を省略すると現在のフォントサイズを表示します。サイズの単位はポイント (pt) です。値 |default| は既定のフォントサイズを使用し、|bigger| と |smaller| は現在のサイズよりも一定量だけ大きく/小さくします。
 
 cmd.font-size-bigger.label  = 文字を大きく
-cmd.font-size-bigger.accesskey = B
+#cmd.font-size-bigger.accesskey = B
 cmd.font-size-bigger.key    = accel +
 cmd.font-size-bigger2.key   = accel =
 cmd.font-size-smaller.label = 文字を小さく
-cmd.font-size-smaller.accesskey = S
+#cmd.font-size-smaller.accesskey = S
 cmd.font-size-smaller.key   = accel -
 
 cmd.font-size-default.label = 既定のサイズ
-cmd.font-size-default.accesskey = Z
+#cmd.font-size-default.accesskey = Z
 cmd.font-size-small.label   = 小さめ
-cmd.font-size-small.accesskey = L
+#cmd.font-size-small.accesskey = L
 cmd.font-size-medium.label  = 既定値
-cmd.font-size-medium.accesskey = M
+#cmd.font-size-medium.accesskey = M
 cmd.font-size-large.label   = 大きめ
-cmd.font-size-large.accesskey = G
+#cmd.font-size-large.accesskey = G
 
 cmd.font-size-other.format  = その他 ($fontSize pt)...
 cmd.font-size-other.label   = その他...
-cmd.font-size-other.accesskey = O
-cmd.font-size-other.help    = フォント サイズを入力します。
+#cmd.font-size-other.accesskey = O
+cmd.font-size-other.help    = 使用するフォントサイズを指定します。
 
 cmd.goto-url.label  = リンクを開く
+#cmd.goto-url.accesskey = O
+cmd.goto-url.format = $label
 cmd.goto-url.params = <url> [<anchor>]
-cmd.goto-url.help   = <url> に指定された URL に移動します。もし <url> が irc: の URL ではない場合には、最新のブラウザ ウィンドウに開かれます。<url> が URL の別名のときには、オプションの <anchor> を使って URL 内に名前付きアンカーを指定することができます。
+cmd.goto-url.help   = <url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-newwin.label  = リンクを新しいウィンドウで開く
+#cmd.goto-url-newwin.accesskey = W
 cmd.goto-url-newwin.params = <url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-newwin.help   = <url> に指定された URL に移動します。もし <url> が irc: の URL ではない場合には、新しいブラウザ ウィンドウに開かれます。<url> が URL の別名のときには、オプションの <anchor> を使って URL 内に名前付きアンカーを指定することができます。
+cmd.goto-url-newwin.help   = <url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-newtab.label  = リンクを新しいタブで開く
+#cmd.goto-url-newtab.accesskey = T
 cmd.goto-url-newtab.params = <url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-newtab.help   = <url> に指定された URL に移動します。もし <url> が irc: の URL ではない場合には、最新のブラウザ ウィンドウ内の新しいタブに開かれます。<url> が URL の別名のときには、オプションの <anchor> を使って URL 内に名前付きアンカーを指定することができます。
+cmd.goto-url-newtab.help   = <url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウ内の新しいタブに開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-external.label  = リンクを既定のブラウザで開く
+#cmd.goto-url-external.accesskey = B
 cmd.goto-url-external.params = <url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-external.help   = <url> に指定された URL に移動します。もし <url> が irc: の URL ではない場合には、既定として設定されているブラウザで開かれます。<url> が URL の別名のときには、オプションの <anchor> を使って URL 内に名前付きアンカーを指定することができます。
+cmd.goto-url-external.help   = <url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、システムの既定に設定されているブラウザで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
-cmd.header.help = ヘッダーバーを表示/非表示します。
+cmd.header.help = ヘッダバーの表示と非表示を切り替えます。
 
 cmd.help.params = [<pattern>]
-cmd.help.help   = パターン <pattern> と合致するすべてのコマンドのヘルプを表示します。もし <pattern> がなければ、すべてのコマンドのヘルプを表示します。
+cmd.help.help   = パターン <pattern> と合致するすべてのコマンドのヘルプを表示します。<pattern> の指定がない場合、すべてのコマンドのヘルプを表示します。
 
 cmd.hide-view.label  = タブを非表示
-cmd.hide-view.accesskey = H
+#cmd.hide-view.accesskey = H
 cmd.hide-view.params = [<view>]
-cmd.hide-view.help   = 現在のビューのタブ ストリップからアイコンを消去しますが、コンテンツは保存されます。このアイコンは、次回このビューに動きがあったときに再表示されます。
+cmd.hide-view.help   = 現在のビューのタブバーからアイコンを消去しますが、コンテンツは保存されます。このアイコンは、次回このビューに動きがあったときに再び表示されます。
 
 cmd.homepage.label = ChatZilla ホームページ
+#cmd.homepage.accesskey = Z
 
-cmd.hop.label  = ハーフ オペレータ権限を与える
+cmd.hop.label  = ハーフオペレータ権限を与える
 cmd.hop.params = <nickname> [<...>]
-cmd.hop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、ハーフ オペレータ権限を与えます。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.hop.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> にハーフオペレータ権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
+
+cmd.idle-away.help = 内部コマンドが使用します。アイドル状態のとき、自動的にステータスを "away" に設定します。
+cmd.idle-back.help = 内部コマンドが使用します。アイドル状態から復帰したとき、自動的にステータスを "back" に設定します。
 
 cmd.reconnect.format = $networkName に再接続
 cmd.reconnect.label  = 再接続
-cmd.reconnect.accesskey = R
+#cmd.reconnect.accesskey = R
 cmd.reconnect.params = [<reason>]
-cmd.reconnect.help   = 現在のビューのネットワークに再接続します。接続を切断するときに、理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合には既定の理由を提示します。
+cmd.reconnect.help   = 現在のビューのネットワークに再接続します。接続を切断するときに理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合は既定の理由を提示します。
 
 cmd.reconnect-all.label  = すべてのネットワークに再接続
-cmd.reconnect-all.accesskey = R
+#cmd.reconnect-all.accesskey = R
 cmd.reconnect-all.params = [<reason>]
-cmd.reconnect-all.help   = すべてのネットワークに再接続します。接続を切断するときに、理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合には既定の理由を提示します。
+cmd.reconnect-all.help   = すべてのネットワークに再接続します。接続を切断するときに理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合は既定の理由を提示します。
 
 cmd.toggle-ui.params = <thing>
-cmd.toggle-ui.help   = ユーザ インターフェイスの項目を表示/非表示します。<thing> は、tabstrip, userlist, header, status のうちの 1 つです。
+cmd.toggle-ui.help   = ユーザインターフェイスの項目を表示または非表示にします。<thing> には tabstrip, userlist, header, status のいずれか 1 つを指定します。
 
 cmd.userlist.label  = ユーザリスト
+#cmd.userlist.accesskey = U
 cmd.userlist.key    = accel shift L
 
-cmd.tabstrip.label  = タブ ストリップ
+cmd.tabstrip.label  = タブバー
+#cmd.tabstrip.accesskey = A
 cmd.tabstrip.key    = accel shift T
 
 cmd.statusbar.label = ステータスバー
+#cmd.statusbar.accesskey = S
 cmd.statusbar.key   = accel shift S
 
-cmd.header.label    = ヘッダー
+cmd.header.label    = ヘッダ
+#cmd.header.accesskey = H
 cmd.header.key      = accel shift H
 
 cmd.input-text-direction.params = <dir>
 cmd.input-text-direction.help   = 
 
 cmd.text-direction.params = <dir>
 cmd.text-direction.help   = 
 
 cmd.rtl.help  = テキストの記述方向を右から左に切り替えます。
 cmd.ltr.help  = テキストの記述方向を左から右に切り替えます。
 
 cmd.irtl.help = 入力エリアの方向を右から左に切り替えます。
 cmd.iltr.help = 入力エリアの方向を左から右に切り替えます。
 
 cmd.toggle-text-dir.label  = 記述方向を切り替え
-cmd.toggle-text-dir.accesskey = W
+#cmd.toggle-text-dir.accesskey = W
+#cmd.toggle-text-dir.accesskey = I
 cmd.toggle-text-dir.key    = accel shift X
 
 cmd.toggle-pref.params = <pref-name>
-cmd.toggle-pref.help   = 設定名 <pref-name> で指定されたブール式環境設定を切り替えます。
+cmd.toggle-pref.help   = 設定名 <pref-name> に指定した環境設定の真偽値を切り替えます。
 
 cmd.toggle-usort.label = ユーザをモードで並べ替え
+#cmd.toggle-usort.accesskey = M
 cmd.toggle-ccm.label   = 連続したメッセージを折りたたむ
-cmd.toggle-ccm.accesskey = N
+#cmd.toggle-ccm.accesskey = N
 cmd.toggle-copy.label  = 重要なメッセージをコピー
-cmd.toggle-copy.accesskey = I
+#cmd.toggle-copy.accesskey = I
 cmd.toggle-umode.label = モードを記号で表示
+#cmd.toggle-umode.accesskey = S
 cmd.toggle-timestamps.label = タイムスタンプを表示
-cmd.toggle-timestamps.accesskey = T
+#cmd.toggle-timestamps.accesskey = T
 
-cmd.unban.label  = Un-ban
-cmd.unban.format = $channelName から Un-ban
+cmd.unban.label  = 立ち入り禁止を解除 (Un-ban)
+cmd.unban.format = $channelName への立ち入り禁止を解除 (Un-ban)
 cmd.unban.params = <nickname>
-cmd.unban.help   = 1 人のユーザの立入り禁止を取り消すか、チャンネルの立入り禁止リストからそのマスクを削除します。
+cmd.unban.help   = <nickname> に指定した 1 人のユーザの立ち入り禁止を取り消すか、チャンネルの立ち入り禁止リストからそのマスクを削除します。
 
 cmd.unexcept.params = <nickname>
-cmd.unexcept.help   = チャンネルの立入り禁止の例外を削除します。
+cmd.unexcept.help   = チャンネルの立ち入り禁止の例外を削除します。
 
 cmd.user.params  = [<username> <description>]
-cmd.user.help    = あなたのユーザ名を <username> に、紹介文 (``本名'') を <description> に設定します。|name| および |desc| コマンドを使うのと同じです。新しいユーザ名と紹介文は、ネットワークに次回接続するときに使われます。パラメータなしにこのコマンドを実行すると、現在のユーザ名と紹介文が表示されます。
+cmd.user.help    = <username> にあなたのユーザ名、<description> に紹介文 (``本名'') を設定します。それぞれ、|name| および |desc| コマンドと同じです。新しいユーザ名と紹介文は、ネットワークに次回接続するときに使用されます。このコマンドをパラメータ無しで実行すると、現在のユーザ名と紹介文が表示されます。
 
-cmd.userlist.help = ユーザリストを表示/非表示します。
+cmd.userlist.help = ユーザリストの表示と非表示を切り替えます。
 
 cmd.ignore.params = [<mask>]
-cmd.ignore.help   = 現在のネットワーク用のあなたの無視リストに、その人を追加します。ニックネームには <mask> があてられますが、'hostmask' を使うこともできます。パラメータがなければ、現在無視しているユーザ全員のリストが表示されます。
+cmd.ignore.help   = 現在のネットワーク用のあなたの無視リストに、<mask> に指定したニックネームまたはホストマスクを追加します。<mask> の指定がない場合、現在無視しているユーザ全員のリストが表示されます。
+
+cmd.install-plugin.params = [<url> [<name>]]
+cmd.install-plugin.help   = ChatZilla プラグインをインストールします。
+cmd.install-plugin.label  = プラグインをインストール...
+#cmd.install-plugin.accesskey = I
 
 cmd.invite.params = <nickname> [<channel-name>]
-cmd.invite.help   = ニックネーム <nickname> をチャンネル <channel-name> (指定されていなければ現在のチャンネル) に招待します。もし +i が設定されている場合はオペレータ権限が必要です。
+cmd.invite.help   = ニックネーム <nickname> をチャンネル <channel-name> (省略した場合は現在のチャンネル) に招待します。+i が設定されている場合はオペレータ権限が必要です。
 
 cmd.j.params = <channel-name> [<key>]
 cmd.j.help   = このコマンドは /join の別名です。
 
 cmd.join.label  = チャンネルに参加...
-cmd.join.accesskey = J
+#cmd.join.accesskey = J
 cmd.join.key    = accel J
 cmd.join.params = [<channel-name> [<key>]]
-cmd.join.help   = チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が # はグローバル、& はローカル、+ はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。もしキー <key> が設定されていれば送信します。
+cmd.join.help   = チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が '#' の場合はグローバル、'&' の場合はローカル、'+' の場合はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。キー <key> が設定されていれば送信します。
 
 cmd.join-charset.params = [<channel-name> <charset> [<key>]]
-cmd.join-charset.help   = チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が # はグローバル、& はローカル、+ はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。メッセージは指定された文字セット <charset> でエンコードおよびデコードされます。<charset> パラメータは、/charset コマンドで選択される既定の文字エンコーディングとは無関係です。もしキー <key> が設定されていれば送信します。
+cmd.join-charset.help   = チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が '#' の場合はグローバル、'&' の場合はローカル、'+' の場合はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。メッセージは <charset> に指定された文字エンコーディングでエンコードおよびデコードされます。<charset> パラメータは、/charset コマンドで選択される既定の文字エンコーディングとは無関係です。キー <key> が設定されていれば送信します。
 
-cmd.kick.format = $channelName から Kick
-cmd.kick.label  = Kick
+cmd.jump-to-anchor.params = <anchor> [<channel-name>]
+cmd.jump-to-anchor.help   =
+
+cmd.kick.format = $channelName から追い出す (Kick)
+cmd.kick.label  = 追い出す (Kick)
 cmd.kick.params = <nickname> [<reason>]
-cmd.kick.help   = 現在のチャンネルからニックネーム <nickname> を追い出します。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.kick.help   = 現在のチャンネルからニックネーム <nickname> を追い出します。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
 
-cmd.kick-ban.format = $channelName から Kickban
-cmd.kick-ban.label  = Kickban
+cmd.kick-ban.format = $channelName から追放 (Kickban)
+cmd.kick-ban.label  = 追放する (Kickban)
 cmd.kick-ban.params = <nickname> [<reason>]
-cmd.kick-ban.help   = 現在のチャンネルから *!username@hostmask を追い出し、立入り禁止にします。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.kick-ban.help   = 現在のチャンネルから *!username@hostmask を追い出し、立ち入り禁止にします。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
 
 cmd.knock.params = <channel-name> [<reason>]
 cmd.knock.help   = <channel-name> で指定したチャンネルに、理由 <reason> を添えて招待するよう依頼します。このコマンドは、すべてのサーバがサポートしているわけではありません。
 
-cmd.label-user.format = ≪$nickname≫
+cmd.label-user.format = ≪ $nickname ≫
 cmd.label-user.label  = <不明>
 cmd.label-user.params = <指定なし>
 cmd.label-user.help   = 
 
+cmd.label-user-multi.format = ≪ ユーザ数: $userCount ≫
+cmd.label-user-multi.label  = <不明>
+cmd.label-user-multi.params = <指定なし>
+cmd.label-user-multi.help   =
+
 cmd.leave.format = $channelName から退出
 cmd.leave.label  = 退出する
-cmd.leave.accesskey = L
+#cmd.leave.accesskey = L
 cmd.leave.params = [<channel-name> [<reason>]]
-cmd.leave.help   = 現在のチャンネルから退出します。/delete を使うとそのビューを削除してコンテンツも失われます。/hide を使うと一時的に非表示にしてコンテンツは残ります。多くのサーバは、オプション パラメータ <reason> をサポートしていません。タブを削除するのかどうかは、環境設定によります。このコマンドをスクリプトからディスパッチしているときには、<delete-when-done> パラメータで上書きできます。
+cmd.leave.help   = 現在のチャンネルから退出します。/delete を使用するとそのビューが削除されてコンテンツも失われます。/hide を使用すると一時的に非表示になりますがコンテンツは残ります。多くのサーバは、オプションパラメータ <reason> をサポートしていません。タブを削除するかどうかは環境設定によります。このコマンドをスクリプトからディスパッチしているときには、<delete-when-done> パラメータで上書きできます。
 
-cmd.links.help   =  [リンク集] を現在のサーバに表示します。これは、あなたが接続しているサーバと直接接続することができる、ネットワーク内の別のサーバのリストです。
+cmd.links.help   =  現在のサーバへの [リンク集] を表示します。これは、あなたが接続しているサーバと直接接続することができる、ネットワーク内の別のサーバのリストです。
 
 cmd.list.params = [<channel-name>]
-cmd.list.help   = あなたが接続しているネットワーク/サーバのチャンネル名、ユーザ数、トピック情報をリスト表示します。もしオプションのチャンネル引数を省略すると、すべてのチャンネルがリスト表示されます。大きなネットワーク上では、完全なリストを要求するとサーバが接続を切断することがあります。
+cmd.list.help   = あなたが接続しているネットワーク/サーバのチャンネル名、ユーザ数、トピック情報をリスト表示します。<channel-name> を省略すると、すべてのチャンネルがリスト表示されます。大きなネットワーク上では、完全なリストを要求するとサーバが接続を切断することがあります。
 
 cmd.list-plugins.params = [<plugin>]
-cmd.list-plugins.help   = もしプラグイン <plugin> が指定されなければ、このコマンドはすべての読み込み済みプラグインの情報をリスト表示します。<plugin> が指定されれば、その情報だけが表示されます。コンソールから使用する場合には、<plugin> に Plugin ID または Index を指定します。
+cmd.list-plugins.help   = プラグイン <plugin> の指定がない場合、すべての読み込み済みプラグインの情報をリスト表示します。<plugin> が指定されれば、その情報だけが表示されます。コンソールから使用する場合には、<plugin> に Plugin ID または Index を指定します。
 
 cmd.load.params = <url>
 cmd.load.help   = <url> で指定された URL のコンテンツを実行します。|initialScripts| 設定にも情報があります。
 
 cmd.reload-plugin.params = <plugin>
-cmd.reload-plugin.help   = 前回プラグインを読み込んだのと同じ URL から、プラグインを再読み込みします。この機能は、プラグインの現在のバージョンが無効化できた場合にのみ動作します。
+cmd.reload-plugin.help   = 前回読み込んだプラグインと同じ URL から、プラグインを再読み込みします。この機能は、現在読み込まれているバージョンのプラグインが無効化できた場合にのみ動作します。
 
 cmd.log.params = [<state>]
-cmd.log.help   = 現在のチャンネルのログ収集をオン/オフします。もし <state> の値が |true|, |on|, |yes|, |1| の場合は、ログ収集はオンになります。値が |false|, |off|, |no|, |0| の場合にはオフになります。<state> を省略すると現在のログ収集の状態が表示されます。状態は設定に保存されるので、オンの状態で ChatZilla を終了したときには、次回このチャンネルに参加するとログ収集が再開されます。
+cmd.log.help   = 現在のチャンネルのログ収集をオンまたはオフにします。<state> の値に |true|, |on|, |yes|, |1| を指定した場合はログ収集がオンになります。値に |false|, |off|, |no|, |0| を指定した場合はオフになります。<state> を省略すると現在のログ収集の状態が表示されます。状態は設定に保存されるので、オンの状態で ChatZilla を終了したときには、次回このチャンネルに参加するとログ収集が再開されます。
 
 cmd.rlist.params = <regexp>
-cmd.rlist.help   = あなたが接続しているネットワーク/サーバのチャンネル名、ユーザ数、トピック情報を、正規表現で振り分けてリスト表示します。
+cmd.rlist.help   = あなたが接続しているネットワーク/サーバのチャンネル名、ユーザ数、トピック情報を、正規表現で絞り込んでリスト表示します。
 
-cmd.reload-ui.help = ChatZilla XUL ファイルを再読み込みします。開発中に使用されました。
+cmd.reload-ui.help = ChatZilla XUL ファイルを再読み込みします。ChatZilla の開発中に使用されるコマンドです。
 
-cmd.map.help = /links とほぼ同じですが、IRC ネットワークのグラフィカルな "Network Map" を表示します。おもにルーティング目的で使用されました。
+cmd.map.help = /links とほぼ同じですが、IRC ネットワークのグラフィカルな "Network Map" を表示します。主にルーティング目的で使用されます。
 
 cmd.match-users.params = <mask>
-cmd.match-users.help   = Hostmask が <mask> と合致するすべてのユーザのリストを表示します。
+cmd.match-users.help   = <mask> に指定したホストマスクと合致するすべてのユーザのリストを表示します。
 
 cmd.me.params = <action>
-cmd.me.help   = 現在のチャンネルに、第三者の発言としてテキスト <action> を送信します。お試しください!
+cmd.me.help   = 現在のチャンネルに第三者の発言としてテキスト <action> を送信します。お試しください!
 
 cmd.motd.help   = ""MOTD (Message of the Day)" を表示します。これにはネットワークや現在のサーバに関する情報、利用規約などが記されています。
 
 cmd.mode.params = [<target>] [<modestr> [<param> [<...>]]]
-cmd.mode.help   = <target> のチャンネルまたはユーザ モードを、<modestr> (<param> があれば追加) を使って変更します。チャンネル ビューから使うときには <target> を省略できます。使用できるモードは http://irchelp.org を参照してください。
+cmd.mode.help   = <target> のチャンネルまたはユーザモードを <modestr> (<param> があれば追加) に変更します。チャンネルビューから使用する場合は <target> を省略できます。使用できるモードは http://irchelp.org を参照してください。
 
 cmd.motif.params = [<motif>]
-cmd.motif.help   = メッセージ タブに使用する標準の CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "default", "light", "dark" のショートカットが使用できます。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|network-motif|, |channel-motif|, |user-motif| にも情報があります。
+cmd.motif.help   = メッセージタブに使用する標準の CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|network-motif|, |channel-motif|, |user-motif| にも情報があります。
 
-cmd.motif-default.label = 標準のモチーフ
-cmd.motif-default.accesskey = D
 cmd.motif-dark.label = 暗いモチーフ
-cmd.motif-dark.accesskey = K
+#cmd.motif-dark.accesskey = K
 cmd.motif-light.label = 明るいモチーフ
-cmd.motif-light.accesskey = L
+#cmd.motif-light.accesskey = L
 
 cmd.msg.params = <nickname> <message>
-cmd.msg.help   = プライベート メッセージ <message> をニックネーム <nickname> に送信します。
+cmd.msg.help   = プライベートメッセージ <message> をニックネーム <nickname> に送信します。
 
 cmd.name.params = [<username>]
 cmd.name.help   = あなたが接続中のサーバが許可すれば、あなたの 'hostmask' の前に表示されるユーザ名を変更します。サーバによっては、身元認証機関からのユーザ名応答しか信頼しません。この指定は、ネットワークに接続する *前に* 行う必要があります。もし <username> を省略すると、現在のユーザ名が表示されます。
 
 cmd.names.params = [<channel-name>]
 cmd.names.help   = チャンネル内のユーザをリスト表示します。
 
 cmd.network.params = <network-name>
 cmd.network.help   = 現在のネットワーク名を <network-name> に設定します。
 
