31.0: sync suite with en-US rev18017:144a6741d457
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Wed, 04 Jun 2014 01:36:45 +0900
changeset 1421 705e4e92163600d7b4089b2b5274534149a3b277
parent 1420 b2eefca9cd4991cffd4310676220548716fbc41c
child 1422 0264908184a1b3d0f592ad32b5cf9244bc5cfc08
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs31
31.0: sync suite with en-US rev18017:144a6741d457
suite/chrome/browser/navigator.dtd
suite/chrome/browser/navigator.properties
suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
suite/chrome/common/gopherAddon.dtd
suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
suite/chrome/common/notification.properties
suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/messenger.properties
suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-composing_messages.dtd
--- a/suite/chrome/browser/navigator.dtd
+++ b/suite/chrome/browser/navigator.dtd
@@ -68,8 +68,15 @@
 <!ENTITY homeButton.label             "ホーム">
 <!ENTITY bookmarksToolbarItem.label   "ブックマークツールバーの項目">
 <!ENTITY bookmarksToolbarChevron.tooltip "他のブックマークを表示">
 
 <!-- Statusbar -->
 <!ENTITY statusText.label             "完了">
 
 <!ENTITY popupIcon.tooltiptext      "このサイトのポップアップはブロックされません">
+
+<!ENTITY viewSecurityInfo.label      "セキュリティ情報を表示">
+<!ENTITY viewSecurityInfo.accesskey  "S">
+<!ENTITY viewCertificate.label       "証明書を表示">
+<!ENTITY viewCertificate.accesskey   "C">
+<!ENTITY viewCertManager.label       "証明書マネージャを開く">
+<!ENTITY viewCertManager.accesskey   "M">
--- a/suite/chrome/browser/navigator.properties
+++ b/suite/chrome/browser/navigator.properties
@@ -29,17 +29,17 @@ tabs.closeTab.label=タブを閉じる
 tabs.closeTab.accesskey=C
 tabs.close.label=閉じる
 tabs.close.accesskey=C
 
 tabs.recentlyClosed.format=%1$S %2$S
 
 windows.recentlyClosed.format=%1$S %2$S
 
-tabs.closeWarningTitle=ブラウザの終了
+tabs.closeWarningTitle=タブを閉じる確認
 tabs.closeWarning=%S 個のタブが開かれていますが、ウィンドウを閉じてもよろしいですか?
 tabs.closeButton=すべてのタブを閉じる
 tabs.closeWarningPromptMe=複数のタブを開いたままウィンドウを閉じようとした場合に警告する
 tabs.historyItem=タブのグループ
 
 menuOpenAllInTabs.label=タブですべて開く
 
 # urlbarBindings.xml
--- a/suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
+++ b/suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
@@ -8,17 +8,17 @@
 <!ENTITY searchBar.tooltip               "検索バー">
 
 <!ENTITY search.placeholder              "ダウンロードファイルの検索">
 <!ENTITY search.label                    "ダウンロードファイルを検索">
 <!ENTITY search.accesskey                "S">
 <!ENTITY search.key                      "f">
 
 <!ENTITY cmd.clearList.label             "履歴の消去">
-<!ENTITY cmd.clearList.tooltip           "ファイルのダウンロード履歴を消去します">
+<!ENTITY cmd.clearList.tooltip           "リストから完了、キャンセル、失敗したダウンロードを削除します">
 <!ENTITY cmd.clearList.accesskey         "C">
 
 <!ENTITY col.name.label                  "名前">
 <!ENTITY col.name.accesskey              "N">
 <!ENTITY col.name.tooltip                "ファイル名">
 <!ENTITY col.status.label                "状態">
 <!ENTITY col.status.accesskey            "S">
 <!ENTITY col.status.tooltip              "ファイルの状態">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/suite/chrome/common/gopherAddon.dtd
@@ -0,0 +1,9 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
+
+<!ENTITY loadError.label        "ページ読み込みエラー">
+<!ENTITY gopherAddon.title      "Gopher プロトコル">
+<!ENTITY gopherAddon.shortDesc  "gopher は登録されてないプロトコルです。">
+<!ENTITY gopherAddon.longDesc   "指定されたアドレスは現在サポートされていない gopher プロトコルです。ブラウザはサイトに接続できません。Mozilla Add-ons から互換性のあるアドオンをインストールすると、このサーバに接続できます。">
+<!ENTITY goToAddOn.label        "アドオンのページへ">
--- a/suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
@@ -365,26 +365,24 @@
     This may help you avoid accidentally sending the message if you enter the
     keyboard shortcut by mistake when composing a message.</li>
   <li><strong>Select reply header type</strong>:
     Select the type of reply header you wish to use. There are four choices
     available:
     <ol>
       <li>No Reply Header</li>
       <li>[Author] wrote:<br/>
-        This setting is based on the mailnews.reply_header_authorwrote 
+        This setting is based on the mailnews.reply_header_authorwrotesingle
         preference.</li>
-      <li>On [date], [author] wrote:<br/>
-        This setting is based on a combination of the mailnews.reply_header_ondate, 
-        mailnews.reply_header_separator and mailnews.reply_header_authorwrote 
-        preferences.</li>
-      <li>[Author] wrote, On [date]:<br/>
-        This setting is based on a combination of the 
-        mailnews.reply_header_authorwrote, mailnews.reply_header_separator and 
-        mailnews.reply_header_ondate preferences.</li>
+      <li>On [date], [Author] wrote:<br/>
+        This setting is based on the mailnews.reply_header_ondateauthorwrote
+        preference.</li>
+      <li>[Author] wrote on [date]:<br/>
+        This setting is based on the mailnews.reply_header_authorwroteondate
+        preference.</li>
     </ol>
   </li>
   <li><strong>Wrap plain text messages at [__] characters</strong>: Enter a
     number to set the right margin for text in the message area.</li>
   <li><strong>Defaults for HTML Messages</strong>: Here you can define what the
     defaults are for font, size, text and background color if you choose to
     send mails in HTML format.</li>
 </ul>
--- a/suite/chrome/common/notification.properties
+++ b/suite/chrome/common/notification.properties
@@ -46,18 +46,20 @@ activateSinglePlugin				= 有効化
 PluginClickToActivate				= %S を有効化する。
 PluginVulnerableUpdatable			= このプラグインのバージョンには脆弱性があります。更新してください。
 PluginVulnerableNoUpdate			= このプラグインにはセキュリティ上の脆弱性があります。
 vulnerableUpdatablePluginWarning		= 古いバージョンです!
 vulnerableNoUpdatePluginWarning			= 脆弱性のあるプラグインです!
 vulnerablePluginsMessage			= 安全のため一部のプラグインは無効化されました。
 pluginInfo.unknownPlugin			= 不明
 
-popupWarning					= このサイトが開くポップアップを %S がブロックしました。
-popupWarningMultiple				= このサイトが開くポップアップ (%S 件) を %S がブロックしました。
+# LOCALIZATION NOTE (popupWarning.message): Semicolon-separated list of plural forms.
+# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+# #1 is brandShortName and #2 is the number of popups blocked.
+popupWarning.message				= #2 個のポップアップがブロックされました。
 popupWarningButton				= 設定
 popupWarningButton.accesskey			= P
 
 xpinstallHostNotAvailable			= 不明なホスト
 xpinstallPromptWarning				= "%S" サイトからのソフトウェアのインストールを %S がブロックしました。
 xpinstallPromptInstallButton			= ソフトウェアのインストール...
 xpinstallPromptInstallButton.accesskey		= I
 xpinstallDisabledMessageLocked			= システム管理者によってソフトウェアのインストール機能は無効にされています。
--- a/suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
@@ -1,156 +1,158 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- these things need to move into utilityOverlay.xul -->
-<!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.label	"オフラインにする">
-<!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.accesskey	"k">
+<!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.label                 "オフラインにする">
+<!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.accesskey             "k">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE : FILE This file contains the global menu items --> 
 
