correct imapAuthGssapiFailed in imapMsgs.properties for mail THUNDERBIRD_25_0b1_BUILD1 THUNDERBIRD_25_0b1_RELEASE
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Mon, 16 Sep 2013 13:40:52 +0900
changeset 1187 a87b57999679388074aa7731b9f65ec1948983ba
parent 1186 fa76eac01a4d91d86fc4eb819839730844b8c790
child 1188 562b13acb0c905f47d14288d327793b5780f0263
child 1206 b1b08677a82a317c39bb3900360dc6e9ab7d7bd5
push id573
push userzbraniecki@mozilla.com
push dateMon, 16 Sep 2013 19:44:27 +0000
correct imapAuthGssapiFailed in imapMsgs.properties for mail
mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
--- a/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
@@ -216,17 +216,17 @@ imapAuthChangePlainToEncrypt	= IMAP サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainNoSSL): %S is the server hostname
 imapAuthChangeEncryptToPlainNoSSL	= IMAP サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthMechNotSupported): %S is the server hostname
 imapAuthMechNotSupported	= IMAP サーバ %S が選択された認証方式をサポートしていません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を変更してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthGssapiFailed): %S is the server hostname
-imapAuthGssapiFailed		= %S に対してすべてのログイン方式を試しましたが失敗しました。パスワードを確認するか、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を変更してください。
+imapAuthGssapiFailed		=Kerberos/GSSAPI チケットが IMAP サーバ %S によって受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapServerCommandFailed):
 # Place the word %1$S in your translation where the name of the account name should appear.
 # Place the word %2$S in your translation where the server response should appear.
 imapServerCommandFailed		= 現在のコマンドを正常に完了できませんでした。%1$S アカウントのメールサーバからの応答: %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapFolderCommandFailed): Do not translate the word %S below.
 # Place the word %1$S in your translation where the name of the account should appear.
--- a/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
@@ -127,17 +127,17 @@ pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc=POP3 メールサーバ (%S) が UIDL, XTND XLST をサポートしていないため、[ダウンロード後もサーバにメッセージを残す]、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。メールをダウンロードするには、[アカウント設定] の [サーバ設定] および [ディスク領域] でこれらのオプションを無効化してください。
 pop3ServerDoesNotSupportTopCommand=POP3 メールサーバ (%S) が TOP コマンドをサポートしていないため、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。このオプションは無効化され、メッセージは、そのサイズに関わらずダウンロードされます。
 
 nsErrorCouldNotConnectViaTls=POP3 サーバへの TLS 接続が確立できません。サーバがダウンしているか、設定が正しくありません。[アカウント設定] の [サーバ設定] で、このメールサーバの設定が正しいか確認して再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (pop3MoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the the name of the folder.
 pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダを削除してもよろしいですか: %S
 
-pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダを削除
+pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダの削除
 
 pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダを削除(&D)
 
 pop3AuthInternalError=POP3 サーバによる認証中に内部状態エラーが発生しました。これはアプリケーション内部の予期しないエラーです。バグとして報告してください。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainNoSSL=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainSSL=POP3 サーバが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバ設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。