15.0: sync suite with en-US rev11300:4517e86cbcf6
authorYouhei Tooyama
Mon, 30 Jul 2012 21:56:54 +0900
changeset 769 6f88795cafff506c1aa2ba6f90e042b11865bf03
parent 721 3a2f7fa4f51268ba1b9feef75014f0d3256ddbfe
child 770 be53633e0dcef348de148879c21e76f6c9c38f56
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs15
15.0: sync suite with en-US rev11300:4517e86cbcf6
suite/chrome/browser/pageInfo.dtd
suite/chrome/common/about.dtd
suite/chrome/common/contentAreaCommands.dtd
suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
suite/chrome/mailnews/eudoraImportMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/importDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-advanced.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
--- a/suite/chrome/browser/pageInfo.dtd
+++ b/suite/chrome/browser/pageInfo.dtd
@@ -43,16 +43,22 @@
 <!ENTITY  copy.key              "C">
 <!ENTITY  copy.label            "コピー">
 <!ENTITY  copy.accesskey        "C">
 <!ENTITY  selectall.key         "A">
 <!ENTITY  selectall.label       "すべて選択">
 <!ENTITY  selectall.accesskey   "A">
 <!ENTITY  openHelpMac.key       "?">
 <!ENTITY  closeWindow.key       "w">
+<!ENTITY  copyLinks.label       "リンクをコピー">
+<!ENTITY  copyLinks.accesskey       "L">
+<!ENTITY  openInNewTab.label        "新しいタブで開く">
+<!ENTITY  openInNewTab.accesskey    "T">
+<!ENTITY  openInNewWindow.label     "新しいウィンドウで開く">
+<!ENTITY  openInNewWindow.accesskey "W">
 
 <!ENTITY  generalTab            "一般">
 <!ENTITY  generalTab.accesskey  "G">
 <!ENTITY  generalURL            "アドレス:">
 <!ENTITY  generalType           "MIME タイプ:">
 <!ENTITY  generalMode           "描画モード:">
 <!ENTITY  generalSize           "サイズ:">
 <!ENTITY  generalReferrer       "参照元 URL:">
--- a/suite/chrome/common/about.dtd
+++ b/suite/chrome/common/about.dtd
@@ -1,6 +1,7 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (channel.description.start,channel.description.end):
      channel.description.start and channel.description.end create one sentence,
      with the current channel label inserted in between.
      example: You are currently on the _Stable_ update channel. -->
 <!ENTITY channel.description.start  "現在の更新チャンネルは ">
 <!ENTITY channel.description.end    " です。">
+<!ENTITY about.userAgent            "ユーザエージェント: ">
--- a/suite/chrome/common/contentAreaCommands.dtd
+++ b/suite/chrome/common/contentAreaCommands.dtd
@@ -112,16 +112,18 @@
 <!ENTITY videoHideStats.accesskey     "t">
 <!ENTITY search.accesskey             "W">
 <!ENTITY bidiSwitchPageDirectionItem.label        "ページの書記方向を切り換え">
 <!ENTITY bidiSwitchPageDirectionItem.accesskey    "g">
 <!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.label        "テキストの書記方向を切り換え">
 <!ENTITY bidiSwitchTextDirectionItem.accesskey    "x">
 <!ENTITY spellAddToDictionary.label     "辞書に追加">
 <!ENTITY spellAddToDictionary.accesskey "n">
+<!ENTITY spellUndoAddToDictionary.label      "辞書への追加を元に戻す">
+<!ENTITY spellUndoAddToDictionary.accesskey  "i">
 <!ENTITY spellIgnoreWord.label          "単語を無視">
 <!ENTITY spellIgnoreWord.accesskey      "W">
 <!ENTITY spellCheckEnable.label         "スペルチェックする">
 <!ENTITY spellCheckEnable.accesskey     "S">
 <!ENTITY spellNoSuggestions.label       "(候補はありません)">
 <!ENTITY spellDictionaries.label        "言語">
 <!ENTITY spellDictionaries.accesskey    "L">
 <!ENTITY spellAddDictionaries.label     "他の辞書をダウンロード...">
--- a/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
@@ -90,8 +90,11 @@
 <!ENTITY setJunkScore.label          "迷惑メールかどうか設定する">
 <!ENTITY deleteMessage.label         "メッセージを削除する">
 <!ENTITY deleteFromPOP.label         "メッセージを POP サーバから削除する">
 <!ENTITY fetchFromPOP.label          "POP サーバから本文を取得する">
 <!ENTITY ignoreThread.label          "スレッドを無視する">
 <!ENTITY ignoreSubthread.label       "サブスレッドを無視する">
 <!ENTITY watchThread.label           "注目スレッドに設定する">
 <!ENTITY stopExecution.label         "フィルタの実行を中止する">
+
+<!ENTITY addAction.tooltip           "新しい動作を追加します">
+<!ENTITY removeAction.tooltip        "この動作を削除します">
--- a/suite/chrome/mailnews/eudoraImportMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/eudoraImportMsgs.properties
@@ -54,21 +54,16 @@ 2029=Eudora の設定とメール、アドレス帳
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (2002): In the following sentence,
 # the %S represents a string to be inserted at runtime (the name of the Mailbox), 
 # and the %d is a number (the number of messages imported). Do not translate %d or %S, but
 # instead insert them in your text at the appropriate places.
 2002==メールボックス %S から %d メッセージインポートしました。
 