-<!ENTITY fileMenu.label			"ファイル">
-<!ENTITY fileMenu.accesskey		"F">
-<!ENTITY newMenu.label			"新規作成">
-<!ENTITY newMenu.accesskey		"N">
-<!ENTITY newBlankPageCmd.label		"ページを作成">
-<!ENTITY newBlankPageCmd.accesskey	"P">
-<!ENTITY newBlankPageCmd.key		"n" >
-<!ENTITY newPageFromTemplateCmd.label	"テンプレートからページを作成">
-<!ENTITY newPageFromTemplateCmd.accesskey	"t">
-<!ENTITY newPageFromDraftCmd.label	"下書きからページを作成">
-<!ENTITY newPageFromDraftCmd.accesskey	"d">
-<!ENTITY newNavigatorCmd.label		"ブラウザウィンドウ">
-<!ENTITY newNavigatorCmd.key		"N">
-<!ENTITY newNavigatorCmd.accesskey	"B">
-<!ENTITY newPrivateWindowCmd.label	"プライベートウィンドウ">
-<!ENTITY newPrivateWindowCmd.key	"B">
-<!ENTITY newPrivateWindowCmd.accesskey	"W">
-<!ENTITY printSetupCmd.label		"ページ設定...">
-<!ENTITY printSetupCmd.accesskey	"u">
-<!ENTITY printPreviewCmd.label		"印刷プレビュー">
-<!ENTITY printPreviewCmd.accesskey	"v">
-<!ENTITY printCmd.label			"印刷">
-<!ENTITY printCmd.accesskey		"P">
-<!ENTITY printCmd.key			"P">
+<!ENTITY fileMenu.label                   "ファイル">
+<!ENTITY fileMenu.accesskey               "F">
+<!ENTITY newMenu.label                    "新規作成">
+<!ENTITY newMenu.accesskey                "N">
+<!ENTITY newBlankPageCmd.label            "ページを作成">
+<!ENTITY newBlankPageCmd.accesskey        "P">
+<!ENTITY newBlankPageCmd.key              "n">
+<!ENTITY newPageFromTemplateCmd.label     "テンプレートからページを作成">
+<!ENTITY newPageFromTemplateCmd.accesskey "t">
+<!ENTITY newPageFromDraftCmd.label        "下書きからページを作成">
+<!ENTITY newPageFromDraftCmd.accesskey    "d">
+<!ENTITY newNavigatorCmd.label            "ブラウザウィンドウ">
+<!ENTITY newNavigatorCmd.key              "N">
+<!ENTITY newNavigatorCmd.accesskey        "B">
+<!ENTITY newPrivateWindowCmd.label        "プライベートウィンドウ">
+<!ENTITY newPrivateWindowCmd.key          "B">
+<!ENTITY newPrivateWindowCmd.accesskey    "W">
+<!ENTITY printSetupCmd.label              "ページ設定...">
+<!ENTITY printSetupCmd.accesskey          "u">
+<!ENTITY printPreviewCmd.label            "印刷プレビュー">
+<!ENTITY printPreviewCmd.accesskey        "v">
+<!ENTITY printCmd.label                   "印刷">
+<!ENTITY printCmd.accesskey               "P">
+<!ENTITY printCmd.key                     "P">
 
-<!ENTITY editMenu.label			"編集">
-<!ENTITY editMenu.accesskey		"E">
-<!ENTITY undoCmd.label			"元に戻す">
-<!ENTITY undoCmd.key			"Z">
-<!ENTITY undoCmd.accesskey		"U">
-<!ENTITY redoCmd.label			"やり直し">
-<!ENTITY redoCmd.key			"Y">
-<!ENTITY redoCmd.accesskey		"R">
-<!ENTITY cutCmd.label			"切り取り">
-<!ENTITY cutCmd.key			"X">
-<!ENTITY cutCmd.accesskey		"t">
-<!ENTITY copyCmd.label			"コピー">
-<!ENTITY copyCmd.key			"C">
-<!ENTITY copyCmd.accesskey		"C">
-<!ENTITY pasteCmd.label			"貼り付け">
-<!ENTITY pasteCmd.key			"V">
-<!ENTITY pasteCmd.accesskey		"P">
-<!ENTITY pasteGoCmd.label		"貼り付けて移動">
-<!ENTITY pasteGoCmd.accesskey		"G">
+<!ENTITY editMenu.label                   "編集">
+<!ENTITY editMenu.accesskey               "E">
+<!ENTITY undoCmd.label                    "元に戻す">
+<!ENTITY undoCmd.key                      "Z">
+<!ENTITY undoCmd.accesskey                "U">
+<!ENTITY redoCmd.label                    "やり直し">
+<!ENTITY redoCmd.key                      "Y">
+<!ENTITY redoCmd.accesskey                "R">
+<!ENTITY cutCmd.label                     "切り取り">
+<!ENTITY cutCmd.key                       "X">
+<!ENTITY cutCmd.accesskey                 "t">
+<!ENTITY copyCmd.label                    "コピー">
+<!ENTITY copyCmd.key                      "C">
+<!ENTITY copyCmd.accesskey                "C">
+<!ENTITY pasteCmd.label                   "貼り付け">
+<!ENTITY pasteCmd.key                     "V">
+<!ENTITY pasteCmd.accesskey               "P">
+<!ENTITY pasteGoCmd.label                 "貼り付けて移動">
+<!ENTITY pasteGoCmd.accesskey             "G">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (pasteSearchCmd): "Search" is a verb, this is the
      search bar equivalent to the url bar's "Paste & Go"  -->
-<!ENTITY pasteSearchCmd.label		"貼り付けて検索">
-<!ENTITY pasteSearchCmd.accesskey	"e">
-<!ENTITY deleteCmd.label		"削除">
-<!ENTITY deleteCmd.accesskey		"D"> 
-<!ENTITY selectAllCmd.label		"すべて選択">
-<!ENTITY selectAllCmd.key		"A">
-<!ENTITY selectAllCmd.accesskey		"A">
-<!ENTITY clearHistoryCmd.label		"検索履歴を消去">
-<!ENTITY clearHistoryCmd.accesskey	"H">
-<!ENTITY showSuggestionsCmd.label	"検索候補を表示">
-<!ENTITY showSuggestionsCmd.accesskey	"S">
-<!ENTITY preferencesCmd.label		"設定...">
-<!ENTITY preferencesCmd.key		"E">
-<!ENTITY preferencesCmd.accesskey	"e">
-<!ENTITY findCmd.key			"F">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (findCmd.accesskey): This accesskey should be within
-     findCmd.label found in messengercompose.dtd, messenger.dtd and
-     editorOverlay.dtd and findOnCmd.label found in navigatorOverlay.dtd -->
-<!ENTITY findCmd.accesskey		"F">
-<!ENTITY findAgainCmd.label		"次を検索">
-<!ENTITY findAgainCmd.key		"G">
-<!ENTITY findAgainCmd.accesskey		"g">
-<!ENTITY findAgainCmd.key2		"VK_F3">
-<!ENTITY findPrevCmd.label		"前を検索">
-<!ENTITY findPrevCmd.key		"G">
-<!ENTITY findPrevCmd.key2		"VK_F3">
-<!ENTITY findPrevCmd.accesskey		"v">
-<!ENTITY findTypeTextCmd.label		"テキストをタイプ検索">
-<!ENTITY findTypeTextCmd.accesskey	"x">
-<!ENTITY findTypeLinksCmd.label		"リンクをタイプ検索">
-<!ENTITY findTypeLinksCmd.accesskey	"k">
+<!ENTITY pasteSearchCmd.label             "貼り付けて検索">
+<!ENTITY pasteSearchCmd.accesskey         "e">
+<!ENTITY deleteCmd.label                  "削除">
+<!ENTITY deleteCmd.accesskey              "D">
+<!ENTITY selectAllCmd.label               "すべて選択">
+<!ENTITY selectAllCmd.key                 "A">
+<!ENTITY selectAllCmd.accesskey           "A">
+<!ENTITY clearHistoryCmd.label            "検索履歴を消去">
+<!ENTITY clearHistoryCmd.accesskey        "H">
+<!ENTITY showSuggestionsCmd.label         "検索候補を表示">
+<!ENTITY showSuggestionsCmd.accesskey     "S">
+<!ENTITY preferencesCmd.label             "設定...">
+<!ENTITY preferencesCmd.key               "E">
+<!ENTITY preferencesCmd.accesskey         "e">
+<!ENTITY findBarCmd.key                   "F">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (findBarCmd.accesskey): This accesskey should be within
+     findBarCmd.label found in editorOverlay.dtd, findCmd.label in messenger.dtd
+     and messengercompose.dtd and findOnCmd.label found in navigatorOverlay.dtd -->
+<!ENTITY findBarCmd.accesskey             "F">
+<!ENTITY findReplaceCmd.key               "H">
+<!ENTITY findReplaceCmd.accesskey         "l">
+<!ENTITY findAgainCmd.label               "次を検索">
+<!ENTITY findAgainCmd.key                 "G">
+<!ENTITY findAgainCmd.accesskey           "g">
+<!ENTITY findAgainCmd.key2                "VK_F3">
+<!ENTITY findPrevCmd.label                "前を検索">
+<!ENTITY findPrevCmd.key                  "G">
+<!ENTITY findPrevCmd.key2                 "VK_F3">
+<!ENTITY findPrevCmd.accesskey            "v">
+<!ENTITY findTypeTextCmd.label            "テキストをタイプ検索">
+<!ENTITY findTypeTextCmd.accesskey        "x">
+<!ENTITY findTypeLinksCmd.label           "リンクをタイプ検索">
+<!ENTITY findTypeLinksCmd.accesskey       "k">
 
-<!ENTITY viewMenu.label			"表示">
-<!ENTITY viewMenu.accesskey		"V">
-<!ENTITY viewToolbarsMenu.label		"表示/隠す">
-<!ENTITY viewToolbarsMenu.accesskey	"w">
-<!ENTITY showTaskbarCmd.label		"ステータスバー">
-<!ENTITY showTaskbarCmd.accesskey	"S">
+<!ENTITY viewMenu.label                   "表示">
+<!ENTITY viewMenu.accesskey               "V">
+<!ENTITY viewToolbarsMenu.label           "表示/隠す">
+<!ENTITY viewToolbarsMenu.accesskey       "w">
+<!ENTITY showTaskbarCmd.label             "ステータスバー">
+<!ENTITY showTaskbarCmd.accesskey         "S">
 
