42.0: sync dom, security with en-US rev277303:66e9b94c4066
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 01 Sep 2015 22:30:10 +0900
changeset 1869 11b98407d39cad77fd922b9dd77f6690daa5685b
parent 1868 8466ba2e7cd21af078c38bd902ff481981893488
child 1870 43a09f911a8ef00225538e9d858a21a7e7925c60
push id996
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 21 Sep 2015 14:19:14 +0000
bugs42
42.0: sync dom, security with en-US rev277303:66e9b94c4066
dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
dom/chrome/security/csp.properties
dom/chrome/security/security.properties
security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
+++ b/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
@@ -73,19 +73,46 @@ listbox        =       リストボックス
 flatequation   =       テキスト形式の方程式
 gridcell       =       グリッドセル
 note           =       注記
 figure         =       図表
 definitionlist =       定義リスト
 term           =       用語
 definition     =       定義
 
+# (^m^) mathmltable: <mtable> タグ
+mathmltable              = 数表
+mathmlcell               = セル
+# mathmlenclosed: <menclose> タグ
+mathmlenclosed           = 囲み
+mathmlfraction           = 分数
+mathmlfractionwithoutbar = 線なし分数
+# mathmlroot: <mroot> タグ
+mathmlroot               = 累乗根
+# mathmlscripted: <msub>, <msup>, ...
+mathmlscripted           = 添字
+# mathmlsquareroot: <msqrt> タグ
+mathmlsquareroot         = 平方根
+
 # More sophisticated roles which are not actual numeric roles
 textarea       =       テキストエリア
 
+base           =       基線
+close-fence    =       閉じ括弧
+denominator    =       分母
+numerator      =       分子
+open-fence     =       開き括弧
+overscript     =       真上付き
+presubscript   =       前下付き
+presuperscript =       前上付き
+root-index     =       根号の指数
+subscript      =       下付き
+superscript    =       上付き
+underscript    =       真下付き
+
 # Text input types
 textInputType_date   = 日付
 textInputType_email  = メールアドレス
 textInputType_search = 検索
 textInputType_tel    = 電話番号
 textInputType_url    = URL
 
 # More sophisticated object descriptions
@@ -189,16 +216,37 @@ quicknav_ListItem    = リスト項目
 quicknav_Link        = リンク
 quicknav_List        = リスト
 quicknav_PageTab     = ページタブ
 quicknav_RadioButton = ラジオボタン
 quicknav_Separator   = 区切り
 quicknav_Table       = 表
 quicknav_Checkbox    = チェックボックス
 
+# MathML menclose notations.
+# See developer.mozilla.org/docs/Web/MathML/Element/menclose#attr-notation
+notation-longdiv            = 割り算の筆算記号
+notation-actuarial          = アクチュアリー
+notation-phasorangle        = 位相
+notation-radical            = 根号
+notation-box                = 四角囲み
+notation-roundedbox         = 角丸四角囲み
+notation-circle             = 円囲み
+notation-left               = 左側線
+notation-right              = 右側線
+notation-top                = 上側線
+notation-bottom             = 下側線
+notation-updiagonalstrike   = 上がり対角取り消し線
+notation-downdiagonalstrike = 下がり対角取り消し線
+notation-verticalstrike     = 垂直取り消し線
+notation-horizontalstrike   = 水平取り消し線
+notation-updiagonalarrow    = 上がり対角矢印
+## (^m^) アラビア階乗記号
+notation-madruwb            = madruwb
+
 ## (^m^) Bug 876475 参照
 # Shortened role names for braille
 menubarAbbr        = メニューバー
 scrollbarAbbr      = スクロールバー
 gripAbbr           = グリップ
 alertAbbr          = 警告
 menupopupAbbr      = メニューポップアップ
 documentAbbr       = ドキュメント
@@ -273,8 +321,48 @@ tblColumnInfoAbbr = #1c
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 tblRowInfoAbbr = #1r
 cellInfoAbbr = c%Sr%S
 
 stateCheckedAbbr = (x)
 stateUncheckedAbbr = ( )
 statePressedAbbr = (x)
 stateUnpressedAbbr = ( )
+
+mathmlenclosedAbbr           = 囲み
+mathmltableAbbr              = 表
+mathmlcellAbbr               = セル
+mathmlfractionAbbr           = 分数
+mathmlfractionwithoutbarAbbr = 線なし分数
+mathmlrootAbbr               = 累乗根
+mathmlscriptedAbbr           = 添字
