49.0: sync toolkit with en-US rev325465:df749e7bf392
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 22 Jul 2016 09:01:17 +0900
changeset 2130 accc1822d6d9c57a11939fb58fdd574ce0deccf0
parent 2129 adb6fd124ff1aef094142bfab0c9effbce48e8f4
child 2131 4abd5c0123370257fdd5edc9668b1451a0309aa6
push id1147
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 01 Aug 2016 14:18:35 +0000
bugs49
49.0: sync toolkit with en-US rev325465:df749e7bf392
toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
toolkit/chrome/global/config.dtd
toolkit/chrome/global/customizeToolbar.properties
toolkit/chrome/global/extensions.properties
toolkit/chrome/global/filepicker.properties
toolkit/chrome/global/printPreview.dtd
toolkit/chrome/global/printdialog.properties
toolkit/chrome/global/resetProfile.properties
toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
toolkit/chrome/mozapps/extensions/update.properties
toolkit/chrome/mozapps/extensions/xpinstallConfirm.properties
toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.dtd
toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
toolkit/chrome/mozapps/update/history.dtd
toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
toolkit/chrome/search/search.properties
--- a/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
@@ -21,20 +21,20 @@ launchProfile	=プロファイルを別のプロセスで起動
 
 yes		=はい
 no		=いいえ
 
 renameProfileTitle	=プロファイルの名前変更
 renameProfile		=プロファイル %S の名前を変更します
 
 invalidProfileNameTitle	=不正なプロファイル名
-invalidProfileName	="%S" というプロファイル名は使用できません。
+invalidProfileName	=“%S” というプロファイル名は使用できません。
 
 deleteProfileTitle	=プロファイルの削除
-deleteProfileConfirm	=プロファイルの削除は、使用可能なプロファイルのリストから項目を削除します。これを元に戻すことはできません。\nさらに、プロファイルのデータファイル (設定や証明書、他のユーザ関連のデータを含む) を削除することもできます。このオプションは "%S" フォルダを完全に削除します。これを元に戻すことはできません。\n本当にプロファイルのデータファイルを削除しますか?
+deleteProfileConfirm	=プロファイルの削除は、使用可能なプロファイルのリストから項目を削除します。これを元に戻すことはできません。\nさらに、プロファイルのデータファイル (設定や証明書、他のユーザ関連のデータを含む) を削除することもできます。このオプションは “%S” フォルダを完全に削除します。これを元に戻すことはできません。\n本当にプロファイルのデータファイルを削除しますか?
 deleteFiles		=ファイルを削除
 dontDeleteFiles		=項目のみ削除
 
 openDir			=ディレクトリを開く
 # LOCALIZATION NOTE (macOpenDir): This is the Mac-specific variant of openDir.
 # This allows us to use the preferred"Finder" terminology on Mac.
 macOpenDir		=Finder に表示
 # LOCALIZATION NOTE (winOpenDir): This is the Windows-specific variant of
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
@@ -48,16 +48,17 @@ This is the Windows- and Mac-specific va
 Windows/Mac use the term "Folder" instead of "Directory" -->
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDirWinMac	"プロファイルフォルダ">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsEnabledPlugins	"有効なプラグイン">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsBuildConfig	"ビルド設定">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsUserAgent	"ユーザエージェント">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsOS		"OS">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsMemoryUse	"メモリ使用量">
+<!ENTITY aboutSupport.appBasicsPerformance	"パフォーマンス">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE the term "Service Workers" should not be translated. -->
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsServiceWorkers	"登録された Service Workers">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfiles		"プロファイル">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsMultiProcessSupport	"マルチプロセスウィンドウ">
 
@@ -81,16 +82,20 @@ variant of aboutSupport.showDir.label. -
 <!ENTITY aboutSupport.userJSDescription		"このプロファイルには、&brandShortName; では作成されない設定値が含まれた <a id='prefs-user-js-link'>user.js 設定ファイル</a> があります。">
 
 <!ENTITY aboutSupport.lockedKeyPrefsTitle	"ロックされた重要な設定">
 <!ENTITY aboutSupport.lockedPrefsName		"名前">
 <!ENTITY aboutSupport.lockedPrefsValue		"値">
 
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsTitle		"グラフィックス">
 
+<!ENTITY aboutSupport.placeDatabaseTitle		"Places データベース">
+<!ENTITY aboutSupport.placeDatabaseIntegrity		"完全性">
+<!ENTITY aboutSupport.placeDatabaseVerifyIntegrity	"完全性を検証">
+
 <!ENTITY aboutSupport.jsTitle			"JavaScript">
 <!ENTITY aboutSupport.jsIncrementalGC		"インクリメンタル GC">
 
 <!ENTITY aboutSupport.a11yTitle			"アクセシビリティ">
 <!ENTITY aboutSupport.a11yActivated		"有効">
 <!ENTITY aboutSupport.a11yForceDisabled		"アクセシビリティの無効化">
 
 <!ENTITY aboutSupport.libraryVersionsTitle	"ライブラリのバージョン">
@@ -106,8 +111,11 @@ variant of aboutSupport.showDir.label. -
 <!ENTITY aboutSupport.safeModeTitle		"セーフモードを試す">
 <!ENTITY aboutSupport.restartInSafeMode.label	"アドオンを無効化して再起動...">
 
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsFeaturesTitle	"機能">
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsDiagnosticsTitle	"診断">
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsFailureLogTitle	"失敗ログ">
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsGPU1Title		"GPU #1">
 <!ENTITY aboutSupport.graphicsGPU2Title		"GPU #2">
+<!ENTITY aboutSupport.graphicsDecisionLogTitle	"決定ログ">
+<!ENTITY aboutSupport.graphicsCrashGuardsTitle	"クラッシュガードが無効化した機能">
+<!ENTITY aboutSupport.graphicsWorkaroundsTitle	"回避策">
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
@@ -68,16 +68,27 @@ gpuSubsysID			=サブシステム ID
 gpuDrivers			=ドライバ
 gpuRAM				=RAM
 gpuDriverVersion		=ドライバのバージョン
 gpuDriverDate			=ドライバの日付
 gpuActive			=使用中
 webglRenderer			=WebGL レンダラ
 GPU1				=GPU #1
 GPU2				=GPU #2
+blocklistedBug			=既知の問題によりブロックリストに掲載されています
+# LOCALIZATION NOTE %1$S will be replaced with a bug number string.
+bugLink				=Bug %1$S
+# LOCALIZATION NOTE %1$S will be replaced with an arbitrary identifier
+# string that can be searched on DXR/MXR or grepped in the source tree.
+unknownFailure			=ブロックリストに掲載。失敗コード %1$S
+d3d11layersCrashGuard		=D3D11 Compositor
+d3d11videoCrashGuard		=D3D11 Video Decoder
+d3d9videoCrashGuard		=D3D9 Video Decoder
+glcontextCrashGuard		=OpenGL
+resetOnNextRestart		=次回起動時にリセット
 
