49.0: sync dom with en-US rev325414:709652b67401
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 19 Jul 2016 20:24:15 +0900
changeset 2127 951ec4490e86bdab63d8780fdded1436a0c137d7
parent 2126 1391dbef8b0e7808928eae6b75ca51a03bffb3d3
child 2128 288337d37bec1ca3edd5721559bf6a3b12383832
push id1147
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 01 Aug 2016 14:18:35 +0000
bugs49
49.0: sync dom with en-US rev325414:709652b67401
dom/chrome/appstrings.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/layout/layout_errors.properties
dom/chrome/layout/printing.properties
dom/chrome/layout/xbl.properties
dom/chrome/layout/xul.properties
dom/chrome/mathml/mathml.properties
dom/chrome/netError.dtd
dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
dom/chrome/security/caps.properties
dom/chrome/security/csp.properties
dom/chrome/security/security.properties
dom/chrome/xslt/xslt.properties
--- a/dom/chrome/appstrings.properties
+++ b/dom/chrome/appstrings.properties
@@ -29,13 +29,13 @@ externalProtocolPrompt		=%1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のプログラムが必要です。\n\n\n次の URL の読み込みが要求されています。\n\n%2$S\n\nプログラム: %3$S\n\n\nこの URL の読み込みが意図していないものである場合、外部プログラムの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。\n
 externalProtocolUnknown		=<不明>
 externalProtocolChkMsg		=今後このプロトコルのリンクを同様に処理する。
 externalProtocolLaunchBtn	=プログラムを起動
 malwareBlocked			=%S の Web サイトは攻撃サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 unwantedBlocked			=%S の Web サイトは望ましくないソフトウェアを配布しているサイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 deceptiveBlocked		=%S の Web ページは詐欺サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 forbiddenBlocked		=%S の Web サイトはブラウザの設定に従いブロックされています。
 cspBlocked			=このページには、セキュリティポリシーによりページへの読み込みが禁止されたコンテンツが含まれています。
-corruptedContentError		=このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。
+corruptedContentErrorv2		=%S の Web サイトで修復不能なネットワークプロトコル違反が発生しました。
 remoteXUL			=このページは、もはや既定では利用できなくなった未対応の技術が使用されています。
 sslv3Used			=安全でないセキュリティプロトコルの SSLv3 が使用されているため、%S 上のデータの安全性は保証されません。
 weakCryptoUsed			=%S の所有者が Web サイトを適切に設定していません。あなたの情報が盗まれることを防ぐため、この Web サイトへの接続は確立されません。
 inadequateSecurityError		=Web サイトが不適当なレベルのセキュリティを処理しようとしています。
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -54,67 +54,68 @@ FormValidationBadInputNumber		=数値を入力してください。
 # (^m^) 以下、Bug 661327 参照
 GetAttributeNodeWarning		=getAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに getAttribute() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeWarning		=setAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに setAttribute() メソッドを使用してください。
 GetAttributeNodeNSWarning	=getAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに getAttributeNS() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeNSWarning	=setAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 RemoveAttributeNodeWarning	=removeAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに removeAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeWarning		=document.createAttribute() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeNSWarning	=document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
-# (^m^) "attributes' specified attribute" 属性に指定されたプロパティ
-OwnerElementWarning		=属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
 NodeValueWarning		=属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 TextContentWarning		=属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 EnablePrivilegeWarning		=enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
 nsIJSONDecodeDeprecatedWarning	=nsIJSON.decode は推奨されません。代わりに JSON.parse を使用してください。
 nsIJSONEncodeDeprecatedWarning	=nsIJSON.encode は推奨されません。代わりに JSON.stringify を使用してください。
 nsIDOMWindowInternalWarning	=nsIDOMWindowInternal の使用は推奨されません。代わりに nsIDOMWindow を使用してください。
 # (^m^) FullscreenDenied* は Bug 687687, 704039, 706672, 743198 参照。
 FullscreenDeniedDisabled		=ユーザ設定により Fullscreen API が無効化されているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedFocusedPlugin		=ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedHidden			=document が不可視になったため、全画面表示の要求が拒否されました。
-FullscreenDeniedContainerNotAllowed	=document に含まれる要素が iframe でないか "allowfullscreen" 属性を持たないため、全画面表示の要求が拒否されました。
+FullscreenDeniedContainerNotAllowed	=document に含まれる要素が iframe でないか “allowfullscreen” 属性を持たないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedNotInputDriven		=ユーザ生成の短期的なイベントハンドラの内部から Element.requestFullscreen() メソッドが呼び出されなかったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedNotInDocument		=要求元の要素が document 内に存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedMovedDocument		=要求元の要素が document を移動したため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedLostWindow		=ウィンドウが存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedSubDocFullscreen	=要求元の document のサブドキュメントがすでに全画面表示であるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedNotDescendant		=要求元の要素が現在の Fullscreen 要素の子孫でないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedNotFocusedTab		=要求元の要素が現在のフォーカスされているタブでないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 RemovedFullscreenElement		=Fullscreen 要素が document から削除されたため、全画面表示を終了しました。
 FocusedWindowedPluginWhileFullscreen	=ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされたため、全画面表示を終了しました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
 HTMLSyncXHRWarning			=同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning		=channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 ResponseTypeSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
-WithCredentialsSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の withCredentials プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning			=XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 JSONCharsetWarning			=XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
 MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリが不足しています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownContentType		=decodeAudioData へ渡されたバッファに種類不明のコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownError		=decodeAudioData の処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataInvalidContent		=decodeAudioData へ渡されたバッファにデコードできない不正なコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataNoAudio			=decodeAudioData へ渡されたバッファに音声が含まれていません。
-MediaLoadExhaustedCandidates			=リソース候補の読み込みがすべて失敗しました。メディアの再生を中止します。
-MediaLoadSourceMissingSrc			=<source> 要素に "src" 属性がありません。メディアを読み込めませんでした。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate HTMLMediaElement and createMediaElementSource.
+MediaElementAudioSourceNodeCrossOrigin		=createMediaElementSource へ渡された HTMLMediaElement に生成元の異なるリソースが含まれています。このノードの音声は出力されません。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate MediaStream and createMediaStreamSource.
+MediaStreamAudioSourceNodeCrossOrigin		=createMediaStreamSource へ渡された MediaStream に生成元の異なるリソースが含まれています。このノードの音声は出力されません。
+MediaLoadExhaustedCandidates			=リソース候補の読み込みがすべて失敗しました。メディアの読み込みを一時停止します。
+MediaLoadSourceMissingSrc			=<source> 要素に “src” 属性がありません。メディアを読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the Http error code the server returned (e.g. 404, 500, etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadHttpError				=HTTP 通信に失敗しました。ステータス: %1$S メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadInvalidURI				=URI が正しくありません。メディア %S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the media resource's format/codec type (basically equivalent to the file type, e.g. MP4,AVI,WMV,MOV etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
-MediaLoadUnsupportedTypeAttribute		="%1$S" で指定された "type" 属性はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
+MediaLoadUnsupportedTypeAttribute		=“%1$S” で指定された “type” 属性はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the "media" attribute value of the <source> element. It is a media query. %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
-MediaLoadSourceMediaNotMatched			="%1$S" で指定された "media" 属性は環境と一致しません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
+MediaLoadSourceMediaNotMatched			=“%1$S” で指定された “media” 属性は環境と一致しません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the MIME type HTTP header being sent by the web server, %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
-MediaLoadUnsupportedMimeType			="%1$S" の HTTP "Content-Type" はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
+MediaLoadUnsupportedMimeType			=“%1$S” の HTTP “Content-Type” はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the media resource which failed to load because of error in decoding.
 MediaLoadDecodeError				=メディア %S をデコードできませんでした。
 MediaWidevineNoWMFNoSilverlight			=Widevine を Windows Media Foundation (または Silverlight フォールバック) なしで再生しようとしています。https://support.mozilla.org/kb/fix-video-audio-problems-firefox-windows を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
 MediaWMFNeeded					=%S の動画形式を再生するには、追加の Microsoft ソフトウェアをインストールする必要があります。https://support.mozilla.org/kb/fix-video-audio-problems-firefox-windows を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
 MediaPlatformDecoderNotFound			=このページ上の動画は再生できません。次の形式の再生に必要な動画コーデックがシステムにありません: %S
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
@@ -136,21 +137,21 @@ MutationEventWarning			=Mutation Event の使用は推奨されません。代わりに MutationObserver を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Components"
 ComponentsWarning			=Components オブジェクトは推奨されません。間もなく削除されます。
 PluginHangUITitle			=警告: プラグインの応答がありません
 PluginHangUIMessage			=%S プラグインがビジー状態か応答を停止している可能性があります。プラグインを今すぐ停止するか処理が完了するまで待機してください。
 PluginHangUIWaitButton			=待機
 PluginHangUIStopButton			=プラグインを停止
 PrefixedFullscreenAPIWarning		=接頭辞付きの Fullscreen API は推奨されません。Fullscreen については接頭辞なしの API を使用してください。詳しくは、https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Fullscreen_API を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozHidden", "mozVisibilityState", "hidden", or "visibilityState"
-PrefixedVisibilityAPIWarning		='mozHidden' と 'mozVisibilityState' は推奨されません。代わりに接頭辞なしの 'hidden' と 'visibilityState' を使用してください。
+PrefixedVisibilityAPIWarning		=‘mozHidden’ と ‘mozVisibilityState’ は推奨されません。代わりに接頭辞なしの ‘hidden’ と ‘visibilityState’ を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "NodeIterator" or "detach()".
 NodeIteratorDetachWarning		=NodeIterator 上の detach() 関数の呼び出しは無効です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "LenientThis" and "this"
-LenientThisWarning			="this" オブジェクトが正しくないため、[LenientThis] を持つプロパティの get または set は無視されます。
+LenientThisWarning			=“this” オブジェクトが正しくないため、[LenientThis] を持つプロパティの get または set は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "nsIDOMWindowUtils", "getWindowWithOuterId", or "nsIWindowMediator"
 GetWindowWithOuterIdWarning		=nsIDOMWindowUtils.getOuterWindowWithId() の使用は推奨されません。代わりに同じ名前の nsIWindowMediator メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "getPreventDefault" or "defaultPrevented".
 GetPreventDefaultWarning		=getPreventDefault() の使用は推奨されません。代わりに defaultPrevented を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "getUserData", "setUserData", "WeakMap", or "element.dataset".
 GetSetUserDataWarning			=getUserData() と setUserData() の使用は推奨されません。代わりに WeakMap と element.dataset を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozGetAsFile" or "toBlob"
 MozGetAsFileWarning			=非標準の mozGetAsFile メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の toBlob メソッドを使用してください。
@@ -180,48 +181,56 @@ IgnoringWillChangeOverBudgetWarning	=will-change のメモリー消費量が多すぎます。予約サイズの制限は document の表面領域の %1$S 倍の値です (%2$Spx)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 HittingMaxWorkersPerDomain2		=Worker をすぐに開始できませんでした。同一生成元の他のドキュメントがすでに worker の数を上限まで使用しています。Worker をキューに追加し、他の worker の完了後に開始します。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "setVelocity", "PannerNode", "AudioListener", "speedOfSound" and "dopplerFactor"
 PannerNodeDopplerWarning		=PannerNode および AudioListener 上の setVelocity() メソッド、AudioListener 上の speedOfSound プロパティおよび dopplerFactor プロパティは削除されるため使用が推奨されません。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/AudioListener#Deprecated_features を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Application Cache API", "AppCache" and "ServiceWorker".
 AppCacheWarning				=Application Cache API (AppCache) は推奨されません。将来のバージョンで削除されます。オフラインサポートには ServiceWorker を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 EmptyWorkerSourceWarning		=空ソースから Worker を作成しようとしています。これは意図されていない可能性があります。
-WebrtcDeprecatedPrefixWarning		="moz" 接頭辞付きの WebRTC インターフェイス (mozRTCPeerConnection, mozRTCSessionDescription, mozRTCIceCandidate) は推奨されません。
+WebrtcDeprecatedPrefixWarning		=“moz” 接頭辞付きの WebRTC インターフェイス (mozRTCPeerConnection, mozRTCSessionDescription, mozRTCIceCandidate) は推奨されません。
 NavigatorGetUserMediaWarning		=navigator.mozGetUserMedia は navigator.mediaDevices.getUserMedia に置き換えられました。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "RTCPeerConnection", "getLocalStreams", "getRemoteStreams", "getSenders" or "getReceivers".
+RTCPeerConnectionGetStreamsWarning	=RTCPeerConnection.getLocalStreams/getRemoteStreams は推奨されません。代わりに RTCPeerConnection.getSenders/getReceivers を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %S is a URL.
-InterceptionFailedWithURL		='%S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker の要求に割り込みが発生し予期せぬエラーに遭遇しました。
+InterceptionFailedWithURL		=‘%S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker の要求に割り込みが発生し予期せぬエラーに遭遇しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "FetchEvent.respondWith()", "FetchEvent", "no-cors", "opaque", "Response", or "RequestMode". %1$S is a URL. %2$S is a RequestMode value.
-BadOpaqueInterceptionRequestModeWithURL	='%1$S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が '%2$S' FetchEvent のハンドル中に opaque Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。opaque Response オブジェクトは RequestMode が 'no-cors' である時のみ有効です。
+BadOpaqueInterceptionRequestModeWithURL	=‘%1$S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が ‘%2$S’ FetchEvent のハンドル中に opaque Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。opaque Response オブジェクトは RequestMode が ‘no-cors’ である時のみ有効です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Error", "Response", "FetchEvent.respondWith()", or "fetch()". %S is a URL.
-InterceptedErrorResponseWithURL		='%S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が Error Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。これは ServiceWorker が不正な fetch() 呼び出しを行っていることを表します。
+InterceptedErrorResponseWithURL		=‘%S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が Error Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。これは ServiceWorker が不正な fetch() 呼び出しを行っていることを表します。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Response", "FetchEvent.respondWith()", or "Response.clone()". %S is a URL.
-InterceptedUsedResponseWithURL		='%S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が使用済みの Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。応答ボディは一度だけ読めます。ボディに複数回アクセスするには Response.clone() を使用してください。
+InterceptedUsedResponseWithURL		=‘%S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が使用済みの Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。応答ボディは一度だけ読めます。ボディに複数回アクセスするには Response.clone() を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "opaqueredirect", "Response", "FetchEvent.respondWith()", or "FetchEvent". %s is a URL.
-BadOpaqueRedirectInterceptionWithURL	='%S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が非ナビゲーション FetchEvent のハンドル中に opaqueredirect Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
+BadOpaqueRedirectInterceptionWithURL	=‘%S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が非ナビゲーション FetchEvent のハンドル中に opaqueredirect Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Response", "FetchEvent.respondWith()", "RedirectMode" or "follow". %S is a URL.
+BadRedirectModeInterceptionWithURL	=‘%S’ の読み込みに失敗しました。RedirectMode が ‘follow’ ではないのに ServiceWorker がリダイレクトされた Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker" or "FetchEvent.preventDefault()". %S is a URL.
-InterceptionCanceledWithURL		='%S' の読み込みに失敗しました。FetchEvent.preventDefault() の呼び出しにより ServiceWorker が読み込みをキャンセルしました。
+InterceptionCanceledWithURL		=‘%S’ の読み込みに失敗しました。FetchEvent.preventDefault() の呼び出しにより ServiceWorker が読み込みをキャンセルしました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "promise", or "FetchEvent.respondWith()". %1$S is a URL. %2$S is an error string.
-InterceptionRejectedResponseWithURL	='%1$S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が '%2$S' で却下された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
+InterceptionRejectedResponseWithURL	=‘%1$S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が ‘%2$S’ で却下された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "promise", "FetchEvent.respondWith()", or "Response". %1$S is a URL. %2$S is an error string.
-InterceptedNonResponseWithURL		='%1$S' の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が Response 値でない '%2$S' で解決された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
+InterceptedNonResponseWithURL		=‘%1$S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が Response 値でない ‘%2$S’ で解決された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Service-Worker-Allowed" or "HTTP". %1$S and %2$S are URLs.
-ServiceWorkerScopePathMismatch		=ServiceWorker の登録に失敗しました。提供されたスコープ '%1$S' のパスが '%2$S' で許可された最大スコープ以下ではありません。スコープを調整し、ServiceWorker スクリプトを移動するか Service-Worker-Allowed HTTP ヘッダを使用してスコープを許可してください。
-ExecCommandCutCopyDeniedNotInputDriven	=document.execCommand('cut'/'copy') はユーザ生成の短期的なイベントハンドラの内部からの呼び出しでないため拒否されました。
+ServiceWorkerScopePathMismatch		=ServiceWorker の登録に失敗しました。提供されたスコープ ‘%1$S’ のパスが ‘%2$S’ で許可された最大スコープ以下ではありません。スコープを調整し、ServiceWorker スクリプトを移動するか Service-Worker-Allowed HTTP ヘッダを使用してスコープを許可してください。
+ExecCommandCutCopyDeniedNotInputDriven	=document.execCommand(‘cut’/‘copy’) はユーザ生成の短期的なイベントハンドラの内部からの呼び出しでないため拒否されました。
 ManifestShouldBeObject			=Manifest がオブジェクトではありません。
 ManifestScopeURLInvalid			=scope URL が正しくありません。
 ManifestScopeNotSameOrigin		=scope URL はドキュメントと同一の生成元でなければなりません。
 ManifestStartURLOutsideScope		=start URL がスコープ外のため scope が正しくありません。
 ManifestStartURLInvalid			=start URL が正しくありません。
 ManifestStartURLShouldBeSameOrigin	=start URL はドキュメントと同一の生成元でなければなりません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the name of the object whose property is invalid. %2$S is the name of the invalid property. %3$S is the expected type of the property value. E.g. "Expected the manifest's start_url member to be a string."
 ManifestInvalidType			=%1$S のメンバ %2$S が %3$S ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the name of the property whose value is invalid. %2$S is the (invalid) value of the property. E.g. "theme_color: 42 is not a valid CSS color."
 ManifestInvalidCSSColor			=%1$S: %2$S の CSS カラー指定が正しくありません。
 PatternAttributeCompileFailure		=パターンが正しい正規表現ではないため <input pattern='%S'> を照合できません: %S
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "postMessage" or DOMWindow. %S values are origins, like https://domain.com:port
-TargetPrincipalDoesNotMatch		='DOMWindow' 上の 'postMessage' の実行に失敗しました。指定された送信先の生成元 ('%1$S') と受け取る window の生成元 ('%2$S') が一致しません。
+TargetPrincipalDoesNotMatch		=‘DOMWindow’ 上の ‘postMessage’ の実行に失敗しました。指定された送信先の生成元 (‘%1$S’) と受け取る window の生成元 (‘%2$S’) が一致しません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate 'youtube'. %S values are origins, like https://domain.com:port
 RewriteYoutubeEmbed			=古いスタイルの Youtube Flash 埋め込み (%1$S) を iframe 埋め込み (%2$S) に書き換えています。可能であればページを更新して embed/object の代わりに iframe を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate 'youtube'. %S values are origins, like https://domain.com:port
 RewriteYoutubeEmbedInvalidQuery		=古いスタイルの Youtube Flash 埋め込み (%1$S) を iframe 埋め込み (%2$S) に書き換えています。クエリが正しくないため URL から削除されました。可能であればページを更新して embed/object の代わりに iframe を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %1$S is the ServiceWorker scope URL. %2$S is an error string.
-PushMessageDecryptionFailure		=スコープ '%1$S' の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号エラーに遭遇しました: '%2$S'。暗号化については https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Push_API/Using_the_Push_API#Encryption を参照してください。
+PushMessageDecryptionFailure		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号エラーに遭遇しました: ‘%2$S’。暗号化については https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Push_API/Using_the_Push_API#Encryption を参照してください。
+# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the type of a DOM event. 'passive' is a literal parameter from the DOM spec.
+PreventDefaultFromPassiveListenerWarning	=‘%1$S’形式のイベントで ‘passive’ として登録されたリスナからの ‘preventDefault()’ の呼び出しを無視します。
+NavigatorBatteryWarning			=navigator.battery は推奨されません。代わりに navigator.getBattery() を使用してください。
+FileLastModifiedDateWarning		=File.lastModifiedDate は推奨されません。代わりに File.lastModified を使用してください。
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -1,185 +1,185 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-MimeNotCss	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっているため、スタイルシート %1$S は読み込まれていません。
-MimeNotCssWarn	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっていますが、スタイルシート %1$S は CSSとして読み込まれました。
+MimeNotCss	= MIME タイプが “text/css” ではなく “%2$S” となっているため、スタイルシート %1$S は読み込まれていません。
+MimeNotCssWarn	= MIME タイプが “text/css” ではなく “%2$S” となっていますが、スタイルシート %1$S は CSSとして読み込まれました。
 