+mathmlsquarerootAbbr         = 平方根
+
+baseAbbr           = 基数
+close-fenceAbbr    = 閉じ
+denominatorAbbr    = 分母
+numeratorAbbr      = 分子
+open-fenceAbbr     = 開き
+overscriptAbbr     = 真上
+presubscriptAbbr   = 前上
+presuperscriptAbbr = 前下
+root-indexAbbr     = 指数
+subscriptAbbr      = 下付き
+superscriptAbbr    = 上付き
+underscriptAbbr    = 真下
+
+notation-longdivAbbr            = 割り算
+notation-actuarialAbbr          = アクチュアリー
+notation-phasorangleAbbr        = 位相
+notation-radicalAbbr            = 根号
+notation-boxAbbr                = 四角囲み
+notation-roundedboxAbbr         = 角丸囲み
+notation-circleAbbr             = 円囲み
+notation-leftAbbr               = 左線
+notation-rightAbbr              = 右線
+notation-topAbbr                = 上線
+notation-bottomAbbr             = 下線
+notation-updiagonalstrikeAbbr   = 上対角取り消し
+notation-downdiagonalstrikeAbbr = 下対角取り消し
+notation-verticalstrikeAbbr     = 垂直取り消し
+notation-horizontalstrikeAbbr   = 水平取り消し
+notation-updiagonalarrowAbbr    = 上対角矢印
+notation-madruwbAbbr            = madruwb
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -63,20 +63,17 @@ CreateAttributeNSWarning	=document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 OwnerElementWarning		=属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
 NodeValueWarning		=属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 TextContentWarning		=属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 EnablePrivilegeWarning		=enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
 nsIJSONDecodeDeprecatedWarning	=nsIJSON.decode は推奨されません。代わりに JSON.parse を使用してください。
 nsIJSONEncodeDeprecatedWarning	=nsIJSON.encode は推奨されません。代わりに JSON.stringify を使用してください。
 nsIDOMWindowInternalWarning	=nsIDOMWindowInternal の使用は推奨されません。代わりに nsIDOMWindow を使用してください。
 InputEncodingWarning		=inputEncoding の使用は推奨されません。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MozBeforePaint" and "mozRequestAnimationFrame"
-MozBeforePaintWarning		=MozBeforePaint イベントはサポートされなくなりました。mozRequestAnimationFrame のコールバック引数に null を渡すことはできません。
 # (^m^) FullScreenDenied* は Bug 687687, 704039, 706672 参照。
-FullScreenDeniedBlocked			=ユーザ設定によりこのドメインの全画面表示がブロックされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedDisabled		=ユーザ設定により FullScreen API が無効化されているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedFocusedPlugin		=ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedHidden			=document が不可視になったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedIframeNotAllowed	= "allowfullscreen" 属性を持たない iframe を含む document があるため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInputDriven		=短時間実行されるユーザ生成のイベントハンドラの内部から Element.mozRequestFullScreen() メソッドが呼び出されなかったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedNotInDocument		=要求元の要素が document 内に存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedMovedDocument		=要求元の要素が document を移動したため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullScreenDeniedLostWindow		=ウィンドウが存在しなくなったため、全画面表示の要求が拒否されました。
@@ -158,16 +155,28 @@ ImplicitMetaViewportTagFallback	=viewport が設定された meta タグがありません。将来のバージョンで予期せぬ挙動の変化を防ぐため、明示的に viewport を設定してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Mobile/Viewport_meta_tag を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "DataContainerEvent" or "CustomEvent"
 DataContainerEventWarning	=DataContainerEvent の使用は推奨されません。代わりに CustomEvent を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.controllers"
 Window_ControllersWarning	=window.controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
 ImportXULIntoContentWarning	=XUL ノードのコンテンツドキュメントへのインポートは推奨されません。この関数は間もなく削除されます。
 XMLDocumentLoadPrincipalMismatch	=他のウィンドウから開いたドキュメント上での document.load の使用は禁止されています。ウィンドウ内に作成されたドキュメントのみ、呼び出しが許可されます。代わりに XMLHttpRequest の使用が推奨されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "IndexedDB".
