29.0: sync dom with en-US rev177276:d4bc4bcc55ae
authorABE Hiroki (hATrayflood)
Mon, 10 Mar 2014 18:45:04 +0900
changeset 1339 0eb824d1d4de4d0a893014e25db3bf8e26935d59
parent 1338 c5d146cbdd2b18c9bc4bd8dd9fde063f179c045b
child 1340 669235db7ded0946cabb7dc8134ef3ab2f4b654d
push id666
push useraxel@mozilla.com
push dateMon, 17 Mar 2014 22:04:47 +0000
bugs29
29.0: sync dom with en-US rev177276:d4bc4bcc55ae
dom/chrome/charsetTitles.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
dom/chrome/layout/printing.properties
dom/chrome/security/csp.properties
dom/chrome/security/security.properties
--- a/dom/chrome/charsetTitles.properties
+++ b/dom/chrome/charsetTitles.properties
@@ -80,24 +80,21 @@ x-user-defined.title	= ユーザ定義
 ibm866.title		= キリル文字/ロシア語 (CP-866)
 ibm850.title		= 西欧 (IBM-850)
 ibm852.title		= 中欧 (IBM-852)
 ibm855.title		= キリル文字 (IBM-855)
 ibm857.title		= トルコ語 (IBM-857)
 ibm862.title		= ヘブライ語 (IBM-862)
 gb18030.title		= 簡体字中国語 (GB18030)
 x-mac-arabic.title	= アラビア語 (MacArabic)
-x-iso-8859-6-8-x.title	= アラビア語 (Langbox ISO-8859-6.8x)
-x-iso-8859-6-16.title	= アラビア語 (Langbox ISO-8859-6.16)
 x-mac-farsi.title	= ペルシア語 (MacFarsi)
 x-mac-hebrew.title	= ヘブライ語 (MacHebrew)
 x-mac-devanagari.title	= ヒンディー語 (MacDevanagari)
 x-mac-gujarati.title	= グジャラート語 (MacGujarati)
 x-mac-gurmukhi.title	= グルムキー文字 (MacGurmukhi)
-x-sun-unicode-india-0.title= ヒンディー語 (SunDevanagari)
 
 
 chardet.off.title				= (解除)
 chardet.universal_charset_detector.title	= 全言語
 # (^^; 各地域別言語は chardet.* の * 部を引数として指定 http://lxr.mozilla.org/aviarybranch/source/intl/chardet/tests/DetectCharset.cpp#53
 chardet.ja_parallel_state_machine.title		= 日本語
 chardet.ko_parallel_state_machine.title		= 韓国語
 chardet.zhtw_parallel_state_machine.title	= 繁体字中国語
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -37,27 +37,27 @@ FormValidationPatternMismatchWithTitle = 入力された値がフィールドに指定された書式と異なります: %S
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationRangeOverflow): %S can be a number, a date or a time.
 FormValidationRangeOverflow	= %S 以下の値を選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationRangeUnderflow): %S can be a number, a date or a time.
 FormValidationRangeUnderflow	= %S 以上の値を選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatch): both %S can be a number, a date or a time.
 FormValidationStepMismatch	= 正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %1$S と %2$S です。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatchOneValue): %S can be a number, a date or a time. This is called instead of FormValidationStepMismatch when the second value is the same as the first.
