apply new style of terms: directory FENNEC_52_0b6_BUILD1 FENNEC_52_0b6_RELEASE
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Mon, 13 Feb 2017 22:07:13 +0900
changeset 2274 352e2ee8c23ae94c29e1f80810f2449ef5d2f88b
parent 2273 3ba5611ca18dd84c7e859a6b77b786ed0517fee0
child 2275 68426a287e88f2822aef0d145189c76ea668bad1
child 2279 ea2bb2a1f8faf414f6b555365f78b56d146dd51e
push id1208
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateMon, 13 Feb 2017 13:07:35 +0000
apply new style of terms: directory
browser/installer/custom.properties
browser/installer/nsisstrings.properties
devtools/client/webide.dtd
devtools/client/webide.properties
devtools/shared/gcli.properties
devtools/shared/gclicommands.properties
dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
editor/ui/chrome/composer/editingOverlay.dtd
editor/ui/chrome/composer/editor.properties
editor/ui/chrome/dialogs/EdColorPicker.dtd
editor/ui/chrome/dialogs/EdDialogOverlay.dtd
editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublish.dtd
editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublishProgress.dtd
extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
mail/chrome/messenger/addressbook/pref-directory-add.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/replicationProgress.properties
mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
mail/chrome/messenger/prefs.properties
mail/installer/custom.properties
netwerk/necko.properties
suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
suite/chrome/common/sidebar/sidebarOverlay.dtd
suite/chrome/mailnews/addressbook/abMainWindow.dtd
suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
suite/chrome/mailnews/smime/certFetchingStatus.dtd
suite/installer/windows/custom.properties
toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
--- a/browser/installer/custom.properties
+++ b/browser/installer/custom.properties
@@ -42,24 +42,24 @@ SURVEY_TEXT=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT=今すぐ $BrandShortName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP=デスクトップ(&D)
 ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてから続行してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL= アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてアンインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
-WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
+WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリーへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリーを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_RESTART_REQUIRED_UNINSTALL=前回の $BrandShortName のアンインストールを完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
 WARN_RESTART_REQUIRED_UPGRADE=前回の $BrandShortName の更新を完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
-ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリを作成できませんでした:
+ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリーを作成できませんでした:
 ERROR_CREATE_DIRECTORY_SUFFIX=[キャンセル] をクリックしてインストールを中止するか、\n[再試行] をクリックして再度試してください。
 
 UN_CONFIRM_PAGE_TITLE=$BrandFullName のアンインストール
 UN_CONFIRM_PAGE_SUBTITLE=コンピューターから $BrandShortName を削除します。
 UN_CONFIRM_UNINSTALLED_FROM=次の場所の $BrandShortName をアンインストールします:
 UN_CONFIRM_CLICK=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 
 BANNER_CHECK_EXISTING=現在の設定を確認しています...
--- a/browser/installer/nsisstrings.properties
+++ b/browser/installer/nsisstrings.properties
@@ -23,17 +23,17 @@ WIN_CAPTION			= $BrandShortName セットアップ
 INTRO_BLURB1			= $BrandFullName をお選びいただきまして、ありがとうございます。[インストール] をクリックしてください。
 INSTALL_BLURB1			= 常に最新のスピード、柔軟性、セキュリティを、$BrandShortName では体験できます。
 INSTALL_BLURB2			= また、より良いブラウジングやウェブを作るために、$BrandShortName は非営利で作られています。
 INSTALL_BLURB3			= あなたもすでに、最も優れたブラウザーを作るために活動しているユーザー、貢献者、開発者のグローバルなコミュニティの一員です。
 
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG	= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG	= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG= 申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} に対応した CPU が必要です。OK ボタンを押して追加情報をご確認ください。
-WARN_WRITE_ACCESS		= インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
+WARN_WRITE_ACCESS		= インストールディレクトリーへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリーを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE			= この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_ROOT_INSTALL		= ディスクの直下にはインストールできません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH	= $BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 
 ERROR_DOWNLOAD			= ダウンロードが中断されました。\n\n[OK] ボタンを押して再開してください。
 
 INSTALL_BUTTON			= インストール(&I)
 UPGRADE_BUTTON			= 更新(&U)
--- a/devtools/client/webide.dtd
+++ b/devtools/client/webide.dtd
@@ -210,9 +210,9 @@
 <!ENTITY simulator_version				"バージョン">
 <!ENTITY simulator_profile				"プロファイル">
 <!ENTITY simulator_hardware				"ハードウェア">
 <!ENTITY simulator_device				"デバイス">
 <!ENTITY simulator_screenSize				"スクリーン">
 <!ENTITY simulator_pixelRatio				"ピクセル比">
 <!ENTITY simulator_tv_data				"TV シミュレーション">
 <!ENTITY simulator_tv_data_open				"設定データ">
-<!ENTITY simulator_tv_data_open_button			"設定ディレクトリを開く...">
+<!ENTITY simulator_tv_data_open_button			"設定ディレクトリーを開く...">
--- a/devtools/client/webide.properties
+++ b/devtools/client/webide.properties
@@ -10,17 +10,17 @@ projectButton_label				= アプリを開く
 
 mainProcess_label				= メインプロセス
 
 local_runtime					= ローカルランタイム
 remote_runtime					= リモートランタイム
 remote_runtime_promptTitle			= リモートランタイム
 remote_runtime_promptMessage			= ホスト名:ポート番号
 
-importPackagedApp_title				= ディレクトリを選択
+importPackagedApp_title				= ディレクトリーを選択
 importHostedApp_title				= ホスト型アプリを開く
 importHostedApp_header				= マニフェスト URL を入力
 
 selectCustomBinary_title			= カスタム B2G バイナリを選択
 selectCustomProfile_title			= カスタム Gaia プロファイルを選択
 
 notification_showTroubleShooting_label		= トラブルシューティング
 notification_showTroubleShooting_accesskey	= T
@@ -41,17 +41,17 @@ error_operationFail				= 実行エラー: %1$S
 
 # Variable: app name
 error_cantConnectToApp				= アプリに接続できません: %1$S
 
 # Variable: error message (in english)
 error_cantFetchAddonsJSON			= アドオンの一覧を取得できません: %S
 
 error_appProjectsLoadFailed			= プロジェクトを読み込めません。新しいバージョンの Firefox のプロファイルを使用した場合に発生する可能性があります。
-error_folderCreationFailed			= 選択されたディレクトリにプロジェクトフォルダーを作成できません。
+error_folderCreationFailed			= 選択されたディレクトリーにプロジェクトフォルダーを作成できません。
 
 # Variable: runtime app build ID (looks like this %Y%M%D format) and firefox build ID (same format)
 error_runtimeVersionTooRecent			= 接続したランタイムのビルド日時 (%1$S) が、デスクトップの Firefox (%2$S) よりも新しいです。この組み合わせはサポートされてないため、開発ツールでエラーが発生する可能性があります。Firefox を更新してください。
 
 addons_stable					= 安定
 addons_unstable					= 不安定
 # LOCALIZATION NOTE (addons_simulator_label): This label is shown as the name of
 # a given simulator version in the "Manage Simulators" pane.  %1$S: Firefox OS
--- a/devtools/shared/gcli.properties
+++ b/devtools/shared/gcli.properties
@@ -68,17 +68,17 @@ fileErrExists		=‘%1$S’ はすでに存在します
 
 # LOCALIZATION NOTE: Error message given when a file argument points to a
 # non-file, when a file is needed. %1$S is a filename
 fileErrIsNotFile	=‘%1$S’ はファイルではありません
 
 # LOCALIZATION NOTE: Error message given when a file argument points to a
 # non-directory, when a directory is needed (e.g. for use with 'cd') %1$S is a
 # filename
-fileErrIsNotDirectory	=‘%1$S’ はディレクトリではありません
+fileErrIsNotDirectory	=‘%1$S’ はディレクトリーではありません
 
 # LOCALIZATION NOTE: Error message given when a file argument does not match
 # the specified regular expression %1$S is a filename %2$S is a regular
 # expression
 fileErrDoesntMatch	=‘%1$S’ は '%2$S' とマッチしません
 
