46.0: sync mobile with en-US rev304451:89effb961712 (late-l10n)
authorKechol <kechol28@gmail.com>
Mon, 14 Mar 2016 23:33:07 +0900
changeset 2062 19ec1f0162cb5ad511021572570970f8acae797b
parent 2044 bb6de64b3309f925aabaa82b053b61b6935fdb78
child 2063 d88b4bfb94db6da08c98e8aa4cecf4ae5f2849e3
push id1121
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 25 Apr 2016 17:10:03 +0000
bugs46
46.0: sync mobile with en-US rev304451:89effb961712 (late-l10n)
mobile/android/base/android_strings.dtd
mobile/android/chrome/browser.properties
mobile/android/chrome/phishing.dtd
mobile/overrides/netError.dtd
--- a/mobile/android/base/android_strings.dtd
+++ b/mobile/android/base/android_strings.dtd
@@ -4,29 +4,35 @@
 
 
 <!ENTITY  no_space_to_start_error "&brandShortName; を起動するために必要な空き領域が不足しています。">
 <!ENTITY  error_loading_file "&brandShortName; の起動に必要なファイルを読み込めませんでした">
 
 <!ENTITY firstrun_panel_title_welcome "ようこそ">
 <!ENTITY  onboard_start_message3 "&brandShortName; とブラウジング">
 <!ENTITY  onboard_start_subtext3 "モバイルの Web ブラウジング体験をあなたぴったりのものに。">
-<!ENTITY  onboard_start_button_account "&brandShortName; にログイン">
+
+<!ENTITY firstrun_urlbar_message "&brandShortName; へようこそ">
+<!ENTITY firstrun_urlbar_subtext "検索サジェストのショートカットを利用して見つけたいものを素早く見つけましょう。">
+<!ENTITY firstrun_bookmarks_title "履歴">
+<!ENTITY firstrun_bookmarks_message "あなたのお気に入り、お手元に">
+<!ENTITY firstrun_bookmarks_subtext "検索するときはブックマークと履歴から結果を表示します。">
+<!ENTITY firstrun_data_title "データ">
+<!ENTITY firstrun_data_message "データを減らせば節約に">
+<!ENTITY firstrun_data_subtext "画像をブロックして訪れるサイトでのデータの消費を減らします">
+<!ENTITY firstrun_sync_title "同期">
+<!ENTITY firstrun_sync_message "&brandShortName;はいつでもそばに">
+<!ENTITY firstrun_sync_subtext "タブやパスワードその他をどこでも使う場所に同期しましょう。">
+<!ENTITY firstrun_signin_message "接続して始めましょう">
+<!ENTITY firstrun_signin_button "Sync にサインイン">
 <!ENTITY  onboard_start_button_browser "ブラウジングを始める">
 <!ENTITY firstrun_button_next "次へ">
 
 <!ENTITY  onboard_start_restricted1 "シンプルなバージョンの &brandShortName; は管理しやすく、安全にご利用いただけます。">
 
-<!ENTITY firstrun_import_title "インポート">
-<!ENTITY firstrun_import_message "&brandShortName; へようこそ">
-<!ENTITY firstrun_import_subtext "ほかのブラウザからブックマークと閲覧履歴をインポートしましょう。">
-<!ENTITY firstrun_import_action "&brandShortName; へ移行する">
-<!ENTITY firstrun_import_dialog_button "移行する">
-<!ENTITY firstrun_import_progress_title "移行しています">
-
 <!-- Localization note: These are used as the titles of different pages on the home screen.
      They are automatically converted to all caps by the Android platform. -->
 <!ENTITY  bookmarks_title "ブックマーク">
 <!ENTITY  history_title "履歴">
 <!ENTITY  reading_list_title "リーディングリスト">
 <!ENTITY  recent_tabs_title "最近閉じたタブ">
 