 # (^^; 以下すべて ParseError メッセージとして http://lxr.mozilla.org/mozilla/source/layout/style/nsCSSParser.cpp で使用
 # *EOF は nsCSSScanner::ReportUnexpectedEOF() の引数 aLookingFor として使用され PEUnexpEOF の %1$S の置き換えに使用される...
 # http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSScanner.cpp#377
 # style rule := selector { declaration }
-PEUnexpEOF2			=%1$Sを検索中にファイル終端に達してしまいました。
+PEUnexpEOF2			=%1$S の検索中に予期せずファイル終端に達しました。
 PEParseRuleWSOnly		=空白だけの文字列がパース対象規則に指定されています。
 PEDeclDropped			=このスタイル宣言は無視されました。
 PEDeclSkipped			=これを無視して次のスタイル宣言を処理します。
-PEUnknownProperty		=不明なプロパティ '%1$S' が使用されています。
-PEValueParsingError		='%1$S' の値をパース中にエラーが発生しました。
-PEExpectEndValue		=値が終わらずに末尾に '%1$S' が続いています。
-PERuleTrailing			=規則が終わらずに末尾に '%1$S' が続いています。
+PEUnknownProperty		=不明なプロパティ ‘%1$S’ が使用されています。
+PEValueParsingError		=‘%1$S’ の値をパース中にエラーが発生しました。
+PEExpectEndValue		=値が終わらずに末尾に ‘%1$S’ が続いています。
+PERuleTrailing			=規則が終わらずに末尾に ‘%1$S’ が続いています。
 PESkipAtRuleEOF2		=@ 規則部の終わり
-PEUnknownAtRule			=@ 規則 '%1$S' を識別できないか、パースエラーが発生しました
+PEUnknownAtRule			=@ 規則 ‘%1$S’ を識別できないか、パースエラーが発生しました
 PECharsetRuleEOF		=@charset 規則の文字エンコーディング名
-PECharsetRuleNotString		=文字エンコーディング名であるべきところが '%1$S' になっています。
+PECharsetRuleNotString		=文字エンコーディング名であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEGatherMediaEOF		=@import 規則または @media 規則のメディアリストの終わり
-PEGatherMediaNotComma		=メディアリスト中の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEGatherMediaNotIdent		=メディアリスト中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEGatherMediaReservedMediaType	=メディアタイプの検索時に予約キーワード '%1$S' が見つかりました。
+PEGatherMediaNotComma		=メディアリスト中の ‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEGatherMediaNotIdent		=メディアリスト中の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEGatherMediaReservedMediaType	=メディアタイプの検索時に予約キーワード ‘%1$S’ が見つかりました。
 PEParseSourceSizeListEOF	=メディアのマッチ条件の長さの値
-PEParseSourceSizeListNotComma	=値の後の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEImportNotURI			=@import 規則中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEImportBadURI			=@import 規則中の URI が不正です: '%1$S'
-PEImportUnexpected		=@import 規則中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEParseSourceSizeListNotComma	=値の後の ‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEImportNotURI			=@import 規則中の URI であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEImportBadURI			=@import 規則中の URI が不正です: ‘%1$S’
+PEImportUnexpected		=@import 規則中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
 PEGroupRuleEOF2			=@media, @supports 規則または @-moz-document 規則の終わり
 PEGroupRuleNestedAtRule		=%1$S 規則は @media 規則または @-moz-document 規則内では使用できません。
-PEMozDocRuleBadFunc2		=@-moz-document 規則中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
-PEMozDocRuleNotURI		=@-moz-document 規則中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEMozDocRuleNotString		=@-moz-document 規則中の regexp() 関数であるべき文字列が '%1$S' になっています。
+PEMozDocRuleBadFunc2		=@-moz-document 規則中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEMozDocRuleNotURI		=@-moz-document 規則中の URI であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEMozDocRuleNotString		=@-moz-document 規則中の regexp() 関数であるべき文字列が ‘%1$S’ になっています。
 PEMozDocRuleEOF			=次は @-moz-document 規則中の URI
 PEAtNSPrefixEOF			=@namespace 規則の接頭辞
 PEAtNSURIEOF			=@namespace 規則の名前空間 URI
-PEAtNSUnexpected		=@namespace 規則中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEAtNSUnexpected		=@namespace 規則中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
 PEKeyframeNameEOF		=@keyframes 規則の名前。
 PEKeyframeBadName		=@keyframes 規則名の識別子がありません。
-PEKeyframeBrace			=@keyframes 規則を開く '{' がありません。
-PESkipDeclBraceEOF		=宣言ブロックを閉じる '}'\ 
-PESkipRSBraceEOF		=不正な規則セットを閉じる '}'\ 
+PEKeyframeBrace			=@keyframes 規則を開く ‘{’ がありません。
+PESkipDeclBraceEOF		=宣言ブロックを閉じる ‘}’
+PESkipRSBraceEOF		=不正な規則セットを閉じる ‘}’
 PEBadSelectorRSIgnored		=セレクタが不正であるため、規則セットは無視されました。
 PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored	=識別子が不正であるため、規則セットは無視されました。
-PESelectorListExtraEOF		=',' または '{'\ 
-PESelectorListExtra		=',' または '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PESelectorListExtraEOF		=‘,’ または ‘{’
+PESelectorListExtra		=‘,’ または ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PESelectorGroupNoSelector	=正しいセレクタではありません。
 PESelectorGroupExtraCombinator	=セレクタ結合子が連続しています。
 PECounterStyleNotIdent		=@counter-style 規則名の識別子がありません。
-PECounterStyleBadName		=@counter-style 規則名を '%1$S' にすることはできません。
-PECounterStyleBadBlockStart	=@counter-style 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PECounterStyleEOF		=@counter-style ブロックを閉じる '}'\ 
-PECounterDescExpected		=カウンタ記述子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEUnknownCounterDesc		=@counter-style 規則内に不明な記述子 '%1$S' が使用されています。
-PECounterExtendsNotIdent	=システムを拡張する記述子であるべきところに '%1$S' が見つかりました。
+PECounterStyleBadName		=@counter-style 規則名を ‘%1$S’ にすることはできません。
+PECounterStyleBadBlockStart	=@counter-style 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PECounterStyleEOF		=@counter-style ブロックを閉じる ‘}’
+PECounterDescExpected		=カウンタ記述子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEUnknownCounterDesc		=@counter-style 規則内に不明な記述子 ‘%1$S’ が使用されています。
+PECounterExtendsNotIdent	=システムを拡張する記述子であるべきところに ‘%1$S’ が見つかりました。
 PECounterASWeight		=付加記号の各記述子のウエイトは前のウエイトより小さくなければなりません。
 # (^^; foo > + bar とかいった状況だと思う http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSParser.cpp#1926
 PEClassSelEOF			=クラス名
-PEClassSelNotIdent		=クラスセレクタの識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PECoordinatePair		=座標の対であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEClassSelNotIdent		=クラスセレクタの識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PECoordinatePair		=座標の対であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PETypeSelEOF			=要素名
-PETypeSelNotType		=要素名または '*' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEUnknownNamespacePrefix	=不明な名前空間接頭辞 '%1$S' が使用されています。
+PETypeSelNotType		=要素名または ‘*’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEUnknownNamespacePrefix	=不明な名前空間接頭辞 ‘%1$S’ が使用されています。
 PEAttributeNameEOF		=属性名
-PEAttributeNameExpected		=属性の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEAttributeNameOrNamespaceExpected	=属性名または名前空間であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEAttSelNoBar			='|' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEAttributeNameExpected		=属性の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEAttributeNameOrNamespaceExpected	=属性名または名前空間であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEAttSelNoBar			=‘|’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEAttSelInnerEOF		=属性セレクタの一部
-PEAttSelUnexpected		=属性セレクタ中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
+PEAttSelUnexpected		=属性セレクタ中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
 PEAttSelValueEOF		=属性値
-PEAttSelCloseEOF		=属性セレクタ終わりの ']'\ 
-PEAttSelNoClose			=属性セレクタ終わりの ']' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEAttSelBadValue		=属性セレクタ中の識別子または値の文字列であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEAttSelCloseEOF		=属性セレクタ終わりの ‘]’
+PEAttSelNoClose			=属性セレクタ終わりの ‘]’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEAttSelBadValue		=属性セレクタ中の識別子または値の文字列であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEPseudoSelEOF			=擬似クラス名または擬似要素名
-PEPseudoSelBadName		=擬似クラスまたは擬似要素の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoSelNonFunc		='%1$S' では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使用されています。
+PEPseudoSelBadName		=擬似クラスまたは擬似要素の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEPseudoSelNonFunc		=‘%1$S’ では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使用されています。
 # (^^; PEPseudoSelNonFunc は妖しい
-PEPseudoSelNotPE		=擬似要素であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEPseudoSelNotPE		=擬似要素であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 # (^^; 以下の否定擬似クラスについては http://www.w3.org/TR/2001/CR-css3-selectors-20011113/#negation 参照
-PEPseudoSelDoubleNot		=否定擬似クラスを否定することはできません: '%1$S'
-PEPseudoSelPEInNot		=擬似要素を否定することはできません: '%1$S'
-PEPseudoSelNewStyleOnly		=この擬似要素は "::" 形式で書かれなければなりません: '%1$S'
-PEPseudoSelEndOrUserActionPC	=セレクタ末尾または擬似要素に続くユーザ操作の擬似クラスであるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoSelNoUserActionPC	=ユーザ操作の擬似クラスをサポートしない擬似要素の後のセレクタ末尾であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoSelMultiplePE		=余分な擬似要素 '%1$S' があります。
-PEPseudoSelUnknown		=不明な擬似クラスまたは擬似要素 '%1$S' が使用されています。
+PEPseudoSelDoubleNot		=否定擬似クラスを否定することはできません: ‘%1$S’
+PEPseudoSelPEInNot		=擬似要素を否定することはできません: ‘%1$S’
+PEPseudoSelNewStyleOnly		=この擬似要素は “::” 形式で書かれなければなりません: ‘%1$S’
+PEPseudoSelEndOrUserActionPC	=セレクタ末尾または擬似要素に続くユーザ操作の擬似クラスであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEPseudoSelNoUserActionPC	=ユーザ操作の擬似クラスをサポートしない擬似要素の後のセレクタ末尾であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEPseudoSelMultiplePE		=余分な擬似要素 ‘%1$S’ があります。
+PEPseudoSelUnknown		=不明な擬似クラスまたは擬似要素 ‘%1$S’ が使用されています。
 PENegationEOF			=否定対象セレクタ
-PENegationBadInner		=否定擬似クラスの引数 '%1$S' は正しい単純セレクタではありません。
-PENegationNoClose		=否定擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
-PENegationBadArg		=否定擬似クラス '%1$S' の引数がありません。
+PENegationBadInner		=否定擬似クラスの引数 ‘%1$S’ は正しい単純セレクタではありません。
+PENegationNoClose		=否定擬似クラス ‘%1$S’ を閉じる ‘)’ がありません。
+PENegationBadArg		=否定擬似クラス ‘%1$S’ の引数がありません。
 PEPseudoClassArgEOF		=擬似クラスの引数
-PEPseudoClassArgNotIdent	=擬似クラス中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoClassArgNotNth		=擬似クラスの引数の一部であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEPseudoClassNoClose		=擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
-PEPseudoClassNoArg		=擬似クラス '%1$S' の引数がありません。
-PEPseudoClassNotUserAction	=セレクタ末尾または擬似要素に続くユーザ操作の擬似クラスであるべきところが擬似クラス '%1$S' になっています。
+PEPseudoClassArgNotIdent	=擬似クラス中の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEPseudoClassArgNotNth		=擬似クラスの引数の一部であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEPseudoClassNoClose		=擬似クラス ‘%1$S’ を閉じる ‘)’ がありません。
+PEPseudoClassNoArg		=擬似クラス ‘%1$S’ の引数がありません。
+PEPseudoClassNotUserAction	=セレクタ末尾または擬似要素に続くユーザ操作の擬似クラスであるべきところが擬似クラス ‘%1$S’ になっています。
 PESelectorEOF			=セレクタ
-PEBadDeclBlockStart		=宣言ブロックを開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEBadDeclBlockStart		=宣言ブロックを開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorEOF			=色名または RGB 値
-PEColorNotColor			=色であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEColorNotColor			=色であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorComponentEOF		=色の RGB 値
-PEExpectedPercent		=パーセント指定であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEExpectedInt			=整数値であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEColorBadRGBContents		=rgb() 指定中の数値またはパーセント指定であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEColorComponentBadTerm		='%2$S' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedPercent		=パーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEExpectedInt			=整数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEColorBadRGBContents		=rgb() 指定中の数値またはパーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEColorComponentBadTerm		=‘%2$S’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorHueEOF			=色相
