18.0: sync suite with en-US rev12547:4f3140a9ed92
authorABE Hiroki (hATrayflood) <h.rayflood@gmail.com>
Fri, 09 Nov 2012 23:12:03 +0900
changeset 888 8d78445bd91c861e4527b717de3204023ade7643
parent 887 aebc64ee1275d03d9500737ed375ddcff832b1d8
child 889 0b385d543fdfa6fa486f09979d1a7c1b5014874d
push id390
push userzbraniecki@mozilla.com
push dateMon, 19 Nov 2012 23:25:34 +0000
bugs18
18.0: sync suite with en-US rev12547:4f3140a9ed92
suite/chrome/common/consoleOverlay.dtd
suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_advanced.xhtml
suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_appearance.xhtml
suite/chrome/common/pref/pref-fonts.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
suite/chrome/mailnews/filter.properties
suite/chrome/mailnews/messenger.properties
suite/chrome/mailnews/pref/am-addressing.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-identities-list.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
suite/chrome/mailnews/start.dtd
--- a/suite/chrome/common/consoleOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/consoleOverlay.dtd
@@ -1,20 +1,21 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY menuBar.tooltip       "メニューバー">
 <!ENTITY modeToolbar.tooltip   "モードツールバー">
-<!ENTITY entryToolbar.tooltip  "Javaスクリプト入力ツールバー">
+<!ENTITY entryToolbar.tooltip  "Javascript入力ツールバー">
 <!ENTITY toolbarsCmd.label     "表示/非表示">
 <!ENTITY toolbarsCmd.accesskey "w">
 <!ENTITY toolbarMode.label     "モード">
 <!ENTITY toolbarMode.accesskey "M">
-<!ENTITY toolbarEval.label     "Javaスクリプト入力">
+<!ENTITY toolbarEval.label     "Javascript入力">
 <!ENTITY toolbarEval.accesskey "J">
 
 <!ENTITY all.accesskey         "A">
 <!ENTITY errors.accesskey      "r">
 <!ENTITY warnings.accesskey    "n">
 <!ENTITY messages.accesskey    "M">
 <!ENTITY clear.accesskey       "l">
 <!ENTITY evaluate.accesskey    "u">
+<!ENTITY filter.accesskey      "k">
--- a/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_advanced.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_advanced.xhtml
@@ -404,18 +404,16 @@
     <ul>
       <li><strong>Use HTTP 1.0</strong>: Choose this to use the original
         version of HTTP, standardized in 1996.</li>
       <li><strong>Use HTTP 1.1</strong>: Choose this to use the new version of
         HTTP, which offers performance enhancements, including more efficient
         use of HTTP connections, better support for client-side caching,
         multiple HTTP requests (pipelining), and more refined control over
         cache expiration and replacement policies.</li>
-      <li><strong>Enable Keep-Alive</strong>: Select this to keep a connection
-        open to make additional HTTP requests, increasing speed.</li>
       <li><strong>Enable Pipelining</strong>: Select this to
         enable pipelining, which allows for more than one HTTP request to be
         sent to the server at once, reducing delays loading web pages.
 
         <p><strong>Note</strong>: Pipelining is only available with 
           HTTP 1.1.</p></li>
     </ul>
   </li>
--- a/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_appearance.xhtml
+++ b/suite/chrome/common/help/cs_nav_prefs_appearance.xhtml
@@ -174,17 +174,17 @@
 
 <p><strong>Note</strong>: Some font styles may not be selectable because the
   selected language does not have fonts available for that style.</p>
 
 <ul>
   <li><strong>Fonts for</strong>: Choose a language group/script. For instance,
     to set default fonts for West European languages/script (Latin), choose
     <q>Western.</q> For Unicode or a language/script not yet in the list, choose
-    <q>Other Languages.</q> For more information, including <q>User Defined</q>,
+    <q>Unicode.</q> For more information, including <q>User Defined</q>,
     see <a href="nav_help.xhtml#selecting_character_encodings_and_fonts">Selecting
     Character Encodings and Fonts</a>.<br/>
     All settings below, except for the checkbox, are stored per language group;
     each can have its own set of font definitions.
     <ul>
       <li><strong>Proportional</strong>: Select whether proportional text
         should be serif (like Times Roman) or sans-serif (like Arial). You can
         also specify what font size you want for proportional text.
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-fonts.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-fonts.dtd
@@ -34,17 +34,17 @@
 <!ENTITY  font.langGroup.trad-chinese             "繁体字中国語 (台湾)">
 <!ENTITY  font.langGroup.simpl-chinese            "簡体字中国語">
 <!ENTITY  font.langGroup.trad-chinese-hk          "繁体字中国語 (香港)">
 <!ENTITY  font.langGroup.korean                   "韓国語">
 <!ENTITY  font.langGroup.cyrillic                 "キリル文字">
 <!ENTITY  font.langGroup.baltic                   "バルト諸語">
 <!ENTITY  font.langGroup.el                       "ギリシャ語">
 <!ENTITY  font.langGroup.turkish                  "トルコ語">
-<!ENTITY  font.langGroup.unicode                  "その他の言語">
+<!ENTITY  font.langGroup.unicode1                 "Unicode">
 <!ENTITY  font.langGroup.user-def                 "ユーザ定義">
 <!ENTITY  font.langGroup.thai                     "タイ語">
 <!ENTITY  font.langGroup.hebrew                   "ヘブライ語">
 <!ENTITY  font.langGroup.arabic                   "アラビア語">
 <!ENTITY  font.langGroup.devanagari               "デーヴァナーガリー">
 <!ENTITY  font.langGroup.tamil                    "タミル語">
 <!ENTITY  font.langGroup.armenian                 "アルメニア語">
 <!ENTITY  font.langGroup.bengali                  "ベンガル語">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
@@ -18,18 +18,18 @@
 <!ENTITY lastPageRadio.accesskey        "L">
 <!ENTITY restoreSessionRadio.label      "以前のセッションを復元する">
 <!ENTITY restoreSessionRadio.accesskey  "P">
 
 <!ENTITY restoreSessionIntro.label      "セッションとウィンドウを復元する時">
 <!ENTITY restoreImmediately.label       "すぐにすべてのタブを復元する">
 <!ENTITY restoreImmediately.accesskey   "e">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (restoreTabs.label): This will concatenate to
-      "Restore [___] tab(s) at a time",
-      using (restoreTabs.label) and a number (restoreTabsAtATime.label). -->
+     "Restore [___] tab(s) at a time",
+     using (restoreTabs.label) and a number (restoreTabsAtATime.label). -->
 <!ENTITY restoreTabs.label              "一度に">
 <!ENTITY restoreTabs.accesskey          "s">
 <!ENTITY restoreTabsAtATime.label       "個のタブまでを復元する">
 <!ENTITY restoreDeferred.label          "必要な時のみタブを復元する">
 <!ENTITY restoreDeferred.accesskey      "O">
 
 <!ENTITY homePageIntro.label            "パーソナルツールバーの [ホーム] をクリックすると、このページのグループを開きます:">
 <!ENTITY useCurrent.label               "現在のページを使用">
@@ -41,9 +41,10 @@
 <!ENTITY useDefault.label               "初期設定に戻す">
 <!ENTITY useDefault.accesskey           "R">
 
 <!ENTITY defaultBrowserGroup.label      "既定のブラウザ">
 <!ENTITY defaultBrowserButton.label     "既定のブラウザに設定">
 <!ENTITY defaultBrowserButton.accesskey "D">
 <!ENTITY alreadyDefaultText             "&brandShortName; はすでに既定のブラウザに設定されています。">
 <!ENTITY defaultPendingText             "OK をクリックすると &brandShortName; は既定のブラウザに設定されます。">
+<!ENTITY wasMadeDefaultText             "&brandShortName; は既定のブラウザに設定されています。">
 <!ENTITY makeDefaultText                "&brandShortName; を既定のブラウザに設定します。">
--- a/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
@@ -16,27 +16,30 @@ verifying.label = 確認中...
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of additional clients (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
 additionalClientCount.label = と #1 個のデバイス
 # LOCALIZATION NOTE (bookmarksCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of bookmarks (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
-bookmarksCount.label = #1 個のブックマーク
+bookmarksCount.label        = #1 個のブックマーク
 # LOCALIZATION NOTE (historyDaysCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of days (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
-historyDaysCount.label = #1 日分の履歴
+historyDaysCount.label      = #1 日分の履歴
 # LOCALIZATION NOTE (passwordsCount.label):
 # Semi-colon list of plural forms. See:
 # http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of passwords (was %S for a short while, use #1 instead, even if both work)
-passwordsCount.label = #1 個のパスワード
+passwordsCount.label        = #1 個のパスワード
+# LOCALIZATION NOTE (addonsCount.label):
+# #1 is the number of add-ons, see the link above for forms
+addonsCount.label           = #1 個のアドオン
 
