apply new style of terms: folder
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Mon, 13 Feb 2017 18:30:44 +0900
changeset 2273 3ba5611ca18dd84c7e859a6b77b786ed0517fee0
parent 2272 84c70328f94cd8642f2287b10d809956f6b5d78b
child 2274 352e2ee8c23ae94c29e1f80810f2449ef5d2f88b
push id1207
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateMon, 13 Feb 2017 09:31:04 +0000
apply new style of terms: folder
browser/chrome/browser/browser.properties
browser/chrome/browser/downloads/downloads.dtd
browser/chrome/browser/pageInfo.properties
browser/chrome/browser/places/bookmarkProperties.properties
browser/chrome/browser/places/editBookmarkOverlay.dtd
browser/chrome/browser/places/moveBookmarks.dtd
browser/chrome/browser/places/places.dtd
browser/chrome/browser/places/places.properties
browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
browser/chrome/browser/preferences/selectBookmark.dtd
browser/installer/custom.properties
browser/installer/mui.properties
browser/installer/nsisstrings.properties
browser/installer/override.properties
devtools/client/app-manager.properties
devtools/client/projecteditor.properties
devtools/client/webide.properties
devtools/shared/gclicommands.properties
dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
mail/chrome/messenger/FilterListDialog.dtd
mail/chrome/messenger/SearchDialog.dtd
mail/chrome/messenger/aboutDownloads.dtd
mail/chrome/messenger/accountCreation.dtd
mail/chrome/messenger/accountCreation.properties
mail/chrome/messenger/activity.properties
mail/chrome/messenger/am-archiveoptions.dtd
mail/chrome/messenger/am-copies.dtd
mail/chrome/messenger/am-identity-edit.dtd
mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
mail/chrome/messenger/am-mdn.dtd
mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
mail/chrome/messenger/am-server-top.dtd
mail/chrome/messenger/filter.properties
mail/chrome/messenger/folderProps.dtd
mail/chrome/messenger/folderWidgets.properties
mail/chrome/messenger/gloda.properties
mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
mail/chrome/messenger/junkMailInfo.dtd
mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
mail/chrome/messenger/messenger.dtd
mail/chrome/messenger/messenger.properties
mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
mail/chrome/messenger/migration/migration.properties
mail/chrome/messenger/msgAccountCentral.dtd
mail/chrome/messenger/msgSynchronize.dtd
mail/chrome/messenger/msgViewPickerOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/newFolderDialog.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/applications.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
mail/chrome/messenger/prefs.properties
mail/chrome/messenger/quickFilterBar.dtd
mail/chrome/messenger/removeAccount.dtd
mail/chrome/messenger/renameFolderDialog.dtd
mail/chrome/messenger/subscribe.dtd
mail/chrome/messenger/subscribe.properties
mail/chrome/messenger/virtualFolderListDialog.dtd
mail/chrome/messenger/virtualFolderProperties.dtd
mail/installer/custom.properties
mail/installer/mui.properties
mail/installer/override.properties
suite/chrome/browser/pageInfo.properties
suite/chrome/common/bookmarks/bm-props.properties
suite/chrome/common/bookmarks/editBookmarkOverlay.dtd
suite/chrome/common/bookmarks/moveBookmarks.dtd
suite/chrome/common/bookmarks/places.dtd
suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
suite/chrome/common/downloads/progressDialog.dtd
suite/chrome/common/migration/migration.properties
suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
suite/chrome/common/pref/pref-download.dtd
suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
suite/chrome/common/profile/profileSelection.properties
suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
suite/chrome/mailnews/FilterListDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/SearchDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/filter.properties
suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
suite/chrome/mailnews/folderWidgets.properties
suite/chrome/mailnews/folderpane.dtd
suite/chrome/mailnews/gloda.properties
suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/junkMailInfo.dtd
suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
suite/chrome/mailnews/messenger.properties
suite/chrome/mailnews/msgAccountCentral.dtd
suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/msgSynchronize.dtd
suite/chrome/mailnews/msgViewPickerOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/newFolderDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-archiveoptions.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-copies.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-mdn.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-junk.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-offline.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.dtd
suite/chrome/mailnews/renameFolderDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/subscribe.dtd
suite/chrome/mailnews/subscribe.properties
suite/chrome/mailnews/threadpane.dtd
suite/chrome/mailnews/virtualFolderListDialog.dtd
suite/chrome/mailnews/virtualFolderProperties.dtd
suite/installer/windows/custom.properties
suite/installer/windows/mui.properties
suite/installer/windows/override.properties
toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
toolkit/chrome/global/filepicker.dtd
toolkit/chrome/global/filepicker.properties
toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.dtd
toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
toolkit/chrome/mozapps/profile/createProfileWizard.dtd
toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
--- a/browser/chrome/browser/browser.properties
+++ b/browser/chrome/browser/browser.properties
@@ -13,17 +13,17 @@ droponhomemsgMultiple	=これらのウェブページまたはファイルを新しいホームページに設定します。よろしいですか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (contextMenuSearch): %1$S is the search engine,
 # %2$S is the selection string.
 contextMenuSearch			=%1$S で検索: "%2$S"
 contextMenuSearch.accesskey		=S
 
 # bookmark dialog strings
 
-bookmarkAllTabsDefault			=[フォルダ名]
+bookmarkAllTabsDefault			=[フォルダー名]
 
 # (^^; en-US は機能ごとに統一性がないが ja ではある程度そろえた。
 xpinstallPromptMessage			=このサイトからは %1$S にソフトウェアをインストールできない設定になっています。
 xpinstallPromptAllowButton		=許可
 # Accessibility Note:
 # Be sure you do not choose an accesskey that is used elsewhere in the active context (e.g. main menu bar, submenu of the warning popup button)
 # See http://www.mozilla.org/access/keyboard/accesskey for details
 xpinstallPromptAllowButton.accesskey	=A
--- a/browser/chrome/browser/downloads/downloads.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/downloads/downloads.dtd
@@ -46,17 +46,17 @@
 <!ENTITY cmd.resume.accesskey             "R">
 <!ENTITY cmd.cancel.label                 "キャンセル">
 <!ENTITY cmd.cancel.accesskey             "C">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (cmd.show.label, cmd.show.accesskey, cmd.showMac.label,
      cmd.showMac.accesskey):
      The show and showMac commands are never shown together, thus they can share
      the same access key (though the two access keys can also be different).
      -->
-<!ENTITY cmd.show.label                   "保存フォルダを開く">
+<!ENTITY cmd.show.label                   "保存フォルダーを開く">
 <!ENTITY cmd.show.accesskey               "F">
 <!ENTITY cmd.showMac.label                "Finder に表示">
 <!ENTITY cmd.showMac.accesskey            "F">
 <!ENTITY cmd.retry.label                  "再試行">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.label       "ダウンロードしたページを表示">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.accesskey   "G">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.label       "ダウンロードした URL をコピー">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.accesskey   "L">
@@ -104,17 +104,17 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (downloadsHistory.label, downloadsHistory.accesskey):
      This string is shown at the bottom of the Downloads Panel when all the
      downloads fit in the available space, or when there are no downloads in
      the panel at all.
      -->
 <!ENTITY downloadsHistory.label           "すべての履歴を表示">
 <!ENTITY downloadsHistory.accesskey       "S">
 
-<!ENTITY openDownloadsFolder.label       "ダウンロードフォルダを開く">
+<!ENTITY openDownloadsFolder.label       "ダウンロードフォルダーを開く">
 
 <!ENTITY clearDownloadsButton.label       "ダウンロードの消去">
 <!ENTITY clearDownloadsButton.tooltip     "完了、キャンセル、失敗したダウンロードを消去します">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (downloadsListEmpty.label):
      This string is shown when there are no items in the Downloads view, when it
      is displayed inside a browser tab.
      -->
--- a/browser/chrome/browser/pageInfo.properties
+++ b/browser/chrome/browser/pageInfo.properties
@@ -19,17 +19,17 @@ mediaBorderImg		= ボーダーの画像
 mediaListImg		= リストのマーカー画像
 mediaCursor		= カーソル
 mediaObject		= オブジェクト
 mediaEmbed		= 埋め込みオブジェクト
 mediaLink		= アイコン
 mediaInput		= 入力
 mediaFileSize		= %S KB
 mediaSize		= %Spx × %Spx
-mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダを選択してください
+mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダーを選択してください
 mediaBlockImage		= %S の画像をブロック
 mediaUnknownNotCached	= 不明 (キャッシュなし)
 mediaImageType		= %S 画像
 mediaAnimatedImageType	= %S 画像 (%S フレームアニメーション)
 mediaDimensions		= %Spx × %Spx
 mediaDimensionsScaled	= %Spx × %Spx (%Spx × %Spx で表示)
 
 # (^^; 個人的には "後方互換" とかいう表記は止めておきたい、IE8 では "互換表示"
--- a/browser/chrome/browser/places/bookmarkProperties.properties
+++ b/browser/chrome/browser/places/bookmarkProperties.properties
@@ -4,16 +4,16 @@
 
 dialogAcceptLabelAddItem	= 追加
 dialogAcceptLabelSaveItem	= 保存
 dialogAcceptLabelAddLivemark	= 購読
 dialogAcceptLabelAddMulti	= 複数のブックマークを追加
 dialogAcceptLabelEdit		= 保存
 dialogTitleAddBookmark		= 新しいブックマーク
 dialogTitleAddLivemark		= ライブブックマークで購読
-dialogTitleAddFolder		= 新しいフォルダ
+dialogTitleAddFolder		= 新しいフォルダー
 dialogTitleAddMulti		= 新しいブックマーク
 dialogTitleEdit			= "%S" のプロパティ
 
-bookmarkAllTabsDefault		= [フォルダの名前]
+bookmarkAllTabsDefault		= [フォルダーの名前]
 newFolderDefault		= 新しいフォルダ
 newBookmarkDefault		= 新しいブックマーク
 newLivemarkDefault		= 新しいライブブックマーク
--- a/browser/chrome/browser/places/editBookmarkOverlay.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/places/editBookmarkOverlay.dtd
@@ -5,24 +5,24 @@
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.name.label				"名前:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.name.accesskey			"N">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.location.label			"URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.location.accesskey			"L">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.feedLocation.label			"フィードの URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.feedLocation.accesskey		"F">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.siteLocation.label			"サイトの URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.siteLocation.accesskey		"S">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.folder.label			"フォルダ:">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.foldersExpanderDown.tooltip	"すべてのブックマークフォルダを表示します">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.expanderUp.tooltip			"一覧を閉じます"><!-- (^^; フォルダとタグで共用 -->
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.folder.label			"フォルダー:">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.foldersExpanderDown.tooltip	"すべてのブックマークフォルダーを表示します">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.expanderUp.tooltip			"一覧を閉じます"><!-- (^^; フォルダーとタグで共用 -->
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tags.label				"タグ:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tags.accesskey			"T">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tagsEmptyDesc.label		"カンマ区切りで複数入力できます">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.description.label			"説明:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.description.accesskey		"D">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.keyword.label			"キーワード:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.keyword.accesskey			"K">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tagsExpanderDown.tooltip		"既存のタグ一覧を表示します">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.loadInSidebar.label		"このブックマークはサイドバーに読み込む">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.loadInSidebar.accesskey		"h">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.choose.label			"選択...">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.label		"新しいフォルダ">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.label		"新しいフォルダー">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.accesskey		"o">
--- a/browser/chrome/browser/places/moveBookmarks.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/places/moveBookmarks.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY window.title			"フォルダの選択">
+<!ENTITY window.title			"フォルダーの選択">
 <!ENTITY window.style			"width: 36em; height: 18em;">
 <!ENTITY moveTo.label			"移動先:">
-<!ENTITY newFolderButton.label		"新しいフォルダ">
+<!ENTITY newFolderButton.label		"新しいフォルダー">
 <!ENTITY newFolderButton.accesskey	"N">
--- a/browser/chrome/browser/places/places.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.dtd
@@ -63,17 +63,17 @@
 <!ENTITY cmd.properties.accesskey  "i">
 
 <!ENTITY cmd.sortby_name.label              "名前順に並べ替える">
 <!ENTITY cmd.sortby_name.accesskey          "S">
 <!ENTITY cmd.context_sortby_name.accesskey  "r">
 
 <!ENTITY cmd.new_bookmark.label            "新しいブックマーク...">
 <!ENTITY cmd.new_bookmark.accesskey        "B">
-<!ENTITY cmd.new_folder.label              "新しいフォルダ...">
+<!ENTITY cmd.new_folder.label              "新しいフォルダー...">
 <!ENTITY cmd.new_folder.accesskey          "o">
 <!ENTITY cmd.context_new_folder.accesskey  "F">
 <!ENTITY cmd.new_separator.label           "新しい区切り">
 <!ENTITY cmd.new_separator.accesskey       "S">
 
 <!ENTITY cmd.reloadLivebookmark.label      "ライブブックマークを再読み込み">
 <!ENTITY cmd.reloadLivebookmark.accesskey  "R">
 
@@ -93,19 +93,19 @@
 <!ENTITY search.accesskey                          "S">
 
 <!ENTITY cmd.find.key  "f">
 
 <!ENTITY maintenance.label      "インポートとバックアップ">
 <!ENTITY maintenance.accesskey  "I">
 <!ENTITY maintenance.tooltip    "ブックマークのインポートとバックアップができます">
 
-<!ENTITY backButton.tooltip     "フォルダ表示履歴を前に戻ります">
+<!ENTITY backButton.tooltip     "フォルダー表示履歴を前に戻ります">
 
-<!ENTITY forwardButton.tooltip  "フォルダ表示履歴を次に進みます">
+<!ENTITY forwardButton.tooltip  "フォルダー表示履歴を次に進みます">
 
 <!ENTITY detailsPane.more.label			"詳細を表示">
 <!ENTITY detailsPane.more.accesskey		"e">
 <!ENTITY detailsPane.less.label			"詳細を隠す">
 <!ENTITY detailsPane.less.accesskey		"e">
 <!ENTITY detailsPane.selectAnItemText.description "各項目を選択すると、名前や詳細情報の表示や編集ができます">
 
 <!ENTITY find.label               "検索:">
--- a/browser/chrome/browser/places/places.properties
+++ b/browser/chrome/browser/places/places.properties
@@ -60,17 +60,17 @@ EnterExport			= ブックマークファイルのエクスポート
 detailsPane.noItems		= 項目がありません
 # LOCALIZATION NOTE (detailsPane.itemsCountLabel): Semicolon-separated list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # #1 number of items
 # example: 111 items
 # Thanks Feedback! http://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?t=13122
 detailsPane.itemsCountLabel	= 項目の数: #1 個
 
-# (^^; ブックマークツールバー直下のフォルダになったから短く: 表示回数の多いページ、よく表示するページ、よく見るページ、表示回数順 etc...
+# (^^; ブックマークツールバー直下のフォルダーになったから短く: 表示回数の多いページ、よく表示するページ、よく見るページ、表示回数順 etc...
 mostVisitedTitle		= よく見るページ
 recentTagsTitle			= 最近付けたタグ
 
 OrganizerQueryHistory		= 履歴
 OrganizerQueryDownloads		= ダウンロード
 OrganizerQueryAllBookmarks	= すべてのブックマーク
 OrganizerQueryTags		= タグ
 
--- a/browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/main.dtd
@@ -17,17 +17,17 @@
 <!ENTITY useMultiple.label         "現在のタブグループを使用">
 <!ENTITY chooseBookmark.label      "ブックマークを使う...">
 <!ENTITY chooseBookmark.accesskey  "B">
 <!ENTITY restoreDefault.label      "初期設定に戻す">
 <!ENTITY restoreDefault.accesskey  "R">
 
 <!ENTITY downloads.label     "ダウンロード">
 
-<!ENTITY saveTo.label                 "次のフォルダに保存する">
+<!ENTITY saveTo.label                 "次のフォルダーに保存する">
 <!ENTITY saveTo.accesskey             "v">
 <!ENTITY chooseFolderWin.label        "参照...">
 <!ENTITY chooseFolderWin.accesskey    "o">
 <!ENTITY chooseFolderMac.label        "選択...">
 <!ENTITY chooseFolderMac.accesskey    "e">
 <!ENTITY alwaysAsk.label              "ファイルごとに保存先を指定する">
 <!ENTITY alwaysAsk.accesskey          "A">
 
--- a/browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/preferences.properties
@@ -69,17 +69,17 @@ pw_change_failed_title		= パスワードを変更できませんでした
 languageRegionCodeFormat	= %1$S/%2$S  [%3$S]
 #   %1$S = language name, %2$S = language-region code
 languageCodeFormat		= %1$S  [%2$S]
 
 #### Downloads
 
 desktopFolderName		= デスクトップ
 downloadsFolderName		= ダウンロード
-chooseDownloadFolderTitle	= ダウンロードフォルダを選択:
+chooseDownloadFolderTitle	= ダウンロードフォルダーを選択:
 
 #### Applications
 
 fileEnding			= %S ファイル
 saveFile			= ファイルを保存
 
 # LOCALIZATION NOTE (useApp, useDefault): %S = Application name
 useApp				= %S を使用
--- a/browser/chrome/browser/preferences/selectBookmark.dtd
+++ b/browser/chrome/browser/preferences/selectBookmark.dtd
@@ -1,8 +1,8 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY selectBookmark.title
   "ホームページの設定">
 <!ENTITY selectBookmark.label
-  "ホームページに設定するブックマークを選択してください。フォルダを選択すると、選択したフォルダの直下にあるブックマークすべてをタブを使って同時に開くようになります。">
+  "ホームページに設定するブックマークを選択してください。フォルダーを選択すると、選択したフォルダーの直下にあるブックマークすべてをタブを使って同時に開くようになります。">
--- a/browser/installer/custom.properties
+++ b/browser/installer/custom.properties
@@ -37,17 +37,17 @@ SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL=インストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_TAKE_DEFAULTS=$BrandShortName を既定のブラウザーとして使用する(&S)
 SUMMARY_INSTALL_CLICK=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SUMMARY_UPGRADE_CLICK=[更新] をクリックするとアップグレードを開始します。
 SURVEY_TEXT=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT=今すぐ $BrandShortName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP=デスクトップ(&D)
-ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
+ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてから続行してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL= アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてアンインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
--- a/browser/installer/mui.properties
+++ b/browser/installer/mui.properties
@@ -23,32 +23,32 @@
 
 MUI_TEXT_WELCOME_INFO_TITLE=$BrandFullNameDA のセットアップ
 MUI_TEXT_WELCOME_INFO_TEXT=このウィザードでは $BrandFullNameDA  のインストールをご案内します。\n\nセットアップを開始する前にすべてのプログラムを終了させることをお勧めします。そうすることでコンピューターを再起動することなく関連するシステムファイルを更新できます。\n\n$_CLICK
 MUI_TEXT_COMPONENTS_TITLE=コンポーネントの選択
 MUI_TEXT_COMPONENTS_SUBTITLE=インストールする $BrandFullNameDA の機能を選択してください。
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_TITLE=コンポーネントの説明
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_INFO=コンポーネントをマウスでポイントすると説明が表示されます。
 MUI_TEXT_DIRECTORY_TITLE=インストール先の選択
-MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください。
+MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください。
 MUI_TEXT_INSTALLING_TITLE=インストールしています
 MUI_TEXT_INSTALLING_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_TEXT_FINISH_TITLE=インストール完了
 MUI_TEXT_FINISH_SUBTITLE=$BrandFullNameDA が正常にインストールされました。
 MUI_TEXT_ABORT_TITLE=インストール中止
 MUI_TEXT_ABORT_SUBTITLE=$BrandFullNameDA を正常にインストールできませんでした。
 MUI_BUTTONTEXT_FINISH=完了(&F)
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TITLE=$BrandFullNameDA のセットアップを完了します
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TEXT=コンピューターに $BrandFullNameDA がインストールされました。\n\n[完了] をクリックするとセットアップを終了します。
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_REBOOT=$BrandFullNameDA のインストールを完了するにはコンピューターを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTNOW=今すぐ再起動する
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTLATER=後で再起動する
-MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE=プログラムフォルダの選択
-MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダを選択してください。
-MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダを選択してください。フォルダ名を入力して新しいフォルダを作成することもできます。
+MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE=プログラムフォルダーの選択
+MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダーを選択してください。
+MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダーを選択してください。フォルダー名を入力して新しいフォルダーを作成することもできます。
 MUI_TEXT_ABORTWARNING=本当に $BrandFullNameDA のセットアップを終了しますか?
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TITLE=$BrandFullNameDA のアンインストール
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TEXT=このウィザードでは $BrandFullNameDA のアンインストールをご案内します。\n\nアンインストールを開始する前に $BrandFullNameDA を終了させていることを確認してください。\n\n$_CLICK
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_TITLE=$BrandFullNameDA のアンインストール
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_SUBTITLE=コンピューターから $BrandFullNameDA を削除します。
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_TITLE=アンインストールしています
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のアンインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_UNTEXT_FINISH_TITLE=アンインストール完了
--- a/browser/installer/nsisstrings.properties
+++ b/browser/installer/nsisstrings.properties
@@ -39,29 +39,29 @@ INSTALL_BUTTON			= インストール(&I)
 UPGRADE_BUTTON			= 更新(&U)
 CANCEL_BUTTON			= キャンセル
 OPTIONS_BUTTON			= オプション(&O)
 
 MAKE_DEFAULT			= $BrandShortName を既定のブラウザーに設定する(&M)
 CREATE_SHORTCUTS		= $BrandShortName アイコンの作成先:
 ADD_SC_TASKBAR			= タスクバー(&T)
 ADD_SC_QUICKLAUNCHBAR		= クイック起動ツールバー(&Q)
-ADD_CheckboxShortcutInStartMenu	= スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
+ADD_CheckboxShortcutInStartMenu	= スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ADD_CheckboxShortcutOnDesktop	= デスクトップ(&D)
 SPACE_REQUIRED			= 必要な容量:
 SPACE_AVAILABLE			= 空き容量:
 ONE_MOMENT_INSTALL		= インストールが完了次第、$BrandShortName を起動します...
 ONE_MOMENT_UPGRADE		= 更新が完了次第、$BrandShortName を起動します...
 INSTALL_MAINT_SERVICE		= $BrandShortName バックグラウンドアップデートサービスをインストールする(&I)
 SEND_PING			= インストールに関する情報を Mozilla に送信する(&E)
 BROWSE_BUTTON			= 参照(&R)...
-DEST_FOLDER			= インストール先フォルダ
+DEST_FOLDER			= インストール先フォルダー
 
 DOWNLOADING_LABEL		= $BrandShortName をダウンロード中...
 INSTALLING_LABEL		= $BrandShortName をインストール中...
 UPGRADING_LABEL			= $BrandShortName を更新中...
 
-SELECT_FOLDER_TEXT		= $BrandShortName をインストールするフォルダを選択してください。
+SELECT_FOLDER_TEXT		= $BrandShortName をインストールするフォルダーを選択してください。
 
 BYTE				= B
 KILO				= K
 MEGA				= M
 GIGA				= G
--- a/browser/installer/override.properties
+++ b/browser/installer/override.properties
@@ -37,49 +37,49 @@ BrowseBtn=参照(&R)...
 ShowDetailsBtn=詳細を表示(&D)
 ClickNext=続けるには [次へ] をクリックしてください。
 ClickInstall=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 ClickUninstall=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 Completed=完了しました
 LicenseTextRB=$BrandFullNameDA をインストールする前にソフトウェア使用許諾書を確認してください。使用許諾書のすべての条件に同意しますか? $_CLICK
 ComponentsText=インストールするコンポーネントにチェックを入れ、インストールしないコンポーネントのチェックは外してください。 $_CLICK
 ComponentsSubText2_NoInstTypes=インストールするコンポーネントを選択してください:
-DirText=$BrandFullNameDA を次のフォルダにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダを選択してください。 $_CLICK
-DirSubText=インストール先フォルダ
-DirBrowseText=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください:
+DirText=$BrandFullNameDA を次のフォルダーにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダーを選択してください。 $_CLICK
+DirSubText=インストール先フォルダー
+DirBrowseText=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください:
 SpaceAvailable="空き容量: "
 SpaceRequired="必要な容量: "
-UninstallingText=次のフォルダの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
-UninstallingSubText=アンインストール元フォルダ:
+UninstallingText=次のフォルダーの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
+UninstallingSubText=アンインストール元フォルダー:
 FileError=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\nインストールを中止するには [中止] をクリックしてください。\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nこのファイルをスキップするには [無視] をクリックしてください。
 FileError_NoIgnore=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nインストールを中止するには [キャンセル] をクリックしてください。
 CantWrite="作成できませんでした: "
 CopyFailed=コピーできませんでした
 CopyTo="コピー "
 Registering="登録: "
 Unregistering="登録の削除: "
 SymbolNotFound="シンボルが見つかりませんでした: "
 CouldNotLoad="読み込めませんでした: "
-CreateFolder="フォルダの作成: "
+CreateFolder="フォルダーの作成: "
 CreateShortcut="ショートカットの作成: "
 CreatedUninstaller="アンインストーラを作成しました: "
 Delete="ファイルの削除: "
 DeleteOnReboot="再起動後に削除: "
 ErrorCreatingShortcut="ショートカット作成エラー: "
 ErrorCreating="作成エラー: "
 ErrorDecompressing=データを解凍できませんでした。インストーラが壊れています。
 ErrorRegistering=DLL 登録エラー
 ExecShell="関連づけを実行: "
 Exec="実行: "
 Extract="抽出: "
 ErrorWriting="抽出: ファイル作成エラー "
 InvalidOpcode=インストーラが破損しています: 無効な演算コード
 NoOLE="OLE がありません: "
-OutputFolder="出力先フォルダ: "
-RemoveFolder="フォルダの削除: "
+OutputFolder="出力先フォルダー: "
+RemoveFolder="フォルダーの削除: "
 RenameOnReboot="再起動後に名前の変更: "
 Rename="名前の変更: "
 Skipped="スキップしました: "
 CopyDetails=詳細をクリップボードにコピー
 LogInstall=インストールのログを記録
 Byte=B
 Kilo=K
 Mega=M
--- a/devtools/client/app-manager.properties
+++ b/devtools/client/app-manager.properties
@@ -1,15 +1,15 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-validator.nonExistingFolder		=プロジェクトフォルダが存在しません
-validator.expectProjectFolder		=プロジェクトフォルダは最終的に単一のファイルになります
-validator.noManifestFile		=パッケージアプリでは 'manifest.webapp'、アドオンでは 'manifest.json' という名前の manifest ファイルがプロジェクトのルートフォルダに必要です。
+validator.nonExistingFolder		=プロジェクトフォルダーが存在しません
+validator.expectProjectFolder		=プロジェクトフォルダーは最終的に単一のファイルになります
+validator.noManifestFile		=パッケージアプリでは 'manifest.webapp'、アドオンでは 'manifest.json' という名前の manifest ファイルがプロジェクトのルートフォルダーに必要です。
 validator.invalidManifestURL		=不正な manifest URL '%S'
 # LOCALIZATION NOTE (validator.invalidManifestJSON, validator.noAccessManifestURL):
 # %1$S is the error message, %2$S is the URI of the manifest.
 validator.invalidManifestJSON		=webapp manifest の JSON ファイルが不正です: %1$S URI: %2$S
 validator.noAccessManifestURL		=manifest ファイルが読めません: %1$S URI: %2$S
 # LOCALIZATION NOTE (validator.invalidHostedManifestURL): %1$S is the URI of
 # the manifest, %2$S is the error message.
 validator.invalidHostedManifestURL	=ホストされた不正な manifest URL '%1$S': %2$S
--- a/devtools/client/projecteditor.properties
+++ b/devtools/client/projecteditor.properties
@@ -29,17 +29,17 @@ projecteditor.deleteLabel	= 削除
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.deletePromptTitle):
 # This string is displayed as as the title of the confirm prompt that checks
 # to make sure if a file or folder should be removed.
 projecteditor.deletePromptTitle	= 削除
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.deleteFolderPromptMessage):
 # This string is displayed as as the message of the confirm prompt that checks
 # to make sure if a folder should be removed.
-projecteditor.deleteFolderPromptMessage	= このフォルダを削除しますか?
+projecteditor.deleteFolderPromptMessage	= このフォルダーを削除しますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.deleteFilePromptMessage):
 # This string is displayed as as the message of the confirm prompt that checks
 # to make sure if a file should be removed.
 projecteditor.deleteFilePromptMessage	= このファイルを削除しますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.newLabel):
 # This string is displayed as a menu item for adding a new file to
@@ -61,17 +61,17 @@ projecteditor.saveLabel		= 保存
 projecteditor.saveAsLabel	= 名前を付けて保存...
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.selectFileLabel):
 # This string is displayed as the title on the file picker when saving a file.
 projecteditor.selectFileLabel	= ファイルを選択
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.openFolderLabel):
 # This string is displayed as the title on the file picker when opening a folder.
-projecteditor.openFolderLabel	= フォルダを選択
+projecteditor.openFolderLabel	= フォルダーを選択
 
 # LOCALIZATION NOTE (projecteditor.openFileLabel):
 # This string is displayed as the title on the file picker when opening a file.
 projecteditor.openFileLabel	= ファイルを開く
 
 # LOCALIZATION NOTE  (projecteditor.find.commandkey): This is the key to use in
 # conjunction with accel (Command on Mac or Ctrl on other platforms) to search
 # text in the files.
--- a/devtools/client/webide.properties
+++ b/devtools/client/webide.properties
@@ -41,17 +41,17 @@ error_operationFail				= 実行エラー: %1$S
 
 # Variable: app name
 error_cantConnectToApp				= アプリに接続できません: %1$S
 
 # Variable: error message (in english)
 error_cantFetchAddonsJSON			= アドオンの一覧を取得できません: %S
 
 error_appProjectsLoadFailed			= プロジェクトを読み込めません。新しいバージョンの Firefox のプロファイルを使用した場合に発生する可能性があります。
-error_folderCreationFailed			= 選択されたディレクトリにプロジェクトフォルダを作成できません。
+error_folderCreationFailed			= 選択されたディレクトリにプロジェクトフォルダーを作成できません。
 
 # Variable: runtime app build ID (looks like this %Y%M%D format) and firefox build ID (same format)
 error_runtimeVersionTooRecent			= 接続したランタイムのビルド日時 (%1$S) が、デスクトップの Firefox (%2$S) よりも新しいです。この組み合わせはサポートされてないため、開発ツールでエラーが発生する可能性があります。Firefox を更新してください。
 
 addons_stable					= 安定
 addons_unstable					= 不安定
 # LOCALIZATION NOTE (addons_simulator_label): This label is shown as the name of
 # a given simulator version in the "Manage Simulators" pane.  %1$S: Firefox OS
--- a/devtools/shared/gclicommands.properties
+++ b/devtools/shared/gclicommands.properties
@@ -1438,18 +1438,18 @@ injectDesc			=ページにライブラリを差し込みます
 injectManual2			=コンソールからアクセスできるページの内容にライブラリを差し込みます。
 injectLibraryDesc		=差し込むライブラリを選択、またはスクリプトの URL を入力
 injectLoaded			=%1$S が読み込まれました
 injectFailed			=%1$S は読み込めませんでした - 無効な URL です
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderDesc, folderOpenDesc, folderOpenDir,
 # folderOpenProfileDesc) These strings describe the 'folder' commands and
 # all available parameters.
-folderDesc			=フォルダを開きます
-folderOpenDesc			=開くフォルダのパス
+folderDesc			=フォルダーを開きます
+folderOpenDesc			=開くフォルダーのパス
 folderOpenDir			=ディレクトリのパス
 folderOpenProfileDesc		=プロファイルディレクトリを開く
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderInvalidPath) A string displayed as the result
 # of the 'folder open' command with an invalid folder path.
 folderInvalidPath		=正しいパスを入力してください
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderOpenDirResult) A very short string used to
--- a/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
+++ b/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
@@ -1,17 +1,17 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Reset			=リセット
 Submit			=送信
 Browse			=参照...
 FileUpload		=ファイルのアップロード
-DirectoryUpload		=アップロードするフォルダの選択
+DirectoryUpload		=アップロードするフォルダーの選択
 DirectoryPickerOkButtonLabel	=アップロード
 # LOCALIZATION NOTE (IsIndexPromptWithSpace): The last character of the string 
 # should be a space (U+0020) in most locales. The prompt is followed by an 
 # input field. The space needs be escaped in the property file to avoid 
 # trimming.
 IsIndexPromptWithSpace	=これは検索可能なインデックスです。検索キーワードを入力してください:\u0020
 ForgotPostWarning	=フォームは enctype=%S が指定されていますが、method=POST が指定されていません。enctype を使用せず method=GET で普通に送信されます。
 ForgotFileEnctypeWarning=フォームはファイル入力がありますが、method=POST と enctype=multipart/form-data が指定されていないので、ファイルは送信されません。
--- a/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
+++ b/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
@@ -1,17 +1,17 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 readError		=ダウンロード元ファイルが読み取れないため %S を保存できませんでした。\n\nしばらく後で再度試すか、サーバー管理者に問い合わせてください。
 writeError		=原因不明のエラーにより %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
 launchError		=原因不明のエラーにより %S を開けませんでした。\n\n一度ディスクに保存してからそのファイルを開いてください。
 diskFull		=%S を保存するディスクの空き領域が不足しています。\n\nディスク上の不要なファイルを削除してから再度試すか、別の場所に保存してください。
-readOnly		=ディスク、フォルダまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
-accessError		=フォルダの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
+readOnly		=ディスク、フォルダーまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
+accessError		=フォルダーの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダーのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
 SDAccessErrorCardReadOnly	=SD カードが使用中のためファイルをダウンロードできません。
 SDAccessErrorCardMissing	=SD カードがないためファイルをダウンロードできません。
 helperAppNotFound	=関連づけされたプログラムが存在しないため %S を開けませんでした。関連づけの設定を変更してください。
 noMemory		=要求された操作を実行するのに必要なメモリが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
 title			=%S をダウンロードしています
 fileAlreadyExistsError	=‘_files’ ディレクトリと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
 fileNameTooLongError	=ファイル名が長すぎるため %S を保存できませんでした。\n\n短い名前で保存してください。
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -262,17 +262,17 @@ cmd.dcc-list.params =[<type>]
 cmd.dcc-list.help   =現在の DCC のオファーと接続に関する情報をリスト表示します。|type| に "chat" または "send" を指定すると、表示する情報を "chat" または "send" に限定します。
 
 cmd.dcc-send.params =[<nickname> [<file>]]
 cmd.dcc-send.help   =ファイルを |nickname| に DCC 接続で送信します。クエリビュー上のユーザーに送信する場合は |nickname| を省略できます。送信するファイルは、|file| に直接指定するか、参照ダイアログから選択します。
 cmd.dcc-send.label  =ファイルの送信...
 #cmd.dcc-send.accesskey =S
 
 cmd.dcc-show-file.params =<file>
-cmd.dcc-show-file.help   =ファイルのダウンロード先のフォルダを開きます。
+cmd.dcc-show-file.help   =ファイルのダウンロード先のフォルダーを開きます。
 
 cmd.delete-view.key    =accel W
 cmd.delete-view.label  =タブを閉じる
 #cmd.delete-view.accesskey =C
 cmd.delete-view.params =[<view>]
 cmd.delete-view.help   =現在のビューをクリアし、*すべての* コンテンツを消去し、さらにそのタブバーからアイコンを消去します。この方法でチャンネルビューを削除すると、そのビューから退出することになります。
 
 cmd.dehop.label  =ハーフオペレータ権限を取り上げ
@@ -1171,18 +1171,18 @@ msg.dccfile.accepting.now    =自動受諾 DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) / ``%S'' (%S) から受け取りました。
 # 1 = file, 2 = to/from, 3 = nick, 4 = IP, 5 = port.
 msg.dccfile.accepted     =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を受諾しました。
 msg.dccfile.declined     =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を拒否しました。
 msg.dccfile.aborted      =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は中止されました。
 msg.dccfile.failed       =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は失敗しました。
 msg.dccfile.opened       =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が開始しました。
 msg.dccfile.closed.sent  =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。
 # 6 = path, 7 = command for opening the folder
-msg.dccfile.closed.saved =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。[[ダウンロード先フォルダを開く][ファイルのダウンロード先のフォルダを開きます][%S]]
-msg.dccfile.closed.saved.mac =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。 [[Finder で表示][Finder でダウンロード先のフォルダを開きます][%S]]
+msg.dccfile.closed.saved =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。[[ダウンロード先フォルダーを開く][ファイルのダウンロード先のフォルダーを開きます][%S]]
+msg.dccfile.closed.saved.mac =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。 [[Finder で表示][Finder でダウンロード先のフォルダーを開きます][%S]]
 
