sync dom and security with en-US rev68069:f69cb6bf0f51
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 03 May 2011 18:19:04 +0900
changeset 131 0d436876d542788958fcbf7e964291162ceac855
parent 130 8efc4c8dede7d42bb135e6ba2aeac8311d737de9
child 132 0031af547dd327c775b05d56cdc60d73a04ed794
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
sync dom and security with en-US rev68069:f69cb6bf0f51
dom/chrome/appstrings.properties
dom/chrome/charsetTitles.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/layout/xbl.properties
dom/chrome/netError.dtd
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
--- a/dom/chrome/appstrings.properties
+++ b/dom/chrome/appstrings.properties
@@ -61,8 +61,9 @@ externalProtocolTitle	= 外部プロトコルの要求
 externalProtocolPrompt	= %1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のプログラムが必要です。\n\n\n次の URL の読み込みが要求されています。\n\n%2$S\n\nプログラム: %3$S\n\n\nこの URL の読み込みが意図していないものである場合、外部プログラムの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。\n
 #LOCALIZATION NOTE (externalProtocolUnknown): The following string is shown if the application name can't be determined
 externalProtocolUnknown	= <不明>
 externalProtocolChkMsg	= 今後このプロトコルのリンクを同様に処理する。
 externalProtocolLaunchBtn= プログラムを起動
 malwareBlocked		= %S の Web サイトは攻撃サイトであると報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされました。
 phishingBlocked		= %S の Web サイトは利用者の個人情報やクレジットカード番号などを盗み取る目的で作られた、偽装サイト(フィッシング詐欺サイト)であると報告されています。
 cspFrameAncestorBlocked	= このページには、セキュリティポリシーによりページへの埋め込みが禁止されたコンテンツが含まれています。
+remoteXUL		= このページは、既定では利用できなくなった未対応の技術が使用されています。
--- a/dom/chrome/charsetTitles.properties
+++ b/dom/chrome/charsetTitles.properties
@@ -57,30 +57,27 @@ x-mac-icelandic.title	= アイスランド語 (MacIcelandic)
 iso-2022-jp.title	= 日本語 (ISO-2022-JP)
 shift_jis.title		= 日本語 (Shift_JIS)
 euc-jp.title		= 日本語 (EUC-JP)
 big5.title		= 繁体字中国語 (Big5)
 big5-hkscs.title	= 繁体字中国語 (Big5-HKSCS)
 x-euc-tw.title		= 繁体字中国語 (EUC-TW)
 gb2312.title		= 簡体字中国語 (GB2312)
 hz-gb-2312.title	= 簡体字中国語 (HZ)
-x-gbk.title		= 簡体字中国語 (GBK)
+gbk.title		= 簡体字中国語 (GBK)
 iso-2022-cn.title	= 簡体字中国語 (ISO-2022-CN)
 euc-kr.title		= 韓国語 (EUC-KR)
 x-johab.title		= 韓国語 (JOHAB)
 x-windows-949.title	= 韓国語 (UHC)
 iso-2022-kr.title	= 韓国語 (ISO-2022-KR)
 utf-7.title		= Unicode (UTF-7)
 utf-8.title		= Unicode (UTF-8)
 utf-16.title		= Unicode (UTF-16)
 utf-16le.title		= Unicode (UTF-16LE)
 utf-16be.title		= Unicode (UTF-16BE)
-utf-32.title		= Unicode (UTF-32)
-utf-32le.title		= Unicode (UTF-32LE)
-utf-32be.title		= Unicode (UTF-32BE)
 iso-8859-5.title	= キリル文字 (ISO-8859-5)
 iso-ir-111.title	= キリル文字 (ISO-IR-111)
 windows-1251.title	= キリル文字 (Windows-1251)
 x-mac-cyrillic.title	= キリル文字 (MacCyrillic)
 x-mac-ukrainian.title	= キリル文字/ウクライナ語 (MacUkrainian)
 koi8-r.title		= キリル文字 (KOI8-R)
 koi8-u.title		= キリル文字/ウクライナ語 (KOI8-U)
 iso-8859-7.title	= ギリシャ語 (ISO-8859-7)
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -63,19 +63,23 @@ PEImportNotURI			= @import ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEImportBadURI			= @import ルール中の URI が不正です: '%1$S'
 PEImportUnexpected		= @import ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
 PEGroupRuleEOF			= @media ルールまたは @-moz-document ルールの終わり
 PEMozDocRuleBadFunc		= @-moz-document ルール中の url(), url-prefix(), domain() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
 PEMozDocRuleNotURI		= @-moz-document ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEAtNSPrefixEOF			= @namespace ルールの接頭辞
 PEAtNSURIEOF			= @namespace ルールの名前空間 URI
 PEAtNSUnexpected		= @namespace ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEKeyframeNameEOF		= @keyframes ルールの名前。
+PEKeyframeBadName		= @keyframes ルール名の識別子がありません。
+PEKeyframeBrace			= @keyframes ルールを開く '{' がありません。
 PESkipDeclBraceEOF		= 宣言ブロックを閉じる '}'\ 
 PESkipRSBraceEOF		= 不正なルールセットを閉じる '}'\ 
 PEBadSelectorRSIgnored		= セレクタが不正であるため、ルールセットは無視されました。
+PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored= 識別子が不正であるため、ルールセットは無視されました。
 PESelectorListExtraEOF		= ',' または '{'\ 
 PESelectorListExtra		= ',' または '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PESelectorGroupNoSelector	= 正しいセレクタではありません。
 PESelectorGroupExtraCombinator	= セレクタ結合子が連続しています。
 # (^^; foo > + bar とかいった状況だと思う http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSParser.cpp#1926
 PEClassSelEOF			= クラス名
 PEClassSelNotIdent		= クラスセレクタの識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PETypeSelEOF			= 要素名
--- a/dom/chrome/layout/xbl.properties
+++ b/dom/chrome/layout/xbl.properties
@@ -14,16 +14,17 @@
 # The Original Code is xbl.properties.
 #
 # The Initial Developer of the Original Code is Boris Zbarsky
 # <bzbarsky@mit.edu>.  Portions created by the Initial Developer are Copyright
 # (C) 2003.  All Rights Reserved.
 #
 # Contributor(s):
 #     dynamis
+#     Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
 #
 # Alternatively, the contents of this file may be used under the terms of
 # either the GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL"), or
 # the GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL"),
 # in which case the provisions of the GPL or the LGPL are applicable instead
 # of those above. If you wish to allow use of your version of this file only
 # under the terms of either the GPL or the LGPL, and not to allow others to
 # use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
@@ -34,13 +35,14 @@
 #
 # ***** END LICENSE BLOCK *****
 
