39.0: sync suite with en-US rev19936:f7f421f6c3a2
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Sat, 09 May 2015 16:16:59 +0900
changeset 1762 99cffae25dd866d7a6648c338a433bef69f12d05
parent 1761 a22e2cafedef3b536dc5cdd082250615b1660673
child 1763 f530a1c99c19f49ad09d0c6a0f62d8cb1a12400e
push id921
push userzbraniecki@mozilla.com
push dateMon, 11 May 2015 18:59:38 +0000
bugs39
39.0: sync suite with en-US rev19936:f7f421f6c3a2
suite/chrome/common/pref/pref-languages.dtd
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/filter.properties
suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/mailPrefsOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-character_encoding.dtd
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-languages.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-languages.dtd
@@ -13,18 +13,18 @@
 <!ENTITY languages.customize.deleteButton.label         "削除">
 <!ENTITY languages.customize.deleteButton.accesskey     "R">
 <!ENTITY languages.customize.add.title.label            "言語を追加">
 <!ENTITY languages.customize.available.label            "言語:">
 <!ENTITY languages.customize.active.label               "言語の優先順位:">
 <!ENTITY languages.customize.active.accesskey           "L">
 <!ENTITY languages.customize.others.label               "その他:">
 <!ENTITY languages.customize.others.accesskey           "O">
-<!ENTITY languages.customize.Fallback.grouplabel        "古い Web ページでの文字エンコーディング">
-<!ENTITY languages.customize.Fallback.label             "代替文字エンコーディング:">
-<!ENTITY languages.customize.Fallback.accesskey         "C">
-<!ENTITY languages.customize.Fallback.desc              "この文字エンコーディングは、文字エンコーディングが宣言されていない古い Web ページで使用されます。">
+<!ENTITY languages.customize.Fallback2.grouplabel       "古い Web ページでのテキストエンコーディング">
+<!ENTITY languages.customize.Fallback2.label            "代替テキストエンコーディング:">
+<!ENTITY languages.customize.Fallback2.accesskey        "T">
+<!ENTITY languages.customize.Fallback2.desc             "このテキストエンコーディングは、テキストエンコーディングが宣言されていない古い Web ページで使用されます。">
 <!-- LOCALIZATION NOTE  Character Encoding Preferences Dialog: Do NOT localize the terms "en-bz, ar-jo"  -->
 <!ENTITY languages.customize.others.examples            "例: en-bz, ar-jo">
 <!ENTITY languages.customize.moveUp.label               "上へ">
 <!ENTITY languages.customize.moveUp.accesskey           "U">
 <!ENTITY languages.customize.moveDown.label             "下へ">
 <!ENTITY languages.customize.moveDown.accesskey         "D">
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -81,24 +81,24 @@ smtpSendRefused=送信 (SMTP) サーバ %S に接続できなかったため、メッセージを送信できませんでした。サーバが利用できないか、送信 (SMTP) サーバへの接続が拒否された可能性があります。送信 (SMTP) サーバの設定が正しいか確認し、再度試してください。
 smtpSendInterrupted=送信処理の途中で送信 (SMTP) サーバ %S との接続が切断されたため、メッセージを送信できませんでした。再度試してください。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (smtpSendTimeout): argument %S is the Outgoing server (SMTP)
 smtpSendTimeout=送信 (SMTP) サーバ %S との接続がタイムアウトしたため、メッセージを送信できませんでした。再度試してください。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (smtpSendFailedUnknownReason): argument %S is the Outgoing server (SMTP)
 smtpSendFailedUnknownReason=原因不明の問題により、送信 (SMTP) サーバ %S を利用してメッセージを送信できませんでした。送信 (SMTP) サーバの設定が正しいか確認し、再度試してください。
 
-# LOCALIZATION NOTE (smtpAuthChangeEncryptToPlainNoSsl): %S is the server hostname
-smtpAuthChangeEncryptToPlainNoSsl=送信 (SMTP) サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしている可能性があります。
+# LOCALIZATION NOTE (smtpHintAuthEncryptToPlainNoSsl): %S is the server hostname
+smtpHintAuthEncryptToPlainNoSsl=送信 (SMTP) サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしている可能性があります。
 
