22.0: sync dom with en-US rev133599:d98584bb5fe9
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 07 May 2013 19:50:45 +0900
changeset 1065 048585076988079eebc670e2e09456b40d614e26
parent 1064 e3117cee9ed66b02aa4efb7d009011a4811810d0
child 1066 e3f8ba38dc5ecf1415dbc5abf1348ee6b81d0cad
push id1
push usersledru@mozilla.com
push dateThu, 04 Dec 2014 21:57:17 +0000
bugs22
22.0: sync dom with en-US rev133599:d98584bb5fe9
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
dom/chrome/layout/printing.properties
dom/chrome/mathml/mathml.properties
dom/chrome/plugins.properties
dom/chrome/security/caps.properties
dom/chrome/security/csp.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -59,18 +59,16 @@ RemoveAttributeNodeWarning	= removeAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに removeAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeWarning		= document.createAttribute() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeNSWarning	= document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 # (^m^) "attributes' specified attribute" 属性に指定されたプロパティ
 SpecifiedWarning		= 属性に指定されたプロパティの使用は推奨されません。常に true を返します。
 OwnerElementWarning		= 属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
 NodeValueWarning		= 属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 TextContentWarning		= 属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 EnablePrivilegeWarning		= enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
-PositionWarning			= XMLHttpRequest の progress イベントの position 属性の使用は推奨されません。
-TotalSizeWarning		= XMLHttpRequest の progress イベントの totalSize 属性の使用は推奨されません。
 nsIJSONDecodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.decode は推奨されません。代わりに JSON.parse を使用してください。
 nsIJSONEncodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.encode は推奨されません。代わりに JSON.stringify を使用してください。
 nsIDOMWindowInternalWarning	= nsIDOMWindowInternal の使用は推奨されません。代わりに nsIDOMWindow を使用してください。
 InputEncodingWarning		= inputEncoding の使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MozBeforePaint" and "mozRequestAnimationFrame"
 MozBeforePaintWarning		= MozBeforePaint イベントはサポートされなくなりました。mozRequestAnimationFrame のコールバック引数に null を渡すことはできません。
 FullScreenDeniedBlocked		= ユーザ設定によりこのドメインの全画面表示がブロックされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 # (^m^) FullScreenDenied* は Bug 687687, 704039, 706672 参照。
@@ -80,27 +78,29 @@ FullScreenDeniedHidden		= document が不可視になったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedIframeNotAllowed	= "allowfullscreen" 属性を持たない iframe を含む document があるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInputDriven	= 短時間実行されるユーザ生成のイベントハンドラの内部から Element.mozRequestFullScreen() メソッドが呼び出されなかったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInDocument	= 要求元の要素が document 内に存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedMovedDocument	= 要求元の要素が document を移動したため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedLostWindow	= ウィンドウが存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedSubDocFullScreen	= 要求元の document のサブドキュメントがすでに全画面表示であるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotDescendant	= 要求元の要素が現在の FullScreen 要素の子孫でないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotFocusedTab	= 要求元の要素が現在のフォーカスされたタブでないため、全画面表示の要求が拒否されました。
+FullScreenDeniedContentOnly	= 要求元の要素が chrome ドキュメント内にあり、FullScreen API がコンテンツのみに設定されているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 RemovedFullScreenElement	= FullScreen 要素が document から削除されたため、全画面表示を解除しました。
 FocusedWindowedPluginWhileFullScreen	= ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされたため、全画面表示を解除しました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
-HTMLMultipartXHRWarning		= マルチパートレスポンスに対する XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 HTMLSyncXHRWarning		= 同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning	= channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 ReportOnlyCSPIgnored		= レポートのみの CSP ポリシーは、他のレポートのみでない CSP ポリシーが適用されているため無視されます。
 ResponseTypeSyncXHRWarning	= window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 WithCredentialsSyncXHRWarning	= window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の withCredentials プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning		= XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 JSONCharsetWarning		= XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
+MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	= 再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリが不足しています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownContentType	= decodeAudioData へ渡されたバッファに種類不明のコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownError	= decodeAudioData の処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataInvalidContent	= decodeAudioData へ渡されたバッファにデコードできない不正なコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataNoAudio		= decodeAudioData へ渡されたバッファに音声が含まれていません。
@@ -133,8 +133,10 @@ PluginHangUIMessage	= %S プラグインがビジー状態か応答を停止している可能性があります。今すぐプラグインを停止するか処理が完了するまで待機してください。
 PluginHangUIWaitButton	= 待機
 PluginHangUIStopButton	= プラグインを停止
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozHidden", "mozVisibilityState", "hidden", or "visibilityState"
 PrefixedVisibilityApiWarning	= 'mozHidden' と 'mozVisibilityState' は推奨されません。代わりに接頭辞なしの 'hidden' と 'visibilityState' を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Security-Policy", "X-Content-Security-Policy-Report-Only",  "Content-Security-Policy" or "Content-Security-Policy-Report-Only"
 OldCSPHeaderDeprecated	= X-Content-Security-Policy ヘッダと X-Content-Security-Report-Only ヘッダは推奨されなくなります。代わりに CSP 仕様に準拠した構文の Content-Security-Policy ヘッダと Content-Security-Report-Only ヘッダを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Security-Policy" or "Content-Security-Policy"
 BothCSPHeadersPresent	= サイトに X-Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダと Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダの両方が指定されています。X-Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダは無視されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "NodeIterator" or "detach()".