 IndexedDBTransactionAbortNavigation	=未完了の IndexedDB トランザクションがページ遷移により中止されました。
-# LOCALIZATION NOTE (WillChangeBudgetWarning): Do not translate Will-change, %1$S,%2$S,%3$S are numbers.
-WillChangeBudgetWarning		=will-change のメモリー消費量が多すぎます。%1$S ピクセルをカバーする表面領域の予約サイズは、document の表面領域の %2$S 倍の値です (%3$S ピクセル)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate Will-change, %1$S,%2$S,%3$S are numbers.
+WillChangeOverBudgetIgnoredWarning	=will-change のメモリー消費量が多すぎます。%1$S px をカバーする表面領域の予約サイズは、document の表面領域の %2$S 倍の値です (%3$S px)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker".
 HittingMaxWorkersPerDomain	=ServiceWorker をすぐに開始できませんでした。同一生成元の他のドキュメントがすでに worker の数を上限まで使用しています。ServiceWorker をキューに追加し、他の worker の完了後に開始します。
 # LOCALIZATION NOTE: Do no translate "setVelocity", "PannerNode", "AudioListener", "speedOfSound" and "dopplerFactor"
 PannerNodeDopplerWarning	=PannerNode および AudioListener 上の setVelocity() メソッド、AudioListener 上の speedOfSound プロパティおよび dopplerFactor プロパティは削除されるため使用が推奨されません。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/AudioListener#Deprecated_features を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 EmptyWorkerSourceWarning	=空ソースから Worker を作成しようとしています。これは意図されていない可能性があります。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker".
+InterceptionFailed		=予期しないエラーが発生したため、ServiceWorker ネットワークのインターセプションに失敗しました。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "FetchEvent.respondWith()", "opaque", or "Response".
+OpaqueInterceptionDisabled	=Opaque インターセプションが無効なため、ServiceWorker が Opaque Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "FetchEvent.respondWith()", "FetchEvent.request.type", "same-origin", "cors", "no-cors", "opaque", "Response", or "RequestMode".
+BadOpaqueInterceptionRequestMode	=FetchEvent.request.type が "same-origin" または "cors" だったので ServiceWorker が opaque Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。Opaque Response オブジェクトは RequestMode が "no-cors" の時のみ有効です。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Error", "Response", "FetchEvent.respondWith()", or "fetch()".
+InterceptedErrorResponse	=ServiceWorker が Error Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。これは一般的に ServiceWorker が不正な fetch() 呼び出しで動作したことを意味します。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Response", "FetchEvent.respondWith()", or "Response.clone()".
+InterceptedUsedResponse		=ServiceWorker が使用済み Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。Response のボディは一度だけ読めます。ボディに複数回アクセスするには Response.clone() を使用してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Response", "FetchEvent.respondWith()", "FetchEvent.request", or "Worker".
+ClientRequestOpaqueInterception	=FetchEvent.request がクライアント要求のため ServiceWorker が Opaque Response を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。クライアント要求は一般的にブラウザナビゲーションやトップレベルの Worker スクリプトです。
--- a/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
+++ b/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
@@ -1,38 +1,40 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-Reset			= リセット
-Submit			= 送信
-Browse			= 参照...
-FileUpload		= ファイルのアップロード
+Reset			=リセット
+Submit			=送信
+Browse			=参照...
+ChooseFiles		=ファイル選択...
+ChooseDirs		=フォルダ選択...