-PEExpectedComma			=',' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedComma			=‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorSaturationEOF		=彩度
 PEColorLightnessEOF		=明度
 PEColorOpacityEOF		=色の透明度
-PEExpectedNumber		=数値であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedNumber		=数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEPositionEOF			=<position>
-PEExpectedPosition		=<position> であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEExpectedRadius		=radius であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEExpectedCloseParen		=')' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEDeclEndEOF			=スタイル宣言終わりの ';' または '}'\ 
-PEParseDeclarationNoColon	=':' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEParseDeclarationDeclExpected	=スタイル宣言であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedPosition		=<position> であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEExpectedRadius		=radius であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEExpectedCloseParen		=‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEDeclEndEOF			=スタイル宣言終わりの ‘;’ または ‘}’
+PEParseDeclarationNoColon	=‘:’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEParseDeclarationDeclExpected	=スタイル宣言であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEEndOfDeclEOF			=スタイル宣言の終わり
 PEImportantEOF			=important
-PEExpectedImportant		='important' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEBadDeclEnd			=スタイル宣言終わりの ';' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEBadDeclOrRuleEnd2		=スタイル宣言終わりの ';' または '}' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedImportant		=‘important’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEBadDeclEnd			=スタイル宣言終わりの ‘;’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEBadDeclOrRuleEnd2		=スタイル宣言終わりの ‘;’ または ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEInaccessibleProperty2		=内部的にのみ使われるプロパティには値を設定できません。
 PECommentEOF			=コメント部の終わり
-SEUnterminatedString		=閉じられていない文字列があります: '%1$S'
-PEFontDescExpected		=フォント記述子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEUnknownFontDesc		=@font-face 規則中に不明な記述子 '%1$S' が使用されています。
+SEUnterminatedString		=閉じられていない文字列があります: ‘%1$S’
+PEFontDescExpected		=フォント記述子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEUnknownFontDesc		=@font-face 規則中に不明な記述子 ‘%1$S’ が使用されています。
 # (^^; メディアクエリーまわりの用語は要再確認
-PEMQExpectedExpressionStart	=メディアクエリー式を開始する '(' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEMQExpectedExpressionStart	=メディアクエリー式を開始する ‘(’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEMQExpressionEOF		=メディアクエリー式の内容
-PEMQExpectedFeatureName		=メディア特性名であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEMQExpectedFeatureNameEnd	=メディア特性名の後の ':' または ')' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEMQExpectedFeatureName		=メディア特性名であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEMQExpectedFeatureNameEnd	=メディア特性名の後の ‘:’ または ‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEMQNoMinMaxWithoutValue	=メディア特性の min- または max- に値を指定する必要があります。
 PEMQExpectedFeatureValue	=メディア特性に不正な値が指定されています。
-PEBadFontBlockStart			=@font-face 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEBadFontBlockEnd			=@font-face 規則を終了する '}' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEBadFontBlockStart			=@font-face 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEBadFontBlockEnd			=@font-face 規則を終了する ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEAnonBoxNotAlone			=匿名ボックスではありません。
 PEFFVUnexpectedEOF			=@font-feature-values 規則の途中で終端に達してしまいました。
-PEFFVBlockStart				=@font-feature-values 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVValueSetStart			=機能値のセットを開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVNoFamily				=@font-feature-values 規則のフォントファミリーのリストであるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVUnexpectedBlockEnd			=@font-feature-values 規則を終了する '}' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVUnknownFontVariantPropValue	=font-variant プロパティに不明な値 '%1$S' が指定されています。
-PEFFVExpectedIdent			=識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVExpectedValue			=負でない整数値であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEFFVTooManyValues			=機能タイプ '%1$S' に指定された値が多すぎます。
+PEFFVBlockStart				=@font-feature-values 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVValueSetStart			=機能値のセットを開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVNoFamily				=@font-feature-values 規則のフォントファミリーのリストであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVUnexpectedBlockEnd			=@font-feature-values 規則を終了する ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVUnknownFontVariantPropValue	=font-variant プロパティに不明な値 ‘%1$S’ が指定されています。
+PEFFVExpectedIdent			=識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVExpectedValue			=負でない整数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEFFVTooManyValues			=機能タイプ ‘%1$S’ に指定された値が多すぎます。
 PEFFVGenericInFamilyList		=ファミリーリストに一般的なフォントファミリー名を含めることはできません。
-PEFFVValueDefinitionTrailing		=値の定義の終端であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEBadDirValue				='ltr' または 'rtl' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESupportsConditionStartEOF2		='not', '(' または関数
-PESupportsConditionInParensEOF		=')'
-PESupportsConditionNotEOF		='not'
-PESupportsWhitespaceRequired		='not' または 'and', 'or' の後に空白がありません。
-PESupportsConditionExpectedOpenParenOrFunction	=@supports 規則の条件のパースで、'(' または関数であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESupportsConditionExpectedCloseParen	=@supports 規則の条件のパースで、')' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESupportsConditionExpectedStart2	=@supports 規則の条件のパースで、'not' か '(' または関数であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESupportsConditionExpectedNot		=@supports 規則の条件のパースで、'not' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESupportsGroupRuleStart		=@supports 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEFFVValueDefinitionTrailing		=値の定義の終端であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEBadDirValue				=‘ltr’ または ‘rtl’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESupportsConditionStartEOF2		=‘not’, ‘(’ または関数
+PESupportsConditionInParensEOF		=‘)’
+PESupportsConditionNotEOF		=‘not’
+PESupportsWhitespaceRequired		=‘not’ または ‘and’, ‘or’ の後に空白がありません。
+PESupportsConditionExpectedOpenParenOrFunction	=@supports 規則の条件のパースで、‘(’ または関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESupportsConditionExpectedCloseParen	=@supports 規則の条件のパースで、‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESupportsConditionExpectedStart2	=@supports 規則の条件のパースで、‘not’ か ‘(’ または関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESupportsConditionExpectedNot		=@supports 規則の条件のパースで、‘not’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESupportsGroupRuleStart		=@supports 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEFilterEOF				=フィルタ
-PEExpectedNoneOrURL			='none' または URL であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEExpectedNoneOrURLOrFilterFunction	='none' または URL、フィルタ関数であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedNoneOrURL			=‘none’ または URL であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEExpectedNoneOrURLOrFilterFunction	=‘none’ または URL、フィルタ関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedNonnegativeNP			=負でない整数値またはパーセント指定にしてください。
 PEFilterFunctionArgumentsParsingError	=フィルタ関数の引数のパース中にエラーが発生しました。
 PEVariableEOF				=変数
-PEVariableEmpty				=変数であるべきところが、'%1$S' になっています。
+PEVariableEmpty				=変数であるべきところが、‘%1$S’ になっています。
 # LOCALIZATION NOTE(PEValueWithVariablesParsingErrorInValue): %1$S is replaced
 # with the property name and %2$S is replaced with the property value.
-PEValueWithVariablesParsingErrorInValue	=変数を展開した値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。生成された値は '%2$S' でした。
-PEValueWithVariablesFallbackInherit	='inherit' にフォールバックします。
-PEValueWithVariablesFallbackInitial	='initial' にフォールバックします。
+PEValueWithVariablesParsingErrorInValue	=変数を展開した値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。生成された値は ‘%2$S’ でした。
+PEValueWithVariablesFallbackInherit	=‘inherit’ にフォールバックします。
+PEValueWithVariablesFallbackInitial	=‘initial’ にフォールバックします。
 PEInvalidVariableReference		=プロパティに無効な変数への参照が含まれています。
-PEInvalidVariableTokenFallback		=変数参照フォールバックのトップレベルで、無効なトークン '%1$S' が見つかりました。
+PEInvalidVariableTokenFallback		=変数参照フォールバックのトップレベルで、無効なトークン ‘%1$S’ が見つかりました。
 PEExpectedVariableNameEOF		=変数名識別子
-PEExpectedVariableName			=変数名識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
-PEExpectedVariableFallback		=',' の次はフォールバック参照であるべきです。
-PEExpectedVariableCommaOrCloseParen	=変数名の次は ',' または ')' であるべきところが '%1$S' になっています。
-PESubgridNotSupported			=CSS Gird の 'subgrid' キーワードのサポートが有効になっていません。
+PEExpectedVariableName			=変数名識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PEExpectedVariableFallback		=‘,’ の次はフォールバック参照であるべきです。
+PEExpectedVariableCommaOrCloseParen	=変数名の次は ‘,’ または ‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
+PESubgridNotSupported			=CSS Gird の ‘subgrid’ キーワードのサポートが有効になっていません。
 PEMoreThanOneGridRepeatAutoFillInNameList	=repeat(auto-fill, ...) はサブグリッドの名前リスト内で一度しか許可されていません。
 PEMoreThanOneGridRepeatAutoFillFitInTrackList	=repeat(auto-fill, ...) または repeat(auto-fit, ...) はトラックリスト内で一度しか許可されていません。
 PEMoreThanOneGridRepeatTrackSize	=トラックサイズの指定は repeat(auto-fit/auto-fill, ...) 内で一個しか許可されていません。
--- a/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
+++ b/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
@@ -1,34 +1,37 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-ImageMapRectBoundsError			=<area shape="rect"> タグの coords 属性の値が "left,top,right,bottom" 形式になっていません。
-ImageMapCircleWrongNumberOfCoords	=<area shape="circle"> タグの coords 属性の値が "center-x,center-y,radius" 形式になっていません。
+ImageMapRectBoundsError			=<area shape="rect"> タグの coords 属性の値が “left,top,right,bottom” 形式になっていません。
+ImageMapCircleWrongNumberOfCoords	=<area shape="circle"> タグの coords 属性の値が “center-x,center-y,radius” 形式になっていません。
 ImageMapCircleNegativeRadius		=<area shape="circle"> タグの coords 属性の radius に負の値が指定されています。
-ImageMapPolyWrongNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性の値が "x1,y1,x2,y2 ..." 形式になっていません。
-ImageMapPolyOddNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性で最後の y 座標の値が指定されていません (正しい形式は "x1,y1,x2,y2 ..." です)。
+ImageMapPolyWrongNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性の値が “x1,y1,x2,y2 ...” 形式になっていません。
+ImageMapPolyOddNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性で最後の y 座標の値が指定されていません (正しい形式は “x1,y1,x2,y2 ...” です)。
 
