sync browser with en-US rev56829:2a4571a9ef2 (contributed by hATrayflood)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 06 Nov 2010 12:04:24 +0900
changeset 83 399739afa438c1626727799ddd50556574115625
parent 80 87ef197f19f2367de4ea6bd2d9914a771e602fbf
child 84 b3eeaf1af39b77a3c6b411581f9b45d1dd123a48
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
sync browser with en-US rev56829:2a4571a9ef2 (contributed by hATrayflood)
browser/chrome/browser/aboutSyncTabs.dtd
browser/chrome/browser/browser.dtd
browser/chrome/browser/browser.properties
browser/chrome/browser/places/places.dtd
browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
browser/chrome/browser/syncKey.dtd
browser/chrome/browser/syncQuota.dtd
browser/chrome/browser/syncQuota.properties
browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.properties
browser/chrome/browser/tabbrowser.properties
--- a/browser/chrome/browser/aboutSyncTabs.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/aboutSyncTabs.dtd
@@ -1,12 +1,12 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (tabs.otherComputers.label): Keep this in sync with syncTabsMenu.label from browser.dtd -->
-<!ENTITY tabs.otherComputers.label               "他のコンピュータで開いているタブ">
+<!ENTITY tabs.otherComputers.label               "他のパソコンで開いていたタブ">
 
-<!ENTITY tabs.searchText.label                   "タブを検索できます...">
+<!ENTITY tabs.searchText.label                   "タブを検索">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (tabs.context.openTab.accesskey, tabs.context.openMultipleTabs.accesskey):
      Only one of these will show at a time (based on selection), so reusing accesskey is ok. -->
 <!ENTITY tabs.context.openTab.label                   "このタブを開く">
 <!ENTITY tabs.context.openTab.accesskey               "O">
 <!ENTITY tabs.context.openMultipleTabs.label          "選択したタブを開く">
 <!ENTITY tabs.context.openMultipleTabs.accesskey      "O">
 <!ENTITY tabs.context.bookmarkSingleTab.label         "このタブをブックマーク...">
--- a/browser/chrome/browser/browser.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/browser.dtd
@@ -66,17 +66,17 @@ can reach it easily. -->
 <!ENTITY menubarCmd.label		"メニューバー">
 <!ENTITY menubarCmd.accesskey		"M">
 <!ENTITY navbarCmd.label		"ナビゲーションツールバー">
 <!ENTITY navbarCmd.accesskey		"N">
 <!ENTITY personalbarCmd.label		"ブックマークツールバー">
 <!ENTITY personalbarCmd.accesskey	"B">
 <!ENTITY bookmarksToolbarItem.label	"ブックマークツールバーの項目">
 <!ENTITY addonBarCmd.label		"アドオンバー">
-<!ENTITY addonBarCmd.accesskey		"B">
+<!ENTITY addonBarCmd.accesskey		"A">
 
 <!ENTITY pageSourceCmd.label		"ページのソース">
 <!ENTITY pageSourceCmd.accesskey	"o">
 <!ENTITY pageSourceCmd.commandkey	"u">
 <!ENTITY pageInfoCmd.label		"ページの情報">
 <!ENTITY pageInfoCmd.accesskey		"I">
 <!ENTITY pageInfoCmd.commandkey		"i">
 <!ENTITY fullScreenCmd.label		"全画面表示">
@@ -108,17 +108,16 @@ can reach it easily. -->
 <!ENTITY bookmarksToolbarChevron.tooltip	"残りのブックマークを表示します">
 
 <!ENTITY backCmd.label			"戻る">
 <!ENTITY backCmd.accesskey		"B">
 <!ENTITY backButton.tooltip		"前のページへ戻ります">
 <!ENTITY forwardCmd.label		"進む">
 <!ENTITY forwardCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY forwardButton.tooltip		"次のページへ進みます">
-<!ENTITY backForwardMenu.tooltip	"最近表示したページ">
 <!ENTITY reloadCmd.label		"更新">
 <!ENTITY reloadCmd.accesskey		"R">
 <!ENTITY reloadButton.tooltip		"このページを再読み込みします">
 <!ENTITY stopCmd.label			"中止">
 <!ENTITY stopCmd.accesskey		"S">
 <!ENTITY stopCmd.macCommandKey		".">
 <!ENTITY stopButton.tooltip		"このページの読み込みを中止します">
 <!ENTITY goEndCap.tooltip		"ロケーションバーに入力された URL に移動します">
@@ -144,16 +143,17 @@ can reach it easily. -->
 
 <!ENTITY bookmarksButton.label		"ブックマーク">
 <!ENTITY bookmarksButton.tooltip	"ブックマークをサイドバーに表示します">
 <!ENTITY bookmarksButton.accesskey	"B">
 <!ENTITY bookmarksCmd.commandkey	"b">
 
 <!ENTITY bookmarksMenuButton.label	"ブックマーク">
 <!ENTITY bookmarksMenuButton.tooltip	"ブックマークを表示">
+<!ENTITY bookmarksMenuButton.unsorted.label	"未整理のブックマーク">
 <!ENTITY viewBookmarksSidebar.label	"ブックマークをサイドバーに表示します">
 <!ENTITY viewBookmarksToolbar.label	"ブックマークをツールバーに表示します">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarksSidebarGtkCmd.commandkey): This command
   -  key should not contain the letters A-F, since these are reserved
   -  shortcut keys on Linux. -->
 <!ENTITY bookmarksGtkCmd.commandkey	"o">
 <!ENTITY bookmarksWinCmd.commandkey	"i">
@@ -508,20 +508,16 @@ you can use these alternative items. Oth
 <!ENTITY findAgainCmd.commandkey2	"VK_F3">
 