 # 1 = percent, 2 = current pos, 3 = total size, 4 = speed.
 msg.dccfile.progress     ="%S%% 完了: %S / %S, %S"
 msg.dccfile.send         =送信するファイルを選択
 msg.dccfile.save.to      =受信ファイル (%S) を保存
 msg.dccfile.err.notfound =指定されたファイルは見つかりませんでした。
 msg.dccfile.err.notafile =指定されたパスは通常のファイルではありません。
 msg.dccfile.err.notreadable =指定されたファイルは読み取りできません。
@@ -1601,17 +1601,17 @@ pref.conference.limit.help      =チャンネルのユーザーが指定した数を超えると、ChatZilla はそのチャンネルを [会議モード] に切り替え、JOIN, PART, QUIT, NICK を使用して特定のユーザーのメッセージだけを表示します。ユーザー数が下がれば、自動的に通常動作に戻ります。0 に設定すると [会議モード] は使われず、1 に設定すると常に使われます。
 pref.connectTries.label         =接続の試行回数
 pref.connectTries.help          =ChatZilla がサーバーまたはネットワークに接続を試みる回数です。-1 を設定すると、無制限に試行します。
 pref.copyMessages.label         =重要なメッセージをコピーする
 pref.copyMessages.help          =[重要] とマークされたメッセージが、ネットワークビューにもコピーされます。長時間離席しても、あなた宛のメッセージを見逃さないようにできます。
 pref.dcc.enabled.label          =DCC を有効にする
 pref.dcc.enabled.help           =無効にすると、DCC (直接クライアント接続)  関連のコマンドは動作しなくなり、ほかのユーザーからのすべての DCC 要求が無視されます。
 pref.dcc.autoAccept.list.label  =自動受諾リスト
 pref.dcc.autoAccept.list.help   =DCC チャット/ファイルのオファーを自動的に受諾するニックネームのリストです。"*" をワイルドカードに使用すると Hostmask も受諾します。リストが空白のときには、すべての DCC 要求を手動で受諾または拒否することになります。
-pref.dcc.downloadsFolder.label  =ダウンロード用フォルダ
+pref.dcc.downloadsFolder.label  =ダウンロード用フォルダー
 pref.dcc.downloadsFolder.help   =DCC 経由で受け取るファイルの、既定の保存先を指定します。
 pref.dcc.listenPorts.label      =待ち受けポート
 pref.dcc.listenPorts.help       =ほかのユーザーが外部から接続できるポートのリストです。各アイテムは単一のポート番号か、 [下限-上限] で範囲を指定します。空白にすると、OS がポートをランダムに選択します。あなたがだれかに DCC 接続を求めるたびに、リストの次のポートが選択されます。
 pref.dcc.useServerIP.label      =サーバーからローカル IP を取得する
 pref.dcc.useServerIP.help       =有効にすると、接続時に ChatZilla があなたの IP アドレスをサーバーに問い合わせます。これにより、ゲートウェイあるいは NAT ペースのシステム上で使用するときに、正確な IP アドレスを取得できます。
 pref.debugMode.label            =デバッグモード
 pref.debugMode.help             =この設定は ChatZilla のデバッグ用で、多くのデバッグ出力を (通常はコンソールに) 生成します。文字のリストは、必要なデバッグメッセージへのショートカットです。"c" はコンテキストメニューが開いているときにデータをダンプし、"d" はディスパッチコマンドによりデータをダンプし、"t" はフックおよびイベントキュー処理に関するデータをダンプします。
 pref.defaultQuitMsg.label       =標準の退出メッセージ
@@ -1649,17 +1649,17 @@ pref.logFile.client.help        =Client ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.network.label      =ネットワークのログファイル
 pref.logFile.network.help       =ネットワークビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.channel.label      =チャンネルのログファイル
 pref.logFile.channel.help       =チャンネルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.user.label         =ユーザーのログファイル
 pref.logFile.user.help          =ユーザー/クエリビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
 pref.logFile.dccuser.label      =DCC のログファイル
 pref.logFile.dccuser.help       =DCC チャット/ファイルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
-pref.logFolder.label            =ログフォルダ名
+pref.logFolder.label            =ログフォルダー名
 pref.logFolder.help             =すべてのログのベースとなる場所を指定します。ログファイルごとの環境設定は、ログファイルの種類と一致する名前を指定します。
 pref.messages.click.label       =通常のクリック
 pref.messages.click.help        =URL を通常通りクリックしたときの動作です。
 pref.messages.ctrlClick.label   =Control+クリック
 pref.messages.ctrlClick.help    =URL を Control キーを押しながらクリックしたときの動作です。
 pref.messages.metaClick.label   =Alt/Meta+クリック
 pref.messages.metaClick.help    =URL を Alt または Meta キーを押しながらクリックしたときの動作です。
 pref.messages.middleClick.label =中クリック
--- a/mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger-newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -33,12 +33,12 @@
 <!ENTITY button.updateFeed.label	"更新">
 <!ENTITY button.updateFeed.accesskey	"U">
 <!ENTITY button.removeFeed.label	"削除">
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey	"R">
 <!ENTITY button.importOPML.label	"インポート">
 <!ENTITY button.importOPML.accesskey	"I">
 <!ENTITY button.exportOPML.label	"エクスポート">
 <!ENTITY button.exportOPML.accesskey	"X">
-<!ENTITY button.exportOPML.tooltip	"フィードをフォルダ構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
+<!ENTITY button.exportOPML.tooltip	"フィードをフォルダー構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
 
 <!ENTITY cmd.close.commandKey		"w">
 <!ENTITY button.close.label		"閉じる">
--- a/mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
+++ b/mail/chrome/messenger-newsblog/newsblog.properties
@@ -19,17 +19,17 @@ subscribe-noAuthError			=フィードの URL が認証されていません。
 subscribe-loading			=読み込み中です。しばらくお待ちください...
 
 subscribe-OPMLImportTitle		=インポートする OPML ファイルの選択
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleList):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
 subscribe-OPMLExportTitleList		=%S を OPML ファイルにエクスポート - フィードリスト
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleStruct):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
-subscribe-OPMLExportTitleStruct		=%S を OPML ファイルにエクスポート - フォルダ構成のフィード
+subscribe-OPMLExportTitleStruct		=%S を OPML ファイルにエクスポート - フォルダー構成のフィード
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle):
 ## %1$S is the brandShortName, %2$S is the name of the feed account folder name.
 subscribe-OPMLExportFileDialogTitle	=%1$S OPML エクスポート - %2$S
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName):
 ## %1$S is the brandShortName (Thunderbird for example), %2$S is the account name.
 ## The default extension (.opml) is added here as it is not automatically appended in the file picker on MacOS.
 subscribe-OPMLExportDefaultFileName	=My%1$SFeeds-%2$S.opml
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportInvalidFile): %S is the name of the OPML file the user tried to import.
--- a/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
@@ -114,12 +114,12 @@
 <!ENTITY completionText.label		"以下の設定情報が正しいか確認してください。">
 <!ENTITY serverTypePrefix.label		"メール受信サーバーの種類:">
 <!ENTITY serverNamePrefix.label		"メール受信サーバー名:">
 <!ENTITY smtpServerNamePrefix.label	"メール送信 (SMTP) サーバー名:">
 <!ENTITY newsServerNamePrefix.label	"ニュース (NNTP) サーバー名:">
 <!ENTITY downloadOnLogin.label		"今すぐメッセージをダウンロード">
 <!ENTITY downloadOnLogin.accesskey	"D">
 <!ENTITY deferStorageDesc.label		"共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- (^^; Uncheck this checkbox to store mail for this account in its own directory. That will make this account appear as a top-level account. Otherwise, it will be part of the Local Folders Global Inbox account. -->
-<!ENTITY deferStorage.label		"共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダ&quot; にメールを保存)"><!-- (^^; Use Global Inbox (store mail in Local Folders) -->
+<!ENTITY deferStorage.label		"共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダー&quot; にメールを保存)"><!-- (^^; Use Global Inbox (store mail in Local Folders) -->
 <!ENTITY deferStorage.accesskey		"G">
 <!ENTITY clickFinish.label		"[完了] をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
 <!ENTITY clickFinish.labelMac		"[完了] をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
--- a/mail/chrome/messenger/FilterListDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/FilterListDialog.dtd
@@ -27,14 +27,14 @@
 <!ENTITY filtersForPrefix.label		"対象アカウント:">
 <!ENTITY filtersForPrefix.accesskey	"F">
 <!ENTITY viewLogButton.label		"フィルターログ">
 <!ENTITY viewLogButton.accesskey	"L">
 <!ENTITY runFilters.label		"今すぐ実行">
 <!ENTITY runFilters.accesskey		"R">
 <!ENTITY stopFilters.label		"停止">
 <!ENTITY stopFilters.accesskey		"S">
-<!ENTITY folderPickerPrefix.label	"フィルターを使用するフォルダ:">
+<!ENTITY folderPickerPrefix.label	"フィルターを使用するフォルダー:">
 <!ENTITY folderPickerPrefix.accesskey	"c">
 <!ENTITY helpButton.label		"Help">
 <!ENTITY helpButton.accesskey		"H">
 <!ENTITY closeCmd.key			"W">
 <!ENTITY searchBox.emptyText		"フィルター名を検索...">
--- a/mail/chrome/messenger/SearchDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/SearchDialog.dtd
@@ -1,33 +1,33 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- for SearchDialog.xul -->
 <!ENTITY searchHeading.label		"次の中からメッセージを検索:">
 <!ENTITY searchHeading.accesskey	"h">
-<!ENTITY searchSubfolders.label		"サブフォルダも検索する">
+<!ENTITY searchSubfolders.label		"サブフォルダーも検索する">
 <!ENTITY searchSubfolders.accesskey	"e">
 <!ENTITY searchOnServer.label		"サーバー上のメッセージを検索する">
 <!ENTITY searchOnServer.accesskey	"u">
 <!ENTITY resetButton.label		"リセット">
 <!ENTITY resetButton.accesskey		"C">
 <!ENTITY openButton.label		"開く">
 <!ENTITY openButton.accesskey		"n">
 <!ENTITY deleteButton.label		"削除">
 <!ENTITY deleteButton.accesskey		"D">
 <!ENTITY searchDialogTitle.label	"メッセージを検索">
 <!ENTITY results.label			"検索結果">
 <!ENTITY moveButton.label		"移動">
 <!ENTITY moveButton.accesskey		"T">
 <!ENTITY closeCmd.key			"W"> 
-<!ENTITY openInFolder.label		"フォルダを開く">
+<!ENTITY openInFolder.label		"フォルダーを開く">
 <!ENTITY openInFolder.accesskey		"r">
-<!ENTITY saveAsVFButton.label		"検索フォルダとして保存"><!-- (^^; Save as Search Folder -->
+<!ENTITY saveAsVFButton.label		"検索フォルダーとして保存"><!-- (^^; Save as Search Folder -->
 <!ENTITY saveAsVFButton.accesskey	"v">
 
 <!-- for ABSearchDialog.xul -->
 <!ENTITY abSearchHeading.label		"次の中からカードを検索:">
 <!ENTITY abSearchHeading.accesskey	"h"> 
 <!ENTITY propertiesButton.label		"プロパティ">
 <!ENTITY propertiesButton.accesskey	"P">
 <!ENTITY composeButton.label		"新しいメッセージ">
@@ -49,17 +49,17 @@
 <!ENTITY statusColumn.label		"状態"> 
 <!ENTITY sizeColumn.label		"サイズ">
 <!ENTITY junkStatusColumn.label		"迷惑マーク">
 <!ENTITY unreadColumn.label		"未読">
 <!ENTITY totalColumn.label		"合計">
 <!ENTITY readColumn.label		"既読">
 <!ENTITY starredColumn.label		"スター">
 <!ENTITY receivedColumn.label		"受信日時">
-<!ENTITY locationColumn.label		"フォルダ">
+<!ENTITY locationColumn.label		"フォルダー">
 <!ENTITY idColumn.label			"受信順">
 
 <!-- Thread Pane Tooltips -->
 <!ENTITY columnChooser2.tooltip		"表示する列を選択します">
 <!ENTITY threadColumn2.tooltip		"メッセージをスレッド形式で表示します">
 <!ENTITY fromColumn2.tooltip		"差出人で並べ替えます">
 <!ENTITY recipientColumn2.tooltip	"受信者で並べ替えます">
 <!ENTITY correspondentColumn2.tooltip	"通信相手で並べ替えます">
@@ -71,10 +71,10 @@
 <!ENTITY statusColumn2.tooltip		"状態で並べ替えます">
 <!ENTITY sizeColumn2.tooltip		"サイズで並べ替えます">
 <!ENTITY junkStatusColumn2.tooltip	"迷惑マークの有無で並べ替えます">
 <!ENTITY unreadColumn2.tooltip		"スレッドの未読メッセージ数">
 <!ENTITY totalColumn2.tooltip		"スレッドの合計メッセージ数">
 <!ENTITY readColumn2.tooltip		"既読かどうかで並べ替えます">
 <!ENTITY receivedColumn2.tooltip	"受信日時で並べ替えます">
 <!ENTITY starredColumn2.tooltip		"スターの有無で並べ替えます">
-<!ENTITY locationColumn2.tooltip	"フォルダで並べ替えます">
+<!ENTITY locationColumn2.tooltip	"フォルダーで並べ替えます">
 <!ENTITY idColumn2.tooltip		"受信順で並べ替えます">
--- a/mail/chrome/messenger/aboutDownloads.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/aboutDownloads.dtd
@@ -4,17 +4,17 @@
 
 <!ENTITY aboutDownloads.title			"保存したファイル">
 <!ENTITY aboutDownloads.empty			"保存したファイルはありません">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (cmd.show.label, cmd.show.accesskey, cmd.showMac.label,
      cmd.showMac.accesskey):
      The show and showMac commands are never shown together, thus they can share
      the same access key (though the two access keys can also be different).
      -->
-<!ENTITY cmd.show.label				"保存フォルダを開く">
+<!ENTITY cmd.show.label				"保存フォルダーを開く">
 <!ENTITY cmd.show.accesskey			"F">
 <!ENTITY cmd.showMac.label			"Finder に表示">
 <!ENTITY cmd.showMac.accesskey			"F">
 <!ENTITY cmd.open.label				"開く">
 <!ENTITY cmd.open.accesskey			"O">
 <!ENTITY cmd.removeFromHistory.label		"履歴から削除">
 <!ENTITY cmd.removeFromHistory.accesskey	"e">
 <!ENTITY cmd.clearList.label			"リストを消去">
--- a/mail/chrome/messenger/accountCreation.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/accountCreation.dtd
@@ -12,17 +12,17 @@
 <!ENTITY email.placeholder		"email@example.com">
 <!ENTITY password.label			"パスワード:">
 <!ENTITY password.accesskey		"P">
 <!ENTITY password.placeholder		"アカウントのパスワード">
 <!ENTITY password.text			"入力は任意です。ユーザー名の確認にのみ使用されます。">
 <!ENTITY rememberPassword.label		"パスワードを記憶する">
 <!ENTITY rememberPassword.accesskey	"m">
 
-<!ENTITY imapLong.label			"IMAP (リモートフォルダ)">
+<!ENTITY imapLong.label			"IMAP (リモートフォルダー)">
 <!ENTITY pop3Long.label			"POP3 (メールをコンピューターに保存)">
 
 <!ENTITY incoming.label			"受信サーバー:">
 <!ENTITY outgoing.label			"送信サーバー:">
 <!ENTITY username.label			"ユーザー名:">
 <!ENTITY hostname.label			"サーバーのホスト名">
 <!ENTITY port.label			"ポート番号">
 <!ENTITY ssl.label			"SSL">
--- a/mail/chrome/messenger/accountCreation.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/accountCreation.properties
@@ -14,25 +14,25 @@ cleartext_details		=安全でないメールサーバーは、あなたのパスワードやプライバシー情報を守るための暗号化された接続を行いません。このサーバーに接続することによって、あなたのパスワードやプライバシー情報が漏えいする可能性があります。
 default_server_tag		=(既定)
 # LOCALIZATION NOTE(port_auto): It must be short (4-5 characters max.).
 # Content of server port field (usually a number), used when the user didn't
 # enter anything yet and we'll automatically detect it later.
 port_auto			=自動
 
 # config titles
 # LOCALIZATION NOTE(looking_up_settings_disk): Referring to Thunderbird installation folder on user's harddisk. %1$S will be the brandShortName.
-looking_up_settings_disk	=アカウント設定を %1$S のインストールフォルダから検索しています。
+looking_up_settings_disk	=アカウント設定を %1$S のインストールフォルダーから検索しています。
 looking_up_settings_isp		=アカウント設定をメールプロバイダから検索しています。
 # LOCALIZATION NOTE(looking_up_settings_db): Do not translate or replace Mozilla. It stands for the public project mozilla.org, not Mozilla Messaging. The database is a generic, public domain facility usable by any client.
 looking_up_settings_db		=アカウント設定を Mozilla ISP データベース から検索しています。
 # LOCALIZATION NOTE(looking_up_settings_guess): We are checking common server names like pop., pop3., smtp., mail., without knowing whether they exist or really serve this email account. If a server responds, we try to talk to it via POP/IMAP/SMTP protocols and query its capabilities. If that succeeds, we assume we found a configuration. Of course, it may still be wrong, but it often works.
 looking_up_settings_guess	=アカウント設定のメールサーバーを一般的なサーバー名で検索しています。
 looking_up_settings_halfmanual	=アカウント設定の検索: サーバーを調べています。
 # LOCALIZATION NOTE(found_settings_disk): Referring to Thunderbird installation folder on user's harddisk. %1$S will be the brandShortName.
-found_settings_disk		=アカウント設定が %1$S のインストールフォルダから見つかりました。
+found_settings_disk		=アカウント設定が %1$S のインストールフォルダーから見つかりました。
 found_settings_isp		=アカウント設定がメールプロバイダから見つかりました。
 # LOCALIZATION NOTE(found_settings_db): Do not translate or replace Mozilla. It stands for the public project mozilla.org, not Mozilla Messaging. The database is a generic, public domain facility usable by any client.
 found_settings_db		=アカウント設定が Mozilla ISP データベースから見つかりました。
 # LOCALIZATION NOTE(found_settings_guess): We tried common mail server names and we found a mail server and talked to it and it responded properly, so we think we found a suitable configuration, but we are only about 80% certain that it is the correct setting for this email address. There's a chance that email address may not actually be served by this server and it won't work, or that there is a better server.
 found_settings_guess		=アカウント設定が、一般的なサーバー名で検索したことにより見つかりました。
 found_settings_halfmanual	=次のアカウント設定が、指定されたサーバーを調べることにより見つかりました。
 # LOCALIZATION NOTE(failed_to_find_settings): %1$S will be the brandShortName.
 failed_to_find_settings		=%1$S はあなたのアカウント設定を見つけられませんでした。
--- a/mail/chrome/messenger/activity.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/activity.properties
@@ -34,17 +34,17 @@ failedToSendMessageWithSubject	= メッセージの送信に失敗しました: %S
 failedToCopyMessageWithSubject	= メッセージのコピーに失敗しました: %S
 
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncProcessProgress): Do not translate the word "%1$S", "%2$S" and "%3$S" below.
 # Place the word %1$S in your translation where the number of the message being downloaded should appear.
 # Place the word %2$S in your translation where the total number of pending messages should appear.
 # Place the word %3$S in your translation where the name of the folder being processed should appear.
 autosyncProcessProgress		= %3$S にダウンロードしています (%1$S / %2$S)
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncProcessDisplayText): %S will be replaced by the folder name
-autosyncProcessDisplayText	= %S フォルダを更新しています
+autosyncProcessDisplayText	= %S フォルダーを更新しています
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncEventDisplayText): %S will be replaced by the account name
 autosyncEventDisplayText	= %S アカウントを更新しました
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncEventStatusText): %S will be replaced by total number of downloaded messages
 autosyncEventStatusText		= %S 通のメッセージをダウンロードしました
 autosyncEventStatusTextNoMsgs	= ダウンロードされたメッセージはありません
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncContextDisplayText): %S will be replaced by the account name
 autosyncContextDisplayText	= %S を同期しています
 
@@ -63,39 +63,39 @@ pop3EventStatusTextNoMsgs	= ダウンロードされたメッセージはありません
 deletedMessages2	= #2 から #1 通のメッセージを削除しました
 # LOCALIZATION NOTE (movedMessages): #1 number of messages, #2 and #3: folder names
 movedMessages		= #1 通のメッセージを #2 から #3 へ移動しました
 # LOCALIZATION NOTE (copiedMessages): #1 number of messages, #2 and #3: folder names
 copiedMessages		= #1 通のメッセージを #2 から #3 へコピーしました
 # LOCALIZATION NOTE (fromServerToServer): #1 source server, #2 destination server
 fromServerToServer	= #1 から #2 へ
 # LOCALIZATION NOTE (deletedFolder): #1 folder name
-deletedFolder		= #1 フォルダを削除しました
+deletedFolder		= #1 フォルダーを削除しました
 emptiedTrash		= ごみ箱を空にしました
 # LOCALIZATION NOTE (movedFolder): #1 and #2 are folder names
-movedFolder		= #1 フォルダを #2 フォルダ内へ移動しました
+movedFolder		= #1 フォルダーを #2 フォルダー内へ移動しました
 # LOCALIZATION NOTE (movedFolderToTrash): #1 is the folder name
-movedFolderToTrash	= #1 フォルダをごみ箱へ移動しました
+movedFolderToTrash	= #1 フォルダーをごみ箱へ移動しました
 # LOCALIZATION NOTE (copiedFolder): #1 and #2 are folder names
-copiedFolder		= #1 フォルダを #2 フォルダ内へコピーしました
+copiedFolder		= #1 フォルダーを #2 フォルダー内へコピーしました
 # LOCALIZATION NOTE (renamedFolder): #1 and #2 are folder names
-renamedFolder		= #1 フォルダの名前を #2 に変更しました
+renamedFolder		= #1 フォルダーの名前を #2 に変更しました
 indexing		= メッセージの索引を作成します
 # LOCALIZATION NOTE (indexingFolder): #1 is a folder name
-indexingFolder		= #1 フォルダの索引を作成します
+indexingFolder		= #1 フォルダーの索引を作成します
 indexingStatusVague	= 索引を付けるメッセージを調べています
 # LOCALIZATION NOTE (indexingFolderStatusVague): #1 is a folder name
-indexingFolderStatusVague	= #1 フォルダの索引を付けるメッセージを調べています
+indexingFolderStatusVague	= #1 フォルダーの索引を付けるメッセージを調べています
 # LOCALIZATION NOTE (indexingStatusExact):
 #   #1 is the number of the message currently being indexed
 #   #2 is the total number of messages being indexed
 #   #3 is the percentage of indexing that is complete
 indexingStatusExact	= 索引を作成しています #1 / #2 (#3% 完了)
 # LOCALIZATION NOTE (indexingFolderStatusExact):
 #   #1 is the number of the message currently being indexed
 #   #2 is the total number of messages being indexed
 #   #3 is the percentage of indexing that is complete
 #   #4 is a folder name
-indexingFolderStatusExact	= #4 フォルダの索引を作成しています #1 / #2 (#3% 完了)
+indexingFolderStatusExact	= #4 フォルダーの索引を作成しています #1 / #2 (#3% 完了)
 # LOCALIZATION NOTE (indexedFolder): #1 number of messages; #2 folder name
-indexedFolder		= #2 フォルダの #1 通のメッセージに索引を付けました
+indexedFolder		= #2 フォルダーの #1 通のメッセージに索引を付けました
 # LOCALIZATION NOTE (indexedFolderStatus): #1 number of seconds spent indexing
 indexedFolderStatus	= 処理時間 #1 秒
--- a/mail/chrome/messenger/am-archiveoptions.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-archiveoptions.dtd
@@ -1,23 +1,23 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from am-archiveoptions.xul -->
 
 <!ENTITY dialogTitle.label		"アーカイブオプション">
 <!ENTITY archiveGranularityPrefix.label	"アーカイブメッセージを次の場所に保存します:">
-<!ENTITY archiveFlat.label		"単独のフォルダ">
+<!ENTITY archiveFlat.label		"単独のフォルダー">
 <!ENTITY archiveFlat.accesskey		"s">
-<!ENTITY archiveYearly.label		"年別のフォルダ">
+<!ENTITY archiveYearly.label		"年別のフォルダー">
 <!ENTITY archiveYearly.accesskey	"Y">
-<!ENTITY archiveMonthly.label		"月別のフォルダ">
+<!ENTITY archiveMonthly.label		"月別のフォルダー">
 <!ENTITY archiveMonthly.accesskey	"M">
-<!ENTITY keepFolderStructure.label	"アーカイブされたメッセージのフォルダ構造を維持する">
+<!ENTITY keepFolderStructure.label	"アーカイブされたメッセージのフォルダー構造を維持する">
 <!ENTITY keepFolderStructure.accesskey	"K">
 <!ENTITY archiveExample.label "Example">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (archiveFolderName.label): this should match the default
      name for the "Archives" folder -->
 <!ENTITY archiveFolderName.label	"アーカイブ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (inboxFolderName.label): this should match the default
      name for the "Inbox" folder -->
 <!ENTITY inboxFolderName.label		"受信トレイ">
--- a/mail/chrome/messenger/am-copies.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-copies.dtd
@@ -1,50 +1,50 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from am-copies.xul -->
 
-<!ENTITY copyAndFolderTitle.label	"送信控えと特別なフォルダ"><!-- en-US: "Copies &amp; Folders" -->
+<!ENTITY copyAndFolderTitle.label	"送信控えと特別なフォルダー"><!-- en-US: "Copies &amp; Folders" -->
 <!ENTITY sendingPrefix.label		"送信控え">
 <!ENTITY fccMailFolder.label		"メッセージ送信時に自動的にコピーを作成する">
 <!ENTITY fccMailFolder.accesskey	"P">
-<!ENTITY fccReplyFollowsParent.label	"返信元のメッセージと同じフォルダに返信を保存する">
+<!ENTITY fccReplyFollowsParent.label	"返信元のメッセージと同じフォルダーに返信を保存する">
 <!ENTITY fccReplyFollowsParent.accesskey	"R">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (ccAddress.label): do not translate "Cc" in below line -->
 <!ENTITY ccAddress.label		"次のメールアドレスを Cc に追加する:">
 <!ENTITY ccAddress.accesskey		"C">
 <!ENTITY ccAddressList.placeholder 	"カンマ区切りで複数入力できます">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bccAddress.label): do not translate "Bcc" in below line -->
 <!ENTITY bccAddress.label		"次のメールアドレスを Bcc に追加する:">
 <!ENTITY bccAddress.accesskey		"B">
 <!ENTITY bccAddressList.placeholder	"カンマ区切りで複数入力できます">
 <!ENTITY saveMessageDlg.label		"メッセージを保存するとき確認ダイアログを表示する">
 <!ENTITY saveMessageDlg.accesskey	"w">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (sentFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY sentFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;送信済みトレイ&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY sentFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;送信済みトレイ&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY sentFolderOn.accesskey		"S">
-<!ENTITY sentInOtherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY sentInOtherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY sentInOtherFolder.accesskey	"O">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (archivesFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
 <!ENTITY archivesTitle.label		"メッセージの保管">
 <!ENTITY keepArchives.label		"アーカイブの保存先:">
 <!ENTITY keepArchives.accesskey		"K">
 <!ENTITY archiveHierarchyButton.label	"アーカイブオプション...">
 <!ENTITY archiveHierarchyButton.accesskey	"A">
-<!ENTITY archivesFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;アーカイブ&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY archivesFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;アーカイブ&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY archivesFolderOn.accesskey	"n">
-<!ENTITY archiveInOtherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY archiveInOtherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY archiveInOtherFolder.accesskey	"h">
 <!ENTITY specialFolders.label		"下書きとテンプレート">
 <!ENTITY keepDrafts2.label		"下書きの保存先:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (draftsFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY draftsFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;下書き&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY draftsFolderOn.label		"次のアカウントの &quot;下書き&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY draftsFolderOn.accesskey	"D">
-<!ENTITY draftInOtherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY draftInOtherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY draftInOtherFolder.accesskey	"t">
 <!ENTITY keepTemplates.label		"テンプレートの保存先:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (templatesFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY templatesFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;テンプレート&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY templatesFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;テンプレート&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY templatesFolderOn.accesskey	"m">
-<!ENTITY templateInOtherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY templateInOtherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY templateInOtherFolder.accesskey	"e">
--- a/mail/chrome/messenger/am-identity-edit.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-identity-edit.dtd
@@ -4,15 +4,15 @@
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (identityDialog.style): This value should be roughly
      equal to the value of accountManager.size entity minus the value
      of accountTree.width entity. -->
 <!ENTITY identityDialog.style		"min-width: 75ch;"><!-- en-US: 75ch; -->
 <!ENTITY identityListDesc.label		"差出人情報を設定してください:">
 
 <!ENTITY settingsTab.label		"設定">
-<!ENTITY copiesFoldersTab.label		"送信控えと特別なフォルダ">
+<!ENTITY copiesFoldersTab.label		"送信控えと特別なフォルダー">
 <!ENTITY addressingTab.label		"編集とアドレス入力">
 
 <!ENTITY publicData.label		"公開データ">
 <!ENTITY privateData.label		"個人データ">
 <!ENTITY identityAlias.label		"差出人ラベル:">
 <!ENTITY identityAlias.accesskey	"b">
--- a/mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-junk.dtd
@@ -2,23 +2,23 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY junkSettings.label	"迷惑メールフィルターの設定">
 <!ENTITY trainingDescription.label "フィルターを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したら、ヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されたメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。迷惑または非迷惑を学習させると、&brandShortName; が自動的に迷惑マークを付けられるようになります。">
 <!ENTITY level.label		"このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
 <!ENTITY level.accesskey	"E">
 
-<!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
+<!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダーに移動する:">
 <!ENTITY move.accesskey		"M">
-<!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY junkFolderOn.accesskey	"J">
-<!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY otherFolder.accesskey	"O">
-<!ENTITY purge1.label		"このフォルダの迷惑メールのうち">
+<!ENTITY purge1.label		"このフォルダーの迷惑メールのうち">
 <!ENTITY purge1.accesskey	"u">
 <!ENTITY purge2.label		"日以上前のものは自動的に削除する">
 
 <!ENTITY whitelistHeader.label		"送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない:">
 <!ENTITY whitelistHeader.accesskey	"D">
 
 <!ENTITY ispHeadersWarning.label	"有効にした場合、外部で分類された迷惑メールヘッダを尊重して自動的に迷惑マークを付けます。">
 <!ENTITY ispHeaders.label		"次の迷惑メールヘッダを信用する:">
--- a/mail/chrome/messenger/am-mdn.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-mdn.dtd
@@ -10,17 +10,17 @@
 <!ENTITY useCustomPrefs.label		"このアカウントでは開封確認の設定を個別に指定する">
 <!ENTITY useCustomPrefs.accesskey	"C">
 <!ENTITY requestReceipt.label		"送信メッセージについて、毎回開封確認の返送を求める">
 <!ENTITY requestReceipt.accesskey	"W">
 <!ENTITY receiptArrive.label		"開封確認が届いたとき:">
 <!ENTITY leaveIt.label			"受信トレイに残す">
 <!ENTITY leaveIt.accesskey		"I">
 <!-- LOCALIZATION NOTE moveToSent.label Translate: 'Sent' according to Netscape glossary -->
-<!ENTITY moveToSent.label		"&quot;送信済みトレイ&quot; フォルダに移動する">
+<!ENTITY moveToSent.label		"&quot;送信済みトレイ&quot; フォルダーに移動する">
 <!ENTITY moveToSent.accesskey		"M">
 <!ENTITY requestMDN.label		"開封確認の返送を求められたとき:">
 <!ENTITY returnSome.label		"必要に応じて開封確認を返送する">
 <!ENTITY returnSome.accesskey		"e">
 <!ENTITY never.label			"開封確認は一切返送しない">
 <!ENTITY never.accesskey		"N">
 <!ENTITY notInToCc.label		"メッセージの宛先や Cc に自分が含まれていない場合:">
 <!ENTITY notInToCc.accesskey		"T">
--- a/mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
@@ -1,31 +1,31 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY serverAdvanced.label		"アカウントの詳細設定">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (serverDirectory.label): Do not translate "IMAP" -->
 <!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリ:">
 <!ENTITY serverDirectory.accesskey	"d">
-<!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダのみ表示する">
+<!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダーのみ表示する">
 <!ENTITY usingSubscription.accesskey	"w">
-<!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダとメッセージ両方を含むフォルダをサーバーがサポートしている">
+<!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダーとメッセージ両方を含むフォルダーをサーバーがサポートしている">
 <!ENTITY dualUseFolders.accesskey	"f">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.label	"サーバーへの最大同時接続数">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.accesskey "M">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (namespaceDesc.label): Do not translate "IMAP" -->
 <!ENTITY namespaceDesc.label		"IMAP サーバーの名前空間を設定してください:">
 <!ENTITY personalNamespace.label	"個人名前空間:">
 <!ENTITY personalNamespace.accesskey	"P">
 <!ENTITY publicNamespace.label		"公開(共有)名前空間:">
 <!ENTITY publicNamespace.accesskey	"u">
 <!ENTITY otherUsersNamespace.label	"他のユーザーの名前空間:">
 <!ENTITY otherUsersNamespace.accesskey	"O">
 <!ENTITY overrideNamespaces.label	"サーバーによる名前空間の上書きを許可する">
 <!ENTITY overrideNamespaces.accesskey	"A">
-<!ENTITY pop3DeferringDesc.label	"このアカウントのサーバーからメールをダウンロードするとき、新着メッセージを次のフォルダに保存する:">
+<!ENTITY pop3DeferringDesc.label	"このアカウントのサーバーからメールをダウンロードするとき、新着メッセージを次のフォルダーに保存する:">
 <!ENTITY accountInbox.label		"このアカウントの受信トレイ">
 <!ENTITY accountInbox.accesskey		"s">
 <!ENTITY deferToServer.label		"別のアカウントの受信トレイ">
 <!ENTITY deferToServer.accesskey	"d">
 <!ENTITY deferGetNewMail.label		"新着メールの取得時にこのサーバーも同時に受信">
 <!ENTITY deferGetNewMail.accesskey	"I">
--- a/mail/chrome/messenger/am-server-top.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-server-top.dtd
@@ -41,17 +41,17 @@
 <!ENTITY deleteByAgeFromServer.accesskey "o">
 <!ENTITY daysEnd.label			"日以上経過したメッセージは削除する">
 <!ENTITY deleteOnServer2.label		"ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバーからも削除する">
 <!ENTITY deleteOnServer2.accesskey	"d">
 <!ENTITY downloadOnBiff.label		"新着メッセージを自動的にダウンロードする">
 <!ENTITY downloadOnBiff.accesskey	"m">
 <!ENTITY username.label			"ログイン名">
 <!ENTITY deleteMessagePrefix.label	"メッセージを削除する時:">
-<!ENTITY modelMoveToTrash.label		"次のフォルダに移動する:">
+<!ENTITY modelMoveToTrash.label		"次のフォルダーに移動する:">
 <!ENTITY modelMoveToTrash.accesskey	"o">
 <!ENTITY modelMarkDeleted.label		"削除済みとマークする">
 <!ENTITY modelMarkDeleted.accesskey	"k">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.label	"すぐに削除する">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.accesskey "d">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (expungeOnExit.label) : do not translate two of "&quot;" in below line -->
 <!ENTITY expungeOnExit.label		"終了時に受信トレイを整理 (expunge) する"><!-- &quot; 除去可 -->
 <!ENTITY expungeOnExit.accesskey	"E">
@@ -83,10 +83,10 @@
 <!ENTITY browseFolder.accesskey		"B">
 <!ENTITY browseNewsrc.label		"参照...">
 <!ENTITY browseNewsrc.accesskey		"e">
 
 <!ENTITY accountTitle.label		"アカウント設定">
 <!ENTITY accountSettingsDesc.label	"これは特殊なアカウントであり、特定の差出人情報はありません。">
 <!ENTITY storeType.label		"メッセージの格納形式:">
 <!ENTITY storeType.accesskey		"T">
-<!ENTITY mboxStore2.label		"フォルダ単位 (mbox 形式)">
+<!ENTITY mboxStore2.label		"フォルダー単位 (mbox 形式)">
 <!ENTITY maildirStore.label		"メッセージ単位 (maildir 形式)">
--- a/mail/chrome/messenger/filter.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/filter.properties
@@ -1,13 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-mustSelectFolder		=フォルダを選択してください。
+mustSelectFolder		=フォルダーを選択してください。
 enterValidEmailAddress		=正しい転送先メールアドレスを入力してください。
 pickTemplateToReplyWith		=適用するテンプレートを選択してください。
 mustEnterName			=フィルターの名前を入力してください。
 cannotHaveDuplicateFilterTitle	=フィルター名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage=入力した名前のフィルターがすでに存在します。別のフィルター名を入力してください。
 mustHaveFilterTypeTitle		=フィルターイベントが選択されていません
 mustHaveFilterTypeMessage	=このフィルターを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルターを実行したくないときは、メッセージフィルターダイアログで有効のチェックを外してください。
 deleteFilterConfirmation	=本当に選択したフィルターを削除してもよろしいですか?
@@ -79,17 +79,17 @@ filterAction7			=スターを付けました
 filterAction8			=タグを付けました
 filterAction9			=返信しました
 filterAction10			=転送しました
 filterAction11			=実行を中止しました
 filterAction12			=POP3 サーバーから削除しました
 filterAction13			=POP3 サーバーに残しました
 filterAction14			=迷惑メールスコアを設定しました
 filterAction15			=POP3 サーバーから本文を取得しました
-filterAction16			=フォルダにコピーしました
+filterAction16			=フォルダーにコピーしました
 filterAction17			=タグを付けました
 filterAction18			=無視するサブスレッドに設定しました
 filterAction19			=未読にしました
 # LOCALIZATION NOTE(filterAutoNameStr)
 # %1$S=Header or item to match, e.g. "From", "Tag", "Age in days", etc.
 # %2$S=Operator, e.g. "Contains", "is", "is greater than", etc.
 # %3$S=Value, e.g. "Steve Jobs", "Important", "42", etc.
 filterAutoNameStr		=%1$S %2$S: %3$S
--- a/mail/chrome/messenger/folderProps.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/folderProps.dtd
@@ -2,23 +2,23 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY folderProps.windowtitle.label		"プロパティ">
 
 <!ENTITY generalInfo.label			"一般情報">
 <!ENTITY folderCharsetFallback2.label		"フォールバックテキストエンコーディング:">
 <!ENTITY folderCharsetFallback2.accesskey	"E">
-<!ENTITY folderCharsetEnforce2.label		"このエンコーディングをフォルダ内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージのテキストエンコーディング指定や自動判別結果は無視されます)">
+<!ENTITY folderCharsetEnforce2.label		"このエンコーディングをフォルダー内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージのテキストエンコーディング指定や自動判別結果は無視されます)">
 <!ENTITY folderCharsetEnforce2.accesskey	"A">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFileTip2.label	"要約ファイルの索引を再構築します">
-<!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.label	"フォルダを修復">
+<!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.label	"フォルダーを修復">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.accesskey	"R">
-<!ENTITY folderRebuildSummaryFile.explanation	"フォルダの索引ファイル (.msf) が損傷し、削除したはずのメッセージが表示されてしまうことがあります。このような問題が起こったときはフォルダを修復してください。">
-<!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.label	"このフォルダのメッセージをグローバル検索の対象に含める">
+<!ENTITY folderRebuildSummaryFile.explanation	"フォルダーの索引ファイル (.msf) が損傷し、削除したはずのメッセージが表示されてしまうことがあります。このような問題が起こったときはフォルダーを修復してください。">
+<!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.label	"このフォルダーのメッセージをグローバル検索の対象に含める">
 <!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.accesskey	"G">
 
 <!ENTITY retention.label			"保管ポリシー"><!-- (^^; Retention Policy -->
 <!ENTITY retentionUseAccount.label		"アカウント設定に従う">
 <!ENTITY retentionUseAccount.accesskey		"U">
 <!-- (^^; 以下 am-offline.dtd と同一 -->
 <!ENTITY daysOld.label				"日">
 <!ENTITY message.label				"通">
@@ -30,20 +30,20 @@
 <!ENTITY retentionKeepAll.label			"メッセージを自動削除しない">
 <!ENTITY retentionKeepAll.accesskey		"A">
 <!ENTITY retentionKeepRecent.label		"最近のメッセージを次の数だけ残して削除する">
 <!ENTITY retentionKeepRecent.accesskey		"l">
 <!ENTITY retentionApplyToFlagged.label		"スター付きのメッセージは残す">
 <!ENTITY retentionApplyToFlagged.accesskey	"e">
 
 <!ENTITY folderSynchronizationTab.label		"同期">
-<!ENTITY folderCheckForNewMessages2.label	"このフォルダに新着メッセージがないか確認する"><!-- (^m^) Bug 545469#c23 参照。 en-US: When getting new messages for this account, always check this folder" -->
+<!ENTITY folderCheckForNewMessages2.label	"このフォルダーに新着メッセージがないか確認する"><!-- (^m^) Bug 545469#c23 参照。 en-US: When getting new messages for this account, always check this folder" -->
 <!ENTITY folderCheckForNewMessages2.accesskey	"c">
 
-<!ENTITY offlineFolder.check.label		"このフォルダをオフラインで使用する">
+<!ENTITY offlineFolder.check.label		"このフォルダーをオフラインで使用する">
 <!ENTITY offlineFolder.check.accesskey		"S">
 <!ENTITY offlineFolder.button.label		"今すぐダウンロード">
 <!ENTITY offlineFolder.button.accesskey		"D">
 
 <!ENTITY selectofflineNewsgroup.check.label	"このニュースグループをオフラインで使用する">
 <!ENTITY selectofflineNewsgroup.check.accesskey	"o">
 <!ENTITY offlineNewsgroup.button.label		"今すぐダウンロード">
 <!ENTITY offlineNewsgroup.button.accesskey	"D">
@@ -52,17 +52,17 @@
 <!ENTITY folderProps.name.accesskey		"N">
 <!ENTITY folderProps.location.label		"場所:">
 <!ENTITY folderProps.location.accesskey		"L">
 
 <!ENTITY folderSharingTab.label			"共有">
 <!ENTITY privileges.button.label		"アクセス権限...">
 <!ENTITY privileges.button.accesskey		"P">
 <!ENTITY permissionsDesc.label			"以下のアクセス権限があります:">
-<!ENTITY folderType.label			"フォルダの種類:">
+<!ENTITY folderType.label			"フォルダーの種類:">
 
 <!ENTITY folderQuotaTab.label			"クォータ"><!-- (^^; RFC 2087 -->
 <!ENTITY folderQuotaRoot.label			"クォータルート:">
 <!ENTITY folderQuotaUsage.label			"使用容量:">
 <!ENTITY folderQuotaStatus.label		"使用割合:">
 
 <!ENTITY numberOfMessages.label			"メッセージ数:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE: When the number of messages can't be determined, this string is displayed as the number -->
--- a/mail/chrome/messenger/folderWidgets.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/folderWidgets.properties
@@ -2,11 +2,11 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE(globalInbox)
 # %S=name of the Local folders account
 globalInbox		=共通受信トレイ (%S)
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
 verboseFolderFormat	=%1$S (%2$S)
-chooseFolder		=フォルダを選択してください...
+chooseFolder		=フォルダーを選択してください...
 chooseAccount		=アカウントを選択してください...
-noFolders		=フォルダがありません
+noFolders		=フォルダーがありません
--- a/mail/chrome/messenger/gloda.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/gloda.properties
@@ -60,19 +60,19 @@
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.account.*): Stores the account in which
 #  a message's folder is located.
 gloda.message.attr.account.facetNameLabel		=アカウント
 gloda.message.attr.account.mustMatchLabel		=#1 アカウントに該当
 gloda.message.attr.account.cantMatchLabel		=#1 アカウントを除外
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.folder.*): Stores the message folder in
 #  which the message is stored.
-gloda.message.attr.folder.facetNameLabel		=フォルダ
-gloda.message.attr.folder.mustMatchLabel		=#1 フォルダに該当
-gloda.message.attr.folder.cantMatchLabel		=#1 フォルダを除外
+gloda.message.attr.folder.facetNameLabel		=フォルダー
+gloda.message.attr.folder.mustMatchLabel		=#1 フォルダーに該当
+gloda.message.attr.folder.cantMatchLabel		=#1 フォルダーを除外
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.fromMe.*): Stores everyone involved
 #  with the message.  This means from/to/cc/bcc.
 gloda.message.attr.fromMe.facetNameLabel		=自分から
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.toMe.*): Stores everyone involved
 #  with the message.  This means from/to/cc/bcc.
 gloda.message.attr.toMe.facetNameLabel			=自分へ
--- a/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/imapMsgs.properties
@@ -6,73 +6,73 @@
 # The following are used by the imap code to display progress/status/error messages
 #
 
 #LOCALIZATION NOTE(imapAlertDialogTile): Do not translate the word "%S"
 # below. Place the word %S where the account name should appear.
 imapAlertDialogTitle		=%S アカウントの通知
 
 # Status - opening folder
-imapStatusSelectingMailbox	=%S フォルダを開いています...
+imapStatusSelectingMailbox	=%S フォルダーを開いています...
 
 # Status - create folder
-imapStatusCreatingMailbox	=フォルダを作成しています...
+imapStatusCreatingMailbox	=フォルダーを作成しています...
 
 # Status - deleting a folder
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusDeletingMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being deleted.
-imapStatusDeletingMailbox	=%S フォルダを削除しています...
+imapStatusDeletingMailbox	=%S フォルダーを削除しています...
 