 minLibVersions			=想定される最低バージョン
 loadedLibVersions		=使用中のバージョン
 
 hasSeccompBPF			=Seccomp-BPF (システムコールフィルタリング)
 hasSeccompTSync			=Seccomp スレッド同期
 hasUserNamespaces		=ユーザ名前空間
 hasPrivilegedUserNamespaces	=特権プロセス用のユーザ名前空間
--- a/toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
@@ -1,33 +1,33 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-Alert			= 警告
-Confirm			= 確認
-ConfirmCheck		= 確認
-Prompt			= プロンプト
-PromptUsernameAndPassword2= ユーザ名とパスワードを入力してください
-PromptPassword2		= パスワードを入力してください
-Select			= 選択
-OK			= OK
-Cancel			= キャンセル
-Yes			= はい(&Y)
-No			= いいえ(&N)
-Save			= 保存(&S)
-Revert			= 入力の取り消し(&R)
-DontSave		= 保存しない(&N)
-ScriptDlgGenericHeading	= [JavaScript アプリケーション]
-ScriptDlgHeading	= %S のページから:
-ScriptDialogLabel	= このページによる追加のダイアログ表示を抑止する
-ScriptDialogPreventTitle= 確認ダイアログ設定
+Alert			=警告
+Confirm			=確認
+ConfirmCheck		=確認
+Prompt			=プロンプト
+PromptUsernameAndPassword2=ユーザ名とパスワードを入力してください
+PromptPassword2		=パスワードを入力してください
+Select			=選択
+OK			=OK
+Cancel			=キャンセル
+Yes			=はい(&Y)
+No			=いいえ(&N)
+Save			=保存(&S)
+Revert			=入力の取り消し(&R)
+DontSave		=保存しない(&N)
+ScriptDlgGenericHeading	=[JavaScript アプリケーション]
+ScriptDlgHeading	=%S のページから:
+ScriptDialogLabel	=このページによる追加のダイアログ表示を抑止する
+ScriptDialogPreventTitle=確認ダイアログ設定
 # LOCALIZATION NOTE (EnterLoginForRealm, EnterLoginForProxy):
 # %1 is an untrusted string provided by a remote server. It could try to
 # take advantage of sentence structure in order to mislead the user (see
 # bug 244273). %1 should be integrated into the translated sentences as
 # little as possible. %2 is the url of the site being accessed.
 # (^^; %1$S: realm, %2$S: URL
 # (^^; realm (認証領域) の意味、使い方は認証スキーム依存なので曖昧に...
-EnterLoginForRealm	= %2$S の "%1$S" に対するユーザ名とパスワードを入力してください
-EnterLoginForProxy	= プロキシ %2$S の "%1$S" に対するユーザ名とパスワードを入力してください
-EnterUserPasswordFor	= %1$S のユーザ名とパスワードを入力してください
-EnterPasswordFor	= %2$S での %1$S のパスワードを入力してください
+EnterLoginForRealm	=%2$S の “%1$S” に対するユーザ名とパスワードを入力してください
+EnterLoginForProxy	=プロキシ %2$S の “%1$S” に対するユーザ名とパスワードを入力してください
+EnterUserPasswordFor	=%1$S のユーザ名とパスワードを入力してください
+EnterPasswordFor	=%2$S での %1$S のパスワードを入力してください
--- a/toolkit/chrome/global/config.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/config.dtd
@@ -3,17 +3,17 @@
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY window.title		"about:config">
 
 <!-- about:config warning page -->
 <!-- LOCALIZATION NOTE: aboutWarningTitle.label should be attention grabbing and playful -->
 <!ENTITY aboutWarningTitle.label	"動作保証対象外になります!"><!-- (^^; 劇薬につき取り扱い注意! -->
 <!ENTITY aboutWarningText.label		"プログラムの高度な設定を変更すると、安定性、セキュリティ、パフォーマンスに深刻な問題を引き起こす恐れがあります。設定変更による影響を完全に理解している場合に限ってご利用ください。">
-<!ENTITY aboutWarningButton.label	"細心の注意を払って使用する">
+<!ENTITY aboutWarningButton2.label	"危険性を承知の上で使用する">
 <!ENTITY aboutWarningCheckbox.label	"次回もこの警告を表示する">
 
 <!ENTITY searchPrefs.label	"検索:">
 <!ENTITY searchPrefs.accesskey	"r">
 <!ENTITY focusSearch.key	"r">
 <!ENTITY focusSearch2.key	"f">
 
 <!-- Columns -->
--- a/toolkit/chrome/global/customizeToolbar.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/customizeToolbar.properties
@@ -1,11 +1,11 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-enterToolbarTitle	= 新しいツールバー
-enterToolbarName	= ツールバーの名前を入力してください:
-enterToolbarDup		= "%S" という名前のツールバーはすでに存在します。別の名前を入力してください。
-enterToolbarBlank	= 新しいツールバーの名前を入力してください。
-separatorTitle		= 区切り
-springTitle		= 伸縮自在のスペース
-spacerTitle		= スペース
+enterToolbarTitle	=新しいツールバー
+enterToolbarName	=ツールバーの名前を入力してください:
+enterToolbarDup		=“%S” という名前のツールバーはすでに存在します。別の名前を入力してください。
+enterToolbarBlank	=新しいツールバーの名前を入力してください。
+separatorTitle		=区切り
+springTitle		=伸縮自在のスペース
+spacerTitle		=スペース
--- a/toolkit/chrome/global/extensions.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/extensions.properties
@@ -1,12 +1,12 @@
 
-csp.error.missing-directive	='%S' ディレクティブを必要とするポリシーがありません
+csp.error.missing-directive	=‘%S’ ディレクティブを必要とするポリシーがありません
 
-csp.error.illegal-keyword	='%1$S' ディレクティブに禁止された %2$S キーワードが含まれています
+csp.error.illegal-keyword	=‘%1$S’ ディレクティブに禁止された %2$S キーワードが含まれています
 
-csp.error.illegal-protocol	='%1$S' ディレクティブに禁止された %2$S: プロトコルソースが含まれています
+csp.error.illegal-protocol	=‘%1$S’ ディレクティブに禁止された %2$S: プロトコルソースが含まれています
 
-csp.error.missing-host		=%2$S: プロトコルは '%1$S' ディレクティブ内のホストが必要です
+csp.error.missing-host		=%2$S: プロトコルは ‘%1$S’ ディレクティブ内のホストが必要です
 
-csp.error.missing-source	='%1$S' にソース %2$S を含めてください
+csp.error.missing-source	=‘%1$S’ にソース %2$S を含めてください
 
-csp.error.illegal-host-wildcard	='%1$S' ディレクティブ内の %2$S: ワイルドカードソースには少なくとも 1 つの非ジェネリックなサブドメインを含めてください (*.com ではなく *.example.com)
+csp.error.illegal-host-wildcard	=‘%1$S’ ディレクティブ内の %2$S: ワイルドカードソースには少なくとも 1 つの非ジェネリックなサブドメインを含めてください (*.com ではなく *.example.com)
--- a/toolkit/chrome/global/filepicker.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/filepicker.properties
@@ -1,55 +1,55 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: The extensions to which these descriptions refer
 #                    now live in toolkit/content/filepicker.properties
-allTitle	= すべてのファイル
-htmlTitle	= HTML ファイル
-textTitle	= テキストファイル
-imageTitle	= 画像ファイル
-xmlTitle	= XML ファイル
-xulTitle	= XUL ファイル
-appsTitle	= プログラム
-audioTitle	= 音声ファイル
-videoTitle	= 動画ファイル
+allTitle		=すべてのファイル
+htmlTitle		=HTML ファイル
+textTitle		=テキストファイル
+imageTitle		=画像ファイル
+xmlTitle		=XML ファイル
+xulTitle		=XUL ファイル
+appsTitle		=プログラム
+audioTitle		=音声ファイル
+videoTitle		=動画ファイル
 
