apply new style of terms: browser
authorShingo Kawamura (blp1526)
Mon, 31 Oct 2016 16:48:38 +0900
changeset 2203 8a7689fa98cfa35bb13eff5ba4a168e0d40a14c6
parent 2202 f24c417129fe78fa6a06787d5c3c9f2a70ab67e8
child 2204 36e68eeb910b4088447e7a37c71e7bab07e0999c
push id1177
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 14 Nov 2016 12:39:57 +0000
apply new style of terms: browser
browser/chrome/browser/aboutHome.dtd
browser/chrome/browser/aboutSessionRestore.dtd
browser/chrome/browser/browser.dtd
browser/chrome/browser/migration/migration.dtd
browser/chrome/browser/migration/migration.properties
browser/chrome/browser/places/places.dtd
browser/chrome/browser/places/places.properties
browser/chrome/browser/preferences/advanced.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
browser/chrome/browser/syncSetup.properties
browser/chrome/overrides/netError.dtd
browser/installer/nsisstrings.properties
browser/pdfviewer/viewer.properties
devtools/client/aboutdebugging.properties
devtools/client/debugger.properties
devtools/client/menus.properties
devtools/client/scratchpad.dtd
devtools/client/scratchpad.properties
devtools/client/styleinspector.dtd
devtools/client/toolbox.dtd
devtools/client/toolbox.properties
devtools/client/webConsole.dtd
devtools/shared/debugger.properties
devtools/shared/gclicommands.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
dom/chrome/netError.dtd
editor/ui/chrome/composer/editor.dtd
editor/ui/chrome/composer/editor.properties
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
mail/chrome/messenger/messenger.dtd
mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
mobile/android/base/android_strings.dtd
mobile/android/chrome/aboutAccounts.properties
mobile/android/chrome/sync.properties
suite/chrome/browser/navigatorOverlay.dtd
suite/chrome/browser/taskbar.properties
suite/chrome/browser/webDeveloper.dtd
suite/chrome/common/console/console.properties
suite/chrome/common/defaultClientDialog.dtd
suite/chrome/common/gopherAddon.dtd
suite/chrome/common/openLocation.dtd
suite/chrome/common/openLocation.properties
suite/chrome/common/permissions/permissionsManager.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-appearance.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-content.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-cookies.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-scripts.dtd
suite/chrome/common/pref/preferences.dtd
suite/chrome/common/quitDialog.properties
suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/msgHdrViewPopup.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
toolkit/chrome/global/console.properties
toolkit/chrome/global/resetProfile.dtd
--- a/browser/chrome/browser/aboutHome.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/aboutHome.dtd
@@ -13,17 +13,17 @@
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (abouthome.defaultSnippet1.v1):
      text in <a/> will be linked to the Firefox features page on mozilla.com
 -->
 <!ENTITY abouthome.defaultSnippet1.v1			"Firefox をさらに活用したいときは、<a>使い方のヒント</a> をご覧ください。基本的なキーボードショートカットや主な機能をご説明します。">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (abouthome.defaultSnippet2.v1):
      text in <a/> will be linked to the featured add-ons on addons.mozilla.org
 -->
-<!ENTITY abouthome.defaultSnippet2.v1			"<a>Firefox をカスタマイズしてみましょう</a>。たくさんの無料のアドオンの中から気に入ったものを選べば、自分好みのブラウザを作ることができます。">
+<!ENTITY abouthome.defaultSnippet2.v1			"<a>Firefox をカスタマイズしてみましょう</a>。たくさんの無料のアドオンの中から気に入ったものを選べば、自分好みのブラウザーを作ることができます。">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (abouthome.rightsSnippet): text in <a/> will be linked to about:rights -->
 <!ENTITY abouthome.rightsSnippet			"&brandFullName; は非営利団体 Mozilla Foundation が公開している無料のオープンソースソフトウェアです。<a>あなたの権利について...</a>">
 
 <!ENTITY abouthome.bookmarksButton.label		"ブックマーク">
 <!ENTITY abouthome.historyButton.label			"履歴">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (abouthome.preferencesButtonWin.label): The label for the
      preferences/options item on about:home on Windows -->
 <!ENTITY abouthome.preferencesButtonWin.label		"オプション">
--- a/browser/chrome/browser/aboutSessionRestore.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/aboutSessionRestore.dtd
@@ -5,17 +5,17 @@
 <!ENTITY restorepage.tabtitle       "セッションの復元">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE: The title is intended to be apologetic and disarming, expressing dismay
      and regret that we are unable to restore the session for the user -->
 <!ENTITY restorepage.errorTitle     "ご迷惑をおかけして申し訳ありません">
 <!ENTITY restorepage.problemDesc    "&brandShortName; はウィンドウとタブを正常に復元できませんでした。多くの場合、正常に復元できない原因は最近開いたウェブページによるものです。">
 <!ENTITY restorepage.tryThis        "次のいずれかをお試しください:">
 <!ENTITY restorepage.restoreSome    "問題の原因となりそうなタブを除外して起動する">
-<!ENTITY restorepage.startNew       "タブを復元せずに新しいブラウザセッションを開始する">
+<!ENTITY restorepage.startNew       "タブを復元せずに新しいブラウザーセッションを開始する">
 
 <!ENTITY restorepage.tryagainButton "タブを復元">
 <!ENTITY restorepage.restore.access "R">
 <!ENTITY restorepage.closeButton    "閉じる">
 <!ENTITY restorepage.close.access   "C">
 
 <!ENTITY restorepage.restoreHeader  "復元">
 <!ENTITY restorepage.listHeader     "ウィンドウとタブ">
@@ -39,17 +39,17 @@
 
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (welcomeback2.beforelink.pageInfo2,
 welcomeback2.afterlink.pageInfo2): these two string are used respectively
 before and after the the "learn more" link (welcomeback2.link.pageInfo2).
 Localizers can use one of them, or both, to better adapt this sentence to
 their language.
 -->
-<!ENTITY welcomeback2.beforelink.pageInfo2  "アドオンとカスタマイズした設定を削除しました。ブラウザ設定を既定値に戻しました。それでも問題が解決しない場合は、">
+<!ENTITY welcomeback2.beforelink.pageInfo2  "アドオンとカスタマイズした設定を削除しました。ブラウザー設定を既定値に戻しました。それでも問題が解決しない場合は、">
 <!ENTITY welcomeback2.afterlink.pageInfo2   "">
 
 <!ENTITY welcomeback2.link.pageInfo2        "ヘルプをご覧ください。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE: The following 'tabgroupsmigration' strings are for
      the tab groups (panorama) migration page, not about:sessionrestore -->
 <!ENTITY tabgroupsmigration.tabtitle            "他のタブグループを移行する">
 <!ENTITY tabgroupsmigration.pagetitle2          "タブグループ機能は削除されましたが、あなたのタブは保存されています">
--- a/browser/chrome/browser/browser.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/browser.dtd
@@ -733,23 +733,23 @@ you can use these alternative items. Oth
 <!ENTITY identity.moreInfoLinkText2		"詳細を表示">
 
 <!ENTITY identity.permissions			"サイト別設定">
 <!ENTITY identity.permissionsEmpty		"このサイトに特別な権限は設定されていません。">
 <!ENTITY identity.permissionsReloadHint		"変更内容を適用するには、ページの再読み込みが必要です。">
 
 <!-- Name for the tabs toolbar as spoken by screen readers.
      The word "toolbar" is appended automatically and should not be contained below! -->
-<!ENTITY tabsToolbar.label			"ブラウザタブ"><!-- (^m^) Bug 565042  音声読み上げ用ラベル -->
+<!ENTITY tabsToolbar.label			"ブラウザータブ"><!-- (^m^) Bug 565042  音声読み上げ用ラベル -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (syncTabsMenu3.label): This appears in the history menu -->
 <!ENTITY syncTabsMenu3.label			"同期タブ">
 
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.label              "同期タブ">
-<!ENTITY syncedTabs.sidebar.noclients.label    "他の端末から Firefox にログインすると、このブラウザでタブを表示できます。">
+<!ENTITY syncedTabs.sidebar.noclients.label    "他の端末から Firefox にログインすると、このブラウザーでタブを表示できます。">
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.noclients.title    "同期タブはまだありません">
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.noclients.subtitle "他の端末のタブを表示しますか?">
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.notsignedin.label  "ログインすると、他の端末のタブの一覧を表示できます。">
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.notabs.label       "表示タブなし">
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.openprefs.label    "&syncBrand.shortName.label; の設定を開く">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (syncedTabs.sidebar.tabsnotsyncing.label): This is shown
      when Sync is configured but syncing tabs is disabled. -->
 <!ENTITY syncedTabs.sidebar.tabsnotsyncing.label       "タブの同期をオンにすると、他の端末のタブの一覧を表示できます。">
--- a/browser/chrome/browser/migration/migration.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/migration/migration.dtd
@@ -38,9 +38,9 @@
 <!ENTITY migrating.label		"次の項目を現在インポートしています...">
 
 <!ENTITY selectProfile.title		"プロファイルの選択">
 <!ENTITY selectProfile.label		"インポートするプロファイルを選択してください:">
 
 <!ENTITY done.title			"インポート完了">
 <!ENTITY done.label			"次のデータが正常にインポートされました:">
 
-<!ENTITY closeSourceBrowser.label	"続ける前に、選択したブラウザが閉じられていることを確認してください。">
+<!ENTITY closeSourceBrowser.label	"続ける前に、選択したブラウザーが閉じられていることを確認してください。">
--- a/browser/chrome/browser/migration/migration.properties
+++ b/browser/chrome/browser/migration/migration.properties
@@ -69,13 +69,13 @@ 64_safari	=その他のデータ
 64_chrome	=その他のデータ
 64_firefox_other=その他のデータ
 64_360se	=その他のデータ
 
 128_firefox	=ウィンドウとタブ
 
 # Automigration undo notification.
 automigration.undo.message               = 自動的に %S からデータをインポートしました。このままにしますか?
-automigration.undo.unknownBrowserMessage = 自動的に他のブラウザからデータをインポートしました。このままにしますか?
+automigration.undo.unknownBrowserMessage = 自動的に他のブラウザーからデータをインポートしました。このままにしますか?
 automigration.undo.keep.label            = このままにする
 automigration.undo.keep.accesskey        = K
 automigration.undo.dontkeep.label        = 元に戻す
 automigration.undo.dontkeep.accesskey    = D
--- a/browser/chrome/browser/places/places.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.dtd
@@ -26,17 +26,17 @@
 <!ENTITY view.sortAscending.accesskey   "A">
 <!ENTITY view.sortDescending.label      "降順 (Z &gt; A)">
 <!ENTITY view.sortDescending.accesskey  "Z">
 
 <!ENTITY importBookmarksFromHTML.label     "HTML からインポート...">
 <!ENTITY importBookmarksFromHTML.accesskey "I">
 <!ENTITY exportBookmarksToHTML.label       "HTML としてエクスポート...">
 <!ENTITY exportBookmarksToHTML.accesskey   "E">
-<!ENTITY importOtherBrowser.label          "他のブラウザからデータをインポート...">
+<!ENTITY importOtherBrowser.label          "他のブラウザーからデータをインポート...">
 <!ENTITY importOtherBrowser.accesskey      "A">
 
 <!ENTITY cmd.backup.label               "バックアップ...">
 <!ENTITY cmd.backup.accesskey           "B">
 <!ENTITY cmd.restore2.label             "復元">
 <!ENTITY cmd.restore2.accesskey         "R">
 <!ENTITY cmd.restoreFromFile.label      "ファイルを選択...">
 <!ENTITY cmd.restoreFromFile.accesskey  "C">
--- a/browser/chrome/browser/places/places.properties
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.properties
@@ -83,12 +83,12 @@ tagResultLabel			= タグ
 bookmarkResultLabel		= ブックマーク
 switchtabResultLabel		= タブ
 keywordResultLabel		= キーワード
 searchengineResultLabel		= 検索エンジン
 
 
 # LOCALIZATION NOTE (lockPrompt.text)
 # %S will be replaced with the application name.
-lockPrompt.title		= ブラウザ起動エラー
+lockPrompt.title		= ブラウザー起動エラー
 lockPrompt.text			= %S のファイルを他のアプリケーションが使用しているため、ブックマークと履歴のシステムが無効化されます。この問題はセキュリティソフトが原因で生じることがあります。
 lockPromptInfoButton.label	= 詳細を表示
 lockPromptInfoButton.accessKey	= L
--- a/browser/chrome/browser/preferences/advanced.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/advanced.dtd
@@ -25,27 +25,27 @@
 <!ENTITY useSmoothScrolling.accesskey    "m">
 <!ENTITY allowHWAccel.label              "ハードウェアアクセラレーション機能を使用する (可能な場合)">
 <!ENTITY allowHWAccel.accesskey          "r">
 <!ENTITY checkSpelling.label             "自動スペルチェック機能を使用する">
 <!ENTITY checkSpelling.accesskey         "t">
 
 <!ENTITY dataChoicesTab.label            "データの選択">
 
-<!ENTITY healthReportDesc.label          "パフォーマンス情報の取得と、ブラウザの健康状態を &vendorShortName; と共有するのに役立ちます">
+<!ENTITY healthReportDesc.label          "パフォーマンス情報の取得と、ブラウザーの健康状態を &vendorShortName; と共有するのに役立ちます">
 <!ENTITY enableHealthReport.label        "&brandShortName; ヘルスレポートを有効にする">
 <!ENTITY enableHealthReport.accesskey    "R">
 <!ENTITY healthReportLearnMore.label     "詳細">
 
 <!ENTITY telemetryDesc.label             "&brandShortName; をよりよいものにするため、パフォーマンス情報、使用状況、ハードウェア情報、設定したデータを &vendorShortName; と共有します。">
 <!ENTITY enableTelemetryData.label       "追加データを共有する (パフォーマンス情報など)">
 <!ENTITY enableTelemetryData.accesskey   "T">
 <!ENTITY telemetryLearnMore.label        "詳細">
 
-<!ENTITY crashReporterDesc2.label         "クラッシュレポートは、問題を解決と、ブラウザをより安定した安全なものにするのに役立ちます">
+<!ENTITY crashReporterDesc2.label         "クラッシュレポートは、問題を解決と、ブラウザーをより安定した安全なものにするのに役立ちます">
 <!ENTITY alwaysSubmitCrashReports.label   "&brandShortName; に、あなたに代わって未送信のクラッシュレポートを送信するのを許可する">
 <!ENTITY alwaysSubmitCrashReports.accesskey "c">
 <!ENTITY crashReporterLearnMore.label     "詳細">
 
 <!ENTITY networkTab.label                "ネットワーク">
 
 <!ENTITY connection.label                "接続">
 
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.dtd
@@ -91,24 +91,24 @@
 <!ENTITY engine.history.accesskey   "r">
 <!ENTITY engine.passwords.label     "パスワード">
 <!ENTITY engine.passwords.accesskey "P">
 <!ENTITY engine.prefs.label         "個人設定">
 <!ENTITY engine.prefs.accesskey     "S">
 <!ENTITY engine.addons.label        "アドオン">
 <!ENTITY engine.addons.accesskey    "A">
 