 # Status - renaming mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusRenamingMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being renamed.
-imapStatusRenamingMailbox	=%S フォルダの名前を変更しています...
+imapStatusRenamingMailbox	=%S フォルダーの名前を変更しています...
 
 # Status - looking for mailboxes
-imapStatusLookingForMailbox	=フォルダを探しています...
+imapStatusLookingForMailbox	=フォルダーを探しています...
 
 # Status - subscribing to mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusSubscribeToMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being subscribed to.
-imapStatusSubscribeToMailbox	=%S フォルダに購読しています...
+imapStatusSubscribeToMailbox	=%S フォルダーに購読しています...
 
 # Status - unsubscribing from mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusUnsubscribeMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being unsubscribed from.
-imapStatusUnsubscribeMailbox	=%S フォルダの購読を解除しています...
+imapStatusUnsubscribeMailbox	=%S フォルダーの購読を解除しています...
 
 # Status - searching imap folder
-imapStatusSearchMailbox		=フォルダを検索中です...
+imapStatusSearchMailbox		=フォルダーを検索中です...
 
 # Status - closing a folder
-imapStatusCloseMailbox		=フォルダを閉じています...
+imapStatusCloseMailbox		=フォルダーを閉じています...
 
 # Status - compacting a folder
-imapStatusExpungingMailbox	=フォルダを最適化しています...
+imapStatusExpungingMailbox	=フォルダーを最適化しています...
 
 # Status - logging out
 imapStatusLoggingOut		=ログアウトしています...
 
 # Status - checking server capabilities
 imapStatusCheckCompat		=メールサーバーがサポートする機能を確認しています...
 
 # Status - logging on
 imapStatusSendingLogin		=ログイン情報を送信しています...
 
 # Status - auth logon
 imapStatusSendingAuthLogin	=ログイン情報を送信しています...
 
 imapDownloadingMessage		=メッセージをダウンロードしています...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapGettingACLForFolder): Do not translate the word "ACL" below.
-imapGettingACLForFolder		=フォルダのアクセス制御リスト (ACL) を取得しています...
+imapGettingACLForFolder		=フォルダーのアクセス制御リスト (ACL) を取得しています...
 
 imapGettingServerInfo		=サーバーの設定情報を取得しています...
 
 imapGettingMailboxInfo		=メールボックスの設定情報を取得しています...
 
 imapEmptyMimePart		=このメッセージの本文は必要に応じてダウンロードされます。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapReceivingMessageHeaders2): Do not translate the word "%S" or "%lu" below.
@@ -107,17 +107,17 @@ imapCopyingMessage		=メッセージを %S にコピーしています...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapFolderReceivingMessageOf2): Do not translate the word "%S" or "%lu" below.
 # Place the word %S in your translation where the name of the folder should appear.
 # Place the word %lu where the number of headers should appear.
 imapFolderReceivingMessageOf2	=%1$S にメッセージをダウンロードしています %2$lu/%3$lu...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapDiscoveringMailbox): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %S in your translation where the name of the folder should appear.
-imapDiscoveringMailbox		=見つかったフォルダ: %S
+imapDiscoveringMailbox		=見つかったフォルダー: %S
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapEnterPasswordPrompt): Do not translate the words %1$S and %2$S below.
 # Place the word %1$S in your translation where the username should appear.
 # Place the word %2$S in your translation where the servername should appear.
 imapEnterServerPasswordPrompt	=%2$S サーバーの %1$S のパスワードを入力してください:
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapServerNotImap4): Do not translate the word "IMAP4" below.
 imapServerNotImap4		=メールサーバー %S は IMAP4 メールサーバーではありません。
@@ -135,85 +135,85 @@ imapNetTimeoutError		=サーバー %S への接続がタイムアウトしました。
 
 # Status - no messages to download
 imapNoNewMessages		=サーバーに新着メッセージはありません。
 
 imapDefaultAccountName		=%S のメール
 
 imapSpecialChar			=この IMAP サーバーでは %c という文字は予約されています。他の名前を指定してください。
 
-imapPersonalSharedFolderTypeName	=個人用フォルダ
+imapPersonalSharedFolderTypeName	=個人用フォルダー
 
-imapPublicFolderTypeName		=公開フォルダ
+imapPublicFolderTypeName		=公開フォルダー
 
-imapOtherUsersFolderTypeName		=他ユーザーのフォルダ
+imapOtherUsersFolderTypeName		=他ユーザーのフォルダー
 
-imapPersonalFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダです。共有されていません。
+imapPersonalFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダーです。共有されていません。
 
-imapPersonalSharedFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダです。共有されています。
+imapPersonalSharedFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダーです。共有されています。
 
-imapPublicFolderTypeDescription		=公開フォルダです。
+imapPublicFolderTypeDescription		=公開フォルダーです。
 
-imapOtherUsersFolderTypeDescription	=ユーザー '%S' によって共有されているメールフォルダです。
+imapOtherUsersFolderTypeDescription	=ユーザー '%S' によって共有されているメールフォルダーです。
 
 imapAclFullRights			=フルコントロール
 
 imapAclLookupRight			=表示
 
 imapAclReadRight			=読み取り
 
 imapAclSeenRight			=既読/未読の設定
 
 imapAclWriteRight			=書き込み
 
 imapAclInsertRight			=メッセージの追加
 
 imapAclPostRight			=メッセージの送信
 
-imapAclCreateRight			=サブフォルダの作成
+imapAclCreateRight			=サブフォルダーの作成
 
 imapAclDeleteRight			=メッセージの削除
 
 imapAclAdministerRight			=アクセス権の変更
 
-imapServerDoesntSupportAcl		=このサーバーは共有フォルダをサポートしていません。
+imapServerDoesntSupportAcl		=このサーバーは共有フォルダーをサポートしていません。
 
 imapAclExpungeRight			=整理 (Expunge)
 
 imapServerDisconnected			=サーバー %S との接続が切断されました。サーバーがダウンしたか、ネットワークに問題があるかもしれません。
 
 imapSubscribePrompt			=%1$S を購読しますか?
 
 imapServerDroppedConnection		=IMAP サーバーへ接続できませんでした。このサーバーへの同時接続数の限度を超えている可能性があります。その場合は [アカウント設定] の [サーバー設定] の [詳細] でサーバーへの最大同時接続数を減らしてください。
 
-imapQuotaStatusFolderNotOpen		=フォルダが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
+imapQuotaStatusFolderNotOpen		=フォルダーが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
 
 imapQuotaStatusNotSupported		=このサーバーはクォータをサポートしていません。
 
-imapQuotaStatusNoQuota			=このフォルダにはクォータが割り当てられていません。
+imapQuotaStatusNoQuota			=このフォルダーにはクォータが割り当てられていません。
 
 imapOutOfMemory				=メモリが不足しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapCopyingMessageOf2): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %3$S in your translation where the name of the destination folder should appear.
 # Place the word %1$S where the currently copying message should appear.
 # Place the word %2$S where the total number of messages should appear.
 imapCopyingMessageOf2			=%3$S にメッセージをコピーしています %1$S / %2$S...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapMoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the the name of the folder.
-imapMoveFolderToTrash			=本当にこのフォルダを削除してもよろしいですか: '%S'
+imapMoveFolderToTrash			=本当にこのフォルダーを削除してもよろしいですか: '%S'
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapDeleteNoTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the the name of the folder.
-imapDeleteNoTrash			=このフォルダを削除するとその中のすべてのメッセージとサブフォルダが削除され、元に戻すことはできません。本当にこのフォルダを削除してもよろしいですか: '%S'
+imapDeleteNoTrash			=このフォルダーを削除するとその中のすべてのメッセージとサブフォルダーが削除され、元に戻すことはできません。本当にこのフォルダーを削除してもよろしいですか: '%S'
 
-imapDeleteFolderDialogTitle		=フォルダの削除
+imapDeleteFolderDialogTitle		=フォルダーの削除
 
-imapDeleteFolderButtonLabel		=フォルダを削除(&D)
+imapDeleteFolderButtonLabel		=フォルダーを削除(&D)
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainSSL): %S is the server hostname
 imapAuthChangeEncryptToPlainSSL		=IMAP サーバー %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangePlainToEncrypt): %S is the server hostname
 imapAuthChangePlainToEncrypt		=IMAP サーバー %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainNoSSL): %S is the server hostname
--- a/mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
@@ -58,17 +58,17 @@ 2008=作成するメールボックスの作成エラーです。メールボックス %S を見つけられません。
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (Error 2009): Do not translate the word "%S" below.
 # Place %S in your translation where the name of the mailbox should appear.
 2009=メールボックス %S のインポートエラーです。作成するメールボックスを作成できません。
 
 # Error: No destination folder to import mailboxes
 ## @name IMPORT_ERROR_MB_NODESTFOLDER
 ## @loc None
-2010=メールをインポートするフォルダを作成できません。
+2010=メールをインポートするフォルダーを作成できません。
 
 # Description: Address book field name
 ## @name IMPORT_FIELD_DESC_START
 ## @loc None
 2100=名
 
 # Description: Address book field name
 ## @name IMPORT_FIELD_DESC
--- a/mail/chrome/messenger/junkMailInfo.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/junkMailInfo.dtd
@@ -4,10 +4,10 @@
 
 <!-- (^^; 用語の関係などから対訳は無視 -->
 <!ENTITY window.title	"迷惑メールフィルターについて">
 <!ENTITY window.width	"600"><!-- en-US: 450 -->
 <!-- (^^; info1a.label と info1b.label の間に迷惑メールアイコンが表示される -->
 <!ENTITY info1a.label	"&brandShortName; には迷惑メール (スパムメール) であると思われる受信メッセージを自動的に識別する機能が備わっており、迷惑メールであると判断されたメッセージには迷惑メールアイコン">
 <!ENTITY info1b.label	"が表示されます。">
 <!ENTITY info2.label	"初めはヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを用いて、各メッセージが迷惑メールであるかどうかマークしていってください。あなたのその判断を元に迷惑メールの識別基準が作られていきます。">
-<!ENTITY info3.label	"&brandShortName; が迷惑メールを正確に判別できるようになったら、迷惑メールフィルターを用いて受信した迷惑メールを自動的に &quot;迷惑メール&quot; フォルダへ移動させると良いでしょう。">
+<!ENTITY info3.label	"&brandShortName; が迷惑メールを正確に判別できるようになったら、迷惑メールフィルターを用いて受信した迷惑メールを自動的に &quot;迷惑メール&quot; フォルダーへ移動させると良いでしょう。">
 <!ENTITY info4.label	"ヘルプをクリックすると詳細が表示されます。">
--- a/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
@@ -119,21 +119,21 @@ pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc=POP3 メールサーバー (%S) が UIDL, XTND XLST をサポートしていないため、[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。メールをダウンロードするには、[アカウント設定] の [サーバー設定] および [ディスク領域] でこれらのオプションを無効化してください。
 # Do not translate "%S". Place %S in your translation where the name of the server should appear.
 # Do not translate "TOP"
 pop3ServerDoesNotSupportTopCommand=POP3 メールサーバー (%S) が TOP コマンドをサポートしていないため、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。このオプションは無効化され、メッセージは、そのサイズに関わらずダウンロードされます。
 
 nsErrorCouldNotConnectViaTls=POP3 サーバーへの TLS 接続が確立できません。サーバーがダウンしているか、設定が正しくありません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で、このメールサーバーの設定が正しいか確認して再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (pop3MoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the the name of the folder.
-pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダを削除してもよろしいですか: %S
+pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダーを削除してもよろしいですか: %S
 
-pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダの削除
+pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダーの削除
 
-pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダを削除(&D)
+pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダーを削除(&D)
 
 pop3AuthInternalError=POP3 サーバーによる認証中に内部状態エラーが発生しました。これはアプリケーション内部の予期しないエラーです。バグとして報告してください。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainNoSSL=POP3 サーバーが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainSSL=POP3 サーバーが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 pop3AuthChangePlainToEncrypt=POP3 サーバーが平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
@@ -1,17 +1,17 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY titledefault.label			"&brandFullName;">
 <!ENTITY titleSeparator.label			" - ">
 
 <!-- File Menu -->
-<!ENTITY newFolderCmd.label			"フォルダ...">
+<!ENTITY newFolderCmd.label			"フォルダー...">
 <!ENTITY newFolderCmd.accesskey			"F">
 <!ENTITY closeTabCmd2.label			"タブを閉じる">
 <!ENTITY closeTabCmd2.accesskey			"C">
 <!ENTITY closeOtherTabsCmd2.label		"他のタブを閉じる">
 <!ENTITY closeOtherTabsCmd2.accesskey		"o">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (undoCloseTabCmd.label):
      Menu option to attempt to re-open a recently closed tab.
      -->
@@ -20,17 +20,17 @@
 
 <!ENTITY undoCloseTabCmd.commandkey		"T">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (moveToNewWindow.label):
      Menu option to cause the current tab to be migrated to a new Thunderbird
      window.
      -->
 <!ENTITY moveToNewWindow.label			"新しいウィンドウへ移動">
 <!ENTITY moveToNewWindow.accesskey		"W">
-<!ENTITY newVirtualFolderCmd.label		"検索フォルダ...">
+<!ENTITY newVirtualFolderCmd.label		"検索フォルダー...">
 <!ENTITY newVirtualFolderCmd.accesskey		"S">
 <!ENTITY newOtherAccountsCmd.label		"他のサービスのアカウント...">
 <!ENTITY newOtherAccountsCmd.accesskey		"O">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.label		"新しいメールアカウントを取得...">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.accesskey	"G">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.label	"既存のメールアカウント...">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.accesskey	"E">
 <!ENTITY newIMAccountCmd.label			"チャットアカウント...">
@@ -55,22 +55,22 @@
 <!ENTITY getNewMsgCurrentAccountCmdPopupMenu.label	"現在のアカウント">
 <!ENTITY getNewMsgCurrentAccountCmdPopupMenu.accesskey	"C">
 <!ENTITY getNextNMsgCmd.label			"次の 500 本の記事を受信">
 <!ENTITY getNextNMsgCmd.accesskey		"t">
 <!ENTITY sendUnsentCmd.label			"未送信メッセージを送信">
 <!ENTITY sendUnsentCmd.accesskey		"d">
 <!ENTITY subscribeCmd.label			"購読...">
 <!ENTITY subscribeCmd.accesskey			"b">
-<!ENTITY deleteFolder.label			"フォルダを削除">
+<!ENTITY deleteFolder.label			"フォルダーを削除">
 <!ENTITY deleteFolder.accesskey			"e">
-<!ENTITY renameFolder.label			"フォルダ名を変更...">
+<!ENTITY renameFolder.label			"フォルダー名を変更...">
 <!ENTITY renameFolder.accesskey			"R">
 <!ENTITY renameFolder.key			"VK_F2">
-<!ENTITY compactFolders.label			"フォルダを最適化">
+<!ENTITY compactFolders.label			"フォルダーを最適化">
 <!ENTITY compactFolders.accesskey		"F">
 <!ENTITY emptyTrashCmd.label			"ごみ箱を空にする">
 <!ENTITY emptyTrashCmd.accesskey		"y">
 <!ENTITY offlineMenu.label			"オフライン">
 <!ENTITY offlineMenu.accesskey			"l">
 <!ENTITY offlineGoOfflineCmd.label		"オフライン作業">
 <!ENTITY offlineGoOfflineCmd.accesskey		"w">
 <!ENTITY synchronizeOfflineCmd.label		"今すぐダウンロードして同期...">
@@ -93,33 +93,33 @@
 <!ENTITY deleteMsgCmd.label			"メッセージを削除">
 <!ENTITY deleteMsgCmd.accesskey			"D">
 <!ENTITY undeleteMsgCmd.label			"メッセージを削除しない">
 <!ENTITY undeleteMsgCmd.accesskey		"d">
 <!ENTITY deleteMsgsCmd.label			"選択したメッセージを削除">
 <!ENTITY deleteMsgsCmd.accesskey		"D">
 <!ENTITY undeleteMsgsCmd.label			"選択したメッセージを削除しない">
 <!ENTITY undeleteMsgsCmd.accesskey		"d">
-<!ENTITY deleteFolderCmd.label			"フォルダを削除">
+<!ENTITY deleteFolderCmd.label			"フォルダーを削除">
 <!ENTITY deleteFolderCmd.accesskey		"D">
 <!ENTITY unsubscribeNewsgroupCmd.label		"購読を解除">
 <!ENTITY unsubscribeNewsgroupCmd.accesskey	"b">
 <!ENTITY selectMenu.label			"選択">
 <!ENTITY selectMenu.accesskey			"S">
 <!ENTITY all.label				"すべて">
 <!ENTITY all.accesskey				"A">
 <!ENTITY selectThreadCmd.label			"スレッド">
 <!ENTITY selectThreadCmd.accesskey		"T">
 <!ENTITY selectThreadCmd.key			"a">
 <!ENTITY selectFlaggedCmd.label			"スター付きメッセージ">
 <!ENTITY selectFlaggedCmd.accesskey		"S">
 <!ENTITY menuFavoriteFolder.label		"お気に入り">
 <!ENTITY menuFavoriteFolder.accesskey		"v">
 <!ENTITY folderPropsCmd2.label			"プロパティ">
-<!ENTITY folderPropsFolderCmd2.label		"フォルダのプロパティ">
+<!ENTITY folderPropsFolderCmd2.label		"フォルダーのプロパティ">
 <!ENTITY folderPropsNewsgroupCmd2.label		"ニュースグループのプロパティ">
 <!ENTITY folderPropsCmd.accesskey		"o">
 <!ENTITY undoDeleteMsgCmd.label			"元に戻す - メッセージの削除">
 <!ENTITY redoDeleteMsgCmd.label			"やり直し - メッセージの削除">
 <!ENTITY undoMoveMsgCmd.label			"元に戻す - メッセージの移動">
 <!ENTITY redoMoveMsgCmd.label			"やり直し - メッセージの移動">
 <!ENTITY undoCopyMsgCmd.label			"元に戻す - メッセージのコピー">
 <!ENTITY redoCopyMsgCmd.label			"やり直し - メッセージのコピー">
@@ -141,40 +141,40 @@
 <!ENTITY messagePaneLayoutStyle.label		"レイアウト">
 <!ENTITY messagePaneLayoutStyle.accesskey	"L">
 <!ENTITY messagePaneClassic.label		"クラシック表示">
 <!ENTITY messagePaneClassic.accesskey		"C">
 <!ENTITY messagePaneWide.label			"横長表示">
 <!ENTITY messagePaneWide.accesskey		"W">
 <!ENTITY messagePaneVertical.label		"縦表示">
 <!ENTITY messagePaneVertical.accesskey		"V">
-<!ENTITY showFolderPaneCmd.label		"フォルダペイン">
+<!ENTITY showFolderPaneCmd.label		"フォルダーペイン">
 <!ENTITY showFolderPaneCmd.accesskey		"F">
-<!ENTITY showFolderPaneColsCmd.label		"フォルダペイン列">
+<!ENTITY showFolderPaneColsCmd.label		"フォルダーペイン列">
 <!ENTITY showFolderPaneColsCmd.accesskey	"P">
 <!ENTITY showMessageCmd.label			"メッセージペイン">
 <!ENTITY showMessageCmd.accesskey		"M">
 
-<!ENTITY folderView.label			"フォルダ">
+<!ENTITY folderView.label			"フォルダー">
 <!ENTITY folderView.accesskey			"F">
-<!ENTITY unifiedFolders.label			"統合フォルダ">
+<!ENTITY unifiedFolders.label			"統合フォルダー">
 <!ENTITY unifiedFolders.accesskey		"n">
-<!ENTITY allFolders.label			"すべてのフォルダ">
+<!ENTITY allFolders.label			"すべてのフォルダー">
 <!ENTITY allFolders.accesskey			"A">
-<!ENTITY unreadFolders.label			"未読フォルダ">
+<!ENTITY unreadFolders.label			"未読フォルダー">
 <!ENTITY unreadFolders.accesskey		"U">
-<!ENTITY favoriteFolders.label			"お気に入りフォルダ">
+<!ENTITY favoriteFolders.label			"お気に入りフォルダー">
 <!ENTITY favoriteFolders.accesskey		"F">
-<!ENTITY recentFolders.label			"最近使用したフォルダ">
+<!ENTITY recentFolders.label			"最近使用したフォルダー">
 <!ENTITY recentFolders.accesskey		"R">
 <!ENTITY compactVersion.label			"コンパクトビュー">
 <!ENTITY compactVersion.accesskey		"C">
-<!ENTITY folderPaneBar.label			"フォルダペインツールバー">
+<!ENTITY folderPaneBar.label			"フォルダーペインツールバー">
 <!ENTITY folderPaneBar.accesskey		"F">
-<!ENTITY folderModeSelector.label		"フォルダビュー">
+<!ENTITY folderModeSelector.label		"フォルダービュー">
 
 <!-- Sort Menu -->
 <!ENTITY sortMenu.label				"並べ替え順序">
 <!ENTITY sortMenu.accesskey			"S">
 <!ENTITY sortByDateCmd.label			"送信日時">
 <!ENTITY sortByDateCmd.accesskey		"e">
 <!ENTITY sortByReceivedCmd.label		"受信日時">
 <!ENTITY sortByReceivedCmd.accesskey		"v">
@@ -318,17 +318,17 @@
 <!ENTITY goBackCmd.label		"戻る">
 <!ENTITY goBackCmd.accesskey		"B">
 <!ENTITY goBackCmd.commandKey		"[">
 <!ENTITY goChatCmd.label		"チャット">
 <!ENTITY goChatCmd.accesskey		"c">
 <!ENTITY goChatCmd.key			"I">
 <!ENTITY prevStarredMsgCmd.label	"スター付きメッセージ">
 <!ENTITY prevStarredMsgCmd.accesskey	"S">
-<!ENTITY folderMenu.label		"フォルダ">
+<!ENTITY folderMenu.label		"フォルダー">
 <!ENTITY folderMenu.accesskey		"O">
 <!ENTITY goRecentlyClosedTabs.label	"最近閉じたタブ">
 <!ENTITY goRecentlyClosedTabs.accesskey	"R">
 <!ENTITY startPageCmd.label		"&brandShortName; スタートページ">
 <!ENTITY startPageCmd.accesskey		"S">
 
 <!-- Message Menu -->
 <!ENTITY msgMenu.label			"メッセージ">
@@ -367,25 +367,25 @@
 <!ENTITY forwardAsAttachmentCmd.accesskey "A">
 <!ENTITY editAsNewMsgCmd.label		"新しいメッセージとして編集">
 <!ENTITY editAsNewMsgCmd.accesskey	"E">
 <!ENTITY editAsNewMsgCmd.key		"e">
 <!ENTITY editDraftMsgCmd.label		"下書きメッセージを編集">
 <!ENTITY editDraftMsgCmd.accesskey	"D">
 <!ENTITY createFilter.label		"メッセージからフィルターを作成...">
 <!ENTITY createFilter.accesskey		"a">
-<!ENTITY moveMsgToMenu.label		"別のフォルダに移動"><!-- contextMoveMsgMenu.label と同じ動作 -->
+<!ENTITY moveMsgToMenu.label		"別のフォルダーに移動"><!-- contextMoveMsgMenu.label と同じ動作 -->
 <!ENTITY moveMsgToMenu.accesskey	"M">
 <!ENTITY moveCopyMsgRecentMenu.label	"使用履歴">
 <!ENTITY moveCopyMsgRecentMenu.accesskey	"R">
 <!ENTITY copyMessageLocation.label	"メッセージの場所をコピー">
 <!ENTITY copyMessageLocation.accesskey	"M">
-<!ENTITY copyMsgToMenu.label		"別のフォルダにコピー"><!-- contextCopyMsgMenu.label と同じ動作 -->
+<!ENTITY copyMsgToMenu.label		"別のフォルダーにコピー"><!-- contextCopyMsgMenu.label と同じ動作 -->
 <!ENTITY copyMsgToMenu.accesskey	"C">
-<!ENTITY moveToFolderAgain.label	"前回と同じフォルダに移動"><!-- messenger.properties/moveToFolderAgain.label に置き換わる -->
+<!ENTITY moveToFolderAgain.label	"前回と同じフォルダーに移動"><!-- messenger.properties/moveToFolderAgain.label に置き換わる -->
 <!ENTITY moveToFolderAgain.accesskey	"i">
 <!ENTITY moveToFolderAgainCmd.key	"m">
 <!ENTITY killThreadMenu.label		"スレッドを無視">
 <!ENTITY killThreadMenu.accesskey	"I">
 <!ENTITY killThreadMenu.key		"k">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.label	"サブスレッドを無視">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.accesskey	"S">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.key		"k">
@@ -470,23 +470,23 @@
 <!ENTITY imStatus.showAccounts		"アカウントを表示...">
 <!ENTITY joinChatCmd.label		"チャットに参加...">
 <!ENTITY joinChatCmd.accesskey		"t">
 <!ENTITY savedFiles.label		"保存したファイル">
 <!ENTITY savedFiles.accesskey		"l">
 <!ENTITY savedFiles.key			"j">
 <!ENTITY filtersCmd2.label		"メッセージフィルター">
 <!ENTITY filtersCmd2.accesskey		"F">
-<!ENTITY filtersApply.label		"フォルダにフィルターを適用">
+<!ENTITY filtersApply.label		"フォルダーにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApply.accesskey		"R">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.label	"選択しているメッセージにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.accesskey	"u">
 <!ENTITY filtersApplyToMessage.label	"メッセージにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApplyToMessage.accesskey	"u">
-<!ENTITY runJunkControls.label		"迷惑メールフィルターを実行"><!-- (^^; "フォルダに" 削除 -->
+<!ENTITY runJunkControls.label		"迷惑メールフィルターを実行"><!-- (^^; "フォルダーに" 削除 -->
 <!ENTITY runJunkControls.accesskey	"C">
 <!ENTITY deleteJunk.label		"迷惑メールとマークされたメールを削除">
 <!ENTITY deleteJunk.accesskey		"D">
 <!ENTITY importCmd.label		"設定とデータのインポート...">
 <!ENTITY importCmd.accesskey		"m">
 <!ENTITY clearRecentHistory.label	"最近の履歴を消去...">
 <!ENTITY clearRecentHistory.accesskey	"H">
 <!ENTITY accountManagerCmd2.label	"アカウント設定">
@@ -550,53 +550,53 @@
 <!ENTITY junkItem.title			"迷惑メール">
 <!ENTITY junkButton.label		"迷惑メール">
 <!ENTITY notJunkButton.label		"非迷惑メール">
 <!ENTITY addressBookButton.label	"アドレス帳">
 <!ENTITY chatButton.label		"チャット">
 <!ENTITY glodaSearch.title		"グローバル検索">
 <!ENTITY searchItem.title		"簡易検索">
 <!ENTITY mailViewsToolbarItem.title	"絞り込みバー">
-<!ENTITY folderLocationToolbarItem.title "フォルダバー">
+<!ENTITY folderLocationToolbarItem.title "フォルダーバー">
 <!ENTITY tagButton.label		"タグ">
 <!ENTITY compactButton.label		"最適化">
 <!ENTITY appmenuButton.label		"アプリメニュー">
 
 <!-- Mail Toolbar Tooltips -->
 <!ENTITY advancedButton.tooltip		"メッセージを詳細に検索します">
 <!ENTITY getMsgButton.tooltip		"メッセージを受信します">
 <!ENTITY getAllNewMsgCmd.label		"新着メッセージをすべて受信">
 <!ENTITY getAllNewMsgCmd.accesskey	"G">
 <!ENTITY newMsgButton.tooltip		"新しいメッセージを作成します">
 <!ENTITY replyButton.tooltip		"メッセージに返信します">
 <!ENTITY replyAllButton.tooltip		"送受信者全員に返信します">
 <!ENTITY replyListButton.tooltip	"メーリングリストに返信します">
 <!ENTITY forwardButton.tooltip		"メッセージを転送します">
 <!ENTITY forwardAsInline.tooltip	"選択したメッセージをメッセージ本文として転送します">
 <!ENTITY forwardAsAttachment.tooltip	"選択したメッセージを添付ファイルとして転送します">
-<!ENTITY fileButton.tooltip		"メッセージを別のフォルダに移します">
+<!ENTITY fileButton.tooltip		"メッセージを別のフォルダーに移します">
 <!ENTITY archiveButton.tooltip		"選択したメッセージをアーカイブに移動します">
 <!ENTITY openConversationButton.tooltip	"選択したメッセージのスレッドを表示します">
 <!ENTITY nextButton.tooltip		"次の未読メッセージに移動します">
 <!ENTITY nextMsgButton.tooltip		"次のメッセージに移動します">
 <!ENTITY previousButton.tooltip		"前の未読メッセージに移動します">
 <!ENTITY previousMsgButton.tooltip	"前のメッセージに移動します">
 <!ENTITY goForwardButton.tooltip	"メッセージ表示履歴を次に進みます"><!-- 一つ次以外も -->
 <!ENTITY goBackButton.tooltip		"メッセージ表示履歴を前に戻ります"><!-- 一つ前以外も -->
-<!ENTITY deleteButton.tooltip		"メッセージまたはフォルダを削除します">
+<!ENTITY deleteButton.tooltip		"メッセージまたはフォルダーを削除します">
 <!ENTITY undeleteButton.tooltip		"メッセージの削除を元に戻します">
 <!ENTITY markButton.tooltip		"メッセージにマークを付けます">
 <!ENTITY printButton.tooltip		"メッセージを印刷します">
 <!ENTITY stopButton.tooltip		"送受信処理を中止します">
 <!ENTITY junkButton.tooltip		"メッセージに迷惑マークを付けます">
 <!ENTITY notJunkButton.tooltip		"メッセージの迷惑マークを外します">
 <!ENTITY addressBookButton.tooltip	"アドレス帳を開きます">
 <!ENTITY chatButton.tooltip		"チャットタブを開きます">
 <!ENTITY tagButton.tooltip		"メッセージにタグを付けます">
-<!ENTITY compactButton.tooltip		"削除したメッセージをフォルダから消去します"><!-- (^^; わかりにくい... -->
+<!ENTITY compactButton.tooltip		"削除したメッセージをフォルダーから消去します"><!-- (^^; わかりにくい... -->
 <!ENTITY appmenuButton1.tooltip		"&brandShortName; のメニューを表示します">
 
 <!-- Toolbar Button Popup -->
 <!ENTITY buttonMenuForwardAsInline.label	"メッセージ本文として転送"><!-- en-US: "Forward Inline" -->
 <!ENTITY buttonMenuForwardAsAttachment.label	"添付ファイルとして転送">
 
 <!-- Remote Content Button Popup -->
 <!ENTITY remoteContentOptionsAllowForMsg.label		"このメッセージ内のリモートコンテンツを表示する">
@@ -636,43 +636,43 @@
 
 <!-- Folder Pane Context Menu -->
 <!ENTITY folderContextGetMessages.label			"メッセージを受信する">
 <!ENTITY folderContextGetMessages.accesskey		"G">
 <!ENTITY folderContextOpenInNewWindow.label		"新しいウィンドウで開く">
 <!ENTITY folderContextOpenInNewWindow.accesskey		"O">
 <!ENTITY folderContextOpenNewTab.label			"新しいタブで開く">
 <!ENTITY folderContextOpenNewTab.accesskey		"T">
-<!ENTITY folderContextNew.label				"新しいサブフォルダ...">
+<!ENTITY folderContextNew.label				"新しいサブフォルダー...">
 <!ENTITY folderContextNew.accesskey			"N">
 <!ENTITY folderContextRename.label			"名前を変更">
 <!ENTITY folderContextRename.accesskey			"R">
 <!ENTITY folderContextRemove.label			"削除">
 <!ENTITY folderContextRemove.accesskey			"D">
 <!ENTITY folderContextCompact.label			"最適化">
 <!ENTITY folderContextCompact.accesskey			"C">
 <!ENTITY folderContextEmptyTrash.label			"ごみ箱を空にする">
 <!ENTITY folderContextEmptyTrash.accesskey		"y">
-<!ENTITY folderContextEmptyJunk.label			"迷惑メールフォルダを空にする">
+<!ENTITY folderContextEmptyJunk.label			"迷惑メールフォルダーを空にする">
 <!ENTITY folderContextEmptyJunk.accesskey		"J">
 <!ENTITY folderContextSendUnsentMessages.label		"未送信メッセージを送信">
 <!ENTITY folderContextSendUnsentMessages.accesskey	"d">
 <!ENTITY folderContextUnsubscribe.label			"購読を解除">
 <!ENTITY folderContextUnsubscribe.accesskey		"U">
 <!ENTITY folderContextMarkNewsgroupRead.label		"ニュースグループを既読にする">
 <!ENTITY folderContextMarkNewsgroupRead.accesskey	"k">
-<!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.label		"フォルダを既読にする">
+<!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.label		"フォルダーを既読にする">
 <!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.accesskey	"k">
 <!ENTITY folderContextSubscribe.label			"購読...">
 <!ENTITY folderContextSubscribe.accesskey		"b">
 <!ENTITY folderContextSearchForMessages.label		"メッセージを検索...">
 <!ENTITY folderContextSearchForMessages.accesskey	"S">
 <!ENTITY folderContextProperties2.label			"プロパティ">
 <!ENTITY folderContextProperties2.accesskey		"P">
-<!ENTITY folderContextFavoriteFolder.label		"お気に入りフォルダ">
+<!ENTITY folderContextFavoriteFolder.label		"お気に入りフォルダー">
 <!ENTITY folderContextFavoriteFolder.accesskey		"a">
 <!ENTITY folderContextSettings2.label			"設定">
 <!ENTITY folderContextSettings2.accesskey		"e">
 
 <!-- Search Bar-->
 <!ENTITY SearchNameOrEmail.label		"名前やメールに含まれる単語:">
 <!ENTITY SearchNameOrEmail.accesskey		"N">
 
@@ -681,17 +681,17 @@
 
 <!-- Quick Search Menu Bar -->
 <!ENTITY searchSubjectMenu.label		"件名">
 <!ENTITY searchFromMenu.label			"差出人">
 <!ENTITY searchSubjectOrFromMenu.label		"件名または差出人">
 <!ENTITY searchRecipient.label			"宛先または Cc">
 <!ENTITY searchSubjectOrRecipientMenu.label	"件名、宛先または Cc">
 <!ENTITY searchMessageBody.label		"メッセージ本文">
-<!ENTITY saveAsVirtualFolderMenu.label		"検索フォルダとして保存...">
+<!ENTITY saveAsVirtualFolderMenu.label		"検索フォルダーとして保存...">
 
