19.0: sync dom, security with en-US rev119017:eaccb5edc854
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 21 Dec 2012 11:50:48 +0900
changeset 931 1591cb9eac618ba056a4e7b14e751e4ed3ed2ecc
parent 930 3b36bb7320bbe1f37398b7452a1cd0ad99622728
child 932 8c3919dc1ef064f48cdbb823db65bc29a19ccc9d
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs19
19.0: sync dom, security with en-US rev119017:eaccb5edc854
dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
dom/chrome/charsetTitles.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
security/manager/chrome/pipnss/security.properties
--- a/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
+++ b/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
@@ -72,18 +72,21 @@ definitionlist =       定義リスト
 term           =       用語
 definition     =       定義
 
 # More sophisticated roles which are not actual numeric roles
 textarea       =       テキストエリア
 
 # More sophisticated object descriptions
 headingLevel   =       見出しレベル %S
-# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the item's role name (e.g. "List item" or "Page tab"), %2$S is the position of the item n the set. %3$S is the total number of such items in the set. An expanded example would read "List item 2 of 5".
-objItemOf      =       %1$S %2$S/%3$S
+
+# more sophisticated list announcement
+listStart      =       最初の項目
+listEnd        =       最後の項目
+listItemCount  =       %S 項目
 
 # Invoked actions
 jumpAction     =      ジャンプしました
 pressAction    =      押しました
 checkAction    =      チェックしました
 uncheckAction  =      チェックを外しました
 selectAction   =      選択しました
 openAction     =      開きました
--- a/dom/chrome/charsetTitles.properties
+++ b/dom/chrome/charsetTitles.properties
@@ -20,17 +20,17 @@ iso-8859-10.title	= 北欧 (ISO-8859-10)
 iso-8859-13.title	= バルト語 (ISO-8859-13)
 iso-8859-14.title	= ケルト語 (ISO-8859-14)
 iso-8859-15.title	= 西欧 (ISO-8859-15)
 iso-8859-16.title	= ルーマニア語 (ISO-8859-16)
 windows-1250.title	= 中欧 (Windows-1250)
 windows-1252.title	= 西欧 (Windows-1252)
 windows-1254.title	= トルコ語 (Windows-1254)
 windows-1257.title	= バルト語 (Windows-1257)
-x-mac-roman.title	= 西欧 (MacRoman)
+macintosh.title		= 西欧 (MacRoman)
 x-mac-ce.title		= 中欧 (MacCE)
 x-mac-turkish.title	= トルコ語 (MacTurkish)
 x-mac-croatian.title	= クロアチア語 (MacCroatian)
 x-mac-romanian.title	= ルーマニア語 (MacRomanian)
 x-mac-icelandic.title	= アイスランド語 (MacIcelandic)
 iso-2022-jp.title	= 日本語 (ISO-2022-JP)
 shift_jis.title		= 日本語 (Shift_JIS)
 euc-jp.title		= 日本語 (EUC-JP)
@@ -38,17 +38,16 @@ big5.title		= 繁体字中国語 (Big5)
 big5-hkscs.title	= 繁体字中国語 (Big5-HKSCS)
 x-euc-tw.title		= 繁体字中国語 (EUC-TW)
 gb2312.title		= 簡体字中国語 (GB2312)
 hz-gb-2312.title	= 簡体字中国語 (HZ)
 gbk.title		= 簡体字中国語 (GBK)
 iso-2022-cn.title	= 簡体字中国語 (ISO-2022-CN)
 euc-kr.title		= 韓国語 (EUC-KR)
 x-johab.title		= 韓国語 (JOHAB)
-x-windows-949.title	= 韓国語 (UHC)
 iso-2022-kr.title	= 韓国語 (ISO-2022-KR)
 utf-7.title		= Unicode (UTF-7)
 utf-8.title		= Unicode (UTF-8)
 utf-16.title		= Unicode (UTF-16)
 utf-16le.title		= Unicode (UTF-16LE)
 utf-16be.title		= Unicode (UTF-16BE)
 iso-8859-5.title	= キリル文字 (ISO-8859-5)
 iso-ir-111.title	= キリル文字 (ISO-IR-111)
@@ -79,18 +78,16 @@ windows-1255.title	= ヘブライ語 (Windows-1255)
 windows-1256.title	= アラビア語 (Windows-1256)
 x-user-defined.title	= ユーザ定義
 ibm866.title		= キリル文字/ロシア語 (CP-866)
 ibm850.title		= 西欧 (IBM-850)
 ibm852.title		= 中欧 (IBM-852)
 ibm855.title		= キリル文字 (IBM-855)
 ibm857.title		= トルコ語 (IBM-857)
 ibm862.title		= ヘブライ語 (IBM-862)
-ibm864.title		= アラビア語 (IBM-864)
-ibm864i.title		= アラビア語 (IBM-864-I)
 gb18030.title		= 簡体字中国語 (GB18030)
 x-mac-arabic.title	= アラビア語 (MacArabic)
 x-iso-8859-6-8-x.title	= アラビア語 (Langbox ISO-8859-6.8x)
 x-iso-8859-6-16.title	= アラビア語 (Langbox ISO-8859-6.16)
 x-mac-farsi.title	= ペルシア語 (MacFarsi)
 x-mac-hebrew.title	= ヘブライ語 (MacHebrew)
 x-mac-devanagari.title	= ヒンディー語 (MacDevanagari)
 x-mac-gujarati.title	= グジャラート語 (MacGujarati)
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -57,53 +57,33 @@ SetAttributeNodeWarning		= setAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに setAttribute() メソッドを使用してください。
 GetAttributeNodeNSWarning	= getAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに getAttributeNS() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeNSWarning	= setAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 RemoveAttributeNodeWarning	= removeAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに removeAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeWarning		= document.createAttribute() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeNSWarning	= document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 # (^m^) "attributes' specified attribute" 属性に指定されたプロパティ
 SpecifiedWarning		= 属性に指定されたプロパティの使用は推奨されません。常に true を返します。
 OwnerElementWarning		= 属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
-NodeNameWarning			= 属性の nodeName プロパティの使用は推奨されません。代わりに name プロパティを使用してください。
 NodeValueWarning		= 属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-NodeTypeWarning			= 属性の nodeType プロパティの使用は推奨されません。常に 2 を返します。
-ParentNodeWarning		= 属性の parentNode プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
-ChildNodesWarning		= 属性の childNodes プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
-HasChildNodesWarning		= 属性の hasChildNodes() メソッドの使用は推奨されません。常に false を返します。
-HasAttributesWarning		= 属性の hasAttributes() メソッドの使用は推奨されません。常に false を返します。
