merge calendar and irc from l10n-central
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 03 May 2011 18:08:59 +0900
changeset 130 8efc4c8dede7d42bb135e6ba2aeac8311d737de9
parent 129 f632a01623ef64bf5235d289484b333c6e7318b2
child 131 0d436876d542788958fcbf7e964291162ceac855
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
merge calendar and irc from l10n-central
calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
--- a/calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
+++ b/calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
@@ -197,18 +197,16 @@
 <!ENTITY calendar.context.deleteevent.label		"予定を削除">
 <!ENTITY calendar.context.deleteevent.accesskey		"l">
 <!ENTITY calendar.context.cutevent.label		"切り取り">
 <!ENTITY calendar.context.cutevent.accesskey		"t">
 <!ENTITY calendar.context.copyevent.label		"コピー">
 <!ENTITY calendar.context.copyevent.accesskey		"C">
 <!ENTITY calendar.context.pasteevent.label		"貼り付け">
 <!ENTITY calendar.context.pasteevent.accesskey		"P">
-<!ENTITY calendar.context.selectall.label		"すべて選択">
-<!ENTITY calendar.context.selectall.accesskey		"A">
 <!ENTITY calendar.context.button.label			"Today ペイン" >
 <!ENTITY calendar.context.button.accesskey		"T" >
 <!ENTITY calendar.context.attendance.menu.label		"参加" >
 <!ENTITY calendar.context.attendance.menu.accesskey	"d" >
 <!ENTITY calendar.context.attendance.occurrence.label	"この予定のみ" >
 <!ENTITY calendar.context.attendance.all.label		"すべての予定" >
 
 <!-- Task Context Menu -->
@@ -237,16 +235,22 @@
 <!ENTITY priority.level.none.accesskey			"s">
 <!ENTITY priority.level.low				"低">
 <!ENTITY priority.level.low.accesskey			"L">
 <!ENTITY priority.level.normal				"標準">
 <!ENTITY priority.level.normal.accesskey		"N">
 <!ENTITY priority.level.high				"高">
 <!ENTITY priority.level.high.accesskey			"H">
 
+<!-- Task View -->
+<!-- Note that the above *.context.* strings are currently used for the other
+     task action buttons -->
+<!ENTITY calendar.taskview.delete.label			"削除">
+<!ENTITY calendar.taskview.delete.accesskey		"l">
+
 <!-- Server Context Menu -->
 <!ENTITY calendar.context.newserver.label		"新しいカレンダー...">
 <!ENTITY calendar.context.newserver.accesskey		"N">
 <!ENTITY calendar.context.findcalendar.label		"カレンダーを検索..." >
 <!ENTITY calendar.context.findcalendar.accesskey	"F" >
 <!ENTITY calendar.context.deleteserver.label		"カレンダーを削除">
 <!ENTITY calendar.context.deleteserver.accesskey	"D">
 <!ENTITY calendar.context.reloadserver.label		"リモートのカレンダーを更新">
@@ -292,21 +296,21 @@
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.10minutes.label		"10 分" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.15minutes.label		"15 分" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.30minutes.label		"30 分" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.45minutes.label		"45 分" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.1hour.label		"1 時間" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.2hours.label		"2 時間" >
 <!ENTITY calendar.alarm.snooze.1day.label		"1 日" >
 
-<!-- Task View -->
-<!-- Note that the above *.context.* strings are currently used for the other
-     task action buttons -->
-<!ENTITY calendar.taskview.delete.label			"削除">
-<!ENTITY calendar.taskview.delete.accesskey		"l">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (calendar.alarm.snooze.cancel)
+     This string is not seen in the UI, it is read by screen readers when the
+     user focuses the "Cancel" button in the "Snooze for..." popup of the alarm
+     dialog. -->
+<!ENTITY calendar.alarm.snooze.cancel			"スヌーズをキャンセルします">
 
 <!-- Calendar Server Dialog -->
 <!ENTITY calendar.server.dialog.title.edit		"カレンダーの編集">
 <!ENTITY calendar.server.dialog.name.label		"カレンダー名:">
 
 <!-- Calendar Properties -->
 <!ENTITY calendarproperties.color.label			"色:">
 <!ENTITY calendarproperties.webdav.label		"iCalendar (ICS)">
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -68,17 +68,17 @@
 #
 # Note: the ChatZilla version and expected locale versions may not always be
 #       the same. For example, if only non-locale changes have been made, the
 #       expected locale version will stay the same. This is to make using
 #       localisations between versions easier.
 #
 ### End of notes ###
 