 <!-- Thread Pane -->
 <!ENTITY threadColumn.label		"スレッド">
 <!ENTITY fromColumn.label		"差出人">
 <!ENTITY recipientColumn.label		"受信者">
 <!ENTITY correspondentColumn.label	"通信相手">
 <!ENTITY subjectColumn.label		"件名">
 <!ENTITY dateColumn.label		"送信日時">
@@ -701,17 +701,17 @@
 <!ENTITY statusColumn.label		"状態">
 <!ENTITY sizeColumn.label		"サイズ">
 <!ENTITY junkStatusColumn.label		"迷惑マーク">
 <!ENTITY unreadColumn.label		"未読">
 <!ENTITY totalColumn.label		"合計">
 <!ENTITY readColumn.label		"既読">
 <!ENTITY receivedColumn.label		"受信日時">
 <!ENTITY starredColumn.label		"スター">
-<!ENTITY locationColumn.label		"フォルダ">
+<!ENTITY locationColumn.label		"フォルダー">
 <!ENTITY idColumn.label			"受信順">
 <!ENTITY attachmentColumn.label		"添付">
 
 <!-- Thread Pane Tooltips -->
 <!ENTITY columnChooser2.tooltip		"表示する列を選択します">
 <!ENTITY threadColumn2.tooltip		"メッセージをスレッド形式で表示します">
 <!ENTITY fromColumn2.tooltip		"差出人で並べ替えます">
 <!ENTITY recipientColumn2.tooltip	"受信者で並べ替えます">
@@ -724,32 +724,32 @@
 <!ENTITY statusColumn2.tooltip		"状態で並べ替えます">
 <!ENTITY sizeColumn2.tooltip		"サイズで並べ替えます">
 <!ENTITY junkStatusColumn2.tooltip	"迷惑マークの有無で並べ替えます">
 <!ENTITY unreadColumn2.tooltip		"スレッドの未読メッセージ数">
 <!ENTITY totalColumn2.tooltip		"スレッドの合計メッセージ数">
 <!ENTITY readColumn2.tooltip		"既読かどうかで並べ替えます">
 <!ENTITY receivedColumn2.tooltip	"受信日時で並べ替えます">
 <!ENTITY starredColumn2.tooltip		"スターの有無で並べ替えます">
-<!ENTITY locationColumn2.tooltip	"フォルダで並べ替えます">
+<!ENTITY locationColumn2.tooltip	"フォルダーで並べ替えます">
 <!ENTITY idColumn2.tooltip		"受信順で並べ替えます">
 <!ENTITY attachmentColumn2.tooltip	"添付の有無で並べ替えます">
 
 <!-- Thread Pane Context Menu -->
 <!ENTITY contextOpenNewWindow.label		"新しいウィンドウでメッセージを開く">
 <!ENTITY contextOpenNewWindow.accesskey		"W">
 <!-- The key potentially conflicts with cutCmd.accessKey which is defined in
      textcontext.dtd from toolkit. Right now, both menu items can't be visible
      at the same time, but should someone enable copy/paste of message, this key
      would probably need to be changed. -->
 <!ENTITY contextOpenNewTab.label		"新しいタブでメッセージを開く">
 <!ENTITY contextOpenNewTab.accesskey		"T">
 <!ENTITY contextOpenConversation.label		"新しいタブでスレッドを開く"><!-- en-US: "Open Message in Conversation" -->
 <!ENTITY contextOpenConversation.accesskey	"n">
-<!ENTITY contextOpenContainingFolder.label	"メッセージを含むフォルダを開く">
+<!ENTITY contextOpenContainingFolder.label	"メッセージを含むフォルダーを開く">
 <!ENTITY contextOpenContainingFolder.accesskey	"n">
 <!ENTITY contextEditMsgAsNew.label		"新しいメッセージとして編集">
 <!ENTITY contextEditMsgAsNew.accesskey		"E">
 <!ENTITY contextEditDraftMsg.label		"下書きメッセージを編集">
 <!ENTITY contextArchive.label			"アーカイブ">
 <!ENTITY contextArchive.accesskey		"h">
 <!ENTITY contextReplySender.label		"送信者だけに返信">
 <!ENTITY contextReplySender.accesskey		"R">
@@ -801,47 +801,47 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (columnPicker.applyTo.label):
      This option in the thread pane column picker pops up a sub-menu containing
      the "columnPicker.applyToFolder.label" and
      "columnPicker.applyToFolderAndChildren.label" options. This item indicates
      a desire to apply the currently displayed set of columns to some other
      folder(s). The sub-menu items indicate whether we want to apply it to just
      a folder or also its children.
   -->
-<!ENTITY columnPicker.applyTo.label		"他のフォルダにも適用...">
+<!ENTITY columnPicker.applyTo.label		"他のフォルダーにも適用...">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (columnPicker.applyToFolder.label):
      This option in the thread pane column picker is found on a sub-menu beneath
      the "columnPicker.applyTo.label" alongside
      "columnPicker.applyToFolderAndChildren.label". It indicates a desire to
      apply the currently display thread pane column settings to a single folder
      that the user selects using the same widget as the move to/copy to
      mechanism (via a series of popups).
   -->
-<!ENTITY columnPicker.applyToFolder.label	"フォルダ...">
+<!ENTITY columnPicker.applyToFolder.label	"フォルダー...">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (columnPicker.applyToFolderAndChildren.label):
      This option in the thread pane column picker is found on a sub-menu beneath
      the "columnPicker.applyTo.label" alongside
      "columnPicker.applyToFolder.label". It indicates a desire to
      apply the currently display thread pane column settings to a folder and all
      of its descendents. The user selects the folder using the same widget as the
      move to/copy to mechanism (via a series of popups).
   -->
-<!ENTITY columnPicker.applyToFolderAndChildren.label	"フォルダ全体 (サブフォルダも含む)...">
+<!ENTITY columnPicker.applyToFolderAndChildren.label	"フォルダー全体 (サブフォルダーも含む)...">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (columnPicker.thisFolder.label):
      This is used in the folder selection widget for the
      "columnPicker.applyToFolder.label" and
      "columnPicker.applyToFolderAndChildren.label" menu options. Whenever
      a folder has children, it results in a menu popup; the first menu item
      in that popup is given this label to indicate that that folder should be
      selected. For example, if folder "A" has two children, "B" and "C", then
      when the user hovers over "A", a new popup menu will be displayed whose
      items are "This folder", "B", and "C". This is the equivalent of the
      "File here" option for the move to/copy to widget.
   -->
-<!ENTITY columnPicker.thisFolder.label		"このフォルダ">
+<!ENTITY columnPicker.thisFolder.label		"このフォルダー">
 
 
 <!-- Media (video/audio) controls -->
 <!ENTITY contextPlay.label		"再生">
 <!ENTITY contextPlay.accesskey		"P">
 <!ENTITY contextPause.label		"一時停止">
 <!ENTITY contextPause.accesskey		"P">
 <!ENTITY contextMute.label		"ミュート">
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.properties
@@ -6,24 +6,24 @@
 #
 
 #LOCALIZATION NOTE(statusMessage): Do not translate the words
 # $1S and $2S below. Place the word $1S where account name should appear and $2S
 # where the status message should appear.
 statusMessage			=%1$S: %2$S
 
 removeAccount			=アカウントの削除...
-newFolderMenuItem		=フォルダ...
-newSubfolderMenuItem		=サブフォルダ...
-newFolder			=新しいフォルダ...
-newSubfolder			=新しいサブフォルダ...
+newFolderMenuItem		=フォルダー...
+newSubfolderMenuItem		=サブフォルダー...
+newFolder			=新しいフォルダー...
+newSubfolder			=新しいサブフォルダー...
 # (^^; en-US: plural forms を使用。(markFolderRead, markNewsgroupRead)
-markFolderRead			=フォルダを既読にする
+markFolderRead			=フォルダーを既読にする
 markNewsgroupRead		=ニュースグループを既読にする
-folderProperties		=フォルダのプロパティ
+folderProperties		=フォルダーのプロパティ
 newTag				=新しいタグ...
 # LOCALIZATION NOTE (getNextNewsMessages): Semi-colon list of plural forms.
 # #1 is the number of news messages to get.
 getNextNewsMessages		=次の #1 本の記事を受信する
 advanceNextPrompt		=%S 内の次の未読メッセージを開きますか?
 titleNewsPreHost		=:
 replyToSender			=送信者に返信
 reply				=返信
@@ -33,17 +33,17 @@ OpenEMLFiles			=メッセージを開く
 # in the line below. Also, the complete file name should be 8.3.
 defaultSaveMessageAsFileName	=message.eml
 # LOCALIZATION NOTE(longMsgSubjectTruncator): A suffix string appended to the filename
 # (created from message subject) if it needed to be truncated due to length.
 longMsgSubjectTruncator		=...
 SaveMailAs			=名前を付けてメッセージを保存
 SaveAttachment			=添付ファイルを保存
 SaveAllAttachments		=添付ファイルをすべて保存
-ChooseFolder			=フォルダの選択
+ChooseFolder			=フォルダーの選択
 LoadingMessageToPrint		=印刷するメッセージを読み込んでいます...
 MessageLoaded			=メッセージを読み込みました...
 PrintingMessage			=メッセージを印刷しています...
 PrintPreviewMessage		=メッセージの印刷プレビューを表示しています...
 PrintingContact			=連絡先を印刷しています...
 PrintPreviewContact		=連絡先の印刷プレビューを表示しています...
 PrintingAddrBook		=アドレス帳を印刷しています...
 PrintPreviewAddrBook		=アドレス帳の印刷プレビューを表示しています...
@@ -56,54 +56,54 @@ saveMessageFailed		=メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 fileExists			=%S はすでに存在します。置き換えますか?
 # LOCALIZATION NOTE(failedToReadFile): %1$S is replaced by the file name, %2$S is replaced by the reason the file load failed.
 failedToReadFile		=%1$S ファイルの読み込みに失敗しました: %2$S
 
 downloadingNewsgroups		=オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
 downloadingMail			=オフラインで使用するメールをダウンロードしています
 sendingUnsent			=未送信メールを送信しています
 
-folderExists			=その名前のフォルダはすでに存在します。他の名前を入力してください。
+folderExists			=その名前のフォルダーはすでに存在します。他の名前を入力してください。
 # LOCALIZATION NOTE(confirmDuplicateFolderRename): %1$S is name of folder being moved, %2$S is parent folder name, %3$S is proposed new folder name
-confirmDuplicateFolderRename	='%2$S' フォルダ内に '%1$S' という名前のサブフォルダがすでに存在します。このフォルダを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
-folderCreationFailed		=フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
+confirmDuplicateFolderRename	='%2$S' フォルダー内に '%1$S' という名前のサブフォルダーがすでに存在します。このフォルダーを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
+folderCreationFailed		=フォルダー名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
-compactingFolder		=%S フォルダを最適化しています...
+compactingFolder		=%S フォルダーを最適化しています...
 # LOCALIZATION NOTE(compactingDone): %1$S is the compaction gain.
-compactingDone			=フォルダの最適化を完了しました (約 %1$S 節約)。
-autoCompactAllFoldersTitle	=フォルダの最適化
+compactingDone			=フォルダーの最適化を完了しました (約 %1$S 節約)。
+autoCompactAllFoldersTitle	=フォルダーの最適化
 # LOCALIZATION NOTE(autoCompactAllFoldersText): %1$S is the compaction gain.
-autoCompactAllFoldersText	=ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか? 約 %1$S 節約できます。
-autoCompactAlwaysAskCheckbox	=自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
+autoCompactAllFoldersText	=ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダーとオフラインフォルダーを最適化しますか? 約 %1$S 節約できます。
+autoCompactAlwaysAskCheckbox	=自動的にフォルダーを最適化する前に常に確認する
 compactNowButton		=今すぐ最適化(&M)
 
-confirmFolderDeletionForFilter	=%S フォルダを削除すると関連付けられたフィルターが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
-alertFilterChanged		=このフォルダに関連付けられたフィルターは更新されます。
-filterDisabled			=%S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルターは無効になります。フォルダが存在しており、フィルターが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
-filterFolderDeniedLocked	=他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。
-parsingFolderFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
-deletingMsgsFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
+confirmFolderDeletionForFilter	=%S フォルダーを削除すると関連付けられたフィルターが無効になります。本当にこのフォルダーを削除しますか?
+alertFilterChanged		=このフォルダーに関連付けられたフィルターは更新されます。
+filterDisabled			=%S フォルダーが見つからなかったので、このフォルダーに関連付けられたフィルターは無効になります。フォルダーが存在しており、フィルターが有効な対象フォルダーを指していることを確認してください。
+filterFolderDeniedLocked	=他の処理が進行中のため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。
+parsingFolderFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダーを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダーを選択してください。
+deletingMsgsFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダーを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
 alertFilterCheckbox		=この警告を再び表示しない
-compactFolderDeniedLock		=他の処理が進行中のため %S フォルダを最適化できませんでした。後で再度試してください。
-compactFolderWriteFailed	=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-compactFolderInsufficientSpace	=ディスクに十分な空き領域が足りないため、一部のフォルダ ('%S') が最適化できません。不要なファイルを削除するなどして再度試してください。
-filterFolderHdrAddFailed	=メッセージをフォルダに追加できなかったため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。フォルダが正しく表示されているか確認し、フォルダのプロパティからフォルダの修復を試してください。
-filterFolderWriteFailed		=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-copyMsgWriteFailed		=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
+compactFolderDeniedLock		=他の処理が進行中のため %S フォルダーを最適化できませんでした。後で再度試してください。
+compactFolderWriteFailed	=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+compactFolderInsufficientSpace	=ディスクに十分な空き領域が足りないため、一部のフォルダー ('%S') が最適化できません。不要なファイルを削除するなどして再度試してください。
+filterFolderHdrAddFailed	=メッセージをフォルダーに追加できなかったため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。フォルダーが正しく表示されているか確認し、フォルダーのプロパティからフォルダーの修復を試してください。
+filterFolderWriteFailed		=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+copyMsgWriteFailed		=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダーを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
 cantMoveMsgWOBodyOffline	=オフライン作業の間は、オフラインで使用できるようダウンロードしたメッセージ以外は移動やコピーできません。メールウィンドウの [ファイル] メニューを開き、[オフライン] を選択して [オンラインにする] のチェックを外してから再度試してください。
 # (^^; en-US 間違ってると思われる。-> fixed? (Bug 671726)
-operationFailedFolderBusy	=フォルダが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
-folderRenameFailed		=フォルダの名前を変更できませんでした。フォルダ名が変更されたか、新しい名前がフォルダ名として正しくないかもしれません。
+operationFailedFolderBusy	=フォルダーが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
+folderRenameFailed		=フォルダーの名前を変更できませんでした。フォルダー名が変更されたか、新しい名前がフォルダー名として正しくないかもしれません。
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
-verboseFolderFormat		=%2$S の %1$S フォルダ
+verboseFolderFormat		=%2$S の %1$S フォルダー
 # LOCALIZATION NOTE(filterFolderTruncateFailed): %1$S is replaced by the folder name, %2$S is replaced by the brandShortName
-filterFolderTruncateFailed	=%1$S フォルダのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
+filterFolderTruncateFailed	=%1$S フォルダーのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
 
-mailboxTooLarge			=%S フォルダが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダを最適化してください。
-outOfDiskSpace			=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダを最適化するなどして再度試してください。
+mailboxTooLarge			=%S フォルダーが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダーを最適化してください。
+outOfDiskSpace			=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダーを最適化するなどして再度試してください。
 errorGettingDB			=%S の要約ファイルを開けませんでした。ディスクエラーが発生したか、ファイルのフルパスが長すぎます。
 defaultServerTag		=(既定)
 
 # Used in message database list view to provide a text value for graphic based cells.
 messageUnread		 	=未読
 messageHasFlag		 	=スター付き
 messageHasAttachment	 	=添付ファイルあり
 messageJunk		 	=迷惑メール
@@ -161,25 +161,25 @@ getMsgButtonTooltip.listSeparator	=,\u00
 
 # status feedback stuff
 documentDone			=
 documentLoading			=メッセージを読み込んでいます...
 
 # LOCALIZATION NOTE (autosyncProgress): Do not translate the word "%1$S" or "%2$S" below.
 # Place the word %1$S in your translation where the name of the comma separated folders should appear.
 # Place the word %2$S in your translation where the name of the comma separated accounts should appear.
-autosyncProgress		=%2$S アカウントの %1$S フォルダ中のメッセージを同期しています...
+autosyncProgress		=%2$S アカウントの %1$S フォルダー中のメッセージを同期しています...
 
 unreadMsgStatus			=未読数: %S
 selectedMsgStatus		=選択数: %S
 totalMsgStatus			=合計: %S
 
 # localized folder names
 
-localFolders			=ローカルフォルダ
+localFolders			=ローカルフォルダー
 
 # LOCALIZATION NOTE (inboxFolderName): OK to translate all foldernames, bugzilla #57440 & bugzilla #23625 fixed
 inboxFolderName			=受信トレイ
 trashFolderName			=ごみ箱
 sentFolderName			=送信済みトレイ
 draftsFolderName		=下書き
 templatesFolderName		=テンプレート
 outboxFolderName		=送信トレイ
@@ -295,17 +295,17 @@ mail.addr_book.show_phonetic_fields	=tru
 mailnews.search_date_format		=0
 # separator for search date (e.g. "/", "-"), or empty when search_date_format is zero
 mailnews.search_date_separator		=
 # leading zeros for day and month values, not used if mailnews.search_date_format is not zero
 mailnews.search_date_leading_zeros	=true
 
 # offline msg
 ## en-US 無視
-nocachedbodybody2			=このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、[ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オフライン作業] のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[同期とディスク領域] で設定できます。
+nocachedbodybody2			=このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、[ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オフライン作業] のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダーとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[同期とディスク領域] で設定できます。
 
 # accountCentral
 mailnews.account_central_page.url=chrome://messenger/content/msgAccountCentral.xul
 # LOCALIZATION NOTE(acctCentralTitleFormat): %1$S is brand, %2$S is account type, %3$S is account name
 acctCentralTitleFormat			=%1$S %2$S - %3$S
 mailAcctType				=Mail
 newsAcctType				=News
 feedsAcctType				=Feeds
@@ -441,17 +441,17 @@ percent					=%S%%
 quotaTooltip				=IMAP クォータ: ディスク領域の割り当て %2$S KB 中の %1$S KB 使用しています。クリックすると詳細を表示します。
 
 # for message views
 confirmViewDeleteTitle			=確認
 confirmViewDeleteMessage		=本当にこの絞り込み条件を削除しますか?
 
 # for virtual folders
 confirmSavedSearchTitle			=削除の確認
-confirmSavedSearchDeleteMessage		=本当にこの検索フォルダを削除しますか?
+confirmSavedSearchDeleteMessage		=本当にこの検索フォルダーを削除しますか?
 
 ## @name ENTER_PASSWORD_PROMPT
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (passwordPrompt): Do not translate the word %S below.
 # Place the word "%S" in your translation where the email address
 # or the username should appear
 passwordPrompt				=%2$S 上の %1$S のパスワードを入力してください:
 
@@ -474,22 +474,22 @@ openTabWarningConfirmation		=#1 件のメッセージを開くには時間がかかります。本当に開きますか?
 # for warning the user that a tag they're trying to create already exists
 tagExists				=この名前のタグはすでに存在します。
 
 # title of the edit tag dialog
 editTagTitle				=タグの編集
 
 # for the virtual folder list dialog title
 # %S is the name of the saved search folder
-editVirtualFolderPropertiesTitle	=検索フォルダ %S のプロパティを変更
+editVirtualFolderPropertiesTitle	=検索フォルダー %S のプロパティを変更
 # LOCALIZATION NOTE (foldersChosen): #1 number of chosen folders
-virtualFolderSourcesChosen		=#1 個のフォルダを選択しています
+virtualFolderSourcesChosen		=#1 個のフォルダーを選択しています
 
 #alert to inform the user to choose one or more folders to search for a saved search folder
-alertNoSearchFoldersSelected		=検索対象フォルダを 1 つ以上選択してください。
+alertNoSearchFoldersSelected		=検索対象フォルダーを 1 つ以上選択してください。
 
 # These are displayed in the message and folder pane windows
 # LOCALIZATION NOTE %.*f is the abbreviated size in the appropriate units
 byteAbbreviation2			=%.*f バイト
 kiloByteAbbreviation2			=%.*f KB
 megaByteAbbreviation2			=%.*f MB
 gigaByteAbbreviation2			=%.*f GB
 
@@ -507,17 +507,17 @@ folderWithUnreadMsgs			=%1$S (%2$S)
 ## This string shows an indication that the value shown is actually a summary
 ## accumulated from all subfolders.
 ## %S = summarized value from all subfolders
 folderSummarizedSymbolValue		=▾%S
 ## LOCALIZATION NOTE(subfoldersExplanation):
 ## This is a tooltip message shown on the values in the numeric folder pane columns.
 ## %1$S = is the count of messages having the respective property, found in the folder under mouse cursor
 ## %2$S = is the count of messages having the respective property, found in subfolders of the folder under mouse cursor
-subfoldersExplanation			=このフォルダ内に %1$S 通、サブフォルダ内に %2$S 通
+subfoldersExplanation			=このフォルダー内に %1$S 通、サブフォルダー内に %2$S 通
 
 # Error message if message for a message id wasn't found
 errorOpenMessageForMessageIdTitle	=message-id エラー
 errorOpenMessageForMessageIdMessage	=message-id %S のメッセージが見つかりませんでした
 
 # Warnings to alert users about phishing urls
 confirmPhishingTitle			=詐欺メールの警告
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the brand name, %2$S is the host name of the url being visited
@@ -538,25 +538,25 @@ updatesItem_downloading.accesskey	=D
 updatesItem_resume			=ダウンロードを再開: %S...
 updatesItem_resumeFallback		=更新のダウンロードを再開...
 updatesItem_resume.accesskey		=D
 updatesItem_pending			=ダウンロードした更新を今すぐ適用...
 updatesItem_pendingFallback		=ダウンロードした更新を今すぐ適用...
 updatesItem_pending.accesskey		=D
 
 # Folder Pane Header Title Strings
-folderPaneModeHeader_all		=すべてのフォルダ
-folderPaneModeHeader_unread		=未読フォルダ
-folderPaneModeHeader_unread_compact	=未読フォルダ - コンパクト
-folderPaneModeHeader_favorite		=お気に入りフォルダ
-folderPaneModeHeader_favorite_compact	=お気に入りフォルダ - コンパクト
-folderPaneModeHeader_recent		=最近使用したフォルダ
-folderPaneModeHeader_recent_compact	=最近使用したフォルダ - コンパクト
-folderPaneModeHeader_smart		=統合フォルダ
-unifiedAccountName			=統合フォルダ
+folderPaneModeHeader_all		=すべてのフォルダー
+folderPaneModeHeader_unread		=未読フォルダー
+folderPaneModeHeader_unread_compact	=未読フォルダー - コンパクト
+folderPaneModeHeader_favorite		=お気に入りフォルダー
+folderPaneModeHeader_favorite_compact	=お気に入りフォルダー - コンパクト
+folderPaneModeHeader_recent		=最近使用したフォルダー
+folderPaneModeHeader_recent_compact	=最近使用したフォルダー - コンパクト
+folderPaneModeHeader_smart		=統合フォルダー
+unifiedAccountName			=統合フォルダー
 
 # Copy / Move to Folder Again
 ## (^^; グレーアウト時は messenger.dtd/moveToFolderAgain.label が表示される
 #LOCALIZATION NOTE %1$S is the name of the folder we will move to. moveToFolderAgainAccessKey
 # should have the same value as copyToFolderAgainAccessKey as they are the same menu item in the UI
 # moveToFolderAgainAccessKey should also be a letter that occurs before %1$S
 moveToFolderAgain			=前回と同じ "%1$S" に移動
 moveToFolderAgainAccessKey		=t
@@ -572,20 +572,20 @@ alwaysLoadRemoteContentForSender2	=%1$S からのメールでは常にリモートコンテンツを読み込む
 
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageNormal) %1$S is the name of the sender
 mdnBarMessageNormal			=%1$S がこのメールの開封確認を求めています。
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageAddressDiffers) %1$S is the name of the sender, %2$S is the address(es) to send return receipt to
 mdnBarMessageAddressDiffers		=%1$S がこのメールの開封確認を求めています (%2$S に送付されます)。
 
 # mailCommands.js
 emptyJunkFolderTitle			="%S" を空にする
-emptyJunkFolderMessage			=迷惑フォルダ内のすべてのメッセージとサブフォルダを削除しますか?
+emptyJunkFolderMessage			=迷惑フォルダー内のすべてのメッセージとサブフォルダーを削除しますか?
 emptyJunkDontAsk			=次回からは確認しない
 emptyTrashFolderTitle			="%S" を空にする
-emptyTrashFolderMessage			=ごみ箱内のすべてのメッセージとサブフォルダを削除しますか?
+emptyTrashFolderMessage			=ごみ箱内のすべてのメッセージとサブフォルダーを削除しますか?
 emptyTrashDontAsk			=次回からは確認しない
 
 # junkCommands.js
 junkAnalysisPercentComplete		=迷惑メールの分析を %S 完了しました
 processingJunkMessages			=迷惑メールを処理しています
 
 # Messenger bootstrapping messages
 fileNotFoundTitle			=ファイルが見つかりません
@@ -717,34 +717,34 @@ threadPane.columnPicker.confirmFolder.noChildren.title		=変更の適用
 # LOCALIZATION NOTE (threadPane.columnPicker.confirmFolder.noChildren.message):
 # When the user selects a folder to apply the currently displayed columns to
 # via the "columnPicker.applyToFolder.label" menu option, this is the text of
 # the confirmation dialog used to verify they selected the correct folder.  The
 # string '%S' is replaced with the name of the folder the user selected in
 # order to help them confirm they picked what they thought they picked.  This
 # is the case in which we apply the columns only to the folder and not to any of
 # its children.
-threadPane.columnPicker.confirmFolder.noChildren.message	=現在の列表示を %S フォルダに適用しますか?
+threadPane.columnPicker.confirmFolder.noChildren.message	=現在の列表示を %S フォルダーに適用しますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (threadPane.columnPicker.confirmFolder.withChildren.title):
 # When the user selects a folder to apply the currently displayed columns to via
 # the "columnPicker.applyToFolderAndChildren.label" menu option, this is the
 # title of the confirmation dialog used to verify they selected the correct
 # folder.  This is the case in which we apply the columns to the folder and all
 # of its children.
 threadPane.columnPicker.confirmFolder.withChildren.title	=変更の適用
 # LOCALIZATION NOTE (threadPane.columnPicker.confirmFolder.withChildren.message):
 # When the user selects a folder to apply the currently displayed columns to via
 # the "columnPicker.applyToFolderAndChildren.label" menu option, this is the
 # text of the confirmation dialog used to verify they selected the correct
 # folder.  The string '%S' is replaced with the name of the folder the user
 # selected in order to help them confirm they picked what they thought they
 # picked.  This is the case in which we apply the columns to the folder and all
 # of its children.
-threadPane.columnPicker.confirmFolder.withChildren.message	=現在の列表示を %S フォルダ全体 (サブフォルダを含む) に適用しますか?
+threadPane.columnPicker.confirmFolder.withChildren.message	=現在の列表示を %S フォルダー全体 (サブフォルダーを含む) に適用しますか?
 
 # LOCALIZATION NOTE (lwthemeInstallRequest.message): %S will be replaced with
 # the host name of the site.
 lwthemeInstallRequest.message				=このサイト (%S) はテーマをインストールしようとしています。
 lwthemeInstallRequest.allowButton			=許可
 lwthemeInstallRequest.allowButton.accesskey		=a
 
 lwthemePostInstallNotification.message			=新しいテーマがインストールされました。
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
@@ -109,17 +109,17 @@ smtpAuthenticationNotSupported	=送信 (SMTP) サーバー %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証するように設定されていますが、送信サーバーは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバー] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をメールサービスプロバイダに問い合わせてください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (errorIllegalLocalPart): %s is an email address with an illegal localpart
 errorIllegalLocalPart		=受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
 
 ## Strings used for the save message dialog shown when the user closes a message compose window
 saveDlogTitle			=メッセージ保存
 
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDlogMessages): %1$S is the folder name
-saveDlogMessages		=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダ (%1$S) にメッセージを保存しますか?
+saveDlogMessages		=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダー (%1$S) にメッセージを保存しますか?
 
 ## generics string
 defaultSubject			=(件名なし)
 chooseFileToAttach		=添付ファイル
 
 genericFailureExplanation	=アカウント設定が正しいか確認して、再度試してください。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (undisclosedRecipients): this string must use only US_ASCII characters
@@ -185,17 +185,17 @@ errorFileMessageMessage		=%1$S ファイルが存在しないためメッセージ本文として使用できませんでした。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (errorLoadFileMessageMessage): %1$S will be replaced by the name of the file that can't be loaded.
 errorLoadFileMessageMessage	=%1$S ファイルをメッセージ本文として読み込めませんでした。
 
 ## Strings used by the Save as Draft/Template dialog
 SaveDialogTitle			=メッセージ保存
 
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDialogMsg): %1$S is the folder name, %2$S is the host name
-SaveDialogMsg			=メッセージを %2$S の %1$S フォルダに保存しました。
+SaveDialogMsg			=メッセージを %2$S の %1$S フォルダーに保存しました。
 CheckMsg			=このダイアログボックスを再び表示しない
 
 ## Strings used by the prompt when Quitting while in progress
 quitComposeWindowTitle		=メッセージ送信中
 
 ## LOCALIZATION NOTE (quitComposeWindowMessage2): don't translate \n
 quitComposeWindowMessage2	=%1$0.Sメッセージを送信しています。\nメッセージの送信が完了するまで待ちますか?
 quitComposeWindowQuitButtonLabel2	=今すぐ終了(&Q)
@@ -215,17 +215,17 @@ smtpDeliveringMail		=メールを送信しています...
 smtpMailSent			=メールを正常に送信しました。
 assemblingMailInformation	=メール情報を構築しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE (gatheringAttachment): argument %S is the file name/URI of attachment
 gatheringAttachment		=%S を添付しています...
 creatingMailMessage		=メールメッセージを作成しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE (copyMessageStart): argument %S is the folder name
-copyMessageStart		=%S フォルダへメッセージをコピーしています...
+copyMessageStart		=%S フォルダーへメッセージをコピーしています...
 copyMessageComplete		=コピーが完了しました。
 copyMessageFailed		=コピーできませんでした。
 filterMessageComplete		=フィルターを適用しました。
 filterMessageFailed		=フィルターを適用できませんでした。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (largeMessageSendWarning):
 ## Do not translate %S. It is the size of the message in user-friendly notation.
 largeMessageSendWarning		=警告! メールサーバーで許可された上限サイズに近い %S のメッセージを送信しようとしています。本当に送信してもよろしいですか?
@@ -330,17 +330,17 @@ smtpEnterPasswordPromptWithUsername	= %1$S の %2$S のパスワードを入力してください:
 smtpEnterPasswordPromptTitle	=送信 (SMTP) サーバーのパスワードが必要です。
 
 # LOCALIZATION NOTE (removeAttachmentMsgs): Semi-colon list of plural forms.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
 removeAttachmentMsgs		=添付ファイルを削除
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorSavingMsg): Do not translate the word %S. It
 ## will be replaced with the name of the folder the message is being saved to.
-errorSavingMsg			=%S フォルダへのメッセージ保存時にエラーが発生しました。再実行しますか?
+errorSavingMsg			=%S フォルダーへのメッセージ保存時にエラーが発生しました。再実行しますか?
 errorFilteringMsg=メッセージの送信と保存は完了しましたが、メッセージフィルターの適用時にエラーが発生しました。
 errorCloudFileAuth.title	=認証エラー
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorCloudFileAuth.message):
 ## %1$S is the name of the online storage service against which the authentication failed.
 errorCloudFileAuth.message	=%1$S の認証ができません。
 errorCloudFileUpload.title	=アップロードエラー
 
--- a/mail/chrome/messenger/migration/migration.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/migration/migration.properties
@@ -16,13 +16,13 @@ 4_oexpress		= アドレス帳
 4_outlook		= アドレス帳
 
 8_seamonkey		= 迷惑メール判別基準データ
 
 16_seamonkey		= 保存されているパスワード
 
 32_seamonkey		= その他のデータ
 
-64_seamonkey		= ニュースグループフォルダ
+64_seamonkey		= ニュースグループフォルダー
 
-128_seamonkey		= メールフォルダ
-128_oexpress		= メールフォルダ
-128_outlook		= メールフォルダ
+128_seamonkey		= メールフォルダー
+128_oexpress		= メールフォルダー
+128_outlook		= メールフォルダー
--- a/mail/chrome/messenger/msgAccountCentral.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgAccountCentral.dtd
@@ -11,17 +11,17 @@
 
 <!ENTITY feedsSectionHdr.label		"フィード">
 <!ENTITY subscribeFeeds.label		"購読するブログやニュースを管理する">
 
 <!ENTITY chat.label			"チャット">
 <!ENTITY movemail.label			"Movemail">
 
 <!ENTITY accountsSectionHdr.label	"アカウント">
-<!ENTITY subscribeImapFolders.label	"購読するフォルダを管理する">
+<!ENTITY subscribeImapFolders.label	"購読するフォルダーを管理する">
 <!ENTITY settingsLink.label		"このアカウントの設定を表示する">
 <!ENTITY newAcctLink.label		"新しいアカウントを作成する">
 <!ENTITY newAcct.label			"新しいアカウントを作成する:">
 
 <!ENTITY advFeaturesSectionHdr.label	"高度な機能">
 <!ENTITY searchMsgsLink.label		"メッセージを検索する">
 <!ENTITY filtersLink.label		"メッセージフィルターの設定を変更する">
 <!ENTITY junkSettings.label		"迷惑メールフィルターの設定を変更する">
--- a/mail/chrome/messenger/msgSynchronize.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgSynchronize.dtd
@@ -1,23 +1,23 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from MsgSynchronize.xul and msgSelectOffline.xul-->
 
 <!ENTITY MsgSynchronize.label		"メッセージのダウンロードと同期">
 <!ENTITY MsgSelect.label		"オフラインで使用する項目">
-<!ENTITY MsgSyncDesc.label		"オフラインで使用するように設定されているメールフォルダとニュースグループについて、今すぐメッセージのダウンロードと同期をします。[選択] ボタンを押すとオフラインで使用する項目の設定を変更できます。">
+<!ENTITY MsgSyncDesc.label		"オフラインで使用するように設定されているメールフォルダーとニュースグループについて、今すぐメッセージのダウンロードと同期をします。[選択] ボタンを押すとオフラインで使用する項目の設定を変更できます。">
 <!ENTITY MsgSyncDirections.label	"次のメッセージのダウンロードと同期をする:">
 <!ENTITY syncTypeMail.label		"メールメッセージ">
 <!ENTITY syncTypeMail.accesskey		"M">
 <!ENTITY syncTypeNews.label		"ニュースグループメッセージ">
 <!ENTITY syncTypeNews.accesskey		"N">
 <!ENTITY sendMessage.label		"未送信のメッセージを送信する">
 <!ENTITY sendMessage.accesskey		"S">
 <!ENTITY workOffline.label		"ダウンロードと同期が完了したらオフラインにする">
 <!ENTITY workOffline.accesskey		"W">
 <!ENTITY selectButton.label		"選択...">
 <!ENTITY selectButton.accesskey		"E">
-<!ENTITY MsgSelectDesc.label		"オフラインで使用するメールフォルダとニュースグループを選択してください。">
+<!ENTITY MsgSelectDesc.label		"オフラインで使用するメールフォルダーとニュースグループを選択してください。">
 <!ENTITY MsgSelectInd.label		"ダウンロード">
-<!ENTITY MsgSelectItems.label		"フォルダとニュースグループ">
+<!ENTITY MsgSelectItems.label		"フォルダーとニュースグループ">
--- a/mail/chrome/messenger/msgViewPickerOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/msgViewPickerOverlay.dtd
@@ -12,12 +12,12 @@
 <!ENTITY viewUnread.label		"未読">
 <!ENTITY viewUnread.accesskey		"U">
 <!ENTITY viewNotDeleted.label		"未削除"><!-- (^^; -->
 <!ENTITY viewNotDeleted.accesskey	"D">
 <!ENTITY viewTags.label			"タグ">
 <!ENTITY viewTags.accesskey		"T">
 <!ENTITY viewCustomViews.label		"ユーザー設定">
 <!ENTITY viewCustomViews.accesskey	"V">
-<!ENTITY viewVirtualFolder.label	"検索フォルダとして保存...">
+<!ENTITY viewVirtualFolder.label	"検索フォルダーとして保存...">
 <!ENTITY viewVirtualFolder.accesskey	"S">
 <!ENTITY viewCustomizeView.label	"カスタマイズ...">
 <!ENTITY viewCustomizeView.accesskey	"C">
--- a/mail/chrome/messenger/newFolderDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/newFolderDialog.dtd
@@ -1,17 +1,17 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
    
 <!-- Labels -->
-<!ENTITY newFolderDialog.title		"新しいフォルダ">
+<!ENTITY newFolderDialog.title		"新しいフォルダー">
 <!ENTITY name.label			"名前:">
 <!ENTITY name.accesskey			"n">
 <!ENTITY description.label		"作成先:">
 <!ENTITY description.accesskey		"c">
 <!-- (^^; 以下表現変更、動作は未確認 -->
-<!ENTITY folderRestriction1.label	"このサーバーではフォルダの中身が制限されています。">
-<!ENTITY folderRestriction2.label	"新しいフォルダに入れるものを選択してください:">
-<!ENTITY foldersOnly.label		"サブフォルダだけを入れる">
+<!ENTITY folderRestriction1.label	"このサーバーではフォルダーの中身が制限されています。">
+<!ENTITY folderRestriction2.label	"新しいフォルダーに入れるものを選択してください:">
+<!ENTITY foldersOnly.label		"サブフォルダーだけを入れる">
 <!ENTITY messagesOnly.label		"メッセージだけを入れる">
-<!ENTITY accept.label			"フォルダを作成">
+<!ENTITY accept.label			"フォルダーを作成">
 <!ENTITY accept.accesskey		"r">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/advanced.dtd
@@ -10,17 +10,17 @@
 