 <!ENTITY spellAddDictionaries.label	"辞書を追加...">
 <!ENTITY spellAddDictionaries.accesskey	"A">
 
 <!ENTITY editBookmark.done.label		"完了">
 <!ENTITY editBookmark.cancel.label		"キャンセル">
 <!ENTITY editBookmark.removeBookmark.accessKey	"R">
-<!ENTITY editBookmark.undo.label		"元に戻す">
-<!ENTITY editBookmark.undo.accessKey		"U">
-<!ENTITY editBookmark.edit.label		"編集...">
-<!ENTITY editBookmark.edit.accessKey		"E">
 
 <!ENTITY identity.unverifiedsite2		"この Web サイトは認証されていません。"><!-- (^^; identity.connectedTo は通常の SSL 認証(ドメイン認証のみ) と EVSSL による認証(法人登記なども確認して実在証明) で共通  -->
 
 <!ENTITY identity.connectedTo			"この Web サイトは認証されています">
 <!-- Localization note (identity.runBy) : This string appears between a
 domain name (above) and an organization name (below). E.g.
 
 example.com
@@ -540,17 +536,17 @@ just addresses the organization to follo
 <!ENTITY downloadMonitor2.tooltip		"クリックするとダウンロードウィンドウを開きます">
 
 <!ENTITY allTabs.filter.emptyText		"タブを検索">
 <!-- Name for the tabs toolbar as spoken by screen readers.
      The word "toolbar" is appended automatically and should not be contained below! -->
 <!ENTITY tabsToolbar.label			"Browser tabs"> <!-- (^^h 未使用? -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (syncTabsMenu.label): This appears in the history menu -->
-<!ENTITY syncTabsMenu.label			"他のコンピュータで開いていたタブ">
+<!ENTITY syncTabsMenu.label				"他のパソコンで開いていたタブ">
 
 <!ENTITY syncBrand.shortName.label		"Sync">
 
-<!ENTITY syncSetup.label			"&syncBrand.shortName.label; を設定...">
+<!ENTITY syncSetup.label				"&syncBrand.shortName.label; をセットアップ...">
 <!ENTITY syncSetup.accesskey			"Y">
 <!ENTITY syncSyncNowItem.label			"今すぐ同期">
 <!ENTITY syncSyncNowItem.accesskey		"S">
 <!ENTITY syncToolbarButton.label		"Sync">
--- a/browser/chrome/browser/browser.properties
+++ b/browser/chrome/browser/browser.properties
@@ -33,19 +33,19 @@ xpinstallDisabledMessageLocked		= ソフトウェアのインストールはシステム管理者により無効化されています。
 xpinstallDisabledMessage		= ソフトウェアのインストールは現在無効になっています。[有効にする] をクリックしてからもう一度やり直してください。
 xpinstallDisabledButton			= 有効にする
 xpinstallDisabledButton.accesskey	= n
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonDownloading, addonDownloadCancelled, addonDownloadRestart):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # Also see https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=570012 for mockups
-addonDownloading			= アドオンをダウンロード中;アドオンをダウンロード中
-addonDownloadCancelled			= アドオンのダウンロードはキャンセルされました。;アドオンのダウンロードはキャンセルされました。
-addonDownloadRestart			= ダウンロードを再開;ダウンロードを再開
+addonDownloading			= アドオンをダウンロード中
+addonDownloadCancelled			= アドオンのダウンロードはキャンセルされました。
+addonDownloadRestart			= ダウンロードを再開
 addonDownloadRestart.accessKey		= R
 addonDownloadCancelTooltip		= キャンセル
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonsInstalled, addonsInstalledNeedsRestart):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 first add-on's name, #2 number of add-ons, #3 application name
 addonsInstalled				= #1 がインストールされました。;#2個のアドオンがインストールされました。
--- a/browser/chrome/browser/places/places.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.dtd
@@ -89,16 +89,18 @@
 <!ENTITY col.visitcount.label			"表示回数">
 <!ENTITY col.keyword.label			"キーワード">
 <!ENTITY col.description.label			"説明">
 <!ENTITY col.dateadded.label			"追加日時">
 <!ENTITY col.lastmodified.label			"変更日時">
 
 <!ENTITY search.label				"検索対象:">
 <!ENTITY search.accesskey			"S">
+<!ENTITY search.in.label			"Search in:">	<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+
 <!ENTITY search.scopeFolder.label		"選択されているフォルダ">
 <!ENTITY search.scopeFolder.accesskey		"r">
 <!ENTITY search.scopeBookmarks.label		"ブックマーク">
 <!ENTITY search.scopeBookmarks.accesskey	"k">
 <!ENTITY search.scopeDownloads.label		"ダウンロード">
 <!ENTITY search.scopeDownloads.accesskey	"D">
 <!ENTITY search.scopeHistory.label		"履歴">
 <!ENTITY search.scopeHistory.accesskey		"H">
@@ -118,8 +120,23 @@
 <!ENTITY forwardButton.tooltip			"フォルダ表示履歴を次に進みます">
 
