56.0: sync dom with en-US rev371056:388d81ed93fa
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 28 Jul 2017 15:16:39 +0900
changeset 1996 3993badc6454c2d2bd36888fa933c9232a2afd8c
parent 1995 f0a95b12590a78a11e0690b0cd7a839fe8d4a446
child 1997 76807145688dbc27a22357805a5a7c89bc45df9a
push id902
push useraxel@mozilla.com
push dateWed, 02 Aug 2017 08:40:14 +0000
bugs56
56.0: sync dom with en-US rev371056:388d81ed93fa
dom/chrome/accessibility/mac/accessible.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
dom/chrome/security/security.properties
--- a/dom/chrome/accessibility/mac/accessible.properties
+++ b/dom/chrome/accessibility/mac/accessible.properties
@@ -1,52 +1,58 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-jump	= 移動
-press	= 押す
-check	= チェック
-uncheck	= チェックしない
-select	= 選択
-open	= 開く
-close	= 閉じる
-switch	= 切り替え
-click	= クリック
-collapse= 折りたたむ
-expand	= 展開する
-activate= 動作させる
-cycle   = 切り替え
+jump	=移動
+press	=押す
+check	=チェック
+uncheck	=チェックしない
+select	=選択
+open	=開く
+close	=閉じる
+switch	=切り替え
+click	=クリック
+collapse=折りたたむ
+expand	=展開する
+activate=動作させる
+cycle   =切り替え
 
 # Universal Access API support
 # (Mac Only)
 # The Role Description for AXWebArea (the web widget). Like in Safari.
-htmlContent	= HTML コンテント
+htmlContent	=HTML コンテント
 # The Role Description for the Tab button.
-tab		= タブ
+tab		=タブ
 # The Role Description for definition list dl, dt and dd
-term		= 用語
-definition	= 定義
+term		=用語
+definition	=定義
 # The Role Description for an input type="search" text field
-searchTextField = テキスト検索フィールド
+searchTextField	=テキスト検索フィールド
 # The Role Description for WAI-ARIA Landmarks
-application	= アプリケーション
-search		= 検索
-banner		= バナー
-navigation	= ナビゲーション
-complementary	= 補完コンテント
-content		= コンテント
-main		= メイン
+application	=アプリケーション
+search		=検索
+banner		=バナー
+navigation	=ナビゲーション
+complementary	=補完コンテント
+content		=コンテント
+main		=メイン
 # The (spoken) role description for various WAI-ARIA roles
-alert		= 警告
-alertDialog	= 警告ダイアログ
-article		= 記事
-document	= 文書
-log		= ログ
-marquee		= マーキー
-math		= 数式
-note		= 注釈
-region		= 領域
-status		= アプリケーション状態
-timer		= タイマー
-tooltip		= ツールチップ
-separator	= 区切り
-tabPanel	= タブパネル
+alert		=警告
+alertDialog	=警告ダイアログ
+article		=記事
+document	=文書
+# The (spoken) role description for the WAI-ARIA figure role
+# https://w3c.github.io/aria/core-aam/core-aam.html#role-map-figure
+figure		=図
+# The (spoken) role description for the WAI-ARIA heading role
+# https://w3c.github.io/aria/core-aam/core-aam.html#role-map-heading
+heading		=見出し
+log		=ログ
+marquee		=マーキー
+math		=数式
+note		=注釈
+region		=領域
+status		=アプリケーション状態
+timer		=タイマー
+tooltip		=ツールチップ
+separator	=区切り
+tabPanel	=タブパネル
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -27,33 +27,30 @@ EditorFileDropFailed		=contenteditable 要素へのファイルのドロップに失敗しました: %S
 # (^m^) FormValidation* は Bug 598529 を参照
 FormValidationTextTooLong		=テキストを %1$S 文字以下に短くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationTextTooShort		=少なくとも %1$S 文字以上に長くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationValueMissing		=このフィールドは入力必須です。
 FormValidationCheckboxMissing		=チェックボックスにチェックを入れてください。
 FormValidationRadioMissing		=いずれかのオプションを選択してください。
 FormValidationFileMissing		=ファイルを選択してください。
 FormValidationSelectMissing		=リストから項目を選択してください。
-FormValidationInvalidEmail		=メールアドレスが正しくありません。
-FormValidationInvalidURL		=URL が正しくありません。
+FormValidationInvalidEmail		=メールアドレスを入力してください。
+FormValidationInvalidURL		=URL を入力してください。
+FormValidationInvalidDate		=正しい日付を入力してください。
 FormValidationPatternMismatch		=入力された値がフィールドに指定された書式と異なります。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationPatternMismatchWithTitle): %S is the (possibly truncated) title attribute value.
