sync dom with en-US rev72659:8f58f46715a2
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 09 Jul 2011 16:07:16 +0900
changeset 227 2778b2c9e9147824002c4f50be6ee8e6215a3eb5
parent 187 7e524e16cee17c7478a18f1d33eeb9fc0896a27e
child 228 cbf2efe077a087f901ee460e6a42a54a5f8717d5
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
sync dom with en-US rev72659:8f58f46715a2
dom/chrome/appstrings.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/netError.dtd
dom/chrome/storage.properties
--- a/dom/chrome/appstrings.properties
+++ b/dom/chrome/appstrings.properties
@@ -61,9 +61,10 @@ externalProtocolTitle	= 外部プロトコルの要求
 externalProtocolPrompt	= %1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のプログラムが必要です。\n\n\n次の URL の読み込みが要求されています。\n\n%2$S\n\nプログラム: %3$S\n\n\nこの URL の読み込みが意図していないものである場合、外部プログラムの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。\n
 #LOCALIZATION NOTE (externalProtocolUnknown): The following string is shown if the application name can't be determined
 externalProtocolUnknown	= <不明>
 externalProtocolChkMsg	= 今後このプロトコルのリンクを同様に処理する。
 externalProtocolLaunchBtn= プログラムを起動
 malwareBlocked		= %S の Web サイトは攻撃サイトであると報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされました。
 phishingBlocked		= %S の Web サイトは利用者の個人情報やクレジットカード番号などを盗み取る目的で作られた、偽装サイト(フィッシング詐欺サイト)であると報告されています。
 cspFrameAncestorBlocked	= このページには、セキュリティポリシーによりページへの埋め込みが禁止されたコンテンツが含まれています。
+corruptedContentError	= このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。
 remoteXUL		= このページは、既定では利用できなくなった未対応の技術が使用されています。
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -16,19 +16,21 @@
 # The Initial Developer of the Original Code is
 # Netscape Communications Corporation.
 # Portions created by the Initial Developer are Copyright (C) 2001
 # the Initial Developer. All Rights Reserved.
 #
 # Contributor(s):
 #   Mitch <mstoltz@netscape.com> (original author)
 #   Ehsan Akhgari <ehsan.akhgari@gmail.com>
+#   Ms2ger <ms2ger@gmail.com>
 #
 # Localizer(s):
 #  dynamis
+#  Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
 #
 # Alternatively, the contents of this file may be used under the terms of
 # either of the GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL"),
 # or the GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL"),
 # in which case the provisions of the GPL or the LGPL are applicable instead
 # of those above. If you wish to allow use of your version of this file only
 # under the terms of either the GPL or the LGPL, and not to allow others to
 # use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
@@ -52,31 +54,66 @@ WindowCloseBlockedWarning	= スクリプトはスクリプトによって開かれたウィンドウ以外を閉じることができません。
 # (^m^) en-US: Are you sure?
 OnBeforeUnloadTitle		= 本当によろしいですか?
 OnBeforeUnloadMessage		= このページから移動しますか? 入力したデータは保存されません。
 OnBeforeUnloadStayButton	= このページに留まる
 OnBeforeUnloadLeaveButton	= このページから移動する
 DocumentAllUsed			= 非標準である document.all プロパティが使用されています。代わりに W3C 標準の document.getElementById() を使用してください。
 GlobalScopeElementReference	= グローバルスコープで ID または name 属性値により要素を参照しています。代わりに W3C 標準の document.getElementById() を使用してください。
 # (^^; deprecated 系の説明文不統一
-UseOfCaptureEventsWarning	= captureEvents() の使用は推奨されていません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.addEventListener を参照してください。
-UseOfReleaseEventsWarning	= releaseEvents() の使用は推奨されていません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.removeEventListener を参照してください。
-UseOfRouteEventWarning		= routeEvent() の使用は推奨されていません。DOM 2 の dispatchEvent() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.dispatchEvent を参照してください。
-UseOfPreventBubbleWarning	= イベント=%S, preventBubble() の使用は推奨されていません。代わりに W3C 標準の stopPropagation() を使ってください。
-UseOfPreventCaptureWarning	= イベント=%S, preventCapture() の使用は推奨されていません。代わりに W3C 標準の stopPropagation() を使ってください。
-UseOfDOM3LoadMethodWarning	= Document.load() の使用は推奨されていません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XMLHttpRequest を参照してください。
+UseOfCaptureEventsWarning	= captureEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.addEventListener を参照してください。
+UseOfReleaseEventsWarning	= releaseEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.removeEventListener を参照してください。
+UseOfRouteEventWarning		= routeEvent() の使用は推奨されません。DOM 2 の dispatchEvent() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.dispatchEvent を参照してください。
+UseOfPreventBubbleWarning	= イベント=%S, preventBubble() の使用は推奨されません。代わりに W3C 標準の stopPropagation() を使ってください。
+UseOfPreventCaptureWarning	= イベント=%S, preventCapture() の使用は推奨されません。代わりに W3C 標準の stopPropagation() を使ってください。
