32.0: sync suite with en-US rev18232:8a344d493bfc SEAMONKEY_2_29b2_BUILD1 SEAMONKEY_2_29b2_RELEASE
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Fri, 18 Jul 2014 13:33:47 +0900
changeset 1484 558aefab6e591ebaa7ec6dd3aa1ecff597040941
parent 1483 5aeaa72512017a64de8bb3b87a1ed28756c3f148
child 1485 dbe6f4b97d655315e106ecdc169db99f079de5b1
child 1506 d082b089d467bebd823d1bf23a8923467e016ea0
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs32
32.0: sync suite with en-US rev18232:8a344d493bfc
suite/chrome/branding/aboutRights.dtd
suite/chrome/mailnews/appleMailImportMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/charsetTitles.properties
suite/chrome/mailnews/messenger.properties
suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
--- a/suite/chrome/branding/aboutRights.dtd
+++ b/suite/chrome/branding/aboutRights.dtd
@@ -1,9 +1,11 @@
-<!-- (^^; /browser/chrome/browser/aboutRights.dtd がベース -->
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 <!-- LOCALIZATION NOTE This file is very similar to the one in Firefox from browser/locales/en-US/chrome/browser/aboutRights.dtd so you can use that file as a starting point -->
 <!-- rights.locale-direction instead of the usual local.dir entity, so RTL can skip translating page. -->
 <!ENTITY rights.locale-direction "ltr">
 <!ENTITY rights.pagetitle       "about:rights">
 <!ENTITY rights.intro-header    "あなたの権利について">
 <!ENTITY rights.intro "&brandFullName; は無料のオープンソースソフトウェアであり、世界中の多数のコミュニティによって開発されています。ご利用に際してはいくつか知っておいていただきたいことがあります:">
 
 <!-- Note on pointa / pointb / pointc form:
@@ -23,32 +25,48 @@
 <!ENTITY rights.intro-point2c " をご確認ください。">
 
 <!-- point 3 text for official branded builds -->
 <!ENTITY rights.intro-point3a "&vendorShortName; の製品における個人情報の取り扱いについては ">
 <!ENTITY rights.intro-point3b "Mozilla プライバシーポリシー">
 <!ENTITY rights.intro-point3c " をご確認ください。">
 
 <!-- point 4 text for official branded builds -->
-<!ENTITY rights.intro-point4a "&brandShortName; は、アドオン更新サービスなど、オプションで Web サイト情報サービスも提供しています。ただし、それらのサービスが 100&#37; 正確であることやエラーが起きないことは保証できません。サービスを無効化する方法を含め、詳しくは ">
+<!ENTITY rights2.intro-point4a "&brandShortName; は、アドオン、セーフブラウジングサービスなど、オプションで Web サイト情報サービスも提供しています。ただし、それらのサービスが 100&#37; 正確であることやエラーが起きないことは保証できません。サービスを無効化する方法を含め、詳しくは ">
 <!ENTITY rights.intro-point4b "サービス利用規約">
 <!ENTITY rights.intro-point4c " をご確認ください。">
 