 <!-- General Settings -->
 <!ENTITY enableGlodaSearch.label		"グローバル検索と索引データベースを有効にする"><!-- (^^; Enable Global Search and Indexer -->
 <!ENTITY enableGlodaSearch.accesskey		"E">
 <!ENTITY allowHWAccel.label			"ハードウェアアクセラレーション機能を使用する (可能な場合)">
 <!ENTITY allowHWAccel.accesskey			"h">
 <!ENTITY storeType.label			"新しいアカウントのメッセージ格納形式:">
 <!ENTITY storeType.accesskey			"T">
-<!ENTITY mboxStore2.label			"フォルダ単位 (mbox 形式)">
+<!ENTITY mboxStore2.label			"フォルダー単位 (mbox 形式)">
 <!ENTITY maildirStore.label			"メッセージ単位 (maildir 形式)">
 
 <!ENTITY scrolling.label			"スクロール">
 <!ENTITY useAutoScroll.label			"自動スクロール機能を使用する">
 <!ENTITY useAutoScroll.accesskey		"U">
 <!ENTITY useSmoothScrolling.label		"スムーズスクロール機能を使用する">
 <!ENTITY useSmoothScrolling.accesskey		"m">
 
@@ -73,17 +73,17 @@
 <!ENTITY offlineInfo.caption			"オフライン">
 <!ENTITY offlineInfo.label			"オフライン時の動作を設定します。">
 <!ENTITY showOffline.label			"オフライン設定...">
 <!ENTITY showOffline.accesskey			"O">
 
 <!ENTITY Diskspace				"ディスク領域">
 <!ENTITY offlineCompactFolders.label		"ディスク領域を合計"><!-- offlineCompactFolders.label [ ] offlineCompactFoldersMB.label -->
 <!ENTITY offlineCompactFolders.accesskey	"a">
-<!ENTITY offlineCompactFoldersMB.label		"MB 以上節約できるときはフォルダを最適化する">
+<!ENTITY offlineCompactFoldersMB.label		"MB 以上節約できるときはフォルダーを最適化する">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE:
   The entities useCacheBefore.label and useCacheAfter.label appear on a single
   line in preferences as follows:
 
   &useCacheBefore.label  [ textbox for cache size in MB ]   &useCacheAfter.label;
 -->
 <!ENTITY useCacheBefore.label			"ページキャッシュとして">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/applications.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/applications.dtd
@@ -8,17 +8,17 @@
 <!ENTITY  actionColumn2.label		"動作設定">
 <!ENTITY  actionColumn2.accesskey	"A">
 
 <!ENTITY  focusSearch1.key		"f">
 <!ENTITY  focusSearch2.key		"k">
 
 <!ENTITY  filter.placeholder		"検索">
 
-<!ENTITY saveTo.label			"次のフォルダに保存する:">
+<!ENTITY saveTo.label			"次のフォルダーに保存する:">
 <!ENTITY saveTo.accesskey		"S">
 <!ENTITY alwaysAsk.label		"ファイルごとに保存先を指定する">
 <!ENTITY alwaysAsk.accesskey		"A">
 <!ENTITY chooseFolderWin.label		"参照...">
 <!ENTITY chooseFolderWin.accesskey	"B">
 <!ENTITY chooseFolderMac.label		"選択...">
 <!ENTITY chooseFolderMac.accesskey	"C">
 
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/security.dtd
@@ -6,17 +6,17 @@
 <!ENTITY itemPhishing.label			"詐欺メール">
 <!ENTITY itemPasswords.label			"パスワード">
 <!ENTITY itemAntiVirus.label			"ウイルス対策">
 
 <!-- Junk Mail Controls -->
 <!ENTITY manualMark.accesskey			"W">
 <!ENTITY junkMail.intro				"既定の迷惑メールフィルターの動作を設定します。アカウントごとの迷惑メールフィルターの設定は [アカウント設定] で行います。">
 <!ENTITY manualMark.label			"迷惑メールであると手動でマークしたときに次の処理を実行する:">
-<!ENTITY manualMarkModeMove.label		"&quot;迷惑メール&quot; フォルダへ移動する">
+<!ENTITY manualMarkModeMove.label		"&quot;迷惑メール&quot; フォルダーへ移動する">
 <!ENTITY manualMarkModeMove.accesskey		"o">
 <!ENTITY manualMarkModeDelete.label		"メッセージを削除する">
 <!ENTITY manualMarkModeDelete.accesskey		"D">
 <!ENTITY markAsReadOnSpam.label			"迷惑メールと判断したメッセージを既読にする">
 <!ENTITY markAsReadOnSpam.accesskey		"M">
 <!ENTITY enableAdaptiveJunkLogging.label	"迷惑メール適応フィルターのログを有効にする">
 <!ENTITY enableAdaptiveJunkLogging.accesskey	"E">
 <!ENTITY openJunkLog.label			"ログを表示">
--- a/mail/chrome/messenger/prefs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/prefs.properties
@@ -4,17 +4,17 @@
 
 # The following are used by the Account Wizard
 #
 enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
 accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
 accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
 modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
 userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
-serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダが新しいサーバーにあるか確認してください。
+serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダーが新しいサーバーにあるか確認してください。
 # LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
 junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
 localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
 localDirectoryRestart		=再起動
 userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
 localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリを選択してください。
@@ -31,17 +31,17 @@ WizardExit			=終了
 WizardContinue			=キャンセル
 # when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
 enterValidServerName		=正しいサーバー名を入力してください。
 failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
 accountName			=%1$S - %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
-confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
+confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダーに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダー (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダーに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダーに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
 # (^^; en-US: Defer Account?
 confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?
 
 directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 #Provide default example values for sample email address
 exampleEmailUserName		=user
@@ -49,17 +49,17 @@ exampleEmailDomain		=example.jp
 emailFieldText			=メールアドレス:
 #LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
 defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
 #LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
 customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)
 
 # account manager stuff
 prefPanel-server		=サーバー設定
-prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダ
+prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダー
 prefPanel-synchronization	=同期とディスク領域
 prefPanel-diskspace		=ディスク領域
 prefPanel-addressing		=編集とアドレス入力
 prefPanel-junk			=迷惑メール
 ## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
 prefPanel-smtp			=送信 (SMTP) サーバー
 
 # account manager multiple identity support
--- a/mail/chrome/messenger/quickFilterBar.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/quickFilterBar.dtd
@@ -40,17 +40,17 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (quickFilterBar.sticky.tooltip):
      The tooltip to display when the user hovers over the sticky button
      (currently displayed as a push-pin).  When active, the sticky button
      causes the current filter settings to be retained when the user changes
      folders or opens new tabs.  (When inactive, only the state of the text
      filters are propagated between folder changes and when opening new tabs.)
      -->
 <!ENTITY quickFilterBar.sticky.tooltip
-         "フォルダを切り替えても現在の絞り込みを維持します">
+         "フォルダーを切り替えても現在の絞り込みを維持します">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (quickFilterBar.unread.label):
      The label for the filter button that causes us to filter results to only
      include unread messages.
      -->
 <!ENTITY quickFilterBar.unread.label
          "未読">
 
@@ -154,17 +154,17 @@
      This is the base of the empty text for the text search box.  We replace
      #1 with the contents of the appropriate
      quickFilterBar.textbox.emptyText.keyLabel.* value for the platform.
      The goal is to convey to the user that typing in the box will filter
      the messages and that there is a hotkey they can press to get to the
      box faster.
      -->
 <!ENTITY quickFilterBar.textbox.emptyText.base1
-         "このフォルダのメッセージを絞り込む #1">
+         "このフォルダーのメッセージを絞り込む #1">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (quickFilterBar.show.key2):
      This is the key used to show the quick filter bar. -->
 <!ENTITY quickFilterBar.show.key2
          "k">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (quickFilterBar.textbox.emptyText.keyLabel.nonmac):
      The description of the key-binding to get into the box on windows and
--- a/mail/chrome/messenger/removeAccount.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/removeAccount.dtd
@@ -5,15 +5,15 @@
 <!ENTITY dialogTitle			"アカウントとデータの削除">
 <!ENTITY removeButton.label		"削除">
 <!ENTITY removeButton.accesskey		"R">
 <!ENTITY removeAccount.label		"アカウント情報を削除">
 <!ENTITY removeAccount.accesskey	"a">
 <!ENTITY removeAccount.desc		"このアカウントについて &brandShortName; のデータだけを削除します。サーバー上のアカウントには影響しません。">
 <!ENTITY removeData.label		"メッセージデータを削除">
 <!ENTITY removeData.accesskey		"d">
-<!ENTITY removeDataLocalAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。この操作はサーバー上に保存された一部のメッセージには影響しません。ローカルデータを保管または後で &brandShortName; で再利用する予定のある場合は選択しないでください。">
-<!ENTITY removeDataServerAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。サーバー上に保存されたメッセージとフォルダーは保持されます。">
+<!ENTITY removeDataLocalAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダー、フィルターをローカルディスクから削除します。この操作はサーバー上に保存された一部のメッセージには影響しません。ローカルデータを保管または後で &brandShortName; で再利用する予定のある場合は選択しないでください。">
+<!ENTITY removeDataServerAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダー、フィルターをローカルディスクから削除します。サーバー上に保存されたメッセージとフォルダーは保持されます。">
 <!ENTITY showData.label			"データの場所を表示">
 <!ENTITY showData.accesskey		"S">
 <!ENTITY progressPending		"選択したデータを削除しています...">
 <!ENTITY progressSuccess		"削除が完了しました。">
 <!ENTITY progressFailure		"削除に失敗しました。">
--- a/mail/chrome/messenger/renameFolderDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/renameFolderDialog.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
    
-<!ENTITY renameFolderDialog.title	"フォルダ名変更">
-<!ENTITY rename.label			"フォルダの新しい名前を入力してください:">
+<!ENTITY renameFolderDialog.title	"フォルダー名変更">
+<!ENTITY rename.label			"フォルダーの新しい名前を入力してください:">
 <!ENTITY rename.accesskey		"E">
 <!ENTITY accept.label			"名前を変更">
 <!ENTITY accept.accesskey		"R">
--- a/mail/chrome/messenger/subscribe.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/subscribe.dtd
@@ -1,13 +1,13 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY subscribeDialog.title		"IMAP フォルダとニュースグループの購読">
+<!ENTITY subscribeDialog.title		"IMAP フォルダーとニュースグループの購読">
 <!ENTITY subscribeButton.label		"購読">
 <!ENTITY subscribeButton.accesskey	"S">
 <!ENTITY unsubscribeButton.label	"購読を解除">
 <!ENTITY unsubscribeButton.accesskey	"U">
 <!ENTITY newGroupsTab.label		"新しいグループ">
 <!ENTITY newGroupsTab.accesskey		"N">
 <!ENTITY refreshButton.label		"更新">
 <!ENTITY refreshButton.accesskey	"R">
--- a/mail/chrome/messenger/subscribe.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/subscribe.properties
@@ -1,11 +1,11 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 subscribeLabel-nntp		= 購読するニュースグループを選択してください:
-subscribeLabel-imap		= 購読するフォルダを選択してください:
+subscribeLabel-imap		= 購読するフォルダーを選択してください:
 currentListTab-nntp.label	= 購読中のグループ一覧
 currentListTab-nntp.accesskey	= L
-currentListTab-imap.label	= フォルダ一覧
+currentListTab-imap.label	= フォルダー一覧
 currentListTab-imap.accesskey	= L
 pleaseWaitString		= しばらくお待ちください...
--- a/mail/chrome/messenger/virtualFolderListDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/virtualFolderListDialog.dtd
@@ -1,7 +1,7 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY virtualFolderListTitle.title	"フォルダを選択">
-<!ENTITY virtualFolderDesc.label	"検索するフォルダを選択する:">
+<!ENTITY virtualFolderListTitle.title	"フォルダーを選択">
+<!ENTITY virtualFolderDesc.label	"検索するフォルダーを選択する:">
 
--- a/mail/chrome/messenger/virtualFolderProperties.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/virtualFolderProperties.dtd
@@ -1,22 +1,22 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY virtualFolderProperties.title	"新しい検索フォルダ">
+<!ENTITY virtualFolderProperties.title	"新しい検索フォルダー">
 <!ENTITY name.label			"名前:">
 <!ENTITY name.accesskey			"N">
 <!ENTITY description.label		"作成先:">
 <!ENTITY description.accesskey		"C">
 
-<!ENTITY searchTermCaption.label	"検索フォルダで使用する検索条件を設定してください:">
+<!ENTITY searchTermCaption.label	"検索フォルダーで使用する検索条件を設定してください:">
 
 <!ENTITY folderSelectionCaption.label	"検索対象: ">
 <!ENTITY chooseFoldersButton.label	"選択...">
 <!ENTITY chooseFoldersButton.accesskey	"h">
 
-<!ENTITY searchOnline.label		"オンラインで検索 (IMAP や ニュースフォルダでも最新の結果が得られますが、フォルダを開くのに時間がかかります)">
+<!ENTITY searchOnline.label		"オンラインで検索 (IMAP や ニュースフォルダーでも最新の結果が得られますが、フォルダーを開くのに時間がかかります)">
 <!ENTITY searchOnline.accesskey		"S">
 <!ENTITY newFolderButton.label		"作成">
 <!ENTITY newFolderButton.accesskey	"r">
 <!ENTITY editFolderButton.label		"更新">
 <!ENTITY editFolderButton.accesskey	"U">
--- a/mail/installer/custom.properties
+++ b/mail/installer/custom.properties
@@ -38,17 +38,17 @@ SUMMARY_INSTALLED_TO		=次の場所に $BrandShortName をインストールします:
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL	=インストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_MAKE_DEFAULT		=$BrandShortName は既定のメールプログラムとして設定されます。
 SUMMARY_CLICK			=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SURVEY_TEXT			=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT			=今すぐ $BrandFullName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC		=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP			=デスクトップ(&D)
-ICONS_STARTMENU			=スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
+ICONS_STARTMENU			=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH		=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL	=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてから続行してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL=アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてアンインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH	=$BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 WARN_WRITE_ACCESS		=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE			=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG		=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG		=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
--- a/mail/installer/mui.properties
+++ b/mail/installer/mui.properties
@@ -22,32 +22,32 @@
 # from en-US contains a \n.
 MUI_TEXT_WELCOME_INFO_TITLE			=$BrandFullNameDA のセットアップ
 MUI_TEXT_WELCOME_INFO_TEXT			=このウィザードでは $BrandFullNameDA のインストールをご案内します。\n\nセットアップを開始する前にすべてのプログラムを終了させることをお勧めします。そうすることでコンピューターを再起動することなく関連するシステムファイルを更新できます。\n\n$_CLICK
 MUI_TEXT_COMPONENTS_TITLE			=コンポーネントの選択
 MUI_TEXT_COMPONENTS_SUBTITLE			=インストールする $BrandFullNameDA の機能を選択してください。
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_TITLE	=コンポーネントの説明
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_INFO	=コンポーネントをマウスでポイントすると説明が表示されます。
 MUI_TEXT_DIRECTORY_TITLE			=インストール先の選択
-MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください。
+MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください。
 MUI_TEXT_INSTALLING_TITLE			=インストールしています
 MUI_TEXT_INSTALLING_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA のインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_TEXT_FINISH_TITLE				=インストール完了
 MUI_TEXT_FINISH_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA が正常にインストールされました。
 MUI_TEXT_ABORT_TITLE				=インストール中止
 MUI_TEXT_ABORT_SUBTITLE				=$BrandFullNameDA を正常にインストールできませんでした。
 MUI_BUTTONTEXT_FINISH				=完了(&F)
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TITLE			=$BrandFullNameDA のセットアップを完了します
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TEXT			=コンピューターに $BrandFullNameDA がインストールされました。\n\n[完了] をクリックするとセットアップを終了します。
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_REBOOT			=$BrandFullNameDA のインストールを完了するにはコンピューターを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTNOW			=今すぐ再起動する
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTLATER			=後で再起動する
-MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE			=プログラムフォルダの選択
-MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダを選択してください。
-MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP			=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダを選択してください。フォルダ名を入力して新しいフォルダを作成することもできます。
+MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE			=プログラムフォルダーの選択
+MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE			=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダーを選択してください。
+MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP			=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダーを選択してください。フォルダー名を入力して新しいフォルダーを作成することもできます。
 MUI_TEXT_ABORTWARNING				=本当に $BrandFullName のセットアップを終了しますか?
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TITLE			=$BrandFullNameDA のアンインストール
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TEXT			=このウィザードでは $BrandFullNameDA のアンインストールをご案内します。\n\nアンインストールを開始する前に $BrandFullNameDA を終了させていることを確認してください。\n\n$_CLICK
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_TITLE			=$BrandFullNameDA のアンインストール
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_SUBTITLE			=コンピューターから $BrandFullNameDA を削除します。
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_TITLE			=アンインストールしています
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_SUBTITLE		=$BrandFullNameDA のアンインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_UNTEXT_FINISH_TITLE				=アンインストール完了
--- a/mail/installer/override.properties
+++ b/mail/installer/override.properties
@@ -37,49 +37,49 @@ BrowseBtn			=参照(&R)...
 ShowDetailsBtn			=詳細を表示(&D)
 ClickNext			=続けるには [次へ] をクリックしてください。
 ClickInstall			=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 ClickUninstall			=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 Completed			=完了しました
 LicenseTextRB			=$BrandFullNameDA をインストールする前にソフトウェア使用許諾書を確認してください。使用許諾書のすべての条件に同意しますか? $_CLICK
 ComponentsText			=インストールするコンポーネントにチェックを入れ、インストールしないコンポーネントのチェックは外してください。 $_CLICK
 ComponentsSubText2_NoInstTypes	=インストールするコンポーネントを選択してください:
-DirText				=$BrandFullNameDA を次のフォルダにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダを選択してください。 $_CLICK
-DirSubText			=インストール先フォルダ
-DirBrowseText			=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください:
+DirText				=$BrandFullNameDA を次のフォルダーにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダーを選択してください。 $_CLICK
+DirSubText			=インストール先フォルダー
+DirBrowseText			=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください:
 SpaceAvailable			="空き容量: "
 SpaceRequired			="必要な容量: "
-UninstallingText		=次のフォルダの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
-UninstallingSubText		=アンインストール元フォルダ:
+UninstallingText		=次のフォルダーの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
+UninstallingSubText		=アンインストール元フォルダー:
 FileError			=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\nインストールを中止するには [中止] をクリックしてください。\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nこのファイルをスキップするには [無視] をクリックしてください。
 FileError_NoIgnore		=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nインストールを中止するには [キャンセル] をクリックしてください。
 CantWrite			="作成できませんでした: "
 CopyFailed			=コピーできませんでした
 CopyTo				="コピー "
 Registering			="登録: "
 Unregistering			="登録の削除: "
 SymbolNotFound			="シンボルが見つかりませんでした: "
 CouldNotLoad			="読み込めませんでした: "
-CreateFolder			="フォルダの作成: "
+CreateFolder			="フォルダーの作成: "
 CreateShortcut			="ショートカットの作成: "
 CreatedUninstaller		="アンインストーラを作成しました: "
 Delete				="ファイルの削除: "
 DeleteOnReboot			="再起動後に削除: "
 ErrorCreatingShortcut		="ショートカット作成エラー: "
 ErrorCreating			="作成エラー: "
 ErrorDecompressing		=データを解凍できませんでした。インストーラが壊れています。
 ErrorRegistering		=DLL 登録エラー
 ExecShell			="関連づけを実行: "
 Exec				="実行: "
 Extract				="抽出: "
 ErrorWriting			="抽出: ファイル作成エラー "
 InvalidOpcode			=インストーラが破損しています: 無効な演算コード
 NoOLE				="OLE がありません: "
-OutputFolder			="出力先フォルダ: "
-RemoveFolder			="フォルダの削除: "
+OutputFolder			="出力先フォルダー: "
+RemoveFolder			="フォルダーの削除: "
 RenameOnReboot			="再起動後に名前の変更: "
 Rename				="名前の変更: "
 Skipped				="スキップしました: "
 CopyDetails			=詳細をクリップボードにコピー
 LogInstall			=インストールのログを記録
 Byte				=B
 Kilo				=K
 Mega				=M
--- a/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
+++ b/suite/chrome/browser/pageInfo.properties
@@ -18,17 +18,17 @@ mediaVideo		= 動画
 mediaAudio		= オーディオ
 mediaBGImg		= 背景画像
 mediaObject		= オブジェクト
 mediaEmbed		= 埋め込みオブジェクト
 mediaLink		= アイコン
 mediaInput		= 入力
 mediaFileSize		= %S KB
 mediaSize		= %Spx × %Spx
-mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダを選択してください
+mediaSelectFolder	= 画像を保存するフォルダーを選択してください
 mediaBlockImage		= %S の画像をブロック
 mediaImageType		= %S 画像
 mediaAnimatedType	= %S アニメーション画像
 
 generalQuirksMode	= Quirks (後方互換) モード
 generalStrictMode	= Standards Compliant (標準準拠) モード
 generalNotCached	= (キャッシュなし)
 generalDiskCache	= ディスクキャッシュ
--- a/suite/chrome/common/bookmarks/bm-props.properties
+++ b/suite/chrome/common/bookmarks/bm-props.properties
@@ -4,16 +4,16 @@
 
 dialogAcceptLabelAddItem=追加
 dialogAcceptLabelSaveItem=保存
 dialogAcceptLabelAddLivemark=購読
 dialogAcceptLabelAddMulti=複数のブックマークを追加
 dialogAcceptLabelEdit=保存
 dialogTitleAddBookmark=新しいブックマーク
 dialogTitleAddLivemark=ライブブックマークで購読
-dialogTitleAddFolder=新しいフォルダ
+dialogTitleAddFolder=新しいフォルダー
 dialogTitleAddMulti=新しいブックマーク
 dialogTitleEdit="%S" のプロパティ
 
-bookmarkAllTabsDefault=[フォルダの名前]
-newFolderDefault=新しいフォルダ
+bookmarkAllTabsDefault=[フォルダーの名前]
+newFolderDefault=新しいフォルダー
 newBookmarkDefault=新しいブックマーク
 newLivemarkDefault=新しいライブブックマーク
--- a/suite/chrome/common/bookmarks/editBookmarkOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/bookmarks/editBookmarkOverlay.dtd
@@ -5,24 +5,24 @@
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.name.label                      "名前:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.name.accesskey                  "N">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.location.label                  "URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.location.accesskey              "L">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.feedLocation.label              "フィードの URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.feedLocation.accesskey          "F">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.siteLocation.label              "サイトの URL:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.siteLocation.accesskey          "S">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.folder.label                    "フォルダ:">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.folder.label                    "フォルダー:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.folder.accesskey                "F">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.foldersExpanderDown.tooltip     "すべてのブックマークフォルダを表示します">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.foldersExpanderDown.tooltip     "すべてのブックマークフォルダーを表示します">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.expanderUp.tooltip              "一覧を閉じます">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tags.label                      "タグ:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tags.accesskey                  "a">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tagsEmptyDesc.label             "カンマ区切りで複数入力できます">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.description.label               "説明:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.description.accesskey           "D">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.keyword.label                   "キーワード:">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.keyword.accesskey               "K">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.tagsExpanderDown.tooltip        "既存のタグ一覧を表示します">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.choose.label                    "選択...">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.label           "新しいフォルダ">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.label           "新しいフォルダー">
 <!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.accesskey       "o">
-<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.tooltip         "新しいフォルダを作成します">
+<!ENTITY editBookmarkOverlay.newFolderButton.tooltip         "新しいフォルダーを作成します">
--- a/suite/chrome/common/bookmarks/moveBookmarks.dtd
+++ b/suite/chrome/common/bookmarks/moveBookmarks.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY window.title              "フォルダの選択">
+<!ENTITY window.title              "フォルダーの選択">
 <!ENTITY window.style              "width: 36em; height: 18em;"><!-- en-US: "width: 36em; height: 18em;" -->
 <!ENTITY moveTo.label              "移動先:">
-<!ENTITY newFolderButton.label     "新しいフォルダ">
+<!ENTITY newFolderButton.label     "新しいフォルダー">
 <!ENTITY newFolderButton.accesskey "N">
--- a/suite/chrome/common/bookmarks/places.dtd
+++ b/suite/chrome/common/bookmarks/places.dtd
@@ -60,17 +60,17 @@
 <!ENTITY cmd.properties.label      "プロパティ">
 <!ENTITY cmd.properties.accesskey  "i">
 
 <!ENTITY cmd.sortby_name.label              "名前順に並べ替える">
 <!ENTITY cmd.sortby_name.accesskey          "r">
 
 <!ENTITY cmd.new_bookmark.label            "新しいブックマーク...">
 <!ENTITY cmd.new_bookmark.accesskey        "B">
-<!ENTITY cmd.new_folder.label              "新しいフォルダ...">
+<!ENTITY cmd.new_folder.label              "新しいフォルダー...">
 <!ENTITY cmd.new_folder.accesskey          "o">
 <!ENTITY cmd.context_new_folder.accesskey  "F">
 <!ENTITY cmd.new_separator.label           "新しい区切り">
 <!ENTITY cmd.new_separator.accesskey       "S">
 
 <!ENTITY cmd.reloadLivebookmark.label      "ライブブックマークを再読み込み">
 <!ENTITY cmd.reloadLivebookmark.accesskey  "R">
 
@@ -86,27 +86,27 @@
 <!ENTITY col.description.label   "説明">
 <!ENTITY col.dateadded.label     "追加日時">
 <!ENTITY col.lastmodified.label  "変更日時">
 
 <!ENTITY search.label                              "検索:">
 <!ENTITY search.placeholder                        "ブックマークを検索">
 
 <!ENTITY search.in.label                           "検索対象:">
-<!ENTITY search.scopeFolder.label                  "選択されたフォルダ">
+<!ENTITY search.scopeFolder.label                  "選択されたフォルダー">
 <!ENTITY search.scopeFolder.accesskey              "m">
 <!ENTITY search.scopeBookmarks.label               "ブックマーク">
 <!ENTITY search.scopeBookmarks.accesskey           "B">
 <!ENTITY saveSearch.label                          "検索条件を保存">
 <!ENTITY saveSearch.accesskey                      "S">
 
 <!ENTITY cmd.find.key  "f">
 
-<!ENTITY backButton.tooltip  "フォルダ表示履歴を前に戻ります">
-<!ENTITY forwardButton.tooltip  "フォルダ表示履歴を次に進みます">
+<!ENTITY backButton.tooltip  "フォルダー表示履歴を前に戻ります">
+<!ENTITY forwardButton.tooltip  "フォルダー表示履歴を次に進みます">
 
 <!ENTITY detailsPane.more.label "詳細を表示">
 <!ENTITY detailsPane.more.accesskey "r">
 <!ENTITY detailsPane.fewer.label "詳細を隠す">
 <!ENTITY detailsPane.fewer.accesskey "r">
 <!ENTITY detailsPane.selectAnItemText.description "各項目を選択すると、名前や詳細情報の表示や編集ができます">
 
 <!ENTITY editBookmark.done.label "完了">
--- a/suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
+++ b/suite/chrome/common/downloads/downloadmanager.dtd
@@ -75,16 +75,16 @@
 <!ENTITY cmd.retry.label                 "再試行">
 <!ENTITY cmd.retry.accesskey             "t">
 <!ENTITY cmd.cancel.label                "キャンセル">
 <!ENTITY cmd.cancel.accesskey            "C">
 <!ENTITY cmd.remove.label                "リストから削除">
 <!ENTITY cmd.remove.accesskey            "e">
 <!ENTITY cmd.open.label                  "ファイルを開く">
 <!ENTITY cmd.open.accesskey              "O">
-<!ENTITY cmd.show.label                  "保存フォルダを開く">
+<!ENTITY cmd.show.label                  "保存フォルダーを開く">
 <!ENTITY cmd.show.accesskey              "F">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.label      "ダウンロードしたページを開く">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.accesskey  "G">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.label      "ダウンロードした URL をコピー">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.accesskey  "L">
 <!ENTITY cmd.properties.label            "プロパティを表示...">
 <!ENTITY cmd.properties.accesskey        "s">
--- a/suite/chrome/common/downloads/progressDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/common/downloads/progressDialog.dtd
@@ -5,16 +5,16 @@
 <!ENTITY progress.title                  "ダウンロードしています...">
 <!ENTITY closeWindow.key                 "w">
 <!ENTITY cmd.pause.tooltip               "中断">
 <!ENTITY cmd.resume.tooltip              "再開">
 <!ENTITY cmd.retry.tooltip               "再試行">
 <!ENTITY cmd.cancel.tooltip              "キャンセル">
 <!ENTITY cmd.open.label                  "ファイルを開く">
 <!ENTITY cmd.open.accesskey              "O">
-<!ENTITY cmd.show.label                  "保存フォルダを開く">
+<!ENTITY cmd.show.label                  "保存フォルダーを開く">
 <!ENTITY cmd.show.accesskey              "F">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.label      "ダウンロードしたページを開く">
 <!ENTITY cmd.goToDownloadPage.accesskey  "G">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.label      "ダウンロードした URL をコピー">
 <!ENTITY cmd.copyDownloadLink.accesskey  "L">
 <!ENTITY closeWhenDone.label             "ダウンロード完了後、このウィンドウを閉じる">
 <!ENTITY closeWhenDone.accesskey         "w">
--- a/suite/chrome/common/migration/migration.properties
+++ b/suite/chrome/common/migration/migration.properties
@@ -42,11 +42,11 @@ 32_generic=ブックマーク
 64_generic=その他のデータ
 
 128_generic=アカウント設定
 
 256_generic=アドレス帳
 
 512_generic=迷惑メール判別基準データ
 
-1024_generic=ニュースグループフォルダ
+1024_generic=ニュースグループフォルダー
 
-2048_generic=メールフォルダ
+2048_generic=メールフォルダー
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
@@ -11,19 +11,19 @@
 <!ENTITY cacheCheck.label                "&brandShortName; のキャッシュサイズを自動で管理する">
 <!ENTITY cacheCheck.accesskey            "L">
 <!ENTITY diskCacheUpTo.label             "キャッシュの許容サイズ:">
 <!ENTITY diskCacheUpTo.accesskey         "U">
 <!ENTITY spaceMbytes                     "MB">
 <!ENTITY diskCacheFolder.label           "キャッシュの保存先:">
 <!ENTITY clearDiskCache.label            "キャッシュをすべて消去">
 <!ENTITY clearDiskCache.accesskey        "C">
-<!ENTITY chooseDiskCacheFolder.label     "フォルダを選択...">
+<!ENTITY chooseDiskCacheFolder.label     "フォルダーを選択...">
 <!ENTITY chooseDiskCacheFolder.accesskey "F">
-<!ENTITY diskCacheFolderExplanation      "キャッシュファイルは指定したディレクトリ内の &quot;Cache&quot; サブフォルダに保存されます。変更を有効にするには &brandShortName; を再起動してください。">
+<!ENTITY diskCacheFolderExplanation      "キャッシュファイルは指定したディレクトリ内の &quot;Cache&quot; サブフォルダーに保存されます。変更を有効にするには &brandShortName; を再起動してください。">
 <!ENTITY docCache.label                  "ネットワーク上のページとキャッシュしたページを比較する:">
 <!ENTITY docCache.accesskey              "m">
 <!ENTITY checkOncePerSession.label       "セッションごと">
 <!ENTITY checkEveryTime.label            "ページを表示するたび">
 <!ENTITY checkNever.label                "確認しない">
 <!ENTITY checkAutomatically.label        "キャッシュしたページが古いとき">
 
 <!ENTITY prefetchTitle.label             "リンク先読み機能">
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-download.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-download.dtd
@@ -10,19 +10,19 @@
 <!ENTITY openProgressDialog.label       "進行状況ダイアログを開く">
 <!ENTITY openProgressDialog.accesskey   "O">
 <!ENTITY openDM.label                   "ダウンロードマネージャーを開く">
 <!ENTITY openDM.accesskey               "m">
 <!ENTITY flashWhenOpen.label            "ダウンロードマネージャーがすでに開いている場合は点滅させる">
 <!ENTITY flashWhenOpen.accesskey        "f">
 
 <!ENTITY downloadLocation.label         "ファイルの保存時">
-<!ENTITY saveTo.label                   "次のフォルダに保存">
+<!ENTITY saveTo.label                   "次のフォルダーに保存">
 <!ENTITY saveTo.accesskey               "v">
-<!ENTITY chooseDownloadFolder.label     "フォルダを選択...">
+<!ENTITY chooseDownloadFolder.label     "フォルダーを選択...">
 <!ENTITY chooseDownloadFolder.accesskey "C">
 <!ENTITY alwaysAsk.label                "ファイルごとに保存先を指定する">
 <!ENTITY alwaysAsk.accesskey            "A">
 
 <!ENTITY downloadHistory.label          "ダウンロード履歴">
 <!ENTITY removeEntries.label            "次の時に削除:">
 <!ENTITY removeEntries.accesskey        "R">
 <!ENTITY whenCompleted.label            "ダウンロードが完了したとき">
--- a/suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
+++ b/suite/chrome/common/pref/prefutilities.properties
@@ -1,13 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-cachefolder		= キャッシュフォルダを選択
+cachefolder		= キャッシュフォルダーを選択
 #LOCALIZATION NOTE (%1$S) is the size and (%2$S) is the unit of disk space.
 cacheSizeInfo		= 現在のディスクキャッシュ量は %1$S %2$S です。
 
 # Offline apps
 offlineAppSizeInfo	= オフラインデータは現在、ディスク領域を %1$S %2$S 使用しています。
 offlineAppRemoveTitle	= オフラインウェブサイトデータの削除
 offlineAppRemovePrompt	= このデータを削除すると、%S をオフラインで利用できなくなります。このウェブサイトのオフラインデータを削除してもよろしいですか?
 offlineAppRemoveConfirm	= オフラインデータを削除
@@ -15,17 +15,17 @@ offlineAppRemoveConfirm	= オフラインデータを削除
 # LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the
 # offline application
 #   e.g. offlineAppUsage : "50.23 MB"
 #   %1$S = size (in bytes or megabytes, ...)
 #   %2$S = unit of measure (bytes, KB, MB, ...)
 offlineAppUsage		= %1$S %2$S
 
 choosehomepage		= ホームページを選択
-downloadfolder		= ダウンロードフォルダを選択
+downloadfolder		= ダウンロードフォルダーを選択
 desktopFolderName	= デスクトップ
 downloadsFolderName	= ダウンロード
 choosesound		= サウンドファイルを選択
 
 SoundFiles		= サウンドファイル
 
 labelDefaultFont	= 既定 (%font_family%)
 
--- a/suite/chrome/common/profile/profileSelection.properties
+++ b/suite/chrome/common/profile/profileSelection.properties
@@ -1,14 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 deleteLocked=%1$S は使用中のプロファイル "%2$S" を削除できません。
-deleteProfile=プロファイルを削除するとプロファイルのリストから削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザー設定や証明書などユーザーデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合はプロファイルフォルダ "%S" 自体もすべて削除され、元には戻せません。\n\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?\n\n
+deleteProfile=プロファイルを削除するとプロファイルのリストから削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザー設定や証明書などユーザーデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合はプロファイルフォルダー "%S" 自体もすべて削除され、元には戻せません。\n\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?\n\n
 
 manageTitle=プロファイルの管理
 selectTitle=プロファイルの選択
 
 dirLocked=プロファイル "%S" が使用できないため、%S を起動できませんでした。このプロファイルは使用中か、利用できないか、もしくは壊れています\n\n別のプロファイルを選択するか、新しいプロファイルを作成してください。
 
 renameProfileTitle=プロファイル名の変更
 renameProfilePrompt=プロファイル "%S" の名前を変更します:
--- a/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/FilterEditor.dtd
@@ -2,17 +2,17 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY window.title                "フィルターの設定">
 <!ENTITY filterEditorDialog.dimensions "width: 105ch;"><!-- en-US: "width: 105ch;" -->
 <!ENTITY filterName.label            "フィルター名:">
 <!ENTITY filterName.accesskey        "i">
 
-<!ENTITY recentFolders.label         "最近使用したフォルダ">
+<!ENTITY recentFolders.label         "最近使用したフォルダー">
 
 <!ENTITY junk.label                  "迷惑メール">
 <!ENTITY notJunk.label               "非迷惑メール">
 
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label     "最低">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label        "低">
 <!ENTITY normalPriorityCmd.label     "標準">
 <!ENTITY highPriorityCmd.label       "高">
--- a/suite/chrome/mailnews/FilterListDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/FilterListDialog.dtd
@@ -19,12 +19,12 @@
 <!ENTITY filtersForPrefix.label       "対象アカウント:">
 <!ENTITY filtersForPrefix.accesskey   "F">
 <!ENTITY viewLogButton.label          "フィルターログ">
 <!ENTITY viewLogButton.accesskey      "L">
 <!ENTITY runFilters.label             "今すぐ実行">
 <!ENTITY runFilters.accesskey         "R">
 <!ENTITY stopFilters.label            "停止">
 <!ENTITY stopFilters.accesskey        "S">
-<!ENTITY folderPickerPrefix.label     "フィルターを使用するフォルダ:">
+<!ENTITY folderPickerPrefix.label     "フィルターを使用するフォルダー:">
 <!ENTITY folderPickerPrefix.accesskey "c">
-<!ENTITY choosethis.label             "このフォルダを選択">
+<!ENTITY choosethis.label             "このフォルダーを選択">
 <!ENTITY choosethisnewsserver.label   "このニュースサーバーを選択">
--- a/suite/chrome/mailnews/SearchDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/SearchDialog.dtd
@@ -1,16 +1,16 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- for SearchDialog.xul -->
 <!ENTITY searchHeading.label         "次の中からメッセージを検索:">
 <!ENTITY searchHeading.accesskey     "e">
-<!ENTITY searchSubfolders.label      "サブフォルダも検索する">
+<!ENTITY searchSubfolders.label      "サブフォルダーも検索する">
 <!ENTITY searchSubfolders.accesskey  "u">
 <!ENTITY searchOnHeading.label       "検索対象:">
 <!ENTITY searchOnHeading.accesskey   "P">
 <!ENTITY searchOnRemote.label        "リモートサーバー">
 <!ENTITY searchOnLocal.label         "ローカルシステム">
 <!ENTITY resetButton.label           "リセット">
 <!ENTITY resetButton.accesskey       "C">
 <!ENTITY openButton.label            "開く">
@@ -18,19 +18,19 @@
 <!ENTITY deleteButton.label          "削除">
 <!ENTITY deleteButton.accesskey      "D">
 <!ENTITY searchDialogTitle.label     "メッセージ検索">
 <!ENTITY results.label               "検索結果">
 <!ENTITY moveHereMenu.label          "ここへ移動">
 <!ENTITY moveHereMenu.accesskey      "H">
 <!ENTITY moveButton.label            "移動">
 <!ENTITY moveButton.accesskey        "T">
-<!ENTITY goToFolderButton.label      "フォルダを開く">
+<!ENTITY goToFolderButton.label      "フォルダーを開く">
 <!ENTITY goToFolderButton.accesskey  "n">
-<!ENTITY saveAsVFButton.label        "検索フォルダとして保存">
+<!ENTITY saveAsVFButton.label        "検索フォルダーとして保存">
 <!ENTITY saveAsVFButton.accesskey    "v">
 
 <!-- for ABSearchDialog.xul -->
 <!ENTITY abSearchHeading.label       "次の中から連絡先を検索:">
 <!ENTITY abSearchHeading.accesskey   "e">
 <!ENTITY propertiesButton.label      "プロパティ">
 <!ENTITY propertiesButton.accesskey  "P">
 <!ENTITY composeButton.label         "新しいメッセージ">
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -109,17 +109,17 @@ smtpAuthenticationNotSupported=送信 (SMTP) サーバー %S の認証に失敗しました。アカウント設定で認証するように設定されていますが、送信サーバーは認証 (SMTP-AUTH) をサポートしていません。[アカウント設定] の [送信 (SMTP) サーバー] で [認証方式] を [認証なし] に変更するか、設定方法をメールサービスプロバイダに問い合わせてください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (errorIllegalLocalPart): %s is an email address with an illegal localpart
 errorIllegalLocalPart=受信者アドレス %s のローカル部分に非 ASCII 文字が含まれています。これは未サポートの形式です。非 ASCII 文字を含まないアドレスに変更してください。
 
 ## Strings used for the save message dialog shown when the user closes a message compose window
 saveDlogTitle=メッセージ保存
 
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDlogMessages): %1$S is the folder name
-saveDlogMessages=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダ (%1$S) にメッセージを保存しますか?
+saveDlogMessages=メッセージはまだ送信していません。下書きフォルダー (%1$S) にメッセージを保存しますか?
 