-<!ENTITY choice2a.merge.main.label       "この端末のブラウザデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
+<!ENTITY choice2a.merge.main.label       "この端末のブラウザーデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
 <!ENTITY choice2.merge.recommended.label "推奨:">
-<!ENTITY choice2a.client.main.label      "この端末のブラウザデータを、サーバに保存されているデータと置き換える">
-<!ENTITY choice2a.server.main.label      "他のすべての端末のブラウザデータを、この端末のデータと置き換える">
+<!ENTITY choice2a.client.main.label      "この端末のブラウザーデータを、サーバに保存されているデータと置き換える">
+<!ENTITY choice2a.server.main.label      "他のすべての端末のブラウザーデータを、この端末のデータと置き換える">
 
 <!-- Confirm Merge Options -->
 <!ENTITY setup.optionsConfirmPage.title "確認">
-<!ENTITY confirm.merge2.label           "この端末のすべてのブラウザデータは、サーバに保存されているデータと統合されます。">
-<!ENTITY confirm.client3.label          "警告: この端末のブラウザデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
+<!ENTITY confirm.merge2.label           "この端末のすべてのブラウザーデータは、サーバに保存されているデータと統合されます。">
+<!ENTITY confirm.client3.label          "警告: この端末のブラウザーデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
 <!ENTITY confirm.client2.moreinfo.label "その後、サーバに保存されているデータがこの端末へコピーされます。">
-<!ENTITY confirm.server2.label          "警告: 以下の端末のブラウザデータが、この端末のデータで上書きされます:">
+<!ENTITY confirm.server2.label          "警告: 以下の端末のブラウザーデータが、この端末のデータで上書きされます:">
 
 <!-- New & Existing Account: Setup Complete -->
 <!ENTITY setup.successPage.title      "セットアップが完了しました">
 <!ENTITY changeOptions.label    "この設定は、下の同期オプションを選択することで変更できます。">
 <!ENTITY continueUsing.label    "今から &brandShortName; を使い続けることができます。">
--- a/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
+++ b/browser/chrome/browser/syncSetup.properties
@@ -35,21 +35,21 @@ passwordsCount.label		=#1 個のパスワード
 # LOCALIZATION NOTE (addonsCount.label): Semicolon-separated list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 is the number of add-ons, see the link above for forms
 addonsCount.label		=#1 個のアドオン
 
 save.recoverykey.title			=リカバリキーを保存
 save.recoverykey.defaultfilename	=Firefox Recovery Key.html
 
-newAccount.action.label		=Firefox Sync は、すべてのブラウザデータを自動的に同期するよう設定されました。
+newAccount.action.label		=Firefox Sync は、すべてのブラウザーデータを自動的に同期するよう設定されました。
 newAccount.change.label		=下の同期オプションで、同期する項目を個別に選択することもできます。
-resetClient.change2.label	=Firefox Sync は、この端末上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
-wipeClient.change2.label	=Firefox Sync は、この端末上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
-wipeRemote.change2.label	=Firefox Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザデータを、この端末上のデータで置き換えます。
+resetClient.change2.label	=Firefox Sync は、この端末上のすべてのブラウザーデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
+wipeClient.change2.label	=Firefox Sync は、この端末上のすべてのブラウザーデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
+wipeRemote.change2.label	=Firefox Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザーデータを、この端末上のデータで置き換えます。
 existingAccount.change.label	=この設定は下の同期オプションで変更できます。
 
 # Several other strings are used (via Weave.Status.login), but they come from
 #  /services/sync
 
 # Firefox Accounts based setup.
 continue.label			=続行
 
@@ -59,9 +59,9 @@ continue.label			=続行
 disconnect.label		=切断
 disconnect.verify.title		=切断
 disconnect.verify.bodyHeading	=Sync から切断しますか?
 disconnect.verify.bodyText	=このコンピューターの閲覧データは削除されませんが、アカウントの同期は行われなくなります。
 
 relinkVerify.title		=閲覧データの統合
 relinkVerify.heading		=本当に Sync にサインインしてもよろしいですか?
 # LOCALIZATION NOTE (relinkVerify.description): Email address of a user previously signed into sync.
-relinkVerify.description	=以前にこのコンピューターで別のユーザが Sync にサインインしていました。サインインすると、このブラウザのブックマークとパスワードと設定などが %S に統合されます。
+relinkVerify.description	=以前にこのコンピューターで別のユーザが Sync にサインインしていました。サインインすると、このブラウザーのブックマークとパスワードと設定などが %S に統合されます。
--- a/browser/chrome/overrides/netError.dtd
+++ b/browser/chrome/overrides/netError.dtd
@@ -59,17 +59,17 @@
 <!ENTITY netInterrupt.longDesc		"&sharedLongDesc;">
 
 <!ENTITY notCached.title		"ドキュメントが有効期限切れです">
 <!ENTITY notCached.longDesc		"<p>リクエストされた &brandShortName; のキャッシュ内のドキュメントは、利用できません。</p><ul><li>安全対策のため、&brandShortName; は注意を要するドキュメントを自動的に再リクエストしません。</li><li>&quot;再試行&quot; ボタンをクリックしてドキュメントをウェブサイトから読み込んでください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY netOffline.title		"オフラインモードです">
 <!ENTITY netOffline.longDesc2	"
 <ul>
-  <li>&quot;再試行&quot; ボタンを押してブラウザをオンラインモードに切り替え、ページを再読み込みしてください。</li>
+  <li>&quot;再試行&quot; ボタンを押してブラウザーをオンラインモードに切り替え、ページを再読み込みしてください。</li>
 </ul>
 ">
 
 <!ENTITY contentEncodingError.title	"内容符号化 (Content-Encoding) に問題があります">
 <!ENTITY contentEncodingError.longDesc	"
 <ul>
   <li>この問題をウェブサイトの管理者に報告してください。</li>
 </ul>
--- a/browser/installer/nsisstrings.properties
+++ b/browser/installer/nsisstrings.properties
@@ -18,34 +18,34 @@
 # You can use \n to create a newline in the string but only when the string
 # from en-US contains a \n.
 
 WIN_CAPTION			= $BrandShortName セットアップ
 
 INTRO_BLURB1			= $BrandFullName をお選びいただきまして、ありがとうございます。[インストール] をクリックしてください。
 INSTALL_BLURB1			= 常に最新のスピード、柔軟性、セキュリティを、$BrandShortName では体験できます。
 INSTALL_BLURB2			= また、より良いブラウジングやウェブを作るために、$BrandShortName は非営利で作られています。
-INSTALL_BLURB3			= あなたもすでに、最も優れたブラウザを作るために活動しているユーザ、貢献者、開発者のグローバルなコミュニティの一員です。
+INSTALL_BLURB3			= あなたもすでに、最も優れたブラウザーを作るために活動しているユーザ、貢献者、開発者のグローバルなコミュニティの一員です。
 
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG	= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG	= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_WRITE_ACCESS		= インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE			= この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_ROOT_INSTALL		= ディスクの直下にはインストールできません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH	= $BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 
 ERROR_DOWNLOAD			= ダウンロードが中断されました。\n\n[OK] ボタンを押して再開してください。
 
 INSTALL_BUTTON			= インストール(&I)
 UPGRADE_BUTTON			= 更新(&U)
 CANCEL_BUTTON			= キャンセル
 OPTIONS_BUTTON			= オプション(&O)
 
-MAKE_DEFAULT			= $BrandShortName を既定のブラウザに設定する(&M)
+MAKE_DEFAULT			= $BrandShortName を既定のブラウザーに設定する(&M)
 CREATE_SHORTCUTS		= $BrandShortName アイコンの作成先:
 ADD_SC_TASKBAR			= タスクバー(&T)
 ADD_SC_QUICKLAUNCHBAR		= クイック起動ツールバー(&Q)
 ADD_CheckboxShortcutInStartMenu	= スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
 ADD_CheckboxShortcutOnDesktop	= デスクトップ(&D)
 SPACE_REQUIRED			= 必要な容量:
 SPACE_AVAILABLE			= 空き容量:
 ONE_MOMENT_INSTALL		= インストールが完了次第、$BrandShortName を起動します...
--- a/browser/pdfviewer/viewer.properties
+++ b/browser/pdfviewer/viewer.properties
@@ -156,12 +156,12 @@ unexpected_response_error=サーバから予期せぬ応答がありました。
 # the PDF spec (32000-1:2008 Table 169 – Annotation types).
 # Some common types are e.g.: "Check", "Text", "Comment", "Note"
 text_annotation_type.alt=[{{type}} 注釈]
 password_label=この PDF ファイルを開くためのパスワードを入力してください。
 password_invalid=無効なパスワードです。もう一度やり直してください。
 password_ok=OK
 password_cancel=キャンセル
 
-printing_not_supported=警告: このブラウザでは印刷が完全にサポートされていません
+printing_not_supported=警告: このブラウザーでは印刷が完全にサポートされていません
 printing_not_ready=警告: PDF を印刷するための読み込みが終了していません
 web_fonts_disabled=ウェブフォントが無効になっています: 埋め込まれた PDF のフォントを使用できません
-document_colors_not_allowed=PDF 文書は、ウェブページが指定した配色を使用することができません: 'ウェブページが指定した配色' はブラウザで無効になっています。
+document_colors_not_allowed=PDF 文書は、ウェブページが指定した配色を使用することができません: 'ウェブページが指定した配色' はブラウザーで無効になっています。
--- a/devtools/client/aboutdebugging.properties
+++ b/devtools/client/aboutdebugging.properties
@@ -28,17 +28,17 @@ addons			=アドオン
 # LOCALIZATION NOTE (addonDebugging.label):
 # This string is displayed next to a check box that enables the user to switch
 # addon debugging on/off.
 addonDebugging.label	=アドオンのデバッグを有効化
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonDebugging.tooltip):
 # This string is displayed in a tooltip that appears when hovering over a check
 # box that switches addon debugging on/off.
-addonDebugging.tooltip	=このチェックをオンにすると、アドオンとブラウザ UI 部品のデバッグを許可します
+addonDebugging.tooltip	=このチェックをオンにすると、アドオンとブラウザー UI 部品のデバッグを許可します
 
 # LOCALIZATION NOTE (moreInfo):
 # This string is displayed next to addonDebugging.label as a link to a page
 # with documentation.
 moreInfo		=詳細
 
 # LOCALIZATION NOTE (loadTemporaryAddon):
 # This string is displayed as a label of a button that allows the user to
@@ -83,9 +83,9 @@ pageNotFound		=ページが見つかりません
 # This string is displayed as an error message when navigating to an invalid page
 # %S will be replaced by the name of the page at run-time.
 doesNotExist		=#%S はありません
 
 # LOCALIZATION NOTE (nothing):
 # This string is displayed when the list of workers is empty.
 nothing				=まだありません。
 
-configurationIsNotCompatible	=このブラウザは、Service Worker に対応していません
+configurationIsNotCompatible	=このブラウザーは、Service Worker に対応していません
--- a/devtools/client/debugger.properties
+++ b/devtools/client/debugger.properties
@@ -158,17 +158,17 @@ noMatchingStringsText			=一致する文字列はありません
 
 # LOCALIZATION NOTE (emptySearchText): This is the text that appears in the
 # filter text box when it is empty and the scripts container is selected.
 emptySearchText				=ファイル名を検索 (%S)
 
 # LOCALIZATION NOTE (emptyChromeGlobalsFilterText): This is the text that
 # appears in the filter text box when it is empty and the chrome globals
 # container is selected.
-emptyChromeGlobalsFilterText		=ブラウザコンテキストを検索 (%S)
+emptyChromeGlobalsFilterText		=ブラウザーコンテキストを検索 (%S)
 
 # LOCALIZATION NOTE (emptyVariablesFilterText): This is the text that
 # appears in the filter text box for the variables view container.
 emptyVariablesFilterText		=変数を検索
 
 # LOCALIZATION NOTE (emptyPropertiesFilterText): This is the text that
 # appears in the filter text box for the editor's variables view bubble.
 emptyPropertiesFilterText		=プロパティを検索
--- a/devtools/client/menus.properties
+++ b/devtools/client/menus.properties
@@ -6,17 +6,17 @@ devToolsCmd.key				=VK_F12
 devToolsCmd.keytext			=F12
 
 devtoolsServiceWorkers.label		=Service Worker
 devtoolsServiceWorkers.accesskey	=k
 
 devtoolsConnect.label			=接続...
 devtoolsConnect.accesskey		=C
 
-browserConsoleCmd.label			=ブラウザコンソール
+browserConsoleCmd.label			=ブラウザーコンソール
 browserConsoleCmd.accesskey		=B
 browserConsoleCmd.key			=j
 
 responsiveDesignMode.label		=レスポンシブデザインモード
 responsiveDesignMode.accesskey		=R
 responsiveDesignMode.key		=M
 
 eyedropper.label			=スポイト
@@ -34,24 +34,24 @@ eyedropper.accesskey			=Y
 # "simple discardable text editor".
 scratchpad.label			=スクラッチパッド
 scratchpad.accesskey			=s
 scratchpad.key				=VK_F4
 scratchpad.keytext			=F4
 
 # LOCALIZATION NOTE (browserToolboxMenu.label): This is the label for the
 # application menu item that opens the browser toolbox UI in the Tools menu.
-browserToolboxMenu.label		=ブラウザツールボックス
+browserToolboxMenu.label		=ブラウザーツールボックス
 browserToolboxMenu.accesskey		=e
 browserToolboxMenu.key			=i
 
 # LOCALIZATION NOTE (browserContentToolboxMenu.label): This is the label for the
 # application menu item that opens the browser content toolbox UI in the Tools menu.
 # This toolbox allows to debug the chrome of the content process in multiprocess builds.
-browserContentToolboxMenu.label		=ブラウザコンテンツツールボックス
+browserContentToolboxMenu.label		=ブラウザーコンテンツツールボックス
 browserContentToolboxMenu.accesskey	=x
 
 devToolbarMenu.label			=開発ツールバー
 devToolbarMenu.accesskey		=v
 devToolbarMenu.key			=VK_F2
 devToolbarMenu.keytext			=F2
 
 webide.label				=WebIDE
--- a/devtools/client/scratchpad.dtd
+++ b/devtools/client/scratchpad.dtd
@@ -108,17 +108,17 @@
 <!ENTITY contentContext.accesskey     "C">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (browserContext.label, accesskey): This menu item is used
   -  to select an execution environment for the browser window itself as opposed
   -  to content. This is a feature for browser and addon developers and only
   -  enabled via the devtools.chrome.enabled preference. Formerly, this label
   -  was called "Chrome".
   -->
-<!ENTITY browserContext.label         "ブラウザ">
+<!ENTITY browserContext.label         "ブラウザー">
 <!ENTITY browserContext.accesskey     "B">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE some localizations of Windows (ex:french, german) use "?"
   -  for the help button in the menubar but Gnome does not.
   -->
 <!ENTITY helpMenu.label               "ヘルプ">
 <!ENTITY helpMenu.accesskey           "H">
 <!ENTITY helpMenuWin.label            "ヘルプ">
--- a/devtools/client/scratchpad.properties
+++ b/devtools/client/scratchpad.properties
@@ -13,17 +13,17 @@
 
 # LOCALIZATION NOTE  (export.fileOverwriteConfirmation): This is displayed when
 # the user attempts to save to an already existing file.
 export.fileOverwriteConfirmation	=ファイルがすでに存在します。上書きしますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE  (browserWindow.unavailable): This error message is shown
 # when Scratchpad does not find any recently active window of navigator:browser
 # type.
-browserWindow.unavailable		=コードを実行するブラウザウィンドウが見つかりません。
+browserWindow.unavailable		=コードを実行するブラウザーウィンドウが見つかりません。
 