+FileUpload		=ファイルのアップロード
 # LOCALIZATION NOTE (IsIndexPromptWithSpace): The last character of the string 
 # should be a space (U+0020) in most locales. The prompt is followed by an 
 # input field. The space needs be escaped in the property file to avoid 
 # trimming.
-IsIndexPromptWithSpace	= これは検索可能なインデックスです。検索キーワードを入力してください:\u0020
-ForgotPostWarning	= フォームは enctype=%S が指定されていますが、method=POST が指定されていません。enctype を使用せず method=GET で普通に送信されます。
-ForgotFileEnctypeWarning= フォームはファイル入力がありますが、method=POST と enctype=multipart/form-data が指定されていないので、ファイルは送信されません。
+IsIndexPromptWithSpace	=これは検索可能なインデックスです。検索キーワードを入力してください:\u0020
+ForgotPostWarning	=フォームは enctype=%S が指定されていますが、method=POST が指定されていません。enctype を使用せず method=GET で普通に送信されます。
+ForgotFileEnctypeWarning=フォームはファイル入力がありますが、method=POST と enctype=multipart/form-data が指定されていないので、ファイルは送信されません。
 # LOCALIZATION NOTE (DefaultFormSubject): %S will be replaced with brandShortName
-DefaultFormSubject	= %S から投稿されたフォーム
-CannotEncodeAllUnicode	= %S で送信されたフォームは、Unicode にエンコードできない文字が含まれているため、送信データが壊れている可能性があります。この問題を回避するには、UTF-8 でフォームが送信されるよう、ページ自体のエンコーディングを UTF-8 に変更するか、form 要素の属性に accept-charset=utf-8 を指定してください。
-AllSupportedTypes	= すべてのサポートされた種類
+DefaultFormSubject	=%S から投稿されたフォーム
+CannotEncodeAllUnicode	=%S で送信されたフォームは、Unicode にエンコードできない文字が含まれているため、送信データが壊れている可能性があります。この問題を回避するには、UTF-8 でフォームが送信されるよう、ページ自体のエンコーディングを UTF-8 に変更するか、form 要素の属性に accept-charset=utf-8 を指定してください。
+AllSupportedTypes	=すべてのサポートされた種類
 # LOCALIZATION NOTE (NoFileSelected): this string is shown on a
 # <input type='file'> when there is no file selected yet.
-NoFileSelected		= ファイルが選択されていません。
+NoFileSelected		=ファイルが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (NoFilesSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' multiple> when there is no file selected yet.
-NoFilesSelected		= ファイルが選択されていません。
+NoFilesSelected		=ファイルが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (XFilesSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' multiple> when there are more than one selected file.
 # %S will be a number greater or equal to 2.
-XFilesSelected		= %S 個のファイルを選択しました。
-ColorPicker		= 色の選択
+XFilesSelected		=%S 個のファイルを選択しました。
+ColorPicker		=色の選択
 # LOCALIZATION NOTE (AndNMoreFiles): Semi-colon list of plural forms. 
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals 
 # This string is shown at the end of the tooltip text for <input type='file'
 # multiple> when there are more than 21 files selected (when we will only list
 # the first 20, plus an "and X more" line). #1 represents the number of files
 # minus 20 and will always be a number equal to or greater than 2. So the
 # singular case will never be used.
-AndNMoreFiles=他 #1 個
+AndNMoreFiles		=他 #1 個
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -50,16 +50,21 @@ failedToParseUnrecognizedSource	=認識できないソースの解析に失敗しました: %1$S
 # inline script refers to JavaScript code that is embedded into the HTML document.
 inlineScriptBlocked		=インラインスクリプトが実行前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (inlineStyleBlocked):
 # inline style refers to CSS code that is embedded into the HTML document.
 inlineStyleBlocked		=インラインスタイルシートが適用前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (scriptFromStringBlocked):
 # eval is a name and should not be localized.
 scriptFromStringBlocked		=文字列 (eval のような関数の呼び出し) からの JavaScript コードが呼び出し前にブロックされました。
+# LOCALIZATION NOTE (upgradeInsecureRequest):
+# %1$S is the URL of the upgraded request; %2$S is the upgraded scheme.
