54.0: sync dom, security with en-US rev375932:e53f7f1785eb
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 15 Apr 2017 17:56:13 +0900
changeset 1047 1ec807515d4f85cd67bf743ecf7d97b81335424d
parent 1046 51f1c649841032e6e974bd326805592383690ade
child 1048 814f9dffdffe32bc81b3cde53725f2eff7ca4ae5
push id616
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSat, 15 Apr 2017 08:56:28 +0000
bugs54
54.0: sync dom, security with en-US rev375932:e53f7f1785eb
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/layout_errors.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -317,8 +317,15 @@ GenericFileName				=file
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationSuccess			=Large-Allocation ヘッダーにより、このページは新しいプロセスに読み込まれました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate GET.
 LargeAllocationNonGetRequest		=GET 要求によらずにページが読み込まれたため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate `window.opener`.
 LargeAllocationNotOnlyToplevelInTabGroup	=フレーム階層または window.opener を通じてこのブラウジングコンテキストへの参照を持つウィンドウが存在するため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationNonE10S			=document がプロセスから読み込まれていないため、Large-Allocation ヘッダーは無視されました。
+GeolocationInsecureRequestIsForbidden	=位置情報の要求は安全なコンテキスト内でしか満たすことができません。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name.
+LargeAllocationNonWin32			=このページは Large-Allocation ヘッダーが指定されているため新しいプロセスに読み込まれますが、Large-Allocation プロセスの生成は非 Win32 プラットフォームでは無効です。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate URL.createObjectURL(MediaStream).
+URLCreateObjectURL_MediaStream		=URL.createObjectURL(MediaStream) は推奨されません。間もなく削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate xml:base.
+XMLBaseAttributeWarning			=xml:base 属性の使用は推奨されません。間もなく削除されます。この属性は削除するようにしてください。
--- a/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
+++ b/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
@@ -6,19 +6,16 @@ ImageMapRectBoundsError			=<area shape="rect"> タグの coords 属性の値が “left,top,right,bottom” 形式になっていません。
 ImageMapCircleWrongNumberOfCoords	=<area shape="circle"> タグの coords 属性の値が “center-x,center-y,radius” 形式になっていません。
 ImageMapCircleNegativeRadius		=<area shape="circle"> タグの coords 属性の radius に負の値が指定されています。
 ImageMapPolyWrongNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性の値が “x1,y1,x2,y2 ...” 形式になっていません。
 ImageMapPolyOddNumberOfCoords		=<area shape="poly"> タグの coords 属性で最後の y 座標の値が指定されていません (正しい形式は “x1,y1,x2,y2 ...” です)。
 
 TablePartRelPosWarning			=テーブル列と列グループは相対的な位置に配置できます。この機能の効果が見られない場合、サイトは更新される必要があるでしょう。
 ScrollLinkedEffectFound2		=このサイトはスクロールに対して配置を固定する効果が使用されています。これは非同期パンで正しく動作しない可能性があります。詳細は https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Performance/ScrollLinkedEffects を参照し、関連するツールと機能の議論に参加してください。
 
-## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningContentTooSmall):
-## (%1$S, %2$S) is a pair of integer values of the frame size
-CompositorAnimationWarningContentTooSmall			=フレームサイズ (%1$S, %2$S) が (16, 16) より小さいため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 ## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningContentTooLarge2):
 ## (%1$S, %2$S) is a pair of integer values of the frame size
 ## (%3$S, %4$S) is a pair of integer values of a limit based on the viewport size
 ## (%5$S, %6$S) is a pair of integer values of an absolute limit
 CompositorAnimationWarningContentTooLarge2			=フレームサイズ (%1$S, %2$S) がビューポートに対して大きい ((%3$S, %4$S) より大きい) か、許容される最大値 (%5$S, %6$S) より大きいため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 ## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden):
 ## 'backface-visibility: hidden' is a CSS property, don't translate it.
 CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden	=このコンポジターでは ‘backface-visibility: hidden’ のアニメーションを実行できません。
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -106,20 +106,17 @@ pageInfo_Privacy_None4				=表示中のページは転送される前から暗号化されていません。
 # %3$S is protocol version like "SSL 3" or "TLS 1.2"
 pageInfo_EncryptionWithBitsAndProtocol		=接続が暗号化されています (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_BrokenEncryption			=脆弱な暗号化 (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_Privacy_Encrypted1			=表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
 pageInfo_Privacy_Encrypted2			=暗号化によってコンピューター間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性は低くなります。
 pageInfo_MixedContent				=一部の接続だけが暗号化されています
 pageInfo_MixedContent2				=表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
 pageInfo_WeakCipher				=このウェブサイトへの接続に使用されている暗号は強度が弱くプライベートではありません。他者があなたの情報を見たりウェブサイトの動作を変更できます。
-pageInfo_CertificateTransparency_None		=このウェブサイトは Certificate Transparency 監査記録を提供しません。
-pageInfo_CertificateTransparency_OK		=このウェブサイトは公開監査可能な Certificate Transparency 記録を提供します。
-pageInfo_CertificateTransparency_UnknownLog	=このウェブサイトは Certificate Transparency 監査記録を求めていますが、記録の発行者が不明なため検証できません。
-pageInfo_CertificateTransparency_Invalid	=このウェブサイトは Certificate Transparency 監査記録を提供しますが、記録の検証に失敗しました。
+pageInfo_CertificateTransparency_Compliant	=このウェブサイトは Certificate Transparency ポリシーに準拠しています。
 
 # Cert Viewer
 # LOCALIZATION NOTE(certViewerTitle): Title used for the Certificate Viewer.
 # %1$S is a string representative of the certificate being viewed.
 certViewerTitle				=証明書ビューアー: “%1$S”
 notPresent				=<証明書に記載されていません>
 
 # Token Manager