+UseOfDOM3LoadMethodWarning	= Document.load() の使用は推奨されません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XMLHttpRequest を参照してください。
 UnexpectedCanvasVariantStyle	= canvas: strokeStyle または fillStyle に文字列、CanvasGradient あるいは CanvasPattern 以外の値を設定することはできません。
 EmptyGetElementByIdParam	= getElementById() に空文字列が渡されました。
 LowMemoryTitle			= 警告: メモリ不足
 LowMemoryMessage		= メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。
 SpeculationFailed		= 不平衡なツリーが document.write() を使用して書き込まれたため、ネットワークからのデータが再度パースされます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/Optimizing_Your_Pages_for_Speculative_Parsing を参照してください。
 DocumentWriteIgnored		= 非同期で読み込まれた外部スクリプトからの document.write() の呼び出しは無視されました。
 # (^m^) FormValidation* は Bug 598529 を参照
 FormValidationTextTooLong	= テキストを %1$S 文字以下に短くしてください (%2$S 文字超過しています)。
 FormValidationValueMissing	= このフィールドは入力必須です。
 FormValidationCheckboxMissing	= チェックボックスにチェックを入れてください。
 FormValidationRadioMissing	= いずれかのオプションを選択してください。
 FormValidationFileMissing	= ファイルを選択してください。
 FormValidationSelectMissing	= リストから項目を選択してください。
 FormValidationInvalidEmail	= メールアドレスが正しくありません。
 FormValidationInvalidURL	= URL が正しくありません。
 FormValidationPatternMismatch	= 入力された値がフィールドに指定された書式と異なります。
+# LOCALIZATION NOTE (FormValidationPatternMismatchWithTitle): %S is the (possibly truncated) title attribute value.
 FormValidationPatternMismatchWithTitle = 入力された値がフィールドに指定された書式と異なります: %S
+# (^m^) 以下、Bug 661327 参照
+GetAttributeNodeWarning		= getAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに getAttribute() メソッドを使用してください。
+SetAttributeNodeWarning		= setAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに setAttribute() メソッドを使用してください。
+GetAttributeNodeNSWarning	= getAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに getAttributeNS() メソッドを使用してください。
+SetAttributeNodeNSWarning	= setAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに setAttributeNS() メソッドを使用してください。
+RemoveAttributeNodeWarning	= removeAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに removeAttribute() メソッドを使用してください。
+CreateAttributeWarning		= document.createAttribute() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttribute() メソッドを使用してください。
+CreateAttributeNSWarning	= document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
+# (^m^) "attributes' specified attribute" 属性に指定されたプロパティ
+SpecifiedWarning		= 属性に指定されたプロパティの使用は推奨されません。常に true を返します。
+OwnerElementWarning		= 属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
+NodeNameWarning			= 属性の nodeName プロパティの使用は推奨されません。代わりに name プロパティを使用してください。
+NodeValueWarning		= 属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+NodeTypeWarning			= 属性の nodeType プロパティの使用は推奨されません。常に 2 を返します。
+ParentNodeWarning		= 属性の parentNode プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
+ChildNodesWarning		= 属性の childNodes プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
+HasChildNodesWarning		= 属性の hasChildNodes() メソッドの使用は推奨されません。常に false を返します。
+HasAttributesWarning		= 属性の hasAttributes() メソッドの使用は推奨されません。常に false を返します。
+FirstChildWarning		= 属性の firstChild プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+LastChildWarning		= 属性の lastChild プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+PreviousSiblingWarning		= 属性の previousSibling プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
+NextSiblingWarning		= 属性の nextSibling プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
+AttributesWarning		= 属性の attributes プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
+InsertBeforeWarning		= 属性の insertBefore() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+ReplaceChildWarning		= 属性の replaceChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+RemoveChildWarning		= 属性の removeChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+AppendChildWarning		= 属性の appendChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+CloneNodeWarning		= 属性の cloneNode() メソッドの使用は推奨されません。
+OwnerDocumentWarning		= 属性の ownerDocument プロパティの使用は推奨されません。
+NormalizeWarning		= 属性の normalize() メソッドの使用は推奨されません。
+IsSupportedWarning		= 属性の isSupported() メソッドの使用は推奨されません。
+IsEqualNodeWarning		= 属性の isEqualNode() メソッドの使用は推奨されません。
+TextContentWarning		= 属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
+EnablePrivilegeWarning		= enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
--- a/dom/chrome/netError.dtd
+++ b/dom/chrome/netError.dtd
@@ -20,19 +20,19 @@
 <!ENTITY generic.longDesc		"<p>現在のところこの問題やエラーについての詳細情報はありません。</p>">
 