 # Error message
-## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_BADPARAM
-## @loc None
-2003=メールボックスのインポート時に不正なパラメータが渡されました。
-
-# Error message
 ## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_BADSOURCEFILE
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (2004): In the following sentence, do not translate the "%S". Instead,
 # place it in your sentence where you wish to display the name of the mailbox.
 2004=メールボックス %S のファイルにアクセスできませんでした。
 
 # Error message
 ## @name EUDORAIMPORT_MAILBOX_CONVERTERROR
--- a/suite/chrome/mailnews/importDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/importDialog.dtd
@@ -36,34 +36,39 @@
 
  ***** END LICENSE BLOCK ***** -->
 
 <!ENTITY importDialog.windowTitle "設定とデータのインポート">
 <!ENTITY importAll.label          "すべてインポート">
 <!ENTITY importAll.accesskey      "E">
 <!ENTITY importMail.label         "メール">
 <!ENTITY importMail.accesskey     "M">
+<!ENTITY importFeeds.label        "購読フィード">
+<!ENTITY importFeeds.accesskey    "d">
 <!ENTITY importAddressbook.label  "アドレス帳">
 <!ENTITY importAddressbook.accesskey "A">
 <!ENTITY importSettings.label     "設定">
 <!ENTITY importSettings.accesskey "S">
 <!ENTITY importFilters.label      "フィルタ(ルール)">
 <!ENTITY importFilters.accesskey  "F">
 
 <!ENTITY  window.width            "51em"><!-- en-US: 40em -->
 <!ENTITY  window.macWidth         "45em"><!-- en-US: 45em -->
 
 <!ENTITY importTitle.label        "&brandShortName; インポートウィザード">
 <!ENTITY importShortDesc.label    "他のソフトからメール、アドレス帳、設定やフィルタをインポートします">
 
-<!ENTITY importDescription1.label "他のメールソフトや一般的な形式のアドレス帳からメッセージ、アドレス帳、設定、フィルタなどをインポートします。">
+<!ENTITY importDescription1.label "他のメールソフトや一般的な形式のアドレス帳からメッセージ、アドレス帳、購読フィード、設定、フィルタなどをインポートします。">
 <!ENTITY importDescription2.label "インポート後は &brandShortName; のメールやアドレス帳からアクセスできるようになります。">
 
 <!ENTITY selectDescription.label  "インポート元のファイルタイプを選択してください:">
+<!ENTITY selectDescriptionB.label "既存のアカウントを選択するか、新しいアカウントを作成してください:">
 <!ENTITY selectDescription.accesskey "P">
+<!ENTITY acctName.label           "アカウント名:">
+<!ENTITY acctName.accesskey       "N">
 
 <!ENTITY back.label               "&lt; 戻る">
 <!ENTITY forward.label            "次へ &gt;">
 <!ENTITY finish.label             "完了">
 <!ENTITY cancel.label             "キャンセル">
 
 <!ENTITY select.label             "インポートする項目を選択してください:">
 
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -23,10 +23,11 @@
 <!ENTITY button.editFeed.label       "更新">
 <!ENTITY button.editFeed.accesskey   "U">
 <!ENTITY button.removeFeed.label     "削除">
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey "R">
 <!ENTITY button.importOPML.label     "インポート">
 <!ENTITY button.importOPML.accesskey "I">
 <!ENTITY button.exportOPML.label     "エクスポート">
 <!ENTITY button.exportOPML.accesskey "X">
+<!ENTITY button.exportOPML.tooltip   "フィードをフォルダ構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
 
