sync toolkit with en-US rev54941:13b0effff79d
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Wed, 06 Oct 2010 08:58:11 +0900
changeset 67 66dcb3f106062a02138958612aca81949f054a7c
parent 66 57aacb0cd9d5616a123c96985c25350e0dbe246c
child 68 e0908cd4e295da4dfe58d19ea058cddb6f440f63
push id1
push userroot
push dateWed, 13 Apr 2011 19:48:56 +0000
sync toolkit with en-US rev54941:13b0effff79d
toolkit/chrome/global/headsUpDisplay.properties
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
toolkit/crashreporter/crashreporter.ini
--- a/toolkit/chrome/global/headsUpDisplay.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/headsUpDisplay.properties
@@ -1,49 +1,50 @@
-typeError	= エラー: 
-typeWarning	= 警告: 
-typeNetwork	= ネットワーク: 
-typeException	= 例外:  
-typeCssParser	= CSS パーサ: 
-typeStrict	= 厳密な警告: 
-msgCategory	= カテゴリ: 
-errFile		= ソースファイル: %S
-errLine		= 行: %S
-errLineCol	= 行: %S, 列: %S
-errCode		= ソースコード:
-jsWorkspaceTitle= JavaScript ワークスペース
-btnHide		= 隠す
-btnPrefs	= 設定
-categoryPage	= ページ:
-categoryConsole	= コンソール:
-btnMutation	= DOM 変更
-tipMutation	= DOM 変更イベントを記録します
-btnPageNet	= ネットワーク
-tipPageNet	= ネットワークイベントを記録します
-btnPageCSS	= CSS 警告
-tipPageCSS	= CSS 警告を記録します
-btnPageJS	= 例外
-tipPageJS	= 例外を記録します
+typeError		= エラー: 
+typeWarning		= 警告: 
+typeNetwork		= ネットワーク: 
+typeException		= 例外: 
+typeCssParser		= CSS パーサ: 
+typeStrict		= 厳密な警告: 
+msgCategory		= カテゴリ: 
+errFile			= ソースファイル: %S
+errLine			= 行: %S
+errLineCol		= 行: %S, 列: %S
+errCode			= ソースコード:
+jsWorkspaceTitle	= JavaScript ワークスペース
+btnHide			= 隠す
+btnPrefs		= 設定
+categoryPage		= ページ:
+categoryConsole		= コンソール:
+btnMutation		= DOM 変更
+tipMutation		= DOM 変更イベントを記録します
+btnPageNet		= ネットワーク
+tipPageNet		= ネットワークイベントを記録します
+btnPageCSS		= CSS 警告
+tipPageCSS		= CSS 警告を記録します
+btnPageJS		= 例外
+tipPageJS		= 例外を記録します
 btnConsoleErrors	= エラー
 tipConsoleErrors	= console.error を記録します
 btnConsoleInfo		= メッセージ
 tipConsoleInfo		= console.info を記録します
 btnConsoleWarnings	= 警告
 tipConsoleWarnings	= console.warn を記録します
 btnConsoleLog		= ログ
 tipConsoleLog		= console.log を記録します
-btnGlobal	= グローバルメッセージ
-tipGlobal	= グローバルメッセージを記録します
-localConsole	= ローカルコンソール
-itemClear	= ログ消去
-stringFilter	= フィルタ
-close.button	= 閉じる
-close.accesskey	= C
-update.button	= 更新
-update.accesskey= U
+btnGlobal		= グローバルメッセージ
+tipGlobal		= グローバルメッセージを記録します
+localConsole		= ローカルコンソール
+clearConsoleCmd.label		= ログ消去
+clearConsoleCmd.accesskey	= e
+stringFilter		= フィルタ
+close.button		= 閉じる
+close.accesskey		= C
+update.button		= 更新
+update.accesskey	= U
 # LOCALIZATION NOTE FOR `jsPropertyTitle` AND `jsPropertyInspectTitle`:
 #
 # The "PropertyPanel" is used to display a JS object to the user.
 # If it is clear which object is being inspected (e.g., window, document object)
 # the title of the panel is based on the `jsPropertyInspectTitle` string.
 # If it isn't clear which object is being inspected, the `jsPropertyTitle` string
 # gets used. This can be the case when the user logs an object to the WebConsole
 # output using the console.log(aObjectToInspect) method.
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
@@ -86,16 +86,23 @@
 <!ENTITY cmd.contribute.accesskey		"C">
 <!ENTITY cmd.contribute.tooltip			"このアドオンの開発者に寄付します">
 
 <!ENTITY cmd.showReleaseNotes.label		"リリースノートを表示">
 <!ENTITY cmd.showReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを表示します">
 <!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.label		"リリースノートを隠す">
 <!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを隠します">
 