 ## generics string
 defaultSubject=(件名なし)
 chooseFileToAttach=添付ファイル
 
 ##
 windowTitlePrefix=作成:
 
@@ -153,17 +153,17 @@ errorFileAttachTitle=ファイル添付
 
 ## LOCALIZATION NOTE (errorFileAttachMessage): %1$S will be replaced by the non-existent file name. Do not translate
 errorFileAttachMessage=%1$S ファイルが存在しないためメッセージに添付できませんでした。
 
 ## Strings used by the Save as Draft/Template dialog
 SaveDialogTitle=メッセージ保存
 
 ## LOCALIZATION NOTE (SaveDialogMsg): %1$S is the folder name, %2$S is the host name
-SaveDialogMsg=メッセージを %2$S の %1$S フォルダに保存しました。
+SaveDialogMsg=メッセージを %2$S の %1$S フォルダーに保存しました。
 CheckMsg=このダイアログボックスを再び表示しない
 
 ## Strings used by the prompt when Quitting while in progress
 quitComposeWindowTitle=メッセージ送信中
 
 ## LOCALIZATION NOTE (quitComposeWindowMessage): don't translate \n
 quitComposeWindowMessage2=%1$0.Sメッセージを送信しています。\nメッセージの送信が完了するまで待ちますか?
 quitComposeWindowQuitButtonLabel2=今すぐ終了(&Q)
@@ -179,17 +179,17 @@ smtpDeliveringMail=メールを送信しています...
 smtpMailSent=メールを正常に送信しました。
 assemblingMailInformation=メール情報を構築しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE (gatheringAttachment): argument %S is the file name/URI of attachment
 gatheringAttachment=%S を添付しています...
 creatingMailMessage=メールメッセージを作成しています...
 
 ## LOCALIZATION NOTE (copyMessageStart): argument %S is the folder name
-copyMessageStart=%S フォルダへメッセージをコピーしています...
+copyMessageStart=%S フォルダーへメッセージをコピーしています...
 copyMessageComplete=コピーが完了しました。
 copyMessageFailed=コピーできませんでした。
 filterMessageComplete=フィルターを適用しました。
 filterMessageFailed=フィルターを適用できませんでした。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (largeMessageSendWarning):
 ## %S is the message size in user-friendly notation. Do not translate.
 largeMessageSendWarning=警告! メールサーバーで許可された上限サイズに近い %S のメッセージを送信しようとしています。本当に送信してもよろしいですか?
@@ -236,10 +236,10 @@ smtpEnterPasswordPrompt= %S のパスワードを入力してください:
 ## LOCALIZATION NOTE(smtpEnterPasswordPromptWithUsername): Do not translate the
 ## words %1$S and %2$S. Place the word %1$S where the host name should appear,
 ## and %2$S where the user name should appear.
 smtpEnterPasswordPromptWithUsername	= %1$S の %2$S のパスワードを入力してください:
 smtpEnterPasswordPromptTitle	=送信 (SMTP) サーバーのパスワードが必要です。
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorSavingMsg): Do not translate the word %S. It
 ## will be replaced with the name of the folder the message is being saved to.
-errorSavingMsg			=メッセージの %S フォルダへの保存時にエラーが発生しました。再実行しますか?
+errorSavingMsg			=メッセージの %S フォルダーへの保存時にエラーが発生しました。再実行しますか?
 errorFilteringMsg		=メッセージの送信と保存は完了しましたが、メッセージフィルターの適用時にエラーが発生しました。
--- a/suite/chrome/mailnews/filter.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/filter.properties
@@ -1,13 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-mustSelectFolder		= フォルダを選択してください。
+mustSelectFolder		= フォルダーを選択してください。
 enterValidEmailAddress		= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
 pickTemplateToReplyWith		= 適用するテンプレートを選択してください。
 mustEnterName			= フィルターの名前を入力してください。
 cannotHaveDuplicateFilterTitle	= フィルター名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage= 入力した名前のフィルターがすでに存在します。別のフィルター名を入力してください。
 mustHaveFilterTypeTitle		= フィルターイベントが選択されていません
 mustHaveFilterTypeMessage	= このフィルターを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルターを実行したくないときは、メッセージフィルターダイアログで有効のチェックを外してください。
 deleteFilterConfirmation	= 本当に選択したフィルターを削除してもよろしいですか?
@@ -64,17 +64,17 @@ filterAction7			= フラグを付けました
 filterAction8			= タグを付けました
 filterAction9			= 返信しました
 filterAction10			= 転送しました
 filterAction11			= 実行を中止しました
 filterAction12			= POP3 サーバーから削除しました
 filterAction13			= POP3 サーバーに残しました
 filterAction14			= 迷惑メールスコアを設定しました
 filterAction15			= POP3 サーバーから本文を取得しました
-filterAction16			= フォルダにコピーしました
+filterAction16			= フォルダーにコピーしました
 filterAction17			= タグを付けました
 filterAction18			= 無視するサブスレッドに設定しました
 filterAction19			= 未読にしました
 # LOCALIZATION NOTE(filterAutoNameStr)
 # %1$S=Header or item to match, e.g. "From", "Tag", "Age in days", etc.
 # %2$S=Operator, e.g. "Contains", "is", "is greater than", etc.
 # %3$S=Value, e.g. "Steve Jobs", "Important", "42", etc.
 filterAutoNameStr=%1$S %2$S: %3$S
--- a/suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/folderProps.dtd
@@ -2,23 +2,23 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY folderProps.windowtitle.label           "プロパティ">
 
 <!ENTITY generalInfo.label                       "一般情報">
 <!ENTITY folderCharsetFallback2.label            "フォールバックテキストエンコーディング:">
 <!ENTITY folderCharsetFallback2.accesskey        "E">
-<!ENTITY folderCharsetEnforce2.label             "この設定をフォルダ内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージのテキストエンコーディング指定や自動判別結果を無視する)">
+<!ENTITY folderCharsetEnforce2.label             "この設定をフォルダー内のすべてのメッセージに適用する (各メッセージのテキストエンコーディング指定や自動判別結果を無視する)">
 <!ENTITY folderCharsetEnforce2.accesskey         "A">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFileTip2.label      "要約ファイルの索引を再構築します">
-<!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.label         "フォルダを修復">
+<!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.label         "フォルダーを修復">
 <!ENTITY folderRebuildSummaryFile2.accesskey     "R">
-<!ENTITY folderRebuildSummaryFile.explanation    "フォルダの索引ファイル (.msf) が損傷し、削除したはずのメッセージが表示されてしまうことがあります。このような問題が起こったときはフォルダを修復してください。">
-<!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.label       "このフォルダのメッセージをグローバル検索の対象に含める">
+<!ENTITY folderRebuildSummaryFile.explanation    "フォルダーの索引ファイル (.msf) が損傷し、削除したはずのメッセージが表示されてしまうことがあります。このような問題が起こったときはフォルダーを修復してください。">
+<!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.label       "このフォルダーのメッセージをグローバル検索の対象に含める">
 <!ENTITY folderIncludeInGlobalSearch.accesskey   "G">
 
 <!ENTITY retention.label                         "保管ポリシー">
 <!ENTITY retentionUseAccount.label               "アカウント設定に従う">
 <!ENTITY retentionUseAccount.accesskey           "U">
 <!ENTITY daysOld.label                           "日">
 <!ENTITY message.label                           "通">
 <!ENTITY retentionCleanup.label                  "メッセージの保管:">
@@ -29,20 +29,20 @@
 <!ENTITY retentionKeepAll.label                  "メッセージを自動削除しない">
 <!ENTITY retentionKeepAll.accesskey              "A">
 <!ENTITY retentionKeepRecent.label               "最近のメッセージを次の数だけ残して削除する">
 <!ENTITY retentionKeepRecent.accesskey           "n">
 <!ENTITY retentionApplyToFlagged.label           "フラグ付きのメッセージは残す">
 <!ENTITY retentionApplyToFlagged.accesskey       "e">
 
 <!ENTITY folderSynchronizationTab.label          "同期">
-<!ENTITY folderCheckForNewMessages2.label        "このフォルダに新着メッセージがないか確認する">
+<!ENTITY folderCheckForNewMessages2.label        "このフォルダーに新着メッセージがないか確認する">
 <!ENTITY folderCheckForNewMessages2.accesskey    "c">
 
-<!ENTITY offlineFolder.check.label               "このフォルダをオフラインで使用する">
+<!ENTITY offlineFolder.check.label               "このフォルダーをオフラインで使用する">
 <!ENTITY offlineFolder.check.accesskey           "S">
 <!ENTITY offlineFolder.button.label              "今すぐダウンロード">
 <!ENTITY offlineFolder.button.accesskey          "D">
 
 <!ENTITY selectofflineNewsgroup.check.label      "このニュースグループをオフラインで使用する">
 <!ENTITY selectofflineNewsgroup.check.accesskey  "o">
 <!ENTITY offlineNewsgroup.button.label           "今すぐダウンロード">
 <!ENTITY offlineNewsgroup.button.accesskey       "D">
@@ -51,17 +51,17 @@
 <!ENTITY folderProps.name.accesskey              "N">
 <!ENTITY folderProps.location.label              "場所:">
 <!ENTITY folderProps.location.accesskey          "L">
 
 <!ENTITY folderSharingTab.label                  "共有">
 <!ENTITY privileges.button.label                 "アクセス権限...">
 <!ENTITY privileges.button.accesskey             "P">
 <!ENTITY permissionsDesc.label                   "以下のアクセス権限があります:">
-<!ENTITY folderType.label                        "フォルダの種類:">
+<!ENTITY folderType.label                        "フォルダーの種類:">
 
 <!ENTITY folderQuotaTab.label                    "クォータ">
 <!ENTITY folderQuotaRoot.label                   "クォータルート:">
 <!ENTITY folderQuotaUsage.label                  "使用容量:">
 <!ENTITY folderQuotaStatus.label                 "使用割合:">
 
 <!ENTITY numberOfMessages.label                  "メッセージ数:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE: When the number of messages can't be determined, this string is displayed as the number -->
--- a/suite/chrome/mailnews/folderWidgets.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/folderWidgets.properties
@@ -2,11 +2,11 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE(globalInbox)
 # %S=name of the Local folders account
 globalInbox=共通受信トレイ (%S)
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
 verboseFolderFormat=%1$S (%2$S)
-chooseFolder=フォルダを選択してください...
+chooseFolder=フォルダーを選択してください...
 chooseAccount=アカウントを選択してください...
-noFolders=フォルダがありません
+noFolders=フォルダーがありません
--- a/suite/chrome/mailnews/folderpane.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/folderpane.dtd
@@ -1,11 +1,11 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 <!ENTITY nameColumn.label   "名前">
 <!ENTITY unreadColumn.label "未読">
 <!ENTITY totalColumn.label "合計">
 <!ENTITY folderSizeColumn.label "サイズ">
-<!ENTITY folderLocationToolbarItem.title "フォルダの場所">
+<!ENTITY folderLocationToolbarItem.title "フォルダーの場所">
 <!ENTITY mailViewsToolbarItem.title "メールビュー">
 <!ENTITY searchToolbarItem.title "検索">
 <!ENTITY searchSubjectOrAddress.placeholder "件名またはメールアドレスを検索">
--- a/suite/chrome/mailnews/gloda.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/gloda.properties
@@ -15,17 +15,17 @@
 
 # LOCALIZATION NOTE (*.remainderLabel): The label to use for the remaining items
 #  that are neither part of the included group or the excluded group in the
 #  facet display.  If not provided, we will fall back to
 #  "glodaFacetView.facets.remainder.fallbackLabel".
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.folder.*): Stores the message folder in
 #  which the message is stored.
-gloda.message.attr.folder.facetLabel=メールフォルダ
+gloda.message.attr.folder.facetLabel=メールフォルダー
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.fromMe.*): Stores everyone involved
 #  with the message.  This means from/to/cc/bcc.
 gloda.message.attr.fromMe.facetLabel= 自分から
 
 # LOCALIZATION NOTE (gloda.message.attr.toMe.*): Stores everyone involved
 #  with the message.  This means from/to/cc/bcc.
 gloda.message.attr.toMe.facetLabel= 自分へ
--- a/suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/imapMsgs.properties
@@ -6,56 +6,56 @@
 # The following are used by the imap code to display progress/status/error messages
 #
 
 #LOCALIZATION NOTE(imapAlertDialogTile): Do not translate the word "%S"
 # below. Place the word %S where the account name should appear.
 imapAlertDialogTitle		=%S アカウントの通知
 
 # Status - opening folder
-imapStatusSelectingMailbox	=%S フォルダを開いています...
+imapStatusSelectingMailbox	=%S フォルダーを開いています...
 
 # Status - create folder
-imapStatusCreatingMailbox	=フォルダを作成しています...
+imapStatusCreatingMailbox	=フォルダーを作成しています...
 
 # Status - deleting a folder
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusDeletingMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being deleted.
-imapStatusDeletingMailbox	=%S フォルダを削除しています...
+imapStatusDeletingMailbox	=%S フォルダーを削除しています...
 
 # Status - renaming mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusRenamingMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being renamed.
-imapStatusRenamingMailbox	=%S フォルダの名前を変更しています...
+imapStatusRenamingMailbox	=%S フォルダーの名前を変更しています...
 
 # Status - looking for mailboxes
-imapStatusLookingForMailbox	=フォルダを探しています...
+imapStatusLookingForMailbox	=フォルダーを探しています...
 
 # Status - subscribing to mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusSubscribeToMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being subscribed to.
-imapStatusSubscribeToMailbox	=%S フォルダに購読しています...
+imapStatusSubscribeToMailbox	=%S フォルダーに購読しています...
 
 # Status - unsubscribing from mailbox
 # LOCALIZATION NOTE (imapStatusUnsubscribeMailbox): The "%S" below should not be translated.
 # Instead, insert "%S" in your translation where you wish to display the name
 # of the folder being unsubscribed from.
-imapStatusUnsubscribeMailbox	=%S フォルダの購読を解除しています...
+imapStatusUnsubscribeMailbox	=%S フォルダーの購読を解除しています...
 
 # Status - searching imap folder
-imapStatusSearchMailbox		=フォルダを検索中です...
+imapStatusSearchMailbox		=フォルダーを検索中です...
 
 # Status - closing a folder
-imapStatusCloseMailbox		=フォルダを閉じています...
+imapStatusCloseMailbox		=フォルダーを閉じています...
 
 # Status - compacting a folder
-imapStatusExpungingMailbox	=フォルダを最適化しています...
+imapStatusExpungingMailbox	=フォルダーを最適化しています...
 
 # Status - logging out
 imapStatusLoggingOut		=ログアウトしています...
 
 # Status - checking server capabilities
 imapStatusCheckCompat		=メールサーバーがサポートする機能を確認しています...
 
 # Status - logging on
@@ -64,17 +64,17 @@ imapStatusSendingLogin		=ログイン情報を送信しています...
 # Status - auth logon
 imapStatusSendingAuthLogin	=ログイン情報を送信しています...
 
 # Status - downloading message
 imapDownloadingMessage		=メッセージをダウンロードしています...
 
 # Status - getting acl for folder
 # LOCALIZATION NOTE (imapGettingACLForFolder): Do not translate the word "ACL" below.
-imapGettingACLForFolder		=フォルダのアクセス制御リストを取得しています...
+imapGettingACLForFolder		=フォルダーのアクセス制御リストを取得しています...
 
 # Status - getting server info
 imapGettingServerInfo		=サーバーの設定情報を取得しています...
 
 # Status - getting mailbox info
 imapGettingMailboxInfo		=メールボックスの設定情報を取得しています...
 
 # Status - empty mime part
@@ -112,17 +112,17 @@ imapCopyingMessage		=メッセージを %S にコピーしています...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapFolderReceivingMessageOf2): Do not translate the word "%S" or "%lu" below.
 # Place the word %S in your translation where the name of the folder should appear.
 # Place the word %lu where the number of headers should appear.
 imapFolderReceivingMessageOf2	=%1$S にメッセージをダウンロードしています %2$lu/%3$lu...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapDiscoveringMailbox): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %S in your translation where the name of the folder should appear.
-imapDiscoveringMailbox		=見つかったフォルダ: %S
+imapDiscoveringMailbox		=見つかったフォルダー: %S
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapEnterPasswordPrompt): Do not translate the words %1$S and %2$S below.
 # Place the word %1$S in your translation where the username should appear.
 # Place the word %2$S in your translation where the servername should appear.
 imapEnterServerPasswordPrompt	=%2$S サーバーの %1$S のパスワードを入力してください:
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapServerNotImap4): Do not translate the word "IMAP4" below.
 imapServerNotImap4		=メールサーバー %S は IMAP4 メールサーバーではありません。
@@ -140,86 +140,86 @@ imapNetTimeoutError		=サーバー %S への接続がタイムアウトしました。
 
 # Status - no messages to download
 imapNoNewMessages		=サーバーに新着メッセージはありません。
 
 imapDefaultAccountName		=%S のメール
 
 imapSpecialChar			=この IMAP サーバーでは %c という文字は予約されています。他の名前を指定してください。
 
-imapPersonalSharedFolderTypeName	=個人用フォルダ
+imapPersonalSharedFolderTypeName	=個人用フォルダー
 
-imapPublicFolderTypeName	=公開フォルダ
+imapPublicFolderTypeName	=公開フォルダー
 
-imapOtherUsersFolderTypeName	=他ユーザーのフォルダ
+imapOtherUsersFolderTypeName	=他ユーザーのフォルダー
 
-imapPersonalFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダです。共有されていません。
+imapPersonalFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダーです。共有されていません。
 
-imapPersonalSharedFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダです。共有されています。
+imapPersonalSharedFolderTypeDescription	=個人用メールフォルダーです。共有されています。
 
-imapPublicFolderTypeDescription	=公開フォルダです。
+imapPublicFolderTypeDescription	=公開フォルダーです。
 
-imapOtherUsersFolderTypeDescription	=ユーザー '%S' によって共有されているメールフォルダです。
+imapOtherUsersFolderTypeDescription	=ユーザー '%S' によって共有されているメールフォルダーです。
 
 imapAclFullRights		=フルコントロール
 
 imapAclLookupRight		=表示
 
 imapAclReadRight		=読み取り
 
 imapAclSeenRight		=既読/未読の設定
 
 imapAclWriteRight		=書き込み
 
 imapAclInsertRight		=メッセージの追加
 
 imapAclPostRight		=メッセージの送信
 
-imapAclCreateRight		=サブフォルダの作成
+imapAclCreateRight		=サブフォルダーの作成
 
 imapAclDeleteRight		=メッセージの削除
 
 imapAclAdministerRight		=アクセス権の変更
 
-imapServerDoesntSupportAcl	=このサーバーは共有フォルダをサポートしていません。
+imapServerDoesntSupportAcl	=このサーバーは共有フォルダーをサポートしていません。
 
 imapAclExpungeRight		=整理 (Expunge)
 
 imapServerDisconnected		=サーバー %S との接続が切断されました。サーバーがダウンしたか、ネットワークに問題があるかもしれません。
 
 imapSubscribePrompt		=%1$S を購読しますか?
 
 imapServerDroppedConnection	=IMAP サーバーへ接続できませんでした。このサーバーへの同時最大接続数を超えている可能性があります。その場合は [アカウント設定] -> [サーバー設定] -> [詳細] で最大同時接続数を減らしてください。
 
-imapQuotaStatusFolderNotOpen	=フォルダが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
+imapQuotaStatusFolderNotOpen	=フォルダーが開かれていないため、クォータ情報は利用できません。
 
 imapQuotaStatusNotSupported	=このサーバーはクォータをサポートしていません。
 
-imapQuotaStatusNoQuota		=このフォルダにはクォータが割り当てられていません。
+imapQuotaStatusNoQuota		=このフォルダーにはクォータが割り当てられていません。
 
 # Out of memory
 imapOutOfMemory			=メモリが不足しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapCopyingMessageOf2): Do not translate the word "%S" below.
 # Place the word %3$S in your translation where the name of the destination folder should appear.
 # Place the word %1$S where the currently copying message should appear.
 # Place the word %2$S where the total number of messages should appear.
 imapCopyingMessageOf2		=%3$S にメッセージをコピーしています %1$S/%2$S...
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapMoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the name of the folder.
-imapMoveFolderToTrash		=本当にこのフォルダを削除してもよろしいですか: '%S'
+imapMoveFolderToTrash		=本当にこのフォルダーを削除してもよろしいですか: '%S'
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapDeleteNoTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the name of the folder.
-imapDeleteNoTrash		=このフォルダを削除するとその中のすべてのメッセージとサブフォルダが削除され、元に戻すことはできません。本当にこのフォルダを削除してもよろしいですか: '%S'
+imapDeleteNoTrash		=このフォルダーを削除するとその中のすべてのメッセージとサブフォルダーが削除され、元に戻すことはできません。本当にこのフォルダーを削除してもよろしいですか: '%S'
 
-imapDeleteFolderDialogTitle	=フォルダの削除
+imapDeleteFolderDialogTitle	=フォルダーの削除
 
-imapDeleteFolderButtonLabel	=フォルダを削除(&D)
+imapDeleteFolderButtonLabel	=フォルダーを削除(&D)
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainSSL): %S is the server hostname
 imapAuthChangeEncryptToPlainSSL	=IMAP サーバー %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangePlainToEncrypt): %S is the server hostname
 imapAuthChangePlainToEncrypt	=IMAP サーバー %S が平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainNoSSL): %S is the server hostname
--- a/suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
@@ -60,17 +60,17 @@ 2008=作成するメールボックスの作成エラーです。メールボックス %S を見つけられません。
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (Error 2009): Do not translate the word "%S" below.
 # Place %S in your translation where the name of the mailbox should appear.
 2009=メールボックス %S のインポートエラーです。作成するメールボックスを作成できません。
 
 # Error: No destination folder to import mailboxes
 ## @name IMPORT_ERROR_MB_NODESTFOLDER
 ## @loc None
-2010=メールをインポートするフォルダを作成できません。
+2010=メールをインポートするフォルダーを作成できません。
 
 # Description: Address book field name
 ## @name IMPORT_FIELD_DESC_START
 ## @loc None
 2100=名
 
 # Description: Address book field name
 ## @name IMPORT_FIELD_DESC
--- a/suite/chrome/mailnews/junkMailInfo.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/junkMailInfo.dtd
@@ -3,10 +3,10 @@
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY window.title  "迷惑メールフィルターについて">
 <!ENTITY window.width  "600"><!-- en-US: 450 -->
 <!-- (^^; info1a.label と info1b.label の間に迷惑メールアイコンが表示される -->
 <!ENTITY info1a.label  "&brandShortName; には迷惑メール (スパムメール) であると思われる受信メッセージを自動的に識別する機能が備わっており、迷惑メールであると判断されたメッセージには迷惑メールアイコン">
 <!ENTITY info1b.label  "が表示されます。">
 <!ENTITY info2.label   "初めはツールバーの [迷惑メール] ボタンを用いて、各メッセージが迷惑メールであるかどうかマークしていってください。あなたの判断を元に迷惑メールの識別基準が作られていきます。">
-<!ENTITY info3.label   "&brandShortName; が迷惑メールを正確に判別できるようになったら、受信した迷惑メールを自動的に [迷惑メール] フォルダへと移動させると良いでしょう。">
+<!ENTITY info3.label   "&brandShortName; が迷惑メールを正確に判別できるようになったら、受信した迷惑メールを自動的に [迷惑メール] フォルダーへと移動させると良いでしょう。">
 <!ENTITY info4.label   "ヘルプをクリックすると詳細が表示されます。">
--- a/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
@@ -121,21 +121,21 @@ pop3ServerDoesNotSupportUidlEtc=POP3 メールサーバー (%S) が UIDL, XTND, XLST をサポートしていないため、[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。メールをダウンロードするには、アカウント設定ウィンドウの [サーバー設定] でこれらのオプションを無効化してください。
 # Do not translate "%S". Place %S in your translation where the name of the server should appear.
 # Do not translate "TOP"
 pop3ServerDoesNotSupportTopCommand=POP3 メールサーバー (%S) が TOP コマンドをサポートしていないため、[最大メッセージサイズ]、[ヘッダのみを取得する] 設定は利用できません。このオプションが無効なため、メッセージは、そのサイズに関わらずダウンロードされます。
 
 nsErrorCouldNotConnectViaTls=POP3 サーバーへの TLS 接続が確立できません。サーバーがダウンしているか、設定が正しくありません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で、このメールサーバーの設定が正しいか確認して再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (pop3MoveFolderToTrash): Do not translate the word %S below.
 # "%S" is the name of the folder.
-pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダを削除してもよろしいですか: %S
+pop3MoveFolderToTrash=本当に次のフォルダーを削除してもよろしいですか: %S
 
-pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダの削除
+pop3DeleteFolderDialogTitle=フォルダーの削除
 
-pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダを削除(&D)
+pop3DeleteFolderButtonLabel=フォルダーを削除(&D)
 
 pop3AuthInternalError=POP3 サーバーによる認証中に内部状態エラーが発生しました。これはアプリケーション内部の予期しないエラーです。バグとして報告してください。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainNoSSL=POP3 サーバーが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [平文のパスワード認証 (安全でない)] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、誰かがパスワードを盗もうとしていることが考えられます。
 
 pop3AuthChangeEncryptToPlainSSL=POP3 サーバーが暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [通常のパスワード認証] に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
 
 pop3AuthChangePlainToEncrypt=POP3 サーバーが平文のパスワードを許可していません。[アカウント設定] の [サーバー設定] で [認証方式] を [暗号化されたパスワード認証] に変更し、再度試してください。
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.dtd
@@ -13,19 +13,19 @@
 <!ENTITY tabmailCloseButton.tooltip            "現在のタブを閉じます">
 <!ENTITY tabmailAllTabs.tooltip                "タブを一覧表示します">
 
 <!-- menu items:  the . means that the menu item isn't implemented yet -->
 
 <!-- File menu items -->
 <!ENTITY newMessage.label                      "新しいメッセージ">
 <!ENTITY newMessage.accesskey                  "N">
-<!ENTITY newFolderCmd.label                    "フォルダ...">
+<!ENTITY newFolderCmd.label                    "フォルダー...">
 <!ENTITY newFolderCmd.accesskey                "F">
-<!ENTITY newVirtualFolderCmd.label             "検索フォルダ...">
+<!ENTITY newVirtualFolderCmd.label             "検索フォルダー...">
 <!ENTITY newVirtualFolderCmd.accesskey         "S">
 <!ENTITY newTabCmd.label                       "タブを複製">
 <!ENTITY newTabCmd.accesskey                   "T">
 <!ENTITY newTabCmd.key                         "t">
 <!ENTITY closeTabCmd.label                     "タブを閉じる">
 <!ENTITY closeTabCmd.accesskey                 "e">
 <!ENTITY newAccountCmd.label                   "アカウント...">
 <!ENTITY newAccountCmd.accesskey               "A">
@@ -50,19 +50,19 @@
 <!ENTITY getAllNewMsgCmd.label                 "すべての新しいメールを受信">
 <!ENTITY getAllNewMsgCmd2.key                  "d">
 <!ENTITY getNextNMsgCmd.label                  "次の 500 本の記事を受信">
 <!ENTITY getNextNMsgCmd.accesskey              "t">
 <!ENTITY sendUnsentCmd.label                   "未送信メッセージを送信">
 <!ENTITY sendUnsentCmd.accesskey               "d">
 <!ENTITY subscribeCmd.label                    "購読...">
 <!ENTITY subscribeCmd.accesskey                "b">
-<!ENTITY renameFolder.label                    "フォルダの名前変更...">
+<!ENTITY renameFolder.label                    "フォルダーの名前変更...">
 <!ENTITY renameFolder.accesskey                "R">
-<!ENTITY compactFolders.label                  "フォルダを最適化">
+<!ENTITY compactFolders.label                  "フォルダーを最適化">
 <!ENTITY compactFolders.accesskey              "F">
 <!ENTITY emptyTrashCmd.label                   "ごみ箱を空にする">
 <!ENTITY emptyTrashCmd.accesskey               "y">
 <!ENTITY offlineMenu.label                     "オフライン">
 <!ENTITY offlineMenu.accesskey                 "l">
 <!ENTITY synchronizeOfflineCmd.label           "今すぐダウンロードして同期...">
 <!ENTITY synchronizeOfflineCmd.accesskey       "S">
 <!ENTITY settingsOfflineCmd.label              "オフライン設定...">
@@ -78,29 +78,29 @@
 <!ENTITY undeleteMsgCmd.label                  "メッセージを削除しない">
 <!ENTITY undeleteMsgCmd.accesskey              "d">
 <!ENTITY cancelNewsMsgCmd.label                "メッセージをキャンセル">
 <!ENTITY cancelNewsMsgCmd.accesskey            "n">
 <!ENTITY deleteMsgsCmd.label                   "選択したメッセージを削除">
 <!ENTITY deleteMsgsCmd.accesskey               "D">
 <!ENTITY undeleteMsgsCmd.label                 "選択したメッセージを削除しない">
 <!ENTITY undeleteMsgsCmd.accesskey             "d">
-<!ENTITY deleteFolderCmd.label                 "フォルダの削除">
+<!ENTITY deleteFolderCmd.label                 "フォルダーの削除">
 <!ENTITY deleteFolderCmd.accesskey             "D">
 <!ENTITY unsubscribeNewsgroupCmd.label         "購読を解除">
 <!ENTITY unsubscribeNewsgroupCmd.accesskey     "n">
 <!ENTITY selectMenu.label                      "選択">
 <!ENTITY selectMenu.accesskey                  "S">
 <!ENTITY selectThreadCmd.label                 "スレッド">
 <!ENTITY selectThreadCmd.accesskey             "T">
 <!ENTITY selectThreadCmd.key                   "a">
 <!ENTITY selectFlaggedCmd.label                "フラグ付きメッセージ">
 <!ENTITY selectFlaggedCmd.accesskey            "F">
 <!ENTITY folderPropsCmd.label                  "プロパティ...">
-<!ENTITY folderPropsFolderCmd.label            "フォルダのプロパティ...">
+<!ENTITY folderPropsFolderCmd.label            "フォルダーのプロパティ...">
 <!ENTITY folderPropsNewsgroupCmd.label         "ニュースグループのプロパティ...">
 <!ENTITY folderPropsCmd.accesskey              "o">
 <!ENTITY accountManagerCmd.label               "メールとニュースグループのアカウント設定...">
 <!ENTITY accountManagerCmd.accesskey           "M">
 <!ENTITY undoDeleteMsgCmd.label                "元に戻す - メッセージの削除">
 <!ENTITY redoDeleteMsgCmd.label                "やり直し - メッセージの削除">
 <!ENTITY undoMoveMsgCmd.label                  "元に戻す - メッセージの移動">
 <!ENTITY redoMoveMsgCmd.label                  "やり直し - メッセージの移動">
@@ -126,17 +126,17 @@
 <!ENTITY messagePaneWide.label                 "横長表示">
 <!ENTITY messagePaneWide.accesskey             "W">
 <!ENTITY messagePaneVertical.label             "縦表示">
 <!ENTITY messagePaneVertical.accesskey         "V">
 <!ENTITY showMessagePaneCmd.label              "メッセージペイン">
 <!ENTITY showMessagePaneCmd.accesskey          "M">
 <!ENTITY showThreadPaneCmd.label               "スレッドペイン">
 <!ENTITY showThreadPaneCmd.accesskey           "T">
-<!ENTITY showFolderPaneCmd.label               "フォルダペイン">
+<!ENTITY showFolderPaneCmd.label               "フォルダーペイン">
 <!ENTITY showFolderPaneCmd.accesskey           "F">
 
 <!-- sortMenu is also used by addressbook -->
 <!ENTITY sortMenu.label                        "並べ替え順序">
 <!ENTITY sortMenu.accesskey                    "t">
 
 <!ENTITY sortByDateCmd.label                   "送信日時">
 <!ENTITY sortByDateCmd.accesskey               "e">
@@ -310,23 +310,23 @@
 <!ENTITY editMsgAsNewCmd.label                  "新しいメッセージとして編集">
 <!ENTITY editMsgAsNewCmd.accesskey              "E">
 <!ENTITY editMsgAsNewCmd.key                    "e">
 <!ENTITY createFilter.label                     "メッセージからフィルターを作成...">
 <!ENTITY createFilter.accesskey                 "a">
 <!ENTITY archiveMsgCmd.label                    "アーカイブ">
 <!ENTITY archiveMsgCmd.accesskey                "A">
 <!ENTITY archiveMsgCmd.key                      "a">
-<!ENTITY moveMsgToMenu.label                    "別のフォルダに移動"><!-- contextMoveMsgMenu.label と同じ動作 -->
+<!ENTITY moveMsgToMenu.label                    "別のフォルダーに移動"><!-- contextMoveMsgMenu.label と同じ動作 -->
 <!ENTITY moveMsgToMenu.accesskey                "M">
 <!ENTITY copyMessageLocation.label              "メッセージの場所をコピー">
 <!ENTITY copyMessageLocation.accesskey          "M">
-<!ENTITY copyMsgToMenu.label                    "別のフォルダにコピー"><!-- contextCopyMsgMenu.label と同じ動作 -->
+<!ENTITY copyMsgToMenu.label                    "別のフォルダーにコピー"><!-- contextCopyMsgMenu.label と同じ動作 -->
 <!ENTITY copyMsgToMenu.accesskey                "C">
-<!ENTITY moveCopyMsgRecentMenu.label            "前回と同じフォルダにコピー"><!--Recent-->
+<!ENTITY moveCopyMsgRecentMenu.label            "前回と同じフォルダーにコピー"><!--Recent-->
 <!ENTITY moveCopyMsgRecentMenu.accesskey        "R">
 <!ENTITY killThreadMenu.label                   "スレッドを無視">
 <!ENTITY killThreadMenu.accesskey               "I">
 <!ENTITY killThreadMenu.key                     "k">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.label                "サブスレッドを無視">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.accesskey            "S">
 <!ENTITY killSubthreadMenu.key                  "k">
 <!ENTITY watchThreadMenu.label                  "注目スレッドに設定">
@@ -377,17 +377,17 @@
 <!-- Tools Menu -->
 <!ENTITY searchMailCmd.label                  "メッセージの検索...">
 <!ENTITY searchMailCmd.accesskey              "M">
 <!ENTITY searchMailCmd.key                    "s">
 <!ENTITY searchAddressesCmd.label             "アドレスの検索...">
 <!ENTITY searchAddressesCmd.accesskey         "c">
 <!ENTITY filtersCmd.label                     "メッセージフィルター...">
 <!ENTITY filtersCmd.accesskey                 "F">
-<!ENTITY filtersApply.label                   "フォルダにフィルターを適用">
+<!ENTITY filtersApply.label                   "フォルダーにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApply.accesskey               "R">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.label        "選択しているメッセージにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApplyToSelection.accesskey    "g">
 <!ENTITY filtersApplyToMessage.label          "メッセージにフィルターを適用">
 <!ENTITY filtersApplyToMessage.accesskey      "g">
 <!ENTITY runJunkControls.label                "迷惑メールフィルターを実行">
 <!ENTITY runJunkControls.accesskey            "u">
 <!ENTITY deleteJunk.label                     "迷惑メールとマークされたメールを削除">
@@ -428,21 +428,21 @@
 <!ENTITY searchToolbar.tooltip              "検索バー">
 <!ENTITY advancedButton.tooltip             "メッセージを詳細に検索します">
 <!ENTITY getMsgButton.tooltip               "メッセージを受信します">
 <!ENTITY newMsgButton.tooltip               "新しいメッセージを作成します">
 <!ENTITY replyButton.tooltip                "メッセージに返信します">
 <!ENTITY replyAllButton.tooltip             "送受信者全員に返信します">
 <!ENTITY replyAllButtonNews.tooltip         "送受信者全員とニュースグループに返信します"><!--Reply to sender and newsgroup-->
 <!ENTITY forwardButton.tooltip              "メッセージを転送します">
-<!ENTITY fileButton.tooltip                 "メッセージを別のフォルダに移します">
+<!ENTITY fileButton.tooltip                 "メッセージを別のフォルダーに移します">
 <!ENTITY nextButton.tooltip                 "次の未読メッセージに移動します">
 <!ENTITY goBackButton.tooltip               "メッセージ表示履歴を前に戻ります"><!-- 一つ前以外も -->
 <!ENTITY goForwardButton.tooltip            "メッセージ表示履歴を次に進みます"><!-- 一つ次以外も -->
-<!ENTITY deleteButton.tooltip               "メッセージまたはフォルダを削除します">
+<!ENTITY deleteButton.tooltip               "メッセージまたはフォルダーを削除します">
 <!ENTITY undeleteButton.tooltip             "メッセージの削除を元に戻します">
 <!ENTITY markButton.tooltip                 "メッセージにマークを付けます">
 <!ENTITY stopButton.tooltip                 "送受信処理を中止します">
 <!ENTITY throbber.tooltip                   "&vendorShortName; のホームページに移動します">
 <!ENTITY junkButton.tooltip                 "メッセージに迷惑マークを付けます">
 <!ENTITY notJunkButton.tooltip              "メッセージの迷惑マークを外します">
 