 save.recoverykey.title = リカバリキーの保存
 save.recoverykey.defaultfilename = SeaMonkey Recovery Key.xhtml
 
 newAccount.action.label = SeaMonkey Sync は、すべてのブラウザデータを自動的に同期するよう設定されました。
 newAccount.change.label = 下の Sync オプションで、同期する項目を個別に選択することもできます。
 resetClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
 wipeClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
--- a/suite/chrome/mailnews/filter.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/filter.properties
@@ -1,63 +1,66 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-mustSelectFolder= フォルダを選択してください。
-enterValidEmailAddress= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
-pickTemplateToReplyWith= 適用するテンプレートを選択してください。
-mustEnterName= フィルタの名前を入力してください。
-cannotHaveDuplicateFilterTitle= フィルタ名の重複
+mustSelectFolder		= フォルダを選択してください。
+enterValidEmailAddress		= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
+pickTemplateToReplyWith		= 適用するテンプレートを選択してください。
+mustEnterName			= フィルタの名前を入力してください。
+cannotHaveDuplicateFilterTitle	= フィルタ名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage= 入力した名前のフィルタがすでに存在します。別のフィルタ名を入力してください。
-deleteFilterConfirmation= 本当に選択したフィルタを削除してもよろしいですか?
-untitledFilterName= フィルタ名なし
-matchAllFilterName= すべてのメッセージに合致
-filterListBackUpMsg= フィルタの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルタ定義ファイルを作成します。
-customHeaderOverflow= カスタムヘッダの数が 50 を超えています。カスタムヘッダを一部削除してからやり直してください。
-filterCustomHeaderOverflow= フィルタ定義のカスタムヘッダが 50 を超えています。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダの数を減らしてください。
-invalidCustomHeader= カスタムヘッダには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダから無効な文字を削除してください。
-continueFilterExecution= フィルタ %S の評価に失敗しました。フィルタの評価を続けますか?
-promptTitle= フィルタ処理をしています
-promptMsg= メッセージのフィルタ処理を実行中です。\nフィルタの評価を続けますか?
-stopButtonLabel= 停止
-continueButtonLabel= 継続
-cannotEnableFilter= このフィルタはご利用のバージョンのソフトウェアでサポートされていないため、有効にすることができません。
-searchTermsInvalidTitle= 無効な検索条件
-searchTermsInvalidMessage= 無効な検索条件が含まれているためフィルタを保存できません。
+deleteFilterConfirmation	= 本当に選択したフィルタを削除してもよろしいですか?
+untitledFilterName		= フィルタ名なし
+matchAllFilterName		= すべてのメッセージ
+filterListBackUpMsg		= フィルタの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルタ定義ファイルを作成します。
+customHeaderOverflow		= カスタムヘッダの数が 50 を超えています。カスタムヘッダを一部削除してからやり直してください。
+filterCustomHeaderOverflow	= フィルタ定義のカスタムヘッダが 50 を超えています。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダの数を減らしてください。
+invalidCustomHeader		= カスタムヘッダには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルタ定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダから無効な文字を削除してください。
+continueFilterExecution		= フィルタ %S の評価に失敗しました。フィルタの評価を続けますか?
+promptTitle			= フィルタ処理をしています
+promptMsg			= メッセージのフィルタ処理を実行中です。\nフィルタの評価を続けますか?
+stopButtonLabel			= 停止
+continueButtonLabel		= 継続
+cannotEnableFilter		= このフィルタはご利用のバージョンのソフトウェアでサポートされていないため、有効にすることができません。
+searchTermsInvalidTitle		= 無効な検索条件
+# LOCALIZATION NOTE(searchTermsInvalidRule)
+# %1$S=search attribute name from the invalid rule
+# %2$S=search operator from the bad rule
+searchTermsInvalidRule		= 無効な検索条件 "%1$S %2$S" が含まれているためフィルタを保存できません。
 
 # for junk mail logging / mail filter logging
 # LOCALIZATION NOTE(junkLogDetectStr)
-# %1$S=author, %2$S= subject, %3$S=date
-junkLogDetectStr= 迷惑メールを検出しました。差出人: %1$S 題名: %2$S 日時: %3$S
+# %1$S=author, %2$S=subject, %3$S=date
+junkLogDetectStr		= 迷惑メールを検出しました。差出人: %1$S 題名: %2$S 日時: %3$S
 # LOCALIZATION NOTE(logMoveStr)
-# %1$S= message id, %2$S=folder URI
-logMoveStr= メッセージを移動しました。メッセージ ID: %1$S 移動先: %2$S
+# %1$S=message id, %2$S=folder URI
+logMoveStr			= メッセージを移動しました。メッセージ ID: %1$S 移動先: %2$S
 # LOCALIZATION NOTE(logCopyStr)
-# %1$S= message id, %2$S=folder URI
-logCopyStr= メッセージをコピーしました。メッセージ ID: %1$S コピー先: %2$S
+# %1$S=message id, %2$S=folder URI
+logCopyStr			= メッセージをコピーしました。メッセージ ID: %1$S コピー先: %2$S
 # LOCALIZATION NOTE(filterLogDetectStr)
-# %1$S=filter name %2$S= author, %3$S=subject, %4$S=date
-filterLogDetectStr= Applied filter "%1$S" to message from %2$S - %3$S at %4$S
-filterMissingCustomAction= カスタムアクションはありません
-filterAction2= 重要度を変更しました
-filterAction3= 削除しました
-filterAction4= 既読にしました
-filterAction5= 無視スレッドに設定しました
-filterAction6= 注目スレッドに設定しました
-filterAction7= フラグを付けました
-filterAction8= タグを付けました
-filterAction9= 返信しました
-filterAction10= 転送しました
-filterAction11= 実行を中止しました
-filterAction12= POP3 サーバから削除しました
-filterAction13= POP3 サーバに残しました
-filterAction14= 迷惑メールスコアを設定しました
-filterAction15= POP3 サーバから本文を取得しました
-filterAction16= フォルダにコピーしました
-filterAction17= タグを付けました
-filterAction18= 無視するサブスレッドに設定しました
-filterAction19= 未読にしました
+# %1$S=filter name %2$S=author, %3$S=subject, %4$S=date
+filterLogDetectStr		= メッセージに "%1$S" フィルタを適用しました。差出人: %2$S 題名: %3$S 日時: %4$S
+filterMissingCustomAction	= カスタムアクションはありません
+filterAction2			= 重要度を変更しました
+filterAction3			= 削除しました
+filterAction4			= 既読にしました
+filterAction5			= 無視スレッドに設定しました
+filterAction6			= 注目スレッドに設定しました
+filterAction7			= フラグを付けました
+filterAction8			= タグを付けました
+filterAction9			= 返信しました
+filterAction10			= 転送しました
+filterAction11			= 実行を中止しました
+filterAction12			= POP3 サーバから削除しました
+filterAction13			= POP3 サーバに残しました
+filterAction14			= 迷惑メールスコアを設定しました
+filterAction15			= POP3 サーバから本文を取得しました
+filterAction16			= フォルダにコピーしました
+filterAction17			= タグを付けました
+filterAction18			= 無視するサブスレッドに設定しました
+filterAction19			= 未読にしました
 # LOCALIZATION NOTE(filterAutoNameStr)
 # %1$S=Header or item to match, e.g. "From", "Tag", "Age in days", etc.
 # %2$S=Operator, e.g. "Contains", "is", "is greater than", etc.
 # %3$S=Value, e.g. "Steve Jobs", "Important", "42", etc.
 filterAutoNameStr=%1$S %2$S: %3$S
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
@@ -1,429 +1,426 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # The following are used by the messenger application
-renameFolder=フォルダの名前変更...
-compactFolder=このフォルダを最適化
-removeAccount=アカウントの削除...
-removeFolder=フォルダの削除
-newFolderMenuItem=フォルダ...
-newSubfolderMenuItem=サブフォルダ...
-newFolder=新しいフォルダ...
-newSubfolder=新しいサブフォルダ...
-folderProperties=フォルダのプロパティ
-getMessages=メッセージを受信
-getMessagesFor=このアカウントのメッセージを受信
-getNextNMessages=次の %S 本の記事を受信する
-advanceNextPrompt=%S 内の次の未読メッセージを開きますか?
-titleNewsPreHost=:
-titleMailPreHost=:
-replyToSender=送信者に返信
-reply=返信
-EMLFiles=メールファイル
-OpenEMLFiles=メッセージを開く
+renameFolder			= フォルダの名前変更...
+compactFolder			= このフォルダを最適化
+removeAccount			= アカウントの削除...
+removeFolder			= フォルダの削除
+newFolderMenuItem		= フォルダ...
+newSubfolderMenuItem		= サブフォルダ...
+newFolder			= 新しいフォルダ...
+newSubfolder			= 新しいサブフォルダ...
+folderProperties		= フォルダのプロパティ
+getMessages			= メッセージを受信
+getMessagesFor			= このアカウントのメッセージを受信
+getNextNMessages		= 次の %S 本の記事を受信する
+advanceNextPrompt		= %S 内の次の未読メッセージを開きますか?
+titleNewsPreHost		= :
+titleMailPreHost		= :
+replyToSender			= 送信者に返信
+reply				= 返信
+EMLFiles			= メールファイル
+OpenEMLFiles			= メッセージを開く
 # LOCALIZATION NOTE(defaultSaveMessageAsFileName): Do not translate ".eml"
 # in the line below. Also, the complete file name should be 8.3.
-defaultSaveMessageAsFileName=message.eml
-SaveMailAs=名前を付けてメッセージを保存
-SaveAttachment=添付ファイルを保存
-SaveAllAttachments=添付ファイルをすべて保存
-ChooseFolder=フォルダの選択
-LoadingMessageToPrint=印刷するメッセージを読み込んでいます...
-MessageLoaded=メッセージを読み込みました...
-PrintingMessage=メッセージを印刷しています...
-PrintPreviewMessage=メッセージの印刷プレビューを表示しています...
-PrintingContact=連絡先を印刷しています...
-PrintPreviewContact=連絡先の印刷プレビューを表示しています...
-PrintingAddrBook=アドレス帳を印刷しています...
-PrintPreviewAddrBook=アドレス帳の印刷プレビューを表示しています...
-PrintingComplete=印刷を完了しました。
-PreviewTitle=%S - %S
-LoadingMailMsgForPrint=(印刷する内容を読み込んでいます)
-LoadingMailMsgForPrintPreview=(印刷プレビューに表示する内容を読み込んでいます)
-saveAttachmentFailed=添付ファイルを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
-saveMessageFailed=メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
-fileExists=%S はすでに存在します。置き換えますか?
+defaultSaveMessageAsFileName	= message.eml
+SaveMailAs			= 名前を付けてメッセージを保存
+SaveAttachment			= 添付ファイルを保存
+SaveAllAttachments		= 添付ファイルをすべて保存
+ChooseFolder			= フォルダの選択
+LoadingMessageToPrint		= 印刷するメッセージを読み込んでいます...
+MessageLoaded			= メッセージを読み込みました...
+PrintingMessage			= メッセージを印刷しています...
+PrintPreviewMessage		= メッセージの印刷プレビューを表示しています...
+PrintingContact			= 連絡先を印刷しています...
+PrintPreviewContact		= 連絡先の印刷プレビューを表示しています...
+PrintingAddrBook		= アドレス帳を印刷しています...
+PrintPreviewAddrBook		= アドレス帳の印刷プレビューを表示しています...
+PrintingComplete		= 印刷を完了しました。
+PreviewTitle			= %S - %S
+LoadingMailMsgForPrint		= (印刷する内容を読み込んでいます)
+LoadingMailMsgForPrintPreview	= (印刷プレビューに表示する内容を読み込んでいます)
+saveAttachmentFailed		= 添付ファイルを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
+saveMessageFailed		= メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
+fileExists			= %S はすでに存在します。置き換えますか?
 
