suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 03 Jan 2017 22:26:18 +0900
changeset 2253 9d357fe824a893627177c9426f89f6831d6c8126
parent 2218 987c5045d6be0d3ef2dd2150c0d821e57295b886
child 2273 3ba5611ca18dd84c7e859a6b77b786ed0517fee0
permissions -rw-r--r--
52.0: sync suite with en-US rev23730:de155f344653

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

#
# The following are used by the Account Wizard
#
enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダが新しいサーバーにあるか確認してください。
# LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリ設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
localDirectoryRestart		=再起動
userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリを選択してください。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryNotAllowed): %1$S is path to folder
localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリを選択してください。
# if the user chooses to cancel the wizard when no accounts are there throw a message
# LOCALIZATION NOTE (cancelWizard)
# do not localize "\n\n"
cancelWizard			=アカウントウィザードを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
accountWizard			=アカウントウィザード
WizardExit			=終了
WizardContinue			=キャンセル
# when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
enterValidServerName		=正しいサーバー名を入力してください。
failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
accountName			=%1$S - %2$S

# LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダ (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
# (^^; en-US: Defer Account?
confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?

directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリの親ディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリ設定で指定されたディレクトリのサブディレクトリはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリを選択してください。
#Provide default example values for sample email address
exampleEmailUserName		=user
exampleEmailDomain		=example.jp
emailFieldText			=メールアドレス:
#LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
#LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)

# account manager stuff
prefPanel-server		=サーバー設定
prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダ
prefPanel-synchronization	=同期とディスク領域
prefPanel-diskspace		=ディスク領域
prefPanel-addressing		=編集とアドレス入力
prefPanel-junk			=迷惑メール
## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
prefPanel-smtp			=送信 (SMTP) サーバー

# account manager multiple identity support
#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S
identity-list-title		=%1$S の差出人情報

identityDialogTitleAdd		=新しい差出人情報
## LOCALIZATION NOTE (identityDialogTitleEdit): %S is the identity name
identityDialogTitleEdit		=%S の編集

identity-edit-req		=正しいメールアドレスを入力してください。
identity-edit-req-title		=差出人情報を作成できませんでした

## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm): %S is the identity name
# and should be put on a new line. The new line is produced with the "\n" string.
identity-delete-confirm		=この差出人情報を削除してもよろしいですか?\n%S
## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm-title): %S is the account name
identity-delete-confirm-title	=差出人情報の削除: %S
identity-delete-confirm-button	=削除

choosefile			=ファイルを選択

forAccount			="%S" アカウントの設定です。

removeFromServerTitle		=メッセージの自動完全削除の確認
removeFromServer		=この設定は古いメッセージをリモートサーバーとローカルストレージの両方から完全に削除します。設定してもよろしいですか?