-dirTextInputLabel			= フォルダ名:
-dirTextInputAccesskey			= n
+dirTextInputLabel			=フォルダ名:
+dirTextInputAccesskey			=n
 
-confirmTitle				= 確認
-confirmFileReplacing			= %S はすでに存在します。\n上書きしますか?
-openButtonLabel				= 開く
-saveButtonLabel				= 保存
-selectFolderButtonLabel			= 選択
-noButtonLabel				= いいえ
-formatLabel				= ファイル形式:
+confirmTitle				=確認
+confirmFileReplacing			=%S はすでに存在します。\n上書きしますか?
+openButtonLabel				=開く
+saveButtonLabel				=保存
+selectFolderButtonLabel			=選択
+noButtonLabel				=いいえ
+formatLabel				=ファイル形式:
 
-errorOpenFileDoesntExistTitle		= %S を開けませんでした
-errorOpenFileDoesntExistMessage		= ファイル %S は存在しません。
-errorDirDoesntExistTitle		= %S にアクセスできませんでした
-errorDirDoesntExistMessage		= フォルダ %S は存在しません。
+errorOpenFileDoesntExistTitle		=%S を開けませんでした
+errorOpenFileDoesntExistMessage		=ファイル %S は存在しません。
+errorDirDoesntExistTitle		=%S にアクセスできませんでした
+errorDirDoesntExistMessage		=フォルダ %S は存在しません。
 
-errorOpeningFileTitle			= %S を開けませんでした
-openWithoutPermissionMessage_file	= ファイル %S は読み込み不可です。
+errorOpeningFileTitle			=%S を開けませんでした
+openWithoutPermissionMessage_file	=ファイル %S は読み込み不可です。
 
-errorSavingFileTitle			= %S を保存できませんでした
-saveParentIsFileMessage			= %S はファイルです。%S は保存できませんでした。
-saveParentDoesntExistMessage		= パス %S は存在しません。%S は保存できませんでした。
+errorSavingFileTitle			=%S を保存できませんでした
+saveParentIsFileMessage			=%S はファイルです。%S は保存できませんでした。
+saveParentDoesntExistMessage		=パス %S は存在しません。%S は保存できませんでした。
 
-saveWithoutPermissionMessage_file	= ファイル %S は書き込みできません。
-saveWithoutPermissionMessage_dir	= ファイルを作成できません。フォルダ %S への書き込みができません。
+saveWithoutPermissionMessage_file	=ファイル %S は書き込みできません。
+saveWithoutPermissionMessage_dir	=ファイルを作成できません。フォルダ %S への書き込みができません。
 
-errorNewDirDoesExistTitle		= %S 作成エラー
-errorNewDirDoesExistMessage		= %S という名前のファイルがすでに存在するため、フォルダを作成できません。
+errorNewDirDoesExistTitle		=%S 作成エラー
+errorNewDirDoesExistMessage		=%S という名前のファイルがすでに存在するため、フォルダを作成できません。
 
-errorCreateNewDirTitle			= %S 作成エラー
-errorCreateNewDirMessage		= フォルダ %S が作成できません
-errorCreateNewDirIsFileMessage		= フォルダを作成できません。%S はファイルです
-errorCreateNewDirPermissionMessage	= フォルダを作成できません。%S は書き込み禁止です
+errorCreateNewDirTitle			=%S 作成エラー
+errorCreateNewDirMessage		=フォルダ %S が作成できません
+errorCreateNewDirIsFileMessage		=フォルダを作成できません。%S はファイルです
+errorCreateNewDirPermissionMessage	=フォルダを作成できません。%S は書き込み禁止です
 
-promptNewDirTitle			= 新しいフォルダを作成
-promptNewDirMessage			= フォルダ名:
+promptNewDirTitle			=新しいフォルダを作成
+promptNewDirMessage			=フォルダ名:
 
-errorPathProblemTitle			= 不明なエラー
-errorPathProblemMessage			= 不明なエラーが発生しました (パス %S)
+errorPathProblemTitle			=原因不明のエラー
+errorPathProblemMessage			=原因不明のエラーが発生しました (パス %S)
--- a/toolkit/chrome/global/printPreview.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/printPreview.dtd
@@ -27,13 +27,16 @@
 <!ENTITY p100.label		"100&#037;">
 <!ENTITY p125.label		"125&#037;">
 <!ENTITY p150.label		"150&#037;">
 <!ENTITY p175.label		"175&#037;">
 <!ENTITY p200.label		"200&#037;">
 <!ENTITY Custom.label		"ユーザ設定...">
 <!ENTITY ShrinkToFit.label	"用紙に合わせて縮小"><!-- (^^; 長い表現禁止 -->
 <!ENTITY customPrompt.title	"拡大/縮小を設定...">
+<!ENTITY simplifyPage.label		"ページを単純化">
+<!ENTITY simplifyPage.enabled.tooltip	"読みやすいレイアウトに変更します">
+<!ENTITY simplifyPage.disabled.tooltip	"このページは自動的に単純化できません">
 
 <!ENTITY homearrow.tooltip	"最初のページを表示します">
 <!ENTITY endarrow.tooltip	"最後のページを表示します">
 <!ENTITY nextarrow.tooltip	"次のページを表示します">
 <!ENTITY previousarrow.tooltip	"前のページを表示します">
--- a/toolkit/chrome/global/printdialog.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/printdialog.properties
@@ -1,65 +1,65 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # These strings are used in the native GTK, Mac and Windows print dialogs.
 
 # GTK titles:
-printTitleGTK		= 印刷
-optionsTabLabelGTK	= オプション
-printFramesTitleGTK	= フレームの印刷
+printTitleGTK		=印刷
+optionsTabLabelGTK	=オプション
+printFramesTitleGTK	=フレームの印刷
 
 # Mac titles:
-optionsTitleMac		= オプション:
-appearanceTitleMac	= アピアランス:
-framesTitleMac		= フレーム:
-pageHeadersTitleMac	= ページヘッダ:
-pageFootersTitleMac	= ページフッタ:
+optionsTitleMac		=オプション:
+appearanceTitleMac	=アピアランス:
+framesTitleMac		=フレーム:
+pageHeadersTitleMac	=ページヘッダ:
+pageFootersTitleMac	=ページフッタ:
 
 # Windows titles:
-optionsTitleWindows	= オプション
-printFramesTitleWindows	= フレームを印刷
+optionsTitleWindows	=オプション
+printFramesTitleWindows	=フレームを印刷
 
 # TRANSLATOR NOTE: For radio button labels and check button labels, an underscore _
 # before a character will turn that character into an accesskey in the GTK dialog.
 # e.g. "_As laid out" will make A the accesskey.
 # In the Windows labels, use an ampersand (&).
 # On Mac, underscores will be stripped.
 