 TablePartRelPosWarning			=テーブル列と列グループは相対的な位置に配置できます。この機能の効果が見られない場合、サイトは更新される必要があるでしょう。
 ScrollLinkedEffectFound2		=このサイトはスクロールに対して配置を固定する効果が使用されています。これは非同期パンで正しく動作しない可能性があります。詳細は https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Performance/ScrollLinkedEffects を参照し、関連するツールと機能の議論に参加してください。
 
-## LOCALIZATION NOTE(AnimationWarningContentTooLarge):
+## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningContentTooSmall):
+## (%1$S, %2$S) is a pair of integer values of the frame size
+CompositorAnimationWarningContentTooSmall			=フレームサイズ (%1$S, %2$S) が (16, 16) より小さいため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
+## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningContentTooLarge):
 ## (%1$S, %2$S) is a pair of integer values of the frame size
 ## (%3$S, %4$S) is a pair of integer values of the viewport size
 ## (%5$S, %6$S) is a pair of integer values of the visual rectangle size
 ## (%7$S) is an integer value
-AnimationWarningContentTooLarge				=フレームサイズ (%1$S, %2$S) がビューポート (%3$S, %4$S) より大きいか、表示される四角形 (%5$S, %6$S) が最大許容値 (%7$S) より大きいため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
-## LOCALIZATION NOTE(AnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidde):
+CompositorAnimationWarningContentTooLarge			=フレームサイズ (%1$S, %2$S) がビューポート (%3$S, %4$S) より大きいか、表示される四角形 (%5$S, %6$S) が最大許容値 (%7$S) より大きいため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
+## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden):
 ## 'backface-visibility: hidden' is a CSS property, don't translate it.
-AnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden	=このコンポジタでは 'backface-visibility: hidden' のアニメーションを実行できません。
-## LOCALIZATION NOTE(AnimationWarningTransformPreserve3D):
+CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden	=このコンポジタでは ‘backface-visibility: hidden’ のアニメーションを実行できません。
+## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformPreserve3D):
 ## 'transform-style: preserve-3d' is a CSS property, don't translate it.
-AnimationWarningTransformPreserve3D			=このコンポジタでは 'transform-style: preserve-3d' のアニメーションを実行できません。
-## LOCALIZATION NOTE(AnimationWarningTransformSVG,
-##                   AnimationWarningTransformWithGeometricProperties,
-##                   AnimationWarningTransformFrameInactive,
-##                   AnimationWarningOpacityFrameInactive):
+CompositorAnimationWarningTransformPreserve3D			=このコンポジタでは ‘transform-style: preserve-3d’ のアニメーションを実行できません。
+## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformSVG,
+##                   CompositorAnimationWarningTransformWithGeometricProperties,
+##                   CompositorAnimationWarningTransformFrameInactive,
+##                   CompositorAnimationWarningOpacityFrameInactive):
 ## 'transform' and 'opacity' mean CSS property names, don't translate it.
-AnimationWarningTransformSVG				=このコンポジタでは SVG 変形を伴う要素上の 'transform' アニメーションを実行できません。
-AnimationWarningTransformWithGeometricProperties	=同一要素上の位置プロパティを同時にアニメーションする場合、このコンポジタでは 'transform' のアニメーションを実行できません。
-AnimationWarningTransformFrameInactive			=フレームに 'transform' アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
-AnimationWarningOpacityFrameInactive			=フレームに 'opacity' アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
+CompositorAnimationWarningTransformSVG				=このコンポジタでは SVG 変形を伴う要素上の ‘transform’ アニメーションを実行できません。
+CompositorAnimationWarningTransformWithGeometricProperties	=同一要素上の位置プロパティを同時にアニメーションする場合、このコンポジタでは ‘transform’ のアニメーションを実行できません。
+CompositorAnimationWarningTransformFrameInactive		=フレームに ‘transform’ アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
+CompositorAnimationWarningOpacityFrameInactive			=フレームに ‘opacity’ アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジタではアニメーションを実行できません。
--- a/dom/chrome/layout/printing.properties
+++ b/dom/chrome/layout/printing.properties
@@ -2,59 +2,59 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # Page number formatting
 ## @page_number The current page number
 #LOCALIZATION NOTE (pageofpages): Do not translate %ld in the following line.
 # Place the word %ld where the page number and number of pages should be
 # The first %ld will receive the the page number
-pagenumber		= %1$d
+pagenumber			=%1$d
 
