32.0: sync chat with en-US rev18249:f1120f0c8259
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Wed, 16 Jul 2014 13:16:14 +0900
changeset 1482 2f7624ef7d2f09286cf94f17fe010049bf161fce
parent 1481 66d4d9534e2e7652ed5763ca67a04a5054bdb45b
child 1483 5aeaa72512017a64de8bb3b87a1ed28756c3f148
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs32
32.0: sync chat with en-US rev18249:f1120f0c8259
chat/conversations.properties
chat/imtooltip.properties
chat/irc.properties
chat/yahoo.properties
--- a/chat/conversations.properties
+++ b/chat/conversations.properties
@@ -34,16 +34,20 @@ statusUnknown			=あなたのアカウントの接続が切断されました (%S さんの状態は不明です)。
 
 accountDisconnected		=あなたのアカウントの接続が切断されました。
 accountReconnected		=あなたのアカウントが再接続されました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (autoReply):
 #  %S is replaced by the text of a message that was sent as an automatic reply.
 autoReply			=自動送信メッセージ - %S
 
+# LOCALIZATION NOTE (noTopic):
+# Displayed instead of the topic when no topic is set.
+noTopic				=この部屋にはトピックメッセージがありません。
+
 # LOCALIZATION NOTE (topicSet):
 #  %1$S is the conversation name, %2$S is the topic.
 topicSet			=%1$S のトピック: %2$S
 # LOCALIZATION NOTE (topicNotSet):
 #  %S is the conversation name.
 topicNotSet			=%S のトピックは存在しません
 # LOCALIZATION NOTE (topicChanged):
 #  %1$S is the user who changed the topic, %2$S is the new topic.
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/chat/imtooltip.properties
@@ -0,0 +1,7 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+buddy.username=ユーザ名
+buddy.account=アカウント
+contact.tags=タグ
--- a/chat/irc.properties
+++ b/chat/irc.properties
@@ -105,17 +105,17 @@ message.nick.fail	=指定したニックネームを使えませんでした。ニックネームは %S のまま変更されません。
 #    The parameter is the message.parted.reason, if a part message is given.
 message.parted.you	=退室しました (離脱%1$S)
 #    %1$S is the user's nick, %2$S is message.parted.reason, if a part message is given.
 message.parted		=%1$S さんが退室しました (離脱%2$S)
 #    %S is the part message supplied by the user.
 message.parted.reason	=: %S
 #    %1$S is the user's nick, %2$S is message.quit2 if a quit message is given.
 message.quit		=%1$S さんが退室しました (切断%2$S)
-#    The paramter is the quit message given by the user.
+#    The parameter is the quit message given by the user.
 message.quit2		=: %S
 #    %1$S is the nickname of the user that invited us, %2$S is the conversation
 #    name.
 message.inviteReceived	=%1$S さんがあなたを %2$S に招待しました
 #    %1$S is the nickname of the invited user, %2$S is the conversation name
 #    they were invited to.
 message.invited		=%1$S さんが %2$S に招待されました
 #    %1$S is the nickname of the invited user, %2$S is the conversation name
@@ -156,18 +156,22 @@ error.nickCollision	=すでに使用されているニックネームです。%1$S に変更します [%2$S]。
 error.erroneousNickname	=%S は許可されていないニックネームです。
 error.banned		=このサーバへの立ち入りが禁止されました。
 error.bannedSoon	=間もなく、このサーバへの立ち入りが禁止されます。
 error.mode.wrongUser	=他のユーザのモードは変更できません。
 #    %S is the nickname or channel name that isn't available.
 error.noSuchNick	=%S はオンラインではありません。
 error.wasNoSuchNick	=このニックネームが存在したことはありません: %S。
 error.noSuchChannel	=チャンネルがありません: %S。
+error.unavailable	=%S は一時的に利用できません。
 #    %S is the channel name.
+error.channelBanned	=あなたは %S チャンネルへの立ち入りが禁止されています。
 error.cannotSendToChannel	=%S チャンネルにはメッセージを送信できません。
+error.channelFull	=%S チャンネルは満員です。
+error.inviteOnly	=%S チャンネルは招待者のみが参加できます。
 error.nonUniqueTarget	=%S チャンネルはユニークな user@host または短縮名ではありません。または一度に多くのチャンネルに参加し過ぎています。
 error.notChannelOp	=%S チャンネルのオペレータ権限がありません。
 error.notChannelOwner	=%S チャンネルのオーナー権限がありません。
 error.wrongKey		=%S チャンネルに接続できません。チャンネルのパスワードが間違っています。
 error.sendMessageFailed	=最後のメッセージの送信中にエラーが発生しました。接続が再び確立された後、メッセージの送信を再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (tooltip.*):
 #    These are the descriptions given in a tooltip with information received
--- a/chat/yahoo.properties
+++ b/chat/yahoo.properties
@@ -20,12 +20,18 @@ options.transferHost			=ファイル転送サーバ
 options.transferPort			=ファイル転送ポート番号
 options.chatEncoding			=文字エンコーディング
 options.ignoreInvites			=グループチャットへの招待を無視する
 
 # In this message, %S is replaced with the username of the user who left.
 system.message.conferenceLogoff		=%S さんがグループチャットから脱退しました。
 system.message.conferenceLogon		=%S さんがグループチャットに参加しました。
 
-command.help.invite			=/invite &lt;ユーザ1&gt;[,&lt;ユーザ2&gt;,...] [&lt;招待メッセージ&gt;]: 複数のユーザをこのグループチャットに招待します。
+# LOCALZIATION NOTE (command.*):
+#   These are the help messages for each command, the %S is the command name
+#   Each command first gives the parameter it accepts and then a description of
+#   the command.
+command.help.invite2			=%S &lt;ユーザ1&gt;[,&lt;ユーザ2&gt;,...] [&lt;招待メッセージ&gt;]: 複数のユーザをこのグループチャットに招待します。
+command.help.conference			=%S: 新しいグループチャット部屋を作成します。後で他のユーザを招待してください。
+
 # LOCALIZATION NOTE (command.feedback.invite):
 #   %S is the user, or comma separated list of users, invited to the conference.
 command.feedback.invite			=%S さんをグループチャットに招待しました。