-<!ENTITY helpMenu.label			"ヘルプ">
-<!ENTITY helpMenu.accesskey		"h">
+<!ENTITY helpMenu.label                   "ヘルプ">
+<!ENTITY helpMenu.accesskey               "h">
 
-<!ENTITY helpTroubleshootingInfo.label		"トラブルシューティング情報">
-<!ENTITY helpTroubleshootingInfo.accesskey	"T">
-<!ENTITY releaseCmd.label			"リリースノート">
-<!ENTITY releaseCmd.accesskey			"N">
-<!ENTITY helpSafeMode.label			"アドオンを無効にして再起動">
-<!ENTITY helpSafeMode.accesskey			"R">
-<!ENTITY updateCmd.label			"&brandShortName; の更新を確認...">
-<!ENTITY updateCmd.accesskey			"C">
-<!ENTITY aboutCmd.label				"&brandShortName; について">
-<!ENTITY aboutCmd.accesskey			"A">
-<!ENTITY aboutCommPluginsCmd.label		"プラグインについて">
-<!ENTITY aboutCommPluginsCmd.accesskey		"p">
+<!ENTITY helpTroubleshootingInfo.label      "トラブルシューティング情報">
+<!ENTITY helpTroubleshootingInfo.accesskey  "T">
+<!ENTITY releaseCmd.label                   "リリースノート">
+<!ENTITY releaseCmd.accesskey               "N">
+<!ENTITY helpSafeMode.label                 "アドオンを無効にして再起動">
+<!ENTITY helpSafeMode.accesskey             "R">
+<!ENTITY updateCmd.label                    "&brandShortName; の更新を確認...">
+<!ENTITY updateCmd.accesskey                "C">
+<!ENTITY aboutCmd.label                     "&brandShortName; について">
+<!ENTITY aboutCmd.accesskey                 "A">
+<!ENTITY aboutCommPluginsCmd.label          "プラグインについて">
+<!ENTITY aboutCommPluginsCmd.accesskey      "p">
 
-<!ENTITY direct.label			"オンライン (プロキシ: なし)">
-<!ENTITY direct.accesskey		"N">
-<!ENTITY manual.label			"オンライン (プロキシ: 手動設定)">
-<!ENTITY manual.accesskey		"M">
-<!ENTITY pac.label			"オンライン (プロキシ: 設定ファイルの URL を指定)">
-<!ENTITY pac.accesskey			"A">
-<!ENTITY wpad.label			"オンライン (プロキシ: 自動検出)">
-<!ENTITY wpad.accesskey			"D">
-<!ENTITY system.label			"オンライン (プロキシ: システムの設定)">
-<!ENTITY system.accesskey		"S">
+<!ENTITY direct.label                                   "オンライン (プロキシ: なし)">
+<!ENTITY direct.accesskey                               "N">
+<!ENTITY manual.label                                   "オンライン (プロキシ: 手動設定)">
+<!ENTITY manual.accesskey                               "M">
+<!ENTITY pac.label                                      "オンライン (プロキシ: 設定ファイルの URL を指定)">
+<!ENTITY pac.accesskey                                  "A">
+<!ENTITY wpad.label                                     "オンライン (プロキシ: 自動検出)">
+<!ENTITY wpad.accesskey                                 "D">
+<!ENTITY system.label                                   "オンライン (プロキシ: システムの設定)">
+<!ENTITY system.accesskey                               "S">
 
-<!ENTITY proxy.label			"プロキシ設定...">
-<!ENTITY proxy.accesskey		"C">
+<!ENTITY proxy.label                                    "プロキシ設定...">
+<!ENTITY proxy.accesskey                                "C">
 
-<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.label	"テキストの書記方向を切り換え">
-<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.accesskey	"w">
-<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.commandkey	"X">
+<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.label        "テキストの書記方向を切り換え">
+<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.accesskey    "w">
+<!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.commandkey   "X">
 
-<!ENTITY customizeToolbarContext.label		"カスタマイズ...">
-<!ENTITY customizeToolbarContext.accesskey	"C">
+<!ENTITY customizeToolbarContext.label            "カスタマイズ...">
+<!ENTITY customizeToolbarContext.accesskey        "C">
 
-<!ENTITY customizeToolbar.toolbarmode.label		"このツールバーの設定">
-<!ENTITY customizeToolbar.toolbarmode.accesskey		"e">
-<!ENTITY customizeToolbar.iconsAndText.label		"アイコンとテキスト">
-<!ENTITY customizeToolbar.iconsAndText.accesskey	"a">
-<!ENTITY customizeToolbar.icons.label			"アイコンのみ">
-<!ENTITY customizeToolbar.icons.accesskey		"o">
-<!ENTITY customizeToolbar.text.label			"テキストのみ">
-<!ENTITY customizeToolbar.text.accesskey		"T">
-<!ENTITY customizeToolbar.useSmallIcons.label		"小さいアイコンを使用">
-<!ENTITY customizeToolbar.useSmallIcons.accesskey	"s">
-<!ENTITY customizeToolbar.labelAlignEnd.label		"アイコンの横にテキストを表示">
-<!ENTITY customizeToolbar.labelAlignEnd.accesskey	"b">
-<!ENTITY customizeToolbar.useDefault.label		"初期設定に戻す">
-<!ENTITY customizeToolbar.useDefault.accesskey		"U">
+<!ENTITY customizeToolbar.toolbarmode.label       "このツールバーの設定">
+<!ENTITY customizeToolbar.toolbarmode.accesskey   "e">
+<!ENTITY customizeToolbar.iconsAndText.label      "アイコンとテキスト">
+<!ENTITY customizeToolbar.iconsAndText.accesskey  "a">
+<!ENTITY customizeToolbar.icons.label             "アイコンのみ">
+<!ENTITY customizeToolbar.icons.accesskey         "o">
+<!ENTITY customizeToolbar.text.label              "テキストのみ">
+<!ENTITY customizeToolbar.text.accesskey          "T">
+<!ENTITY customizeToolbar.useSmallIcons.label     "小さいアイコンを使用">
+<!ENTITY customizeToolbar.useSmallIcons.accesskey "s">
+<!ENTITY customizeToolbar.labelAlignEnd.label     "アイコンの横にテキストを表示">
+<!ENTITY customizeToolbar.labelAlignEnd.accesskey "b">
+<!ENTITY customizeToolbar.useDefault.label        "初期設定に戻す">
+<!ENTITY customizeToolbar.useDefault.accesskey    "U">
 
 <!-- Popup Blocked notification menu -->
-<!ENTITY allowPopups.accesskey		"p">
-<!ENTITY showPopupManager.label		"ポップアップの管理">
-<!ENTITY showPopupManager.accesskey	"M">
-<!ENTITY dontShowMessage.label		"ポップアップをブロックしたときにこのメッセージを表示しない">
-<!ENTITY dontShowMessage.accesskey	"D">
+<!ENTITY allowPopups.accesskey        "p">
+<!ENTITY showPopupManager.label       "ポップアップの管理">
+<!ENTITY showPopupManager.accesskey   "M">
+<!ENTITY dontShowMessage.label        "ポップアップをブロックしたときにこのメッセージを表示しない">
+<!ENTITY dontShowMessage.accesskey    "D">
 
 <!ENTITY syncToolbarButton.label	"Sync">
--- a/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
@@ -2,16 +2,18 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY window.title                "フィルタの設定">
 <!ENTITY filterEditorDialog.dimensions "width: 105ch;"><!-- en-US: "width: 105ch;" -->
 <!ENTITY filterName.label            "フィルタ名:">
 <!ENTITY filterName.accesskey        "i">
 
+<!ENTITY recentFolders.label         "最近使用したフォルダ">
+
 <!ENTITY junk.label                  "迷惑メール">
 <!ENTITY notJunk.label               "非迷惑メール">
 
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label     "最低">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label        "低">
 <!ENTITY normalPriorityCmd.label     "標準">
 <!ENTITY highPriorityCmd.label       "高">
 <!ENTITY highestPriorityCmd.label    "最高">
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -2,319 +2,299 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the compose back end
 #
 ## LOCALIZATION NOTE (unableToOpenFile, unableToOpenTmpFile):
 ## %S will be replaced with the name of file that could not be opened
-unableToOpenFile=ファイル %S を開けませんでした。
-unableToOpenTmpFile=一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリ" の設定を確認してください。
+unableToOpenFile = ファイル %S を開けませんでした。
+unableToOpenTmpFile = 一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリ" の設定を確認してください。
 
 ## @name NS_MSG_UNABLE_TO_SAVE_TEMPLATE
-12502=メッセージをテンプレートとして保存できませんでした。
+12502 = メッセージをテンプレートとして保存できませんでした。
 
 ## @name NS_MSG_UNABLE_TO_SAVE_DRAFT
-12503=メッセージを下書きとして保存できませんでした。
-
-## @name NS_MSG_LOAD_ATTACHMNTS
-12504=添付ファイルを読み込んでいます...
-
-## @name NS_MSG_LOAD_ATTACHMNT
-12505=添付ファイルを読み込んでいます...
+12503 = メッセージを下書きとして保存できませんでした。
 
