apply new style of terms: memory
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 18 Feb 2017 22:18:30 +0900
changeset 2281 949169909ff1e815898a042949e139e7a94705a2
parent 2278 c596f800130ae6a0d93ad7c5d7badaa4571c0870
child 2282 37fa9e52730ee895647c79ac290911ade64e64e6
push id1215
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSat, 18 Feb 2017 13:24:41 +0000
apply new style of terms: memory
calendar/chrome/calendar/calendar.properties
devtools/client/markers.properties
devtools/client/memory.properties
devtools/client/performance.dtd
devtools/client/startup.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/printing.properties
dom/chrome/layout/xmlparser.properties
dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
mail/chrome/messenger/telemetry.properties
mail/chrome/mozldap/ldap.properties
suite/chrome/browser/pageInfo.properties
suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
suite/chrome/mozldap/ldap.properties
toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.properties
--- a/calendar/chrome/calendar/calendar.properties
+++ b/calendar/chrome/calendar/calendar.properties
@@ -382,17 +382,17 @@ formatListName =リスト
 weekPrinterName =週間予定表
 monthPrinterName =月間カレンダー
 tasksWithNoDueDate =締め切りのない ToDo
 
 # Providers
 caldavName=CalDAV
 compositeName=Composite
 icsName=iCalendar (ICS)
-memoryName=一時的 (メモリ)
+memoryName=一時的 (メモリー)
 storageName=ローカル (SQLite)
 
 # Used in created html code for list layout print and html export
 htmlPrefixTitle=件名
 htmlPrefixWhen=日時
 htmlPrefixLocation=場所
 htmlPrefixDescription=詳細
 htmlTaskCompleted=%1$S (完了)
--- a/devtools/client/markers.properties
+++ b/devtools/client/markers.properties
@@ -97,30 +97,30 @@ marker.value.DOMEventTargetPhase		=ターゲット
 marker.value.DOMEventCapturingPhase		=キャプチャ
 marker.value.DOMEventBubblingPhase		=バブリング
 
 # LOCALIZATION NOTE (marker.gcreason.label.*):
 # These strings are used to give a concise but readable description of a GC reason.
 marker.gcreason.label.API			=API 呼び出し
 marker.gcreason.label.EAGER_ALLOC_TRIGGER	=過度の割り当て要求
 marker.gcreason.label.DESTROY_RUNTIME		=シャットダウン
-marker.gcreason.label.LAST_DITCH		=メモリ不足
+marker.gcreason.label.LAST_DITCH		=メモリー不足
 marker.gcreason.label.TOO_MUCH_MALLOC		=割り当て量過多
 marker.gcreason.label.ALLOC_TRIGGER		=割り当て回数過多
 marker.gcreason.label.DEBUG_GC			=デバッグ GC
 marker.gcreason.label.COMPARTMENT_REVIVED	=破棄されたグローバルオブジェクトの復帰
 marker.gcreason.label.RESET			=インクリメンタルサイクルの終了
 marker.gcreason.label.OUT_OF_NURSERY		=新世代領域空き不足
 marker.gcreason.label.EVICT_NURSERY		=新世代領域空き確保
 marker.gcreason.label.FULL_STORE_BUFFER		=アクティブな新世代オブジェクト過多
 marker.gcreason.label.SHARED_MEMORY_LIMIT	=多量な割り当て失敗
 marker.gcreason.label.PERIODIC_FULL_GC		=定期完全 GC
 marker.gcreason.label.INCREMENTAL_TOO_SLOW	=高頻度の割り当て
 marker.gcreason.label.COMPONENT_UTILS		=Cu.forceGC
-marker.gcreason.label.MEM_PRESSURE		=空きメモリわずか
+marker.gcreason.label.MEM_PRESSURE		=空きメモリーわずか
 marker.gcreason.label.CC_WAITING		=サイクルコレクションによる実行
 marker.gcreason.label.CC_FORCED			=サイクルコレクションによる実行
 marker.gcreason.label.LOAD_END			=ページの読み込み完了
 marker.gcreason.label.PAGE_HIDE			=バックグラウンドへ移動
 marker.gcreason.label.NSJSCONTEXT_DESTROY	=JS コンテキスト破損
 marker.gcreason.label.SET_NEW_DOCUMENT		=新しいドキュメント
 marker.gcreason.label.SET_DOC_SHELL		=新しいドキュメント
 marker.gcreason.label.DOM_UTILS			=API 呼び出し
@@ -135,32 +135,32 @@ marker.gcreason.label.USER_INACTIVE		=ユーザー操作なし
 
