52.0: sync suite with en-US rev23730:de155f344653
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 03 Jan 2017 22:26:18 +0900
changeset 2253 9d357fe824a893627177c9426f89f6831d6c8126
parent 2252 8ea58ce9b73c2ae99feacb28bb08ae970e9db5b6
child 2254 9d223a9e805d4359b3ac502827c032ceb0d70741
push id1197
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 23 Jan 2017 14:31:22 +0000
bugs52
52.0: sync suite with en-US rev23730:de155f344653
suite/chrome/common/help/cert_dialog_help.xhtml
suite/chrome/common/help/certs_help.xhtml
suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.properties
suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.dtd
suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
suite/installer/windows/custom.properties
--- a/suite/chrome/common/help/cert_dialog_help.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/cert_dialog_help.xhtml
@@ -356,21 +356,21 @@
       Valid</a></li>
     <li><a href="#domain_name_mismatch">Domain Name Mismatch</a></li>
   </ul>
 </div>
 
 <h3 id="secure_connection_failed_page">Secure Connection Failed Page</h3>
 
 <p>In the case where you have disabled the SSL protocol (e.g. through
-  <a href="ssl_help.xhtml#ssl_settings">SSL Settings</a>) or the website that
-  you are accessing is using an older, insecure version of the SSL protocol then
-  you will be presented with a page titled &quot;Secure Connection Failed&quot;.
-  That page contains some basic background information (including the
-  <strong>Error code</strong> that uniquely identifies the type of problem
+  <a href="ssl_help.xhtml#ssltls_settings">SSL/TLS Settings</a>) or the website
+  that you are accessing is using an older, insecure version of the SSL protocol
+  then you will be presented with a page titled &quot;Secure Connection
+  Failed&quot;. That page contains some basic background information (including
+  the <strong>Error code</strong> that uniquely identifies the type of problem
   &brandShortName; detected with the website) and a <strong>Try Again</strong>
   button that triggers a page reload.</p>
 
 <h3 id="untrusted_connection_page">Untrusted Connection Page</h3>
 
 <p>If SSL itself is enabled then the error page that you will be presented with
   will be titled &quot;This Connection is Untrusted&quot;. There are many
   different reasons why a connection can appear untrusted. Here are some of the
--- a/suite/chrome/common/help/certs_help.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/certs_help.xhtml
@@ -156,20 +156,16 @@
   an organization&apos;s name, double-click the name to expand it.</p>
 
 <p>Use the following buttons to view and manage your certificates (most actions
   require one or more certificates to be selected):</p>
 
 <ul>
   <li><strong>View</strong>: Display detailed information about the selected
     certificates.</li>
-  <li><strong>Edit</strong>: View or change the trust settings that Certificate
-    Manager associates with the selected certificates. You can use these
-    settings to designate an email certificate as one that you trust or
-    don&apos;t trust for identification purposes.</li>
   <li><strong>Import</strong>: Import a file containing one or more
     certificates. When you click Import, Certificate Manager first asks you
     to locate the file that contains the certificate(s).</li>
   <li><strong>Export</strong>: Export the selected certificates. You can
     choose among various formats.</li>
   <li><strong>Delete</strong>: Delete the selected certificates.</li>
 </ul>
 
@@ -190,73 +186,24 @@
   an organization&apos;s name, double-click the name to expand it.</p>
 
 <p>Use the following buttons to view and manage your certificates (most actions
   require one or more certificates to be selected):</p>
 
 <ul>
   <li><strong>View</strong>: Display detailed information about the selected
     certificates.</li>
-  <li><strong>Edit</strong>: View or change the trust settings that Certificate
-    Manager associates with the selected certificates. You can use these
-    settings to designate a website certificate as one that you trust or
-    don&apos;t trust for identification purposes.</li>
-  <li><strong>Import</strong>: Import a file containing one or more
-    certificates. When you click Import, Certificate Manager first asks you
-    to locate the file that contains the certificate(s).</li>
   <li><strong>Export</strong>: Export the selected certificates. You can
     choose among various formats.</li>
   <li><strong>Delete</strong>: Delete the selected certificates.</li>
   <li><strong>Add Exception</strong>: Add a security exception for a server
     (website, mail server) that identifies itself with invalid information.
     This is an advanced feature, act with caution.</li>
 </ul>
 
