15.0: sync mail and chat with en-US rev11335:f74e6f31fc6e
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Thu, 05 Jul 2012 23:15:11 +0900
changeset 716 98104350c2bb09d297ba31c5a9eb22f1aa911e1c
parent 715 7b54aecb6246ffa81ab72a26b653d9c181a1dc7b
child 717 c16a874ac6b464d4727526dd3b0bb06ce37503d4
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs15
15.0: sync mail and chat with en-US rev11335:f74e6f31fc6e
chat/irc.properties
mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/abCardOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/abResultsPaneOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
mail/chrome/messenger/am-advanced.dtd
mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
mail/chrome/messenger/baseMenuOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/chat.dtd
mail/chrome/messenger/cloudfile/UbuntuOne/management.dtd
mail/chrome/messenger/cloudfile/UbuntuOne/settings.dtd
mail/chrome/messenger/eudoraImportMsgs.properties
mail/chrome/messenger/featureConfigurator.dtd
mail/chrome/messenger/glodaFacetView.properties
mail/chrome/messenger/imAccounts.dtd
mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
mail/chrome/messenger/messenger.dtd
mail/chrome/messenger/messenger.properties
mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
mail/chrome/messenger/search.properties
mail/installer/custom.properties
--- a/chat/irc.properties
+++ b/chat/irc.properties
@@ -45,33 +45,34 @@ command.ctcp		=%S &lt;ニックネーム&gt; &lt;メッセージ&gt;: 指定したニックネームに CTCP メッセージを送信します。
 command.chanserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを ChanServ に送信します。
 command.deop		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームのチャンネルオペレータを解任します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.devoice		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームのチャンネル発言権をはく奪し、モデレートモード (+m) のチャンネルでの発言を妨げます。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.invite		=%S &lt;ニックネーム&gt; [&lt;チャンネル&gt;]: 指定したニックネームを指定したチャンネルに招待します。チャンネルを省略した場合は現在のチャンネルに招待します。
 command.join		=%S &lt;チャンネル1&gt;[,&lt;チャンネル2&gt;]* [&lt;キー1&gt;[,&lt;キー2&gt;]*]: 指定した複数のチャンネルに参加します。必要な場合は各チャンネルのチャンネルキーを指定してください。
 command.kick		=%S &lt;ニックネーム&gt; [&lt;メッセージ&gt;]: 指定したニックネームをチャンネルから追い出します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.list		=%S: ネットワーク上のチャット部屋の一覧を表示します。警告: この操作を行うと切断されるサーバがあるので注意してください。
 command.memoserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを MemoServ に送信します。
-command.mode		=%S (&lt;ニックネーム&gt;|&lt;チャンネル&gt;) (+|-)&lt;モード&gt;: 指定したチャンネルまたはニックネームのユーザモードを設定/解除します。
+command.mode		=%S [&lt;チャンネル&gt;] [(+|-)&lt;モード&gt;] [&lt;ニックネーム&gt;]: 指定したチャンネルまたはニックネームのユーザモードを設定/解除します。
 command.msg		=%S &lt;ニックネーム&gt; &lt;メッセージ&gt;: 指定したニックネームにプライベートメッセージを送信します (チャンネルに対してではありません)。
 command.nick		=%S &lt;新しいニックネーム&gt;: 自分のニックネームを変更します。
 command.nickserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを NickServ に送信します。
 command.notice		=%S &lt;対象&gt; &lt;メッセージ&gt;: ユーザまたはチャンネルに通知メッセージを送信します。
 command.op		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームをチャンネルオペレータに任命します。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.operserv	=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドを OperServ に送信します。
 command.part		=%S [メッセージ]: 現在のチャンネルから離脱します。離脱時のメッセージの指定は任意です。
 command.ping		=%S [&lt;ニックネーム&gt;]: 指定したニックネーム (省略した場合はチャットサーバ) のタイムラグを確かめます。
 command.quit		=%S &lt;メッセージ&gt;: サーバから切断します。切断時のメッセージの指定は任意です。
 command.quote		=%S &lt;コマンド&gt;: 指定したコマンドをそのままサーバに送信します。
 command.time		=%S: IRC サーバの現地時刻を表示します。
 command.topic		=%S [&lt;トピック&gt;]: チャンネルのトピックを変更します。省略した場合は現在のトピックを表示します。
 command.umode		=%S (+|-)&lt;モード&gt;: ユーザモードを設定/解除します。
 command.version		=%S &lt;ニックネーム&gt;: 指定したニックネームのチャットクライアントのバージョンを要求します。
 command.voice		=%S &lt;ニックネーム1&gt;[,&lt;ニックネーム2&gt;]*: 指定したニックネームにチャンネル発言権を与えます。この操作を行うにはチャンネルオペレータ権限が必要です。
 command.wallops		=%S &lt;メッセージ&gt;: このコマンドを知らない人には使えません。(サーバ上の +w フラグを持つユーザとすべてのオペレータに指定したメッセージを送信します。)
+command.whois		=%S &lt;ニックネーム&gt;: ニックネームのユーザ情報を取得します。
 command.whowas		=%S &lt;ニックネーム&gt;: ログオフしたニックネームのユーザ情報を取得します。
 
 # LOCALIZATION NOTE (message.*):
 #    These are shown as system messages in the conversation.
 #    %1$S is the nick and %2$S is the nick and host of the user who joined.
 message.join		=%1$S [%2$S] さんが入室しました
 #    %1$S is the nick of who kicked you.
 #    %2$S is message.kicked.reason, if a kick message was given.
@@ -101,33 +102,49 @@ message.quit		=%1$S さんが退室しました (切断%2$S)
 message.quit2		=: %S
 #    %1$S is the user who changed the topic, %2$S is the new topic.
 message.topicChanged	=%1$S さんがトピックを変更しました: %2$S
 #    %1$S is the user who cleared the topic.
 message.topicCleared	=%1$S さんがトピックを消去しました
 #    %1$S is the conversation name, %2$S is the topic.
 message.topic		=%1$S のトピック: %2$S
 #    %S is the conversation name.
-message.topicRemoved	=%S のトピックが削除されました
+message.topicNotSet	=%S のトピックは存在しません
 #    %1$S is the nickname of the invited user, %2$S is the conversation name
 #    they were invited to.
 message.invited		=%1$S さんが %2$S に招待されました
 #    %S is the nickname of the user who was summoned.
 message.summoned	=%S さんが召喚されました
+#    %S is the nickname of the user whose WHOIS information follows this message.
+message.whois		=%S さんの WHOIS 情報:
+#    %1$S is the nickname of the (offline) user whose WHOWAS information follows this message.
+message.whowas		=%1$S さんはオフラインです。%1$S さんの WHOWAS 情報:
+#    %1$S is the entry description (from tooltip.*), %2$S is its value.
+message.whoisEntry	=\ua0\ua0\ua0\ua0%1$S: %2$S
+#    %S is the nickname that is not known to the server.
+message.unknownNick	=%S は未知のニックネームです
 
