browser/chrome/browser/preferences-old/preferences.properties
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 03 Sep 2017 19:03:40 +0900
changeset 2009 1cca7e5654d200dc8450078a4e02c8874f962c11
parent 2001 9d6b763591f189a6fdf02560eecfcdb178413bc9
permissions -rw-r--r--
56.0: sync browser with en-US rev421519:6670eb6643ba (mozilla-beta)

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

#### Security

# LOCALIZATION NOTE: phishBefore uses %S to represent the name of the provider
#                    whose privacy policy must be accepted (for enabling
#                    check-every-page-as-I-load-it phishing protection).
phishBeforeText			=このサービスを利用する場合、あなたが表示するウェブページのアドレスが %S に送信されます。このサービスを利用するには以下のサービス利用条項をよく読んで同意する必要があります。

#### Fonts

labelDefaultFont		=デフォルト (%S)

veryLargeMinimumFontTitle	=最小フォントサイズが大きすぎます
veryLargeMinimumFontWarning	=最小フォントサイズに 24 ピクセルを超える大きなサイズを選択しました。重要な設定ページの表示が困難、または不可能になる可能性があります。
acceptVeryLargeMinimumFont	=強制変更する

#### Permissions Manager

trackingprotectionpermissionstext2	=これらのウェブサイトでは、トラッキング保護を無効に設定しています。
trackingprotectionpermissionstitle	=例外 - トラッキング保護
cookiepermissionstext		=Cookie の使用を許可するかどうかウェブサイトごとに指定できます。個別に設定するサイトの正確なアドレスを入力して “不許可”、“現在のセッションのみ”、“許可” のいずれかをクリックしてください。
cookiepermissionstitle		=Cookie フィルター
addonspermissionstext		=アドオンのインストールを許可するウェブサイトを指定できます。許可するサイトの正確なアドレスを入力して “許可” をクリックしてください。
addons_permissions_title2	=許可サイト - アドオンのインストール
popuppermissionstext		=ポップアップウインドウを開くことを許可するウェブサイトを指定できます。許可するサイトの正確なアドレスを入力して “許可” をクリックしてください。
popuppermissionstitle2		=許可サイト - ポップアップ
notificationspermissionstext4	=ウェブサイトからの通知の送信の可否を設定します。設定からサイトを削除すると、通知の可否を再度確認するようになります。
notificationspermissionstitle	=通知設定
invalidURI			=有効なホスト名を入力してください
invalidURITitle			=無効なホスト名が入力されました
savedLoginsExceptions_title	=例外 - ログイン情報の保存
savedLoginsExceptions_desc2	=これらのウェブサイトのログイン情報は保存されません:

#### Block List Manager

blockliststext			=あなたのブラウジング履歴を追跡する要素をブロックするリストを選択できます。
blockliststitle			=ブロックリスト
# LOCALIZATION NOTE (mozNameTemplate): This template constructs the name of the
# block list in the block lists dialog. It combines the list name and
# description.
#   e.g. mozNameTemplate : "Standard (Recommended). This list does a pretty good job."
#   %1$S = list name (fooName), %2$S = list descriptive text (fooDesc)
mozNameTemplate			=%1$S %2$S
# LOCALIZATION NOTE (mozstdName, etc.): These labels appear in the tracking
# protection block lists dialog, mozNameTemplate is used to create the final
# string. Note that in the future these two strings (name, desc) could be
# displayed on two different lines.
mozstdName			=Disconnect.me 簡易ブロック (推奨)
mozstdDesc			=ウェブサイトが正常に機能するよう、一部のトラッカーを許可します。
mozfullName			=Disconnect.me 広範ブロック
mozfullDesc2			=既知のトラッカーをブロックします。一部のウェブサイトが機能しなくなる可能性があります。
# LOCALIZATION NOTE (blocklistChangeRequiresRestart): %S = brandShortName
blocklistChangeRequiresRestart	=ブロックリストを変更するため %S を再起動します。

#### Master Password

pw_change2empty_in_fips_mode	=現在 FIPS モードです。FIPS モードではマスターパスワードを空には設定できません。
pw_change_failed_title		=パスワードを変更できませんでした

#### Fonts

# LOCALIZATION NOTE: Next two strings are for language name representations with
#   and without the region.
#   e.g. languageRegionCodeFormat : "French/Canada  [fr-ca]" languageCodeFormat : "French  [fr]"
#   %1$S = language name, %2$S = region name, %3$S = language-region code
languageRegionCodeFormat	=%1$S/%2$S  [%3$S]
#   %1$S = language name, %2$S = language-region code
languageCodeFormat		=%1$S  [%2$S]

#### Downloads

desktopFolderName		=デスクトップ
downloadsFolderName		=ダウンロード
chooseDownloadFolderTitle	=ダウンロードフォルダーを選択:

#### Applications

fileEnding			=%S ファイル
saveFile			=ファイルを保存

# LOCALIZATION NOTE (useApp, useDefault): %S = Application name
useApp				=%S を使用
useDefault			=%S を使用 (標準設定)

useOtherApp			=他のアプリケーションを選択...
fpTitleChooseApp		=アプリケーションの選択
manageApp			=アプリケーションの管理...
webFeed				=ウェブフィード
videoPodcastFeed		=ビデオポッドキャスト
audioPodcastFeed		=ポッドキャスト
alwaysAsk			=毎回確認する
portableDocumentFormat		=PDF 文書 (PDF)

# LOCALIZATION NOTE (usePluginIn):
# %1$S = plugin name (for example "QuickTime Plugin-in 7.2")
# %2$S = brandShortName from brand.properties (for example "Minefield")
usePluginIn			=%S を使用 (%S 内で表示)

# LOCALIZATION NOTE (previewInApp, addLiveBookmarksInApp): %S = brandShortName
previewInApp			=%S でプレビュー表示
addLiveBookmarksInApp		=%S のライブブックマークに追加

# LOCALIZATION NOTE (typeDescriptionWithType):
# %1$S = type description (for example "Portable Document Format")
# %2$S = type (for example "application/pdf")
typeDescriptionWithType		=%S (%S)


#### Cookie Viewer

hostColon			=ホスト:
domainColon			=ドメイン:
forSecureOnly			=暗号化された通信のみ
forAnyConnection		=暗号化の有無によらず常に送信
expireAtEndOfSession		=セッション終了時
can				=許可
canAccessFirstParty		=ファーストパーティのみ
canSession			=現在のセッションのみ
cannot				=不許可
noCookieSelected		=<Cookie が選択されていません>
cookiesAll			=以下の Cookie が保存されています:
cookiesFiltered			=以下の Cookie が検索にマッチしました:

# LOCALIZATION NOTE (removeAllCookies, removeAllShownCookies):
# removeAllCookies and removeAllShownCookies are both used on the same one button,
# never displayed together and can share the same accesskey.
# When only partial cookies are shown as a result of keyword search,
# removeAllShownCookies is displayed as button label.
# removeAllCookies is displayed when no keyword search and all cookies are shown.
removeAllCookies.label		=すべて削除
removeAllCookies.accesskey	=A
removeAllShownCookies.label	=表示された Cookie をすべて削除
removeAllShownCookies.accesskey	=A

# LOCALIZATION NOTE (removeSelectedCookies):
# Semicolon-separated list of plural forms. See:
# http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
# If you need to display the number of selected elements in your language,
# you can use #1 in your localization as a placeholder for the number.
# For example this is the English string with numbers:   
# removeSelectedCookied=Remove #1 Selected;Remove #1 Selected
removeSelectedCookies.label	=選択された Cookie を削除
removeSelectedCookies.accesskey	=R

defaultUserContextLabel		=なし

#### Offline apps
offlineAppsList.height		=7em
offlineAppRemoveTitle		=オフライン作業用データの削除
offlineAppRemovePrompt		=このデータを削除すると %S をオフラインでは利用できなくなります。このウェブサイトをオフライン作業対象から外してもよろしいですか?
offlineAppRemoveConfirm		=データを削除

# LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the
# offline application
#   e.g. offlineAppUsage : "50.23 MB"
#   %1$S = size (in bytes or megabytes, ...)
#   %2$S = unit of measure (bytes, KB, MB, ...)
offlineAppUsage			=%1$S %2$S

offlinepermissionstext		=次のサイトではオフライン作業用データの保存は許可されていません:
offlinepermissionstitle		=オフラインデータ

####Preferences::Advanced::Network
#LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the web content cache.
#   e.g., "Your web content cache is currently using 200 MB"
#   %1$S = size
#   %2$S = unit (MB, KB, etc.)
actualDiskCacheSize		=ウェブページのキャッシュのディスク使用量は現在 %1$S %2$S です。
actualDiskCacheSizeCalculated	=ウェブページのディスクキャッシュ量を計算しています...