-<h3 id="edit_website_certificate_trust_settings">Edit Website Certificate
-  Trust Settings</h3>
-
-<p>When you select a website certificate from the
-  <a href="#servers">Servers</a> tab in the Certificate Manager and click Edit,
-  you see a window entitled <q>Edit website certificate trust settings</q>.
-  Here you specify whether you want to trust the selected certificate for
-  identifying the website and setting up an encrypted connection.</p>
-
-<p>The dialog box contains these elements:</p>
-
-<ul>
-  <li><strong>The certificate <q><em>name of certificate</em></q> was
-    issued by</strong>: Provides information about the
-    <a href="glossary.xhtml#certificate_authority">certificate authority</a>
-    that issued this certificate.</li>
-  <li><strong>Edit certificate trust settings</strong>:
-    <ul>
-      <li><strong>Trust the authenticity of this certificate</strong>: If you
-        select this option, Certificate Manager will henceforth trust this
-        certificate for the purposes of identifying this website or setting up
-        an encrypted connection. If you select this option and then attempt to
-        visit the website, your browser will access the site with few, if any,
-        warnings.</li>
-      <li><strong>Do not trust the authenticity of this certificate</strong>:
-        If you select this option, Certificate Manager will no longer trust
-        this certificate for the purposes of identifying this website or
-        setting up an encrypted connection. If you select this option and
-        then attempt to visit the website, you will see one or more warning
-        messages before you can access the site.</li>
-    </ul>
-  </li>
-  <li><strong>Edit CA Trust</strong>: Click this button to specify trust
-    settings for the certificate authority (CA) that issued the website
-    certificate. These settings allow you to trust or not to trust different
-    kinds of certificates issued by that certificate authority. For example,
-    you can choose to trust all website certificates issued by the
-    authority.</li>
-</ul>
-
-<p>Click OK to confirm your choice.</p>
-
 <h3 id="delete_website_certificates">Delete Website Certificates</h3>
 
 <p>Before deleting a server certificate from the
   <a href="#servers">Servers</a> tab in the Certificate Manager, make sure that
   you won&apos;t need it again for the purposes of identifying a website or
   mail server and setting up an encrypted connection.</p>
 
 <h2 id="authorities">Authorities</h2>
@@ -271,26 +218,26 @@
   name, double-click the name to expand it.</p>
 
 <p>Use the following buttons to view and manage your certificates (most actions
   require one or more certificates to be selected):</p>
 
 <ul>
   <li><strong>View</strong>: Display detailed information about the selected
     certificates.</li>
-  <li><strong>Edit</strong>: View or change the settings that Certificate
+  <li><strong>Edit Trust</strong>: View or change the settings that Certificate
     Manager associates with the selected certificates. You can use these
     settings to designate what kinds of certificates, if any, you trust that
     are issued by the corresponding CAs.</li>
   <li><strong>Import</strong>: Import a file containing one or more
     certificates. When you click Import, Certificate Manager first asks you
     to locate the file that contains the certificate(s).</li>
   <li><strong>Export</strong>: Export the selected certificates. You can
     choose among various formats.</li>
-  <li><strong>Delete</strong>: Delete the selected certificates.</li>
+  <li><strong>Delete or Distrust</strong>: Delete the selected certificates.</li>
 </ul>
 
 <p>To ensure that an entire
   <a href="glossary.xhtml#certificate_chain">certificate chain</a> of CAs are
   all trusted, you need to edit the root CA certifiate only.</p>
 
 <p>To import the chain, you click a link on a web page provided by the CA. You
   can then use the authorities tab to locate the root certificate and edit its
--- a/suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/mailnews_preferences.xhtml
@@ -283,17 +283,17 @@
     </ul>
     <ul class="unix">
       <li><strong>Use the operating system&apos;s desktop
         notifications</strong>: Select this to use the operating system&apos;s
         notification system (e.g., libnotify), if available. Note that some
         configuration options for the alert message may not be supported.</li>
       <li><strong>Use &brandShortName;&apos;s own notification
         windows</strong>: Select this to use the built-in
-        <a href="glossary.xhtml#XUL">XUL</a>-based notification system for
+        <a href="glossary.xhtml#xul">XUL</a>-based notification system for
         new-mail alerts. All configuration options are supported.</li>
     </ul>
     <p>When the alert appears, clicking an entry for a message will take you
       to the respective folder and opens that message. You can close the alert
       using the <strong>x</strong> button.
     </p>
 