 # The name of a nursery collection.
 ## (^m^) 世代別ガベージコレクションの若い領域のほう
 marker.nurseryCollection			=ナーサリーコレクション
 
 # LOCALIZATION NOTE (marker.gcreason.description.*):
 # These strings are used to give an expanded description of why a GC occurred.
 marker.gcreason.description.API				=ガベージコレクションを強制する API 呼び出しがありました。
-marker.gcreason.description.EAGER_ALLOC_TRIGGER		=JavaScript がイベントループに戻りました。最後に新しい GC サイクルが開始してから十分な量のメモリが割り当てられています。
+marker.gcreason.description.EAGER_ALLOC_TRIGGER		=JavaScript がイベントループに戻りました。最後に新しい GC サイクルが開始してから十分な量のメモリーが割り当てられています。
 marker.gcreason.description.DESTROY_RUNTIME		=シャットダウンする前の最後のガベージコレクションで JavaScript ランタイムまたはコンテキストが破損しました。
-marker.gcreason.description.LAST_DITCH			=JavaScript がメモリを割り当てようとしましたが利用可能なメモリが足りません。割り当てに必要なメモリを確保するため、完全最適化 GC を実行しています。
-marker.gcreason.description.TOO_MUCH_MALLOC		=多量のメモリを割り当てたため、ガベージコレクションが実行されました。
-marker.gcreason.description.ALLOC_TRIGGER		=多数のメモリを割り当てが行われたため、ガベージコレクションが実行されました。
+marker.gcreason.description.LAST_DITCH			=JavaScript がメモリーを割り当てようとしましたが利用可能なメモリーが足りません。割り当てに必要なメモリーを確保するため、完全最適化 GC を実行しています。
+marker.gcreason.description.TOO_MUCH_MALLOC		=多量のメモリーを割り当てたため、ガベージコレクションが実行されました。
+marker.gcreason.description.ALLOC_TRIGGER		=多数のメモリーを割り当てが行われたため、ガベージコレクションが実行されました。
 marker.gcreason.description.DEBUG_GC			=Zeal デバッグ設定により、ガベージコレクションが実行されます。
 marker.gcreason.description.COMPARTMENT_REVIVED		=GC サイクルの開始時に破棄されたと思われるグローバルオブジェクトが GC サイクルの終了により復帰しました。
 marker.gcreason.description.RESET			=アクティブなインクリメンタル GC サイクルが強制終了されました。
 marker.gcreason.description.OUT_OF_NURSERY		=JavaScript が十分な量の新しいオブジェクトを新世代領域に割り当てて空きがなくなったためマイナー GC を開始しました。
 marker.gcreason.description.EVICT_NURSERY		=新世代領域を空にするのに必要な旧世代ヒープでの作業を行います。
 marker.gcreason.description.FULL_STORE_BUFFER		=多数のプロパティを持つ旧世代オブジェクトがありますが、それらの値は新世代領域にあるオブジェクトです。
-marker.gcreason.description.SHARED_MEMORY_LIMIT		=多量の割り当てが要求されましたが、メモリの空き領域が足りません。
+marker.gcreason.description.SHARED_MEMORY_LIMIT		=多量の割り当てが要求されましたが、メモリーの空き領域が足りません。
 marker.gcreason.description.PERIODIC_FULL_GC		=JavaScript がイベントループに戻りました。ガベージコレクションが実行されてから長時間が経過しています。
 marker.gcreason.description.INCREMENTAL_TOO_SLOW	=インクリメンタル GC サイクルが割り当て頻度に追いつかなくなったため、インクリメンタルではない完全 GC を開始しました。
 marker.gcreason.description.COMPONENT_UTILS		=ガベージコレクションを強制する Components.utils.forceGC() が呼び出されました。
-marker.gcreason.description.MEM_PRESSURE		=メモリの空きが残りわずかです。
+marker.gcreason.description.MEM_PRESSURE		=メモリーの空きが残りわずかです。
 marker.gcreason.description.CC_WAITING			=サイクルコレクタがガベージコレクションを必要としています。
 marker.gcreason.description.CC_FORCED			=サイクルコレクタがガベージコレクションを必要としています。
 marker.gcreason.description.LOAD_END			=ドキュメントの読み込みが完了しました。
 marker.gcreason.description.PAGE_HIDE			=タブまたはウィンドウがバックグラウンドへ移動しました。
 marker.gcreason.description.NSJSCONTEXT_DESTROY		=シャットダウンする前の最後のガベージコレクションで JavaScript ランタイムまたはコンテキストが破損しました。
 marker.gcreason.description.SET_NEW_DOCUMENT		=新しいドキュメントを開きました。
 marker.gcreason.description.SET_DOC_SHELL		=新しいドキュメントを開きました。
 marker.gcreason.description.DOM_UTILS			=ガベージコレクションを強制する API 呼び出しがありました。
--- a/devtools/client/memory.properties
+++ b/devtools/client/memory.properties
@@ -79,17 +79,17 @@ censusDisplays.coarseType.tooltip		=型でグループ化します
 censusDisplays.allocationStack.tooltip		=オブジェクトの割り当て時に記録された JavaScript スタックでグループ化します
 