 # LOCALIZATION NOTE: When the menu has displayed all the matches that it
 # should (i.e. about 10 items) then we display this to alert the user that
--- a/devtools/shared/gclicommands.properties
+++ b/devtools/shared/gclicommands.properties
@@ -566,34 +566,34 @@ resizeModeManual2		=レスポンシブなウェブサイトとは、モバイルディスプレイからシネマディスプレイまでのすべての環境に適応するウェブサイトです。レスポンシブデザインモードでは、ブラウザーごとサイズ変更せずに %1$S 内で様々なページサイズを簡単にテストできます。
 # LOCALIZATION NOTE (cmdDesc) A very short description of the 'cmd'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
 # name, which is why it should be as short as possible.
 cmdDesc				=コマンドを操作します
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdRefreshDesc) A very short description of the 'cmd refresh'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
 # name, which is why it should be as short as possible.
-cmdRefreshDesc			=mozcmd ディレクトリを再読み込みします
+cmdRefreshDesc			=mozcmd ディレクトリーを再読み込みします
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdStatus3) When the we load new commands from mozcmd
 # directory, we report where we loaded from using %1$S.
 cmdStatus3			=‘%1$S’ から読み込まれたコマンド
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdSetdirDesc)  A very short description of the 'cmd setdir'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
 # name, which is why it should be as short as possible.
-cmdSetdirDesc			=mozcmd ディレクトリをセットアップします
+cmdSetdirDesc			=mozcmd ディレクトリーをセットアップします
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdSetdirManual3) A fuller description of the 'cmd setdir'
 # command, displayed when the user asks for help on what it does.
-cmdSetdirManual3		=‘mozcmd’ ディレクトリは、独自のコマンドを簡単に作成する方法です。詳細は https://developer.mozilla.org/docs/Tools/GCLI/Customization をご覧ください。
+cmdSetdirManual3		=‘mozcmd’ ディレクトリーは、独自のコマンドを簡単に作成する方法です。詳細は https://developer.mozilla.org/docs/Tools/GCLI/Customization をご覧ください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (cmdSetdirDirectoryDesc) The description of the directory
 # parameter to the 'cmd setdir' command.
-cmdSetdirDirectoryDesc		=.mozcmd ファイルが含まれるディレクトリ
+cmdSetdirDirectoryDesc		=.mozcmd ファイルが含まれるディレクトリー
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonDesc) A very short description of the 'addon'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
 # name, which is why it should be as short as possible.
 addonDesc			=アドオンを操作します
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonListDesc) A very short description of the 'addon list'
 # command. This string is designed to be shown in a menu alongside the command
@@ -1440,18 +1440,18 @@ injectLibraryDesc		=差し込むライブラリを選択、またはスクリプトの URL を入力
 injectLoaded			=%1$S が読み込まれました
 injectFailed			=%1$S は読み込めませんでした - 無効な URL です
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderDesc, folderOpenDesc, folderOpenDir,
 # folderOpenProfileDesc) These strings describe the 'folder' commands and
 # all available parameters.
 folderDesc			=フォルダーを開きます
 folderOpenDesc			=開くフォルダーのパス
-folderOpenDir			=ディレクトリのパス
-folderOpenProfileDesc		=プロファイルディレクトリを開く
+folderOpenDir			=ディレクトリーのパス
+folderOpenProfileDesc		=プロファイルディレクトリーを開く
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderInvalidPath) A string displayed as the result
 # of the 'folder open' command with an invalid folder path.
 folderInvalidPath		=正しいパスを入力してください
 
 # LOCALIZATION NOTE (folderOpenDirResult) A very short string used to
 # describe the result of the 'folder open' command.
 # The argument (%1$S) is the folder path.
--- a/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
+++ b/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
@@ -23,17 +23,17 @@ AllSupportedTypes	=すべてのサポートされた種類
 # <input type='file'> when there is no file selected yet.
 NoFileSelected		=ファイルが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (NoFilesSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' multiple> when there is no file selected yet.
 NoFilesSelected		=ファイルが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (NoDirSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' directory/webkitdirectory> when there is no directory
 # selected yet.
-NoDirSelected		=ディレクトリが選択されていません。
+NoDirSelected		=ディレクトリーが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (XFilesSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' multiple> when there are more than one selected file.
 # %S will be a number greater or equal to 2.
 XFilesSelected		=%S 個のファイルを選択しました。
 ColorPicker		=色の選択
 DatePicker		=日付の選択
 # LOCALIZATION NOTE (AndNMoreFiles): Semi-colon list of plural forms. 
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals 
--- a/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
+++ b/dom/chrome/nsWebBrowserPersist.properties
@@ -8,10 +8,10 @@ launchError		=原因不明のエラーにより %S を開けませんでした。\n\n一度ディスクに保存してからそのファイルを開いてください。
 diskFull		=%S を保存するディスクの空き領域が不足しています。\n\nディスク上の不要なファイルを削除してから再度試すか、別の場所に保存してください。
 readOnly		=ディスク、フォルダーまたはファイルが書き込み禁止になっているため %S を保存できませんでした。\n\n書き込み可能にしてから再度試すか、別の場所に保存してください。
 accessError		=フォルダーの中身を書き換えることができないため %S を保存できませんでした。\n\nフォルダーのプロパティを変更してから再度試すか、別の場所に保存してください。
 SDAccessErrorCardReadOnly	=SD カードが使用中のためファイルをダウンロードできません。
 SDAccessErrorCardMissing	=SD カードがないためファイルをダウンロードできません。
 helperAppNotFound	=関連づけされたプログラムが存在しないため %S を開けませんでした。関連づけの設定を変更してください。
 noMemory		=要求された操作を実行するのに必要なメモリが不足しています。\n\nプログラムを終了させてから再度お試しください。
 title			=%S をダウンロードしています
-fileAlreadyExistsError	=‘_files’ ディレクトリと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
+fileAlreadyExistsError	=‘_files’ ディレクトリーと同じ名前のファイルがすでに存在しているため %S を保存できませんでした。\n\n別の場所に保存してください。
 fileNameTooLongError	=ファイル名が長すぎるため %S を保存できませんでした。\n\n短い名前で保存してください。
--- a/editor/ui/chrome/composer/editingOverlay.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/composer/editingOverlay.dtd
@@ -1,17 +1,17 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- File menu items -->
 <!ENTITY openFileCmd.label "ファイルを開く...">
 <!ENTITY openFileCmd.accesskey "O">
 <!ENTITY openFileCmd.key "O">
-<!ENTITY openRemoteCmd.label "Web ページを開く...">
+<!ENTITY openRemoteCmd.label "ウェブページを開く...">
 <!ENTITY openRemoteCmd.accesskey "L">
 <!ENTITY openRemoteCmd.key "L">
 <!ENTITY fileRecentMenu.label "最近使用したページ">
 <!ENTITY fileRecentMenu.accesskey "R">
 <!ENTITY saveCmd.label "保存">
 <!ENTITY saveCmd.accesskey "S">
 <!ENTITY saveAsCmd.label "名前を付けて保存...">
 <!ENTITY saveAsCmd.accesskey "A">
--- a/editor/ui/chrome/composer/editor.properties
+++ b/editor/ui/chrome/composer/editor.properties
@@ -44,22 +44,22 @@ BeforeValidate		=ページを検証する前に
 # LOCALIZATION NOTE (SaveFilePrompt): Don't translate %title% and %reason% (this is the reason for asking user to close, such as "before closing")
 SaveFilePrompt		=%reason% "%title%" に変更を保存しますか?
 PublishPrompt		=%reason% "%title%" に変更を保存しますか?
 SaveFileFailed		=ファイルを正常に保存できませんでした。
 
 # Publishing error strings:
 # LOCALIZATION NOTE Don't translate %dir% or %file% in the Publishing error strings:
 FileNotFound		=%file% ファイルが見つかりませんでした。
-SubdirDoesNotExist	=このサイトには %dir% サブディテクトリ が存在しないか、%file% ファイルと同じ名前のサブディレクトリがすでに存在します。
-FilenameIsSubdir	=%file% ファイルと同じ名前のサブディレクトリがすでに存在します。
+SubdirDoesNotExist	=このサイトには %dir% サブディテクトリ が存在しないか、%file% ファイルと同じ名前のサブディレクトリーがすでに存在します。
+FilenameIsSubdir	=%file% ファイルと同じ名前のサブディレクトリーがすでに存在します。
 ServerNotAvailable	=サーバーに接続できませんでした。接続を確認してから再度試してください。
 Offline			=現在オフラインです。ウィンドウの右下隅のアイコンをクリックするとオンラインに切り替わります。
 DiskFull		=%file% ファイルを保存するために必要な空き領域がありません。
-NameTooLong		=ファイル名かサブディレクトリ名が長すぎます。
+NameTooLong		=ファイル名かサブディレクトリー名が長すぎます。
 AccessDenied		=サイトのこの場所にアップロードする権限がありません。
 UnknownPublishError	=原因不明のアップロードエラーが発生しました。
 PublishFailed		=アップロードできませんでした。
 PublishCompleted	=アップロードを完了しました。
 AllFilesPublished	=すべてのファイルをアップロードしました。
 # LOCALIZATION NOTE Don't translate %x% or %total%
 FailedFileMsg		=%x% / %total% のファイルをアップロードできませんでした。
 # End-Publishing error strings
--- a/editor/ui/chrome/dialogs/EdColorPicker.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/dialogs/EdColorPicker.dtd
@@ -8,15 +8,15 @@
 <!ENTITY setColor1.label		"パレット中の色をクリックするか"><!-- (^^; 全角16字くらいまで -->
 <!ENTITY setColor2.label		"使用する色名を入力してください"><!-- (^^; 全角16字くらいまで -->
 <!ENTITY setColor2.accessKey		"H">
 <!ENTITY setColorExample.label		"(例: &quot;#0000ff&quot; や &quot;blue&quot; など):">
 <!ENTITY default.label			"既定">
 <!ENTITY default.accessKey		"D">
 <!ENTITY palette.label			"パレット:">
 <!ENTITY standardPalette.label		"標準">
-<!ENTITY webPalette.label		"Web セーフカラー">
+<!ENTITY webPalette.label		"ウェブセーフカラー">
 <!ENTITY background.label		"対象:"><!-- en-US: Background for: -->
 <!ENTITY background.accessKey		"B">
 <!ENTITY table.label			"表">
 <!ENTITY table.accessKey		"T">
 <!ENTITY cell.label			"セル">
 <!ENTITY cell.accessKey			"C">
--- a/editor/ui/chrome/dialogs/EdDialogOverlay.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/dialogs/EdDialogOverlay.dtd
@@ -9,10 +9,10 @@
 <!ENTITY chooseFileButton.accessKey	"F">
 <!ENTITY chooseFileLinkButton.label	"ファイルを選択...">
 <!ENTITY chooseFileLinkButton.accessKey	"o">
 <!ENTITY makeUrlRelative.label		"URL をページの場所に相対的にする">
 <!ENTITY makeUrlRelative.accessKey	"r">
 <!ENTITY makeUrlRelative.tooltip	"相対 URL と 絶対 URL を入れ替えます。この変更を反映するには一度ページを保存する必要があります。">
 