-cmd.networks.help   = すべての利用可能なネットワークを、クリッカブル リンクとしてリスト表示します。
+cmd.networks.help   = すべての利用可能なネットワークを、クリック可能なリンクとしてリスト表示します。
 
 cmd.network-motif.params = [<motif> [<network>]]
-cmd.network-motif.help   = ネットワーク <network> のメッセージ タブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "default", "light", "dark" のショートカットが使用できます。もし <motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、グローバルのモチーフに戻ります。<network> がない場合には、現在のネットワークに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
+cmd.network-motif.help   = ネットワーク <network> のメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。もし <motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、グローバルのモチーフに戻ります。<network> がない場合には、現在のネットワークに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
 
 cmd.network-pref.params = [<pref-name> [<pref-value>]]
-cmd.network-pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定の値を、ネットワーク <network> 上の設定値 <pref-value> に適用します。もし <pref-value> がない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方が省略されているときには、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> がマイナス記号 ('-') の場合は、環境設定はその既定値に戻ります。
+cmd.network-pref.help    = <pref-name> に指定した環境設定の値を、ネットワーク <network> 上の設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> の指定ががない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値を既定値に戻します。
 
-cmd.nick.label  = ニックネームの変更...
+cmd.nick.label  = ニックネームを変更...
+#cmd.nick.accesskey = R
 cmd.nick.params = [<nickname>]
-cmd.nick.help   = あなたのニックネームを変更します。|nickname| を省略すると、入力ダイアログが表示されます。
+cmd.nick.help   = あなたのニックネームを指定した <nickname> に変更します。|nickname| を省略すると、入力ダイアログが表示されます。
 
 cmd.notify.params = [<nickname> [<...>]]
-cmd.notify.help   = ニックネーム パラメータ <nickname> がない場合、/notify はあなたの通知リストにあるすべてのユーザのオンライン/オフライン状態を表示します。もし 1 つまたは複数の <nickname> があれば、あなたの通知リストにないニックネームは追加され、すでにリストにあるものは削除されます。
+cmd.notify.help   = ニックネーム <nickname> の指定がない場合、/notify はあなたの通知リストにあるすべてのユーザのオンライン状態を表示します。1 つまたは複数の <nickname> を指定した場合は、あなたの通知リストにないニックネームは追加され、すでにリストにあるものは削除されます。
 
 cmd.notice.params = <nickname> <message>
 cmd.notice.help   = 通知 <message> を <nickname> に送信します。
 
 cmd.op.label  = オペレータ権限を与える
 cmd.op.params = <nickname> [<...>]
-cmd.op.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、オペレータ権限を与えます。この作業にはオペレータ権限が必要です。
+cmd.op.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、オペレータ権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。
 
 cmd.open-at-startup.params = [<toggle>]
-cmd.open-at-startup.help   = 現在のビューを、起動時に自動的に開かれるビューのリストに追加します。もし <toggle> が指定されなければ、現在のビューの状態が表示されます。現在の状態を切り替えるための <toggle> の値は、yes, on, true, 1, no, off, false, 0, toggle のいずれかです。
+cmd.open-at-startup.help   = 現在のビューを起動時に自動的に開くビューのリストに追加します。<toggle> を省略すると、現在のビューの状態を表示します。現在の状態を切り替える <toggle> の値には、yes, on, true, 1, no, off, false, 0, toggle のいずれかを使用できます。
 
 cmd.oper.params = <opername> [<password>]
-cmd.oper.help   = 現在のサーバから IRC オペレータ権限を要求します。もし <password> がなければ、入力するよう求められます。このテキスト フィールドはマスクされているので、ほかの人が入力文字を見ることはできません。
+cmd.oper.help   = 現在のサーバから IRC オペレータ権限を要求します。もし <password> がなければ、入力するよう求められます。このテキストフィールドはマスクされているので、他の人が入力文字を見ることはできません。
 
 cmd.print.label  = 印刷...
-cmd.print.accesskey = P
+#cmd.print.accesskey = P
 cmd.print.key    = accel P
 cmd.print.params = 
 cmd.print.help   = 現在のビューを印刷するためのダイアログを開きます。
 
 cmd.save.label = 名前を付けてビューを保存...
-cmd.save.accesskey = A
+#cmd.save.accesskey = A
 cmd.save.key = accel S
 cmd.save.params = [<filename> [<savetype>]]
-cmd.save.help = 現在のビューに名前 <filename> を付けて保存します。<filename> がなければ [名前を付けて保存] ダイアログが表示されます。ファイルの種類 <savetype> には |complete|, |htmlonly|, |text| が選択できます。これを省略すると、ファイルの拡張子から推測されます。拡張子が .html, .xhtml, .xhtm, .htm のファイルは完全なビューとして保存され、.txt のファイルは標準テキストになります。そのほかの拡張子のファイルは、<savetype> がなければエラーになります。
+cmd.save.help = 現在のビューを <filename> に指定した名前で保存します。<filename> を省略すると [名前を付けて保存] ダイアログが表示されます。ファイルの種類 <savetype> には |complete|, |htmlonly|, |text| が選択できます。これを省略すると、ファイルの拡張子から推測されます。拡張子が .html, .xhtml, .xhtm, .htm のファイルは完全なビューとして保存され、.txt のファイルは標準テキストになります。その他の拡張子の場合は <savetype> を指定しないとエラーになります。
 
 cmd.say.params = <message>
-cmd.say.help   = 現在のビューにメッセージを送信します。入力されたテキストが "/" で始まっていないとき、ChatZilla は自動的にこのコマンドを実行します。
+cmd.say.help   = 現在のビューにメッセージ <message> を送信します。入力されたテキストが "/" で始まっていないとき、ChatZilla は自動的にこのコマンドを実行します。
 
 cmd.stats.params = [<params>]
-cmd.stats.help = サーバ統計 (Server Statistic) を要求します。このコマンドをパラメータなしに実行すると、そのサーバでこのコマンドとともに使用できるパラメータのリストが表示されます。
+cmd.stats.help = サーバ統計 (Server Statistic) を要求します。このコマンドをパラメータなしに実行すると、サーバで設定された、このコマンドに使用できるパラメータのリストが表示されます。
 
 cmd.time.params = [<nickname>]
-cmd.time.help   = <nickname> のコンピュータに、時計の時刻を問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla はしていません。<nickname> がなければ、ChatZilla はサーバに時計の時刻を問い合わせます。
+cmd.time.help   = <nickname> のコンピュータに時計の時刻を問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示しません。<nickname> の指定が無い場合、ChatZilla はサーバに時計の時刻を問い合わせます。
 cmd.time.label  = 時計の時刻を取得
+#cmd.time.accesskey = T
 
 cmd.timestamps.params = [<toggle>]
-cmd.timestamps.help   = 現在のビューのタイムスタンプを表示/非表示します。もし <toggle> が指定されていて、値が |true|, |on|, |yes|, |1| ならタイムスタンプが表示されます。値が |false|, |off|, |no|, |0| ならタイムスタンプは非表示になり、|toggle| で表示/非表示が切り替わります。<toggle> がなければ現在の状態を表示します。
+cmd.timestamps.help   = 現在のビューのタイムスタンプを表示または非表示にします。<toggle> の値に |true|, |on|, |yes|, |1| のいずれかを指定するとタイムスタンプが表示されます。値に |false|, |off|, |no|, |0| のいずれかを指定するとタイムスタンプが非表示になります。値に |toggle| を指定すると表示と非表示を切り替えます。<toggle> の指定が無い場合、現在の状態を表示します。
 
 cmd.toggle-oas.format = この $viewType を起動時に開く
 cmd.toggle-oas.label  = 起動時に開く
-cmd.toggle-oas.accesskey = S
+#cmd.toggle-oas.accesskey = S
 
 cmd.pass.params = <password>
 cmd.pass.help   = パスワードで保護されたサーバに接続するとき、そのサーバにパスワードを送信します。
 
 cmd.ping.params = <nickname>
-cmd.ping.help   = Ping は、ソナー (音波探知機) で距離を測る技術から命名されました。IRC では、だれかにメッセージを送信してから応答を受信するまでの時間を測定します。チャンネルを指定すると、チャンネル上のすべての人に Ping することと同じです。IRC クライアントによっては Ping の要求を相手に表示しますが、ChatZilla は表示していません。
+cmd.ping.help   = Ping は、ソナー (音波探知機) で距離を測る技術から命名されました。IRC では、誰かにメッセージを送信してから応答を受信するまでの時間を計測します。チャンネルを指定すると、チャンネル上の全員に Ping を打ちます。IRC クライアントによっては Ping の要求を相手に表示しますが、ChatZilla は表示しません。
 cmd.ping.label  = ユーザに Ping
+#cmd.ping.accesskey = P
 
 cmd.plugin-pref.params = <plugin> [<pref-name> [<pref-value>]]
-cmd.plugin-pref.help = <pref-name> という名前のプラグインの環境設定の値に、<pref-value> を適用します。もし <pref-value> がない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方が省略されているときには、<plugin> のすべての環境設定が表示されます。<pref-value> がマイナス記号 ('-') の場合は、環境設定はその既定値に戻ります。
+cmd.plugin-pref.help = <pref-name> に指定したプラグインの環境設定の値に <pref-value> を適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、<plugin> のすべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値を既定値に戻します。
 
 cmd.pref.params  = [<pref-name> [<pref-value>]]
-cmd.pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定の値に、<pref-value> を適用します。もし <pref-value> がない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方が省略されているときには、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> がマイナス記号 ('-') の場合は、環境設定はその既定値に戻ります。
+cmd.pref.help    = <pref-name> に指定した環境設定の値に <pref-value> を適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値を既定値に戻します。
 
-cmd.query.label  = プライベート チャットを開く
+cmd.query.label  = プライベートチャットを開く
+#cmd.query.accesskey = O
 cmd.query.params = <nickname> [<message>]
-cmd.query.help   = ニックネーム <nickname> との 1 対 1 のチャットを開きます。もしメッセージ <message> があれば、<nickname> への最初のプライベート メッセージとして送信されます。
+cmd.query.help   = ニックネーム <nickname> との 1 対 1 のチャットを開きます。メッセージ <message> を指定した場合、<nickname> への最初のプライベートメッセージとして送信されます。
 
-cmd.quit.label  = ChatZilla の終了
-cmd.quit.accesskey = Q
+cmd.quit.label  = ChatZilla を終了
+#cmd.quit.accesskey = Q
 cmd.quit.params = [<reason>]
 cmd.quit.help   = ChatZilla を終了します。
 
 cmd.quit-mozilla.label  = 終了
-cmd.quit-mozilla.accesskey = Q
+#cmd.quit-mozilla.accesskey = Q
 cmd.quit-mozilla.help   = &brandShortName; を終了します。
 
 cmd.quote.params = <irc-command>
-cmd.quote.help   = IRC サーバに生のコマンドを送信しますが、なにをしているのか分からない場合はお勧めしません。詳細情報は IRC RFC1459 <http://www.irchelp.org/irchelp/rfc1459.html> を参照してください。
+cmd.quote.help   = IRC サーバに生のコマンドを送信しますが、何をしているのか分からない場合はお勧めしません。詳細情報は IRC RFC1459 <http://www.irchelp.org/irchelp/rfc1459.html> を参照してください。
 
 cmd.rejoin.params = [<reason>]
-cmd.rejoin.help   = 現在のビューに表示されているチャンネルに再参加します。チャンネル ビューからしか動作しません。
+cmd.rejoin.help   = 現在のビューに表示されているチャンネルに再参加します。チャンネルビューからしか動作しません。
 cmd.rejoin.format = $channelName に再参加
 cmd.rejoin.label  = 再参加
 
 cmd.server.params = <hostname> [<port> [<password>]]
-cmd.server.help   = ホスト名 <hostname> のサーバにポート番号 <port> (指定されていなければ 6667) で接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。もしすでに接続していれば、<hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されているときには作成し直します。
+cmd.server.help   = <hostname> に指定したホスト名のサーバのポート番号 <port> (省略した場合は 6667) に接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。すでに接続している場合は <hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されている場合は作成し直します。
 
 cmd.set-current-view.params = <view>
 cmd.set-current-view.help   = 
 
 cmd.sslserver.params = <hostname> [<port> [<password>]]
-cmd.sslserver.help   = ホスト名 <hostname> のサーバにポート番号 <port> (指定されていなければ 9999) で SSL 接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。もしすでに接続していれば、<hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されているときには作成し直します。
+cmd.sslserver.help   = <hostname> に指定したホスト名のサーバのポート番号 <port> (省略した場合は 9999) に SSL 接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。すでに接続している場合は <hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されている場合は作成し直します。
+
+cmd.ssl-exception.params = [<hostname> <port> [<connect>]]
+cmd.ssl-exception.help = <hostname> の SSL 証明書を例外に追加するダイアログを開きます。<connect> が true の場合、<hostname> への接続が例外に追加された後で初期化されます。
 
 cmd.squery.params = <service> [<commands>]
 cmd.squery.help   = コマンド <commands> をサービス <service> に送信します。
 
 cmd.stalk.params = [<text>]
-cmd.stalk.help   = 警告を表示したい単語のリストに <text> を追加します。<text> に合致するニックネームの人が発言したとき、またはだれかが <text> を含むフレーズを発言したときに、ChatZilla はウィンドウをアクティブにし (OS によります)、タスクバーのアイコンを点滅させます (OS によります)。<text> がない場合は、追跡単語のリストが表示されます。
+cmd.stalk.help   = 警告を表示したい単語のリストに <text> を追加します。<text> に合致するニックネームの人が発言したとき、または誰かが <text> を含むフレーズを発言したときに、ChatZilla はウィンドウをアクティブにし (OS によります)、タスクバーのアイコンを点滅させます (OS によります)。<text> の指定がない場合は、追跡単語のリストが表示されます。
 
 cmd.status.help = 現在のビューの状態に関する情報を表示します。
 
-cmd.statusbar.help = ステータスバーを表示/非表示します。
+cmd.statusbar.help = ステータスバーの表示と非表示を切り替えます。
 
 cmd.supports.help = 現在のサーバの能力を、005 numeric の返り値でリスト表示します。
 
 cmd.testdisplay.help = サンプルのテキストを表示します。スタイルのプレビューに使用します。
 
 cmd.topic.params = [<new-topic>]
-cmd.topic.help   = あなたがチャンネル オペレータ (chanop) のとき、またはチャンネルが 'private topic' モード (+t) ではないときに新しいトピック <new-topic> を指定すると、トピックは <new-topic> に変更されます。もし <new-topic> が指定されて *いない* 場合は、現在のトピックが表示されます。
+cmd.topic.help   = あなたがチャンネルオペレータ (chanop) のとき、またはチャンネルが 'private topic' モード (+t) ではないときに新しいトピック <new-topic> を指定すると、トピックは <new-topic> に変更されます。<new-topic> が指定されて *いない* 場合は、現在のトピックが表示されます。
 
-cmd.tabstrip.help = チャンネル タブ ストリップを表示/非表示します。
+cmd.tabstrip.help = チャンネルのタブバーの表示と非表示を切り替えます。
+
+cmd.unalias.params = <alias-name>
+cmd.unalias.help   = 別名を削除します。
 
 cmd.unignore.params = <mask>
-cmd.unignore.help   = 現在のネットワーク用のあなたの無視リストから、その人を削除します。ニックネームには <mask> があてられますが、'hostmask' を使うこともできます。
+cmd.unignore.help   = 現在のネットワーク用のあなたの無視リストから、<mask> に指定したニックネームまたはホストマスクを削除します。
 
 cmd.unstalk.params = <text>
 cmd.unstalk.help   = あなたが警告を表示したい単語のリストから <text> を削除します。
 
 cmd.urls.params = [<number>]
-cmd.urls.help   = ChatZilla によって表示された URL のいくつかを表示します。既定値は 10 件ですが、<number> で表示数を指定できます。
+cmd.urls.help   = ChatZilla に最近表示された URL を <number> に指定した件数だけ表示します。<number> を省略した場合の既定値は 10 件です。
 
 cmd.userhost.params = <nickname> [<...>]
 cmd.userhost.help   = すべての <nickname> の hostmask の取得を要求します。
 
 cmd.userip.params = <nickname> [<...>]
 cmd.userip.help   = すべての <nickname> の IP アドレスの取得を要求します。
 
 cmd.disable-plugin.params = <plugin>
-cmd.disable-plugin.help   = このコマンドはプラグインの disablePlugin 関数を呼び出します (もし存在すれば)。プラグインがそれ自体を正しく無効化することは保証されません。
+cmd.disable-plugin.help   = このコマンドはプラグインの disablePlugin 関数を呼び出します (もし存在すれば)。プラグインが自身を正しく無効化することは保証されません。
 
 cmd.usermode.params = [<new-mode>]
-cmd.usermode.help   = 現在のユーザモードを変更または表示します。
+cmd.usermode.help   = 現在のユーザモードを <new-mode> に変更または表示します。
 
 cmd.user-motif.params = [<motif> [<user>]]
-cmd.user-motif.help   = <user> で指定したユーザのメッセージ タブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "default", "light", "dark" のショートカットが使用できます。もし <motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<user> がない場合には、現在のユーザに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
+cmd.user-motif.help   = <user> で指定したユーザのメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。<motif> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<user> を省略した場合は、現在のユーザに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
 
 cmd.user-pref.params = [<pref-name> [<pref-value>]]
-cmd.user-pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定の値を、ユーザ <user> の設定値 <pref-value> に適用します。もし <pref-value> がない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方が省略されているときには、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> がマイナス記号 ('-') の場合は、環境設定はその既定値に戻ります。
+cmd.user-pref.help    = <pref-name> に指定した環境設定の値をユーザ <user> の設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定を既定値に戻します。
 
-cmd.version.label  = バージョン情報を入手
+cmd.version.label  = バージョン情報を取得
+#cmd.version.accesskey = V
 cmd.version.params = [<nickname>]
-cmd.version.help   = どの IRC クライアントを使っているのか、ニックネーム <nickname>  に問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示していません。<nickname> がなければ、ChatZilla はサーバに使用中の IRC サーバ ソフトウェアのバージョンを問い合わせます。
+cmd.version.help   = 使用している IRC クライアントをニックネーム <nickname> に問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示しません。<nickname> を指定しない場合、ChatZilla はサーバが使用中の IRC サーバソフトウェアのバージョンを問い合わせます。
 
 cmd.voice.label  = 発言権限を与える
 cmd.voice.params = <nickname> [<...>]
-cmd.voice.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、発言権限を与えます。この作業にはオペレータ権限 (またはハーフ オペレータ権限) が必要です。
+cmd.voice.help   = 現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、発言権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限 (またはハーフオペレータ権限) が必要です。
 
 cmd.who.params = <rest>
-cmd.who.help   = パターン <rest> に合致する名前、ホスト、または紹介文情報を持っているユーザをリスト表示します。
+cmd.who.help   = <rest> に指定したパターンに合致する名前、ホスト、または紹介文情報を持っているユーザをリスト表示します。
 
-cmd.whois.label  = Who is
+cmd.whois.label  = ユーザ情報 (Who is)
+#cmd.whois.accesskey = I
 cmd.whois.params = <nickname> [<...>]
-cmd.whois.help   = ニックネーム <nickname> のユーザに関する情報を、'real name'、接続しているサーバ、アイドル時間、およびサインオン時刻を含めて表示します。アイドル時間については偽るサーバがあります。正確なアイドル時間を得るには、|whois| ではなく |wii| を使ってみてください。
+cmd.whois.help   = ニックネーム <nickname> のユーザに関する情報を、'real name'、接続しているサーバ、アイドル時間およびサインオン時刻を含めて表示します。アイドル時間については偽るサーバがあります。正確なアイドル時間を得るには |whois| ではなく |wii| を使用してください。
 
 cmd.wii.params = <nickname> [<...>]
 cmd.wii.help   = |whois| と同じ情報を表示しますが、ユーザの正確なアイドル時間を含めるようサーバに求めます。
 
-cmd.whowas.label  = Who was
+cmd.whowas.label  = ユーザの痕跡情報 (Who was)
 cmd.whowas.params = <nickname> [<limit>]
 cmd.whowas.help   = サーバを去ったユーザ <nickname> に関する情報を、'real name' を含めて表示します。
 
 ## dispatch-related error messages ##
 msg.err.internal.dispatch = コマンド ``%1$S'' をディスパッチ中の内部エラーです。
 msg.err.internal.hook   = フック ``%1$S'' を処理中の内部エラーです。
-msg.err.no.command      = ``%1$S'' という名前のコマンドはありません。
 msg.err.invalid.param   = パラメータ %1$S (%2$S) の値が無効です。
-msg.err.disabled        = 恐縮ですが、``%1$S'' は現在使用できません。
-msg.err.notimplemented  = 恐縮ですが、``%1$S'' はまだ実装されていません。
+msg.err.disabled        = 申し訳ありませんが、``%1$S'' は現在使用できません。
+msg.err.notimplemented  = 申し訳ありませんが、``%1$S'' はまだ実装されていません。
 msg.err.required.param  = 必要なパラメータ <%1$S> がありません。
-msg.err.ambigcommand    = コマンド ``%1$S'' は不明瞭です。%2$S コマンドは [%3$S] と合致します。
+msg.err.ambigcommand    = コマンド ``%1$S'' はあいまいです。%2$S コマンドは [%3$S] と合致します。
 msg.err.required.nr.param = "%1$S 件のパラメータがありません。この別名には %2$S 件以上のパラメータが必要です。
 msg.err.max.dispatch.depth = ``%1$S'' のディスパッチを試みましたが、最大深度に達しました。
 