 <!ENTITY detailsPane.more.label			"詳細を表示">
 <!ENTITY detailsPane.more.accesskey		"e">
 <!ENTITY detailsPane.less.label			"詳細を隠す">
 <!ENTITY detailsPane.less.accesskey		"e">
 <!ENTITY detailsPane.noPreviewAvailable.label	"プレビュー">
 <!ENTITY detailsPane.selectAnItemText.description "各項目を選択すると、名前や詳細情報の表示や編集ができます">
+
+<!ENTITY find.label					"検索対象:">
+<!ENTITY find.accesskey				"S">
+<!ENTITY view.label					"View">				<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY view.accesskey				"w">
+<!ENTITY byDate.label				"By Date">			<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY byDate.accesskey			"D">
+<!ENTITY bySite.label				"By Site">			<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY bySite.accesskey			"S">
+<!ENTITY byMostVisited.label		"By Most Visited">	<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY byMostVisited.accesskey	"V">
+<!ENTITY byLastVisited.label		"By Last Visited">	<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY byLastVisited.accesskey	"L">
+<!ENTITY byDayAndSite.label			"By Date and Site">	<!-- (^^h 未訳/画面未確認 -->
+<!ENTITY byDayAndSite.accesskey		"t">
--- a/browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
@@ -104,17 +104,17 @@ offlineAppUsage			= %1$S %2$S
 offlinepermissionstext		= 次のサイトではオフライン作業用データの保存は許可されていません:
 offlinepermissionstitle		= オフラインデータ
 
 ####Preferences::Advanced::Network
 #LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the http cache.
 #   e.g., "Your cache is currently using 200 MB"
 #   %1$S = size
 #   %2$S = unit (MB, KB, etc.)
-actualCacheSize			= 現在のキャッシュサイズは %1$S %2$S です。
+actualCacheSize			= 現在のディスクキャッシュ量は %1$S %2$S です。
 
 #### Syncing
 connect.label			= 接続
 disconnect.label		= 接続を解除
 
-stopUsingAccount.title		= このアカウントを停止しますか?
-differentAccount.label		= これによって、あなたのアカウント情報と設定はすべてリセットされます。
+stopUsingAccount.title		= このアカウントの使用を中止しますか?
+differentAccount.label		= これにより、すべての Sync アカウント情報と設定がリセットされます。
 differentAccountConfirm.label	= すべての情報をリセット
--- a/browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/sync.dtd
@@ -1,44 +1,43 @@
 <!-- The page shown when not logged in... -->
-<!ENTITY setupButton.label          "&syncBrand.fullName.label; を設定">
+<!ENTITY setupButton.label          "&syncBrand.fullName.label; をセットアップ">
 <!ENTITY setupButton.accesskey      "S">
-<!ENTITY weaveDesc.label            "&syncBrand.fullName.label; を使えば、Firefox の履歴やブックマーク、パスワード、開いているタブに、様々な端末からアクセスできます。">
+<!ENTITY weaveDesc.label            "&syncBrand.fullName.label; を使えば、Firefox の履歴、ブックマーク、パスワード、開いているタブに、様々なデバイスからアクセスできます。">
 
 <!-- The page shown when logged in... -->
 <!ENTITY accountGroupboxCaption.label "&syncBrand.fullName.label; アカウント">
-<!ENTITY currentUser.label            "現在のユーザ:">
+<!ENTITY currentAccount.label         "現在のアカウント:">
 
 <!-- Login error feedback -->
 <!ENTITY updatePass.label             "更新">
 <!ENTITY resetPass.label              "リセット">
 
 <!-- Manage Account -->
 <!ENTITY manageAccount.label          "アカウントを管理">
 <!ENTITY manageAccount.accesskey      "A">
+<!ENTITY viewQuota.label              "サーバ使用量を表示">
 <!ENTITY changePassword.label         "パスワードを変更">
-<!ENTITY changePassphrase.label       "秘密の言葉を変更">
-<!ENTITY resetSync.label              "同期をリセット">
-<!ENTITY differentAccount.label       "別のアカウントを使用">
+<!ENTITY mySyncKey.label              "自分の Sync キー">
+<!ENTITY resetSync.label              "Sync をリセット">
+<!ENTITY stopUsingAccount.label       "このアカウントの使用を中止">
 
 <!-- Sync Settings -->
-<!ENTITY syncPrefsCaption.label       "ブラウザの同期">
-<!ENTITY syncComputerName.label       "コンピュータ名:">
+<!ENTITY syncPrefsCaption.label       "ブラウザ同期">
+<!ENTITY syncComputerName.label       "デバイス名:">
 <!ENTITY syncComputerName.accesskey   "c">
-<!ENTITY syncModeSwitchDesc.label     "&brandShortName; は:">
-<!ENTITY syncModeSwitchDesc.accesskey "w">
-<!ENTITY syncEverything.label         "すべてのデータを同期する">
-<!ENTITY customSync.label             "独自設定を使用する">
-<!ENTITY syncEverythingDescription.label  "あなたのブックマーク、履歴、パスワード、設定、タブが同期されます。">
-<!ENTITY syncItem.bookmarks.label     "ブックマークを同期">
-<!ENTITY syncItem.bookmarks.accesskey "m">
-<!ENTITY syncItem.tabs.label          "タブを同期">
-<!ENTITY syncItem.tabs.accesskey      "T">
-<!ENTITY syncItem.history.label       "履歴を同期">
-<!ENTITY syncItem.history.accesskey   "r">
-<!ENTITY syncItem.passwords.label     "パスワードを同期">
-<!ENTITY syncItem.passwords.accesskey "P">
-<!ENTITY syncItem.prefs.label         "設定を同期">
-<!ENTITY syncItem.prefs.accesskey     "S">
+
+<!ENTITY syncMy.label               "同期するデータ">
+<!ENTITY engine.bookmarks.label     "ブックマーク">
+<!ENTITY engine.bookmarks.accesskey "m">
+<!ENTITY engine.tabs.label          "タブ">
+<!ENTITY engine.tabs.accesskey      "T">
+<!ENTITY engine.history.label       "履歴">
+<!ENTITY engine.history.accesskey   "r">
+<!ENTITY engine.passwords.label     "パスワード">
+<!ENTITY engine.passwords.accesskey "P">
+<!ENTITY engine.prefs.label         "個人設定">
+<!ENTITY engine.prefs.accesskey     "S">
+
 