 <!-- Shared by Link and Image dialogs -->
-<!ENTITY LinkURLEditField.label		"Web ページやローカルファイルの場所を入力するか、ポップアップリストから名前付きアンカーもしくは見出しを選択してください:">
+<!ENTITY LinkURLEditField.label		"ウェブページやローカルファイルの場所を入力するか、ポップアップリストから名前付きアンカーもしくは見出しを選択してください:">
 <!ENTITY LinkURLEditField.accessKey	"w">
--- a/editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublish.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublish.dtd
@@ -13,28 +13,28 @@
 
 <!-- Publish Tab Panel -->
 <!ENTITY siteList.label			"サイト名:">
 <!ENTITY siteList.accesskey		"e">
 <!ENTITY siteList.tooltip		"アップロードするサイトを選択します">
 <!ENTITY newSiteButton.label		"新規サイト">
 <!ENTITY newSiteButton.accesskey	"N">
 <!ENTITY docDirList.accesskey		"S">
-<!ENTITY docDirList.tooltip		"このページのリモートサブディレクトリの名前を選択または入力します">
-<!ENTITY docDirList.label		"このページのサイトのサブディレクトリ:">
+<!ENTITY docDirList.tooltip		"このページのリモートサブディレクトリーの名前を選択または入力します">
+<!ENTITY docDirList.label		"このページのサイトのサブディレクトリー:">
 <!ENTITY publishImgCheckbox.label	"画像と他のファイルを含める">
 <!ENTITY publishImgCheckbox.accesskey	"o">
 <!ENTITY publishImgCheckbox.tooltip	"このページから参照される画像や他のファイルをアップロードします">
 <!ENTITY sameLocationRadio.label	"ページと同じ場所を使う">
 <!ENTITY sameLocationRadio.accesskey	"U">
 <!ENTITY sameLocationRadio.tooltip	"このページと同じ場所にファイルをアップロードします">
-<!ENTITY useSubdirRadio.label		"このサイトのサブディレクトリを使う:">
+<!ENTITY useSubdirRadio.label		"このサイトのサブディレクトリーを使う:">
 <!ENTITY useSubdirRadio.accesskey	"d">
-<!ENTITY useSubdirRadio.tooltip		"選択されているリモートサブディレクトリにファイルをアップロードします">
-<!ENTITY otherDirList.tooltip		"アップロードするファイルのあるリモートサブディレクトリの名前を選択または入力します">
+<!ENTITY useSubdirRadio.tooltip		"選択されているリモートサブディレクトリーにファイルをアップロードします">
+<!ENTITY otherDirList.tooltip		"アップロードするファイルのあるリモートサブディレクトリーの名前を選択または入力します">
 <!ENTITY pageTitle.label		"ページタイトル:">
 <!ENTITY pageTitle.accesskey		"T">
 <!ENTITY pageTitle.tooltip		"ウィンドウやブックマークでページを識別するためのタイトルを入力します">
 <!ENTITY pageTitleExample.label		"例: &quot;My Web Page&quot;">
 <!ENTITY filename.label			"ファイル名:">
 <!ENTITY filename.accesskey		"F">
 <!ENTITY filename.tooltip		"ウェブページの '.html' も含めて、このファイルのファイル名を入力します">
 <!ENTITY filenameExample.label		"例: &quot;mypage.html&quot;">
@@ -50,17 +50,17 @@
 <!ENTITY siteName.label			"サイト名:">
 <!ENTITY siteName.accesskey		"e">
 <!ENTITY siteName.tooltip		"アップロードサイトを識別するためのニックネーム (例: 'MySite')">
 <!ENTITY siteUrl.label			"アップロードするアドレス (例: 'ftp://ftp.myisp.com/myusername'):">
 <!ENTITY siteUrl.accesskey		"a">
 <!ENTITY siteUrl.tooltip		"ISP またはウェブホスティングサービス提供の FTP:// や HTTP:// アドレス">
 <!ENTITY browseUrl.label		"ホームページの HTTP アドレス (例: 'http://www.myisp.com/myusername'):">
 <!ENTITY browseUrl.accesskey		"T">
-<!ENTITY browseUrl.tooltip		"ホームディレクトリの HTTP:// アドレス (ファイル名は含まない)">
+<!ENTITY browseUrl.tooltip		"ホームディレクトリーの HTTP:// アドレス (ファイル名は含まない)">
 <!ENTITY username.label			"ユーザー名:">
 <!ENTITY username.accesskey		"U">
 <!ENTITY username.tooltip		"ISP またはウェブホスティングサービスにログインするためのユーザー名">
 <!ENTITY password.label			"パスワード:">
 <!ENTITY password.accesskey		"w">
 <!ENTITY password.tooltip		"ユーザー名に関連したパスワード">
 <!ENTITY savePassword.label		"パスワードを保存する">
 <!ENTITY savePassword.accesskey		"S">
--- a/editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublishProgress.dtd
+++ b/editor/ui/chrome/dialogs/EditorPublishProgress.dtd
@@ -1,16 +1,16 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Window title -->
 <!ENTITY siteUrl.label			"サイト URL:">
-<!ENTITY docSubdir.label		"ページのサブディレクトリ:">
-<!ENTITY otherSubdir.label		"画像のサブディレクトリ:">
+<!ENTITY docSubdir.label		"ページのサブディレクトリー:">
+<!ENTITY otherSubdir.label		"画像のサブディレクトリー:">
 
 <!ENTITY status.label			"アップロードしています...">
 <!ENTITY fileList.label			"アップロードの状況">
 <!ENTITY succeeded.label		"成功">
 <!ENTITY failed.label			"失敗">
 