 # LOCALIZATION NOTE  (scratchpadContext.invalid): This error message is shown
 # when user tries to run an operation in Scratchpad in an unsupported context.
 scratchpadContext.invalid		=現在の実行モードでは、このオペレーションは実行できません。
 
 # LOCALIZATION NOTE  (openFile.title): This is the file picker title, when you
 # open a file from Scratchpad.
 openFile.title				=ファイルを開く
@@ -71,17 +71,17 @@ scratchpadIntro1			=/*\n * この画面は JavaScript スクラッチパッドです。\n *\n * JavaScript を入力して、右クリックまたは [実行] メニューを選択してください。\n * 1. 実行: 選択したコードを実行します。(%1$S)\n * 2. 調査: 実行結果をオブジェクトインスペクターで表示します。(%2$S)\n * 3. 表示: 選択したコードの後ろに、実行結果をコメント形式で挿入します。(%3$S)\n */\n\n
 
 # LOCALIZATION NOTE  (scratchpad.noargs): This error message is shown when
 # Scratchpad instance is created without any arguments. Scratchpad window
 # expects to receive its unique identifier as the first window argument.
 scratchpad.noargs			=スクラッチパッドは引数なしで作成されました。
 
 # LOCALIZATION NOTE  (notification.browserContext): This is the message displayed
 # over the top of the editor when the user has switched to browser context.
-browserContext.notification		=このスクラッチパッドは、ブラウザコンテキストで実行されます。
+browserContext.notification		=このスクラッチパッドは、ブラウザーコンテキストで実行されます。
 
 # LOCALIZATION NOTE (help.openDocumentationPage): This returns a localized link with
 # documentation for Scratchpad on MDN.
 help.openDocumentationPage		=https://developer.mozilla.org/ja/docs/Tools/Scratchpad
 
 # LOCALIZATION NOTE (scratchpad.statusBarLineCol): Line, Column
 # information displayed in statusbar when selection is made in
 # Scratchpad.
--- a/devtools/client/styleinspector.dtd
+++ b/devtools/client/styleinspector.dtd
@@ -6,17 +6,17 @@
   - keep it in English, or another language commonly spoken among web developers.
   - You want to make that choice consistent across the developer tools.
   - A good criteria is the language in which you'd find the best
   - documentation on web development on the web. -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (browserStylesLabel): This is the label for the checkbox
   -  that specifies whether the styles that are not from the user's stylesheet
   -  should be displayed or not. -->
-<!ENTITY browserStylesLabel		"ブラウザ CSS">
+<!ENTITY browserStylesLabel		"ブラウザー CSS">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (filterStylesPlaceholder): This is the placeholder that goes in
   -  the search box when no search term has been entered. -->
 <!ENTITY filterStylesPlaceholder	"CSS を絞り込み">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (addRuleButtonTooltip): This is the tooltip shown when
   -  hovering the `Add new rule` button in the rules view toolbar. This should
   -  match ruleView.contextmenu.addNewRule in styleinspector.properties -->
--- a/devtools/client/toolbox.dtd
+++ b/devtools/client/toolbox.dtd
@@ -20,31 +20,31 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (toolboxNoAutoHideButton): This is the label for
   -  the button to force the popups/panels to stay visible on blur.
   -  This is only visible in the browser toolbox as it is meant for
   -  addon developers and Firefox contributors. -->
 <!ENTITY toolboxNoAutoHideTooltip	"ポップアップが自動的に隠れないようにします">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (browserToolboxErrorMessage): This is the label
   -  shown next to error details when the Browser Toolbox is unable to open. -->
-<!ENTITY browserToolboxErrorMessage	"ブラウザツールボックスを開いた時のエラーを通知:">
+<!ENTITY browserToolboxErrorMessage	"ブラウザーツールボックスを開いた時のエラーを通知:">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.context.advancedSettings): This is the label for
   -  the heading of the advanced settings group in the options panel. -->
 <!ENTITY options.context.advancedSettings	"詳細設定">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.context.inspector): This is the label for
   -  the heading of the Inspector group in the options panel. -->
 <!ENTITY options.context.inspector		"調査">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.showUserAgentStyles.label): This is the label
   -  for the checkbox option to show user agent styles in the Inspector
   -  panel. -->
-<!ENTITY options.showUserAgentStyles.label	"ブラウザ CSS を表示">
-<!ENTITY options.showUserAgentStyles.tooltip	"このオプションを有効にすると、ブラウザが読み込んだ既定のスタイルを表示します。">
+<!ENTITY options.showUserAgentStyles.label	"ブラウザー CSS を表示">
+<!ENTITY options.showUserAgentStyles.tooltip	"このオプションを有効にすると、ブラウザーが読み込んだ既定のスタイルを表示します。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.collapseAttrs.label): This is the label
   -  for the checkbox option to enable collapse attributes in the Inspector
   -  panel. -->
 <!ENTITY options.collapseAttrs.label		"DOM 属性値を省略">
 <!ENTITY options.collapseAttrs.tooltip		"値の長い属性を省略します">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.defaultColorUnit.label): This is the label for a
@@ -81,18 +81,18 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.context.triggersPageRefresh): This is the
   -  triggers page refresh footnote under the advanced settings group in the
   -  options panel and is used for settings that trigger page reload. -->
 <!ENTITY options.context.triggersPageRefresh	"* 現在のセッションのみ有効。再読み込みで復帰">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.enableChrome.label4): This is the label for the
   -  checkbox that toggles chrome debugging, i.e. devtools.chrome.enabled
   -  boolean preference in about:config, in the options panel. -->
-<!ENTITY options.enableChrome.label5		"ブラウザとアドオンのデバッガを有効">
-<!ENTITY options.enableChrome.tooltip3		"さまざまな開発ツールがブラウザコンテキスト (ツール > ウェブ開発 > ブラウザツールボックス) とアドオンマネージャからのアドオンデバッグで使えるようになります">
+<!ENTITY options.enableChrome.label5		"ブラウザーとアドオンのデバッガを有効">
+<!ENTITY options.enableChrome.tooltip3		"さまざまな開発ツールがブラウザーコンテキスト (ツール > ウェブ開発 > ブラウザーツールボックス) とアドオンマネージャからのアドオンデバッグで使えるようになります">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.enableRemote.label3): This is the label for the
   -  checkbox that toggles remote debugging, i.e. devtools.debugger.remote-enabled
   -  boolean preference in about:config, in the options panel. -->
 <!ENTITY options.enableRemote.label3		"リモートデバッガを有効化">
 <!ENTITY options.enableRemote.tooltip		"Firefox OS などのリモート Firefox インスタンスを、開発ツールでデバッグできるようになります">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (options.enableWorkers.label): This is the label for the
--- a/devtools/client/toolbox.properties
+++ b/devtools/client/toolbox.properties
@@ -1,14 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-toolboxDockButtons.bottom.tooltip	=ブラウザの下側に表示
-toolboxDockButtons.side.tooltip		=ブラウザの右側に表示
+toolboxDockButtons.bottom.tooltip	=ブラウザーの下側に表示
+toolboxDockButtons.side.tooltip		=ブラウザーの右側に表示
 toolboxDockButtons.window.tooltip	=ウィンドウ表示
 
 # LOCALIZATION NOTE (toolboxDockButtons.bottom.minimize): This string is shown
 # as a tooltip that appears in the toolbox when it is in "bottom host" mode and
 # when hovering over the minimize button in the toolbar. When clicked, the
 # button minimizes the toolbox so that just the toolbar is visible at the
 # bottom.
 toolboxDockButtons.bottom.minimize	=開発ツールを最小化
--- a/devtools/client/webConsole.dtd
+++ b/devtools/client/webConsole.dtd
@@ -4,17 +4,17 @@
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE : FILE The correct localization of this file might be to
   - keep it in English, or another language commonly spoken among web developers.
   - You want to make that choice consistent across the developer tools.
   - A good criteria is the language in which you'd find the best
   - documentation on web development on the web. -->
 
 <!ENTITY window.title			"ウェブコンソール">
-<!ENTITY browserConsole.title		"ブラウザコンソール">
+<!ENTITY browserConsole.title		"ブラウザーコンソール">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (openURL.label): You can see this string in the Web
    - Console context menu. -->
 <!ENTITY openURL.label			"URL を新しいタブで開く">
 <!ENTITY openURL.accesskey		"T">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (btnPageNet.label): This string is used for the menu
   -  button that allows users to toggle the network logging output.
@@ -67,17 +67,17 @@
 <!-- LOCALIZATION NODE (btnConsoleSharedWorkers) the term "Shared Workers"
   -  should not be translated. -->
 <!ENTITY btnConsoleSharedWorkers	"Shared Worker">
 <!-- LOCALIZATION NODE (btnConsoleServiceWorkers) the term "Service Workers"
   -  should not be translated. -->
 <!ENTITY btnConsoleServiceWorkers	"Service Worker">
 <!-- LOCALIZATION NODE (btnConsoleWindowlessWorkers) the term "Workers"
   -  should not be translated. -->
-<!ENTITY btnConsoleWindowlessWorkers	"アドオンまたはブラウザ Worker">
+<!ENTITY btnConsoleWindowlessWorkers	"アドオンまたはブラウザー Worker">
 
 <!ENTITY filterOutput.placeholder	"出力を絞り込み">
 <!ENTITY btnClear.label			"消去">
 <!ENTITY btnClear.tooltip		"ウェブコンソールの内容を消去します">
 <!ENTITY btnClear.accesskey		"r">
 
 <!ENTITY fullZoomEnlargeCmd.commandkey 	"+">
 <!ENTITY fullZoomEnlargeCmd.commandkey2	"="> <!-- + is above this key on many keyboards -->
--- a/devtools/shared/debugger.properties
+++ b/devtools/shared/debugger.properties
@@ -11,17 +11,17 @@
 # documentation on web development on the web.
 
 # LOCALIZATION NOTE (remoteIncomingPromptTitle): The title displayed on the
 # dialog that prompts the user to allow the incoming connection.
 remoteIncomingPromptTitle		=リモートデバッグ接続要求
 
 # LOCALIZATION NOTE (remoteIncomingPromptHeader): Header displayed on the
 # dialog that prompts the user to allow the incoming connection.
-remoteIncomingPromptHeader		=リモートデバッグの接続許可を求められています。リモートクライアントがあなたのブラウザを操作できるようになります!
+remoteIncomingPromptHeader		=リモートデバッグの接続許可を求められています。リモートクライアントがあなたのブラウザーを操作できるようになります!
 # LOCALIZATION NOTE (remoteIncomingPromptClientEndpoint): Part of the prompt
 # dialog for the user to choose whether an incoming connection should be
 # allowed.
 # %1$S: The host and port of the client such as "127.0.0.1:6000"
 remoteIncomingPromptClientEndpoint	=クライアント側エンドポイント: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (remoteIncomingPromptServerEndpoint): Part of the prompt
 # dialog for the user to choose whether an incoming connection should be
 # allowed.
--- a/devtools/shared/gclicommands.properties
+++ b/devtools/shared/gclicommands.properties
@@ -556,17 +556,17 @@ resizeModeToDesc		=ページのサイズを変更します
 # LOCALIZATION NOTE (resizeModeDesc) A very short string to describe the
 # 'resize' command. This string is designed to be shown in a menu
 # alongside the command name, which is why it should be as short as possible.
 resizeModeDesc			=レスポンシブデザインモードを制御します
 
 # LOCALIZATION NOTE (resizeModeManual) A fuller description of the 'resize'
 # command, displayed when the user asks for help on what it does.
 # The argument (%1$S) is the browser name.
-resizeModeManual2		=レスポンシブなウェブサイトとは、モバイルディスプレイからシネマディスプレイまでのすべての環境に適応するウェブサイトです。レスポンシブデザインモードでは、ブラウザごとサイズ変更せずに %1$S 内で様々なページサイズを簡単にテストできます。
+resizeModeManual2		=レスポンシブなウェブサイトとは、モバイルディスプレイからシネマディスプレイまでのすべての環境に適応するウェブサイトです。レスポンシブデザインモードでは、ブラウザーごとサイズ変更せずに %1$S 内で様々なページサイズを簡単にテストできます。
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdDesc) A very short description of the 'cmd'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
 # name, which is why it should be as short as possible.
 cmdDesc				=コマンドを操作します
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdRefreshDesc) A very short description of the 'cmd refresh'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
@@ -910,17 +910,17 @@ cookieListOutAttributes	=属性:
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieListOutNone) The output of the 'cookie list' command
 # uses this string when no cookie attributes (like httpOnly, secure, etc) apply
 cookieListOutNone	=なし
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieListOutSession) The output of the 'cookie list'
 # command uses this string to describe a cookie with an expiry value of '0'
 # that is to say it is a session cookie
-cookieListOutSession	=ブラウザを終了するまで (セッション)
+cookieListOutSession	=ブラウザーを終了するまで (セッション)
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieListOutNonePage) The output of the 'cookie list'
 # command uses this string for pages like 'about:blank' which can't contain
 # cookies
 cookieListOutNonePage	=このページに Cookie はありません
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieListOutNoneHost) The output of the 'cookie list'
 # command uses this string when there are no cookies on a given web page
@@ -989,17 +989,17 @@ cookieSetSecureDesc	=https 経由の送信に限定します
 # LOCALIZATION NOTE (cookieSetHttpOnlyDesc) A very short string to describe the
 # 'httpOnly' parameter to the 'cookie set' command, which is displayed in a dialog
 # when the user is using this command.
 cookieSetHttpOnlyDesc	==クライアント側のスクリプトからアクセス不可にします
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieSetSessionDesc) A very short string to describe the
 # 'session' parameter to the 'cookie set' command, which is displayed in a dialog
 # when the user is using this command.
-cookieSetSessionDesc	=ブラウザセッションの生存期間のみ有効にします
+cookieSetSessionDesc	=ブラウザーセッションの生存期間のみ有効にします
 
 # LOCALIZATION NOTE (cookieSetExpiresDesc) A very short string to describe the
 # 'expires' parameter to the 'cookie set' command, which is displayed in a dialog
 # when the user is using this command.
 cookieSetExpiresDesc	=Cookie の有効期限となる日時 (RFC2822 または ISO 8601 の引用符つき日時)
 
 # LOCALIZATION NOTE (jsbDesc) A very short description of the
 # 'jsb' command. This string is designed to be shown in a menu
@@ -1123,22 +1123,22 @@ calllogStartReply		=ログ出力を開始しました。
 calllogStopDesc			=関数呼び出しのログ出力を停止します
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogStopNoLogging) A string displayed as the result of
 # the 'calllog stop' command when there is nothing to stop.
 calllogStopNoLogging		=現在実行中の関数呼び出しのログ出力はありません
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogStopReply) A string displayed as the result of
 # the 'calllog stop' command when there are logging actions to stop.
-calllogStopReply		=ログ出力を停止しました。実行中のブラウザコンテキスト: %1$S
+calllogStopReply		=ログ出力を停止しました。実行中のブラウザーコンテキスト: %1$S
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogStartChromeDesc) A very short description of the
 # 'calllog chromestart' command. This string is designed to be shown in a menu
 # alongside the command name, which is why it should be as short as possible.
-calllogChromeStartDesc		=ブラウザコンテキストでの関数呼び出しのコンソールへのログ出力を開始します
+calllogChromeStartDesc		=ブラウザーコンテキストでの関数呼び出しのコンソールへのログ出力を開始します
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogChromeSourceTypeDesc) A very short description of the
 # 'calllog chromestart <sourceType>' parameter. This string is designed to be
 # shown in a menu alongside the command name, which is why it should be as short as possible.
 calllogChromeSourceTypeDesc	=グローバルオブジェクト、JSM URI、またはグローバルオブジェクトを取得する JS
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogChromeSourceTypeDesc) A very short description of the
 # 'calllog chromestart' command. This string is designed to be shown in a menu
@@ -1151,21 +1151,21 @@ calllogChromeStartReply		=ログ出力を開始しました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogChromeStopDesc) A very short description of the
 # 'calllog chromestop' command. This string is designed to be shown in a menu
 # alongside the command name, which is why it should be as short as possible.
 calllogChromeStopDesc		=関数呼び出しのログ出力を停止します
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogChromeStopNoLogging) A string displayed as the
 # result of the 'calllog chromestop' command when there is nothing to stop.
-calllogChromeStopNoLogging	=現在実行中のブラウザコンテキストでのログ出力はありません
+calllogChromeStopNoLogging	=現在実行中のブラウザーコンテキストでのログ出力はありません
 