 # LOCALIZATION NOTE (error.*):
-#    These are shown as error messages in the conversation.
+#    These are shown as error messages in the server tab.
 #    %S is the channel name.
 error.noChannel		=チャンネルがありません: %S。
 error.tooManyChannels	=%S に参加できません。多くのチャンネルに参加し過ぎています。
 #    %1$S is your new nick, %2$S is the kill message from the server.
 error.nickCollision	=すでに使用されているニックネームです。%1$S に変更します [%2$S]。
 error.banned		=このサーバへの立ち入りが禁止されました。
 error.bannedSoon	=間もなく、このサーバへの立ち入りが禁止されます。
 error.mode.wrongUser	=他のユーザのモードは変更できません。
+#    %S is the nickname or channel name that isn't available.
+error.noSuchNick	=%S はオンラインではありません。
+error.wasNoSuchNick	=このニックネームが存在したことはありません: %S。
+error.noSuchChannel	=チャンネルがありません: %S。
+#    %S is the channel name.
+error.cannotSendToChannel	=%S チャンネルにはメッセージを送信できません。
+error.nonUniqueTarget	=%S チャンネルはユニークな user@host または短縮名ではありません。または一度に多くのチャンネルに参加し過ぎています。
+error.notChannelOp	=%S チャンネルのオペレータ権限がありません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (tooltip.*):
 #    These are the descriptions given in a tooltip with information received
 #    from a whois response.
 #    The human readable ("realname") description of the user.
 tooltip.realname	=氏名
 #    The username and hostname that the user connects from (usually based on the
 #    reverse DNS of the user's IP, but often mangled by the server to
@@ -136,14 +153,8 @@ tooltip.connectedFrom	=接続元
 # The away message of the user
 tooltip.away		=離席中
 tooltip.ircOp		=IRC オペレータ
 tooltip.channels	=参加チャンネル
 tooltip.server		=接続先サーバ
 #    %1$S is the server name, %2$S is the server location.
 tooltip.serverValue	=%1$S (%2$S)
 tooltip.idleTime	=待機時間
-
-# LOCALIZATION NOTE (gtalk.usernameHint):
-#  This is displayed inside the accountUsernameInfoWithDescription
-#  string defined in imAccounts.properties when the user is
-#  configuring an IRC account.
-usernameHint		=およびサーバ名
--- a/mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -23,10 +23,11 @@
 <!ENTITY button.editFeed.label		"更新">
 <!ENTITY button.editFeed.accesskey	"U">
 <!ENTITY button.removeFeed.label	"削除">
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey	"R">
 <!ENTITY button.importOPML.label	"インポート">
 <!ENTITY button.importOPML.accesskey	"I">
 <!ENTITY button.exportOPML.label	"エクスポート">
 <!ENTITY button.exportOPML.accesskey	"X">
+<!ENTITY button.exportOPML.tooltip	"フィードをフォルダ構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
 
 <!ENTITY cmd.close.commandKey		"w">
--- a/mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
+++ b/mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
@@ -7,22 +7,30 @@ subscribe-feedAdded			= フィードを追加しました。
 subscribe-feedUpdated			= フィードを更新しました。
 subscribe-feedMoved			= フィードの購読を移動しました。
 subscribe-feedCopied			= フィードの購読をコピーしました。
 subscribe-feedRemoved			= フィードの購読を解除しました。
 subscribe-feedNotValid			= フィードの URL が正しくありません。
 subscribe-networkError			= フィードの URL が見つかりませんでした。フィード名を確認して再度試してください。
 subscribe-loading			= 読み込み中です。しばらくお待ちください...
 
-subscribe-OPMLImportTitle		= インポートする OPML ファイルを選んでください。
-subscribe-OPMLExportTitle		= フィードリストを OPML ファイルとしてエクスポート
-## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle): %S is the brandShortName
-subscribe-OPMLExportFileDialogTitle	= %S OPML Export
-## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName): %S is the brandShortName
-subscribe-OPMLExportDefaultFileName	= My%SFeeds.opml
+subscribe-OPMLImportTitle		= インポートする OPML ファイルの選択
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleList):
+## %S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportTitleList		= %S を OPML ファイルにエクスポート - フィードリスト
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleStruct):
+## %S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportTitleStruct		= %S を OPML ファイルにエクスポート - フォルダ構成のフィード
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle):
+## %1$S is the brandShortName, %2$S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportFileDialogTitle	=%1$S OPML エクスポート - %2$S
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName):
+## %1$S is the brandShortName (Thunderbird for example), %2$S is the account name.
+## The default extension (.opml) is added here as it is not automatically appended in the file picker on MacOS.
+subscribe-OPMLExportDefaultFileName	=My%1$SFeeds-%2$S.opml
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportInvalidFile): %S is the name of the OPML file the user tried to import.
 subscribe-OPMLImportInvalidFile		= %S ファイルは正しい OPML ファイルではありません。
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportFeedCount): Semi-colon list of plural forms.
 ## See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 ## #1 is the count of new imported entries.
 subscribe-OPMLImportFeedCount		= #1 個の新しいフィードをインポートしました。
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportUniqueFeeds): Semi-colon list of plural forms.
 ## #1 is the count of new imported entries
@@ -32,16 +40,18 @@ subscribe-OPMLImportUniqueFeeds		= まだ購読していない #1 個の新しいフィードをインポートしました
 subscribe-OPMLImportFoundFeeds		= (その他 #1 個のエントリは購読済み)
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportStatus):
 ## This is the concatenation of the two strings defined above to compose 1 sentence.
 ## %1$S = subscribe-OPMLImportUniqueFeeds
 ## %2$S = subscribe-OPMLImportFoundFeeds
 subscribe-OPMLImportStatus		=%1$S %2$S。
 
 subscribe-OPMLExportOPMLFilesFilterText	= OPML ファイル
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDone): %S is the export file name.
+subscribe-OPMLExportDone		= このアカウントのフィードを %S ファイルにエクスポートしました。
 
 subscribe-confirmFeedDeletionTitle	= フィード削除
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-confirmFeedDeletion): %S is the name of the feed the user wants to unsubscribe from.
 subscribe-confirmFeedDeletion		= 次のフィードの購読を解除してもよろしいですか?\n %S
 