 # LOCALIZATION NOTE (censusDisplays.invertedAllocationStack.tooltip): The
 # tooltip for the "inverted call stack" display option.
 censusDisplays.invertedAllocationStack.tooltip	=オブジェクトの作成時に記録された逆転 JavaScript コールスタックでグループ化します
 
 # LOCALIZATION NOTE (censusDisplays.treeMap.tooltip): The tooltip for the
 # "tree map" display option.
-censusDisplays.treeMap.tooltip			=メモリ使用を視覚化します: 大きなブロックはメモリ使用の多くを占めています
+censusDisplays.treeMap.tooltip			=メモリー使用を視覚化します: 大きなブロックはメモリー使用の多くを占めています
 
 # LOCALIZATION NOTE (censusDisplays.objectClass.tooltip): The tooltip for the
 # "object class" display option.
 censusDisplays.objectClass.tooltip		=JavaScript オブジェクト [[クラス]] 名でグループ化します
 
 # LOCALIZATION NOTE (censusDisplays.internalType.tooltip): The tooltip for the
 # "internal type" display option.
 censusDisplays.internalType.tooltip		=内部 C++ 型でグループ化します
@@ -143,17 +143,17 @@ toolbar.view.dominators			=ドミネータ
 toolbar.view.dominators.tooltip		=ドミネータツリーを表示してスナップショット内で最大の構造体を表面化させます
 
 # LOCALIZATION NOTE (toolbar.view.treemap): The label for the tree map option
 # in the toolbar.
 toolbar.view.treemap			=ツリーマップ
 
 # LOCALIZATION NOTE (toolbar.view.treemap.tooltip): The tooltip for the label for
 # the tree map view option in the toolbar.
-toolbar.view.treemap.tooltip		=メモリ使用を視覚化します: 大きなブロックはメモリ使用の多くを占めています
+toolbar.view.treemap.tooltip		=メモリー使用を視覚化します: 大きなブロックはメモリー使用の多くを占めています
 
 # LOCALIZATION NOTE (take-snapshot): The label describing the button that
 # initiates taking a snapshot, either as the main label, or a tooltip.
 take-snapshot				=スナップショットを採取
 
 # LOCALIZATION NOTE (import-snapshot): The label describing the button that
 # initiates importing a snapshot.
 import-snapshot				=インポート...
@@ -388,17 +388,17 @@ heapview.field.shallowSize		=シャローサイズ (バイト)
 heapview.field.shallowSize.tooltip	=オブジェクト自身のサイズです
 