 FormValidationPatternMismatchWithTitle	=入力された値がフィールドに指定された書式と異なります: %S
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationNumberRangeOverflow): %S is a number.
 FormValidationNumberRangeOverflow	=%S 以下の値を選択してください。
-# LOCALIZATION NOTE (FormValidationDateRangeOverflow): %S is a date.
-FormValidationDateRangeOverflow		=%S 以前の日付を選択してください。
-# LOCALIZATION NOTE (FormValidationTimeRangeOverflow): %S is a time.
-FormValidationTimeRangeOverflow		=%S 以前の時刻を選択してください。
+# LOCALIZATION NOTE (FormValidationDateTimeRangeOverflow): %S is a date or time.
+FormValidationDateTimeRangeOverflow	=%S 以前の日付または時刻を選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationNumberRangeUnderflow): %S is a number.
 FormValidationNumberRangeUnderflow	=%S 以上の値を選択してください。
-# LOCALIZATION NOTE (FormValidationDateRangeUnderflow): %S is a date.
-FormValidationDateRangeUnderflow	=%S 以後の日付を選択してください。
-# LOCALIZATION NOTE (FormValidationTimeRangeUnderflow): %S is a time.
-FormValidationTimeRangeUnderflow	=%S 以後の時刻を選択してください。
+# LOCALIZATION NOTE (FormValidationDateTimeRangeUnderflow): %S is a date or time.
+FormValidationDateTimeRangeUnderflow	=%S 以後の日付または時刻を選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatch): both %S can be a number, a date or a time.
 FormValidationStepMismatch		=正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %1$S と %2$S です。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatchOneValue): %S can be a number, a date or a time. This is called instead of FormValidationStepMismatch when the second value is the same as the first.
 FormValidationStepMismatchOneValue	=正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %S です。
 FormValidationBadInputNumber		=数値を入力してください。
 # (^m^) 以下、Bug 661327 参照
 GetAttributeNodeWarning		=getAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに getAttribute() メソッドを使用してください。
 SetAttributeNodeWarning		=setAttributeNode() の使用は推奨されません。代わりに setAttribute() メソッドを使用してください。
@@ -188,18 +185,18 @@ UseOfReleaseEventsWarning		=releaseEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/removeEventListener を参照してください。
 UseOfDOM3LoadMethodWarning		=document.load() の使用は推奨されません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/XMLHttpRequest を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.showModalDialog()" or "window.open()"
 ShowModalDialogWarning			=window.showModalDialog() の使用は推奨されません。代わりに window.open() を使用してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Window/open を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window._content" or "window.content"
 Window_ContentWarning			=window._content は推奨されません。代わりに window.content を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "XMLHttpRequest"
 SyncXMLHttpRequestWarning		=ユーザー体験に対して好ましくない影響があるため、メインスレッドでの同期 XMLHttpRequest は推奨されません。詳しくは http://xhr.spec.whatwg.org/ を参照してください。
 ImplicitMetaViewportTagFallback		=viewport が設定された meta タグがありません。将来のバージョンで予期せぬ挙動の変化を防ぐため、明示的に viewport を設定してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Mobile/Viewport_meta_tag を参照してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.controllers"
-Window_ControllersWarning		=window.controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.controllers/Controllers"
+Window_ControllersWarning		=window.controllers/Controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
 ImportXULIntoContentWarning		=XUL ノードのコンテンツドキュメントへの読み込みは推奨されません。この関数は間もなく削除されます。
 XMLDocumentLoadPrincipalMismatch	=他のウインドウから開いたドキュメント上での document.load の使用は禁止されています。ウインドウ内に作成されたドキュメントのみ、呼び出しが許可されます。代わりに XMLHttpRequest の使用が推奨されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "IndexedDB".
 IndexedDBTransactionAbortNavigation	=未完了の IndexedDB トランザクションがページ遷移により中止されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate Will-change, %1$S,%2$S are numbers.