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-gettingFeedItems):
 ##  - The first %S is the number of articles processed so far;
 ##  - The second %S is the total number of items
@@ -51,8 +61,20 @@ newsblog-noNewArticlesForFeed		= このフィードには新着記事がありませんでした。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-networkError): %S is the feed URL
 newsblog-networkError			= %S が見つかりませんでした。名前を確認して再度試してください。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-feedNotValid): %S is the feed URL
 newsblog-feedNotValid			= %S は有効なフィードではありません。
 newsblog-getNewMsgsCheck		= 新着記事がないかフィードを確認しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE(feeds-accountname): This string should be the same as feeds.accountName in am-newsblog.dtd
 feeds-accountname			= ブログとニュース
+
+## Import wizard.
+ImportFeedsCreateNewListItem		= * 新しいアカウント *
+ImportFeedsNewAccount			= 新しいフィードアカウントを作成してインポートする
+ImportFeedsExistingAccount		= 既存のフィードアカウントにインポートする
+## LOCALIZATION NOTE(ImportFeedsDone):
+##  - The first %S is the import file name;
+##  - The second %S is the value of either ImportFeedsNew or ImportFeedsExisting;
+##  - The third %S is the feed account name.
+ImportFeedsNew				=新しい
+ImportFeedsExisting			=既存の
+ImportFeedsDone				=購読フィードを %1$S ファイルから%2$Sアカウント '%3$S' にインポートしました。
--- a/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
@@ -36,8 +36,11 @@
 <!ENTITY setJunkScore.label		"迷惑メールかどうか設定する">
 <!ENTITY deleteMessage.label		"メッセージを削除する">
 <!ENTITY deleteFromPOP.label		"メッセージを POP サーバから削除する">
 <!ENTITY fetchFromPOP.label		"POP サーバから本文を取得する">
 <!ENTITY ignoreThread.label		"スレッドを無視する">
 <!ENTITY ignoreSubthread.label		"サブスレッドを無視する">
 <!ENTITY watchThread.label		"注目スレッドに設定する"><!-- (^^; 要チェック -->
 <!ENTITY stopExecution.label		"フィルタの実行を中止する">
+
+<!ENTITY addAction.tooltip		"新しい動作を追加します">
+<!ENTITY removeAction.tooltip		"この動作を削除します">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abCardOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abCardOverlay.dtd
@@ -73,18 +73,17 @@
 <!ENTITY PrimaryEmail.accesskey		"E">
 <!ENTITY SecondEmail.label		"別のメールアドレス:">
 <!ENTITY SecondEmail.accesskey		"i">
 <!ENTITY PreferMailFormat.label		"使用メール形式:">
 <!ENTITY PreferMailFormat.accesskey	"v">
 <!ENTITY PlainText.label		"テキスト">
 <!ENTITY HTML.label			"HTML">
 <!ENTITY Unknown.label			"不明">
-<!ENTITY ScreenName.label		"スクリーンネーム:">
-<!ENTITY ScreenName.accesskey		"S">
+<!ENTITY chatName.label                 "チャットネーム:">
 
 <!ENTITY allowRemoteContent1.label	"リモートコンテンツの使用を許可する">
 <!ENTITY allowRemoteContent1.accesskey	"r">
 <!ENTITY allowRemoteContent1.tooltip	"HTML メールではリモートコンテンツを埋め込むことができます。リモートコンテンツを埋め込まれたメッセージを開くとインターネットに接続してコンテンツを取得しますが、それを利用してあなたがメッセージを開いたことを記録される可能性もあります。このチェックボックスをオンにすると、この連絡先から送られてきた HTML メールではリモートコンテンツの読み込みを許可します。">
 
 <!ENTITY WorkPhone.label		"勤務先:">
 <!ENTITY WorkPhone.accesskey		"k">
 <!ENTITY HomePhone.label		"自宅:">
@@ -151,16 +150,35 @@
 <!ENTITY Custom2.accesskey		"2">
 <!ENTITY Custom3.label			"追加情報 3:">
 <!ENTITY Custom3.accesskey		"3">
 <!ENTITY Custom4.label			"追加情報 4:">
 <!ENTITY Custom4.accesskey		"4">
 <!ENTITY Notes.label			"メモ:">
 <!ENTITY Notes.accesskey		"N">
 
+<!ENTITY Chat.tab			"チャット">
+<!ENTITY Chat.accesskey			"a">
+<!ENTITY Gtalk.label			"Google Talk:">
+<!ENTITY Gtalk.accesskey		"G">
+<!ENTITY AIM.label			"AIM:">
+<!ENTITY AIM.accesskey			"r">
+<!ENTITY Yahoo.label			"Yahoo!:">
+<!ENTITY Yahoo.accesskey		"Y">
+<!ENTITY Skype.label			"Skype:">
+<!ENTITY Skype.accesskey		"S">
+<!ENTITY QQ.label			"QQ:">
+<!ENTITY QQ.accesskey			"Q">
+<!ENTITY MSN.label			"MSN:">
+<!ENTITY MSN.accesskey			"M">
+<!ENTITY ICQ.label			"ICQ:">
+<!ENTITY ICQ.accesskey			"I">
+<!ENTITY XMPP.label			"Jabber ID:">
+<!ENTITY XMPP.accesskey			"J">
+
 <!ENTITY Photo.tab			"顔写真">
 <!ENTITY Photo.accesskey		"o">
 <!ENTITY PhotoDesc.label		"次のいずれかを選択してください:">
 <!ENTITY GenericPhoto.label		"汎用の写真">
 <!ENTITY GenericPhoto.accesskey		"G">
 <!ENTITY DefaultPhoto.label		"既定">
 <!ENTITY PhotoFile.label		"コンピュータ上">
 <!ENTITY PhotoFile.accesskey		"n">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
@@ -155,18 +155,18 @@ because displayed names don't have the c
 <!ENTITY quickSearchCmd.key			"k">
 <!ENTITY searchItem.title			"簡易検索">
 
 <!-- Results Pane -->
 <!ENTITY GeneratedName.label			"名前">
 <!ENTITY GeneratedName.accesskey		"N">
 <!ENTITY PrimaryEmail.label			"メールアドレス">
 <!ENTITY PrimaryEmail.accesskey			"E">
-<!ENTITY ScreenName.label			"スクリーンネーム">
-<!ENTITY ScreenName.accesskey			"S">
+<!ENTITY ChatName.label				"チャットネーム">
+<!ENTITY ChatName.accesskey			"C">
 <!ENTITY Company.label				"組織">
 <!ENTITY Company.accesskey			"z">
 <!ENTITY NickName.label				"ニックネーム">
 <!ENTITY NickName.accesskey			"i">
 <!ENTITY SecondEmail.label			"別のメールアドレス">
 <!ENTITY SecondEmail.accesskey			"l">
 <!ENTITY Department.label			"部門">
 <!ENTITY Department.accesskey			"r">
@@ -188,16 +188,17 @@ because displayed names don't have the c
 <!ENTITY sortDescending.accesskey		"D">
 <!ENTITY _PhoneticName.label			"よみがな">
 <!ENTITY _PhoneticName.accesskey		"o">
 
 <!-- Card Summary Pane -->
 <!-- Box Headings -->
 <!ENTITY contact.heading			"連絡先">
 <!ENTITY home.heading				"自宅">
+<!ENTITY chat.heading				"チャット">
 <!ENTITY other.heading				"その他">
 <!ENTITY phone.heading				"電話番号">
 <!ENTITY work.heading				"勤務先">
 <!-- Special Box Headings, for mailing lists -->
 <!ENTITY description.heading			"説明">
 <!ENTITY addresses.heading			"住所">
 <!-- For Map It! -->
 <!ENTITY mapItButton.label			"地図">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abResultsPaneOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abResultsPaneOverlay.dtd
@@ -59,14 +59,14 @@
 <!ENTITY PagerNumber.label			"ポケットベル">
 <!ENTITY PagerNumber.accesskey			"P">
 <!ENTITY FaxNumber.label			"FAX">
 <!ENTITY FaxNumber.accesskey			"F">
 <!ENTITY HomePhone.label			"電話 (自宅)">
 <!ENTITY HomePhone.accesskey			"H">
 <!ENTITY WorkPhone.label			"電話 (会社)">
 <!ENTITY WorkPhone.accesskey			"W">
-<!ENTITY ScreenName.label			"スクリーンネーム">
-<!ENTITY ScreenName.accesskey			"S">
+<!ENTITY ChatName.label				"チャットネーム">
+<!ENTITY ChatName.accesskey			"C">
 <!ENTITY sortAscending.label			"昇順">
 <!ENTITY sortAscending.accesskey		"A">
 <!ENTITY sortDescending.label			"降順">
 <!ENTITY sortDescending.accesskey		"D">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
@@ -83,30 +83,38 @@ confirmDeleteAddressbook	= 選択したアドレス帳を削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteCollectionAddressbook	= このアドレス帳を削除すると、%S への送信メールアドレスの自動追加機能が無効になります。選択したアドレス帳を削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteMailingList	= 選択したアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteListsAndContacts	= 選択した連絡先とアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 confirmDeleteMailingLists	= 選択したアドレスリストを削除してもよろしいですか?
 