 ## ChatZilla error messages ##
 msg.err.invalid.regex   = 正規表現の構文が不正です。
 msg.err.invalid.pref    = 環境設定 %1$S (%2$S) の値が無効です。
+msg.err.invalid.file    = <%1$S> の <%2$S> への名前変更は無効です。
 msg.err.failure         = 操作は失敗しました: %1$S"
 msg.err.scriptload      = <%1$S> からのサブスクリプト読み込みエラーです。
-msg.err.pluginapi       = プラグイン <%1$S> には要求された機能がありません。
+msg.err.pluginapi.noid      = プラグイン <%1$S> には ID がありません。
+msg.err.pluginapi.faultyid  = プラグイン <%1$S> には正当な ID がありません。プラグイン ID には英数字と下線 (_)、ダッシュ (-) のみが含められます。
+msg.err.pluginapi.noenable  = プラグイン <%1$S> には enable() メソッドがありません。
+msg.err.pluginapi.nodisable = プラグイン <%1$S> には disable() メソッドがありません。
 msg.err.invalid.scheme  = URL <%1$S> 内のスキームが無効です。
-msg.err.item.not.found  = 起動時のスクリプト アイテム <%1$S> は、存在しないかアクセスできません。
-msg.err.unknown.pref    = 設定名 ``%1$S'' は不明です。
-msg.err.unknown.network = ネットワーク ``%S'' は不明です。
-msg.err.unknown.channel = チャンネル ``%S'' は不明です。
-msg.err.unknown.user    = ユーザ ``%S'' は不明です。
+msg.err.item.not.found  = 起動時のスクリプトアイテム <%1$S> は、存在しないかアクセスできません。
+msg.err.unknown.pref    = 設定 ``%1$S'' は ChatZilla にありません。
+msg.err.unknown.network = ネットワーク ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
+msg.err.unknown.channel = チャンネル ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
+msg.err.unknown.user    = ユーザ ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
+msg.err.unknown.command = コマンド ``%S'' は ChatZilla にありません。
 msg.err.unknown.stalk   = "%S は追跡していません。
-msg.err.unknown.motif   = モチーフ ``%S'' は不明です。
+msg.err.unknown.motif   = モチーフ ``%S'' は ChatZilla にありません。
 msg.err.invalid.charset = 文字エンコーディング ``%S'' は無効です。
 msg.err.improper.view   = ``%S'' はこのビューからは使用できません。
 msg.err.not.connected   = 接続していません。
 msg.err.last.view       = 最後のビューは削除できません。
 msg.err.last.view.hide  = 最後のビューは非表示にできません。
-msg.err.bad.ircurl      = IRC URL ``%S'' は無効です。
+msg.err.bad.ircurl      = IRC の URL ``%S'' は無効です。
 msg.err.need.network  = コマンド ``%1$S'' は、ネットワークのコンテキストで実行する必要があります。
 msg.err.need.server   = コマンド ``%1$S'' は、接続したサーバのコンテキストで実行する必要があります。
 msg.err.need.channel  = コマンド ``%1$S'' は、チャンネルのコンテキストで実行する必要があります。
 msg.err.need.user     = コマンド ``%1$S'' は、ユーザのコンテキストで実行する必要があります。
 msg.err.need.recip    = コマンド ``%1$S'' は、ユーザまたはチャンネルのコンテキストから実行する必要があります。
-msg.err.no.default    = このタブに入力するのではなく、実効コマンドを使ってください。
+msg.err.no.default    = このタブに入力するのではなく、実効コマンドを使用してください。
 msg.err.no.match      = ``%S'' に合致するものはありません。
 msg.err.no.socket     = ソケット作成中のエラーです。
-msg.err.no.secure     = ネットワーク ``%S'' は、セキュア サーバが定義されていません。
+msg.err.no.secure     = ネットワーク ``%S'' には安全なサーバが定義されていません。
 msg.err.cancelled     = 接続操作はキャンセルされました。
-msg.err.offline       = ホストのソフトウェア (Firefox など) が ``オフライン モード'' になっています。このモードではネットワークに接続できません。
+msg.err.offline       = ホストのソフトウェア (Firefox など) が ``オフラインモード'' になっています。このモードではネットワークに接続できません。
 msg.err.badalias      = 不正な別名: %S"
 msg.err.no.ctcp.cmd   = "%S は、このクライアントの有効な CTCP 関数ではありません。
 msg.err.no.ctcp.help  = "%S にはヘルプ情報がありません。
-msg.err.unknown.host  = ホスト アプリケーション UID "%S" は認識できません。ChatZilla を動作させているアプリケーションと、その UID を入力してください。
+msg.err.unknown.host  = ホストアプリケーション UID "%S" は認識できません。ChatZilla を動作させているアプリケーションと、その UID を入力してください。
 msg.err.unable.to.print = 現在のビューは印刷をサポートしていません。
 msg.err.unsupported.command = このサーバは ``%S'' コマンドをサポートしていません。
 msg.err.invalid.mode  = あなたが入力したモード (``%S'') は無効です。有効なモード指定には + または - が 1 つ以上あり、1 つ以上のアルファベット文字が続きます。
 msg.err.away.save     = 離席メッセージのリストの保存に失敗しました。(%S)
+msg.err.inputhistory.not.writable = 入力履歴を ``%S'' に保存できません。
+msg.err.urls.not.writable = URL ログを ``%S'' に保存できません。
 msg.err.invalid.url   = ``%S'' は有効な URL (または別名) ではないため、読み込みできませんでした。
+msg.err.no.channel    = ``%S'' コマンドを実行する場合は、チャンネル名を指定するか、チャンネル内でコマンドを実行する必要があります。
+msg.err.no.idleservice = このバージョンの &brandShortName; では、ChatZilla がいつあなたが席を離れているかを決定できません。auto-away 機能は無効化されました。
+
+msg.warn.pac.loading = 自動プロキシ構成ファイルがまだ読み込まれていません。ChatZilla はすぐに再試行します。
 
 # Specific bug messages.
-msg.bug318419.warning = ChatZilla の内部データに潜在的な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。これ以上問題を深刻化させないために、ホスト アプリケーション (&brandShortName;) を再起動するよう強くお勧めします。
-msg.bug318419.error   = ChatZilla の内部データに深刻な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。修正するためには、ホスト アプリケーション (&brandShortName;) を再起動する必要があります。
+msg.bug318419.warning = ChatZilla の内部データに潜在的な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。これ以上問題を深刻化させないために、ホストアプリケーション (&brandShortName;) を再起動するよう強くお勧めします。
+msg.bug318419.error   = ChatZilla の内部データに深刻な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。修正するためには、ホストアプリケーション (&brandShortName;) を再起動する必要があります。
 
 # Ask for oper pass if not explicitly given in the command:
 msg.need.oper.password = IRC オペレータ権限を取得するためのパスワードを入力してください。
 
 # Better IRC error messages
 msg.irc.381 = あなたは現在 IRC オペレータです。
+msg.irc.401 = ニックネーム ``%S'' は存在しません。
+msg.irc.402 = サーバ ``%S'' は存在しません。
+msg.irc.403 = チャンネル ``%S'' は存在しません。
+msg.irc.421 = コマンド ``%S'' はこのサーバにありません。
 msg.irc.464 = パスワードが正しくありません。正しいパスワードでもう一度試してください。
-msg.irc.464.login = 接続するには、"/pass" コマンドを使ってパスワードを指定してください。
+msg.irc.464.login = 接続するには "/pass" コマンドでパスワードを指定してください。
 msg.irc.471 = このチャンネルは定員に達しているため、あなたが参加することはできません。
 msg.irc.473 = このチャンネルは招待された人限定です。参加するには、既存のメンバーに招待してもらう必要があります。
 msg.irc.474 = あなたはこのチャンネルへの立入りを禁止されました。
-msg.irc.475 = このチャンネルはキーが必要です。参加するには、現在のキーを提示する必要があります。キーを使って参加する方法は "/help join" を参照してください。
-msg.irc.476 = あなたが指定したチャンネル マスクは、サーバが不正だと判断しました。
-msg.irc.477 = このチャンネルは、あなたが登録メンバーであり、ネットワークのニックネーム レジストレーション サービス (NickServ など) で身元証明することを求めています。詳細は、/motd コマンドで MOTD を表示して調べてください。
+msg.irc.475 = このチャンネルはキーが必要です。参加するには、現在のキーを提示する必要があります。キーを使用して参加する方法は "/help join" を参照してください。
+msg.irc.476 = あなたが指定したチャンネルマスクは、サーバが不正だと判断しました。
+msg.irc.477 = このチャンネルは、あなたが登録メンバーであり、ネットワークのニックネーム登録サービス (NickServ など) で身元証明することを求めています。詳細は、/motd コマンドで MOTD を表示して調べてください。
 msg.irc.491 = 通常はトワイライトゾーンに入ろうとはしないものです (あなたのホストは 'O' で始まる単語に合致していません)。
 
 # This is an extended version that is only used if the server support /knock.
-msg.irc.471.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネル オペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[Knock][Asks the channel operators to let you in][%S]]
-msg.irc.473.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネル オペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使ってください。 [[Knock][Asks the channel operators to let you in][%S]]
-msg.irc.475.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネル オペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[Knock][Asks the channel operators to let you in][%S]]
-
-msg.warn.unk.command    = コマンド ``%S'' が不明のため、推測しています。
+msg.irc.471.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]
+msg.irc.473.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用してください。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]
+msg.irc.475.knock = "%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]
 
 msg.val.on  = on
 msg.val.off = off
 
 msg.plugin.enabled = プラグイン ``%S'' が有効になりました。
 msg.plugin.disabled = プラグイン ``%S'' は無効になりました。
 
-msg.leave.inputbox = タブ完成するものがありません。F6 キーを使うと、ユーザリスト、入力ボックス、チャット出力を巡回します。
+msg.leave.inputbox = タブ完成するものがありません。F6 キーを使用すると、ユーザリスト、入力ボックス、チャット出力を巡回します。
 
 ## formatting ##
 msg.fmt.usage = "%1$S %2$S"
 msg.fmt.jsexception = "%1$S: %2$S @ <%3$S> %4$S"
 # 1: error number,  2: error text, 3: file name, 4: line number, 5: function name
 # 1: pref name 2: value
 msg.fmt.pref = 環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
 msg.fmt.netpref = ネットワークの環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
@@ -866,22 +953,22 @@ msg.unknown   = <不明>
 msg.none      = <なし>
 msg.na        = <n/a>
 
 msg.commasp   = ", "
 msg.always    = always
 msg.and       = and
 msg.primary   = primary
 msg.secondary = secondary
-msg.you       = you
+msg.you       = あなた
 msg.network   = ネットワーク
 msg.server    = サーバ
 msg.channel   = チャンネル
 msg.user      = ユーザ
-msg.client    = Client
+msg.client    = クライアント
 msg.view      = ビュー
 msg.tab       = タブ
 msg.loading   = Loading
 msg.error     = Error
 msg.here      = here
 msg.gone      = gone
 msg.connecting   = Connecting
 msg.connected    = Connected
@@ -893,43 +980,48 @@ msg.minutes = "%S 分
 msg.seconds = "%S 秒
 msg.day     = 1 日
 msg.hour    = 1 時間
 msg.minute  = 1 分
 msg.second  = 1 秒
 
 
 msg.rsp.hello = [HELLO]
-msg.rsp.help  = [ヘルプ]
-msg.rsp.usage = [使用法]
-msg.rsp.error = [エラー]
-msg.rsp.warn  = [警告]
-msg.rsp.info  = [情報]
+msg.rsp.help  = [HELP]
+msg.rsp.usage = [USAGE]
+msg.rsp.error = [ERROR]
+msg.rsp.warn  = [WARNING]
+msg.rsp.info  = [INFO]
 msg.rsp.evin  = [EVAL-IN]
 msg.rsp.evout = [EVAL-OUT]
-msg.rsp.disconnect = [終了]
+msg.rsp.disconnect = [QUIT]
 
+# For these menu labels, too, an accesskey may be specified using a .accesskey
+# string, or by prefixing the desired letter with "&" in the label.
+# The accesskey string should have the form: msg.mnu.<menuname>.accesskey
 msg.mnu.chatzilla            = ChatZilla
-msg.mnu.chatzilla.accesskey  = C
+#msg.mnu.chatzilla.accesskey  = C
 msg.mnu.irc                  = IRC
-msg.mnu.irc.accesskey        = I
+#msg.mnu.irc.accesskey        = I
 msg.mnu.edit                 = 編集
-msg.mnu.edit.accesskey       = E
+#msg.mnu.edit.accesskey       = E
 msg.mnu.help                 = ヘルプ
-msg.mnu.help.accesskey       = H
+#msg.mnu.help.accesskey       = H
 msg.mnu.view                 = 表示
-msg.mnu.view.accesskey       = V
+#msg.mnu.view.accesskey       = V
+msg.mnu.views                = ビュー
+#msg.mnu.views.accesskey      = V
 msg.mnu.motifs               = ページの配色
-msg.mnu.motifs.accesskey     = L
-msg.mnu.opcommands           = オペレータ コマンド
-msg.mnu.opcommands.accesskey = O
-msg.mnu.usercommands           = ユーザ コマンド
-msg.mnu.usercommands.accesskey = U
+#msg.mnu.motifs.accesskey     = L
+msg.mnu.opcommands           = オペレータコマンド
+#msg.mnu.opcommands.accesskey = O
+msg.mnu.usercommands           = ユーザコマンド
+#msg.mnu.usercommands.accesskey = U
 msg.mnu.fonts                = フォントとサイズ
-msg.mnu.fonts.accesskey      = F
+#msg.mnu.fonts.accesskey      = F
 
 msg.client.name       = *Client*
 msg.cant.disable      = プラグイン %S を無効化できません。
 msg.cant.enable       = プラグイン %S を有効化できません。
 msg.is.disabled       = プラグイン %S はすでに無効化されています。
 msg.is.enabled        = プラグイン %S はすでに有効化されています。
 msg.no.help           = ヘルプはありません。
 msg.no.cmdmatch       = ``%1$S'' と合致するコマンドはありません。
@@ -947,54 +1039,55 @@ msg.current.charset.view = ``%S'' をこのビューの文字エンコーディングとして使用しています。
 msg.current.css       = <%S> を標準のモチーフとして使用しています。
 msg.current.css.net   = <%S> をこのネットワークの標準のモチーフとして使用しています。
 msg.current.css.chan  = <%S> をこのチャンネルのモチーフとして使用しています。
 msg.current.css.user  = <%S> をこのユーザのモチーフとして使用しています。
 msg.no.dynamic.style  = このバージョンの &brandShortName; は、モチーフをアプリケーション全体に適用することはできません。この機能は無効にされました。
 msg.subscript.loaded  = サブスクリプト <%1$S> が返り値 ``%2$S'' で読み込まれました。
 msg.user.info         = 既定のニックネーム, ``%S'', ユーザ名 ``%S'', 紹介文 ``%S''
 msg.connection.info   = "%S: ユーザ %S は %S:%S (%S サーバ) 経由で接続しています。
-msg.server.info       = "%S: 接続先 %S, 前回の Ping: %S, サーバ ラウンドトリップ (lag): %S 秒
+msg.server.info       = "%S: 接続先 %S, 前回の Ping: %S, サーバラウンドトリップ (lag): %S 秒
 msg.connect.via       = "%S 経由で接続しました。
 msg.user.mode         = "%S のユーザモードは現在 %S です。
 msg.not.connected     = "%S: 接続していません。
 msg.insecure.server   = サーバ ``%S'' との接続は保護されていません。
 msg.secure.connection = 署名者: %S"
 msg.security.info     = 現在の接続に関するセキュリティ情報の表示
-msg.going.offline     = &brandShortName; はオフライン モードに移行します。現在接続しているすべてのネットワークとチャンネルが切断されます。
+msg.going.offline     = &brandShortName; はオフラインモードに移行します。現在接続しているすべてのネットワークとチャンネルが切断されます。
 msg.really.go.offline = オフラインにする
 msg.dont.go.offline   = オフラインにしない
 msg.offlinestate.offline = 現在オフライン - オンラインにするにはアイコンをクリック
 msg.offlinestate.online  = 現在オンライン - オフラインにするにはアイコンをクリック
 msg.member            = メンバー
-msg.operator          = オペレータ メンバー
+msg.operator          = オペレータメンバー
 msg.voiced            = 発言メンバー
 msg.voiceop           = オペレータと	発言メンバー
 msg.no.mode           = モードなし
 msg.topic.info        = "%S, %S: トピック ``%S''
 msg.notopic.info      = "%S, %S: トピックなし
 msg.channel.info      = "%S: %S / %S (%S) <%S>
 msg.channel.details   = "%S/%S: %S 総ユーザ %S人, オペレータ %S人, 発言者 %S人
 msg.nonmember         = "%S: すでに %S のメンバーではありません。
 msg.end.status        = 状態の表示は以上です。
 msg.networks.heada    = 利用可能なネットワークは [
 msg.networks.headb    = ] です。
 msg.messages.cleared  = メッセージはクリアされました。
-msg.channel.opened    = ``%S'' のチャンネル ビューが開きました。
+msg.channel.opened    = ``%S'' のチャンネルビューが開きました。
 msg.match.unchecked   = (未チェックのユーザ: %S 人)
 msg.matching.nicks    = 次のユーザがクエリと合致します: %S. %S
 msg.no.matching.nicks = クエリと合致するユーザはいません。 %S
 msg.commands.header   = コマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.matching.commands = パターン ``%S'' と合致する現在実装されているコマンドは [%S] です。\nコマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.all.commands      = 現在実装されているコマンドは [%S] です。
-msg.help.intro        = さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使うと、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプ Web サイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla を使うときによくある質問への回答があります。\n  - ChatZilla サポート チャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
-msg.homepage          = 詳しくは ChatZilla ホームページ <http://chatzilla.hacksrus.com/> を参照してください。
-msg.client.opened     = ``*Client*'' の JavaScript コンソールが開きました。
+msg.help.intro        = さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使用すると、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプ Web サイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla の使用時に関するよくある質問と回答があります。\n  - ChatZilla サポートチャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
+msg.about.version     = "%S [[詳細][ChatZilla についてのダイアログに詳細があります][%S]]
+msg.about.homepage    = 詳しくは ChatZilla ホームページ <http://chatzilla.hacksrus.com/> を参照してください。
 msg.newnick.you       = あなたは現在 %S として識別されています。
 msg.newnick.notyou    = "%S は現在 %S として識別されています。
+msg.view.hidden       = "%S (非表示)
 
 msg.localeurl.homepage  = http://chatzilla.hacksrus.com/
 msg.localeurl.faq       = http://chatzilla.hacksrus.com/faq/
 
 msg.no.notify.list    = あなたの通知リストは空です。
 msg.notify.addone     = "%S はあなたの通知リストに追加されました。
 msg.notify.addsome    = "%S はあなたの通知リストに追加されました。
 msg.notify.delone     = "%S はあなたの通知リストから削除されました。
@@ -1032,93 +1125,101 @@ msg.output.notconn   = 接続なし
 msg.output.lag       = ラグ
 msg.output.mode      = モード
 msg.output.users     = ユーザ
 msg.output.topic     = トピック
 msg.output.via       = 経由:
 msg.output.to        = 接続先:
 msg.output.file      = ファイル
 msg.output.progress  = 進行状況
+msg.output.cancel    = キャンセル
 
 msg.logging.off     = ログ収集はオフです。
 msg.logging.on      = ログ収集はオンです。ログはファイル <%S> に出力されます。
 msg.logfile.closed  = ログファイルは閉じました。
 msg.logfile.error   = ファイル <%S> を開けません。ログ収集は無効です。
 msg.logfile.opened  = 現在 <%S> にログ収集をしています。
 msg.logfile.closing = ログファイル <%S> を閉じています。
 msg.logfile.write.error = ファイル <%S> に書き込めません。ログ収集は無効です。
 
-msg.query.opened       = ``%S'' のクエリ ビューが開きました。
-msg.network.opened     = ``%S'' のネットワーク ビューが開きました。
+msg.query.opened       = ``%S'' のクエリビューが開きました。
+msg.network.opened     = ``%S'' のネットワークビューが開きました。
 msg.already.connected  = あなたはすでに ``%S'' に接続しています。
 msg.enter.nick         = ニックネームを選択してください。
 msg.network.connecting = ``%S'' への接続を試みています。中止するには /cancel を使用します。
 
+msg.jumpto.button         = [[%1$S][%1$S 内のメッセージにジャンプ][%2$S]]
+msg.jumpto.err.nochan     = ``%S'' は開いていません。
+msg.jumpto.err.noanchor   = アンカーが見つかりません。
+
 msg.banlist.item      = "%S は %S の %S (%S) への立入りを禁止しました。
-msg.banlist.button    = [[Remove][Remove this ban][%S]]
+msg.banlist.button    = [[削除][この立ち入り禁止を削除します][%S]]
 msg.banlist.end       = "%S の立入り禁止リストは以上です。
 msg.exceptlist.item   = "%S は %S の %S (%S) への立入り禁止を取り消しました。
-msg.exceptlist.button = [[Remove][Remove this ban exception][%S]]
+msg.exceptlist.button = [[削除][この立ち入り禁止例外を削除します][%S]]
 msg.exceptlist.end    = "%S の立入り禁止例外リストは以上です。
 
 msg.channel.needops   = "%S 内でそれを行うには、オペレータになる必要があります。
 
 msg.ctcphelp.clientinfo = CLIENTINFO は、使用可能な CTCP コマンドに関する情報を表示します。
 msg.ctcphelp.action     = ACTION は、ユーザに対してある動作を実行します。
 msg.ctcphelp.time       = TIME は、そのクライアントの地域の日付と時刻を表示します。
 msg.ctcphelp.version    = VERSION は、そのクライアントのバージョンを表示します。
 msg.ctcphelp.source     = SOURCE は、クライアントを得られるアドレスを表示します。
 msg.ctcphelp.os         = OS は、クライアントのホストの OS とそのバージョンを表示します。
-msg.ctcphelp.host       = HOST は、クライアントのホスト アプリケーション名とそのバージョンを表示します。
+msg.ctcphelp.host       = HOST は、クライアントのホストアプリケーション名とそのバージョンを表示します。
 msg.ctcphelp.ping       = PING は、そのクライアントに渡されたパラメータを表示します。
 msg.ctcphelp.dcc        = DCC は、Direct Client Connection (直接クライアント接続) を要求します。
 
 # DCC CHAT messages.
-msg.dccchat.sent.request = DCC チャット オファーを ``%S'' にあなた (%S:%S) %S から送信しました。
-msg.dccchat.got.request  = DCC チャット オファーを ``%S'' (%S:%S) %S から受け取りました。
-msg.dccchat.accepting        = 自動受諾 DCC チャット オファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。(%S 秒 %S)
-msg.dccchat.accepting.now    = 自動受諾 DCC チャット オファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。
-msg.dccchat.accepted     = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャット オファーを受諾しました。
-msg.dccchat.declined     = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャット オファーを辞退しました。
+msg.dccchat.sent.request = DCC チャットのオファーを ``%S'' にあなた (%S:%S) %S から送信しました。
+msg.dccchat.got.request  = DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) %S から受け取りました。
+msg.dccchat.accepting        = 自動受諾 DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。(%S 秒 %S)
+msg.dccchat.accepting.now    = 自動受諾 DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。
+msg.dccchat.accepted     = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットのオファーを受諾しました。
+msg.dccchat.declined     = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットのオファーを拒否しました。
 msg.dccchat.aborted      = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットは中止されました。
 msg.dccchat.failed       = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットは失敗しました。
 msg.dccchat.opened       = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットを接続しました。
 msg.dccchat.closed       = ``%S'' (%S:%S) との DCC チャットの接続を切断しました。
 
 # DCC FILE messages.
 msg.dccfile.sent.request = DCC ファイル転送オファーを ``%S'' にあなた (%S:%S) から送信しました: ``%S'' (%S) %S"
 msg.dccfile.got.request  = DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました: ``%S'' (%S) %S"
 msg.dccfile.accepting        = 自動受諾 DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) / ``%S'' (%S) から受け取りました。(%S 秒 %S)
 msg.dccfile.accepting.now    = 自動受諾 DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) / ``%S'' (%S) から受け取りました。
 # 1 = file, 2 = to/from, 3 = nick, 4 = IP, 5 = port.
 msg.dccfile.accepted     = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を受諾しました。
-msg.dccfile.declined     = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を辞退しました。
+msg.dccfile.declined     = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を拒否しました。
 msg.dccfile.aborted      = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は中止されました。
 msg.dccfile.failed       = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は失敗しました。
 msg.dccfile.opened       = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が開始しました。
 msg.dccfile.closed.sent  = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。
-msg.dccfile.closed.saved = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。
+# 6 = path, 7 = command for opening the folder
+msg.dccfile.closed.saved = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。[[ダウンロード先フォルダを開く][ファイルのダウンロード先のフォルダを開きます][%S]]
+msg.dccfile.closed.saved.mac = ``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。 [[Finder で表示][Finder でダウンロード先のフォルダを開きます][%S]]
+
 # 1 = percent, 2 = current pos, 3 = total size, 4 = speed.
 msg.dccfile.progress     = "%S%% 完了: %S / %S, %S"
 msg.dccfile.send         = 送信するファイルを選択
 msg.dccfile.save.to      = 受信ファイル (%S) を保存
 msg.dccfile.err.notfound = 指定されたファイルは見つかりませんでした。
 msg.dccfile.err.notafile = 指定されたパスは通常のファイルではありません。
 msg.dccfile.err.notreadable = 指定されたファイルは読み取りできません。
 