 # (^^; アクセスキーの扱い要注意
-asLaidOut		= 画面上の表示通りに印刷(_A)
-asLaidOutWindows	= 画面表示に合わせる(&L)
-selectedFrame		= 選択したフレームだけを印刷(_S)
-selectedFrameWindows	= 選択されたフレーム(&F)
-separateFrames		= フレームごとに別のページとして印刷(_P)
-separateFramesWindows	= フレームごとに別々に(&E)
-shrinkToFit		= 拡大率を無視してページ幅に合わせて印刷(_H)
-selectionOnly		= 選択した部分だけを印刷(_O)
-printBGOptions		= 背景の印刷
-printBGColors		= 背景色を印刷(_C)
-printBGImages		= 背景画像を印刷(_M)
-headerFooter		= ヘッダとフッタ
-left			= 左
-center			= 中央
-right			= 右
-headerFooterBlank	= -- なし --
-headerFooterTitle	= タイトル
-headerFooterURL		= URL
-headerFooterDate	= 印刷日時
-headerFooterPage	= ページ #
-headerFooterPageTotal	= ページ #/#
-headerFooterCustom	= ユーザ設定...
-customHeaderFooterPrompt= ヘッダ/フッタとして使用するテキストを入力してください
+asLaidOut		=画面上の表示通りに印刷(_A)
+asLaidOutWindows	=画面表示に合わせる(&L)
+selectedFrame		=選択したフレームだけを印刷(_S)
+selectedFrameWindows	=選択されたフレーム(&F)
+separateFrames		=フレームごとに別のページとして印刷(_P)
+separateFramesWindows	=フレームごとに別々に(&E)
+shrinkToFit		=拡大率を無視してページ幅に合わせて印刷(_H)
+selectionOnly		=選択した部分だけを印刷(_O)
+printBGOptions		=背景の印刷
+printBGColors		=背景色を印刷(_C)
+printBGImages		=背景画像を印刷(_M)
+headerFooter		=ヘッダとフッタ
+left			=左
+center			=中央
+right			=右
+headerFooterBlank	=-- なし --
+headerFooterTitle	=タイトル
+headerFooterURL		=URL
+headerFooterDate	=印刷日時
+headerFooterPage	=ページ #
+headerFooterPageTotal	=ページ #/#
+headerFooterCustom	=ユーザ設定...
+customHeaderFooterPrompt=ヘッダ/フッタとして使用するテキストを入力してください
 
 # (^m^) 要確認
 # These are for the summary view in the Mac dialog:
-summaryFramesTitle		= フレームのプリント
-summarySelectionOnlyTitle	= 選択範囲のプリント
-summaryShrinkToFitTitle		= 用紙に合わせて縮小
-summaryPrintBGColorsTitle	= 背景色のプリント
-summaryPrintBGImagesTitle	= 背景画像のプリント
-summaryHeaderTitle		= ページヘッダ
-summaryFooterTitle		= ページヘッダ
-summaryNAValue			= N/A
-summaryOnValue			= オン
-summaryOffValue			= オフ
+summaryFramesTitle		=フレームのプリント
+summarySelectionOnlyTitle	=選択範囲のプリント
+summaryShrinkToFitTitle		=用紙に合わせて縮小
+summaryPrintBGColorsTitle	=背景色のプリント
+summaryPrintBGImagesTitle	=背景画像のプリント
+summaryHeaderTitle		=ページヘッダ
+summaryFooterTitle		=ページヘッダ
+summaryNAValue			=N/A
+summaryOnValue			=オン
+summaryOffValue			=オフ
--- a/toolkit/chrome/global/resetProfile.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/resetProfile.properties
@@ -2,12 +2,14 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: These strings are used for profile reset.
 
 # LOCALIZATION NOTE (resetUnusedProfile.message): %S is brandShortName.
 ## 60 日以上経過で表示 (Bug 498181)
 resetUnusedProfile.message		=お久しぶりです! %S はしばらく使われていないようです。プロファイルを掃除して新品のようにきれいにしますか?
+# LOCALIZATION NOTE (resetUninstalled.message): %S is brandShortName.
+resetUninstalled.message		=%S が再インストールされ前回のプロファイルが残っています。新品の状態にリフレッシュしますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (refreshProfile.resetButton.label): %S is brandShortName.
 refreshProfile.resetButton.label	=%S をリフレッシュ...
 refreshProfile.resetButton.accesskey	=e
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
@@ -5,17 +5,17 @@
 # LOCALIZATION NOTE (seconds, minutes, hours, days): Semi-colon list of plural
 # forms. See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 seconds					=秒
 minutes					=分
 hours					=時間
 days					=日
 
 # LOCALIZATION NOTE (paused): — is the "em dash" (long dash)
-paused					=中断しています —  #1
+paused					=中断しています — #1
 downloading				=ダウンロードしています
 notStarted				=開始していません
 failed					=失敗しました
 finished				=完了しました
 canceled				=キャンセルされました
 
 cannotPause				=このダウンロードは中断できません
 
@@ -127,16 +127,16 @@ chooseAppFilePickerTitle		=プログラムで開く...
 
 # LOCALIZATION NOTE (downloadsTitleFiles, downloadsTitlePercent): Semi-colon list of
 # plural forms. See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 number of files; #2 overall download percent (only for downloadsTitlePercent)
 # examples: 2% of 1 file - Downloads; 22% of 11 files - Downloads
 downloadsTitleFiles			=#1 ファイル - ダウンロード
 downloadsTitlePercent			=#2% / #1 ファイル - ダウンロード
 
-fileExecutableSecurityWarning		="%S" は実行可能なファイルです。実行可能なファイルにはあなたのコンピュータを破壊するウイルス、その他の悪意あるコードが含まれていることがあります。この形式のファイルを開く場合には注意してください。"%S" を実行してもよろしいですか?
+fileExecutableSecurityWarning		=“%S” は実行可能なファイルです。実行可能なファイルにはあなたのコンピュータを破壊するウイルス、その他の悪意あるコードが含まれていることがあります。この形式のファイルを開く場合には注意してください。“%S” を実行してもよろしいですか?
 fileExecutableSecurityWarningTitle	=実行可能なファイルを開きますか?
 fileExecutableSecurityWarningDontAsk	=今後も同様に処理する
 
 displayNameDesktop			=デスクトップ
 
 # Desktop folder name for downloaded files
 downloadsFolder				=ダウンロード
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
@@ -1,19 +1,19 @@
 # -*- Mode: Java; tab-width: 4; indent-tabs-mode: nil; c-basic-offset: 4 -*-
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-title			= %S を開く
-saveDialogTitle		= 保存ファイル名を入力してください...
-defaultApp		= %S (既定)
-chooseAppFilePickerTitle= プログラムの選択
-badApp			= 選択されたプログラム ("%S") が見つかりません。ファイル名を確認するか、他のプログラムを選択してください。
-badApp.title		= プログラムが見つかりません
-badPermissions		= 適切なアクセス権限がないため、ファイルを保存できませんでした。他の保存フォルダを選択してください。
-badPermissions.title	= ファイルを保存する権限がありません
-selectDownloadDir	= ダウンロードフォルダを選択してください
-unknownAccept.label	= ファイルを保存
-unknownCancel.label	= キャンセル
-fileType		= %S ファイル
+title			=%S を開く
+saveDialogTitle		=保存ファイル名を入力してください...
+defaultApp		=%S (既定)
+chooseAppFilePickerTitle=プログラムの選択
+badApp			=選択されたプログラム (“%S”) が見つかりません。ファイル名を確認するか、他のプログラムを選択してください。
+badApp.title		=プログラムが見つかりません
+badPermissions		=適切なアクセス権限がないため、ファイルを保存できませんでした。他の保存フォルダを選択してください。
+badPermissions.title	=ファイルを保存する権限がありません
+selectDownloadDir	=ダウンロードフォルダを選択してください
+unknownAccept.label	=ファイルを保存
+unknownCancel.label	=キャンセル
+fileType		=%S ファイル
 # LOCALIZATION NOTE (orderedFileSizeWithType): first %S is type, second %S is size, and third %S is unit  
-orderedFileSizeWithType	= %1$S (%2$S %3$S)
+orderedFileSizeWithType	=%1$S (%2$S %3$S)
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/update.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/update.properties
@@ -1,25 +1,25 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-mismatchCheckNow		= 今すぐ確認
-mismatchCheckNowAccesskey	= C
-mismatchDontCheck		= 確認しない
-mismatchDontCheckAccesskey	= D
-installButtonText		= 今すぐインストール
-installButtonTextAccesskey	= I
-nextButtonText			= 次へ
-nextButtonTextAccesskey		= N
-cancelButtonText		= キャンセル
-cancelButtonTextAccesskey	= C
+mismatchCheckNow		=今すぐ確認
+mismatchCheckNowAccesskey	=C
+mismatchDontCheck		=確認しない
+mismatchDontCheckAccesskey	=D
+installButtonText		=今すぐインストール
+installButtonTextAccesskey	=I
+nextButtonText			=次へ
+nextButtonTextAccesskey		=N
+cancelButtonText		=キャンセル
+cancelButtonTextAccesskey	=C
 