 IgnoringWillChangeOverBudgetWarning	=will-change のメモリー消費量が多すぎます。予約サイズの制限は document の表面領域の %1$S 倍の値です (%2$Spx)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 HittingMaxWorkersPerDomain2		=Worker をすぐに開始できませんでした。同一生成元の他のドキュメントがすでに worker の数を上限まで使用しています。Worker をキューに追加し、他の worker の完了後に開始します。
@@ -308,18 +305,16 @@ PushMessageBadCryptoError		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。暗号化については https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Push_API/Using_the_Push_API#Encryption を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the type of a DOM event. 'passive' is a literal parameter from the DOM spec.
 PreventDefaultFromPassiveListenerWarning	=‘%1$S’形式のイベントで ‘passive’ として登録されたリスナからの ‘preventDefault()’ の呼び出しを無視します。
 FileLastModifiedDateWarning		=File.lastModifiedDate は推奨されません。代わりに File.lastModified を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: 'ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap' and 'ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap' should not be translated
 ImageBitmapRenderingContext_TransferImageBitmap	=ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap を使用してください。
 ChromeScriptedDOMParserWithoutPrincipal	=対象なしの DOMParser の作成は推奨されません。
 IIRFilterChannelCountChangeWarning	=IIRFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
 BiquadFilterChannelCountChangeWarning	=BiquadFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
-# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the unanimatable paced property.
-UnanimatablePacedProperty		=Paced プロパティ ‘%1$S’はアニメーション可能プロパティではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".jpeg"
 GenericImageNameJPEG			=image.jpeg
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".gif"
 GenericImageNameGIF			=image.gif
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".png"
 GenericImageNamePNG			=image.png
 GenericFileName				=file
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
@@ -350,8 +345,10 @@ ScriptSourceEmpty			=<script> 要素の ‘%S’ 属性が空です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceInvalidUri			=<script> 要素の ‘%1$S’ 属性が正しい URI ではありません: “%2$S”。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceLoadFailed			=<script> のソース “%S” の読み込みに失敗しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceMalformed			=<script> のソース URI の書式が正しくありません: “%S”。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceNotAllowed			=この document では <script> のソース URI は許可されていません: “%S”。
+# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the invalid property value and %2$S is the property name.
+InvalidKeyframePropertyValue		=Keyframe のプロパティ値 “%1$S” は “%2$S” の構文として正しくありません。
--- a/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
+++ b/dom/chrome/layout/HtmlForm.properties
@@ -3,21 +3,16 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Reset			=リセット
 Submit			=送信
 Browse			=選択...
 FileUpload		=ファイルのアップロード
 DirectoryUpload		=アップロードするフォルダーの選択
 DirectoryPickerOkButtonLabel	=アップロード
-# LOCALIZATION NOTE (IsIndexPromptWithSpace): The last character of the string 
-# should be a space (U+0020) in most locales. The prompt is followed by an 
-# input field. The space needs be escaped in the property file to avoid 
-# trimming.
-IsIndexPromptWithSpace	=これは検索可能なインデックスです。検索キーワードを入力してください:\u0020
 ForgotPostWarning	=フォームは enctype=%S が指定されていますが、method=POST が指定されていません。enctype を使用せず method=GET で普通に送信されます。
 ForgotFileEnctypeWarning=フォームはファイル入力がありますが、method=POST と enctype=multipart/form-data が指定されていないので、ファイルは送信されません。
 # LOCALIZATION NOTE (DefaultFormSubject): %S will be replaced with brandShortName
 DefaultFormSubject	=%S から投稿されたフォーム
 CannotEncodeAllUnicode	=%S で送信されたフォームは、Unicode にエンコードできない文字が含まれているため、送信データが壊れている可能性があります。この問題を回避するには、UTF-8 でフォームが送信されるよう、ページ自体のエンコーディングを UTF-8 に変更するか、form 要素の属性に accept-charset=utf-8 を指定してください。
 AllSupportedTypes	=すべてのサポートされた種類
 # LOCALIZATION NOTE (NoFileSelected): this string is shown on a
 # <input type='file'> when there is no file selected yet.
@@ -29,18 +24,18 @@ NoFilesSelected		=ファイルが選択されていません。
 # <input type='file' directory/webkitdirectory> when there is no directory
 # selected yet.
 NoDirSelected		=ディレクトリーが選択されていません。
 # LOCALIZATION NOTE (XFilesSelected): this string is shown on a
 # <input type='file' multiple> when there are more than one selected file.
 # %S will be a number greater or equal to 2.
 XFilesSelected		=%S 個のファイルを選択しました。
 ColorPicker		=カラーの選択
-# LOCALIZATION NOTE (AndNMoreFiles): Semi-colon list of plural forms. 
-# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals 
+# LOCALIZATION NOTE (AndNMoreFiles): Semi-colon list of plural forms.
+# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # This string is shown at the end of the tooltip text for <input type='file'
 # multiple> when there are more than 21 files selected (when we will only list
 # the first 20, plus an "and X more" line). #1 represents the number of files
 # minus 20 and will always be a number equal to or greater than 2. So the
 # singular case will never be used.
 AndNMoreFiles		=他 #1 個
 # LOCALIZATION NOTE (DefaultSummary): this string is shown on a <details> when
 # it has no direct <summary> child. Google Chrome should already have this
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -104,17 +104,16 @@ PEColorEOF			=色名または RGB 値
 PEColorNotColor			=色であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorComponentEOF		=色の RGB 値
 PEExpectedPercent		=パーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedInt			=整数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedNumberOrAngle		=数値または角度であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedNumberOrPercent	=数値またはパーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorBadRGBContents		=rgb() 指定中の数値またはパーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorComponentBadTerm		=‘%2$S’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorHueEOF			=色相
 PEExpectedComma			=‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEColorSaturationEOF		=彩度
 PEColorLightnessEOF		=明度
 PEColorOpacityEOF		=色の透明度
 PEExpectedNumber		=数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEPositionEOF			=<position>
 PEExpectedPosition		=<position> であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedRadius		=radius であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -1,92 +1,92 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # Encoding warnings and errors
-EncNoDeclarationFrame	= フレーム内のドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。フレームなしで読み込む場合と表示が異なるかもしれません。
+EncNoDeclarationFrame	=フレーム内のドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。フレームなしで読み込む場合と表示が異なるかもしれません。
 EncNoDeclarationPlain	=プレーンテキストドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザーの設定によっては文字化けすることがあります。ファイルの文字エンコーディングは転送プロトコルで宣言されるか、文字エンコーディングを指定するバイトオーダーマークがファイルに使われている必要があります。
-EncNoDeclaration		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザーの設定によっては文字化けすることがあります。ページの文字エンコーディングはドキュメント中または転送プロトコルで宣言されなければなりません。
-EncLateMetaFrame		= フレーム内の HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。フレームなしで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
+EncNoDeclaration	=HTML ドキュメントの文字エンコーディングが宣言されていません。ドキュメントに US ASCII 外の文字が含まれている場合、ブラウザーの設定によっては文字化けすることがあります。ページの文字エンコーディングはドキュメント中または転送プロトコルで宣言されなければなりません。
+EncLateMetaFrame	=フレーム内の HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。フレームなしで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
 # (^^; 直訳したけど原文コピペミスしてる?
-EncLateMeta				= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザーで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
-EncLateMetaReload		= HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つからなかったため、ページが再読み込みされました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
-EncLateMetaTooLate		= ドキュメントの文字エンコーディング宣言が見つかりましたが、ファイル冒頭でなかったため無視されました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