-downloadingNewsgroups=オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
-downloadingMail=オフラインで使用するメールをダウンロードしています
-sendingUnsent=未送信メールを送信しています
+downloadingNewsgroups		= オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
+downloadingMail			= オフラインで使用するメールをダウンロードしています
+sendingUnsent			= 未送信メールを送信しています
 
-folderExists=その名前のフォルダはすでに存在しています。他の名前を入力してください。
-folderCreationFailed=フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
+folderExists			= その名前のフォルダはすでに存在しています。他の名前を入力してください。
+folderCreationFailed		= フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
-compactingFolder=%S フォルダを最適化しています...
-doneCompacting=フォルダの最適化を完了しました
-autoCompactAllFoldersTitle=フォルダの最適化
-autoCompactAllFolders=ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか?
-autoCompactAlwaysAskCheckbox=自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
-compactNowButton=今すぐ最適化(&N)
+compactingFolder		= %S フォルダを最適化しています...
+doneCompacting			= フォルダの最適化を完了しました
+autoCompactAllFoldersTitle	= フォルダの最適化
+autoCompactAllFolders		= ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか?
+autoCompactAlwaysAskCheckbox	= 自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
+compactNowButton		= 今すぐ最適化(&M)
 
-confirmFolderDeletionForFilter=%S フォルダを削除すると関連付けられたフィルタが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
-alertFilterChanged=このフォルダに関連付けられたフィルタは更新されます。
-filterDisabled=%S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルタは無効になります。フォルダが存在しており、フィルタが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
-filterFolderDeniedLocked=他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。
-parsingFolderFailed=他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
-deletingMsgsFailed=他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
-alertFilterCheckbox=この警告を再び表示しない
-compactFolderDeniedLock=他の処理が進行中のため %S フォルダを最適化できませんでした。後で再度試してください。
-compactFolderWriteFailed=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-filterFolderWriteFailed=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-copyMsgWriteFailed=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
-cantMoveMsgWOBodyOffline=オフライン作業の間は、オフラインで使用できるようダウンロードしたメッセージ以外は移動やコピーできません。メールウィンドウの [ファイル] メニューを開き、[オフライン] を選択して [オンラインにする] のチェックを外してから再度試してください。
-operationFailedFolderBusy=フォルダが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
-folderRenameFailed=フォルダの名前を変更できませんでした。フォルダ名が変更されたか、新しい名前がフォルダ名として正しくないかもしれません。
+confirmFolderDeletionForFilter	= %S フォルダを削除すると関連付けられたフィルタが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
+alertFilterChanged		= このフォルダに関連付けられたフィルタは更新されます。
+filterDisabled			= %S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルタは無効になります。フォルダが存在しており、フィルタが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
+filterFolderDeniedLocked	= 他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。
+parsingFolderFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
+deletingMsgsFailed		= 他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
+alertFilterCheckbox		= この警告を再び表示しない
+compactFolderDeniedLock		= 他の処理が進行中のため %S フォルダを最適化できませんでした。後で再度試してください。
+compactFolderWriteFailed	= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+filterFolderWriteFailed		= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにメッセージをフィルタで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+copyMsgWriteFailed		= フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
+cantMoveMsgWOBodyOffline	= オフライン作業の間は、オフラインで使用できるようダウンロードしたメッセージ以外は移動やコピーできません。メールウィンドウの [ファイル] メニューを開き、[オフライン] を選択して [オンラインにする] のチェックを外してから再度試してください。
+operationFailedFolderBusy	= フォルダが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
+folderRenameFailed		= フォルダの名前を変更できませんでした。フォルダ名が変更されたか、新しい名前がフォルダ名として正しくないかもしれません。
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
-verboseFolderFormat=%2$S の %1$S フォルダ
+verboseFolderFormat		= %2$S の %1$S フォルダ
 # LOCALIZATION NOTE(filterFolderTruncateFailed): %1$S is replaced by the folder name, %2$S is replaced by the brandShortName
-filterFolderTruncateFailed=%1$S フォルダのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
+filterFolderTruncateFailed	= %1$S フォルダのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
 
-mailboxTooLarge=%S フォルダが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダを最適化してください。
-errorGettingDB=%S の要約ファイルを開けませんでした。ディスクエラーが発生したか、ファイルのフルパスが長すぎます。
+mailboxTooLarge			= %S フォルダが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダを最適化してください。
+errorGettingDB			= %S の要約ファイルを開けませんでした。ディスクエラーが発生したか、ファイルのフルパスが長すぎます。
 
-defaultServerTag=(既定)
+defaultServerTag		= (既定)
 
 # Used in message database list view to provide a text value for graphic based cells.
-messageUnread=未読
-messageHasFlag=フラグ付き
-messageHasAttachment=添付ファイルあり
-messageJunk=迷惑メール
-messageExpanded=Expanded
-messageCollapsed=Collapsed
+messageUnread		 = 未読
+messageHasFlag		 = フラグ付き
+messageHasAttachment	 = 添付ファイルあり
+messageJunk		 = 迷惑メール
+messageExpanded		 = Expanded
+messageCollapsed	 = Collapsed
 