 <!ENTITY rights.webservices-header "&brandFullName; Web サイトサービス">
 
-<!-- Note that this paragraph references a couple of entities from
-     preferences/security.dtd, so that we can refer to text the user sees in
-     the UI, without this page being forgotten every time those strings are
-     updated.  -->
+<!-- Note that this paragraph references entities from extensions.dtd,
+     preferences.dtd, pref-smartupdate.dtd, and pref-security.dtd,
+     so that we can refer to text the user sees in the UI, without
+     this page being forgotten every time those strings are updated.  -->
 <!-- intro paragraph for branded builds -->
-<!ENTITY rights.webservices-a "&brandFullName; は、アドオン更新サービスなどのオプションのサービス (以下「本サービス」と呼びます) を提供しており、これらは下記の通り &brandShortName; のバイナリ版とともに利用できます。本サービスをご利用になりたくない場合、または以下の利用規約を受け入れられない場合は、アプリケーション設定画面の [">
-<!ENTITY rights.webservices-b "詳細">
-<!ENTITY rights.webservices-c "] セクションの [ ">
-<!ENTITY rights.webservices-d "ソフトウェアのインストール">
-<!ENTITY rights.webservices-e "] エントリで、[次の更新を自動的に確認する] の設定項目のチェックを外していただければ、アドオン更新サービスを無効化できます。">
+<!ENTITY rights2.webservices-a "&brandFullName; は、アドオン更新サービス、セーフブラウジング機能などのオプションのサービス (以下「本サービス」と呼びます) を提供しており、これらは下記の通り &brandShortName; のバイナリ版とともに利用できます。このサービスは既定で有効です。本サービスをご利用になりたくない場合、または以下の利用規約を受け入れられない場合、">
+<!ENTITY rights2.webservices-b "こちら">
+<!ENTITY rights2.webservices-c " で特定の機能やサービスを無効にすることができます。その他の機能とサービスはアプリケーションの設定で無効にすることができます。">
+
+<!-- add-on related points for branded builds -->
+<!ENTITY rights.addons-a "アドオンサービス: ">
+<!ENTITY rights.addons-b "既定では、[&view.discover.label;]ページでアドオンをインストールできます。標準的な間隔でアップデートの確認も行います。これらの機能を無効にして、インストールしたアドオンの情報をサーバに送信しないようにするには、以下の手順で設定を行ってください。">
+<!ENTITY rights.addons-term1 "アプリケーションの設定を開きます">
+<!ENTITY rights.addons-term2 "[&advance.label;]カテゴリの[&smart.label;]を選択します">
+<!ENTITY rights.addons-term3 "[&autoAddOnsUpdates.label;]と[&enablePersonalized.label;]のオプションを外します">
+<!ENTITY rights.addons-term4 "アドオンサービスが無効になります">
+
+
+<!-- safe browsing points for branded builds -->
+<!ENTITY rights.safebrowsing-a "セーフブラウジング: ">
+<!ENTITY rights.safebrowsing-b "意図せず危険なサイトを訪問してしまう可能性があるため、セーフブラウジング機能の無効化は推奨できません。この機能を完全に無効にするには、以下の手順で設定を行ってください。">
+<!ENTITY rights.safebrowsing-term1 "アプリケーションの設定を開きます">
+<!ENTITY rights.safebrowsing-term2 "[&security.label;]パネルを選択します">
+<!ENTITY rights.safebrowsing-term3 "[&blockAttackSites.label;]と[&blockWebForgeries.label;]のオプションを外します">
+<!ENTITY rights.safebrowsing-term4 "セーフブラウジングが無効になります">
+
 