 ## @name NS_MSG_COULDNT_OPEN_FCC_FOLDER
-12506=送信済みトレイを開けませんでした。メールの設定が正しいか確認してください。
-
-## @name NS_MSG_CANT_POST_TO_MULTIPLE_NEWS_HOSTS
-12507=一度に複数のニュースホストへ投稿することはできません。ホストを 1 つにして、再度試してください。
-
-## @name NS_MSG_ASSEMB_DONE_MSG
-12508=メッセージの構成を完了しました。
-
-## @name NS_MSG_ASSEMBLING_MSG
-12509=メッセージを構成しています...
+12506 = 送信済みトレイを開けませんでした。メールの設定が正しいか確認してください。
 
 ## @name NS_MSG_NO_SENDER
-12510=送信者が指定されていません。アカウント設定の差出人情報にメールアドレスを入力してください。
+12510 = 送信者が指定されていません。アカウント設定の差出人情報にメールアドレスを入力してください。
 
 ## @name NS_MSG_NO_RECIPIENTS
-12511=受信者が指定されていません。宛先のアドレスや投稿先のニュースグループを入力してください。
+12511 = 受信者が指定されていません。宛先のアドレスや投稿先のニュースグループを入力してください。
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_WRITING_FILE
-12512=一時ファイルへの書き込み時にエラーが発生しました。
+12512 = 一時ファイルへの書き込み時にエラーが発生しました。
 
 ## @name NS_ERROR_SENDING_FROM_COMMAND
-12514=メールの送信中にエラーが発生しました。メールアドレスの設定が正しいか確認してください。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12514): argument %s is SMTP server response
+12514 = メールの送信中にエラーが発生しました。メールアドレスの設定が正しいか確認してください。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_SENDING_DATA_COMMAND
-12516=メールの送信中に SMTP エラーが発生しました。サーバから応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12516): argument %s is SMTP server response
+12516 = メールの送信中に SMTP エラーが発生しました。サーバから応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_SENDING_MESSAGE
-12517=メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージを確認してください。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12517): argument %s is SMTP server response
+12517 = メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージを確認してください。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_POST_FAILED
-12518=ニュースサーバに接続できなかったため、メッセージを投稿できませんでした。サーバが利用できないか、接続を拒否された可能性があります。ニュースサーバの設定が正しいか確認してやり直すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
+12518 = ニュースサーバに接続できなかったため、メッセージを投稿できませんでした。サーバが利用できないか、接続を拒否された可能性があります。ニュースサーバの設定が正しいか確認してやり直すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_QUEUED_DELIVERY_FAILED
-12519=未送信メッセージの送信中にエラーが発生しました。
+12519 = 未送信メッセージの送信中にエラーが発生しました。
 
 ## @name NS_ERROR_SEND_FAILED
-12520=メッセージを送信できませんでした。
-
-## @name SMTP_DELIV_MAIL
-12521=メールを送信しています...
-
-## @name SMTP_MESSAGE_SENT_WAITING_MAIL_REPLY
-12522=Mail: メッセージを送信しました。応答を待っています...
-
-## @name SMTP_PROGRESS_MAILSENT
-12523=メールを正常に送信しました。
+12520 = メッセージを送信できませんでした。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SERVER_ERROR
-12524=メールの送信中に SMTP サーバエラーが発生しました。メール管理者に問い合わせてください。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12524): argument %s is SMTP server response
+12524 = メールの送信中に SMTP サーバエラーが発生しました。メール管理者に問い合わせてください。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_MSG_UNABLE_TO_SEND_LATER
-12525=後で送信するためのメッセージが保存できませんでした。
+12525 = 後で送信するためのメッセージが保存できませんでした。
 
 ## @name NS_ERROR_COMMUNICATIONS_ERROR
-12526=通信エラー (%d) が発生しました。再度試してください。
+## LOCALIZATION NOTE (12526): argument %d is error code
+12526 = 通信エラー (%d) が発生しました。再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_BUT_DONT_SHOW_ALERT
-12527=THIS IS JUST A PLACEHOLDER.  YOU SHOULD NEVER SEE THIS STRING.
+12527 = THIS IS JUST A PLACEHOLDER.  YOU SHOULD NEVER SEE THIS STRING.
 
 ## @name NS_ERROR_TCP_READ_ERROR
-12528=データの受信中にエラーが発生しました。再度接続を試してください。ネットワークエラー: %s
+12528 = データの受信中にエラーが発生しました。再度接続を試してください。ネットワークエラー: %s
 
 ## @name NS_ERROR_COULD_NOT_GET_USERS_MAIL_ADDRESS
-12529=メールの送信中にエラーが発生しました。返信メールアドレスが不正です。メールアドレスの設定が正しいか確認して、再度試してください。
+12529 = メールの送信中にエラーが発生しました。返信メールアドレスが不正です。メールアドレスの設定が正しいか確認して、再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_MIME_MPART_ATTACHMENT_ERROR
-12531=添付エラー
+12531 = 添付エラー
 
 ## @name NS_MSG_FAILED_COPY_OPERATION
-12532=送信には成功しましたが、送信済みトレイにコピーできませんでした。
-
-## @name NS_MSG_FAILURE_ON_OBJ_EMBED_WHILE_SAVING
-12533=メッセージ中の %.200s ファイルに問題があります。このファイルを除いてメッセージの保存を続けますか?
-
-## @name NS_MSG_ASSEMBLING_MESSAGE
-12534=メール情報を構築しています...
-
-## @name NS_MSG_GATHERING_ATTACHMENT
-12535=%s を添付しています...
-
-## @name NS_MSG_CREATING_MESSAGE
-12536=メールメッセージを作成しています...
-
-## @name NS_MSG_FAILURE_ON_OBJ_EMBED_WHILE_SENDING
-12537=メッセージ中の %.200s ファイルに問題があります。このファイルを除いてメッセージの送信を続けますか?
-
-## @name NS_MSG_START_COPY_MESSAGE
-12538=%S フォルダへメッセージをコピーしています...
-
-## @name NS_MSG_START_COPY_MESSAGE_COMPLETE
-12539=コピーが完了しました。
-
-## @name NS_MSG_START_COPY_MESSAGE_FAILED
-12540=コピーできませんでした。
-
-## @name NS_MSG_LARGE_MESSAGE_WARNING
-12541=警告! %d バイトのメッセージを送信しようとしています。送信を実行しますか?
-
-## @name NS_MSG_SENDING_MESSAGE
-12550=メッセージを送信しています...
-
-## @name NS_MSG_POSTING_MESSAGE
-12551=メッセージを投稿しています...
+12532 = 送信には成功しましたが、送信済みトレイにコピーできませんでした。
 
 ## @name NS_ERROR_NNTP_NO_CROSS_POSTING
-12554=一度に投稿できるニュースサーバは 1 つだけです。
+12554 = 一度に投稿できるニュースサーバは 1 つだけです。
 
 ## @name NS_MSG_CANCELLING
-12555=キャンセルしています...
-
-## @name NS_MSG_SEND_ERROR_TITLE
-12556=メッセージの送信エラー
-
-## @name NS_MSG_SENDLATER_ERROR_TITLE
-12557=後で送信のエラー
-
-## @name NS_MSG_SAVE_DRAFT_TITLE
-12558=下書きの保存エラー
-
-## @name NS_MSG_SAVE_TEMPLATE_TITLE
-12559=テンプレートの保存エラー
+12555 = キャンセルしています...
 
 ## @name NS_ERROR_SEND_FAILED_BUT_NNTP_OK
-12560=メッセージはニュースグループに投稿されましたが、他の受信者には送信されていません。
-
-## @name NS_MSG_ASK_TO_COMEBACK_TO_COMPOSE
-12561=作成ウィンドウに戻りますか?
-
-## @name NS_MSG_GENERIC_FAILURE_EXPLANATION
-12562=メールとニュースグループのアカウント設定に間違いがないか確認して、再度試してください。
+12560 = メッセージはニュースグループに投稿されましたが、他の受信者には送信されていません。
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_READING_FILE
-12563=ファイル読み込み中にエラーが発生しました。
-
-followupToSenderMessage=このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
+12563 = ファイル読み込み中にエラーが発生しました。
 
-## @name NS_MSG_UNDISCLOSED_RECIPIENTS
-## LOCALIZATION NOTE: this string must be using only US_ASCII characters
-12566=undisclosed-recipients
+followupToSenderMessage = このメッセージの作成者は自分にのみ返信するように要求しています。ニュースグループにも返信したい場合は、アドレス欄に新しい行を追加して、受信者リストからニュースグループを選択して、ニュースグループ名を入力してください。
 