-statusPrefix			= %S の確認を完了しました
-downloadingPrefix		= ダウンロード: %S
-installingPrefix		= インストール: %S
-closeButton			= 閉じる
+statusPrefix			=%S の確認を完了しました
+downloadingPrefix		=ダウンロード: %S
+installingPrefix		=インストール: %S
+closeButton			=閉じる
 # LOCALIZATION NOTE: When present %S is brandShortName (installErrors, checkingErrors)
 # (^m^) %S は不要。
 # (^^; %1$0.S is a special replacement to generate nothing for %1$S without error
-installErrors			= %1$0.S次のアドオンの更新をインストールできませんでした:
-checkingErrors			= %1$0.S次のアドオンの更新を確認できませんでした:
-installErrorItemFormat		= %S (%S)
+installErrors			=%1$0.S次のアドオンの更新をインストールできませんでした:
+checkingErrors			=%1$0.S次のアドオンの更新を確認できませんでした:
+installErrorItemFormat		=%S (%S)
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/xpinstallConfirm.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/xpinstallConfirm.properties
@@ -1,11 +1,11 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-unverified			= (作者情報未検証)
-signed				= (%S)
+unverified			=(作者情報未検証)
+signed				=(%S)
 
-itemWarnIntroMultiple		= %S 個のソフトウェアをインストールする許可を求めています:
-itemWarnIntroSingle		= 次のソフトウェアをインストールする許可を求めています:
-installButtonDisabledLabel	= インストール (%S)
-installButtonLabel		= 今すぐインストール
+itemWarnIntroMultiple		=%S 個のソフトウェアをインストールする許可を求めています:
+itemWarnIntroSingle		=次のソフトウェアをインストールする許可を求めています:
+installButtonDisabledLabel	=インストール (%S)
+installButtonLabel		=今すぐインストール
--- a/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.dtd
@@ -1,9 +1,10 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY window.emWidth		"26em">
-<!ENTITY window.emHeight	"26em">
-<!ENTITY ChooseApp.description	"プログラムの選択">
-<!ENTITY ChooseApp.label	"選択...">
-<!ENTITY ChooseApp.accessKey	"C">
+<!ENTITY window.emWidth			"26em">
+<!ENTITY window.emHeight		"26em">
+<!ENTITY ChooseOtherApp.description	"他のプログラムを選択">
+<!ENTITY ChooseApp.label		"選択...">
+<!ENTITY ChooseApp.accessKey		"C">
+<!ENTITY accept				"リンクを開く">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
@@ -1,12 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-protocol.title			= プログラムを起動
-protocol.description		= このリンクは他のプログラムで開く必要があります。
-protocol.choices.label		= プログラムの選択:
-protocol.checkbox.label		= 今後 %S リンクは同様に処理する
-protocol.checkbox.accesskey	= R
-protocol.checkbox.extra		= この設定は %S の設定画面で変更できます。
+protocol.title			=プログラムを起動
+protocol.description		=このリンクは他のプログラムで開く必要があります。
+protocol.choices.label		=プログラムの選択:
+protocol.checkbox.label		=今後 %S リンクは同様に処理する
+protocol.checkbox.accesskey	=R
+protocol.checkbox.extra		=この設定は %S の設定画面で変更できます。
 
-choose.application.title	= 他のプログラム
+choose.application.title	=他のプログラム
--- a/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
@@ -1,51 +1,51 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: These strings are used for startup/profile problems and the profile manager.
 
 # Application not responding
 # LOCALIZATION NOTE (restartTitle, restartMessageNoUnlocker, restartMessageUnlocker, restartMessageNoUnlockerMac, restartMessageUnlockerMac): Messages displayed when the application is running but is not responding to commands. %S is the application name.
-restartTitle			= %S の終了
-restartMessageNoUnlocker	= %S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くにはまず既存の %S プロセスを終了させるか、コンピュータを再起動させなければなりません。
-restartMessageUnlocker		= %S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くには既存の %S プロセスを終了させなければなりません。
-restartMessageNoUnlockerMac	= すでに別の %S を開いています。同時に複数の %S を開くことはできません。
-restartMessageUnlockerMac	= すでに別の %S を開いています。この %S を開くために実行中のものを終了させます。
+restartTitle			=%S の終了
+restartMessageNoUnlocker	=%S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くにはまず既存の %S プロセスを終了させるか、コンピュータを再起動させなければなりません。
+restartMessageUnlocker		=%S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くには既存の %S プロセスを終了させなければなりません。
+restartMessageNoUnlockerMac	=すでに別の %S を開いています。同時に複数の %S を開くことはできません。
+restartMessageUnlockerMac	=すでに別の %S を開いています。この %S を開くために実行中のものを終了させます。
 
 # Profile manager
 # LOCALIZATION NOTE (profileTooltip): First %S is the profile name, second %S is the path to the profile folder.
-profileTooltip			= プロファイル: '%S' - パス: '%S'
+profileTooltip			=プロファイル: ‘%S’ - パス: ‘%S’
 
-pleaseSelectTitle		= プロファイルの選択
-pleaseSelect			= %S で使用するプロファイルを選択するか、新しいプロファイルを作成してください。
+pleaseSelectTitle		=プロファイルの選択
+pleaseSelect			=%S で使用するプロファイルを選択するか、新しいプロファイルを作成してください。
 
-profileLockedTitle		= 使用中のプロファイル
-profileLocked2			= 現在使用中であるため %S はプロファイル "%S" を使用できません。\n\n起動中の %S を終了するか、別のプロファイルを選択してください。
+profileLockedTitle		=使用中のプロファイル
+profileLocked2			=現在使用中であるため %S はプロファイル “%S” を使用できません。\n\n起動中の %S を終了するか、別のプロファイルを選択してください。
 
-renameProfileTitle		= プロファイル名の変更
-renameProfilePrompt		= プロファイル "%S" の変更後の名前を入力してください:
+renameProfileTitle		=プロファイル名の変更
+renameProfilePrompt		=プロファイル “%S” の変更後の名前を入力してください:
 
-profileNameInvalidTitle		= 無効なプロファイル名
-profileNameInvalid		= プロファイル名として "%S" を使用することはできません。
+profileNameInvalidTitle		=無効なプロファイル名
+profileNameInvalid		=プロファイル名として “%S” を使用することはできません。
 