 FormValidationStepMismatchOneValue	= 正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %S です。
+FormValidationBadInputNumber	= 数値を入力してください。
 # (^m^) 以下、Bug 661327 参照
 GetAttributeNodeWarning		= getAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに getAttribute() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeWarning		= setAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに setAttribute() メソッドを使用してください。
 GetAttributeNodeNSWarning	= getAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに getAttributeNS() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeNSWarning	= setAttributeNodeNS() の使用は推奨されません。代わりに setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 RemoveAttributeNodeWarning	= removeAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに removeAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeWarning		= document.createAttribute() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttribute() メソッドを使用してください。
 CreateAttributeNSWarning	= document.createAttributeNS() の使用は推奨されません。代わりに element.setAttributeNS() メソッドを使用してください。
 # (^m^) "attributes' specified attribute" 属性に指定されたプロパティ
 SpecifiedWarning		= 属性に指定されたプロパティの使用は推奨されません。常に true を返します。
-OwnerElementWarning		= 属性の ownerElement プロパティの使用は推奨されません。
 NodeValueWarning		= 属性の nodeValue プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 TextContentWarning		= 属性の textContent プロパティの使用は推奨されません。代わりに value プロパティを使用してください。
 EnablePrivilegeWarning		= enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
 nsIJSONDecodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.decode は推奨されません。代わりに JSON.parse を使用してください。
 nsIJSONEncodeDeprecatedWarning	= nsIJSON.encode は推奨されません。代わりに JSON.stringify を使用してください。
 nsIDOMWindowInternalWarning	= nsIDOMWindowInternal の使用は推奨されません。代わりに nsIDOMWindow を使用してください。
 InputEncodingWarning		= inputEncoding の使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MozBeforePaint" and "mozRequestAnimationFrame"
@@ -142,12 +142,10 @@ MozGetAsFileWarning		= 非標準の mozGetAsFile メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の toBlob メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "captureEvents()" or "addEventListener()"
 UseOfCaptureEventsWarning	= captureEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.addEventListener を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "releaseEvents()" or "removeEventListener()"
 UseOfReleaseEventsWarning	= releaseEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM:element.removeEventListener を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "document.load()" or "XMLHttpRequest"
 UseOfDOM3LoadMethodWarning	= document.load() の使用は推奨されません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XMLHttpRequest を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.showModalDialog()" or "window.open()" 
 ShowModalDialogWarning		= window.showModalDialog() の使用は推奨されません。代わりに window.open() を使用してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/Window.open を参照してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "cloneNode()"
-UnsafeCloneNodeWarning		= cloneNode() に真偽値の引数を指定しない場合、その動作がディープクローンからシャロークローンに変更されます。現在の動作を維持するには、明示的な真偽値の引数を渡してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "importNode()"
-UnsafeImportNodeWarning		= importNode() に真偽値の引数を指定しない場合、その動作がディープクローンからシャロークローンに変更されます。現在の動作を維持するには、明示的な真偽値の引数を渡してください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window._content" or "window.content"
+Window_ContentWarning		= window._content は推奨されません。代わりに window.content を使用してください。
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -25,17 +25,17 @@ PEGatherMediaEOF		= @import ルールまたは @media ルールのメディアリストの終わり
 PEGatherMediaNotComma		= メディアリスト中の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEGatherMediaNotIdent		= メディアリスト中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEGatherMediaReservedMediaType	= メディアタイプの検索時に予約キーワード '%1$S' が見つかりました。
 PEImportNotURI			= @import ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEImportBadURI			= @import ルール中の URI が不正です: '%1$S'
 PEImportUnexpected		= @import ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
 PEGroupRuleEOF2			= @media, @supports ルールまたは @-moz-document ルールの終わり
 PEGroupRuleNestedAtRule		= %1$S ルールは @media ルールまたは @-moz-document ルール内では使用できません。
-PEMozDocRuleBadFunc		= @-moz-document ルール中の url(), url-prefix(), domain() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
+PEMozDocRuleBadFunc2		= @-moz-document ルール中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
 PEMozDocRuleNotURI		= @-moz-document ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEMozDocRuleNotString		= @-moz-document ルール中の regexp() 関数であるべき文字列が '%1$S' になっています。
 PEMozDocRuleEOF			= 次は @-moz-document ルール中の URI
 PEAtNSPrefixEOF			= @namespace ルールの接頭辞
 PEAtNSURIEOF			= @namespace ルールの名前空間 URI
 PEAtNSUnexpected		= @namespace ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
 PEKeyframeNameEOF		= @keyframes ルールの名前。
 PEKeyframeBadName		= @keyframes ルール名の識別子がありません。
@@ -147,8 +147,19 @@ PESupportsConditionExpectedCloseParen	= @supports 規則の条件のパースで、')' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PESupportsConditionExpectedStart2	= @supports 規則の条件のパースで、'not' か '(' または関数であるべきところが '%1$S' になっています。
 PESupportsConditionExpectedNot		= @supports 規則の条件のパースで、'not' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PESupportsGroupRuleStart		= @supports 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEFilterEOF				= フィルタ
 PEExpectedNoneOrURL			= 'none' または URL であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEExpectedNoneOrURLOrFilterFunction	= 'none' または URL、フィルタ関数であるべきところが '%1$S' になっています。
 PEExpectedNonnegativeNP			= 負でない整数値またはパーセント指定にしてください。
 PEFilterFunctionArgumentsParsingError	= フィルタ関数の引数のパース中にエラーが発生しました。
+PEVariableEOF				= 変数
+PEVariableEmpty				= 変数であるべきところが、'%1$S' になっています。
+PEValueWithVariablesParsingError	= 変数を展開した値 '%1$S' のパース中にエラーが発生しました。
+PEValueWithVariablesFallbackInherit	= 'inherit' にフォールバックします。
+PEValueWithVariablesFallbackInitial	= 'initial' にフォールバックします。
+PEInvalidVariableReference		= プロパティに無効な変数への参照が含まれています。
+PEInvalidVariableTokenFallback		= 変数参照フォールバックのトップレベルで、無効なトークン '%1$S' が見つかりました。
+PEExpectedVariableNameEOF		= 変数名識別子
+PEExpectedVariableName			= 変数名識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
+PEExpectedVariableFallback		= ',' の次はフォールバック参照であるべきです。
+PEExpectedVariableCommaOrCloseParen	= 変数名の次は ',' または ')' であるべきところが '%1$S' になっています。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -10,16 +10,17 @@ EncLateMetaFrame		= フレーム内の HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。フレームなしで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 # (^^; 直訳したけど原文コピペミスしてる?