 <!-- points 1-6 text for branded builds -->
 <!ENTITY rights.webservices-term1 "&vendorShortName; は、独自の判断に基づいて本サービスを変更または中止することがあります。">
 <!ENTITY rights.webservices-term2 "本サービスは、&brandShortName; に付属するバージョンとともにご利用いただけます。あなたは、そのために必要なすべての権利を保有します。&vendorShortName; およびそのライセンサは、本サービスに関するそれ以外のすべての権利を保留しています。本利用規約の規定は、&brandShortName; および &brandShortName; のソースコードについて、オープンソースライセンスにより許諾される権利を何ら制限するものではありません。">
 <!ENTITY rights.webservices-term3 "本サービスは、「現状のまま」で提供されるものです。&vendorShortName; ならびにその貢献者、ライセンサ、およびディストリビュータは、あらゆる明示的および黙示的な保証を否認します。否認される保証には、本サービスに商業性があること、および本サービスが特定の目的に適合することの保証が含まれますが、これらに限定されません。目的に対するサービスの選択、ならびにサービスの品質および性能に関するリスクは、すべてあなたが負います。国や地域によっては黙示的な保証の除外または制限が法律上認められない場合がありますが、その場合にはこの条項は適用されません。">
 <!ENTITY rights.webservices-term4 "法の定めによる場合を除き、&vendorShortName; ならびにその貢献者、ライセンサ、およびディストリビュータは、&brandShortName;、または本サービスの使用もしくは使用できないことに起因またはいかなる形においても関連して生じた、間接的損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、または懲罰的損害に関して一切責任を負いません。本利用規約に基づく責任の総額は、500 米ドルを上限とします。国や地域によっては特定の損害の除外または制限が法律上認められない場合がありますが、その場合にはこの条項は適用されません。">
 <!ENTITY rights.webservices-term5 "&vendorShortName; では、本利用規約を必要に応じて改訂することがあります。本利用規約は、&vendorShortName; の書面による合意なしに変更もしくは終了されることはありません。">
 <!ENTITY rights.webservices-term6 "本利用規約は、法の抵触に関する規定を除いて米国カリフォルニア州法に準拠するものとします。本契約の一部が無効または執行不能と判断された場合でも、残りの部分は引き続き有効に存続するものとします。本利用規約は、参考のために作成した日本語訳文であり、ライセンスの内容を表示するものではありません。利用規約の内容については英文の規約によるものとします。本訳文と英文の規約に矛盾があった場合には英文の規約が優先します。">
--- a/suite/chrome/mailnews/appleMailImportMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/appleMailImportMsgs.properties
@@ -1,31 +1,21 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 
 # Short name of import module
-## @name APPLEMAILIMPORT_NAME
-## @loc None
-2000=Apple Mail
+ApplemailImportName=Apple Mail
 
 # Description of import module
-## @name APPLEMAILIMPORT_DESCRIPTION
-## @loc None
-2001=Mac OS X Mail からローカルメールをインポートする。
+ApplemailImportDescription=Mac OS X の Mail からローカルメールをインポートします。
 
 # Success Message
-# LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
-## @name APPLEMAILIMPORT_MAILBOX_SUCCESS
-## @loc None
-2002=%S からローカルメッセージのインポートに成功しました。
+# LOCALIZATION NOTE(ApplemailImportMailboxSuccess): Do not translate the word "%S" below.
+ApplemailImportMailboxSuccess=%S から正常にローカルメッセージをインポートしました。
 
 # Error Message
-## @name APPLEMAILIMPORT_MAILBOX_BADPARAM
-## @loc None
-2003=内部エラーが発生したためインポートに失敗しました。もう一度インポートしてください。
+ApplemailImportMailboxBadparam=内部エラーが発生し、インポートできませんでした。再度インポートしてください。
 
