36.0: sync security with en-US rev234288:993c07956f3d FIREFOX_36_0b10_BUILD1 FIREFOX_36_0b10_RELEASE FIREFOX_36_0b1_BUILD1 FIREFOX_36_0b1_BUILD2 FIREFOX_36_0b1_RELEASE FIREFOX_36_0b2_BUILD1 FIREFOX_36_0b2_RELEASE FIREFOX_36_0b3_BUILD1 FIREFOX_36_0b3_RELEASE FIREFOX_36_0b4_BUILD1 FIREFOX_36_0b4_RELEASE FIREFOX_36_0b5_BUILD1 FIREFOX_36_0b5_RELEASE FIREFOX_36_0b6_BUILD1 FIREFOX_36_0b6_RELEASE FIREFOX_36_0b7_BUILD1 FIREFOX_36_0b7_RELEASE FIREFOX_36_0b8_BUILD1 FIREFOX_36_0b8_RELEASE FIREFOX_36_0b9_BUILD1 FIREFOX_36_0b9_RELEASE FIREFOX_37_0b1_BUILD1 FIREFOX_37_0b1_RELEASE FIREFOX_37_0b2_BUILD1 FIREFOX_37_0b2_RELEASE FIREFOX_37_0b3_BUILD1 FIREFOX_37_0b3_RELEASE THUNDERBIRD_36_0b1_BUILD1 THUNDERBIRD_36_0b1_BUILD2 THUNDERBIRD_36_0b1_RELEASE
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Mon, 05 Jan 2015 00:41:26 +0900
changeset 1648 fd9276ab8b896648e0d21957391693058498066c
parent 1647 2928ba3f62600e87258379bed2f7968b66f02ba2
child 1649 d4779d1c8435a6d4940aa5114aba70fa7ce189cd
child 1652 07ec11ac69ff4eea645f7df32ae471217a84c5fe
child 1653 2d72a53a8924e5d3074a743c9c2967577412a20a
child 1655 6119574e5edb98ea8a7eaba340cb72f5dc5b668d
child 1656 571aaee615f8b4fe89f62d1654907d11c2e0df59
child 1658 3a1c731fbb8e70e985599fa26493f4a0d9629715
child 1659 b9bfd76d1b73c3da5f3880389606ff982636b50b
child 1661 030963da624cadea715a00ea8df08b8b473d0c01
child 1662 cbec020bfc04f03c795d56d050b9926b471a9a55
child 1663 fa75e8d1772b3f58aab8c722289d719b937f8788
child 1665 01ed4610d866031ed5b600ff12febaff12570e19
child 1667 30b2365723e9836151b06e44ab147f14eb69f6af
child 1668 417cfdb09a151d58a261a1dac4223e4379c6f4f7
child 1672 e9356e373604833e5daad833f7369401862d5f36
child 1680 94c2141ed6033f1888e8d651de92b1c9b43b3003
child 1685 363fe60fbbc80bb6510d1be514a9fc6a19c50d85
child 1686 ac19774c49853a773806527fb5029fd1f114640c
push id843
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 12 Jan 2015 20:23:47 +0000
bugs36
36.0: sync security with en-US rev234288:993c07956f3d
security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
@@ -310,8 +310,9 @@ SEC_ERROR_CRL_IMPORT_FAILED=Error attemp
 SEC_ERROR_EXPIRED_PASSWORD=The password expired.
 SEC_ERROR_LOCKED_PASSWORD=The password is locked.
 SEC_ERROR_UNKNOWN_PKCS11_ERROR=Unknown PKCS #11 error.
 SEC_ERROR_BAD_CRL_DP_URL=Invalid or unsupported URL in CRL distribution point name.
 SEC_ERROR_CERT_SIGNATURE_ALGORITHM_DISABLED=The certificate was signed using a signature algorithm that is disabled because it is not secure.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_KEY_PINNING_FAILURE=The server uses key pinning (HPKP) but no trusted certificate chain could be constructed that matches the pinset. Key pinning violations cannot be overridden.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_CA_CERT_USED_AS_END_ENTITY=The server uses a certificate with a basic constraints extension identifying it as a certificate authority. For a properly-issued certificate, this should not be the case.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_INADEQUATE_KEY_SIZE=The server presented a certificate with a key size that is too small to establish a secure connection.
+MOZILLA_PKIX_ERROR_V1_CERT_USED_AS_CA=An X.509 version 1 certificate that is not a trust anchor was used to issue the server's certificate. X.509 version 1 certificates are deprecated and should not be used to sign other certificates.
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -68,28 +68,24 @@ clientAuthMessage2		= 発行者: "%S"
 pageInfo_SiteNotVerified	= Web サイトの識別情報を検証できませんでした。
 pageInfo_WebSiteVerified	= Web サイトの識別情報が検証されました。
 pageInfo_Identity_Verified	= Web サイト %S は表示中のページの認証をサポートしています。このサイトの識別情報は %S によって検証されており、あなたはこの認証局によるサイト検証を信頼しています。
 pageInfo_ViewCertificate	= この Web サイトの識別情報を検証する証明書を表示します。
 pageInfo_NoEncryption		= 接続が暗号化されていません
 pageInfo_Privacy_None1		= Web サイト %S は表示中のページの暗号化をサポートしていません。
 pageInfo_Privacy_None2		= 暗号化せずにインターネットに送信された情報は他人に傍受される可能性があります。
 pageInfo_Privacy_None3		= 表示中のページは暗号化されていません。
-# LOCALIZATION NOTE (pageInfo_StrongEncryptionWithBits): %1$S is the name of the encryption standard,
+# LOCALIZATION NOTE (pageInfo_EncryptionWithBitsAndProtocol): %1$S is the name of the encryption standard,
 # %2$S is the key size of the cipher.
-pageInfo_StrongEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %1$S、鍵長 %2$S bit (高強度の暗号化)
-pageInfo_Privacy_Strong1	= 表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
-pageInfo_Privacy_Strong2	= 暗号化によってコンピュータ間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性はとても低くなります。
-# LOCALIZATION NOTE (pageInfo_WeakEncryptionWithBits): %1$S is the name of the encryption standard,
-# %2$S is the key size of the cipher.
-pageInfo_WeakEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %1$S、鍵長 %2$S bit (低強度の暗号化)
-pageInfo_Privacy_Weak1		= Web サイト %S は表示中のページで強度の低い暗号化を使用しています。
-pageInfo_Privacy_Weak2		= 暗号化の強度が低いと他人にのぞき見られる可能性があります。
+# %3$S is protocol version like "SSL 3" or "TLS 1.2"
+pageInfo_EncryptionWithBitsAndProtocol	= 接続が暗号化されています (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
+pageInfo_Privacy_Encrypted1	= 表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
+pageInfo_Privacy_Encrypted2	= 暗号化によってコンピュータ間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性は低くなります。
 pageInfo_MixedContent		= 一部の接続だけが暗号化されています
-pageInfo_Privacy_Mixed1		= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
+pageInfo_Privacy_Broken1	= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されてないか、充分な強度で暗号化されていません。
 
