Merge Aurora to Central
authorFrancesco Lodolo (:flod) <flod@lodolo.net>
Thu, 07 Apr 2016 12:30:56 +0200
changeset 2067 2426bc8d6c71d3f2cead386761c0172f7935a419
parent 2066 f56b98e4f37a48c296239dbd451f78cc5d27337d (current diff)
parent 2065 5cd5bc2c6cd9935f37fbb268a2104469a787ba2f (diff)
child 2069 6ed165b09db867d5c4b10d7ef1daae74b9f6fc9e
push id1121
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 25 Apr 2016 17:10:03 +0000
Merge Aurora to Central
browser/profile/chrome/userChrome-example.css
browser/profile/chrome/userContent-example.css
deleted file mode 100644
--- a/browser/profile/chrome/userChrome-example.css
+++ /dev/null
@@ -1,53 +0,0 @@
-@charset "utf-8";
-/* This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
- * License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
- * file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. */
-
-/*
- * このファイルを編集して userChrome.css という名前で
- *   [プロファイルディレクトリ]/chrome/
- * ディレクトリにコピーしてください。
- */
-
-/*
- * このファイルを使って Mozilla のユーザインターフェイスの見た目をカスタマイズ
- * できます。デフォルト設定を上書きする場合は !important 宣言を使ってください。
- */
-
-/*
- * 次の @namespace 規則ではデフォルト名前空間を XUL にしています。
- * 削除すると正常に動作しなくなるので、削除しないでください。
- */
-@namespace url("http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul");
-
-
-/*
- * 操作性を向上させる例:
- */
-/*
- * デフォルトフォントサイズをすべて 20 ポイントにする:
- *
- * * {
- *   font-size: 20pt !important
- * }
- */
-/*
- * メニュー項目についてはデフォルトサイズではなく 15 ポイントにする:
- *
- * menupopup > * {
- *   font-size: 15pt !important
- * }
- */
-/*
- * ロケーション (URL) バーを固定幅フォントで表示する:
- *
- * #urlbar {
- *    font-family: monospace !important;
- * }
- */
-
-/*
- * その他の例は次のページを参照してください:
- * http://www.mozilla-japan.org/unix/customizing.html
- */
- 
deleted file mode 100644
--- a/browser/profile/chrome/userContent-example.css
+++ /dev/null
@@ -1,43 +0,0 @@
-@charset "utf-8";
-/* This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
- * License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
- * file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. */
-
-/*
- * このファイルを編集して、profile-directory/chrome/userContent.css
- * としてコピーしてください。
- */
-
-/*
- * このファイルは、表示するすべての Web ページにスタイルを適用するのに使用
- * することができます。
- * !important なし規定は、Web ページ作者が何かを設定した場合には、作者の
- * 規定で無効になります。!important ありの規定は、Web ページ作者の規定を
- * 無効にします。
- */
-
-/*
- * 例: "blink" 要素の点滅を無効にする
- *
- * blink { text-decoration: none ! important; }
- *
- */
-
-/*
- * 例: すべてのテーブルに 2 ピクセルの幅を強制する
- *
- * table { border: 2px solid; }
- */
-
-/*
- * 例: "marquee" 要素を無効にする
- *
- * marquee { -moz-binding: none; }
- *
- */
- 
-/*
- * さらに多くの事例は、 http://www.mozilla.org/unix/customizing.html
- * を参照してください。
- */
-