+NodeIteratorDetachWarning	= NodeIterator 上の detach() 関数の呼び出しは無効です。
--- a/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
+++ b/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
@@ -1,20 +1,29 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Reset			= リセット
 Submit			= 送信
 Browse			= 参照...
 FileUpload		= ファイルのアップロード
-MediaUpload		= メディアのアップロード
 # LOCALIZATION NOTE (IsIndexPromptWithSpace): The last character of the string 
 # should be a space (U+0020) in most locales. The prompt is followed by an 
 # input field. The space needs be escaped in the property file to avoid 
 # trimming.
 IsIndexPromptWithSpace	= これは検索可能なインデックスです。検索キーワードを入力してください:\u0020
 ForgotPostWarning	= フォームは enctype=%S が指定されていますが、method=POST が指定されていません。enctype を使用せず method=GET で普通に送信されます。
 ForgotFileEnctypeWarning= フォームはファイル入力がありますが、method=POST と enctype=multipart/form-data が指定されていないので、ファイルは送信されません。
 # LOCALIZATION NOTE (DefaultFormSubject): %S will be replaced with brandShortName
 DefaultFormSubject	= %S から投稿されたフォーム
 CannotEncodeAllUnicode	= %S で送信されたフォームは、Unicode にエンコードできない文字が含まれているため、送信データが壊れている可能性があります。この問題を回避するには、UTF-8 でフォームが送信されるよう、ページ自体のエンコーディングを UTF-8 に変更するか、form 要素の属性に accept-charset=utf-8 を指定してください。
 AllSupportedTypes	= すべてのサポートされた種類
+# LOCALIZATION NOTE (NoFileSelected): this string is shown on a
+# <input type='file'> when there is no file selected yet.
+NoFileSelected		= ファイルが選択されていません。
+# LOCALIZATION NOTE (NoFilesSelected): this string is shown on a
+# <input type='file' multiple> when there is no file selected yet.
+NoFilesSelected		= ファイルが選択されていません。
+# LOCALIZATION NOTE (XFilesSelected): this string is shown on a
+# <input type='file' multiple> when there are more than one selected file.
+# %S will be a number greater or equal to 2.
+XFilesSelected		= %S 個のファイルを選択しました。
--- a/dom/chrome/layout/printing.properties
+++ b/dom/chrome/layout/printing.properties
@@ -1,72 +1,61 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# Page number formating
+# Page number formatting
 ## @page_number The current page number
 #LOCALIZATION NOTE (pageofpages): Do not translate %ld in the following line.
 # Place the word %ld where the page number and number of pages should be
 # The first %ld will receive the the page number
 pagenumber		= %1$d
 
-# Page number formating
+# Page number formatting
 ## @page_number The current page number
 ## @page_total The total number of pages
 #LOCALIZATION NOTE (pageofpages): Do not translate %ld in the following line.
 # Place the word %ld where the page number and number of pages should be
 # The first %ld will receive the the page number
 # the second %ld will receive the total number of pages
 pageofpages		= %1$d / %2$d
 
+noprinter		= 有効なプリンタがありません
+PrintToFile		= ファイルへ印刷する
 noPrintFilename.title	= ファイル名がありません
-noPrintFilename.alert	= "出力先: ファイル" が選択されていますが、ファイル名が指定されていません。
-
-# File confirm
+noPrintFilename.alert	= [ファイルへ出力] が選択されていますが、ファイル名が指定されていません。
 fileConfirm.exists	= %S はすでに存在します。\n上書きしますか?