-# LOCALIZATION NOTE (smtpAuthChangeEncryptToPlainSsl): %S is the server hostname
-smtpAuthChangeEncryptToPlainSsl=送信 (SMTP) サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。
+# LOCALIZATION NOTE (smtpHintAuthEncryptToPlainSsl): %S is the server hostname
+smtpHintAuthEncryptToPlainSsl=送信 (SMTP) サーバ %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
-# LOCALIZATION NOTE (smtpAuthChangePlainToEncrypt): %S is the server hostname
-smtpAuthChangePlainToEncrypt=送信 (SMTP) サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
+# LOCALIZATION NOTE (smtpHintAuthPlainToEncrypt): %S is the server hostname
+smtpHintAuthPlainToEncrypt=送信 (SMTP) サーバ %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (smtpAuthFailure): %S is the server hostname
 smtpAuthFailure=送信 (SMTP) サーバ %S の認証に失敗しました。パスワードを確認し、[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバ] で [認証方式] が正しいことを確認してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (smtpAuthGssapi): %S is the server hostname
 smtpAuthGssapi=Kerberos/GSSAPI チケットが送信 (SMTP) サーバ %S に受け入れられませんでした。Kerberos/GSSAPI レルムにログインしているか確認してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (smtpAuthMechNotSupported): %S is the server hostname
--- a/suite/chrome/mailnews/filter.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/filter.properties
@@ -18,16 +18,21 @@ customHeaderOverflow		= カスタムヘッダの数が 50 を超えています。カスタムヘッダを一部削除してからやり直してください。
 filterCustomHeaderOverflow	= フィルタ定義のカスタムヘッダが 50 を超えています。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダの数を減らしてください。
 invalidCustomHeader		= カスタムヘッダには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダから無効な文字を削除してください。
 continueFilterExecution		= フィルタ %S の評価に失敗しました。フィルタの評価を続けますか?
 promptTitle			= フィルタ処理をしています
 promptMsg			= メッセージのフィルタ処理を実行中です。\nフィルタの評価を続けますか?
 stopButtonLabel			= 停止
 continueButtonLabel		= 継続
 cannotEnableFilter		= このフィルタはご利用のバージョンのソフトウェアでサポートされていないため、有効にすることができません。
+# LOCALIZATION NOTE(filterFailureWarningPrefix)
+# %1$S=filter error action
+# %2$S=error code as hexadecimal string.
+filterFailureWarningPrefix	= フィルタ処理失敗: "%1$S" 適用中のエラーコード=%2$S:
+
 searchTermsInvalidTitle		= 無効な検索条件
 # LOCALIZATION NOTE(searchTermsInvalidRule)
 # %1$S=search attribute name from the invalid rule
 # %2$S=search operator from the bad rule
 searchTermsInvalidRule		= 無効な検索条件 "%1$S %2$S" が含まれているためフィルタを保存できません。
 # LOCALIZATION NOTE(filterActionOrderExplanation)
 # Keep the \n\n that mean 2 linebreaks.
 filterActionOrderExplanation	= メッセージがこのフィルタと一致した時、この順序でフィルタが実行されます:\n\n
--- a/suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
@@ -1,19 +1,19 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY folderProps.windowtitle.label           "プロパティ">
 
 <!ENTITY generalInfo.label                       "一般情報">
-<!ENTITY folderCharsetFallback.label             "フォールバック文字エンコーディング:">
-<!ENTITY folderCharsetFallback.accesskey         "E">
-<!ENTITY folderCharsetEnforce.label              "この設定をフォルダ内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージの文字エンコーディング指定や自動判別結果を無視する)">
-<!ENTITY folderCharsetEnforce.accesskey          "A">
+<!ENTITY folderCharsetFallback2.label            "フォールバックテキストエンコーディング:">
+<!ENTITY folderCharsetFallback2.accesskey        "E">
+<!ENTITY folderCharsetEnforce2.label             "この設定をフォルダ内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージのテキストエンコーディング指定や自動判別結果を無視する)">
+<!ENTITY folderCharsetEnforce2.accesskey         "A">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFileTip2.label      "要約ファイルの索引を再構築します">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.label         "フォルダを修復">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.accesskey     "R">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFile.explanation    "フォルダの索引ファイル (.msf) が損傷し、削除したはずのメッセージが表示されてしまうことがあります。このような問題が起こったときはフォルダを修復してください。">
 <!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.label       "このフォルダのメッセージをグローバル検索の対象に含める">
 <!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.accesskey   "G">
 