 <!ENTITY malformedURI.title		"アドレスが無効です">
 <!ENTITY malformedURI.longDesc		"<p>指定されたアドレスの書式が正しくありません。ミスがないかロケーションバーを確認してください。</p>">
 
 <!ENTITY netInterrupt.title		"データの転送が中断されました">
 <!ENTITY netInterrupt.longDesc		"<p>サイトに正常に接続できましたが、データの転送中にネットワーク接続が切断されました。再度試してください。</p><ul><li>他のサイトも表示できない場合、コンピュータのネットワーク接続を確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
 
-<!ENTITY netOffline.title		"オフラインモードになっています">
-<!ENTITY netOffline.longDesc		"<p>ブラウザは現在オフラインモードで動作しており、リクエスト対象に接続できません。</p><ul><li>コンピュータが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>ブラウザをオンラインモードに切り替えてください。</li></ul>">
-<!ENTITY netOffline.overrideLongDesc	"<p>ブラウザは現在オフラインモードで動作しており、リクエスト対象に接続できません。</p><ul><li>コンピュータが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>ブラウザをオンラインモードに切り替えてください。</li></ul>">
+<!ENTITY netOffline.title		"オフラインモードです">
+<!ENTITY netOffline.longDesc2		"<p>ブラウザは現在オフラインモードで動作しており、リクエスト対象に接続できません。</p><ul><li>コンピュータが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>ブラウザをオンラインモードに切り替えてください。</li></ul>
+<li>&quot;再試行&quot; ボタンを押してブラウザをオンラインモードに切り替え、ページを再読み込みしてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY contentEncodingError.title	"内容符号化 (Content-Encoding) に問題があります">
 <!ENTITY contentEncodingError.longDesc	"<p>不正または不明な形式で圧縮されているため、ページを表示できません。</p><ul><li>この問題については Web サイトの管理者に問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY unsafeContentType.title	"安全でないファイルタイプ">
 <!ENTITY unsafeContentType.longDesc	"<ul><li>この問題を Web サイトの管理者に報告してください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY netReset.title			"接続が中断されました">
@@ -76,16 +76,19 @@
 <!ENTITY phishingBlocked.longDesc	"
 <p>このページで個人情報を入力してしまうと、なりすましや詐欺などの被害に遭う恐れがあります。</p>
 <p>この種の偽装サイトはフィッシングと呼ばれる詐欺に使われています。本物のサイトに見せかけた詐欺ページを作り、あなたに信頼させようとしているのです。</p>
 ">
 
 <!ENTITY cspFrameAncestorBlocked.title	"コンテンツセキュリティポリシーによりブロックされました">
 <!ENTITY cspFrameAncestorBlocked.longDesc	"<p>セキュリティポリシーにより読み込みが禁止されたコンテンツが含まれているため、このページの読み込みを中止しました。</p>">
 
+<!ENTITY corruptedContentError.title	"コンテンツデータ破損エラー">
+<!ENTITY corruptedContentError.longDesc	"<p>このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。</p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul>">
+
 <!ENTITY remoteXUL.title		"リモート XUL">
 <!ENTITY remoteXUL.longDesc		"<p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul></p>">
 
 <!-- Include app-specific error messages - do not change this in localization!
      Some applications might override netErrorApp.dtd with their specific version,
      this inclusion needs to be intact for that approach to work correctly.
      Please, try to keep this at the end of the file. -->
 <!ENTITY % netErrorAppDTD SYSTEM "chrome://global/locale/netErrorApp.dtd">
deleted file mode 100644
--- a/dom/chrome/storage.properties
+++ /dev/null
@@ -1,40 +0,0 @@
-# ***** BEGIN LICENSE BLOCK *****
-# Version: MPL 1.1/GPL 2.0/LGPL 2.1
-#
-# The contents of this file are subject to the Mozilla Public License Version
-# 1.1 (the "License"); you may not use this file except in compliance with
-# the License. You may obtain a copy of the License at
-# http://www.mozilla.org/MPL/
-#
-# Software distributed under the License is distributed on an "AS IS" basis,
-# WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, either express or implied. See the License
-# for the specific language governing rights and limitations under the
-# License.
-#
-# The Original Code is Storage code.
-#
-# The Initial Developer of the Original Code is Google Inc.
-# Portions created by the Initial Developer are Copyright (C) 2006
-# the Initial Developer. All Rights Reserved.
-#
-# Contributor(s):
-#   Brett Wilson <brettw@gmail.com>
-#
-# Localizer(s):
-#  dynamis
-#
-# Alternatively, the contents of this file may be used under the terms of
-# either of the GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL"),
-# or the GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL"),
-# in which case the provisions of the GPL or the LGPL are applicable instead
-# of those above. If you wish to allow use of your version of this file only
-# under the terms of either the GPL or the LGPL, and not to allow others to
-# use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
-# decision by deleting the provisions above and replace them with the notice
-# and other provisions required by the GPL or the LGPL. If you do not delete
-# the provisions above, a recipient may use your version of this file under
-# the terms of any one of the MPL, the GPL or the LGPL.
-#
-# ***** END LICENSE BLOCK *****
-
-storageWriteError	= ディスクへのデータ書き込み中にエラーが発生しました。ディスク領域が不足している可能性があります。\n\nこのプログラムを再起動してください。