 # Used in the SMTP Account Settings panel when a server value has no properties
-smtpServerList-NotSpecified=<指定なし>
-smtpServer-ConnectionSecurityType-0=なし
-smtpServer-ConnectionSecurityType-1=STARTTLS (可能な場合)
-smtpServer-ConnectionSecurityType-2=STARTTLS
-smtpServer-ConnectionSecurityType-3=SSL/TLS
-smtpServer-SecureAuthentication-Type-false=いいえ
-smtpServer-SecureAuthentication-Type-true=はい
-smtpServers-confirmServerDeletionTitle=サーバ設定を削除
-smtpServers-confirmServerDeletion=サーバの設定を削除してもよろしいですか?: \n %S
+smtpServerList-NotSpecified			= <なし>
+smtpServer-ConnectionSecurityType-0		= なし
+smtpServer-ConnectionSecurityType-1		= STARTTLS (可能な場合)
+smtpServer-ConnectionSecurityType-2		= STARTTLS
+smtpServer-ConnectionSecurityType-3		= SSL/TLS
+smtpServer-SecureAuthentication-Type-false	= いいえ
+smtpServer-SecureAuthentication-Type-true	= はい
+smtpServers-confirmServerDeletionTitle		= サーバ設定を削除
+smtpServers-confirmServerDeletion		= サーバの設定を削除してもよろしいですか?: \n %S
 
 # Account Settings - Both Incoming and SMTP server
-authNo= 認証なし
-authOld= パスワード認証 (安全でない古い方式)
-authPasswordCleartextInsecurely= 平文のパスワード認証 (安全でない)
-authPasswordCleartextViaSSL= 通常のパスワード認証
-authPasswordEncrypted= 暗号化されたパスワード認証
-authKerberos= Kerberos / GSSAPI
-authExternal=TLS 証明書
-authNTLM= NTLM
-authAnySecure= 任意の安全な方式 (非推奨)
-authAny= 任意の方式 (安全でない)
+authNo				= 認証なし
+authOld				= パスワード認証 (安全でない古い方式)
+authPasswordCleartextInsecurely	= 平文のパスワード認証 (安全でない)
+authPasswordCleartextViaSSL	= 通常のパスワード認証
+authPasswordEncrypted		= 暗号化されたパスワード認証
+authKerberos			= Kerberos / GSSAPI
+authExternal			= TLS 証明書
+authNTLM			= NTLM
+authAnySecure			= 任意の安全な方式 (非推奨)
+authAny				= 任意の方式 (安全でない)
 
 # LOCALIZATION NOTE(serverType-nntp): Do not translate "NNTP" in the line below
-serverType-nntp=NNTP ニュースサーバ
+serverType-nntp			= NNTP ニュースサーバ
 # LOCALIZATION NOTE(serverType-pop3): Do not translate "POP" in the line below
-serverType-pop3=POP メールサーバ
+serverType-pop3			= POP メールサーバ
 # LOCALIZATION NOTE(serverType-imap): Do not translate "IMAP" in the line below
-serverType-imap=IMAP メールサーバ
-serverType-none=ローカルメール 保存
+serverType-imap			= IMAP メールサーバ
+serverType-none			= ローカルメール 保存
 # LOCALIZATION NOTE(serverType-movemail): DONT_TRANSLATE
-serverType-movemail=Unix Movemail
+serverType-movemail		= Unix Movemail
 
-sizeColumnTooltip=クリックするとサイズで並べ替えて表示します
-sizeColumnHeader=サイズ
-linesColumnTooltip=クリックすると行で並べ替えて表示します
-linesColumnHeader=行
+sizeColumnTooltip		= クリックするとサイズで並べ替えて表示します
+sizeColumnHeader		= サイズ
+linesColumnTooltip		= クリックすると行で並べ替えて表示します
+linesColumnHeader		= 行
 
 # status feedback stuff
-documentDone=
-documentLoading=メッセージを読み込んでいます...
+documentDone			= 
+documentLoading			= メッセージを読み込んでいます...
 
-unreadMsgStatus=未読数: %S
-selectedMsgStatus=選択数: %S
-totalMsgStatus=合計: %S
+unreadMsgStatus			= 未読数: %S
+selectedMsgStatus		= 選択数: %S
+totalMsgStatus			= 合計: %S
 
 # localized folder names
 
-localFolders=ローカルフォルダ
+localFolders			= ローカルフォルダ
 
 # LOCALIZATION NOTE (inboxFolderName): OK to translate all foldernames, bugzilla #57440 & bugzilla #23625 fixed
-inboxFolderName=受信トレイ
-trashFolderName=ごみ箱
-sentFolderName=送信済みトレイ
-draftsFolderName=下書き
-templatesFolderName=テンプレート
-outboxFolderName=送信トレイ
-junkFolderName=迷惑メール
-archivesFolderName=アーカイブ
+inboxFolderName			= 受信トレイ
+trashFolderName			= ごみ箱
+sentFolderName			= 送信済みトレイ
+draftsFolderName		= 下書き
+templatesFolderName		= テンプレート
+outboxFolderName		= 送信トレイ
+junkFolderName			= 迷惑メール
+archivesFolderName		= アーカイブ
 
 # "Normal" priority is often blank,
 # depending on the consumers of these strings
-priorityLowest=最低
-priorityLow=低
-priorityNormal=標準
-priorityHigh=高
-priorityHighest=最高
+priorityLowest			= 最低
+priorityLow			= 低
+priorityNormal			= 標準
+priorityHigh			= 高
+priorityHighest			= 最高
 
 #Group by date thread pane titles
-today=今日
-yesterday=昨日
-lastWeek=1週間以内
-twoWeeksAgo=2週間以内
-older=それ以前
+today				= 今日
+yesterday			= 昨日
+lastWeek			= 1週間以内
+twoWeeksAgo			= 2週間以内
+older				= それ以前
 
 #Grouped By Tags
-untaggedMessages=タグなし
+untaggedMessages		= タグなし
 
 # Grouped by status
-messagesWithNoStatus=状態なし
+messagesWithNoStatus		= 状態なし
 
 #Grouped by priority
-noPriority=重要度指定なし
+noPriority			= 重要度指定なし
 
 #Grouped by has attachments
-noAttachments=添付ファイルなし
-attachments=添付ファイルあり
+noAttachments			= 添付ファイルなし
+attachments			= 添付ファイルあり
 
 #Grouped by flagged
-notFlagged=フラグなし
-groupFlagged=フラグ付き
+notFlagged			= フラグなし
+groupFlagged			= フラグ付き
 
 # defaults descriptions for tag prefs listed in mailnews.js
 # (we keep the .labels. names for backwards compatibility)
-mailnews.tags.remove=すべてのタグを削除
-mailnews.labels.description.1=重要
-mailnews.labels.description.2=仕事
-mailnews.labels.description.3=プライベート
-mailnews.labels.description.4=To Do
-mailnews.labels.description.5=後で
+mailnews.tags.remove		= すべてのタグを削除
+mailnews.labels.description.1	= 重要
+mailnews.labels.description.2	= 仕事
+mailnews.labels.description.3	= プライベート
+mailnews.labels.description.4	= ToDo
+mailnews.labels.description.5	= 後で
 
 # Format definition tag menu texts.
 # This is necessary in order to get the accesskeys to be the on the first
 # character of the menu text instead of after the menu text.
 # If a key definition exists for the tag at index n, that key's key will be
 # taken as the accesskey, eg.
 #   <key id="key_tag3" key="&tagCmd3.key;" oncommand="ToggleMessageTagKey(3);"/>
 # makes the third tag have the accesskey &tagCmd3.key;.
 # In the menuitem's label, this accesskey appears at %1$S below; %2$S will be
 # replaced by the tag label.
-mailnews.tags.format=%1$S %2$S
+mailnews.tags.format		= %1$S %2$S
 
-replied=返信済み
-forwarded=転送済み
-new=新着
-read=既読
-flagged=フラグ付き
+replied				= 返信済み
+forwarded			= 転送済み
+new				= 新着
+read				= 既読
+flagged				= フラグ付き
 
 # for junk status picker in search and mail views
-junk=迷惑メール
+junk				= 迷惑メール
 
 # for junk score origin picker in search and mail views
-junkScoreOriginPlugin=プラグイン
-junkScoreOriginFilter=フィルタ
-junkScoreOriginWhitelist=ホワイトリスト
-junkScoreOriginUser=ユーザ
-junkScoreOriginImapFlag=IMAP フラグ
+junkScoreOriginPlugin		= プラグイン
+junkScoreOriginFilter		= フィルタ
+junkScoreOriginWhitelist	= ホワイトリスト
+junkScoreOriginUser		= ユーザ
+junkScoreOriginImapFlag		= IMAP フラグ
 
 # for the has attachment picker in search and mail views
-hasAttachments=添付あり
+hasAttachments			= 添付あり
 
 # for the Tag picker in search and mail views.
-tag=タグ
+tag				= タグ
 
 # mailnews.js
-## (^^; ja では ISO-2022-JP にしておく。(en-US: ISO-8859-1)
-mailnews.send_default_charset=ISO-2022-JP
-mailnews.view_default_charset=ISO-2022-JP
+# (^^; ja では ISO-2022-JP にしておく。(en-US: ISO-8859-1)
+mailnews.send_default_charset	= ISO-2022-JP
+mailnews.view_default_charset	= ISO-2022-JP
 
