mobile/android/chrome/aboutCertError.dtd
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Wed, 22 Feb 2012 20:45:42 +0900
changeset 209 9c8ad2c6c50f9ba4b1ac2194fb33e3ea5efc1791
parent 197 fb95b19a022e5bb6f3e19aae5e5e2264dfd665e7
child 251 c16a874ac6b464d4727526dd3b0bb06ce37503d4
permissions -rw-r--r--
12.0: sync toolkit with en-US rev87214:57a4882d9b78

<!ENTITY % brandDTD
    SYSTEM "chrome://branding/locale/brand.dtd">
  %brandDTD;

<!-- These strings are used by Firefox's custom about:certerror page,
a replacement for the standard security certificate errors produced
by NSS/PSM via netError.xhtml. -->

<!ENTITY certerror.pagetitle  "信頼できない接続">
<!ENTITY certerror.longpagetitle "接続の安全性を確認できません">

<!-- Localization note (certerror.introPara1) - The string "#1" will
be replaced at runtime with the name of the server to which the user
was trying to connect. -->
<!ENTITY certerror.introPara1 "<b>#1</b> に安全に接続するように求められましたが、接続の安全性が確認できませんでした。">

<!ENTITY certerror.whatShouldIDo.heading "どうすればよいのか?">
<!ENTITY certerror.whatShouldIDo.content "これまでこのサイトに問題なく接続できていた場合、このエラーが表示されるのは誰かがこのサイトになりすましている可能性があるということであり、接続すべきではありません。">
<!ENTITY certerror.getMeOutOfHere.label "スタートページに戻る">

<!ENTITY certerror.expert.heading "危険性を理解した上で接続するには">
<!ENTITY certerror.expert.content "何が起きていて何が問題なのか理解できているのであれば、このサイトの証明書を信頼するよう &brandShortName; にセキュリティ例外を追加することもできます。<b>ただし、たとえこのサイトが信頼できるサイトであっても、誰かが通信を改ざんしているからこのエラーが表示されている可能性があるので十分に注意してください。</b>">
<!ENTITY certerror.expert.contentPara2 "信頼できる証明書をこのサイトが使用しない正当な理由がない限り、例外として保存しないでください。">
<!ENTITY certerror.addTemporaryException.label "サイトを表示">
<!ENTITY certerror.addPermanentException.label "例外として保存">

<!ENTITY certerror.technical.heading "技術的詳細を表示">