+print_error_dialog_title	= 印刷エラー
+printpreview_error_dialog_title	= 印刷プレビューエラー
 
-# Print error codes
-print_error_dialog_title			= 印刷エラー
-printpreview_error_dialog_title			= 印刷プレビューエラー
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_CMD_NOT_FOUND		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタは印刷コマンドをサポートしていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_CMD_FAILURE		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタに送られたコマンドが正しく実行できませんでした。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE	= 印刷中に問題が発生しました。使用可能なプリンタが見つかりません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタ名が見つかりません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_ACCESS_DENIED		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタへのアクセスが拒否されました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_INVALID_ATTRIBUTE		= 印刷中に問題が発生しました。無効なプリンタ属性が設定されています。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PRINTER_NOT_READY		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタが準備中です。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_OUT_OF_PAPER		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタが用紙切れです。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PRINTER_IO_ERROR		= 印刷中に問題が発生しました。プリンタ I/O のエラーです。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE	= 印刷中に問題が発生しました。出力先ファイルを開けません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_FILE_IO_ERROR		= 印刷出力ファイルの書き込み中にエラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PRINTPREVIEW		= 印刷プレビューを表示するには利用可能なプリンタがなければなりません。
-NS_ERROR_UNEXPECTED				= 印刷中に予期せぬ問題が発生しました。
-NS_ERROR_OUT_OF_MEMORY				= 印刷中に問題が発生しました。印刷に必要な空きメモリが足りません。
-NS_ERROR_NOT_IMPLEMENTED			= いくつかの印刷機能はまだ実装されていません。
-NS_ERROR_NOT_AVAILABLE				= 利用できません。
-NS_ERROR_ABORT					= 印刷ジョブが中断またはキャンセルされました。
-NS_ERROR_FAILURE				= 印刷中に不明なエラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_STARTDOC			= 印刷中にドキュメント開始処理エラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_ENDDOC			= 印刷中にドキュメント終了処理エラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_STARTPAGE			= 印刷中にページ開始処理エラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_ENDPAGE			= 印刷中にページ終了処理エラーが発生しました。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PRINT_WHILE_PREVIEW	= 印刷プレビュー中には、印刷できません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PAPER_SIZE_NOT_SUPPORTED	= 印刷中に問題が発生しました。指定した用紙サイズをプリンタがサポートしていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_ORIENTATION_NOT_SUPPORTED	= 印刷中に問題が発生しました。指定した用紙方向をプリンタがサポートしていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_COLORSPACE_NOT_SUPPORTED	= 印刷中に問題が発生しました。カラー印刷をプリンタがサポートしていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_TOO_MANY_COPIES		= 印刷中に問題が発生しました。指定部数が多すぎます。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_DRIVER_CONFIGURATION_ERROR	= 印刷中に問題が発生しました。プリンタドライバが適切に設定されていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP		= まだ印刷プレビューを実行できません。\nしばらく待ってページの読み込みが完了してから再度試してください。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_DOC_WAS_DESTORYED		= このページは印刷中に置き換えられました。\nもう一度試してください。
-NS_ERROR_GFX_NO_PRINTDIALOG_IN_TOOLKIT		= 差込可能ダイアログが正しくインストールされていないか\nこの GFX ツールキットはネイティブプリントダイアログをサポートしていません
-NS_ERROR_GFX_NO_PRINTROMPTSERVICE		= プリンティングプロンプトサービスが見つかりません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_NO_XUL			= このページは印刷や印刷プレビューできません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_PLEX_NOT_SUPPORTED		= 印刷中に問題が発生しました。指定されたプレックスモードをプリンタがサポートしていません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY		= ドキュメントを読み込み中はブラウザは印刷することができません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTING_NOT_IMPLEMENTED		= 印刷機能は実装されていません。
-NS_ERROR_GFX_COULD_NOT_LOAD_PRINT_MODULE	= 要求された印刷モジュールは読み込むことができません。
-NS_ERROR_GFX_PRINTER_RESOLUTION_NOT_SUPPORTED	= 印刷中に問題が発生しました。指定の解像度または品質をプリンタがサポートしていません。
+# Printing error messages.
+#LOCALIZATION NOTE: Some of these messages come in pairs, one
+# for printing and one for print previewing.  You can remove that
+# distinction in your language by removing the entity with the _PP
+# suffix; then the entity without a suffix will be used for both.