 # Page number formatting
 ## @page_number The current page number
 ## @page_total The total number of pages
 #LOCALIZATION NOTE (pageofpages): Do not translate %ld in the following line.
 # Place the word %ld where the page number and number of pages should be
 # The first %ld will receive the the page number
 # the second %ld will receive the total number of pages
-pageofpages		= %1$d / %2$d
+pageofpages			=%1$d / %2$d
 
-noprinter		= 有効なプリンタがありません
-PrintToFile		= ファイルへ印刷する
-noPrintFilename.title	= ファイル名がありません
-noPrintFilename.alert	= [ファイルへ出力] が選択されていますが、ファイル名が指定されていません。
-fileConfirm.exists	= %S はすでに存在します。\n上書きしますか?
-print_error_dialog_title	= 印刷エラー
-printpreview_error_dialog_title	= 印刷プレビューエラー
+noprinter			=有効なプリンタがありません
+PrintToFile			=ファイルへ印刷する
+noPrintFilename.title		=ファイル名がありません
+noPrintFilename.alert		=[ファイルへ出力] が選択されていますが、ファイル名が指定されていません。
+fileConfirm.exists		=%S はすでに存在します。\n上書きしますか?
+print_error_dialog_title	=印刷エラー
+printpreview_error_dialog_title	=印刷プレビューエラー
 
 # Printing error messages.
 #LOCALIZATION NOTE: Some of these messages come in pairs, one
 # for printing and one for print previewing.  You can remove that
 # distinction in your language by removing the entity with the _PP
 # suffix; then the entity without a suffix will be used for both.
 # You can also add that distinction to any of the messages that don't
 # already have it by adding a new entity with a _PP suffix.
 #
 # For instance, if you delete PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP, then
 # the PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY message will be used for that error
 # condition when print previewing as well as when printing.  If you
 # add PERR_FAILURE_PP, then PERR_FAILURE will only be used when
 # printing, and PERR_FAILURE_PP will be used under the same conditions
 # when print previewing.
 #
-PERR_FAILURE			= 印刷中にエラーが発生しました。
+PERR_FAILURE			=印刷中にエラーが発生しました。
 