 <!ENTITY  switch_to_tab "タブに切り換え">
@@ -165,18 +171,16 @@
 <!ENTITY pref_search_hint "ヒント: サイトの検索フィールド上で長押しした後、&formatI; アイコンをタップすることで、どのサイトでも検索プロバイダに追加できます">
 <!ENTITY pref_category_advanced "高度な設定">
 <!ENTITY pref_category_advanced_summary2 "タブの復元、プラグイン、デベロッパーツール">
 <!ENTITY pref_developer_remotedebugging "リモートデバッグ">
 <!ENTITY pref_developer_remotedebugging_usb "USB 経由でリモートデバッグをおこなう">
 <!ENTITY pref_developer_remotedebugging_wifi "Wi-Fi 経由でリモートデバッグをおこなう">
 <!ENTITY pref_developer_remotedebugging_wifi_disabled_summary "Wi-Fi でのデバッグにはデバイスに QR コードリーダーアプリをインストールする必要があります">
 <!ENTITY pref_remember_signons2 "ログイン情報を保存する">
-<!ENTITY pref_open_external_urls_privately_title "リンクをプライベートウィンドウで開く">
-<!ENTITY pref_open_external_urls_privately_summary "&brandShortName; で開かれた外部のリンクすべてに対して">
 <!ENTITY pref_manage_logins "ログイン情報の管理">
 
 <!ENTITY pref_category_home "ホーム">
 <!ENTITY pref_category_home_summary "ホームページをカスタマイズ">
 <!ENTITY pref_category_home_panels "パネル">
 <!ENTITY home_add_panel_title "新しいパネルを追加">
 <!ENTITY home_add_panel_empty "申し訳ありません、追加するパネルを見つけられませんでした">
 <!-- Localization note (home_add_panel_installed):
@@ -240,28 +244,38 @@
 <!ENTITY tracking_protection_prompt_tip_text "詳細はプライバシー設定をご確認ください">
 <!ENTITY tracking_protection_prompt_action_button "了解!">
 
 <!ENTITY tab_queue_toast_message3 "タブは &brandShortName; に保存されました">
 <!ENTITY tab_queue_toast_action "すぐに開く">
 <!ENTITY tab_queue_prompt_title "複数のリンクを開きますか?">
 <!ENTITY tab_queue_prompt_text4 "次回 &brandShortName; を開く時までそれらのリンクを保存しておきます。">
 <!ENTITY tab_queue_prompt_tip_text2 "あとで設定から変更できます">
+<!-- Localization note (tab_queue_prompt_permit_drawing_over_apps): This additional text is shown if the
+     user needs to enable an Android setting in order to enable tab queues. -->
+<!ENTITY tab_queue_prompt_permit_drawing_over_apps "他のアプリに重ねて表示する許可を有効にしてください">
 <!ENTITY tab_queue_prompt_positive_action_button "有効化">
 <!ENTITY tab_queue_prompt_negative_action_button "あとで">
+<!-- Localization note (tab_queue_prompt_settings_button): This button is shown if the user needs to
+     enable a permission in Android's setting in order to enable tab queues. -->
+<!ENTITY tab_queue_prompt_settings_button "設定に移動">
 <!ENTITY tab_queue_notification_title "&brandShortName;">
 <!-- Localization note (tab_queue_notification_text_plural2) : The
      formatD is replaced with the number of tabs queued.  The
      number of tabs queued is always more than one.  We can't use
      Android plural forms, sadly. See Bug #753859. -->
 <!ENTITY tab_queue_notification_text_plural2 "&formatD; つのタブがあります">
 <!-- Localization note (tab_queue_notification_text_singular2) : This is the
      text of a notification; we expect only one tab queued. -->
 <!ENTITY tab_queue_notification_text_singular2 "1 つのタブがあります">
 