 <!ENTITY retention.label                         "保管ポリシー">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
@@ -50,41 +50,41 @@
 <!ENTITY modelMarkDeleted.accesskey "k">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.label "すぐに削除する">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.accesskey "d">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (expungeOnExit.label) : do not translate two of "&quot;" in below line -->
 <!ENTITY expungeOnExit.label		"終了時に受信トレイを整理 (expunge) する"><!-- &quot; 除去可 -->
 <!ENTITY expungeOnExit.accesskey "E">
 <!ENTITY emptyTrashOnExit.label "終了時にごみ箱を空にする">
 <!ENTITY emptyTrashOnExit.accesskey "x">
-<!ENTITY loginAtStartup.label "新着メッセージがないか起動時に確認する"> 
+<!ENTITY loginAtStartup.label "新着メッセージがないか起動時に確認する">
 <!ENTITY loginAtStartup.accesskey "C">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (maxMessagesStart.label) : translate below 2 lines with grammar dependency 
+<!-- LOCALIZATION NOTE (maxMessagesStart.label) : translate below 2 lines with grammar dependency
     maxMessengerStart.label will be followed by maxMessagesEnd.label with the number
 	 of messages between them
 -->
 <!ENTITY maxMessagesStart.label "ダウンロードするメッセージ数が">
 <!ENTITY maxMessagesStart.accesskey "m">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (maxMessagesEnd.label) : see note for maxMessagesStart.label -->
 <!ENTITY maxMessagesEnd.label "以上になる場合は確認する">
 <!ENTITY alwaysAuthenticate.label "サーバへ接続するときは必ず認証を要求する">
 <!ENTITY alwaysAuthenticate.accesskey "w">
 <!ENTITY newsrcFilePath.label "newsrc ファイル:">
 <!ENTITY newsrcPicker.label "newsrc ファイルを選択してください">
 <!ENTITY abbreviate.label "ニュースグループ名の表示形式:">
 <!ENTITY abbreviateOn.label "Full names (For example, 'netscape.public.mozilla.mail-news')">
 <!ENTITY abbreviateOff.label "完全名 (例: netscape.public.mozilla.mail-news)">
 <!ENTITY advancedButton.label "詳細...">
-<!ENTITY serverDefaultCharset.label "既定の文字エンコーディング:">
+<!ENTITY serverDefaultCharset2.label "既定のテキストエンコーディング:">
 <!ENTITY advancedButton.accesskey "v">
 <!ENTITY localPath.label "メッセージの保存先:"><!-- en-US: Local directory -->
 <!ENTITY localFolderPicker.label "メッセージデータの保存先を選択してください">
 <!ENTITY browseFolder.label "参照...">
 <!ENTITY browseFolder.accesskey "B">
 <!ENTITY browseNewsrc.label "参照...">
 <!ENTITY browseNewsrc.accesskey "e">
 
 <!ENTITY accountTitle.label "アカウント設定">
 <!ENTITY accountSettingsDesc.label "これは特殊なアカウントであり、特定の差出人情報はありません。">
 <!ENTITY storeType.label "メッセージの格納形式:">
 <!ENTITY storeType.accesskey "T">
-<!ENTITY mboxStore.label "一個の大きなファイル (mbox 形式)">
+<!ENTITY mboxStore2.label "フォルダ単位 (mbox 形式)">
 <!ENTITY maildirStore.label "メッセージごとのファイル (maildir 形式)">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/mailPrefsOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/mailPrefsOverlay.dtd
@@ -16,10 +16,10 @@
 <!ENTITY viewingMessages.label            "メッセージの表示">
 <!ENTITY notifications.label              "通知">
 <!ENTITY address.label                    "アドレス帳">
 <!ENTITY composingMessages.label          "メッセージの作成">
 <!ENTITY format.label                     "送信形式">
 <!ENTITY return.label                     "開封確認">
 <!ENTITY junk.label                       "迷惑メール">
 <!ENTITY tags.label                       "タグ">
-<!ENTITY characterEncoding.label          "文字エンコーディング">
+<!ENTITY characterEncoding2.label         "テキストエンコーディング">
 <!ENTITY networkStorage.label             "ネットワークとディスク領域">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-character_encoding.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-character_encoding.dtd
@@ -1,17 +1,17 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY pref.character.encoding.title   "文字エンコーディング">
+<!ENTITY pref.character.encoding2.title  "テキストエンコーディング">
 <!ENTITY messageDisplay.caption          "メッセージの表示">
-<!ENTITY viewFallbackCharset.label       "フォールバック文字エンコーディング:">
-<!ENTITY viewFallbackCharset.accesskey   "E">
+<!ENTITY viewFallbackCharset2.label      "フォールバックテキストエンコーディング:">
+<!ENTITY viewFallbackCharset2.accesskey  "E">
 <!ENTITY viewFallbackCharset.desc        "(文字エンコーディングを宣言していないコンテンツに使用されます。)">
 
 <!ENTITY composingMessages.caption       "メッセージの編集">
 <!ENTITY useMIME.label                   "8 ビット文字を含むメッセージに 'Quoted-Pritable' MIME エンコードを使用する。この項目のチェックを外した場合、メッセージはそのまま送信されます。">
 <!ENTITY useMIME.accesskey               "F">
-<!ENTITY sendDefaultCharset.label        "既定の文字エンコーディング:">
-<!ENTITY sendDefaultCharset.accesskey    "C">
-<!ENTITY replyInDefaultCharset2.label    "可能であれば、返信メッセージに既定の文字エンコーディングを使用する (この項目のチェックを外した場合、新しいメッセージの作成時のみ既定の文字エンコーディングを使用します)。">
-<!ENTITY replyInDefaultCharset2.accesskey "W">
+<!ENTITY sendDefaultCharset2.label       "既定のテキストエンコーディング:">
+<!ENTITY sendDefaultCharset2.accesskey   "T">
+<!ENTITY replyInDefaultCharset3.label    "可能であれば、返信メッセージに既定のテキストエンコーディングを使用する (この項目のチェックを外した場合、新しいメッセージの作成時のみ既定のテキストエンコーディングを使用します)。">
+<!ENTITY replyInDefaultCharset3.accesskey "W">