 <!-- Footer stuff -->
 <!ENTITY prefs.tosLink.label        "利用規約">
 <!ENTITY prefs.ppLink.label         "プライバシーポリシー">
--- a/browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
+++ b/browser/chrome/browser/syncGenericChange.properties
@@ -1,37 +1,35 @@
 # LOCALIZATION NOTE (change.password.title): This (and associated change.password/passphrase) are used when the user elects to change their password.
 change.password.title		= パスワードの変更
 change.password.acceptButton	= パスワードを変更
-change.password.status.active	= パスワードを変更しています...
+change.password.status.active	= パスワードを変更中...
 change.password.status.success	= パスワードの変更が完了しました。
 change.password.status.error	= パスワードの変更中にエラーが発生しました。
 
-change.password.introText	= パスワードは 8 文字以上で設定してください。ユーザ名や秘密の言葉と同じにすることはできません。
-change.password.warningText	= 注意: このパスワードを変更すると、他の端末からあなたのアカウントへ接続できなくなります。
+change.password2.introText	= パスワードは 8 文字以上で設定してください。ユーザ名や Sync キーと同じにすることはできません。
+change.password.warningText	= 注意: このパスワードを変更すると、他のデバイスからアカウントへ接続できなくなります。
 
-change.passphrase.title		= 秘密の言葉の変更
-change.passphrase.acceptButton	= 秘密の言葉を変更
-change.passphrase.label		= 秘密の言葉を変更してこのコンピュータ上のデータをアップロードしています。しばらくお待ちください...
-change.passphrase.error		= 秘密の言葉の変更中にエラーが発生しました。
-change.passphrase.success	= 秘密の言葉の変更が完了しました。
+change.synckey.title		= Sync キーの変更
+change.synckey.acceptButton	= Sync キーを変更
+change.synckey.label		= Sync キーを変更してこのパソコン上のデータをアップロードしています。しばらくお待ちください...
+change.synckey2.error		= Sync キーの変更中にエラーが発生しました。
+change.synckey2.success	= Sync キーの変更が完了しました。
 
-# LOCALIZATION NOTE (change.passphrase.introText) "Sync" should match &syncBrand.shortName.label; from syncBrand.dtd
-change.passphrase.introText	= 秘密の言葉は 12 文字以上で設定してください。Sync はこの言葉を使用してあなたのデータを暗号化します。
-# LOCALIZATION NOTE (change.passphrase.introText2) "Firefox Sync" should match syncBrand.fullName.label from syncBrand.dtd
-change.passphrase.introText2	= これは念のためどこかに書き留めておくと良いでしょう。安全性を確保するため、インターネット経由で送受信されたり、Firefox Sync によってバックアップ、同期されたりすることはありません。
-# LOCALIZATION NOTE (change.passphrase.warningText) "Sync" should match &syncBrand.shortName.label; from syncBrand.dtd
-change.passphrase.warningText	= 注意: これにより、Sync サーバ上に保存されているデータはすべて削除され、代わりにこの言葉で保護された新しいデータがアップロードされます。他の端末は、それぞれに新しい秘密の言葉を入力するまで同期されません。
+change.synckey.introText	= Firefox はプライバシーを大切にします
+change.synckey.introText2	= あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。
+# LOCALIZATION NOTE (change.synckey2.warningText) "Sync" should match &syncBrand.shortName.label; from syncBrand.dtd
+change.synckey2.warningText	= 注意: Sync キーを変更することで、Sync サーバに保存されているデータはすべて削除され、代わりにこのキーで保護された新しいデータがアップロードされます。他のデバイスは、それぞれに新しいキーを入力するまで同期されません。
+
+new.synckey.label		= Sync キー
 
 # LOCALIZATION NOTE (new.password.title): This (and associated new.password/passphrase) are used on a second computer when it detects that your password or passphrase has been changed on a different device.
 new.password.title		= パスワードの更新
-new.password.introText		= あなたのパスワードはサーバから拒否されました。パスワードを更新してください。
+new.password.introText		= パスワードがサーバから拒否されました。パスワードを更新してください。
 new.password.label		= 新しいパスワードを入力
 new.password.confirm		= 新しいパスワードを再度入力
 new.password.acceptButton	= パスワードを更新
-new.password.status.incorrect	= パスワードが正しくありません。再度入力してください。
+new.password.status.incorrect	= パスワードが間違っています。再度入力してください。
 