-chooseFolder			= プロファイルフォルダの選択
-profileNameEmpty		= 名前のないプロファイルは作成できません。
-invalidChar			= プロファイル名には "%S" といった文字は使用できません。名前を変更してください。
+chooseFolder			=プロファイルフォルダの選択
+profileNameEmpty		=名前のないプロファイルは作成できません。
+invalidChar			=プロファイル名には “%S” といった文字は使用できません。名前を変更してください。
 
-deleteTitle			= プロファイルの削除
-deleteProfileConfirm		= プロファイルを削除するとプロファイルの一覧から削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザ設定や証明書などユーザデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合にはプロファイルフォルダ "%S" 自体もすべて削除され、元には戻せません。\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?
-deleteFiles			= ファイルもすべて削除
-dontDeleteFiles			= プロファイル登録だけ削除
+deleteTitle			=プロファイルの削除
+deleteProfileConfirm		=プロファイルを削除するとプロファイルの一覧から削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザ設定や証明書などユーザデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合にはプロファイルフォルダ “%S” 自体もすべて削除され、元には戻せません。\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?
+deleteFiles			=ファイルもすべて削除
+dontDeleteFiles			=プロファイル登録だけ削除
 
-profileCreationFailed		= プロファイルは作成できませんでした。おそらく選択されたフォルダは書き込み可能ではありません。
-profileCreationFailedTitle	= プロファイル作成失敗
-profileExists			= この名前のプロファイルはすでに存在します。他の名前を指定してください。
-profileExistsTitle		= 既存プロファイルとの重複
-profileFinishText		= 新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
-profileFinishTextMac		= 新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
-profileMissing			= あなたの %S プロファイルを読み込めませんでした。プロファイルが存在しないかアクセスできません。
-profileMissingTitle		= プロファイルが見つかりません
+profileCreationFailed		=プロファイルは作成できませんでした。おそらく選択されたフォルダは書き込み可能ではありません。
+profileCreationFailedTitle	=プロファイル作成失敗
+profileExists			=この名前のプロファイルはすでに存在します。他の名前を指定してください。
+profileExistsTitle		=既存プロファイルとの重複
+profileFinishText		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
+profileFinishTextMac		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
+profileMissing			=あなたの %S プロファイルを読み込めませんでした。プロファイルが存在しないかアクセスできません。
+profileMissingTitle		=プロファイルが見つかりません
 
 # Profile reset
 # LOCALIZATION NOTE (resetBackupDirectory): Directory name for the profile directory backup created during reset. This directory is placed in a location users will see it (ie. their desktop). %S is the application name.
-resetBackupDirectory		= Old %S Data
+resetBackupDirectory		=Old %S Data
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/history.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/history.dtd
@@ -1,16 +1,16 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 
-<!ENTITY  history.title			"更新履歴">
-<!ENTITY  history.intro			"以下の更新をインストールしました">
-<!ENTITY  closebutton.label		"閉じる">
-                                     
-<!ENTITY  noupdates.label		"インストールした更新はありません">
+<!ENTITY  history.title		"更新履歴">
+<!ENTITY  history.intro		"以下の更新をインストールしました">
+<!ENTITY  closebutton.label	"閉じる">
+
+<!ENTITY  noupdates.label	"インストールした更新はありません">
 
-<!ENTITY  name.header			"更新名">
-<!ENTITY  date.header			"インストール日付">
-<!ENTITY  type.header			"種類">
-<!ENTITY  state.header			"状態">
+<!ENTITY  name.header		"更新名">
+<!ENTITY  date.header		"インストール日付">
+<!ENTITY  type.header		"種類">
+<!ENTITY  state.header		"状態">
 
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
@@ -26,44 +26,25 @@
 <!ENTITY  manualUpdateGetMsg.label	"&brandShortName; の最新バージョンは次の URL からダウンロードできます:">
 
 <!ENTITY  unsupported.title		"サポート対象外のシステムです">
 <!ENTITY  unsupported.label		"&brandShortName; の更新がありますが、最新バージョンはご使用のシステムに対応していません。システムをアップグレードしてから試してください。この通知は再度表示しません。">
 
 
 <!ENTITY  unsupportedLink.label		"詳細を確認する。">
 
-<!ENTITY  incompatibleCheck.title	"アドオンの互換性を確認しています">
-<!ENTITY  incompatibleCheck.label	"インストールされているアドオンに新しいバージョンがないか確認しています...">
-
 <!ENTITY  clickHere.label		"この更新についての詳細を表示">
 
 <!ENTITY  evangelism.desc		"できるだけ早くこの &brandShortName; の更新を適用してください。">
 
-<!ENTITY  license.instructions		"規約に同意する場合は [同意する] をクリックして、この更新のインストールを続けてください。">
-
-
-
-<!ENTITY  license.titleText		"ソフトウェア使用許諾書">
-<!ENTITY  license.introText		"このソフトウェアを使用するための条項">
-<!ENTITY  license.instructionText	"スクロールバーを使用して次の使用許諾書をよくお読みください。">
-<!ENTITY  license.accept		"使用許諾書に同意する">
-<!ENTITY  license.accept.accesskey	"c">
-<!ENTITY  license.decline		"使用許諾書に同意しない">
-<!ENTITY  license.decline.accesskey	"T">
-
-<!ENTITY  incompatibleList.title	"互換性のないアドオンがあります">
-
 <!ENTITY  downloadPage.title		"&brandShortName; をダウンロードしています">
 <!ENTITY  downloading.intro		"更新をダウンロードしています...">
 <!ENTITY  connecting.label		"更新サーバに接続しています...">
 <!ENTITY  verificationFailedText.label	"ダウンロードした差分更新の完全性を確認できなかったため、完全更新パッケージをダウンロードしています。">
 
-
-
 <!ENTITY  viewDetails.tooltip		"この更新についての詳細を表示します">
 
 <!ENTITY  details.link			"詳細">
 
 <!ENTITY  error.title			"更新に失敗しました">
 
 <!ENTITY  error.label			"次の問題が発生したため、この更新を正しくダウンロードまたはインストールできませんでした:">
 
@@ -86,16 +67,13 @@
 
 
 <!ENTITY  finishedBackgroundPage.text	"&brandShortName; のセキュリティと安定性に関する更新がダウンロードされ、インストールする準備ができました。">
 
 <!ENTITY  finishedBackground.name	"更新:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (finishedBackground.more): This string describes the button labels defined by restartNowButton and restartLaterButton in updates.properties. -->
 <!ENTITY  finishedBackground.more	"この更新は次の &brandShortName; 起動時にインストールされます。&brandShortName; を今すぐ再起動するか、作業を続けてから後で再起動してください。">
 
-
-<!ENTITY  installed.title		"更新をインストールしました">
-<!ENTITY  installed.intro		"更新を正常にインストールしました。">
-<!ENTITY  whatsnew.label		"更新の詳細...">
+<!ENTITY  finishedBackground.moreElevated "この更新は管理者権限が必要です。更新は次の &brandShortName; 起動時にインストールされます。&brandShortName; を今すぐ再起動するか、作業を続けてから後で再起動、またはこの更新を拒否できます。">
 
 <!ENTITY  update.details.label		"詳細">
 <!ENTITY  update.installedOn.label	"インストール日時:">
 <!ENTITY  update.status.label		"状態:">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
@@ -1,119 +1,98 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: The 1st %S is the update name and the 2nd %S is the build
 # identifier from the local updates.xml for displaying update history
 # example: MyApplication (20081022033543)
-updateFullName			= %S (%S)
+updateFullName			=%1$S (%2$S)
 
 # LOCALIZATION NOTE: The 1st %S is brandShortName and 2nd %S is update version
 # where update version from the update xml
 # example: MyApplication 10.0.5
-updateName			= %S %S
-licenseContentDownloading	= %S %S のライセンスを表示...
-updateMoreInfoContentDownloading= %S %S についての詳細を表示...
+updateName				=%1$S %2$S
+updateMoreInfoContentDownloading	=%1$S %2$S についての詳細を表示...
 