-PERR_ABORT			= 印刷ジョブが中断またはキャンセルされました。
-PERR_NOT_AVAILABLE		= 一部の印刷機能は現在利用できません。
-PERR_NOT_IMPLEMENTED		= いくつかの印刷機能はまだ実装されていません。
-PERR_OUT_OF_MEMORY		= 印刷に必要なメモリが不足しています。
-PERR_UNEXPECTED			= 印刷中に予期せぬ問題が発生しました。
+PERR_ABORT			=印刷ジョブが中断またはキャンセルされました。
+PERR_NOT_AVAILABLE		=一部の印刷機能は現在利用できません。
+PERR_NOT_IMPLEMENTED		=いくつかの印刷機能はまだ実装されていません。
+PERR_OUT_OF_MEMORY		=印刷に必要なメモリが不足しています。
+PERR_UNEXPECTED			=印刷中に予期せぬ問題が発生しました。
 
-PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE		= 使用可能なプリンタが見つかりません。
-PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE_PP	= 使用可能なプリンタが見つからないため印刷プレビューを表示できません。
-PERR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND			= 選択されたプリンタが見つかりません。
-PERR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE		= 印刷の出力先ファイルを開けません。
-PERR_GFX_PRINTER_STARTDOC			= 印刷ジョブの開始処理中にエラーが発生しました。
-PERR_GFX_PRINTER_ENDDOC				= 印刷ジョブの終了処理中にエラーが発生しました。
-PERR_GFX_PRINTER_STARTPAGE			= 新しいページの印刷開始処理中にエラーが発生しました。
-PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY			= ドキュメントが読み込み中のため印刷できません。
-PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP			= ドキュメントが読み込み中のため印刷プレビューを実行できません。
+PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE		=使用可能なプリンタが見つかりません。
+PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE_PP	=使用可能なプリンタが見つからないため印刷プレビューを表示できません。
+PERR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND			=選択されたプリンタが見つかりません。
+PERR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE		=印刷の出力先ファイルを開けません。
+PERR_GFX_PRINTER_STARTDOC			=印刷ジョブの開始処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_ENDDOC				=印刷ジョブの終了処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_STARTPAGE			=新しいページの印刷開始処理中にエラーが発生しました。
+PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY			=ドキュメントが読み込み中のため印刷できません。
+PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP			=ドキュメントが読み込み中のため印刷プレビューを実行できません。
--- a/dom/chrome/layout/xbl.properties
+++ b/dom/chrome/layout/xbl.properties
@@ -1,15 +1,15 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-UnexpectedElement	= <%1$S> 要素の位置が不正です。
-# LOCALIZATION NOTE: do not localize key="%S" modifiers="%S"
-GTK2Conflict		= このキーイベントは GTK2 では使用できません: key="%S" modifiers="%S"
-WinConflict		= このキーイベントは一部のキーボードレイアウトでは使用できません: key="%S" modifiers="%S"
-TooDeepBindingRecursion	= 祖先の要素に対して使われている XBL バインディング "%S" が多すぎます。無限ループを防ぐため、このバインディングは適用しません。
-CircularExtendsBinding	= XBL バインディング "%1$S" を "%2$S" で拡張すると再帰的拡張になってしまいます。
+UnexpectedElement	=<%1$S> 要素の位置が不正です。
+# LOCALIZATION NOTE: do not localize key=“%S” modifiers=“%S”
+GTK2Conflict		=このキーイベントは GTK2 では使用できません: key=“%S” modifiers=“%S”
+WinConflict		=このキーイベントは一部のキーボードレイアウトでは使用できません: key=“%S” modifiers=“%S”
+TooDeepBindingRecursion	=祖先の要素に対して使われている XBL バインディング “%S” が多すぎます。無限ループを防ぐため、このバインディングは適用しません。
+CircularExtendsBinding	=XBL バインディング “%1$S” を “%2$S” で拡張すると再帰的拡張になってしまいます。
 # LOCALIZATION NOTE: do not localize <handler command="...">
-CommandNotInChrome	= <handler command="..."> は chrome 外では使用できません。
-MalformedXBL		= XBL ファイルの書式が異常です。バインドするタグ上の XBL 名前空間の指定を確認してください。
-InvalidExtendsBinding	= "%S" は拡張できません。一般に、タグ名を拡張することはできません。
-MissingIdAttr		= バインドするタグ上に "id" 属性がありません。
+CommandNotInChrome	=<handler command="..."> は chrome 外では使用できません。
+MalformedXBL		=XBL ファイルの書式が異常です。バインドするタグ上の XBL 名前空間の指定を確認してください。
+InvalidExtendsBinding	=“%S” は拡張できません。一般に、タグ名を拡張することはできません。
+MissingIdAttr		=バインドするタグ上に “id” 属性がありません。
--- a/dom/chrome/layout/xul.properties
+++ b/dom/chrome/layout/xul.properties
@@ -1,8 +1,8 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-MissingOverlay	= オーバーレイ %1$S を正しく読み込めませんでした。
-PINotInProlog	= <?%1$S?> 処理命令は prolog 外では無効です (bug 360119 参照)。
-NeededToWrapXUL	= %1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。
-NeededToWrapXULInlineBox= %1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。このエラーは "display: -moz-inline-box" を "display: -moz-inline-box; display: inline-block" で置き換えると解決することが多いです。
+MissingOverlay		=オーバーレイ %1$S を正しく読み込めませんでした。
+PINotInProlog		=<?%1$S?> 処理命令は prolog 外では無効です (bug 360119 参照)。
+NeededToWrapXUL		=%1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。
+NeededToWrapXULInlineBox=%1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。このエラーは “display: -moz-inline-box” を “display: -moz-inline-box; display: inline-block” で置き換えると解決できるでしょう。
--- a/dom/chrome/mathml/mathml.properties
+++ b/dom/chrome/mathml/mathml.properties
@@ -5,13 +5,13 @@
 InvalidChild		=不正なマークアップ: <%1$S> タグを <%2$S> の子要素として置くことはできません。
 ChildCountIncorrect	=不正なマークアップ: <%1$S/> タグの子要素の数が正しくありません。
 DuplicateMprescripts	=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に <mprescripts/> を複数置くことはできません。
 # LOCALIZATION NOTE:  The first child of <mmultiscript/> is the base, that is the element to which scripts are attached.
 NoBase			=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に Base 要素を 1 個置いてください。
 SubSupMismatch		=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内の subscript/superscript の組が不完全です。
 
 # LOCALIZATION NOTE:  When localizing the single quotes ('), follow the conventions in css.properties for your target locale.
-AttributeParsingError		=<%3$S/> タグの '%2$S' 属性の値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
-AttributeParsingErrorNoTag	='%2$S' 属性の値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
-LengthParsingError		=MathML 属性値 '%1$S' を長さとしてパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
-DeprecatedSupersededBy		='%1$S' の使用は MathML 3 で推奨されません。代わりに '%2$S' を使用してください。
+AttributeParsingError		=<%3$S/> タグの ‘%2$S’ 属性の値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
+AttributeParsingErrorNoTag	=‘%2$S’ 属性の値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
+LengthParsingError		=MathML 属性値 ‘%1$S’ を長さとしてパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
+DeprecatedSupersededBy		=‘%1$S’ の使用は MathML 3 で推奨されません。代わりに ‘%2$S’ を使用してください。
 UnitlessValuesAreDeprecated	=単位無しの値の使用は MathML 3 で推奨されません。
--- a/dom/chrome/netError.dtd
+++ b/dom/chrome/netError.dtd
@@ -79,18 +79,18 @@
 <!ENTITY securityOverride.warningContent "
 <p>インターネット接続環境を完全には信頼できない場合や、これまでこのサーバではこの警告が表示されなかった場合は、このサイトを例外として追加しないでください。</p>
 <p>どうしてもこのサイトを例外として追加したい場合は、暗号化の高度な設定で追加してください。</p>
 ">
 
 <!ENTITY cspBlocked.title		"コンテンツセキュリティポリシーによりブロックされました">
 <!ENTITY cspBlocked.longDesc		"<p>セキュリティポリシーにより読み込みが禁止されたコンテンツが含まれているため、このページの読み込みを中止しました。</p>">
 
-<!ENTITY corruptedContentError.title	"コンテンツデータ破損エラー">
-<!ENTITY corruptedContentError.longDesc	"<p>このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。</p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul>">
+<!ENTITY corruptedContentErrorv2.title	"コンテンツデータ破損エラー">
+<!ENTITY corruptedContentErrorv2.longDesc	"<p>このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。</p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY remoteXUL.title		"リモート XUL">
 <!ENTITY remoteXUL.longDesc		"<p><ul><li>Web サイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul></p>">
 