 # LOCALIZATION NOTE (calllogStopReply) A string displayed as the result of
 # the 'calllog chromestop' command when there are logging actions to stop.
-calllogChromeStopReply		=ログ出力を停止しました。実行中のブラウザコンテキスト: %1$S
+calllogChromeStopReply		=ログ出力を停止しました。実行中のブラウザーコンテキスト: %1$S
 
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeAnonFunction) A string displayed as the result
 # of the 'calllog chromestart' command when an anonymouse function is to be
 # logged.
 callLogChromeAnonFunction	=<匿名関数>
 
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeMethodCall) A string displayed as the result
 # of the 'calllog chromestart' command to proceed a method name when it is to be
@@ -1179,17 +1179,17 @@ callLogChromeInvalidJSM		=不正な JSM です!
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeVarNotFoundContent) A string displayed as the
 # result of the 'calllog chromestart' command with a source type of
 # content-variable and an invalid variable name.
 callLogChromeVarNotFoundContent	=ウェブページ内に変数が見つかりません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeVarNotFoundChrome) A string displayed as the
 # result of the 'calllog chromestart' command with a source type of
 # chrome-variable and an invalid variable name.
-callLogChromeVarNotFoundChrome	=ブラウザウィンドウ内に変数が見つかりません。
+callLogChromeVarNotFoundChrome	=ブラウザーウィンドウ内に変数が見つかりません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeEvalException) A string displayed as the
 # result of the 'calllog chromestart' command with a source type of JavaScript
 # and invalid JavaScript code.
 callLogChromeEvalException	=評価された JavaScript が以下の例外を投げました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (callLogChromeEvalNeedsObject) A string displayed as the
 # result of passing a non-JavaScript object creating source via the
@@ -1209,17 +1209,17 @@ paintflashingDesc		=描画された領域を強調表示します
 paintflashingOnDesc		=強調表示をオンにします
 
 # LOCALIZATION NOTE (paintflashingOffDesc) A very short string used to describe the
 # function of the "paintflashing off" command.
 paintflashingOffDesc		=強調表示をオフにします
 
 # LOCALIZATION NOTE (paintflashingChrome) A very short string used to describe the
 # function of the "paintflashing on/off chrome" command.
-paintflashingChromeDesc		=ブラウザウィンドウ
+paintflashingChromeDesc		=ブラウザーウィンドウ
 
 # LOCALIZATION NOTE (paintflashingManual) A longer description describing the
 # set of commands that control paint flashing.
 paintflashingManual		=再描画された領域を違う色で塗りつぶします
 
 # LOCALIZATION NOTE (paintflashingTooltip) A string displayed as the
 # tooltip of button in devtools toolbox which toggles paint flashing.
 paintflashingTooltip		=描画された領域を強調表示します
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -84,17 +84,17 @@ FocusedWindowedPluginWhileFullscreen	=ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされたため、全画面表示を終了しました。
 PointerLockDeniedDisabled		=ユーザ設定により Pointer Lock API が無効化されているため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedInUse			=ポインタが異なる document により制御されているため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedNotInDocument		=要求した要素が document 内に存在しないため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedSandboxed		=Pointer Lock API がサンドボックス経由で制限されているため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedHidden			=document が不可視のため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedNotFocused		=document がフォーカスされていないため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedMovedDocument		=要求した要素に移動した document があるため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedNotInputDriven		=ユーザ生成の短期的なイベントハンドラの内部から Element.requestPointerLock() メソッドが呼び出されず、document が全画面表示でないため、ポインタロックの要求が拒否されました。
-PointerLockDeniedFailedToLock		=ブラウザがポインタのロックに失敗したため、ポインタロックの要求が拒否されました。
+PointerLockDeniedFailedToLock		=ブラウザーがポインタのロックに失敗したため、ポインタロックの要求が拒否されました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
 HTMLSyncXHRWarning			=同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning		=channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 ResponseTypeSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning			=XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 JSONCharsetWarning			=XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
 MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリが不足しています。
@@ -169,17 +169,17 @@ GetSetUserDataWarning			=getUserData() と setUserData() の使用は推奨されません。代わりに WeakMap と element.dataset を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozGetAsFile" or "toBlob"
 MozGetAsFileWarning			=非標準の mozGetAsFile メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の toBlob メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "captureEvents()" or "addEventListener()"
 UseOfCaptureEventsWarning		=captureEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/addEventListener を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "releaseEvents()" or "removeEventListener()"
 UseOfReleaseEventsWarning		=releaseEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/removeEventListener を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "document.load()" or "XMLHttpRequest"
 UseOfDOM3LoadMethodWarning		=document.load() の使用は推奨されません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/XMLHttpRequest を参照してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.showModalDialog()" or "window.open()" 
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.showModalDialog()" or "window.open()"
 ShowModalDialogWarning			=window.showModalDialog() の使用は推奨されません。代わりに window.open() を使用してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Window/open を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window._content" or "window.content"
 Window_ContentWarning			=window._content は推奨されません。代わりに window.content を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "XMLHttpRequest"
 SyncXMLHttpRequestWarning		=ユーザ体験に対して好ましくない影響があるため、メインスレッドでの同期 XMLHttpRequest は推奨されません。詳しくは http://xhr.spec.whatwg.org/ を参照してください。
 ImplicitMetaViewportTagFallback		=viewport が設定された meta タグがありません。将来のバージョンで予期せぬ挙動の変化を防ぐため、明示的に viewport を設定してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Mobile/Viewport_meta_tag を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "DataContainerEvent" or "CustomEvent"
 DataContainerEventWarning		=DataContainerEvent の使用は推奨されません。代わりに CustomEvent を使用してください。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -1,28 +1,28 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # Encoding warnings and errors
 EncNoDeclarationFrame	= フレーム内のドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。フレームなしで読み込む場合と表示が異なるかもしれません。
-EncNoDeclarationPlain	=プレーンテキストドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザの設定によっては文字化けすることがあります。ファイルの文字エンコーディングは転送プロトコルで宣言されるか、文字エンコーディングを指定するバイトオーダーマークがファイルに使われている必要があります。
-EncNoDeclaration		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザの設定によっては文字化けすることがあります。ページの文字エンコーディングはドキュメント中または転送プロトコルで宣言されなければなりません。
+EncNoDeclarationPlain	=プレーンテキストドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザーの設定によっては文字化けすることがあります。ファイルの文字エンコーディングは転送プロトコルで宣言されるか、文字エンコーディングを指定するバイトオーダーマークがファイルに使われている必要があります。
+EncNoDeclaration		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザーの設定によっては文字化けすることがあります。ページの文字エンコーディングはドキュメント中または転送プロトコルで宣言されなければなりません。
 EncLateMetaFrame		= フレーム内の HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。フレームなしで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 # (^^; 直訳したけど原文コピペミスしてる?
-EncLateMeta				= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
+EncLateMeta				= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザーで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaReload		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つからなかったため、ページが再読み込みされました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaTooLate		= ドキュメントの文字エンコーディング宣言が見つかりましたが、ファイル冒頭でなかったため無視されました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncMetaUnsupported		= HTML ドキュメントの meta タグにサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncProtocolUnsupported	= 転送プロトコル中でサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncBomlessUtf16			= バイトオーダーマークも転送プロトコルレベルの文字エンコーディング宣言もなく、UTF-16 でエンコードされているが基本的なラテン文字だけのテキストが検出されました。このコンテンツを UTF-16 でエンコーディングするのは非効率的ですし、文字エンコーディングは常に宣言すべきです。
 EncMetaUtf16			= meta タグで UTF-16 文字エンコーディングを宣言していますが、UTF-8 宣言として解釈されます。
 EncMetaUserDefined		= meta タグは x-user-defined のような文字エンコーディングの宣言に使用されていました。互換性のため意図的に古いフォントで表示するよう、windows-1252 として宣言したと解釈されました。このサイトは Unicode に移行すべきです。
 
-# The bulk of the messages below are derived from 
+# The bulk of the messages below are derived from
 # http://hg.mozilla.org/projects/htmlparser/file/1f633cef7de7/src/nu/validator/htmlparser/impl/ErrorReportingTokenizer.java
 # which is available under the MIT license.
 
 # Tokenizer errors
 errGarbageAfterLtSlash		= "</" の後にゴミが含まれています。
 errLtSlashGt				= "</>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、終了タグのタイプミスの可能性があります。
 errCharRefLacksSemicolon	= 文字参照がセミコロンで終了していません。
 errNoDigitsInNCR			= 数値文字参照に数字が含まれていません。
--- a/dom/chrome/netError.dtd
+++ b/dom/chrome/netError.dtd
@@ -28,20 +28,20 @@
 
 <!ENTITY malformedURI.title		"アドレスが無効です">
 <!ENTITY malformedURI.longDesc		"<p>指定されたアドレスの書式が正しくありません。ミスがないかロケーションバーを確認してください。</p>">
 
 <!ENTITY netInterrupt.title		"データの転送が中断されました">
 <!ENTITY netInterrupt.longDesc		"<p>サイトに正常に接続できましたが、データの転送中にネットワーク接続が切断されました。再度試してください。</p><ul><li>他のサイトも表示できない場合、コンピューターのネットワーク接続を確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY notCached.title		"ドキュメントが有効期限切れです">
-<!ENTITY notCached.longDesc		"<p>リクエストされたブラウザキャッシュ内のドキュメントは利用できません。</p><ul><li>安全対策のため、ブラウザは注意を要するドキュメントを自動的に再リクエストしません。</li><li>&quot;再試行&quot; ボタンをクリックしてドキュメントをウェブサイトから読み込んでください。</li></ul>">
+<!ENTITY notCached.longDesc		"<p>リクエストされたブラウザーキャッシュ内のドキュメントは利用できません。</p><ul><li>安全対策のため、ブラウザーは注意を要するドキュメントを自動的に再リクエストしません。</li><li>&quot;再試行&quot; ボタンをクリックしてドキュメントをウェブサイトから読み込んでください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY netOffline.title		"オフラインモードです">
-<!ENTITY netOffline.longDesc2		"<p>ブラウザは現在オフラインモードで動作しており、リクエスト対象に接続できません。</p><ul><li>コンピューターが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>&quot;再試行&quot; ボタンを押してブラウザをオンラインモードに切り替え、ページを再読み込みしてください。</li></ul>">
+<!ENTITY netOffline.longDesc2		"<p>ブラウザーは現在オフラインモードで動作しており、リクエスト対象に接続できません。</p><ul><li>コンピューターが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>&quot;再試行&quot; ボタンを押してブラウザーをオンラインモードに切り替え、ページを再読み込みしてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY contentEncodingError.title	"内容符号化 (Content-Encoding) に問題があります">
 <!ENTITY contentEncodingError.longDesc	"<p>不正または不明な形式で圧縮されているため、ページを表示できません。</p><ul><li>この問題についてはウェブサイトの管理者に問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY unsafeContentType.title	"安全でないファイルタイプ">
 <!ENTITY unsafeContentType.longDesc	"<ul><li>この問題をウェブサイトの管理者に報告してください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY netReset.title			"接続が中断されました">
@@ -49,20 +49,20 @@
 
 <!ENTITY netTimeout.title		"ネットワークがタイムアウトしました">
 <!ENTITY netTimeout.longDesc		"<p>接続リクエストに対してリクエスト先サーバが応答を返さなかったため、接続を中止しました。</p><ul><li>サーバに負荷が集中したり、一時的に停止している可能性があります。しばらく後で再度試してください。</li><li>他のサイトも表示できない場合、コンピューターのネットワーク接続を確認してください。</li><li>ファイアーウォールやプロキシでネットワークが保護されている場合、その設定に問題があると正常に表示できなくなることがあります。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY unknownProtocolFound.title	"プロトコルが不明です">
 <!ENTITY unknownProtocolFound.longDesc	"<p>指定されたプロトコル (例えば <q>wxyz://</q>) を認識できないため、サイトに正常に接続できませんでした。</p><ul><li>マルチメディアファイルなど非テキストデータにアクセスしようとしている場合、サイトによる特別な動作要件がないか確認してください。</li><li>一部のプロトコルを使用するにはサードパーティのソフトウェアやプラグインが必要になります。</li></ul>">
 
 <!ENTITY proxyConnectFailure.title	"プロキシサーバが接続を拒否しました">
-<!ENTITY proxyConnectFailure.longDesc	"<p>プロキシサーバを使用する設定になっていますが、プロキシサーバは接続を拒否しました。</p><ul><li>ブラウザのプロキシ設定が正しいか確認してください。</li><li>このネットワークからプロキシサービスへの接続が許可されているか確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
+<!ENTITY proxyConnectFailure.longDesc	"<p>プロキシサーバを使用する設定になっていますが、プロキシサーバは接続を拒否しました。</p><ul><li>ブラウザーのプロキシ設定が正しいか確認してください。</li><li>このネットワークからプロキシサービスへの接続が許可されているか確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY proxyResolveFailure.title	"プロキシサーバが見つかりませんでした">
-<!ENTITY proxyResolveFailure.longDesc	"<p>プロキシサーバを使用する設定になっていますが、プロキシサーバが見つかりませんでした。</p><ul><li>ブラウザのプロキシ設定が正しいか確認してください。</li><li>コンピューターが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
+<!ENTITY proxyResolveFailure.longDesc	"<p>プロキシサーバを使用する設定になっていますが、プロキシサーバが見つかりませんでした。</p><ul><li>ブラウザーのプロキシ設定が正しいか確認してください。</li><li>コンピューターが有効なネットワークに接続されているか確認してください。</li><li>問題が繰り返される場合、ネットワーク管理者またはインターネットプロバイダに問い合わせてください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY redirectLoop.title		"自動転送がループしています">
 <!ENTITY redirectLoop.longDesc		"<p>リクエストされたリソースの取得を中止しました。このサイトではリクエストの自動転送がループしています。</p><ul><li>このサイトで要求されている Cookie を無効化またはブロックしていないか確認してください。</li><li><em>注意</em>: サイトによる Cookie の使用を許可しても解決しない場合、これはご利用のコンピューターではなくサーバの設定に問題があると思われます。</li></ul>">
 
 <!ENTITY unknownSocketType.title	"サーバの応答が不正です">
 <!ENTITY unknownSocketType.longDesc	"<p>ネットワークリクエストに対するサイトの応答が正しくなかったため、接続を中断しました。</p>">
 
