dom/chrome/layout/css.properties
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 16 Sep 2012 20:48:52 +0900
changeset 798 6e4ec639f5294a890082d49a41a5e24268848988
parent 484 b95c721d0b092c720076bc7bf90250e844d697e5
child 833 d3f72f415d33d647952a70114fdaced5f19ca6ef
permissions -rw-r--r--
upgrade license to MPL2

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

MimeNotCss	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっているため、スタイルシート %1$S は読み込まれていません。
MimeNotCssWarn	= MIME タイプが "text/css" ではなく "%2$S" となっていますが、スタイルシート %1$S は CSSとして読み込まれました。

# (^^; 以下すべて ParseError メッセージとして http://lxr.mozilla.org/mozilla/source/layout/style/nsCSSParser.cpp で使用
# *EOF は nsCSSScanner::ReportUnexpectedEOF() の引数 aLookingFor として使用され PEUnexpEOF の %1$S の置き換えに使用される...
# http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSScanner.cpp#377
# style rule := selector { declaration }
PEUnexpEOF2			= %1$Sを検索中にファイル終端に達してしまいました。
PEParseRuleWSOnly		= 空白だけの文字列がパース対象ルールに指定されています。
PEDeclDropped			= このスタイル宣言は無視されました。
PEDeclSkipped			= これを無視して次のスタイル宣言を処理します。
PEUnknownProperty		= 不明なプロパティ '%1$S' が使用されています。
PEValueParsingError		= '%1$S' の値をパース中にエラーが発生しました。
PEExpectEndValue		= 値が終わらずに末尾に '%1$S' が続いています。
PESkipAtRuleEOF			= 無視される @ルール部の終わり
PEUnknownAtRule			= @ルール '%1$S' を識別できないか、パースエラーが発生しました
PECharsetRuleEOF		= @charset ルールの文字エンコーディング名
PECharsetRuleNotString		= 文字エンコーディング名であるべきところが '%1$S' になっています。
PEGatherMediaEOF		= @import ルールまたは @media ルールのメディアリストの終わり
PEGatherMediaNotComma		= メディアリスト中の ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEGatherMediaNotIdent		= メディアリスト中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
PEImportNotURI			= @import ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
PEImportBadURI			= @import ルール中の URI が不正です: '%1$S'
PEImportUnexpected		= @import ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
PEGroupRuleEOF			= @media ルールまたは @-moz-document ルールの終わり
PEGroupRuleNestedAtRule		= %1$S ルールは @media ルールまたは @-moz-document ルール内では使用できません。
PEMozDocRuleBadFunc		= @-moz-document ルール中の url(), url-prefix(), domain() いずれかであるべきところが '%1$S' になっています。
PEMozDocRuleNotURI		= @-moz-document ルール中の URI であるべきところが '%1$S' になっています。
PEMozDocRuleNotString		= @-moz-document ルール中の regexp() 関数であるべき文字列が '%1$S' になっています。
PEMozDocRuleEOF			= 次は @-moz-document ルール中の URI
PEAtNSPrefixEOF			= @namespace ルールの接頭辞
PEAtNSURIEOF			= @namespace ルールの名前空間 URI
PEAtNSUnexpected		= @namespace ルール中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
PEKeyframeNameEOF		= @keyframes ルールの名前。
PEKeyframeBadName		= @keyframes ルール名の識別子がありません。
PEKeyframeBrace			= @keyframes ルールを開く '{' がありません。
PESkipDeclBraceEOF		= 宣言ブロックを閉じる '}'\ 
PESkipRSBraceEOF		= 不正なルールセットを閉じる '}'\ 
PEBadSelectorRSIgnored		= セレクタが不正であるため、ルールセットは無視されました。
PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored= 識別子が不正であるため、ルールセットは無視されました。
PESelectorListExtraEOF		= ',' または '{'\ 
PESelectorListExtra		= ',' または '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
PESelectorGroupNoSelector	= 正しいセレクタではありません。
PESelectorGroupExtraCombinator	= セレクタ結合子が連続しています。
# (^^; foo > + bar とかいった状況だと思う http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSParser.cpp#1926
PEClassSelEOF			= クラス名
PEClassSelNotIdent		= クラスセレクタの識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
PETypeSelEOF			= 要素名
PETypeSelNotType		= 要素名または '*' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEUnknownNamespacePrefix	= 不明な名前空間接頭辞 '%1$S' が使われています。
PEAttributeNameEOF		= 属性名
PEAttributeNameExpected		= 属性の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
PEAttributeNameOrNamespaceExpected= 属性名または名前空間であるべきところが '%1$S' になっています。
PEAttSelNoBar			= '|' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEAttSelInnerEOF		= 属性セレクタの一部
