sync dom and security with en-US rev53657:484bd866905e
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 12 Sep 2010 23:25:11 +0900
changeset 57 a96155e2f7bfba5a869304c65a390e12f2081086
parent 56 c436fd6e337b70bf2e261121d25f41d103caf880
child 62 3dc59b57cdf27935514d4ae0cc2c981b1ddfc3f1
push id1
push userroot
push dateWed, 13 Apr 2011 19:48:56 +0000
sync dom and security with en-US rev53657:484bd866905e
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/netErrorApp.dtd
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -62,8 +62,19 @@ UseOfPreventCaptureWarning	= イベント=%S, preventCapture() の使用は推奨されていません。代わりに W3C 標準の stopPropagation() を使ってください。
 UseOfDOM3LoadMethodWarning	= Document.load() の使用は推奨されていません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/XMLHttpRequest を参照してください。
 UnexpectedCanvasVariantStyle	= canvas: strokeStyle または fillStyle に文字列、CanvasGradient あるいは CanvasPattern 以外の値を設定することはできません。
 EmptyGetElementByIdParam	= getElementById() に空文字列が渡されました。
 LowMemoryTitle			= 警告: メモリ不足
 LowMemoryMessage		= メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。
 WrongEventPropertyAccessWarning	= %2$S イベントでは %1$S プロパティの値には意味がないため使用すべきではありません。
 SpeculationFailed		= 不平衡なツリーが document.write() を使用して書き込まれたため、ネットワークからのデータが再度パースされます。詳しくは https://developer.mozilla.org/en/Optimizing_Your_Pages_for_Speculative_Parsing を参照してください。
 DocumentWriteIgnored		= 非同期で読み込まれた外部スクリプトからの document.write() の呼び出しは無視されました。
+ElementSuffersFromBeingTooLong	= テキストが長すぎます。%2$S 文字までのところ、%1$S 文字超過しています。
+TextElementSuffersFromBeingMissing		= このフィールドは入力必須です。
+CheckboxElementSuffersFromBeingMissing		= このチェックボックスは必須です。いずれかにチェックを入れてください。
+RadioElementSuffersFromBeingMissing		= いずれかのオプションを選択してください。
+FileElementSuffersFromBeingMissing		= ファイルを選択してください。
+ElementSuffersFromInvalidEmail	= 入力されたメールアドレスが正しくありません。
+ElementSuffersFromInvalidURL	= 入力された URL が正しくありません。
+ElementSuffersFromPatternMismatch		= 入力された値がフィールドに指定された書式と異なります。
+ElementSuffersFromPatternMismatchWithTitle	= 入力された値がフィールドに指定された書式と異なります: %S
+UseOfDocumentWidthWarning	= 非標準の document.width が使用されました。代わりに、標準の document.body.clientWidth を使用してください。
+UseOfDocumentHeightWarning	= 非標準の document.height が使用されました。代わりに、標準の document.body.clientHeight を使用してください。
--- a/dom/chrome/netErrorApp.dtd
+++ b/dom/chrome/netErrorApp.dtd
@@ -1,9 +1,9 @@
 <!-- Error messages that are likely to be overridden by applications go in this
      file, all messages that likely don't need to tie into app-specific UI
      should go into netError.dtd -->
 
 <!ENTITY securityOverride.linkText		"例外として扱うこともできます...">
-<!ENTITY securityOverride.warningText		"
+<!ENTITY securityOverride.warningContent	"
 <p>インターネット接続環境を完全には信頼できない場合や、これまでこのサーバではこの警告が表示されなかった場合は、このサイトを例外として追加しないでください。</p>
 <p>どうしてもこのサイトを例外として追加したい場合は、暗号化の高度な設定で追加してください。</p>
 ">
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -61,29 +61,29 @@ issuerCertNotFound		= この認証局の証明書が見つかりませんでした。
 deleteSslCertConfirm3		= これらのサーバ証明書の例外を削除してもよろしいですか?
 deleteSslCertImpact3		= サーバ証明書の例外を削除すると、サーバのセキュリティを通常の手順で確認するようになり、各サーバに有効な証明書が求められます。
 deleteSslCertTitle3		= サーバ証明書の例外を削除
 
 deleteUserCertConfirm		= 本当にこの証明書を削除してもよろしいですか?
 deleteUserCertImpact		= あなたの証明書を削除すると、今後この証明書で個人認証ができなくなります。
 deleteUserCertTitle		= あなたの証明書を削除
 