 propertyPrimaryEmail		= メールアドレス
 propertyListName		= リスト名
 propertySecondaryEmail		= 別のメールアドレス
-propertyScreenName		= スクリーンネーム
 propertyNickname		= ニックネーム
 propertyDisplayName		= 表示名
 propertyWork			= 勤務先
 propertyHome			= 自宅
 propertyFax			= FAX
 propertyCellular		= 携帯電話
 propertyPager			= ポケットベル
 propertyBirthday		= 誕生日
 propertyCustom1			= 追加情報 1
 propertyCustom2			= 追加情報 2
 propertyCustom3			= 追加情報 3
 propertyCustom4			= 追加情報 4
 
+propertyGtalk			= Google Talk
+propertyAIM			= AIM
+propertyYahoo			= Yahoo!
+propertySkype			= Skype
+propertyQQ			= QQ
+propertyMSN			= MSN
+propertyICQ			= ICQ
+propertyXMPP			= Jabber ID
+
 ## LOCALIZATION NOTE (dateformat)
 ## Only used if the year isn't present and should be in the format used by Date.toLocaleFormat
 ## see http://developer.mozilla.org/en/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Date/toLocaleFormat
 ## %B is the month's localized name and %e is the day of the month [1-31]
 ## Separators (a space, dash, etc.) can be used
 # (^a^) ちょっとおかしいけど、たぶんこれがベスト...
 dateformat			= %m/%d
 
@@ -182,16 +190,17 @@ AuthDlgDesc		= LDAP サーバのユーザ名とパスワードを入力してください。
 # use + for spaces
 joinMeInThisChat	= Join+me+in+this+Chat.
 # (^^; これはどうする?
 
 # For printing
 headingHome		= 自宅
 headingWork		= 勤務先
 headingOther		= 他
+headingChat		= チャット
 headingPhone		= 電話番号
 headingDescription	= 説明
 headingAddresses	= メールアドレス
 
 # For address books
 newAddressBookTitle	= 新しいアドレス帳
 renameAddressBookTitle	= アドレス帳のプロパティ
 
--- a/mail/chrome/messenger/am-advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-advanced.dtd
@@ -1,15 +1,15 @@
 <!-- extracted from am-advanced.xul -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (smtpServer.label): do not translate "SMTP" in below line -->
 <!ENTITY smtpServer.label	"送信 (SMTP) サーバの設定">
 
-<!-- LOCALIZATION NOTE (smtpDesc.label): do not translate "SMTP" in below line -->
-<!ENTITY smtpDesc.label		"アカウントを複数お持ちの場合に複数の送信 (SMTP) サーバを設定できますが、これは上級ユーザ向けです。複数の SMTP サーバを設定するとメッセージの送信時にエラーが発生することがあります。">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (smtpDescription.label): do not translate "SMTP" in below line -->
+<!ENTITY smtpDescription.label	"複数の差出人情報を管理している場合、使用する送信 (SMTP) サーバをこのリストから選択できます。[既定のサーバを使用する] を選択すると、このリストの既定のサーバを使用します。">
 
 <!ENTITY smtpListAdd.label		"追加...">
 <!ENTITY smtpListAdd.accesskey		"d">
 <!ENTITY smtpListEdit.label		"編集...">
 <!ENTITY smtpListEdit.accesskey		"E">
 <!ENTITY smtpListDelete.label		"削除">
 <!ENTITY smtpListDelete.accesskey	"m">
 <!ENTITY smtpListSetDefault.label	"既定値に設定">
--- a/mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
@@ -1,20 +1,24 @@
 <!ENTITY junkSettings.label	"迷惑メールフィルタの設定">
-<!ENTITY trainingWarning.label	"フィルタを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したら、ヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されてしまったメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。">
+<!ENTITY trainingDescription.label "フィルタを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したら、ヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されたメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。迷惑または非迷惑を学習させると、&brandShortName; が自動的に迷惑マークを付けられるようになります。">
 <!ENTITY level.label		"このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
 <!ENTITY level.accesskey	"E">
 
 <!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
 <!ENTITY move.accesskey		"M">
 <!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
 <!ENTITY junkFolderOn.accesskey	"J">
 <!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
 <!ENTITY otherFolder.accesskey	"O">
 <!ENTITY purge1.label		"このフォルダの迷惑メールのうち">
 <!ENTITY purge1.accesskey	"u">
 <!ENTITY purge2.label		"日以上前のものは自動的に削除する">
 
-<!ENTITY whitelist.label	"送信者が以下に含まれる場合はメッセージに迷惑マークを付けない:">
-<!ENTITY whitelist.accesskey	"D">
+<!ENTITY whitelistHeader.label		"送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない:">
+<!ENTITY whitelistHeader.accesskey	"D">
 
-<!ENTITY ispHeaders.label	"次の迷惑メールヘッダを信用する:">
-<!ENTITY ispHeaders.accesskey	"T">
+<!ENTITY ispHeadersWarning.label	"有効にした場合、外部で分類された迷惑メールヘッダを尊重して自動的に迷惑マークを付けます。">
+<!ENTITY ispHeaders.label		"次の迷惑メールヘッダを信用する:">
+<!ENTITY ispHeaders.accesskey		"T">
+
+<!ENTITY junkClassification.label	"選別">
+<!ENTITY junkActions.label		"移動先と保存期間">
--- a/mail/chrome/messenger/baseMenuOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/baseMenuOverlay.dtd
@@ -8,19 +8,16 @@
 <!ENTITY helpTroubleshootingInfo.label		"トラブルシューティング情報">
 <!ENTITY helpTroubleshootingInfo.accesskey	"T">
 <!ENTITY helpSafeMode.label			"アドオンを無効にして再起動...">
 <!ENTITY helpSafeMode.accesskey			"R">
 <!ENTITY releaseCmd2.label			"リリースノート">
 <!ENTITY releaseCmd2.accesskey			"N">
 <!ENTITY whatsNewCmd.label			"新着情報">
 <!ENTITY whatsNewCmd.accesskey			"W">
-<!-- (^^; featureConfigurator.dtd の featureConfigurator.title と合わせる -->
-<!ENTITY featureConfiguratorCmd.label		"設定変更ガイド"><!-- en-US: "Migration Assistant" -->
-<!ENTITY featureConfiguratorCmd.accesskey	"M">
 <!ENTITY openHelp.label				"&brandShortName; ヘルプ">
 <!ENTITY openHelp.accesskey			"H">
 <!ENTITY openHelp.commandkey			"VK_F1">
 <!ENTITY openHelpMac.label			"&brandShortName; ヘルプ">
 <!ENTITY openHelpMac2.commandkey		"?">
 <!ENTITY openHelpMac2.modifiers			"accel">
 