 <!ENTITY keepOpen			"アップロード完了後もこのウィンドウを開いたままにする。">
 <!ENTITY closeButton.label		"閉じる">
--- a/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
+++ b/extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
@@ -1630,17 +1630,17 @@ pref.guessCommands.label        =不明なコマンドを推測する
 pref.guessCommands.help         =もし、入力されたコマンド ("/" で始まる) を ChatZilla が理解できなかった場合に、そのコマンドをサーバーに送信して [推測] を試みます。
 pref.hasPrefs.label             =設定を持つオブジェクト
 pref.hasPrefs.help              =オブジェクトが保存された環境設定を持つことを示します。設定ウィンドウには表示されません。 :)
 pref.identd.enabled.label       =接続の過程で認証サーバーを有効にする
 pref.identd.enabled.help        =ChatZilla が、ident (identd) 応答を要求するサーバーに接続することを許可します。
 pref.initialURLs.label          =自動接続する URL
 pref.initialURLs.help           =ChatZilla の起動時に接続させる IRC URL のリストです。ChatZilla が、IRC ホストへのリンクをクリックして起動されたときには読み込まれません。
 pref.initialScripts.label       =自動読み込みスクリプト
-pref.initialScripts.help        =ChatZilla の起動時に、このリストに載っているスクリプトのすべてを読み込みます。あるアイテムがディレクトリだった場合には、そのディレクトリやサブディレクトリから "init.js" を読み込みます。
+pref.initialScripts.help        =ChatZilla の起動時に、このリストに載っているスクリプトのすべてを読み込みます。あるアイテムがディレクトリーだった場合には、そのディレクトリーやサブディレクトリーから "init.js" を読み込みます。
 pref.inputSpellcheck.label      =入力ボックスのスペルをチェック
 pref.inputSpellcheck.help       =入力ボックスのスペルのチェックをオン/オフします。この機能は最近のバージョンで追加されました。
 pref.link.focus.label           =リンクを開くときブラウザーを前面に表示する
 pref.link.focus.help            =ChatZilla から URL リンクを開くときに、ブラウザーウィンドウを前面に移動します。
 pref.log.label                  =ビューのログ収集をする
 pref.log.help                   =ChatZilla にそのビューのログを収集させます。ログファイルは通常あなたのプロファイル内に保存されますが、"Profile path" (ベースとなるパス) あるいは特定のビューのログファイル名を指定することもできます。
 pref.logFileName.label          =ログファイル名
 pref.logFileName.help           =そのビューのログを記録するファイルです。ビューが現在開いていてログ収集が行われている場合には、次のログ収集が開始するまでこのオプションの変更は有効になりません。
@@ -1714,17 +1714,17 @@ pref.notify.aggressive.label    =目立つ通知方法にする
 pref.notify.aggressive.help     =だれかがあなたにプライベートメッセージを送ったり、あなたのニックネームを挙げたり、[追跡単語] に含まれる単語を使用したときに、ChatZilla がそのメッセージはあなたの注意を引くに値すると判断します。この設定では、あなたの注意を引くためにウィンドウを点滅させるのか、ウィンドウを最前面に移動するのか (OS によって変わります) を指定します。
 pref.notifyList.label           =通知リスト
 pref.notifyList.help            =リストに載っているニックネームが、オンラインかそうでないかを定期的にチェックします。ChatZilla は 5 分おきにこのリストをチェックして、もしだれかがオンラインになったりオフラインに移行したときに通知します。
 pref.outgoing.colorCodes.label  =カラー コードの送信を有効にする
 pref.outgoing.colorCodes.help   =カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使用して送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
 pref.outputWindowURL.label      =出力ウィンドウ
 pref.outputWindowURL.help       =あなたはこれを変更したくはないと思います。チャットビューは、メッセージ本体やヘッダなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウィンドウを表示することさえあります!
 pref.profilePath.label          =プロファイルのパス
-pref.profilePath.help           =ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリに保存します。
+pref.profilePath.help           =ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリーに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリーに保存します。
 pref.proxy.typeOverride.label   =プロキシの種類
 pref.proxy.typeOverride.help    =ここに "http" を指定すると、ブラウザーの HTTP プロキシ設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシは (SOCKS プロキシさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザーのプロキシ設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
 pref.reconnect.label            =予期せずに切断したとき再接続する
 pref.reconnect.help             =接続が予期せずに失われた場合、ChatZilla はそのサーバーに自動的に再接続できます。
 pref.websearch.url.label        =ウェブ検索 URL
 pref.websearch.url.help         =ウェブ検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメータ %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザーの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザープラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
 pref.showModeSymbols.label      =ユーザーモードを記号で表示する
 pref.showModeSymbols.help       =ユーザーリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使用するかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
--- a/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
@@ -113,13 +113,13 @@
 <!ENTITY completionTitle.label		"設定完了">
 <!ENTITY completionText.label		"以下の設定情報が正しいか確認してください。">
 <!ENTITY serverTypePrefix.label		"メール受信サーバーの種類:">
 <!ENTITY serverNamePrefix.label		"メール受信サーバー名:">
 <!ENTITY smtpServerNamePrefix.label	"メール送信 (SMTP) サーバー名:">
 <!ENTITY newsServerNamePrefix.label	"ニュース (NNTP) サーバー名:">
 <!ENTITY downloadOnLogin.label		"今すぐメッセージをダウンロード">
 <!ENTITY downloadOnLogin.accesskey	"D">
-<!ENTITY deferStorageDesc.label		"共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- (^^; Uncheck this checkbox to store mail for this account in its own directory. That will make this account appear as a top-level account. Otherwise, it will be part of the Local Folders Global Inbox account. -->
+<!ENTITY deferStorageDesc.label		"共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリーに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- (^^; Uncheck this checkbox to store mail for this account in its own directory. That will make this account appear as a top-level account. Otherwise, it will be part of the Local Folders Global Inbox account. -->
 <!ENTITY deferStorage.label		"共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダー&quot; にメールを保存)"><!-- (^^; Use Global Inbox (store mail in Local Folders) -->
 <!ENTITY deferStorage.accesskey		"G">
 <!ENTITY clickFinish.label		"[完了] をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
 <!ENTITY clickFinish.labelMac		"[完了] をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
@@ -13,17 +13,17 @@
 <!ENTITY newMenu.accesskey			"N">
 <!ENTITY newContact.label			"連絡先...">
 <!ENTITY newContact.accesskey			"C">
 <!ENTITY newContact.key				"N">
 <!ENTITY newListCmd.label			"アドレスリスト..."><!-- (^^; Mailing List -->
 <!ENTITY newListCmd.accesskey			"L">
 <!ENTITY newAddressBookCmd.label		"アドレス帳...">
 <!ENTITY newAddressBookCmd.accesskey		"B">
-<!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.label		"LDAP ディレクトリ...">
+<!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.label		"LDAP ディレクトリー...">
 <!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.accesskey		"D">
 <!ENTITY newMessageCmd.label			"メッセージ">
 <!ENTITY newMessageCmd.key			"M">
 <!ENTITY newMessageCmd.accesskey		"M">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (osxAddressBook) : These entities are only used on Mac -->
 <!ENTITY osxAddressBook.label			"Mac OS X のアドレスブックを使用する">
 <!ENTITY osxAddressBook.accesskey		"O">
 <!ENTITY closeCmd.label				"閉じる">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/addressBook.properties
@@ -130,17 +130,17 @@ contactsCopied			=%1$S 件の連絡先をコピーしました
 contactsMoved			=%1$S 件の連絡先を移動しました
 
 #LDAP directory stuff
 invalidName			=正しい名前を入力してください。
 invalidHostname			=正しいホスト名を入力してください。
 invalidPortNumber		=正しいポート番号を入力してください。
 invalidResults			=検索結果欄に正しい数値を入力してください。
 abReplicationOfflineWarning	=LDAP レプリケーションを実行するにはオンラインでなければなりません。
-abReplicationSaveSettings	=ディレクトリをダウンロードする前に設定を保存してください。
+abReplicationSaveSettings	=ディレクトリーをダウンロードする前に設定を保存してください。
 
 #For importing / exporting
 ## LOCALIZATION NOTE (ExportAddressBookNameTitle): %S is the name of exported addressbook
 ExportAddressBookNameTitle		=アドレス帳のエクスポート - %S
 LDIFFiles				=LDIF
 CSVFiles				=カンマ区切り
 CSVFilesSysCharset			=カンマ区切り (システムの文字セット)
 CSVFilesUTF8				=カンマ区切り (UTF-8)
@@ -172,13 +172,13 @@ headingAddresses	=メールアドレス
 
 # For address books
 addressBookTitleNew	=新しいアドレス帳
 ## LOCALIZATION NOTE (addressBookTitleEdit): %S will be replaced by the the Address Book's name
 addressBookTitleEdit	=%S のプロパティ
 
 # For corrupt .mab files
 corruptMabFileTitle	=アドレス帳ファイルの破損
-corruptMabFileAlert	=アドレス帳ファイル (%1$S) を読むことができません。同じディレクトリに新しい %2$S ファイルを作成して、古いファイルのバックアップ %3$S を作成します。
+corruptMabFileAlert	=アドレス帳ファイル (%1$S) を読むことができません。同じディレクトリーに新しい %2$S ファイルを作成して、古いファイルのバックアップ %3$S を作成します。
 
 # For locked .mab files
 lockedMabFileTitle	=アドレス帳ファイルを読み込めません
 lockedMabFileAlert	=アドレス帳ファイル (%S) を読み込めませんでした。読み込み専用になっているか、他のプログラムによってロックされています。しばらく後で再度試してください。
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
@@ -64,44 +64,44 @@ 10003	= 後でもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。
 10008	= 強力な認証は現在サポートされていません。
 
 
 # (^^; どう考えても Mozila Suite 限定の説明文であり、Thunderbird ではこんな説明はない方がまし...
 
 
 ## @name INVALID_SYNTAX_HINT
 ## @loc none
-10021	= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在の検索フィルター設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
+10021	= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在の検索フィルター設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_SUCH_OBJECT_HINT
 ## @loc none
-10032	= ベース識別名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のベース識別名設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとベース識別名が表示されます。
+10032	= ベース識別名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のベース識別名設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとベース識別名が表示されます。
 
 ## @name BUSY_HINT
 ## @loc none
 10051	= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name SERVER_DOWN_HINT
 ## @loc none
-10081	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
+10081	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 ## @name TIMEOUT_HINT
 ## @loc none
 10085	= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name FILTER_ERROR_HINT
 ## @loc none
-10087	= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
+10087	= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_MEMORY_HINT
 ## @loc none
 10090	= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリを解放してからやり直してください。
 