+<!-- Localization note (tab_queue_notification_settings): This notification text is shown if a tab
+     has been queued but we are missing the system permission to show an overlay. -->
+<!ENTITY tab_queue_notification_settings "\'複数のリンクを開く\'には、&brandShortName;の\'他のアプリに重ねて表示\'のパーミッションを有効にしてください。">
+
 <!ENTITY pref_char_encoding "文字エンコーディング">
 <!ENTITY pref_char_encoding_on "メニューを表示する">
 <!ENTITY pref_char_encoding_off "メニューを表示しない">
 <!ENTITY pref_clear_private_data "プライベートデータを削除">
 <!-- Localization note (pref_clear_private_data_now_tablet): This action to clear private data is only shown on tablets.
      The action is shown below a header saying "Clear private data"; See pref_clear_private_data -->
 <!ENTITY pref_clear_private_data_now_tablet "今すぐ削除">
 <!ENTITY pref_clear_on_exit_title3 "終了時にプライベートデータを削除">
@@ -519,28 +533,21 @@ size. -->
 <!ENTITY home_clear_history_button "閲覧履歴を削除">
 <!ENTITY home_clear_history_confirm "本当に履歴を削除しますか?">
 <!ENTITY home_bookmarks_empty "あなたが保存したブックマークが表示されます。">
 <!ENTITY home_closed_tabs_title "最近閉じたタブ">
 <!ENTITY home_last_tabs_title "前回のタブ">
 <!ENTITY home_last_tabs_empty "あなたが最近開いたタブが表示されます。">
 <!ENTITY home_open_all "すべて開く">
 <!ENTITY home_most_recent_empty "あなたが最近開いたサイトが表示されます。">
+<!ENTITY home_selected_empty "選択した期間に訪れた Web サイトが表示されます。">
 <!-- Localization note (home_most_recent_emptyhint2): "Psst" is a sound that might be used to attract someone's attention unobtrusively, and intended to hint at Private Browsing to the user.
      The placeholders &formatS1; and &formatS2; are used to mark the location of text underlining. -->
 <!ENTITY home_most_recent_emptyhint2 "&formatS1; 新しいプライベートタブ &formatS2;  を利用すると、履歴を保存しません。">
 <!ENTITY home_reading_list_empty "あなたが保存した記事が表示されます。">
-<!-- Localization note (home_reading_list_hint3): The "TIP" string is synonymous to "hint", "clue", etc. This string is displayed
-     as an advisory message on how to add content to the reading list when the reading list empty.
-     The placeholder &formatI; will be replaced by a small image of the icon described, and can be moved to wherever
-     it is applicable. -->
-<!ENTITY home_reading_list_hint3 "ヒント: URL バーに表示される &formatI; アイコンを長押しすることで、記事をリーディングリストに保存できます。">
-<!-- Localization note (home_reading_list_hint_accessible2): This string is used
-     as alternate text for accessibility. It is not visible in the UI. -->
-<!ENTITY home_reading_list_hint_accessible2 "ヒント: URL バーに表示されるリーダーモードボタンを長押しすることで、記事をリーディングリストに保存できます。">
 
 <!-- Localization note (home_default_empty): This string is used as the default text when there
      is no data to show in an about:home panel that was created by an add-on. -->
 <!ENTITY home_default_empty "このパネルにはコンテンツがありません。">
 
 <!-- Localization note (home_move_up_to_filter): The variable is replaced by the name of the
      previous location in the navigation, such as the previous folder -->
 <!ENTITY home_move_up_to_filter "&formatS; へ戻る">
@@ -589,16 +596,17 @@ Example Enterprises, Inc.
 
 The layout of the identity dialog prevents combining this into a single string with
 substitution variables.  If it is difficult to translate the sense of the string
 with that structure, consider a translation which ignores the preceding domain and
 just addresses the organization to follow, e.g. "This site is run by " -->
 <!ENTITY identity_connection_secure "安全な接続">
 <!ENTITY identity_connection_insecure "安全でない接続">
 <!ENTITY identity_login_insecure "このページは安全ではないため、ログイン情報を抜き取られてしまう可能性があります。">
+<!ENTITY identity_connection_chromeui "この &brandShortName; のページは安全です">
 
 <!-- Mixed content notifications in site identity popup -->
 <!ENTITY mixed_content_blocked_all1 "&brandShortName; はこのページの安全でないコンテンツをブロックしました。">
 <!ENTITY mixed_content_blocked_some1 "&brandShortName; はこのページに含まれる安全でないコンテンツの一部をブロックしました。">
 <!ENTITY mixed_content_display_loaded1 "このページの一部 (画像など) は安全ではありません。">
 <!ENTITY mixed_content_protection_disabled1 "安全でないコンテンツからの保護を無効にしました。">
 