 # LOCALIZATION NOTE (dominatortree.field.label): The name of the column in the
 # dominator tree for an object's label.
 dominatortree.field.label		=ドミネータ
 
 # LOCALIZATION NOTE (dominatortree.field.label.tooltip): The tooltip for the column
 # header in the dominator tree view for an object's label.
-dominatortree.field.label.tooltip	=メモリ内のオブジェクトのラベルです
+dominatortree.field.label.tooltip	=メモリー内のオブジェクトのラベルです
 
 # LOCALIZATION NOTE (heapview.field.bytes): The name of the column in the heap
 # view for bytes.
 heapview.field.bytes			=バイト
 
 # LOCALIZATION NOTE (heapview.field.bytes.tooltip): The tooltip for the column
 # header in the heap view for bytes.
 heapview.field.bytes.tooltip		=このグループに占有されているバイト数です。サブグループは含みません
--- a/devtools/client/performance.dtd
+++ b/devtools/client/performance.dtd
@@ -39,21 +39,21 @@
 <!ENTITY performanceUI.loadingNotice "読み込み中...">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.toolbar.*): These strings are displayed
   -  in the toolbar on buttons that select which view is currently shown. -->
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.waterfall		"タイムライン">
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.waterfall.tooltiptext	"パフォーマンス情報の記録以外の動作を、連続したタイムラインとして表示します。">
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.js-calltree		"呼び出しツリー">
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.js-calltree.tooltiptext	"パフォーマンス情報の記録中にもっとも長時間動作していた JavaScript の関数をハイライトします。">
-<!ENTITY performanceUI.toolbar.memory-calltree		"メモリ割り当て">
-<!ENTITY performanceUI.toolbar.allocations.tooltiptext	"パフォーマンス情報の記録中に割り当てられたメモリを表示します。">
+<!ENTITY performanceUI.toolbar.memory-calltree		"メモリー割り当て">
+<!ENTITY performanceUI.toolbar.allocations.tooltiptext	"パフォーマンス情報の記録中に割り当てられたメモリーを表示します。">
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.js-flamegraph		"JS フレームチャート">
 <!ENTITY performanceUI.toolbar.js-flamegraph.tooltiptext	"パフォーマンス情報の記録時の JavaScript コールスタックを表示します。">
-<!ENTITY performanceUI.toolbar.memory-flamegraph	"メモリ割り当てフレームチャート">
+<!ENTITY performanceUI.toolbar.memory-flamegraph	"メモリー割り当てフレームチャート">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.table.*): These strings are displayed
   -  in the call tree headers for a recording. -->
 <!ENTITY performanceUI.table.totalDuration            "合計時間">
 <!ENTITY performanceUI.table.totalDuration.tooltip    "この関数と呼び出した関数の実行にかかった時間です。">
 <!ENTITY performanceUI.table.selfDuration             "時間">
 <!ENTITY performanceUI.table.selfDuration.tooltip     "この関数の実行にかかった時間です。">
 <!ENTITY performanceUI.table.totalPercentage          "合計コスト">
@@ -103,24 +103,24 @@
   -  label for the checkbox that toggles the flattening of tree recursion in inspected
   -  functions in the profiler. -->
 <!ENTITY performanceUI.flattenTreeRecursion             "呼び出しツリーを均す">
 <!ENTITY performanceUI.flattenTreeRecursion.tooltiptext "このオプションを有効にすると、関数インスペクト時の呼び出しツリーの表示を平らにします。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.enableMemory): This string
   -  is displayed next to a checkbox determining whether or not memory
   -  measurements are enabled. -->
-<!ENTITY performanceUI.enableMemory             "メモリ消費を記録">
-<!ENTITY performanceUI.enableMemory.tooltiptext "このオプションを有効にすると、プロファイル時のメモリ消費を記録します。">
+<!ENTITY performanceUI.enableMemory             "メモリー消費を記録">
+<!ENTITY performanceUI.enableMemory.tooltiptext "このオプションを有効にすると、プロファイル時のメモリー消費を記録します。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.enableAllocations): This string
   -  is displayed next to a checkbox determining whether or not allocation
   -  measurements are enabled. -->
-<!ENTITY performanceUI.enableAllocations             "メモリ割り当てを記録">
-<!ENTITY performanceUI.enableAllocations.tooltiptext "このオプションを有効にすると、プロファイル時のメモリ割り当てを記録します。">
+<!ENTITY performanceUI.enableAllocations             "メモリー割り当てを記録">
+<!ENTITY performanceUI.enableAllocations.tooltiptext "このオプションを有効にすると、プロファイル時のメモリー割り当てを記録します。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.enableFramerate): This string
   -  is displayed next to a checkbox determining whether or not framerate
   -  is recorded. -->
 <!ENTITY performanceUI.enableFramerate             "フレームレートを記録">
 <!ENTITY performanceUI.enableFramerate.tooltiptext "このオプションを有効にすると、プロファイル時のフレームレートを記録します。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (performanceUI.console.recordingNoticeStart/recordingNoticeEnd):
--- a/devtools/client/startup.properties
+++ b/devtools/client/startup.properties
@@ -226,25 +226,25 @@ scratchpad.panelLabel		=スクラッチパッドパネル
 # LOCALIZATION NOTE (scratchpad.tooltip):  This string is displayed in the
 # tooltip of the tab when the Scratchpad is displayed inside the developer tools
 # window.
 scratchpad.tooltip		=スクラッチパッド
 