 # Error message
-# LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
-## @name APPLEMAILIMPORT_MAILBOX_CONVERTERROR
-## @loc None
-2004=%S からメッセージをインポートしている間にエラーが発生しました。メッセージはインポートされませんでした。
+# LOCALIZATION NOTE(ApplemailImportMailboxConverterror): Do not translate the word "%S" below.
+ApplemailImportMailboxConverterror=%S からメッセージをインポート中にエラーが発生しました。メッセージをインポートできませんでした。
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/suite/chrome/mailnews/charsetTitles.properties
@@ -0,0 +1,105 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+## Rule of this file:
+## 1. key should always be in lower case ascii so we can do case insensitive
+##    comparison in the code faster.
+
+## Format of this file:
+## charset_name.title = a_title  -  specifies the human readable title for 
+## this charset
+
+us-ascii.title		= 英語 (US-ASCII)
+iso-8859-1.title	= 西欧 (ISO-8859-1)
+iso-8859-2.title	= 中欧 (ISO-8859-2)
+iso-8859-3.title	= 南欧 (ISO-8859-3)
+iso-8859-4.title	= バルト語 (ISO-8859-4)
+iso-8859-9.title	= トルコ語 (ISO-8859-9)
+iso-8859-10.title	= 北欧 (ISO-8859-10)
+iso-8859-13.title	= バルト語 (ISO-8859-13)
+iso-8859-14.title	= ケルト語 (ISO-8859-14)
+iso-8859-15.title	= 西欧 (ISO-8859-15)
+iso-8859-16.title	= ルーマニア語 (ISO-8859-16)
+windows-1250.title	= 中欧 (Windows-1250)
+windows-1252.title	= 西欧 (Windows-1252)
+windows-1254.title	= トルコ語 (Windows-1254)
+windows-1257.title	= バルト語 (Windows-1257)
+macintosh.title		= 西欧 (MacRoman)
+x-mac-ce.title		= 中欧 (MacCE)
+x-mac-turkish.title	= トルコ語 (MacTurkish)
+x-mac-croatian.title	= クロアチア語 (MacCroatian)
+x-mac-romanian.title	= ルーマニア語 (MacRomanian)
+x-mac-icelandic.title	= アイスランド語 (MacIcelandic)
+iso-2022-jp.title	= 日本語 (ISO-2022-JP)
+shift_jis.title		= 日本語 (Shift_JIS)
+euc-jp.title		= 日本語 (EUC-JP)
+big5.title		= 繁体字中国語 (Big5)
+big5-hkscs.title	= 繁体字中国語 (Big5-HKSCS)
+x-euc-tw.title		= 繁体字中国語 (EUC-TW)
+gb2312.title		= 簡体字中国語 (GB2312)
+hz-gb-2312.title	= 簡体字中国語 (HZ)
+gbk.title		= 簡体字中国語 (GBK)
+iso-2022-cn.title	= 簡体字中国語 (ISO-2022-CN)
+euc-kr.title		= 韓国語 (EUC-KR)
+x-johab.title		= 韓国語 (JOHAB)
+iso-2022-kr.title	= 韓国語 (ISO-2022-KR)
+utf-7.title		= Unicode (UTF-7)
+utf-8.title		= Unicode (UTF-8)
+utf-16.title		= Unicode (UTF-16)
+utf-16le.title		= Unicode (UTF-16LE)
+utf-16be.title		= Unicode (UTF-16BE)
+iso-8859-5.title	= キリル文字 (ISO-8859-5)
+iso-ir-111.title	= キリル文字 (ISO-IR-111)
+windows-1251.title	= キリル文字 (Windows-1251)
+x-mac-cyrillic.title	= キリル文字 (MacCyrillic)
+x-mac-ukrainian.title	= キリル文字/ウクライナ語 (MacUkrainian)
+koi8-r.title		= キリル文字 (KOI8-R)
+koi8-u.title		= キリル文字/ウクライナ語 (KOI8-U)
+iso-8859-7.title	= ギリシャ語 (ISO-8859-7)
+windows-1253.title	= ギリシャ語 (Windows-1253)
+x-mac-greek.title	= ギリシャ語 (MacGreek)
+windows-1258.title	= ベトナム語 (Windows-1258)
+x-viet-tcvn5712.title	= ベトナム語 (TCVN)
+viscii.title		= ベトナム語 (VISCII)
+x-viet-vps.title	= ベトナム語 (VPS)
+tis-620.title		= タイ語 (TIS-620)
+iso-8859-11.title	= タイ語 (ISO-8859-11)
+windows-874.title	= タイ語 (Windows-874)
+ibm874.title		= タイ語 (IBM-874)
+armscii-8.title		= アルメニア語 (ARMSCII-8)
+iso-8859-6.title	= アラビア語 (ISO-8859-6)
+iso-8859-6-i.title	= アラビア語 (ISO-8859-6-I)
+iso-8859-6-e.title	= アラビア語 (ISO-8859-6-E)
+iso-8859-8.title	= ヘブライ語 (ISO-8859-8)
+iso-8859-8-i.title	= ヘブライ語 (ISO-8859-8-I)
+iso-8859-8-e.title	= ヘブライ語 (ISO-8859-8-E)
+windows-1255.title	= ヘブライ語 (Windows-1255)
+windows-1256.title	= アラビア語 (Windows-1256)
+x-user-defined.title	= ユーザ定義
+ibm866.title		= キリル文字/ロシア語 (CP-866)
+ibm850.title		= 西欧 (IBM-850)
+ibm852.title		= 中欧 (IBM-852)
+ibm855.title		= キリル文字 (IBM-855)
+ibm857.title		= トルコ語 (IBM-857)
+ibm862.title		= ヘブライ語 (IBM-862)
+gb18030.title		= 簡体字中国語 (GB18030)
+x-mac-arabic.title	= アラビア語 (MacArabic)
+x-mac-farsi.title	= ペルシア語 (MacFarsi)
+x-mac-hebrew.title	= ヘブライ語 (MacHebrew)
+x-mac-devanagari.title	= ヒンディー語 (MacDevanagari)
+x-mac-gujarati.title	= グジャラート語 (MacGujarati)
+x-mac-gurmukhi.title	= グルムキー文字 (MacGurmukhi)
+
+
+chardet.off.title				= (解除)
+chardet.universal_charset_detector.title	= 全言語
+# (^^; 各地域別言語は chardet.* の * 部を引数として指定 http://lxr.mozilla.org/aviarybranch/source/intl/chardet/tests/DetectCharset.cpp#53
+chardet.ja_parallel_state_machine.title		= 日本語
+chardet.ko_parallel_state_machine.title		= 韓国語
+chardet.zhtw_parallel_state_machine.title	= 繁体字中国語
+chardet.zhcn_parallel_state_machine.title	= 簡体字中国語
+chardet.zh_parallel_state_machine.title		= 中国語
+chardet.cjk_parallel_state_machine.title	= 東アジア
+chardet.ruprob.title				= ロシア語
+chardet.ukprob.title				= ウクライナ語
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
@@ -52,37 +52,40 @@ LoadingMailMsgForPrintPreview	= (印刷プレビューに表示する内容を読み込んでいます)
 saveAttachmentFailed		= 添付ファイルを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 saveMessageFailed		= メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 fileExists			= %S はすでに存在します。置き換えますか?
 