 # General DCC messages.
 msg.dcc.pending.matches  = "%S 件の受信保留の DCC オファーが合致しました。
 msg.dcc.accepted.matches = "%S 件の DCC 接続が合致しました。
-msg.dcc.matches.help     = この要求を識別するための一意のユーザ ニックネームを指定するか、要求の種類やファイル名を必要に応じて含めてください。
+msg.dcc.matches.help     = この要求を識別するための一意のユーザニックネームを指定するか、要求の種類やファイル名を必要に応じて含めてください。
 
 msg.dcc.not.enabled      = DCC は無効です。DCC 機能が必要な場合は、設定ウィンドウから有効にしてください。
-msg.dcc.not.possible     = このバージョンのホスト ソフトウェア プラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は DCC が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
-msg.dcc.err.nouser       = |nickname| を指定するか、クエリ ビューからコマンドを実行する必要があります。
-msg.dcc.err.accept.time  = |/dcc-accept| のショート フォームは、DCC 要求を受け取ってから 10 秒間は使用できません。
-msg.dcc.err.nochat       = |nickname| を指定するか、DCC チャット ビューからコマンドを実行する必要があります。
+msg.dcc.not.possible     = このバージョンのホストソフトウェアのプラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は DCC が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
+msg.dcc.err.nouser       = |nickname| を指定するか、クエリビューからコマンドを実行する必要があります。
+msg.dcc.err.accept.time  = |/dcc-accept| のショートフォームは、DCC 要求を受け取ってから 10 秒間は使用できません。
+msg.dcc.err.nochat       = |nickname| を指定するか、DCC チャットビューからコマンドを実行する必要があります。
 
 # /dcc-list words and phrases.
 msg.dcclist.dir.in       = 受信
 msg.dcclist.dir.out      = 送信 (オファー)
 msg.dcclist.to           = 受信人
 msg.dcclist.from         = 送信人
 ## Params: index, state, direction (incoming/outgoing), DCC type, direction (to/from), user (ip:port), commands.
 msg.dcclist.line         = %S: %S %S DCC %S %S %S (%S:%S) %S
@@ -1127,30 +1228,30 @@ msg.dcclist.summary      = DCC セッション: 保留 %S, 接続 %S, 終了 %S"
 
 msg.dccaccept.disabled  = 現在このネットワークでは DCC 自動受諾はできません。
 msg.dccaccept.list      = 現在このネットワークでは、[%S] からの DCC 自動受諾ができます。
 msg.dccaccept.add       = このネットワークで %S からの DCC 自動受諾ができるようになりました。
 msg.dccaccept.del       = このネットワークで %S からの DCC 自動受諾はできなくなりました。
 msg.dccaccept.adderr    = このネットワークでは、%S からの DCC 自動受諾ができるようになっています。
 msg.dccaccept.delerr    = "%S は、このネットワークの DCC 自動受諾リストにありません。
 
-msg.dcc.command.accept  = [[Accept][Accept this DCC offer][%S]]
-msg.dcc.command.decline = [[Decline][Decline (refuse) this DCC offer][%S]]
-msg.dcc.command.cancel  = [[Cancel][Cancels this DCC offer][%S]]
-msg.dcc.command.close   = [[Close][Close (disconnect) this DCC offer][%S]]
+msg.dcc.command.accept  = [[受諾][この DCC オファーを受諾します][%S]]
+msg.dcc.command.decline = [[拒否][この DCC オファーを拒否します][%S]]
+msg.dcc.command.cancel  = [[キャンセル][この DCC オファーをキャンセルします][%S]]
+msg.dcc.command.close   = [[閉じる][この DCC オファーを閉じます (切断)][%S]]
 
 # DCC state names.
 msg.dcc.state.abort      = 中止
 msg.dcc.state.request    = 要求
 msg.dcc.state.accept     = 受諾
 msg.dcc.state.connect    = 接続
 # 1 = percent, 2 = current pos, 3 = total size, 4 = speed.
 msg.dcc.state.connectPro = 接続中 (%S%% 完了: %S / %S, %S)
 msg.dcc.state.disconnect = 完了
-msg.dcc.state.decline    = 辞退
+msg.dcc.state.decline    = 拒否
 msg.dcc.state.fail       = 失敗
 
 # SI general format (1$ == number, 2$ == scale suffix).
 msg.si.size  = %1$S %2$S
 msg.si.speed = %1$S %2$S
 
 # SI suffixes for sizes.
 msg.si.size.0 = B
@@ -1165,48 +1266,48 @@ msg.si.size.6 = EiB
 msg.si.speed.0 = B/秒
 msg.si.speed.1 = KiB/秒
 msg.si.speed.2 = MiB/秒
 msg.si.speed.3 = GiB/秒
 msg.si.speed.4 = TiB/秒
 msg.si.speed.5 = PiB/秒
 msg.si.speed.6 = EiB/秒
 
-msg.ident.server.not.possible = このバージョンのホスト ソフトウェア プラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は Ident Server が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
+msg.ident.server.not.possible = このバージョンのホストソフトウェアのプラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は Ident Server が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
 
 msg.host.password = サーバ %S のパスワードを入力:
 msg.url.key       = URL %S のキーを入力:
 
-msg.startup.added    = <%1$S> は起動時に開くようになりました。
-msg.startup.removed  = <%1$S> は起動時に開かなくなりました。
-msg.startup.exists   = <%1$S> は現在、起動時に開きます。
+msg.startup.added    = <%1$S> は起動時に開くように設定されました。
+msg.startup.removed  = <%1$S> は起動時に開かないように設定されました。
+msg.startup.exists   = <%1$S> は現在、起動時に開くように設定されています。
 msg.startup.notfound = <%1$S> は現在、起動時に開きません。
 
 msg.test.hello   = [HELLO] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.info    = [情報] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.error   = [エラー] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.help    = [ヘルプ] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.usage   = [使用法 メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.status  = [状態] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.info    = [INFO] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.error   = [ERROR] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.help    = [HELP] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.usage   = [USAGE] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.status  = [STATUS] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.privmsg = "%S から %S への通常メッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
-msg.test.action  = "%S から %S へのアクション メッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
+msg.test.action  = "%S から %S へのアクションメッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.notice  = "%S から %S への通知メッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.url     = URL <http://www.mozilla.org> メッセージのサンプル
-msg.test.styles  = テキスト スタイル メッセージのサンプル: *太字*, _下線_, /斜体/, |等幅|
+msg.test.styles  = テキストスタイル付きメッセージのサンプル: *太字*, _下線_, /斜体/, |等幅|
 msg.test.emoticon = 顔アイコン (Emoticon) メッセージのサンプル: :) :( :~( :0 :/ :P :| (*
 msg.test.rheet   = Rheeeeeeeeeet! メッセージのサンプル
 msg.test.topic   = Topic メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.join    = Join メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.part    = Part メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.kick    = Kick メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.quit    = Quit メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.stalk   = "%S : /stalk との合致のサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
 msg.test.ctlchr  = 制御文字のサンプル: >%01<\\1 -- >%05<\\5 -- >%10<\\10
 msg.test.color   = 文字色のサンプル: %033c%034o%034l%033o%033r%034%20%036t%036e%032s%034t%0f
-msg.test.quote   = ``ダブル クオート'' メッセージのサンプル
+msg.test.quote   = ``二重引用符'' メッセージのサンプル
 
 msg.welcome     = ChatZilla にようこそ...\n日本語が文字化けする場合には、[設定] ダイアログで文字エンコーディングを指定し直すか、下の入力フィールドに /charset iso-2022-jp (または utf-8) と入力します。\nChatZilla を使いこなすには、次の資料を参考になさってください。
 msg.welcome.url = ChatZilla が URL から起動されたため、新しいビューが開きました。このビューの隣りのタブバーに表示されています。
 msg.tabdnd.drop = ファイル ``%S'' をあなたの新しいモチーフとして使用しますか?
 msg.default.status = ChatZilla にようこそ!
 
 msg.closing = IRC との接続を切断します。今すぐ終了するにはもう一度 [閉じる] をクリックしてください。
 msg.confirm.quit = あなたはまだネットワークに接続していますが、ChatZilla を終了してもよろしいですか?\n[はい] をクリックするとウィンドウが閉じて、接続中のすべてのネットワークとチャンネルが切断されます。
@@ -1226,45 +1327,47 @@ msg.ignore.list.2  = 現在 [%S] を無視しています。
 msg.ignore.add     = あなたは現在 %S を無視しています。
 msg.ignore.adderr  = あなたはすでに %S を無視しています。
 msg.ignore.del     = あなたはすでに %S を無視していません。
 msg.ignore.delerr  = あなたの無視リストに %S はありません。
 
 msg.you.invite     = あなたは %S を %S に招待しました。
 msg.invite.you     = "%S (%S@%S) はあなたを %S に招待しました。
 
-msg.nick.in.use    = ニックネーム ``%S'' はすでに使われています。/nick コマンドを使って新しいものを選択してください。
+msg.nick.in.use    = ニックネーム ``%S'' はすでに使われています。/nick コマンドで別の名前を選択してください。
 msg.retry.nick     = ニックネーム ``%S''  はすでに使われています。``%S'' を試しています。
 msg.nick.prompt    = 使用するニックネームを入力:
 
 msg.list.rerouted  = List の応答は ``%S'' ビューに表示されます。
 msg.list.end       = "%S 件 (%S 件中) のチャンネルが表示されました。
+msg.list.chancount = このサーバには %S チャンネルがあります。すべての一覧の表示には時間がかかるため、ChatZilla からの応答が無くなったり、サーバから切断されたりする可能性があります。[[チャンネル一覧][すべてのチャンネルの一覧を取得します][%S]]
 
 msg.who.end        = ``%S'' の Who が終了しました: %S 人のユーザが見つかりました。
 msg.who.match      = ユーザ %S, (%S@%S) ``%S'' (%S), %S のメンバーは <irc://%S/> に接続中です: %S hop(s)
 
-msg.connection.attempt = "%S (%S) に接続しています... [[Cancel][Cancel connecting to %S][%S]]
-msg.connection.refused = "%S (%S) との接続は拒否されました。 [[Help][Get more information about this error online][faq connection.refused]]
-msg.connection.abort.offline = オフライン モードに移行しようとしたため、%S (%S) との接続は失敗しました。
+msg.connection.attempt = "%S (%S) に接続しています... [[キャンセル][%S への接続をキャンセルします][%S]]
+msg.connection.refused = "%S (%S) との接続は拒否されました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.refused]]
+msg.connection.abort.offline = オフラインモードに移行しようとしたため、%S (%S) との接続は失敗しました。
 msg.connection.abort.unknown = エラー (%S) が原因で、%S (%S) との接続は失敗しました。
-msg.connection.timeout = "%S (%S) との接続は時間切れになりました。 [[Help][Get more information about this error online][faq connection.timeout]]
-msg.unknown.host       = "%S (%S) に接続するホスト ``%S'' が不明です。 [[Help][Get more information about this error online][faq connection.unknown.host]]
-msg.connection.closed  = "%S (%S) との接続は閉じられました。 [[Help][Get more information about this error online][faq connection.closed]]
-msg.connection.reset   = "%S (%S) との接続はリセットされました。 [[Help][Get more information about this error online][faq connection.reset]]
-msg.connection.quit    = "%S (%S) との接続を切断しました。 [[Reconnect][Reconnect to %S][%S]]
+msg.connection.timeout = "%S (%S) との接続は時間切れになりました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.timeout]]
+msg.unknown.host       = "%S (%S) に接続するホスト ``%S'' が不明です。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.unknown.host]]
+msg.invalid.cert       = "%S のセキュリティ証明書は無効です。このサーバを信頼する場合は例外に追加してください。[[例外に追加][セキュリティ証明書の例外を追加するダイアログを開きます][%S]]
+msg.connection.closed  = "%S (%S) との接続は閉じられました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.closed]]
+msg.connection.reset   = "%S (%S) との接続はリセットされました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.reset]]
+msg.connection.quit    = "%S (%S) との接続を切断しました。 [[再接続][%S に再接続します][%S]]
 msg.close.status       = "%S (%S) との接続は閉じられました。状態: %S"
 
-msg.proxy.connection.refused = あなたが設定したプロキシ サーバは、接続を拒否しました。
-msg.unknown.proxy.host       = "%S (%S) に接続するプロキシ ホストが不明です。
+msg.proxy.connection.refused = あなたが設定したプロキシサーバは、接続を拒否しました。
+msg.unknown.proxy.host       = "%S (%S) に接続するプロキシホストが不明です。
 
 # In these messages, the first replacement string is a connection error from above.
 msg.connection.exhausted   = "%S 接続の試行回数を終えたため、あきらめます。
-msg.reconnecting.in        = "%S %S に再接続します。 [[Cancel][Cancel reconnecting to %S][%S]]
-msg.reconnecting.in.left   = "%S (試行の残り %S 回) %S に再接続します。 [[Cancel][Cancel reconnecting to %S][%S]]
-msg.reconnecting.in.left1  = "%S (試行の残り 1 回) %S に再接続します。 [[Cancel][Cancel reconnecting to %S][%S]]
+msg.reconnecting.in        = "%S %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]
+msg.reconnecting.in.left   = "%S (試行の残り %S 回) %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]
+msg.reconnecting.in.left1  = "%S (試行の残り 1 回) %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]
 
 msg.reconnecting           = 再接続中...
 msg.confirm.disconnect.all = すべてのネットワークとの接続を切断してもよろしいですか?
 msg.no.connected.nets      = 接続中のネットワークはありません。
 msg.no.reconnectable.nets  = 再接続するネットワークはありません。
 
 msg.ping.reply         = "%S (%S) からの Ping 応答です。
 msg.ping.reply.invalid = "%S からの不完全な Ping 応答です。
@@ -1273,108 +1376,136 @@ msg.prefix.response    = "%S, あなたの結果:
 msg.topic.changed = "%S がトピックを ``%S'' に変更しました。
 msg.topic         = "%S のトピックは ``%S'' です。
 msg.no.topic      = チャンネル %S のトピックはありません。
 msg.topic.date    = "%S のトピックは %S によって %S に設定されました。
 
 msg.you.joined      = あなた (%S) は %S に参加しました。
 msg.someone.joined  = "%S (%S@%S) は %S に参加しました。
 msg.you.left        = あなた (%S) は %S から退出しました。
+msg.you.left.reason = あなた (%S) は %S から退出しました。(%S)
 msg.someone.left    = "%S は %S から退出しました。
 msg.someone.left.reason = "%S は %S から退出しました。%S"
 msg.youre.gone      = あなた (%S) は %S から %S (%S) によって追い出されました。
 msg.someone.gone    = "%S は %S から %S (%S) によって追い出されました。
 
 msg.mode.all        = "%S のモードは %S です。
 msg.mode.changed    = モード %S が、%S によって設定されました。
 
-msg.away.on      = あなたは離席 (%S) とマークされています。復帰するには、ニックネームのボタンをクリックするか、|/back| コマンドを使ってください。
+msg.away.on      = あなたは離席 (%S) とマークされています。復帰するには、ニックネームのボタンをクリックするか、|/back| コマンドを使用してください。
+msg.idle.away.on = あなたは自動的に離席 (%S) とマークされます (何も入力しない状態で %S 分後)。
 msg.away.off     = あなたは現在、離席とはマークされていません。
 msg.away.prompt  = 離席用のメッセージを入力:
 msg.away.default = 離席します
+msg.away.idle.default = 離席します。
 
 msg.you.quit     = あなた (%S) は %S (%S) から退出しました。
 msg.someone.quit = "%S は %S (%S) から退出しました。
 
 msg.unknown.ctcp = 不明な CTCP %S (%S) が %S からあります。
 
-msg.fonts.family.fmt   = フォント ファミリーは ``%S'' です。
-msg.fonts.family.pick  = 使用するフォント ファミリーを入力:
-msg.fonts.size.fmt     = フォント サイズは %S pt です。
-msg.fonts.size.default = フォント サイズは既定値です。
-msg.fonts.size.pick    = 使用するフォント サイズを入力:
+msg.fonts.family.fmt   = フォントは ``%S'' です。
+msg.fonts.family.pick  = 使用するフォントを入力:
+msg.fonts.size.fmt     = フォントサイズは %S pt です。
+msg.fonts.size.default = フォントサイズは既定値です。
+msg.fonts.size.pick    = 使用するフォントサイズを入力:
 
 msg.supports.chanTypes = サポートされているチャンネルの種類: %S"
-msg.supports.chanModesA = サポートされているチャンネル モード (A: lists): %S"
-msg.supports.chanModesB = サポートされているチャンネル モード (B: param): %S"
-msg.supports.chanModesC = サポートされているチャンネル モード (C: on-param): %S"
-msg.supports.chanModesD = サポートされているチャンネル モード (D: boolean): %S"
+msg.supports.chanModesA = サポートされているチャンネルモード (A: lists): %S"
+msg.supports.chanModesB = サポートされているチャンネルモード (B: param): %S"
+msg.supports.chanModesC = サポートされているチャンネルモード (C: on-param): %S"
+msg.supports.chanModesD = サポートされているチャンネルモード (D: boolean): %S"
 msg.supports.userMode = "%S (%S)
-msg.supports.userModes = サポートされているチャンネル ユーザモード: %S"
+msg.supports.userModes = サポートされているチャンネルのユーザモード: %S"
 msg.supports.flagsOn = このサーバはサポートしています: %S"
 msg.supports.flagsOff = このサーバはサポートしていません: %S"
 msg.supports.miscOption = "%S=%S"
 msg.supports.miscOptions = サーバの設定/上限: %S"
 
 
 msg.conf.mode.on     = このビューは会議モードになりました。参加、離席、退出、ニックネームの変更は公開されません。
 msg.conf.mode.stayon = このビューは会議モードです。参加、離席、退出、ニックネームの変更は公開されません。
 msg.conf.mode.off    = このビューは会議モードではなくなりました。参加、離席、退出、ニックネームの変更が公開されます。
 
 msg.cd.title      = "%S (%S) 上のチャンネルに参加
 msg.cd.create     = <新しいチャンネルを作成>
 msg.cd.filtering  = "%S 件 (%S 件中) のチャンネルを振り分けています...
 msg.cd.showing    = "%S 件 (%S 件中) のチャンネルを表示しています。
 msg.cd.wait.list  = リストの作成が終了するのを待っています...
-msg.cd.fetching   = チャンネル リストを取得しています...
+msg.cd.fetching   = チャンネル一覧を取得しています...
 msg.cd.fetched    = "%S 件のチャンネルが取得されました...
-msg.cd.error.list = チャンネル リストの読み込みにエラーが発生しました。
+msg.cd.error.list = チャンネル一覧の読み込みにエラーが発生しました。
 msg.cd.loaded     = "%S 件のチャンネルを読み込みました...
 
 
 msg.urls.none   = 保存されている URL はありません。
 msg.urls.header = 保存されている URL の最新 %S 件を、新しい順にリスト表示します:
 msg.urls.item   = URL %S: %S"
 
 msg.save.completeview         = ビュー (完全)
 msg.save.htmlonlyview         = ビュー (HTML のみ)
 msg.save.plaintextview        = ビュー (標準テキスト)
 msg.save.files.folder         = %S_files
 msg.save.dialogtitle          = ビュー ``%S'' を名前を付けて保存...
 msg.save.err.no.ext           = 通常の拡張子か <savetype> を指定しなければ保存できません。
-msg.save.err.invalid.path     = パス ``%S'' は、保存先として有効なパスあるいは URL ではありません。ローカル ファイルのパスか、file:/// URL だけが指定できます。
-msg.save.err.invalid.ext      = 拡張子 ``%S'' は、<savetype> がなければ使用できません。ファイルの拡張子に |.xhtml|, |.xhtm|, |.html|, |.htm|, |.txt| を使うか、<savetype> を指定してください。
+msg.save.err.invalid.path     = パス ``%S'' は、保存先として有効なパスあるいは URL ではありません。ローカルファイルのパスか、file:/// URL だけが指定できます。
+msg.save.err.invalid.ext      = 拡張子 ``%S'' は、<savetype> がなければ使用できません。ファイルの拡張子に |.xhtml|, |.xhtm|, |.html|, |.htm|, |.txt| を使用するか、<savetype> を指定してください。
 msg.save.err.invalid.savetype = ファイルの種類 ``%S'' は、保存するファイルの種類として使用できません。 |complete|, |htmlonly|, |text| のいずれかを使用してください。
 msg.save.err.failed           = ビュー ``%1$S'' の ``%2$S'' への保存は失敗しました:\n ``%3$S''
 msg.save.fileexists           = ファイル ``%S'' はすでに存在します。\n上書きするときは [OK] を、しないときには [キャンセル] をクリックしてください。
 msg.save.successful           = ビュー ``%1$S'' は、無事に ``%2$S'' に保存されました。
 
+# CEIP
+msg.ceip.msg1     = ChatZilla があなたに Customer Experience Improvement Program への参加を希望しています。%1$S または %2$S できます。
+msg.ceip.msg2     = |/%1$S| はこのリクエストに応えて参加します。|/%2$S| はこのリクエストを無視します。
+msg.ceip.enabled  = すべての Customer Experience Improvement Program オプションがオンになりました。あなたを煩わせることなくデータが収集され、定期的に送信されます。
+msg.ceip.disabled = すべての Customer Experience Improvement Program オプションがオフになりました。データは収集、送信されません。
+msg.ceip.command.yes = [[参加][CEIP に参加します][%S]]
+msg.ceip.command.no  = [[無視][CEIP に参加しません][%S]]
+msg.ceip.upload.ok     = Customer Experience Improvement Program: \u201C%S\u201D がアップロードされました。
+msg.ceip.upload.failed = Customer Experience Improvement Program: \u201C%S\u201D のアップロードに失敗しました。エラー: \u201C%S\u201D
 
-msg.inst1.msg1    = ChatZilla を起動するたびに、中央サーバに小さな "ping" (あなたがお使いの ChatZilla のバージョンとオペレーティング システムの種類) を送信します。この情報が公開されることはありませんし、あなたを識別できる情報は含まれていません。ここには、%1$S と %2$S の選択肢があります。
-msg.inst1.msg2    = この要求を許可するときには |/%1$S| を、禁止するときには |/%2$S| を選択してください。
-msg.inst1.msgRply1 = 起動時の Ping は失敗しました。エラー: %S"
-msg.inst1.msgRply2 = 起動時の Ping の送信は成功しました。
-msg.inst1.command.yes = [[Allow][Allow ChatZilla to send "ping" on startup][%S]]
-msg.inst1.command.no  = [[Deny][Don't allow ChatZilla to send "ping" on startup][%S]]
+# Plugin installation
+msg.install.plugin.err.download     = プラグインのダウンロード中にエラーが発生しました: %S"
+msg.install.plugin.err.remove.temp  = 一時ファイルの削除中にエラーが発生しました: %S"
+msg.install.plugin.err.no.name      = ソースからプラグイン名を選択できません。代わりに一つを指定してください。
+msg.install.plugin.err.protocol     = 申し訳ありませんが、ソースの場所に未知のプロトコルが指定されています。プロトコルは 'file', 'http' および 'https' のみに対応しています。
+msg.install.plugin.err.install.to   = インストールに相応しい場所が見つけられません (initialScripts)。initialScripts の設定を修正してください。例えば、次のコマンドを使用して設定をリセットします: |/pref initialScripts - |。注意: このコマンドは、このリストからインストールしたプラグインを削除します!
+msg.install.plugin.err.check.sd     = ソースとインストール先の確認中にエラーが発生しました: %S"
+msg.install.plugin.err.many.initjs  = この ChatZilla プラグインには複数の 'init.js' ファイルが含まれているためインストールできません。
+msg.install.plugin.err.mixed.base   = この ChatZilla プラグインの 'init.js' ファイルには他のファイルで使用されていない基本パスが設定されています。このプラグインは現在の状態では機能しない可能性があります。
+msg.install.plugin.err.already.inst = この ChatZilla プラグインはすでにインストールされています。
+msg.install.plugin.err.extract      = 圧縮されたソースの展開中にエラーが発生しました: %S"
+msg.install.plugin.err.installing   = ソースのインストール中にエラーが発生しました: %S"
+msg.install.plugin.err.format       = ソースに指定された書式はプラグインインストーラが理解できません。
+msg.install.plugin.err.removing     = プラグインの読み込みまたは有効化でエラーが発生しました。このプラグインを削除します。
+msg.install.plugin.err.spec.name    = プラグイン名が指定されていません!
 