 UnexpectedElement	= <%1$S> 要素の位置が不正です。
 # LOCALIZATION NOTE: do not localize key="%S" modifiers="%S"
 GTK2Conflict		= このキーイベントは GTK2 では使用できません: key="%S" modifiers="%S"
 WinConflict		= このキーイベントは一部のキーボードレイアウトでは使用できません: key="%S" modifiers="%S"
 TooDeepBindingRecursion	= 祖先の要素に対して使われている XBL バインディング "%S" が多すぎます。無限ループを防ぐため、このバインディングは適用しません。
-CircularExtendsBinding	= XBL バインディング "%S" を "%S" で拡張すると再帰的拡張になってしまいます。
+CircularExtendsBinding	= XBL バインディング "%1$S" を "%2$S" で拡張すると再帰的拡張になってしまいます。
 # LOCALIZATION NOTE: do not localize <handler command="...">
-CommandNotInChrome	= <handler command="..."> は Chrome 外では使用できません。
+CommandNotInChrome	= <handler command="..."> は chrome 外では使用できません。
 MalformedXBL		= XBL ファイルの書式が異常です。バインドするタグ上の XBL 名前空間の指定を確認してください。
 InvalidExtendsBinding	= "%S" は拡張できません。一般に、タグ名を拡張することはできません。
+MissingIdAttr		= バインドするタグ上に "id" 属性がありません。
--- a/dom/chrome/netError.dtd
+++ b/dom/chrome/netError.dtd
@@ -76,13 +76,17 @@
 <!ENTITY phishingBlocked.longDesc	"
 <p>このページで個人情報を入力してしまうと、なりすましや詐欺などの被害に遭う恐れがあります。</p>
 <p>この種の偽装サイトはフィッシングと呼ばれる詐欺に使われています。本物のサイトに見せかけた詐欺ページを作り、あなたに信頼させようとしているのです。</p>
 ">
 
 <!ENTITY cspFrameAncestorBlocked.title	"コンテンツセキュリティポリシーによりブロックされました">
 <!ENTITY cspFrameAncestorBlocked.longDesc	"<p>セキュリティポリシーにより読み込みが禁止されたコンテンツが含まれているため、このページの読み込みを中止しました。</p>">
 
+<!ENTITY remoteXUL.title		"リモート XUL">
+<!ENTITY remoteXUL.longDesc		"<p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul></p>">
+
 <!-- Include app-specific error messages - do not change this in localization!
      Some applications might override netErrorApp.dtd with their specific version,
-     this inclusion needs to be intact for that approach to work correctly. -->
+     this inclusion needs to be intact for that approach to work correctly.
+     Please, try to keep this at the end of the file. -->
 <!ENTITY % netErrorAppDTD SYSTEM "chrome://global/locale/netErrorApp.dtd">
 %netErrorAppDTD;
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -133,16 +133,17 @@ CertDumpGivenName			= Given Name
 CertDumpValidity			= Validity
 CertDumpNotBefore			= Not Before
 CertDumpNotAfter			= Not After
 CertDumpSPKI				= Subject Public Key Info
 CertDumpSPKIAlg				= Subject Public Key Algorithm
 CertDumpAlgID				= Algorithm Identifier
 CertDumpParams				= Algorithm Parameters
 CertDumpRSAEncr				= PKCS #1 RSA Encryption
+CertDumpRSAPSSSignature			= PKCS #1 RSASSA-PSS Signature
 CertDumpRSATemplate			= Modulus (%S bits):\n%S\nExponent (%S bits):\n%S
 CertDumpECTemplate			= Key size: %S bits\nBase point order length: %S bits\nPublic value:\n%S
 CertDumpIssuerUniqueID			= Issuer Unique ID
 CertDumpSubjPubKey			= Subject's Public Key
 CertDumpSubjectUniqueID			= Subject Unique ID
 CertDumpExtensions			= Extensions
 CertDumpCertType			= Netscape Certficate Type
 CertDumpNSCertExtBaseUrl		= Netscape Certificate Extension Base URL