     <p>The new message alert will continue to work even after you close the
--- a/suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
@@ -8,17 +8,17 @@
 <!ENTITY navigatorCmd.commandkey "1">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (editorCmd.label): DONT_TRANSLATE -->
 <!ENTITY editorCmd.label "Composer">
 <!ENTITY editorCmd.accesskey "c">
 <!ENTITY editorCmd.commandkey "4">
 
 <!ENTITY errorConsoleCmd.label		"エラーコンソール">
 <!ENTITY errorConsoleCmd.accesskey	"C">
-<!ENTITY errorConsoleCmd.commandkey	"j">
+<!ENTITY errorConsoleCmd.commandkey	"o">
 
 <!ENTITY taskComposer.tooltip "Composer">
 <!ENTITY taskNavigator.tooltip "ブラウザー">
 
 <!ENTITY webDevelopment.label "ウェブ開発">
 <!ENTITY webDevelopment.accesskey "W">
 
 <!ENTITY windowMenu.label "ウィンドウ">
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
@@ -1,15 +1,19 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the Mailing list dialog
 #
+
+## LOCALIZATION NOTE (mailingListTitleEdit): %S will be replaced by the Mailing List's display name
+mailingListTitleEdit=%S の編集
+
 emptyListName=アドレスリストの名前を入力してください。
 lastFirstFormat=%S %S
 firstLastFormat=%S %S
 
 newContactTitle=新しい連絡先
 # %S will be the card's display name
 newContactTitleWithDisplayName=%S の新しい連絡先
 editContactTitle=連絡先の編集
@@ -94,20 +98,22 @@ ldap_2.servers.history.description=記録用アドレス帳
 ldap_2.servers.oe.description=OE の連絡先
 ## LOCALIZATION NOTE (ldap_2.servers.osx.description is only used on Mac OS X)
 ldap_2.servers.osx.description=Mac OS X のアドレスブック
 
 # status bar stuff
 ## LOCALIZATION NOTE (totalContactStatus): 
 ## %1$S is address book name, %2$S is card count
 totalContactStatus=%1$S にある連絡先の総数: %2$S
-## LOCALIZATION NOTE (matchesFound):  do not localize %S
 noMatchFound=検索条件に一致する連絡先はありませんでした
-matchFound=1 件の連絡先が見つかりました
-matchesFound=%S 件の連絡先が見つかりました
+## LOCALIZATION NOTE (matchesFound1):
+## Semicolon-separated list of singular and plural forms.
+## See: https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Localization/Localization_and_Plurals
+## #1 is the number of matching contacts found
+matchesFound1=#1 件の連絡先が見つかりました
 
 ## LOCALIZATION NOTE (contactsCopied): Semi-colon list of plural forms
 ## %1$S is the number of contacts that were copied. This should be used multiple
 ## times wherever you need it. Do not replace by %S.
 contactsCopied=%1$S 件の連絡先をコピーしました
 
 ## LOCALIZATION NOTE (contactsMoved): Semi-colon list of plural forms
 ## %1$S is the number of contacts that were moved. This should be used multiple
@@ -149,18 +155,19 @@ joinMeInThisChat=Join+me+in+this+Chat.
 headingHome=自宅
 headingWork=勤務先
 headingOther=他
 headingPhone=電話番号
 headingDescription=説明
 headingAddresses=メールアドレス
 
 # For address books
-newAddressBookTitle=新しいアドレス帳
-renameAddressBookTitle=アドレス帳のプロパティ
+addressBookTitleNew=新しいアドレス帳
+## LOCALIZATION NOTE (addressBookTitleEdit): %S will be replaced by the the Address Book's name
+addressBookTitleEdit=%S のプロパティ
 