-new.passphrase.title		= 秘密の言葉の更新
-new.passphrase.introText	= 秘密の言葉が変更されました。新しい秘密の言葉を入力してください。
-new.passphrase.label		= 新しい秘密の言葉
-new.passphrase.confirm		= 秘密の言葉を再度入力
-new.passphrase.acceptButton	= 秘密の言葉を更新
-new.passphrase.status.incorrect	= 秘密の言葉が正しくありません。再度入力してください。
+new.synckey.title		= Sync キーの更新
+new.synckey.introText	= Sync キーが変更されました。新しい Sync キーを入力してください。
+new.synckey.acceptButton	= Sync キーを更新
+new.synckey.status.incorrect	= Sync キーが間違っています。再度入力してください。
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/syncKey.dtd
@@ -0,0 +1,14 @@
+<!ENTITY syncKey.page.title               "あなたの &syncBrand.fullName.label; キー">
+<!ENTITY syncKey.page.description         "このキーは、サーバに保存されているデータの復号に使用されます。別のパソコンやモバイルで &syncBrand.fullName.label; をセットアップする際、このキーを入力する必要があります。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSecret.heading     "秘密にしてください">
+<!ENTITY syncKey.keepItSecret.description "あなたの &syncBrand.fullName.label; アカウントは、プライバシーを守るために暗号化されます。このキーがない限り、もし誰かがあなたの個人情報を解読しようとしても数年はかかります。このキーを持っている人はあなただけです。つまり、あなたの &syncBrand.fullName.label; データにアクセスできるのはあなただけ、ということです。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe.heading       "安全に保護してください">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe1.description  "このキーをなくさないでください。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe2.description  " キーはサーバに保存されていません (そうすると秘密を守れなくなってしまいます)。このため、">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe3.description  " Sync キーをなくした場合、元にもどす方法はありません。">
+<!ENTITY syncKey.keepItSafe4.description  " このキーは、別のパソコンやモバイルから &syncBrand.fullName.label; へ接続する際にも必要となります。">
+<!ENTITY syncKey.findOutMore1.label       "&syncBrand.fullName.label; とプライバシーに関しては ">
+<!ENTITY syncKey.findOutMore2.label       " にある説明をご覧ください。">
+<!ENTITY syncKey.footer1.label            "&syncBrand.fullName.label; の利用規約は ">
+<!ENTITY syncKey.footer2.label            " でご覧いただけます。プライバシーポリシーは ">
+<!ENTITY syncKey.footer3.label            " でご覧いただけます。">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/syncQuota.dtd
@@ -0,0 +1,4 @@
+<!ENTITY quota.dialogTitle.label    "サーバ使用量">
+<!ENTITY quota.retrievingInfo.label "使用率の情報を取得中...">
+<!ENTITY quota.typeColumn.label     "種類">
+<!ENTITY quota.sizeColumn.label     "サイズ">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/browser/chrome/browser/syncQuota.properties
@@ -0,0 +1,37 @@
+collection.bookmarks.label = ブックマーク
+collection.history.label   = 履歴
+collection.passwords.label = パスワード
+collection.prefs.label     = 個人設定
+collection.tabs.label      = タブ
+
+# LOCALIZATION NOTE (quota.usageNoQuota.label): %1$S and %2$S are numeric value
+# and unit (as defined in the download manager) of the amount of space occupied
+# on the server
+quota.usageNoQuota.label    = 現在 %1$S %2$S 使用中です。
+# LOCALIZATION NOTE (quota.usagePercentage.label):
+# %1$S is the percentage of space used,
+# %2$S and %3$S numeric value and unit (as defined in the download manager)
+# of the amount of space used,
+# %3$S and %4$S numeric value and unit (as defined in the download manager)
+# of the total space available.
+quota.usagePercentage.label = 現在、上限となる %4$S %5$S のうち %1$S%% (%2$S %3$S) 使用中です。
+quota.usageError.label      = 使用量の情報を取得できませんでした。
+quota.retrieving.label      = 取得中...
+# LOCALIZATION NOTE (quota.sizeValueUnit.label): %1$S is the amount of space
+# occupied by the engine, %2$K the corresponding unit (e.g. kB) as defined in
+# the download manager.
+quota.sizeValueUnit.label   = %1$S %2$S
+quota.remove.label          = 削除
+quota.treeCaption.label     = 各項目からチェックを外すことで、同期を中止し、サーバの使用量を削減できます。
+# LOCALIZATION NOTE (quota.removal.label): %S is a list of engines that will be
+# disabled and whose data will be removed once the user confirms.
+quota.removal.label         = Firefox Sync は次のデータを削除します: %S
+# LOCALIZATION NOTE (quota.list.separator): This is the separator string used
+# for the list of engines (incl. spaces where appropriate)
+quota.list.separator        = 、
+# LOCALIZATION NOTE (quota.freeup.label): %1$S and %2$S are numeric value
+# and unit (as defined in the download manager) of the amount of space freed
+# up by disabling the unchecked engines.  If displayed this string is
+# concatenated directly to quota.removal.label and may need to start off with
+# whitespace.
+quota.freeup.label          = \u0020これにより %1$S %2$S 削減できます。
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
@@ -1,98 +1,104 @@
 <!ENTITY accountSetupTitle.label    "&syncBrand.fullName.label; のセットアップ">
 
 <!-- First page of the wizard -->
 
+<!ENTITY setup.pickSetupType.description "ようこそ - これまでに &syncBrand.fullName.label; を使用したことがなければ、アカウントを作成してください。">
+<!ENTITY button.createNewAccount.label "新しいアカウントを作成">
+<!ENTITY button.haveAccount.label "&syncBrand.fullName.label; アカウントを持っています">
+
 <!ENTITY setup.choicePage.title.label     "これまでに &syncBrand.fullName.label; を使用したことはありますか?">
-<!ENTITY setup.choicePage.new.label       "これまでに &syncBrand.fullName.label; を使用したことは一度もありません">
-<!ENTITY setup.choicePage.existing.label  "すでに他のコンピュータで &syncBrand.shortName.label; を使用しています">
+<!ENTITY setup.choicePage.new.label       "これまでに &syncBrand.shortName.label; を使用したことは一度もありません">
+<!ENTITY setup.choicePage.existing.label  "すでにに他のパソコンで &syncBrand.shortName.label; を使用しています">
 