####Preferences::Advanced::Network
#LOCALIZATION NOTE: The next string is for the disk usage of the application cache.
#   e.g., "Your application cache is currently using 200 MB"
#   %1$S = size
#   %2$S = unit (MB, KB, etc.)
actualAppCacheSize		=アプリケーションキャッシュのディスク使用量は現在 %1$S %2$S です。

####Preferences::Advanced::Network
#LOCALIZATION NOTE: The next string is for the total usage of site data.
#   e.g., "The total usage is currently using 200 MB"
#   %1$S = size
#   %2$S = unit (MB, KB, etc.)
totalSiteDataSize		=保存されたサイトデータのディスク使用量は現在 %1$S %2$S です。
loadingSiteDataSize		=サイトデータのサイズを計算しています...
clearSiteDataPromptTitle	=すべての Cookie とサイトデータの消去
clearSiteDataPromptText		=‘今すぐ消去’ を選択すると Firefox に保存されたすべての Cookie とサイトデータが消去されます。ウェブサイトからログアウトし、オフライン作業用のウェブページが削除されます。
clearSiteDataNow		=今すぐ消去
persistent			=永続
siteUsage			=%1$S %2$S
acceptRemove			=削除
# LOCALIZATION NOTE (siteDataSettings2.description): %S = brandShortName
siteDataSettings2.description	=次のウェブサイトがコンピューターにサイトデータを格納しています。%S はユーザーが削除するまで永続ストレージでウェブサイトからのデータを保持します。空き領域が必要になると非永続ストレージではウェブサイトからのデータが削除されます。
# LOCALIZATION NOTE (removeAllSiteData, removeAllSiteDataShown):
# removeAllSiteData and removeAllSiteDataShown are both used on the same one button,
# never displayed together and can share the same accesskey.# When only partial sites are shown as a result of keyword search,
# removeAllShown is displayed as button label.
# removeAll is displayed when no keyword search and all sites are shown.
removeAllSiteData.label			=すべて削除
removeAllSiteData.accesskey		=e
removeAllSiteDataShown.label		=表示されたサイトデータをすべて削除
removeAllSiteDataShown.accesskey	=e
spaceAlert.learnMoreButton.label	=詳細情報
spaceAlert.learnMoreButton.accesskey	=L
spaceAlert.over5GB.prefButton.label	=設定を開く
spaceAlert.over5GB.prefButton.accesskey	=O
# LOCALIZATION NOTE (spaceAlert.over5GB.prefButtonWin.label): On Windows Preferences is called Options
spaceAlert.over5GB.prefButtonWin.label		=オプションを開く
spaceAlert.over5GB.prefButtonWin.accesskey	=O
# LOCALIZATION NOTE (spaceAlert.over5GB.message): %S = brandShortName
spaceAlert.over5GB.message		=%S を実行するためのディスク領域が足りません。ウェブサイトが正しく表示されない可能性があります。“設定” > “詳細” > “サイトデータ” から、保存されたサイトデータを削除してください。
# LOCALIZATION NOTE (spaceAlert.over5GB.messageWin):
# - On Windows Preferences is called Options
# - %S = brandShortName
spaceAlert.over5GB.messageWin		=%S を実行するためのディスク領域が足りません。ウェブサイトが正しく表示されない可能性があります。“オプション” > “詳細” > “サイトデータ” から、保存されたサイトデータを削除してください。
spaceAlert.under5GB.okButton.label	=OK
spaceAlert.under5GB.okButton.accesskey	=K
# LOCALIZATION NOTE (spaceAlert.under5GB.message): %S = brandShortName
spaceAlert.under5GB.message		=%S を実行するためのディスク領域が足りません。ウェブサイトが正しく表示されない可能性があります。快適なブラウジングのために、“詳細情報” のリンク先を読み、ディスク使用量を最適化してください。

# LOCALIZATION NOTE (featureEnableRequiresRestart, featureDisableRequiresRestart, restartTitle): %S = brandShortName
featureEnableRequiresRestart	=この機能を有効にするには、%S の再起動が必要です
featureDisableRequiresRestart	=この機能を無効にするには、%S の再起動が必要です
shouldRestartTitle		=%S を再起動
okToRestartButton		=%S を今すぐ再起動
revertNoRestartButton		=取り消し

restartNow			=今すぐ再起動
restartLater			=後で再起動

disableContainersAlertTitle	=すべてのコンテナータブを閉じますか?

# LOCALIZATION NOTE (disableContainersMsg): Semi-colon list of plural forms.
# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
# #S is the number of container tabs
disableContainersMsg		=コンテナータブを無効にすると、#S 個のコンテナータブが閉じられます。コンテナータブを無効にしますか?

# LOCALIZATION NOTE (disableContainersOkButton): Semi-colon list of plural forms.
# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
# #S is the number of container tabs
disableContainersOkButton	=#S 個のコンテナータブを閉じる

disableContainersButton2	=このままにする


removeContainerAlertTitle	=このコンテナーを削除しますか?

# LOCALIZATION NOTE (removeContainerMsg): Semi-colon list of plural forms.
# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
# #S is the number of container tabs
removeContainerMsg		=このコンテナーを削除すると #S 個のコンテナータブが閉じられます。このコンテナーを削除してもよろしいですか?

removeContainerOkButton		=このコンテナーを削除する
removeContainerButton2		=削除しない


# LOCALIZATION NOTE %S is the default value of the `dom.ipc.processCount` pref.
defaultContentProcessCount	=%S (デフォルト)