 <!ENTITY inadequateSecurityError.title	"接続が安全ではありません">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (inadequateSecurityError.longDesc) - Do not translate
      "NS_ERROR_NET_INADEQUATE_SECURITY". -->
 <!ENTITY inadequateSecurityError.longDesc	"<p><span class='hostname'></span> は攻撃に対して脆弱な古いセキュリティ技術を使用しています。攻撃者は保護された情報を簡単に暴露できます。サイトを安全に訪れるには、この Web サイトの管理者にサーバの問題を修正してもらう必要があります。</p><p>エラーコード: NS_ERROR_NET_INADEQUATE_SECURITY</p>">
--- a/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
+++ b/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
@@ -1,17 +1,17 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-readError		= ダウンロード元ファイルが読み取れないため %S を保存できませんでした。\n\nしばらく後で再度試すか、サーバ管理者に問い合わせてください。
-writeError		= 原因不明のエラーにより %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
-launchError		= 原因不明のエラーにより %S を開けませんでした。\n\n一度ディスクに保存してからそのファイルを開いてください。
-diskFull		= %S を保存するディスクの空き領域が不足しています。\n\nディスク上の不要なファイルを削除してから再度試すか、別の場所に保存してください。
-readOnly		= ディスク、フォルダまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
-accessError		= フォルダの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
-SDAccessErrorCardReadOnly	= SD カードが使用中のためファイルをダウンロードできません。
-SDAccessErrorCardMissing	= SD カードがないためファイルをダウンロードできません。
-helperAppNotFound	= 関連づけされたプログラムが存在しないため %S を開けませんでした。関連づけの設定を変更してください。
-noMemory		= 要求された操作を実行するのに必要なメモリが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
-title			= %S をダウンロードしています
-fileAlreadyExistsError	= '_files' ディレクトリと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
-fileNameTooLongError	= ファイル名が長すぎるため %S を保存できませんでした。\n\n短い名前で保存してください。
+readError		=ダウンロード元ファイルが読み取れないため %S を保存できませんでした。\n\nしばらく後で再度試すか、サーバ管理者に問い合わせてください。
+writeError		=原因不明のエラーにより %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
+launchError		=原因不明のエラーにより %S を開けませんでした。\n\n一度ディスクに保存してからそのファイルを開いてください。
+diskFull		=%S を保存するディスクの空き領域が不足しています。\n\nディスク上の不要なファイルを削除してから再度試すか、別の場所に保存してください。
+readOnly		=ディスク、フォルダまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
+accessError		=フォルダの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
+SDAccessErrorCardReadOnly	=SD カードが使用中のためファイルをダウンロードできません。
+SDAccessErrorCardMissing	=SD カードがないためファイルをダウンロードできません。
+helperAppNotFound	=関連づけされたプログラムが存在しないため %S を開けませんでした。関連づけの設定を変更してください。
+noMemory		=要求された操作を実行するのに必要なメモリが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
+title			=%S をダウンロードしています
+fileAlreadyExistsError	=‘_files’ ディレクトリと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
+fileNameTooLongError	=ファイル名が長すぎるため %S を保存できませんでした。\n\n短い名前で保存してください。
--- a/dom/chrome/security/caps.properties
+++ b/dom/chrome/security/caps.properties
@@ -106,9 +106,9 @@ CallMethodDeniedOriginsObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%5$S>) の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> (document.domain が未設定) へのアクセス権限がありません。
 #      don't translate "document.domain".
 CallMethodDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%6$S>) の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
 
 GetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> へのアクセス権限がありません。
 SetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> へのアクセス権限がありません。
 CallMethodDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> へのアクセス権限がありません。
 CreateWrapperDenied			=%S クラスのオブジェクトのラッパーを作成する権限がありません
 CreateWrapperDeniedForOrigin 		=%1$S クラスのオブジェクトのラッパーを作成する <%2$S> へのアクセス権限がありません。
-ProtocolFlagError			=警告: '%S' のプロトコルハンドラにはセキュリティポリシーがありません。今のところ許可されていますが、このプロトコルの読み込みは推奨されません。詳しくは nsIProtocolHandler.idl に書かれている説明をご覧ください。
+ProtocolFlagError			=警告: ‘%S’ のプロトコルハンドラにはセキュリティポリシーがありません。今のところ許可されていますが、このプロトコルの読み込みは推奨されません。詳しくは nsIProtocolHandler.idl に書かれている説明をご覧ください。
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -5,46 +5,46 @@
 
 # CSP Warnings:
 # LOCALIZATION NOTE (CSPViolation):
 # %1$S is the reason why the resource has not been loaded.
 CSPViolation			=ページの設定によりリソースの読み込みをブロックしました: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (CSPViolationWithURI):
 # %1$S is the directive that has been violated.
 # %2$S is the URI of the resource which violated the directive.
-CSPViolationWithURI		=ページの設定により次のリソースの読み込みをブロックしました: %2$S ("%1$S")
+CSPViolationWithURI		=ページの設定により次のリソースの読み込みをブロックしました: %2$S (“%1$S”)
 # LOCALIZATION NOTE (CSPROViolation):
 # %1$S is the reason why the resource has not been loaded.
-CSPROViolation			=Report-Only CSP ポリシーに対する違反が発生しました ("%1$S")。この振る舞いは許可され、CSP レポートが送信されました。
+CSPROViolation			=Report-Only CSP ポリシーに対する違反が発生しました (“%1$S”)。この振る舞いは許可され、CSP レポートが送信されました。
 # LOCALIZATION NOTE (CSPROViolationWithURI):
 # %1$S is the directive that has been violated.
 # %2$S is the URI of the resource which violated the directive.
-CSPROViolationWithURI		=ページの設定により次のリソースの読み込みを監視します %2$S ("%1$S")。CSP レポートが送信されました。
+CSPROViolationWithURI		=ページの設定により次のリソースの読み込みを監視します %2$S (“%1$S”)。CSP レポートが送信されました。
 # LOCALIZATION NOTE (triedToSendReport):
 # %1$S is the URI we attempted to send a report to.
-triedToSendReport		=不正な URI にレポートの送信を試みました: "%1$S"
+triedToSendReport		=不正な URI にレポートの送信を試みました: “%1$S”
 # LOCALIZATION NOTE (couldNotParseReportURI):
 # %1$S is the report URI that could not be parsed
 couldNotParseReportURI		=レポート URI を解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldNotProcessUnknownDirective):
 # %1$S is the unknown directive
-couldNotProcessUnknownDirective	=不明なディレクティブ '%1$S' を処理できませんでした。
+couldNotProcessUnknownDirective	=不明なディレクティブ ‘%1$S’ を処理できませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringUnknownOption):
 # %1$S is the option that could not be understood
 ignoringUnknownOption		=不明なオプションを無視しました: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringDuplicateSrc):
 # %1$S defines the duplicate src
 ignoringDuplicateSrc		=重複ソースを無視しました: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringSrcFromMetaCSP):
 # %1$S defines the ignored src
-ignoringSrcFromMetaCSP		=ソースを無視しました (meta 要素経由で与えられた時点では未サポートです): '%1$S'
+ignoringSrcFromMetaCSP		=ソースを無視しました (meta 要素経由で与えられた時点では未サポートです): ‘%1$S’
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringSrcWithinScriptStyleSrc):
 # %1$S is the ignored src
 # script-src and style-src are directive names and should not be localized
-ignoringSrcWithinScriptStyleSrc	=script-src または style-src: に nonce-source または hash-source が指定された "%1$S" を無視しました。
+ignoringSrcWithinScriptStyleSrc	=script-src または style-src: に nonce-source または hash-source が指定された “%1$S” を無視しました。
 # LOCALIZATION NOTE (reportURInotHttpsOrHttp2):
 # %1$S is the ETLD of the report URI that is not HTTP or HTTPS
 reportURInotHttpsOrHttp2	=レポート URI (%1$S) が HTTP または HTTPS の URI ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE (reportURInotInReportOnlyHeader):
 # %1$S is the ETLD of the page with the policy
 reportURInotInReportOnlyHeader	=このサイト (%1$S) に設定された Report-Only ポリシーにレポート URI がありません。CSP はこのポリシーに対する違反をブロックしません。また、違反をレポートできません。
 # LOCALIZATION NOTE (failedToParseUnrecognizedSource):
 # %1$S is the CSP Source that could not be parsed
@@ -55,28 +55,31 @@ inlineScriptBlocked		=インラインスクリプトが実行前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (inlineStyleBlocked):
 # inline style refers to CSS code that is embedded into the HTML document.
 inlineStyleBlocked		=インラインスタイルシートが適用前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (scriptFromStringBlocked):
 # eval is a name and should not be localized.
 scriptFromStringBlocked		=文字列 (eval のような関数の呼び出し) からの JavaScript コードが呼び出し前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (upgradeInsecureRequest):
 # %1$S is the URL of the upgraded request; %2$S is the upgraded scheme.
-upgradeInsecureRequest		=安全でない要求 '%1$S' をアップグレードして '%2$S' を使用します
+upgradeInsecureRequest		=安全でない要求 ‘%1$S’ をアップグレードして ‘%2$S’ を使用します
 # LOCALIZATION NOTE (ignoreSrcForDirective):
-ignoreSrcForDirective		=ディレクティブ '%1$S' の src を無視します
+ignoreSrcForDirective		=ディレクティブ ‘%1$S’ の src を無視します
 # LOCALIZATION NOTE (hostNameMightBeKeyword):
 # %1$S is the hostname in question and %2$S is the keyword
-hostNameMightBeKeyword		=%1$S をキーワードではなくホスト名として割り込みます。キーワードとして処理するには '%2$S' を (シングルクォートで囲み) 使用してください。
+hostNameMightBeKeyword		=%1$S をキーワードではなくホスト名として割り込みます。キーワードとして処理するには ‘%2$S’ を (シングルクォートで囲み) 使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE (notSupportingDirective):
 # directive is not supported (e.g. 'reflected-xss')
-notSupportingDirective		='%1$S' はサポートされていないディレクティブです。ディレクティブと値は無視されます。
+notSupportingDirective		=‘%1$S’ はサポートされていないディレクティブです。ディレクティブと値は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE (blockAllMixedContent):
 # %1$S is the URL of the blocked resource load.
-blockAllMixedContent		=安全でない要求 '%1$S' をブロックしました。
+blockAllMixedContent		=安全でない要求 ‘%1$S’ をブロックしました。
+# LOCALIZATION NOTE (ignoringDirectiveWithNoValues):
+# %1$S is the name of a CSP directive that requires additional values (e.g., 'require-sri-for')
+ignoringDirectiveWithNoValues	=引数が含まれないため ‘%1$S’ を無視しました。
 
 # CSP Errors:
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParseInvalidSource):
 # %1$S is the source that could not be parsed
 couldntParseInvalidSource	=不正なソースを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParseInvalidHost):
 # %1$S is the host that's invalid
 couldntParseInvalidHost		=不正なホストを解析できませんでした: %1$S
@@ -86,9 +89,9 @@ couldntParseScheme		=スキームを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParsePort):
 # %1$S is the string source
 couldntParsePort		=ポートを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (duplicateDirective):
 # %1$S is the name of the duplicate directive
 duplicateDirective		=重複した %1$S ディレクティブが検出されました。最初のインスタンスを除き重複はすべて無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE (deprecatedDirective):
 # %1$S is the name of the deprecated directive, %2$S is the name of the replacement.
-deprecatedDirective		=ディレクティブ '%1$S' は推奨されません。代わりにディレクティブ '%2$S' を使用してください。
+deprecatedDirective		=ディレクティブ ‘%1$S’ は推奨されません。代わりにディレクティブ ‘%2$S’ を使用してください。
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -1,75 +1,75 @@
 # Mixed Content Blocker
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the blocked mixed content resource
 # Mixed Content Blocker
-BlockMixedDisplayContent		=混在表示コンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
-BlockMixedActiveContent			=混在アクティブコンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
+BlockMixedDisplayContent		=混在表示コンテンツ “%1$S” の読み込みをブロックしました
+BlockMixedActiveContent			=混在アクティブコンテンツ “%1$S” の読み込みをブロックしました
 