 ## @name CONNECT_ERROR_HINT
 ## @loc none
-10091	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
+10091	= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 
 ## @name HOST_NOT_FOUND_HINT
 ## @loc none
-15000	= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
+15000	= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
 
 ## @name GENERIC_HINT
 ## @loc none
 19999	= システム管理者に問い合わせてください。
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/pref-directory-add.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/pref-directory-add.dtd
@@ -25,17 +25,17 @@
 <!ENTITY scope.accesskey		"c">
 <!ENTITY scopeOneLevel.label		"1 レベル">
 <!ENTITY scopeOneLevel.accesskey	"L">
 <!ENTITY scopeSubtree.label		"サブツリー">
 <!ENTITY scopeSubtree.accesskey		"S">
 <!ENTITY return.label			"検索結果を">
 <!ENTITY return.accesskey		"r">
 <!ENTITY results.label			"件以上は表示しない">
-<!ENTITY offlineText.label		"オフラインでも利用できるようにディレクトリのコピーをローカルにダウンロードしておくことができます。">
+<!ENTITY offlineText.label		"オフラインでも利用できるようにディレクトリーのコピーをローカルにダウンロードしておくことができます。">
 <!ENTITY saslMechanism.label		"認証方法:">
 <!ENTITY saslMechanism.accesskey	"m">
 <!ENTITY saslOff.label			"簡易">
 <!ENTITY saslOff.accesskey		"l">
 <!ENTITY saslGSSAPI.label		"Kerberos (GSSAPI)">
 <!ENTITY saslGSSAPI.accesskey		"K">
 <!-- Localization note: this is here because the width of the dialog 
      is determined by the width of the base DN box; and that is likely
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/replicationProgress.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/replicationProgress.properties
@@ -3,18 +3,18 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 replicationStarted		=複製を開始しました...
 changesStarted			=複製のため変更部分の検索を開始しました...
 replicationSucceeded		=正常に複製されました
 replicationFailed		=複製に失敗しました
 replicationCancelled		=複製は中止されました
 # LOCALIZATION NOTE
 # do not localize %S.  %S is the current entry number (an integer)
-currentCount			=複製されたディレクトリ項目: %S
+currentCount			=複製されたディレクトリー項目: %S
 
 downloadButton			=今すぐダウンロード
 downloadButton.accesskey	=D
 cancelDownloadButton		=ダウンロードを中止
 cancelDownloadButton.accesskey	=C
 
-directoryTitleNew		=新しい LDAP ディレクトリ
+directoryTitleNew		=新しい LDAP ディレクトリー
 ## LOCALIZATION NOTE (directoryTitleEdit): %S will be replaced by the LDAP directory's display name
 directoryTitleEdit		=%S のプロパティ
--- a/mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-server-advanced.dtd
@@ -1,15 +1,15 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY serverAdvanced.label		"アカウントの詳細設定">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (serverDirectory.label): Do not translate "IMAP" -->
-<!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリ:">
+<!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリー:">
 <!ENTITY serverDirectory.accesskey	"d">
 <!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダーのみ表示する">
 <!ENTITY usingSubscription.accesskey	"w">
 <!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダーとメッセージ両方を含むフォルダーをサーバーがサポートしている">
 <!ENTITY dualUseFolders.accesskey	"f">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.label	"サーバーへの最大同時接続数">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.accesskey "M">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (namespaceDesc.label): Do not translate "IMAP" -->
--- a/mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/importMsgs.properties
@@ -290,16 +290,16 @@ ImportFiltersPartial	= %S のフィルターを一部だけインポートしました。警告メッセージ:
 #Progress strings
 # LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
 MailProgressMeterText	= %S から読み込んだメールボックスを変換しています
 # LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
 AddrProgressMeterText	= %S から読み込んだアドレス帳を変換しています
 
 #Import file dialog strings
 ImportSelectSettings	= 設定ファイルの選択
-ImportSelectMailDir	= 選択したメールディレクトリ
-ImportSelectAddrDir	= アドレス帳ディレクトリの選択
+ImportSelectMailDir	= 選択したメールディレクトリー
+ImportSelectAddrDir	= アドレス帳ディレクトリーの選択
 ImportSelectAddrFile	= アドレス帳ファイルを選択
 
 # Folder Names for imported Mail
 DefaultFolderName	= インポートしたメール
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate the word "%S" below.
 ImportModuleFolderName	= %S インポート
--- a/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/localMsgs.properties
@@ -90,17 +90,17 @@ movingMessagesStatus=メッセージを %3$S に移動しています %1$S / %2$S
 
 # Status - write error occurred
 # LOCALIZATION NOTE (pop3ServerBusy): Do not translate the word "%S" below.
 # Place %S where the account name should appear.
 pop3ServerBusy=アカウント %S は処理中です。受信処理が終了するまでしばらくお待ちください。
 
 movemailCantOpenSpoolFile=メールスプールファイル %S を開けませんでした。
 
-movemailCantCreateLock=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリのモードを 01777 に設定します。
+movemailCantCreateLock=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリーにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリーのモードを 01777 に設定します。
 
 movemailCantDeleteLock=ロックファイル %S を削除できませんでした。
 
 movemailCantTruncateSpoolFile=スプールファイル %S を整理できませんでした。
 
 movemailSpoolFileNotFound=メールスプールファイルが見つかりませんでした。
 
 #LOCALIZATION NOTE (movemailCantParseSpool): %S is file name
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
@@ -3,17 +3,17 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the compose back end
 #
 ## LOCALIZATION NOTE (unableToOpenFile, unableToOpenTmpFile):
 ## %S will be replaced with the name of file that could not be opened
 unableToOpenFile		=ファイル %S を開けませんでした。
-unableToOpenTmpFile		=一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリ" の設定を確認してください。
+unableToOpenTmpFile		=一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリー" の設定を確認してください。
 unableToSaveTemplate		=メッセージをテンプレートとして保存できませんでした。
 unableToSaveDraft		=メッセージを下書きとして保存できませんでした。
 couldntOpenFccFolder		=送信済みトレイを開けませんでした。アカウント設定が正しいか確認してください。
 noSender			=送信者が指定されていません。アカウント設定の差出人情報にメールアドレスを入力してください。
 noRecipients			=受信者が指定されていません。アドレス入力欄に宛先のアドレスや投稿先のニュースグループを入力してください。
 errorWritingFile		=一時ファイルへの書き込み時にエラーが発生しました。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (errorSendingFromCommand): argument %s is the Outgoing server (SMTP) response
--- a/mail/chrome/messenger/prefs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/prefs.properties
@@ -8,23 +8,23 @@ enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
 accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
 accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
 modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
 userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
 serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダーが新しいサーバーにあるか確認してください。
 # LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
 junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
-localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
+localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリー設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
 localDirectoryRestart		=再起動
 userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
-localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリを選択してください。
+localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリーを選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryNotAllowed): %1$S is path to folder
-localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリを選択してください。
+localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリーを選択してください。
 
 
 # if the user chooses to cancel the wizard when no accounts are there throw a message
 # LOCALIZATION NOTE (cancelWizard)
 # do not localize "\n\n"
 cancelWizard			=アカウントウィザードを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
 accountWizard			=アカウントウィザード
 WizardExit			=終了
@@ -35,19 +35,19 @@ failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
 accountName			=%1$S - %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
 confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダーに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダー (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダーに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダーに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
 # (^^; en-US: Defer Account?
 confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?
 
-directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
-directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
-directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
+directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
+directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーの親ディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
+directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーのサブディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
 #Provide default example values for sample email address
 exampleEmailUserName		=user
 exampleEmailDomain		=example.jp
 emailFieldText			=メールアドレス:
 #LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
 defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
 #LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
 customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)
--- a/mail/installer/custom.properties
+++ b/mail/installer/custom.properties
@@ -43,24 +43,24 @@ SURVEY_TEXT			=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT			=今すぐ $BrandFullName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC		=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP			=デスクトップ(&D)
 ICONS_STARTMENU			=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH		=クイック起動ツールバー(&Q)
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL	=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてから続行してください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL=アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてアンインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH	=$BrandShortName はすでに実行中です。インストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
-WARN_WRITE_ACCESS		=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
+WARN_WRITE_ACCESS		=インストールディレクトリーへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリーを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE			=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG		=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG		=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG	=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできませんでした。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンおよび ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_RESTART_REQUIRED_UNINSTALL	=前回の $BrandShortName のアンインストールを完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
 WARN_RESTART_REQUIRED_UPGRADE	=前回の $BrandShortName の更新を完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
-ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX	=ディレクトリを作成できませんでした:
+ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX	=ディレクトリーを作成できませんでした:
 ERROR_CREATE_DIRECTORY_SUFFIX	=[キャンセル] をクリックしてインストールを中止するか、\n[再試行] をクリックして再度試してください。
 
 UN_CONFIRM_PAGE_TITLE		=$BrandFullName のアンインストール
 UN_CONFIRM_PAGE_SUBTITLE	=コンピューターから $BrandShortName を削除します。
 UN_CONFIRM_UNINSTALLED_FROM	=次の場所の $BrandShortName をアンインストールします:
 UN_CONFIRM_CLICK		=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 
 BANNER_CHECK_EXISTING		=現在の設定を確認しています...
--- a/netwerk/necko.properties
+++ b/netwerk/necko.properties
@@ -21,17 +21,17 @@ 11=%1$S を調べています...
 27=FTP トランザクションを開始しています...
 28=FTP トランザクションを終了しました
 
 UnsupportedFTPServer	=この FTP サーバー %1$S は現在サポートしていません。
 RepostFormData		=このウェブページは新しい URL に自動転送されています。入力したフォームデータをその URL に送信しますか?
 