 ## @name NS_MSG_ERROR_ATTACHING_FILE
-12570=%S の添付でエラーが発生しました。ファイルにアクセスできるか確認してください。
+## LOCALIZATION NOTE (12570): argument %S is file name/URI of object to be attached
+12570 = %S の添付でエラーが発生しました。ファイルにアクセスできるか確認してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_GREETING
-12572=メールの送信中にエラーが発生しました。メールサーバのグリーティングが正しくありません。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12572): argument %s is SMTP server greeting
+12572 = メールの送信中にエラーが発生しました。メールサーバのグリーティングが正しくありません。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_SENDING_RCPT_COMMAND
-12575=メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージの受信者 %2$s を確認してください。サーバからの応答: %1$s
+## LOCALIZATION NOTE (12575): argument %1$s is SMTP server response, argument %2$s is intended message recipient.
+12575 = メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージの受信者 %2$s を確認してください。サーバからの応答: %1$s
 
 ## @name NS_ERROR_STARTTLS_FAILED_EHLO_STARTTLS
-12582=メールの送信前にエラーが発生しました: SMTP サーバ %S は STARTTLS をサポートしていないため、保護された接続を確立できませんでした。STARTTLS を使用しない設定に変更するか、プロバイダに問い合わせてください。
+## LOCALIZATION NOTE (12582): argument %s is SMTP server
+12582 = メールの送信前にエラーが発生しました: SMTP サーバ %S は STARTTLS をサポートしていないため、保護された接続を確立できませんでした。STARTTLS を使用しない設定に変更するか、プロバイダに問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_PASSWORD_UNDEFINED
-12584=メールの送信前にエラーが発生しました: %S のパスワードが取得できなかったため、メッセージを送信できませんでした。
+## LOCALIZATION NOTE (12584): argument %S is SMTP account
+12584 = メールの送信前にエラーが発生しました: %S のパスワードが取得できなかったため、メッセージを送信できませんでした。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_TEMP_SIZE_EXCEEDED
-12586=メッセージのサイズがサーバの一時領域のサイズ制限を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくするか、しばらく待ってから再度試してください。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12586): argument %s is SMTP server response
+12586 = メッセージのサイズが一時的にサーバの容量を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくするか、しばらく待ってから再度試してください。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_PERM_SIZE_EXCEEDED_1
-12587=メッセージのサイズがサーバのサイズ制限 (%d bytes) を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくしてから再度試してください。
+## LOCALIZATION NOTE (12587): argument %d is SMTP server size limit
+12587 = メッセージのサイズがサーバのサイズ制限 (%d bytes) を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくしてから再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_PERM_SIZE_EXCEEDED_2
-12588=メッセージのサイズがサーバのサイズ制限を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくしてから再度試してください。サーバからの応答: %s
+## LOCALIZATION NOTE (12588): argument %s is SMTP server response
+12588 = メッセージのサイズがサーバのサイズ制限を超えたため、メッセージを送信できませんでした。メッセージのサイズを小さくしてから再度試してください。サーバからの応答: %s
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_UNKNOWN_SERVER
-12589=メールの送信中にエラーが発生しました: SMTP サーバ %S が見つかりません。サーバの設定に誤りがある可能性があります。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試してください。
+## LOCALIZATION NOTE (12589): argument %S is SMTP server
+12589 = メールの送信中にエラーが発生しました: SMTP サーバ %S が見つかりません。サーバの設定に誤りがある可能性があります。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_REFUSED
-12590=SMTP サーバ %S に接続できなかったため、メッセージを送信できませんでした。サーバと通信できないか、SMTP 接続が許可されませんでした。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試すか、サーバの管理者に問い合わせてください。
+## LOCALIZATION NOTE (12590): argument %S is SMTP server
+12590 = SMTP サーバ %S に接続できなかったため、メッセージを送信できませんでした。サーバと通信できないか、SMTP 接続が許可されませんでした。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試すか、サーバの管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_INTERRUPTED
-12591=送信処理の途中で SMTP サーバ %S との接続が切断されたため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
+## LOCALIZATION NOTE (12591): argument %S is SMTP server
+12591 = 送信処理の途中で SMTP サーバ %S との接続が切断されたため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_TIMEOUT
-12592=SMTP サーバ %S との接続がタイムアウトになったため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
+## LOCALIZATION NOTE (12592): argument %S is SMTP server
+12592 = SMTP サーバ %S との接続がタイムアウトになったため、メッセージを送信できませんでした。再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_SEND_FAILED_UNKNOWN_REASON
-12593=原因不明の問題により、SMTP サーバ %S を使ってメッセージを送信できませんでした。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
+## LOCALIZATION NOTE (12593): argument %S is SMTP server
+12593 = 原因不明の問題により、SMTP サーバ %S を使ってメッセージを送信できませんでした。SMTP サーバの設定が正しいか確認して再度試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_ENCRYPT_TO_PLAIN_NO_SSL
 # LOCALIZATION NOTE (12594): $S is server hostname
-12594=SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
+12594 = SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_ENCRYPT_TO_PLAIN_SSL
 # LOCALIZATION NOTE (12595): $S is server hostname
-12595=SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
+12595 = SMTP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_CHANGE_PLAIN_TO_ENCRYPT
 # LOCALIZATION NOTE (12596): $S is server hostname
-12596=SMTP サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
+12596 = SMTP サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_FAILURE
 # LOCALIZATION NOTE (12597): $S is server hostname
-12597=SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。パスワードを確認し、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] が正しいことを確認してください。
+12597 = SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。パスワードを確認し、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] が正しいことを確認してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_GSSAPI
 # LOCALIZATION NOTE (12598): $S is server hostname
-12598=Kerberos/GSSAPI チケットが SMTP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
+12598 = Kerberos/GSSAPI チケットが SMTP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_MECH_NOT_SUPPORTED
 # LOCALIZATION NOTE (12599): $S is server hostname
-12599=SMTP サーバ %S が選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を変更してください。
+12599 = SMTP サーバ %S が選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を変更してください。
 
 ## @name NS_ERROR_SMTP_AUTH_NOT_SUPPORTED
 # LOCALIZATION NOTE (12600): $S is server hostname
-12600=SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証を使用するように設定されていますが、サーバは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をプロバイダに問い合わせてください。
+12600 = SMTP サーバ %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証を使用するように設定されていますが、サーバは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をプロバイダに問い合わせてください。
 
 ## @name NS_ERROR_ILLEGAL_LOCALPART
 # LOCALIZATION NOTE (errorIllegalLocalPart): %s is an email address with an illegal localpart
-errorIllegalLocalPart=受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
+errorIllegalLocalPart = 受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
 
 ## Strings use for the save message dialog shown when the user close a message compose window
-saveDlogTitle=メッセージ保存
+saveDlogTitle			= メッセージ保存
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDlogMessages): %1$S is folder name
-saveDlogMessages=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダ (%1$S) にメッセージを保存しますか?
+saveDlogMessages		= メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダ (%1$S) にメッセージを保存しますか?
 
 ## generics string
-defaultSubject=(件名なし)
-chooseFileToAttach=添付ファイル
+defaultSubject			= (件名なし)
+chooseFileToAttach		= 添付ファイル
 
 ##
-windowTitlePrefix=作成:
+windowTitlePrefix		= 作成:
 
 ## String used by the dialog that ask the user to enter a subject
-sendMsgTitle=メッセージ送信
-subjectDlogMessage=このメッセージには件名が指定されていません。件名を指定する場合は、今すぐ入力してください。
+sendMsgTitle			= メッセージ送信
+subjectDlogMessage		= このメッセージには件名が指定されていません。件名を指定する場合は、今すぐ入力してください。
 
 ## String used by the dialog that informs the user about the newsgroup recipient
-recipientDlogMessage=このアカウントで受信者に指定できるのはメールアドレスだけです。ニュースグループへは投稿されません。
+recipientDlogMessage		= このアカウントで受信者に指定できるのはメールアドレスだけです。ニュースグループへは投稿されません。
 
 #String used by the alert that tells the user an e-mail address is invalid
-addressInvalid=%1$S は user@host 形式になっておらず、有効なメールアドレスではありません。メールを送信する前に修正してください。
+## LOCALIZATION NOTE (addressInvalid): $S is email address
+addressInvalid			= %1$S は user@host 形式になっておらず、有効なメールアドレスではありません。メールを送信する前に修正してください。
+
+genericFailureExplanation	= メールとニュースグループのアカウント設定に間違いがないか確認して、再度試してください。
+
+## LOCALIZATION NOTE (undisclosedRecipients): this string must use only US_ASCII characters
+undisclosedRecipients		= undisclosed-recipients
 
 ## String used for attachment pretty name, when attachment is a message
-messageAttachmentSafeName=添付メッセージ
+messageAttachmentSafeName	= 添付メッセージ
 ## String used for attachment pretty name, when attachment is message part
-partAttachmentSafeName=添付メッセージ部
+partAttachmentSafeName		= 添付メッセージ部
 
 ## String used by the Initialization Error dialog
-initErrorDlogTitle=メッセージ作成
-initErrorDlgMessage=メッセージ作成ウィンドウを開こうとしてエラーが発生しました。再度試してください。
+initErrorDlogTitle		= メッセージ作成
+initErrorDlgMessage		= メッセージ作成ウィンドウの初期化中にエラーが発生しました。再度試してください。
 