 <!-- New Account AND Existing Account -->
-<!ENTITY connectTo.label            "接続先:">
+<!ENTITY server.label               "サーバ">
 <!ENTITY serverType.main.label      "&syncBrand.fullName.label; サーバ">
 <!ENTITY serverType.custom.label    "独自サーバを使用する">
-<!ENTITY signIn.username.label      "ユーザ名">
-<!ENTITY signIn.username.accesskey  "U">
+<!ENTITY signIn.account.label       "メールアドレス / ユーザ名">
+<!ENTITY signIn.account.accesskey   "E">
 <!ENTITY signIn.password.label      "パスワード">
 <!ENTITY signIn.password.accesskey  "P">
 <!ENTITY signIn.serverURL.label     "サーバ URL">
 <!ENTITY signIn.serverURL.accesskey "L">
 
 <!-- New Account Page 1: Basic Account Info -->
-<!ENTITY setup.newAccountPage.title.label  "あなたの &syncBrand.shortName.label; アカウントを作成">
+<!ENTITY setup.newAccountDetailsPage.title.label  "アカウントの詳細">
 <!ENTITY setup.confirmPassword.label  "パスワードを再度入力">
 <!ENTITY setup.confirmPassword.accesskey  "m">
 <!ENTITY setup.emailAddress.label     "メールアドレス">
 <!ENTITY setup.emailAddress.accesskey "E">
 <!-- LOCALIZATION NOTE: tosAgree1, tosLink, tosAgree2, ppLink, tosAgree3 are
      joined with implicit white space, so spaces in the strings aren't necessary -->
 <!ENTITY setup.tosAgree1.label      "私は">
 <!ENTITY setup.tosAgree1.accesskey  "a">
 <!ENTITY setup.tosLink.label        "利用規約">
 <!ENTITY setup.tosAgree2.label      "と">
 <!ENTITY setup.ppLink.label         "プライバシーポリシー">
 <!ENTITY setup.tosAgree3.label      "に同意します">
 <!ENTITY setup.tosAgree2.accesskey  "">
 
-<!-- New Account Page 2: Passphrase Entry -->
-<!ENTITY setup.newPPPage.title.label       "秘密の言葉を入力">
-<!ENTITY passphraseDesc.label         "秘密の言葉を入力してください。これは同期するすべてのデータを暗号化し、あなただけがアクセスできるようにするために使われます。サーバには保存されませんので、絶対に忘れないようにしてください!">
-<!ENTITY passphraseDesc2.label        "これは12文字以上で設定する必要があり、アカウントのパスワードと同じにすることはできません。">
-<!ENTITY passphraseEntry.label        "秘密の言葉">
-<!ENTITY passphraseEntry.accesskey    "S">
-<!ENTITY passphraseConfirm.label      "確認">
-<!ENTITY passphraseConfirm.accesskey  "m">
+<!-- New Account Page 2: Sync Key -->
+<!ENTITY setup.newSyncKeyPage.title.label "&brandShortName; はプライバシーを大切にします">
+<!ENTITY setup.newSyncKeyPage.description.label "あなたのプライバシーを守るため、すべてのデータはアップロード前に暗号化されます。データを復号する際に必要となるキーはアップロードされません。">
+<!ENTITY syncKeyEntry.label        "Sync キー">
+<!ENTITY syncKeyEntry.accesskey    "K">
+<!ENTITY syncKeyGenerate.label     "生成">
+<!ENTITY syncKeyStrength.label     "強度:">
+<!ENTITY syncKeyHelp.label         "強度とは?">
+<!ENTITY syncKeyBackup.description "Sync キーは、他のパソコンから &syncBrand.fullName.label; へアクセスする際に必要となります。メモとして残しておくことをお勧めします。Sync キーを忘れた場合、元にもどす方法はありません。">
 
-<!-- New Account Page 3: Sync Type Options -->
-<!ENTITY setup.newAccountPrefs2.title.label "ブラウザ同期設定">
-<!ENTITY syncComputerName.label       "端末名:">
-<!ENTITY syncComputerName.accesskey   "c">
-<!ENTITY syncModeSwitchDesc.label     "&brandShortName; は:">
-<!ENTITY syncModeSwitchDesc.accesskey "w">
-<!ENTITY syncEverything.label         "すべてのデータを同期する">
-<!ENTITY customSync.label             "独自設定を使用する">
-<!ENTITY syncEverythingDescription.label  "あなたの履歴、ブックマーク、パスワード、設定、タブが同期されます。">
-<!ENTITY syncItem.bookmarks.label     "ブックマークを同期">
-<!ENTITY syncItem.bookmarks.accesskey "m">
-<!ENTITY syncItem.tabs.label          "タブを同期">
-<!ENTITY syncItem.tabs.accesskey      "T">
-<!ENTITY syncItem.history.label       "履歴を同期">
-<!ENTITY syncItem.history.accesskey   "r">
-<!ENTITY syncItem.passwords.label     "パスワードを同期">
-<!ENTITY syncItem.passwords.accesskey "P">
-<!ENTITY syncItem.prefs.label         "設定を同期">
-<!ENTITY syncItem.prefs.accesskey     "S">
+<!ENTITY button.syncKeyBackup.print.label     "印刷...">
+<!ENTITY button.syncKeyBackup.print.accesskey "P">
+<!ENTITY button.syncKeyBackup.save.label      "保存...">
+<!ENTITY button.syncKeyBackup.save.accesskey  "S">
 