-FirstChildWarning		= 属性の firstChild プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-LastChildWarning		= 属性の lastChild プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-PreviousSiblingWarning		= 属性の previousSibling プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
-NextSiblingWarning		= 属性の nextSibling プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
-AttributesWarning		= 属性の attributes プロパティの使用は推奨されません。常に null を返します。
-InsertBeforeWarning		= 属性の insertBefore() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-ReplaceChildWarning		= 属性の replaceChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-RemoveChildWarning		= 属性の removeChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-AppendChildWarning		= 属性の appendChild() メソッドの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
-CloneNodeWarning		= 属性の cloneNode() メソッドの使用は推奨されません。
-OwnerDocumentWarning		= 属性の ownerDocument プロパティの使用は推奨されません。
-NormalizeWarning		= 属性の normalize() メソッドの使用は推奨されません。
-IsSupportedWarning		= 属性の isSupported() メソッドの使用は推奨されません。
-IsEqualNodeWarning		= 属性の isEqualNode() メソッドの使用は推奨されません。
 TextContentWarning		= 属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 EnablePrivilegeWarning		= enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
 PositionWarning			= XMLHttpRequest の progress イベントの position 属性の使用は推奨されません。
 TotalSizeWarning		= XMLHttpRequest の progress イベントの totalSize 属性の使用は推奨されません。
 nsIJSONDecodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.decode は推奨されません。代わりに JSON.parse を使用してください。
 nsIJSONEncodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.encode は推奨されません。代わりに JSON.stringify を使用してください。
 nsIDOMWindowInternalWarning	= nsIDOMWindowInternal の使用は推奨されません。代わりに nsIDOMWindow を使用してください。
 InputEncodingWarning		= inputEncoding の使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MozBeforePaint" and "mozRequestAnimationFrame"
 MozBeforePaintWarning		= MozBeforePaint イベントはサポートされなくなりました。mozRequestAnimationFrame のコールバック引数に null を渡すことはできません。
 FullScreenDeniedBlocked		= ユーザ設定によりこのドメインの全画面表示がブロックされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 # (^m^) FullScreenDenied* は Bug 687687, 704039, 706672 参照。
 FullScreenDeniedDisabled	= ユーザ設定により FullScreen API が無効化されているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedFocusedPlugin	= ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedHidden		= document が不可視になったため、全画面表示の要求が拒否されました。
-FullScreenDeniedIframeDisallowed	= "mozallowfullscreen" 属性を持たない iframe を含む document があるため、全画面表示の要求が拒否されました。
+FullScreenDeniedIframeNotAllowed	= "allowfullscreen" 属性を持たない iframe を含む document があるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInputDriven	= 短時間実行されるユーザ生成のイベントハンドラの内部から Element.mozRequestFullScreen() メソッドが呼び出されなかったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInDocument	= 要求元の要素が document 内に存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedMovedDocument	= 要求元の要素が document を移動したため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedLostWindow	= ウィンドウが存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedSubDocFullScreen	= 要求元の document のサブドキュメントがすでに全画面表示であるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotDescendant	= 要求元の要素が現在の FullScreen 要素の子孫でないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotFocusedTab	= 要求元の要素が現在のフォーカスされたタブでないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 RemovedFullScreenElement	= FullScreen 要素が document から削除されたため、全画面表示を解除しました。
@@ -136,8 +116,10 @@ DOMExceptionCodeWarning	= DOMException の code 属性の使用は推奨されません。代わりに name 属性を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "__exposedProps__"
 NoExposedPropsWarning	= chrome JS オブジェクトを __exposedProps__ を含めずに開示することは安全でないため推奨されません。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XPConnect_wrappers を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Mutation Event" and "MutationObserver"
 MutationEventWarning	= Mutation Event の使用は推奨されません。代わりに MutationObserver を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Blob", "mozSlice", or "slice"
 MozSliceWarning		= Blob オブジェクト上の mozSlice の使用は推奨されません。代わりに slice を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Components"
 ComponentsWarning	= Components オブジェクトは推奨されません。間もなく削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozHidden", "mozVisibilityState", "hidden", or "visibilityState"
+PrefixedVisibilityApiWarning	= 'mozHidden' と 'mozVisibilityState' は推奨されません。代わりに接頭辞なしの 'hidden' と 'visibilityState' を使用してください。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -10,17 +10,16 @@ EncLateMetaFrame		= フレーム内の HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。フレームなしで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 # (^^; 直訳したけど原文コピペミスしてる?
 EncLateMeta				= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaReload		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つからなかったため、ページが再読み込みされました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaTooLate		= ドキュメントの文字エンコーディング宣言が見つかりましたが、ファイル冒頭でなかったため無視されました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncMetaUnsupported		= HTML ドキュメントの meta タグにサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncProtocolUnsupported	= 転送プロトコル中でサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncBomlessUtf16			= バイトオーダーマークも転送プロトコルレベルの文字エンコーディング宣言もなく、UTF-16 でエンコードされているが基本的なラテン文字だけのテキストが検出されました。このコンテンツを UTF-16 でエンコーディングするのは非効率的ですし、文字エンコーディングは常に宣言すべきです。
 EncMetaUtf16			= meta タグで UTF-16 文字エンコーディングを宣言していますが、UTF-8 宣言として解釈されます。
-EncMetaNonRoughSuperset	= US-ASCII など基本的なラテン文字の範囲以外を利用する文字エンコーディングが meta タグで宣言されています。この宣言は無視されます。
 