+# You can also add that distinction to any of the messages that don't
+# already have it by adding a new entity with a _PP suffix.
+#
+# For instance, if you delete PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP, then
+# the PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY message will be used for that error
+# condition when print previewing as well as when printing.  If you
+# add PERR_FAILURE_PP, then PERR_FAILURE will only be used when
+# printing, and PERR_FAILURE_PP will be used under the same conditions
+# when print previewing.
+#
+PERR_FAILURE			= 印刷中にエラーが発生しました。
 
-# No printers available
-noprinter	= 有効なプリンタがありません
-PrintToFile	= ファイルへ印刷する
-# EOF.
+PERR_ABORT			= 印刷ジョブが中断またはキャンセルされました。
+PERR_NOT_AVAILABLE		= 一部の印刷機能は現在利用できません。
+PERR_NOT_IMPLEMENTED		= いくつかの印刷機能はまだ実装されていません。
+PERR_OUT_OF_MEMORY		= 印刷に必要なメモリが不足しています。
+PERR_UNEXPECTED			= 印刷中に予期せぬ問題が発生しました。
+
+PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE		= 使用可能なプリンタが見つかりません。
+PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE_PP	= 使用可能なプリンタが見つからないため印刷プレビューを表示できません。
+PERR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND			= 選択されたプリンタが見つかりません。
+PERR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE		= 印刷の出力先ファイルを開けません。
+PERR_GFX_PRINTER_STARTDOC			= 印刷ジョブの開始処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_ENDDOC				= 印刷ジョブの終了処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_STARTPAGE			= 新しいページの印刷開始処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY			= ドキュメントが読み込み中のため印刷できません。
+PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP			= ドキュメントが読み込み中のため印刷プレビューを実行できません。
+PERR_GFX_PRINTER_NO_XUL				= XUL ドキュメントの印刷はサポートされていません。
--- a/dom/chrome/mathml/mathml.properties
+++ b/dom/chrome/mathml/mathml.properties
@@ -1,15 +1,16 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 ChildCountIncorrect	=不正なマークアップ: <%1$S/> タグの子要素の数が正しくありません。
 DuplicateMprescripts	=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に <mprescripts/> を複数置くことはできません。
-NoSubSup		=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に少なくとも 1 組の subscript/superscript を置いてください。
+# LOCALIZATION NOTE:  The first child of <mmultiscript/> is the base, that is the element to which scripts are attached.
+NoBase			=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に Base 要素を 1 個置いてください。
 SubSupMismatch		=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内の subscript/superscript の組が不完全です。
 
 # LOCALIZATION NOTE:  When localizing the single quotes ('), follow the conventions in css.properties for your target locale.
 AttributeParsingError		=<%3$S/> タグの '%2$S' 属性の値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
 AttributeParsingErrorNoTag	='%2$S' 属性の値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
 LengthParsingError		=MathML 属性値 '%1$S' を長さとしてパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
 DeprecatedSupersededBy		='%1$S' の使用は MathML 3 で推奨されません。代わりに '%2$S' を使用してください。
 UnitlessValuesAreDeprecated	=単位無しの値の使用は MathML 3 で推奨されません。
--- a/dom/chrome/plugins.properties
+++ b/dom/chrome/plugins.properties
@@ -5,17 +5,16 @@
 # LOCALIZATION NOTE (plugins.properties):
 #    Those strings are inserted into an HTML page, so you all HTML characters
 #    have to be escaped in a way that they show up correctly in HTML!
 
 # (^^; about:plugins ページ
 title_label			= プラグインについて
 enabledplugins_label		= 有効なプラグイン
 nopluginsareenabled_label	= 有効なプラグインが見つかりませんでした
-findmore_label			= 他のプラグインについて:
 findpluginupdates_label		= インストールされているプラグインの更新確認:
-installhelp_label		= プラグインのインストールについてのヘルプ:
 file_label			= ファイル:
+path_label			= パス:
 version_label			= バージョン:
 state_label			= 状態:
 mimetype_label			= MIME タイプ
 description_label		= ファイルの種類
 suffixes_label			= 拡張子
--- a/dom/chrome/security/caps.properties
+++ b/dom/chrome/security/caps.properties
@@ -1,24 +1,17 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
-
-# (^^; *Denied* については本体のバグで文字化けするようなので、英語で残す (bug jp 4687)
-
-Yes			= 許可
-No			= 不許可
-Titleline		= インターネットセキュリティ
 CheckMessage		= 今後も同様に処理する
-EnableCapabilityQuery	= "%S" のスクリプトが次の特権を求めています:\n\n%S\n\n特権は危険であり、許可するとウイルスに感染したりコンピュータやデータを破壊されたりする恐れがあります。このサイトを信頼できる場合にのみ特権を許可してください。特権を許可しますか? 