-<!-- New Account Page 4: Captcha -->
-<!ENTITY setup.captchaPage.title.label     "あなたがロボットでないことを証明してください ;)">
+<!-- New Account Page 3: Captcha -->
+<!ENTITY setup.captchaPage2.title.label     "あなたがロボットではないことを確認してください">
 
 <!-- Existing Account Page 1: Login -->
 <!ENTITY setup.existingAccount.title.label "アカウント情報を入力">
 <!ENTITY resetPassword.label          "パスワードをリセット">
 <!ENTITY connecting.label             "接続中...">
 
-<!-- Existing Account Page 2: Passphrase -->
-<!ENTITY passphraseGroupbox.label     "秘密の言葉を入力">
-<!ENTITY passphraseDesc3.label        "秘密の言葉を入力してください。これは同期するすべてのデータを暗号化し、あなただけがアクセスできるようにするために使われます。サーバには保存されませんので、絶対に忘れないようにしてください!">
-<!ENTITY passphraseHelp.label         "秘密の言葉は12文字以上で、あなたのパスワードではありません。保存されている秘密の言葉は、他のコンピュータでFirefoxを起動し、セキュリティ設定の「保存されているパスワード」を確認することで見つけられます。それでも正しい秘密の言葉が分からない場合は、リセットすることができますが、サーバ上に保存されているデータはすべて失われます。">
-<!ENTITY changePassphrase.label       "秘密の言葉を変更">
+<!-- Existing Account Page 2: Sync Key -->
+<!ENTITY setup.existingSyncKeyPage.title       "Sync キーを入力してください">
+<!ENTITY setup.existingSyncKeyPage.description "Sync キーは、初めて &syncBrand.fullName.label; へログインしたときに、自動生成されたか、あなた自身で入力したものです。これはパスワードとは違います。">
+<!ENTITY existingSyncKeyHelp.description       "Sync キーは、他のパソコンで Firefox を開いて、オプションの [セキュリティ] タブにある [保存されているパスワード] で確認できます。それでも正しい Sync キーが見つからないときはリセットすることも可能ですが、その場合、サーバに保存されているデータは失われます。">
+<!ENTITY lostSyncKey.label            "Sync キーを忘れた場合">
 <!ENTITY verifying.label              "確認中...">
 
-<!-- New & Existing Account: Merge Options -->
-<!ENTITY setup.mergeChoicePage.title.label "どのように始めますか?">
-<!ENTITY choice.merge.main.label      "このコンピュータ上のデータを &syncBrand.shortName.label; のデータと統合する">
-<!ENTITY choice.merge.recommend.label "Mozilla ではこのオプションをすべてのユーザに強く推奨します。">
-<!ENTITY choice.client.main.label     "このコンピュータ上のすべてのデータを &syncBrand.fullName.label; のデータと置き換える">
-<!ENTITY choice.server.main.label     "他のすべての端末のデータをこのコンピュータ上のデータと置き換える">
+<!-- Sync Options -->
+<!ENTITY setup.optionsPage.title      "同期オプション">
+<!ENTITY syncComputerName.label       "デバイス名:">
+<!ENTITY syncComputerName.accesskey   "c">
 
-<!-- New & Existing Account: Confirm Merge Options -->
-<!ENTITY confirm.caption.label        "選択内容を確認">
-<!ENTITY confirm.merge.label          "あなたは、このコンピュータ上のデータを &syncBrand.fullName.label; を使用している他の端末上のデータと組み合わせることを選択しました。">
-<!ENTITY confirm.client.label         "このコンピュータ上の &brandShortName; のデータはすべて削除されます。">
-<!ENTITY confirm.client.moreinfo.label "その後 &brandShortName; は &syncBrand.fullName.label; のデータをこのコンピュータにコピーします。">
-<!ENTITY confirm.client.warning.label "警告: これにより、このコンピュータ上の &brandShortName; のデータはすべて置き換えられます!">
-<!ENTITY confirm.server.label         "以下の端末が、このコンピュータ上のデータで上書きされます:">
-<!ENTITY confirm.server.warning.label "警告: これにより、これらの端末上の &brandShortName; のデータはすべてこのコンピュータ上のデータで置き換えられます!">
+<!ENTITY syncMy.label               "同期するデータ">
+<!ENTITY engine.bookmarks.label     "ブックマーク">
+<!ENTITY engine.bookmarks.accesskey "m">
+<!ENTITY engine.tabs.label          "タブ">
+<!ENTITY engine.tabs.accesskey      "T">
+<!ENTITY engine.history.label       "履歴">
+<!ENTITY engine.history.accesskey   "r">
+<!ENTITY engine.passwords.label     "パスワード">
+<!ENTITY engine.passwords.accesskey "P">
+<!ENTITY engine.prefs.label         "個人設定">
+<!ENTITY engine.prefs.accesskey     "S">
+
+<!ENTITY choice2.merge.main.label      "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
+<!ENTITY choice2.merge.recommended.label "推奨:">
+<!ENTITY choice2.client.main.label     "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されているデータと置き換える">
+<!ENTITY choice2.server.main.label     "他のすべてのデバイスのブラウザデータを、このパソコンのデータと置き換える">
+
+<!-- Confirm Merge Options -->
+<!ENTITY setup.optionsConfirmPage.title        "確認">
+<!ENTITY confirm.merge.label          "このパソコンのすべてのブラウザデータは、サーバに保存されているデータと統合されます。">
+<!ENTITY confirm.client.label         "このパソコンのブラウザデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
+<!ENTITY confirm.client.moreinfo.label "その後、サーバに保存されているデータがこのパソコンへコピーされます。">
+<!ENTITY confirm.client.warning.label "警告: これにより、このパソコンのブラウザデータはすべて置き換えられます!">
+<!ENTITY confirm.server.label         "以下のデバイスのブラウザデータが、このパソコンのデータで上書きされます:">
+<!ENTITY confirm.server.warning.label "警告: これにより、これらのデバイス上のブラウザデータは、すべてこのパソコンのデータで置き換えられます!">
 