 # LOCALIZATION NOTE (memory.label): This string is displayed in the title of the
 # tab when the memory tool is displayed inside the developer tools window and in
 # the Developer Tools Menu.
-memory.label			=メモリ
+memory.label			=メモリー
 
 # LOCALIZATION NOTE (memory.panelLabel): This is used as the label for the
 # toolbox panel.
-memory.panelLabel		=メモリパネル
+memory.panelLabel		=メモリーパネル
 
 # LOCALIZATION NOTE (memory.tooltip): This string is displayed in the tooltip of
 # the tab when the memory tool is displayed inside the developer tools window.
-memory.tooltip			=メモリ
+memory.tooltip			=メモリー
 
 # LOCALIZATION NOTE (dom.label):
 # This string is displayed in the title of the tab when the DOM panel is
 # displayed inside the developer tools window and in the Developer Tools Menu.
 dom.label			=DOM
 
 # LOCALIZATION NOTE (dom.panelLabel):
 # This is used as the label for the toolbox panel.
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -13,18 +13,18 @@ DontAskAgain			=次回からは確認しない(&D)
 JSURLLoadBlockedWarning		=ウィンドウに表示中のコンテンツのホストと異なるホストのリソースを \njavascript: URL で読み込むことは、セキュリティ上の理由により禁止されています。
 WindowCloseBlockedWarning	=スクリプトはスクリプトによって開かれたウィンドウ以外を閉じることができません。
 OnBeforeUnloadTitle		=本当によろしいですか?
 OnBeforeUnloadMessage		=このページから移動しますか? 入力したデータは保存されません。
 OnBeforeUnloadStayButton	=このページに留まる
 OnBeforeUnloadLeaveButton	=このページから移動する
 UnexpectedCanvasVariantStyle	=canvas: strokeStyle または fillStyle に文字列、CanvasGradient あるいは CanvasPattern 以外の値を設定することはできません。
 EmptyGetElementByIdParam	=getElementById() に空文字列が渡されました。
-LowMemoryTitle			=警告: メモリ不足
-LowMemoryMessage		=メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。
+LowMemoryTitle			=警告: メモリー不足
+LowMemoryMessage		=メモリーが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。
 SpeculationFailed		=不平衡なツリーが document.write() を使用して書き込まれたため、ネットワークからのデータが再度パースされます。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/HTML/Optimizing_your_pages_for_speculative_parsing を参照してください。
 DocumentWriteIgnored		=非同期で読み込まれた外部スクリプトからの document.write() の呼び出しは無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE (EditorFileDropFailed): Do not translate contenteditable, %S is the error message explaining why the drop failed.
 EditorFileDropFailed		=contenteditable 要素へのファイルのドロップに失敗しました: %S
 # (^m^) FormValidation* は Bug 598529 を参照
 FormValidationTextTooLong		=テキストを %1$S 文字以下に短くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationTextTooShort		=少なくとも %1$S 文字以上に長くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationValueMissing		=このフィールドは入力必須です。
@@ -96,17 +96,17 @@ PointerLockDeniedFailedToLock		=ブラウザーがポインターのロックに失敗したため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 HTMLSyncXHRWarning			=同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning		=channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the name of the header in question
 ForbiddenHeaderWarning			=禁止されたヘッダーを設定しようとして拒否されました: %S
 ResponseTypeSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning			=XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 JSONCharsetWarning			=XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
-MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリが不足しています。
+MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリーが不足しています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownContentType		=decodeAudioData へ渡されたバッファに種類不明のコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownError		=decodeAudioData の処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataInvalidContent		=decodeAudioData へ渡されたバッファにデコードできない不正なコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataNoAudio			=decodeAudioData へ渡されたバッファに音声が含まれていません。
--- a/dom/chrome/layout/printing.properties
+++ b/dom/chrome/layout/printing.properties
@@ -41,17 +41,17 @@ printpreview_error_dialog_title	=印刷プレビューエラー
 # printing, and PERR_FAILURE_PP will be used under the same conditions
 # when print previewing.
 #
 PERR_FAILURE			=印刷中にエラーが発生しました。
 