-EncMetaUnsupported		= HTML ドキュメントの meta タグにサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
-EncProtocolUnsupported	= 転送プロトコル中でサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
-EncBomlessUtf16			= バイトオーダーマークも転送プロトコルレベルの文字エンコーディング宣言もなく、UTF-16 でエンコードされているが基本的なラテン文字だけのテキストが検出されました。このコンテンツを UTF-16 でエンコーディングするのは非効率的ですし、文字エンコーディングは常に宣言すべきです。
-EncMetaUtf16			= meta タグで UTF-16 文字エンコーディングを宣言していますが、UTF-8 宣言として解釈されます。
-EncMetaUserDefined		= meta タグは x-user-defined のような文字エンコーディングの宣言に使用されていました。互換性のため意図的に古いフォントで表示するよう、windows-1252 として宣言したと解釈されました。このサイトは Unicode に移行すべきです。
+EncLateMeta		=HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つかりませんでした。異なる設定のブラウザーで表示すると、自動的にページを再読み込みします。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
+EncLateMetaReload	=HTML ドキュメントの文字エンコーディングが、ファイル冒頭の 1024 バイトの事前スキャンでは見つからなかったため、ページが再読み込みされました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
+EncLateMetaTooLate	=ドキュメントの文字エンコーディング宣言が見つかりましたが、ファイル冒頭でなかったため無視されました。文字エンコーディングの宣言はファイル冒頭の 1024 バイト以内に含めてください。
+EncMetaUnsupported	=HTML ドキュメントの meta タグにサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
+EncProtocolUnsupported	=転送プロトコル中でサポートされていない文字エンコーディングが指定されています。文字エンコーディング宣言は無視されました。
+EncBomlessUtf16		=バイトオーダーマークも転送プロトコルレベルの文字エンコーディング宣言もなく、UTF-16 でエンコードされているが基本的なラテン文字だけのテキストが検出されました。このコンテンツを UTF-16 でエンコーディングするのは非効率的ですし、文字エンコーディングは常に宣言すべきです。
+EncMetaUtf16		=meta タグで UTF-16 文字エンコーディングを宣言していますが、UTF-8 宣言として解釈されます。
+EncMetaUserDefined	=meta タグは x-user-defined のような文字エンコーディングの宣言に使用されていました。互換性のため意図的に古いフォントで表示するよう、windows-1252 として宣言したと解釈されました。このサイトは Unicode に移行すべきです。
 
 # The bulk of the messages below are derived from
 # http://hg.mozilla.org/projects/htmlparser/file/1f633cef7de7/src/nu/validator/htmlparser/impl/ErrorReportingTokenizer.java
 # which is available under the MIT license.
 
 # Tokenizer errors
-errGarbageAfterLtSlash		= "</" の後にゴミが含まれています。
-errLtSlashGt				= "</>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、終了タグのタイプミスの可能性があります。
-errCharRefLacksSemicolon	= 文字参照がセミコロンで終了していません。
-errNoDigitsInNCR			= 数値文字参照に数字が含まれていません。
-errGtInSystemId				= システム識別子中に ">" が含まれています。
-errGtInPublicId				= 公開識別子に ">" が含まれています。
-errNamelessDoctype			= 文書型 (DOCTYPE) に名前がありません。
-errConsecutiveHyphens		= コメントの終端以外でコメント中に連続するハイフンが含まれています。"- -" などは構いませんが、コメント中で "--" の使用は禁止されています。
-errPrematureEndOfComment	= "-->" の前にコメントが終了しています。"-->" で適切にコメント終了させてください。
-errBogusComment				= タコなコメントが見つかりました。
-errUnquotedAttributeLt		= 引用符なしの属性値中に "<" が含まれています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
-errUnquotedAttributeGrave	= 引用符なしの属性値中に "`" が含まれています。引用符のつもりで違う文字を使っている可能性があります。
-errUnquotedAttributeQuote	= 引用符なしの属性値中に引用符が含まれています。複数の属性が一緒になってしまっているか、URL クエリー文字列が引用符なしの属性に含まれている可能性があります。
-errUnquotedAttributeEquals	= 引用符なしの属性値中に "=" が含まれています。複数の属性が一緒になってしまっているか、URL クエリー文字列が引用符なしの属性に含まれている可能性があります。
-errSlashNotFollowedByGt		= スラッシュの直後に ">" が続いていません。
-errNoSpaceBetweenAttributes	= 属性の間に空白がありません。
-errUnquotedAttributeStartLt	= 引用符なしの属性値が "<" で始まっています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
-errUnquotedAttributeStartGrave= 引用符なしの属性値が "`" で始まっています。引用符のつもりで違う文字を使っている可能性があります。
-errUnquotedAttributeStartEquals= 引用符なしの属性値が "=" で始まっています。誤って引用符を重複させてしまっている可能性があります。
-errAttributeValueMissing	= 属性値がありません。
-errBadCharBeforeAttributeNameLt	= 属性名であるべきところに "<" が見つかりました。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
-errEqualsSignBeforeAttributeName= 属性名であるべきところに "=" が見つかりました。属性名が抜け落ちている可能性があります。