 <!-- New & Existing Account: Setup Complete -->
-<!ENTITY setup.successPage.title.label   "設定が完了しました!">
-<!ENTITY setup.successPage.desc.label    "おめでとうございます! &brandShortName; はあなたのデータを自動的に同期するよう設定されました。お持ちの他の端末にも &syncBrand.fullName.label; をインストールしましょう。これから &brandShortName; を使い続けられます。">
+<!ENTITY setup.successPage.title      "セットアップが完了しました">
+<!ENTITY changeOptions.label    "この設定は、下の同期オプションを選択することで変更できます。">
+<!ENTITY continueUsing.label    "今から &brandShortName; を使い続けることができます。">
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
@@ -1,16 +1,42 @@
-cancelSetup.label		= 設定をキャンセル
-errorCreatingAccount.title	= アカウント作成中にエラーが発生しました
+button.syncOptions.label		= 同期オプション
+button.syncOptionsDone.label	= 完了
+button.syncOptionsCancel.label	= キャンセル
 
-invalidEmail.label		= メールアドレスが正しくありません
+invalidEmail.label		= メールアドレスが間違っています
 serverInvalid.label		= 正しいサーバ URL を入力してください
 usernameNotAvailable.label	= すでに使用されています
 
-# LOCALIZATION NOTE (additionalClients.label, bookmarkCount.label, historyCount.label, passwordCount.label).
-# We'll fix the lack of PluralForms in bug 583661.
-additionalClients.label		= と %S 個の端末
-bookmarkCount.label		= %S 個のブックマーク
-historyCount.label		= %S 日分の履歴
-passwordCount.label		= %S 個のパスワード
+verifying.label					= 確認中...
+
+# LOCALIZATION NOTE (additionalClientCount.label):
+# Semi-colon list of plural forms. See:
+# http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+# #1 is the number of additional clients (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
+additionalClientCount.label		= と #1 個のデバイス
+# LOCALIZATION NOTE (bookmarksCount.label):
+# Semi-colon list of plural forms. See:
+# http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+# #1 is the number of bookmarks (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
+bookmarksCount.label			= #1 個のブックマーク
+# LOCALIZATION NOTE (historyDaysCount.label):
+# Semi-colon list of plural forms. See:
+# http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+# #1 is the number of days (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
+historyDaysCount.label			= #1 日分の履歴
+# LOCALIZATION NOTE (passwordsCount.label):
+# Semi-colon list of plural forms. See:
+# http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
+# #1 is the number of passwords (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
+passwordsCount.label			= #1 個のパスワード
+
+save.synckey.title				= Sync キーを保存
+
+newAccount.action.label			= Firefox Sync は、すべてのブラウザデータを自動的に同期するよう設定されました。
+newAccount.change.label			= 下の同期オプションで、同期する項目を個別に選択することもできます。
+resetClient.change.label		= Firefox Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
+wipeClient.change.label			= Firefox Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
+wipeRemote.change.label			= Firefox Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザデータを、このパソコン上のデータで置き換えます。
+existingAccount.change.label	= この設定は下の同期オプションで変更できます。
 
 # Several other strings are used (via Weave.Status.login), but they come from
-#  /services/sync */
+#  /services/sync
--- a/browser/chrome/browser/tabbrowser.properties
+++ b/browser/chrome/browser/tabbrowser.properties
@@ -1,8 +1,22 @@
+# LOCALIZATION NOTE: the following strings can be used in the tab title or
+# location bar to represent various states as a web page loads:
+# tabs.connecting = Firefox is sending a HTTP connection request
+# tabs.encryptingConnection = Firefox is sending a HTTPS connection request
+# tabs.searching = Firefox is searching for something (Awesomebar or Web search)
+# tabs.loading = Firefox is loading the web page
+# tabs.waiting = Firefox is waiting for a web resource to load
+# tabs.downloading = Firefox is downloading a file for a helper application (PDF)
+tabs.connecting			= 接続中...
+tabs.encryptingConnection	= 暗号化されている接続中...
+tabs.searching			= 検索中...
 tabs.loading			= 読み込み中...
+tabs.waiting			= 待機中...
+tabs.downloading		= ダウンロード中...
+
 tabs.emptyTabTitle		= (無題)
 tabs.closeTab			= タブを閉じる
 tabs.close			= 閉じる
 tabs.closeWarningTitle		= タブを閉じる確認
 tabs.closeWarningMultipleTabs	= 複数 (%S) のタブを閉じようとしています。すべてのタブを閉じてよろしいですか?
 tabs.closeButtonMultiple	= タブを閉じる
 tabs.closeWarningPromptMe	= 同時に複数のタブを閉じるときは確認する