 ## String used if a file to attach does not exist when passed as
 ## a command line argument
-errorFileAttachTitle=ファイルの添付
+errorFileAttachTitle		= ファイル添付
 ## LOCALIZATION NOTE (errorFileAttachMessage): %1$S will be replaced by the non-existent file name. Do not translate
-errorFileAttachMessage=ファイル %1$S は存在しないため、メッセージに添付できませんでした。
+errorFileAttachMessage		= %1$S ファイルが存在しないためメッセージに添付できませんでした。
 
 ## Strings used by Save as Draft/Template dialog
-SaveDialogTitle=メッセージ保存
+SaveDialogTitle			= メッセージ保存
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDialogMsg): %1$S is folder name, %2$S is host name
-SaveDialogMsg=メッセージを %2$S の %1$S フォルダに保存しました。
-CheckMsg=このダイアログボックスを再び表示しない
+SaveDialogMsg			= メッセージを %2$S の %1$S フォルダに保存しました。
+CheckMsg			= このダイアログボックスを再び表示しない
 
 ## Strings used by prompt when Quitting while in progress
-quitComposeWindowTitle=メッセージ送信中
+quitComposeWindowTitle		= メッセージ送信中
 ## LOCALIZATION NOTE (quitComposeWindowMessage): don't translate \n
-quitComposeWindowMessage2=%1$S がメッセージを送信中です。\nメッセージが送信されるまで待ってから終了しますか?
-quitComposeWindowQuitButtonLabel2=終了(&Q)
-quitComposeWindowWaitButtonLabel2=待機(&W)
+quitComposeWindowMessage2	= %1$0.Sメッセージを送信しています。\nメッセージの送信が完了するまで待ちますか?
+quitComposeWindowQuitButtonLabel2= 今すぐ終了(&Q)
+quitComposeWindowWaitButtonLabel2= 待機(&W)
 
 ## Strings used by prompt for Ctrl-Enter check before sending message
-sendMessageCheckWindowTitle=メッセージ送信
-sendMessageCheckLabel=本当にこのメッセージを送信してもよろしいですか?
-sendMessageCheckSendButtonLabel=送信
+sendMessageCheckWindowTitle	=メッセージ送信
+sendMessageCheckLabel		=本当にこのメッセージを送信してもよろしいですか?
+sendMessageCheckSendButtonLabel	=送信
+
+assemblingMessageDone		=メッセージの構成を完了しました。
+assemblingMessage		=メッセージを構成しています...
+
+smtpDeliveringMail		=メールを送信しています...
+smtpMailSent			=メールを正常に送信しました。
+
+assemblingMailInformation	=メール情報を構築しています...
+## LOCALIZATION NOTE (gatheringAttachment): argument %S is file name/URI of attachment
+gatheringAttachment		=%S を添付しています...
+creatingMailMessage		=メールメッセージを作成しています...
+
+## LOCALIZATION NOTE (copyMessageStart): argument %S is folder name
+copyMessageStart		=%S フォルダへメッセージをコピーしています...
+copyMessageComplete		=コピーが完了しました。
+copyMessageFailed		=コピーできませんでした。
+
+sendLargeMessageWarning		=警告! %d バイトのメッセージを送信しようとしています。送信を実行しますか?
+
+sendingMessage			=メッセージを送信しています...
+sendMessageErrorTitle		=メッセージの送信エラー
+postingMessage			=メッセージを投稿しています...
+
+sendLaterErrorTitle		=後で送信のエラー
+saveDraftErrorTitle		=下書きの保存エラー
+saveTemplateErrorTitle		=テンプレートの保存エラー
+
+## LOCALIZATION NOTE (failureOnObjectEmbeddingWhileSaving): argument %.200S is file name/URI of object to be embedded
+failureOnObjectEmbeddingWhileSaving	=メッセージ中の %.200S ファイルに問題があります。このファイルを除いてメッセージの保存を続けますか?
+## LOCALIZATION NOTE (failureOnObjectEmbeddingWhileSending): argument %.200S is file name/URI of object to be embedded
+failureOnObjectEmbeddingWhileSending	=メッセージ中の %.200S ファイルに問題があります。このファイルを除いてメッセージの送信を続けますか?
+returnToComposeWindowQuestion		=作成ウィンドウに戻りますか?
 
 ## reply header in composeMsg
-## <author> wrote:
-mailnews.reply_header_authorwrote=%s wrote
-mailnews.reply_header_ondate=On %s
+## LOCALIZATION NOTE (mailnews.reply_header_authorwrotesingle): #1 is author (name of person replying to)
+mailnews.reply_header_authorwrotesingle	=#1 wrote:
+## LOCALIZATION NOTE (mailnews.reply_header_ondateauthorwrote): #1 is author, #2 is date, #3 is time
+mailnews.reply_header_ondateauthorwrote	=On #2 #3, #1 wrote:
+## LOCALIZATION NOTE (mailnews.reply_header_authorwroteondate): #1 is author, #2 is date, #3 is time
+mailnews.reply_header_authorwroteondate	=#1 wrote on #2 #3:
 
 ## reply header in composeMsg
 ## user specified
-mailnews.reply_header_originalmessage=-------- Original Message --------
+mailnews.reply_header_originalmessage	=-------- Original Message --------
 
 ## forwarded header in composeMsg
 ## user specified
-mailnews.forward_header_originalmessage=-------- Forwarded Message --------
+mailnews.forward_header_originalmessage	=-------- Forwarded Message --------
 
 ## Strings used by the rename attachment dialog
-renameAttachmentTitle=添付ファイルの名前変更
-renameAttachmentMessage=添付ファイルの新しい名前:
+renameAttachmentTitle		=添付ファイルの名前変更
+renameAttachmentMessage		=添付ファイルの新しい名前:
 
 ## LOCALIZATION NOTE(smtpEnterPasswordPrompt): Do not translate the
 ## word $S. Place the word $S where the host name should appear.
-smtpEnterPasswordPrompt=%S のパスワードを入力してください:
+smtpEnterPasswordPrompt		= %S のパスワードを入力してください:
 ## LOCALIZATION NOTE(smtpEnterPasswordPromptWithUsername): Do not translate the
 ## words %1$S and %2$S. Place the word %1$S where the host name should appear,
 ## and %2$S where the user name should appear.
-smtpEnterPasswordPromptWithUsername=%1$S の %2$S のパスワードを入力してください:
-smtpEnterPasswordPromptTitle=SMTP サーバのパスワードが必要です。
+smtpEnterPasswordPromptWithUsername	= %1$S の %2$S のパスワードを入力してください:
+smtpEnterPasswordPromptTitle	= SMTP サーバのパスワードが必要です。
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorSavingMsg): Do not translate the word %S. It
 ## will be replaced with the name of the folder the message is being saved to.
-errorSavingMsg=メッセージの %S フォルダへの保存中にエラーが発生しました。再試行しますか?
+errorSavingMsg			= メッセージの %S フォルダへの保存時にエラーが発生しました。再実行しますか?
--- a/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
@@ -3,153 +3,147 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the local mail code to display progress/status/error messages
 #
 
 # LOCALIZATION NOTE(pop3ErrorDialogTitle): Do not translate the word "%S"
 # below. Place the word %S where the account name should appear.
-pop3ErrorDialogTitle		=%S アカウントのエラー
+pop3ErrorDialogTitle=%S アカウントのエラー
 
-pop3EnterPasswordPromptTitle		=パスワードを入力してください
+pop3EnterPasswordPromptTitle=パスワードを入力してください
 
 # LOCALIZATION NOTE(pop3EnterPasswordPrompt): Do not translate the words "%1$S"
 # and "%2$S" below. Place the word %1$S where the user name should appear, and
 # %2$S where the host name should appear.
-pop3EnterPasswordPrompt		=%2$S サーバのユーザ %1$S のパスワードを入力してください:
+pop3EnterPasswordPrompt=%2$S サーバのユーザ %1$S のパスワードを入力してください:
 
 # LOCALIZATION NOTE(pop3PreviouslyEnteredPasswordIsInvalidPrompt): Do not
 # translate the words "%1$S" and "%2$S" below. Place the word %1$S where the
 # user name should appear, and %2$S where the host name should appear.
-pop3PreviouslyEnteredPasswordIsInvalidPrompt	=%2$S のユーザ %1$S 用の新しいパスワードを入力してください:
+pop3PreviouslyEnteredPasswordIsInvalidPrompt=%2$S のユーザ %1$S 用の新しいパスワードを入力してください:
 
-# Status - Downloading message n of m to account
-#LOCALIZATION NOTE (receivingMsgs): Do not translate %1$S, %2$S, or %3$S in the following lines.
+# Status - Downloading message n of m
+# LOCALIZATION NOTE (receivingMessages): Do not translate %1$S or %2$S in the following lines.
 # Place the word %1$S where the number of messages downloaded so far should appear.
 # Place the word %2$S where the total number of messages to receive should appear;
-# Place %3$S where the account name should appear.
-receivingMsgs			=メッセージを %3$S にダウンロードしています %1$S / %2$S
+receivingMessages=メッセージをダウンロードしています %1$S / %2$S...
 