 # generate display names in last first order
 # valid mail.addr_book.displayName.lastnamefirst are: true or false
 ## (^^; ja では true にする。(en-US: false)
-mail.addr_book.displayName.lastnamefirst=true
+mail.addr_book.displayName.lastnamefirst	= true
 
 # the format for "mail.addr_book.quicksearchquery.format" is:
 # @V == the escaped value typed in the quick search bar in the addressbook
 #
 # note, changing this might require a change to SearchNameOrEmail.label
 # in messenger.dtd
 #
 # LOCALIZATION NOTE - please add phonetic names as below when "mail.addr_book.show_phonetic_fields" is true
 # "?(or(PrimaryEmail,c,@V)(DisplayName,c,@V)(FirstName,c,@V)(LastName,c,@V)(PhoneticFirstName,c,@V)(PhoneticLastName,c,@V))"
 #
-mail.addr_book.quicksearchquery.format=?(or(PrimaryEmail,c,@V)(DisplayName,c,@V)(FirstName,c,@V)(LastName,c,@V)(PhoneticFirstName,c,@V)(PhoneticLastName,c,@V))
+mail.addr_book.quicksearchquery.format	= ?(or(PrimaryEmail,c,@V)(DisplayName,c,@V)(FirstName,c,@V)(LastName,c,@V)(PhoneticFirstName,c,@V)(PhoneticLastName,c,@V))
 
 # valid mail.addr_book.show_phonetic_fields are: true or false
 ## (^^; ja では true にする。(en-US: false)
-mail.addr_book.show_phonetic_fields=true
+mail.addr_book.show_phonetic_fields	= true
 
 # valid format options are:
 # 1: yyyy/mm/dd
 # 2: yyyy/dd/mm
 # 3: mm/dd/yyyy
 # 4: mm/yyyy/dd
 # 5: dd/mm/yyyy
 # 6: dd/yyyy/mm
 #
 # 0: auto-detect the current locale format
 #    a separator has to be either '/', '-', '.' and the year in Chistian year
 #    otherwise mm/dd/yyyy (option 3) is used
 #
-mailnews.search_date_format=0
+mailnews.search_date_format		= 0
 # separator for search date (e.g. "/", "-"), or empty when search_date_format is zero
-mailnews.search_date_separator=
+mailnews.search_date_separator		= 
 # leading zeros for day and month values, not used if mailnews.search_date_format is not zero
-mailnews.search_date_leading_zeros=true
+mailnews.search_date_leading_zeros	= true
 
 # offline msg 
 ## en-US 無視
-nocachedbodybody=このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバからダウンロードされていません。メッセージを読むには [ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オンライン作業] のチェックを外してオンラインにしてください。オフラインで使用するフォルダとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[オフラインとディスク領域] で設定できます。
+nocachedbodybody		= このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバからダウンロードされていません。メッセージを読むには [ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オンライン作業] のチェックを外してオンラインにしてください。オフラインで使用するフォルダとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[オフラインとディスク領域] で設定できます。
 
 # accountCentral
 mailnews.account_central_page.url=chrome://messenger/content/msgAccountCentral.xul
 # LOCALIZATION NOTE(acctCentralTitleFormat): %1$S is brand, %2$S is account type, %3$S is account name
-acctCentralTitleFormat=%1$S %2$S - %3$S
-mailAcctType=Mail
-newsAcctType=News
-feedsAcctType=Feeds
+acctCentralTitleFormat		= %1$S %2$S - %3$S
+mailAcctType			= Mail
+newsAcctType			= News
+feedsAcctType			= Feeds
 
 # LOCALIZATION NOTE(nocachedbodytitle): Do not translate "<TITLE>" or "</TITLE>" in the line below
-nocachedbodytitle=<TITLE>このメッセージを表示するにはオンラインにしてください</TITLE>\n
+nocachedbodytitle		= <TITLE>このメッセージを表示するにはオンラインにしてください</TITLE>\n
 
 # mailWindowOverlay.js
-confirmUnsubscribeTitle=購読解除の確認
-confirmUnsubscribeText=本当に %S を購読解除しますか?
+confirmUnsubscribeTitle		= 購読解除の確認
+confirmUnsubscribeText		= 本当に %S を購読解除しますか?
 
 # msgHdrViewOverlay.js
-deleteAttachments=次の添付ファイルをこのメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
-detachAttachments=次の添付ファイルが保存されたので、このメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
-deleteAttachmentFailure=選択された添付ファイルを削除できませんでした。
+deleteAttachments		= 次の添付ファイルをこのメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
+detachAttachments		= 次の添付ファイルが保存されたので、このメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
+deleteAttachmentFailure		= 選択された添付ファイルを削除できませんでした。
 
 # This is the format for prepending accesskeys to the
 # each of the attachments in the file|attachments menu:
 #   ie: 1 file.txt
 #       2 another file.txt
-attachmentDisplayNameFormat=%S. %S
+attachmentDisplayNameFormat	= %S. %S
 
 # This is the heading for the attachment summary when printing an email
-attachmentsPrintHeader=添付ファイル:
+attachmentsPrintHeader		= 添付ファイル:
 
 # Connection Error Messages
-101=未知のエラー
-102=サーバ %S との接続に失敗しました。
-103=サーバ %S に接続できません。サーバに接続を拒否されました。
-104=サーバ %S との接続はタイムアウトになりました。
+101				= 未知のエラー
+102				= サーバ %S との接続に失敗しました。
+103				= サーバ %S に接続できません。サーバに接続を拒否されました。
+104				= サーバ %S との接続はタイムアウトになりました。
 
-# LOCALIZATION NOTE(biffNotification): %1$S is the number of new messages
-biffNotification_message=%1$S 通の新着メッセージがあります
-biffNotification_messages=%1$S 通の新着メッセージがあります
+# LOCALIZATION NOTE(biffNotification): %1$S is the number of new messages  
+biffNotification_message	= %1$S 通の新着メッセージがあります
+biffNotification_messages	= %1$S 通の新着メッセージがあります
 
 # LOCALIZATION NOTE(macBiffNotification is Mac only):
 #  %1$S is the number of new messages
 #  %2$S is a list of names and/or email addresses separated by biffNotification_separator
 #  %3$S is the number of new messages not displayed in the biff alert
-macBiffNotification_message=%2$S より %1$S 通の新着メッセージがあります。
-macBiffNotification_messages=%2$S より %1$S 通の新着メッセージがあります。
-macBiffNotification_messages_extra=%2$S より %1$S 通、その他 %3$S 通の新着メッセージがあります。
+macBiffNotification_message	= %2$S より %1$S 通の新着メッセージがあります。
+macBiffNotification_messages	= %2$S より %1$S 通の新着メッセージがあります。
+macBiffNotification_messages_extra	= %2$S より %1$S 通、その他 %3$S 通の新着メッセージがあります。
 # Used to separate names/email addresses in a list.  Note the trailing space ', '
 macBiffNotification_separator=,\u0020
 
 # For the Quota tab in the mail folder properties dialog
-quotaUsedFree=%S / %S KB 使用
-quotaPercentUsed=%S%% 使用
+quotaUsedFree			= %S / %S KB 使用
+quotaPercentUsed		= %S%% 使用
 
 # for message views
-confirmViewDeleteTitle=削除の確認
-confirmViewDeleteMessage=本当にこの絞り込み条件を削除しますか?
+confirmViewDeleteTitle		= 確認
+confirmViewDeleteMessage	= 本当にこの絞り込み条件を削除しますか?
 
 # for virtual folders
-confirmSavedSearchDeleteTitle=検索フォルダの削除
-confirmSavedSearchDeleteMessage=本当にこの検索フォルダを削除しますか?
-confirmSavedSearchDeleteButton=検索フォルダを削除(&D)
+confirmSavedSearchDeleteTitle	= 検索フォルダの削除
+confirmSavedSearchDeleteMessage	= 本当にこの検索フォルダを削除しますか?
+confirmSavedSearchDeleteButton	= 検索フォルダを削除(&D)
 
 ## @name ENTER_PASSWORD_PROMPT
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (passwordPrompt): Do not translate the word %S below.
 # Place the word "%S" in your translation where the email address
 # or the username should appear
-passwordPrompt=%2$S 上の %1$S のパスワードを入力してください:
+passwordPrompt			= %2$S 上の %1$S のパスワードを入力してください:
 
 ## @name ENTER_PASSWORD_PROMPT_TITLE
 ## @loc None
-passwordTitle=メールサーバのパスワードが必要です
+passwordTitle			= メールサーバのパスワードが必要です
 
 # for checking if the user really wants to open lots of messages
-openWindowWarningTitle=確認
-openWindowWarningText=%S のメッセージを開くには時間がかかります。本当に開きますか?
+openWindowWarningTitle		= 確認
+openWindowWarningText		= %S のメッセージを開くには時間がかかります。本当に開きますか?
 