 EncLateMeta				= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaReload		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つからなかったため、ページが再読み込みされました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncLateMetaTooLate		= ドキュメントの文字エンコーディング宣言が見つかりましたが、ファイル冒頭でなかったため無視されました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 EncMetaUnsupported		= HTML ドキュメントの meta タグにサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncProtocolUnsupported	= 転送プロトコル中でサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
 EncBomlessUtf16			= バイトオーダーマークも転送プロトコルレベルの文字エンコーディング宣言もなく、UTF-16 でエンコードされているが基本的なラテン文字だけのテキストが検出されました。このコンテンツを UTF-16 でエンコーディングするのは非効率的ですし、文字エンコーディングは常に宣言すべきです。
 EncMetaUtf16			= meta タグで UTF-16 文字エンコーディングを宣言していますが、UTF-8 宣言として解釈されます。
+EncMetaUserDefined		= meta タグは x-user-defined のような文字エンコーディングの宣言に使用されていました。互換性のため意図的に古いフォントで表示するよう、windows-1252 として宣言したと解釈されました。このサイトは Unicode に移行すべきです。
 
 # The bulk of the messages below are derived from 
 # http://hg.mozilla.org/projects/htmlparser/file/1f633cef7de7/src/nu/validator/htmlparser/impl/ErrorReportingTokenizer.java
 # which is available under the MIT license.
 
 # Tokenizer errors
 errGarbageAfterLtSlash		= "</" の後にゴミが含まれています。
 errLtSlashGt				= "</>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、終了タグのタイプミスの可能性があります。
--- a/dom/chrome/layout/printing.properties
+++ b/dom/chrome/layout/printing.properties
@@ -53,9 +53,8 @@ PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE		= 使用可能なプリンタが見つかりません。
 PERR_GFX_PRINTER_NO_PRINTER_AVAILABLE_PP	= 使用可能なプリンタが見つからないため印刷プレビューを表示できません。
 PERR_GFX_PRINTER_NAME_NOT_FOUND			= 選択されたプリンタが見つかりません。
 PERR_GFX_PRINTER_COULD_NOT_OPEN_FILE		= 印刷の出力先ファイルを開けません。
 PERR_GFX_PRINTER_STARTDOC			= 印刷ジョブの開始処理中にエラーが発生しました。
 PERR_GFX_PRINTER_ENDDOC				= 印刷ジョブの終了処理中にエラーが発生しました。
 PERR_GFX_PRINTER_STARTPAGE			= 新しいページの印刷開始処理中にエラーが発生しました。
 PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY			= ドキュメントが読み込み中のため印刷できません。
 PERR_GFX_PRINTER_DOC_IS_BUSY_PP			= ドキュメントが読み込み中のため印刷プレビューを実行できません。
-PERR_GFX_PRINTER_NO_XUL				= XUL ドキュメントの印刷はサポートされていません。
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -21,23 +21,19 @@ errorWas			= error was: "%1$S"
 # %1$S is the report URI that could not be parsed
 couldNotParseReportURI		= couldn't parse report URI: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldNotProcessUnknownDirective):
 # %1$S is the unknown directive
 couldNotProcessUnknownDirective	= Couldn't process unknown directive '%1$S'
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringUnknownOption):
 # %1$S is the option that could not be understood
 ignoringUnknownOption		= Ignoring unknown option %1$S
-# LOCALIZATION NOTE (reportURInotETLDPlus1):
-# %1$S is the ETLD of the report URI that could not be used
-reportURInotETLDPlus1		= The report URI (%1$S) must be from the same eTLD+1.