 # Directory listing strings
 DirTitle		=%1$S の一覧
-DirGoUp			=上位のディレクトリへ移動
+DirGoUp			=上位のディレクトリーへ移動
 ShowHidden		=隠しファイルを表示する
 DirColName		=名前
 DirColSize		=サイズ
 DirColMTime		=最終更新日時
 DirFileLabel		=ファイル: 
 
 # (^^; 表現イマイチだがすでに使われていないので無視
 PhishingAuth		=“%1$S” を訪れようとしています。このサイトはあなたが違うサイトを訪れていると思わせようとしている可能性があります。十分に注意してください。
--- a/suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
+++ b/suite/chrome/common/pref/pref-cache.dtd
@@ -13,17 +13,17 @@
 <!ENTITY diskCacheUpTo.label             "キャッシュの許容サイズ:">
 <!ENTITY diskCacheUpTo.accesskey         "U">
 <!ENTITY spaceMbytes                     "MB">
 <!ENTITY diskCacheFolder.label           "キャッシュの保存先:">
 <!ENTITY clearDiskCache.label            "キャッシュをすべて消去">
 <!ENTITY clearDiskCache.accesskey        "C">
 <!ENTITY chooseDiskCacheFolder.label     "フォルダーを選択...">
 <!ENTITY chooseDiskCacheFolder.accesskey "F">
-<!ENTITY diskCacheFolderExplanation      "キャッシュファイルは指定したディレクトリ内の &quot;Cache&quot; サブフォルダーに保存されます。変更を有効にするには &brandShortName; を再起動してください。">
+<!ENTITY diskCacheFolderExplanation      "キャッシュファイルは指定したディレクトリー内の &quot;Cache&quot; サブフォルダーに保存されます。変更を有効にするには &brandShortName; を再起動してください。">
 <!ENTITY docCache.label                  "ネットワーク上のページとキャッシュしたページを比較する:">
 <!ENTITY docCache.accesskey              "m">
 <!ENTITY checkOncePerSession.label       "セッションごと">
 <!ENTITY checkEveryTime.label            "ページを表示するたび">
 <!ENTITY checkNever.label                "確認しない">
 <!ENTITY checkAutomatically.label        "キャッシュしたページが古いとき">
 
 <!ENTITY prefetchTitle.label             "リンク先読み機能">
--- a/suite/chrome/common/sidebar/sidebarOverlay.dtd
+++ b/suite/chrome/common/sidebar/sidebarOverlay.dtd
@@ -17,17 +17,17 @@
 <!ENTITY sidebar.loading.label "読み込み中...">
 <!ENTITY sidebar.loadstopped.label "読み込み中止">
 <!ENTITY sidebar.loading.stop.label "中止">
 <!ENTITY sidebar.loading.stop.accesskey "S">
 
 <!ENTITY sidebar.no-panels.state "Sidebar は、現在空白です。">
 <!ENTITY sidebar.no-panels.add "上の [タブ] ボタンをクリックすることでタブを追加できます。">
 <!ENTITY sidebar.no-panels.hide "Sidebar を表示したくない場合は、[表示] メニューをクリックし、[表示 / 隠す] サブメニューの [Sidebar] を選択してください。">
-<!ENTITY sidebar.sbDirectory.label "Sidebar ディレクトリ...">
+<!ENTITY sidebar.sbDirectory.label "Sidebar ディレクトリー...">
 
 <!ENTITY sidebar.pagenotfound.label "このタブは現在有効ではありません。">
 <!ENTITY sidebar.close.tooltip "Sidebar を閉じる">
 <!ENTITY sidebar.open.tooltip "Sidebar を開く">
 
 <!ENTITY sidebar.search.label         "検索">
 <!ENTITY sidebar.client-bookmarks.label     "ブックマーク">
 <!ENTITY sidebar.client-history.label       "履歴">
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/abMainWindow.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/abMainWindow.dtd
@@ -12,17 +12,17 @@
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (newContact.accesskey) : DONT_TRANSLATE -->
 <!ENTITY newContact.accesskey                           "C">
 <!ENTITY newListCmd.label                               "アドレスリスト..."><!-- (^^; Mailing List -->
 <!-- LOCALIZATION NOTE (newListCmd.accesskey) : DONT_TRANSLATE -->
 <!ENTITY newListCmd.accesskey                           "L">
 <!ENTITY newAddressBookCmd.label                        "アドレス帳..."> 
 <!ENTITY newAddressBookCmd.accesskey                    "o">
-<!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.label                      "LDAP ディレクトリ...">
+<!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.label                      "LDAP ディレクトリー...">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (newLDAPDirectoryCmd.accesskey) : DONT_TRANSLATE -->
 <!ENTITY newLDAPDirectoryCmd.accesskey                  "D">
 <!ENTITY newIM.label                                    "インスタントメッセージ">
 <!ENTITY printContactViewCmd.label                      "連絡先を印刷...">
 <!ENTITY printContactViewCmd.accesskey                  "p">
 <!ENTITY printPreviewContactViewCmd.label               "連絡先の印刷プレビュー">
 <!ENTITY printPreviewContactViewCmd.accesskey           "v">
 <!ENTITY printContactViewCmd.key                        "P">
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/addressBook.properties
@@ -121,17 +121,17 @@ contactsCopied=%1$S 件の連絡先をコピーしました
 contactsMoved=%1$S 件の連絡先を移動しました
 
 # LDAP directory stuff
 invalidName=正しい名前を入力してください。
 invalidHostname=正しいホスト名を入力してください。
 invalidPortNumber=正しいポート番号を入力してください。
 invalidResults=検索結果欄に正しい数値を入力してください。
 abReplicationOfflineWarning=LDAP レプリケーションを実行するにはオンラインでなければなりません。
-abReplicationSaveSettings=ディレクトリをダウンロードする前に設定を保存してください。
+abReplicationSaveSettings=ディレクトリーをダウンロードする前に設定を保存してください。
 
 # For importing / exporting
 ## LOCALIZATION NOTE (ExportAddressBookNameTitle): %S is the name of exported addressbook
 ExportAddressBookNameTitle=アドレス帳のエクスポート - %S
 LDIFFiles=LDIF
 CSVFiles=カンマ区切り
 CSVFilesSysCharset=カンマ区切り (システムの文字セット)
 CSVFilesUTF8=カンマ区切り (UTF-8)
@@ -161,13 +161,13 @@ headingAddresses=メールアドレス
 
 # For address books
 addressBookTitleNew=新しいアドレス帳
 ## LOCALIZATION NOTE (addressBookTitleEdit): %S will be replaced by the the Address Book's name
 addressBookTitleEdit=%S のプロパティ
 
 # For corrupt .mab files
 corruptMabFileTitle=アドレス帳ファイルの破損
-corruptMabFileAlert=アドレス帳ファイル (%1$S) を読むことができません。同じディレクトリに新しい %2$S ファイルを作成して、古いファイルのバックアップ %3$S を作成します。
+corruptMabFileAlert=アドレス帳ファイル (%1$S) を読むことができません。同じディレクトリーに新しい %2$S ファイルを作成して、古いファイルのバックアップ %3$S を作成します。
 
 # For locked .mab files
 lockedMabFileTitle=アドレス帳ファイルを読み込めません
 lockedMabFileAlert=アドレス帳ファイル (%S) を読み込めませんでした。読み込み専用になっているか、他のプログラムによってロックされています。しばらく後で再度試してください。
--- a/suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/addressbook/ldapAutoCompErrs.properties
@@ -60,45 +60,45 @@ 9999= 不明なエラー
 10003= 後でもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。
 
 ## @name STRONGAUTH_REQUIRED_HINT
 ## @loc none
 10008= 強力な認証は現在サポートされていません。
 
 ## @name INVALID_SYNTAX_HINT
 ## @loc none
-10021= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在の検索フィルター設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
+10021= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在の検索フィルター設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_SUCH_OBJECT_HINT
 ## @loc none
-10032= ベース識別名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のベース識別名設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとベース識別名が表示されます。
+10032= ベース識別名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のベース識別名設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとベース識別名が表示されます。
 