 <!ENTITY cmd.close.commandKey        "w">
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
@@ -10,21 +10,29 @@ subscribe-feedUpdated=フィードを更新しました。
 subscribe-feedMoved=フィードの購読を移動しました。
 subscribe-feedCopied=フィードの購読をコピーしました。
 subscribe-feedRemoved=フィードの購読を解除しました。
 subscribe-feedNotValid=フィードの URL が正しくありません。
 subscribe-networkError=フィードの URL が見つかりませんでした。フィード名を確認して再度試してください。
 subscribe-loading=読み込み中です。しばらくお待ちください...
 
 subscribe-OPMLImportTitle=インポートする OPML ファイルの選択
-subscribe-OPMLExportTitle=フィードリストを OPML ファイルとしてエクスポート
-## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle): %S is the brandShortName
-subscribe-OPMLExportFileDialogTitle=%S OPML のエクスポート
-## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName): %S is the brandShortName
-subscribe-OPMLExportDefaultFileName=My%SFeeds.opml
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleList):
+## %S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportTitleList=フィードリスト %S を OPML ファイルにエクスポート
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleStruct):
+## %S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportTitleStruct=フィードフォルダ %S を OPML ファイルにエクスポート
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle):
+## %1$S is the brandShortName, %2$S is the name of the feed account folder name.
+subscribe-OPMLExportFileDialogTitle=%1$S OPML エクスポート - %2$S
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName):
+## %1$S is the brandShortName (Thunderbird for example), %2$S is the account name.
+## The default extension (.opml) is added here as it is not automatically appended in the file picker on MacOS.
+subscribe-OPMLExportDefaultFileName=My%1$SFeeds-%2$S.opml
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportInvalidFile): %S is the name of the OPML file the user tried to import.
 subscribe-OPMLImportInvalidFile=%S ファイルは正しい OPML ファイルではありません。
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportFeedCount): Semi-colon list of plural forms.
 ## See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 ## #1 is the count of new imported entries.
 subscribe-OPMLImportFeedCount=#1 個の新しいフィードをインポートしました。
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportUniqueFeeds): Semi-colon list of plural forms.
 ## #1 is the count of new imported entries
@@ -34,16 +42,18 @@ subscribe-OPMLImportUniqueFeeds=まだ購読していない #1 個の新しいフィードをインポートしました
 subscribe-OPMLImportFoundFeeds=(その他 #1 個のエントリは購読済み)
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportStatus):
 ## This is the concatenation of the two strings defined above to compose 1 sentence.
 ## %1$S = subscribe-OPMLImportUniqueFeeds
 ## %2$S = subscribe-OPMLImportFoundFeeds
 subscribe-OPMLImportStatus=%1$S %2$S。
 
 subscribe-OPMLExportOPMLFilesFilterText=OPML ファイル
+## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDone): %S is the export file name.
+subscribe-OPMLExportDone=このアカウントのフィードを %S ファイルにエクスポートしました。
 
 subscribe-confirmFeedDeletionTitle=フィードの削除
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-confirmFeedDeletion): %S is the name of the feed the user wants to unsubscribe from.
 subscribe-confirmFeedDeletion=次のフィードの購読を解除してもよろしいですか? \n %S
 
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-gettingFeedItems):
 ##  - The first %S is the number of articles processed so far;
 ##  - The second %S is the total number of items
@@ -53,8 +63,20 @@ newsblog-noNewArticlesForFeed=このフィードには新着記事がありませんでした。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-networkError): %S is the feed URL
 newsblog-networkError=%S を見つけることができませんでした。名前を確認して再度試してください。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-feedNotValid): %S is the feed URL
 newsblog-feedNotValid=%S は有効なフィードではありません。
 newsblog-getNewMsgsCheck=新着記事がないかフィードを確認しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE(feeds-accountname): This string should be the same as feeds.accountName in am-newsblog.dtd
 feeds-accountname=ブログとニュース
+
+ ## Import wizard.
+ImportFeedsCreateNewListItem=* 新しいアカウント *
+ImportFeedsNewAccount=新しいフィードのアカウントを作成してインポート
+ImportFeedsExistingAccount=既存のフィードのアカウントにインポートする
+## LOCALIZATION NOTE(ImportFeedsDone):
+##  - The first %S is the import file name;
+##  - The second %S is the value of either ImportFeedsNew or ImportFeedsExisting;
+##  - The third %S is the feed account name.
+ImportFeedsNew=新規
+ImportFeedsExisting=既存の
+ImportFeedsDone=購読フィードを %1$S ファイルから%2$Sアカウント '%3$S' にインポートしました。
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
@@ -1,12 +1,12 @@
 <!-- Entities for AccountWizard -->
 