 # LOCALIZATION NOTE: When present
 # %1$S is the brandShortName. Ex: MyApplication
 # %2$S is the update version - provided by the update xml. Ex: version 10.0.5
 # %3$S is the build identifier - provided by the update xml. Ex: 20081022033543
 updateNightlyName		=%1$S %2$S %3$S nightly
-incompatAddons_major		= %1$S %2$S と互換性のないアドオンがインストールされており、無効化する必要があります。互換性のあるバージョンが公開され次第、%1$S はこれらのアドオンを更新して再度有効化します:
-incompatAddons_minor		= この更新と互換性のないアドオンがインストールされており、無効化する必要があります。互換性のあるバージョンが公開され次第、%1$S はこれらのアドオンを更新して再度有効化します:
-intro_major			= %1$S %2$S に今すぐアップグレードしますか?
-intro_minor			= %1$S のセキュリティと安定性を向上する更新が公開されています:
+intro_major			=%1$S %2$S に今すぐアップグレードしますか?
+intro_minor			=%1$S のセキュリティと安定性を向上する更新が公開されています:
 
-# LOCALIZATION NOTE:
-# %1$S is the add-on name
-# Example: My Addon
-# %2$S is the add-on version.
-# Example: 2.1.5
-addonLabel			= %1$S %2$S
-
-updateType_major		= 新しいバージョン
-updateType_minor		= セキュリティの更新
+updateType_major		=新しいバージョン
+updateType_minor		=セキュリティの更新
 
 # LOCALIZATION NOTE: When present %S is brandShortName
 # (^^; %1$0.S is a special replacement to generate nothing for %1$S without error
-verificationError		= %1$0.S更新パッケージの完全性が確認できませんでした。
-licenseContentNotFound		= このバージョンの使用許諾書ファイルが見つかりませんでした。詳しくは %S ホームページをご覧ください。
-updateMoreInfoContentNotFound	= このバージョンの詳細情報が見つかりませんでした。詳しくは %S ホームページをご覧ください。
-resumePausedAfterCloseTitle	= ソフトウェアの更新
-resumePausedAfterCloseMsg	= この更新のダウンロードを中断しました。%S を使用しながらバックグラウンドで更新のダウンロードを継続しますか?
-updaterIOErrorTitle		= ソフトウェアを更新できませんでした
-updaterIOErrorMsg		= 更新をインストールできませんでした。%S が他には起動していないことを確認した後にもう一度 %S を再起動してみてください。
-okButton			= OK
-okButton.accesskey		= O
-askLaterButton			= 後で確認する
-askLaterButton.accesskey	= A
-noThanksButton			= 更新しない
-noThanksButton.accesskey	= N
-updateButton_minor		= %S を更新する
-updateButton_minor.accesskey	= U
-updateButton_major		= 新しいバージョンを入手する
-updateButton_major.accesskey	= G
-backButton			= 戻る
-backButton.accesskey		= B
-acceptTermsButton		= 同意する
-acceptTermsButton.accesskey	= A
+verificationError		=%1$0.S更新パッケージの完全性が確認できませんでした。
+updateMoreInfoContentNotFound	=このバージョンの詳細情報が見つかりませんでした。詳しくは %S ホームページをご覧ください。
+resumePausedAfterCloseTitle	=ソフトウェアの更新
+resumePausedAfterCloseMsg	=この更新のダウンロードを中断しました。%S を使用しながらバックグラウンドで更新のダウンロードを継続しますか?
+updaterIOErrorTitle		=ソフトウェアを更新できませんでした
+updaterIOErrorMsg		=更新をインストールできませんでした。%S が他には起動していないことを確認した後にもう一度 %S を再起動してみてください。
+okButton			=OK
+okButton.accesskey		=O
+askLaterButton			=後で確認する
+askLaterButton.accesskey	=A
+noThanksButton			=更新しない
+noThanksButton.accesskey	=N
+updateButton_minor		=%S を更新する
+updateButton_minor.accesskey	=U
+updateButton_major		=新しいバージョンを入手する
+updateButton_major.accesskey	=G
+backButton			=戻る
+backButton.accesskey		=B
+acceptTermsButton		=同意する
+acceptTermsButton.accesskey	=A
 # NOTE: The restartLaterButton string is also used in
 # mozapps/extensions/content/blocklist.js
-restartLaterButton		= 後で再起動
-restartLaterButton.accesskey	= L
-restartNowButton		= %S を再起動
-restartNowButton.accesskey	= R
+restartLaterButton		=後で再起動
+restartLaterButton.accesskey	=L
+restartNowButton		=%S を再起動
+restartNowButton.accesskey	=R
 
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the date the update was installed from the local
 # updates.xml for displaying update history
-statusSucceededFormat		= インストールしました: %S
+statusSucceededFormat		=インストールしました: %S
 
-statusFailed			= インストールできませんでした
-pauseButtonPause		= 中断
-pauseButtonResume		= 再開
-hideButton			= 隠す
-hideButton.accesskey		= H
-
-applyingUpdate			= 更新を適用しています...
-
-updatesfound_minor.title	= 更新が見つかりました
-updatesfound_major.title	= 新しいバージョンが見つかりました
+statusFailed			=インストールできませんでした
+pauseButtonPause		=中断
+pauseButtonResume		=再開
+hideButton			=隠す
+hideButton.accesskey		=H
 
-installSuccess			= 更新を正常にインストールしました
-installPending			= 次の起動時にインストールします
-patchApplyFailure		= 更新をインストールできませんでした (パッチを適用できませんでした)
+applyingUpdate			=更新を適用しています...
+
+updatesfound_minor.title	=更新が見つかりました
+updatesfound_major.title	=新しいバージョンが見つかりました
 
-# LOCALIZATION NOTE: When present %S is the update name provided by the remote
-# update xml for the following
-updateAvailable_minor.title	= %S が見つかりました
-updateAvailable_minor.text	= ダウンロードしてインストール...
-updateAvailable_major.title	= %S が見つかりました
-updateAvailable_major.text	= 新しいバージョンを入手...
-updateDownloaded_minor.title	= %S をダウンロードしました
-updateDownloaded_minor.text	= ダウンロード済みの更新を適用...
-updateDownloaded_major.title	= %S をダウンロードしました
-updateDownloaded_major.text	= 新しいバージョンをインストール...
+installSuccess			=更新を正常にインストールしました
+installPending			=次の起動時にインストールします
+patchApplyFailure		=更新をインストールできませんでした (パッチを適用できませんでした)
+elevationFailure		=この更新をインストールするのに必要な権限がありません。システムの管理者に問い合わせてください。
 
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the amount downloaded so far
 # example: Paused —  879 KB of 2.1 MB
-downloadPausedStatus		= 中断 —  %S
+downloadPausedStatus		=中断 — %S
 