 <!ENTITY aboutMenuCmd.label			"&brandShortName; について">
--- a/mail/chrome/messenger/chat.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/chat.dtd
@@ -27,25 +27,14 @@
 
 <!ENTITY openConversationButton.tooltip		"会話を開始します">
 <!ENTITY closeConversationButton.tooltip	"会話を閉じます">
 
 <!ENTITY addBuddyButton.label			"連絡先追加">
 <!ENTITY joinChatButton.label			"チャット参加">
 <!ENTITY chatAccountsButton.label		"アカウント表示">
 
-<!-- LOCALIZATION NOTE (searchAllChatMessages.label.base):
-     This is the base of the empty text for the chat search box.  We replace
-     #1 with the contents of the appropriate search.keyLabel.* value for the
-     platform (defined in messenger/messenger.dtd).
-     The goal is to convey to the user that typing in the box will allow them
-     to search for conversations and that there is a hotkey they can press
-     to get to the box faster.  If the global indexer is disabled, the search
-     box will be collapsed and the user will never see this message.
-     -->
-<!ENTITY searchAllChatMessages.label.base	"すべての会話を検索... #1">
-
 <!ENTITY status.available			"利用可能">
 <!ENTITY status.unavailable			"利用不可">
 <!ENTITY status.offline				"オフライン">
 
 <!ENTITY openLinkCmd.label			"リンクを開く...">
 <!ENTITY openLinkCmd.accesskey			"O">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/mail/chrome/messenger/cloudfile/UbuntuOne/management.dtd
@@ -0,0 +1,4 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this file,
+   - You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.  -->
+<!ENTITY ubuntuOneMgmt.viewSettings	"one.ubuntu.com 上のアカウント設定を表示">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/mail/chrome/messenger/cloudfile/UbuntuOne/settings.dtd
@@ -0,0 +1,6 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this file,
+   - You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.  -->
+<!ENTITY UbuntuOneSettings.emailAddress		"メールアドレス:">
+<!ENTITY UbuntuOneSettings.needAnAccount	"アカウントが必要ですか?">
+<!ENTITY UbuntuOneSettings.learnMore		"機能紹介...">
--- a/mail/chrome/messenger/eudoraImportMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/eudoraImportMsgs.properties
@@ -54,21 +54,16 @@ 2029=Eudora の設定とメール、アドレス帳
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (2002): In the following sentence,
 # the %S represents a string to be inserted at runtime (the name of the Mailbox), 
 # and the %d is a number (the number of messages imported). Do not translate %d or %S, but
 # instead insert them in your text at the appropriate places.
 2002=メールボックス %S から %d メッセージインポートしました。
 
 # Error message
-## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_BADPARAM
-## @loc None
-2003=メールボックスのインポート時に不正なパラメータが渡されました。
-
-# Error message
 ## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_BADSOURCEFILE
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (2004): In the following sentence, do not translate the "%S". Instead,
 # place it in your sentence where you wish to display the name of the mailbox.
 2004=メールボックス %S のファイルにアクセスできませんでした。
 
 # Error message
 ## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_CONVERTERROR
deleted file mode 100644
--- a/mail/chrome/messenger/featureConfigurator.dtd
+++ /dev/null
@@ -1,95 +0,0 @@
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.title): Title for the Migration Assistant page. It should match featureConfiguratorCmd.label in baseMenuOverlay.dtd -->
-<!ENTITY featureConfigurator.title "設定変更ガイド">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.heading1): Heading for the page -->
-<!ENTITY featureConfigurator.heading1 "&brandShortName; に追加されたおすすめの新機能">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.para.1): The tone of this paragraph is important: we tried for a tone that promotes the new features (which we believe are good and worth users learning about), but also emphasizing that we think it's important to preserve user choice. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.para.1 "&brandShortName; の新しいバージョンには、誇るべきパワフルな新機能が含まれています。多くの人々がこれらを気に入ることでしょう。誰でも新機能を試せるように、&brandShortName; を簡単にカスタマイズできるようにしました。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.para.2): This paragraph explains that this page is active (the buttons change the UI), and that they can get back to it if they change their mind later.-->
-<!ENTITY featureConfigurator.para.2 "この設定変更ガイドで新機能を設定してください。このページは [ヘルプ] メニューからいつでも開けます。">
-
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbar.heading "新メッセージツールバー">
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbar.new "メッセージボタンツールバー">
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbar.new.status.explanation "ツールバーを簡素にし、各メッセージのヘッダにメッセージボタンを表示します。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.toolbar.original): The word 'original' is chosen deliberately to be neutral, vs. 'old' which in English at least had a negative connotation.-->
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbar.original "元のツールバーボタンを維持">
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbar.original.status.explanation "ツールバーボタンの位置を維持し、各メッセージのヘッダに新しいメッセージボタンを表示します。">
-
-<!ENTITY featureConfigurator.toolbarBenefits.para "返信や転送などのメッセージ操作を行うボタンは、ツールバーから各メッセージのヘッダへ移動されました。メッセージと操作ボタンを直接結び付け、検索バーやアドオンのためにツールバーの場所を広く取ることができます。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.addOn.downloading): The text to display while downloading the addon. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.addOn.downloading "ダウンロードしています...">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.addOn.installing): The text to display while installing the addon. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.addOn.installing "インストールしています...">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.addOn.installed): The text to display after the user installs the addon from the configurator. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.addOn.installed "インストール完了">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.addOn.failure): The text to display when there is a problem installing the addon. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.addOn.failure "この拡張機能のインストール中にエラーが発生しました!">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.addOn.alreadyInstalled): The label to display when the addon is already installed. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.addOn.alreadyInstalled "この拡張機能はすでにインストールされています。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.collapsedHeaders.heading): The heading for the Compact Header page. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.collapsedHeaders.heading "ヘッダ表示"><!-- en-US: "Compact Header" -->
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.collapsedHeaders.para.weak): The paragraph to display if the user hadn't previously used the collapsed headers feature. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.collapsedHeaders.para.weak "メッセージヘッダを折りたたむ機能は拡張機能へ分離されました。この拡張機能によって使いやすくなる機能とオプションが追加されます。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.collapsedHeaders.para.strong): The paragraph to display if the user had previously used the collapsed headers feature. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.collapsedHeaders.para.strong "メッセージヘッダを折りたたむ機能は拡張機能へ分離されました。従来どおりメッセージヘッダをコンパクトに表示する場合は、この拡張機能をインストールしてください。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.collapsedHeaders.install): The text for the button that will install the Compact Headers addon. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.collapsedHeaders.install "Compact Header アドオンをインストール...">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.folderColumns.heading): The heading for the Folder Columns page. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.folderColumns.heading "フォルダの詳細表示"><!-- en-US: "Advanced Folder Columns" -->
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.folderColumns.para.weak): The paragraph to display if the user hadn't previously used the folder columns feature. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.folderColumns.para.weak "Extra Folder Columns アドオンは詳細設定にあった機能を分離したものです。フォルダペインに各フォルダのメッセージ数とディスク使用量の列を表示するには、この拡張機能をインストールしてください。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.folderColumns.para.strong): The paragraph to display if the user had previously used the folder columns feature. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.folderColumns.para.strong "フォルダペインの詳細表示 (各フォルダのメッセージ数とディスク使用量の列の表示) 機能は拡張機能へ分離されました。従来どおりフォルダペインに詳細表示する場合は、この拡張機能をインストールしてください。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.folderColumns.install): The text for the button that will install the Extra Folder Columns addon. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.folderColumns.install "Extra Folder Columns アドオンをインストール...">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.autoSync.heading): The heading for the Disk space page. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.heading "メッセージの同期とディスク領域">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.autoSync.para): The paragraph that explains why the user would want to turn on autosync. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.para "&brandShortName; の新しいバージョンには、新しい検索機能が搭載されています。この新しい検索機能を利用するには、メッセージをダウンロードしてサーバと同期する必要があります。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.autoSync.on): The label for the radio button for synchronizing all the accounts. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.on "同期する">
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.on.explanation "メッセージの読み込みと検索結果の表示が速くなります。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.autoSync.off): The label for the radio button that will synchronize none of the accounts. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.off "同期しない">
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.off.explanation "メッセージの読み込みが遅くなり、すべてを検索することはできません。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.autoSync.some): The label for the radio button that will let you customize the synchronize for each account. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.some "アカウントごとに設定する">
-<!ENTITY featureConfigurator.autoSync.some.explanation "同期するアカウントとフォルダを指定してください。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.diskSpace.currentSize): The label for the current amount of disk space your accounts are consuming. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.diskSpace.currentSize "現在の全メッセージの使用量:">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.diskSpace.freeSpace): The label for the current amount of free space available on your hard disk. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.diskSpace.freeSpace "空き領域のサイズ:">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.diskSpace.requireSpace): The label for the required amount of free space to synchronize all of your IMAP accounts. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.diskSpace.requireSpace "必要領域のサイズ:">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (featureConfigurator.diskSpace.warning): The label shown when your estimated available hard disk space if you chose autosync would be less than 50MB or if we estimate turning on autosync would use more than 50% of your free space. -->
-<!ENTITY featureConfigurator.diskSpace.warning "ディスクの空き領域が足りなくなる可能性があります!">
-
-
-<!ENTITY featureConfigurator.previousButton "前へ">
-<!ENTITY featureConfigurator.nextButton "次へ">
-<!ENTITY featureConfigurator.closeButton "閉じる">
--- a/mail/chrome/messenger/glodaFacetView.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/glodaFacetView.properties
@@ -168,24 +168,23 @@ glodaFacetView.results.header.countLabel.NMessages	=#1 通
 glodaFacetView.results.header.countLabel.ofN		=全 #1 通中、
 # LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.header.countLabel.grouping):
 #  Combines the pluralized
 #  "glodaFacetView.results.header.countLabel.NMessages" string (as #1) with
 #  the pluralized "glodaFacetView.results.header.countLabel.ofN" (as #2)
 #  to make a single label.
 glodaFacetView.results.header.countLabel.grouping	=#2#1
 
-# LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.openAsList.label): The
-#  label for the button/link that causes us to display all of the messages in
-#  the active set in a new thread pane display tab, closing the current faceting
-#  tab.
-glodaFacetView.results.message.openAsList.label		=この結果の一覧を開く
-# LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.openAsList.tooltip): The
-#  tooltip to display when hovering over the openAsList label.
-glodaFacetView.results.message.openAsList.tooltip	=現在表示されているメッセージの一覧を新しいタブに開き、このタブを閉じます。
+# LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.openEmailAsList.label): The
+#  label for the button/link that causes us to display all of the emails in
+#  the active set in a new thread pane display tab.
+glodaFacetView.results.message.openEmailAsList.label	=この結果の一覧を開く
+# LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.openEmailAsList.tooltip):
+#  The tooltip to display when hovering over the openEmailAsList label.
+glodaFacetView.results.message.openEmailAsList.tooltip	=現在表示されているメッセージの一覧を新しいタブに開きます。
 
 # LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.sort.label): The
 #  label next to the choice of sort order
 glodaFacetView.results.message.sort.label		=並べ替え:
 # LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.sort.relevance):
 # a clickable label causing the sort to be done by most relevant messages first.
 glodaFacetView.results.message.sort.relevance		=関連度順
 # LOCALIZATION NOTE(glodaFacetView.results.message.sort.date):
--- a/mail/chrome/messenger/imAccounts.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/imAccounts.dtd
@@ -1,10 +1,10 @@
 <!ENTITY accountsWindow.title			"インスタントメッセージの状態">
-<!ENTITY accountsWindow.style			"width: 28em; height: 19em;"><!-- en-US: "width: 28em; height: 19em;" -->
+<!ENTITY accountsWindow2.style			"width: 41em; height: 27em;"><!-- en-US: "width: 41em; height: 27em;" -->
 <!ENTITY accountManager.newAccount.label	"新しいアカウント">
 <!ENTITY accountManager.newAccount.accesskey	"N">
 <!ENTITY accountManager.close.label		"閉じる">
 <!ENTITY accountManager.close.accesskey		"l">
 <!-- This should match account.commandkey in instantbird.dtd -->
 <!ENTITY accountManager.close.commandkey	"a">
 <!-- This title must be short, displayed with a big font size -->
 <!ENTITY accountManager.noAccount.title		"アカウントが設定されていません">
--- a/mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
@@ -47,34 +47,39 @@ LOCALIZATION NOTE : Do not translate any
 "&brandShortName;" below.
 -->
 
 <!ENTITY importDialog.windowTitle	"設定とデータのインポート">
 <!ENTITY importAll.label		"すべてインポート">
 <!ENTITY importAll.accesskey		"E">
 <!ENTITY importMail.label		"メールボックス">
 <!ENTITY importMail.accesskey		"M">
+<!ENTITY importFeeds.label		"購読フィード">
+<!ENTITY importFeeds.accesskey		"d">
 <!ENTITY importAddressbook.label	"アドレス帳">
 <!ENTITY importAddressbook.accesskey	"A">
 <!ENTITY importSettings.label		"設定">
 <!ENTITY importSettings.accesskey	"S">
 <!ENTITY importFilters.label		"フィルタ"><!-- (^^; Mail.app: ルール -->
 <!ENTITY importFilters.accesskey	"F">
 
 <!ENTITY  window.width			"51em"><!-- en-US: 40em -->
 <!ENTITY  window.macWidth		"45em"><!-- en-US: 45em -->
 
 <!ENTITY importTitle.label		"インポートウィザード">
 <!ENTITY importShortDesc.label		"他のソフトからメール、アドレス帳、設定やフィルタをインポートします">
 