 <!-- Tracking content notifications in site identity popup -->
@@ -651,17 +659,24 @@ just addresses the organization to follo
 <!ENTITY updater_downloading_title2 "&brandShortName; のダウンロード中">
 <!ENTITY updater_downloading_title_failed2 "ダウンロードに失敗しました">
 <!ENTITY updater_downloading_select2 "タッチしてダウンロードした更新を適用します">
 <!ENTITY updater_downloading_retry2 "タッチして再試行します">
 
 <!ENTITY updater_apply_title2 "&brandShortName; の利用可能な更新">
 <!ENTITY updater_apply_select2 "タッチして更新を開始します">
 
-<!-- Guest mode -->
+<!-- Localization note (updater_permission_text): This text is shown in a notification and as a snackbar
+     if the app requires a runtime permission to download updates. Currently, the updater only sees
+     remotely advertised updates in the Nightly and Aurora channels. -->
+<!ENTITY updater_permission_text "ファイルをダウンロードしてアップデートするには、&brandShortName; のストレージへのアクセスを許可してください。">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (updater_permission_allow): This action is shown in a snackbar along with updater_permission_text. -->
+<!ENTITY updater_permission_allow "許可">
+
+    <!-- Guest mode -->
 <!ENTITY new_guest_session "新しいゲストセッション">
 <!ENTITY exit_guest_session "ゲストセッション終了">
 <!ENTITY guest_session_dialog_continue "続行">
 <!ENTITY guest_session_dialog_cancel "キャンセル">
 <!ENTITY new_guest_session_title "&brandShortName; は今すぐ再起動します">
 <!ENTITY new_guest_session_text2 "このモードを使う人は、あなたの個人的な閲覧データ (保存されたログイン情報や履歴、ブックマークなど) にはアクセスできません。\n\nゲストモードが終了した時、その閲覧データは削除され、元のセッションが復元されます。">
 <!ENTITY guest_browsing_notification_title "ゲストブラウジングは有効です">
 <!ENTITY guest_browsing_notification_text "タップして終了">
@@ -739,18 +754,18 @@ just addresses the organization to follo
 <!ENTITY restrictable_feature_private_browsing "プライベートブラウジング">
 <!ENTITY restrictable_feature_private_browsing_description "サイトや閲覧したページの情報を残さずにブラウズできるようにします。">
 <!ENTITY restrictable_feature_clear_history "履歴の削除">
 <!ENTITY restrictable_feature_clear_history_description "サイトや閲覧したページの情報を削除できるようにします。">
 <!ENTITY restrictable_feature_advanced_settings "高度な設定">
 <!ENTITY restrictable_feature_advanced_settings_description "これにはブックマークのインポートやタブのリストア、自動更新が含まれます。単純な設定のみが適切な場合はオフにしてください。">
 <!ENTITY restrictable_feature_camera_microphone "カメラとマイク">
 <!ENTITY restrictable_feature_camera_microphone_description "サイト上でリアルタイムのコミュニケーションを行えるようにします。">
-<!ENTITY restrictable_feature_data_choices "データの選択">
-<!ENTITY restrictable_feature_data_choices_description "Firefox の改善を助ける利用状況の情報を Mozilla に送信するかどうかを選択してください。">
+<!ENTITY restrictable_feature_block_list "ブロックリスト">
+<!ENTITY restrictable_feature_block_list_description "センシティブな内容を含む Web サイトをブロックします。">
 
 <!-- Default Bookmarks titles-->
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_about_browser): link title for about:fennec -->
 <!ENTITY bookmarks_about_browser "Firefox: あなたのブラウザについて">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_addons): link title for https://addons.mozilla.org/en-US/mobile -->
 <!ENTITY bookmarks_addons "Firefox: アドオンでカスタマイズ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (bookmarks_support): link title for https://support.mozilla.org/ -->
 <!ENTITY bookmarks_support "Firefox: サポート">
--- a/mobile/android/chrome/browser.properties
+++ b/mobile/android/chrome/browser.properties
@@ -20,33 +20,36 @@ alertDownloadsStart2=ダウンロードを開始しています
 alertDownloadsDone2=ダウンロードを完了しました
 alertCantOpenDownload=ファイルを開けません。タップして保存してください。
 alertDownloadsSize=ダウンロードサイズが大きすぎます
 alertDownloadsNoSpace=保存に必要な空き容量がありません
 alertDownloadsToast=ダウンロードを開始しました
 alertDownloadsPause=一時停止
 alertDownloadsResume=再開
 alertDownloadsCancel=キャンセル
+# LOCALIZATION NOTE (alertDownloadSucceeded): This text is shown as a snackbar inside the app after a
+# successful download. %S will be replaced by the file name of the download.
+alertDownloadSucceeded=%S がダウンロードされました
 # LOCALIZATION NOTE (undoCloseToast.message): This message appears in a toast
 # when the user tries to download something in Guest mode.
 downloads.disabledInGuest=ゲストセッションではダウンロードすることができません
 