 <!ENTITY nssFailure2.title		"安全な接続ができませんでした">
--- a/editor/ui/chrome/composer/editor.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/composer/editor.dtd
@@ -7,17 +7,17 @@
 <!ENTITY editorWindow.titlemodifier			"Composer">
 <!ENTITY editorWindow.titlemodifiermenuseparator	" - ">
 
 <!-- Menu items:  the . means that the menu item isn't implemented yet -->
 
 <!-- Toolbar-only items -->
 <!ENTITY compositionToolbar.tooltip	"一般ツールバー"><!-- Composition Toolbar -->
 <!ENTITY previewToolbarCmd.label	"参照">
-<!ENTITY previewToolbarCmd.tooltip	"このページをブラウザで読み込みます">
+<!ENTITY previewToolbarCmd.tooltip	"このページをブラウザーで読み込みます">
 
 <!-- File menu items -->
 <!ENTITY exportToTextCmd.label		"テキストにエクスポート...">
 <!ENTITY exportToTextCmd.accesskey	"x">
 <!ENTITY previewCmd.label		"ページをブラウズ">
 <!ENTITY previewCmd.accesskey		"w">
 <!ENTITY sendPageCmd.label		"ページを送信...">
 <!ENTITY sendPageCmd.accesskey		"d">
@@ -59,9 +59,9 @@
 <!ENTITY HTMLSourceModeTab.dir		"ltr">
 <!ENTITY HTMLSourceModeTab.label	"ソース">
 <!ENTITY HTMLSourceMode.label		"HTML ソース">
 <!ENTITY HTMLSourceMode.accesskey	"H">
 <!ENTITY HTMLSourceMode.tooltip		"HTML ソースを編集します">
 <!ENTITY PreviewModeTab.label		"プレビュー">
 <!ENTITY PreviewMode.label		"プレビュー">
 <!ENTITY PreviewMode.accesskey		"P">
-<!ENTITY PreviewMode.tooltip		"ブラウザと同じように表示します (WYSIWYG)"><!-- en-US: Display as WYSIWYG (as in the browser) -->
+<!ENTITY PreviewMode.tooltip		"ブラウザーと同じように表示します (WYSIWYG)"><!-- en-US: Display as WYSIWYG (as in the browser) -->
--- a/editor/ui/chrome/composer/editor.properties
+++ b/editor/ui/chrome/composer/editor.properties
@@ -34,17 +34,17 @@ NoMisspelledWord	=スペルミスはありませんでした
 CheckSpelling		=スペルチェック
 CheckSpellingDone	=スペルチェックを完了しました。
 InputError		=エラー
 Alert			=警告
 CantEditFramesetMsg	=Composer では HTML のフレームセットやインラインフレームを含むページを編集できません。フレームセットを使用する場合、各フレームのページを個別に編集してください。インラインフレームを含むページについては、<iframe> タグを含まれるページ全体で置き換えてください。
 CantEditMimeTypeMsg	=この種類のページは編集できません。
 CantEditDocumentMsg	=原因不明の問題により、このページを編集できません。
 BeforeClosing		=閉じる前に
-BeforePreview		=ブラウザでプレビューする前に
+BeforePreview		=ブラウザーでプレビューする前に
 BeforeValidate		=ページを検証する前に
 # LOCALIZATION NOTE (SaveFilePrompt): Don't translate %title% and %reason% (this is the reason for asking user to close, such as "before closing")
 SaveFilePrompt		=%reason% "%title%" に変更を保存しますか?
 PublishPrompt		=%reason% "%title%" に変更を保存しますか?
 SaveFileFailed		=ファイルを正常に保存できませんでした。
 
 # Publishing error strings:
 # LOCALIZATION NOTE Don't translate %dir% or %file% in the Publishing error strings:
@@ -59,29 +59,29 @@ AccessDenied		=サイトのこの場所にアップロードする権限がありません。
 UnknownPublishError	=原因不明のアップロードエラーが発生しました。
 PublishFailed		=アップロードできませんでした。
 PublishCompleted	=アップロードを完了しました。
 AllFilesPublished	=すべてのファイルをアップロードしました。
 # LOCALIZATION NOTE Don't translate %x% or %total%
 FailedFileMsg		=%x% / %total% のファイルをアップロードできませんでした。
 # End-Publishing error strings
 Prompt			=確認
-# LOCALIZATION NOTE (PromptFTPUsernamePassword): Don't translate %host% 
+# LOCALIZATION NOTE (PromptFTPUsernamePassword): Don't translate %host%
 PromptFTPUsernamePassword =FTP サーバ %host% のユーザ名とパスワードを入力してください
 RevertCaption		=最後に保存した状態に戻す
 Revert			=入力の取り消し
 SendPageReason		=このページを送信する前
 Send			=送信
 ## LOCALIZATION NOTE (PublishProgressCaption, PublishToSite, AbandonChanges): Don't translate %title%
 PublishProgressCaption	=アップロード中: %title%
 PublishToSite		=サイトにアップロード中: %title%
 AbandonChanges		=%title% の保存されていない変更を破棄し、ページを読み直しますか?
 DocumentTitle		=ページタイトル
 NeedDocTitle		=ページタイトルを入力してください。
-DocTitleHelp		=ブラウザウィンドウのタイトルバーやブックマークに表示されます。
+DocTitleHelp		=ブラウザーウィンドウのタイトルバーやブックマークに表示されます。
 CancelPublishTitle	=アップロードをキャンセルしますか?
 ## LOCALIZATION NOTE: "Continue" in this sentence must match the text for
 ## the CancelPublishContinue key below
 CancelPublishMessage	=アップロード中にキャンセルするとファイルが最後まで転送されません。アップロードを中止してもよろしいですか?
 CancelPublishContinue	=続ける
 MissingImageError	=jpg, gif, png いずれかの画像を入力または選択してください。
 EmptyHREFError		=新しいリンクを作成する URL を選択してください。
 LinkText		=リンクテキスト
@@ -161,20 +161,20 @@ MissingPublishFilename	=現在のページのファイル名を入力してください。
 #LOCALIZATION NOTE (DuplicateSiteNameError): Don't translate %name%
 DuplicateSiteNameError	="%name%" はすでに存在します。別のサイト名を入力してください。
 AdvancedProperties	=詳細プロパティ...
 AdvancedEditForCellMsg	=複数セルの選択時には詳細編集は利用できません。
 # LOCALIZATION NOTE (ObjectProperties):Don't translate "%obj%" it will be replaced with one of above object nouns
 ObjectProperties	=%obj%のプロパティ...
 # LOCALIZATION NOTE This character must be in the above string and not confict with other accesskeys in Format menu
 ObjectPropertiesAccessKey	=o
-# LOCALIZATION NOTE (JoinSelectedCells): This variable should contain the "tablejoincells.accesskey" 
+# LOCALIZATION NOTE (JoinSelectedCells): This variable should contain the "tablejoincells.accesskey"
 # letter as defined in editorOverlay.dtd
 JoinSelectedCells	=選択したセルを結合
-# LOCALIZATION NOTE (JoinCellToRight): This variable should contain the "tablejoincells.accesskey" 
+# LOCALIZATION NOTE (JoinCellToRight): This variable should contain the "tablejoincells.accesskey"
 # letter as defined in editorOverlay.dtd
 JoinCellToRight		=右のセルと結合
 JoinCellAccesskey	=j
 # LOCALIZATION NOTE (TableSelectKey): Ctrl key on a keyboard
 TableSelectKey		=Ctrl+
 # LOCALIZATION NOTE (XulKeyMac): Command key on a Mac keyboard
 XulKeyMac=Cmd+
 # LOCALIZATION NOTE (Del): Del key on a keyboard
@@ -196,13 +196,13 @@ RemoveTextStyles		=テキストのスタイルをすべて削除
 StopTextStyles			=テキストのスタイル付けを中止
 #
 # LOCALIZATION NOTE "RemoveLinksAccesskey" is used for both
 #  menu items: "RemoveLinks" and "StopLinks"
 RemoveLinksAccesskey	=n
 RemoveLinks		=リンクを削除
 StopLinks		=リンク設定の中止
 #
-NoFormAction		=フォームに action 属性を指定することをお勧めします。自己投稿フォームは高度な技法であり、ブラウザによっては正しく動作しない可能性があります。
-NoAltText		=ページの内容に関係がある画像には代替テキストを付けてください。テキストブラウザでは代替テキストが表示されます。その他のブラウザでも画像の読み込み中や画像の表示を無効にしている場合に表示されます。
+NoFormAction		=フォームに action 属性を指定することをお勧めします。自己投稿フォームは高度な技法であり、ブラウザーによっては正しく動作しない可能性があります。
+NoAltText		=ページの内容に関係がある画像には代替テキストを付けてください。テキストブラウザーでは代替テキストが表示されます。その他のブラウザーでも画像の読み込み中や画像の表示を無効にしている場合に表示されます。
 #
 Malformed		=XHTML の構文が正しくないため、ソースをドキュメントに変換できませんでした。
 NoLinksToCheck		=リンクをチェックする要素がありません。
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -388,32 +388,32 @@ cmd.font-size-other.help    =使用するフォントサイズを指定します。
 
 cmd.goto-startup.label  =自動接続 URL を開く
 cmd.goto-startup.help   =設定されたすべての自動接続 URL を開きます。
 
 cmd.goto-url.label  =リンクを開く
 #cmd.goto-url.accesskey =O
 cmd.goto-url.format =$label
 cmd.goto-url.params =<url> [<anchor>]
-cmd.goto-url.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
+cmd.goto-url.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-newwin.label  =リンクを新しいウィンドウで開く
 #cmd.goto-url-newwin.accesskey =W
 cmd.goto-url-newwin.params =<url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-newwin.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
+cmd.goto-url-newwin.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウィンドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.goto-url-newtab.label  =リンクを新しいタブで開く
 #cmd.goto-url-newtab.accesskey =T
 cmd.goto-url-newtab.params =<url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-newtab.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザウィンドウ内の新しいタブに開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
+cmd.goto-url-newtab.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウィンドウ内の新しいタブに開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
-cmd.goto-url-external.label  =リンクを既定のブラウザで開く
+cmd.goto-url-external.label  =リンクを既定のブラウザーで開く
 #cmd.goto-url-external.accesskey =B
 cmd.goto-url-external.params =<url> [<anchor>]
-cmd.goto-url-external.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、システムの既定に設定されているブラウザで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
+cmd.goto-url-external.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、システムの既定に設定されているブラウザーで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。
 
 cmd.header.help =ヘッダバーの表示と非表示を切り替えます。
 
 cmd.help.params =[<pattern>]
 cmd.help.help   =パターン <pattern> と合致するすべてのコマンドのヘルプを表示します。<pattern> の指定がない場合、すべてのコマンドのヘルプを表示します。
 
 cmd.hide-view.label  =タブを非表示
 #cmd.hide-view.accesskey =H
@@ -1633,18 +1633,18 @@ pref.hasPrefs.help              =オブジェクトが保存された環境設定を持つことを示します。設定ウィンドウには表示されません。 :)
 pref.identd.enabled.label       =接続の過程で認証サーバを有効にする
 pref.identd.enabled.help        =ChatZilla が、ident (identd) 応答を要求するサーバに接続することを許可します。
 pref.initialURLs.label          =自動接続する URL
 pref.initialURLs.help           =ChatZilla の起動時に接続させる IRC URL のリストです。ChatZilla が、IRC ホストへのリンクをクリックして起動されたときには読み込まれません。
 pref.initialScripts.label       =自動読み込みスクリプト
 pref.initialScripts.help        =ChatZilla の起動時に、このリストに載っているスクリプトのすべてを読み込みます。あるアイテムがディレクトリだった場合には、そのディレクトリやサブディレクトリから "init.js" を読み込みます。
 pref.inputSpellcheck.label      =入力ボックスのスペルをチェック
 pref.inputSpellcheck.help       =入力ボックスのスペルのチェックをオン/オフします。この機能は最近のバージョンで追加されました。
-pref.link.focus.label           =リンクを開くときブラウザを前面に表示する
-pref.link.focus.help            =ChatZilla から URL リンクを開くときに、ブラウザ ウィンドウを前面に移動します。
+pref.link.focus.label           =リンクを開くときブラウザーを前面に表示する
+pref.link.focus.help            =ChatZilla から URL リンクを開くときに、ブラウザーウィンドウを前面に移動します。
 pref.log.label                  =ビューのログ収集をする
 pref.log.help                   =ChatZilla にそのビューのログを収集させます。ログファイルは通常あなたのプロファイル内に保存されますが、"Profile path" (ベースとなるパス) あるいは特定のビューのログファイル名を指定することもできます。
 pref.logFileName.label          =ログファイル名
 pref.logFileName.help           =そのビューのログを記録するファイルです。ビューが現在開いていてログ収集が行われている場合には、次のログ収集が開始するまでこのオプションの変更は有効になりません。
 pref.logFile.client.label       =Client のログファイル
 pref.logFile.client.help        =Client ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.network.label      =ネットワークのログファイル
 pref.logFile.network.help       =ネットワークビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
@@ -1716,21 +1716,21 @@ pref.notifyList.label           =通知リスト
 pref.notifyList.help            =リストに載っているニックネームが、オンラインかそうでないかを定期的にチェックします。ChatZilla は 5 分おきにこのリストをチェックして、もしだれかがオンラインになったりオフラインに移行したときに通知します。
 pref.outgoing.colorCodes.label  =カラー コードの送信を有効にする
 pref.outgoing.colorCodes.help   =カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使用して送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
 pref.outputWindowURL.label      =出力ウィンドウ
 pref.outputWindowURL.help       =あなたはこれを変更したくはないと思います。チャットビューは、メッセージ本体やヘッダなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウィンドウを表示することさえあります!
 pref.profilePath.label          =プロファイルのパス
 pref.profilePath.help           =ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリに保存します。
 pref.proxy.typeOverride.label   =プロキシの種類
-pref.proxy.typeOverride.help    =ここに "http" を指定すると、ブラウザの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
+pref.proxy.typeOverride.help    =ここに "http" を指定すると、ブラウザーの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザーのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
 pref.reconnect.label            =予期せずに切断したとき再接続する
 pref.reconnect.help             =接続が予期せずに失われた場合、ChatZilla はそのサーバに自動的に再接続できます。
 pref.websearch.url.label        =ウェブ検索 URL
-pref.websearch.url.help         =ウェブ検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメータ %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザプラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
+pref.websearch.url.help         =ウェブ検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメータ %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザーの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザープラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
 pref.showModeSymbols.label      =ユーザモードを記号で表示する
 pref.showModeSymbols.help       =ユーザリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使用するかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
 pref.sortUsersByMode.label      =ユーザをモードで並べ替える
 pref.sortUsersByMode.help       =ユーザリストをユーザのモードで並べ替えて、上から op、half-op (サーバがサポートしていれば)、voice、その他、の順にします。
 pref.sound.enabled.label        =有効にする
 pref.sound.enabled.help         =音声を鳴らすとき選択し、すべての音声をオフにするときには選択を解除します。オン/オフ以外の細かな設定はできません。
 pref.sound.overlapDelay.label   =間隔
 pref.sound.overlapDelay.help    =同じイベントが続いたときに、2 つめの音声を鳴らすまでの間隔を指定します。既定値は 2000ms (2 秒) になっていますが、例えば追跡する単語の合致が 2 秒以内に生じたときには、最初の音声しか鳴りません。
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
@@ -893,19 +893,19 @@
 <!ENTITY copyImageAllCmd.label		"画像をコピー">
 <!ENTITY copyImageAllCmd.accesskey	"I">
 <!ENTITY copyEmailCmd.label		"メールアドレスをコピー">
 <!ENTITY copyEmailCmd.accesskey		"E">
 <!ENTITY stopCmd.label			"中止">
 <!ENTITY stopCmd.accesskey		"S">
 <!ENTITY reloadCmd.label		"更新">
 <!ENTITY reloadCmd.accesskey		"R">
-<!ENTITY openInBrowser.label		"ブラウザで開く">
+<!ENTITY openInBrowser.label		"ブラウザーで開く">
 <!ENTITY openInBrowser.accesskey	"O">
-<!ENTITY openLinkInBrowser.label	"リンクをブラウザで開く">
+<!ENTITY openLinkInBrowser.label	"リンクをブラウザーで開く">
 <!ENTITY openLinkInBrowser.accesskey	"O">
 