 # For corrupt .mab files
 corruptMabFileTitle=アドレス帳ファイルの破損
 corruptMabFileAlert=アドレス帳ファイル (%1$S) を読むことができません。同じディレクトリに新しい %2$S ファイルを作成して、古いファイルのバックアップ %3$S を作成します。
 
 # For locked .mab files
 lockedMabFileTitle=アドレス帳ファイルを読み込めません
 lockedMabFileAlert=アドレス帳ファイル (%S) を読み込めませんでした。読み込み専用になっているか、他のプログラムによってロックされています。しばらく後で再度試してください。
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
@@ -10,17 +10,19 @@ subscribe-cancelSubscriptionTitle=フィードの受信...
 subscribe-feedAlreadySubscribed=このフィードはすでに購読しています。
 subscribe-errorOpeningFile=ファイルを開けませんでした。
 subscribe-feedAdded=フィードを追加しました。
 subscribe-feedUpdated=フィードを更新しました。
 subscribe-feedMoved=フィードの購読を移動しました。
 subscribe-feedCopied=フィードの購読をコピーしました。
 subscribe-feedRemoved=フィードの購読を解除しました。
 subscribe-feedNotValid=フィードの URL が正しくありません。
+subscribe-feedVerified=フィードの URL が検証されました。
 subscribe-networkError=フィードの URL が見つかりませんでした。フィード名を確認して再度試してください。
+subscribe-noAuthError=フィードの URL が認証されていません。
 subscribe-loading=読み込み中です。しばらくお待ちください...
 
 subscribe-OPMLImportTitle=インポートする OPML ファイルの選択
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleList):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
 subscribe-OPMLExportTitleList=フィードリスト %S を OPML ファイルにエクスポート
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleStruct):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
@@ -63,16 +65,20 @@ subscribe-confirmFeedDeletion=次のフィードの購読を解除してもよろしいですか? \n %S
 ##  - The second %S is the total number of items
 subscribe-gettingFeedItems=フィードの記事をダウンロードしています (%S / %S)...
 
 newsblog-noNewArticlesForFeed=このフィードには新着記事がありませんでした。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-networkError): %S is the feed URL
 newsblog-networkError=%S を見つけることができませんでした。名前を確認して再度試してください。
 ## LOCALIZATION NOTE(newsblog-feedNotValid): %S is the feed URL
 newsblog-feedNotValid=%S は有効なフィードではありません。
+## LOCALIZATION NOTE(newsblog-badCertError): %S is the feed URL host
+newsblog-badCertError=%S は不正なセキュリティ証明書を使用しています。
+## LOCALIZATION NOTE(newsblog-noAuthError): %S is the feed URL
+newsblog-noAuthError=%S は認証されていません。
 newsblog-getNewMsgsCheck=新着記事がないかフィードを確認しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE(feeds-accountname): This string should be the same as feeds.accountName in am-newsblog.dtd
 feeds-accountname=ブログとニュース
 
 ## LOCALIZATION NOTE(externalAttachmentMsg): Content in the MIME part for external link attachments.
 externalAttachmentMsg=この MIME 添付はメッセージと別に格納されます。
 
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
@@ -1,14 +1,18 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (identityDialog.style): This value should be roughly
      equal to the value of accountManager.size entity minus the value
      of accountTree.width entity. -->
-<!ENTITY identityDialog.style "min-width: 75ch;"><!-- en-US: 75ch; -->
-<!ENTITY identityTitle.label "差出人情報の設定">
-<!ENTITY identityListDesc.label "差出人情報を設定してください:">
+<!ENTITY identityDialog.style		"min-width: 75ch;"><!-- en-US: 75ch; -->
+<!ENTITY identityListDesc.label		"差出人情報を設定してください:">
 