 alertFullScreenToast=フルスクリーンモードを終了するには戻るボタンを押してください
 
 # LOCALIZATION NOTE (alertSearchEngineAddedToast, alertSearchEngineErrorToast, alertSearchEngineDuplicateToast)
 # %S will be replaced by the name of the search engine (exposed by the current page)
 # that has been added; for example, 'Google'.
 alertSearchEngineAddedToast='%S' は検索エンジンとして追加されました
 alertSearchEngineErrorToast='%S' を検索エンジンとして追加できません
 alertSearchEngineDuplicateToast='%S' はすでに検索エンジンの一つに追加されています
 
 alertPrintjobToast=印刷しています...
 
-downloadCancelPromptTitle=ダウンロードをキャンセル
-downloadCancelPromptMessage=このダウンロードをキャンセルしますか?
+downloadCancelPromptTitle1=ダウンロードを中止
+downloadCancelPromptMessage1=このダウンロードを中止しますか?
 
 addonError.titleError=エラー
 addonError.titleBlocked=ブロックされたアドオン
 addonError.learnMore=さらに詳しく
 
 # LOCALIZATION NOTE (unsignedAddonsDisabled.title, unsignedAddonsDisabled.message):
 # These strings will appear in a dialog when Firefox detects that installed add-ons cannot be verified.
 unsignedAddonsDisabled.title=認証されていないアドオン
@@ -409,16 +412,19 @@ getUserMedia.blockedCameraAndMicrophoneAccess = カメラとマイクをブロックしました。
 # Tip shown to users the first time we hide the reader mode toolbar.
 readerMode.toolbarTip=リーダーの設定を表示するには、画面をタップしてください
 
 #Open in App
 openInApp.pageAction = アプリで開く
 openInApp.ok = OK
 openInApp.cancel = キャンセル
 
+#Network Offline
+networkOffline.message = オフラインストレージからページを読み込んでいます
+
 #Tab sharing
 tabshare.title = "配信するタブを選択"
 #Tabs in context menus
 browser.menu.context.default = リンク
 browser.menu.context.img = 画像
 browser.menu.context.video = ビデオ
 browser.menu.context.audio = 音声
 browser.menu.context.tel = 通話
--- a/mobile/android/chrome/phishing.dtd
+++ b/mobile/android/chrome/phishing.dtd
@@ -2,26 +2,27 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- (^^; ユーザのホームページではなく検索エンジンのホームへのリンク -->
 <!ENTITY safeb.palm.accept.label	"スタートページに戻る"><!-- en-US: Get me out of here! -->
 <!ENTITY safeb.palm.decline.label	"この警告を無視する">
 <!ENTITY safeb.palm.notforgery.label2	"誤警告を報告..."><!-- en-US: This isn't a web forgery -->
 <!ENTITY safeb.palm.reportPage.label	"このサイトがブロックされる理由">
+<!ENTITY safeb.palm.whyForbidden.label "なぜこのページはブロックされたのですか?">
 