-# LOCALIZATION NOTE (reportURInotSameSchemeAsSelf, reportURInotSamePortAsSelf):
-# %1$S is the report URI that could not be used
-reportURInotSameSchemeAsSelf	= The report URI (%1$S) must use the same scheme as the originating document.
-reportURInotSamePortAsSelf	= The report URI (%1$S) must use the same port as the originating document.
+# LOCALIZATION NOTE (reportURInotHttpsOrHttp2):
+# %1$S is the ETLD of the report URI that is not HTTP or HTTPS
+reportURInotHttpsOrHttp2 = The report URI (%1$S) should be an HTTP or HTTPS URI.
 # LOCALIZATION NOTE (pageCannotSendReportsTo):
 # %1$S is the URI of the page with the policy
 # %2$S is the report URI that could not be used
 pageCannotSendReportsTo		= page on %1$S cannot send reports to %2$S
 allowOrDefaultSrcRequired	= 'allow' or 'default-src' directive required but not present.  Reverting to "default-src 'none'"
 # LOCALIZATION NOTE (failedToParseUnrecognizedSource):
 # %1$S is the CSP Source that could not be parsed
 failedToParseUnrecognizedSource	= Failed to parse unrecognized source %1$S
@@ -52,16 +48,19 @@ allowDirectiveIsDeprecated	= allow direc
 # inline script refers to JavaScript code that is embedded into the HTML document.
 inlineScriptBlocked = An attempt to execute inline scripts has been blocked
 # LOCALIZATION NOTE (inlineStyleBlocked):
 # inline style refers to CSS code that is embedded into the HTML document.
 inlineStyleBlocked = An attempt to apply inline style sheets has been blocked
 # LOCALIZATION NOTE (scriptFromStringBlocked):
 # eval is a name and should not be localized.
 scriptFromStringBlocked = An attempt to call JavaScript from a string (by calling a function like eval) has been blocked
+# LOCALIZATION NOTE (hostNameMightBeKeyword):
+# %1$S is the hostname in question and %2$S is the keyword
+hostNameMightBeKeyword = Interpreting %1$S as a hostname, not a keyword. If you intended this to be a keyword, use '%2$S' (wrapped in single quotes).
 
 # CSP Errors:
 policyURINotAlone		= policy-uri directive can only appear alone
 noParentRequest = The policy-uri cannot be fetched without a parent request and a CSP.
 # LOCALIZATION NOTE (policyURIParseError):
 # %1$S is the URI that could not be parsed
 policyURIParseError		= could not parse URI in policy URI: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (nonMatchingHost):
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -5,15 +5,19 @@ BlockMixedDisplayContent	=混在表示コンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
 BlockMixedActiveContent		=混在アクティブコンテンツ "%1$S" の読み込みをブロックしました
 
 # CSP
 ReportOnlyCSPIgnored		=レポートのみの CSP ポリシーは、他のレポートのみでない CSP ポリシーが適用されているため無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Security-Policy", "X-Content-Security-Policy-Report-Only",  "Content-Security-Policy" or "Content-Security-Policy-Report-Only"
 OldCSPHeaderDeprecated		=X-Content-Security-Policy ヘッダと X-Content-Security-Report-Only ヘッダは推奨されなくなります。代わりに CSP 仕様に準拠した構文の Content-Security-Policy ヘッダと Content-Security-Report-Only ヘッダを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Security-Policy/Report-Only" or "Content-Security-Policy/Report-Only"
 BothCSPHeadersPresent		=サイトに X-Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダと Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダの両方が指定されています。X-Content-Security-Policy/Report-Only ヘッダは無視されます。
+
+# CORS
+CrossSiteRequestBlocked=クロスオリジンリクエストをブロック: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みを拒否します。リソースを同一ドメインに移動するか、CORS を有効にすると解決できます。
+
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security" or "HSTS"
 InvalidSTSHeaders		=サイトに無効な Strict-Transport-Security ヘッダが指定されています。
 InsecurePasswordsPresentOnPage		=パスワードフィールドが安全でない (http://) ページ上にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecureFormActionPasswordsPresent	=パスワードフィールドが安全でない (http://) フォームアクションを持つフォーム要素内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecurePasswordsPresentOnIframe	=パスワードフィールドが安全でない (http://) iframe 内にあり、ユーザのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 LoadingMixedActiveContent	=安全なページ  "%1$S" 上で (安全でない) 混在アクティブコンテンツを読み込んでいます
 LoadingMixedDisplayContent	=安全なページ  "%1$S" 上で (安全でない) 混在表示コンテンツを読み込んでいます