+<!-- discovery view -->
+<!-- LOCALIZATION NOTE (discover.title,discover.description,discover.footer):
+     Displayed in the center of the Get Add-ons view, see bug 601143 for mockups. -->
+<!ENTITY discover.title				"アドオンとは何ですか?">
+<!ENTITY discover.description			"アドオンは、あなたに合わせて Firefox に機能を追加したり Firefox のスタイルを変えたりするものです。各種のサイドバーや天気予報、テーマなどをインストールして、あなただけの Firefox に作り変えてみてください。">
+<!ENTITY discover.footer			"インターネットに接続されていれば、この画面で人気のアドオンを紹介します。ぜひ、お試しください。">
+
 <!-- detail view -->
 <!ENTITY detail.version.label			"バージョン">
 <!ENTITY detail.lastupdated.label		"更新日">
 <!ENTITY detail.creator.label			"開発者">
 <!ENTITY detail.homepage.label			"ホームページ">
 <!ENTITY detail.numberOfDownloads.label		"ダウンロード数">
 
 <!ENTITY detail.contributions.description	"このアドオンの開発者が開発を継続するための少額の寄付によるサポートを求めています。">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
@@ -91,13 +91,13 @@ disableAddonTooltip			= このアドオンを無効化します
 disableAddonRestartRequiredTooltip	= このアドオンを無効化します (再起動が必要)
 
 #LOCALIZATION NOTE (showAllSearchResults) #1 is the total number of search results
 showAllSearchResults			= #1 件の検索結果を表示
 
 #LOCALIZATION NOTE (addon.purchase.label) displayed on a button in the list
 # view, %S is the price of the add-on including currency symbol
 addon.purchase.label			= %S を支払う...
-addon.purchase.tooltip			= アドオンギャラリーを開いてこのアドオンの代金を購入します
+addon.purchase.tooltip			= アドオンギャラリーを開いてこのアドオンの代金を支払います
 #LOCALIZATION NOTE (cmd.purchaseAddon.label) displayed on a button in the detail
 # view, %S is the price of the add-on including currency symbol
 cmd.purchaseAddon.label			= %S を支払う...
 cmd.purchaseAddon.accesskey		= u
--- a/toolkit/crashreporter/crashreporter.ini
+++ b/toolkit/crashreporter/crashreporter.ini
@@ -11,28 +11,25 @@ CrashReporterTitle=クラッシュレポータ
 CrashReporterVendorTitle=%s クラッシュレポータ
 # LOCALIZATION NOTE (CrashReporterErrorText): %s is replaced with another string containing detailed information.
 CrashReporterErrorText=プログラムの動作に問題が発生し、不正終了してしまいました。\n\n今回の不正終了については残念ながらクラッシュレポートを送信できません。\n\n詳細: %s
 # LOCALIZATION NOTE (CrashReporterProductErrorText2): The first %s is replaced with the product name (i.e. "Firefox"), the second is replaced with another string containing detailed information.  These two substitutions can not be reordered!
 CrashReporterProductErrorText2=%s の動作に問題が発生し、不正終了してしまいました。\n\n今回の不正終了については残念ながらクラッシュレポートを送信できません。\n\n詳細: %s
 CrashReporterSorry=ご迷惑をおかけして申し訳ありません
 # LOCALIZATION NOTE (CrashReporterDescriptionText2): The %s is replaced with the product name.
 CrashReporterDescriptionText2=%s の動作に問題が発生し、不正終了してしまいました。\n\n問題の原因特定と解決のためにご協力いただける方は、クラッシュレポートの送信をお願いします。
-
 CrashReporterDefault=このプログラムは不正終了時にプログラムの開発元に問題を知らせるためのものです。直接単体で起動することはできません。
 Details=詳細...
 ViewReportTitle=レポートの内容
 CommentGrayText=コメントを記入できます (入力内容は公開されます)
 ExtraReportInfo=上記の他にプログラム不正終了時の状態についての技術情報がこのレポートに含まれます。
 # LOCALIZATION NOTE (CheckSendReport): The %s is replaced with the vendor name.
 CheckSendReport=問題を解決できるよう %s にレポートを送信する
-
 CheckIncludeURL=表示していたページのアドレスをレポートに含める
-
-CheckSendEmail=連絡先メールアドレスをレポートに含める
+CheckAllowEmail=このレポートについて %s からの問い合わせに応じる
 EmailGrayText=メールアドレスを入力してください
 ReportPreSubmit2=終了または再起動時にクラッシュレポートが送信されます。
 ReportDuringSubmit2=レポートを送信しています...
 ReportSubmitSuccess=レポートは正常に送信されました。
 ReportSubmitFailed=レポートの送信中に問題が発生しました。
 ReportResubmit=送信できなかったレポートを再送信しています...
 # LOCALIZATION NOTE (Quit2): The %s is replaced with the product name.
 Quit2=%s を終了