+msg.install.plugin.select.source    = インストールするスクリプトを選択...
 
+msg.install.plugin.warn.name        = インストールするプラグイン名をソースコードにマッチさせるため '%S' から '%S' へ変更しました。
+msg.install.plugin.downloading      = プラグインを '%S' からダウンロードしています...
+msg.install.plugin.installing       = '%S' から '%S' へインストールしています...
+msg.install.plugin.done             = 完了。ChatZilla プラグイン '%S' がインストールされました!
+ 
+# Munger
 munger.mailto=Mailto
-munger.link=URLs
-munger.channel-link=IRC channel
-munger.bugzilla-link=Bugzilla link
-munger.face=Face
+munger.link=URL
+munger.channel-link=IRC チャンネル
+munger.bugzilla-link=Bugzilla リンク
+munger.face=顔アイコン
 munger.ear=Ear
-munger.quote=Double Quotes
+munger.quote=二重引用符
 munger.rheet=Rheet
-munger.bold=Bold
-munger.italic=Italic
-munger.talkback-link=Talkback link
-munger.teletype=Teletype
-munger.underline=Underline
-munger.ctrl-char=Control Chars
+munger.bold=太字
+munger.italic=斜体
+munger.talkback-link=トークバックリンク
+munger.teletype=テレタイプ
+munger.underline=下線
+munger.ctrl-char=制御文字
 
 
 # Date/Time representations for strftime
 
 datetime.day.long    = Sunday^Monday^Tuesday^Wednesday^Thursday^Friday^Saturday
 datetime.day.short   = Sun^Mon^Tue^Wed^Thu^Fri^Sat
 datetime.month.long  = January^February^March^April^May^June^July^August^September^October^November^December
 datetime.month.short = Jan^Feb^Mar^Apr^May^Jun^Jul^Aug^Sep^Oct^Nov^Dec
@@ -1388,17 +1519,17 @@ datetime.presets.lc = %Y-%m-%d %H:%M:%S
 datetime.presets.lr = %I:%M:%S %p
 datetime.presets.lx = %Y-%m-%d
 datetime.presets.ux = %H:%M:%S
 
 
 # Messages used in config.js, part of the pref window.
 
 # We only allow one pref window open at once, this occurs when a 2nd is opened.
-msg.prefs.alreadyOpen  = ChatZilla の設定ウィンドウはすでに開いています。2 つめを開くことはできません。
+msg.prefs.alreadyOpen  = ChatZilla の設定ウィンドウはすでに開いています。複数の設定ウィンドウを開くことはできません。
 
 msg.prefs.err.save = 設定の保存中に例外が発生しました: %S"
 
 msg.prefs.browse       = 参照...
 msg.prefs.browse.title = ChatZilla の参照
 msg.prefs.move.up      = 上へ移動
 msg.prefs.move.down    = 下へ移動
 msg.prefs.add          = 追加...
@@ -1416,74 +1547,80 @@ msg.prefs.object.reset  = ""%S" の設定のすべてを既定値にリセットしてもよろしいですか?
 # are for the different objects (first is network name, second is channel/user
 # name).
 msg.prefs.fmt.header          = "%S"
 msg.prefs.fmt.display.network = ネットワーク %S"
 msg.prefs.fmt.display.channel = ネットワーク %S, チャンネル %S"
 msg.prefs.fmt.display.user    = ネットワーク %S, ユーザ %S"
 
 # Name for "global" object.
-msg.prefs.global              = 全般的な設定
+msg.prefs.global              = 共通設定
 
 # Localized names for all the prefs and tooltip "help" messages.
 # NOTE: "Bugzilla", "Chatzilla" and "mIRC" are product names.
 pref.activityFlashDelay.label   = 点滅の長さ
 pref.activityFlashDelay.help    = タブに動作が設定されているときに追加する動作で、タブを点滅させます。点滅する長さを指定しますが、0 で点滅しなくなります。
 pref.aliases.label              = コマンドの別名
-pref.aliases.help               = 個々のコマンドまたは連なったコマンドに、ショートカットを作成できます。それぞれのアイテムは "<name> = <command-list>" の書式とします。コマンド リストには、"/" を付けずにコマンドとパラメータを列挙して ";" で区切ります。別名は ChatZilla の起動時に、自動的にコマンドに変換されます。
+pref.aliases.help               = 個々のコマンドまたは連なったコマンドに、ショートカットを作成できます。それぞれのアイテムは "<name> = <command-list>" の書式とします。コマンドリストには、"/" を付けずにコマンドとパラメータを列挙して ";" で区切ります。別名は ChatZilla の起動時に、自動的にコマンドに変換されます。
 pref.autoAwayCap.label          = ユーザの在席/離席自動チェックの上限
 pref.autoAwayCap.help           = ChatZilla は、あなたがメンバーになっているチャンネル上にどのユーザがいてどのユーザが離席しているのか、自動的にチェックできます。ただし、大きなチャンネルでは負荷が大きいため、チェックするチャンネルに上限を設定できます。
 pref.autoAwayPeriod.label       = 在席/離席自動チェックの間隔
 pref.autoAwayPeriod.help        = ChatZilla は、あなたがメンバーになっているチャンネル上にどのユーザがいてどのユーザが離席しているのか、自動的にチェックできます。ここでは、チェックの間隔を分数で指定します。
 pref.autoperform.label          = 自動実行
 pref.autoperform.help           = サーバに接続するたびに毎回送信するコマンドを、いちいち入力しなくても済みます。それぞれのコマンドを、"/" を付けずにパラメータとともにこのリストに追加しておけば、ChatZilla が自動的に実行します。コマンドはリストの順に実行されます。
 pref.autoRejoin.label           = Kick されたとき再参加する
 pref.autoRejoin.help            = 有効にすると、ChatZilla はあなたが Kick された (追い出された) チャンネルへの再参加を一度だけ試みます。チャンネルによっては、自動再参加を嫌ってあなたを立入り禁止にすることがあるので注意してください。
 pref.away.label                 = 在席/離席の状態
 pref.away.help                  = 
+pref.awayIdleTime.label         = Auto-away タイムアウト
+pref.awayIdleTime.help          = 非アクティブになってからステータスが "away" に設定されるまでの時間です。この機能は新しいバージョンの &brandShortName; でのみ動作します。無効にするには値を 0 に設定します。
+pref.awayIdleMsg.label          = Auto-away のメッセージ
+pref.awayIdleMsg.help           = ChatZilla から離席したときに使用されるメッセージです。
 pref.awayNick.label             = 離席用ニックネーム
-pref.awayNick.help              = 既定のニックネームとは別のニックネームを指定しておくと、あなたが離席とマークしたとき自動的に使われます。指定しなければ、既定のニックネームが使われます。
+pref.awayNick.help              = 既定のニックネームとは別のニックネームを指定しておくと、あなたが離席とマークしたとき自動的に使用されます。指定しなければ、既定のニックネームが使用されます。
 pref.bugURL.label               = Bugzilla URL
-pref.bugURL.help                = バグ情報へのリンクに使われる URL で、"%s" はバグ番号に置き換えられます。テキスト "bug " に番号が続いているとき、この URL を使ってリンクに変換します。
+pref.bugURL.help                = バグ情報にリンクする URL です。"%s" はバグ番号に置き換えられます。テキスト "bug " に番号が続いているとき、この URL を使用してリンクに変換します。
+pref.bugURL.comment.label       = Bugzilla URL のコメント番号
+pref.bugURL.comment.help        = バグの特定のコメントへのリンクに使用される URL または接尾辞です。完全な URL を指定した場合、"%1$S" はバグ番号または別名に、"%2$S" はコメント番号に置き換えられます。接尾辞を指定した場合、"%S" はコメント番号に置き換えられます。"bug " に続けて数字を入力するか、"#" と 1~20 文字の単語 (バグの別名) に続けて " comment " ともう一つの数字を入力すると、この URL または接尾辞を使用したリンクを挿入します。
 pref.charset.label              = 文字エンコーディング
 pref.charset.help               = 非 ASCII 文字のメッセージを正しく表示するには、その文字エンコーディングに合わせる必要があります。日本語 IRC では通常 iso-2022-jp か utf-8 を使用しています。
 pref.collapseMsgs.label         = メッセージを折りたたむ
 pref.collapseMsgs.help          = 1 人からの複数のメッセージには最初のメッセージだけにニックネームを表示するので、ニックネームがくり返し表示されるよりもすっきりします。
 pref.collapseActions.label      = メッセージを折りたたむときアクションも折りたたむ
 pref.collapseActions.help       = 1 人からの複数のアクションには、最初のアクションだけにニックネームを表示するので、ニックネームがくり返し表示されるよりもすっきりします。
 pref.conference.limit.label     = 会議モードの人数
-pref.conference.limit.help      = チャンネルのユーザが指定した数を超えると、ChatZilla はそのチャンネルを [会議モード] に切り替え、JOIN, PART, QUIT, NICK を使って特定のユーザのメッセージだけを表示します。ユーザ数が下がれば、自動的に通常動作に戻ります。0 に設定すると [会議モード] は使われず、1 に設定すると常に使われます。
+pref.conference.limit.help      = チャンネルのユーザが指定した数を超えると、ChatZilla はそのチャンネルを [会議モード] に切り替え、JOIN, PART, QUIT, NICK を使用して特定のユーザのメッセージだけを表示します。ユーザ数が下がれば、自動的に通常動作に戻ります。0 に設定すると [会議モード] は使われず、1 に設定すると常に使われます。
 pref.connectTries.label         = 接続の試行回数
 pref.connectTries.help          = ChatZilla がサーバまたはネットワークに接続を試みる回数です。-1 を設定すると、無制限に試行します。
 pref.copyMessages.label         = 重要なメッセージをコピーする
-pref.copyMessages.help          =  [重要] とマークされたメッセージが、ネットワーク ビューにもコピーされます。長時間離席しても、あなた宛のメッセージを見逃さないようにできます。
+pref.copyMessages.help          =  [重要] とマークされたメッセージが、ネットワークビューにもコピーされます。長時間離席しても、あなた宛のメッセージを見逃さないようにできます。
 pref.dcc.enabled.label          = DCC を有効にする
 pref.dcc.enabled.help           = 無効にすると、DCC (直接クライアント接続)  関連のコマンドは動作しなくなり、ほかのユーザからのすべての DCC 要求が無視されます。
 pref.dcc.autoAccept.list.label  = 自動受諾リスト
-pref.dcc.autoAccept.list.help   = DCC チャット/ファイル オファーを自動的に受諾するニックネームのリストです。"*" をワイルドカードに使うと、Hostmask も受諾します。リストが空白のときには、すべての DCC 要求を手動で受諾または辞退することになります。
+pref.dcc.autoAccept.list.help   = DCC チャット/ファイルのオファーを自動的に受諾するニックネームのリストです。"*" をワイルドカードに使用すると Hostmask も受諾します。リストが空白のときには、すべての DCC 要求を手動で受諾または拒否することになります。
 pref.dcc.downloadsFolder.label  = ダウンロード用フォルダ
 pref.dcc.downloadsFolder.help   = DCC 経由で受け取るファイルの、既定の保存先を指定します。
 pref.dcc.listenPorts.label      = 待ち受けポート
 pref.dcc.listenPorts.help       = ほかのユーザが外部から接続できるポートのリストです。各アイテムは単一のポート番号か、 [下限-上限] で範囲を指定します。空白にすると、OS がポートをランダムに選択します。あなたがだれかに DCC 接続を求めるたびに、リストの次のポートが選択されます。
 pref.dcc.useServerIP.label      = サーバからローカル IP を取得する
 pref.dcc.useServerIP.help       = 有効にすると、接続時に ChatZilla があなたの IP アドレスをサーバに問い合わせます。これにより、ゲートウェイあるいは NAT ペースのシステム上で使用するときに、正確な IP アドレスを取得できます。
-pref.debugMode.label            = デバッグ モード
-pref.debugMode.help             = この設定は ChatZilla のデバッグ用で、多くのデバッグ出力を (通常はコンソールに) 生成します。文字のリストは、必要なデバッグ メッセージへのショートカットです。"c" はコンテキスト メニューが開いているときにデータをダンプし、"d" はディスパッチ コマンドによりデータをダンプし、"t" はフックおよびイベント キュー処理に関するデータをダンプします。
+pref.debugMode.label            = デバッグモード
+pref.debugMode.help             = この設定は ChatZilla のデバッグ用で、多くのデバッグ出力を (通常はコンソールに) 生成します。文字のリストは、必要なデバッグメッセージへのショートカットです。"c" はコンテキストメニューが開いているときにデータをダンプし、"d" はディスパッチコマンドによりデータをダンプし、"t" はフックおよびイベントキュー処理に関するデータをダンプします。
 pref.defaultQuitMsg.label       = 標準の退出メッセージ
-pref.defaultQuitMsg.help        = 標準の退出メッセージが明示的に指定されていないときに指定します。ChatZilla 既定のメッセージ (バージョン情報だけ) を使うときには空白にします。
+pref.defaultQuitMsg.help        = 標準の退出メッセージが明示的に指定されていないときに指定します。ChatZilla 既定のメッセージ (バージョン情報だけ) を使用するときには空白にします。
 pref.desc.label                 = 紹介文
 pref.desc.help                  = あなたの /whois 情報の "description/紹介文" (または "real name/本名") 欄に表示されるものです。一般的にはユーザの本名を含めるために使用されますが、なにも入力しなくてもかまいません。
-pref.deleteOnPart.label         = 離席したチャンネル ビューを削除する
-pref.deleteOnPart.help          = /leave または /part を使って離席したときに、チャンネル ビューも閉じます。
-pref.displayHeader.label        = ヘッダーを表示する
-pref.displayHeader.help         = チャット ヘッダーをそのビューに表示します。ヘッダーには現在のビューの URL や、チャンネル ビューのトピック、モードなどの情報が含まれています。
-pref.font.family.label          = フォント ファミリー
-pref.font.family.help           = ChatZilla がメッセージを表示するためのフォントを選択します。フォント ファミリーに "default" を指定すると、"serif", "sans-serif", "monospace" には全般的なフォント設定が使用されます。ほかのフォントを使用するときには、フォント名を直接入力します。
-pref.font.size.label            = フォント サイズ (pt)
-pref.font.size.help             = ChatZilla がメッセージを表示するためのフォントの大きさを選択します。"0" を指定すると、全般的なフォント設定のサイズが使用されます。ほかのサイズを使用するときには、ポイント (pt) で入力します。
+pref.deleteOnPart.label         = 離席したチャンネルビューを削除する
+pref.deleteOnPart.help          = /leave または /part コマンドで離席したときに、チャンネルビューも閉じます。
+pref.displayHeader.label        = ヘッダを表示する
+pref.displayHeader.help         = チャットヘッダをそのビューに表示します。ヘッダには現在のビューの URL や、チャンネル ビューのトピック、モードなどの情報が含まれています。
+pref.font.family.label          = フォント
+pref.font.family.help           = ChatZilla がメッセージを表示するためのフォントを選択します。フォントに "default" を指定すると、"serif", "sans-serif", "monospace" には一般的なフォント設定が使用されます。他のフォントを使用する場合はフォント名を直接入力します。
+pref.font.size.label            = フォントサイズ (pt)
+pref.font.size.help             = ChatZilla がメッセージを表示するためのフォントの大きさを選択します。"0" を指定すると、共通設定のフォントサイズが使用されます。ほかのサイズを使用するときには、ポイント (pt) で入力します。
 pref.guessCommands.label        = 不明なコマンドを推測する
 pref.guessCommands.help         = もし、入力されたコマンド ("/" で始まる) を ChatZilla が理解できなかった場合に、そのコマンドをサーバに送信して [推測] を試みます。
 pref.hasPrefs.label             = 設定を持つオブジェクト
 pref.hasPrefs.help              = オブジェクトが保存された環境設定を持つことを示します。設定ウィンドウには表示されません。 :)
 pref.identd.enabled.label       = 接続の過程で認証サーバを有効にする
 pref.identd.enabled.help        = ChatZilla が、ident (identd) 応答を要求するサーバに接続することを許可します。
 pref.initialURLs.label          = 自動接続する URL
 pref.initialURLs.help           = ChatZilla の起動時に接続させる IRC URL のリストです。ChatZilla が、IRC ホストへのリンクをクリックして起動されたときには読み込まれません。
@@ -1493,99 +1630,97 @@ pref.inputSpellcheck.label      = 入力ボックスのスペルをチェック
 pref.inputSpellcheck.help       = 入力ボックスのスペルのチェックをオン/オフします。この機能は最近のバージョンで追加されました。
 pref.link.focus.label           = リンクを開くときブラウザを前面に表示する
 pref.link.focus.help            = ChatZilla から URL リンクを開くときに、ブラウザ ウィンドウを前面に移動します。
 pref.log.label                  = ビューのログ収集をする
 pref.log.help                   = ChatZilla にそのビューのログを収集させます。ログファイルは通常あなたのプロファイル内に保存されますが、"Profile path" (ベースとなるパス) あるいは特定のビューのログファイル名を指定することもできます。
 pref.logFileName.label          = ログファイル名
 pref.logFileName.help           = そのビューのログを記録するファイルです。ビューが現在開いていてログ収集が行われている場合には、次のログ収集が開始するまでこのオプションの変更は有効になりません。
 pref.logFile.client.label       = Client のログファイル
-pref.logFile.client.help        = Client ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフル パスに追加されます。
+pref.logFile.client.help        = Client ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.network.label      = ネットワークのログファイル
-pref.logFile.network.help       = ネットワーク ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフル パスに追加されます。
+pref.logFile.network.help       = ネットワークビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.channel.label      = チャンネルのログファイル
-pref.logFile.channel.help       = チャンネル ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフル パスに追加されます。
+pref.logFile.channel.help       = チャンネルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.user.label         = ユーザのログファイル
-pref.logFile.user.help          = ユーザ/クエリ ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフル パスに追加されます。
+pref.logFile.user.help          = ユーザ/クエリビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.dccuser.label      = DCC のログファイル
-pref.logFile.dccuser.help       = DCC チャット/ファイル ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフル パスに追加されます。
+pref.logFile.dccuser.help       = DCC チャット/ファイルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFolder.label            = ログフォルダ名
 pref.logFolder.help             = すべてのログのベースとなる場所を指定します。ログファイルごとの環境設定は、ログファイルの種類と一致する名前を指定します。
 pref.messages.click.label       = 通常のクリック
 pref.messages.click.help        = URL を通常通りクリックしたときの動作です。
 pref.messages.ctrlClick.label   = Control+クリック
 pref.messages.ctrlClick.help    = URL を Control キーを押しながらクリックしたときの動作です。
 pref.messages.metaClick.label   = Alt/Meta+クリック
 pref.messages.metaClick.help    = URL を Alt または Meta キーを押しながらクリックしたときの動作です。
 pref.messages.middleClick.label = 中クリック
 pref.messages.middleClick.help  = URL をマウスの中ボタンでクリックしたときの動作です。
 pref.motif.dark.label           = 暗いモチーフ
 pref.motif.dark.help            = 暗いモチーフは [表示] メニューの [ページの配色] から選択できます。
 pref.motif.light.label          = 明るいモチーフ
 pref.motif.light.help           = 明るいモチーフは [表示] メニューの [ページの配色] から選択できます。
-pref.motif.default.label        = 標準のモチーフ
-pref.motif.default.help         = 標準のモチーフは [表示] メニューの [ページの配色] から選択できます。
 pref.motif.current.label        = 現在のモチーフ
-pref.motif.current.help         = 現在選択されているモチーフ ファイルです。モチーフはチャット ビューをどのように表示するのか記載した CSS ファイルで、表示をカスタマイズするために使用されます。
+pref.motif.current.help         = 現在選択されているモチーフファイルです。モチーフはチャットビューをどのように表示するのか記載した CSS ファイルで、表示をカスタマイズするために使用されます。
 pref.multiline.label            = 複数行入力モードにする
-pref.multiline.help             = メッセージの入力に、複数行入力ボックスと 1 行入力フィールドのどちらを使うのか指定します。
+pref.multiline.help             = メッセージの入力フィールドを、複数行入力ボックスと 1 行入力フィールドのどちらにするか指定します。
 pref.munger.bold.label          = 太字
 pref.munger.bold.help           = 星印で囲んだテキスト (例: *太字*) を太字体として表示します。
 pref.munger.bugzilla-link.label = Bugzilla リンク
 pref.munger.bugzilla-link.help  = ""Bugzilla URL"をリンク先として、"bug <番号>" をそのバグへのリンクに変換します。
-pref.munger.channel-link.label  = チャンネル リンク
+pref.munger.channel-link.label  = チャンネルリンク
 pref.munger.channel-link.help   = ""#channel" をそのチャンネルへのリンクに変換します。
 pref.munger.colorCodes.label    = mIRC 配色
-pref.munger.colorCodes.help     = チャット テキストの色付き表示を、そのほかの mIRC コード (太字や下線付き) とともに有効にします。無効に設定すると ChatZilla はコードを無視します。
+pref.munger.colorCodes.help     = チャットテキストの色付き表示を、そのほかの mIRC コード (太字や下線付き) とともに有効にします。無効に設定すると ChatZilla はコードを無視します。
 pref.munger.ctrl-char.label     = 制御文字
 pref.munger.ctrl-char.help      = ChatZilla が理解しない制御文字でも表示します。
 pref.munger.face.label          = 顔アイコン (Emoticon)
 pref.munger.face.help           = :-) や ;-) などの一般的な顔文字を画像で表示します。
 pref.munger.italic.label        = 斜体
 pref.munger.italic.help         = スラッシュで囲まれたテキスト (例: /斜体/) を斜体として表示します。
 pref.munger.link.label          = Web リンク
 pref.munger.link.help           = URL と思われるテキストをリンクに変換します。
-pref.munger.mailto.label        = メール リンク
-pref.munger.mailto.help         = メール アドレスと思われるテキストをリンクに変換します。
+pref.munger.mailto.label        = メールリンク
+pref.munger.mailto.help         = メールアドレスと思われるテキストをリンクに変換します。
 pref.munger.quote.label         = 全角クオート
 pref.munger.quote.help          = クオート `` を “ に、'' を ” に置き換えます。
 pref.munger.rheet.label         = Rheet
 pref.munger.rheet.help          = ""rheet" をリンクに変換します (Mozilla.org ならではの機能です)。
 pref.munger.talkback-link.label = Talkback リンク
 pref.munger.talkback-link.help  = ハイパーリンク "TB<numbers><character>" を Talkback スタックトレースに変換します。
 pref.munger.teletype.label      = テレタイプ
 pref.munger.teletype.help       = |テレタイプ| をテレタイプ (等幅フォント) として表示します。
 pref.munger.underline.label     = 下線付き
 pref.munger.underline.help      = アンダースコアで囲まれたテキスト (例: _下線付き_) を下線付きとして表示します。
 pref.munger.word-hyphenator.label = 長い文字列のハイフンつなぎ
-pref.munger.word-hyphenator.help  = 長い単語や URL に自動的にハイフン ポイントを挿入し、画面の幅に合わせて折り返せるようにします。
+pref.munger.word-hyphenator.help  = 長い単語や URL に自動的にハイフンポイントを挿入し、画面の幅に合わせて折り返せるようにします。
 pref.newTabLimit.label          = 自動生成ビューの最大数
-pref.newTabLimit.help           = ChatZilla が自動的に作成するであろうビュー (例えばクエリ ビュー) の数を指定します。制限数に達してからは、プライベート メッセージは現在のビューに表示されるようになります。"0" に設定すると無制限になり、"1" ではビューの自動生成が禁止されます。
+pref.newTabLimit.help           = ChatZilla が自動的に作成するであろうビュー (例えばクエリビュー) の数を指定します。制限数に達してからは、プライベートメッセージは現在のビューに表示されるようになります。"0" に設定すると無制限になり、"1" ではビューの自動生成が禁止されます。
 pref.nickCompleteStr.label      = ニックネーム完成文字
 pref.nickCompleteStr.help       = この文字は、行の初めでタブ完成したときにニックネームに付加されます。
 pref.nickname.label             = ニックネーム
 pref.nickname.help              = IRC 上にいるときに、参加者全員から見られる名前です。好きな名前が使えますが、特殊文字を含めることはできません。半角英数字を用いてください。
-pref.nicknameList.label         = ニックネーム リスト
-pref.nicknameList.help          = あなたのニックネームがすでに使われているとき、代わりに使うニックネームのリストです。既定のニックネームをリストに加える必要はありません。
+pref.nicknameList.label         = ニックネームリスト
+pref.nicknameList.help          = あなたのニックネームがすでに使用されているとき、代わりに使用するニックネームのリストです。既定のニックネームをリストに加える必要はありません。
 pref.notify.aggressive.label    = 目立つ通知方法にする
-pref.notify.aggressive.help     = だれかがあなたにプライベート メッセージを送ったり、あなたのニックネームを挙げたり、あなたの [追跡単語] のいずれかを使ったときに、ChatZilla はそのメッセージがあなたの注意を引くに値すると判断します。この設定では、あなたの注意を引くためにウィンドウを点滅させるのか、ウィンドウを最前面に移動するのか (OS によって変わります) を指定します。
+pref.notify.aggressive.help     = だれかがあなたにプライベートメッセージを送ったり、あなたのニックネームを挙げたり、[追跡単語] に含まれる単語を使用したときに、ChatZilla がそのメッセージはあなたの注意を引くに値すると判断します。この設定では、あなたの注意を引くためにウィンドウを点滅させるのか、ウィンドウを最前面に移動するのか (OS によって変わります) を指定します。
 pref.notifyList.label           = 通知リスト
 pref.notifyList.help            = リストに載っているニックネームが、オンラインかそうでないかを定期的にチェックします。ChatZilla は 5 分おきにこのリストをチェックして、もしだれかがオンラインになったりオフラインに移行したときに通知します。
 pref.outgoing.colorCodes.label  = カラー コードの送信を有効にする
-pref.outgoing.colorCodes.help   = カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使って送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
+pref.outgoing.colorCodes.help   = カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使用して送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
 pref.outputWindowURL.label      = 出力ウィンドウ
-pref.outputWindowURL.help       = あなたはこれを変更したくはないと思います。チャット ビューは、メッセージ本体やヘッダーなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウィンドウを表示することさえあります!
+pref.outputWindowURL.help       = あなたはこれを変更したくはないと思います。チャットビューは、メッセージ本体やヘッダなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウィンドウを表示することさえあります!
 pref.profilePath.label          = プロファイルのパス
 pref.profilePath.help           = ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリに保存します。
 pref.proxy.typeOverride.label   = プロキシの種類
-pref.proxy.typeOverride.help    = ここに "http" を指定すると、ブラウザの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使われません。ただし通常は、ブラウザのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
+pref.proxy.typeOverride.help    = ここに "http" を指定すると、ブラウザの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
 pref.reconnect.label            = 予期せずに切断したとき再接続する
 pref.reconnect.help             = 接続が予期せずに失われた場合、ChatZilla はそのサーバに自動的に再接続できます。
 pref.showModeSymbols.label      = ユーザモードを記号で表示する
-pref.showModeSymbols.help       = ユーザリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使うのかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
+pref.showModeSymbols.help       = ユーザリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使用するかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
 pref.sortUsersByMode.label      = ユーザをモードで並べ替える
 pref.sortUsersByMode.help       = ユーザリストをユーザのモードで並べ替えて、上から op、half-op (サーバがサポートしていれば)、voice、その他、の順にします。
 pref.sound.enabled.label        = 有効にする
 pref.sound.enabled.help         = 音声を鳴らすとき選択し、すべての音声をオフにするときには選択を解除します。オン/オフ以外の細かな設定はできません。
 pref.sound.overlapDelay.label   = 間隔
 pref.sound.overlapDelay.help    = 同じイベントが続いたときに、2 つめの音声を鳴らすまでの間隔を指定します。既定値は 2000ms (2 秒) になっていますが、例えば追跡する単語の合致が 2 秒以内に生じたときには、最初の音声しか鳴りません。
 ##pref.sound.surpressActive.label = 表示中のビューの音声を制限する
 ##pref.sound.surpressActive.help  = ChatZilla がアクティブになっているとき、表示中のビューの音声は鳴らないようにします。ChatZilla がアクティブになっていないときや、表示していないビューの音声は常に鳴らされます。
@@ -1607,17 +1742,17 @@ pref.stalkWords.label           = 追跡単語
 pref.stalkWords.help            =  [目立つ通知方法にする] が有効になっているときに、このリストに載っている単語がメッセージに含まれていると、その行を [重要] と位置付けてあなたの注意を引こうとします。
 pref.urls.store.max.label       = 保存する URL の上限
 pref.urls.store.max.help        = ChatZilla が収集して保存する URL の数に上限を設定します。"/urls" コマンドは最新の 10 件を表示しますが、"/urls 20" の書式で表示数を指定できます。
 pref.userlistLeft.label         = ユーザリストを左側に表示する
 pref.userlistLeft.help          = ユーザリストを左側に表示します。選択を解除すると、右側に表示します。
 pref.username.label             = ユーザ名
 pref.username.help              = ユーザ名は、あなたを表す文字列である "host mask" を構成するために使用され、あなたが接続しているホスト名とこのユーザ名が含まれます。ときには auto-op や ban を設定したり、相手を特定したほかの事柄にも使用されます。
 pref.usermode.label             = ユーザモード
-pref.usermode.help              = あなたのユーザモードは、IRC ネットワークに送信されるオプション記号です。プラス記号 "+" の後ろに、オプションを表す文字を 1 つ以上置きます。"i" は "invisible (見えない) mode" で、あなたのニックネームはそのチャンネルのほかのメンバーのユーザリストには表示されません。"s" は、サーバ メッセージをニックネーム コリジョンのように見ることができます。利用できるオプションの一覧は、www.irchelp.org を参照してください。
+pref.usermode.help              = あなたのユーザモードは、IRC ネットワークに送信されるオプション記号です。プラス記号 "+" の後ろに、オプションを表す文字を 1 つ以上置きます。"i" は "invisible mode" (見えないモード) で、あなたのニックネームはそのチャンネルのほかのメンバーのユーザリストには表示されません。"s" は、サーバメッセージをニックネームと同じように見ることができます。利用できるオプションの一覧は www.irchelp.org を参照してください。
 pref.warnOnClose.label          = 接続中に終了しようとしたら警告する
 pref.warnOnClose.help           = ネットワークに接続しているのに終了しようとすると、終了してもよいか確認するメッセージが表示されます。
 