 # Status - connecting to host
-#LOCALIZATION NOTE : Do not translate %1$S in the following line.
-# Place %1$S where the account name should appear
-hostContacted			=接続: ホストに %1$S のログイン情報を送信しています...
+hostContact=ホストに接続しました。ログイン情報を送信しています...
 
-# Status - no messages to download 
-#LOCALIZATION NOTE : Do not translate %1$S in the following line.
-# Place %1$S where the account name should appear
-noMessages			=%1$S の新着メッセージはありませんでした。
+# Status - no messages to download
+noNewMessages=新着メッセージはありませんでした。
 
 # Status - messages received after the download
-#LOCALIZATION NOTE : Do not translate %1$S, %2$S or %3$S in the following line.
+#LOCALIZATION NOTE : Do not translate %1$S or %2$S in the following line.
 # %1$S will receive the number of messages received
 # %2$S will receive the total number of messages
-# Place %3$S where the account name should appear
-receivedMessages		=%3$S へのメッセージを受信しました %1$S / %2$S
+receivedMsgs=メッセージを受信しました %1$S / %2$S
 
-pop3OutOfDiskSpace		=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダを最適化するなどしてもう一度やり直してください。
+pop3OutOfDiskSpace=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダを最適化するなどしてもう一度やり直してください。
 
 # Status - parsing folder
 #LOCALIZATION NOTE (buildingSummary): Do not translate %S in the following line.
 # Place the word %S where the name of the mailbox should appear
-buildingSummary			=%S の要約ファイルを作成しています...
+buildingSummary=%S の要約ファイルを作成しています...
 
 # Status - parsing folder
-localStatusDocumentDone		=完了
+localStatusDocumentDone=完了
 
 # Status - pop3 server error
 #LOCALIZATION NOTE (pop3ServerError): Do not translate POP3 in the following line.
-pop3ServerError			=POP3 サーバでエラーが発生しました。
+pop3ServerError=POP3 サーバでエラーが発生しました。
 
 # Status - pop3 user name failed
-pop3UsernameFailure		=ユーザ名を送信できませんでした。
+pop3UsernameFailure=ユーザ名を送信できませんでした。
 
 # Status - password failed
 #LOCALIZATION NOTE (pop3PasswordFailed): Do not translate "%1$S" below.
 # Place the word %1$S where the user name should appear.
-pop3PasswordFailed		=ユーザ %1$S のパスワードを送信できませんでした。
+pop3PasswordFailed=ユーザ %1$S のパスワードを送信できませんでした。
 
 # Status - write error occurred
-pop3MessageWriteError		=メールボックスにメールを書き込めませんでした。ファイルシステムに書き込み権限があるか、ディスクに十分な空き容量があるか確認してください。
+pop3MessageWriteError=メールボックスにメールを書き込めませんでした。ファイルシステムに書き込み権限があるか、ディスクに十分な空き容量があるか確認してください。
 
 # Status - write error occurred
 # LOCALIZATION NOTE (pop3ServerBusy): Do not translate the word "%S" below.
 # Place %S where the account name should appear.
-pop3ServerBusy			=アカウント %S は処理中です。受信処理が終了するまでしばらくお待ちください。
+pop3ServerBusy=アカウント %S は処理中です。受信処理が終了するまでしばらくお待ちください。
 
 # Status - retr failure from the server
-pop3RetrFailure			=RETR コマンドを正常に完了できず、メッセージを取得できませんでした。
+pop3RetrFailure=RETR コマンドを正常に完了できず、メッセージを取得できませんでした。
 
 # Status - password undefined 
-pop3PasswordUndefined		=メールパスワードを取得できませんでした。
+pop3PasswordUndefined=メールパスワードを取得できませんでした。
 
 # Status - username undefined 
-pop3UsernameUndefined		=このサーバ用のユーザ名が設定されていません。アカウント設定でユーザ名を設定してください。
+pop3UsernameUndefined=このサーバ用のユーザ名が設定されていません。アカウント設定でユーザ名を設定してください。
 
 # Status - list failure
-pop3ListFailure			=LIST コマンドを正常に完了できず、メッセージの ID とサイズを取得できませんでした。
+pop3ListFailure=LIST コマンドを正常に完了できず、メッセージの ID とサイズを取得できませんでした。
 
 # Status - delete error 
-pop3DeleFailure			=DELE コマンドを正常に完了できず、メッセージを削除できませんでした。
+pop3DeleFailure=DELE コマンドを正常に完了できず、メッセージを削除できませんでした。
 
 # Status - stat failed
-pop3StatFail			=STAT コマンドを正常に完了できず、メッセージの数とサイズを取得できませんでした。
+pop3StatFail=STAT コマンドを正常に完了できず、メッセージの数とサイズを取得できませんでした。
 
 #LOCALIZATION NOTE (pop3ServerSaid): Do not remove the leading space during translation.
-pop3ServerSaid			=メールサーバ %S からの応答:
+pop3ServerSaid=メールサーバ %S からの応答:
 
-copyingMessagesStatus		=メッセージを %3$S にコピーしています %1$S / %2$S
+copyingMessagesStatus=メッセージを %3$S にコピーしています %1$S / %2$S
 
-movingMessagesStatus		=メッセージを %3$S に移動しています %1$S / %2$S
+movingMessagesStatus=メッセージを %3$S に移動しています %1$S / %2$S
 
-movemailCantOpenSpoolFile	=メールスプールファイル %S を開けませんでした。
+movemailCantOpenSpoolFile=メールスプールファイル %S を開けませんでした。
 
-movemailCantCreateLock		=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリのモードを 01777 に設定します。
+movemailCantCreateLock=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリのモードを 01777 に設定します。
 
-movemailCantDeleteLock		=ロックファイル %S を削除できませんでした。
+movemailCantDeleteLock=ロックファイル %S を削除できませんでした。
 
-movemailCantTruncateSpoolFile	=スプールファイル %S を整理できませんでした。
+movemailCantTruncateSpoolFile=スプールファイル %S を整理できませんでした。
 
-movemailSpoolFileNotFound	=メールスプールファイルが見つかりませんでした。
+movemailSpoolFileNotFound=メールスプールファイルが見つかりませんでした。
 
 #LOCALIZATION NOTE (movemailCantParseSpool): %S is file name
-movemailCantParseSpool		=スプールファイル %S をパースできませんでした。ファイルが壊れているか正しくない可能性があります。
+movemailCantParseSpool=スプールファイル %S をパースできませんでした。ファイルが壊れているか正しくない可能性があります。
 
-pop3TmpDownloadError		=以下のメッセージのダウンロード中にエラーが発生しました:\n差出人: %S\n   件名: %S\n このメッセージにウイルスが含まれているか、ディスク領域が足りない可能性があります。このメッセージをスキップしますか?
+pop3TmpDownloadError=以下のメッセージをダウンロード中にエラーが発生しました:\n差出人: %S\n   件名: %S\n このメッセージにウイルスが含まれているか、ディスクの空き領域が足りない可能性があります。このメッセージをスキップしますか?
 
 # Status - the server doesn't support UIDL...
 # LOCALIZATION NOTE(pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc): The following sentence should be translated in this way:
 # Do not translate "POP3"
 # Do not translate "%S". Place %S in your translation where the name of the server should appear.
 # Do not translate "UIDL"
-pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc	=POP3 メールサーバ (%S) が UIDL, XTND, XLST をサポートしていないため、[ダウンロード後もサーバにメッセージを残す]、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。メールをダウンロードするには、アカウント設定ウィンドウの [サーバ設定] でこれらのオプションを無効化してください。
+pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc=POP3 メールサーバ (%S) が UIDL, XTND, XLST をサポートしていないため、[ダウンロード後もサーバにメッセージを残す]、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。メールをダウンロードするには、アカウント設定ウィンドウの [サーバ設定] でこれらのオプションを無効化してください。
 
 # Status - the server doesn't support the top command
 # LOCALIZATION NOTE(pop3ServerDoesNotSupportTopCommand): The following sentence should be translated in this way:
 # Do not translate "POP3"
 # Do not translate "%S". Place %S in your translation where the name of the server should appear.
 # Do not translate "TOP"
-pop3ServerDoesNotSupportTopCommand	=POP3 メールサーバ (%S) が TOP コマンドをサポートしていないため、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。このオプションが無効なため、メッセージは、そのサイズに関わらずダウンロードされます。
+pop3ServerDoesNotSupportTopCommand=POP3 メールサーバ (%S) が TOP コマンドをサポートしていないため、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。このオプションが無効なため、メッセージは、そのサイズに関わらずダウンロードされます。
 
-nsErrorCouldNotConnectViaTls	=POP3 サーバへの TLS 接続が確立できません。サーバがダウンしているか、設定が正しくありません。アカウント設定ウィンドウの [サーバ設定] で、このメールサーバの設定が正しいか確認して再度試してください。
+nsErrorCouldNotConnectViaTls=POP3 サーバへの TLS 接続が確立できません。サーバがダウンしているか、設定が正しくありません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で、このメールサーバの設定が正しいか確認して再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (pop3MoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the name of the folder.
-pop3MoveFolderToTrash		=本当に次のフォルダを削除してもよろしいですか: %S
+pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダを削除してもよろしいですか: %S
 