 downloadingNewsgroups		= オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
 downloadingMail			= オフラインで使用するメールをダウンロードしています
 sendingUnsent			= 未送信メールを送信しています
 
-folderExists			= その名前のフォルダはすでに存在しています。他の名前を入力してください。
+folderExists			= その名前のフォルダはすでに存在します。他の名前を入力してください。
 # LOCALIZATION NOTE(confirmDuplicateFolderRename): %1$S is name of folder being moved, %2$S is parent folder name, %3$S is proposed new folder name
 confirmDuplicateFolderRename	= '%2$S' フォルダ内に '%1$S' という名前のサブフォルダがすでに存在します。このフォルダを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
 folderCreationFailed		= フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
 compactingFolder		= %S フォルダを最適化しています...
-doneCompacting			= フォルダの最適化を完了しました
+# LOCALIZATION NOTE(compactingDone): %1$S is the compaction gain.
+compactingDone			= フォルダの最適化を完了しました (約 %1$S 節約)。
 autoCompactAllFoldersTitle	= フォルダの最適化
-autoCompactAllFolders		= ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか?
+# LOCALIZATION NOTE(autoCompactAllFoldersText): %1$S is the compaction gain.
+autoCompactAllFoldersText	= ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか? 約 %1$S 節約できます。
 autoCompactAlwaysAskCheckbox	= 自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
 compactNowButton		= 今すぐ最適化(&M)
 