 # Preference group labels #
 
 pref.group.general.label               = 一般
 pref.group.general.connect.label       = 接続
 pref.group.general.ident.label         = 識別情報
@@ -1634,31 +1769,31 @@ pref.group.dcc.autoAccept.label        = 自動受諾
 pref.group.munger.label                = 書式設定
 pref.group.startup.label                = 起動
 pref.group.startup.initialURLs.label    = 自動接続 URL
 pref.group.startup.initialScripts.label = 自動読み込みスクリプト
 pref.group.lists.label                 = リスト
 pref.group.lists.stalkWords.label      = 追跡単語
 pref.group.lists.aliases.label         = コマンドの別名
 pref.group.lists.notifyList.label      = 通知リスト
-pref.group.lists.nicknameList.label    = ニックネーム リスト
+pref.group.lists.nicknameList.label    = ニックネームリスト
 pref.group.lists.autoperform.label     = 自動実行
 pref.group.global.label                = 環境設定
-pref.group.global.header.label         = ヘッダー
-pref.group.global.header.help          = ビューのヘッダーの標準の表示方法を設定します。必要に応じてそれぞれのビューに設定すれば、この標準設定よりも優先されます。
+pref.group.global.header.label         = ヘッダ
+pref.group.global.header.help          = ビューのヘッダの標準の表示方法を設定します。必要に応じてそれぞれのビューに設定すれば、この標準設定よりも優先されます。
 pref.group.global.links.label          = リンク
 pref.group.global.links.help           = 3 種類のリンクの設定によって、それぞれの方法でリンクをクリックしたときに ChatZilla がどう対応するのかを指定できます。あなたの環境設定に合わせて、これらを設定し直すこともできます。
 pref.group.global.log.label            = ビューの種類ごとのログ収集
 pref.group.global.log.help             = 各ビューに標準のログ収集の状態を設定します。必要に応じてそれぞれのビューに設定すれば、この標準設定よりも優先されます。
-pref.group.global.maxLines.label       = スクロールバック サイズ
+pref.group.global.maxLines.label       = スクロールバックサイズ
 pref.group.global.maxLines.help        = そのビューの種類に表示するテキストの行数です。制限数に達してからは、新しい行が追加されると古い行から削除されていきます。
 pref.group.global.sounds.label         = 音声の設定
 pref.group.global.sounds.help          = 
 pref.group.global.soundEvts.label      = 音声イベント
-pref.group.global.soundEvts.help       = クライアント イベントに音声を鳴らします。この設定では、"beep" (ビープ音) または file: URL をスペース区切りのリストにします。
+pref.group.global.soundEvts.help       = クライアントイベントに音声を鳴らします。この設定では、"beep" (ビープ音) または file: URL をスペース区切りのリストにします。
 
 # These are the prefs that get grouped #
 
 pref.networkHeader.label        = ネットワーク
 pref.networkHeader.help         = 
 pref.channelHeader.label        = チャンネル
 pref.channelHeader.help         = 
 pref.userHeader.label           = ユーザ
@@ -1686,14 +1821,14 @@ pref.userMaxLines.help          =
 pref.dccUserMaxLines.label      = DCC
 pref.dccUserMaxLines.help       = 
 
 pref.timestamps.display.label   = 書式
 pref.timestamps.display.help    = 
 pref.timestamps.label           = 有効にする
 pref.timestamps.help            = 
 
-pref.msgBeep.label              = 新しいクエリ ビュー
+pref.msgBeep.label              = 新しいクエリビュー
 pref.msgBeep.help               = 
 pref.queryBeep.label            = メッセージのクエリ
 pref.queryBeep.help             = 
 pref.stalkBeep.label            = 重要なメッセージ
 pref.stalkBeep.help             = 
--- a/extensions/irc/chrome/chatzillaOverlay.dtd
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzillaOverlay.dtd
@@ -1,3 +1,3 @@
-<!ENTITY ircCmd.label      "IRC チャット">
+<!ENTITY ircCmd.label      "ChatZilla">
 <!ENTITY ircCmd.accesskey  "i">
 <!ENTITY ircCmd.commandkey "6">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/extensions/irc/chrome/install-plugin.dtd
@@ -0,0 +1,13 @@
+<!ENTITY windowtitle                    "プラグインのインストール...">
+
+<!ENTITY name.label                     "名前:">
+<!ENTITY name.accesskey                 "N">
+
+<!ENTITY name.autopick.label            "自分の名前を自動的に選ぶ">
+<!ENTITY name.autopick.accesskey        "A">
+
+<!ENTITY source.label                   "ソース:">
+<!ENTITY source.accesskey               "c">
+
+<!ENTITY browse.label                   "参照...">
+<!ENTITY browse.accesskey               "B">
--- a/extensions/venkman/chrome/profile.html.tpl
+++ b/extensions/venkman/chrome/profile.html.tpl
@@ -1,12 +1,10 @@
 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
-<!-- Contributor(s):
-   -   Robert Ginda, <rginda@netscape.com>, original author
-   - Japanese Localization by
+<!-- Japanese Localization:
    -   dynamis
    -->
 <html>
   <head>
     <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
     <!-- inserted by dynamis
       -- This charset must synch with 'msg.report.charset', which is in venkman.properties file.
       -->
@@ -65,19 +63,24 @@
         background  : darkslategrey;
     }
 
     .above-avg-trough {
         border-left : 1px slategrey solid;
         border-right: 1px black solid;
         background  : darkslategrey;
     }
+    <!-- style inserted by dynamis -->
+    h1 {
+        text-align: center;
+        margin: 1em 0em;
+    }
   </style>
   <body>
-    <h1 style="text-align: center; margin: 1em 0em;">JavaScript プロファイルデータ</h1><!-- style inserted by dynamis -->
+    <h1>JavaScript プロファイルデータ</h1>
     <table><!-- placed in table by dynamis -->
       <tr>
         <td><span class="label">データ収集日時</span></td><td> : </td>
         <td><span class="value">$full-date</span></td>
       </tr>
       <tr>
         <td><span class="label">ユーザエージェント</span></td><td> : </td>
         <td><span class="value">$user-agent</span></td>
@@ -126,12 +129,11 @@
         </span>
 @-item-end
       </span>
 @-range-end
       <br>
     </span>
 @-section-end
     <hr>
-    <a href="http://skillup.jp/venkman/" title="思った通りのプログラムが書けてますか?(笑) - by dynamis" style="font-size: 80%;">プログラムは思った通りに動くのではない。書いた通りに動くのだ。</a><br><!-- inserted by dynamis ;-) -->
     <a href="http://www.mozilla.org/projects/venkman/">No job is too big, no fee is too big.</a>
   </body>
 </html>
--- a/extensions/venkman/chrome/profile.txt.tpl
+++ b/extensions/venkman/chrome/profile.txt.tpl
@@ -23,9 +23,9 @@
 
 @-range-end
 =================================================================================
 
 @-section-end
 
 
 Mozilla JavaScript デバッガ Venkman のご利用ありがとうございます。
-<https://developer.mozilla.org/ja/Venkman>
+<http://www.mozilla.org/projects/venkman>
--- a/extensions/venkman/chrome/venkman-help.tpl
+++ b/extensions/venkman/chrome/venkman-help.tpl
@@ -1,16 +1,11 @@
 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN">
-<!-- Contributor(s):
-   -   Robert Ginda, <rginda@netscape.com>, original author
-   - Javanese Localization by
+<!-- Javanese Localization by
    -   dynamis
-   - 
-   - According to HTML DTD definition, block level element cannnot appear in SPAN element.
-   - But original file use SPAN as container of P or UL and the forth, and I replaced some SPAN with DIV except SPANs defined as block level by css.
    -->
 <html>
   <head>
     <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=$report-charset">
     <link rel="stylesheet" href="$css" type="text/css" media="screen">
 
     <title>Venkman ヘルプシステム</title>
     <script>
--- a/extensions/venkman/chrome/venkman-overlay.dtd
+++ b/extensions/venkman/chrome/venkman-overlay.dtd
@@ -35,16 +35,15 @@
    - use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
    - decision by deleting the provisions above and replace them with the notice
    - and other provisions required by the GPL or the LGPL. If you do not delete
    - the provisions above, a recipient may use your version of this file under
    - the terms of any one of the MPL, the GPL or the LGPL.
    -
    - ***** END LICENSE BLOCK ***** -->
 
-<!ENTITY venkmanCmd.label	"JavaScript デバッガ">
-<!ENTITY venkmanCmd.accesskey	"D">
+<!ENTITY venkmanCmd.label     "JavaScript デバッガ">
+<!ENTITY venkmanCmd.accesskey "D">
 
-<!ENTITY vnkButton.label	"JavaScript デバッガ">
+<!ENTITY vnkButton.label      "JavaScript デバッガ">
   
-<!ENTITY vnkMenu.label		"JavaScript デバッガ">
-<!ENTITY vnkMenu.accesskey	"J">
-
+<!ENTITY vnkMenu.label        "JavaScript デバッガ">
+<!ENTITY vnkMenu.accesskey    "J">
--- a/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
+++ b/extensions/venkman/chrome/venkman.properties
@@ -335,50 +335,42 @@ msn.fmt.profile.str2 = 合計 %1$Sms, 最短 %2$Sms, 最長 %3$Sms, 平均 %4$Sms
 # msn.fmt.profile.recurse = " (max depth %1$S)
 msn.fmt.profile.recurse = " (最大再帰 %1$S回)"
 
 ## menu headings ##
 # For these menu labels, an accesskey may be specified using a .accesskey
 # string, or by prefixing the desired letter with "&" in the label.
 # The accesskey string should have the form: msg.mnu.<menuname>.accesskey
 msg.mnu.file           = ファイル
-msg.mnu.file.accesskey = F
+#msg.mnu.file.accesskey = F
 msg.mnu.edit           = 編集
-msg.mnu.edit.accesskey = E
+#msg.mnu.edit.accesskey = E
 msg.mnu.debug           = デバッグ
-msg.mnu.debug.accesskey = D
+#msg.mnu.debug.accesskey = D
 msg.mnu.profile           = プロファイル
-msg.mnu.profile.accesskey = P
+#msg.mnu.profile.accesskey = P
 msg.mnu.view            = 表示
-msg.mnu.view.accesskey  = V
+#msg.mnu.view.accesskey  = V
 msg.mnu.help            = ヘルプ
-msg.mnu.help.accesskey  = H
+#msg.mnu.help.accesskey  = H
 msg.mnu.tools           = ツール
-msg.mnu.tools.accesskey = T
+#msg.mnu.tools.accesskey = T
 # 次の2つは勝手に変更。
 msg.mnu.emode           = エラーモード
-msg.mnu.emode.accesskey = E
+#msg.mnu.emode.accesskey = E
 msg.mnu.tmode           = 例外モード
-msg.mnu.tmode.accesskey = G
+#msg.mnu.tmode.accesskey = G
 msg.mnu.showhide            = 表示/非表示
-msg.mnu.showhide.accesskey  = W
+#msg.mnu.showhide.accesskey  = W
 msg.mnu.session.colors           = 対話セッションカラー
-msg.mnu.session.colors.accesskey = L
+#msg.mnu.session.colors.accesskey = L
 msg.mnu.scripts.instance           = ファイルオプション
-msg.mnu.scripts.instance.accesskey = I
+#msg.mnu.scripts.instance.accesskey = I
 msg.mnu.scripts.wrapper            = 関数オプション
-msg.mnu.scripts.wrapper.accesskey  = T
-
-msg.toolbar.stop        = 現在の操作を停止
-msg.toolbar.cont        = デバッグを継続
-msg.toolbar.stepover    = 現在のスコープで一行ずつ実行
-msg.toolbar.stepin      = 内側のスコープに入って一行ずつ実行
-msg.toolbar.stepout     = 現在のスコープを出るまで実行
-msg.toolbar.profile     = プロファイルモードを切り替え
-msg.toolbar.prettyprint = 整形表示モードを切り替え
+#msg.mnu.scripts.wrapper.accesskey  = T
 
 msn.sourceheader.url   = <%1$S> %2$S行目
 msn.default.alias.help = このコマンドは |%1$S| の別名です。
 
 msn.launch.count      = 起動回数記録 (ローカル: %1$S、グローバル: %2$S)
 msg.no.help           = このコマンドの解説は用意されていません。
 msn.extra.params      = "余分なパラメータ "%1$S" は無視されました。"
 msg.files.rec         = ファイル
@@ -515,191 +507,191 @@ cmd.hook-venkman-exit.help = デバッガを終了する前に呼び出されます。
 cmd.hook-venkman-query-exit.help = デバッガが終了しようとするときに呼び出されます。 フック関数はイベントの returnValue に false を設定することで終了をキャンセルできます。
 
 cmd.hook-venkman-started.help = デバッガが最初に起動されるときに呼び出されます。
 
 
 ## commands ##
 
 cmd.about-mozilla.label = Mozilla について
-cmd.about-mozilla.accesskey = A
+#cmd.about-mozilla.accesskey = A
 cmd.about-mozilla.help  = Mozilla インストールに関する情報を表示します。
 
 cmd.break.label  = ブレークポイントを設定
-cmd.break.accesskey = E
+#cmd.break.accesskey = E
 cmd.break.params = [<url-pattern> <line-number> [<properties> [<parent>]]]
 cmd.break.help   = <url-pattern> にマッチするすべての URL の行番号 <line-number> にブレークポイントを設定します。 <properties> にはブレークポイントのプロパティを表す JavaScript オブジェクト、 <parent> には親として対応付ける予定ブレークポイントへの参照を指定します。 パラメータを何も指定しなければすべてのブレークポイント一覧を表示します。  関連コマンド: |set-fbreak|, |clear|
 
 cmd.break-props.label  = ブレークポイントのプロパティ...
-cmd.break-props.accesskey = P
+#cmd.break-props.accesskey = P
 cmd.break-props.params = <break-wrapper>
 cmd.break-props.help   = <break-wrapper> で表されるブレークポイントのプロパティダイアログを表示します。
 
 cmd.change-container.params = <view-id> <new-type>
 cmd.change-container.help   = "<view-id> が含まれているコンテナの形式を <new-type> に変更します。 <view-id> の値は、"scripts", "windows", "locals", "watches", "breaks", "stack", "source", "source2", "session" のいずれかを指定します。 <new-type> の値は、水平レイアウトにするには "horizontal" を、垂直レイアウトにするには "vertical" を、タブボックスレイアウトにするには "tab" を指定します。"
 