 # The bulk of the messages below are derived from 
 # http://hg.mozilla.org/projects/htmlparser/file/1f633cef7de7/src/nu/validator/htmlparser/impl/ErrorReportingTokenizer.java
 # which is available under the MIT license.
 
 # Tokenizer errors
 errGarbageAfterLtSlash		= "</" の後にゴミが含まれています。
 errLtSlashGt				= "</>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、終了タグのタイプミスの可能性があります。
--- a/security/manager/chrome/pipnss/security.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/security.properties
@@ -1,21 +1,10 @@
 #
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Title					= セキュリティ警告
-MixedContentMessage			= 要求したページは暗号化されていますが、暗号化されていない項目を含んでいます。あなたがこのページで表示や入力する情報は第三者が簡単に傍受できます。
-LeaveSecureMessage			= 暗号化されたページから去ろうとしています。今後送受信する情報は第三者が簡単に傍受できます。
-EnterSecureMessage			= 暗号化されたページを要求しています。このサイトの認証情報は正しく検証されており、あなたがこのページで表示や入力する情報は第三者が簡単に傍受できません。
-WeakSecureMessage			= 強度の低い暗号化を使用するページを要求しています。このサイトの識別情報は正しく検証されていますが、あなたがこのページで表示や入力する情報は第三者に傍受される可能性があります。
 PostToInsecureFromSecureMessage		= このページは暗号化されていますが、あなたがこのページで入力する情報は暗号化されていない接続を通して送られようとしており、第三者が簡単に傍受できます。 ## 本当にこの情報の送信を続けてもよろしいですか? ##
-PostToInsecureFromInsecureMessage	= あなたが入力した情報は暗号化されていない接続を通して送信されようとしており、第三者が簡単に傍受できます。 ## 本当にこの情報の送信を続けてもよろしいですか? ##
-# browser/chrome/browser/preferences/securityWarnings.dtd と表現統一
-MixedContentShowAgain			= 暗号化されていない情報を含む暗号化ページを表示するときには毎回警告する
-LeaveSecureShowAgain			= 暗号化されているページから暗号化されていないページに移るときには毎回警告する
-EnterSecureShowAgain			= 暗号化されているページを表示するときには毎回警告する
-WeakSecureShowAgain			= 強度の低い暗号化を使用しているページを表示するときには毎回警告する
-PostToInsecureFromInsecureShowAgain	= 暗号化されていない情報を送信しようとしたときには毎回警告する
 SecurityButtonTooltipText		= 現在のページのセキュリティ情報を表示する
 SecurityButtonMixedContentTooltipText	= 警告: 安全性が確認できない項目が含まれています
 Continue				= 続ける