 <!-- Remote Content Button Popup -->
@@ -476,17 +476,17 @@
 <!ENTITY contextForwardAsAttachment.label         "添付として転送">
 <!ENTITY contextForwardAsAttachment.accesskey     "o">
 <!ENTITY contextArchive.label                     "アーカイブ">
 <!ENTITY contextArchive.accesskey                 "A">
 <!ENTITY contextMoveMsgMenu.label                 "メッセージを移動">
 <!ENTITY contextMoveMsgMenu.accesskey             "M">
 <!ENTITY contextCopyMsgMenu.label                 "メッセージをコピー">
 <!ENTITY contextCopyMsgMenu.accesskey             "C">
-<!ENTITY contextMoveCopyMsgRecentMenu.label       "前回と同じフォルダにコピー"><!--Recent-->
+<!ENTITY contextMoveCopyMsgRecentMenu.label       "前回と同じフォルダーにコピー"><!--Recent-->
 <!ENTITY contextMoveCopyMsgRecentMenu.accesskey   "R">
 <!ENTITY contextSaveAs.label                      "名前を付けて保存...">
 <!ENTITY contextSaveAs.accesskey                  "S">
 <!ENTITY contextPrint.label                       "印刷...">
 <!ENTITY contextPrint.accesskey                   "P">
 <!ENTITY contextPrintPreview.label                "印刷 プレビュー">
 <!ENTITY contextPrintPreview.accesskey            "v">
 
@@ -500,27 +500,27 @@
 <!ENTITY folderContextRename.label                 "名前の変更">
 <!ENTITY folderContextRename.accesskey             "R">
 <!ENTITY folderContextRemove.label                 "削除">
 <!ENTITY folderContextRemove.accesskey             "D">
 <!ENTITY folderContextCompact.label                "最適化">
 <!ENTITY folderContextCompact.accesskey            "F">
 <!ENTITY folderContextEmptyTrash.label             "ごみ箱を空にする">
 <!ENTITY folderContextEmptyTrash.accesskey         "y">
-<!ENTITY folderContextEmptyJunk.label              "迷惑メールフォルダを空にする">
+<!ENTITY folderContextEmptyJunk.label              "迷惑メールフォルダーを空にする">
 <!ENTITY folderContextEmptyJunk.accesskey          "J">
 <!ENTITY folderContextSendUnsentMessages.label     "未送信メッセージを送信">
 <!ENTITY folderContextSendUnsentMessages.accesskey "d">
 <!ENTITY folderContextUnsubscribe.label            "購読を解除">
 <!ENTITY folderContextUnsubscribe.accesskey        "U">
 <!ENTITY folderContextMarkNewsgroupRead.label      "ニュースグループを既読にする">
 <!ENTITY folderContextMarkNewsgroupRead.accesskey  "k">
-<!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.label     "フォルダ内を既読にする">
+<!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.label     "フォルダー内を既読にする">
 <!ENTITY folderContextMarkMailFolderRead.accesskey "k">
-<!ENTITY folderContextNew.label                    "新しいサブフォルダ...">
+<!ENTITY folderContextNew.label                    "新しいサブフォルダー...">
 <!ENTITY folderContextNew.accesskey                "N">
 <!ENTITY folderContextSubscribe.label              "購読...">
 <!ENTITY folderContextSubscribe.accesskey          "b">
 <!ENTITY folderContextSearchMessages.label         "メッセージの検索...">
 <!ENTITY folderContextSearchMessages.accesskey     "S">
 <!ENTITY folderContextProperties.label             "プロパティ...">
 <!ENTITY folderContextProperties.accesskey         "P">
 <!ENTITY folderContextSettings.label               "設定...">
--- a/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/messenger.properties
@@ -4,25 +4,25 @@
 
 # The following are used by the messenger application
 
 #LOCALIZATION NOTE(statusMessage): Do not translate the words
 # $1S and $2S below. Place the word $1S where account name should appear and $2S
 # where the status message should appear.
 statusMessage			=%1$S: %2$S
 
-renameFolder			=フォルダの名前変更...
-compactFolder			=このフォルダを最適化
+renameFolder			=フォルダーの名前変更...
+compactFolder			=このフォルダーを最適化
 removeAccount			=アカウントの削除...
-removeFolder			=フォルダの削除
-newFolderMenuItem		=フォルダ...
-newSubfolderMenuItem		=サブフォルダ...
-newFolder			=新しいフォルダ...
-newSubfolder			=新しいサブフォルダ...
-folderProperties		=フォルダのプロパティ
+removeFolder			=フォルダーの削除
+newFolderMenuItem		=フォルダー...
+newSubfolderMenuItem		=サブフォルダー...
+newFolder			=新しいフォルダー...
+newSubfolder			=新しいサブフォルダー...
+folderProperties		=フォルダーのプロパティ
 getMessages			=メッセージを受信
 getMessagesFor			=このアカウントのメッセージを受信
 # LOCALIZATION NOTE (getNextNewsMessages): Semi-colon list of plural forms.
 # #1 is the number of news messages to get.
 getNextNewsMessages		=次の #1 本の記事を受信する
 advanceNextPrompt		=%S 内の次の未読メッセージを開きますか?
 titleNewsPreHost		=:
 titleMailPreHost		=:
@@ -31,17 +31,17 @@ reply				=返信
 EMLFiles			=メールファイル
 OpenEMLFiles			=メッセージを開く
 # LOCALIZATION NOTE(defaultSaveMessageAsFileName): Do not translate ".eml"
 # in the line below. Also, the complete file name should be 8.3.
 defaultSaveMessageAsFileName	=message.eml
 SaveMailAs			=名前を付けてメッセージを保存
 SaveAttachment			=添付ファイルを保存
 SaveAllAttachments		=添付ファイルをすべて保存
-ChooseFolder			=フォルダの選択
+ChooseFolder			=フォルダーの選択
 LoadingMessageToPrint		=印刷するメッセージを読み込んでいます...
 MessageLoaded			=メッセージを読み込みました...
 PrintingMessage			=メッセージを印刷しています...
 PrintPreviewMessage		=メッセージの印刷プレビューを表示しています...
 PrintingContact			=連絡先を印刷しています...
 PrintPreviewContact		=連絡先の印刷プレビューを表示しています...
 PrintingAddrBook		=アドレス帳を印刷しています...
 PrintPreviewAddrBook		=アドレス帳の印刷プレビューを表示しています...
@@ -52,53 +52,53 @@ LoadingMailMsgForPrintPreview	=(印刷プレビューに表示する内容を読み込んでいます)
 saveAttachmentFailed		=添付ファイルを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 saveMessageFailed		=メッセージを保存できませんでした。ファイル名を確認してから再度試してください。
 fileExists			=%S はすでに存在します。置き換えますか?
 
 downloadingNewsgroups		=オフラインで使用するニュースグループの記事をダウンロードしています
 downloadingMail			=オフラインで使用するメールをダウンロードしています
 sendingUnsent			=未送信メールを送信しています
 
-folderExists			=その名前のフォルダはすでに存在します。他の名前を入力してください。
+folderExists			=その名前のフォルダーはすでに存在します。他の名前を入力してください。
 # LOCALIZATION NOTE(confirmDuplicateFolderRename): %1$S is name of folder being moved, %2$S is parent folder name, %3$S is proposed new folder name
-confirmDuplicateFolderRename	='%2$S' フォルダ内に '%1$S' という名前のサブフォルダがすでに存在します。このフォルダを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
-folderCreationFailed		=フォルダ名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
+confirmDuplicateFolderRename	='%2$S' フォルダー内に '%1$S' という名前のサブフォルダーがすでに存在します。このフォルダーを新しい名前 '%3$S' で移動してもよろしいですか?
+folderCreationFailed		=フォルダー名に使用できない文字が含まれています。他の名前を入力して再度作成してください。
 
-compactingFolder		=%S フォルダを最適化しています...
+compactingFolder		=%S フォルダーを最適化しています...
 # LOCALIZATION NOTE(compactingDone): %1$S is the compaction gain.
-compactingDone			=フォルダの最適化を完了しました (約 %1$S 節約)。
-autoCompactAllFoldersTitle	=フォルダの最適化
+compactingDone			=フォルダーの最適化を完了しました (約 %1$S 節約)。
+autoCompactAllFoldersTitle	=フォルダーの最適化
 # LOCALIZATION NOTE(autoCompactAllFoldersText): %1$S is the compaction gain.
-autoCompactAllFoldersText	=ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダとオフラインフォルダを最適化しますか? 約 %1$S 節約できます。
-autoCompactAlwaysAskCheckbox	=自動的にフォルダを最適化する前に常に確認する
+autoCompactAllFoldersText	=ディスク領域を節約するため、すべてのローカルフォルダーとオフラインフォルダーを最適化しますか? 約 %1$S 節約できます。
+autoCompactAlwaysAskCheckbox	=自動的にフォルダーを最適化する前に常に確認する
 compactNowButton		=今すぐ最適化(&M)
 
-confirmFolderDeletionForFilter	=%S フォルダを削除すると関連付けられたフィルターが無効になります。本当にこのフォルダを削除しますか?
-alertFilterChanged		=このフォルダに関連付けられたフィルターは更新されます。
-filterDisabled			=%S フォルダが見つからなかったので、このフォルダに関連付けられたフィルターは無効になります。フォルダが存在しており、フィルターが有効な対象フォルダを指していることを確認してください。
-filterFolderDeniedLocked	=他の処理が進行中のため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。
-parsingFolderFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダを選択してください。
-deletingMsgsFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
+confirmFolderDeletionForFilter	=%S フォルダーを削除すると関連付けられたフィルターが無効になります。本当にこのフォルダーを削除しますか?
+alertFilterChanged		=このフォルダーに関連付けられたフィルターは更新されます。
+filterDisabled			=%S フォルダーが見つからなかったので、このフォルダーに関連付けられたフィルターは無効になります。フォルダーが存在しており、フィルターが有効な対象フォルダーを指していることを確認してください。
+filterFolderDeniedLocked	=他の処理が進行中のため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。
+parsingFolderFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダーを開けませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度フォルダーを選択してください。
+deletingMsgsFailed		=他の処理で使用されているため %S フォルダーを削除できませんでした。他の操作が終了するのを待ってから再度試してください。
 alertFilterCheckbox		=この警告を再び表示しない
-compactFolderDeniedLock		=他の処理が進行中のため %S フォルダを最適化できませんでした。後で再度試してください。
-compactFolderWriteFailed	=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-compactFolderInsufficientSpace	=ディスクに十分な空き領域が足りないため、一部のフォルダ ('%S') が最適化できません。不要なファイルを削除するなどして再度試してください。
-filterFolderHdrAddFailed	=メッセージをフォルダに追加できなかったため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。フォルダが正しく表示されているか確認し、フォルダのプロパティからフォルダの修復を試してください。
-filterFolderWriteFailed		=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
-copyMsgWriteFailed		=フォルダに書き込みできなかったため %S フォルダにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
+compactFolderDeniedLock		=他の処理が進行中のため %S フォルダーを最適化できませんでした。後で再度試してください。
+compactFolderWriteFailed	=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーを最適化できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+compactFolderInsufficientSpace	=ディスクに十分な空き領域が足りないため、一部のフォルダー ('%S') が最適化できません。不要なファイルを削除するなどして再度試してください。
+filterFolderHdrAddFailed	=メッセージをフォルダーに追加できなかったため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。フォルダーが正しく表示されているか確認し、フォルダーのプロパティからフォルダーの修復を試してください。
+filterFolderWriteFailed		=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーにメッセージをフィルターで分別できませんでした。ディスク領域が十分あるかどうか、ファイルシステムに書き込み権限があるかどうか確認してから再度試してください。
+copyMsgWriteFailed		=フォルダーに書き込みできなかったため %S フォルダーにこのメッセージを移動やコピーできませんでした。ファイルメニューの [ごみ箱を空にする] や [フォルダーを最適化] によってディスクの空き領域を増やしてから、再度試してください。
 cantMoveMsgWOBodyOffline	=オフライン作業の間は、オフラインで使用できるようダウンロードしたメッセージ以外は移動やコピーできません。メールウィンドウの [ファイル] メニューを開き、[オフライン] を選択して [オンラインにする] のチェックを外してから再度試してください。
-operationFailedFolderBusy	=フォルダが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
-folderRenameFailed		=フォルダの名前を変更できませんでした。フォルダ名が変更されたか、新しい名前がフォルダ名として正しくないかもしれません。
+operationFailedFolderBusy	=フォルダーが使用中のため処理できませんでした。他の処理が完了するのを待ってから再度試してください。
+folderRenameFailed		=フォルダーの名前を変更できませんでした。フォルダー名が変更されたか、新しい名前がフォルダー名として正しくないかもしれません。
 # LOCALIZATION NOTE(verboseFolderFormat): %1$S is folder name, %2$S is server name
-verboseFolderFormat		=%2$S の %1$S フォルダ
+verboseFolderFormat		=%2$S の %1$S フォルダー
 # LOCALIZATION NOTE(filterFolderTruncateFailed): %1$S is replaced by the folder name, %2$S is replaced by the brandShortName
-filterFolderTruncateFailed	=%1$S フォルダのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
+filterFolderTruncateFailed	=%1$S フォルダーのメッセージをフィルタリングした後、受信トレイの整理中にエラーが発生しました。%2$S を終了して INBOX.msf を削除する必要があります。
 
-mailboxTooLarge			=%S フォルダが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダを最適化してください。
-outOfDiskSpace			=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダを最適化するなどしてもう一度やり直してください。
+mailboxTooLarge			=%S フォルダーが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダーを最適化してください。
+outOfDiskSpace			=新着メッセージをダウンロードするのに充分なディスク領域がありません。古いメールを削除、ごみ箱を空にする、メールフォルダーを最適化するなどしてもう一度やり直してください。
 errorGettingDB			=%S の要約ファイルを開けませんでした。ディスクエラーが発生したか、ファイルのフルパスが長すぎます。
 
 defaultServerTag		=(既定)
 
 # Used in message database list view to provide a text value for graphic based cells.
 messageUnread		 =未読
 messageHasFlag		 =フラグ付き
 messageHasAttachment	 =添付ファイルあり
@@ -154,17 +154,17 @@ documentDone			=
 documentLoading			=メッセージを読み込んでいます...
 
 unreadMsgStatus			=未読数: %S
 selectedMsgStatus		=選択数: %S
 totalMsgStatus			=合計: %S
 
 # localized folder names
 
-localFolders			=ローカルフォルダ
+localFolders			=ローカルフォルダー
 
 # LOCALIZATION NOTE (inboxFolderName): OK to translate all foldernames, bugzilla #57440 & bugzilla #23625 fixed
 inboxFolderName			=受信トレイ
 trashFolderName			=ごみ箱
 sentFolderName			=送信済みトレイ
 draftsFolderName		=下書き
 templatesFolderName		=テンプレート
 outboxFolderName		=送信トレイ
@@ -280,17 +280,17 @@ mail.addr_book.show_phonetic_fields	=tru
 mailnews.search_date_format		=0
 # separator for search date (e.g. "/", "-"), or empty when search_date_format is zero
 mailnews.search_date_separator		=
 # leading zeros for day and month values, not used if mailnews.search_date_format is not zero
 mailnews.search_date_leading_zeros	=true
 
 # offline msg
 ## en-US 無視
-nocachedbodybody2		=このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、[ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オフライン作業] のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[同期とディスク領域] で設定できます。
+nocachedbodybody2		=このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、[ファイル] メニューを開いて [オフライン] を選択し、[オフライン作業] のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダーとメッセージは [ツール] メニューから [アカウント設定] を開き、[同期とディスク領域] で設定できます。
 
 # accountCentral
 mailnews.account_central_page.url=chrome://messenger/content/msgAccountCentral.xul
 # LOCALIZATION NOTE(acctCentralTitleFormat): %1$S is brand, %2$S is account type, %3$S is account name
 acctCentralTitleFormat		=%1$S %2$S - %3$S
 mailAcctType			=Mail
 newsAcctType			=News
 feedsAcctType			=Feeds
@@ -348,19 +348,19 @@ newMailNotification_messages	=%1$S に %2$S 通の新着メッセージを受信しました
 quotaUsedFree			=%S / %S KB 使用
 quotaPercentUsed		=%S%% 使用
 
 # for message views
 confirmViewDeleteTitle		=確認
 confirmViewDeleteMessage	=本当にこの絞り込み条件を削除しますか?
 
 # for virtual folders
-confirmSavedSearchDeleteTitle	=検索フォルダの削除
-confirmSavedSearchDeleteMessage	=本当にこの検索フォルダを削除しますか?
-confirmSavedSearchDeleteButton	=検索フォルダを削除(&D)
+confirmSavedSearchDeleteTitle	=検索フォルダーの削除
+confirmSavedSearchDeleteMessage	=本当にこの検索フォルダーを削除しますか?
+confirmSavedSearchDeleteButton	=検索フォルダーを削除(&D)
 
 ## @name ENTER_PASSWORD_PROMPT
 ## @loc None
 # LOCALIZATION NOTE (passwordPrompt): Do not translate the word %S below.
 # Place the word "%S" in your translation where the email address
 # or the username should appear
 passwordPrompt			=%2$S 上の %1$S のパスワードを入力してください:
 
@@ -378,22 +378,22 @@ openWindowWarningConfirmation	=#1 件のメッセージを開くには時間がかかります。本当に開きますか?
 tagExists			=この名前のタグはすでに存在します。
 
 # for checking if the user really wants to delete the adaptive filter training set
 confirmResetJunkTrainingTitle	=確認
 confirmResetJunkTrainingText	=本当に迷惑メールフィルターの学習データをリセットしてもよろしいですか?
 
 # for the virtual folder list dialog title
 # %S is the name of the saved search folder
-editVirtualFolderPropertiesTitle	=検索フォルダ %S のプロパティを変更
+editVirtualFolderPropertiesTitle	=検索フォルダー %S のプロパティを変更
 # LOCALIZATION NOTE (foldersChosen): #1 number of chosen folders
-virtualFolderSourcesChosen		=#1 個のフォルダを選択しています
+virtualFolderSourcesChosen		=#1 個のフォルダーを選択しています
 
 #alert to inform the user to choose one or more folders to search for a saved search folder
-alertNoSearchFoldersSelected	=検索対象フォルダを 1 つ以上選択してください。
+alertNoSearchFoldersSelected	=検索対象フォルダーを 1 つ以上選択してください。
 
 # These are displayed in the message and folder pane windows
 # LOCALIZATION NOTE %.*f is the abbreviated size in the appropriate units
 byteAbbreviation2		=%.*f バイト
 kiloByteAbbreviation2		=%.*f KB
 megaByteAbbreviation2		=%.*f MB
 gigaByteAbbreviation2		=%.*f GB
 
@@ -410,20 +410,20 @@ confirmPhishingUrl2		=%1$0.S不審なサイトを開こうとしています。このサイトは別のサイトになりすましている可能性があります。%2$S を開いてもよろしいですか?
 
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageNormal) %1$S is the name of the sender
 mdnBarMessageNormal		=%1$S がこのメールの開封確認を求めています。
 #LOCALIZATION NOTE(mdnBarMessageAddressDiffers) %1$S is the name of the sender, %2$S is the address(es) to send return receipt to
 mdnBarMessageAddressDiffers	=%1$S がこのメールの開封確認を %2$S に送付するように求めています。
 
 # mailCommands.js
 emptyJunkTitle			=確認
-emptyJunkMessage		=迷惑メールフォルダから削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
+emptyJunkMessage		=迷惑メールフォルダーから削除されたメッセージおよびサブフォルダーは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyJunkDontAsk		=次回からは確認しない
 emptyTrashTitle			=確認
-emptyTrashMessage		=ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
+emptyTrashMessage		=ごみ箱から削除されたメッセージおよびサブフォルダーは一切元に戻せません。本当に削除してもよろしいですか?
 emptyTrashDontAsk		=次回からは確認しない
 
 # junkCommands.js
 junkAnalysisPercentComplete	=迷惑メールの分析を %S 完了しました
 processingJunkMessages		=迷惑メールを処理しています
 
 # tabmail: warning when closing multiple tabs (as in browser)
 tabs.closeWarningTitle		=タブを閉じる確認
--- a/suite/chrome/mailnews/msgAccountCentral.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgAccountCentral.dtd
@@ -5,17 +5,17 @@
 <!ENTITY emailSectionHdr.label        "メール">
 <!ENTITY readMsgsLink.label           "メッセージを読む">
 <!ENTITY composeMsgLink.label         "新しいメッセージを書く">
 
 <!ENTITY newsSectionHdr.label         "ニュースグループ">
 <!ENTITY subscribeNewsLink.label      "購読するニュースグループを管理">
 
 <!ENTITY accountsSectionHdr.label     "アカウント">
-<!ENTITY subscribeImapFolders.label   "購読するフォルダを管理">
+<!ENTITY subscribeImapFolders.label   "購読するフォルダーを管理">
 <!ENTITY settingsLink.label           "このアカウント設定を表示">
 <!ENTITY newAcctLink.label            "新しいアカウントを作成する">
 
 <!ENTITY advFeaturesSectionHdr.label  "高度な機能">
 <!ENTITY searchMsgsLink.label         "メッセージを検索">
 <!ENTITY filtersLink.label            "メッセージフィルターの設定を変更">
 <!ENTITY junkSettings.label           "迷惑メールフィルターの設定を変更">
 <!ENTITY offlineLink.label            "オフライン作業の設定を変更">
--- a/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgFolderPickerOverlay.dtd
@@ -1,7 +1,7 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Labels -->
-<!ENTITY newfolderchoosethis.label		"親フォルダを選択">
-<!ENTITY filemessageschoosethis.label		"このフォルダを選択">
+<!ENTITY newfolderchoosethis.label		"親フォルダーを選択">
+<!ENTITY filemessageschoosethis.label		"このフォルダーを選択">
--- a/suite/chrome/mailnews/msgSynchronize.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgSynchronize.dtd
@@ -1,23 +1,23 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from MsgSynchronize.xul and msgSelectOffline.xul-->
 
 <!ENTITY MsgSynchronize.label "メッセージのダウンロードと同期">
 <!ENTITY MsgSelect.label "オフラインで使用する項目">
-<!ENTITY MsgSyncDesc.label "オフラインで使用するように設定されているメールフォルダとニュースグループについて、今すぐメッセージのダウンロードと同期をします。[選択] ボタンを押すとオフラインで使用する項目の設定を変更できます。">
+<!ENTITY MsgSyncDesc.label "オフラインで使用するように設定されているメールフォルダーとニュースグループについて、今すぐメッセージのダウンロードと同期をします。[選択] ボタンを押すとオフラインで使用する項目の設定を変更できます。">
 <!ENTITY MsgSyncDirections.label "次のメッセージのダウンロードと同期をする:">
 <!ENTITY syncTypeMail.label "メールメッセージ">
 <!ENTITY syncTypeMail.accesskey "M">
 <!ENTITY syncTypeNews.label "ニュースグループメッセージ">
 <!ENTITY syncTypeNews.accesskey "N">
 <!ENTITY sendMessage.label "未送信のメッセージを送信する">
 <!ENTITY sendMessage.accesskey "S">
 <!ENTITY workOffline.label "ダウンロードと同期が完了したらオフラインにする">
 <!ENTITY workOffline.accesskey "W">
 <!ENTITY selectButton.label "選択...">
 <!ENTITY selectButton.accesskey "E">
-<!ENTITY MsgSelectDesc.label "オフラインで使用するメールフォルダとニュースグループを選択してください。">
+<!ENTITY MsgSelectDesc.label "オフラインで使用するメールフォルダーとニュースグループを選択してください。">
 <!ENTITY MsgSelectInd.label "ダウンロード">
-<!ENTITY MsgSelectItems.label "フォルダとニュースグループ">
+<!ENTITY MsgSelectItems.label "フォルダーとニュースグループ">
--- a/suite/chrome/mailnews/msgViewPickerOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/msgViewPickerOverlay.dtd
@@ -11,12 +11,12 @@
 <!ENTITY viewUnread.label "未読">
 <!ENTITY viewUnread.accesskey "U">
 <!ENTITY viewNotDeleted.label "未削除">
 <!ENTITY viewNotDeleted.accesskey "D">
 <!ENTITY viewTags.label "タグ">
 <!ENTITY viewTags.accesskey "T">
 <!ENTITY viewCustomViews.label "ユーザー設定">
 <!ENTITY viewCustomViews.accesskey "V">
-<!ENTITY viewVirtualFolder.label "検索フォルダとして保存...">
+<!ENTITY viewVirtualFolder.label "検索フォルダーとして保存...">
 <!ENTITY viewVirtualFolder.accesskey "S">
 <!ENTITY viewCustomizeView.label "カスタマイズ...">
 <!ENTITY viewCustomizeView.accesskey "C">
--- a/suite/chrome/mailnews/newFolderDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/newFolderDialog.dtd
@@ -1,16 +1,16 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Labels -->
-<!ENTITY newFolderDialog.title      "新しいフォルダ">
+<!ENTITY newFolderDialog.title      "新しいフォルダー">
 <!ENTITY name.label                 "名前:">
 <!ENTITY name.accesskey             "n">
 <!ENTITY description.label          "作成先:">
 <!ENTITY description.accesskey      "c">
-<!ENTITY folderRestriction1.label   "このサーバーではフォルダの中身が制限されています。">
-<!ENTITY folderRestriction2.label   "新しいフォルダに入れるものを選択してください:">
-<!ENTITY foldersOnly.label          "サブフォルダだけを入れる">
+<!ENTITY folderRestriction1.label   "このサーバーではフォルダーの中身が制限されています。">
+<!ENTITY folderRestriction2.label   "新しいフォルダーに入れるものを選択してください:">
+<!ENTITY foldersOnly.label          "サブフォルダーだけを入れる">
 <!ENTITY messagesOnly.label         "メッセージだけを入れる">
-<!ENTITY accept.label               "フォルダを作成">
+<!ENTITY accept.label               "フォルダーを作成">
 <!ENTITY accept.accesskey           "r">
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/feed-subscriptions.dtd
@@ -32,12 +32,12 @@
 <!ENTITY button.updateFeed.label     "更新">
 <!ENTITY button.updateFeed.accesskey "U">
 <!ENTITY button.removeFeed.label     "削除">
 <!ENTITY button.removeFeed.accesskey "R">
 <!ENTITY button.importOPML.label     "インポート">
 <!ENTITY button.importOPML.accesskey "I">
 <!ENTITY button.exportOPML.label     "エクスポート">
 <!ENTITY button.exportOPML.accesskey "X">
-<!ENTITY button.exportOPML.tooltip   "フィードをフォルダ構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
+<!ENTITY button.exportOPML.tooltip   "フィードをフォルダー構成でエクスポートします。フィードをリストでエクスポートするには、Ctrl キーを押しながらクリックするか Enter キーを押します">
 
 <!ENTITY cmd.close.commandKey        "w">
 <!ENTITY button.close.label          "閉じる">
--- a/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/newsblog/newsblog.properties
@@ -21,17 +21,17 @@ subscribe-noAuthError=フィードの URL が認証されていません。
 subscribe-loading=読み込み中です。しばらくお待ちください...
 
 subscribe-OPMLImportTitle=インポートする OPML ファイルの選択
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleList):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
 subscribe-OPMLExportTitleList=フィードリスト %S を OPML ファイルにエクスポート
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportTitleStruct):
 ## %S is the name of the feed account folder name.
-subscribe-OPMLExportTitleStruct=フィードフォルダ %S を OPML ファイルにエクスポート
+subscribe-OPMLExportTitleStruct=フィードフォルダー %S を OPML ファイルにエクスポート
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportFileDialogTitle):
 ## %1$S is the brandShortName, %2$S is the name of the feed account folder name.
 subscribe-OPMLExportFileDialogTitle=%1$S OPML エクスポート - %2$S
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLExportDefaultFileName):
 ## %1$S is the brandShortName (Thunderbird for example), %2$S is the account name.
 ## The default extension (.opml) is added here as it is not automatically appended in the file picker on MacOS.
 subscribe-OPMLExportDefaultFileName=My%1$SFeeds-%2$S.opml
 ## LOCALIZATION NOTE(subscribe-OPMLImportInvalidFile): %S is the name of the OPML file the user tried to import.
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
@@ -114,12 +114,12 @@
 <!ENTITY completionText.label "以下の設定情報が正しいか確認してください。">
 <!ENTITY serverTypePrefix.label "メール受信サーバーの種類:">
 <!ENTITY serverNamePrefix.label "メール受信サーバー名:">
 <!ENTITY smtpServerNamePrefix.label "メール送信 (SMTP) サーバー名:">
 <!ENTITY newsServerNamePrefix.label "ニュース (NNTP) サーバー名:">
 <!ENTITY downloadOnLogin.label "今すぐメッセージをダウンロード">
 <!ENTITY downloadOnLogin.accesskey "D">
 <!ENTITY deferStorageDesc.label "共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- en-US: "Check this checkbox to store mail for this account in the Local Folders Global Inbox. Otherwise the account appears as a top-level account and its mail is stored in its own directory." -->
-<!ENTITY deferStorage.label "共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダ&quot; にメールを保存します)">
+<!ENTITY deferStorage.label "共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダー&quot; にメールを保存します)">
 <!ENTITY deferStorage.accesskey "G">
 <!ENTITY clickFinish.label "[完了] をクリックすると設定を保存してアカウントを作成します。">
 <!ENTITY clickFinish.labelMac "[完了] をクリックすると設定を保存してアカウントを作成します。">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-archiveoptions.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-archiveoptions.dtd
@@ -1,23 +1,23 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from am-archiveoptions.xul -->
 
 <!ENTITY dialogTitle.label		"アーカイブオプション">
 <!ENTITY archiveGranularityPrefix.label	"アーカイブメッセージを次の場所に保存します:">
-<!ENTITY archiveFlat.label		"単独のフォルダ">
+<!ENTITY archiveFlat.label		"単独のフォルダー">
 <!ENTITY archiveFlat.accesskey		"s">
-<!ENTITY archiveYearly.label		"年別のフォルダ">
+<!ENTITY archiveYearly.label		"年別のフォルダー">
 <!ENTITY archiveYearly.accesskey	"Y">
-<!ENTITY archiveMonthly.label		"月別のフォルダ">
+<!ENTITY archiveMonthly.label		"月別のフォルダー">
 <!ENTITY archiveMonthly.accesskey	"M">
-<!ENTITY keepFolderStructure.label	"アーカイブされたメッセージのフォルダ構造を維持する">
+<!ENTITY keepFolderStructure.label	"アーカイブされたメッセージのフォルダー構造を維持する">
 <!ENTITY keepFolderStructure.accesskey	"K">
 <!ENTITY archiveExample.label "Example">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (archiveFolderName.label): this should match the default
      name for the "Archives" folder -->
 <!ENTITY archiveFolderName.label	"アーカイブ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (inboxFolderName.label): this should match the default
      name for the "Inbox" folder -->
 <!ENTITY inboxFolderName.label		"受信トレイ">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-copies.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-copies.dtd
@@ -1,50 +1,50 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from am-copies.xul -->
 
-<!ENTITY copyAndFolderTitle.label "コピーと特別なフォルダ"><!-- (^^; Copies &amp; Folders -->
+<!ENTITY copyAndFolderTitle.label "コピーと特別なフォルダー"><!-- (^^; Copies &amp; Folders -->
 <!ENTITY sendingPrefix.label "メッセージを送信するとき:">
 <!ENTITY fccMailFolder.label "コピーを次の場所に保存:"><!-- en-US: "Automatically place a copy in:" -->
 <!ENTITY fccMailFolder.accesskey "u">
-<!ENTITY fccReplyFollowsParent.label "返信元のメッセージと同じフォルダに返信を保存する">
+<!ENTITY fccReplyFollowsParent.label "返信元のメッセージと同じフォルダーに返信を保存する">
 <!ENTITY fccReplyFollowsParent.accesskey "P">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (ccAddress.label): do not translate "Cc" in below line -->
 <!ENTITY ccAddress.label "次のメールアドレスを Cc に追加する:">
 <!ENTITY ccAddress.accesskey "C">
 <!ENTITY ccAddressList.placeholder "カンマ区切りで複数入力できます">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bccAddress.label): do not translate "Bcc" in below line -->
 <!ENTITY bccAddress.label "次のメールアドレスを Bcc に追加:">
 <!ENTITY bccAddress.accesskey "B">
 <!ENTITY bccAddressList.placeholder "カンマ区切りで複数入力できます">
 <!ENTITY saveMessageDlg.label "メッセージを保存するとき確認ダイアログを表示する">
 <!ENTITY saveMessageDlg.accesskey "w">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (sentFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY sentFolderOn.label "次のアカウントの &quot;送信済みトレイ&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY sentFolderOn.label "次のアカウントの &quot;送信済みトレイ&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY sentFolderOn.accesskey "S">
-<!ENTITY sentInOtherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY sentInOtherFolder.label "その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY sentInOtherFolder.accesskey "O">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (archivesFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
 <!ENTITY archivesTitle.label "メッセージの保管">
 <!ENTITY keepArchives.label "アーカイブの保存先:">
 <!ENTITY keepArchives.accesskey "K">
 <!ENTITY archiveHierarchyButton.label "アーカイブオプション...">
 <!ENTITY archiveHierarchyButton.accesskey "n">
-<!ENTITY archivesFolderOn.label "次のアカウントの &quot;アーカイブ&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY archivesFolderOn.label "次のアカウントの &quot;アーカイブ&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY archivesFolderOn.accesskey "v">
-<!ENTITY archiveInOtherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY archiveInOtherFolder.label "その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY archiveInOtherFolder.accesskey "l">
 <!ENTITY specialFolders.label "下書きとテンプレート">
 <!ENTITY keepDrafts2.label "下書きの保存先:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (draftsFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY draftsFolderOn.label "次のアカウントの &quot;下書き&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY draftsFolderOn.label "次のアカウントの &quot;下書き&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY draftsFolderOn.accesskey "D">
-<!ENTITY draftInOtherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY draftInOtherFolder.label "その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY draftInOtherFolder.accesskey "t">
 <!ENTITY keepTemplates.label "テンプレートの保存先:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (templatesFolderOn.label): OK to translate this, bug #57440 -->
-<!ENTITY templatesFolderOn.label "次のアカウントの &quot;テンプレート&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY templatesFolderOn.label "次のアカウントの &quot;テンプレート&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY templatesFolderOn.accesskey "m">
-<!ENTITY templateInOtherFolder.label "その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY templateInOtherFolder.label "その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY templateInOtherFolder.accesskey "e">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-identity-edit.dtd
@@ -4,15 +4,15 @@
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (identityDialog.style): This value should be roughly
      equal to the value of accountManager.size entity minus the value
      of accountTree.width entity. -->
 <!ENTITY identityDialog.style		"min-width: 75ch;"><!-- en-US: 75ch; -->
 <!ENTITY identityListDesc.label		"差出人情報を設定してください:">
 
 <!ENTITY settingsTab.label		"設定">
-<!ENTITY copiesFoldersTab.label		"コピーと特別なフォルダ">
+<!ENTITY copiesFoldersTab.label		"コピーと特別なフォルダー">
 <!ENTITY addressingTab.label		"編集とアドレス入力">
 
 <!ENTITY publicData.label		"公開データ">
 <!ENTITY privateData.label		"個人データ">
 <!ENTITY identityAlias.label		"差出人ラベル:">
 <!ENTITY identityAlias.accesskey	"b">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-junk.dtd
@@ -2,23 +2,23 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY junkSettings.label	"迷惑メールフィルターの設定">
 <!ENTITY trainingDescription.label "フィルターを有効にした場合、どのようなメッセージが迷惑メールなのかを &brandShortName; に学習させる必要があります。迷惑メールを受信したら、ヘッダツールバーの [迷惑マークを付ける] ボタンを押してください。間違って迷惑メールと判断されたメールがあれば、[非迷惑メール] ボタンで訂正してください。迷惑または非迷惑を学習させると、&brandShortName; が自動的に迷惑マークを付けられるようになります。">
 <!ENTITY level.label		"このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする">
 <!ENTITY level.accesskey	"E">
 
-<!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する:">
+<!ENTITY move.label		"迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダーに移動する:">
 <!ENTITY move.accesskey		"M">
-<!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダ:">
+<!ENTITY junkFolderOn.label	"次のアカウントの &quot;迷惑メール&quot; フォルダー:">
 <!ENTITY junkFolderOn.accesskey	"J">
-<!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダを指定する:">
+<!ENTITY otherFolder.label	"その他のフォルダーを指定する:">
 <!ENTITY otherFolder.accesskey	"O">
-<!ENTITY purge1.label		"このフォルダの迷惑メールのうち">
+<!ENTITY purge1.label		"このフォルダーの迷惑メールのうち">
 <!ENTITY purge1.accesskey	"u">
 <!ENTITY purge2.label		"日以上前のものは自動的に削除する">
 
 <!ENTITY whitelistHeader.label		"送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない:">
 <!ENTITY whitelistHeader.accesskey	"D">
 