 cmd.change-value.label   = 値を変更...
-cmd.change-value.accesskey = V
+#cmd.change-value.accesskey = V
 cmd.change-value.params  = <parent-value> <property-name> [<new-value>]
 cmd.change-value.help    = jsdValue <parent-value> のプロパティ <property-name> の値を変更します。 jsdValu <new-value> が指定されればそれがプロパティの新しい値となり、指定されなければ新しい値の式をユーザが入力できるようにダイアログボックスが表示されます。
 
 cmd.chrome-filter.params = [<toggle>]
 cmd.chrome-filter.help   = chrome: 形式 URL のフィルタリングを有効または無効にします。 chrome: フィルタリングを有効にするとブラウザを構成する JavaScript ファイルはスクリプトビューに表示されなくなり、デバッグ中にそれらのステップ実行はしなくなります。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.clear.label  = ブレークポイントを削除
-cmd.clear.accesskey = L
+#cmd.clear.accesskey = L
 cmd.clear.params = <url-pattern> [<line-number>]
 cmd.clear.help   = <url-pattern> にマッチするファイル中のブレークポイントを削除します。 <line-number> を指定すればその行のブレークポイントだけが削除されます。
 
 cmd.clear-all.label  = すべてのブレークポイントを削除
-cmd.clear-all.accesskey = A
+#cmd.clear-all.accesskey = A
 cmd.clear-all.help   = 現在定義されているすべてのブレークポイントを削除します。
 
 cmd.clear-break.label  = ブレークポイントを削除
-cmd.clear-break.accesskey = C
+#cmd.clear-break.accesskey = C
 cmd.clear-break.params = <break-wrapper> [<...>]
 cmd.clear-break.help   = <break-wrapper> で包まれたブレークポイントを削除します。 <break-wrapper> が予定ブレークポイントオブジェクトである場合、すべての子ブレークポイントが削除されますが、予定ブレークポイントは残ります。
 
 cmd.clear-fbreak.label  = 予定ブレークポイントを削除
-cmd.clear-fbreak.accesskey = F
+#cmd.clear-fbreak.accesskey = F
 cmd.clear-fbreak.params = <break-wrapper> [<...>]
 cmd.clear-fbreak.help   = <break-wrapper> で包まれた予定ブレークポイントを削除します。 <break-wrapper> がブレークポイントインスタンスオブジェクトである場合、インスタンスの親である予定ブレークポイントは削除されますが、インスタンスは残ります。 インスタンスがその親として予定ブレークポイントを持たない場合、当該ラッパーは無視されます。
 
 cmd.clear-profile.label = プロファイルデータを消去
-cmd.clear-profile.accesskey = L
+#cmd.clear-profile.accesskey = L
 cmd.clear-profile.help  = 存在するあらゆるプロファイルデータをゼロクリアします
 
 cmd.clear-session.label = 対話セッションの出力を消去
-cmd.clear-session.accesskey = A
+#cmd.clear-session.accesskey = A
 cmd.clear-session.help  = 対話セッションビューの全テキストを消去します
 
 cmd.clear-script.label  = ブレークポイントを削除
-cmd.clear-script.accesskey = C
+#cmd.clear-script.accesskey = C
 cmd.clear-script.params = <script-wrapper> [<...>]
 cmd.clear-script.help   = <script-wrapper> で包まれたスクリプト中のすべてのブレークポイントを削除します。
 
 cmd.clear-instance.label  = ブレークポイントを削除
-cmd.clear-instance.accesskey = C
+#cmd.clear-instance.accesskey = C
 cmd.clear-instance.params = <script-instance> [<...>]
 cmd.clear-instance.help   = <script-instance> で表されたスクリプトインスタンス中の全ブレークポイントを削除します。
 
 cmd.close.label = ウィンドウを閉じる
-cmd.close.accesskey = W
+#cmd.close.accesskey = W
 cmd.close.help  = デバッガを閉じます
 
 cmd.cmd-docommand.params = <cmd-name>
 cmd.cmd-docommand.help   = 
 
 cmd.cmd-undo.label  = 元に戻す
-cmd.cmd-undo.accesskey = U
+#cmd.cmd-undo.accesskey = U
 cmd.cmd-undo.key    = accel Z
 cmd.cmd-undo.params = 
 cmd.cmd-undo.help   = 最後に行った変更を元に戻します。
 
 cmd.cmd-redo.label  = やり直し
-cmd.cmd-redo.accesskey = R
+#cmd.cmd-redo.accesskey = R
 cmd.cmd-redo.key    = accel Y
 cmd.cmd-redo.params = 
 cmd.cmd-redo.help   = 最後に元に戻した変更をやり直します。
 
 cmd.cmd-cut.label  = 切り取り
-cmd.cmd-cut.accesskey = T
+#cmd.cmd-cut.accesskey = T
 cmd.cmd-cut.key    = accel X
 cmd.cmd-cut.params = 
 cmd.cmd-cut.help   = 選択中のテキストをクリップボードにコピーし、ソースから削除します。
 
 cmd.cmd-copy.label  = コピー
-cmd.cmd-copy.accesskey = C
+#cmd.cmd-copy.accesskey = C
 cmd.cmd-copy.key    = accel C
 cmd.cmd-copy.params = 
 cmd.cmd-copy.help   = 選択中のテキストをクリップボードにコピーします。
 
 cmd.cmd-paste.label  = 貼り付け
-cmd.cmd-paste.accesskey = P
+#cmd.cmd-paste.accesskey = P
 cmd.cmd-paste.key    = accel V
 cmd.cmd-paste.params = 
 cmd.cmd-paste.help   = クリップボードの内容を貼り付けます。
 
 cmd.cmd-delete.label  = 削除
-cmd.cmd-delete.accesskey = D
+#cmd.cmd-delete.accesskey = D
 cmd.cmd-delete.key    = VK_DELETE
 cmd.cmd-delete.params = 
 cmd.cmd-delete.help   = 選択範囲を削除します。
 
 cmd.cmd-selectall.label  = すべて選択
-cmd.cmd-selectall.accesskey = A
+#cmd.cmd-selectall.accesskey = A
 cmd.cmd-selectall.key    = accel A
 cmd.cmd-selectall.params = 
 cmd.cmd-selectall.help   = 現在のビューのすべてのテキストを選択します。
 
 cmd.cmd-copy-link-url.label  = リンク URL をコピー
 cmd.cmd-copy-link-url.params = <url>
 cmd.cmd-copy-link-url.help   = リンクの URL をクリップボードにコピーします。
 
 cmd.cmd-mozilla-prefs.label  = Mozilla の設定...
-cmd.cmd-mozilla-prefs.accesskey = M
+#cmd.cmd-mozilla-prefs.accesskey = M
 cmd.cmd-mozilla-prefs.params = 
 cmd.cmd-mozilla-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-prefs.label  = 設定...
-cmd.cmd-prefs.accesskey = E
+#cmd.cmd-prefs.accesskey = E
 cmd.cmd-prefs.params = 
 cmd.cmd-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-venkman-prefs.label  = JavaScript デバッガの設定...
-cmd.cmd-venkman-prefs.accesskey = E
+#cmd.cmd-venkman-prefs.accesskey = E
 cmd.cmd-venkman-prefs.params = 
 cmd.cmd-venkman-prefs.help   = 
 
 cmd.cmd-venkman-opts.label  = オプション...
-cmd.cmd-venkman-opts.accesskey = O
+#cmd.cmd-venkman-opts.accesskey = O
 cmd.cmd-venkman-opts.params = 
 cmd.cmd-venkman-opts.help   = 
 
 cmd.commands.params = [<pattern>]
 cmd.commands.help   = <pattern> にマッチする名前の全コマンドを一覧表示します。<pattern> が指定されない場合は全コマンド名を表示します。
 
 cmd.copy-frames.label  = 選択フレームをコピー
-cmd.copy-frames.accesskey = C
+#cmd.copy-frames.accesskey = C
 cmd.copy-frames.params = <jsd-frame> [<...>]
 cmd.copy-frames.help   = 選ばれているフレームをクリップボードにコピーします。
 
 cmd.copy-qual-name.label  = 有修飾名をコピー
-cmd.copy-qual-name.accesskey = Q
+#cmd.copy-qual-name.accesskey = Q
 cmd.copy-qual-name.params = <expression>
 cmd.copy-qual-name.help   = 変数の有修飾名をクリップボードにコピーします。
 
 cmd.cont.label = 再開
-cmd.cont.accesskey = C
+#cmd.cont.accesskey = C
 cmd.cont.key   = VK_F5
 cmd.cont.tip   = デバッグを継続
 cmd.cont.help  = デバッグ対象の実行を再開します。
 
 cmd.debug-script.label  = デバッグしない
-cmd.debug-script.accesskey = D
+#cmd.debug-script.accesskey = D
 cmd.debug-script.params = <toggle> <script-wrapper> [<...>]
 cmd.debug-script.help   = <script-wrapper> スクリプトラッパーでのデバッグを有効または無効にします。 デバッグを無効にしている間 Venkman は無効にしたスクリプトでは停止*しません*。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。
 
 cmd.debug-instance-on.label  = 含まれる関数をデバッグしない
-cmd.debug-instance-on.accesskey = D
+#cmd.debug-instance-on.accesskey = D
 cmd.debug-instance-on.params = <script-instance> [<...>]
 cmd.debug-instance-on.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる関数すべてのデバッグを無効にします。
 
 cmd.debug-instance-off.label  = 含まれる関数をデバッグする
-cmd.debug-instance-off.accesskey = D
+#cmd.debug-instance-off.accesskey = D
 cmd.debug-instance-off.params = <script-instance> [<...>]
 cmd.debug-instance-off.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる関数すべてのデバッグを有効にします。
 
 cmd.debug-instance.label  = 含まれる関数のデバッグを切り替え
-cmd.debug-instance.accesskey = T
+#cmd.debug-instance.accesskey = T
 cmd.debug-instance.params = <toggle> <script-instance> [<...>]
 cmd.debug-instance.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる関数すべてのデバッグを有効または無効にします。 デバッグを無効にしている間 Venkman は無効にしたスクリプト中では停止*しません*。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。
 
 cmd.debug-transient.label  = Eval/Timeout をデバッグしない
-cmd.debug-transient.accesskey = M
+#cmd.debug-transient.accesskey = M
 cmd.debug-transient.params = <toggle> <url> [<...>]
 cmd.debug-transient.help   = <url> URL に関連づけられた一時的スクリプト(setTimeout() や eval() によるものなど)のデバッグを有効または無効にします。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。
 
 cmd.dumpprofile.label  = プロファイルデータをダンプ
 cmd.dumpprofile.params = [<file-name>]
 
 cmd.dumptree.params = <tree> [<depth>]
 
@@ -708,342 +700,343 @@ cmd.emode.help   = デバッグ対象でエラーが発生したときにデバッガがとる動作を設定します。 emode ignore とすればすべてのエラーを無視し、emode trace とすればコンソールにエラーログを表示し、emode break とすればエラーが投げられたときに実行を停止します。パラメータなしで emode を使用すると現在のエラーモードを表示します。 emode は例外が捉えられなかったときにどうするかを制御するものであり、例外が*投げられた時*の制御には |tmode| を使用することに注意してください。
 
 cmd.eval.params = <expression>
 cmd.eval.help   = デバッグ対象の現在のフレームのスコープで <expression> を評価します。 関連コマンド: |frame|, |where|, |props|, |evald|
 
 cmd.evald.params  = <expression>
 cmd.evald.help    = デバッガのスコープで <expression> を評価します。  関連コマンド: |eval|
 
 cmd.em-break.label  = エラーで停止
-cmd.em-break.accesskey = R
+#cmd.em-break.accesskey = R
 cmd.em-cycle.label  = エラーモードを切り替え
 cmd.em-cycle.key    = accel shift  E
 cmd.em-ignore.label = エラーを無視
-cmd.em-ignore.accesskey = N
+#cmd.em-ignore.accesskey = N
 cmd.em-trace.label  = エラーを追跡
-cmd.em-trace.accesskey = A
+#cmd.em-trace.accesskey = A
 
 cmd.fbreak.label  = 予定ブレークポイントを設定
-cmd.fbreak.accesskey = F
+#cmd.fbreak.accesskey = F
 cmd.fbreak.params = [<url-pattern> <line-number> [<properties>]]
 cmd.fbreak.help   = ""予定(future)" ブレークポイントを設定します。<url-pattern> にマッチするファイル名のスクリプトが読み込まれたときに <line-number> のブレークポイントが設定されるようになります。 1行目にブレークポイントを設定すればデバッガはスクリプト読み込み時に停止します。 パラメータなしの fbreak は全予定ブレークポイントを一覧表示します。 <properties> にはこのブレークポイントのプロパティを表す JavaScript オブジェクトを指定します。 このコマンドはパラメータを省略できることを除いて |set-fbreak| と同じものです。  関連コマンド: |break|"
 
 cmd.set-break.label  = ブレークポイントを設定
-cmd.set-break.accesskey = E
+#cmd.set-break.accesskey = E
 cmd.set-break.params = <url-pattern> <line-number> [<properties> [<parent>]]
 cmd.set-break.help   = <url-pattern> にマッチするすべての URL の行番号 <line-number> にブレークポイントを設定します。 <properties> にはブレークポイントのプロパティを表す JavaScript オブジェクト、 <parent> には親として対応付ける予定ブレークポイントへの参照を指定します。 このコマンドはパラメータが必須であることを除いて |break| と同じものです。  関連コマンド: |fbreak|, |clear|
 
 cmd.set-fbreak.label = 予定ブレークポイントを設定
-cmd.set-fbreak.accesskey = F
+#cmd.set-fbreak.accesskey = F
 cmd.set-fbreak.params = <url-pattern> <line-number> [<properties>]
 cmd.set-fbreak.help   = ""予定(future)" ブレークポイントを設定します。<url-pattern> にマッチするファイル名のスクリプトが読み込まれたときに <line-number> のブレークポイントが設定されるようになります。 1行目にブレークポイントを設定すればデバッガはスクリプト読み込み時に停止します。 パラメータなしの fbreak では全予定ブレークポイントを一覧表示します。 <properties> にはこのブレークポイントのプロパティを表す JavaScript オブジェクトを指定します。 このコマンドはパラメータを省略できないことを除いて |fbreak| と同じものです。  関連コマンド: |break|"
 
 cmd.fclear.label  = 予定ブレークポイントを削除
-cmd.fclear.accesskey = U
+#cmd.fclear.accesskey = U
 cmd.fclear.params = <url-pattern> [<line-number>]
 cmd.fclear.help   = <url-pattern> にセットされた予定ブレークポイントを削除します。 <line-number> を指定するとその行の予定ブレークポイントだけが削除されます。
 
 cmd.fclear-all.label = すべての予定ブレークポイントを削除
-cmd.fclear-all.accesskey = U
+#cmd.fclear-all.accesskey = U
 cmd.fclear-all.help  = 現在定義されているすべての予定ブレークポイントを削除します。
 
 cmd.find-bp.label  = ブレークポイントを検索
-cmd.find-bp.accesskey = B
+#cmd.find-bp.accesskey = B
 cmd.find-bp.params = <breakpoint>
 cmd.find-bp.help   = ブレークポイントオブジェクト <breakpoint> で指定されたブレークポイントをフォーカスします。
 
 cmd.find-creator.label  = クリエータを検索
-cmd.find-creator.accesskey = C
+#cmd.find-creator.accesskey = C
 cmd.find-creator.params = <jsd-value>
 cmd.find-creator.help   = jsdIValue <jsd-value> で参照されたオブジェクトの生成箇所をフォーカスします。
 
 cmd.find-ctor.label  = コンストラクタを検索
-cmd.find-ctor.accesskey = O
+#cmd.find-ctor.accesskey = O
 cmd.find-ctor.params = <jsd-value>
-md.find-ctor.help   = jsdIValue <jsd-value> で参照されたオブジェクトのコンストラクタをフォーカスします。
+cmd.find-ctor.help   = jsdIValue <jsd-value> で参照されたオブジェクトのコンストラクタをフォーカスします。
 
 cmd.find-file.label  = ファイルを開く...
-cmd.find-file.accesskey = O
+#cmd.find-file.accesskey = O
 cmd.find-file.key    = accel O
 cmd.find-file.params = [<file-name>]
 cmd.find-file.help   = <file-name> にあるファイルの内容をスクリプトビューに表示します。 <file-name> の場所は OS のパス文字列で指定します。 <file-name> を指定しないか、文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ダイアログが表示されます。
 
 cmd.find-frame.label   = フレームソースを検索
-cmd.find-frame.accesskey = F
+#cmd.find-frame.accesskey = F
 cmd.find-frame.params  = <frame-index>
 cmd.find-frame.help    = <frame-index> インデックスのフレームで指定されたスタックフレームをフォーカスします。
 
 cmd.find-script.label  = 関数を検索
-cmd.find-script.accesskey = U
+#cmd.find-script.accesskey = U
 cmd.find-script.params = <script-wrapper> [<target-pc>]
 cmd.find-script.help   = <script-wrapper> に包まれたスクリプトをフォーカスします。 <target-pc> を指定すれば関連行を表示するためにビューがスクロールされます。
 
 cmd.find-sourcetext.params = <source-text> [<range-start> [<range-end> [<details> [<target-line>]]]]
 cmd.find-sourcetext.help   = <source-text> ソーステキストオブジェクトを表示します。 <range-start> と <range-end> との間の全テキストが強調表示されます。 <detail> が指定される場合、それは <source-text> オブジェクトの派生元となるオブジェクトとなります。 <target-line> を指定すればその行にビューがスクロールされますが、指定しなければビューは <range-start> にスクロールされます。
 
 cmd.find-sourcetext-soft.params = <source-text> [<range-start> [<range-end> [<details> [<target-line>]]]]
 cmd.find-sourcetext-soft.help   = <target-line> がすでに表示されている場合にはビューがスクロールされないことを除いて |find-sourcetext| と同じ関数です。
 
 cmd.find-string.label = このファイルを検索...
-cmd.find-string.accesskey = D
+#cmd.find-string.accesskey = D
 cmd.find-string.key   = accel F
 cmd.find-string.help  = 現在選択されているタブのページ用の "検索ダイアログ" を表示させます。
+cmd.find-string-again.key = accel G
 
 cmd.find-scriptinstance.label  = ファイルを検索
-cmd.find-scriptinstance.accesskey = F
+#cmd.find-scriptinstance.accesskey = F
 cmd.find-scriptinstance.params = <script-instance> [<range-start> [<range-end> [<details> [<target-line>]]]]
 cmd.find-scriptinstance.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに関連づけられたソーステキストを表示します。 <range-start> と <range-end> との間の全テキストが強調表示されます。 <detail> が指定される場合、それは <script-instance> オブジェクトの派生元となるオブジェクトとなります。 <target-line> を指定すればその行にビューがスクロールされますが、指定しなければビューは <range-start> にスクロールされます。
 
 cmd.find-url.label  = URL を検索
-cmd.find-url.accesskey = F
+#cmd.find-url.accesskey = F
 cmd.find-url.params = <url> [<range-start> [<range-end> [<details> [<target-line>]]]]
 cmd.find-url.help   = <url> URLのコンテンツをソースビューに表示します。 <range-start> と <range-end> との間の全テキストが強調表示されます。 <detail> が指定される場合、それは <url> オブジェクトの派生元となるオブジェクトとなります。 <target-line> を指定すればその行にビューがスクロールされますが、指定しなければビューは <range-start> にスクロールされます。
 
 cmd.find-url-soft.label  = URL をソフトフォーカス
-cmd.find-url-soft.accesskey = S
+#cmd.find-url-soft.accesskey = S
 cmd.find-url-soft.params = <url> [<range-start> [<range-end> [<details> [<target-line>]]]]
 cmd.find-url-soft.help   = <target-line> がすでに表示されている場合にはビューがスクロールされないことを除いて |find-url| と同じ関数です。
 
 cmd.finish.label = ステップアウト
-cmd.finish.accesskey = T
+#cmd.finish.accesskey = T
 cmd.finish.key   = shift VK_F11
 cmd.finish.tip   = 現在の関数から出るまで実行
 cmd.finish.help  = 処理中の関数から出て現在のスタックフレームが返されるまで一度に実行します。
 
 cmd.focus-input.key  = VK_ESCAPE
 cmd.focus-input.help = コンソールの入力フィールドにフォーカスを移します。
 
 cmd.frame.label  = 現在のフレームを設定
-cmd.frame.accesskey = C
+#cmd.frame.accesskey = C
 cmd.frame.params = [<frame-index>]
 cmd.frame.help   = 現在のフレームにフレーム番号 <frame-index> を設定し、フレーム一覧を表示します。 <frame-index> が指定されない場合現在のフレーム一覧が表示されます。 有効なフレームとフレーム番号の一覧表示するには |where| コマンドを使用してください。
 
 cmd.gc.help = JavaScript のガーベジコレクションを今すぐ行います。 このコマンドにより、すでに解放されたスクリプトを読み込まれているスクリプトビューから除去できます。
 
 cmd.help.label  = コマンドリファレンス
-cmd.help.accesskey = C
+#cmd.help.accesskey = C
 cmd.help.params = [<pattern>]
 cmd.help.help    = <pattern> のヘルプを表示します。 <pattern> にはコマンド名全体か、コマンド名の最初の数文字だけを指定できます。 <pattern> がひとつ以上のコマンドにマッチする場合、マッチするコマンドすべてのヘルプが表示されます。 <patten> を指定しなければブラウザビューにコマンドリファレンスが読み込まれます。
 
 cmd.inspect.label  = DOM インスペクタで調査
-cmd.inspect.accesskey = I
+#cmd.inspect.accesskey = I
 cmd.inspect.params = [<expression>]
 cmd.inspect.help   = <expression> の結果を DOM インスペクタで調査します。
 
 cmd.loadd.label  = デバッガスコープにスクリプトを読み込む
 cmd.loadd.params = <url>
 cmd.loadd.help   = デバッガのコンテキストに於いて <url> で指定した URL の中身を実行します。 デバッガプラグインの読み込みに使えます。  関連コマンド: |pref| (initialScripts 環境設定)
 
 cmd.move-view.params = <view-id> <location-url>
 cmd.move-view.help   = <view-id> に関連づけられたビューを <location-url> で指定されたロケーションに移動します。
 
 cmd.mozilla-help.label = ヘルプ 目次
-cmd.mozilla-help.accesskey = H
+#cmd.mozilla-help.accesskey = H
 cmd.mozilla-help.help  = Mozilla ヘルプの目次を表示します。
 
 cmd.next.label = ステップオーバー
-cmd.next.accesskey = O
+#cmd.next.accesskey = O
 cmd.next.key   = VK_F12
 cmd.next.tip   = 関数呼び出しも含めて一行ずつ実行
 cmd.next.help  = スクリプトの次の行を実行します。 当該行に関数呼び出しが含まれている場合でも、呼び出し先関数の処理も含めて、コード行単位で一行ずつ実行します。
 
 cmd.open-dialog.params = <url> [<window-name> [<window-flags>]]
 cmd.open-dialog.help   = ダイアログウィンドウを開いて <url> からソースを読み込みます。 chrome: ではなく Web ページを読み込むのに使用することもできますが、主として新しい XUL ウィンドウを開くのに使用されます。
 