 <!-- Statusbar -->
 <!ENTITY  statusText.label		"完了">
 
 <!--  Mac OS X Window Menu -->
 <!ENTITY minimizeWindow.label		"最小化">
 <!ENTITY minimizeWindow.key		"m">
--- a/mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgHdrViewOverlay.dtd
@@ -100,10 +100,10 @@
 
 <!ENTITY copyLinkCmd.label			"リンクの URL をコピー">
 <!ENTITY copyLinkCmd.accesskey			"C">
 
 <!ENTITY CopyMessageId.label			"メッセージ ID をコピー">
 <!ENTITY CopyMessageId.accesskey		"C">
 <!ENTITY OpenMessageForMsgId.label		"次の ID のメッセージを開く">
 <!ENTITY OpenMessageForMsgId.accesskey		"O">
-<!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.label		"次のメッセージ ID をブラウザで開く">
+<!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.label		"次のメッセージ ID をブラウザーで開く">
 <!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.accesskey		"B">
--- a/mobile/android/base/android_strings.dtd
+++ b/mobile/android/base/android_strings.dtd
@@ -131,18 +131,18 @@
 <!ENTITY settings_title "設定">
 <!ENTITY pref_category_general "一般">
 <!ENTITY pref_category_general_summary3 "ホーム、言語、タブキュー">
 
 <!-- Localization note (pref_category_language) : This is the preferences
      section in which the user picks the locale in which to display Firefox
      UI. The locale includes both language and region concepts. -->
 <!ENTITY pref_category_language "言語">
-<!ENTITY pref_category_language_summary "ブラウザの言語を変更">
-<!ENTITY pref_browser_locale "ブラウザの言語">
+<!ENTITY pref_category_language_summary "ブラウザーの言語を変更">
+<!ENTITY pref_browser_locale "ブラウザーの言語">
 
 <!-- Localization note (locale_system_default) : This string indicates that
      Firefox will use the locale currently selected in Android's settings
      to display browser chrome. -->
 <!ENTITY locale_system_default "システム標準">
 
 <!-- Localization note (overlay_share_label) : This is the label that appears
      in Android's intent chooser when sending a link to Firefox to bookmark,
@@ -380,29 +380,29 @@ size. -->
 <!ENTITY pref_qrcode_enabled_summary2 "URL バーで QR コードスキャンを許可する">
 
 <!ENTITY pref_use_master_password "マスターパスワードを使用する">
 <!ENTITY pref_sync2 "サインイン">
 <!ENTITY pref_sync_summary2 "タブ、ブックマーク、ログイン情報、閲覧履歴を同期する">
 <!ENTITY pref_search_suggestions "検索語句の候補を表示">
 <!ENTITY pref_history_search_suggestions "検索履歴を表示">
 <!ENTITY pref_import_options "インポートオプション">
-<!ENTITY pref_import_android_summary "ネイティブブラウザからブックマークや履歴をインポートする">
+<!ENTITY pref_import_android_summary "ネイティブブラウザーからブックマークや履歴をインポートする">
 <!ENTITY pref_private_data_history2 "閲覧履歴">
 <!ENTITY pref_private_data_searchHistory "検索履歴">
 <!ENTITY pref_private_data_formdata2 "フォームの履歴">
 <!ENTITY pref_private_data_cookies2 "Cookie">
 <!ENTITY pref_private_data_passwords2 "保存されたログイン情報">
 <!ENTITY pref_private_data_cache "キャッシュ">
 <!ENTITY pref_private_data_offlineApps "オフライン作業用データ">
 <!ENTITY pref_private_data_siteSettings2 "サイト設定">
 <!ENTITY pref_private_data_downloadFiles2 "ダウンロードしたファイル">
 <!ENTITY pref_private_data_syncedTabs "同期したタブ">
 
-<!ENTITY pref_default_browser "既定のブラウザに設定">
+<!ENTITY pref_default_browser "既定のブラウザーに設定">
 <!ENTITY pref_default_browser_mozilla_support_tablet "Mozilla サポートへアクセス">
 <!ENTITY pref_about_firefox "&brandShortName; について">
 <!ENTITY pref_vendor_faqs "FAQ">
 <!ENTITY pref_vendor_feedback "フィードバックをください">
 
 <!ENTITY pref_dialog_set_default "既定に設定">
 <!ENTITY pref_dialog_default "既定">
 <!ENTITY pref_dialog_remove "削除">
@@ -426,21 +426,21 @@ size. -->
 
 <!-- Localization note (datareporting_fhr_title, datareporting_fhr_summary2,
      reporting_telemetry_title, datareporting_telemetry_summary,
      datareporting_crashreporter_summary) : These match the strings in
      en-US/chrome/browser/preferences/advanced.dtd (healthReportSection.label,
      healthReportDesc.label, telemetrySection.label, telemetryDesc.label,
      crashReporterDesc.label). -->
 <!ENTITY datareporting_fhr_title "&brandShortName; ヘルスレポート">
-<!ENTITY datareporting_fhr_summary2 "ブラウザの健康状態を &vendorShortName; と共有し、ブラウザのパフォーマンス状態の確認に役立ちます">
+<!ENTITY datareporting_fhr_summary2 "ブラウザーの健康状態を &vendorShortName; と共有し、ブラウザーのパフォーマンス状態の確認に役立ちます">
 <!ENTITY datareporting_abouthr_title "ヘルスレポートを見る">
 <!ENTITY datareporting_telemetry_title "パフォーマンス情報の送信">
 <!ENTITY datareporting_telemetry_summary "&brandShortName; をよりよいものにするため、パフォーマンス情報、使用状況、ハードウェア情報、設定したデータを &vendorShortName; と共有します">
-<!ENTITY datareporting_crashreporter_summary "&vendorShortName; がブラウザをより安定した、セキュアなものにするため、&brandShortName; はクラッシュレポートを送信します">
+<!ENTITY datareporting_crashreporter_summary "&vendorShortName; がブラウザーをより安定した、セキュアなものにするため、&brandShortName; はクラッシュレポートを送信します">
 <!-- Localization note (datareporting_crashreporter_title_short) : This string matches
      (crashReporterSection.label) in en-US/chrome/browser/preferences/advanced.dtd.-->
 <!ENTITY datareporting_crashreporter_title_short "クラッシュレポータ">
 <!ENTITY datareporting_wifi_title2 "&vendorShortName; 位置情報サービス">
 <!ENTITY datareporting_wifi_geolocation_summary4 "&vendorShortName; による世界地図の作成にご協力を!位置情報サービスの向上のため、Wi-Fi と基地局から得たデバイスの位置情報を共有します。">
 <!-- Localization note (pref_update_autodownload2) : This should mention downloading
      specifically, since the pref only prevents automatic downloads and not the
      actual notification that an update is available. -->
@@ -793,17 +793,17 @@ just addresses the organization to follo
 <!ENTITY restrictable_feature_advanced_settings_description "これにはブックマークのインポートやタブのリストア、自動更新が含まれます。単純な設定のみが適切な場合はオフにしてください。">
 <!ENTITY restrictable_feature_camera_microphone "カメラとマイク">
 <!ENTITY restrictable_feature_camera_microphone_description "サイト上でリアルタイムのコミュニケーションを行えるようにします。">
 <!ENTITY restrictable_feature_block_list "ブロックリスト">
 <!ENTITY restrictable_feature_block_list_description "センシティブな内容を含むウェブサイトをブロックします。">
 
 <!-- Default Bookmarks titles-->
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_about_browser): link title for about:fennec -->
-<!ENTITY bookmarks_about_browser "Firefox: あなたのブラウザについて">
+<!ENTITY bookmarks_about_browser "Firefox: あなたのブラウザーについて">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_addons): link title for https://addons.mozilla.org/en-US/mobile -->
 <!ENTITY bookmarks_addons "Firefox: アドオンでカスタマイズ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_support): link title for https://support.mozilla.org/ -->
 <!ENTITY bookmarks_support "Firefox: サポート">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_restricted_support): link title for https://support.mozilla.org/kb/controlledaccess -->
 <!ENTITY bookmarks_restricted_support2 "Android タブレットでの制限つきプロファイルについての Firefox ヘルプ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_restricted_webmaker):link title for https://webmaker.org -->
 <!ENTITY bookmarks_restricted_webmaker "ウェブについて学びましょう: Mozilla Webmaker">
--- a/mobile/android/chrome/aboutAccounts.properties
+++ b/mobile/android/chrome/aboutAccounts.properties
@@ -6,11 +6,11 @@
 # a toast message).
 relinkDenied.message = すでに Sync にサインインしています!
 # LOCALIZATION NOTE (relinkDenied.openPrefs): Ideally, this string is short (it's a
 # button label) and upper-case, to match Google and Android's convention.
 relinkDenied.openPrefs = 設定
 
 relinkVerify.title = 本当に Sync にサインインしますか?
 # LOCALIZATION NOTE (relinkVerify.message): Email address of a user previously signed in to Sync.
-relinkVerify.message = 以前、別のメールアドレスを使って Sync にサインインしていたようです。このままサインインを続けると、このブラウザのブックマーク、パスワードとその他の設定は %S と統合されます。
+relinkVerify.message = 以前、別のメールアドレスを使って Sync にサインインしていたようです。このままサインインを続けると、このブラウザーのブックマーク、パスワードとその他の設定は %S と統合されます。
 relinkVerify.continue = 続ける
 relinkVerify.cancel = キャンセル
--- a/mobile/android/chrome/sync.properties
+++ b/mobile/android/chrome/sync.properties
@@ -14,17 +14,17 @@ notconnected.label=接続していません
 connecting.label=接続しています...
 
 notificationDisconnect.label=Firefox Sync アカウントを削除しました。
 notificationDisconnect.button=元に戻す
 
 # LOCALIZATION NOTE (sync.clientUpdate, sync.remoteUpdate):
 # #1 is the "application name"
 # #2 is the "version"
-sync.update.client=#1 #2 は最新の Firefox Sync サービスと互換性がありません。ブラウザを新しいバージョンに更新してください。
+sync.update.client=#1 #2 は最新の Firefox Sync サービスと互換性がありません。ブラウザーを新しいバージョンに更新してください。
 sync.update.remote=#1 #2 は古いバージョンの Firefox Sync と互換性がありません。コンピューターの Firefox を更新してください。
 sync.update.title=Firefox Sync
 sync.update.button=詳細を確認
 sync.update.close=閉じる
 sync.setup.error.title=同期設定できません
 sync.setup.error.network=インターネットに接続できません
 sync.setup.error.nodata=%1$0.SSync サーバに接続できませんでした。再度試しますか?
 sync.setup.tryagain=再度試す
--- a/suite/chrome/browser/navigatorOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/browser/navigatorOverlay.dtd
@@ -1,14 +1,14 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- File Menu -->
-<!ENTITY tabCmd.label "ブラウザタブ">
+<!ENTITY tabCmd.label "ブラウザータブ">
 <!ENTITY tabCmd.accesskey "T">
 <!ENTITY tabCmd.commandkey "t">
 <!ENTITY openCmd.label "URL を開く...">
 <!ENTITY openCmd.accesskey "L">
 <!ENTITY openCmd.commandkey "l">
 <!ENTITY openFileCmd.label "ファイルを開く...">
 <!ENTITY openFileCmd.accesskey "O">
 <!ENTITY openFileCmd.commandkey "o">
--- a/suite/chrome/browser/taskbar.properties
+++ b/suite/chrome/browser/taskbar.properties
@@ -1,16 +1,16 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 taskbar.tasks.newTab.label			= 新しいタブを開く
-taskbar.tasks.newTab.description		= 新しいブラウザのタブを開きます
+taskbar.tasks.newTab.description		= 新しいブラウザーのタブを開きます
 taskbar.tasks.newWindow.label			= 新しいウィンドウを開く
-taskbar.tasks.newWindow.description		= 新しいブラウザウィンドウを開きます
+taskbar.tasks.newWindow.description		= 新しいブラウザーウィンドウを開きます
 taskbar.tasks.newPrivate.label			= 新しいプライベートウィンドウ
 taskbar.tasks.newPrivate.description		= プライベートブラウジングモードで新しいウィンドウを開きます
 taskbar.tasks.mailWindow.label			= メールとニュースグループを開く
 taskbar.tasks.mailWindow.description		= メールとニュースグループウィンドウを開きます
 taskbar.tasks.composeMessage.label		= 新しいメッセージを作成する
 taskbar.tasks.composeMessage.description	= 新しいメッセージを作成します
 taskbar.tasks.openAddressBook.label		= アドレス帳を開く
 taskbar.tasks.openAddressBook.description	= アドレス帳を開きます
--- a/suite/chrome/browser/webDeveloper.dtd
+++ b/suite/chrome/browser/webDeveloper.dtd
@@ -8,17 +8,17 @@
 <!ENTITY allowRemoteDebugging.accesskey		"A">
 
 <!ENTITY devToolsCmd.keycode			"VK_F12">
 <!ENTITY devToolsCmd.keytext			"F12">
 
 <!ENTITY devtoolsConnect.label			"接続...">
 <!ENTITY devtoolsConnect.accesskey		"e">
 
-<!ENTITY browserConsoleCmd.label		"ブラウザコンソール">
+<!ENTITY browserConsoleCmd.label		"ブラウザーコンソール">
 <!ENTITY browserConsoleCmd.commandkey		"Z">
 <!ENTITY browserConsoleCmd.accesskey		"B">
 
 <!ENTITY responsiveDesignTool.label		"レスポンシブデザインビュー">
 <!ENTITY responsiveDesignTool.accesskey		"R">
 <!ENTITY responsiveDesignTool.commandkey	"M">
 
 <!ENTITY eyedropper.label			"スポイト">
@@ -36,24 +36,24 @@
   -  "simple discardable text editor". -->
 <!ENTITY scratchpad.label			"スクラッチパッド">
 <!ENTITY scratchpad.accesskey			"S">
 <!ENTITY scratchpad.keycode			"VK_F4">
 <!ENTITY scratchpad.keytext			"F4">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (browserToolboxMenu.label): This is the label for the
   -  application menu item that opens the browser toolbox UI in the Tools menu. -->
-<!ENTITY browserToolboxMenu.label		"ブラウザツールボックス">
+<!ENTITY browserToolboxMenu.label		"ブラウザーツールボックス">
 <!ENTITY browserToolboxMenu.accesskey		"e">
 <!ENTITY browserToolboxCmd.commandkey		"I">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (browserContentToolboxMenu.label): This is the label for the
   -  application menu item that opens the browser content toolbox UI in the Tools menu.
   -  This toolbox allows to debug the chrome of the content process in multiprocess builds.  -->
-<!ENTITY browserContentToolboxMenu.label	"ブラウザコンテンツツールボックス">
+<!ENTITY browserContentToolboxMenu.label	"ブラウザーコンテンツツールボックス">
 <!ENTITY browserContentToolboxMenu.accesskey	"x">
 