 <!ENTITY safeb.blocked.malwarePage.title	"攻撃サイトとして報告されています!">
 <!-- Localization note (safeb.blocked.malware.shortDesc) - Please don't translate the contents of the <span id="malware_sitename"/> tag.  It will be replaced at runtime with a domain name (e.g. www.badsite.com) -->
 <!ENTITY safeb.blocked.malwarePage.shortDesc	"この Web ページ (<span id='malware_sitename'/>) は攻撃サイトであると報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされました。">
 <!ENTITY safeb.blocked.malwarePage.longDesc	"<p>攻撃サイトはあなたの個人情報を盗んだり、コンピュータを乗っ取って他のコンピュータへの攻撃に利用したり、あなたのシステムを破壊するためのプログラムをインストールしようとします。</p><p>一部の攻撃サイトでは意図的に有害なソフトウェアを配布していますが、多くの場合は運営者が知らずにまたは許可なく有害なソフトウェアの配布に不正利用されています。</p>">
 
 <!ENTITY safeb.blocked.phishingPage.title2	"偽装サイトの疑いがあります!">
 <!ENTITY safeb.blocked.phishingPage.shortDesc2	"このページで個人情報を入力してしまうと、なりすましや詐欺などの被害に遭う恐れがあります。">
 <!ENTITY safeb.blocked.phishingPage.longDesc2	"<p>この種の偽装サイトはフィッシングと呼ばれる詐欺に使われています。本物のサイトに見せかけた詐欺ページを作り、あなたに信頼させようとしているのです。</p>">
 
 <!ENTITY safeb.blocked.unwantedPage.title "望まないソフトウェアを含むサイトとして報告されています!">
 <!-- Localization note (safeb.blocked.unwanted.shortDesc) - Please don't translate the contents of the <span id="unwanted_sitename"/> tag.  It will be replaced at runtime with a domain name (e.g. www.badsite.com) -->
 <!ENTITY safeb.blocked.unwantedPage.shortDesc "<span id='unwanted_sitename'/> のページは、望まないソフトウェアを含むページとして報告されているため、セキュリティ設定に従いブロックされました。">
 <!ENTITY safeb.blocked.unwantedPage.longDesc "望まないソフトウェアのページは、偽装されたソフトウェアをインストールすることであなたのシステムに予期せぬ影響をおよぼそうとするものです。">
 
-<!ENTITY safeb.blocked.forbiddenPage.title "許可されていないサイト">
+<!ENTITY safeb.blocked.forbiddenPage.title2 "ブロックされたサイト">
 <!-- Localization note (safeb.blocked.forbiddenPage.shortDesc) - Please don't translate the contents of the <span id="forbidden_sitename"/> tag.  It will be replaced at runtime with a domain name (e.g. www.badsite.com) -->
-<!ENTITY safeb.blocked.forbiddenPage.shortDesc "<span id='forbidden_sitename'/> のページはブラウザの設定によりブロックされました。">
+<!ENTITY safeb.blocked.forbiddenPage.shortDesc2 "<span id='forbidden_sitename'/> のページはあなたの管理者のプロファイルによりブロックされました。">
--- a/mobile/overrides/netError.dtd
+++ b/mobile/overrides/netError.dtd
@@ -185,8 +185,18 @@ netError.xhtml) because it exposes funct
 <p>インターネット接続環境を完全には信頼できない場合や、これまでこのサーバではこの警告が表示されなかった場合は、このサイトを例外として追加しないでください。</p>
 
 <button id='getMeOutOfHereButton'>&securityOverride.getMeOutOfHereButton;</button>
 <button id='exceptionDialogButton'>&securityOverride.exceptionButtonLabel;</button>
 ">
 
 <!ENTITY remoteXUL.title "リモート XUL">
 <!ENTITY remoteXUL.longDesc "<p><ul><li>この問題を Web サイトの管理者に報告してください。</li></ul></p>">
+
+<!ENTITY sslv3Used.title "安全に接続できません">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (sslv3Used.longDesc) - Do not translate
+     "SSL_ERROR_UNSUPPORTED_VERSION". -->
+<!ENTITY sslv3Used.longDesc "高度な情報: SSL_ERROR_UNSUPPORTED_VERSION">
+
+<!ENTITY weakCryptoUsed.title "この接続は安全ではありません">
+<!-- LOCALIZATION NOTE (weakCryptoUsed.longDesc) - Do not translate
+     "SSL_ERROR_NO_CYPHER_OVERLAP". -->
+<!ENTITY weakCryptoUsed.longDesc "高度な情報: SSL_ERROR_NO_CYPHER_OVERLAP">