-pop3DeleteFolderDialogTitle	=フォルダの削除
+pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダの削除
 
-pop3DeleteFolderButtonLabel	=フォルダを削除(&D)
+pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダを削除(&D)
 
-pop3AuthInternalError		=POP3 サーバによる認証中に内部状態エラーが発生しました。これはアプリケーション内部の予期しないエラーです。バグとして報告してください。
+pop3AuthInternalError=POP3 サーバによる認証中に内部状態エラーが発生しました。これはアプリケーション内部の予期しないエラーです。バグとして報告してください。
 
-pop3AuthChangeEncryptToPlainNoSSL	=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
+pop3AuthChangeEncryptToPlainNoSSL=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
-pop3AuthChangeEncryptToPlainSSL	=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
+pop3AuthChangeEncryptToPlainSSL=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
-pop3AuthChangePlainToEncrypt	=POP3 サーバが平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
+pop3AuthChangePlainToEncrypt=POP3 サーバが平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 # Authentication server caps and pref don't match
-pop3AuthMechNotSupported	=サーバが選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を変更してください。
+pop3AuthMechNotSupported=サーバが選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を変更してください。
 
 # Status - Could not log in to GSSAPI, and it was the only method
-pop3GssapiFailure		=Kerberos/GSSAPI チケットが POP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
+pop3GssapiFailure=Kerberos/GSSAPI チケットが POP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
@@ -1,18 +1,19 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
+# The following are used by the messenger application
+
 #LOCALIZATION NOTE(statusMessage): Do not translate the words
 # $1S and $2S below. Place the word $1S where account name should appear and $2S
 # where the status message should appear.
 statusMessage			= %1$S: %2$S
 
-# The following are used by the messenger application
 renameFolder			= フォルダの名前変更...
 compactFolder			= このフォルダを最適化
 removeAccount			= アカウントの削除...
 removeFolder			= フォルダの削除
 newFolderMenuItem		= フォルダ...
 newSubfolderMenuItem		= サブフォルダ...
 newFolder			= 新しいフォルダ...
 newSubfolder			= 新しいサブフォルダ...
@@ -52,16 +53,18 @@ saveAttachmentFailed		= 添付ファイルを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 saveMessageFailed		= メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 fileExists			= %S はすでに存在します。置き換えますか?
 
 downloadingNewsgroups		= オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
 downloadingMail			= オフラインで使用するメールをダウンロードしています
 sendingUnsent			= 未送信メールを送信しています
 
 folderExists			= その名前のフォルダはすでに存在しています。他の名前を入力してください。
+# LOCALIZATION NOTE(confirmDuplicateFolderRename): %1$S is name of folder being moved, %2$S is parent folder name, %3$S is proposed new folder name
+confirmDuplicateFolderRename	= '%2$S' フォルダ内に '%1$S' という名前のサブフォルダがすでに存在します。このフォルダを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
 folderCreationFailed		= フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
 compactingFolder		= %S フォルダを最適化しています...
 doneCompacting			= フォルダの最適化を完了しました
 autoCompactAllFoldersTitle	= フォルダの最適化
 autoCompactAllFolders		= ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか?
 autoCompactAlwaysAskCheckbox	= 自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
 compactNowButton		= 今すぐ最適化(&M)
@@ -412,17 +415,17 @@ emptyTrashTitle			= 確認
 emptyTrashMessage		= ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyTrashDontAsk		= 次回からは確認しない
 
 # junkCommands.js
 junkAnalysisPercentComplete	= 迷惑メールの分析を %S 完了しました
 processingJunkMessages		= 迷惑メールを処理しています
 
 # tabmail: warning when closing multiple tabs (as in browser)
-tabs.closeWarningTitle		= 確認
+tabs.closeWarningTitle		= タブを閉じる確認
 tabs.closeWarning		= このメッセンジャーウィンドウには %S 個のタブが開いています。このウィンドウ内のタブをすべて閉じてもよろしいですか?
 tabs.closeButton		= すべてのタブを閉じる
 tabs.closeWarningPromptMe	= 同時に複数のメッセンジャータブを閉じるときは確認する
 
 # Messenger bootstrapping messages
 fileNotFoundTitle		= ファイルが見つかりません
 #LOCALIZATION NOTE(fileNotFoundMsg): %S is the filename
 fileNotFoundMsg			= %S ファイルが見つかりません。
@@ -455,11 +458,10 @@ remoteContentBarButtonKey			= S
 phishingBarMessage				= %1$0.Sこのメールは詐欺メールの可能性があります。
 phishingBarIgnoreButton				= 警告を無視
 phishingBarIgnoreButtonKey			= I
 mdnBarMessage					= このメッセージの送信者が開封確認の通知を求めています。送信者に通知しますか?
 mdnBarIgnoreButton				= 要求を無視
 mdnBarIgnoreButtonKey				= I
 mdnBarSendReqButton				= 開封確認を送付する
 mdnBarSendReqButtonKey				= S
-draftMessageMsg					= このメッセージは下書きです
-draftMessageButton				= 編集...
-draftMessageButtonKey				= E
+# LOCALIZATION NOTE (saveAsType): replace %S with the extension of the file to be saved.
+saveAsType					= %S ファイル
--- a/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
@@ -1,8 +1,7 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Labels -->
 <!ENTITY newfolderchoosethis.label		"親フォルダを選択">
 <!ENTITY filemessageschoosethis.label		"このフォルダを選択">
-<!ENTITY recentfolders.label			"最近使用したフォルダ">
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -14,17 +14,23 @@
 <!ENTITY feedLocation.placeholder    "追加するフィードの正しい URL を入力してください">
 
 <!ENTITY feedFolder.label            "記事の保存先:">
 <!ENTITY feedFolder.accesskey        "S">
 
 <!ENTITY quickMode.label             "Web ページを読み込まずに記事の要約を表示する">
 <!ENTITY quickMode.accesskey         "h">
 
-<!ENTITY locationValidate.label		"フィードの検証">
+<!ENTITY autotagEnable.label         "フィードの &lt;カテゴリ&gt; 名から自動的にタグを作成する">
+<!ENTITY autotagEnable.accesskey     "c">
+<!ENTITY autotagUsePrefix.label      "タグの接頭辞:">
+<!ENTITY autotagUsePrefix.accesskey  "P">
+<!ENTITY autoTagPrefix.placeholder   "タグの接頭辞を入力してください">
+
+<!ENTITY locationValidate.label      "フィードの検証">
 <!ENTITY validateText.label          "フィードが有効か確認して正しい URL を取得します。">
 
 <!ENTITY button.addFeed.label        "追加">
 <!ENTITY button.addFeed.accesskey    "A">
 <!ENTITY button.editFeed.label       "更新">
 <!ENTITY button.editFeed.accesskey   "U">
 <!ENTITY button.removeFeed.label     "削除">
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey "R">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-composing_messages.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-composing_messages.dtd
@@ -32,24 +32,20 @@
 <!ENTITY fontColor.label                      "テキスト:">
 <!ENTITY fontColor.accesskey                  "T">
 <!ENTITY bgColor.label                        "背景色:">
 <!ENTITY bgColor.accesskey                    "B">
 
 <!ENTITY selectHeaderType.label               "返信ヘッダの形式を選択してください:">
 <!ENTITY selectHeaderType.accesskey           "e">
 <!ENTITY noReplyOption.label                  "返信ヘッダなし">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (authorWroteOption.label): this is tied to the 
-  mailnews.reply_header_authorwrote preference. [Author] needs to be 
+<!-- LOCALIZATION NOTE (authorWroteOption.label): this is tied to the
+  mailnews.reply_header_authorwrotesingle preference. [Author] needs to be
   translated. -->
 <!ENTITY authorWroteOption.label              "[著者] wrote:">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (onDateAuthorWroteOption.label): this is tied to the 
-  combination of the mailnews.reply_header_ondate(On [date]), 
-  mailnews.reply_header_separator (a comma in this case) and 
-  mailnews.reply_header_authorwrote([Author] wrote) preferences. [date] and 
-  [Author] need to be translated, and the correct  separator put in. -->
+<!-- LOCALIZATION NOTE (onDateAuthorWroteOption.label): this is tied to the
+  mailnews.reply_header_ondateauthorwrote preference. [Author] and [date]
+  need to be translated. -->
 <!ENTITY onDateAuthorWroteOption.label        "On [日付], [著者] wrote:">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (authorWroteOnDateOption.label): this is tied to the 
-  combination of the mailnews.reply_header_authorwrote([Author] wrote), 
-  mailnews.reply_header_separator (a comma in this case), and 
-  mailnews.reply_header_ondate preferences(On [date]). [Author] and [date] 
-  need to be translated, and the correct separator put in. -->
-<!ENTITY authorWroteOnDateOption.label        "[著者] wrote, On [日付]:">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (onDateAuthorWroteOption.label): this is tied to the
+  mailnews.reply_header_authorwroteondate preference. [Author] and [date]
+  need to be translated. -->
+<!ENTITY authorWroteOnDateOption.label        "[著者] wrote on [日付]:">