-<!ENTITY importDescription1.label	"他のメールソフトや一般的な形式のアドレス帳からメッセージ、アドレス帳、設定、フィルタなどを取り込みます。">
+<!ENTITY importDescription1.label	"このウィザードは、他のメールソフトや一般的な形式のアドレス帳からメッセージ、アドレス帳、購読フィード、設定、フィルタなどを &brandShortName; にインポートします。">
 <!ENTITY importDescription2.label	"インポート後は &brandShortName; のメールやアドレス帳からアクセスできるようになります。">
 
-<!ENTITY selectDescription.label	"インポート元のファイルタイプを選択してください:">
+<!ENTITY selectDescription.label	"インポート元のファイル形式を選択してください:">
+<!ENTITY selectDescriptionB.label	"既存のアカウントを選択するか新しいアカウントを作成してください:">
 <!ENTITY selectDescription.accesskey	"P">
+<!ENTITY acctName.label			"アカウント名:">
+<!ENTITY acctName.accesskey		"N">
 
 <!ENTITY back.label			"戻る">
 <!ENTITY forward.label			"次へ">
 <!ENTITY finish.label			"完了">
 <!ENTITY cancel.label			"キャンセル">
 
 <!ENTITY select.label			"インポートする項目を選択してください:">
 
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
@@ -26,16 +26,18 @@
 <!ENTITY newOtherAccountsCmd.label		"他のサービスのアカウント...">
 <!ENTITY newOtherAccountsCmd.accesskey		"O">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.label		"新しいメールアカウントを取得...">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.accesskey	"G">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.label	"既存のメールアカウント...">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.accesskey	"E">
 <!ENTITY newIMAccountCmd.label			"チャットアカウント...">
 <!ENTITY newIMAccountCmd.accesskey		"C">
+<!ENTITY newIMContactCmd.label			"チャット連絡先...">
+<!ENTITY newIMContactCmd.accesskey		"h">
 <!ENTITY openMessageFileCmd.label		"メッセージファイルを開く...">
 <!ENTITY openMessageFileCmd.accesskey		"O">
 <!ENTITY openAttachmentCmd.label		"添付">
 <!ENTITY openAttachmentCmd.accesskey		"A">
 <!ENTITY saveAsMenu.label			"名前を付けて保存">
 <!ENTITY saveAsMenu.accesskey			"S">
 <!ENTITY saveAsFileCmd.label			"ファイル">
 <!ENTITY saveAsFileCmd.accesskey		"F">
@@ -477,16 +479,18 @@ you can use these alternative items. Oth
 <!ENTITY activitymanager.label		"イベントログの管理"><!-- (^^; en-US: Activity Manager -->
 <!ENTITY activitymanager.accesskey	"v">
 <!ENTITY imAccountsStatus.label		"チャット状態">
 <!ENTITY imAccountsStatus.accesskey	"C">
 <!ENTITY imStatus.available		"利用可能">
 <!ENTITY imStatus.unavailable		"利用不可">
 <!ENTITY imStatus.offline		"オフライン">
 <!ENTITY imStatus.showAccounts		"アカウントを表示...">
+<!ENTITY joinChatCmd.label		"チャットに参加...">
+<!ENTITY joinChatCmd.accesskey		"o">
 <!ENTITY savedFiles.label		"保存したファイル">
 <!ENTITY savedFiles.accesskey		"l">
 <!ENTITY savedFiles.key			"j">
 <!ENTITY filtersCmd.label		"メッセージフィルタ...">
 <!ENTITY filtersCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY filtersApply.label		"フォルダにフィルタを適用">
 <!ENTITY filtersApply.accesskey		"R">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.label	"選択しているメッセージにフィルタを適用">
@@ -772,17 +776,17 @@ you can use these alternative items. Oth
 <!ENTITY contextPause.label		"一時停止">
 <!ENTITY contextPause.accesskey		"P">
 <!ENTITY contextMute.label		"ミュート">
 <!ENTITY contextMute.accesskey		"M">
 <!ENTITY contextUnmute.label		"ミュート解除">
 <!ENTITY contextUnmute.accesskey	"m">
 
 <!-- Junk Bar -->
-<!ENTITY junkBarMessage1.label		"迷惑メール">
+<!ENTITY junkBarMessage2.label		"このメッセージは迷惑メールであると思われます。">
 <!ENTITY junkBarButton1.label		"非迷惑メール">
 <!ENTITY junkInfoButton.label		"?">
 
 <!-- Remote Content Bar -->
 <!ENTITY remoteContentMessage2.label	"プライバシー保護のため、このメッセージ内のリモートコンテンツをブロックしました。">
 <!ENTITY loadRemoteContentButton3.label	"リモートコンテンツを表示する">
 
 <!-- Phishing Bar -->
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.properties
@@ -96,17 +96,17 @@ sendingUnsent			= 未送信メールを送信しています
 folderExists			= その名前のフォルダはすでに存在しています。他の名前を入力してください。
 folderCreationFailed		= フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
 compactingFolder		= %S フォルダを最適化しています...
 doneCompacting			= フォルダの最適化を完了しました
 autoCompactAllFoldersTitle	= フォルダの最適化
 autoCompactAllFolders		= ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか?
 autoCompactAlwaysAskCheckbox	= 自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
-compactNowButton		= 今すぐ最適化(&N)
+compactNowButton		= 今すぐ最適化(&M)
 
 confirmFolderDeletionForFilter	= %S フォルダを削除すると関連付けられたフィルタが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
 alertFilterChanged		= このフォルダに関連付けられたフィルタは更新されます。
 filterDisabled			= %S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルタは無効になります。フォルダが存在しており、フィルタが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
 filterFolderDeniedLocked	= 他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。
 parsingFolderFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
 deletingMsgsFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
 alertFilterCheckbox		= この警告を再び表示しない
@@ -553,16 +553,25 @@ fileEmptyMsg			= %S ファイルの中身がありません。
 # forms of the word "more" as used after the number of addresses
 # currently hidden while displaying a header such as "to", "cc", or "bcc"
 # in the message header box.  English has two identical forms here, so it will
 # construct strings that look like (for example) "1 more" or "20 more".
 # <http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals> has details
 # on this mechanism.
 headerMoreAddrs			= すべて表示 (あと #1 件)
 
+# LOCALIZATION NOTE (headerMoreAddrsTooltip): semicolon separated list of
+# plural forms of the phrase ", and #1 more" as used in the tooltip text
+# of the more widget displayed in the header pane (see headerMoreAddrs).
+# English has two identical forms here, so it will construct strings that
+# look like (for example) ", and 1 more" or ", and 20 more".
+# <http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals> has details
+# on this mechanism.
+headerMoreAddrsTooltip		=さらに #1 件表示します
+
 # LOCALIZATION NOTE (headertoFieldMe): first person prepositional object
 # pronoun used in the "to" header of the message header pane.  This is also
 # used for the fallback case if a header-specific localization is not
 # available.
 # (^a^) en-US: You -> Me (bug 535349)
 headertoFieldMe			= (自分)
 