 ## @name BUSY_HINT
 ## @loc none
 10051= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name SERVER_DOWN_HINT
 ## @loc none
-10081= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
+10081= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。現在のホスト名とポート番号設定を確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 
 ## @name TIMEOUT_HINT
 ## @loc none
 10085= 後でもう一度試してください。
 
 ## @name FILTER_ERROR_HINT
 ## @loc none
-10087= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
+10087= 検索フィルターが正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。検索フィルターが正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックして [詳細] タブを開くと検索フィルターが表示されます。
 
 ## @name NO_MEMORY_HINT
 ## @loc none
 10090= 他のウィンドウやプログラムを閉じてメモリを解放してからもう一度試してください。
 
 ## @name CONNECT_ERROR_HINT
 ## @loc none
-10091= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
+10091= ホスト名とポート番号が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名とポート番号が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。 [詳細] タブを開くとポート番号が表示されます。
 
 ## @name HOST_NOT_FOUND_HINT
 ## @loc none
-15000= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
+15000= ホスト名が正しいか確認してからもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください。ホスト名が正しいか確認するには、[編集] メニューの [設定] から [メールとニュースグループ]、[アドレス帳] を順に選択し、[ディレクトリーを編集] をクリックして一覧から使用する LDAP サーバーを選択してください。 [編集] をクリックするとホスト名が表示されます。
 
 ## @name GENERIC_HINT
 ## @loc none
 19999= システム管理者に問い合わせてください。
--- a/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/compose/composeMsgs.properties
@@ -3,17 +3,17 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #
 # The following are used by the compose back end
 #
 ## LOCALIZATION NOTE (unableToOpenFile, unableToOpenTmpFile):
 ## %S will be replaced with the name of file that could not be opened
 unableToOpenFile=ファイル %S を開けませんでした。
-unableToOpenTmpFile=一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリ" の設定を確認してください。
+unableToOpenTmpFile=一時ファイル %S を開けませんでした。システムの "一時ディレクトリー" の設定を確認してください。
 unableToSaveTemplate=メッセージをテンプレートとして保存できませんでした。
 unableToSaveDraft=メッセージを下書きとして保存できませんでした。
 couldntOpenFccFolder=送信済みトレイを開けませんでした。アカウント設定が正しいか確認してください。
 noSender=送信者が指定されていません。アカウント設定の差出人情報にメールアドレスを入力してください。
 noRecipients=受信者が指定されていません。アドレス入力欄に宛先のアドレスや投稿先のニュースグループを入力してください。
 errorWritingFile=一時ファイルへの書き込み時にエラーが発生しました。
 
 ## LOCALIZATION NOTE (errorSendingFromCommand): argument %s is the Outgoing server (SMTP) response
--- a/suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/importMsgs.properties
@@ -292,16 +292,16 @@ ImportFiltersPartial= %S のフィルターを一部だけインポートしました。警告メッセージ:
 #Progress strings
 # LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
 MailProgressMeterText= %S から読み込んだメールボックスを変換しています
 # LOCALIZATION NOTE : Do not translate the word "%S" below.
 AddrProgressMeterText= %S から読み込んだアドレス帳を変換しています
 
 #Import file dialog strings
 ImportSelectSettings= 設定ファイルの選択
-ImportSelectMailDir= 選択したメールディレクトリ
-ImportSelectAddrDir= アドレス帳ディレクトリの選択
+ImportSelectMailDir= 選択したメールディレクトリー
+ImportSelectAddrDir= アドレス帳ディレクトリーの選択
 ImportSelectAddrFile= アドレス帳ファイルを選択
 
 # Folder Names for imported Mail
 DefaultFolderName= インポートしたメール
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate the word "%S" below.
 ImportModuleFolderName= %S インポート
--- a/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/localMsgs.properties
@@ -90,17 +90,17 @@ pop3StatFail=STAT コマンドを正常に完了できず、メッセージの数とサイズを取得できませんでした。
 pop3ServerSaid=メールサーバー %S からの応答:
 
 copyingMessagesStatus=メッセージを %3$S にコピーしています %1$S / %2$S
 
 movingMessagesStatus=メッセージを %3$S に移動しています %1$S / %2$S
 
 movemailCantOpenSpoolFile=メールスプールファイル %S を開けませんでした。
 
-movemailCantCreateLock=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリのモードを 01777 に設定します。
+movemailCantCreateLock=ロックファイル %S を作成できませんでした。Movemail が機能するにはメールスプールディレクトリーにロックファイルを作成する必要があります。多くのシステムではスプールディレクトリーのモードを 01777 に設定します。
 
 movemailCantDeleteLock=ロックファイル %S を削除できませんでした。
 
 movemailCantTruncateSpoolFile=スプールファイル %S を整理できませんでした。
 
 movemailSpoolFileNotFound=メールスプールファイルが見つかりませんでした。
 
 #LOCALIZATION NOTE (movemailCantParseSpool): %S is file name
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/AccountWizard.dtd
@@ -113,13 +113,13 @@
 <!ENTITY completionTitle.label "設定が完了しました!">
 <!ENTITY completionText.label "以下の設定情報が正しいか確認してください。">
 <!ENTITY serverTypePrefix.label "メール受信サーバーの種類:">
 <!ENTITY serverNamePrefix.label "メール受信サーバー名:">
 <!ENTITY smtpServerNamePrefix.label "メール送信 (SMTP) サーバー名:">
 <!ENTITY newsServerNamePrefix.label "ニュース (NNTP) サーバー名:">
 <!ENTITY downloadOnLogin.label "今すぐメッセージをダウンロード">
 <!ENTITY downloadOnLogin.accesskey "D">
-<!ENTITY deferStorageDesc.label "共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- en-US: "Check this checkbox to store mail for this account in the Local Folders Global Inbox. Otherwise the account appears as a top-level account and its mail is stored in its own directory." -->
+<!ENTITY deferStorageDesc.label "共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリーに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- en-US: "Check this checkbox to store mail for this account in the Local Folders Global Inbox. Otherwise the account appears as a top-level account and its mail is stored in its own directory." -->
 <!ENTITY deferStorage.label "共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダー&quot; にメールを保存します)">
 <!ENTITY deferStorage.accesskey "G">
 <!ENTITY clickFinish.label "[完了] をクリックすると設定を保存してアカウントを作成します。">
 <!ENTITY clickFinish.labelMac "[完了] をクリックすると設定を保存してアカウントを作成します。">
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/am-server-advanced.dtd
@@ -1,15 +1,15 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY serverAdvanced.label		"アカウントの詳細設定">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (serverDirectory.label): Do not translate "IMAP" -->
-<!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリ:">
+<!ENTITY serverDirectory.label		"IMAP サーバーディレクトリー:">
 <!ENTITY serverDirectory.accesskey	"d">
 <!ENTITY usingSubscription.label	"購読しているフォルダーのみ表示する">
 <!ENTITY usingSubscription.accesskey	"w">
 <!ENTITY dualUseFolders.label		"サブフォルダーとメッセージ両方を含むフォルダーをサーバーがサポートしている">
 <!ENTITY dualUseFolders.accesskey	"f">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.label	"サーバーへの最大同時接続数">
 <!ENTITY maximumConnectionsNumber.accesskey "M">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (namespaceDesc.label): Do not translate "IMAP" -->
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/pref-directory-add.dtd
@@ -25,17 +25,17 @@
 <!ENTITY scope.accesskey                   "c">
 <!ENTITY scopeOneLevel.label               "1 階層">
 <!ENTITY scopeOneLevel.accesskey           "L">
 <!ENTITY scopeSubtree.label                "サブツリー">
 <!ENTITY scopeSubtree.accesskey            "S">
 <!ENTITY return.label                      "結果を">
 <!ENTITY return.accesskey                  "r">
 <!ENTITY results.label                     "件以上は表示しない">
-<!ENTITY offlineText.label                 "オフラインでも利用できるようにディレクトリのコピーをローカルにダウンロードしておくことができます。">
+<!ENTITY offlineText.label                 "オフラインでも利用できるようにディレクトリーのコピーをローカルにダウンロードしておくことができます。">
 <!ENTITY saslMechanism.label               "認証方法: ">
 <!ENTITY saslMechanism.accesskey           "m">
 <!ENTITY saslOff.label                     "簡易">
 <!ENTITY saslOff.accesskey		   "l">
 <!ENTITY saslGSSAPI.label                  "Kerberos (GSSAPI)">
 <!ENTITY saslGSSAPI.accesskey		   "K">
 
 <!-- Localization note: this is here because the width of the dialog 
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
@@ -9,23 +9,23 @@ enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
 accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
 accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
 modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
 userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
 serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダーが新しいサーバーにあるか確認してください。
 # LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
 junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
-localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
+localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリー設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
 localDirectoryRestart		=再起動
 userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
-localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリを選択してください。
+localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリーを選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (localDirectoryNotAllowed): %1$S is path to folder
-localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリを選択してください。
+localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリーを選択してください。
 # if the user chooses to cancel the wizard when no accounts are there throw a message
 # LOCALIZATION NOTE (cancelWizard)
 # do not localize "\n\n"
 cancelWizard			=アカウントウィザードを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
 accountWizard			=アカウントウィザード
 WizardExit			=終了
 WizardContinue			=キャンセル
 # when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
@@ -34,19 +34,19 @@ failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
 #LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
 accountName			=%1$S - %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
 confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダーに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダー (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダーに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダーに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
 # (^^; en-US: Defer Account?
 confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?
 
-directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
-directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
-directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
+directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
+directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーの親ディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
+directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーのサブディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
 #Provide default example values for sample email address
 exampleEmailUserName		=user
 exampleEmailDomain		=example.jp
 emailFieldText			=メールアドレス:
 #LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
 defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
 #LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
 customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)
--- a/suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
+++ b/suite/chrome/mailnews/pref/replicationProgress.properties
@@ -3,18 +3,18 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 replicationStarted=複製を開始しました...
 changesStarted=複製のため変更部分の検索を開始しました...
 replicationSucceeded=正常に複製されました
 replicationFailed=複製に失敗しました
 replicationCancelled=複製を中止しました
 # LOCALIZATION NOTE
 # do not localize %S.  %S is the current entry number (an integer)
-currentCount=複製するディレクトリ項目: %S
+currentCount=複製するディレクトリー項目: %S
 
 downloadButton=今すぐダウンロード
 downloadButton.accesskey=D
 cancelDownloadButton=ダウンロードを中止
 cancelDownloadButton.accesskey=C
 
-directoryTitleNew=新しい LDAP ディレクトリ
+directoryTitleNew=新しい LDAP ディレクトリー
 ## LOCALIZATION NOTE (directoryTitleEdit): %S will be replaced by the LDAP directory's display name
 directoryTitleEdit=%S のプロパティ
--- a/suite/chrome/mailnews/smime/certFetchingStatus.dtd
+++ b/suite/chrome/mailnews/smime/certFetchingStatus.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!--LOCALIZATION NOTE shown while obtaining certificates from a directory -->
 
 <!ENTITY title.label "証明書をダウンロードする">
-<!ENTITY info.message "宛先の証明書のためのディレクトリを探します。この操作には数分かかります。">
+<!ENTITY info.message "宛先の証明書のためのディレクトリーを探します。この操作には数分かかります。">
 <!ENTITY stop.label "検索を中止する">
--- a/suite/installer/windows/custom.properties
+++ b/suite/installer/windows/custom.properties
@@ -45,27 +45,27 @@ SUMMARY_CLICK=[インストール] をクリックするとインストールを開始します。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_INSTALL=インストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SUMMARY_REBOOT_REQUIRED_UNINSTALL=アンインストールを完了するにはコンピューターの再起動が必要になることがあります。
 SURVEY_TEXT=$BrandShortName についてのアンケートに答える(&T)
 LAUNCH_TEXT=今すぐ $BrandFullName を起動(&L)
 CREATE_ICONS_DESC=$BrandShortName アイコンの作成先:
 ICONS_DESKTOP=デスクトップ(&D)
 ICONS_STARTMENU=スタートメニューのプログラムフォルダー(&S)
 ICONS_QUICKLAUNCH=クイック起動ツールバー(&Q)
-WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリを選択してください。
+WARN_WRITE_ACCESS=インストールディレクトリーへの書き込み権限がありません。\n\n[OK] をクリックして別のディレクトリーを選択してください。
 WARN_DISK_SPACE=この場所にインストールするには十分なディスク容量がありません。\n\n[OK] をクリックして別の場所を選択してください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MIN_SUPPORTED_OSVER_CPU_MSG=申し訳ありませんが、$BrandShortName をインストールできません。このバージョンの $BrandShortName を使用するには ${MinSupportedVer} またはそれ以降のバージョンと ${MinSupportedCPU} をサポートするプロセッサーが必要です。追加の情報は [OK] ボタンをクリックしてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_INSTALL=インストールを続けるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてからインストールを続けてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_LAUNCH=$BrandShortName はすでに実行中です。\n\nインストールしたバージョンの $BrandShortName を起動する前に $BrandShortName を終了させてください。
 WARN_MANUALLY_CLOSE_APP_UNINSTALL=アンインストールを進めるには $BrandShortName を閉じる必要があります。\n\n$BrandShortName を終了させてからアンインストールを続けてください。
 WARN_RESTART_REQUIRED_UNINSTALL=前回の $BrandShortName のアンインストールを完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
 WARN_RESTART_REQUIRED_UPGRADE=前回の $BrandShortName の更新を完了させるためにコンピューターを再起動させる必要があります。今すぐ再起動しますか?
-ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリを作成できません:
+ERROR_CREATE_DIRECTORY_PREFIX=ディレクトリーを作成できません:
 ERROR_CREATE_DIRECTORY_SUFFIX=[キャンセル] をクリックしてインストールを中止するか、\n[再試行] をクリックして再度試してください。
 
 UN_CONFIRM_CLICK=[削除] をクリックするとアンインストールを開始します。
 UN_CONFIRM_PAGE_TITLE=$BrandFullName のアンインストール
 UN_CONFIRM_PAGE_SUBTITLE=コンピューターから $BrandShortName を削除します。
 UN_CONFIRM_UNINSTALLED_FROM=次の場所の $BrandShortName をアンインストールします:
 
 STATUS_INSTALL_APP=$BrandShortName をインストールしています...
--- a/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutProfiles.properties
@@ -1,22 +1,22 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 name		=プロファイル: %S
 isDefault	=既定のプロファイル
-rootDir		=ルートディレクトリ
+rootDir		=ルートディレクトリー
 # LOCALIZATION NOTE: localDir is used to show the directory corresponding to
 # the main profile directory that exists for the purpose of storing data on the
 # local filesystem, including cache files or other data files that may not
 # represent critical user data. (e.g., this directory may not be included as
 # part of a backup scheme.)
 # In case localDIr and rootDir are equal, localDir is not shown.
-localDir	=ローカルディレクトリ
+localDir	=ローカルディレクトリー
 currentProfile	=これは使用中のプロファイルです。削除できません。
 
 rename		=名前を変更
 remove		=削除
 setAsDefault	=既定のプロファイルに設定
 launchProfile	=プロファイルを別のプロセスで起動
 
 yes		=はい
@@ -28,15 +28,15 @@ renameProfile		=プロファイル %S の名前を変更します
 invalidProfileNameTitle	=不正なプロファイル名
 invalidProfileName	=“%S” というプロファイル名は使用できません。
 
 deleteProfileTitle	=プロファイルの削除
 deleteProfileConfirm	=プロファイルの削除は、使用可能なプロファイルのリストから項目を削除します。これを元に戻すことはできません。\nさらに、プロファイルのデータファイル (設定や証明書、他のユーザー関連のデータを含む) を削除することもできます。このオプションは “%S” フォルダーを完全に削除します。これを元に戻すことはできません。\n本当にプロファイルのデータファイルを削除しますか?
 deleteFiles		=ファイルを削除
 dontDeleteFiles		=項目のみ削除
 
-openDir			=ディレクトリを開く
+openDir			=ディレクトリーを開く
 # LOCALIZATION NOTE (macOpenDir): This is the Mac-specific variant of openDir.
 # This allows us to use the preferred"Finder" terminology on Mac.
 macOpenDir		=Finder に表示
 # LOCALIZATION NOTE (winOpenDir2): This is the Windows-specific variant of
 # openDir.
 winOpenDir2		=フォルダーを開く
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.dtd
@@ -59,17 +59,17 @@ Windows/Mac use the term "Folder" instea
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsServiceWorkers	"登録された Service Workers">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsProfiles		"プロファイル">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsMultiProcessSupport	"マルチプロセスウィンドウ">
 
 <!ENTITY aboutSupport.appBasicsSafeMode		"セーフモード">
 
-<!ENTITY aboutSupport.showDir.label		"ディレクトリを開く"><!-- Win/Mac 以外 -->
+<!ENTITY aboutSupport.showDir.label		"ディレクトリーを開く"><!-- Win/Mac 以外 -->
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.showMac.label): This is the Mac-specific
 variant of aboutSupport.showDir.label.  This allows us to use the preferred
 "Finder" terminology on Mac. -->
 <!ENTITY aboutSupport.showMac.label		"Finder に表示">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (aboutSupport.showWin2.label): This is the Windows-specific
 variant of aboutSupport.showDir.label. -->
 <!ENTITY aboutSupport.showWin2.label		"フォルダーを開く">