16.0: sync security with en-US rev102438:08d03be346d4
authorABE Hiroki (hATrayflood)
Fri, 24 Aug 2012 21:53:11 +0900
changeset 773 98b21f75a85feb6e0fde6e59f60e5ba799e46259
parent 772 db9c6c88732809cdd9baf11636878b85763f4160
child 774 1bdc3e61bcb8c6e6abababe3831f05c78f671ac5
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs16
16.0: sync security with en-US rev102438:08d03be346d4
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -350,16 +350,17 @@ SSLConnectionErrorPrefix	= %S への接続中にエラーが発生しました。
 
 certErrorIntro			= %S は不正なセキュリティ証明書を使用しています。
 
 certErrorTrust_SelfSigned	= 自己署名をしているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_UnknownIssuer	= 発行者の証明書が不明であるためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_MissingChain	= 発行者の証明書への認証パスが提供されていないためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_CaInvalid	= 不正な認証局の証明書で発行されているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_Issuer		= 発行者の証明書が信頼されていないためこの証明書は信頼されません。
+certErrorTrust_SignatureAlgorithmDisabled	= 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_ExpiredIssuer	= 発行者の証明書が期限切れになっているためこの証明書は信頼されません。
 # (^^; 条件分岐としては上記以外の default
 certErrorTrust_Untrusted	= この証明書は信頼されている提供元から得られたものではありません。
 
 certErrorMismatch		= この証明書は %S には無効です。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorMismatchSingle2): Do not translate <a id="cert_domain_link" title="%1$S">%1$S</a>
 certErrorMismatchSingle2	= この証明書は <a id="cert_domain_link" title="%1$S">%1$S</a> にだけ有効なものです。
 certErrorMismatchMultiple	= この証明書は次のドメイン名にだけ有効なものです:
@@ -376,17 +377,16 @@ CertInfoIssuedFor		= 発行対象:
 CertInfoIssuedBy		= 発行者:
 CertInfoValid			= 有効期間:
 CertInfoFrom			= 
 CertInfoTo			= から
 CertInfoPurposes		= 用途
 CertInfoEmail			= メール
 CertInfoStoredIn		= 保存先:
 P12DefaultNickname		= インポートされた証明書
-
 CrlImportFailure1x		= 証明書失効リスト (CRL) をインポートできませんでした。
 CrlImportFailureExpired		= この CRL にはより新しいバージョンがあります。
 CrlImportFailureBadSignature	= CRL の署名が正しくありません。
 CrlImportFailureInvalid		= 新しい CRL の書式が正しくありません。
 CrlImportFailureOld		= 現在の CRL よりも日付が古いものです。
 CrlImportFailureNotYetValid	= この CRL はまだ有効になっていません。コンピュータの日付を確認してください。
 CrlImportFailureNetworkProblem	= ネットワークの問題により CRL のダウンロードに失敗しました。
 CrlImportFailureReasonUnknown	= ローカルデータベースへの CRL のインポートに失敗しました。エラーコード:
@@ -395,16 +395,17 @@ NSSInitProblemX			= セキュリティコンポーネントを初期化できませんでした。多くの場合この原因はこのプログラムのプロファイルフォルダの問題です。プロファイルフォルダへの読み書き権限があるか、ディスクの空き容量が少なくなっていないか確認してください。このままセッションを継続するとセキュリティ機能が異常動作する可能性があるため、このプログラムを一度終了して問題を解消することをお勧めします。
 ProfileSwitchSocketsStillActive	= 内部エラーにより操作を完了できませんでした。安全なネットワーク通信を正常に終了できませんでした。
 ProfileSwitchCryptoUIActive	= 現在この操作は実行できません。別ウィンドウに表示されている要求に対する操作を先に完了してください。
 VerifyExpired			= <期限切れです>
 VerifyRevoked			= <失効しています>
 VerifyNotTrusted		= <信頼していません>
 VerifyIssuerNotTrusted		= <発行者を信頼していません>
 VerifyIssuerUnknown		= <発行者が不明です>
 VerifyInvalidCA			= <認証局が不正です>
+VerifyDisabledAlgorithm		= <署名アルゴリズムが安全ではありません>
 VerifyUnknown			= <不明>
 CertUser			= あなたの証明書
 CertCA				= 認証局証明書
 CertSSL				= SSL サーバ証明書
 CertEmail			= S/MIME 個人証明書
 CertUnknown			= 不明
 CertNoNickname			= (ニックネームなし)
 CertNoEmailAddress		= (メールアドレスなし)
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -72,32 +72,35 @@ deleteCaCertTitle2		= 認証局の証明書を削除または信頼しない
 