-errBadCharAfterLt			= "<" の後に不正な文字が見つかりました。"<" を "&lt;" にエスケープし忘れている可能性があります。
-errLtGt						= "<>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、開始タグのタイプミスの可能性があります。
-errProcessingInstruction	= "<?" が見つかりました。XML 処理命令を HTML で使用しようとしている可能性があります。HTML では XML 処理命令はサポートされません。
-errUnescapedAmpersandInterpretedAsCharacterReference= "&" に続く文字は文字参照として解釈されます。"&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
-errNotSemicolonTerminated	= 文字実体参照がセミコロンで終了していません。あるいは "&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
-errNoNamedCharacterMatch	= "&" が実体参照の開始以外で使われています。"&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
-errQuoteBeforeAttributeName	= 属性名であるべきところに引用符が見つかりました。直前の "=" が抜け落ちている可能性があります。
-errLtInAttributeName		= 属性名中に "<" が含まれています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
-errQuoteInAttributeName		= 属性名中に引用符が含まれています。どこかそれ以前の引用符の対応関係が間違っている可能性があります。
-errExpectedPublicId			= 文書型宣言に公開識別子が指定されていません。
-errBogusDoctype				= タコな文書型宣言が見つかりました。
-maybeErrAttributesOnEndTag	= 終了タグに属性値が含まれています。
-maybeErrSlashInEndTag		= 終了タグの最後に "/" が見つかりました。
-errNcrNonCharacter			= 非文字に展開される文字参照が見つかりました。
-errNcrSurrogate				= サロゲートに展開される文字参照が見つかりました。
-errNcrControlChar			= 制御文字に展開される文字参照が見つかりました。
-errNcrCr					= 復帰改行文字に展開される数値文字参照が見つかりました。
-errNcrInC1Range				= C1 制御領域に展開される数値文字参照が見つかりました。
-errEofInPublicId			= 公開識別子がの前にファイル終端に達しました。
-errEofInComment				= コメントの途中でファイル終端に達しました。
-errEofInDoctype				= 文書型宣言の途中でファイル終端に達しました。
-errEofInAttributeValue		= 属性値の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errEofInAttributeName		= 属性名の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errEofWithoutGt				= タグが ">" で閉じられる前にファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errEofInTagName				= タグ名の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errEofInEndTag				= 終了タグの前にファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errEofAfterLt				= タグが "<" で開かれた後でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
-errNcrOutOfRange			= Unicode で許可されている範囲外の文字参照が見つかりました。
-errNcrUnassigned			= 文字が割り当てられないコードポイントに展開される文字参照が見つかりました。
-errDuplicateAttribute		= 属性が重複しています。
-errEofInSystemId			= システム識別子の途中でファイル終端に達しました。
-errExpectedSystemId			= 文書型宣言にシステム識別子が指定されていません。
-errMissingSpaceBeforeDoctypeName= 文書型名の前に空白がありません。
-errHyphenHyphenBang			= コメント中に "--!" が見つかりました。
-errNcrZero					= ゼロに展開される文字参照が見つかりました。
-errNoSpaceBetweenDoctypeSystemKeywordAndQuote= 文書型宣言の "SYSTEM" キーワードと引用符の間に空白がありません。
-errNoSpaceBetweenPublicAndSystemIds= 文書型宣言の公開識別子とシステム識別子の間に空白がありません。
-errNoSpaceBetweenDoctypePublicKeywordAndQuote= 文書型宣言の "PUBLIC" キーワードと引用符の間に空白がありません。
+errGarbageAfterLtSlash		="</" の後にゴミが含まれています。
+errLtSlashGt			="</>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、終了タグのタイプミスの可能性があります。
+errCharRefLacksSemicolon	=文字参照がセミコロンで終了していません。
+errNoDigitsInNCR		=数値文字参照に数字が含まれていません。
+errGtInSystemId			=システム識別子中に ">" が含まれています。
+errGtInPublicId			=公開識別子に ">" が含まれています。
+errNamelessDoctype		=文書型 (DOCTYPE) に名前がありません。
+errConsecutiveHyphens		=コメントの終端以外でコメント中に連続するハイフンが含まれています。"- -" などは構いませんが、コメント中で "--" の使用は禁止されています。
+errPrematureEndOfComment	="-->" の前にコメントが終了しています。"-->" で適切にコメント終了させてください。
+errBogusComment			=タコなコメントが見つかりました。
+errUnquotedAttributeLt		=引用符なしの属性値中に "<" が含まれています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
+errUnquotedAttributeGrave	=引用符なしの属性値中に "`" が含まれています。引用符のつもりで違う文字を使っている可能性があります。