+upgradeInsecureRequest		=安全でない要求 '%1$S' をアップグレードして '%2$S' を使用します
+# LOCALIZATION NOTE (ignoreSrcForDirective):
+ignoreSrcForDirective		=ディレクティブ '%1$S' の src を無視します
 # LOCALIZATION NOTE (hostNameMightBeKeyword):
 # %1$S is the hostname in question and %2$S is the keyword
 hostNameMightBeKeyword		=%1$S をキーワードではなくホスト名として割り込みます。キーワードとして処理するには '%2$S' を (シングルクォートで囲み) 使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE (notSupportingDirective):
 # directive is not supported (e.g. 'reflected-xss')
 notSupportingDirective		='%1$S' はサポートされていないディレクティブです。ディレクティブと値は無視されます。
 
 # CSP Errors:
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -2,31 +2,52 @@
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the blocked mixed content resource
 # Mixed Content Blocker
 BlockMixedDisplayContent		=混在表示コンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
 BlockMixedActiveContent			=混在アクティブコンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
 
 # CORS
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Access-Control-Allow-Origin", Access-Control-Allow-Credentials, Access-Control-Allow-Methods, Access-Control-Allow-Headers
 CORSDisabled=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS が無効)。
-CORSRequestFailed=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS 要求に失敗した)。
 CORSRequestNotHttp=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS 要求が http でない)。
 CORSMissingAllowOrigin=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Origin' が足りない)。
 CORSAllowOriginNotMatchingOrigin=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Origin' が '%2$S' と異なる)。
 CORSMethodNotFound=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Methods' にメソッドが見つからない)。
 CORSMissingAllowCredentials=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Credentials' は 'ture' であるべき)。
 CORSPreflightDidNotSucceed=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルが継承されていない)。
 CORSInvalidAllowMethod=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Methods' に不正なトークン '%2$S' が含まれる)。
 CORSInvalidAllowHeader=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Headers' に不正なトークン '%2$S' が含まれる)。
 CORSMissingAllowHeaderFromPreflight=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルからの CORS ヘッダ 'Access-Control-Allow-Headers' にトークン '%2$S' が足りない)。
 
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security" or "HSTS"
-InvalidSTSHeaders			=サイトに無効な Strict-Transport-Security ヘッダが指定されています。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Public-Key-Pins or HPKP"
-InvalidPKPHeaders			=サイトに無効な Public-Key-Pins ヘッダが指定されています。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security", "HSTS", "max-age" or "includeSubDomains"
+STSUnknownError			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダの処理中に未知のエラーが発生しました。
+STSUntrustworthyConnection	=Strict-Transport-Security: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダは無視されました。
+STSCouldNotParseHeader		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダを正しく解析できませんでした。
+STSNoMaxAge			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに 'max-age' ディレクティブが含まれていません
+STSMultipleMaxAges		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の 'max-age' ディレクティブが含まれています。
+STSInvalidMaxAge		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な 'max-age' ディレクティブが含まれています。
+STSMultipleIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに複数の 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
+STSInvalidIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダに不正な 'includeSubDomains' ディレクティブが含まれています。
+STSCouldNotSaveState		=Strict-Transport-Security: サイトを Strict-Transport-Security ホストとして通知中にエラーが発生しました。
+
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Public-Key-Pins", "HPKP", "max-age" or "includeSubDomains"
+PKPUnknownError=Public-Key-Pins: An unknown error occurred processing the header specified by the site.
+PKPUntrustworthyConnection=Public-Key-Pins: The connection to the site is untrustworthy, so the specified header was ignored.
+PKPCouldNotParseHeader=Public-Key-Pins: The site specified a header that could not be parsed successfully.
+PKPNoMaxAge=Public-Key-Pins: The site specified a header that did not include a 'max-age' directive.
+PKPMultipleMaxAges=Public-Key-Pins: The site specified a header that included multiple 'max-age' directives.
+PKPInvalidMaxAge=Public-Key-Pins: The site specified a header that included an invalid 'max-age' directive.
+PKPMultipleIncludeSubdomains=Public-Key-Pins: The site specified a header that included multiple 'includeSubDomains' directives.
+PKPInvalidIncludeSubdomains=Public-Key-Pins: The site specified a header that included an invalid 'includeSubDomains' directive.