 deleteEmailCertConfirm		= 本当にこの人たちのメール証明書を削除してもよろしいですか?
 deleteEmailCertImpactDesc	= メール証明書を削除すると、その人たちにメールを暗号化して送信できなくなります。
 deleteEmailCertTitle		= メール証明書を削除
 
 deleteOrphanCertConfirm		= 本当にこれらの証明書を削除してもよろしいですか?
 deleteOrphanCertTitle		= 証明書を削除
 
+
 #PKCS#12 file dialogs
 chooseP12RestoreFileDialog2	= インポートする証明書ファイル
 chooseP12BackupFileDialog	= バックアップファイル名
 file_browse_PKCS12_spec		= PKCS12 のファイル
 
+
 #Preferences
 resetPreferences		= このボタンを押すと %S のセキュリティ設定がリセットされ初期設定に戻ります。
 
 #Cert verification
 certVerified			= この証明書は以下の用途に使用する証明書であると検証されました:
 certNotVerified_CertRevoked	= この証明書はすでに失効しているため、有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_CertExpired	= この証明書は期限が切れているため、有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_CertNotTrusted	= この証明書を信頼していないため、有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_IssuerNotTrusted= 発行者を信頼していないため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_IssuerUnknown	= 発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_CAInvalid	= 認証局の証明書が無効であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+certNotVerified_AlgorithmDisabled	= 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 certNotVerified_Unknown		= 原因不明の問題により、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 
 #Client auth
 clientAuthMessage1		= 組織: "%S"
 clientAuthMessage2		= 発行者: "%S"
 
 #Page Info
 pageInfo_SiteNotVerified	= Web サイトの識別情報を検証できませんでした。
@@ -210,17 +213,17 @@ writeFileUnknownError		= 不明なエラーです
 #Add Security Exception dialog
 # (^^; 証明書ベースの表現にしたが information/identity などについて要再検討
 addExceptionBrandedWarning2	= %1$0.S例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
 addExceptionInvalidHeader	= このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
 addExceptionDomainMismatchShort	= 他のサイトの証明書です
 addExceptionDomainMismatchLong	= 他のサイト用の証明書が使われています。別のサイトになりすまそうとしている可能性があります。
 addExceptionExpiredShort	= 証明書の有効期限を過ぎています
 addExceptionExpiredLong		= このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書が盗まれたもしくは紛失していたとしても確認できません。
-addExceptionUnverifiedShort	= 不明な証明書です
-addExceptionUnverifiedLong	= 既知の認証局によって検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
+addExceptionUnverifiedOrBadSignatureShort	= 不明な証明書です
+addExceptionUnverifiedOrBadSignatureLong	= 安全な署名を使った既知の認証局によって検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
 addExceptionValidShort		= 有効な証明書です
 addExceptionValidLong		= このサイトでは正しく検証された有効な証明書を使用しています。このサイトの証明書を例外として追加する必要はありません。
 addExceptionCheckingShort	= 証明書を確認中
 addExceptionCheckingLong	= サイトの識別情報を確認しています...
 addExceptionNoCertShort		= 証明書がありません
 addExceptionNoCertLong		= このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした
 addExceptionConnectionFailed	= 接続できませんでした