 <!ENTITY devToolbarCloseButton.tooltiptext	"開発ツールバーを閉じます">
 <!ENTITY devToolbarMenu.label			"開発ツールバー">
 <!ENTITY devToolbarMenu.accesskey		"D">
 
 <!ENTITY webide.label				"WebIDE">
 <!ENTITY webide.accesskey			"W">
--- a/suite/chrome/common/console/console.properties
+++ b/suite/chrome/common/console/console.properties
@@ -9,9 +9,9 @@ errFile		=ソースファイル: %S
 errLine		=行: %S
 errLineCol	=行: %S, 列: %S
 errCode		=ソースコード:
 errTime		=タイムスタンプ: %S
 
 # LOCALIZATION NOTE (evaluationContextChanged): The message displayed when the
 # browser console's evaluation context (window against which input is evaluated)
 # changes.
-evaluationContextChanged	=コンソールの評価するコンテキストが変更されました。おそらく、ターゲットウィンドウが閉じられたかメインウィンドウをブラウザコンソールのウィンドウから開いたことが原因です。
+evaluationContextChanged	=コンソールの評価するコンテキストが変更されました。おそらく、ターゲットウィンドウが閉じられたかメインウィンドウをブラウザーコンソールのウィンドウから開いたことが原因です。
--- a/suite/chrome/common/defaultClientDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/common/defaultClientDialog.dtd
@@ -1,14 +1,14 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY defaultClient.title  "既定のクライアント">
 <!ENTITY defaultClient.intro  "&brandShortName; を 既定のクライアント に設定する:">
 
-<!ENTITY browser.label "ブラウザ">
+<!ENTITY browser.label "ブラウザー">
 <!ENTITY email.label "メール">
 <!ENTITY newsgroups.label "ニュース">
 <!ENTITY feeds.label "フィード">
 
 <!ENTITY checkOnStartup.label "&brandShortName; を起動するたびに確認する">
 <!ENTITY checkOnStartup.accesskey "A">
--- a/suite/chrome/common/gopherAddon.dtd
+++ b/suite/chrome/common/gopherAddon.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY loadError.label        "ページ読み込みエラー">
 <!ENTITY gopherAddon.title      "Gopher プロトコル">
 <!ENTITY gopherAddon.shortDesc  "gopher は登録されてないプロトコルです。">
-<!ENTITY gopherAddon.longDesc   "指定されたアドレスは現在サポートされていない gopher プロトコルです。ブラウザはサイトに接続できません。Mozilla Add-ons から互換性のあるアドオンをインストールすると、このサーバに接続できます。">
+<!ENTITY gopherAddon.longDesc   "指定されたアドレスは現在サポートされていない gopher プロトコルです。ブラウザーはサイトに接続できません。Mozilla Add-ons から互換性のあるアドオンをインストールすると、このサーバに接続できます。">
 <!ENTITY goToAddOn.label        "アドオンのページへ">
--- a/suite/chrome/common/openLocation.dtd
+++ b/suite/chrome/common/openLocation.dtd
@@ -7,16 +7,16 @@
 <!ENTITY enter.label "開くウェブページ (URL), またはローカルファイルを指定してください:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (enter.accesskey): should be present in both enter.label
      as defined above and attachEnterLabel as defined in
      openLocation.properties -->
 <!ENTITY enter.accesskey "E">
 <!ENTITY chooseFile.label "ファイルを選択...">
 <!ENTITY chooseFile.accesskey "C">
 <!ENTITY newPrivate.label "新しいプライベートウィンドウ">
-<!ENTITY newWindow.label "新しいブラウザウィンドウ">
-<!ENTITY newTab.label "新しいブラウザのタブ">
-<!ENTITY currentTab.label "現在のブラウザのタブ">
+<!ENTITY newWindow.label "新しいブラウザーウィンドウ">
+<!ENTITY newTab.label "新しいブラウザーのタブ">
+<!ENTITY currentTab.label "現在のブラウザーのタブ">
 <!ENTITY editNewWindow.label "新しい Composer ウィンドウ">
 <!ENTITY open.label "開く">
 <!ENTITY caption.label "ウェブページを開く">
 <!ENTITY openWhere.label "次の場所に開く:">
 <!ENTITY openWhere.accesskey "O">
--- a/suite/chrome/common/openLocation.properties
+++ b/suite/chrome/common/openLocation.properties
@@ -3,9 +3,9 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 attachTitle=ウェブページの添付
 # LOCALIZATION NOTE (attachEnterLabel): should contain "enter.accesskey"
 # as defined in openLocation.dtd
 attachEnterLabel=URL を入力するか、添付したいローカルファイルを指定してください:
 attachButtonLabel=添付
 chooseFileDialogTitle=ファイルの選択
-existingNavigatorWindow=既存のブラウザウィンドウ
+existingNavigatorWindow=既存のブラウザーウィンドウ
--- a/suite/chrome/common/permissions/permissionsManager.dtd
+++ b/suite/chrome/common/permissions/permissionsManager.dtd
@@ -8,12 +8,12 @@
 <!ENTITY remove.label                   "サイトを削除">
 <!ENTITY remove.accesskey               "R">
 <!ENTITY removeall.label                "すべてのサイトを削除">
 <!ENTITY removeall.accesskey            "e">
 <!ENTITY address.label                  "ウェブサイトの URL:">
 <!ENTITY address.accesskey              "d">
 <!ENTITY block.label                    "拒否">
 <!ENTITY block.accesskey                "B">
-<!ENTITY session.label                  "受け入れるが、ブラウザ終了時にリセット">
+<!ENTITY session.label                  "受け入れるが、ブラウザー終了時にリセット">
 <!ENTITY session.accesskey              "S">
 <!ENTITY allow.label                    "許可">
 <!ENTITY allow.accesskey                "A">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-appearance.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-appearance.dtd
@@ -4,17 +4,17 @@
 
 <!--LOCALIZATION NOTE : FILE The Appearance prefs dialog.  -->
 
 <!ENTITY pref.appearance.title "表示">
 <!--LOCALIZATION NOTE (onStartLegend.label): Don't translate "&brandShortName;".
     Place &brandShortName; in the phrase where the name of the application should appear
 -->
 <!ENTITY onStartLegend.label                    "&brandShortName; の起動時に開く">
-<!ENTITY navCheck.label                         "ブラウザ">
+<!ENTITY navCheck.label                         "ブラウザー">
 <!ENTITY navCheck.accesskey                     "B">
 <!ENTITY showToolsLegend.label                  "ツールバーの表示">
 <!ENTITY picsNtextRadio.label                   "絵と文字">
 <!ENTITY picsNtextRadio.accesskey               "P">
 <!ENTITY picsOnlyRadio.label                    "絵のみ">
 <!ENTITY picsOnlyRadio.accesskey                "o">
 <!ENTITY textonlyRadio.label                    "文字のみ">
 <!ENTITY textonlyRadio.accesskey                "x">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-content.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-content.dtd
@@ -28,15 +28,15 @@
 <!ENTITY maxZoom.label				"から">
 <!ENTITY maxZoom.accesskey			"o">
 <!ENTITY percent.label				"&#37;">
 
 <!ENTITY siteSpecific.label			"サイト別のズームレベルを記憶する">
 <!ENTITY siteSpecific.accesskey			"m">
 <!ENTITY textZoomOnly.label			"テキストだけをズームする">
 <!ENTITY textZoomOnly.accesskey			"Z">
-<!ENTITY enableAutomaticImageResizing.label	"大きな画像をブラウザウィンドウに合わせて縮小表示する">
+<!ENTITY enableAutomaticImageResizing.label	"大きな画像をブラウザーウィンドウに合わせて縮小表示する">
 <!ENTITY enableAutomaticImageResizing.accesskey	"R">
 
 <!ENTITY allowHWAccel.label			"ハードウェアアクセラレーション機能を使用する (可能な場合)">
 <!ENTITY allowHWAccel.accesskey			"e">
 <!ENTITY blockAutoRefresh.label			"ウェブページが自動的に転送や再読み込みさせようとしたときに警告する">
 <!ENTITY blockAutoRefresh.accesskey		"W">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-cookies.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-cookies.dtd
@@ -20,17 +20,17 @@
 <!ENTITY accAllCookies.label		"すべての Cookie を許可する">
 <!ENTITY accAllCookies.accesskey	"c">
 
 <!ENTITY cookieRetentionPolicy.label	"Cookie 保持ポリシー">
 
 <!ENTITY acceptNormally.label		"すべての Cookie を許可する (サイト管理者の指示に従う)">
 <!ENTITY acceptNormally.accesskey	"n">
 
-<!ENTITY acceptForSession.label		"現在のセッションのみ許可する (ブラウザ終了時にリセット)">
+<!ENTITY acceptForSession.label		"現在のセッションのみ許可する (ブラウザー終了時にリセット)">
 <!ENTITY acceptForSession.accesskey	"s">
 
 <!ENTITY acceptforNDays.label		"有効期限を指定する:">
 <!ENTITY acceptforNDays.accesskey	"f">
 <!ENTITY days.label			"日">
 
 <!ENTITY manageCookies.label		"Cookie とサイト設定の管理">
 <!ENTITY manageCookiesDescription.label	"Cookie マネージャは、保存されている Cookie を整理したりサイト設定を見直したりできます。また、上記の設定に関係なく、サイト別の設定を追加することもできます。">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-http.dtd
@@ -14,13 +14,13 @@
 <!ENTITY prefEnableHTTP11.accesskey          "E">
 <!ENTITY prefEnableHTTP11Proxy.accesskey     "T">
 <!ENTITY prefEnablePipelining.label          "パイプラインを有効にする">
 <!ENTITY prefEnablePipelining.accesskey      "P">
 <!ENTITY prefEnablePipeliningProxy.accesskey "N">
 <!ENTITY prefPara                            "これらのオプションで HTTP 接続のパフォーマンスや互換性を向上させることができます。いくつかのプロキシサーバは、例えば HTTP/1.0 を要求することが知られています (詳細はリリースノートを参照してください)。">
 <!ENTITY prefPipeWarning                     "警告: パイプラインは実験的な機能です。この機能を利用するとページの読み込み速度が向上しますが、一部のウェブサーバやプロキシではサポートされておらず、それらの不具合によって速度が低下したり全く接続できなったりすることがあります。">
 <!ENTITY prefUseragent.label                 "ユーザエージェント文字列の設定">
-<!ENTITY prefFirefoxCompat.label             "ユーザエージェントに Firefox 互換ブラウザであることを追記する"><!--Advertise Firefox compatibility-->
+<!ENTITY prefFirefoxCompat.label             "ユーザエージェントに Firefox 互換ブラウザーであることを追記する"><!--Advertise Firefox compatibility-->
 <!ENTITY prefFirefoxCompat.accesskey         "F">
 <!ENTITY prefLightningShow.label             "Lightning のインストールを宣伝する">
 <!ENTITY prefLightningShow.accesskey         "L">
 <!ENTITY prefCompatWarning                   "警告: この設定を無効にするとウェブサイトやサービスが正しく動作しなくなる可能性があります。">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-navigator.dtd
@@ -1,17 +1,17 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY pref.navigator.title           "ブラウザ">
+<!ENTITY pref.navigator.title           "ブラウザー">
 
 <!ENTITY navRadio.label                 "次の場合:">
 <!ENTITY navRadio.accesskey             "n">
-<!ENTITY navStartPageMenu.label         "ブラウザの起動時">
+<!ENTITY navStartPageMenu.label         "ブラウザーの起動時">
 <!ENTITY newWinPageMenu.label           "新しいウィンドウを開いたとき">
 <!ENTITY newTabPageMenu.label           "新しいタブを開いたとき">
 
 <!ENTITY blankPageRadio.label           "空白ページを表示する">
 <!ENTITY blankPageRadio.accesskey       "B">
 <!ENTITY homePageRadio.label            "ホームページを表示する">
 <!ENTITY homePageRadio.accesskey        "m">
 <!ENTITY lastPageRadio.label            "最後に訪問したページを表示する">
@@ -36,15 +36,15 @@
 <!ENTITY useCurrent.accesskey           "U">
 <!ENTITY useCurrentGroup.label          "現在のページのグループを使用">
 <!ENTITY useCurrentGroup.accesskey      "G">
 <!ENTITY browseFile.label               "ファイルを選択...">
 <!ENTITY browseFile.accesskey           "C">
 <!ENTITY useDefault.label               "初期設定に戻す">
 <!ENTITY useDefault.accesskey           "R">
 
-<!ENTITY defaultBrowserGroup.label      "既定のブラウザ">
-<!ENTITY defaultBrowserButton.label     "既定のブラウザに設定">
+<!ENTITY defaultBrowserGroup.label      "既定のブラウザー">
+<!ENTITY defaultBrowserButton.label     "既定のブラウザーに設定">
 <!ENTITY defaultBrowserButton.accesskey "D">
-<!ENTITY alreadyDefaultText             "&brandShortName; はすでに既定のブラウザに設定されています。">
-<!ENTITY defaultPendingText             "OK をクリックすると &brandShortName; は既定のブラウザに設定されます。">
-<!ENTITY wasMadeDefaultText             "&brandShortName; は既定のブラウザに設定されています。">
-<!ENTITY makeDefaultText                "&brandShortName; を既定のブラウザに設定します。">
+<!ENTITY alreadyDefaultText             "&brandShortName; はすでに既定のブラウザーに設定されています。">
+<!ENTITY defaultPendingText             "OK をクリックすると &brandShortName; は既定のブラウザーに設定されます。">
+<!ENTITY wasMadeDefaultText             "&brandShortName; は既定のブラウザーに設定されています。">
+<!ENTITY makeDefaultText                "&brandShortName; を既定のブラウザーに設定します。">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-scripts.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-scripts.dtd
@@ -2,17 +2,17 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from content/pref-scripts.xul -->
 
 <!--LOCALIZATION NOTE : FILE The 'Scripts & Plugins' preferences dialog -->
 <!ENTITY pref.scripts.title			"スクリプトとプラグイン">
 
-<!ENTITY navigator.label			"ブラウザ">
+<!ENTITY navigator.label			"ブラウザー">
 <!ENTITY navigator.accesskey			"B">
 
 <!--LOCALIZATION NOTE (enableJavaScript.label): 'JavaScript' should never be translated -->
 <!ENTITY enableJavaScript.label			"JavaScript を有効にする:">
 <!ENTITY allowScripts.label			"以下のスクリプトを許可する:">
 <!ENTITY allowScripts.accesskey			"s">
 <!ENTITY allowWindowMoveResize.label		"ウィンドウの移動または大きさを変更する">
 <!ENTITY allowWindowFlip.label			"ウィンドウのフォーカス (前面か背面か) を切り換える">
--- a/suite/chrome/common/pref/preferences.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/preferences.dtd
@@ -6,17 +6,17 @@
 <!ENTITY prefWindow.title "設定">
 <!ENTITY categoryHeader "カテゴリ">
 <!ENTITY appear.label "表示">
 <!ENTITY content.label "コンテンツ">
 <!ENTITY fonts.label "フォント">
 <!ENTITY colors.label "配色">
 <!ENTITY spellingPane.label "スペルチェック">
 