-# EnableCapabilityDenied	= "%S" のスクリプトの求める %S 特権が許可されませんでした。
-EnableCapabilityDenied	= A script from "%S" was denied %S privileges.
 # (^^; 特権名はプログラム中のコードから... http://lxr.mozilla.org/aviarybranch/source/caps/src/nsScriptSecurityManager.cpp#2293
 CheckLoadURIError	= セキュリティエラー: %S のコンテンツが %S を読み込みまたはリンクすることは禁止されています。
 CheckSameOriginError	= セキュリティエラー: %S のコンテンツが %S からデータを読み取ることは禁止されています。
+
+# (^^; *Denied* については本体のバグで文字化けするようなので、英語で残す (bug jp 4687)
 # GetPropertyDenied	= %S.%S プロパティの読み取り権限がありません。
 # SetPropertyDenied	= %S.%S プロパティの書き込み権限がありません。
 # CallMethodDenied	= %S.%S メソッドの呼び出し権限がありません。
 # CreateWrapperDenied	= %S クラスのオブジェクトのラッパー作成権限がありません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (GetPropertyDeniedOrigins):
 # %1$S is the origin of the script which was denied access.
 # %2$S is the type of object it was.
@@ -118,14 +111,9 @@ CallMethodDeniedOriginsObjectDomain		= P
 #      don't translate "document.domain".
 CallMethodDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain= Permission denied for <%1$S> (document.domain=<%5$S>) to call method %2$S.%3$S on <%4$S> (document.domain=<%6$S>).
 
 GetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	= Permission denied for <%S> to get property %S.%S
 SetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	= Permission denied for <%S> to set property %S.%S
 CallMethodDeniedOriginsOnlySubject	= Permission denied for <%S> to call method %S.%S
 CreateWrapperDenied			= Permission denied to create wrapper for object of class %S
 CreateWrapperDeniedForOrigin 		= Permission denied for <%2$S> to create wrapper for object of class %1$S
-ExtensionCapability	= 不明な権限: %S
 ProtocolFlagError	= 警告: '%S' のプロトコルハンドラにはセキュリティポリシーがありません。今のところ許可されていますが、このプロトコルの読み込みは推奨されません。詳しくは nsIProtocolHandler.idl に書かれている説明をご覧ください。
-#
-# The following descriptions are shown in the EnableCapabilityQuery dialog
-#
-capdesc.UniversalXPConnect		= ソフトウェアを実行あるいはインストールする権限
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -41,18 +41,20 @@ notSamePort			= can't use report URI wit
 pageCannotSendReportsTo		= page on %1$S cannot send reports to %2$S
 allowOrDefaultSrcRequired	= 'allow' or 'default-src' directive required but not present.  Reverting to "default-src 'none'"
 # LOCALIZATION NOTE (failedToParseUnrecognizedSource):
 # %1$S is the CSP Source that could not be parsed
 failedToParseUnrecognizedSource	= Failed to parse unrecognized source %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (reportPostRedirect):
 # %1$S is the specified report URI before redirect
 reportPostRedirect		= Post of violation report to %1$S failed, as a redirect occurred
-# LOCALIZATION NOTE (allowDirectiveDeprecated):
-allowDirectiveDeprecated	= allow directive is deprecated, use the equivalent default-source directive instead
+# LOCALIZATION NOTE (allowDirectiveIsDeprecated):
+# Don't translate "allow" and "default-src" as they are keywords and part of
+# the CSP protocol syntax.
+allowDirectiveIsDeprecated	= allow directive is deprecated, use the equivalent default-src directive instead
 
 # CSP Errors:
 policyURINotAlone		= policy-uri directive can only appear alone
 noParentRequest = The policy-uri cannot be fetched without a parent request and a CSP.
 # LOCALIZATION NOTE (policyURIParseError):
 # %1$S is the URI that could not be parsed
 policyURIParseError		= could not parse URI in policy URI: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (nonMatchingHost):