apply new style of terms to extensions/irc: Web
authorABE Hiroki (hATrayflood)
Mon, 31 Oct 2016 13:43:35 +0900
changeset 2195 70830a17927c4073b82c71d3a6b98d4f6f2ab8d0
parent 2194 8f7c791d9794682683570208ba65295df20f675b
child 2196 b6f6966e44172aef209cc05587a1582ef025ef29
push id1177
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 14 Nov 2016 12:39:57 +0000
apply new style of terms to extensions/irc: Web
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -769,20 +769,20 @@ cmd.usermode.params =[<new-mode>]
 cmd.usermode.help   =現在のユーザモードを <new-mode> に変更または表示します。
 
 cmd.user-motif.params =[<motif> [<user>]]
 cmd.user-motif.help   =<user> で指定したユーザのメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。<motif> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<user> を省略した場合は、現在のユーザに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。
 
 cmd.user-pref.params =[<pref-name> [<pref-value>]]
 cmd.user-pref.help   =<pref-name> に指定した環境設定の値をユーザ <user> の設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定を既定値に戻します。
 
-cmd.websearch.help   =現在選択されているテキストを Web 検索します。
+cmd.websearch.help   =現在選択されているテキストをウェブ検索します。
 cmd.websearch.params =<selected-text>
-cmd.websearch.format ="$selectedText" を Web 検索"
-cmd.websearch.label  =Web 検索
+cmd.websearch.format ="$selectedText" をウェブ検索"
+cmd.websearch.label  =ウェブ検索
 
 cmd.version.label  =バージョン情報を取得
 #cmd.version.accesskey =V
 cmd.version.params =[<nickname>]
 cmd.version.help   =使用している IRC クライアントをニックネーム <nickname> に問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示しません。<nickname> を指定しない場合、ChatZilla はサーバが使用中の IRC サーバソフトウェアのバージョンを問い合わせます。
 
 cmd.voice.label  =発言権限を与える
 cmd.voice.params =<nickname> [<...>]
@@ -1051,17 +1051,17 @@ msg.networks.heada    =利用可能なネットワークは [
 msg.networks.headb    =] です。
 msg.messages.cleared  =メッセージはクリアされました。
 msg.match.unchecked   =(未チェックのユーザ: %S 人)
 msg.matching.nicks    =次のユーザがクエリと合致します: %S. %S
 msg.no.matching.nicks =クエリと合致するユーザはいません。 %S
 msg.commands.header   =コマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.matching.commands =パターン ``%S'' と合致する現在実装されているコマンドは [%S] です。\nコマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
 msg.all.commands      =現在実装されているコマンドは [%S] です。
-msg.help.intro        =さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使用すると、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプ Web サイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla の使用時に関するよくある質問と回答があります。\n  - ChatZilla サポートチャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
+msg.help.intro        =さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使用すると、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプウェブサイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla の使用時に関するよくある質問と回答があります。\n  - ChatZilla サポートチャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
 msg.about.version     ="%S [[詳細][ChatZilla についてのダイアログに詳細があります][%S]]
 msg.about.homepage    =詳しくは ChatZilla ホームページ <http://chatzilla.hacksrus.com/> を参照してください。
 msg.newnick.you       =あなたは現在 %S として識別されています。
 msg.newnick.notyou    ="%S は現在 %S として識別されています。
 msg.view.hidden       ="%S (非表示)
 
 msg.localeurl.homepage  =http://chatzilla.hacksrus.com/
 msg.localeurl.faq       =http://chatzilla.hacksrus.com/faq/
@@ -1681,17 +1681,17 @@ pref.munger.channel-link.help   =""#channel" をそのチャンネルへのリンクに変換します。
 pref.munger.colorCodes.label    =mIRC 配色
 pref.munger.colorCodes.help     =チャットテキストの色付き表示を、そのほかの mIRC コード (太字や下線付き) とともに有効にします。無効に設定すると ChatZilla はコードを無視します。
 pref.munger.ctrl-char.label     =制御文字
 pref.munger.ctrl-char.help      =ChatZilla が理解しない制御文字でも表示します。
 pref.munger.face.label          =顔アイコン (Emoticon)
 pref.munger.face.help           =:-) や ;-) などの一般的な顔文字を画像で表示します。
 pref.munger.italic.label        =イタリック体
 pref.munger.italic.help         =スラッシュで囲まれたテキスト (例: /イタリック体/) をイタリック体として表示します。
-pref.munger.link.label          =Web リンク
+pref.munger.link.label          =ウェブリンク
 pref.munger.link.help           =URL と思われるテキストをリンクに変換します。
 pref.munger.mailto.label        =メールリンク
 pref.munger.mailto.help         =メールアドレスと思われるテキストをリンクに変換します。
 pref.munger.quote.label         =全角クオート
 pref.munger.quote.help          =クオート `` を “ に、'' を ” に置き換えます。
 pref.munger.rheet.label         =Rheet
 pref.munger.rheet.help          =""rheet" をリンクに変換します (Mozilla.org ならではの機能です)。
 pref.munger.talkback-link.label =Talkback リンク
@@ -1719,18 +1719,18 @@ pref.outgoing.colorCodes.help   =カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使用して送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
 pref.outputWindowURL.label      =出力ウィンドウ
 pref.outputWindowURL.help       =あなたはこれを変更したくはないと思います。チャットビューは、メッセージ本体やヘッダなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウィンドウを表示することさえあります!
 pref.profilePath.label          =プロファイルのパス
 pref.profilePath.help           =ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリに保存します。
 pref.proxy.typeOverride.label   =プロキシの種類
 pref.proxy.typeOverride.help    =ここに "http" を指定すると、ブラウザの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
 pref.reconnect.label            =予期せずに切断したとき再接続する
 pref.reconnect.help             =接続が予期せずに失われた場合、ChatZilla はそのサーバに自動的に再接続できます。
-pref.websearch.url.label        =Web 検索 URL
-pref.websearch.url.help         =Web 検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメータ %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザプラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
+pref.websearch.url.label        =ウェブ検索 URL
+pref.websearch.url.help         =ウェブ検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメータ %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザプラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
 pref.showModeSymbols.label      =ユーザモードを記号で表示する
 pref.showModeSymbols.help       =ユーザリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使用するかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
 pref.sortUsersByMode.label      =ユーザをモードで並べ替える
 pref.sortUsersByMode.help       =ユーザリストをユーザのモードで並べ替えて、上から op、half-op (サーバがサポートしていれば)、voice、その他、の順にします。
 pref.sound.enabled.label        =有効にする
 pref.sound.enabled.help         =音声を鳴らすとき選択し、すべての音声をオフにするときには選択を解除します。オン/オフ以外の細かな設定はできません。
 pref.sound.overlapDelay.label   =間隔
 pref.sound.overlapDelay.help    =同じイベントが続いたときに、2 つめの音声を鳴らすまでの間隔を指定します。既定値は 2000ms (2 秒) になっていますが、例えば追跡する単語の合致が 2 秒以内に生じたときには、最初の音声しか鳴りません。