-<!ENTITY settingsTab.label       "設定">
-<!ENTITY copiesFoldersTab.label "コピーと特別なフォルダ">
-<!ENTITY addressingTab.label    "編集とアドレス入力">
+<!ENTITY settingsTab.label		"設定">
+<!ENTITY copiesFoldersTab.label		"コピーと特別なフォルダ">
+<!ENTITY addressingTab.label		"編集とアドレス入力">
+
+<!ENTITY publicData.label		"公開データ">
+<!ENTITY privateData.label		"個人データ">
+<!ENTITY identityAlias.label		"差出人ラベル:">
+<!ENTITY identityAlias.accesskey	"b">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
@@ -1,13 +1,12 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY newDirectoryTitle.label           "LDAP サーバーのプロパティ">
 <!ENTITY directoryName.label               "名前: ">
 <!ENTITY directoryName.accesskey           "n">
 <!ENTITY directoryHostname.label           "ホスト名: ">
 <!ENTITY directoryHostname.accesskey       "o">
 <!ENTITY directoryBaseDN.label             "ベース識別名: ">
 <!ENTITY directoryBaseDN.accesskey         "b">
 <!ENTITY findButton.label                  "検索">
 <!ENTITY findButton.accesskey              "f">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
@@ -26,19 +26,16 @@ localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリを選択してください。
 # do not localize "\n\n"
 cancelWizard			=アカウントウィザードを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
 accountWizard			=アカウントウィザード
 WizardExit			=終了
 WizardContinue			=キャンセル
 # when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
 enterValidServerName		=正しいサーバー名を入力してください。
 failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
-#LOCALIZATION NOTE: confirmRemoveAccount: %S is the account pretty name
-confirmRemoveAccount		=本当に "%S" アカウントを削除してもよろしいですか?
-confirmRemoveAccountTitle	=アカウント削除
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
 accountName			=%1$S - %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
 confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
 # (^^; en-US: Defer Account?
 confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?
 
@@ -63,16 +60,20 @@ prefPanel-addressing		=編集とアドレス入力
 prefPanel-junk			=迷惑メール
 ## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
 prefPanel-smtp			=送信 (SMTP) サーバー
 
 # account manager multiple identity support
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S
 identity-list-title		=%1$S の差出人情報
 
+identityDialogTitleAdd		=新しい差出人情報
+## LOCALIZATION NOTE (identityDialogTitleEdit): %S is the identity name
+identityDialogTitleEdit		=%S の編集
+
 identity-edit-req		=正しいメールアドレスを入力してください。
 identity-edit-req-title		=差出人情報を作成できませんでした
 
 ## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm): %S is the identity name
 # and should be put on a new line. The new line is produced with the "\n" string.
 identity-delete-confirm		=この差出人情報を削除してもよろしいですか?\n%S
 ## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm-title): %S is the account name
 identity-delete-confirm-title	=差出人情報の削除: %S
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.dtd
@@ -0,0 +1,19 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
+
+<!ENTITY dialogTitle			"アカウントとデータの削除">
+<!ENTITY removeButton.label		"削除">
+<!ENTITY removeButton.accesskey		"R">
+<!ENTITY removeAccount.label		"アカウント情報を削除">
+<!ENTITY removeAccount.accesskey	"a">
+<!ENTITY removeAccount.desc		"このアカウントについて &brandShortName; のデータだけを削除します。サーバー上のアカウントには影響しません。">
+<!ENTITY removeData.label		"メッセージデータを削除">
+<!ENTITY removeData.accesskey		"d">
+<!ENTITY removeDataLocalAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。この操作はサーバー上に保存された一部のメッセージには影響しません。ローカルデータを保管または後で &brandShortName; で再利用する予定のある場合は選択しないでください。">
+<!ENTITY removeDataServerAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。サーバー上に保存されたメッセージとフォルダは保持されます。">
+<!ENTITY showData.label			"データの場所を表示">
+<!ENTITY showData.accesskey		"S">
+<!ENTITY progressPending		"選択したデータを削除しています...">
+<!ENTITY progressSuccess		"削除が完了しました。">
+<!ENTITY progressFailure		"削除に失敗しました。">
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.properties
@@ -0,0 +1,5 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+removeQuestion=本当に "%S" アカウントを削除してもよろしいですか?
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
@@ -1,16 +1,20 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
-replicationStarted= 複製を開始しました...
-changesStarted= 複製のため変更部分の検索を開始しました...
-replicationSucceeded= 正常に複製されました
-replicationFailed= 複製に失敗しました
-replicationCancelled= 複製を中止しました
+replicationStarted=複製を開始しました...
+changesStarted=複製のため変更部分の検索を開始しました...
+replicationSucceeded=正常に複製されました
+replicationFailed=複製に失敗しました
+replicationCancelled=複製を中止しました
 # LOCALIZATION NOTE
 # do not localize %S.  %S is the current entry number (an integer)
-currentCount= 複製するディレクトリ項目: %S
+currentCount=複製するディレクトリ項目: %S
 