-locale.version = 0.9.86
+locale.version = 0.9.86.1
 locale.error = この ChatZilla バージョン %1$S は、ロケール (言語パック) のバージョン %2$S が必要です。現在選択されているロケール "%3$S" のバージョンは %4$S なので、この ChatZilla に使用すると問題が生じる可能性があります。\n\nChatZilla 用のロケールを更新するか、削除することをお勧めします。
 #locale.authors = XXX REPLACE THIS VALUE WITH A SEMICOLON-SEPARATED LIST OF NAMES FOR YOUR LOCALIZATION TEAM XXX
 locale.authors = Chiaki Koufugata;Nyozlla;Youhei Tooyama;dynamis;Atsushi Sakai;Masahiko Imanaka
 
 # Misc
 
 unknown=<不明>
 none=<なし>
@@ -416,16 +416,19 @@ cmd.font-size-medium.label  = 既定値
 cmd.font-size-large.label   = 大きめ
 #cmd.font-size-large.accesskey = G
 
 cmd.font-size-other.format  = その他 ($fontSize pt)...
 cmd.font-size-other.label   = その他...
 #cmd.font-size-other.accesskey = O
 cmd.font-size-other.help    = 使用するフォントサイズを指定します。
 
+cmd.goto-startup.label  = 自動接続 URL を開く
+cmd.goto-startup.help   = 設定されたすべての自動接続 URL を開きます。
+
 cmd.goto-url.label  = リンクを開く
 #cmd.goto-url.accesskey = O
 cmd.goto-url.format = $label
 cmd.goto-url.params = <url> [<anchor>]
 cmd.goto-url.help   = <url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-newwin.label  = リンクを新しいウィンドウで開く
 #cmd.goto-url-newwin.accesskey = W
@@ -1068,17 +1071,16 @@ msg.topic.info        = "%S, %S: トピック ``%S''
 msg.notopic.info      = "%S, %S: トピックなし
 msg.channel.info      = "%S: %S / %S (%S) <%S>
 msg.channel.details   = "%S/%S: %S 総ユーザ %S人, オペレータ %S人, 発言者 %S人
 msg.nonmember         = "%S: すでに %S のメンバーではありません。
 msg.end.status        = 状態の表示は以上です。
 msg.networks.heada    = 利用可能なネットワークは [
 msg.networks.headb    = ] です。
 msg.messages.cleared  = メッセージはクリアされました。
-msg.channel.opened    = ``%S'' のチャンネルビューが開きました。
 msg.match.unchecked   = (未チェックのユーザ: %S 人)
 msg.matching.nicks    = 次のユーザがクエリと合致します: %S. %S
 msg.no.matching.nicks = クエリと合致するユーザはいません。 %S
 msg.commands.header   = コマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.matching.commands = パターン ``%S'' と合致する現在実装されているコマンドは [%S] です。\nコマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.all.commands      = 現在実装されているコマンドは [%S] です。
 msg.help.intro        = さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使用すると、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプ Web サイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla の使用時に関するよくある質問と回答があります。\n  - ChatZilla サポートチャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
 msg.about.version     = "%S [[詳細][ChatZilla についてのダイアログに詳細があります][%S]]
@@ -1137,19 +1139,19 @@ msg.output.cancel    = キャンセル
 
 msg.logging.off     = ログ収集はオフです。
 msg.logging.on      = ログ収集はオンです。ログはファイル <%S> に出力されます。
 msg.logfile.closed  = ログファイルは閉じました。
 msg.logfile.error   = ファイル <%S> を開けません。ログ収集は無効です。
 msg.logfile.opened  = 現在 <%S> にログ収集をしています。
 msg.logfile.closing = ログファイル <%S> を閉じています。
 msg.logfile.write.error = ファイル <%S> に書き込めません。ログ収集は無効です。
+msg.logging.icon.off = ログ収集はオフです。このビューのログ収集を開始するにはアイコンをクリックしてください。
+msg.logging.icon.on  = ログ収集はオンです。このビューのログ収集を停止するにはアイコンをクリックしてください。
 
-msg.query.opened       = ``%S'' のクエリビューが開きました。
-msg.network.opened     = ``%S'' のネットワークビューが開きました。
 msg.already.connected  = あなたはすでに ``%S'' に接続しています。
 msg.enter.nick         = ニックネームを選択してください。
 msg.network.connecting = ``%S'' への接続を試みています。中止するには /cancel を使用します。
 
 msg.jumpto.button         = [[%1$S][%1$S 内のメッセージにジャンプ][%2$S]]
 msg.jumpto.err.nochan     = ``%S'' は開いていません。
 msg.jumpto.err.noanchor   = アンカーが見つかりません。