 # LOCALIZATION NOTE (headerfromFieldMe): first person prepositional object
@@ -707,18 +716,18 @@ safeModeRestartButton		= 再起動
 # directly under the Thunderbird version in the about dialog (see bug 596813 for
 # screenshots).
 update.checkInsideButton.label			= ソフトウェアの更新を確認
 update.checkInsideButton.accesskey		= C
 update.resumeButton.label			= ダウンロードを再開: %S...
 update.resumeButton.accesskey			= D
 update.openUpdateUI.applyButton.label		= ダウンロードした更新を適用...
 update.openUpdateUI.applyButton.accesskey	= A
-update.restart.applyButton.label		= ダウンロードした更新を適用
-update.restart.applyButton.accesskey		= A
+update.restart.updateButton.label		= 再起動して更新
+update.restart.updateButton.accesskey		= R
 update.openUpdateUI.upgradeButton.label		= 今すぐアップグレード...
 update.openUpdateUI.upgradeButton.accesskey	= U
 update.restart.upgradeButton.label		= 今すぐアップグレード
 update.restart.upgradeButton.accesskey		= U
 
 websearch.setDefault				= この検索エンジンを既定に設定する
 websearch.isDefault				= この検索エンジンは既定に設定されています
 
--- a/mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
@@ -59,17 +59,17 @@
 <!ENTITY originalWebsite3.label			"Web サイト ">
 
 <!ENTITY editMessageDescription.label		"このメッセージは下書きです">
 <!ENTITY editMessageButton.label		"編集...">
 <!ENTITY hdrArchiveButton1.label		"アーカイブ">
 <!ENTITY hdrArchiveButton1.tooltip		"このメッセージをアーカイブに移動します">
 <!ENTITY hdrSmartReplyButton1.label		"適宜返信"><!-- en-US: "Smart Reply" -->
 <!ENTITY hdrReplyButton1.label			"返信">
-<!ENTITY hdrReplyButton1.tooltip		"このメッセージの差出人に返信します">
+<!ENTITY hdrReplyButton2.tooltip		"このメッセージの差出人に返信します">
 <!ENTITY hdrReplyAllButton1.label		"全員に返信">
 <!ENTITY hdrReplyAllButton1.tooltip		"このメッセージの差出人と他の受信者全員に返信します">
 <!ENTITY hdrReplyListButton1.label		"リストに返信">
 <!ENTITY hdrReplyListButton1.tooltip		"メーリングリストに返信します">
 <!ENTITY hdrFollowupButton1.label		"フォローアップ">
 <!ENTITY hdrFollowupButton1.tooltip		"このニュースグループにフォローアップの投稿をします">
 <!ENTITY hdrForwardButton1.label		"転送">
 <!ENTITY hdrForwardButton1.tooltip		"このメッセージを転送します">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
@@ -62,16 +62,19 @@
 <!ENTITY modeAskMe.accesskey			"m">
 <!ENTITY modeAutomatic.label			"自動的に更新をダウンロードしてインストールする">
 <!ENTITY modeAutomatic.accesskey		"d">
 <!ENTITY modeAutoAddonWarn.label		"更新によりアドオンが無効化される場合は警告する">
 <!ENTITY modeAutoAddonWarn.accesskey		"W">
 <!ENTITY showUpdates.label			"更新履歴を表示...">
 <!ENTITY showUpdates.accesskey			"S">
 
+<!ENTITY useService.label			"更新のインストールにバックグラウンドサービスを使用する">
+<!ENTITY useService.accesskey			"b">
+
 <!-- Networking and Disk Space -->
 <!ENTITY showSettings.label			"接続設定...">
 <!ENTITY showSettings.accesskey			"S">
 <!ENTITY proxiesConfigure.label			"インターネット接続に使用するプロキシを設定できます。">
 <!ENTITY connectionsInfo.caption		"接続">
 <!ENTITY offlineInfo.caption			"オフライン">
 <!ENTITY offlineInfo.label			"オフライン時の動作を設定します。">
 <!ENTITY showOffline.label			"オフライン設定...">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
@@ -51,8 +51,12 @@
 <!ENTITY keepUntil.accesskey			"K">
 <!ENTITY expire.label				"サイトが指定した期限まで">
 <!ENTITY close.label				"&brandShortName; を終了するまで">
 <!ENTITY askEachTime.label			"毎回確認する">
 <!ENTITY cookieExceptions.label			"例外サイト...">
 <!ENTITY cookieExceptions.accesskey		"E">
 <!ENTITY showCookies.label			"Cookie を表示...">
 <!ENTITY showCookies.accesskey			"S">
+
+<!-- Do Not Track -->
+<!ENTITY doNotTrack.label			"トラッキングの拒否を Web サイトに通知する">
+<!ENTITY doNotTrack.accesskey			"d">
--- a/mail/chrome/messenger/search.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/search.properties
@@ -14,10 +14,10 @@ searchingMessage		= 検索しています...
 # LOCALIZATION NOTE (matchesFound): #1 number of matches found
 matchesFound			=#1 件見つかりました
 noMatchesFound			= 見つかりませんでした
 labelForStopButton		= 停止
 labelForSearchButton		= 検索
 labelForStopButton.accesskey	= S
 labelForSearchButton.accesskey	= S
 
-moreButtonTooltipText		= 新しいルールを追加
-lessButtonTooltipText		= このルールを削除
+moreButtonTooltipText		= 新しいルールを追加します
+lessButtonTooltipText		= このルールを削除します
--- a/mail/installer/custom.properties
+++ b/mail/installer/custom.properties
@@ -58,16 +58,20 @@ REG_APP_DESC			=$BrandShortName は先進の機能を備えた多機能メールクライアントです。POP と IMAP 双方のメールプロトコルをサポートし、HTML メールにも対応しています。さらに、組み込みのフィードリーダー、強力なクイック検索、自動スペルチェック、共通受信トレイ、高度なメッセージフィルタなど、多彩で便利な機能により快適なメール環境を実現します。
 
 CONTEXT_OPTIONS			=$BrandShortName オプション(&O)
 CONTEXT_SAFE_MODE		=$BrandShortName セーフモード(&S)
 OPTIONS_PAGE_TITLE		=セットアップの種類
 OPTIONS_PAGE_SUBTITLE		=セットアップオプションを選んでください
 OPTIONS_MAKE_DEFAULT		=$BrandShortName を既定のメールプログラムとして使用する(&U)
 SHORTCUTS_PAGE_TITLE		=ショートカットを作成
 SHORTCUTS_PAGE_SUBTITLE		=プログラムアイコンを作成
+COMPONENTS_PAGE_TITLE		=オプションコンポーネントの設定
+COMPONENTS_PAGE_SUBTITLE	=推奨されるオプションコンポーネント
+OPTIONAL_COMPONENTS_DESC	=Maintenance サービスは、バックグラウンドで自動的に $BrandShortName の更新を行います。
+MAINTENANCE_SERVICE_CHECKBOX_DESC	=Maintenance サービスをインストールする(&M)
 SUMMARY_PAGE_TITLE		=セットアップ設定の確認
 SUMMARY_PAGE_SUBTITLE		=$BrandShortName をインストールする準備ができました。
 SUMMARY_INSTALLED_TO		=次の場所に $BrandShortName をインストールします:
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL	=インストールを完了するにはコンピュータの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピュータの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_MAKE_DEFAULT		=$BrandShortName は既定のメールプログラムとして設定されます。
 SUMMARY_CLICK			=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SURVEY_TEXT			=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)