 <!ENTITY windowTitle.label		"アカウントウィザード">
-<!ENTITY accountWizard.size		"width: 42em; height: 38em;"><!-- (^^; en-US: width: 40em; height: 38em; -->
+<!ENTITY accountWizard.size		"width: 50em; height: 38em;"><!-- (^^; en-US: width: 40em; height: 38em; -->
 
 <!-- Entities for Account Type page -->
 
 <!ENTITY accountSetupInfo2.label "メッセージを受信するには、まずアカウントを設定する必要があります。">
 <!ENTITY accountTypeTitle.label "新しいアカウントのセットアップ">
 <!ENTITY accountTypeDesc2.label "このウィザードは、アカウントを設定するために必要な情報を収集します。入力する情報が分からない場合はシステム管理者やインターネットサービスプロバイダに問い合わせてください。">
 <!ENTITY accountTypeDirections.label "設定するアカウントの種類を選択してください:">
 <!ENTITY accountTypeMail.label "メールアカウント">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-advanced.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-advanced.dtd
@@ -1,12 +1,12 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (smtpServer.label): do not translate "SMTP" in below line -->
 <!ENTITY smtpServer.label "メール送信 (SMTP) サーバの設定">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (smtpDesc.label): do not translate "SMTP" in below line -->
-<!ENTITY smtpDesc.label "アカウントを複数お持ちの場合に複数のメール送信 (SMTP) サーバを設定できますが、これは上級ユーザ向けです。複数の SMTP サーバを設定するとメッセージの送信時にエラーが発生することがあります。">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (smtpDescription.label): do not translate "SMTP" in below line -->
+<!ENTITY smtpDescription.label	"複数の差出人情報を管理している場合、使用する送信 (SMTP) サーバをこのリストから選択できます。[既定のサーバを使用する] を選択すると、このリストの既定のサーバを使用します。">
 
 <!ENTITY smtpListAdd.label  "追加...">
 <!ENTITY smtpListAdd.accesskey  "d">
 <!ENTITY smtpListEdit.label "編集...">
 <!ENTITY smtpListEdit.accesskey "E">
 <!ENTITY smtpListDelete.label "削除">
 <!ENTITY smtpListDelete.accesskey "m">
 <!ENTITY smtpListSetDefault.label "既定値に設定">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
@@ -1,20 +1,25 @@
 <!ENTITY junkSettings.label "迷惑メールフィルタの設定">
-<!ENTITY trainingWarning.label "フィルタを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したらツールバーの [迷惑メール] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されてしまったメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。">
+<!ENTITY trainingDescription.label "この設定を有効にした場合は、迷惑メール判別を正しく識別するために &brandShortName; を訓練しなければなりません。迷惑メールは [迷惑メール] ツールバーボタンを使用して学習させます。迷惑メールか迷惑メールでないかを両方学習させる必要があります。これを &brandShortName; が学習すれば、自動的に迷惑メールにマークを付けられるようになります。">
+
 <!ENTITY level.label "このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
 <!ENTITY level.accesskey "E">
 
 <!ENTITY move.label "迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
 <!ENTITY move.accesskey "M">
 <!ENTITY junkFolderOn.label "次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
 <!ENTITY junkFolderOn.accesskey "J">
 <!ENTITY otherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
 <!ENTITY otherFolder.accesskey "O">
 <!ENTITY purge1.label "このフォルダの迷惑メールのうち">
 <!ENTITY purge1.accesskey "u">
 <!ENTITY purge2.label "日以上前のものは自動的に削除する">
 
-<!ENTITY whitelist.label "送信者が以下に含まれる場合はメッセージに迷惑マークを付けない:">
-<!ENTITY whitelist.accesskey "D">
+<!ENTITY whitelistHeader.label "次の送信者からのメールは迷惑マークを自動的に付けない: ">
+<!ENTITY whitelistHeader.accesskey "D">
 
+<!ENTITY ispHeadersWarning.label "この設定を有効にすると、選択したメールヘッダの情報によって &brandShortName; が迷惑メールを自動的に判別します。">
 <!ENTITY ispHeaders.label "次の迷惑メールヘッダを信用する: ">
 <!ENTITY ispHeaders.accesskey "T">
+
+<!ENTITY junkClassification.label "選別">
+<!ENTITY junkActions.label "移動先と保存期間">