PEAttSelUnexpected		= 属性セレクタ中に不正なトークン '%1$S' が含まれています。
PEAttSelValueEOF		= 属性値
PEAttSelCloseEOF		= 属性セレクタ終わりの ']'\ 
PEAttSelNoClose			= 属性セレクタ終わりの ']' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEAttSelBadValue		= 属性セレクタ中の識別子または値の文字列であるべきところが '%1$S' になっています。
PEPseudoSelEOF			= 擬似クラス名または擬似要素名
PEPseudoSelBadName		= 擬似クラスまたは擬似要素の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
PEPseudoSelNonFunc		= '%1$S' では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使われています。
# (^^; PEPseudoSelNonFunc は妖しい
PEPseudoSelNotPE		= 擬似要素であるべきところが '%1$S' になっています。
# (^^; 以下の否定擬似クラスについては http://www.w3.org/TR/2001/CR-css3-selectors-20011113/#negation 参照
PEPseudoSelDoubleNot		= 否定擬似クラスを否定することはできません: '%1$S'
PEPseudoSelPEInNot		= 擬似要素を否定することはできません: '%1$S'
PEPseudoSelNewStyleOnly		= この擬似要素は "::" 形式で書かれなければなりません: '%1$S'
PEPseudoSelTrailing		= セレクタ末尾に書かれるべきトークンが擬似要素に続けて書かれています: '%1$S'
PEPseudoSelMultiplePE		= 余分な擬似要素 '%1$S' があります。
PEPseudoSelUnknown		= 不明な擬似クラスまたは擬似要素 '%1$S' が使われています。
PENegationEOF			= 否定対象セレクタ
PENegationBadInner		= 否定擬似クラスの引数 '%1$S' は正しい単純セレクタではありません。
PENegationNoClose		= 否定擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
PENegationBadArg		= 否定擬似クラス '%1$S' の引数がありません。
PEPseudoClassArgEOF		= 擬似クラスの引数
PEPseudoClassArgNotIdent	= 擬似クラス中の識別子であるべきところが '%1$S' になっています。
PEPseudoClassArgNotNth		= 擬似クラスの引数の一部であるべきところが '%1$S' になっています。
PEPseudoClassNoClose		= 擬似クラス '%1$S' を閉じる ')' がありません。
PEPseudoClassNoArg		= 擬似クラス '%1$S' の引数がありません。
PESelectorEOF			= セレクタ
PEBadDeclBlockStart		= 宣言ブロックを開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorEOF			= 色名または RGB 値
PEColorNotColor			= 色であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorComponentEOF		= 色の RGB 値
PEExpectedPercent		= パーセント指定であるべきところが '%1$S' になっています。
PEExpectedInt			= 整数であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorBadRGBContents		= rgb() 指定中の数値またはパーセント指定であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorComponentBadTerm		= '%2$S' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorHueEOF			= 色相
PEExpectedComma			= ',' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEColorSaturationEOF		= 彩度
PEColorLightnessEOF		= 明度
PEColorOpacityEOF		= 色の透明度
PEExpectedNumber		= 数値であるべきところが '%1$S' になっています。
PEExpectedCloseParen		= ')' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEDeclEndEOF			= スタイル宣言終わりの ';' または '}'\ 
PEParseDeclarationNoColon	= ':' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEParseDeclarationDeclExpected	= スタイル宣言であるべきところが '%1$S' になっています。
PEEndOfDeclEOF			= スタイル宣言の終わり
PEImportantEOF			= important
PEExpectedImportant		= 'important' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEBadDeclEnd			= スタイル宣言終わりの ';' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEBadDeclOrRuleEnd2		= スタイル宣言終わりの ';' または '}' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEInaccessibleProperty2		= 内部的にのみ使われるプロパティには値を設定できません。
PECommentEOF			= コメント部の終わり
SEUnterminatedString		= 閉じられていない文字列があります: '%1$S'
PEFontDescExpected		= フォント記述子であるべきところが '%1$S' になっています。
PEUnknownFontDesc		= @font-face 規則中に不明な記述子 '%1$S' が使用されています。
# (^^; メディアクエリーまわりの用語は要再確認
PEMQExpectedExpressionStart	= メディアクエリー式を開始する '(' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEMQExpressionEOF		= メディアクエリー式の内容
PEMQExpectedFeatureName		= メディア特性名であるべきところが '%1$S' になっています。
PEMQExpectedFeatureNameEnd	= メディア特性名の後の ':' または ')' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEMQNoMinMaxWithoutValue	= メディア特性の min- または max- に値を指定する必要があります。
PEMQExpectedFeatureValue	= メディア特性に不正な値が指定されています。
PEBadFontBlockStart		= @font-face 規則を開始する '{' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEBadFontBlockEnd		= @font-face 規則を終了する '}' であるべきところが '%1$S' になっています。
PEAnonBoxNotAlone		= 匿名ボックスではありません。