+errUnquotedAttributeQuote	=引用符なしの属性値中に引用符が含まれています。複数の属性が一緒になってしまっているか、URL クエリー文字列が引用符なしの属性に含まれている可能性があります。
+errUnquotedAttributeEquals	=引用符なしの属性値中に "=" が含まれています。複数の属性が一緒になってしまっているか、URL クエリー文字列が引用符なしの属性に含まれている可能性があります。
+errSlashNotFollowedByGt		=スラッシュの直後に ">" が続いていません。
+errNoSpaceBetweenAttributes	=属性の間に空白がありません。
+errUnquotedAttributeStartLt	=引用符なしの属性値が "<" で始まっています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
+errUnquotedAttributeStartGrave	=引用符なしの属性値が "`" で始まっています。引用符のつもりで違う文字を使っている可能性があります。
+errUnquotedAttributeStartEquals	=引用符なしの属性値が "=" で始まっています。誤って引用符を重複させてしまっている可能性があります。
+errAttributeValueMissing	=属性値がありません。
+errBadCharBeforeAttributeNameLt	=属性名であるべきところに "<" が見つかりました。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
+errEqualsSignBeforeAttributeName=属性名であるべきところに "=" が見つかりました。属性名が抜け落ちている可能性があります。
+errBadCharAfterLt		="<" の後に不正な文字が見つかりました。"<" を "&lt;" にエスケープし忘れている可能性があります。
+errLtGt				="<>" が見つかりました。"<" を "&lt;" のようにエスケープできていないか、開始タグのタイプミスの可能性があります。
+errProcessingInstruction	="<?" が見つかりました。XML 処理命令を HTML で使用しようとしている可能性があります。HTML では XML 処理命令はサポートされません。
+errUnescapedAmpersandInterpretedAsCharacterReference	="&" に続く文字は文字参照として解釈されます。"&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
+errNotSemicolonTerminated	=文字実体参照がセミコロンで終了していません。あるいは "&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
+errNoNamedCharacterMatch	="&" が実体参照の開始以外で使われています。"&" を "&amp;" にエスケープし忘れてる可能性があります。
+errQuoteBeforeAttributeName	=属性名であるべきところに引用符が見つかりました。直前の "=" が抜け落ちている可能性があります。
+errLtInAttributeName		=属性名中に "<" が含まれています。直前の ">" が抜け落ちている可能性があります。
+errQuoteInAttributeName		=属性名中に引用符が含まれています。どこかそれ以前の引用符の対応関係が間違っている可能性があります。
+errExpectedPublicId		=文書型宣言に公開識別子が指定されていません。
+errBogusDoctype			=タコな文書型宣言が見つかりました。
+maybeErrAttributesOnEndTag	=終了タグに属性値が含まれています。
+maybeErrSlashInEndTag		=終了タグの最後に "/" が見つかりました。
+errNcrNonCharacter		=非文字に展開される文字参照が見つかりました。
+errNcrSurrogate			=サロゲートに展開される文字参照が見つかりました。
+errNcrControlChar		=制御文字に展開される文字参照が見つかりました。
+errNcrCr			=復帰改行文字に展開される数値文字参照が見つかりました。
+errNcrInC1Range			=C1 制御領域に展開される数値文字参照が見つかりました。
+errEofInPublicId		=公開識別子がの前にファイル終端に達しました。
+errEofInComment			=コメントの途中でファイル終端に達しました。
+errEofInDoctype			=文書型宣言の途中でファイル終端に達しました。
+errEofInAttributeValue		=属性値の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errEofInAttributeName		=属性名の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errEofWithoutGt			=タグが ">" で閉じられる前にファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errEofInTagName			=タグ名の途中でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errEofInEndTag			=終了タグの前にファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errEofAfterLt			=タグが "<" で開かれた後でファイル終端に達しました。タグは無視されます。
+errNcrOutOfRange		=Unicode で許可されている範囲外の文字参照が見つかりました。
+errNcrUnassigned		=文字が割り当てられないコードポイントに展開される文字参照が見つかりました。
+errDuplicateAttribute		=属性が重複しています。
+errEofInSystemId		=システム識別子の途中でファイル終端に達しました。
+errExpectedSystemId		=文書型宣言にシステム識別子が指定されていません。
+errMissingSpaceBeforeDoctypeName=文書型名の前に空白がありません。
+errHyphenHyphenBang		=コメント中に "--!" が見つかりました。
+errNcrZero			=ゼロに展開される文字参照が見つかりました。
+errNoSpaceBetweenDoctypeSystemKeywordAndQuote	= 文書型宣言の "SYSTEM" キーワードと引用符の間に空白がありません。
+errNoSpaceBetweenPublicAndSystemIds		= 文書型宣言の公開識別子とシステム識別子の間に空白がありません。
+errNoSpaceBetweenDoctypePublicKeywordAndQuote	= 文書型宣言の "PUBLIC" キーワードと引用符の間に空白がありません。
 
 ## (^^; 以下未訳
 # Tree builder errors
 errStrayStartTag2		=Stray start tag "%1$S".