-downloadButton= 今すぐダウンロード
-downloadButton.accesskey= D
-cancelDownloadButton= ダウンロードを中止
-cancelDownloadButton.accesskey= C
+downloadButton=今すぐダウンロード
+downloadButton.accesskey=D
+cancelDownloadButton=ダウンロードを中止
+cancelDownloadButton.accesskey=C
+
+directoryTitleNew=新しい LDAP ディレクトリ
+## LOCALIZATION NOTE (directoryTitleEdit): %S will be replaced by the LDAP directory's display name
+directoryTitleEdit=%S のプロパティ
--- a/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.dtd
@@ -25,8 +25,13 @@
 <!ENTITY signMessage.accesskey "D">
 <!ENTITY signingCert.message "メッセージのデジタル署名に使用する証明書:">
 
 <!ENTITY certificates.label "証明書">
 <!ENTITY manageCerts2.label "証明書の管理...">
 <!ENTITY manageCerts2.accesskey "M">
 <!ENTITY manageDevices.label "セキュリティデバイスの管理...">
 <!ENTITY manageDevices.accesskey "g">
+
+<!-- Strings for the cert picker dialog -->
+<!ENTITY certPicker.title "証明書の選択">
+<!ENTITY certPicker.info "証明書:">
+<!ENTITY certPicker.detailsLabel "選択した証明書の詳細:">
--- a/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/smime/am-smime.properties
@@ -1,32 +1,44 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 ## S/MIME error strings.
 ## Note to localization: %S is a placeholder
-NoSenderSigningCert=メッセージにデジタル署名するよう指定されましたが、アカウント設定で指定した署名証明書が見つからないか期限切れになっています。
-NoSenderEncryptionCert=メッセージを暗号化するよう指定されましたが、アカウント設定で指定した暗号化証明書が見つからないか期限切れになっています。
-MissingRecipientEncryptionCert=メッセージを暗号化するよう指定されましたが、%S の暗号化証明書が見つかりません。
-ErrorEncryptMail=メッセージを暗号化できません。受信者全員の有効なメール証明書を持っているか、アカウント設定で指定した証明書が有効かつ信頼されているものであるか確認してください。
-ErrorCanNotSignMail=メッセージに署名できません。アカウント設定で指定した証明書が有効かつ信頼されているものであるか確認してください。
+NoSenderSigningCert		=メッセージにデジタル署名するよう指定されましたが、アカウント設定で指定した署名証明書が見つからないか期限切れになっています。
+NoSenderEncryptionCert		=メッセージを暗号化するよう指定されましたが、アカウント設定で指定した暗号化証明書が見つからないか期限切れになっています。
+MissingRecipientEncryptionCert	=メッセージを暗号化するよう指定されましたが、%S の暗号化証明書が見つかりません。
+ErrorEncryptMail		=メッセージを暗号化できません。受信者全員の有効なメール証明書を持っているか、アカウント設定で指定した証明書が有効かつ信頼されているものであるか確認してください。
+ErrorCanNotSignMail		=メッセージに署名できません。アカウント設定で指定した証明書が有効かつ信頼されているものであるか確認してください。
 
 ## Strings used for in the prefs.
-prefPanel-smime=セキュリティ
+prefPanel-smime			=セキュリティ
 NoSigningCert			=証明書マネージャーはメッセージをデジタル署名する際に使用する有効な証明書を見つけられませんでした。
 NoSigningCertForThisAddress	=証明書マネージャーは <%S> のアドレスでメッセージをデジタル署名する際に使用する有効な証明書を見つけられませんでした。
 NoEncryptionCert		=証明書マネージャーは他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する有効な証明書を見つけられませんでした。
 NoEncryptionCertForThisAddress	=証明書マネージャーは他の人があなたに暗号化したメールを <%S> のアドレスへ送信する際に使用する有効な証明書を見つけられませんでした。
 