 cmd.open-url.label = URL を指定して開く...
-cmd.open-url.accesskey = L
+#cmd.open-url.accesskey = L
 cmd.open-url.key   = accel shift L
 cmd.open-url.help  = ソースビューに読み込む URL をユーザに尋ねます。
 
 cmd.pprint.params = [<toggle>]
 cmd.pprint.help   = 整形表示モードを設定や表示します。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.pref.params  = [<pref-name> [<pref-value> [<delete-pref>]]]
 cmd.pref.help    = <pref-name> という名前の環境設定値を <pref-value> の値に設定します。 <pref-value> を指定しなければ <pref-name> の現在値が表示されます。 <pref-name> と <pref-value> の両方を省略すればすべての環境設定が表示されます。 true, on, yes, 1 のいずれかを <delete-pref> に指定するか <pref-name> がマイナス文字('-')で始まる場合、環境設定にはその初期値が復元されます。
 
 cmd.profile.params = [<toggle>]
 cmd.profile.help   = プロファイルデータの収集を有効または無効にします。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.profile-script.label   = プロファイルしない
-cmd.profile-script.accesskey = P
+#cmd.profile-script.accesskey = P
 # チェック表示があるので"\u301cしない"と否定形
 cmd.profile-script.params = <toggle> <script-wrapper> [<...>]
 cmd.profile-script.help   = <script-wrapper> スクリプトのプロファイルを有効または無効にします。 プロファイルが無効になっている間、データは破棄されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.profile-instance.label = 含まれる関数のプロファイル切り替え
-cmd.profile-instance.accesskey = G
+#cmd.profile-instance.accesskey = G
 cmd.profile-instance.params = <toggle> <script-instance> [<...>]
 cmd.profile-instance.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる全関数のプロファイルを有効または無効にします。 プロファイルが無効になっている間、データは破棄されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。
 
 cmd.profile-instance-on.label  = 含まれる関数をプロファイルしない
-cmd.profile-instance-on.accesskey = P
+#cmd.profile-instance-on.accesskey = P
 cmd.profile-instance-on.params = <script-instance> [<...>]
 cmd.profile-instance-on.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる全関数のプロファイルを無効にします。
 
 cmd.profile-instance-off.label  = 含まれる関数をプロファイルする
-cmd.profile-instance-off.accesskey = C
+#cmd.profile-instance-off.accesskey = C
 cmd.profile-instance-off.params = <script-instance> [<...>]
 cmd.profile-instance-off.help   = <script-instance> スクリプトインスタンスに含まれる全関数のプロファイルを有効にします。
 
 cmd.profile-tb.label = プロファイル
 cmd.profile-tb.tip   = プロファイルモードを切り替え
 
 cmd.props.params = <expression>
 cmd.props.help   = <expression> によって返される値のプロパティを一覧表示します。 式の評価はデバッグ対象の現在フレームのスコープで行われます。  関連コマンド: |where|, |frame|, |eval|, |propsd|
 
 cmd.propsd.params = <expression>
 cmd.propsd.help   = <expression> によって返される値のプロパティを一覧表示します。式の評価はデバッガのスコープで行われます。  関連コマンド: |props|
 
 cmd.exit.label = 終了
-cmd.exit.accesskey = E
+#cmd.exit.accesskey = E
 cmd.exit.key   = accel Q
 
 cmd.quit.label = 終了
-cmd.quit.accesskey = Q
+#cmd.quit.accesskey = Q
 cmd.quit.key   = accel Q
 cmd.quit.help  = Mozilla を終了します。
 
 cmd.reload-source-tab.label  = ソースを再読み込み
-cmd.reload-source-tab.accesskey = R
+#cmd.reload-source-tab.accesskey = R
 cmd.reload-source-tab.params = [<index>]
 cmd.reload-source-tab.key    = accel R
 cmd.reload-source-tab.help   = <index> で指定したインデックスのタブでソースを再読み込みします。 <index> を指定しなければ現在のタブが再読み込みされます。
 
 cmd.release-notes.label = リリースノート
-cmd.release-notes.accesskey = R
+#cmd.release-notes.accesskey = R
 cmd.release-notes.help  = Mozilla のリリースノートを表示します。
 
 cmd.close-source-tab.label  = タブを閉じる
-cmd.close-source-tab.accesskey = C
+#cmd.close-source-tab.accesskey = C
 cmd.close-source-tab.key    = accel W
 cmd.close-source-tab.params = [<index>]
 cmd.close-source-tab.help   = <index> で指定したインデックスのタブを閉じます。 <index> を指定しなければ現在のタブが閉じられます。
 
 cmd.restore-layout.params = [<name>]
 cmd.restore-layout.help   = <name> と名付けたビューレイアウトを復元します。 <name> を指定しなければ利用可能なレイアウト一覧が表示されます。 特殊な名前 factory をデフォルトレイアウトの復元に使用できます。
 
 cmd.restore-settings.label  = ブレークポイントと監視点の設定を復帰...
-cmd.restore-settings.accesskey = T
+#cmd.restore-settings.accesskey = T
 cmd.restore-settings.params = [<settings-file>]
 cmd.restore-settings.help   = このコマンドは実際には <settings-file> を省略できることだけが異なる |loadd| の別名です。 <settings-file> を指定しないか文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ウィジェットが表示されます。 このコマンドは保存したブレークポイントと監視点を手軽に復帰できるようにブレークポイント及び監視点ビューのコンテキストメニューに用意されます。
 
 cmd.reloadui.key = accel alt R
 
 cmd.run-to.label  = 指定行まで実行
-cmd.run-to.accesskey = L
+#cmd.run-to.accesskey = L
 cmd.run-to.params = <script-wrapper> <pc>
 cmd.run-to.help   = "<script-wrapper> で指定したスクリプトの <pc> で指定したプログラムカウンタ に達するまで実行を続けます。 これは当該行に対して "使い捨て" ブレークポイントを設定する効果があります。
 
 cmd.save-default-layout.label = デフォルトレイアウトに設定
-cmd.save-default-layout.accesskey = S
+#cmd.save-default-layout.accesskey = S
 
 cmd.save-layout.params = [<name>]
 cmd.save-layout.help   = "<name> という名前で現在のウィンドウレイアウトを保存します。 保存したレイアウトは後で |restore-layout| コマンドにより復元できます。 <name> を指定しなければ利用可能なレイアウト一覧が表示されます。 Venkman が起動時に復元するデフォルトレイアウトに設定するには "default" という名前で保存します。 "factory" レイアウトは上書きできません。"
 
 cmd.save-source-tab.label = 名前を付けてソースファイルを保存...
-cmd.save-source-tab.accesskey = S
+#cmd.save-source-tab.accesskey = S
 cmd.save-source-tab.params = [<index> [<target-file>]]
 cmd.save-source-tab.key   = accel S
 cmd.save-source-tab.help  = <index> で指定した位置のタブに表示されているソースファイルの中身をローカルシステムのファイルに保存します。 <index> を指定しなければ現在のタブが保存されます。 <target-file> を指定しないか、文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ダイアログが表示されます。 <target-file> は OS のパス文字列で指定します。
 
 cmd.save-profile.label = 名前を付けてプロファイルデータを保存...
-cmd.save-profile.accesskey = R
+#cmd.save-profile.accesskey = R
 cmd.save-profile.params = [<target-file> [<url> [<...>]]
 cmd.save-profile.help = <url> で指定した一つ以上のソースファイルで集められたプロファイルデータを <target-file> に保存します。 <target-file> を指定しないか、文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ダイアログが表示されます。 <url> を指定しなければすべてのプロファイルデータが保存されます。 <target-file> は OS のパス文字列で指定し、<url> は絶対 URL で指定します。
 
 cmd.save-breakpoints.label  = ブレークポイントの設定を保存...
-cmd.save-breakpoints.accesskey = S
+#cmd.save-breakpoints.accesskey = S
 cmd.save-breakpoints.params = [<settings-file>]
 cmd.save-breakpoints.help   = 後で復帰できるように現在のブレークポイントの一覧を JavaScript ファイルに保存します。 <settings-file> を指定しないか文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ウィジェットが表示されます。 <settings-file> は |LocalFile| オブジェクトへの参照であってもネイティブパスを文字列で表したものであっても構いません。  関連コマンド: |save-settings|, |save-watches|, |restore-settings|
 
 cmd.save-settings.label  = ブレークポイントと監視点の設定を保存...
-cmd.save-settings.accesskey = V
+#cmd.save-settings.accesskey = V
 cmd.save-settings.params = [<settings-file>]
 cmd.save-settings.help   = 後で復帰できるように現在のブレークポイントと監視点の一覧を JavaScript ファイルに保存します。 <settings-file> を指定しないか文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ウィジェットが表示されます。 <settings-file> は |LocalFile| オブジェクトへの参照であってもネイティブパスを文字列で表したものであっても構いません。  関連コマンド: |save-watches|, |save-breakpoints|, |restore-settings|
 
 cmd.save-watches.label  = 監視点の設定を保存...
-cmd.save-watches.accesskey = S
+#cmd.save-watches.accesskey = S
 cmd.save-watches.params = [<settings-file>]
 cmd.save-watches.help   = 後で復帰できるように現在の監視点の一覧を JavaScript ファイルに保存します。 <settings-file> を指定しないか文字 '?' を指定した場合、ファイル選択ウィジェットが表示されます。 <settings-file> は |LocalFile| オブジェクトへの参照であってもネイティブパスを文字列で表したものであっても構いません。  関連コマンド: |save-settings|, |save-breakpoints|, |restore-settings|
 
 cmd.search-scripts.params = [<pattern>]
 cmd.search-scripts.help   = URL が <pattern> にマッチしないスクリプトをすべて 読み込まれているスクリプトビュー から除外します。 <pattern> が指定されなければすべてのスクリプトが表示されます。
 
 cmd.session-css.params = [<css>]
 cmd.session-css.help   = 現在の CSS ファイルを対話セッションで使用するよう設定します。 <css> の値には "default", "dark", "light" あるいは使用する CSS ファイルの url が指定できます。 "default" ではブラウザの文字列及び背景色のデフォルト値を使用し、"dark" では暗い背景に明るい文字、"light" では明るい背景に暗い文字を使用します。 <css> を指定しなければ現在の値が表示されます。
 
 cmd.session-css-default.label = ブラウザ標準
-cmd.session-css-default.accesskey = B
+#cmd.session-css-default.accesskey = B
 cmd.session-css-dark.label    = 暗い背景に明るい文字
-cmd.session-css-dark.accesskey= D
+#cmd.session-css-dark.accesskey= D
 cmd.session-css-light.label   = 明るい背景に暗い文字
-cmd.session-css-light.accesskey = L
+#cmd.session-css-light.accesskey = L
 
 cmd.set-eval-obj.label  = 評価オブジェクトに設定
-cmd.set-eval-obj.accesskey = E
+#cmd.set-eval-obj.accesskey = E
 cmd.set-eval-obj.params = <jsd-value>
 cmd.set-eval-obj.help   = "eval コマンドで使用される現在の "評価オブジェクト" を設定します。 <jsd-value> で参照されるオブジェクトが this オブジェクトとなり、グローバル変数は <jsd-value> の親に関して解決されます。"
 
 cmd.scan-source.label  = メタコメントをスキャン
-cmd.scan-source.accesskey = S
+#cmd.scan-source.accesskey = S
 cmd.scan-source.params = <script-instance>
 cmd.scan-source.help   = ソースファイル全体から //@JSD_DIRECTIVE 形式のコメントをスキャンします。 初期状態で認識される命令は //@JSD_LOG, //@JSD_BREAK, //@JSD_EVAL です。 JSD_LOG はそれに続く任意のスクリプトを評価し、その結果を対話セッションビューに記録します。 JSD_BREAK は次の実行可能行に条件付きブレークポイントを挿入します。 JSD_EVAL はそれに続く任意のスクリプト記録や停止を伴わずに実行します。 ユーザはプラグインによって他の命令を追加することができます。
 
 cmd.scope.help = 現在フレームのスコープチェーン最上位オブジェクトのプロパティを一覧表示します。
 
 cmd.toggle-forcescriptload.label = 常に関数名推測を使用する
-cmd.toggle-forcescriptload.accesskey = F
+#cmd.toggle-forcescriptload.accesskey = F
 
 cmd.toggle-functions.label  = 関数を含める
-cmd.toggle-functions.accesskey = F
+#cmd.toggle-functions.accesskey = F
 
 cmd.show-functions.params = [<toggle>]
 cmd.show-functions.help   = 関数プロパティ(メソッドとして参照されていることもある)をローカル変数ビューと監視点ビューに表示するかどうか設定します。 設定変更後にノードを一度閉じて再度開いたときに、変更が反映されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.toggle-ecmas.label  = ECMAプロパティを含める
-cmd.toggle-ecmas.accesskey = I
+#cmd.toggle-ecmas.accesskey = I
 
 cmd.show-ecmas.params = [<toggle>]
 cmd.show-ecmas.help   = ECMA の [[Parent]] 及び [[Prototype]] プロパティをローカル変数ビューと監視点ビューに表示するかどうか設定します。 設定変更後にノードを一度閉じて再度開いたときに、変更が反映されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.toggle-constants.label  = 定数を含める
-cmd.toggle-constants.accesskey = T
+#cmd.toggle-constants.accesskey = T
 
 cmd.show-constants.params = [<toggle>]
 cmd.show-constants.help   = 定数プロパティをローカル変数ビューと監視点ビューに表示するかどうか設定します。 設定変更後にノードを一度閉じて再度開いたときに、変更が反映されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.toggle-show-most-recent.label = 同一ファイルを除外
-cmd.toggle-show-most-recent.accesskey = X
+#cmd.toggle-show-most-recent.accesskey = X
 
 cmd.show-most-recent.params = [<toggle>]
 cmd.show-most-recent.help   = 読み込まれているスクリプトビューに、特定 URL のスクリプトのうち最新のものだけを表示するか、あるいはすべてを表示するか設定します。これをオフにすると同一項目であっても 読み込まれているスクリプトビュー に表示されます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.show-profile.label = プロファイルデータを表示
-cmd.show-profile.accesskey = D
+#cmd.show-profile.accesskey = D
 cmd.show-profile.params = [<url> [<...>]]
 cmd.show-profile.help = 1 つ以上の <url> で指定されたソースファイルのプロファイルデータを表示します。<url> を指定しなければ、すべてのプロファイルデータが表示されます。
 
 cmd.startup-init.label  = 起動時に初期化
-cmd.startup-init.accesskey = S
+#cmd.startup-init.accesskey = S
 cmd.startup-init.params = [<toggle>]
 cmd.startup-init.help   = [起動時に初期化] 機能の状態を設定します。 この機能を有効にすると、ユーザインターフェイスが起動されるまで待たずに、デバッガはブラウザが最初に起動したときにスクリプト追跡を始めます。 これによりスクリプト一覧にデバッガユーザインターフェイスを起動する前に読み込まれたファイルを表示することができます。 この機能はパフォーマンスを*僅かに*低下させます。 <toggle> の値は、フラグをオンにするには true, on, yes, 1 のいずれかを、オフにするには false, off, no, 0 のいずれかを、現在の状態を切り替えるには toggle を指定します。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.source-coloring.label  = ソースのカラー表示
-cmd.source-coloring.accesskey = Z
+#cmd.source-coloring.accesskey = Z
 cmd.source-coloring.params = [<toggle>]
 cmd.source-coloring.help   = ソースコードビューでのソースコードカラー表示機能を有効または無効にします。 大きなファイルを扱うときや遅いマシンではソースのカラー表示を行うには時間がかかりすぎるかもしれません。 ソースのカラー表示をオフにすればファイル読み込みがかなり速くなります。 この設定の変更を反映するにはソースコードを再読み込みする必要があります。 <toggle> を省略した場合、現在の状態が表示されます。
 
 cmd.stop.label = 停止
-cmd.stop.accesskey = P
+#cmd.stop.accesskey = P
 cmd.stop.key   = VK_F4
 cmd.stop.tip   = 現在の操作を停止
 cmd.stop.help  = コードの次の行が実行される前に停止します。
 
 cmd.step.label = ステップイン
-cmd.step.accesskey = I
+#cmd.step.accesskey = I
 cmd.step.key   = VK_F11
 cmd.step.tip   = 関数内部に入って一行ずつ実行
 cmd.step.help  = スクリプトの次の行を実行して停止します。 当該行に関数呼び出しが含まれている場合、その関数内部に移って、呼び出し先関数の処理を一行ずつ実行します。
 
 cmd.testargs.params = <int> <word> [<word2> <word3>]
 cmd.testargs.help   = 引数のパースをテストする関数です。 任意の引数を通過させ、標準出力にイベントオブジェクトを出力します。
 # Functionは関数ではなく機能とかコマンドとしたほうがよい?
 
@@ -1052,87 +1045,87 @@ cmd.testargs1.help   = 引数のパースをテストする関数です。 任意の引数を通過させ、標準出力にイベントオブジェクトを出力します。
 
 cmd.this-expr.params = <expression>
 cmd.this-expr.help   = ""評価オブジェクト" を <expression> の結果に設定します。 すべての評価に於いて評価オブジェクトは this オブジェクトとして使用されます。 <expression> の結果は*絶対に*オブジェクトとならねばなりません。  関連コマンド: |eval|, |props|, |watch-expr|, |set-eval-obj|"
 
 cmd.tmode.params = [<mode>]
 cmd.tmode.help   = デバッグ対象で例外が投げられたときにデバッガがとる動作を設定します。 tmode ignore とすればすべての例外を無視し、tmode trace とすればコンソールにエラーログを表示し、tmode break とすれば例外が投げられたときに実行を中断します。 パラメータなしで tmode を実行すると現在の例外モードを表示します。 tmode は例外が*投げられた時*にどうするかを制御するものであり、例外が最上位まで達してエラーとなった時の制御には |emode| を使用することに注意してください。 Ctrl + T キーで例外モードを切り替えることができます。
 
 cmd.tm-break.label  = 例外で停止
-cmd.tm-break.accesskey = E
+#cmd.tm-break.accesskey = E
 cmd.tm-cycle.label  = 例外モードを切り替え
 cmd.tm-cycle.key    = accel T
 cmd.tm-ignore.label = 例外を無視
-cmd.tm-ignore.accesskey = G
+#cmd.tm-ignore.accesskey = G
 cmd.tm-trace.label  = 例外を追跡
-cmd.tm-trace.accesskey = R
+#cmd.tm-trace.accesskey = R
 
 cmd.toggle-scripts-search-box.help   = 読み込まれているスクリプトビューにある検索ボックスの表示を切り替えます。
 
 cmd.toggle-float.params = <view-id>
 cmd.toggle-float.help   = <view-id> で指定したビューが現在メインウィンドウに表示されているか、非表示になっている場合、新しい分離ウィンドウに表示します。 <view-id> がすでに分離ウィンドウである場合、メインウィンドウ中に戻されます。
 
 cmd.toggle-pprint.label = 整形表示
-cmd.toggle-pprint.accesskey = P
+#cmd.toggle-pprint.accesskey = P
 cmd.toggle-pprint.key   = accel P
 cmd.toggle-pprint.tip   = 整形表示モードを切り替え
 cmd.toggle-pprint.help  = 整形表示モードを切り替えます。
 
 cmd.toggle-save-layout.label = 終了時にレイアウトを保存
-cmd.toggle-save-layout.accesskey = E
+#cmd.toggle-save-layout.accesskey = E
 cmd.toggle-save-layout.help  = 設定すると Venkman 終了時にウィンドウレイアウトを保存します。
 
 cmd.toggle-save-settings.label = 終了時にブレークポイントと監視点の設定を保存
-cmd.toggle-save-settings.accesskey = X
+#cmd.toggle-save-settings.accesskey = X
 cmd.toggle-save-settings.help  = 設定すると Venkman 終了時にブレークポイントと監視点の設定を Venkman 保存し、起動時に復帰します。
 
 cmd.toggle-pref.params = <pref-name>
 cmd.toggle-pref.help   = <pref-name> で指定した真偽値環境設定を切り替えます。
 
 cmd.toggle-view.params = <view-id>
 cmd.toggle-view.help   = <view-id> で指定したビューが現在表示されている場合は非表示にします。 表示されていない場合は最後に表示されていた場所に表示されます。
 
 cmd.toggle-chrome.label  = ブラウザファイルを除外
-cmd.toggle-chrome.accesskey = X
+#cmd.toggle-chrome.accesskey = X
 cmd.toggle-profile.label = プロファイルデータ収集
-cmd.toggle-profile.accesskey = C
+#cmd.toggle-profile.accesskey = C
 
 cmd.toggle-breaks.label  = ブレークポイント
-cmd.toggle-breaks.accesskey = B
+#cmd.toggle-breaks.accesskey = B
 cmd.toggle-stack.label   = コールスタック
-cmd.toggle-stack.accesskey = C
+#cmd.toggle-stack.accesskey = C
 cmd.toggle-session.label = 対話セッション
-cmd.toggle-session.accesskey = I
+#cmd.toggle-session.accesskey = I
 cmd.toggle-locals.label  = ローカル変数
-cmd.toggle-locals.accesskey = L
+#cmd.toggle-locals.accesskey = L
 cmd.toggle-scripts.label = 読み込まれているスクリプト
-cmd.toggle-scripts.accesskey = C
+#cmd.toggle-scripts.accesskey = C
 cmd.toggle-windows.label = 開いているウィンドウ
-cmd.toggle-windows.accesskey = O
+#cmd.toggle-windows.accesskey = O
 cmd.toggle-source.label  = 旧型ソースコード
 cmd.toggle-source2.label = ソースコード
-cmd.toggle-source2.accesskey = U
+#cmd.toggle-source2.accesskey = U
 cmd.toggle-watches.label = 監視点
-cmd.toggle-watches.accesskey = W
+#cmd.toggle-watches.accesskey = W
 
 cmd.version.label = デバッガについて
-cmd.version.accesskey = V
+#cmd.version.accesskey = V
 cmd.version.help  = バージョン情報を表示
 
 cmd.remove-watch.label  = 監視点を削除
-cmd.remove-watch.accesskey = R
+#cmd.remove-watch.accesskey = R
 cmd.remove-watch.params = <index> [<...>]
 cmd.remove-watch.help   = 0 から始まるインデックス <index> で指定した監視点を削除します。
 
 cmd.watch-expr.label  = 監視する式を追加...
-cmd.watch-expr.accesskey = W
+#cmd.watch-expr.accesskey = W
 cmd.watch-expr.params = [<watch-expression>]
 cmd.watch-expr.help   = デバッグ対象のスコープで <expression> を評価し、監視点ウィンドウに結果を追加します。 <expression> を指定しなければコンソールにすべての監視点を表示します。
 
 cmd.watch-exprd.params = [<watch-expression>]
 cmd.watch-exprd.help   = デバッガのスコープで <expression> を評価し、監視点ウィンドウに結果を追加します。 <expression> を指定しなければコンソールにすべての監視点を表示します。
 
 cmd.watch-property.params = <jsd-value> <property-name>
 cmd.watch-property.help   = <jsd-value> に格納されているオブジェクトの <property-name> という名前のプロパティを監視点ウィンドウに追加します。
 
 cmd.where.label = 対話セッションにスタックをダンプ
-cmd.where.accesskey = S
+#cmd.where.accesskey = S
 cmd.where.help = 現在のコールチェーンの簡潔なスタックフレーム一覧を表示します。