+PKPInvalidPin=Public-Key-Pins: The site specified a header that included an invalid pin.
+PKPMultipleReportURIs=Public-Key-Pins: The site specified a header that included multiple 'report-uri' directives.
+PKPPinsetDoesNotMatch=Public-Key-Pins: The site specified a header that did not include a matching pin.
+PKPNoBackupPin=Public-Key-Pins: The site specified a header that did not include a backup pin.
+PKPCouldNotSaveState=Public-Key-Pins: An error occurred noting the site as a Public-Key-Pins host.
+
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "SHA-1"
 SHA1Sig					=このサイトは SHA-1 証明書を利用しています。SHA-1 より強固なハッシュアルゴリズムを使用した証明書の利用をお勧めします。
 InsecurePasswordsPresentOnPage		=パスワードフィールドが安全でない (http://) ページ上にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecureFormActionPasswordsPresent	=パスワードフィールドが安全でない (http://) フォームアクションを持つフォーム要素内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecurePasswordsPresentOnIframe	=パスワードフィールドが安全でない (http://) iframe 内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the insecure mixed content resource
 LoadingMixedActiveContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在アクティブコンテンツ "%1$S" を読み込んでいます
 LoadingMixedDisplayContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ "%1$S" を読み込んでいます
--- a/security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/nsserrors.properties
@@ -314,8 +314,9 @@ SEC_ERROR_CERT_SIGNATURE_ALGORITHM_DISAB
 MOZILLA_PKIX_ERROR_KEY_PINNING_FAILURE=The server uses key pinning (HPKP) but no trusted certificate chain could be constructed that matches the pinset. Key pinning violations cannot be overridden.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_CA_CERT_USED_AS_END_ENTITY=The server uses a certificate with a basic constraints extension identifying it as a certificate authority. For a properly-issued certificate, this should not be the case.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_INADEQUATE_KEY_SIZE=The server presented a certificate with a key size that is too small to establish a secure connection.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_V1_CERT_USED_AS_CA=An X.509 version 1 certificate that is not a trust anchor was used to issue the server's certificate. X.509 version 1 certificates are deprecated and should not be used to sign other certificates.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_NOT_YET_VALID_CERTIFICATE=The server presented a certificate that is not yet valid.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_NOT_YET_VALID_ISSUER_CERTIFICATE=A certificate that is not yet valid was used to issue the server's certificate.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_SIGNATURE_ALGORITHM_MISMATCH=The signature algorithm in the signature field of the certificate does not match the algorithm in its signatureAlgorithm field.
 MOZILLA_PKIX_ERROR_OCSP_RESPONSE_FOR_CERT_MISSING=The OCSP response does not include a status for the certificate being verified.
+MOZILLA_PKIX_ERROR_VALIDITY_TOO_LONG=The server presented a certificate that is valid for too long.
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -64,17 +64,18 @@ pageInfo_Privacy_None3		= 表示中のページは暗号化されていません。
 # %1$S is the name of the encryption standard,
 # %2$S is the key size of the cipher.
 # %3$S is protocol version like "SSL 3" or "TLS 1.2"
 pageInfo_EncryptionWithBitsAndProtocol	= 接続が暗号化されています (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_BrokenEncryption	= 脆弱な暗号化 (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_Privacy_Encrypted1	= 表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
 pageInfo_Privacy_Encrypted2	= 暗号化によってコンピュータ間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性は低くなります。
 pageInfo_MixedContent		= 一部の接続だけが暗号化されています
-pageInfo_Privacy_Broken2	= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されてないか、充分な強度で暗号化されていません。
+pageInfo_MixedContent2		= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
+pageInfo_WeakCipher		= この Web サイトへの接続に使用されている暗号は強度が弱くプライベートではありません。他者があなたの情報を見たり Web サイトの動作を変更できます。
 
 #Cert Viewer
 certDetails			= 証明書ビューア:
 notPresent			= <証明書に記載されていません>
 
 #Token Manager
 password_not_set		= (設定なし)
 failed_pw_change		= マスターパスワードを変更できませんでした。