 confirmFolderDeletionForFilter	= %S フォルダを削除すると関連付けられたフィルタが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
 alertFilterChanged		= このフォルダに関連付けられたフィルタは更新されます。
 filterDisabled			= %S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルタは無効になります。フォルダが存在しており、フィルタが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
 filterFolderDeniedLocked	= 他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。
 parsingFolderFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
 deletingMsgsFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
 alertFilterCheckbox		= この警告を再び表示しない
 compactFolderDeniedLock		= 他の処理が進行中のため %S フォルダを最適化できませんでした。後で再度試してください。
 compactFolderWriteFailed	= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+filterFolderHdrAddFailed	= メッセージをフォルダに追加できなかったため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。フォルダが正しく表示されているか確認し、フォルダのプロパティからフォルダの修復を試してください。
 filterFolderWriteFailed		= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
 copyMsgWriteFailed		= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
 cantMoveMsgWOBodyOffline	= オフライン作業の間は、オフラインで使用できるようダウンロードしたメッセージ以外は移動やコピーできません。メールウィンドウの [ファイル] メニューを開き、[オフライン] を選択して [オンラインにする] のチェックを外してから再度試してください。
 operationFailedFolderBusy	= フォルダが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
 folderRenameFailed		= フォルダの名前を変更できませんでした。フォルダ名が変更されたか、新しい名前がフォルダ名として正しくないかもしれません。
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
 verboseFolderFormat		= %2$S の %1$S フォルダ
 # LOCALIZATION NOTE(filterFolderTruncateFailed): %1$S is replaced by the folder name, %2$S is replaced by the brandShortName
@@ -102,18 +105,16 @@ messageExpanded		 = Expanded
 messageCollapsed	 = Collapsed
 
 # Used in the SMTP Account Settings panel when a server value has no properties
 smtpServerList-NotSpecified			= <なし>
 smtpServer-ConnectionSecurityType-0		= なし
 smtpServer-ConnectionSecurityType-1		= STARTTLS (可能な場合)
 smtpServer-ConnectionSecurityType-2		= STARTTLS
 smtpServer-ConnectionSecurityType-3		= SSL/TLS
-smtpServer-SecureAuthentication-Type-false	= いいえ
-smtpServer-SecureAuthentication-Type-true	= はい
 smtpServers-confirmServerDeletionTitle		= サーバ設定を削除
 smtpServers-confirmServerDeletion		= サーバの設定を削除してもよろしいですか?: \n %S
 
 # Account Settings - Both Incoming and SMTP server
 authNo				= 認証なし
 authOld				= パスワード認証 (安全でない古い方式)
 authPasswordCleartextInsecurely	= 平文のパスワード認証 (安全でない)
 authPasswordCleartextViaSSL	= 通常のパスワード認証
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
@@ -14,16 +14,22 @@
 <!ENTITY defaultMailSettings.description  "&brandShortName; の以下を既定のアプリケーションに設定します:">
 <!ENTITY setDefaultMail.label             "メール">
 <!ENTITY setDefaultMail.accesskey         "M">
 <!ENTITY setDefaultNews.label             "ニュース">
 <!ENTITY setDefaultNews.accesskey         "N">
 <!ENTITY setDefaultFeed.label             "フィード (RSS)">
 <!ENTITY setDefaultFeed.accesskey         "e">
 
+<!ENTITY useInternalSettings.description  "ブラウザの以下のリンクを開くときに &brandShortName; のメールとニュースを使用します:">
+<!ENTITY useInternalMail.label            "メール (mailto:)">
+<!ENTITY useInternalMail.accesskey        "a">
+<!ENTITY useInternalNews.label            "ニュース (news:, snews:, nntp:)">
+<!ENTITY useInternalNews.accesskey        "s">
+
 <!ENTITY messengerStartPage.caption       "メールスタートページ">
 <!ENTITY enableStartPage.label            "起動時にメッセージペインにスタートページを表示する">
 <!ENTITY enableStartPage.accesskey        "W">
 <!ENTITY location.label                   "URL:">
 <!ENTITY location.accesskey               "L">
 <!ENTITY useDefault.label                 "既定値に戻す">
 <!ENTITY useDefault.accesskey             "D">
 <!ENTITY rememberLastMsg.label            "最後に選択したメッセージを記憶させる">