-<!ENTITY navigator.label "ブラウザ">
+<!ENTITY navigator.label "ブラウザー">
 <!ENTITY history.label "履歴">
 <!ENTITY languages.label "言語">
 <!ENTITY applications.label "ヘルパーアプリケーション">
 <!ENTITY locationBar.label "アドレスバー">
 <!ENTITY search.label "インターネット検索">
 <!ENTITY tabWindows.label "タブブラウズ">
 <!ENTITY links.label "リンクの動作">
 <!ENTITY download.label "ダウンロード">
--- a/suite/chrome/common/quitDialog.properties
+++ b/suite/chrome/common/quitDialog.properties
@@ -5,23 +5,23 @@
 # Strings for the Quit, Restart, and Close-browser dialogs
 # used by _onQuitRequest() in nsSuiteGlue.js
 
 # LOCALIZATION NOTE:
 # %S (also in the messages further down)
 # is the application's short name (e.g. SeaMonkey)
 # from the brand.properties file
 quitDialogTitle		= %S の終了確認
-lastwindowDialogTitle	= %S ブラウザの閉じ確認
+lastwindowDialogTitle	= %S ブラウザーの閉じ確認
 restartDialogTitle	= %S の再起動確認
 
 restartNowTitle		= 今すぐ再起動(&R)
 restartLaterTitle	= あとで再起動(&L)
 quitTitle		= 終了(&Q)
-lastwindowTitle		= ブラウザを閉じる(&B)
+lastwindowTitle		= ブラウザーを閉じる(&B)
 cancelTitle		= キャンセル(&C)
 # LOCALIZATION NOTE:
 # The following two strings are labels for the same button, depending on
 # whether we are quitting the whole Suite, or only the Browser
 saveTitle		= 保存して終了(&S)
 savelastwindowTitle	= 保存して閉じる(&S)
 neverAsk		= 次回からは確認しない
 message			= %1$0.S次回起動時に復元できるように、開いているタブやウィンドウを保存しておきますか?
--- a/suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncSetup.dtd
@@ -94,24 +94,24 @@
 <!ENTITY engine.tabs.accesskey      "T">
 <!ENTITY engine.history.label       "履歴">
 <!ENTITY engine.history.accesskey   "r">
 <!ENTITY engine.passwords.label     "パスワード">
 <!ENTITY engine.passwords.accesskey "P">
 <!ENTITY engine.prefs.label         "個人設定">
 <!ENTITY engine.prefs.accesskey     "e">
 
-<!ENTITY choice2.merge.main.label      "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
+<!ENTITY choice2.merge.main.label      "このパソコンのブラウザーデータを、サーバに保存されているデータと統合する">
 <!ENTITY choice2.merge.recommended.label "推奨:">
-<!ENTITY choice2.client.main.label     "このパソコンのブラウザデータを、サーバに保存されている &syncBrand.shortName.label; データと置き換える">
-<!ENTITY choice2.server.main.label     "他のすべての端末のブラウザデータを、このパソコンのデータと置き換える">
+<!ENTITY choice2.client.main.label     "このパソコンのブラウザーデータを、サーバに保存されている &syncBrand.shortName.label; データと置き換える">
+<!ENTITY choice2.server.main.label     "他のすべての端末のブラウザーデータを、このパソコンのデータと置き換える">
 
 <!-- Confirm Merge Options -->
 <!ENTITY setup.optionsConfirmPage.title        "確認">
-<!ENTITY confirm.merge.label          "このパソコンのすべてのブラウザデータは、サーバに保存されているあなたの Sync アカウントのデータと統合されます。">
-<!ENTITY confirm.client2.label         "警告: このパソコンのブラウザデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
+<!ENTITY confirm.merge.label          "このパソコンのすべてのブラウザーデータは、サーバに保存されているあなたの Sync アカウントのデータと統合されます。">
+<!ENTITY confirm.client2.label         "警告: このパソコンのブラウザーデータは、以下の情報を含め、すべて削除されます:">
 <!ENTITY confirm.client.moreinfo.label "その後、サーバに保存されているあなたの &syncBrand.fullName.label; データがこのパソコンへコピーされます。">
-<!ENTITY confirm.server2.label         "警告: 以下の端末のブラウザデータが、このパソコンのデータで上書きされます:">
+<!ENTITY confirm.server2.label         "警告: 以下の端末のブラウザーデータが、このパソコンのデータで上書きされます:">
 
 <!-- New & Existing Account: Setup Complete -->
 <!ENTITY setup.successPage.title "セットアップが完了しました">
 <!ENTITY changeOptions.label "この設定は、下の Sync オプションを選択することで変更できます。">
 <!ENTITY continueUsing.label "今から &brandShortName; を使い続けることができます。">
--- a/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
+++ b/suite/chrome/common/sync/syncSetup.properties
@@ -34,17 +34,17 @@ historyDaysCount.label      = #1 日分の履歴
 passwordsCount.label        = #1 個のパスワード
 # LOCALIZATION NOTE (addonsCount.label):
 # #1 is the number of add-ons, see the link above for forms
 addonsCount.label           = #1 個のアドオン
 
 save.recoverykey.title = リカバリキーの保存
 save.recoverykey.defaultfilename = SeaMonkey Recovery Key.xhtml
 
-newAccount.action.label = SeaMonkey Sync は、すべてのブラウザデータを自動的に同期するよう設定されました。
+newAccount.action.label = SeaMonkey Sync は、すべてのブラウザーデータを自動的に同期するよう設定されました。
 newAccount.change.label = 下の Sync オプションで、同期する項目を個別に選択することもできます。
-resetClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
-wipeClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
-wipeRemote.change.label = SeaMonkey Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザデータを、このパソコン上のデータで置き換えます。
+resetClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザーデータを、あなたの Sync アカウントへ統合します。
+wipeClient.change.label = SeaMonkey Sync は、このパソコン上のすべてのブラウザーデータを、あなたの Sync アカウントに保存されているデータで置き換えます。
+wipeRemote.change.label = SeaMonkey Sync は、あなたの Sync アカウントに保存されているすべてのブラウザーデータを、このパソコン上のデータで置き換えます。
 existingAccount.change.label = この設定は下の Sync オプションで変更できます。
 
 # Several other strings are used (via Weave.Status.login), but they come from
 #  /services/sync
--- a/suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/tasksOverlay.dtd
@@ -1,27 +1,27 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from tasksOverlay.xul -->
-<!ENTITY navigatorCmd.label "ブラウザ">
+<!ENTITY navigatorCmd.label "ブラウザー">
 <!ENTITY navigatorCmd.accesskey "B">
 <!ENTITY navigatorCmd.commandkey "1">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (editorCmd.label): DONT_TRANSLATE -->
 <!ENTITY editorCmd.label "Composer">
 <!ENTITY editorCmd.accesskey "c">
 <!ENTITY editorCmd.commandkey "4">
 
 <!ENTITY errorConsoleCmd.label		"エラーコンソール">
 <!ENTITY errorConsoleCmd.accesskey	"C">
 <!ENTITY errorConsoleCmd.commandkey	"j">
 
 <!ENTITY taskComposer.tooltip "Composer">
-<!ENTITY taskNavigator.tooltip "ブラウザ">
+<!ENTITY taskNavigator.tooltip "ブラウザー">
 
 <!ENTITY webDevelopment.label "ウェブ開発">
 <!ENTITY webDevelopment.accesskey "W">
 
 <!ENTITY windowMenu.label "ウィンドウ">
 <!ENTITY windowMenu.accesskey "W">
 
 <!ENTITY tasksMenu.label "ツール">
@@ -30,17 +30,17 @@
 <!ENTITY datamanCmd.label "データマネージャ">
 <!ENTITY datamanCmd.accesskey "D">
 
 <!ENTITY passwordManagerCmd.label "パスワードマネージャ">
 <!ENTITY passwordManagerCmd.accesskey "P">
 
 <!ENTITY passwordDisplayCmd.label "保存されているパスワードを管理">
 <!ENTITY passwordDisplayCmd.accesskey "M">
- 
+
 <!ENTITY passwordExpireCmd.label "ログアウト">
 <!ENTITY passwordExpireCmd.accesskey "l">
 
 <!ENTITY downloadManagerCmd.label "ダウンロードマネージャ">
 <!ENTITY downloadManagerCmd.accesskey "n">
 <!ENTITY downloadManagerCmd.commandkey "j">
 
 <!ENTITY addOnsManagerCmd.label "アドオンマネージャ">
--- a/suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/utilityOverlay.dtd
@@ -1,30 +1,30 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- these things need to move into utilityOverlay.xul -->
 <!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.label	"オフラインにする">
 <!ENTITY  offlineGoOfflineCmd.accesskey	"k">
 
-<!-- LOCALIZATION NOTE : FILE This file contains the global menu items --> 
+<!-- LOCALIZATION NOTE : FILE This file contains the global menu items -->
 
 <!ENTITY fileMenu.label			"ファイル">
 <!ENTITY fileMenu.accesskey		"F">
 <!ENTITY newMenu.label			"新規作成">
 <!ENTITY newMenu.accesskey		"N">
 <!ENTITY newBlankPageCmd.label		"ページを作成">
 <!ENTITY newBlankPageCmd.accesskey	"P">
 <!ENTITY newBlankPageCmd.key		"n">
 <!ENTITY newPageFromTemplateCmd.label	"テンプレートからページを作成">
 <!ENTITY newPageFromTemplateCmd.accesskey	"t">
 <!ENTITY newPageFromDraftCmd.label	"下書きからページを作成">
 <!ENTITY newPageFromDraftCmd.accesskey	"d">
-<!ENTITY newNavigatorCmd.label		"ブラウザウィンドウ">
+<!ENTITY newNavigatorCmd.label		"ブラウザーウィンドウ">
 <!ENTITY newNavigatorCmd.key		"N">
 <!ENTITY newNavigatorCmd.accesskey	"B">
 <!ENTITY newPrivateWindowCmd.label	"プライベートウィンドウ">
 <!ENTITY newPrivateWindowCmd.key	"B">
 <!ENTITY newPrivateWindowCmd.accesskey	"W">
 <!ENTITY printSetupCmd.label		"ページ設定...">
 <!ENTITY printSetupCmd.accesskey	"u">
 <!ENTITY printPreviewCmd.label		"印刷プレビュー">
--- a/suite/chrome/mailnews/msgHdrViewPopup.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgHdrViewPopup.dtd
@@ -10,20 +10,20 @@
 <!ENTITY ViewContact.label                 "連絡先を表示">
 <!ENTITY ViewContact.accesskey             "V">
 <!ENTITY SendMailTo.label                  "メッセージを作成...">
 <!ENTITY SendMailTo.accesskey              "s">
 <!ENTITY CopyEmailAddress.label            "メールアドレスをコピー">
 <!ENTITY CopyEmailAddress.accesskey        "C">
 <!ENTITY CreateFilterFrom.label            "フィルタを作成...">
 <!ENTITY CreateFilterFrom.accesskey        "F">
-<!ENTITY openInBrowser.label               "ブラウザで開く">
+<!ENTITY openInBrowser.label               "ブラウザーで開く">
 <!ENTITY openInBrowser.accesskey           "O">
 <!ENTITY bookmarkLinkCmd.label             "リンクをブックマークに追加...">
 <!ENTITY bookmarkLinkCmd.accesskey         "B">
 <!ENTITY copyLinkCmd.label                 "リンクの URL をコピー">
 <!ENTITY copyLinkCmd.accesskey             "C">
 <!ENTITY CopyMessageId.label               "メッセージ ID をコピー">
 <!ENTITY CopyMessageId.accesskey           "C">
 <!ENTITY OpenMessageForMsgId.label         "次の ID のメッセージを開く">
 <!ENTITY OpenMessageForMsgId.accesskey     "O">
-<!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.label        "次のメッセージ ID をブラウザで開く">
+<!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.label        "次のメッセージ ID をブラウザーで開く">
 <!ENTITY OpenBrowserWithMsgId.accesskey    "B">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
@@ -14,17 +14,17 @@
 <!ENTITY defaultMailSettings.description  "&brandShortName; を以下の既定のアプリケーションに設定する:">
 <!ENTITY setDefaultMail.label             "メール">
 <!ENTITY setDefaultMail.accesskey         "M">
 <!ENTITY setDefaultNews.label             "ニュース">
 <!ENTITY setDefaultNews.accesskey         "N">
 <!ENTITY setDefaultFeed.label             "フィード (RSS)">
 <!ENTITY setDefaultFeed.accesskey         "e">
 
-<!ENTITY useInternalSettings.description  "ブラウザで以下のリンクを開くときに &brandShortName; のメールとニュースを使用する:">
+<!ENTITY useInternalSettings.description  "ブラウザーで以下のリンクを開くときに &brandShortName; のメールとニュースを使用する:">
 <!ENTITY useInternalMail.label            "メール (mailto:)">
 <!ENTITY useInternalMail.accesskey        "a">
 <!ENTITY useInternalNews.label            "ニュース (news:, snews:, nntp:)">
 <!ENTITY useInternalNews.accesskey        "s">
 
 <!ENTITY messengerStartPage.caption       "メールスタートページ">
 <!ENTITY enableStartPage.label            "起動時にメッセージペインにスタートページを表示する">
 <!ENTITY enableStartPage.accesskey        "W">
--- a/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
@@ -88,17 +88,17 @@ Ping
   Telemetry ログ
 ">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.slowSqlSection "
   動作の遅い SQL ステートメント
 ">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.chromeHangsSection "
-  ブラウザの動作停止
+  ブラウザーの動作停止
 ">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.threadHangStatsSection "
   スレッドの停止
 ">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.scalarsSection "
   スカラー
--- a/toolkit/chrome/global/console.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/console.properties
@@ -9,9 +9,9 @@ errFile		= ソースファイル: %S
 errLine		= 行: %S
 errLineCol	= 行: %S, 列: %S
 errCode		= ソースコード:
 errTime		= 時刻: %S
 
 # LOCALIZATION NOTE (evaluationContextChanged): The message displayed when the
 # browser console's evaluation context (window against which input is evaluated)
 # changes.
-evaluationContextChanged	= ターゲットウィンドウが閉じられたかメインウィンドウをブラウザコンソールのウィンドウから開いたため、コンソールの評価コンテキストが変更されました。
+evaluationContextChanged	= ターゲットウィンドウが閉じられたかメインウィンドウをブラウザーコンソールのウィンドウから開いたため、コンソールの評価コンテキストが変更されました。
--- a/toolkit/chrome/global/resetProfile.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/resetProfile.dtd
@@ -1,15 +1,15 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this file,
    - You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.  -->
 
 <!ENTITY refreshProfile.dialog.title		"&brandShortName; のリフレッシュ">
 <!ENTITY refreshProfile.dialog.description1	"初期状態にリフレッシュして問題解決およびパフォーマンスを改善します。">
 <!ENTITY refreshProfile.dialog.description2	"この操作は:">
 <!ENTITY refreshProfile.dialog.items.label1	"アドオンとカスタマイズした設定を削除します">
-<!ENTITY refreshProfile.dialog.items.label2	"ブラウザ設定を既定値に戻します">
+<!ENTITY refreshProfile.dialog.items.label2	"ブラウザー設定を既定値に戻します">
 <!ENTITY refreshProfile.dialog.button.label	"&brandShortName; をリフレッシュ">
 
 <!ENTITY refreshProfile.title			"&brandShortName; の性能改善">
 <!ENTITY refreshProfile.button.label		"&brandShortName; をリフレッシュ...">
 
 <!ENTITY refreshProfile.cleaning.description	"まもなく完了します...">