 errStrayEndTag			=Stray end tag "%1$S".
 errUnclosedElements		=End tag "%1$S" seen, but there were open elements.
 errUnclosedElementsImplied	=End tag "%1$S" implied, but there were open elements.
 errUnclosedElementsCell		=A table cell was implicitly closed, but there were open elements.
@@ -101,17 +101,16 @@ errNonSpaceInColgroupInFragment	=Non-spa
 errNonSpaceInNoscriptInHead	=Non-space character inside "noscript" inside "head".
 errFooBetweenHeadAndBody	="%1$S" element between "head" and "body".
 errStartTagWithoutDoctype	=Start tag seen without seeing a doctype first. Expected "<!DOCTYPE html>".
 errNoSelectInTableScope		=No "select" in table scope.
 errStartSelectWhereEndSelectExpected	="select" start tag where end tag expected.
 errStartTagWithSelectOpen	="%1$S" start tag with "select" open.
 errBadStartTagInHead2		=Bad start tag "%1$S" in "head".
 errImage			=Saw a start tag "image".
-errIsindex			="isindex" seen.
 errFooSeenWhenFooOpen		=An "%1$S" start tag seen but an element of the same type was already open.
 errHeadingWhenHeadingOpen	=Heading cannot be a child of another heading.
 errFramesetStart		="frameset" start tag seen.
 errNoCellToClose		=No cell to close.
 errStartTagInTable		=Start tag "%1$S" seen in "table".
 errFormWhenFormOpen		=Saw a "form" start tag, but there was already an active "form" element. Nested forms are not allowed. Ignoring the tag.
 errTableSeenWhileTableOpen	=Start tag for "table" seen but the previous "table" is still open.
 errStartTagInTableBody		="%1$S" start tag in table body.
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -58,17 +58,17 @@ BothAllowScriptsAndSameOriginPresent	=iframe の sandbox 属性にサンドボックスを解除できる allow-scripts 属性と allow-same-origin 属性の両方が指定されています。
 
 # Sub-Resource Integrity
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "script" or "integrity". "%1$S" is the invalid token found in the attribute.
 MalformedIntegrityHash		=script 要素の integrity 属性に改ざんされたハッシュが含まれています: “%1$S”。正しい書式は “<ハッシュアルゴリズム>-<ハッシュ値>” です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 InvalidIntegrityLength		=integrity 属性に含まれているハッシュの長さが正しくありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 InvalidIntegrityBase64		=integrity 属性に含まれているハッシュをデコードできませんでした。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the type of hash algorigthm in use (e.g. "sha256").
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the type of hash algorithm in use (e.g. "sha256").
 IntegrityMismatch		=integrity 属性内の “%1$S” ハッシュが subresource のコンテンツと一致しません。
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the sub-resource that cannot be protected using SRI.
 IneligibleResource		=“%1$S” は CORS が有効ではなく同一生成元でもないため integrity チェックに適格ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the invalid hash algorithm found in the attribute.
 UnsupportedHashAlg		=integrity 属性に未サポートのハッシュアルゴリズムが指定されています: “%1$S”
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 NoValidMetadata			=integrity 属性に正しいメタデータが含まれていません。
 
@@ -77,8 +77,11 @@ WeakCipherSuiteWarning		=このサイトは非推奨の安全でない暗号方式の RC4 を使用しています。
 
 #XCTO: nosniff
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options: nosniff".
 MimeTypeMismatch		=MIME タイプの不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options" and also do not trasnlate "nosniff".
 XCTOHeaderValueMissing		=X-Content-Type-Options ヘッダー警告: 値は “%1$S” です。“nosniff” を送信することを意味しますか?
 
 BlockScriptWithWrongMimeType	=許可されていない MIME タイプにより “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
+
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "data: URI".
+BlockTopLevelDataURINavigation	=トップレベルの data: URI への移動は許可されていません (“%1$S” の読み込みをブロックしました)