-check_error-200		= 更新情報 XML ファイルが整形式になっていません (200)
-check_error-403		= アクセス拒否されました (403)
-check_error-404		= 更新情報 XML ファイルが見つかりませんでした (404)
-check_error-500		= サーバ内部でエラーが発生しました (500)
-check_error-2152398849	= 失敗しました (原因不明)
-check_error-2152398861	= 接続を拒否されました
-check_error-2152398862	= 接続がタイムアウトしました
+check_error-200			=更新情報 XML ファイルが整形式になっていません (200)
+check_error-403			=アクセス拒否されました (403)
+check_error-404			=更新情報 XML ファイルが見つかりませんでした (404)
+check_error-500			=サーバ内部でエラーが発生しました (500)
+check_error-2152398849		=失敗しました (原因不明)
+check_error-2152398861		=接続を拒否されました
+check_error-2152398862		=接続がタイムアウトしました
 # NS_ERROR_OFFLINE
-check_error-2152398864	= ネットワーク接続がオフラインになっています (オンラインにしてください)
-check_error-2152398867	= ポートの使用を許可されていません
-check_error-2152398868	= データを受信できませんでした (再度試してください)
-check_error-2152398878	= 更新サーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認してください)
-check_error-2152398890	= プロキシサーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認してください)
+check_error-2152398864		=ネットワーク接続がオフラインになっています (オンラインにしてください)
+check_error-2152398867		=ポートの使用を許可されていません
+check_error-2152398868		=データを受信できませんでした (再度試してください)
+check_error-2152398878		=更新サーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認してください)
+check_error-2152398890		=プロキシサーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認してください)
 # NS_ERROR_DOCUMENT_NOT_CACHED
-check_error-2152398918	= ネットワークがオフラインです (オンラインにしてください)
-check_error-2152398919	= データ転送が中断されました (再度試してください)
-check_error-2152398920	= プロキシサーバへの接続を拒否されました
-check_error-2153390069	= サーバの証明書が有効期限を過ぎています (コンピュータの日時が狂っていたら正しく設定してください)
-check_error-verification_failed= 更新の完全性を確認できませんでした
+check_error-2152398918		=ネットワークがオフラインです (オンラインにしてください)
+check_error-2152398919		=データ転送が中断されました (再度試してください)
+check_error-2152398920		=プロキシサーバへの接続を拒否されました
+check_error-2153390069		=サーバの証明書が有効期限を過ぎています (コンピュータの日時が狂っていたら正しく設定してください)
+check_error-verification_failed	=更新の完全性を確認できませんでした
--- a/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
+++ b/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
@@ -10,42 +10,40 @@ rememberLoginMsg			=このログイン情報を %S に記憶させますか?
 rememberLoginMsgNoUser			=このパスワードを %S に記憶させますか?
 rememberLoginButtonText			=記憶
 rememberLoginButtonAccessKey		=R
 updateLoginMsg				=このログイン情報を更新しますか?
 updateLoginMsgNoUser			=このパスワードを更新しますか?
 updateLoginButtonText			=更新
 updateLoginButtonAccessKey		=U
 # LOCALIZATION NOTE (rememberPasswordMsg):
-# 1st string is the username for the login, 2nd is the login's hostname. 
+# 1st string is the username for the login, 2nd is the login's hostname.
 # Note that long usernames may be truncated.
-rememberPasswordMsg			=%2$S で使用する "%1$S" のパスワードを記憶させますか?
+rememberPasswordMsg			=%2$S で使用する “%1$S” のパスワードを記憶させますか?
 # LOCALIZATION NOTE (rememberPasswordMsgNoUsername):
 # String is the login's hostname.
 rememberPasswordMsgNoUsername		=%S で使用するパスワードを記憶させますか?
 # LOCALIZATION NOTE (noUsernamePlaceholder):
 # This is displayed in place of the username when it is missing.
 noUsernamePlaceholder			=ユーザ名を入力してください
-# LOCALIZATION NOTE (showPasswordPlaceholder):
-# This is displayed in the password field to indicate that the password will be
-# shown if focused.
-showPasswordPlaceholder			=開示
+togglePasswordLabel			=パスワードを開示
+togglePasswordAccessKey			=S
 notNowButtonText			=今回は記憶しない(&N)
 notifyBarNotNowButtonText		=今回は記憶しない
 notifyBarNotNowButtonAccessKey		=N
 neverForSiteButtonText			=このサイトでは記憶しない(&V)
 notifyBarNeverRememberButtonText	=このサイトのパスワードは記憶しない
 notifyBarNeverRememberButtonAccessKey	=e
 rememberButtonText			=記憶する(&R)
 notifyBarRememberPasswordButtonText		=パスワードを記憶する
 notifyBarRememberPasswordButtonAccessKey	=R
 passwordChangeTitle			=パスワード変更の確認
 # LOCALIZATION NOTE (updatePasswordMsg):
 # String is the username for the login.
-updatePasswordMsg			=記憶されている "%S" のパスワードを更新しますか?
+updatePasswordMsg			=記憶されている “%S” のパスワードを更新しますか?
 updatePasswordMsgNoUser			=記憶されているパスワードを更新しますか?
 notifyBarUpdateButtonText		=パスワードを更新する
 notifyBarUpdateButtonAccessKey		=U
 notifyBarDontChangeButtonText		=変更しない
 notifyBarDontChangeButtonAccessKey	=D
 userSelectText				=次のサイトのパスワードを変更するユーザを確認してください: 
 hidePasswords				=パスワードを隠す
 hidePasswordsAccessKey			=P
--- a/toolkit/chrome/search/search.properties
+++ b/toolkit/chrome/search/search.properties
@@ -1,19 +1,19 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-addEngineConfirmTitle		= 検索エンジンの追加
-addEngineConfirmation		= %S を検索バーの検索エンジン一覧に追加しますか?\n\n配布元サイト: %S
-addEngineAsCurrentText		= この検索エンジンを選択(&U)
-addEngineAddButtonLabel		= 追加
+addEngineConfirmTitle		=検索エンジンの追加
+addEngineConfirmation		=“%S” を検索バーの検索エンジン一覧に追加しますか?\n\n配布元サイト: %S
+addEngineAsCurrentText		=この検索エンジンを選択(&U)
+addEngineAddButtonLabel		=追加
 
-error_loading_engine_title	= ダウンロード失敗
+error_loading_engine_title	=ダウンロード失敗
 # LOCALIZATION NOTE (error_loading_engine_msg2): %1$S = brandShortName, %2$S = location
-error_loading_engine_msg2	= %S は次の場所から検索エンジンをダウンロードできませんでした:\n%S
-error_duplicate_engine_msg	= 同じ名前の検索エンジンがすでに存在するため、%S は "%S" から検索エンジンをインストールできませんでした。
+error_loading_engine_msg2	=%S は次の場所から検索エンジンをダウンロードできませんでした:\n%S
+error_duplicate_engine_msg	=同じ名前の検索エンジンがすでに存在するため、%S は “%S” から検索エンジンをインストールできませんでした。
 
-error_invalid_engine_title	= インストールエラー
+error_invalid_engine_title	=インストールエラー
 # LOCALIZATION NOTE (error_invalid_engine_msg): %S = brandShortName
-error_invalid_engine_msg	= この検索エンジンは %S でサポートされていないため、インストールできませんでした。
+error_invalid_engine_msg	=この検索エンジンは %S でサポートされていないため、インストールできませんでした。
 
-suggestion_label		= 候補
+suggestion_label		=候補