 PERR_ABORT			=印刷ジョブが中断またはキャンセルされました。
 PERR_NOT_AVAILABLE		=一部の印刷機能は現在利用できません。
 PERR_NOT_IMPLEMENTED		=いくつかの印刷機能はまだ実装されていません。
-PERR_OUT_OF_MEMORY		=印刷に必要なメモリが不足しています。
+PERR_OUT_OF_MEMORY		=印刷に必要なメモリーが不足しています。
 PERR_UNEXPECTED			=印刷中に予期せぬ問題が発生しました。
 
 PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE		=使用可能なプリンタが見つかりません。
 PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE_PP	=使用可能なプリンタが見つからないため印刷プレビューを表示できません。
 PERR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND			=選択されたプリンタが見つかりません。
 PERR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE		=印刷の出力先ファイルを開けません。
 PERR_GFX_PRINTER_STARTDOC			=印刷ジョブの開始処理中にエラーが発生しました。
 PERR_GFX_PRINTER_ENDDOC				=印刷ジョブの終了処理中にエラーが発生しました。
--- a/dom/chrome/layout/xmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/xmlparser.properties
@@ -1,14 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # Map Expat error codes to error strings
-1  = メモリが不足しています。
+1  = メモリーが不足しています。
 2  = 構文エラーです。
 3  = 要素が見つかりません。
 4  = 整形式になっていません。
 5  = トークンが閉じられていません。
 6  = トークンが閉じられていません。
 7  = タグの対応が間違っています。
 8  = 属性が二重に定義されています。
 9  = ドキュメント要素の後ろに不正な文字列があります。
--- a/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
+++ b/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
@@ -6,12 +6,12 @@ readError		=ダウンロード元ファイルが読み取れないため %S を保存できませんでした。\n\nしばらく後で再度試すか、サーバー管理者に問い合わせてください。
 writeError		=原因不明のエラーにより %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
 launchError		=原因不明のエラーにより %S を開けませんでした。\n\n一度ディスクに保存してからそのファイルを開いてください。
 diskFull		=%S を保存するディスクの空き領域が不足しています。\n\nディスク上の不要なファイルを削除してから再度試すか、別の場所に保存してください。
 readOnly		=ディスク、フォルダーまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
 accessError		=フォルダーの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダーのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
 SDAccessErrorCardReadOnly	=SD カードが使用中のためファイルをダウンロードできません。
 SDAccessErrorCardMissing	=SD カードがないためファイルをダウンロードできません。
 helperAppNotFound	=関連づけされたプログラムが存在しないため %S を開けませんでした。関連づけの設定を変更してください。
-noMemory		=要求された操作を実行するのに必要なメモリが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
+noMemory		=要求された操作を実行するのに必要なメモリーが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
 title			=%S をダウンロードしています
 fileAlreadyExistsError	=‘_files’ ディレクトリーと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
 fileNameTooLongError	=ファイル名が長すぎるため %S を保存できませんでした。\n\n短い名前で保存してください。
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
@@ -87,17 +87,17 @@ 10081	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 10085	= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name FILTER_ERROR_HINT
 ## @loc none
 10087	= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_MEMORY_HINT
 ## @loc none
-10090	= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリを解放してからやり直してください。
+10090	= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリーを解放してからやり直してください。
 