-deleteCaCertConfirm2		= この認証局 (CA) の証明書を削除しようとしています。削除すると組み込まれた証明書のすべての信頼性が失われます。本当にこの認証局証明書を削除または信頼しなくてもよろしいですか?
-deleteCaCertImpactX2		= 認証局 (CA) の証明書を削除または信頼しない場合、その認証局により発行されたすべての証明書が信頼されなくなります。
+deleteCaCertConfirm2		= この認証局 (CA) の証明書を削除しようとしています。削除すると組み込まれた証明書のすべての信頼性が失われます。本当にこの認証局証明書を削除するか信頼しない設定にしてもよろしいですか?
+deleteCaCertImpactX2		= 認証局 (CA) の証明書を削除するか信頼しない場合、その認証局により発行されたすべての証明書が信頼されなくなります。
 deleteCaCertTitle2		= 認証局の証明書を削除または信頼しない
 
 deleteEmailCertConfirm		= 本当にこの人たちのメール証明書を削除してもよろしいですか?
 deleteEmailCertImpactDesc	= メール証明書を削除すると、その人たちにメールを暗号化して送信できなくなります。
 deleteEmailCertTitle		= メール証明書を削除
 
 deleteOrphanCertConfirm		= 本当にこれらの証明書を削除してもよろしいですか?
 deleteOrphanCertTitle		= 証明書を削除
 
 #PKCS#12 file dialogs
-chooseP12RestoreFileDialog	= 復元するファイル名
+chooseP12RestoreFileDialog2	= インポートする証明書ファイル
 chooseP12BackupFileDialog	= バックアップファイル名
 file_browse_PKCS12_spec		= PKCS12 のファイル
 
 #Preferences
 resetPreferences		= このボタンを押すと %S のセキュリティ設定がリセットされ初期設定に戻ります。
 
 #Cert verification
 certVerified			= この証明書は以下の用途に使用する証明書であると検証されました:
@@ -103,20 +103,24 @@ clientAuthMessage2		= 発行者: "%S"
 pageInfo_SiteNotVerified	= Web サイトの識別情報を検証できませんでした。
 pageInfo_WebSiteVerified	= Web サイトの識別情報が検証されました。
 pageInfo_Identity_Verified	= Web サイト %S は表示中のページの認証をサポートしています。このサイトの識別情報は %S によって検証されており、あなたはこの認証局によるサイト検証を信頼しています。
 pageInfo_ViewCertificate	= この Web サイトの識別情報を検証する証明書を表示します。
 pageInfo_NoEncryption		= 接続が暗号化されていません
 pageInfo_Privacy_None1		= Web サイト %S は表示中のページの暗号化をサポートしていません。
 pageInfo_Privacy_None2		= 暗号化せずにインターネットに送信された情報は他人に傍受される可能性があります。
 pageInfo_Privacy_None3		= 表示中のページは暗号化されていません。
-pageInfo_StrongEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %S、鍵長 %S bit (高強度の暗号化)
+# LOCALIZATION NOTE (pageInfo_StrongEncryptionWithBits): %1$S is the name of the encryption standard,
+# %2$S is the key size of the cipher.
+pageInfo_StrongEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %1$S、鍵長 %2$S bit (高強度の暗号化)
 pageInfo_Privacy_Strong1	= 表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
 pageInfo_Privacy_Strong2	= 暗号化によってコンピュータ間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性はとても低くなります。
-pageInfo_WeakEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %S、鍵長 %S bit (低強度の暗号化)
+# LOCALIZATION NOTE (pageInfo_WeakEncryptionWithBits): %1$S is the name of the encryption standard,
+# %2$S is the key size of the cipher.
+pageInfo_WeakEncryptionWithBits	= 接続が暗号化されています: %1$S、鍵長 %2$S bit (低強度の暗号化)
 pageInfo_Privacy_Weak1		= Web サイト %S は表示中のページで強度の低い暗号化を使用しています。
 pageInfo_Privacy_Weak2		= 暗号化の強度が低いと他人にのぞき見られる可能性があります。
 pageInfo_MixedContent		= 一部の接続だけが暗号化されています
 pageInfo_Privacy_Mixed1		= 表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
 
 #Cert Viewer
 certDetails			= 証明書ビューア:
 notPresent			= <証明書に記載されていません>