 # CORS
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Access-Control-Allow-Origin", Access-Control-Allow-Credentials, Access-Control-Allow-Methods, Access-Control-Allow-Headers
 CORSDisabled				=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS が無効)。
 CORSRequestNotHttp			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS 要求が http でない)。
-CORSMissingAllowOrigin			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Origin' が足りない)。
-CORSAllowOriginNotMatchingOrigin	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Origin' が '%2$S' と異なる)。
-CORSMethodNotFound			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Methods' にメソッドが見つからない)。
-CORSMissingAllowCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Credentials' は 'ture' であるべき)。
+CORSMissingAllowOrigin			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Origin’ が足りない)。
+CORSAllowOriginNotMatchingOrigin	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Origin’ が ‘%2$S’ と異なる)。
+CORSMethodNotFound			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Methods’ にメソッドが見つからない)。
+CORSMissingAllowCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Credentials’ は ‘ture’ であるべき)。
 CORSPreflightDidNotSucceed		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルが継承されていない)。
-CORSInvalidAllowMethod			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Methods' に不正なトークン '%2$S' が含まれる)。
-CORSInvalidAllowHeader			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Headers' に不正なトークン '%2$S' が含まれる)。
-CORSMissingAllowHeaderFromPreflight	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルからの CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Headers' にトークン '%2$S' が足りない)。
+CORSInvalidAllowMethod			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Methods’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
+CORSInvalidAllowHeader			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Headers’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
+CORSMissingAllowHeaderFromPreflight	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルからの CORS ヘッダ ‘Access-Control-Allow-Headers’ にトークン ‘%2$S’ が足りない)。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security", "HSTS", "max-age" or "includeSubDomains"
 STSUnknownError			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダの処理中に未知のエラーが発生しました。
 STSUntrustworthyConnection	=Strict-Transport-Security: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダは無視されました。
 STSCouldNotParseHeader		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダを正しく解析できませんでした。
-STSNoMaxAge			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに 'max-age' ディレクティブが含まれていません。
-STSMultipleMaxAges		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の 'max-age' ディレクティブが含まれています。
-STSInvalidMaxAge		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な 'max-age' ディレクティブが含まれています。
-STSMultipleIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
-STSInvalidIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
+STSNoMaxAge			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
+STSMultipleMaxAges		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
+STSInvalidMaxAge		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
+STSMultipleIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
+STSInvalidIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 STSCouldNotSaveState		=Strict-Transport-Security: サイトを Strict-Transport-Security ホストとして通知中にエラーが発生しました。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Public-Key-Pins", "HPKP", "max-age", "report-uri" or "includeSubDomains"
 PKPUnknownError			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダの処理中に未知のエラーが発生しました。
 PKPUntrustworthyConnection	=Public-Key-Pins: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダは無視されました。
 PKPCouldNotParseHeader		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダを正しく解析できませんでした。
-PKPNoMaxAge			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに 'max-age' ディレクティブが含まれていません。
-PKPMultipleMaxAges		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の 'max-age' ディレクティブが含まれています。
-PKPInvalidMaxAge		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに不正な 'max-age' ディレクティブが含まれています。
-PKPMultipleIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
-PKPInvalidIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに不正な 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
+PKPNoMaxAge			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
+PKPMultipleMaxAges		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
+PKPInvalidMaxAge		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
+PKPMultipleIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
+PKPInvalidIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 PKPInvalidPin			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに不正な pin が含まれています。
-PKPMultipleReportURIs		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の 'report-uri' ディレクティブが含まれています。
+PKPMultipleReportURIs		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダに複数の ‘report-uri’ ディレクティブが含まれています。
 PKPPinsetDoesNotMatch		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダにマッチング pin が含まれていません。
 PKPNoBackupPin			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダにバックアップ pin が含まれていません。
 PKPCouldNotSaveState		=Public-Key-Pins: サイトを Public-Key-Pins ホストとして記録中にエラーが発生しました。
 PKPRootNotBuiltIn		=Public-Key-Pins: サイトに使用されている証明書が既定のルート証明書ストアの証明書により発行されたものではありません。不慮の破損を防ぐため、指定されたヘッダは無視されました。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "SHA-1"
 SHA1Sig					=このサイトは SHA-1 証明書を利用しています。SHA-1 より強固なハッシュアルゴリズムを使用した証明書の利用をお勧めします。
 InsecurePasswordsPresentOnPage		=パスワードフィールドが安全でない (http://) ページ上にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecureFormActionPasswordsPresent	=パスワードフィールドが安全でない (http://) フォームアクションを持つフォーム要素内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecurePasswordsPresentOnIframe	=パスワードフィールドが安全でない (http://) iframe 内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the insecure mixed content resource
-LoadingMixedActiveContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在アクティブコンテンツ "%1$S" を読み込んでいます
-LoadingMixedDisplayContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ "%1$S" を読み込んでいます
+LoadingMixedActiveContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在アクティブコンテンツ “%1$S” を読み込んでいます
+LoadingMixedDisplayContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ “%1$S” を読み込んでいます
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "allow-scripts", "allow-same-origin", "sandbox" or "iframe"
 BothAllowScriptsAndSameOriginPresent	=iframe の sandbox 属性にサンドボックスを解除できる allow-scripts 属性と allow-same-origin 属性の両方が指定されています。
 
 # Sub-Resource Integrity
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "script" or "integrity". "%1$S" is the invalid token found in the attribute.
-MalformedIntegrityHash		=script 要素の integrity 属性に改ざんされたハッシュが含まれています: "%1$S"。正しい書式は "<ハッシュアルゴリズム>-<ハッシュ値>" です。
+MalformedIntegrityHash		=script 要素の integrity 属性に改ざんされたハッシュが含まれています: “%1$S”。正しい書式は “<ハッシュアルゴリズム>-<ハッシュ値>” です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 InvalidIntegrityLength		=integrity 属性に含まれているハッシュの長さが正しくありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 InvalidIntegrityBase64		=integrity 属性に含まれているハッシュをデコードできませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the type of hash algorigthm in use (e.g. "sha256").
-IntegrityMismatch		=integrity 属性内の "%1$S" ハッシュが subresource のコンテンツと一致しません。
+IntegrityMismatch		=integrity 属性内の “%1$S” ハッシュが subresource のコンテンツと一致しません。
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the sub-resource that cannot be protected using SRI.
-IneligibleResource		="%1$S" は CORS が有効ではなく同一生成元でもないため integrity チェックに適格ではありません。
+IneligibleResource		=“%1$S” は CORS が有効ではなく同一生成元でもないため integrity チェックに適格ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the invalid hash algorithm found in the attribute.
-UnsupportedHashAlg		=integrity 属性に未サポートのハッシュアルゴリズムが指定されています: "%1$S"
+UnsupportedHashAlg		=integrity 属性に未サポートのハッシュアルゴリズムが指定されています: “%1$S”
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 NoValidMetadata			=integrity 属性に正しいメタデータが含まれていません。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "RC4".
 WeakCipherSuiteWarning		=このサイトは非推奨の安全でない暗号方式の RC4 を使用しています。
--- a/dom/chrome/xslt/xslt.properties
+++ b/dom/chrome/xslt/xslt.properties
@@ -11,29 +11,29 @@ 6	=XSLT スタイルシートが無限ループしていると思われます。
 7	=属性値が XSLT 1.0 仕様に適合していません。
 8	=XPath 式はノード集合を返さなければなりません。
 9	=XSLT 変換が <xsl:message> によって中断されました。
 10	=XSLT スタイルシート読み込み中にネットワークエラーが発生しました:
 11	=XSLT スタイルシートの MIMEタイプ が XML ではありません:
 12	=XSLT スタイルシートが直接あるいは間接的に自分自身を import あるいは include しています。
 13	=XPath 関数に渡される引数の数が間違っています。
 14	=定義されていない XPath 拡張関数が呼ばれました。
-15	=XPath 構文解析エラー: ')' が不足しています:
+15	=XPath 構文解析エラー: ‘)’ が不足しています:
 16	=XPath 構文解析エラー: 軸 (axis) が不正です:
 17	=XPath 構文解析エラー: 名前または Nodetype テストでなければなりません:
-18	=XPath 構文解析エラー: ']' が不足しています:
+18	=XPath 構文解析エラー: ‘]’ が不足しています:
 19	=XPath 構文解析エラー: 変数名が無効です:
 20	=XPath 構文解析エラー: 式の構文が間違っています:
 21	=XPath 構文解析エラー: 演算子が不足しています:
 22	=XPath 構文解析エラー: リテラルが閉じられていません:
-23	=XPath 構文解析エラー: ':' の位置が不正です:
-24	=XPath 構文解析エラー: '!' の位置が不正です。否定を表すには not() 関数を使います:
+23	=XPath 構文解析エラー: ‘:’ の位置が不正です:
+24	=XPath 構文解析エラー: ‘!’ の位置が不正です。否定を表すには not() 関数を使います:
 25	=XPath 構文解析エラー: 不正な文字が含まれています。
 26	=XPath 構文解析エラー: 二項演算子が不足しています。
 27	=セキュリティ上の理由により、XSLT スタイルシートの読み込みはブロックされました。
 28	=評価する式が不正です。
-29	='{' と '}' の対応が正しくありません。
+29	=開き括弧と閉じ括弧の対応が正しくありません。
 30	=生成する要素の有修飾名 (QName) が不正です。
 31	=同じテンプレートで割り当てた変数を上書きすることはできません。
 32	=key 関数の呼び出しは許可されていません。
 
 LoadingError	=スタイルシートの読み込み中にエラーが発生しました: %S
 TransformError	=XSLT 変換中にエラーが発生しました: %S