 # for warning the user that a tag he's trying to create already exists
-tagExists=この名前のタグはすでに存在します。
+tagExists			= この名前のタグはすでに存在します。
 
 # for checking if the user really wants to delete the adaptive filter training set
-confirmResetJunkTrainingTitle=確認
-confirmResetJunkTrainingText=本当に迷惑メールフィルタの学習データをリセットしてもよろしいですか?
+confirmResetJunkTrainingTitle	= 確認
+confirmResetJunkTrainingText	= 本当に迷惑メールフィルタの学習データをリセットしてもよろしいですか?
 
 # for the virtual folder list dialog title
 # %S is the name of the saved search folder
-editVirtualFolderPropertiesTitle=検索フォルダ %S のプロパティを変更
+editVirtualFolderPropertiesTitle= 検索フォルダ %S のプロパティを変更
 
 #alert to inform the user to choose one or more folders to search for a saved search folder
-alertNoSearchFoldersSelected=You must choose at least one folder to search for the saved search folder.
+alertNoSearchFoldersSelected	= 検索対象フォルダを 1 つ以上選択してください。
 
 # These are displayed in the message and folder pane windows
 # LOCALIZATION NOTE %.*f is the abbreviated size in the appropriate units
-byteAbbreviation2= %.*f バイト
-kiloByteAbbreviation2= %.*f KB
-megaByteAbbreviation2= %.*f MB
-gigaByteAbbreviation2= %.*f GB
+byteAbbreviation2		= %.*f バイト
+kiloByteAbbreviation2		= %.*f KB
+megaByteAbbreviation2		= %.*f MB
+gigaByteAbbreviation2		= %.*f GB
 
 # Error message if message for a message id wasn't found
-errorOpenMessageForMessageIdTitle=message-id エラー
-errorOpenMessageForMessageIdMessage=message-id %S のメッセージが見つかりませんでした
+errorOpenMessageForMessageIdTitle	= message-id エラー
+errorOpenMessageForMessageIdMessage	= message-id %S のメッセージが見つかりませんでした
 
 # Warnings to alert users about phishing urls
-confirmPhishingTitle=詐欺メールの警告
+confirmPhishingTitle		= 詐欺メールの警告
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the brand name, %2$S is the host name of the url being visited
 # (^^; %1$0.S is a special replacement to generate nothing for %1$S without error
-confirmPhishingUrl1=%1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。多くの正当なサイトは URL に数値 (IP アドレス) の代わりにドメイン名を使用しています。%2$S を開いてもよろしいですか?
-confirmPhishingUrl2=%1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。%2$S を開いてもよろしいですか?
+confirmPhishingUrl1		= %1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。多くの正当なサイトは URL に数値 (IP アドレス) の代わりにドメイン名を使用しています。%2$S を開いてもよろしいですか?
+confirmPhishingUrl2		= %1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。%2$S を開いてもよろしいですか?
 
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the e-mail address of the person we will allow remote content for
-alwaysLoadRemoteContentForSender=%1$S からのメールで常にリモートコンテンツを読み込むには、ここをクリックしてください。
+alwaysLoadRemoteContentForSender	= %1$S からのメールで常にリモートコンテンツを読み込むには、ここをクリックしてください。
 
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageNormal) %1$S is the name of the sender
-mdnBarMessageNormal=%1$S がこのメッセージの開封確認を送付するように求めています。
+mdnBarMessageNormal		=%1$S がこのメールの開封確認を求めています。
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageAddressDiffers) %1$S is the name of the sender, %2$S is the address(es) to send return receipt to
-mdnBarMessageAddressDiffers=%1$S がこのメッセージの開封確認を %2$S に送付するように求めています。
-
-# Strings for growl notifications on Mac OS X
-growlNotification=新着メール
+mdnBarMessageAddressDiffers	=%1$S がこのメールの開封確認を %2$S に送付するように求めています。
 
 # mailCommands.js
-emptyJunkTitle=確認
-emptyJunkMessage=迷惑メールフォルダから削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
-emptyJunkDontAsk=次回からは確認しない
-emptyTrashTitle=確認
-emptyTrashMessage=ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
-emptyTrashDontAsk=次回からは確認しない
+emptyJunkTitle			= 確認
+emptyJunkMessage		= 迷惑メールフォルダから削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
+emptyJunkDontAsk		= 次回からは確認しない
+emptyTrashTitle			= 確認
+emptyTrashMessage		= ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
+emptyTrashDontAsk		= 次回からは確認しない
 
 # junkCommands.js
-junkAnalysisPercentComplete=迷惑メールの分析を %S 完了しました
-processingJunkMessages=迷惑メールを処理しています
+junkAnalysisPercentComplete	= 迷惑メールの分析を %S 完了しました
+processingJunkMessages		= 迷惑メールを処理しています
 
 # tabmail: warning when closing multiple tabs (as in browser)
-tabs.closeWarningTitle=確認
-tabs.closeWarning=このメッセンジャーウィンドウには %S 個のタブが開いています。このウィンドウ内のタブをすべて閉じてもよろしいですか?
-tabs.closeButton=すべてのタブを閉じる
-tabs.closeWarningPromptMe=同時に複数のメッセンジャータブを閉じるときは確認する
+tabs.closeWarningTitle		= 確認
+tabs.closeWarning		= このメッセンジャーウィンドウには %S 個のタブが開いています。このウィンドウ内のタブをすべて閉じてもよろしいですか?
+tabs.closeButton		= すべてのタブを閉じる
+tabs.closeWarningPromptMe	= 同時に複数のメッセンジャータブを閉じるときは確認する
 
 # Messenger bootstrapping messages
-fileNotFoundTitle = ファイルが見つかりません
+fileNotFoundTitle		= ファイルが見つかりません
 #LOCALIZATION NOTE(fileNotFoundMsg): %S is the filename
-fileNotFoundMsg = %S ファイルが見つかりません。
+fileNotFoundMsg			= %S ファイルが見つかりません。
 
-applyToCollapsedMsgsTitle=たたまれたスレッド削除の確認
-applyToCollapsedMsgs=警告 - このスレッドのメッセージをすべて削除します。
-applyToCollapsedAlwaysAskCheckbox=たたまれたスレッドを削除する前に常に確認する
-applyNowButton=削除する
+applyToCollapsedMsgsTitle	= 折りたたまれたスレッド削除の確認
+applyToCollapsedMsgs		= 警告 - このスレッドのメッセージをすべて削除します。
+applyToCollapsedAlwaysAskCheckbox	= 折りたたまれたスレッドを削除する前に常に確認する
+applyNowButton			= 削除する
 
-mailServerLoginFailedTitle=ログイン失敗
+mailServerLoginFailedTitle			= ログイン失敗
 # LOCALIZATION NOTE (mailServerLoginFailedTitle): Insert "%S" in your
 # translation where you wish to display the hostname of the server to which
 # login failed.
-mailServerLoginFailed=サーバ %S へのログインに失敗しました。
-mailServerLoginFailedRetryButton=再試行(&R)
-mailServerLoginFailedEnterNewPasswordButton=新しいパスワードを入力(&E)
+mailServerLoginFailed				= サーバ %S へのログインに失敗しました。
+mailServerLoginFailedRetryButton		= 再試行(&R)
+mailServerLoginFailedEnterNewPasswordButton	= 新しいパスワードを入力(&E)
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-addressing.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-addressing.dtd
@@ -1,44 +1,49 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from am-addressing.xul -->
 
-<!ENTITY addressing.label          "編集とアドレス入力">
-<!ENTITY addressingGroupTitle.label "アドレス入力">
-<!ENTITY autocompleteToMyDomain.label     "メールアドレスに自分のドメイン名を自動的に追加する">
-<!ENTITY autocompleteToMyDomain.accesskey "o">
-<!ENTITY addressingText.label      "アドレスを検索する際に使用する LDAP サーバ:">
+<!ENTITY addressing.label		"編集とアドレス入力">
+<!ENTITY addressingGroupTitle.label	"アドレス入力">
+<!ENTITY autocompleteToMyDomain.label	"メールアドレスに自分のドメイン名を自動的に追加する">
+<!ENTITY autocompleteToMyDomain.accesskey	"o">
+<!ENTITY addressingText.label		"アドレスを自動補完する際に検索する LDAP サーバ:"> 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (override.label) : do not translate "LDAP" in below line -->
-<!ENTITY useGlobal.label           "共通の LDAP サーバ設定を使用する">
-<!ENTITY useGlobal.accesskey       "U">
-<!ENTITY editDirectories.label     "LDAP サーバを編集...">
-<!ENTITY editDirectories.accesskey "E">
+<!ENTITY useGlobal.label		"共通の LDAP サーバ設定を使用する">
+<!ENTITY useGlobal.accesskey		"U">
+<!ENTITY editDirectories.label		"LDAP サーバの編集...">
+<!ENTITY editDirectories.accesskey	"E">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (directories.label) : do not translate "LDAP" in below line -->
-<!ENTITY directories.label         "個別の LDAP サーバを指定する:">
-<!ENTITY directories.accesskey     "d">
-<!ENTITY directoriesNone.label     "なし">
+<!ENTITY directories.label		"個別の LDAP サーバを指定する:">
+<!ENTITY directories.accesskey		"d">
+<!ENTITY directoriesNone.label		"None">
 