 ## @name CONNECT_ERROR_HINT
 ## @loc none
 10091	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 
 ## @name HOST_NOT_FOUND_HINT
 ## @loc none
 15000	= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
--- a/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
@@ -185,17 +185,17 @@ imapSubscribePrompt			=%1$S を購読しますか?
 imapServerDroppedConnection		=IMAP サーバーへ接続できませんでした。このサーバーへの同時接続数の限度を超えている可能性があります。その場合は [アカウント設定] の [サーバー設定] の [詳細] でサーバーへの最大同時接続数を減らしてください。
 
 imapQuotaStatusFolderNotOpen		=フォルダーが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
 
 imapQuotaStatusNotSupported		=このサーバーはクォータをサポートしていません。
 
 imapQuotaStatusNoQuota			=このフォルダーにはクォータが割り当てられていません。
 
-imapOutOfMemory				=メモリが不足しています。
+imapOutOfMemory				=メモリーが不足しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapCopyingMessageOf2): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %3$S in your translation where the name of the destination folder should appear.
 # Place the word %1$S where the currently copying message should appear.
 # Place the word %2$S where the total number of messages should appear.
 imapCopyingMessageOf2			=%3$S にメッセージをコピーしています %1$S / %2$S...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapMoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
--- a/mail/chrome/messenger/telemetry.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/telemetry.properties
@@ -1,13 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # Telemetry prompt
 # LOCALIZATION NOTE (telemetryText): %1$S will be replaced by brandFullName,
 # and %2$S by the value of the toolkit.telemetry.server_owner preference.
-telemetryText			= %1$S の改善のため、メモリ消費量、パフォーマンス、応答速度を自動的に %2$S に送信しますか?
+telemetryText			= %1$S の改善のため、メモリー消費量、パフォーマンス、応答速度を自動的に %2$S に送信しますか?
 telemetryLinkLabel		= 詳細
 telemetryYesButtonLabel		= はい
 telemetryYesButtonAccessKey	= Y
 telemetryNoButtonLabel		= いいえ
 telemetryNoButtonAccessKey	= N
--- a/mail/chrome/mozldap/ldap.properties
+++ b/mail/chrome/mozldap/ldap.properties
@@ -227,17 +227,17 @@ 87 = 検索フィルターが正しくありません
 88 = ユーザーによりキャンセルされました
 
 ## @name PARAM_ERROR
 ## @loc none
 89 = LDAP ルーチンに渡すパラメータが正しくありません
 
 ## @name NO_MEMORY
 ## @loc none
-90 = メモリが不足しています
+90 = メモリーが不足しています
 
 ## @name CONNECT_ERROR
 ## @loc none
 91 = LDAP サーバーに接続できません
 
 ## @name NOT_SUPPORTED
 ## @loc none
 92 = このバージョンの LDAP プロトコルはサポートされていません
--- a/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
+++ b/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
@@ -27,17 +27,17 @@ mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダーを選択してください
 mediaBlockImage		= %S の画像をブロック
 mediaImageType		= %S 画像
 mediaAnimatedType	= %S アニメーション画像
 
 generalQuirksMode	= Quirks (後方互換) モード
 generalStrictMode	= Standards Compliant (標準準拠) モード
 generalNotCached	= (キャッシュなし)
 generalDiskCache	= ディスクキャッシュ
-generalMemoryCache	= メモリキャッシュ
+generalMemoryCache	= メモリーキャッシュ
 generalSize		= %S KB (%S バイト)
 generalMetaTag		= meta 要素一覧 (1 要素)
 generalMetaTags		= meta 要素一覧 (%S 要素)
 generalSiteIdentity	= このウェブサイトの運営者: %S\n認証局: %S
 
 formTitle		= フォーム %S:
 formUntitled		= 名前なしフォーム:
 formDefaultTarget	= なし (同じウィンドウで開く)
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
@@ -84,17 +84,17 @@ 10081= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 10085= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name FILTER_ERROR_HINT
 ## @loc none
 10087= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_MEMORY_HINT
 ## @loc none
-10090= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリを解放してからもう一度試してください。
+10090= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリーを解放してからもう一度試してください。
 