 #Cert Viewer
 certDetails			= 証明書ビューア:
 notPresent			= <証明書に記載されていません>
 unknownIssuer			= <発行者が不明です>
 
 escrowFinalMessage		= あなたの暗号化秘密鍵を守るため、"%S" を信頼するときだけ "OK" をクリックしてください。
 
@@ -142,29 +138,29 @@ CertFormatPKCS7			= X.509 証明書 (PKCS#7)
 CertFormatPKCS7Chain		= 証明書パスを含む X.509 証明書 (PKCS#7)
 writeFileFailure		= ファイルエラー
 writeFileFailed			= %S に書き込めませんでした:\n%S.
 writeFileAccessDenied		= アクセスが拒否されました
 writeFileIsLocked		= ファイルがロックされています
 writeFileNoDeviceSpace		= デバイスの空き領域が不足しています
 writeFileUnknownError		= 不明なエラーです
 
+# (^^; 証明書ベースの表現にしたが information/identity などについて要再検討
 #Add Security Exception dialog
-# (^^; 証明書ベースの表現にしたが information/identity などについて要再検討
 addExceptionBrandedWarning2	= %1$0.S例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
 addExceptionInvalidHeader	= このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
 addExceptionDomainMismatchShort	= 他のサイトの証明書です
-addExceptionDomainMismatchLong	= 他のサイト用の証明書が使われています。別のサイトになりすまそうとしている可能性があります。
+addExceptionDomainMismatchLong2	= 他のサイト用の証明書が使われています。誰かがこのサイトを偽装しようとしています。
 addExceptionExpiredShort	= 証明書の有効期限を過ぎています
-addExceptionExpiredLong		= このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書が盗まれたもしくは紛失していたとしても確認できません。
+addExceptionExpiredLong2	= このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書は盗難または紛失した可能性があり、誰かがこのサイトを偽装するために使用している可能性があります。
 addExceptionUnverifiedOrBadSignatureShort	= 不明な証明書です
-addExceptionUnverifiedOrBadSignatureLong	= 安全な署名を使った既知の認証局によって検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
+addExceptionUnverifiedOrBadSignatureLong2	= 安全な署名を使っている信頼できる認証局が発行されたものとして検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
 addExceptionValidShort		= 有効な証明書です
 addExceptionValidLong		= このサイトでは正しく検証された有効な証明書を使用しています。このサイトの証明書を例外として追加する必要はありません。
 addExceptionCheckingShort	= 証明書を確認中
-addExceptionCheckingLong	= サイトの識別情報を確認しています...
+addExceptionCheckingLong2	= このサイトの識別情報を確認しています...
 addExceptionNoCertShort		= 証明書がありません
-addExceptionNoCertLong		= このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした
+addExceptionNoCertLong2		= このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした
 addExceptionConnectionFailed	= 接続できませんでした
 
 #Certificate Exists in database
 caCertExistsTitle		= 証明書があります
 caCertExistsMessage		= 証明書はすでに存在します。