 <!-- am-addressing.xul -->
 
-<!ENTITY compositionGroupTitle.label "編集">
+<!ENTITY compositionGroupTitle.label	"編集">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (useHtml.label) : do not translate "html" in below line -->
-<!ENTITY useHtml.label                        "HTML 形式でメッセージを編集する">
-<!ENTITY useHtml.accesskey                    "C">
-<!ENTITY autoQuote.label                      "返信時には元のメッセージを自動的に引用する">
-<!ENTITY autoQuote.accesskey                  "m">
-
+<!ENTITY useHtml.label			"HTML 形式でメッセージを編集する">
+<!ENTITY useHtml.accesskey		"C">
+<!ENTITY autoQuote.label		"返信時には元のメッセージを自動的に引用する">
+<!ENTITY autoQuote.accesskey		"m">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (then.label): This will concatenate with the 4 strings that follow. -->
-<!ENTITY then.label                           "キャレットの初期状態:">
-<!ENTITY then.accesskey                       "T">
-<!ENTITY aboveQuote.label                     "引用部の上">
-<!ENTITY belowQuote.label                     "引用部の下">
-<!ENTITY selectAndQuote.label                 "引用部を選択">
-<!ENTITY place.label                          "署名を挿入する位置:">
-<!ENTITY place.accesskey                      "s">
-<!ENTITY belowText.label                      "引用部の下 (推奨)">
-<!ENTITY aboveText.label                      "返信部の下 (引用部の上)">
-<!ENTITY includeSigOnReply.label              "返信メッセージに自分の署名を挿入する">
-<!ENTITY includeSigOnReply.accesskey          "I">
-<!ENTITY includeSigOnForward.label            "転送メッセージに自分の署名を挿入する">
-<!ENTITY includeSigOnForward.accesskey        "w">
+<!ENTITY then.label			"キャレットの初期状態:">
+<!ENTITY then.accesskey			"T">
+<!ENTITY aboveQuote.label		"引用部の上">
+<!ENTITY belowQuote.label		"引用部の下">
+<!ENTITY selectAndQuote.label		"引用部を選択">
+<!ENTITY place.label			"署名を挿入する位置:">
+<!ENTITY place.accesskey		"s">
+<!ENTITY belowText.label		"引用部の下 (推奨)">
+<!ENTITY aboveText.label		"返信部の下 (引用部の上)">
+<!ENTITY includeSigOnReply.label	"返信メッセージに自分の署名を挿入する">
+<!ENTITY includeSigOnReply.accesskey	"I">
+<!ENTITY includeSigOnForward.label	"転送メッセージに自分の署名を挿入する">
+<!ENTITY includeSigOnForward.accesskey	"w">
+
+<!ENTITY globalComposingPrefs.label	"共通の編集設定...">
+<!ENTITY globalComposingPrefs.accesskey	"G">
+
+<!ENTITY globalAddressingPrefs.label		"共通のアドレス入力設定...">
+<!ENTITY globalAddressingPrefs.accesskey	"P">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-identities-list.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-identities-list.dtd
@@ -1,13 +1,15 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY identitiesListDesc.label "差出人情報を複数用意して使い分けることができます。"><!-- (^^; Multiple Identities Support -->
-<!ENTITY identitiesListAdd.label  "追加...">
-<!ENTITY identitiesListAdd.accesskey  "A">
-<!ENTITY identitiesListEdit.label "編集...">
-<!ENTITY identitiesListEdit.accesskey "E">
-<!ENTITY identitiesListDelete.label "削除">
-<!ENTITY identitiesListDelete.accesskey "D">
-<!ENTITY identitiesListClose.label "閉じる">
-<!ENTITY identitiesListClose.accesskey "C">
+<!ENTITY identitiesListManageDesc.label	"このアカウントの差出人情報を管理します。既定では最初の差出人情報が使用されます。">
+<!ENTITY identitiesListAdd.label	"追加...">
+<!ENTITY identitiesListAdd.accesskey	"A">
+<!ENTITY identitiesListEdit.label	"編集...">
+<!ENTITY identitiesListEdit.accesskey	"E">
+<!ENTITY identitiesListDefault.label	"既定に設定">
+<!ENTITY identitiesListDefault.accesskey	"S">
+<!ENTITY identitiesListDelete.label	"削除">
+<!ENTITY identitiesListDelete.accesskey	"D">
+<!ENTITY identitiesListClose.label	"閉じる">
+<!ENTITY identitiesListClose.accesskey	"C">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
@@ -1,29 +1,31 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY junkSettings.label "迷惑メールフィルタの設定">
-<!ENTITY trainingDescription.label "この設定を有効にした場合は、迷惑メール判別を正しく識別するために &brandShortName; を訓練しなければなりません。迷惑メールは [迷惑メール] ツールバーボタンを使用して学習させます。迷惑メールか迷惑メールでないかを両方学習させる必要があります。これを &brandShortName; が学習すれば、自動的に迷惑メールにマークを付けられるようになります。">
-
-<!ENTITY level.label "このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
-<!ENTITY level.accesskey "E">
+<!ENTITY junkSettings.label	"迷惑メールフィルタの設定">
+<!ENTITY trainingDescription.label "フィルタを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したら、ヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されたメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。迷惑または非迷惑を学習させると、&brandShortName; が自動的に迷惑マークを付けられるようになります。">
+<!ENTITY level.label		"このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
+<!ENTITY level.accesskey	"E">
 
-<!ENTITY move.label "迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
-<!ENTITY move.accesskey "M">
-<!ENTITY junkFolderOn.label "次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
-<!ENTITY junkFolderOn.accesskey "J">
-<!ENTITY otherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
-<!ENTITY otherFolder.accesskey "O">
-<!ENTITY purge1.label "このフォルダの迷惑メールのうち">
-<!ENTITY purge1.accesskey "u">
-<!ENTITY purge2.label "日以上前のものは自動的に削除する">
+<!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
+<!ENTITY move.accesskey		"M">
+<!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY junkFolderOn.accesskey	"J">
+<!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY otherFolder.accesskey	"O">
+<!ENTITY purge1.label		"このフォルダの迷惑メールのうち">
+<!ENTITY purge1.accesskey	"u">
+<!ENTITY purge2.label		"日以上前のものは自動的に削除する">
 
-<!ENTITY whitelistHeader.label "次の送信者からのメールは迷惑マークを自動的に付けない: ">
-<!ENTITY whitelistHeader.accesskey "D">
+<!ENTITY whitelistHeader.label		"送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない:">
+<!ENTITY whitelistHeader.accesskey	"D">
 
-<!ENTITY ispHeadersWarning.label "この設定を有効にすると、選択したメールヘッダの情報によって &brandShortName; が迷惑メールを自動的に判別します。">
-<!ENTITY ispHeaders.label "次の迷惑メールヘッダを信用する: ">
-<!ENTITY ispHeaders.accesskey "T">
+<!ENTITY ispHeadersWarning.label	"有効にした場合、外部で分類された迷惑メールヘッダを尊重して自動的に迷惑マークを付けます。">
+<!ENTITY ispHeaders.label		"次の迷惑メールヘッダを信用する:">
+<!ENTITY ispHeaders.accesskey		"T">
 