 ## @name CONNECT_ERROR_HINT
 ## @loc none
 10091= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 
 ## @name HOST_NOT_FOUND_HINT
 ## @loc none
 15000= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
--- a/suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
@@ -191,17 +191,17 @@ imapServerDroppedConnection	=IMAP サーバーへ接続できませんでした。このサーバーへの同時最大接続数を超えている可能性があります。その場合は [アカウント設定] -> [サーバー設定] -> [詳細] で最大同時接続数を減らしてください。
 
 imapQuotaStatusFolderNotOpen	=フォルダーが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
 
 imapQuotaStatusNotSupported	=このサーバーはクォータをサポートしていません。
 
 imapQuotaStatusNoQuota		=このフォルダーにはクォータが割り当てられていません。
 
 # Out of memory
-imapOutOfMemory			=メモリが不足しています。
+imapOutOfMemory			=メモリーが不足しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapCopyingMessageOf2): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %3$S in your translation where the name of the destination folder should appear.
 # Place the word %1$S where the currently copying message should appear.
 # Place the word %2$S where the total number of messages should appear.
 imapCopyingMessageOf2		=%3$S にメッセージをコピーしています %1$S/%2$S...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapMoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
--- a/suite/chrome/mozldap/ldap.properties
+++ b/suite/chrome/mozldap/ldap.properties
@@ -225,17 +225,17 @@ 87=検索フィルターが正しくありません
 88=ユーザーによりキャンセルされました
 
 ## @name PARAM_ERROR
 ## @loc none
 89=LDAP ルーチンに渡すパラメータが正しくありません
 
 ## @name NO_MEMORY
 ## @loc none
-90=メモリが不足しています
+90=メモリーが不足しています
 
 ## @name CONNECT_ERROR
 ## @loc none
 91=LDAP サーバーに接続できません
 
 ## @name NOT_SUPPORTED
 ## @loc none
 92=このバージョンの LDAP プロトコルはサポートされていません
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
@@ -47,17 +47,17 @@ This is likely the same like id.heading 
 This is the Windows- and Mac-specific variant of aboutSupport.appBasicsProfileDir.
 Windows/Mac use the term "Folder" instead of "Directory" -->
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDirWinMac	"プロファイルフォルダー">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsEnabledPlugins	"有効なプラグイン">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsBuildConfig	"ビルド設定">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsUserAgent	"ユーザーエージェント">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsOS		"OS">
-<!ENTITY aboutSupport.appBasicsMemoryUse	"メモリ使用量">
+<!ENTITY aboutSupport.appBasicsMemoryUse	"メモリー使用量">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsPerformance	"パフォーマンス">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE the term "Service Workers" should not be translated. -->
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsServiceWorkers	"登録された Service Workers">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfiles		"プロファイル">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsMultiProcessSupport	"マルチプロセスウィンドウ">
--- a/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.properties
@@ -45,17 +45,17 @@ slowSqlStatement		=ステートメント
 chrome-hangs-title	=ハングレポート #%1$S (%2$S 秒)
 
 # Note to translators:
 # - The %1$S will be replaced with the number of the late write
 late-writes-title	=遅延書き込み #%1$S
 
 stackTitle		=スタック:
 
-memoryMapTitle		=メモリマップ:
+memoryMapTitle		=メモリーマップ:
 
 errorFetchingSymbols	=シンボルの読み込み中にエラーが発生しました。インターネット接続を確認して、再度試してください。
 
 histogramSamples	=サンプル
 
 histogramAverage	=平均
 
 histogramSum		=合計