 <!ENTITY ispHeadersWarning.label	"有効にした場合、外部で分類された迷惑メールヘッダを尊重して自動的に迷惑マークを付けます。">
 <!ENTITY ispHeaders.label		"次の迷惑メールヘッダを信用する:">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-mdn.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-mdn.dtd
@@ -10,17 +10,17 @@
 <!ENTITY useCustomPrefs.label         "このアカウントでは開封確認の設定を個別に指定する">
 <!ENTITY useCustomPrefs.accesskey     "C">
 <!ENTITY requestReceipt.label         "送信メッセージについて、毎回開封確認の返送を求める">
 <!ENTITY requestReceipt.accesskey     "W">
 <!ENTITY receiptArrive.label          "開封確認が届いたとき:">
 <!ENTITY leaveIt.label                "受信トレイに残す">
 <!ENTITY leaveIt.accesskey            "I">
 <!-- LOCALIZATION NOTE moveToSent.label Translate: 'Sent' according to Netscape glossary -->
-<!ENTITY moveToSent.label             "&quot;送信済みトレイ&quot; フォルダに移動する">
+<!ENTITY moveToSent.label             "&quot;送信済みトレイ&quot; フォルダーに移動する">
 <!ENTITY moveToSent.accesskey         "M">
 <!ENTITY requestMDN.label             "開封確認の返送を求められたとき:">
 <!ENTITY returnSome.label             "必要に応じて開封確認を返送する">
 <!ENTITY returnSome.accesskey         "e">
 <!ENTITY never.label                  "開封確認は一切返送しない">
 <!ENTITY never.accesskey              "N">
 <!ENTITY notInToCc.label              "メッセージの宛先や Cc に自分が含まれていない場合:">
 <!ENTITY notInToCc.accesskey          "T">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
@@ -1,31 +1,31 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY serverAdvanced.label		"アカウントの詳細設定">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (serverDirectory.label): Do not translate "IMAP" -->
 <!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリ:">
 <!ENTITY serverDirectory.accesskey	"d">
-<!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダのみ表示する">
+<!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダーのみ表示する">
 <!ENTITY usingSubscription.accesskey	"w">
-<!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダとメッセージ両方を含むフォルダをサーバーがサポートしている">
+<!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダーとメッセージ両方を含むフォルダーをサーバーがサポートしている">
 <!ENTITY dualUseFolders.accesskey	"f">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.label	"サーバーへの最大同時接続数">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.accesskey "M">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (namespaceDesc.label): Do not translate "IMAP" -->
 <!ENTITY namespaceDesc.label		"IMAP サーバーの名前空間を設定してください:">
 <!ENTITY personalNamespace.label	"個人名前空間:">
 <!ENTITY personalNamespace.accesskey	"P">
 <!ENTITY publicNamespace.label		"公開(共有)名前空間:">
 <!ENTITY publicNamespace.accesskey	"u">
 <!ENTITY otherUsersNamespace.label	"他のユーザーの名前空間:">
 <!ENTITY otherUsersNamespace.accesskey	"O">
 <!ENTITY overrideNamespaces.label	"サーバーによる名前空間の上書きを許可する">
 <!ENTITY overrideNamespaces.accesskey	"A">
-<!ENTITY pop3DeferringDesc.label	"このアカウントのサーバーからメールをダウンロードするとき、新着メッセージを次のフォルダに保存する:">
+<!ENTITY pop3DeferringDesc.label	"このアカウントのサーバーからメールをダウンロードするとき、新着メッセージを次のフォルダーに保存する:">
 <!ENTITY accountInbox.label		"このアカウントの受信トレイ">
 <!ENTITY accountInbox.accesskey		"s">
 <!ENTITY deferToServer.label		"別のアカウントの受信トレイ">
 <!ENTITY deferToServer.accesskey	"d">
 <!ENTITY deferGetNewMail.label		"新着メールの取得時にこのサーバーも同時に受信">
 <!ENTITY deferGetNewMail.accesskey	"I">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-top.dtd
@@ -41,17 +41,17 @@
 <!ENTITY deleteByAgeFromServer.accesskey "o">
 <!ENTITY daysEnd.label "日以上経過したメッセージは削除する">
 <!ENTITY deleteOnServer2.label "ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバーからも削除する">
 <!ENTITY deleteOnServer2.accesskey "d">
 <!ENTITY downloadOnBiff.label "新着メッセージを自動的にダウンロードする">
 <!ENTITY downloadOnBiff.accesskey "m">
 <!ENTITY username.label "ログイン名">
 <!ENTITY deleteMessagePrefix.label "メッセージを削除する時:">
-<!ENTITY modelMoveToTrash.label "次のフォルダに移動する:">
+<!ENTITY modelMoveToTrash.label "次のフォルダーに移動する:">
 <!ENTITY modelMoveToTrash.accesskey "o">
 <!ENTITY modelMarkDeleted.label "削除済みとマークする">
 <!ENTITY modelMarkDeleted.accesskey "k">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.label "すぐに削除する">
 <!ENTITY modelDeleteImmediately.accesskey "d">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (expungeOnExit.label) : do not translate two of "&quot;" in below line -->
 <!ENTITY expungeOnExit.label		"終了時に受信トレイを整理 (expunge) する"><!-- &quot; 除去可 -->
 <!ENTITY expungeOnExit.accesskey "E">
@@ -83,10 +83,10 @@
 <!ENTITY browseFolder.accesskey "B">
 <!ENTITY browseNewsrc.label "参照...">
 <!ENTITY browseNewsrc.accesskey "e">
 
 <!ENTITY accountTitle.label "アカウント設定">
 <!ENTITY accountSettingsDesc.label "これは特殊なアカウントであり、特定の差出人情報はありません。">
 <!ENTITY storeType.label "メッセージの格納形式:">
 <!ENTITY storeType.accesskey "T">
-<!ENTITY mboxStore2.label "フォルダ単位 (mbox 形式)">
+<!ENTITY mboxStore2.label "フォルダー単位 (mbox 形式)">
 <!ENTITY maildirStore.label "メッセージごとのファイル (maildir 形式)">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-junk.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-junk.dtd
@@ -4,17 +4,17 @@
 
 <!ENTITY pref.junk.title "迷惑メールフィルター">
 <!ENTITY junkSettings.caption "迷惑メールフィルターの設定 (共通)">
 <!ENTITY junkMail.intro "アカウントごとの迷惑メールフィルターの設定はアカウント設定で行ってください。">
 
 <!-- Junk Mail Controls -->
 <!ENTITY manualMark.label               "手動で迷惑マークを付けたときに次の処理を実行する:">
 <!ENTITY manualMark.accesskey           "W">
-<!ENTITY manualMarkModeMove.label       "メッセージをアカウント別の &quot;迷惑メール&quot; フォルダへ移動する">
+<!ENTITY manualMarkModeMove.label       "メッセージをアカウント別の &quot;迷惑メール&quot; フォルダーへ移動する">
 <!ENTITY manualMarkModeMove.accesskey   "M">
 <!ENTITY manualMarkModeDelete.label     "メッセージを削除する">
 <!ENTITY manualMarkModeDelete.accesskey "D">
 
 <!ENTITY markAsRead.intro               "次のときメッセージを既読にする:">
 <!ENTITY autoMarkAsRead.label           "&brandShortName; が迷惑メールであると判断したとき">
 <!ENTITY autoMarkAsRead.accesskey       "u">
 <!ENTITY manualMarkAsRead.label         "手動で迷惑マークを付けたとき"><!--When I manually mark them as junk-->
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-mailnews.dtd
@@ -1,15 +1,15 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY pref.mailnews.title              "メールとニュースグループ">
 <!ENTITY generalSettings.caption          "一般設定">
-<!ENTITY confirmMove.label                "フォルダをごみ箱へ移動するときに確認する"><!--Confirm when moving folders to the Trash-->
+<!ENTITY confirmMove.label                "フォルダーをごみ箱へ移動するときに確認する"><!--Confirm when moving folders to the Trash-->
 <!ENTITY confirmMove.accesskey            "C">
 <!ENTITY preserveThreading.label          "メッセージを並べ替えるときにスレッド表示を維持する">
 <!ENTITY preserveThreading.accesskey      "v">
 <!ENTITY mailBiffOnNewWindow.label        "メールとニュースグループを起動したときにだけ新着メールを確認する"><!--Only check for new mail after opening Mail &amp; Newsgroups-->
 <!ENTITY mailBiffOnNewWindow.accesskey    "O">
 
 <!ENTITY defaultMailSettings.description  "&brandShortName; を以下の既定のアプリケーションに設定する:">
 <!ENTITY setDefaultMail.label             "メール">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-offline.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-offline.dtd
@@ -30,9 +30,9 @@
 <!ENTITY radioAskDownload.accesskey       "k">
 <!ENTITY mailConnections.caption          "メールの接続">
 <!ENTITY mailnewsTimeout.label            "以下の秒数を経過した場合、接続をタイムアウトと判定します:">
 <!ENTITY mailnewsTimeout.accesskey        "m">
 <!ENTITY mailnewsTimeoutSeconds.label     "秒">
 <!ENTITY Diskspace                        "ディスク領域">
 <!ENTITY offlineCompactFolders.label      "ディスク領域を合計"><!-- offlineCompactFolders.label [ ] offlineCompactFoldersMB.label -->
 <!ENTITY offlineCompactFolders.accesskey  "C">
-<!ENTITY offlineCompactFoldersMB.label    "MB 以上節約できるときはフォルダを最適化する">
+<!ENTITY offlineCompactFoldersMB.label    "MB 以上節約できるときはフォルダーを最適化する">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
@@ -5,17 +5,17 @@
 #
 # The following are used by the Account Wizard
 #
 enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
 accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
 accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
 modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
 userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
-serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダが新しいサーバーにあるか確認してください。
+serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダーが新しいサーバーにあるか確認してください。
 # LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
 junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
 localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
 localDirectoryRestart		=再起動
 userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
 localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリを選択してください。
@@ -30,17 +30,17 @@ WizardExit			=終了
 WizardContinue			=キャンセル
 # when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
 enterValidServerName		=正しいサーバー名を入力してください。
 failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
 accountName			=%1$S - %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
-confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
+confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダーに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダー (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダーに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダーに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
 # (^^; en-US: Defer Account?
 confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?
 
 directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
 #Provide default example values for sample email address
 exampleEmailUserName		=user
@@ -48,17 +48,17 @@ exampleEmailDomain		=example.jp
 emailFieldText			=メールアドレス:
 #LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
 defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
 #LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
 customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)
 
 # account manager stuff
 prefPanel-server		=サーバー設定
-prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダ
+prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダー
 prefPanel-synchronization	=同期とディスク領域
 prefPanel-diskspace		=ディスク領域
 prefPanel-addressing		=編集とアドレス入力
 prefPanel-junk			=迷惑メール
 ## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
 prefPanel-smtp			=送信 (SMTP) サーバー
 
 # account manager multiple identity support
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/removeAccount.dtd
@@ -5,15 +5,15 @@
 <!ENTITY dialogTitle			"アカウントとデータの削除">
 <!ENTITY removeButton.label		"削除">
 <!ENTITY removeButton.accesskey		"R">
 <!ENTITY removeAccount.label		"アカウント情報を削除">
 <!ENTITY removeAccount.accesskey	"a">
 <!ENTITY removeAccount.desc		"このアカウントについて &brandShortName; のデータだけを削除します。サーバー上のアカウントには影響しません。">
 <!ENTITY removeData.label		"メッセージデータを削除">
 <!ENTITY removeData.accesskey		"d">
-<!ENTITY removeDataLocalAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。この操作はサーバー上に保存された一部のメッセージには影響しません。ローカルデータを保管または後で &brandShortName; で再利用する予定のある場合は選択しないでください。">
-<!ENTITY removeDataServerAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダ、フィルターをローカルディスクから削除します。サーバー上に保存されたメッセージとフォルダは保持されます。">
+<!ENTITY removeDataLocalAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダー、フィルターをローカルディスクから削除します。この操作はサーバー上に保存された一部のメッセージには影響しません。ローカルデータを保管または後で &brandShortName; で再利用する予定のある場合は選択しないでください。">
+<!ENTITY removeDataServerAccount.desc	"このアカウントに関連付けられたすべてのメッセージとフォルダー、フィルターをローカルディスクから削除します。サーバー上に保存されたメッセージとフォルダーは保持されます。">
 <!ENTITY showData.label			"データの場所を表示">
 <!ENTITY showData.accesskey		"S">
 <!ENTITY progressPending		"選択したデータを削除しています...">
 <!ENTITY progressSuccess		"削除が完了しました。">
 <!ENTITY progressFailure		"削除に失敗しました。">
--- a/suite/chrome/mailnews/renameFolderDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/renameFolderDialog.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY renameFolderDialog.title          "フォルダ名変更">
-<!ENTITY rename.label                      "フォルダの新しい名前を入力してください:">
+<!ENTITY renameFolderDialog.title          "フォルダー名変更">
+<!ENTITY rename.label                      "フォルダーの新しい名前を入力してください:">
 <!ENTITY rename.accesskey                  "E">
 <!ENTITY accept.label                      "名前を変更">
 <!ENTITY accept.accesskey                  "R">
--- a/suite/chrome/mailnews/subscribe.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/subscribe.dtd
@@ -1,13 +1,13 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY subscribeDialog.title        "IMAP フォルダとニュースグループの購読">
+<!ENTITY subscribeDialog.title        "IMAP フォルダーとニュースグループの購読">
 <!ENTITY subscribeButton.label        "購読">
 <!ENTITY subscribeButton.accesskey    "S">
 <!ENTITY unsubscribeButton.label      "購読を解除">
 <!ENTITY unsubscribeButton.accesskey  "U">
 <!ENTITY newGroupsTab.label           "新しいグループ">
 <!ENTITY newGroupsTab.accesskey       "N">
 <!ENTITY refreshButton.label          "更新">
 <!ENTITY refreshButton.accesskey      "R">
--- a/suite/chrome/mailnews/subscribe.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/subscribe.properties
@@ -1,10 +1,10 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 columnHeader-nntp=購読するニュースグループを選択してください:
-columnHeader-imap=購読するフォルダを選択してください:
+columnHeader-imap=購読するフォルダーを選択してください:
 currentListTab-nntp.label=購読中のグループ一覧
 currentListTab-nntp.accesskey=L
-currentListTab-imap.label=フォルダ一覧
+currentListTab-imap.label=フォルダー一覧
 currentListTab-imap.accesskey=L
 pleaseWaitString=しばらくお待ちください...
--- a/suite/chrome/mailnews/threadpane.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/threadpane.dtd
@@ -14,17 +14,17 @@
 <!ENTITY statusColumn.label "状態">
 <!ENTITY sizeColumn.label "サイズ">
 <!ENTITY junkStatusColumn.label "迷惑マーク">
 <!ENTITY unreadColumn.label "スレッド中の未読数">
 <!ENTITY totalColumn.label "スレッド中の合計">
 <!ENTITY readColumn.label "既読">
 <!ENTITY receivedColumn.label "受信日時">
 <!ENTITY flagColumn.label "フラグ">
-<!ENTITY locationColumn.label "フォルダ">
+<!ENTITY locationColumn.label "フォルダー">
 <!ENTITY idColumn.label "受信順">
 
 <!--Tooltips-->
 <!ENTITY columnChooser2.tooltip "表示する列を選択します">
 <!ENTITY threadColumn2.tooltip "メッセージをスレッド形式で表示します">
 <!ENTITY fromColumn2.tooltip "差出人で並べ替えます">
 <!ENTITY recipientColumn2.tooltip "受信者で並べ替えます">
 <!ENTITY attachmentColumn2.tooltip "添付ファイルの有無で並べ替えます">
@@ -36,10 +36,10 @@
 <!ENTITY statusColumn2.tooltip "状態で並べ替えます">
 <!ENTITY sizeColumn2.tooltip "サイズで並べ替えます">
 <!ENTITY junkStatusColumn2.tooltip "迷惑マークの有無で並べ替えます">
 <!ENTITY unreadColumn2.tooltip "スレッド中の未読メッセージ数">
 <!ENTITY totalColumn2.tooltip "スレッド中のメッセージ総数">
 <!ENTITY readColumn2.tooltip "既読かどうかで並べ替えます">
 <!ENTITY receivedColumn2.tooltip "受信日時で並べ替えます">
 <!ENTITY flagColumn2.tooltip "フラグの有無で並べ替えます">
-<!ENTITY locationColumn2.tooltip "フォルダで並べ替えます">
+<!ENTITY locationColumn2.tooltip "フォルダーで並べ替えます">
 <!ENTITY idColumn2.tooltip "受信順で並べ替えます">
--- a/suite/chrome/mailnews/virtualFolderListDialog.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/virtualFolderListDialog.dtd
@@ -1,10 +1,10 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY server.label "アカウント: ">
 <!ENTITY server.accesskey "A">
-<!ENTITY virtualFolderListTitle.title        "フォルダの選択">
-<!ENTITY virtualFolderDesc.label       "検索するフォルダを選択してください:">
+<!ENTITY virtualFolderListTitle.title        "フォルダーの選択">
+<!ENTITY virtualFolderDesc.label       "検索するフォルダーを選択してください:">
 
 
--- a/suite/chrome/mailnews/virtualFolderProperties.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/virtualFolderProperties.dtd
@@ -1,22 +1,22 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY virtualFolderProperties.title "新しい検索フォルダ">
+<!ENTITY virtualFolderProperties.title "新しい検索フォルダー">
 <!ENTITY name.label                    "名前:">
 <!ENTITY name.accesskey                "N">
 <!ENTITY description.label             "作成先:">
 <!ENTITY description.accesskey         "C">
 
-<!ENTITY searchTermCaption.label       "検索フォルダで使用する検索条件を設定してください: ">
+<!ENTITY searchTermCaption.label       "検索フォルダーで使用する検索条件を設定してください: ">
 
 <!ENTITY folderSelectionCaption.label  "検索対象: ">
 <!ENTITY chooseFoldersButton.label     "選択...">
 <!ENTITY chooseFoldersButton.accesskey "h">
 
-<!ENTITY searchOnline.label            "オンラインで検索 (IMAP やニュースフォルダでも最新の結果が得られますが、フォルダを開くのに時間がかかります)">
+<!ENTITY searchOnline.label            "オンラインで検索 (IMAP やニュースフォルダーでも最新の結果が得られますが、フォルダーを開くのに時間がかかります)">
 <!ENTITY searchOnline.accesskey        "S">
 <!ENTITY newFolderButton.label         "作成">
 <!ENTITY newFolderButton.accesskey     "r">
 <!ENTITY editFolderButton.label        "更新">
 <!ENTITY editFolderButton.accesskey    "U">
--- a/suite/installer/windows/custom.properties
+++ b/suite/installer/windows/custom.properties
@@ -43,17 +43,17 @@ SUMMARY_PAGE_SUBTITLE=$BrandShortName をインストールする準備ができました。
 SUMMARY_INSTALLED_TO=次の場所に $BrandShortName をインストールします:
 SUMMARY_CLICK=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL=インストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SURVEY_TEXT=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT=今すぐ $BrandFullName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP=デスクトップ(&D)
-ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダ(&S)
+ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてからインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。\n\nインストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
--- a/suite/installer/windows/mui.properties
+++ b/suite/installer/windows/mui.properties
@@ -26,32 +26,32 @@ MUI_TEXT_LICENSE_TITLE=ソフトウェア使用許諾書
 MUI_TEXT_LICENSE_SUBTITLE=$BrandFullNameDA をインストールする前に使用許諾書を確認してください。
 MUI_INNERTEXT_LICENSE_TOP=スクロールして使用許諾書を最後までお読みください。
 MUI_INNERTEXT_LICENSE_BOTTOM_CHECKBOX=$BrandFullNameDA をインストールするには、この使用許諾書に同意していただく必要があります。使用許諾書に同意していただけましたら下のチェックボックスをクリックしてください。 $_CLICK
 MUI_TEXT_COMPONENTS_TITLE=コンポーネントの選択
 MUI_TEXT_COMPONENTS_SUBTITLE=インストールする $BrandFullNameDA の機能を選択してください。
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_TITLE=コンポーネントの説明
 MUI_INNERTEXT_COMPONENTS_DESCRIPTION_INFO=コンポーネントをマウスでポイントすると説明が表示されます。
 MUI_TEXT_DIRECTORY_TITLE=インストール先の選択
-MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください。
+MUI_TEXT_DIRECTORY_SUBTITLE=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください。
 MUI_TEXT_INSTALLING_TITLE=インストールしています
 MUI_TEXT_INSTALLING_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_TEXT_FINISH_TITLE=インストール完了
 MUI_TEXT_FINISH_SUBTITLE=$BrandFullNameDA が正常にインストールされました。
 MUI_TEXT_ABORT_TITLE=インストール中止
 MUI_TEXT_ABORT_SUBTITLE=$BrandFullNameDA を正常にインストールできませんでした。
 MUI_BUTTONTEXT_FINISH=完了(&F)
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TITLE=$BrandFullNameDA のセットアップを完了します
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_TEXT=コンピューターに $BrandFullNameDA がインストールされました。\n\n[完了] をクリックするとセットアップを終了します。
 MUI_TEXT_FINISH_INFO_REBOOT=$BrandFullNameDA のインストールを完了するにはコンピューターを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTNOW=今すぐ再起動する
 MUI_TEXT_FINISH_REBOOTLATER=後で再起動する
-MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE=プログラムフォルダの選択
-MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダを選択してください。
-MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダを選択してください。フォルダ名を入力して新しいフォルダを作成することもできます。
+MUI_TEXT_STARTMENU_TITLE=プログラムフォルダーの選択
+MUI_TEXT_STARTMENU_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のショートカットをインストールするプログラムフォルダーを選択してください。
+MUI_INNERTEXT_STARTMENU_TOP=プログラムのショートカットを作成するプログラムフォルダーを選択してください。フォルダー名を入力して新しいフォルダーを作成することもできます。
 MUI_TEXT_ABORTWARNING=本当に $BrandFullNameDA のセットアップを終了しますか?
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TITLE=$BrandFullNameDA のセットアップ
 MUI_UNTEXT_WELCOME_INFO_TEXT=このウィザードでは $BrandFullNameDA のアンインストールをご案内します。\n\nアンインストールを開始する前にすべてのプログラムを終了させることをお勧めします。\n\n$_CLICK
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_TITLE=$BrandFullNameDA のアンインストール
 MUI_UNTEXT_CONFIRM_SUBTITLE=コンピューターから $BrandFullNameDA を削除します。
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_TITLE=アンインストールしています
 MUI_UNTEXT_UNINSTALLING_SUBTITLE=$BrandFullNameDA のアンインストールが完了するまでしばらくお待ちください。
 MUI_UNTEXT_FINISH_TITLE=アンインストール完了
--- a/suite/installer/windows/override.properties
+++ b/suite/installer/windows/override.properties
@@ -37,49 +37,49 @@ BrowseBtn=参照(&R)...
 ShowDetailsBtn=詳細を表示(&D)
 ClickNext=続けるには [次へ] をクリックしてください。
 ClickInstall=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 ClickUninstall=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 Completed=完了しました
 LicenseTextRB=$BrandFullNameDA をインストールする前にソフトウェア使用許諾書を確認してください。使用許諾書のすべての条件に同意しますか? $_CLICK
 ComponentsText=インストールするコンポーネントにチェックを入れ、インストールしないコンポーネントのチェックは外してください。 $_CLICK
 ComponentsSubText2_NoInstTypes=インストールするコンポーネントを選択してください:
-DirText=$BrandFullNameDA を次のフォルダにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダを選択してください。 $_CLICK
-DirSubText=インストール先フォルダ
-DirBrowseText=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダを選択してください:
+DirText=$BrandFullNameDA を次のフォルダーにインストールします。インストール先を変更するには、[参照] をクリックして別のフォルダーを選択してください。 $_CLICK
+DirSubText=インストール先フォルダー
+DirBrowseText=$BrandFullNameDA をインストールするフォルダーを選択してください:
 SpaceAvailable="空き容量: "
 SpaceRequired="必要な容量: "
-UninstallingText=次のフォルダの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
-UninstallingSubText=アンインストール元のフォルダ:
+UninstallingText=次のフォルダーの $BrandFullNameDA をアンインストールします。 $_CLICK
+UninstallingSubText=アンインストール元のフォルダー:
 FileError=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\nインストールを中止するには [中止] をクリックしてください。\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nこのファイルをスキップするには [無視] をクリックしてください。
 FileError_NoIgnore=ファイル作成エラー: \r\n\r\n$0\r\n\r\n再度試すには [再試行] をクリックしてください。\r\nインストールを中止するには [キャンセル] をクリックしてください。
 CantWrite="作成できませんでした: "
 CopyFailed=コピーできませんでした
 CopyTo="コピー "
 Registering="登録: "
 Unregistering="登録の削除: "
 SymbolNotFound="シンボルが見つかりませんでした: "
 CouldNotLoad="読み込めませんでした: "
-CreateFolder="フォルダの作成: "
+CreateFolder="フォルダーの作成: "
 CreateShortcut="ショートカットの作成: "
 CreatedUninstaller="アンインストーラを作成しました: "
 Delete="ファイルの削除: "
 DeleteOnReboot="再起動後に削除: "
 ErrorCreatingShortcut="ショートカット作成エラー: "
 ErrorCreating="作成エラー: "
 ErrorDecompressing=データを展開できませんでした。インストーラが壊れています。
 ErrorRegistering=DLL 登録エラー
 ExecShell="関連付けを実行: "
 Exec="実行: "
 Extract="抽出: "
 ErrorWriting="抽出: ファイル作成エラー "
 InvalidOpcode=インストーラが破損しています: 無効な演算コード
 NoOLE="OLE がありません: "
-OutputFolder="出力先フォルダ: "
-RemoveFolder="フォルダの削除: "
+OutputFolder="出力先フォルダー: "
+RemoveFolder="フォルダーの削除: "
 RenameOnReboot="再起動後に名前の変更: "
 Rename="名前の変更: "
 Skipped="スキップしました: "
 CopyDetails=詳細をクリップボードにコピー
 LogInstall=インストールのログを記録
 Byte=B
 Kilo=K
 Mega=M
--- a/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
@@ -24,19 +24,19 @@ no		=いいえ
 
 renameProfileTitle	=プロファイルの名前変更
 renameProfile		=プロファイル %S の名前を変更します
 
 invalidProfileNameTitle	=不正なプロファイル名
 invalidProfileName	=“%S” というプロファイル名は使用できません。
 
 deleteProfileTitle	=プロファイルの削除
-deleteProfileConfirm	=プロファイルの削除は、使用可能なプロファイルのリストから項目を削除します。これを元に戻すことはできません。\nさらに、プロファイルのデータファイル (設定や証明書、他のユーザー関連のデータを含む) を削除することもできます。このオプションは “%S” フォルダを完全に削除します。これを元に戻すことはできません。\n本当にプロファイルのデータファイルを削除しますか?
+deleteProfileConfirm	=プロファイルの削除は、使用可能なプロファイルのリストから項目を削除します。これを元に戻すことはできません。\nさらに、プロファイルのデータファイル (設定や証明書、他のユーザー関連のデータを含む) を削除することもできます。このオプションは “%S” フォルダーを完全に削除します。これを元に戻すことはできません。\n本当にプロファイルのデータファイルを削除しますか?
 deleteFiles		=ファイルを削除
 dontDeleteFiles		=項目のみ削除
 
 openDir			=ディレクトリを開く
 # LOCALIZATION NOTE (macOpenDir): This is the Mac-specific variant of openDir.
 # This allows us to use the preferred"Finder" terminology on Mac.
 macOpenDir		=Finder に表示
 # LOCALIZATION NOTE (winOpenDir2): This is the Windows-specific variant of
 # openDir.
-winOpenDir2		=フォルダを開く
+winOpenDir2		=フォルダーを開く
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
@@ -37,21 +37,21 @@ This is likely the same like id.heading 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsBuildID		"ビルド ID">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.appBasicsUpdateChannel, aboutSupport.appBasicsUpdateHistory, aboutSupport.appBasicsShowUpdateHistory):
 "Update" is a noun here, not a verb. -->
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsUpdateChannel		"更新チャンネル">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsUpdateHistory		"更新履歴">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsShowUpdateHistory	"更新履歴を表示">
 
-<!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDir	"プロファイルフォルダ">
+<!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDir	"プロファイルフォルダー">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.appBasicsProfileDirWinMac):
 This is the Windows- and Mac-specific variant of aboutSupport.appBasicsProfileDir.
 Windows/Mac use the term "Folder" instead of "Directory" -->
-<!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDirWinMac	"プロファイルフォルダ">
+<!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfileDirWinMac	"プロファイルフォルダー">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsEnabledPlugins	"有効なプラグイン">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsBuildConfig	"ビルド設定">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsUserAgent	"ユーザーエージェント">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsOS		"OS">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsMemoryUse	"メモリ使用量">
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsPerformance	"パフォーマンス">
 
@@ -66,17 +66,17 @@ Windows/Mac use the term "Folder" instea
 
 <!ENTITY aboutSupport.showDir.label		"ディレクトリを開く"><!-- Win/Mac 以外 -->
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.showMac.label): This is the Mac-specific
 variant of aboutSupport.showDir.label.  This allows us to use the preferred
 "Finder" terminology on Mac. -->
 <!ENTITY aboutSupport.showMac.label		"Finder に表示">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.showWin2.label): This is the Windows-specific
 variant of aboutSupport.showDir.label. -->
-<!ENTITY aboutSupport.showWin2.label		"フォルダを開く">
+<!ENTITY aboutSupport.showWin2.label		"フォルダーを開く">
 
 <!ENTITY aboutSupport.modifiedKeyPrefsTitle	"変更された重要な設定">
 <!ENTITY aboutSupport.modifiedPrefsName		"名前">
 <!ENTITY aboutSupport.modifiedPrefsValue	"値">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.userJSTitle, aboutSupport.userJSDescription): user.js is the name of the preference override file being checked. -->
 <!ENTITY aboutSupport.userJSTitle		"user.js 設定ファイル">
 <!ENTITY aboutSupport.userJSDescription		"このプロファイルには、&brandShortName; では作成されない設定値が含まれた <a id='prefs-user-js-link'>user.js 設定ファイル</a> があります。">
--- a/toolkit/chrome/global/filepicker.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/filepicker.dtd
@@ -6,16 +6,16 @@
 <!ENTITY lookInMenuList.accesskey	"L">
 <!ENTITY textInput.label		"ファイル名:">
 <!ENTITY textInput.accesskey		"n">
 <!ENTITY filterMenuList.label		"ファイルの種類:">
 <!ENTITY filterMenuList.accesskey	"t">
 <!ENTITY name.label			"名前">
 <!ENTITY size.label			"サイズ">
 <!ENTITY lastModified.label		"最終変更日時">
-<!ENTITY showHiddenFiles.label		"隠しファイルとフォルダを表示する">
+<!ENTITY showHiddenFiles.label		"隠しファイルとフォルダーを表示する">
 <!ENTITY showHiddenFiles.accesskey	"S">
 
-<!ENTITY noPermissionError.label	"このフォルダを表示するために必要な権限がありません。">
+<!ENTITY noPermissionError.label	"このフォルダーを表示するために必要な権限がありません。">
 
 <!ENTITY folderUp.tooltiptext		"1 つ上の階層へ">
 <!ENTITY folderHome.tooltiptext		"ホームへ">
-<!ENTITY folderNew.tooltiptext		"新しいフォルダを作ります">
+<!ENTITY folderNew.tooltiptext		"新しいフォルダーを作ります">
--- a/toolkit/chrome/global/filepicker.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/filepicker.properties
@@ -9,47 +9,47 @@ htmlTitle		=HTML ファイル
 textTitle		=テキストファイル
 imageTitle		=画像ファイル
 xmlTitle		=XML ファイル
 xulTitle		=XUL ファイル
 appsTitle		=プログラム
 audioTitle		=音声ファイル
 videoTitle		=動画ファイル
 
-dirTextInputLabel			=フォルダ名:
+dirTextInputLabel			=フォルダー名:
 dirTextInputAccesskey			=n
 
 confirmTitle				=確認
 confirmFileReplacing			=%S はすでに存在します。\n上書きしますか?
 openButtonLabel				=開く
 saveButtonLabel				=保存
 selectFolderButtonLabel			=選択
 noButtonLabel				=いいえ
 formatLabel				=ファイル形式:
 
 errorOpenFileDoesntExistTitle		=%S を開けませんでした
 errorOpenFileDoesntExistMessage		=ファイル %S は存在しません。
 errorDirDoesntExistTitle		=%S にアクセスできませんでした
-errorDirDoesntExistMessage		=フォルダ %S は存在しません。
+errorDirDoesntExistMessage		=フォルダー %S は存在しません。
 
 errorOpeningFileTitle			=%S を開けませんでした
 openWithoutPermissionMessage_file	=ファイル %S は読み込み不可です。
 
 errorSavingFileTitle			=%S を保存できませんでした
 saveParentIsFileMessage			=%S はファイルです。%S は保存できませんでした。
 saveParentDoesntExistMessage		=パス %S は存在しません。%S は保存できませんでした。
 
 saveWithoutPermissionMessage_file	=ファイル %S は書き込みできません。
-saveWithoutPermissionMessage_dir	=ファイルを作成できません。フォルダ %S への書き込みができません。
+saveWithoutPermissionMessage_dir	=ファイルを作成できません。フォルダー %S への書き込みができません。
 
 errorNewDirDoesExistTitle		=%S 作成エラー
-errorNewDirDoesExistMessage		=%S という名前のファイルがすでに存在するため、フォルダを作成できません。
+errorNewDirDoesExistMessage		=%S という名前のファイルがすでに存在するため、フォルダーを作成できません。
 
 errorCreateNewDirTitle			=%S 作成エラー
-errorCreateNewDirMessage		=フォルダ %S が作成できません
-errorCreateNewDirIsFileMessage		=フォルダを作成できません。%S はファイルです
-errorCreateNewDirPermissionMessage	=フォルダを作成できません。%S は書き込み禁止です
+errorCreateNewDirMessage		=フォルダー %S が作成できません
+errorCreateNewDirIsFileMessage		=フォルダーを作成できません。%S はファイルです
+errorCreateNewDirPermissionMessage	=フォルダーを作成できません。%S は書き込み禁止です
 
-promptNewDirTitle			=新しいフォルダを作成
-promptNewDirMessage			=フォルダ名:
+promptNewDirTitle			=新しいフォルダーを作成
+promptNewDirMessage			=フォルダー名:
 
 errorPathProblemTitle			=原因不明のエラー
 errorPathProblemMessage			=原因不明のエラーが発生しました (パス %S)
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.dtd
@@ -14,17 +14,17 @@ file names and tall enough to hint that 
 <!ENTITY downloads.title		"ダウンロードマネージャー"><!-- (^^; -->
 
 <!ENTITY cmd.pause.label		"中断">
 <!ENTITY cmd.pause.accesskey		"P">
 <!ENTITY cmd.resume.label		"再開">
 <!ENTITY cmd.resume.accesskey		"R">
 <!ENTITY cmd.cancel.label		"キャンセル">
 <!ENTITY cmd.cancel.accesskey		"C">
-<!ENTITY cmd.show.label			"保存フォルダを開く">
+<!ENTITY cmd.show.label			"保存フォルダーを開く">
 <!ENTITY cmd.show.accesskey		"F">
 <!ENTITY cmd.showMac.label		"Finder に表示">
 <!ENTITY cmd.showMac.accesskey		"F">
 <!ENTITY cmd.open.label			"開く">
 <!ENTITY cmd.open.accesskey		"O">
 <!ENTITY cmd.openWith.label		"プログラムで開く...">
 <!ENTITY cmd.openWith.accesskey		"h">
 <!ENTITY cmd.retry.label		"再試行">
@@ -43,10 +43,10 @@ file names and tall enough to hint that 
 <!ENTITY cmd.clearList.tooltip		"ファイルのダウンロード履歴を消去します">
 <!ENTITY cmd.clearList.accesskey	"C">
 <!ENTITY cmd.find.commandKey		"f">
 <!ENTITY cmd.search.commandKey		"k">
 
 <!ENTITY closeWhenDone.label		"ダウンロードが完了時に閉じる">
 <!ENTITY closeWhenDone.tooltip		"すべてのファイルのダウンロードが完了したときに、ダウンロードマネージャーを閉じます">
 
-<!ENTITY showFolder.label		"保存フォルダを表示する">
+<!ENTITY showFolder.label		"保存フォルダーを表示する">
 <!ENTITY searchBox.label		"検索...">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
@@ -4,16 +4,16 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 title			=%S を開く
 saveDialogTitle		=保存ファイル名を入力してください...
 defaultApp		=%S (既定)
 chooseAppFilePickerTitle=プログラムの選択
 badApp			=選択されたプログラム (“%S”) が見つかりません。ファイル名を確認するか、他のプログラムを選択してください。
 badApp.title		=プログラムが見つかりません
-badPermissions		=適切なアクセス権限がないため、ファイルを保存できませんでした。他の保存フォルダを選択してください。
+badPermissions		=適切なアクセス権限がないため、ファイルを保存できませんでした。他の保存フォルダーを選択してください。
 badPermissions.title	=ファイルを保存する権限がありません
-selectDownloadDir	=ダウンロードフォルダを選択してください
+selectDownloadDir	=ダウンロードフォルダーを選択してください
 unknownAccept.label	=ファイルを保存
 unknownCancel.label	=キャンセル
 fileType		=%S ファイル
 # LOCALIZATION NOTE (orderedFileSizeWithType): first %S is type, second %S is size, and third %S is unit  
 orderedFileSizeWithType	=%1$S (%2$S %3$S)
--- a/toolkit/chrome/mozapps/profile/createProfileWizard.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/createProfileWizard.dtd
@@ -14,13 +14,13 @@
 <!ENTITY profileCreationExplanation_4Gnome.text	"プロファイルを作成するには [次へ] をクリックしてください。">
 
 <!-- Second wizard page -->
 <!ENTITY profileCreationIntro.text	"プロファイルを複数使用する場合は、それぞれに名前を付けて区別します。あらかじめ入力されている名前をそのまま使用するか、新しい名前を入力し直してください。">
 <!ENTITY profilePrompt.label		"新しいプロファイルの名前を入力してください:">
 <!ENTITY profilePrompt.accesskey	"E">
 <!ENTITY profileDirectoryExplanation.text	"あなたのユーザー設定やユーザーデータの保存先:">
 <!ENTITY profileDefaultName		"Default User">
-<!ENTITY button.choosefolder.label	"フォルダを選択...">
+<!ENTITY button.choosefolder.label	"フォルダーを選択...">
 <!ENTITY button.choosefolder.accesskey	"C">
-<!ENTITY button.usedefault.label	"標準のフォルダを使用する">
+<!ENTITY button.usedefault.label	"標準のフォルダーを使用する">
 <!ENTITY button.usedefault.accesskey	"U">
 
--- a/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
@@ -23,26 +23,26 @@ profileLockedTitle		=使用中のプロファイル
 profileLocked2			=現在使用中であるため %S はプロファイル “%S” を使用できません。\n\n起動中の %S を終了するか、別のプロファイルを選択してください。
 
 renameProfileTitle		=プロファイル名の変更
 renameProfilePrompt		=プロファイル “%S” の変更後の名前を入力してください:
 
 profileNameInvalidTitle		=無効なプロファイル名
 profileNameInvalid		=プロファイル名として “%S” を使用することはできません。
 
-chooseFolder			=プロファイルフォルダの選択
+chooseFolder			=プロファイルフォルダーの選択
 profileNameEmpty		=名前のないプロファイルは作成できません。
 invalidChar			=プロファイル名には “%S” といった文字は使用できません。名前を変更してください。
 
 deleteTitle			=プロファイルの削除
-deleteProfileConfirm		=プロファイルを削除するとプロファイルの一覧から削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザー設定や証明書などユーザーデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合にはプロファイルフォルダ “%S” 自体もすべて削除され、元には戻せません。\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?
+deleteProfileConfirm		=プロファイルを削除するとプロファイルの一覧から削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザー設定や証明書などユーザーデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合にはプロファイルフォルダー “%S” 自体もすべて削除され、元には戻せません。\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?
 deleteFiles			=ファイルもすべて削除
 dontDeleteFiles			=プロファイル登録だけ削除
 
-profileCreationFailed		=プロファイルは作成できませんでした。おそらく選択されたフォルダは書き込み可能ではありません。
+profileCreationFailed		=プロファイルは作成できませんでした。おそらく選択されたフォルダーは書き込み可能ではありません。
 profileCreationFailedTitle	=プロファイル作成失敗
 profileExists			=この名前のプロファイルはすでに存在します。他の名前を指定してください。
 profileExistsTitle		=既存プロファイルとの重複
 profileFinishText		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
 profileFinishTextMac		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
 profileMissing			=あなたの %S プロファイルを読み込めませんでした。プロファイルが存在しないかアクセスできません。
 profileMissingTitle		=プロファイルが見つかりません