-<!ENTITY junkClassification.label "選別">
-<!ENTITY junkActions.label "移動先と保存期間">
+<!ENTITY junkClassification.label	"選別">
+<!ENTITY junkActions.label		"移動先と保存期間">
+
+<!ENTITY globalJunkPrefs.label		"共通の迷惑メール設定...">
+<!ENTITY globalJunkPrefs.accesskey	"G">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
@@ -1,74 +1,78 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the Account Wizard
 #
-enterValidEmail= 正しいメールアドレスを入力してください。
-accountExists= ユーザ名とサーバ名が同じメールアカウントまたはニュースグループのアカウントがすでに存在します。[戻る] をクリックして別のサーバ名を入力するか、[キャンセル] をクリックしてください。
-modifiedAccountExists= このユーザ名とサーバ名のアカウントがすでに存在します。別のユーザ名またはサーバ名を入力してください。
-userNameChanged= ユーザ名を変更しました。このアカウントに関連付けられたメールアドレスやユーザ名も更新する必要があります。
-serverNameChanged= サーバ名を変更しました。既存のフィルタに使用されているフォルダが新しいサーバにもあるか確認してください。
+enterValidEmail			= 正しいメールアドレスを入力してください。
+accountExists			= ユーザ名とサーバ名が同じアカウントがすでに存在します。別のサーバ名を入力するか、キャンセルしてください。
+modifiedAccountExists		= このユーザ名とサーバ名のアカウントがすでに存在します。別のユーザ名と(または)サーバ名を入力してください。
+userNameChanged			= ユーザ名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザ名も更新しなくてよいか確認してください。
+serverNameChanged		= サーバ名を変更しました。フィルタが設定されているフォルダが新しいサーバにあるか確認してください。
 # LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
-junkSettingsBroken = アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
+junkSettingsBroken		= アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
-localDirectoryChanged= ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
-localDirectoryRestart= 再起動
-serverNameEmpty= サーバ名またはユーザ名を空にすることはできません。
+localDirectoryChanged		= ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
+localDirectoryRestart		= 再起動
+serverNameEmpty			= サーバ名またはユーザ名を空にすることはできません。
+localDirectoryInvalid		= ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリは無効です。別のディレクトリを選択してください。
 # if the user chooses to cancel the wizard when no accounts are there throw a message
 # LOCALIZATION NOTE (cancelWizard)
 # do not localize "\n\n"
-cancelWizard= アカウントウィザードを終了してもよろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
-accountWizard= アカウントウィザード
-WizardExit= 終了
-WizardContinue= キャンセル
+cancelWizard			= アカウントウィザードを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
+accountWizard			= アカウントウィザード
+WizardExit			= 終了
+WizardContinue			= キャンセル
 # when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
-enterValidServerName= 正しいサーバ名を入力してください。
-failedRemoveAccount= アカウントを削除できませんでした。
+enterValidServerName		= 正しいサーバ名を入力してください。
+failedRemoveAccount		= アカウントを削除できませんでした。
 #LOCALIZATION NOTE: confirmRemoveAccount: %S is the account pretty name
-confirmRemoveAccount= 本当に "%S" アカウントを削除してもよろしいですか?
-confirmRemoveAccountTitle= アカウントの削除
+confirmRemoveAccount		= 本当に "%S" アカウントを削除してもよろしいですか?
+confirmRemoveAccountTitle	= アカウント削除
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
-accountName= %1$S - %2$S
+accountName			= %1$S - %2$S
 
-confirmDeferAccount= このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。アカウントを削除するときは予め別のアカウントにメールをコピーしておく必要があります。このアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルタは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。このアカウントのフォルダを特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート) として設定しているアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\nそれでもこのアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
-confirmDeferAccountTitle= 本当に変更しますか?
+confirmDeferAccount		= このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。アカウントを削除する場合は予め別のアカウントにメールをコピーしておく必要があります。このアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルタは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。このアカウントのフォルダを特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート) として設定しているアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\nそれでもまだこのアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
+# (^^; en-US: Defer Account?
+confirmDeferAccountTitle	= 本当に変更しますか?
 
-directoryUsedByOtherAccount= このディレクトリはすでに %S アカウントに使用されています。別のディレクトリを選択してください。
+directoryAlreadyUsedByOtherAccount	= ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
+directoryParentUsedByOtherAccount	= ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
+directoryChildUsedByOtherAccount	= ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 #Provide default example values for sample email address
-exampleEmailUserName= user
-exampleEmailDomain= example.net
-emailFieldText= メールアドレス:
+exampleEmailUserName		= user
+exampleEmailDomain		= example.jp
+emailFieldText			= メールアドレス:
 #LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
-defaultEmailText= このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
+defaultEmailText		= このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
 #LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
-customizedEmailText= %1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります) 
+customizedEmailText		= %1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)
 
 # account manager stuff
-prefPanel-server= サーバ設定
-prefPanel-copies= コピーと特別なフォルダ
-prefPanel-synchronization= 同期とディスク領域
-prefPanel-diskspace= ディスク領域
-prefPanel-addressing= 編集とアドレス入力
-prefPanel-junk= 迷惑メール
+prefPanel-server		= サーバ設定
+prefPanel-copies		= 送信控えと特別なフォルダ
+prefPanel-synchronization	= 同期とディスク領域
+prefPanel-diskspace		= ディスク領域
+prefPanel-addressing		= 編集とアドレス入力
+prefPanel-junk			= 迷惑メール
 ## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
-prefPanel-smtp= 送信 (SMTP) サーバ
+prefPanel-smtp			= 送信 (SMTP) サーバ
 
 # account manager multiple identity support
-#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S 
-identity-list-title= %1$S の差出人情報
+#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S
+identity-list-title		= %1$S の差出人情報
 
-identity-edit-req= 正しいメールアドレスを入力してください。
-identity-edit-req-title= 差出人情報を作成できませんでした
+identity-edit-req		= 正しいメールアドレスを入力してください。
+identity-edit-req-title		= 差出人情報を作成できませんでした
 
 ## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm): %S is the identity name
 # and should be put on a new line. The new line is produced with the "\n" string.
-identity-delete-confirm= この差出人情報を削除してもよろしいですか?\n%S
+identity-delete-confirm		= この差出人情報を削除してもよろしいですか?\n%S
 ## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm-title): %S is the account name
-identity-delete-confirm-title= 差出人情報の削除: %S
-identity-delete-confirm-button= 削除
+identity-delete-confirm-title	= 差出人情報の削除: %S
+identity-delete-confirm-button	= 削除
 
-choosefile= ファイルを選択
+choosefile			= ファイルを選択
 
-forAccount=アカウント "%S" について
+forAccount			= "%S" アカウントの設定です。
--- a/suite/chrome/mailnews/start.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/start.dtd
@@ -3,29 +3,30 @@
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY startpage.title "&brandShortName; メールとニュースグループへようこそ">
 <!--# LOCALIZATION NOTE (headline.label): the URL for <a id="vendorURL"> is fetched from brand.properties -->
 <!ENTITY headline.label
 'ようこそ、<a id="vendorURL" href="">&brandShortName;</a> メールとニュースグループへ!'>
 <!ENTITY description.label
 "&brandShortName; メールとニュースグループはパワフルなオープンソースのメールとニュースクライアントです。先進の迷惑メール検知機能と多くの便利な機能をサポートしています。">
-<!ENTITY features.title "特徴">
-<!ENTITY feat_multiacc.label "マルチアカウントに対応">
-<!ENTITY feat_junk.label "先進の迷惑メール検知機能">
-<!ENTITY feat_feeds.label "フィード (RSS) リーダー">
-<!ENTITY feat_filters.label "メッセージフィルタ">
-<!ENTITY feat_htmlmsg.label "HTML メールのサポート">
-<!ENTITY feat_abook.label "アドレス帳">
-<!ENTITY feat_labels.label "カスタマイズ可能なラベルとメール表示">
+
+<!ENTITY features.title		"特徴">
+<!ENTITY feat_multiacc.label	"マルチアカウントに対応">
+<!ENTITY feat_junk.label	"先進の迷惑メール検知機能">
+<!ENTITY feat_feeds.label	"フィード (RSS) リーダー">
+<!ENTITY feat_filters.label	"メッセージフィルタ">
+<!ENTITY feat_htmlmsg.label	"HTML メールのサポート">
+<!ENTITY feat_abook.label	"アドレス帳">
+<!ENTITY feat_tags.label	"カスタマイズ可能なラベルとメール表示">
 <!ENTITY feat_integration.label
 "&brandShortName; アプリケーションスイートとの密接な統合">
-<!ENTITY dict.title "辞書">
-<!ENTITY dict_intro.label "辞書は、あなたのメールのスペルチェックに使用されます。">
+<!ENTITY dict.title		"辞書">
+<!ENTITY dict_intro.label	"辞書は、あなたのメールのスペルチェックに使用されます。">
 <!--# LOCALIZATION NOTE (dict_info.label): the URL for <a id="dictURL"> is fetched from brand.properties -->
 <!ENTITY dict_info.label
 '<a href="https://addons.mozilla.org/seamonkey/">Mozilla Add-ons</a> から多くの
 <a id="dictURL" href="">スペルチェック用の辞書</a> がダウンロードできます。'>
-<!ENTITY info.title "More Information">
+<!ENTITY info.title		"詳細情報">
 <!--# LOCALIZATION NOTE (info_bugs.label): the URL for <a id="releaseNotesURL"> is fetched from brand.properties -->
 <!ENTITY info_bugs.label
 '<a href="http://www.mozilla.org/mailnews/">私たち</a> はバグ報告や新機能の提案を歓迎しています。
 ただし、<a href="https://bugzilla.mozilla.org/query.cgi">Bugzilla</a> にバグを報告する前に <a id="releaseNotesURL" href="">リリースノート</a> を確認することを忘れないでください。'>