mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
author dynamis <dynamis@mozilla-japan.org>
Mon, 16 Aug 2010 22:12:14 +0900
changeset 46 20286b715e4e51c497d9e0607ff97bf66682f5b8
parent 3 cf5d789f75ea533ee60d9094885dc916292a6154
child 798 6e4ec639f5294a890082d49a41a5e24268848988
permissions -rw-r--r--
partial sync with en-US rev50644:db5153579167 for Firefox 4 beta 4 (contributed by hATrayflood, akioka, kato, ksakai, mactkg, nakajima, shibata) and some trivial merge/updates

# ***** BEGIN LICENSE BLOCK *****
# Version: MPL 1.1/GPL 2.0/LGPL 2.1
#
# The contents of this file are subject to the Mozilla Public License Version
# 1.1 (the "License"); you may not use this file except in compliance with
# the License. You may obtain a copy of the License at
# http://www.mozilla.org/MPL/
#
# Software distributed under the License is distributed on an "AS IS" basis,
# WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, either express or implied. See the License
# for the specific language governing rights and limitations under the
# License.
#
# The Original Code is the mozilla.org autocomplete code.
#
# The Initial Developer of the Original Code is
# Netscape Communications Corporation.
# Portions created by the Initial Developer are Copyright (C) 2001
# the Initial Developer. All Rights Reserved.
#
# Contributor(s):
#   Dan Mosedale <dmose@netscape.com>
#   Robin Foster-Clark <robinf@netscape.com>
#
# Alternatively, the contents of this file may be used under the terms of
# either the GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL"), or
# the GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL"),
# in which case the provisions of the GPL or the LGPL are applicable instead
# of those above. If you wish to allow use of your version of this file only
# under the terms of either the GPL or the LGPL, and not to allow others to
# use your version of this file under the terms of the MPL, indicate your
# decision by deleting the provisions above and replace them with the notice
# and other provisions required by the GPL or the LGPL. If you do not delete
# the provisions above, a recipient may use your version of this file under
# the terms of any one of the MPL, the GPL or the LGPL.
#
# ***** END LICENSE BLOCK *****

# These are error strings for problems that happen while in the
# various states declared in nsILDAPAutoCompFormatter.idl.  Note that
# the number that indexes each error state is the same as the number 
# corresponding to that state in nsILDAPAutoCompFormatter.idl.

## @name ERR_STATE_UNBOUND
## @loc none
0	= LDAP の初期化時に問題が発生しました

## @name ERR_STATE_INITIALIZING
## @loc none
1	= LDAP サーバへの接続に失敗しました

## @name ERR_STATE_BINDING
## @loc none
2	= LDAP サーバへの接続に失敗しました

## @name ERR_STATE_BOUND
## @loc none
3	= LDAP サーバとの通信時に問題が発生しました

## @name ERR_STATE_SEARCHING
## @loc none
4	= LDAP サーバでの検索時に問題が発生しました


# The format of the alert dialog itself
#
## @name ALERT_FORMAT
## @loc None of %1$S, %2$S and %3$S should be localized. 
##      %1$S is the error code itself, %2$S is an LDAP SDK error message from
##      chrome://mozldap/locale/ldap.properties, and %3$S is a hint relating
##      to that specific error, found in this file.
errorAlertFormat	= エラーコード %1$S: %2$S\n\n %3$S

## The following errors are for error codes other than LDAP-specific ones.
## Someday mozilla will actually have a system for mapping nsresults to
## error strings that's actually widely used, unlike nsIErrorService.  But
## until it does, these strings live here...

## @name HOST_NOT_FOUND
## @loc none
5000	= ホストが見つかりません

## @name GENERIC_ERROR
## @loc none
9999	= 不明なエラー


# Hints to for the user, associated with specific error codes (ie error code
# + 10000)


## @name TIMELIMIT_EXCEEDED_HINT
## @loc none
10003	= 後でもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。

## @name STRONGAUTH_REQUIRED_HINT
## @loc none
10008	= 強力な認証は現在サポートされていません。


# (^^; どう考えても Mozila Suite 限定の説明文であり、Thunderbird ではこんな説明はない方がまし...


## @name INVALID_SYNTAX_HINT
## @loc none
10021	= 検索フィルタが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在の検索フィルタ設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルタが表示されます。

## @name NO_SUCH_OBJECT_HINT
## @loc none
10032	= ベース識別名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のベース識別名設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックするとベース識別名が表示されます。

## @name BUSY_HINT
## @loc none
10051	= 後でもう一度試してください。

## @name SERVER_DOWN_HINT
## @loc none
10081	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
## @name TIMEOUT_HINT
## @loc none
10085	= 後でもう一度試してください。

## @name FILTER_ERROR_HINT
## @loc none
10087	= 検索フィルタが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルタが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルタが表示されます。

## @name NO_MEMORY_HINT
## @loc none
10090	= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリを解放してからやり直してください。

## @name CONNECT_ERROR_HINT
## @loc none
10091	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。

## @name HOST_NOT_FOUND_HINT
## @loc none
15000	= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。

## @name GENERIC_HINT
## @loc none
19999	= システム管理者に問い合わせてください。