-encryption_needCertWantSame=他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
-encryption_wantSame=あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
+encryption_needCertWantSame	=他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
+encryption_wantSame		=あなたへのメッセージの暗号化と復号にも同じ証明書を使用しますか?
 encryption_needCertWantToSelect	=他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する証明書も指定してください。暗号化証明書を今すぐ設定しますか?
-signing_needCertWantSame=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
-signing_wantSame=メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
-signing_needCertWantToSelect=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。署名証明書を今すぐ設定しますか?
+signing_needCertWantSame	=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
+signing_wantSame		=メッセージにデジタル署名する際にも同じ証明書を使用しますか?
+signing_needCertWantToSelect	=メッセージにデジタル署名する証明書も指定してください。署名証明書を今すぐ設定しますか?
 
 ## Strings used by nsMsgComposeSecure
 # (^m^) メッセージ本文に使われるので、安全のため英語のままにする (Bug 507804)
-#mime_smimeEncryptedContentDesc=S/MIME 暗号化メッセージ
-#mime_smimeSignatureContentDesc=S/MIME 暗号署名
-mime_smimeEncryptedContentDesc=S/MIME Encrypted Message
-mime_smimeSignatureContentDesc=S/MIME Cryptographic Signature
+#mime_smimeEncryptedContentDesc	=S/MIME 暗号化メッセージ
+#mime_smimeSignatureContentDesc	=S/MIME 暗号署名
+mime_smimeEncryptedContentDesc	=S/MIME Encrypted Message
+mime_smimeSignatureContentDesc	=S/MIME Cryptographic Signature
+
+## Strings used by the cert picker.
+CertInfoIssuedFor		=発行対象:
+CertInfoIssuedBy		=発行者:
+CertInfoValid			=有効期間
+CertInfoFrom			=
+CertInfoTo			=から
+CertInfoPurposes		=用途
+CertInfoEmail			=メール
+CertInfoStoredIn		=保存先:
+NicknameExpired			=(有効期限切れです)
+NicknameNotYetValid		=(まだ有効になっていません)
--- a/suite/installer/windows/custom.properties
+++ b/suite/installer/windows/custom.properties
@@ -41,29 +41,31 @@ SHORTCUTS_PAGE_SUBTITLE=プログラムアイコンを作成
 SUMMARY_PAGE_TITLE=セットアップ設定の確認
 SUMMARY_PAGE_SUBTITLE=$BrandShortName をインストールする準備ができました。
 SUMMARY_INSTALLED_TO=次の場所に $BrandShortName をインストールします:
 SUMMARY_CLICK=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL=インストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SURVEY_TEXT=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT=今すぐ $BrandFullName を起動(&L)
-WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。\n\nインストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
-WARN_UNSUPPORTED_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。
 CREATE_ICONS_DESC=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP=デスクトップ(&D)
 ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
+WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
+WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
+WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてからインストールを続けてください。
+WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。\n\nインストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL=アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてからアンインストールを続けてください。
 WARN_RESTART_REQUIRED_UNINSTALL=前回の $BrandShortName のアンインストールを完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
 WARN_RESTART_REQUIRED_UPGRADE=前回の $BrandShortName の更新を完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
-ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリを作成できませんでした:
+ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリを作成できません:
 ERROR_CREATE_DIRECTORY_SUFFIX=[キャンセル] をクリックしてインストールを中止するか、\n[再試行] をクリックして再度試してください。
 
 UN_CONFIRM_CLICK=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 UN_CONFIRM_PAGE_TITLE=$BrandFullName のアンインストール
 UN_CONFIRM_PAGE_SUBTITLE=コンピューターから $BrandShortName を削除します。
 UN_CONFIRM_UNINSTALLED_FROM=次の場所の $BrandShortName をアンインストールします:
 
 STATUS_INSTALL_APP=$BrandShortName をインストールしています...